2013年07月06日

3-9 The One With The Football

3-9 フットボールの話

 ☆フットボールは燃えるぜ!☆

《モニカ達の部屋:男性はTV、女性は料理》

The Guys: Yes! Yes! Awww! Oh! Come on!
 よし! よし! ああっ! なんだよ!

Phoebe: Hey, it’s your Thanksgiving too, you know, instead of watching football, you could help.
 ねぇ、あなた達のサンクスギビングでもあるのよ。フットボール見てないで、手伝ったら?

The Guys: We know.
 そうだね(動かない)

Monica: Okay, Rachel, you wanna put the marshmallows in concentric circles.
 ねぇ、レイチェル、そのマシュマロ、同心円に並べたいわよね?

Rachel: No, Mon, you want to put them in concentric circles. I want to do this.
 ううん、モン。同心円に並べたいのはあなた。私がしたいのは、これ。(モニカの鼻の穴にマシュマロをつめる)

Monica: Every year.
 (それを鼻から吹き飛ばして)毎年これ。

《モニカ達の部屋:続き》

Phoebe: You know, for once, I am gonna sit down and try to watch one of these things.
 ねぇ、一回ぐらい私も座って、これ見てみようかな。(ソファに座る)

Ross: Halftime.
 (同時に立つ)ハーフタイム。

Joey: Hey, who wants to throw the ball around a little? Maybe get a little three on three going?
 なぁ、ちょっとボールを投げてみないか? 3対3でやれるんじゃないか?

Rachel: Oh! That would be so much fun!
 ああ、それすごく楽しそう!

Phoebe: Oh, can I play too? I’ve never played football, like ever.
 あっ、私もやっていい? フットボールやったことないもん。全然って感じ。

Joey: Great, you can cover Chandler.
 いいね。チャンドラーのカバーをすればいい。

Chandler: No, no, no, I don’t, I don’t really wanna play.
 いやいやいや、俺はやらない。本当にやりたくないんだ。

Joey: Come on, man! You never want to do anything since you and Janice broke up.
 いいじゃないか! ジャニスと別れてから、何もしたがらないじゃないか。

Chandler: That’s not true! I wanted to wear my bathrobe and eat peanut clusters all day. I wanted to start drinking in the morning. Don’t say that I don’t have goals!
 それは違うぞ! 俺はバスローブを着て一日中チョコピーを食べていたい。朝から酒飲みたい。俺に目指すものがないなんて言わせないぞ!

Peanut clusters.jpg(peanut clusters)

Joey: Chandler, you have to start getting over her. All right? If you play, you get some fresh air, maybe it’ll take your mind off Janice. And if you don’t play, everyone will be mad at you ‘cause the teams won’t be even. Come on.
 チャンドラー、彼女とのこと乗り越えようとしなきゃ。そうだろ? プレイすれば、新鮮な空気が吸えるし、ジャニスのことも忘れられるかもしれないだろ。もしプレイしなかったら、3人ずつのチームが作れないからみんなが怒るぞ。ほら。

Chandler: Yeah, all right, I’ll play.
 わかったよ。プレイするよ。

Phoebe: Yay!!
 イエーイ!

Rachel: Let’s do it! Ross?
 やりましょ! ロス?

Ross: What?
 なに?

Rachel: Do you wanna play football?
 フットボールしない?

Ross: Monica and I aren’t supposed to play football.
 モニカと僕はフットボールをしてはいけないんだ。

Joey: Says who? Your mom?
 誰が言ったんだ、ママか?

Ross: Yeah.
 ああ。

Monica: Yes.
 そうよ。

Monica: Every Thanksgiving, we used to have a touch football game called the ‘Geller Bowl.’
 毎年サンクスギビングには、私達、「ゲラーボール」っていって、フットボールの試合をしてたの。

Chandler: No, no, no, you say that proudly.
 いやいやいや。それは誇らしげにいうべきだろ。

Monica: Anyway, Ross and I were always captains, and um, it got kind of competitive and one year, Geller Bowl VI, I accidentally broke Ross’s nose.
 とにかく、ロスと私はいつもキャプテンだったんだけど、ちょっと競争心が強くなりすぎて、ある年、ゲラーボールVIの年だったけど、事故で私がロスの鼻を折ってしまったのよ。

Ross: It was so not an accident. She saw I was about to tag her, so she threw her big fat grandma-arm elbow right into my face. And just keep running.
 あれは全然事故なんかじゃないね。僕がタグしようとしてるのを見て、彼女はあの太くてデカい腕で、僕の顔にエルボーをくらわしてきたんだ。そして走り去った。

(grandma-arm = 脂肪でたるんだ腕)

Monica: To score the winning touchdown, by the way.
 それが勝利のタッチダウンだったんだけどね。

Ross: Whoa, whoa, whoa, ho, ho, ho, you did not win the game, the touchdown didn’t count, because of the spectacularly illegal, oh, and by the way savage nose breaking.
 おいおい! 違うね、勝ってない。あのタッチダウンはカウントに入ってない。とんでもないルール違反だったんだからね、そうそう、凶暴な鼻アタックでね!

Monica: I won the game.
 (チャンドラー達に)私が勝ったのよ。

Ross: Oh yeah! Then how come you didn’t get the Geller Cup?
 ああそうかい! じゃあなんでゲラーカップをもらえなかったんだ?

Rachel: There was a Geller Cup?
 ゲラーカップなんてあったの?

Ross: Yes, it was the trophy you got if you won the game. But our Dad said, ‘nobody won that game,‘ and he was sick of our fighting, so he took the trophy and.... threw it in the lake.
 そう。勝ったらもらえるトロフィーがあったんだ。でも、とうさんが「あのゲームに勝者はいない」と言ったんだ。僕らの争いにうんざりしたとうさんは、トロフィーを・・(泣きそう)湖に投げ捨ててしまった。

Chandler: And was the curse lifted?
 それで呪いは解けた?

Ross: Anyway. That’s when our Mom said we were not to play football again.
 とにかく、その時かあさんに、フットボールを二度としてはいけないと言われたんだ。

Monica: You know what? I think we should play a game. I mean come on, it’s been twelve years.
 ねぇ? 私プレイするべきだと思う。いいじゃない、もう12年にもなるのよ。

Ross: Can I see you for a second?
 ちょっといい?(2人で隅にいって小声で相談する)

Monica: Wuss!!
 (突然叫ぶ)意気地なし!

Ross: All right, we’re gonna play.
 いいよ。プレイしよう。

Chandler: But wait a minute though, how are we gonna get there? Because my Mom won’t let me cross the street.
 でもちょっと待てよ。どうやってあそこに行く? 俺はかあさんに、通りを横切るなって言われてる。

《公園》

Monica: Okay. Let’s bring it in.
 よーし。やるわよ。

Rachel: Wait no, honey, honey, throw it to me, throw it to me.
 待って、ねぇねぇ、それ私に投げて、投げて。

Ross: Here you go.
 ほら。(投げる)

Rachel: That almost hit me in the face.
 (受け取らずはたきおとす)もうちょっとで顔に当たるところよ。

Joey: All right, we have to pick captains.
 さあ、キャプテンを決めなきゃ。

Chandler: And then Tenilles.
 それとテニールもね。

captain&tennille.jpgCaptain and Tenilles)

Phoebe: Okay, so how do we decide that?
 どうやって決める?

Monica: Well, why don’t we just bunny up.
 そうね、バニーアップで決めましょうよ。

Rachel, Chandler, and Joey: What?
 なんだって?

Monica and Ross: Bunny!
 (両手をウサギ耳っぽく頭の上にあげて)バニー!

Monica: Okay, looks like Ross and I are captains. Okay, so I bunnied first so that means I get to pick first. Joey.
 はい、ロスと私がキャプテンに決まりみたいね。じゃ、私が先にバニーアップしたから、先にメンバーを選ぶわね、ジョーイ。

Joey: Thank you.
 ありがと。

Rachel: Monica, I’m your best friend.
 モニカ! 私あなたの親友なのに。

Ross: Sweetie, don’t worry. You’ll get picked. Chandler.
 心配しないで、君も選ばれるよ。チャンドラー。

Rachel: Ross!
 ロス!

Monica: Phoebe.
 フィービー。

Ross: Sweetie, now I pick you.
 きみ、僕は君を選ぶよ。

Rachel: You don’t pick me! You’re stuck with me!
 選んだんじゃないじゃない! 私しかいなかったんでしょ!

Ross: Okay. All right. So let’s see, let’s play from the trash can to the light post. Right? Two hand touch, we’ll kick off.
 さて、よーし。それじゃ、このゴミ箱から、あの電灯までの間でプレイしよう、いいね? 2ハンド・タッチでキックオフだ。

(two hand touch - touch football wiki に説明があります。
 すみません、スポーツのルールを理解するのが・・)


Monica: All right, people, listen. I’ve got exactly twenty-eight minutes before I have to baste again.
 いいわね、みんな、聞いて。ちょうど28分たったら、ターキーにバターをかけに行かなくちゃならないからね。

Chandler: Wow! Just like in the pros.
 ワオ。プロみたいだな。

Monica: Huddle up.
 ハドルアップ!

Joey: All right, huddle up, right over here.
 よし、ハドルアップ、ここだぞ。

Phoebe: Wait for me! Wait for me! Wait for me! Oh, cool, this is my first huddle.
 待って! 待って! 待って! ああカッコいいわね。生まれて初めてのハドルよ。

Monica: Okay.
 よーし。

Phoebe: Okay, so what do you guys really think of Chandler?
 それで、みんな、チャンドラーのこと本当はどう思う?

Monica: Phoebe, you know what you’re doing, right?
 フィービー。何するかわかってるわよね?

Phoebe: Yeah.
 ええ。

Monica: Okay, Joey’s gonna catch it, and you and I are gonna block.
 よし、ジョーイは取りに行くのよ。そしてあなたと私はブロックに回る。

Phoebe: What’s block?
 ブロックって?

Monica: Phoebe, I thought you said you know what you’re doing?
 フィービー、何をしてるかわかってるって言ったんじゃなかった?

Phoebe: I thought you meant in life.
 人生においてね。

Monica: Break.
 ブレイク。

(ロスがボールを支え、チャンドラーがキックオフをしようとしている。)

Chandler: The ball is Janice. The ball is Janice.
 ボールはジャニス、ボールはジャニス・・(誤ってロスの足を蹴る)

Ross: Oww!! Son of a...!! Ow! Come on!
 ああっ! このクソ・・!! 痛い! 頼むよ!

Chandler: Sorry. I’m sorry. You know what? We’re just gonna throw it.
 ごめん、ほんとごめん。なぁ、投げることにしよ。(投げる)

Joey: I got it.
 取った!(ボールをキャッチ)

Phoebe: Go! Go! Go!
 行け行け行け!

(ジョーイがタッチダウン、スコア)
Monica: Score!! 7 to nothing!
 スコアー! 7対ゼロ!

Rachel: Are you okay?
 (転んだロスに)大丈夫?

Ross: Come on, let’s go!
 よし、行くぞ!

Monica: Losers walk!
 負け犬が歩いてるよね。

Ross: Yeah, losers talk!
 ああ、負け犬がしゃべってるよね。

Chandler: No, no, no, actually losers rhyme.
 いやいやいや、本当、負け犬が韻を踏んでるよね。

《時間経過》

Chandler: Twenty-three!! Seventy-four!! . . . You wanna go shotgun?
 (ロスにぴったりくっついて)23! 74! (ロスがにらむ)ショットガンで行く?

Ross: Yeah!
 ああ!

Chandler: Hike!
 (離れて)ハイク!

Monica and Joey: One-Mississippi. Two-Mississippi. Three-Mississippi.
 1ミシシッピ、2ミシシッピ、3ミシシッピ・・

Rachel: Over here!
 こっち!

Rachel: I almost caught that one!
 (ボールを受け取れず)もうちょっとで取れそうだったわ!(嬉)

Chandler: Great! Now, the score is 7 to almost 7.
 よかったね! これでスコアは7対 もうちょっとで7だ。

Ross: Okay, this play, I want you to do a down and out to the right. Okay. Break!
 よし、今度は、ダウンサイドの右へまわってくれ、いい? ブレイク!

Rachel: Wait, what am I gonna do?
 待って、私はどうすればいいの?

Ross: You, you go long.
 君はずっと行くんだ。

Rachel: How long?
 どれくらいずっと?

Ross: Until we start to look very small.
 僕らがだいぶ小さく見えるまで。

Rachel: Okay.
 オーケー。

Ross: Break!!
 ブレイク!

《時間経過》

Joey: Set....hike!
 セット・・ハイク!

Ross: One-Mississippi, two-Mississippi, switch! Switch! Switch!!
 1ミシシッピ、2ミシシッピ、スイッチ! スイッチ! スイッチ!

Chandler: No, no, no, no, no!
 ノーノーノー!

(転がるボールを止めてくれた女性に、ジョーイが出会う)
Joey: Haaaaa! Hey, thanks for stopping our ball.
 ハァアアアア! どうも・・ボール止めてくれてありがとう。

Woman: You are playing American football?
 (外国なまり)アメリカンフットボールをプレイしている?

Joey: Yeah! Wow, you're like from a whole other country.
 ああ! ワオ。全然よその国から来たみたいだね。

Woman: I’m Dutch.
 私はダッチよ。
(オランダ人だと言ったが、ジョーイはダッチという名前と勘違い)

Joey: Hi, I’m Joey.
 どうも。僕はジョーイ。

Woman: I’m Margha.
 名前はマグハよ。

Joey: I’m sorry Dutch, I didn’t get that last little bit.
 ごめん、ダッチ、最後がちょっと聞き取れなかったよ。

Chandler: Hey, Joey, do you wanna play football or you wanna.. Hi, I’m Chandler.
 おい、ジョーイ。フットボールしたいんじゃないのか、おまえは・・・(マグハに気づき)ハーイ。僕はチャンドラー。

Margha: Hello, Chandler.
 こんにちは、チャンドラー。

Joey: Her name is Dutch, and also Margham.
 彼女の名前はダッチで、マグハムでもある。

Margha: Margha.
 マグハ。

Joey: Mar-gham.
 マグハム

Margha: Mar-gha.
 マグハ

Chandler: Mar-haaaan.
 マッハーン

(呼んでいるモニカと、ロス)
Monica: Come on guys! Let’s go! Come on, it’s second down.
 ちょっとあなたたち! 早く! 戻って! セカンドダウンよ。

Ross: Hello, it’s third down.
 おい。サードダウンだぞ。

Monica: No, it’s not, it’s second.
 違うわよ。セカンドよ。

Ross: Wow!
 ワオ!

Monica: Wow, what?
 ワオって何よ?

Ross: It just amazes me that you're still pulling stuff like this.
 おまえがいまだにそうやって勝手なことしてるなんて、驚くよ。

Monica: Pulling what? It’s second down.
 勝手にって何よ? セカンドダウンじゃないの!

Ross: Okay, it’s second down. Take all the second downs you need.
 いいさ、セカンドダウンで。好きなだけセカンドダウンにしろよ。

Monica: I heard that!
 聞こえたわよ!

Ross: Well, I said it loud.
 ああ、声に出して言ったからね。

《ジョーイとチャンドラー、マグハ》

Margha: It is okay, if I stay and watch?
 いいかしら、見ていても?

Chandler and Joey: Yeah! Why don’t you stick around. You can sit right there.
 ああ! そのあたりにいてよ。そこに座っていればいいよ。(ゲームに戻る)

Chandler: Well, that went well.
 いい感じだったよな。

Joey: I think so.
 そうだな。

Chandler: You know, I was thinking about ah, asking her for her number.
 なぁ、彼女に電話番号聞こうかな。

Joey: Thanks man, but I think it makes a stronger statement if I ask for it myself, you know.
 ありがと、でも、自分で聞いた方が強く印象に残ると思うよ。

Chandler: Whoa-ho, whoa! No, I was thinking about you know, for me, as a part of that whole getting over Janice thing you were talking about.
 おいおい、そうじゃなくて、俺がだよ。ほら、おまえが言っていた、ジャニスを乗り越えるって話の流れでさ。

Joey: Oh, yeah, that. All right, means that much to you, I’ll let you have her.
 ああ、あのことね。わかったよ。おまえにとって大事なら、彼女はどうぞ。

Chandler: Thanks. . . What, let me have her?! What do you mean? Like if you didn’t, I wouldn’t have a shot?
 ありがと・・ちょっと待て。どうぞって? どういうことだ。俺はおまえに譲ってもらわないといけないのか?

Joey: Well, I don’t like to say it out loud, but, yeah! Don’t feel bad, man. We all have our strengths. You’re better with numbers and stuff.
 いや・・はっきり声に出していいたくはないが、そうだ。悪く思うなよ、な。誰だって強みってものがある。おまえは数字とかに強いだろ。

Chandler: Math!! You’re giving me math! All right, look, you know what? Forget about it. You go for the girl, we’ll see who gets her.
 算数かよ! 俺には算数かよ! いいよ、わかったよ。忘れてくれ。彼女にアタックしろ。どっちがうまくいくか、みようじゃないか。

《ロス達のハドル》

Ross: Chandler, I want you to run a post pattern to the left, okay? And sweetie..
 チャンドラー、ポストパターンで左だ、いいな? そして君は・・

Rachel: Yeah, I know, go long. You know, it’s like all I’m doing is running back and forth from the huddle.
 わかってる。ずっと行くのよね。私はいつもハドルの後、あちこち走ってるだけよ。

Ross: Well, you wanna just stay out there?
 ああ・・ずっと端っこにいる?

Rachel: Can I see that for second?
 (ボールを)ちょっと見せてくれる?

Ross: Yeah.
 ああ。(ボールを渡すと額にぶつけられ、跳ね返ったボールをチャンドラーがキャッチ)

Joey: I got Chandler!
 チャンドラーおさえたぞ。

Ross: Hike!
 ハイク!

Monica: One-Mississippi. Two-Mississippi. Three-Mississippi.
 1ミシシッピ、2ミシシッピ、3ミシシッピ・・

Joey: Fumble!
 ファンブル!

(チャンドラーがジョーイをつかみ、ジョーイのシャツが裂ける)
Joey: What the hell’s the matter with you?! This is my favorite jersey.
 おまえいったいなんだよ?! このジャージ、気に入ってたのに!

Chandler: Well, now you have two. Hey, I am good at math.
 今じゃそれが2つあるじゃん。おお! ほんと俺って算数得意だね。

Joey: All right, that’s it. You know, I was still gonna let you have her. But now, forget about it. Prepare to feel very bad about yourself.
 わかった。もういい。まだ譲るつもりでいたけど、もうやめだ。自分でがっかりする覚悟しとけ。

Chandler: Hey! Well, I’ve been preparing for that my entire life! Or something about you that’s mean!
 おい! そんなのこれまでの人生ずっとしてきたさ! それかおまえが根性悪いって思ってきた!

Monica: All right, come on, guys, let’s go! Tie score, and we’re running out of time. Forty-two!! Thirty-eight!! Hike!
 もういいわ、みんな、行くわよ! スコアはタイよ。時間がないわ。42! 38! ハイク!

Phoebe: Oh, I got it!! (catches the ball) Oh! Ew! Broken boobs! Ow!
 ああっ! 取るわよ!(取った)あう! 痛い! おっぱいが折れた! アウ!

Joey: Pheebs, run!
 フィーブス、走れ!

Monica: Run, Phoebe, run!
 走って、フィービー! 走れ!

Phoebe: Touchdown!! Touchdown!!
 (走って)タッチダウン! タッチダウン!

Ross: Uh, hello, the buzzer buzzed. It doesn’t count.
 あー、ちょっと。ブザーが鳴ったんだから、今のはカウントしないよ。

Monica: After the snap!
 後に鳴ったわよ!

Ross: Before the snap!
 前だね。

Joey: After!!
 後だ!

Chandler: Before!!
 前!

Rachel: Now, does it really matter?
 ねぇ、それが本当に大事なこと?

All: Yes!!
 そう!!

Phoebe: Well, okay, I made a touchdown. It was my first touchdown. So?
 ねぇ、私がタッチダウンしたのよ。生まれて初めてのタッチダウンよ。だから・・

Ross: Oh, Pheebs, that’s great. Doesn’t count.
 ああ、フィーブス、素晴らしいね。カウントしない。

Monica: Does so count!
 カウント内よ!

Ross: Cheater, cheater, compulsive eater.
 ペテン師ペテン師、食べっぱなし!
 
Phoebe: Oh, my God!
 オーマイゴッド!!

Monica: You know what? That’s fine. Maybe you haven’t grown up, but I have.
 いいこと? それでいいわよ。あなたは成長してないけど、私はオトナだもんね。

Ross: Oh-ho, okay.
 ああそうかい。

Monica: Dead leg!!
 足死んだ!(すねを蹴る)

Ross: Ow! Ow! Okay, okay, fine, fine! All right, you wanna win by cheating, go ahead, all right. Phoebe, the touchdown does count, you win.
 アウ! アウ! よし、よし、いいさ、もういい! わかった。ごまかして勝ちたいならどうぞ。もういいよ。フィービー、タッチダウンはカウントする。君の勝ちだ。

Phoebe: Woo-yay!!
 ワー!イエーイ!

Monica: No! Listen, I’m not gonna go through this with you again, okay? Just once I wanna beat when you can’t blame it on the broken nose, the buzzer, or the fact that you thought you were getting mono. All right? Let’s just call this, tie score and it’s halftime.
 ダメよ! こんなの二度とごめんよ。一度ぐらい、鼻が折れただの、ブザーだの、リンパ腺だの、そういうことのせいにできない状況で勝ってやるわ。いい? これでタイスコアのハーフタイムでいきましょ。

Ross: Okay, first of all, I don’t play with cheaters, and second of all, you know I had swollen glands!!
 いいか、まず第一に、ペテン師とはプレイしない! 第二に、おまえだってリンパ腺が腫れてたの知ってただろうが!

Monica: You know what? I think you’ll play.
 だけどね、あなたはプレイすると思うわ。

Ross: Oh, really! Why is that?
 ああそうかい! いったいなんで?!

《モニカ達の部屋》

Monica: Because the winner gets this!
 勝者はこれを手にするからよ!

Ross: The Geller Cup!
 ゲラーカップ!

Chandler: Is everybody else seeing a troll doll nailed to a two by four?
 みんなが見てるのって角材に釘でくっつけたトロールドール?

trolldoll.jpg

All: Yeah.
 そう。

Chandler: Okay, good.
 目の錯覚かと思ったよ。

《公園》

Ross: Okay, where in the hell did you get that?!
 なぁ、いったいどこで手に入れたんだ。

Monica: When Mom and Dad drove you to the hospital to get your nose fixed, I swam into the lake and fished it out.
 ママとパパがあなたを病院に連れてって鼻を治してもらってる間に、私、湖に入って泳いでとってきたの。

Ross: That cup is mine!
 このカップは僕のだ!

Monica: No, it’s not! You want it, you’re gonna have to win it!
 違うわよ! 欲しければ、このゲームに勝つことね!

Rachel: All right, so are we not having dinner at all?
 ねぇちょっと・・食事しないの?

Monica: Come on, Phoebe, let’s go! Come on, it’s time to get serious, huddle up. Joey, keep your head in the game.
 よーし、フィービー、行くわよ! さぁ、真剣に行くわよ! ハドルアップ! ・・ジョーイ、ゲームに集中して。

Joey: It’s hard, you know, his huddle is closer to Dutch girl.
 だってさ、やつのハドルがダッチの女の子のすぐそばなんだよ。

Monica: All right, look, if I take Chandler out of the running will you be able to focus?
 わかった。ねぇ、チャンドラーがその件でダメになれば、集中してくれる?

Joey: What are you gonna do?
 何する気?

Monica: All right, you just make sure that Chandler catches the ball, I’ll take care of the rest.
 いいのよ。チャンドラーがボールを取るのをチェックしてくれてれば、あとは私がやるから。

Joey: Okay.
 わかった。

Monica: Break!
 ブレイク!

Joey: Here you go!
 行くぞ!

(ジョーイはチャンドラーにボールを投げる)
Ross: Chandler! Chandler!
 チャンドラー! チャンドラー!

(キャッチしたチャンドラーは走りながら)
Chandler: Hi.
 (マグハに)ハーイ。(その時モニカにタックルされて転がる)

Monica: Whoa! Whoa!! Tackled by a girl! Bet you don’t see that everyday, do you?
 ウワオ、ウワオ! 女の子にタックルされるなんてね! こんなのなかなか見られないわよね?

Ross: Whoa! Whoa! Whoa! What’s with the tackling?
 おいおいおい! 何タックルしてんだよ?!

Monica: What?! I just touched him and he went over.
 なに? 私ちょっと触っただけなのに、彼が転んだのよ。

Ross: Okay, you wanna play rough, we can play rough.
 よし、派手に行く気なんだな。じゃあ派手に行こうじゃないか。

《しばらくゲーム風景後》

Phoebe: I love this game!!
 このゲーム大好き!

(レイチェルがプレッツェルを食べている)
Ross: Hey, where’d you get that?
 ヘイ。それどこにあったの?

Rachel: I went really long.
 ずっとずーーっと行ったの。

Monica: Forty-two to twenty-one! Like the turkey, Ross is done!
 42 対 31! ターキーと一緒ね、ロスも終わり!

Ross: It’s no surprise that you're winning, ‘cause you got to pick first, so you got the better team.
 勝ったって不思議じゃないね。君が先にメンバーを選んだんだから、いいチームになるさ。

Monica: You’re so pathetic! Why can’t you just accept it, we’re winning because I’m better than you.
 本当に哀れね! 受け入れたら? 私達が勝つのは、私達があなた達より強いからよ!

Ross: (‘Yeah. Right.’ sound.)
 (声を出さず)ああそうかい。

Monica: Oh, what a great argument, exhaling! All right, you know what, I’ll prove it to you, okay? I’ll trade you Joey for Rachel, and I’ll still win the game.
 あらまぁ、なんてすごい反論? 息だけよ。いいわ。証明してあげる。いい? ジョーイとレイチェルのトレードしましょ。それでも勝ってやるわ。

Ross: What?! The guys against the girls? See, that’s ridiculous Monica, because I’m only down by three touchdowns.
 何だって? 男対女で? おい、そんなのバカげてるぞ、モニカ。こっちは3タッチダウン負けてるだけなんだぞ。

Monica: Oh, then bring it on! Oh, unless of course you're afraid you might lose to a bunch of girls.
 あら、それで行こうじゃないの! もちろん、女の子達に負けるのが怖いなら別だけどね。

Ross: Fine, fine, Rachel, you’re with Monica, Joey you’re with me.
 いいよいいよ、レイチェル、君はモニカ達と。ジョーイ、君はこっち。

Rachel: I can not believe you’re trading me!!
 信じられない。私をトレードするなんて!

Monica: Come on, Rach, come on. Let’s see what’s it like to be on a winning team for a change.
 いくわよ、レイチ。勝つ方のチームにいるとどんな感じか見たらいいわ。

Rachel: Are you gonna let me play?
 私にプレイさせてくれる?

Monica: All right, then!
 さあ、いくわよ!

《男性チーム側》

Margha: The game is over, we eat now?
 ゲームは終わって、もう食事?

Chandler: No-no-no-no, the game’s not over. We’re just switching teams.
 いやいやいや、ゲームはまだ終わってないよ。チームを変えただけだ。

Joey: Yeah, Chandler finds me so intimidating that it’s better if we’re on the same team.
 ああ、チャンドラーが俺にびびってしまって、同じチームの方がいいってさ。

Ross: Right. Okay, let’s play. Let’s go.
 よし、いいか、ゲーム開始だ。行くぞ。

Chandler: No ah, hold on a second, Joe, where do Dutch people come from?
 いや、ちょっと待ってくれ。ジョー、ダッチの人々って、どこから来てるんだ?

Joey: Ah well, the ah, Pennsylvania Dutch come from Pennsylvania.
 あー・・・それは・・ペンシルベニアダッチの人達はペンシルベニアから。

Chandler: And the other Dutch people, they come on from somewhere near the Netherlands, right?
 それで他のダッチの人々は? その人達って、ネザーランドあたりから来るんだよな?

Joey: Nice try. . See, the Netherlands is this make believe place where Peter Pan and Tinker Bell come from.
 よくいうよ。(マグハに)ほら、ネザーランドってのは、ピーターパンやティンカーベルのいるおとぎの国だよね。

Margha: Oh, my.
 あらまぁ・・。

Ross: Enough with geography for the insane, okay? Let’s play some ball, guys.
 おかしな地理はもういいよ。ゲームしようよ。

Joey: Whoa, whoa, no, no, I’m not playing with this guy, now.
 おいおい、ダメだ。俺はこいつとはもうゲームしない。

Chandler: Fine with me.
 けっこうだね。

Ross: Okay, you know what, let’s just cut to the chase here. Okay? Heidi, which of my boys do you like?
 よし、いいか、じゃあもう本題に入ってしまうぞ。いい? ハイジ、こいつらのどっちが好み?

Chandler and Joey: What are you doing? What are you doing? What are you doing?
 何を言ってるんだ? 何を言ってる? 何を言ってるんだ?

Margha: Which do I like?
 どっちが好みって?

Ross: Yeah, you know, for dating, general merriment, taking back to your windmill?
 ああ。デートするとか、楽しむとか、風車小屋に連れていくとかの相手としてさ。

Margha: Well, if I had to chose right now, which by the way, I find really weird. . . I would have to say, Chandler.
 今選ばないといけないとしたら・・そんなの変だけど、でも、チャンドラーね。

Chandler: Yes!!
 やった!

Joey: Wait a minute! Wait a minute! She obviously didn’t understand the question.
 ちょっと待て、ちょっと待てよ。彼女、質問の意味がわかってないんだよ。

Chandler: Well, why don’t you have Captain Hook explain it to her?
 キャプテン・フックに説明してもらったらどうだ?

Margha: I’m sorry, Joey. That is my truth.
 ごめんね、ジョーイ。本当のことよ。

Chandler: You hear that? That is her truth. Mr. "I’ll let you have her"! I win! You suck! I rule all! Mini-wave in celebration of me!!
 聞いたか? 本当のことだ。ミスター「彼女をどうぞ」! 俺の勝ちだ! おまえは負け! 俺が勝者だ! 祝いのウエーブだ!

Margha: I’m now thinking I would like to change my answer to "no one."
 考えたんだけど、返事を「誰もいない」に変えるわ。

Chandler: What?
 え?

Margha: I now find you shallow and um, a dork. Bye-bye.
 あなたは浅はかでバカな人よ。バイバイ。

Joey: Nice going. You just saved yourself a couple months of sex.
 うまいね。2ヶ月分くらいのセックスふいにしたな。

Chandler: You know what, it doesn’t matter, ‘cause she picked me. Me! From now on I get the dates and you have to stay home on Saturday nights watching "Ready, Set, Cook"!
 そんなのもういいさ。彼女は俺を選んだんだ。俺だ! これからは、土曜の夜デートするのは俺で、おまえは家にいてTVで料理番組を見てろ!

Ross: Save the breakthroughs for therapy, okay. The clock is ticking. We have no time, and we are losing, we are losing to girls.
 いいか、セラピーに行って乗り越えろ。時間がないんだ。負けてるんだぞ、女の子に負けてるんだ。

Chandler: We’re not gonna lose to girls.
 女の子達に負けてなんかないぞ。

Ross: Hey! It’s 42-21!
 42対21なんだぞ。

Joey: This sucks, I was just up by that much!
 しようもないな。あっちのチームにいて勝ってたのに!

Monica: Are we playing football or what? Come on, you hairy-backed Marys.
 フットボールしてるんじゃなかったの? 早くしてよ、毛深い女の子達っ!

《女性3人のハドル》

Monica: We have to do this. We are playing for women everywhere. Okay, just think about every lousy date that you ever had, okay? Every guy who kept one eye on the TV while you’re making out...
 負けてられないわよ。女性のためにやるのよ。いい? 今までにあったひどいデートを思い出して。エッチの最中にTV見てた男達を思い出すのよ。

Phoebe: Oh, my God! You dated someone with a glass eye, too?!
 あらまぁ! あなたもガラス目の男とつきあったの?

Monica: Come on, okay? Come on, this is for all womankind. Let’s kill them!
 いくわよ、いい? 女性のためにプレイするのよ。やつらをやっつけるわよ!

Rachel: Yeah!!! Kill them!!!
 よし! やつらをやっつけろ!

Phoebe: All right, no, well I want to kill them, too. But they're boys, you know how are we gonna beat three boys?
 よーし。でもね、私もやっつけたいと思うけど、でも相手は男よ。どうやって3人の男をやっつけるの?

《しばらくゲーム風景後:モニカ達のハドル》

Monica: All right, we still have a minute and a half to go, and we’re down by two points,okay? Two points, ladies…. Phoebe, you do a button-hook again. Rachel, you go long.
 いい? あと1分半よ。2ポイント負けてるの、いい? 2ポイントよ。フィービー、あなたはボタンフックでいくわよ。レイチェルは、ずっと行って。

good grips button hook-LARGE.jpg(button-hook - ボタンをひっかける道具・・
 フットボール用語では、パスの一種。ボールを受け取って
 走っていて、いきなり向きを変える。)


Rachel: No! Come on! Don’t make me go long. Use me. They never cover me.
 いやよ、ねぇ! ずっと走らせるのもうやめて。私を使ってよ。カバーされてないわ。

Monica: Honey, there’s a reason.
 ねぇ、それには理由があるのよ。

Rachel: God, I’m not lame, okay. I can do something. I can throw, would you let me throw? Come on, this is my game, too.
 ねぇ、私まったくダメってわけじゃないわよ。何かできるわ。投げることだってできるわ。投げさせて? お願い。私のゲームでもあるのよ。

Phoebe: Come on, Mon, let her throw the ball.
 いいじゃない、モン。ボール投げさせてあげて。

Monica: All right Rachel, you sweep behind, I’ll pitch it to you, you throw it down field to Phoebe. All right. Break.
 わかったわ、レイチェル、後ろに下がってて。あなたに渡すから、フィービーに投げるのよ。いいわね、ブレイク。

Rachel: Thank you! Break!
 ありがとう! ブレイク!

Monica: Thirty-two! Seventy-one! Hike!
 32! 71! ハイク!

The Guys: One-Mississippi! Two-Mississippi! Three-Mississippi!
 1ミシシッピ、2ミシシッピ、3ミシシッピ!

(3人で、ボールを持ったレイチェルを追いかけ、あせったレイチェルはモニカの目にボールをぶつけてしまう)

Rachel: I’m so sorry! Are you okay?
 ごめんなさい! 大丈夫?

Monica: No! I’m not okay!
 ダメ! 大丈夫じゃないわよ!

Rachel: I’m sorry, they were just all coming at me, and I didn’t know what to do.
 ごめんなさい。みんなで迫ってきたから、どうしたらいいかわからなくなっちゃって。

Joey: Thirty seconds left on the timer!
 あと30秒だぞ!

Chandler: Okay, okay, so we get to take that stupid troll thing home!
 オーケー、オーケー、これであのバカげたトロールを持ち帰るわけだな!

Monica: Come on! Come on! Hurry! We’re running out of time! Huddle up!
 行くわよ! 急いで! 時間がないわ! ハドルアップ!

Phoebe: Okay. Oooh! Oh, this is our last huddle, yeah.
 オーケー・・わお! これが最後のハドルね。

Monica: All right, Phoebe get open. Rachel, go long.
 いいわね、フィービーはオープンで。レイチェル、ずっと行って。

Rachel: Okay.
 わかった・・・。

Monica: Break!
 ブレイク!

(フィービーがカバーされていたため、レイチェルにボールを投げ、レイチェルはそのまま走っていく)
Rachel: I did! Touchdown! We did it!!
 やったわ! タッチダウン! 勝ったわ!

Chandler: Hey-hey, you know, funny thing. Actually, the end zone starts at that pole, so you’re five feet short, so we win!
 おいおい。ちょっと変だぞ。エンドゾーンはあのポールからだ。だから5フィート足りないぞ。つまり俺たちの勝ちだ!

Phoebe: Wait-wait-wait-wait! So, explain something to me though. If nobody tagged Rachel, then isn’t the play still going?
 待って待って待って! 説明してくれない? 誰もレイチェルをタグしてないんだからまだ終わってないんじゃないの?

(みんなで、地面のボールに注目した後、一斉にとびかかるが結局、ロスとモニカの2人がボールの取り合いになる)

Ross: No way! Let go!
 ダメだ! 放せ!

Monica: Let go! I’m a tiny little woman!!
 放せ! 私は小さなか弱い女の子よ!

Chandler: Guys! Guys! Come on! It’s Thanksgiving. It’s not important who wins or loses. The important thing is, the Dutch girl picked me! Me! Not you! Holland loves Chandler! Thank you, Amsterdam! Good night!!
 君たち、君たち! もういいじゃないか! サンクスギビングなんだぞ。どっちが勝ったかなんて重要じゃないだろ。(ジョーイに)重要なことはあのオランダの子が俺を選んだってことだ! 俺を! おまえじゃない! オランダはチャンドラーを愛している! ありがとう、アムステルダム! いい夜を!

Monica: Ow!!
 アウウゥ!!

《モニカ達の部屋》

Rachel: We should definitely play football more often. Maybe there’s a like league we could join or something.
 もっとフットボールをやるべきね。私達も入れるリーグかなんかあるんじゃない?

Phoebe: Isn’t there a national football league?
 ナショナルフットボールリーグってのがなかったっけ?

Chandler: Yes. Yes, there is, they play on Sundays and Monday nights.
 ああ。あるよ。日曜と月曜の夜にやってる。

Rachel: Oh, shoot! I work Monday nights.
 あら残念! 私月曜の夜は仕事だわ。

Phoebe: Umm, this stuffing is amazing. Do you think we should bring them some?
 んー、これすごくおいしいわね。あの2人にも持っていった方がいい?

Joey: When they’re hungry enough, they’ll come in.
 腹が減ったら帰ってくるさ。

《公園:まだつかみあっている2人》

Monica: Let go!
 放せ!

Ross: No! You let go!
 いやだ! おまえが放せ!

Monica: No!
 いやよ!

Ross: How come it’s always us left in the field holding the ball?
 なんでいつも僕たち2人がボールつかんでフィールドに取り残されるんだ?

Monica: I don’t know. I guess the other people just don’t care enough.
 知らないわよ。みんな真剣味が足りないのよ。

Ross: Hey! It’s starting to snow.
 おい! 雪が降ってきたぞ。

Ross: Give it to me! Let go!
 よこせ! 放せ!

Monica: Let it go! Come on, let go!
 放せ! もう! 放しなさいよ!



にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村


英語 ブログランキングへ
posted by らんち at 01:15| Comment(0) | Season3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。