2013年07月08日

3-11 The One Where Chandler Can’t Remember Which Sister

3-11 どの妹かわからないチャンドラーの話

 ☆バースデイ・キッス☆

《モニカ達の部屋:ジョーイがカードトリック披露》

Joey: Okay, pick a card, any card. . . All right. Now memorize it. Show to everybody. Got it?
 じゃ、カード選んで。どれでもいいから。(モニカが取る)よし。覚えて。みんなに見せて。いい?

Monica: Um-mm.
 うん。

Joey: All right. Give it back to me. . . . 5 of hearts.
 よし。それを返して。(カードを見てからデッキに戻す。考えるフリをしてから)ハートの5。

Ross: Real magic does exist.
 本当にマジックってあるんだね。

Rachel: Wow. Amazing.
 ワオ。スバラシイわね。

Monica: Wow. Joey, how do you do it?
 わぁ・・ジョーイ。どうやって?

Joey: I can’t tell you that.
 それは言えないよ。

(天井から大きな足音が聞こえる)
Ross: Ah, somebody’s at the door on the ceiling.
 誰か天井をノックしてるぞ。

Rachel: That’s our unbelievably loud upstairs neighbor.
 上の階の人、信じられないほどうるさいのよ。

Monica: He took up the carpet, and now you can hear everything.
 カーペットを外したもんだから、もう何もかも聞こえてくるの。

Phoebe: Why don’t you go up there and ask him to ‘step lightly, please?’
 行って「静かに歩いてくださらない?」って言ってくればいいじゃないの。

Monica: I have, like five times, but the guy is so charming, that I go up there to yell and then I end up apologizing to him.
 もう5回くらい言いにいったわよ。でも、その人あまりにもチャーミングなの。文句を言いに行って、結局あやまって帰ってきちゃうのよ。

Phoebe: Ooh, that is silly. I’ll go up there, I’ll tell him to keep it down.
 まぁ。そんなのバカげてるわ。行ってくるわ。静かにするよう言ってくる。(出て行く)

Monica: All right, be my guest.
 いいわ。お願い。

Rachel: Good luck.
 頑張って。

Joey: All right, all right, all right, all right, all right, you really wanna know how I did it, I’ll show ya. When you handed me back the card, what you didn’t see was, I looked at it so fast that it was invisible to the naked eye. . . . I just did it. . . I just did it, again. Here, I’ll slow it down so that you guys can see it.
 わかった、わかった、わかったよ。どうやるのか本当に知りたいなら、見せるよ。カードを返してくれた時、君らにはわからなかったけど、俺は素早くカードを見たんだ。あまりにも速いから、肉眼ではわからないんだよ。(やって見せる)今やったよ。(もう一度)また今やった。ほら、スローでやって見せるよ。(スローモーションでやって見せる)

All: Oh, I got it.
 ああ、わかった。

(フィービーが上の階をノックする音が聞こえる)
Phoebe: Yeah, look, I was with my friend downstairs and we hear everything …
 聞いて! 友だちと下の階にいたんだけど、ここの音が何もかも聞こえて・・
 
Guy: You are so beautiful!
 君、すごくきれいだね。

Phoebe: Oh, thank you.
 あら、ありがと。

《モニカ達の部屋:チャンドラーが来る》

Chandler: Hey, anybody got a length of rope about six feet long with a little noose at the end?
 なぁ、誰か、6フィートぐらいの長さで、端に輪っかのついたロープもってない?

Monica: Honey, what’s the matter?
 なぁに、どうしたの?

Chandler: I just saw Janice.
 ジャニスを見たんだ。

All: Oh.
 ああ。。

Chandler: Yeah, she was at Rockefeller Center skating with her husband, she looked so happy. I almost feel bad for whipping that kid’s pretzel at them.
 ああ。ロックフェラーセンターで夫とスケートしてたんだ。すごい幸せそうだった。頭にきて子供のプレッチェルをぶつけそうになったよ。

Joey: Man, I remember the first time I saw that girl Katherine, after we broke up. She was just walking with her friend Donna, just laughing and talking. God, it killed me.
 ああ。俺もキャサリンと別れた後で出会ったのを覚えてるよ。友だちのドナと笑って話しながら歩いてたんだ。もう、つらかったよ。

Chandler: Yes, but you ended up having sex with both of them that afternoon.
 でもおまえその日のうちに2人とセックスしたじゃないか。

Joey: Sorry, I just, any excuse to tell that story.
 アハハ。それを話すきっかけだったからさ。

Ross: Hey, Chandler, there’s a party tomorrow, you’ll feel better then.
 チャンドラー、明日パーティ開くから、それで気が晴れるさ。

Chandler: Oh, you know what, I’m gonna be okay. You don’t have to throw a party for me.
 いや、そんな、俺は大丈夫だよ。俺のためにパーティなんて開いてくれなくても。。

Monica: It’s Joey’s birthday.
 ジョーイのバースデイだ。

Chandler: Oh, well then, if anybody should have a party, it should be him.
 ああ、そういうことなら、やつのパーティを開くべきだよ。

(上の階からフィービーの声)
Monica: Sush!! I cannot believe she is still up there.
 シーッ。ウソみたい。まだ上にいたなんて!

Chandler: Okay, well, he totally screwed up the punch line. You know, it’s supposed to be arrghh-eh og-errigh.
 やつはオチを外したな。めちゃめちゃだよ。

《フォーチュネタ・ファッション》

Mr. Kaplan: How’s that coffee coming, dear?
 コーヒーはあるかね?

Rachel: Yeah, right away, Mr. Kaplan.
 はい、いますぐ。ミスター・カプラン。

Mr. Kaplan: I’m not supposed to drink coffee, it makes me gassy.
 コーヒー飲んじゃいかんのだけどね。ガスがたまるんでね。

Rachel: I know.
 そうですね。

Mr. Kaplan: I’ll bet your thinking, ‘What’s an intelligent girl who wants to be in fashion, doing making coffee?’ Eh?
 ファッション関係の仕事をしたい知的な女性がコーヒーなんて作って何してるんだろうって思ってるんだろうね?

Rachel: Op.
 あら。

Mr. Kaplan: Eh?
 ああ?

Rachel: Oh, you got me.
 まぁ、当たりですわ。

Mr. Kaplan: Well, don’t think I haven’t noticed your potential. Well, I’ve got a project for you that’s a lot more related to fashion. How does that sound?
 君の能力に気がついていないと思いなさんな。君のために、もっとファッションに関わるプロジェクトを用意したよ。どうかね?

Rachel: Oh, that sounds great.
 まぁ、素晴らしいですわ。

Mr. Kaplan: Come on over here, sweetheart.
 こっちに来て、ほら。

Rachel: Oh, thank you so much, Mr. Kaplan. Thank you so much.
 まぁ、ありがとうございます、カプランさん、本当にありがとうございます。

Mr. Kaplan: I need these hangers separated ASAP. You’re welcome.
 (クローゼットをあけると絡まったハンガーでいっぱい)このハンガーを大至急わけて欲しいんだ。(大ショックのレイチェル)礼はいいよ。

(ASAP = as soon as possible)

《Moondance:モニカとレイチェル》

Rachel: Oh, God, I hate my job, I hate it, I hate my job, I hate it.
 ああ。今の仕事キライ。キライ。今の仕事キライ。いやなのよ。

Monica: I know, honey, I’m sorry.
 わかるわ。つらいわね。

Rachel: Oh, I wanna quit, but then I think I should stick it out. Then I think why would such a person stay in such a demeaning job, just because it’s remotely related to the field they’re interested in?
 ああ、辞めたい。でも、ここで頑張るべきだって思うの。でも、自分が興味のあることにほんの少しでも関わってるといっても、だからって自分をおとしめてまで働くべきなのかって思うのよ。

Monica: Gee, I don’t know, Rach. Order up!! I got a Yentl soup, a James Beans, and a Howdy, hold the Doody!
 (まさにその状況で働いているので、にらんでから)さぁね、知らないわ、レイチ。オーダーあがったわよ! イェントルスープ、ジェイムス・ビーンズ、それからハウディ・ドゥディよ!

(イェントルスープは愛のイェントルからかな?
 ジェイムス・ビーンズは不明。
 Howdy-Doody という番組(主人公キャラ名)。さらに、
 howdy = howdy-doody = how do you do のくだけた言い方
 でも、doody = うんち なので、
 Howdy, hold the Doody = 「おっす、うんちつかめ」??)


Rachel: Oh, honey, come on, I’m sorry, I didn’t.... I don’t mind paying my dues, you know? It's just how much am I gonna learn about fashion by walking Myra, the arthritic seamstress, to the bathroom?
 あら、モニカ、ごめんなさい。そういうつもりじゃ・・。下積みならいいのよ。ただ、関節炎にかかった裁縫担当のマイラさんのトイレに付き添うことで、どれだけファッションを学べるのよって・・。

(近くに座っていた男性が笑う)
Rachel: Hi! Is my misery amusing to you?
 あら! 私のミジメな仕事がおもしろい?

Guy: I’m sorry, I was just ah....
 いや、ごめん、ただ・・(笑い出す)

Rachel: It’s not funny. This is actually my job.
 おもしろくないわよ。これが私の仕事なのよ。

Guy: Oh, believe me, I’ve been there. I had to sort mannequin heads at that Mannequins Plus.
 ああ、信じて、僕も同じだったから。僕も、マネキン・プラスにいた頃、マネキンの頭を分けてたことがあるんだ。

Rachel: Oh well then, so I’m just going to go back to talking to my friend here. And you can go back to enjoying your little hamburger.
 あらそうなの。じゃ、私は友だちとのおしゃべりに戻るから、あなたも、ハンバーガー楽しんで。

Guy: Ah, just one other thing.
 あ、それともう一つ。

Rachel: Yes?!
 なに?

Guy: I ah, I work at Bloomingdale’s and I might know of a job possibility, if your interested.
 僕、ブルーミングデールズで働いているんだけど、もし興味があるなら、仕事紹介できるかもしれないよ。

Rachel: Do you want my pickle?
 ・・・・ピクルス食べる?

《チャンドラー達の部屋:ジョーイのパーティ》

Gunther: Hey, guys.
 (モニカとフィービーに)やぁ、君たち。

Monica: Hey Gunther. Hi. You’re going out on a date with the noisy guy upstairs?
 ハーイ、ガンター。(フィービーに)あなた、上の階のうるさい人とデートに行くの?

Phoebe: Well, he’s very charming.
 だって彼すごいチャーミングよ。

Monica: I know, he’s too charming, but if you two start going out, then it’s just gonna make it so much harder for me to hate him.
 わかってるわ。チャーミング過ぎよね。でも、あなた達がつき合ったら、あの人を嫌いになるのがすごく難しくなるじゃないの。

Phoebe: Well, you’re just gonna have to try.
 ま、頑張って。

Monica: Joey, where are the Jell-o shots?
 ジョーイ、ジェロショットどこ?

jellyShot.jpgJell-o Shots = アルコール入りゼリー)

Joey: I don’t know, Chandler is supposed to be passing them around...
 知らないよ。チャンドラーが配る担当だけど・・

(チャンドラーはセラミック犬の口にゼリーの容器をあてている)
Joey: Chandler!
 チャンドラー!

Chandler: Hello-dee-lo!!
 ハローリロー!

Ross: Oh, somebody’s feeling better.
 おや、誰かさんは機嫌が直ったみたいだね。

Monica: Stick out your tongue.
 舌を見せなさい。

Chandler: Take off your shirt!
 シャツを脱ぎなさい。(舌を見せる。緑。)

Monica: Oh, my!!
 まぁ!!

Joey: Oh, my God! How many of these things did you have? These are pure vodka.
 なんだそれは! おまえこれいくつ食べたんだ? これそのまんまウォッカだぞ!

Chandler: Yeah, Jell-o just like Mom used to make.
 ああ、このジェローママが作ったのと同じー。

(レイチェルがくる)
Rachel: The most unbelievable thing happened to me today.
 (ロスに)今日、すっごい信じられないことが起きたの!

Ross: Hi!
 やぁ!

Rachel: Hi! So I’m out having lunch at Monica’s and this guy starts talking to me, and it turns out he works for a buyer at Bloomingdale’s and there happens to be an opening in his department. So I gave him my phone number and he’s gonna call me this weekend to see if he can get me an interview!
 ハーイ。今日、モニカのところでランチしてら、男の人が話しかけてきたの。その人、ブルーミングデールズで働いていて、彼の部署で空きがあるんですって! それで私、電話番号渡したの。面接受けられるか確認して、こんどの週末、電話くれるんですって!

Ross: Wow!
 ワオ!

Rachel: I know!
 でしょ!

Ross: What, so this guy is helping you for no apparent reason?
 それじゃその人はこれといった理由もなく君を助けてくれるわけ?

Rachel: Uh-huh!
 そうよ。

Ross: And he’s a total stranger?
 それでその人は全然知らない人?

Rachel: Yeah! His name is um, Mark something.
 そうよ! 名前はマークなんとかって。

Ross: Huh. Sounds like Mark Something wants to have some sex.
 ふん・・そのマークなんとかはエッチしたいんだな。

Rachel: What!?
 なんですって?

Ross: Well, I’m just saying, I mean why else would he just, you know, swoop in out of nowhere for no reason.
 だから、それ以外に、そいつがいきなり理由もなく現れるわけがないって言ってるんだよ。

Rachel: To be nice.
 親切なのよ。

Ross: Hey, Joey. Are men ever nice to strange women for no reason?
 なぁ、ジョーイ。男が理由もなく女性に親切にするか?

Joey: No, only for sex.
 いや。セックスしたいだけ。

Ross: Thank you. . . So did you ah, did you tell Mark Something about me?
 ありがと。(レイチェルに)それで、君はそのマークなんとかに僕のことを話した?

Rachel: I didn’t have to, because I was wearing my ‘I heart Ross’ sandwich board and ringing my bell.
 その必要はなかったわ。私、「I ハートマーク Ross」って看板持ってベル鳴らしてたから。

Ross: Uh-huh.
 あっそう。

(ジョーイの妹達がやってくる)
Joey’s Sisters: Joey!!! Happy Birthday!!
 ジョーイ! ハッピーバースデー!!

Joey: Hey!! Hey-hey-hey!
 おーおーおーおー!!

Chandler: Okay, how many of that girl are you seeing?
 なぁ、君にはあの子何人に見える?

Monica: How hammered are you? Huh? These, these are Joey’s sisters.
 どんだけ酔っぱらってるの? ジョーイの妹達じゃないの!

Chandler: Hi Joey’s sisters!
 ハーイ。ジョーイの妹達!

Phoebe: Hey!
 (クッキーに)ヘイ!

Cookie: Hey. What are we drinking over here.
 ヘイ。何飲んでんの?

Phoebe: Well, I have ah, vodka and cranberry juice.
 えっと、ウォッカとクランベリージュース。

Cookie: No kidding. That’s the exact same drink I made myself right after I shot my husband.
 冗談! それはまさしく、私が夫を撃った直後に作ったドリンクと同じだわ。

Phoebe: Wow. Okay, I don’t know how to talk to you.
 ワオ・・あなたにどうやって話すのかわからないわ。

(チャンドラーと妹達)
Sister 1: What ‘cha doing?
 なにしてんの?

Chandler: Oh, I’m taking my ex-girlfriend off my speed dialer.
 ああ、俺はね、元彼女の短縮登録を消してんの。

Joey’s Sisters: Oh!!
 まぁ・・。(同情の声)

Chandler: No-no-no-no, no, it’s a good thing. Why must we dial so speedily anyway? Why must we rush through life? Why can’t we savor the precious moments? Those are some huge breasts you have.
 いやいやいや。これはいいことなんだ。なぜ俺たちは、そう急いでダイヤルしなきゃいけないんだ? 俺たちはなぜ、生き急ぐんだ? 俺たちはなぜ、大切な一瞬一瞬をゆっくり味わえないんだ? これはまた巨大な胸だね、君。

(ロスとモニカ)
Ross: Hi.
 やぁ。

Monica: Hi.
 ハーイ。

Ross: Yeah. So um, I-I heard about this ah, Mark guy that ah, Rachel met today.
 それで・・レイチが今日会ったっていうマークってやつのこと聞いたんだけど。

Monica: Isn’t that great?
 すばらしくない?

Ross: Oh yeah! So ah, kinda pretty, pretty good. He sounds like a nice, good guy.
 ああ、そうだね。すごくすごくいい感じだよ。その人、優しくていい人みたいだね。

Monica: Oh, he is. And he is so dreamy. I mean, you know what, when he left I actually used the phrase, ‘Hummina-hummina-hummina.’
 ええそうよ。それに夢みたいに素敵。だってね、彼が出てったあと、私実際、ほにゃーってなっちゃったもん。
 
Ross: That’s excellent.
 それはすばらしい・・・

《モニカ達の部屋:女性3人とロス》

Ross: So, he’s just a nice guy. You really think this Mark doesn’t want anything in exchange for helping you?
 つまり彼はただいい人なわけだ。君は本当に、このマークって人が、君を助ける代わりに何も求めてないって思うんだ?

Rachel: Well, I assume I’ll have to take showers with him, but you know, that’s true of any job.
 そうね、彼と一緒にシャワー浴びなきゃいけないかもしれないけど、でも、それが仕事ってもんでしょ。

(チャンドラーが来る。二日酔い)
Monica: How you feeling?
 気分はどう?

Chandler: Well, my apartment isn’t there anymore, because I drank it.
 俺の部屋はなくなったよ。俺が飲んじゃったからね。

Phoebe: Where’d you get to? We lost you after you opened up all the presents.
 どこ行っちゃってたの? あなたプレゼント全部あけた後、いなくなったじゃん。

Ross: Yeah.
 そうだよ。

Chandler: Yeah, I ended up in the storage room, and not alone.
 ああ。俺物置にいたよ。1人じゃなかったんだ。

All: Woooo hoooo!!!
 ヒューヒュー!!

Chandler: Ow, no ‘woo-hooing,’ no ‘woo-hooing.’
 アウ・・ヒューヒューなし! ヒューヒューなし!

Phoebe: Why, what happened?
 なんで? 何があったの?

Chandler: Ah, I fooled around with Joey’s sister. Well, that’s not the worst part.
 あー・・俺、ジョーイの妹といちゃついてしまった。しかも、さらに悪いことに・・

Monica: What is the worse part?
 まだ何かあるの?

Chandler: I can’t remember which sister.
 どの妹か覚えてないんだ。

Ross: You see what men do! Don’t tell me men are nice! This is men!!
 (レイチェルに)ほら、これが男だよ。男って優しいとか言うな!(チャンドラーを指差して)これが男だ!

《モニカ達の部屋:続き》

Monica: Are you insane? I mean Joey is gonna kill you, he’s actually going to kill you dead.
 アタマどうかしちゃった? ジョーイに殺されるわよ。彼本当に、あなたを殺しちゃうわよ。

Chandler: Okay! You don’t think I thought of that?
 ああ! それ考えてないと思うのか?

Phoebe: How can you not know which one?
 どの子かわからないなんてあり得る?

Rachel: I mean, that’s unbelievable.
 信じられない!

Monica: I mean, was it Gina?
 ジーナだった?

Ross: Which one is Gina?
 ジーナってどの子?

Rachel: Dark, big hair, with the airplane earrings.
 黒くてでっかい髪型で飛行機のイヤリングして・・

Monica: No, no, no, that’s Dina.
 違う違う、それはディーナよ。

Chandler: You see? You can’t tell which one is which either, dwha!!
 ほらな! どの子がどの子か君らだってわからないじゃないか! ほぉら!

Phoebe: We didn’t fool around with any of them. Dwha! Dwha!
 私達どの子ともいちゃついてないもん! ほぉらほぉら!!

Chandler: Veronica. Look, it’s got to be Veronica, the girl in the red skirt. I definitely stuck my tongue down her throat.
 ヴェロニカ! ヴェロニカに違いない。赤いスカートの子だ。俺間違いなくその子にディープキスした。

Monica: That was me.
 それは私。

Chandler: Look, when I’ve been drinking, sometimes I tend to get overly friendly, and I’m sorry.
 ・・酒飲むと、フレンドリーになり過ぎることがあって、ごめんよ。。

Monica: That’s okay.
 いいわよ。

Rachel: That’s all right.
 いいのよ。

Ross: That’s okay.
 いいんだ。(みんなびっくりして見る)

(ジョーイが怒ったようすでやってくる)
Joey: Can I talk to you for a second?!
 (チャンドラーに)ちょっと話したいんだが。

Ross: Hey, Joey.
 やぁ、ジョーイ

Rachel: Hey.
 ハーイ。(みんなチャンドラーから離れる)

Joey: Come on!!
 来い!

Chandler: Why can’t we talk in here? With witnesses.
 ここで話せないか? 証人達と一緒に。

Joey: I just got off the phone with my sister.
 今妹と電話終わったとこだ。

Ross: Ah, which, which one?
 えー、どの子?

Joey: Mary-Angela.
 マリー・アンジェラだ。

Ross: Mary-Angela.
 マリー・アンジェラね。

Joey: Yeah.
 ああ。

Monica: You know, which one was she, again?
 どの子だったっけ?

Joey: Why don’t you ask Chandler, ‘cause he’s the one that fooled around with her. She told me you said you could really fall for her. Now, is that true? Or are you just getting over Janice by groping my sister?
 チャンドラーに聞けよ。彼女といちゃついたんだからな。おまえ彼女にまじで好きみたいに言ったんだってな。なぁ、本当なのか? それとも、ジャニスを吹っ切るために妹に手出ししたのか?!

Chandler: It’s gotta be the first one.
 そりゃ、先に言った方に違いないよな。

Joey: Really? That’s great! You and my sister, sitting in a tree.
 本当か?! それはいい! おまえと俺の妹が、木の下でっ!

lovebirds.jpg
(Two Little love birds という歌がある。
  "Two little love birds sitting in a tree: K-I-S-S- I-N-G.."
 もうひとつ、子供達がはやしたててからかう歌もあったらしい。
 "○ and ○ sitting in a tree: K-I-S-S- I-N-G
 First comes love, then comes marriage, then comes baby in a baby carriage")


Chandler: Yep, I’m in a tree.
 ああ。俺は木の下。

《モニカ達の部屋》

Rachel: Did he call? Did Mark call?
 彼から電話あった? マークから電話あった?

Monica: No, honey, I’m sorry, but the weekend’s not over yet.
 ないわ、残念だけど。でも、まだ週末は終わってないわよ。

Rachel: Oh. . . Oh, my God, is that Phoebe?
 ええ・・(上の階から笑い声が聞こえる)あらまぁ! あれフィービー?

Monica: I guess they’re back from their date.
 デートから戻ったみたいね。

(音楽が聞こえる)
Rachel: Music. Very nice.
 音楽ね。いいじゃない。

(あやしい声が聞こえる)
Monica: Oh, my God!
 オーマイゴッド!

Rachel: So, how are you?
 (焦る)それで、元気?

Monica: I am good. I finished my book.
 元気よ。本読み終えたわ。

Rachel: Oh, yeah, what’s it about?
 あらそう? 何の本?

Monica: I don’t remember. Do you wanna take a walk?
 覚えてない! 散歩行く?

Rachel: Yeah, I do.
 行く行く!(2人出ていく)

《チャンドラー達の部屋:ロスが手紙を読んでいる》

Ross: "Dear Mary-Angela. Hi. How’s it going? This is the hardest letter I’ve ever had to write." What the hell’s a matter with you? How do you think Joey’s going to react when he finds out that you blew off his sister with a letter?
 「親愛なるマリー・アンジェラ。ハーイ。元気してる? これほど難しい手紙は初めてです」・・おまえいったいどうなってるんだ? 手紙で妹を振ったなんてことがジョーイにわかったら、どうなると思ってるんだ?

Chandler: Well, that’s the part where you tell him that I moved to France. When actually I’ll be in Cuba.
 その時はおまえからジョーイに、俺はフランスに行ったと伝えてくれ。実際は俺はキューバだ。

Ross: All right, look, look, you’ve got to do this yourself, okay? In person. At least you know her name. You just go to the house and you ask for Mary-Angela, okay? When which ever one she is comes to the door, you take her for a walk, you let her down easy.
 いいか、自分で話さないといけないことだ、いいか? 直接だ。少なくとも名前はわかってるんだから、家に行ってマリー・アンジェラに話したいって言えばいいじゃないか。どの子だろうと、玄関に出てきてくれたら、一緒に出かけてやんわり話すんだ。

Chandler: What if Mary-Angela comes to the door and I ask for Mary-Angela?
 もしマリー・アンジェラが玄関に出てきて、俺がマリー・アンジェラをって言ったらどうなるんだ?

Ross: Where in Cuba?
 キューバのどこ行く?

《ジョーイの実家:ノックするとジョーイが出てくる》

Chandler: Joey, what-wh-wh-wha-wh-wha-wh-wha-wh-wha-what are you doing here?
 ジョーイ! なななななな・・何をしてるんだ?

Joey: Waiting for my Grandma to finish my laundry. What about you?
 おばあちゃんが俺の洗濯してくれてるのを待ってる。おまえは?

Chandler: I’m here to see Mary-Angela.
 俺は・・マリー・アンジェラに会いにきた。

Joey: You are so the man! . . Now look, listen, listen, you got to be cool, ‘cause my Grandma doesn’t know about you two yet, and you do not want to tick her off. She was like the sixth person to spit on Mussolini's hanging body. Yeah.
 おまえってやつは! (招き入れる)なぁ、聞いて。クールに頼むぞ、おばあちゃんはまだおまえ達のこと知らないからな、怒られたくないだろ? ぶらさがったムッソリーニの死体にツバ吐いた6人目みたいな人だからな。

Chandler: Where’s Mary-Angela?
 マリー・アンジェラは?

Joey: She’s right in there.
 ここにいるよ。

(部屋に入ると全員いる)
Joey’s Sisters: Hey, Chandler!
 ハーイ、チャンドラー!

《セントラルパーク》

Rachel: I can’t believe Mark didn’t call. It’s Sunday night, and he didn’t call.
 マークが電話くれないなんて信じられない。日曜の夜なのに、まだかかってこない。

Ross: Bummer.
 がっかり。

Rachel: Yeah, right. Look at you, you’re practically giddy.
 ええ、そうよね。もう見てよ。あなたったら、本当有頂天じゃないの。

Ross: No, I’m genuinely sorry the Mark thing didn’t work out. Look, Rach, I want only good things for you.
 違うよ。マークの件でうまくいかなくて本当に残念に思っているよ。ねぇ、レイチ、僕は君にはいいことだけが起きてほしいと思ってるんだから。

Monica: Wait a minute, why don’t you just call Mark. I mean, who says you have to sit here and wait for him, you’ve got to make stuff happen.
 ちょっと待って。あなたからマークに電話したらいいじゃないの。どうしてあなたここで座ってまってないといけないの? あなたからことを起こせばいいのよ。

Ross: But, you, you don’t want to seem too pushy.
 でも、そんな強引にしたくないだろ。

Monica: Honey, it’s not pushy, he gave her his home number.
 (ロスに)強引じゃないわよ。だって彼は家の番号をくれたんだもの。

Ross: What, he gave you his home number? As in like, to, to his home?
 なに? 彼、家の番号を君に渡したのか? それって、家にかかるって意味?

Rachel: Yeah, and you don’t mind if I call, because you only want good things for me.
 ええ。あなたは気にしないわよね。だってあなた私にいいことだけ起きてほしいと思うんだもんね。

Ross: That’s right, good things, that is what I said.
 そうだよ、いいことだけね、そう僕は言ったよね。

Rachel: Hello, Mark? Hi, it’s Rachel Green. . . Oh, no, don’t you apologize. . . Yeah, I’ll hold. . . He left my number at work, but he was helping his niece with her report on the pioneers.
 (電話で)もしもし、マーク? ハーイ、私レイチェル・グリーンよ。・・あらやだ、あやまらなくていいのよ。・・ええ。待つわ。(モニカとロスに)彼、会社に私の番号置いてきちゃったんですって。それでいま彼は、姪の開拓者たちのレポート手伝ってるんですって!

Ross: That is so made up!
 そんなのでまかせだ!

Rachel: Yeah, oh, my God, tomorrow! That, no, it’s perfect. Oh, God, thank you so much. Great! Bye! . . I got the interview!
 (電話で)ええ・まぁ、本当に? 明日! それは・・いえ、完璧よ。ああ。本当にありがとう。素敵。バーイ。(電話を切って)面接よ!

Monica: Yay!
 イエーイ!

Ross: There you go.
 やったね。

Rachel: He even offered to meet me for lunch tomorrow to prep me for it.
 彼、明日ランチにまで誘ってくれて、面接の準備助けてくれるんですって。

Monica: Oh, that is amazing!
 まぁ、すごいじゃないの!

Ross: Yeah, well, if I know Mark, and I think I do, I’d expect nothing less.
 ああ。マークを知ってる者としては、それくらいはしてくれるってわかってたよ。

Rachel: I got to figure out what I’m going to wear.
 何着ていくか決めなくちゃ。

Ross: High collar and baggy pants say, "I’m a pro."
 ハイネックとバギーパンツで「私はプロよ」って感じになるよ。

(このロスのセリフそのものが、何を着たらいいか考えたという
 ブログ記事のタイトルになっているのを見かけました。)


Rachel: Yeah! Right! Okay, I’ll see you guys later. Woo hoo!
 ああ、そうね! じゃ、また後でね。やったー!(出て行く)

Ross: You go get them. . . What did I do to you? Did I hurt you in some way?
 頑張ってきて! (モニカに)僕がおまえに何をした? なにか悪いことした?

Monica: What?
 なに?

Ross: ‘Why don’t you call him?!’ Well, thank you very much! You know, now he is going to prep her, you know prep her, as in what you do when you surgically remove the boyfriend!
 「あなたから電話したらいいじゃないの」?! ほんとありがたいよ! 彼はレイチェルに面接の準備をさせるんだ。準備をさせる! 外科的にボーイフレンドを取り除くようなもんだよ!

Monica: Are you crazy?!
 アタマおかしいんじゃないの?!

Ross: Am I! Am I! Am I out of my mind! Am I losing my senses!! This dreamy guy is taking my girlfriend out for a meal.
 僕が? 僕が? 僕アタマおかしくなった? 僕理性を失った? その素敵な男が僕のガールフレンドを食事に連れていくっていうのに。

Monica: Ross! This isn’t even about you! I mean, this is about Rachel and something wonderful happening for her. You know, even if you’re right, what if he wants to sleep with her, does that mean he gets to?
 ロス! これはあなたの問題じゃないのよ! これはレイチェルの問題で、すばらしい事が起きようとしてるのよ。もしあなたが正しいとして、彼が彼女と寝たいと思ってるんだとしても、そうなるってことじゃないでしょ?

Ross: No.
 ああ。

Monica: Don’t you trust her?
 彼女を信じられないの?

Ross: Well, yeah!
 いや、信じてるよ。

Monica: Then get over yourself! Grow up!
 じゃあしっかりしなさいよ! 大人になって!

Ross: You grow up.
 (すっかり小さくなって)おまえが大人になれよ。

《ジョーイの実家》

Chandler: This tiramisu is excellent. Did you make it Mary-Angela?
 このティラミス素晴らしいね。君が作ったの、マリー・アンジェラ?

Joey’s Grandmother: No! I did!
 いいえ! 私よ。

Chandler: Well, it’s, it’s yummy. So Mary-Angela, do you like it?
 ああ、おいしいな。マリー・アンジェラ、これ好き?

Joey’s Grandmother: Of course! It’s her favorite.
 もちろんよ! 彼女の大好物よ。

Chandler: So um, Mary-Angela, what’s your second favorite?
 そうか・・マリー・アンジェラ、2番目の好物は?

Joey’s Grandmother: More of Grandma’s tiramisu.
 おばあちゃんのティラミスをもっとよね。

Chandler: Would you just please....give me the receipt ‘cause this is great. It’s top notch.
 頼むからちょっと!・・・レシピいただけませんか、これすごくおいしくて、最高だから。

Joey’s Grandmother: That dies with me.
 私お墓まで持っていくわ。

Chandler: So will I.
 俺もそこへ行きそう。

Joey’s Sister: Excuse yourself, and go to the bathroom.
 ちょっと抜け出して、バスルームへ来て。

Chandler: Oh, no-no-no I was just squinting. That doesn’t mean anything.
 あ、いやいやいや、僕はちょっと目を細めただけで、意味はないんですよ。

Joey’s Sister: Just do it.
 (耳元で)いいから来て。

Chandler: Will you excuse me, I have to um.....
 ちょっと失礼しますよ。ちょっと・・(部屋を出る)

《ホールで:チャンドラーに後ろからおそいかかる妹》

Chandler: Hey!
 うわっ!

Joey’s Sister: Finally, I thought we’d never be alone. Can I just tell you something, I have not stopped thinking about you since the party.
 ついにきたわ! 絶対2人になれないかと思ったわ。聞いてくれる、パーティからあなたのことばかり考えてたわ。(キスする)

Chandler: Look, I may have jumped the gun here. . . Um, I just got out of a relationship and I’m not really in a, in a commitment kind of place.
 聞いて。僕は早まったかもしれない・・あー・・最近別れたばかりで、僕はまだ、真剣な交際をするつもりはないんですよ。

Joey’s Sister: So? Me neither! God, Mary-Angela was right. You do have the softest lips.
 それで? 私もよ! ああ、マリー・アンジェラの言う通りだわ。あなたってほんと柔らかいクチビルね。

Chandler: Ahhhh, you’re not Mary-Angela?
 ああぁぁ・・あなたマリー・アンジェラじゃない?

Joey’s Sister: No, I’m Mary-Theresa.
 違うわよ。私はマリー・テレサよ。

Chandler: This is so bad. If-if you’re not Mary-Angela, then-then who is?
 これは大変だ・・君がマリー・アンジェラじゃないなら、どの人?

Mary-Angela: I am!
 私よ!

Chandler: Oh,it's so bad.
 ああ、これは大変だ。

Mary-Angela: Joey!!!
 ジョーイ!!

Chandler: No Joey! No Joey! No Joey! Joey!
 ジョーイ呼ばない! ジョーイ呼ばない! ジョーイ呼ばない!

(ジョーイが来る)
Joey: What’s going on?
 どうしたんだ?!

Chandler: You’re it! Now run and hide!
 (肩にタッチ)ハイ、鬼! さぁ、逃げろ隠れろ!

Mary-Theresa: It’s no big deal. Chandler was just kissing me because he thought I was Mary-Angela.
 大したことじゃないわよ。チャンドラーは私がマリー・アンジェラかと思ってキスしたのよ!

Joey: What?! How could you do that, how could you think she was Mary-Angela?
 何だって?! どうしてそんなこと・・どうしてマリー・アンジェラと間違えたりするんだ?

Chandler: I wasn’t sure which one Mary-Angela was. Look, I’m sorry okay, I was really drunk, and you guys all look really similar.
 マリー・アンジェラがどの子かわからなかったんだ。本当に悪かったよ。すごく酔っぱらってて、それに君たちみんなすごく似ていて・・

Joey’s Sister: I say, punch him, Joey.
 ぶん殴って、ジョーイ。

All: Yeah! Punch him!!
 そうよ! 殴るのよ!

Chandler: You know what, we should all calm down because your brother’s not going to punch me. Are you?
 いや、落ち着いてくれないか、ジョーイは俺をなぐらないと思うよ。(ジョーイに)殴る?

Joey: Well, that is usually what I would do. But I just never thought you’d be on the receiving end of it. How could you do this?!
 ああ、普通はそうする。けど、まさかおまえを殴ることになるとは思わなかったよ。おまえ、なんでこんなこと?

Chandler: Joey, if you wanna punch me, go ahead, I deserve it. But I just want you to know that I would never soberly hurt you or your family. You’re my best friend. I would never do anything like this ever again.
 ジョーイ、殴りたければ殴ってくれ。文句はいえないよ。でも、これだけは聞いてくれ。シラフだったら絶対におまえの家族を傷つけるようなことはしなかった。おまえは俺の親友だ。こんなこと、二度としないよ。

Cookie: So what. I say, punch him.
 それが何よ。殴ってやるべきよ。

All: Yeah! Punch him! Punch him!
 そうよ! 殴れ! 殴れ!

Joey: No! No! No! No, I’m not going to punch Chandler.
 いやいやいやいや、俺はチャンドラーを殴らないよ。

Cookie: I’ll do it.
 私がやる。

Joey: No, you won’t. Look, he knows he did a terrible thing and I believe him, he’s sorry. But, you’ve got one more apology to make, all right? You’ve got to apologize to Mary-Angela.
 いや、ダメだ。ほら、やつはひどいことをしたってわかってる。悪かったと思ってるって、俺は信じるよ。でも(チャンドラーに)おまえは謝らないとな。そうだろ? マリー・アンジェラに謝るんだ。

Chandler: Okay, absolutely!
 ああ、もちろんだ!

Joey: All right.
 よし。

Chandler: You’ve got it.
 わかった。(まだマリー・アンジェラがどの子かわからない)

Joey: Cookie, now you can punch him!
 クッキー、殴ってやれ!

Chandler: What?!
 え?(握りこぶしが近づいてくる)

《ロビー:待っているロス、レイチェルが来る。》

Rachel: Hey!
 あら!

Ross: Hi!
 ハーイ。

Rachel: What are you doing here?
 こんなとこで、どうしたの?

Ross: Ah, you know, this building is on my paper route so I...
 ほら、このビルは新聞配達のルートなんだよ。それで・・(花を渡す)

Rachel: Oh.
 まぁ。

Ross: Hi. (kisses her)
 ハーイ(キス)

Rachel: Hi.
 ハーイ。

Ross: How did it go?
 どうだった?

Rachel: Oh, well, the woman I interviewed with was pretty tough, but you know thank God Mark coached me, because once I started talking about the fall line, she got all happy and wouldn’t shut up.
 ええ、面接の女性は厳しい感じだったけど、でも、マークに教えてもらってたおかげで、秋のラインについて話し始めたら、彼女ご機嫌になって話がつきなかったわ。

Ross: I’m so proud of you.
 君が誇らしいよ。

Rachel: Me too!
 私もよ!

Ross: Listen, I’m ah, I’m sorry I’ve been so crazy and jealous and, it’s just that I like you a lot, so...
 ねぇ、おかしいくらいヤキモチやいてごめんよ。それというのも君を本当に好きだから・・

Rachel: I know.
 わかってる。

Ross: Yeah?
 そう?

Rachel: Yeah.
 ええ。

(マークが来る)
Mark: Rachel?
 レイチェル?

Rachel: Yeah. Hi Mark!
 はい・・あら、マーク!

Mark: Hi. I just talked to Joanna, and she loves you. You got it, you got the job.
 やぁ、ジョアンナと話したんだけど、君を気に入ってたよ。君は採用になったよ。

Rachel: Oh, I did?
 まぁ、本当?!

Mark: Yes.
 ああ。

Rachel: Oh, my God!!
 (ロスに)まぁすごい!!(振り返ってマークとハグ)

Ross: Congratu!! -lations-lations.
 おめ・・(ハグできず)でとう・・でとう・・。

《モニカ達の部屋》

Monica: So ah, Phoebe, how was your date?
 それでフィービー、デートどうだった?

Phoebe: Oh, well, you know.
 まぁね、ほら、わかるでしょ。

Monica: Yeah, I do know.
 ええ、わかるわ。

Phoebe: Ick, you were eavesdropping.
 やだ! 盗み聞きしてたの?

Rachel: Eavesdropping. Pheebs, the ceiling tiles were falling down.
 盗み聞き? フィーブス、天井のタイルが落ちてきたわよ。

Phoebe: Oh, I’m sorry. But I really like this guy. And I think he really happens to like me.
 あら、ごめんなさい。でも、彼のことほんとに好きよ。そして彼も私を好きなのよ。

(上の階からベッドのきしむ音と声)
Ross: Maybe he’s just jumping on a pogo-stick and really likes it?
 もしかして彼ホッピングでジャンプしてて、すごく気に入っちゃってるのかな?

razor-airgo-pogo-stick.jpg

(女性の声も加わる)
Ross: Maybe the pogo-stick likes it too?
 もしかしてホッピングも彼を好きなのかな?

Joey: All right, that’s it! He cannot do this to Phoebe. This guy is going to get the butt kicking of a lifetime! . . But, is he a big guy?
 ああもうダメだ。こんなことフィービーにするなんて。(立ち上がる)やつめ、人生最大の蹴りをケツにくらわせてやる。(立ち止まり振り返って)でも、そいつでっかい?

Ross: Ah, we’ll all go. Come on.
 僕らも行くよ。(チャンドラーに)行こう。

Phoebe: Thanks you guys! Thank you.
 ありがとう、みんな、ありがとう。

Chandler: Don’t worry.
 心配するな。

Phoebe: God, I hope they kick his ass!
 もう。みんなでお尻けとばしてほしいわ。

Rachel: Honey, I’m sorry.
 残念だったわね。

Monica: You know, if it’s any consolation, he really did sound like he was having more fun with you.
 でも、なぐさめになるかわからないけど、彼、あなたといた時の方がずっと楽しそうだったわよ。

(上の階をノックする音)
Guy: May I help you?
 なにか?

(怒る3人の声、でも男性の一言でみんなおとなしくなる声)終わり。


にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村


英語 ブログランキングへ
posted by らんち at 00:51| Comment(0) | Season3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。