2013年07月02日

3-5 The One With Frank Jr.

3-5 フランク・ジュニアが来た話

 ☆彼女はイザベラ・ロッセリーニ?☆

《チャンドラー達の部屋:ジョーイDIY。チャンドラーが来る》

Chandler: Hey!
 やぁ!

Joey: Hey!
 おお!

Chandler: Hey-hey-hey. So what happened? Did a forest tick you off?
 おいおいぉぃ。何があった? 森林とケンカ?

Joey: No. You know, how we’re always saying we need a place for the mail.
 ほら、郵便物を置く場所が要るなっていつも話してただろ?

Chandler: Yeah!
 ああ。

Joey: Well, I started building one. But then I decided to take it to the next step.
 だから、作ろうとしたんだけど、ちょっと本格的にやることにしたんだ。

Chandler: You’re building a post office?
 それで郵便局を作るのか?

Joey: No, an entertainment unit, with a mail cubby built right in. It’s a one day job, max.
 いいや、AVユニットだよ。郵便物用のスペースもある。長くても1日仕事さ。

Chandler: Okay. . . My word! Those are snug.
 そうか。(ジョーイのタイトなジーンズを見て)これはまぁ! ぴったりだな!

Joey: Oh yeah. These are my old work pants, Sergio Valente.
 ああ、これ。これは古い作業パンツだ。セルジオ・ヴァレンテ。

(チャンドラーが自室へ入ろうとすると、ドアの上半分だけが開いたため、下半分にひっかかって前のめりに転げ落ちる)
Joey: Power saw kinda got away from me there.
 電動ノコが暴走した。

《セントラルパークの前:フィービーとレイチェル》

Rachel: Hey, Pheebs.
 ねぇ、フィーブス。

Phoebe: Hey!
 ハーイ。

Rachel: Any sign of your brother?
 弟さんまだ来ないの?

Phoebe: No, but he’s always late.
 まだ。でも彼はいつも遅いのよ。

Rachel: I thought you only met him once?
 一回しか会ったことなかったわよね?

Phoebe: Yeah, I did. I think it sounds you know, big sistery, you know, ‘Frank’s always late.’
 ええ。でもおねえさんらしくっていいじゃん? 「フランクはいつも遅いのよ」

Rachel: Well, relax, he’ll be here.
 大丈夫よ、すぐ来るわ。

Phoebe: No, I know, I’m just nervous. You know, it’s just, you know, Mom’s dead, don’t talk to my sister, Grandma’s been sleeping a lot lately. It’s just like the last desperate chance to have a family, you know, kinda thing. You’re so sweet to wait with me.
 わかってる。ただちょっと不安なのよ。ほら、ママは死んだ、姉とは口きかない、おばあちゃんは最近寝てばっかりでしょ。家族を持つ最後のチャンスで必死って感じ。一緒に待ってくれるなんて優しいのね。

Rachel: Well, actually Gunther sent me. You’re not allowed to have cups out here, it’s a thing.
 いえ、実はガンターに言われてきたの。カップ持って出ちゃダメって。

《セントラルパーク》

Chandler: Does anyone else think David Copperfield is cute?
 デヴィット・コパフィールドかわいいと思う?

Monica: No, but he told me, he thinks you're a fox.
 いいえ。でも彼はあなたのこと魅力的だって。

Chandler: All right, Janice likes him. In fact she likes him so much she put him on her freebie list.
 いや、ジャニスが好きなんだってさ。ずいぶん気に入ってて、彼女の公認リストに入れたんだ。

Joey: Her what?
 彼女のなんだって?

Chandler: Well, we have a deal, where we each get to pick five celebrities that we can sleep with, and the other one can’t get mad.
 2人で決めたんだけど、有名人から5人選ぶんだ。その5人とは浮気しても文句言えない。

Ross: Ah, the heart of every healthy relationship. Honesty, respect, and sex with celebrities.
 ああ、健全な恋人関係の基本だよね。正直、敬意、そして有名人とのセックス。

Monica: So, Chandler, who’s on your list?
 それでチャンドラー、あなたのリストは誰なの?

Chandler: Ah, Kim Basinger, Cindy Crawford, Halle Berry, Yasmine Bleeth, and ah, Jessica Rabbit.
 キム・ベイシンガー、シンディ・クロフォード、ハル・ベリー、ヤスミン・ブリース、それからジェシカ・ラビット。

kimBasinger.jpg(キム・ベイシンガー)
Cindy.jpg(シンディ・クロフォード)
halle.jpg(ハル・ベリー)
yasumine.jpg(ヤスミン・ブリース)
jessicaRabbit.jpg(ジェシカ・ラビット)

Rachel: Now, you do realize that she’s a cartoon, and way out of your league?
 ねぇ、彼女アニメで、手の届かない人って気づいてるわよね?

Chandler: I know, I know, I just always wondered if I could get her eyes to pop out of her head.
 わかってるわかってる。ただ俺にも目玉飛び出させることできるかなってさ。

Joey: Hey, Monica, who would yours be?
 おい、モニカ、モニカならどうする?

Monica: First, I need a boyfriend, then I can have a list.
 まず第一にボーイフレンド。それから考えるわ。

Joey: It’s just a game Mon. Rach, how about you?
 ただのゲームだぞ、モン。レイチ、君は?

Rachel: Oh, I don’t know, I guess, Chris O’Donnel, John F. Kennedy, Jr., Daniel Day Lewis, Sting, and Parker Stevenson.
 わかんないわ。そうね、クリス・オドネル、ジョン・F. ケネディ Jr. 、ダニエル・デイ=ルイス、スティング、それとパーカー・スティーブンソンかな。

chris.jpgクリス・オドネル
200px-JFK_Jr._.jpgジョン・F・ケネディ・ジュニア
daniel-day-lewis.jpgダニエル・デイ=ルイス
v-sting1.jpgスティング
Frank_1977_TV_Show.jpgパーカー・スティーブンソン

Ross: Spiderman?
 スパイダーマンの?

Rachel: Hardy Boy.
 ハーディ・ボーイよ。

Chandler: Peter Parker.
 (スパイダーマンは)ピーター・パーカーだよ。
peterparker.jpg

Ross: Thank you.
 ありがと。

Rachel: What about you honey, who would be on your list?
 あなたは? 誰をリストに載せたい?

Ross: Well I-I-I, that kind of thing requires some serious thought. First, I’d divide my perspective candiates into categories....
 そうだな、これは相当考えないとできないよ。まずだいたいの候補者をカテゴリー別に分けて・・

Chandler: What a geek!
 すごい変人ぶり!

(フィービーとフランクがくる)
Phoebe: Everybody, this is Frank! This is my half-brother, Frank.
 みんな、フランクよ! 半分弟のフランク。

All: Oh, hi.
 ああ、ハーイ!

Phoebe: This is everybody. This is Ross.
 こちらロスよ。

Frank: How are you?
 はじめまして

Ross: Hey.
 ヘイ。

Phoebe: Chandler.
 チャンドラー。

Chandler: Hi.
 やぁ。

Frank: Hi.
 ハーイ。

Phoebe: Joey.
 ジョーイ。

Joey: Hey-hey!
 ヘーイ!

Frank: Hey.
 ヘイ。

Phoebe: This is Monica.
 こちらがモニカ。

Frank: Whoa!
 ウワオ!

Phoebe: And this is Rachel.
 そしてレイチェル。

Rachel: Hi!
 ハーイ。

Frank: Whoa!!
 ウワオ!

Phoebe: I’m gonna get coffee.
 コーヒーとってくるわね。

Frank: Hey, how do you guys get anything done?
 ねぇ、どうやってやってるの?

Chandler: We don’t, really.
 それが、やってないんだよ。

Rachel: Well, so, now, do you guys have a lot of big plans?
 それで、あなたたち、何か計画立てたの?

Phoebe: Oh yeah! Yeah, no, we’re gonna connect, you know, bond, and everything.
 ええ、そうよ。まぁ、親しくなって、絆を作るとかよ。

Frank: Yeah, I was thinking that maybe we could go down to Times Square and pick up some ninja stars. And, oh, my friend Larry, he wants me to take a picture of a hooker.
 ああ。俺はタイムズスクエアに行ってニンジャ・スターを見つけるんだ。それから、友達のラリーに、売春婦の写真を撮ってくるように頼まれてるし。

Chandler: You know, we really don’t take advantage of living in the city.
 俺たちて、せっかくシティに住んでるのに活用してないよな。

Joey: I know.
 そうだよ。

《チャンドラーが自室にいると、目の前の壁にドリルで穴が開く》

Joey: Oh, I’m sorry. Did I get ‘ya?
 (飛び出してきたチャンドラーに)あ、ごめん、当たった?

Chandler: No, you didn’t get me!! It’s an electric drill, you get me, you kill me!!
 いいや! 当たってない! それは電気ドリルだ! 当たってたら死んでる!

Joey: Calm down, do you want this unit or not?
 落ち着けって。このAVユニット欲しくないのか?

Chandler: I do not want this unit!!
 ほしくない!

Joey: Well, you should’ve told me that before, I’m not a mind reader. Hey, we’re out of beer. I’m going to Monica’s.
 だったら作る前に言えよ。俺は読心術は持ってないぞ。ところでビールがなくなったぞ。モニカんところへ行ってくる。

Chandler: Fine!
 もういい!

《モニカ達の部屋》

Monica: Hey! Where you heading in those pants? 1982?
 あら! そんなGパンでどこ行くの? 1982年?

Joey: Oh, Monica, listen, I saw down at the hardware store, they got those designer tiles on sale. If you want to redo the bathroom floor.
 あ、モニカ、金物屋に行った時見たんだけど、デザイナーのタイルを安売りしてたぞ。バスルームのタイル張り替えたいんじゃないか。

Monica: What’s wrong with my bathroom floor?
 うちのバスルームのタイルがどうかした?

Joey: Nothing. It’s just old and dingy, that’s all.
 別に。ただ、古くて汚れてるってだけさ。

Monica: I highly doubt that.
 それはどうかしらね。(2人バスルームへ行く)

Joey: Oh yeah. If you move your hamper, you see the color the tile used to be. . Yeah.
 ほんとさ。この入れ物をどかしたら、元の色がわかるよ。な。

Monica: I can’t live like this! What are we gonna do? What are we gonna do?
 このままでは暮らせないわ! どうしたらいいの? どうしたらいいの?

Joey: Relax. Here hold this. This old stuff just comes right off.
 落ち着けって。これ持ってて(ビールを渡す)こういう古いのはすぐ取れるんだよ。

Monica: A little more than I wanted to see.
 (ジョーイの後ろ姿を見て)見たくないものまで見えてる。

Joey: Aw! Look at that, every inch of this stuff is glued down. It’d take forever to pry this up. You should ah, you should just leave it.
 あぁ! これは隅から隅までくっつけてあるな。取ろうと思ったらすごい時間がかかるぞ。放っとこう。

Monica: I can’t leave it! You gouged a hole in my dingy floor.
 放っとけないわよ! あなた、うちの薄汚れた床に穴あけたのよ。

Joey: Eh! There you go.
 (トイレブラシを穴に乗せて)ほら。これでいい。

Monica: You know, that’s nice, you know, we could put it back there after the surgeons remove it from your colon!
 いいわね。あなたのお尻に突き刺ったの手術で抜いてもらってから、またそこに置けばいいわね。

《フィービーの部屋》

Phoebe: Oh!
 あ、そうだ。

Frank: What?
 なに?

Phoebe: Yeah, I know what I wanted to ask you. Can you roll your tongue? Because I can, and my Mom couldn’t, and I thought you know, I figured that was something I got from our Dad.
 聞きたかったの。舌を丸めることできる? 私はできるんだけど、ママはできなかったから、それって、パパからの遺伝かなと思って。

Frank: What, wait, you mean like this?
 なに? これのこと?(やってみせる)

Phoebe: Yeah, yeah. You can do it, too.
 そうそう。私もできるの。(見せる)

Frank: You're not doing it.
 できてないよ。

Phoebe: Oh, right, yeah, okay, my Mom could, and I can’t. We don’t have that....
 あ、そうか。そうね。ママができて私ができないんだった。じゃあ何も・・。

Frank: When’s your birthday?
 誕生日いつ?

Phoebe: February 16th.
 2月16日。

Frank: I know a guy who’s the 18th.
 18日生まれのやつ知ってる。

Phoebe: That’s close. When’s yours?
 近いわね。あなたはいつ?

Frank: October 25th.
 10月25日。

Phoebe: That’s the same month as Halloween. So, what kinda things do you like to do at home?
 ハロウィーンの月ね。・・・それで、家にいる時はどんなことするのが好きなの?

Frank: Melt stuff.
 溶かす。

《セントラルパーク》

Ross: Okay, I’ve got three of my five.
 よし。5人のうち3人決まった。

Rachel: Three of your five, what?
 5人のうち3人のなに?

Ross: Celebrities I’m allowed to sleep with.
 寝ていい有名人だよ。

Rachel: Oh, my God! You are giving this a lot of thought.
 まぁなんと! じっくり考えたものね!

Ross: Yeah, it’s hard, okay? I only have two spots left.
 ああ。難しいよ。あと2人しかないんだ。

Chandler: All right, so who do you got it narrowed down to?
 よし、誰にしぼったんだ?

Ross: Okay, Elizabeth Hurely....
 エリザベス・ハーレイ・・
elizabeth-hurley.jpgエリザベス・ハーレイ

Chandler: Oooh-hoo, very attractive. Forgiving.
 おおおお! 魅力的だね。寛大だし。

IMG_0517.JPG
(調べたところ、Elizabeth Hurely が Matthew Perry を
 許すという記事がありましたが、それは2001年の記事。
 このエピソード放映は1996年10月です。不明ですが、
 2001年に、Matthew Perry の過去の悪い態度を許すと
 言ってはいますが、その過去の時から1996年までの間に
 すでに許していたのかも・・??)


Ross: Susan Sarandon.
 スーザン・サランドン。
susan.jpgスーザン・サランドン

Chandler: Eh, you know what, she’s to political, she probably wouldn’t let you do it, unless you donated four cans of food first.
 ああ、でも彼女は政治活動とか好きだからな。まず食べ物の缶詰を4つ位寄付しないと、つきあってくれないぞ。

Ross: And!! Isabella Rossellini.
 それから! イザベラ・ロッセリーニ

Chandler: Ooh-hoo. Very hot, very sexy. But you know, she’s too international, you know, she’s never gonna be around.
 おおお! 魅力的だ。セクシーだね。でもな、彼女って国際的だろ。その辺にいないぞ。

Rachel: So?
 それで?

Chandler: So, you gotta play the odds, pick somebody who’s gonna be in the country like all the time.
 確率的で考えろ。もっと地元に密着した人を選べ。

Rachel: Yeah, ‘cause that’s why you won’t get Isabella Rossellini, geography.
 そうよね。イザベラ・ロッセリーニを落とせないのは、距離の問題よね。

《フィービーの部屋:フランクが溶かしている》

Phoebe: Okay, so, by melting, you meant melting.
 そうなんだ。溶かすって、本当に溶かすってことだったんだ。

Frank: Yeah.
 ああ。

Phoebe: So is it like art?
 それって、アート?

Frank: Yeah, you can melt art. Hey, can I use your phone?
 ああ、アートも溶かせるよ。電話借りていい?

Phoebe: Yeah, sure. Why, you wanna call your Mom?
 ええ、いいわよ。ママに電話するの?

Frank: No, I wanna melt it.
 いや。溶かす。

Phoebe: Oh, well um, not right now. You know, I’m just gonna go to bed, I think the fumes are giving me a headache.
 あら。じゃあ、今はやめて。ねぇ、私もう寝るわね。その溶かしてる匂いで頭が痛くなってきちゃったみたい。

Frank: Yeah!
 ああ。

Phoebe: Good night, bro.
 おやすみ、弟!

Frank: Good night.
 おやすみ。

Phoebe: Here. . . Here, just in case.
 はい。(消化器を置く)念のため。

Frank: Oh, excellent.
 おお、いいね!(消化器のノズルを溶かす)

《モニカ達の部屋:バルコニーではフランクがヌンチャクで遊んでいる》

Monica: What kind of karate is that?
 あれどういう種類のカラテ?

Phoebe: No kind. He just makes it up.
 めちゃくちゃ。適当よ。

Monica: So how’s it going with you guys?
 それで、2人うまくいってる?

Phoebe: So far, it kinda blows. I don’t know, I just thought you know, that he’d feel more like a brother you know, like you and Ross, just like close and connected and....
 これまでのところ、めちゃめちゃ。なんていうか、もっと兄弟っぽく・・あなたとロスみたいにね、もっと近く感じられたら・・

Monica: Oh, honey, we’re close now but you wouldn’t believe the years of noogies, and wedgies, and flying wedgies, and atomic wedgies, and.... That’s when the waistband actually goes over your head.
 まぁ、今は仲良くしてるけど、昔なんて信じられないわよ。頭グリグリだの、パンツ引っ張りーの、パンツ飛ばしーの、超パンツ引っ張りーの・・・これはウエストが頭の上までくるやつよ。
noogie.jpg(noogie)

Phoebe: Ah!!
 わぁ!

Monica: Oh, we used to drive each other crazy playing the shadow game.
 それに、よくオウム返しゲームでお互いムカついたもんよ。

Phoebe: Oh, how do you play the shadow game?
 オウム返しゲームって?

Monica: Oh, how do you play the shadow game?
 オウム返しゲームって?

Phoebe: I just asked you.
 私が今聞いたのよ。

Monica: I just asked you.
 私が今聞いたのよ。

Phoebe: I don’t have time for this.
 こんなことやってる時間ないわ。

Monica: No, that is what the game is.
 いえ、これがそのゲームよ。

Phoebe: Which you just gave up really quickly.
 あっさりあきらめたわね。

(チャンドラーが来る)
Chandler: Have you seen Joey?
 ジョーイ見なかった?

Monica: What’s the matter?
 どうかした?

Chandler: Oh, just this! . . . You know what? It’s my fault really, because the couch is usually where we keep the varnish.
 これだよ!(パンツに貼り付いた缶のフタを見せる)俺が悪いんだよな。カウチって普通、ニスを置いとくとこだよな。

Joey: Hey, does somebody wanna hand me one of those tiles?
(バスルームから)誰かそこのタイル取ってくれる?

Chandler: What’s going on?
 何してんだ?

Monica: He’s retiling my floor.
 タイルの張り替えしてくれてるのよ。

Chandler: Yo!! Spackle boy! Get up!
 おい! スパックル野郎! 立て!
spackle.jpg(Spackle = 商品名。速乾性のしっくい)

Monica: Ah-ah-ah, you started this, you will finish it.
 ダメダメ! 始めたんだから、終わらせてよね。

Chandler: He started mine first!
 こっちを先に始めたんだ!

Phoebe: Build the unit Cinderellie, lay the tile Cinderellie.
 ユニット組み立てろ、シンデレラ、床を張り替えろ、シンデレラ♪

《フィービーの部屋:TVを見ている》

Frank: Whoa! Big octopus.
 おお! でっかいタコ!

Phoebe: Yeah. . . ‘Hello. . . Oh, my God, I totally forgot! . . . Well, can’t someone else do it? . . . But I have company. . . Yeah, no. look, that’s all right. I’ll come in. Okay. . . Frank, I’m really sorry but I have to go into work. It’s one of my regulars and he’s insisting that I do him.
 そうね。(電話が鳴る)もしもし・・あら大変、すっかり忘れてたわ! ・・ 誰か他の人に代わってもらえないかしら?・・ でもお客さんが来てるの・・ ええ、わかったわ。じゃあ行くわ。はい(電話を切る)フランク、本当に悪いんだけど、仕事に行かなきゃならないの。常連さんで、私でないとダメなの。

Frank: Hey, what kind of work do you do?
 ねぇ、どういう仕事してんの?

Phoebe: Oh! I’m a masseuse. I give people massages and stuff.
 ああ、私はマッサージ師よ。人にマッサージとかするの。

Frank: You work at one of those massage parlors?
 あのマッサージ・パーラーで働いてるの?

Phoebe: Well, you know, we don’t call it that, but yeah!
 そういう名前じゃないけど、そうよ。

Frank: Wow! That’s wild! No, I had no idea.
 ワオ! それはすごいや! 知らなかった!

Phoebe: All righty. I’ll be back in a little bit. Unless you wanna come with me?
 そうなの。すぐ戻ってくるわ。それか、一緒に来る?

Frank: You mean like watch?
 見に行くってこと?

Phoebe: No, no, you can get one yourself. It’ll be on the house! You know what are big sisters for?
 いえ。やってもらえばいいわ。無料でね。私おねえさんなんだものね。

Frank: Well, I don’t think this, you know.
 いやーそれはどうかな。

Phoebe: No, no, no, I wouldn’t do you myself, I mean that would be weird. Yeah, no, I’ll get one of the other girls to do it. Oh, this is so much fun! Hey! Are you excited?
 いえいえ、私じゃないわよ。私がやると変でしょ。だから、誰か他の女の子にやってもらうわ。これは楽しいわね! ね! 楽しみでしょ?

Frank: Yeah! Hey, do Monica and Rachel work there?
 ああ! ねぇ、モニカとレイチェルもそこで働いてる?

《モニカ達の部屋:バスルームを見ている》

Monica: It’s beautiful! It’s like the first bathroom floor there ever was. . . Whoa! What are you going in there for?
 きれいね! 最初の時のバスルームみたいだわ。(チャンドラーが入ろうとする)ちょっと! 何する気?

Chandler: What, like a number?
 なに? 大か小か?

(number 1 = 小・number 2 = 大)

(ロスが来る)
Ross: Hey!
 やぁ!

Chandler: Hi! Bye!
 おお! バイ!(バスルームに駆け込む)

Ross: Okay, I’m done with my choices, these are final.
 選び終えたよ。これが最終結果。

Rachel: Well, it’s about time.
 もうできていい頃よね。

Joey: Ooh, very official.
 おお! すごい本格的だな。

Ross: Oh, yeah, well, you know, Chandler printed it up on his computer.
 ああ。チャンドラーがパソコンで印刷してくれたんだ。

Monica: And who laminated it?
 誰がパウチしたの?

Ross: That was me.
 それは僕。

Rachel: All right, let me see. Uma Thurman, Winona Ryder, Elizabeth Hurley, Michelle Pfeiffer. . . Dorothy Hammil?
 いいわ。見せて。ユマ・サーマン、ウィノナ・ライダー、エリザベス・ハーレイ、ミシェル・ファイファー・・・ドロシー・ハミル?
umathurman.jpg(ユマ・サーマン)
Winona-Ryder-Picture-007.jpgウィノナ・ライダー
michelle.jpgミシェル・ファイファー
dorothy.jpgドロシー・ハミル

Ross: Hey, it’s my list.
 いいじゃん、僕のリストだ。

Rachel: Okay, honey, you do realize she only spins like that on ice.
 ねぇ、彼女がスピンできるのって氷の上だけってわかってるわよね。

《フィービーの勤務先:フランクが後ろ手につかまれて来る》

Frank: Ow!-Ow!-Ow! Ow! Ow! Ow! Ow! Ow! Ow! You know, ow!
 イタタタタタ!イタイ!

Phoebe: Hey!-Hey! What’s going on?
 なになに? 何があったの?

Frank: She broke my arm.
 腕折られた。

Girl: He touched my fanny.
 私のお尻触ったの。

Frank: No, she touched mine first!
 彼女が先に触ったんだ!

Girl: That’s my job!
 仕事だもの!

Frank: So wait, what’s the deal here, I can have sex with you, but I can’t touch you?
 待てよ、なんだよ、セックスはしていいのに、触っちゃダメっての?

Phoebe and Girl: Ewww!!!
 げーっ!

Phoebe: You can’t have sex with her!
 セックスなんてとんでもない!

Girl: What’d you think I was, a hooker?
 人のこと、何だと思ってんのよ、売春婦?

Frank: No, you're a masseuse, it’s cool, I’m not a cop.
 いや、マッサージ師さんだよね、わかってるって、警察じゃないんだから。

Phoebe: Okay, Jasmine, can you, can you ask Mr. Whiffler if he can wait for like five minutes.
 いいわ、ジャスミン、ホィフラーさんに5分待ってもらえるように頼んでくれる?

Jasmine: Fine.. . I don’t like you!!
 わかったわ。(フランクに)キライ!

Phoebe: So that’s what you thought I did?! God! That’s not what I do!
 そんなこと思ってたの?! もう! そんなんじゃないわよ!!

Frank: Wait that’s-that’s, what that’s not what you do?
 待って。それじゃ・・それじゃ・・違うの?

Phoebe: No! Why would you think that?
 違うわよ! なんでそんなふうに思うのよ?

Frank: I don’t know, I mean, you know, this is the city you know, I just, I mean, I don’t know.
 なんでって・・ほら・・ここシティだし、ほら、なんていうか。。

Phoebe: Whatever. It’s the perfect end to the perfect weekend anyway.
 もういい。完璧な週末の完璧な終わり方よね。

Frank: Oh, wait. No, you're right. No, it was perfect. And I can’t believe that I screwed it up so bad.
 ちょっと待って。そうだよな。完璧だったよ。それをこんなふうにしちゃうなんて、我ながら信じられないよ。

Phoebe: You really thought it was perfect?
 本当に完璧だと思ってた?

Frank: Well, no, maybe-maybe it wasn’t perfect, but you know, it was pretty cool, you know. ‘cause we had all those great talks, you know.
 ああ、いや、完璧じゃなかったかもしれないけど、すごくクールだったよ。だって話して楽しかったしさ。

Phoebe: Yeah, um, which ones in particular were great for you?
 ええ・・・特にどの変が楽しかったの?

Frank: Well, you know, about the tongue thing, you know, and how I told you about my likes and my dislikes...
 ほら、舌のこととか、俺の好きなことと嫌いなことの話や・・

Phoebe: I don’t....
 何のことか・・

Frank: How-how I like to melt stuff, and how I dislike stuff that doesn’t melt.
 俺が溶かすの好きってこととか、溶けないものはキライってこととか。

Phoebe: Right, okay, um-mm.
 ああ、そうね。

Frank: Yeah, you know, I feel like I can really talk to you ‘cause you know, you’re my sister, you know.
 ああ。あんたには話せるって気がして、ほら、姉さんだからさ。

Phoebe: Yeah, I guess I do, yeah.
 ええ、わかるわ。

Frank: Then I go feel your friend up and make you mad at me.
 それなのに友達のこと触って怒らせちゃって。

Phoebe: Well, I wasn’t hopping mad, you know?
 そんなかんかんに怒っったてほどじゃないわよ。

Frank: You hopped a little bit. Yeah, I'm really sorry. You know, I'm really..
 ちょっとかんかんだったよ。ああ。本当にごめん。本当に・・

Phoebe: Okay. All right, this is my favorite part of the weekend. Right now. This.
 いいのよ。ねぇ、今がこの週末で一番お気に入りだわ。今のこれ。

Frank: This?
 これ?

Phoebe: Uh-huh.
 うん。

Frank: Oh, come on. We went to Times Square. We found ninja stars. I almost got arm broken by a hooker...
 そんなことないだろ。タイムズスクエアに行ったし。ニンジャ・スター見つけたし。売春婦に腕折られそうになったし。

Phoebe: She wasn’t a hooker.
 売春婦じゃない。

Frank: Well, when I tell my friends about her she will be.
 でも友達に話すときは売春婦って言うもん。

《チャンドラー達の部屋・全員でAVユニットを立てようとしている》

Chandler: Okay, on three. One....Two....
 いいか、3で行くぞ。1、2・・

Joey: Why don’t we just go on two.
 なんで2で行かないの?

Chandler: Why two?
 なんで2?

Joey: Because it’s faster.
 その方が早いじゃん。

Chandler: Yeah, I could have counted to three like four times without all this ‘two’ talk.
 今の2の話してる間に4回ぐらい3数えられたよ。

Rachel: Oh!
 もう!

Joey: All right, but in the future...
 わかったよ。でもこれからは・・

Ross: Okay!! Okay!!
 もういいよ。

Rachel: Come on!
 早く!

Ross: Heavy thing, not getting lighter!
 重いもの、軽くはならないぞ。

Chandler: Okay, one...two...
 よし、1、2・・

Joey: So we are going on two?
 じゃあ2で行くの?

All: All right!!
 もういい!(全員でユニットを立てる。ユニットは2つのドアを半分ずつ塞いでいる)

Chandler: A good job, Joe.
 よくやったな、ジョー。

Joey: Wow, it’s big!
 ワオ。でかいな!

Chandler: Yeah-yeah, so big that it actually makes our doors look smaller!
 本当だな、あんまりデカくて、俺らのドアがちっちゃく見えるよな!

Joey: Maybe, my ruler’s wrong.
 もしかして俺の巻き尺が悪いのかもな。

Phoebe: Maybe all the rulers are wrong.
 もしかして全部の巻き尺が悪いのかもね。

Joey: Look, it’s not that bad. So what, it blocks a little of your door, a little of my door.
 なぁ、そんな悪くないじゃん。おまえのドアちょっと塞いでて、俺のドアもちょっと塞いでるだけじゃん。

Chandler: Yeah, you know what? I got a better idea. How about it blocks none of mine door and a lot of yours?
 そうか。じゃあもっといい考えがあるぞ。こっちのドアは塞がないで、そっちのドアもっと塞いだらどうだ?(押そうと試みるが動かない)

Joey: Yeah, listen, before I forget that side is still wet.
 あ、なぁ、忘れる前に言っとくけど、そっちまだ乾いてないぞ。

《セントラルパーク:レイチェル仕事中》

Rachel: Okay sir, um-mm, let see if I got this right. Ah, so this is a half-caf, double tall, easy hazel nut, non-fat, no foam, with whip, extra hot latte, right? .. Okay, great. . . You freak.
 お待たせしました。これでよかったかしら。こちら、カフェインハーフ、ダブルトール、ヘーゼルナッツ少々、脂肪ゼロ、泡なし、ホイップありのエクストラホットラテ。よろしい? はい、どうも(立ち去ってから)変人!

(イザベラ・ロッシリー二が来る)
Ross: Thank you.
 (カウンターでガンターに)ありがと。

Isabella: Coffee to go, please.
 (ロスと並んでガンターに)コーヒー持ち帰りでお願い。

(ロスは慌ててカウチのみんなのところへ行く)
Ross: Isabella Rossellini!
 イザベラ・ロッセリーニだ!

Monica: Are you serious? Oh, my God.
 本当に? オーマイゴッド!

Ross: Damn! I can’t believe I took her off my list.
 クソっ! 信じられないよ。リストから外しちゃって。

Monica: Why? ‘Cause otherwise you’d go for it?
 なんで? そうじゃなきゃアタックできた?

Ross: Yeah, maybe.
 ああ、かもね。

Rachel: Oh-oh, you lie.
 ああ、うそよ。

Ross: What, you don’t think I’d go up to her?
 何だよ、僕には行けないっていうのか?

Rachel: Ross, it took you ten years to finally admit you liked me.
 ロス、あなた、この私を好きって言うのに10年かかってるのよ。

Ross: Yeah, well missy, you better be glad that list is laminated.
 いやぁ、いいかい、お嬢さん、リストがパウチされてることを喜ぶんだね。

Rachel: You know, what, honey? You go ahead. We’ll call her an alternate.
 あら、なに? いいわよ。行きなさいよ。補欠ってことにしてあげるわ。

Ross: Okay, hold my cruller.
 わかったよ。僕のクルーラー持ってて。

Rachel: Okay.
 いいわ。

Monica: Rach, are you really gonna let him do this?
 レイチ、本当に行かせていいの?

Rachel: Honey, he’s about to go hit on Isabella Rossellini. I’m just sorry we don’t got popcorn.
 モニカ。彼がイザベラ・ロッセリーニを誘いに行ったのよ。ポップコーン片手に鑑賞したいわ。

Ross: Hi! Hi, I’m Ross, you don’t know me, but I’m a big, big fan of yours. I mean, Blue Velvet, woo-oo hoo! I was wondering if I could um, maybe buy you a cup of coffee? . . . Or maybe reimburse you for that one?
 ハーイ。どうも、僕はロスです。知りませんよね。でも、僕はあなたのすごいファンなんです。ブルーベルベットなんかもう、ワオ! もしかして、コーヒーをごちそうさせてもらえないかななんて・・・(ガンターがおつりを彼女に渡す) ・・それか払った分僕が返すとか?

Isabella: Aren’t you with that girl over there?
 あなた、彼女と一緒じゃないの?(レイチェルを指差す)

Ross: Well, yeah, kind of. But that’s okay, see, we have an understanding. See, we each have this list of five famous people. . . And you are one of mine. So I’m allowed to sleep with you. No, no, no, it’s flattering.
 ええ、そんな感じです。でも、いいんですよ、ほら、僕ら了解しあってるんです。僕ら、めいめいに5人の有名人のリストを持ってて、あなたは僕のリストの一人なんです。だから、僕はあなたと寝てもいいんです。いやいやいや、これはほめてるんですよ。

Isabella: Oh, I don't know..
 まぁ、それはどうかしらね。(帰ろうとする)

Ross: Oh no, no, no, wait, wait, Isabella. Don’t just dismiss this so fast. I mean, this is a once in a lifetime opportunity...
 あ、待って待って、イザベラ。そんな簡単に却下しないで。ほら、これは一生に一度のチャンスなんだから・・

Isabella: Yeah, for you. Is that the list?
 あなたにとってはね。それがリスト?

Ross: Um, yeah.
 ええ。

Isabella: May I see it?
 見ていい?

Ross: Um, no.
 ダメです。

Isabella: Come on!
 いいじゃない! (取って見る)

Ross: But, okay.
 でも・・いいですよ。

Isabella: I’m not on the list!
 私載ってないわ。

Ross: Um, see, but that’s not the final draft.
 ええ、でもそれはまだ最終版じゃないんです。

Isabella: It’s laminated!
 これパウチされてるわ。

Ross: Yeah, um, okay see, you were, you were on the list but my friend, Chandler brought up the very good point that you are international, so I bumped you for Wynona Rider, local.
 ええ、でも、最初はリストにあったんです。でも、友達のチャンドラーが(チャンドラー手を振る)いいことを言ってきて、あなたは国際派だからって。それでローカルなウィノナ・ライダーと入れ替えたんです。

Isabella: You know, it’s ironic...
 皮肉なことなんだけど・・

Ross: What?
 なんです?

Isabella: ...because I have a list of five goofy coffee house guys and yesterday I bumped you for that guy over there.
 私は、コーヒーハウスのまぬけな5人っていうリストを持ってるんだけど、昨日、あなたをそこの(男性を指差して)彼と入れ替えたとこなのよ。(立ち去る)

Ross: We’re just gonna be friends.
 (取り残され)僕ら、ただの友達ってことで。

《チャンドラー達の部屋》

Joey: You know what?
 なぁ。

Chandler: Umm?
 ん?

Joey: I bet you I could fit in there.
 俺、あの中に入れるぞ。

Chandler: I’ve got five bucks says you can’t.
 入れないに5ドル。

Joey: Get out your checkbook, mister.
 小切手帳の用意しな、ミスター。

Chandler: Oh, I think I have the cash.
 いや、現金あるよ。

Joey: You are dog, man! I totally fit!
 (中に入って)おまえの負けだぞ。ちゃんと入れた!

Chandler: Yeah, you got me. . . I’m out five big ones! (puts the money in the crack between the door and frame) There you go.
 ああ、本当だな。(角材を取っ手に通して閂にする)5ドル失くしたよ。ほら。 (扉の隙間から5ドル入れる)

Joey: Thank you. Cha-ching! Oh, well, hello! Mr. Lincoln. Better luck next time, buddy! . . And the drinks are on me!
 サンキュー! チッチーン!(レジの音)おお、ハロー、リンカーンさん。この次は幸運をね! (チャンドラーは部屋を出ていく)飲み物はおごるよ!



にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村


英語 ブログランキングへ
posted by らんち at 03:12| Comment(0) | Season3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。