2013年07月05日

3-8 The One With The Giant Poking Device

3-8 巨大な突っつき装置の話

 ☆フィービーに殺人疑惑?☆

《モニカ達の部屋》

Rachel: Here you go, Pheebs. Who else wants one of my special homemade brownies?
 (ブラウニーを渡して)はい、フィーブス。他に私の特製ブラウニー欲しい人?

Chandler: I will have one.
 もらうよ。(ロスとチャンドラーが取る)

(フィービーが一口噛んで叫ぶ)
Chandler: Okay, I’m not gonna have one.
 俺はやめとくよ。

Ross: Neither will I.
 僕も。(2人とも戻す)

Phoebe: No, no, it’s just my tooth.
 違うの。歯が痛いだけ。

Chandler: All right, I’ll have one.
 よし、一個もらうよ。(2人とも取る)

Ross: So what’s a matter, you need a dentist? I’ve got a good one.
 どうしたんだ? 歯医者行く? いい医者を知ってるよ。

Phoebe: No thanks, I have a good one too. I just, I, I can’t see him.
 いいの、私もいい歯医者さん知ってるんだけど、会えないのよ。

Chandler: See, that is the problem with invisible dentists.
 ほら、それが見えない歯医者の問題だよな。

Ross: Why? Why can’t you go to him?
 なんで? なんで行けないんだ?

Phoebe: Because, every time I go to the dentist, somebody dies.
 だって、歯医者さんに行くたびに、誰か死ぬのよ。

Chandler: That is so weird, because every time I go to the dentist, I look down the hygienist’s blouse.
 それはおかしいな。俺は歯医者にいくたびに、衛生士のブラウスを見下ろしちゃうぞ。

Rachel: Phoebe, what? Umm...what?!
 フィービー、何? ・・・は?

Phoebe: Yeah, yeah, first there was my aunt Mary, and then there was umm, John, my mailman, and then my, my cowboy friend ‘Albino Bob’.
 そうなのよ。最初はマリーおばさん、次は郵便配達のジョン、それから、私のカウボーイフレンドの「アルビノ・ボブ」よ。

Rachel: And all these people actually died?
 その人達、本当に死んだの?

Phoebe: Yes, while I was in the chair! That’s why I take such good care of my teeth now, you know? It’s not about oral hygiene, I floss to save lives!
 そうよ。私が診察台にいる間にね! だから私歯の手入れはきちんとしてるの。お口の衛生のためじゃなくて、人を救うためにフロスしてるのよ!

Ross: Pheebs, come on, you didn’t kill anybody, these people just happened to die when you went to the dentist. It’s, it’s, it’s just a coincidence.
 フィーブス、君は誰も死なせたりなんてしてないよ。その人達はたまたま君が歯医者に行った時に死んだってだけだよ。ただの偶然さ。

Phoebe: Well, tell that to them. Oh! You can’t, their dead.
 そう、じゃあその人達にそう言ってくれる? あら、できないわよね、死んじゃってるから。

《セントラルパーク:ロスはカウンターにいる》

Ross: Thanks, Gunther. . .Hey! .. Umm, can I get a napkin, too?
 ありがと、ガンター。(レイチェルに)やあ! (ガンターに)ナプキンもくれる?

Gunther: Oh, like you don’t already have everything.
 おお、まだ足りないものがあるというのか。

Phoebe: Ow! Ow!
 (リンゴを噛もうとして)イタ! イタ!

Rachel: Phoebe, your in pain, would you just go to the dentist, just go.
 フィービー、そんなに痛いなら、歯医者さんに行くのよ、行って。

Phoebe: All right, fine, fine, but if you’re my next victim, don’t come back as a poltergeist and like suck me into the TV set.
 わかったわよ。いいわ。でも、もしあなたが次の犠牲者になっても、ポルターガイストになって戻ってきて私をTVに吸い込まないでね。

ポルターガイスト・映画。ご存知ですよね?)

Rachel: I promise.
 約束する。

Phoebe: Although, don’t feel like you can’t visit.
 でも、訪ねてこられないなんて思わないでね。

(モニカとジョーイが来る)
Joey: Hey, is, is, is Chandler here?
 ヘイ、チャンドラー来てる?

Ross: No, no he’s not.
 (財布でも探すかのように服を叩いてから)いや、来てないよ。

Monica: You guys, Joey just saw Janice kissing her ex-husband.
 ねぇ、ジョーイがいま、ジャニスが元夫とキスしてるのを見ちゃったの。

Ross: What? So what are you going to do? I mean, how, how are you going to tell Chandler?
 なんだって? それで、どうするつもり? チャンドラーになんて話すんだ?

Joey: Well, I was thinking about that and I, I think the best way would be, to not.
 いや、それを考えてたんだけど、一番いいのはこれだと思うんだ、話さない。

Rachel: Joey, you can’t keep this to yourself, if you know about this, you have to tell him.
 ジョーイ、それは黙っていられることじゃないわ。知った以上、話さないと。

Joey: It’ll kill him. I mean, it’ll, it’ll just kill him.
 そんなことしたらやつ死んでしまうよ。ほんと、死んじゃうよ。

Phoebe: Well, you could wait till I go to the dentist, maybe I’ll kill him.
 私が歯医者に行くまで待っててくれれば、私が殺すかも。

《モニカ達の部屋》

Joey: Ewww! Ugly Naked Guy is using his new hammock. It’s like a Play-Doh Fat Factory.
 うーっ! 裸のブサイク男がハンモックを使ってるぞ。なんか、プレイドー・ファット・ファクトリーって感じ。

playdoh_fun_factory.jpg(プレイドー・ファン・ファクトリー
 プレイドーはカラフル粘土。amazonでも売ってます。)


Phoebe: Well, I’m going to the dentist, so listen, okay, just be on the look out for anything that, that, that you can fall into, or, or that can fall on you, or... All right, just look out! Okay? And um, I also just wanna, I just wanna tell you all that um...... (starts to cry and runs out)
 いい? 歯医者に行くからね。聞いて、とにかく気をつけてね、あなた達が落ちるだとか、あなた達に落ちてくるだとか、そういうことに・・・いいわ、とにかく気をつけてね、いい? 私はとにかく・・言いたいのは・・・ (泣きながら出ていく)

Ross: Okay, I have a problem I have to go into work for a few hours, some kids messed up the Homo Sapien display.
 (電話を終えて)問題発生だ。少し仕事に行かなきゃならないよ。どこかの子供がホモ・サピエンスのディスプレイをいじったらしい。

Joey: What did they do?
 何をしたんだ?

Ross: Well, they painted over the word ‘Sapien’ for one thing, then they rearranged the figures, let’s just leave it at that.
 まず、サピエンスという文字を塗りつぶしたんだ。それからその人形のかっこうを変えたんだけど、説明はそこまでにしとくよ。

Monica: So, do you want me to watch Ben for you?
 それじゃ、ベンのこと見ててほしいのね?

Ross: Yes, that’s what I was going to ask, thank you.
 そうなんだよ。それを頼むとこだったんだ。ありがと。

Rachel: Whoa! Wait! Hello! What about me?
 あら! ちょっと待って。私は?

Ross: You? You want to watch Ben? . . Yes! That’d be great, no, I just wanted to ask Monica, because I know how empty her life is.
 君? 君がベンを見ててくれる? (モニカが自分がいるから大丈夫と合図を送ってくる)そう! それはうれしいな。モニカに頼んだのは、ほら、僕は彼女の人生が空っぽだって知ってるからさ。(ムカつきながらも「ナイスフォロー」的に親指をあげて合図するモニカ)

Joey: Hey-hey, Ross?
 なぁ、ロス?

Ross: Yeah.
 ああ。

Joey: I’ve got a science question.
 科学の質問なんだけど。

Ross: Hmm?
 ん?

Joey: If the Homo Sapiens, were in fact ‘Homo-sapien’, is that why there extinct?
 もしホモ・サピエンスが実際ホモだったら、それが原因で絶滅したの?

Ross: Joey, Homo Sapiens are people.
 ジョーイ、ホモ・サピエンスは人だよ。

Joey: Hey-hey, I’m not judging.
 おいおい、俺は何も非難してるわけじゃないよ。

《モニカ達の部屋:モニカとレイチェルとベン》

Rachel: Look, Benny, spoon. . . Spoon. Come on! All right, you know what? I think he’s bored.
 ほら、ベンちゃん、スプーン。スプーン・・もういい。ねぇ、この子退屈してるみたいよ。

Monica: Here. Ben, do you wanna play the airplane game? You wanna show Rachel? Come here. You wanna do something fun? Okay. . Weee!! . . .Weee!!
 ほーら、ベン、また飛行機ごっこする? レイチェルに見せてあげる? おいで。楽しいことする? オーケー。(高く抱き上げる)ウィーーー!(もう一度)ウィーーー!(梁にベンの頭をぶつけてしまう)

(少し後・リビング)

Monica: Who’s so brave, you’re so brave, yes you are, you’re so brave.
 強い子はどの子かな、強い子はあなたね、ほんとにね、あなたは強い子。

Rachel: Okay. Okay honey, he’s fine, he’s fine, let’s just put him down. Come here, Ben. See that’s a good boy. . . How could you do that to him!! Ross trusted me, what is he going to say?!
 大丈夫、大丈夫よ、彼は大丈夫、彼は大丈夫よ。ちょっとおろしましょ。おいでベン。ほら、いい子ねー。(モニカに)なんてことするのよ! ロスが私を信頼してくれたのに。彼なんて言うかしら?

Monica: He’s not gonna say anything, because we’re not gonna tell him.
 何も言わないわよ。だって私達何も言わないもん。

Rachel: We’re not?!
 言わないの?

Monica: No, we’re not.
 そうよ、言わない。

Rachel: All right, I like that.
 わかった。それがいいわね。

Monica: Okay.
 オーケー。

Rachel: So we’re okay, we’re okay, we’re okay, aren’t we? No, we’re not okay, we’re not okay, there’s a bump, there’s a bump.
 それでオーケーよね、オーケーよね。オーケーじゃない? (ベンの頭を触って)ダメよ。オーケーじゃないわ。オーケーじゃない。コブができてる。コブがある。

Monica: Oh, my God! Well, push it in! Push it in!
 えーっ!大変!! 押し込んで! 押し込むのよ!

Rachel: I cannot push it in!
 押し込むなんてできないわよ!!

Monica: Okay, we’re gonna need a distraction.
 わかった、何か気をそらすものが必要だわ。

Rachel: Okay, okay.
 オーケー、オーケー。。

Monica: I got it!
 わかった!

Rachel: Okay.
 オーケー・・

Monica: The second that Ross walks in that door, I want you take him back to your bedroom and do whatever it is that you do that makes him go, "rheee!!"
 ロスが来たらすぐ、あなたがベッドルームに連れてって、何でもいいから、彼が「イーーーっ」ってなることをすればいいのよ!

Rachel: Or.. We could put a hat on his head.
 それか・・ベンに帽子をかぶせればいいのよ。

Monica: A hat! Yes! We need a hat.
 帽子! それだわ。帽子がいるわ。

Rachel: We need a hat..
 帽子がいるわ。

Monica: Where are we gonna find a tiny little hat?
 小さな帽子ってどこにあるのよ?

Rachel: Oh, oh, oh, I’ll get ‘Rainy Day Bear’!!
 あっ、わかった。「雨の日のクマさん」よ!

Monica: Because he’ll know what to do? . . . Oh, my God, you’re a genius!
 そのクマさんがどうするか知ってるわけ?(レイチェルが、レインコートを来て帽子をかぶったクマさんを連れてくる)まぁ、素敵! あなた天才ね!

Rachel: Oh, God, oh, God, it’s sowed on though.
 あら大変、大変よ。これ、縫いつけてあるわ。

Monica: Give it. Give it.
 貸して貸して。

Rachel: Okay.
 はい。

(モニカが力任せに引っ張ると、頭が取れる)
Monica and Rachel: Oh!!
 まぁ!

Rachel: Oh, it’s just like a bloodbath in here today.
 まぁ・・まるで今日ここは血の海みたいな・・

《ジョーイとチャンドラーがジュエリーショップの前を通りかかる》

Chandler: Hey! Hold on a minute, hold on a second. Do you think these pearls are nice?
 おい! ちょっと待って、待って。あのパールいいと思わないか?

Joey: I’d really prefer a mountain bike.
 俺はマウンテンバイクの方がずっといい。

Chandler: Janice’s birthday is coming up, I want to get her something special. Come in here with me.
 もうすぐジャニスの誕生日なんだ。何か特別なものを贈りたいんだよ。つきあってくれ。(店に入ろうとする)

Joey: Whoa, whoa, whoa, wait, whoa. Do you want to get her something special? Get her flowers, get her candy, get her gum, girls love gum.
 おいおいおい。待ってくれよ。何か特別なものを贈りたいのか? だったら、花を贈れよ。キャンディとか。そうだ、ガムを贈ればいい。女の子はガムが好きだ。

Chandler: That’s a good idea, ‘Dear Janice: Have a Hubba-Bubba birthday’. I would like to get her something serious.
 それはいい考えだな。「親愛なるジャニスへ:ハバーババ・バースデー!」 俺は何かシリアスな贈り物がしたいんだよ。

hubba-bubba-tape.jpg

Joey: Oh, you want something serious. You know what you should do? You should get her one of those um, barium enemas. Those are dead serious.
 ああ、シリアスなものか、だったら何がいいかわかるか? あれを贈れよ・・・バリウム注腸。これはめっちゃシリアスだぞ。

(barium enema = 消化管下部のX線撮影前に行うバリウムの直腸への注入)

Chandler: All right. Look, I’m gonna go in here, and you don’t buy me anything, ever!
 もういい。いいか、俺はここに入る。おまえは、俺に何も買ってくれなくていい。絶対!

Joey: No, no, you can’t, you can’t, okay, you can’t, you can’t buy her pearls, you just can’t, you can’t, you can’t.
 ダメだよ。ダメダメダメ。彼女にパールなんて買ってやっちゃダメだよ。ダメなんだよ。とにかくダメだ。

Chandler: Why not?!
 なんでだよ?!

Joey: Oh, God. Uh, okay, here’s the thing, this is the thing, okay, the thing is...
 ああ・・どうしよう・・。よし。じゃあ言うよ。言う。よし。それってのは・・

Chandler: What is the thing?
 それって何だよ?

Joey: Okay. I went down to the ‘Mattress King’ showroom and, and I saw Janice, kissing her ex-husband.
 わかった。俺マットレス・キングのショールームに行って、ジャニスを見たんだ。元夫にキスしてるとこ・・。

Chandler: What?
 なんだって?

Joey: They were in his office.
 彼のオフィスで。

Chandler: Well, she, she wouldn’t do that, she’s with, she’s with me.
 そんな。そんなこと彼女がするわけないだろ。彼女は・・俺とつきあってるのに。

Joey: I’m telling you man, I saw it.
 本当なんだ、見たんだよ。

Chandler: Yeah, well, you’re wrong! Okay? You’re wrong.
 いや、おまえは間違ってる。いいか、おまえは間違ってる。

Joey: I’m not wrong! I wish I was. I’m sorry. Bet that barium enema doesn’t sound so bad now, huh?
 間違ってないって! そうだったらと思うよ・・・残念だ。でもこうなると、バリウム注腸もそう悪い考えじゃないだろ?

《モニカ達の部屋:クマさんのレインコートを着ているベン》

Monica: It just makes more sense as an ensemble.
 この方がアンサンブルとしてしっくりくるわ。

Rachel: Right.
 そうね。

Monica: Besides, it takes the focus off the hat.
 それに、帽子からも気をそらせるしね。

(フィービーが走ってくる)
Phoebe: No! Oh! You’re alive! You’re alive!
 ダメよ! ああ! 生きてたわね。生きてた!

Rachel: See, Pheebs, I promised you no one would die, didn’t I?
 ほらね、フィーブス、死なないって言ったでしょ?

Phoebe: Yeah, well, we’ll see about that. Can I use your phone? I just wanna call everyone I know.
 ええ、でもまだわからないわ。電話借りていい? 知りあい全員に電話をかけたいの。

Monica: Sure, we have no money, go ahead.
 ええ。うちにはお金ないけど、どうぞ。

Phoebe: Hey! You’re not dead! Okay, see you!
 (電話で)ハーイ! 死んでないわね! よかった。じゃあね!

Ben: Monica.
 モニカ。

Monica: Oh, my God! He just said my name! Did you hear that?
 すごい! 彼、私の名前を言ったわ。今の聞いた?

Ben: Monica bang!
 モニカがバン!

Rachel: Okay, I heard that.
 今の聞いたわ。

Monica: Did he just say "Monica bang"?
 今この子「モニカがバン!」って言った?

Rachel: Uh-huh.
 うん。

Monica: Oh my God! He’s gonna rat me out!
 なんてことなの? この子密告する気だわ!

Ben: Monica bang!
 モニカがバン!

Monica: Oh-ho-ho, sweetie, sweetie, you gotta stop saying that, now. It’s no big deal, it’s not even worth mentioning, you see, we all do it all the time. See, watch this, Ben, Ben, Ben. . . Ow, Monica bang! Everybody bang. Ben bang. Rachel bang. Bang! Rachel bang! Oh, isn’t that fun?
 まぁ、この子ったらぁ! そんなこと言うのやめて。大したことじゃないのよ。言うほどのこともないのよ。ほら、私達いつもやってることなのよ。ほら、見て、ベン、ベン、ベン! (柱に頭をぶつけながら)アウ! モニカがバン! みんなでバン! ベンもバン! レイチェルもバン! バン! レイチェル、バン! まぁ、楽しいじゃない?

Rachel: Look at that! Look at that! We all do it. Okay, I’m stopping now.
 (一緒にぶつけながら)ほら見て! 見て! みんなやるのよ。・・もういい。もうやめ。

Monica: You okay?
 大丈夫?

Rachel: Oh yeah! You know, if it’s not a headboard, it’s just not worth it.
 ええ。でもほら、ベッドのヘッドボードじゃないもの、ぶつける甲斐がないわね。

《チャンドラー達の部屋:チャンドラー1人。ジャニスが来る》

Janice: How’s my Bing-a-ling?
 私のビングリンちゃんは元気?

Chandler: Ah, I don’t know, you tell me. Anything you ah, wanna tell me, because, if you ah, you should, if you, you would, tell me.
 さぁ、どうかな。君が教えてくれ。何かいうことはないのか? 君が言うべきことがあるなら、言った方がいいからな。

Janice: Why are your eyes so white?
 なんでそんなに目を見開いちゃってるの?

Chandler: You tell me! Maybe, it’s because I was just fooling around with my ex! Oh no-no-no-no, no-no-no-no! That was you!!
 君が教えてくれ! もしかして、別れた人といちゃついたからかな? いや、違う違う、それは君だ!

Janice: Oh, my God!!
 オーマイゴッド!!

Chandler: All right!
 そうだ!

Janice: How did you know?
 どうして知ってるの?

Chandler: Joey told me, he saw you two kissing.
 ジョーイから聞いた。やつは君らがキスしてるとこを見たんだ。

Janice: In the park?
 公園で?

Chandler: No! In his office! How many kisses were there?
 違う! 彼のオフィスだ。どれだけキスしてるんだ?

Janice: Just those two!
 その2回よ!

Chandler: Wh-wh-why, wh-why, why, why was there kissing!? There should be no kissing!!
 ななな、なんで、なんでなんだ? なんでキスする? キスなんてしないはずじゃないか!

Janice: Oh, I’m sorry, honey, I’m so, so, haaaaa! I’m so, so sorry, I just haaaaaa! But I, oh what happened was, I-I-I can’t breathe. Can you get me a bag, or something?
 ああ、ごめんなさい、ねぇ、私本当に・・あーっ! 本当にごめんなさい、私・・あーっ! でもそうなったのは・・息ができない。袋かなにかない?

Chandler: Here.
 (紙袋を渡して)ほら。

(ジャニスはその袋で呼吸をするが、レシートが口に入る)
Janice: It's the receipt.
 レシートよ。

Chandler: I’ll take it! All right, look, I gotta know. Are you finished with me? . . . Are you finished with him?. . . Do you still love him? . . . Do you still love me? . . . All right, look! . . . I’m gonna need an actual answer here, okay? So which is it, him or me?
 もらうよ! いいか、答えてくれ。俺とはもう終わりか? (ジャニスは首を振る)彼と終わりか?(同じく横に振る) 彼をまだ愛してるのか?(頷く) 俺をまだ愛してる?(頷く)もういい、聞いてくれ(袋を取る)本当の答えが聞きたい。いいか? どっちなんだ? 彼か俺か?(電話が鳴るが、出ない)

Janice: I don’t know.
 わからない。

(フィービーが走ってくる)
Phoebe: Okay. If you’re alive, you answer your phone!
 よかった。生きてるんなら、電話に出てちょうだい!

《モニカ達の部屋》

Monica: Okay, Ben, I won’t tell your daddy that you had ice cream before dinner, if you don’t tell about our little bonking incident.
 いい、ベン? あなたが夕食前にアイスクリームを食べたこと、パパに黙ってるから、あなたもぶつけちゃったこと黙っててね。

Rachel: Monica, number one, I don’t think Ben understands the concept of bribery, and number two, I... What?!
 モニカ、ナンバーワン、ベンはそんな取引わかってない。ナンバーツー、私は・・(笑い出したジョーイに)なによ?

Joey: You said number two.
 ナンバーツーって言った(笑)

(one = 小 two = 大)

Rachel: I also said number one.
 ナンバーワンも言ったわよ。

Joey: I know.
 そうだよな(笑)

(ロスが来る)
Ross: Hey! Everyone.
 やぁ、みんな!

Rachel: Hi!
 ハーイ。

Ross: How’s my little boy?
 僕の坊やは元気?

Rachel: He’s perfect, he’s never been better.
 完璧よ。すごく元気。

Ross: What’d you do, take him whaling?
 なに? クジラでも取りにいった?

Ben: Monica.
 モニカ。

Ross: Oh, my God, he just said your name, that’s great! Good job, Ben.
 わぁ、驚いたな。おまえの名前を言ったじゃないか。すごいな。よくやったぞ、ベン。

Ben: Monica bang!
 モニカがバン!

Monica: Oh, that’s right, that’s what I’d sound like if I exploded.
 まぁ、その通りよ。私が爆発したらそんな音なのよ。

Phoebe: Woo-Hoo! The curse is broken! I called everybody I know, and everyone is alive.
 わーい! 呪いは解けたわ! 知りあいみんな電話したけど、みんな生きてる!

Joey: Huh.
 ふん。

Phoebe: What?
 なに?

Joey: Ugly Naked Guy looks awfully still.
 ブサイクな裸男が全然動かない。

《少し時間経過:みんなで窓の外を見ている》

Phoebe: Oh, my God! I killed him! I killed another one! And this curse is getting stronger too, to bring down something that big.
 なんてことなの?! 私彼を殺しちゃった! また殺しちゃったわ! この呪いは、あんな大きな人まで殺すほど強力になってる。

Rachel: Well, maybe he’s just taking a nap.
 でも、ただお昼寝してるだけかもよ。

Joey: I’m telling you, he hasn’t moved since this morning.
 本当だって、今朝から動いてないよ。

Monica: All right, we should call somebody.
 わかった。誰かに電話しましょうよ。

Ross: And tell them what? The naked guy we stare at all the time isn’t moving?
 何て言う気? 僕らがいつも覗いている裸の男が動かないって?

Rachel: Well, we've gotta find out if he’s alive.
 そうね、彼が生きてるか確かめる手を考えないと。

Monica: How are we gonna do that? There’s no way.
 どうやって? 無理よ。

Joey: Well, there is one way. His window’s open, I say, we poke him.
 一つあるぞ。やつの窓は開いている。彼をつつこう。

《チャンドラー達の部屋:チャンドラーはダーツをしている》

Joey: Hey! You know how we save all those chopsticks for no reason we get when we get Chinese food?
 おい! 中華を食べた時、わけもなく箸を全部取っておいただろ?

Chandler: Yeah.
 ああ。

Joey: Well, now we got a reason.
 その使い道ができたぞ。

Chandler: What?
 なんだ?

Joey: Well, we’re fashioning a very long poking device.
 俺たち、長い長いつっつき装置を作るんだ。

Chandler: All right.
 そうか。

Joey: Hey, what’s the matter?
 おい、どうしたんだ?

Chandler: I talked to Janice.
 ジャニスと話した。

Joey: Oh, my God, is she going back to him?
 そうだったのか! 彼女、彼のとこへ戻るのか?

Chandler: She doesn’t know. Says she loves us both. You know, I woke up this morning and I was in love, well, I was happy. You know, it serves me right for buying that twelve pack of condoms. And now I can’t even return them, because she choked on the receipt!
 わからないそうだ。2人とも愛してるっていうんだ。今朝起きた時、俺は恋愛中だった。幸せだった。それで12個入りコンドームも買った。それがいま、返品することもできない。彼女がレシートをくわえたもんだから!

Joey: What are you ah, what are you gonna do?
 それで・・それでどうするつもりなんだ?

Chandler: I don’t know, you know? What, what, would you do?
 わからないよ。なぁ、おまえならどうする?

Joey: Well, it doesn’t matter what I would do.
 あー・・俺だったらどうするかなんて問題じゃないだろ。

Chandler: Come on, tell me.
 いいから、言えよ。

Joey: All right, you’re probably not gonna want to hear this but ah, if it was me, and this is just me, I would ah, I would bow out.
 わかったよ。こんなこと聞きたくないだろうけどな・・でも、俺だったら、もし俺だとしたらだよ、俺は・・俺は身を引く。

Chandler: What? . . What are you, what are you talking about?
 なんだって? (慌てて椅子の陰に隠れるジョーイ)何を・・何を言ってるんだ?

Joey: They have a kid together, you know? They’re like, they’re like a family, and if, I don’t know, there’s chance they could make that work, I know I wouldn’t want to be the guy who stood in the way of that. You okay? You wanna ah, come poke a nude guy?
 あの人達には、子供がいるだろう? それって・・家族って感じだろ。もし、わからないけど、もし、家族でうまくやってくチャンスがあるなら、俺はその邪魔をするようなことはしたくない。・・・・大丈夫か? おまえも来て、裸の男つっつく?

《モニカ達の部屋》

Ross: Well, he’s finally asleep. About that ah, bump on his head?
 ベンはやっと寝たよ。ところで、あの頭のコブだけど・・?

Rachel: Are you, are you, are you sure it’s ah, a new bump? I mean, no offense, I’ve always thought of Ben as a fairly bumpy headed child.
 それだけど、それ・・本当に新しいコブ? 悪気はないけど、ベンってデコボコした頭の子だなーと思ってたのよね。

Ross: It’s okay if he bumps his head, kids bump their heads all the time, you know, it was your first time babysitting, I figured you did the best you could.
 彼が頭をぶつけてもしかたがないんだよ。子供はいつもぶつけちゃうんだ。ね、今回は君が初めて面倒を見てくれたんだもの、君は精一杯よくやってくれたと思うよ。

Rachel: I did!
 やったわよ!

Ross: I know! I’m saying you have to watch them all the time.
 わかってるよ。目を離しちゃいけないって言ってるだけだよ。

Rachel: I did!! I watched! I watched! I watched Monica bang his head against that thing!
 見てたわ! ちゃんと見てた! 見てたわよ。モニカが、彼の頭をあれにぶつけるのを見たのよ。

Ross: Monica did it?
 モニカがやったの?

(モニカがバルコニーから入ってくる)
Ross: Monica?
 モニカ?

Monica: Yeah.
 なに?

Ross: Umm, did you notice anything weird about Ben today?
 今日、何かベンのことでおかしいとか気づかなかった?

Monica: No. Why?
 いいえ。どうして?

Ross: Well, I was just playing with him, and you know, we were doing the alphabet song, which he used to be really good at, but suddenly he’s leaving out ‘e’ and ‘f.’ It’s like they just ah, I don’t know, fell out of his head.
 いや、彼と遊んでたんだけどね。アルファベットの歌を歌ってたんだ。彼はいつも上手に歌えるんだけど、突然、[e] と [f] が抜けちゃったんだ。まるで頭から抜け落ちたみたいに。

Monica: Really?!
 本当に?

Ross: Oh, and also, he’s, he’s walking kind of funny, his left leg is moving a lot faster than his right leg, and he’s in there just sort of you know...
 あ、それから、歩き方が変で、左足が右足よりうんと早く動いてしまうみたいで、あそこにいるけど、なんかこう・・(一カ所で回転して歩いてみせる)

Monica: Oh, my God, I wrecked your baby!!
 どうしよう! あなたの子壊しちゃった!(寝室へ走っていく)

Rachel: I hope it’s still funny when you’re in hell.
 地獄へ行っても笑ってられるといいけどね。

Monica: You jerk! You know how much I love that kid!
 ひどいわ! 私があの子をどんなに愛してるか知ってるくせに!

Ross: Monica bang! Monica bang! Ow!
 モニカがバン! モニカがバン!(走り回って柱に頭をぶつける)アウ!

Rachel: I’ll get the hat.
 帽子とってくる

《セントラルパーク:チャンドラーとジャニス》

Chandler: Janice, I have something I need to tell you, and I want you to let me get through it, because it’s, it’s, it’s not gonna be easy.
 ジャニス、言わなければならないことがあるんだ。簡単なことじゃないから、最後まで黙って聞いてほしい。

Janice: Okay.
 わかった。

Chandler: I think you should go back with Gary. I don’t wanna be the guy that breaks up a family. You know, when my parents split up, it was because of that guy. Whenever I would see him I was always think, you know, ‘You’re the reason, you are the reason why their not together.’ and I hated that guy. And it didn’t matter how nice he was, or how happy he made my Dad.
 君はゲリーのところへ帰るべきだ。家族を壊す男になりたくない。俺の両親は別れたのは、その男のせいだ。その男を見るたびに思ったよ。「おまえのせいだ。おまえがいたから、彼等は別れたんだ」そして俺はそいつを憎んだ。彼がどんなにいいやつかなんて関係ない。彼が俺の父親をどんなに幸せにしたかなんて関係ないんだ。

Janice: Wow!
 ワオ。

Chandler: Yeah, well. It’s the right thing to do.
 ああ。そうするべきなんだ。

Janice: Oh! You’re right. Oh, God. But, before I can say ‘good-bye’, there’s something I really need you to know, Chandler. The way I feel about you, it’s like, I finally understand what Lionel Richie’s been singing about. You know, I mean what we have, it’s like movie love, you’re my soulmate, and I can’t believe we’re not going to be spending the rest of our lives together.
 ああ。そうね。ああ・・。でも、サヨナラを言う前に、知っておいてほしいの、チャンドラー。あなたを思う気持ち、これって、私ついに、ライオネル・リッチーが歌ってる意味がわかったって感じ。私達の愛ってまるで映画みたい。あなたは私のソウルメイトよ。この後の人生一緒に生きていけないなんて、信じられないわ。

Chandler: Then don’t leave me!
 じゃあ行かないでくれ。

Janice: What?
 は?

Chandler: Forget what I said, I was babbling! Pick me!
 今言ったことは忘れて。あんなたわ言。俺を選んで!

Janice: No, you were right, you were right. I mean, I-I-I’ve got to give my marriage another chance.
 ダメよ。本当にあなたの言った通りだもの。私の結婚を、もう一度やり直してみないと。

Chandler: No, you don’t! No, no, no, I say you have to give your divorce another chance.
 いや、そんなことはない! いやいやいや、離婚をもう一度やり直すべきなんだよ。

Janice: I’m sorry.
 ごめんね。(ハグ)

Chandler: Ohhh. Don’t go.
 ああ・・行かないで。

Janice: No, I gotta go.
 いいえ、行かなきゃ。(立ち上がる)

Chandler: No. No! No! No!
 (すがりつく)ダメダメダメダメ!

Janice: Honey, honey, people are looking.
 あなたったら、みんなが見てるわ。

Chandler: I don’t care! . . I don’t care!!
 構うもんか! (見ている人々に向かって)構うもんか!

Janice: Yeah, okay, I’m leaving now.
 まぁ・・いいわ。もう行くわ。(靴を取られる)

Chandler: You can’t leave! I have your shoe!
 行けないぞ! 俺が靴片方持ってる!

Janice: Good-bye, Chandler Bing.
 さよなら、チャンドラー・ビング。(出て行く)

Gunther: Rachel has those in burgundy.
 レイチェルはその靴のワインレッド持ってるよ。

《モニカ達の部屋のバルコニー》

Joey: All right, now remember, something this big and long is going to be difficult to maneuver. Fortunately I have a lot of experience in that area.
 よし、いいか、忘れるな。こんなに大きくて長いものは、操作が難しい。幸い俺はそのあたりの経験は豊富だけどな。

Ross: Can we please focus here, a naked man’s life hangs in the balance!
 ちょっと集中してやろうよ。裸の男の命がかかってるんだ。

Phoebe: I’m telling you he’s dead. What we are about to have here is a dead fat guy on a stick.
 言ってるじゃない、彼は死んでるのよ。私達は死んだふとっちょ男を棒でつつこうとしているのよ。

Joey: All right, ladies and gentlemen, let’s poke. . . Steady. Steady. Okay, a little higher. Careful of the angle. Okay, okay, we’re approaching the window . . . Thread the needle. Thread the needle.
 よし、淑女紳士のみなさん、つつきますよ。しっかり・・しっかり・・よし、もう少し上に。角度に気をつけて・・よし。よし・・窓に近づいてるぞ・・針に糸・・針に糸・・

(おなかをつつくと、手で払われる)
Phoebe: He’s alive! He’s alive!!!
 彼生きてる! 生きてるわ!

Monica: And yet we’re still poking him.
 それでも私達、まだつつき続けてるわよ。

Joey: Okay, retract the device, retract the device.
 よし、装置撤収! 装置撤収!

Ross: He does not look happy.
 彼、うれしそうじゃないな。

Rachel: Hey-hey, now he’s showing us his poking device.
 おおっと。彼自分のつっつき装置を見せてるわよ。

Joey: Hey, that’s never gonna make it all the way over here, buddy!
 おい、それは絶対ここまで届かないぞ。

《チャンドラー達の部屋:アルバムを胸にかかえ、ヘッドフォンでライオネル・リッチー「マイ・エンドレス・ラブ」を聞くチャンドラー》

Chandler: I’ll hold you close in my arms. . . I can’t resist your charms. And love....
 (歌う)君を腕にきつく抱いて・・(フィービーが入ってくる)君の魅力には逆らえないよ。愛しい人・・

Phoebe: Love....
 (一緒に歌いだす)愛しい人・・

Chandler and Phoebe: I’ll be a fool for you. I’m sure, you know I don’t mind.
 君のためならバカにもなれる、そうさ、そんなの構わない。

Chandler: No, you know I don’t mind.
 (高い声で)そうさ、そんなの構わない!

Chandler and Phoebe: Yes! You mean the world to me. Oh...
 そうさ、君は僕のすべて、ああ。

Chandler: I know.
 わかってる。

Phoebe: I know.
 わかってる。

Chandler: I’ve found.
 見つけたんだ。

Phoebe: I’ve found....
 見つけたんだ。

Chandler and Phoebe: ...in you, my endless love. My endless love. Lo… lo...
 君の中に。僕の永遠の愛を・・(うまくハモれない2人)僕の永遠の愛・・あい・・あ・・


(「この歌を聞くとフィービーとチャンドラーを思い出さずにいられない」ってコメントがあります)


にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村


英語 ブログランキングへ
posted by らんち at 00:50| Comment(0) | Season3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。