2013年06月30日

3-3 The One With the Jam

3-3 ジャムの話

 ☆ジャムの味は最高!☆

《チャンドラー達の部屋:ジョーイの部屋からベッドの音》
Joey: WHOAA!!
 (部屋から聞こえる)うわーっ!

Chandler: See, Joe, that's why your parents told you not to jump on the bed.
 (ジョーイを見に来て)ほら、ジョー、だからおまえの両親はベッドの上でジャンプするなって言ったんだぞ。

《モニカ達の部屋:ロスとレイチェルが来る》

Monica: Hey, look at me! I'm making jam, I've been at it since 4 o'clock this morning.
 ねぇ、見て! ジャム作ってるの。今朝4時からこれやってるのよ。

Ross: Where'd you get fruit at four in the morning?
 朝の4時にどこでフルーツ仕入れてきたんだ?

Monica: Went down to the docks. Bet you didn't know you could get it wholesale.
 埠頭へ行ったの。埠頭で卸売りやってるって知らなかったでしょ。

Rachel: I didn't know there were docks.
 埠頭があることも知らなかったわ。

(ジョーイとチャンドラーが来る)
Chandler&Joey: Hey.
 やぁ。

Ross: Aww, is it broken?
 ああ、折れてた?

Joey: No, I gotta wear this thing for a couple weeks.
 いや。でもこれを2週間つけてないといけないって。(sling(つり包帯)を指差して)

Rachel: Did you tell the doctor you did it jumping up and down on your bed?
 ベッドでジャンプしててこうなったってドクターに話したの?

Joey: No. I had a whole story all worked out, but then Chandler sold me out.
 いいや。俺はちゃんとした話を作っておいたのに、チャンドラーがバラしちゃったんだ。

Chandler: Well, I'm sorry Joe. I didn't think the doctor was gonna buy that it just fell out of the socket.
 悪いな、ジョー。ドクターが、腕が転げ落ちたって話を信じるとは思えなかったんでね。

(肩の脱臼(dislocation)は、"out of the socket"。
 ・・・out of socket で思いつくのが、
 " eyeball fell out of the socket."
 それでジョーイは fall out of the socket と言ったが、
 実際、腕が fall out するはずがない。という笑い。
 "eye fell out of the socket" は、驚きのあまりって
 ことだと思いますが、ネットで検索すると、英語での、
 ほんとに目が落ちるってあり得る?なんて素朴な疑問が
 いっぱいです。よく聞く言い回しなのでしょう。)


Joey: What is this? Fruit?
 これ何? フルーツ?

Rachel: Monica's making jam.
 モニカがジャム作ってるのよ。

Joey: Whoa, jam! I love jam! Hey, how come we never have jam at our place?
 ワオ! ジャム! ジャム大好きだよ! (チャンドラーに)なぁ、なんでうちにはジャムがないんだ?

Chandler: Because the kids need new shoes.
 だって子供達に新しい靴を買ってあげなきゃいけないからよ。

Monica: I'm going into business, people. I'm sick and tired of being depressed about Richard. I needed a plan, a plan to get over my man. What's the opposite of man? Jam. . . Oh! Joey! Don't! It's way to hot.
 仕事するわよ、みんな。リチャードのことで落ち込んでるのにはもう疲れたわ。私に必要なのはプランよ。男を乗り越えるためのプラン。男の反対はなにか? ジャム!・・あっ、ジョーイ! ダメよ! 熱すぎるわ!

Joey: This will just be my batch.
 (熱くてナベの中に吐いてしまい)これ全部俺のってことで。。

(batch = 1ナベ分。一回分)

《通り:フィービーがストーカーにつけられている》

Phoebe: That's it. No. Hey! You! J. Crew guy. Yeah. Why have you been following me? I mean, all week long everywhere I look there's you.
 ちょっと、これまでよ。おしまい。ちょっと、あなた! J.クルーガイ! どうして私をつけてるの? 今週ずっと、どこにいってもあなたがいるわよね。

J.クルーというブランドとクルーカットと・・)

Guy: You wouldn't return my calls, you sent back my letters....
 だって電話くれないし、手紙は送り返してくるし・・

Phoebe: What?
 なんですって?

Guy: One more chance, Ursula, please?
 もう一回チャンスをくれないか、アースラ、お願いだ。

Phoebe: Oooh. Oh, this is awkward.
 ああぁ。これはやな感じ。

Guy: Wh..
 な・・

Phoebe: Um, yeah, you want Ursula, and I'm Phoebe. Twin sisters! Seriously.
 あなたはアースラに用なのね、私はフィービーよ。双子なの。本当よ。

Guy: Oh, that's great. I'm stalking the wrong woman. I am such a dingus!
 ああもう最高だね。人を間違えてストーカーするなんて。僕は本当に最低男だ。

Phoebe: Oh, you're not a dingus.
 まぁ、最低男なんかじゃないわよ。

Guy: I just, I want you to know I didn't used to be like this. Before I meet your sister I was like this normal guy who sold beepers and cellular phones.
 僕も昔はこんなんじゃなかった。彼女に会うまでは、ポケベルや携帯を売ってる普通の男だったんだ。

Phoebe: Well, I mean, look, it's, it's not your fault, you know. I mean, this is just what, what she does to guys, okay.
 あなたのせいじゃないわよ。これって、ただ・・彼女がそうさせちゃうのね。

Guy: Well, thanks.
 ああ・・ありがと。(立ち去る)

Phoebe: Wait, you know what, I got a little story. When I was in Junior High School I went through this period where I thought I was a witch. And there was this guidance counselor who said something to me, that I think will help you a lot. He said okay, 'you're not a witch you're just an average student.' See, what I'm saying?
 待って。この話聞いて。私が中学の時、自分が魔女だと思ってた時期があったの。その時のカウンセラーの人が言ってくれた言葉が、すごく助けになったの。彼はね、「君は魔女じゃない。君は普通の生徒なんだ」って。わかる? 私の言ってること?

Guy: Not really.
 いや、わからない。

Phoebe: Well, get over it. So, I mean, you just seem to be a really nice guy, you know. Don't be so hard on yourself, okay.
 ただ、乗り越えるのよ。あなたとってもいい人みたいだから・・とにかく自分を責めないで、ね。

Guy: Wait. You're right. I know you're right. And, thanks for being so nice. Here.
 待って。そうだ。君の言う通りだよ。優しくしてくれてありがとう。はい(花束を渡す)

Phoebe: Oh, thanks a lot. Do you want to get a cup of coffee?
 まぁ、ありがとう。・・コーヒーでも飲みに行く?

Guy: Yeah, okay.
 ああ、うん。

Phoebe: Okay. . . Okay, you don't have to walk behind me any more.
 オーケー。(後ろを歩くので)ねぇ、もう後ろをついてこなくていいのよ。

Guy: Sorry.
 ごめん。

《モニカ達の部屋:レイチェルとロスが来る》

Rachel&Ross: Mon?
 モン?

Rachel: 'Gone for more jars. Back later. Monica Geller.'
 (メモを読む)『容器を買いに行ってきます。モニカ・ゲラー』

Ross: Wait a minute, look.
 ちょっと待って、ほら。

Rachel: What?
 なに?

Ross: Look, look, look.
 見て見て見て。

Rachel: What, what, what?
 なになになに?

Ross: It's an empty apartment.
 誰もいないよ。

Rachel: Oooh.
 おお。

Ross: We're all alone in an empty apartment.
 誰もいない部屋に2人きりだ。

Rachel: Honey, come on, I have to be at work in like ten minutes. . . Oh, all right, well, it's not like I'm employee of the year or anything.
 ロスったら・・あと10分で仕事に行かなきゃいけないのよ。(キス)ああ、もういいわ。最優秀従業員ってわけじゃないもんね。
 
(チャンドラーが入ってきて2人あわてて起き上がる)
Ross: There it is.
 ああ、ここにあったよ。

Rachel: Oh, oh, that's what you're talking about. (to Chandler) Hey.
 ああ、あなたの言ってたのはそのことね。(チャンドラーに)ハーイ。

Ross: Hey.
 ヘイ。

Chandler: Do I look fat?
 俺太って見える?

Ross and Rachel: No.
 ううん。

Chandler: Okay, I accept that. When Janice asked me and I said no, she took that to mean that I was calling her a cow.
 そうだな。わかった。ジャニスが同じことを聞いた時、ノーって答えたら、彼女はそれを、まるで彼女にデブって言ったみたいにとるんだよ。

Rachel: Okay, walk us through it, honey, walk us through it.
 ね、順序だてて詳しく話して。

Chandler: Okay, well. Janice said 'Hi, do I look fat today?' And I, I looked at her....
 うん、ジャニスが「ねぇ、私今日太って見える?」って言ったから、彼女を見て・・

Ross: Whoa, whoa, whoa. You looked at her. You never look. You just answer, it's just a reflex. "Do I look fat?" "No! Is she prettier than I am?" "No!" "Does size matter?"
 おいおいおい。見たのか。見ちゃダメだ。ただ答えるんだよ。条件反射みたいなもんだよ。「太って見える」「ノー!」。「彼女私よりかわいい?」「ノー」。「サイズは関係ある?」

Rachel: No!
 「ノー!」

Ross: And it works both ways.
 これは互いに言えることだ。

Chandler: Okay, so you both just know this stuff?
 それじゃ、君たち2人とも、そういうこと知ってるんだ?

Rachel: Well, you know, after about thirty or forty fights, you kinda catch on.
 そうね、ほら、30回とか40回もケンカしたら、わかってくるのよ。

Ross: Okay, for instance. Let's say, Janice is coming back from a trip and she gives you two options. Option number 1: she'll take a cab home from the airport. Option 2: you can meet her at baggage claim. Which do you do?
 例えば、そうだな、ジャニスが旅行から帰ってくるとする。彼女の提案は二つだ。その1、彼女がタクシーで帰ってくる。その2、おまえが荷物受取のところまで迎えに行く。

Chandler: That's easy, baggage claim.
 それは簡単だよ。荷物のところだ。

Ross: Wrong! Now, you're single. It's actually secret option number three, you meet her at the gate. That way she knows you love her.
 ブーっ! 間違いだね。これで君はシングル確定だ。実は隠されていたその3、ゲートまで迎えに行く。それで彼女に愛してると伝わるわけだ。

Chandler: Okay, this is good, this is good. All right, listen, I have one. Janice likes to cuddle, at night, which, you know I'm all for. But, uh, you know when you want to go to sleep, you want some space. So, uh, how do I tell her that without, you know, accidentally calling her fat or something.
 これはいいね。よし、じゃあ一つ聞きたいことがある。夜、ジャニスは寄り添ってるのが好きだ。それはいいんだ。でもさ、寝るときになったら、スペースが欲しいんだよ。それで、どうやってそれを伝えたらいいんだ? ほら、ポロッと彼女を太ってるとかなんとか言わないでさ。

Rachel: Oh, honey, I'm sorry. We can't help you there, 'cause we're cuddly sleepers. . . Okay, I'm late for work.
 あら、ごめんねー。それは助言できないわね。私達は寄り添って寝る人達なのよ。さぁ、仕事に遅れちゃったわ。

Ross: Oh.
 ああ。

Rachel: All right.. Are you guys gonna come down?
 じゃあ、あなたたち来る?

Ross: Uh, yeah, yeah I'll, I'm right behind you.
 ああ、うん、すぐ後で行くよ。

Rachel: Good luck, Chandler.
 頑張ってね、チャンドラー。

Chandler: Thank you, Rachel.
 ありがと、レイチェル。

Ross: Bye, sweetie.
 じゃあね、ロス。

Rachel: Bye, hon.
 バーイ。

Ross: Okay, the sleeping thing. Very tricky business, but there is something you can do.
 よし、寝る時のことだ。難しいことだけど、でもできることはある。

Chandler: Well, I thought you guys were "cuddly sleepers."
 何だよ、「寄り添って寝る人達」じゃないのかよ。

Ross: No! No, not cuddly, not me, just her. I'm like you, I need the room. Okay, come here. . . Okay, you're in bed...
 いや。違う。それは彼女だけ、僕は違うんだ。君と同じで、僕もスペースが欲しいんだ。いいか、こっち来て(カウチに座ってチャンドラーの肩と膝に手を置く)いいか、君はベッドにいて・・

Chandler: Yeah.
 うん・・(2人とも自分たちの位置に気づく)

Ross: I'm gonna use the cushion.
 クッションを使うよ。

Chandler: Yeah.
 ああ。

Ross: Okay, you're in bed. She's over on your side, cuddling. Now, you wait for her to drift off, and then you hug her. . . and roll her over to her side of the bed. And then you roll away. Hug for her! Roll for you.
 いいか、君はベッドにいる。彼女は君の場所にいる、寄り添ってね。君は彼女がウトウトするのを待つだろ、そして、彼女をハグする。(クッションをハグして見せる)そして彼女を向こう側へロール、転がすんだ。そしておまえも転がって離れる。彼女のためのハグ、おまえのためのロールだ。

Chandler: Okay, the old hug and roll.
 なるほどな、ハグ&ロールだな。

Ross: Yep.
 そう!

Chandler: Okay, one question.
 わかった。一つ質問だけど。

Ross: Shoot.
 なに?

Chandler: You're pretending the pillow's a girl, right?
 そのクッションが女の子だっていうんだよな?

《セントラルパーク:ジョーイがジャムをたっぷりつけている》

Joey: Remember when you were a kid, and your Mom would drop you off at the movies with a jar of jam and a little spoon?
 子供の頃のこと覚えてない? ママが映画館まで送ってくれるんだ。ジャムとスプーン持たされてさ。

Rachel: You're so pretty.
 あなたとってもかわいい。

Phoebe: Hi!
 ハーイ!

All: Hey, Phoebe.
 ヘイ、フィービー。

Phoebe: Hey, oh, you know that guy who's been following me? I talked to him today.
 ねぇ、私をつけてた男がいたじゃない? 今日、あの人と話したわ。

Joey: You talked to him. Are you crazy?
 そいつと話したのか? どうかしちゃってないか?(食べてるものをいっぱい飛ばす)

Phoebe: Okay, first I'm not crazy. And second, say it don't spray it. Anyway, his name is Malcolm, and he wasn't following me, I mean he was, but 'cause he thought I was Ursula, ick. And, that's why, that's why he couldn't just come up and talk to me. Because of the restraining order.
 ます第一に、どうかしちゃってないわよ。第二に、しゃべって。吐き散らさないで。とにかく、彼の名前はマルコムっていって、私を追いかけてたんじゃなかったの。私を追いかけてたけど、それは私がアースラだと思ってたからなの。ウェッ。だから来て話しかけることができなかったのよ。接近禁止命令があるからね。

Chandler: Umm, not feeling better about Malcolm.
 うーん。マルコムの印象はよくならないな・・。

Phoebe: Ooh! No, no, no, no, he's not like a kook, no. He's just like this, this very passionate, incredibly romantic guy, that got like a teensy bit carried away, you know. And we just get along really well, and he's so cute.
 あら、違うのよ、違うの。彼はいかれてるとかじゃないのよ。ただ、その・・とっても情熱的で、すごくロマンティックな人なのよ。それで、ほんのちょっぴり行き過ぎちゃうことがあるだけよ。それですごく気が合ったし、彼すごくキュートなの。

Ross: Oh, my God! You've got a crush on your sister's stalker.
 なんだって! 君は姉さんのストーカーを好きになったのか。

Phoebe: No, I'm just gonna help him, you know, get 'de-Ursula-ized', like you know, like I did for Joey after he went out with her.
 違うわよ。ただ助けるだけよ、ほら、「アースラ外し」よ。ほら、ジョーイがつきあった後にしたみたいに。

Joey: Hey, I didn't stalk her. I mean..
 おい、俺はストーカーなんかしてないぞ。

Phoebe: Okay, I asked for the news, not the weather.
 ちょっと、飛ばさないでったら!

(I asked for the news, not the weather -- ツバとか飛ばされた時の
 表現。ニュースならただの話だが、天気だと、降ってくる)


Monica: Hey, guys.
 ヘイ、みんな。

All: Hey, Mon.
 ヘイ、モン。

Monica: Joey, this is for you. (gives him a jar of jam) It's blackberry currant.
 ジョーイ、これあなたに(ジャムの瓶を渡す)ブラックベリーよ。

Joey: Aww. Ohh!
 わぁ・・(なめて)おお!!

Chandler: Hey, Joe, I gotta ask. The girl from the Xerox place, buck naked, or, or a big tub of jam.
 なぁジョー、聞きたいんだけど。コピー屋の女の子がフルヌード(左手)、それか、ジャムの大瓶(右手)。

Joey: Put your hands together.
 手を合わせろ。

Monica: Joey, take your time with that. That's my last batch.
 ジョーイ、ゆっくり味わってね。それが最後よ。

Joey: No more jam?!
 もうジャム作らないの?

Rachel: Well, what happened to your jam plan?
 あら、ジャムのプランはどうなったの?

Monica: I figured out I need to charge seventeen bucks a jar just to break even. So, I've got a new plan now. Babies.
 一瓶17ドルで売れてようやく元が取れるだけってわかったの。それで新しいプランを立てたの。赤ちゃんよ。

Chandler: Well, your gonna need much bigger jars.
 それだと、かなり大きな瓶がいるぞ。

Ross: What are you talking about?
 何を言ってるんだ?

Monica: I'm talking about me having a baby.
 赤ちゃんを持つって言ってるのよ。

Ross: What?
 なんだって?

Rachel: Are you serious?
 本気で言ってるの?

Monica: Yeah. The great thing about the jam plan was, I was taking control of my life. So I asked myself, what is the most important thing to me in the world and that's when I came up with the baby plan.
 ジャムのプランでよかったことは、自分の生活をコントロールできてたことよ。それで自分に聞いてみたの。私にとって、この世で一番大切なことはなにか? それで赤ちゃんを持つってプランができたわけ。

Ross: Well, aren't you forgetting something? What, what, what is uh, what is that guy's name? Dad!
 なにか大事なこと忘れてない? あれ、何ていうんだっけ、あの名前? 父親!

Monica: It took me 28 years to find one man that I wanna spend my life with, if I have to wait another 28 years then, I'll be 56 before I can have a baby, and that's just stupid.
 一生一緒にいたいと思う男と出会うのに28年かかったのよ。また出会うのを28年待ってたら、子供を持つ前に56歳になっちゃうわ。そんなのバカげてる。

Chandler: That, that's what's stupid?
 それがバカげてる?

Monica: I don't need an actual man, just a couple of his best swimmers. And there, there are places you can go to get that stuff.
 実際に男は必要じゃないわ。ただちょっといい泳ぎ手がいればいいのよ。そして、それをゲットする場所があるわ。

Rachel: Down at the docks again?
 また埠頭に行くの?

《チャンドラーのベッドルーム:チャンドラーとジャニス》

Janice: Night-night Bing-a-ling.
 おやすみ、ビングリング。

Chandler: Night-night.....Janice. . . 'Look at all that room on her side! You could fit a giant penguin over there. That would be weird though. Okay, hug and roll time. I'm hugging, I'm hugging, your rolling, and....yes! Freedom! . . . Except for this arm! I'm stuck. Stuck arm! Okay, time for the old table cloth trick, one fluid motion. Quick like a cat, quick like a cat! And 1...2...3!'
 おやすみ・・ジャニス。(心の声)彼女の側のあの空間を見ろ! ジャイアントペンギンだって寝られるぞ。寝てたら変だけど。よし、ハグ&ロールだ。ハグだぞ、ハグ・・そしてロール・・よし! 自由だ! この腕以外は・・腕が抜けない! よし、テーブルクロスを引き抜く要領だ。流れる動きだ。猫のように素早く、猫のように素早く! 1、2、3!(引き抜くとジャニスが転がり落ちる)

《セントラルパーク:フィービーとマルコム》

Malcolm: Here's my binoculars.
 これが双眼鏡。(フィービーに渡す)

Phoebe: Oh, great. Great. You're doing great, you know, real strong. Going strong. Keep going.
 すごいわね。あなたよくやってるわ。本当に強いわ。頑張ってる。その調子よ。

Malcolm: These are my night vision goggles. This is the book I pretend to read when I'm watching her in the park. And these are Mad Lips, they're just for fun.
 これは暗視ゴーグル。これは公園で彼女を見てるときに読んでるふりする本。そしてこれはマッドリップス。これはただ楽しんでるだけ。

madlips.jpgMad Lips 単語穴埋めパズル)

Phoebe: Oh, yeah. What's this?
 そうなのね。これはなに?(本)

Malcolm: Oh, this is log I kept, recording her every movement. Do you wanna hear something from it?
 ああ、それは彼女の行動をすべて記録した本だ。聞きたい?

Phoebe: Um, not even a little bit.
 まったくもって全然。

Malcolm: It's about you.
 君のことだよ。

Phoebe: Oh, okay, then.
 あら、じゃあ聞く。

Malcolm: I met Phoebe today. She was really nice to me even though I'm such a loser. And, then when I was walking home I thought about her a lot, it was weird, but kind of cool.
 今日フィービーに会った。僕はこんな負け犬なのに彼女は本当に優しくしてくれる。それから家に歩いて帰る間、ずっと彼女のことを考えた。変だけど、でも素敵だ。

Phoebe: Good. So what were you thinking?
 いいわね。それで何を考えてるの?

Malcolm: I was thinking what it would be like to kiss you.
 君にキスしたらどんなかなって考えてた。

Phoebe: Really?
 ほんと?

Malcolm: No.
 ううん。

Phoebe: Oh.
 あら。

Malcolm: See, that's just something I said now, so that maybe I could kiss you.
 ほら、今言ったから、今度はキスできるかなって。

Phoebe: Oh, okay.
 あら、オーケー。(キス)

《モニカ達の部屋:ジョーイがジャムをチャンドラーに差し出す》

Chandler: No, that's all right. I just had a jar of mustard.
 いや、いいよ。俺は一瓶マスタードを食べたところだ。

Monica: Okay, sperm donor number 03815, come on, down! Okay, he's 6'2", 170 pounds, and he describes himself as a male Geena Davis.
 (ベッドルームから来て)オーケー! 精子提供者No.03815、来いっての。いい? 彼は6フィート2インチ、170パウンド、そしてジーナ・デイビスの男版ですって。

geena.jpg(ジーナ・デイヴィス)

Chandler: You mean, there's more than one of us.
 俺たち以上に?

Ross: Look, you can't do this Mon. All right, if you do this, I'm, I'm gonna, I'm, I'm gonna.....
 聞けよ、それはダメだぞ、モン。いいか、もしやるっていうなら、僕は・・僕は・・

Monica: You're gonna what?
 どうするっていうの?

Ross: I'm gonna tell Mom.
 ・・かあさんに言う。

Rachel: Honey, I'm sorry, but he's right. I love you, but you're crazy.
 ねぇ、悪いけど、彼の言う通りよ。愛してるけど、そんなのおかしいわ。

Ross: Crazy.
 おかしいよ。

Monica: What?! Why? Why is this crazy? So this isn't the ideal way to do something....
 何が? どうして? どうしておかしいのよ? そりゃこれは理想的ではないけど・・

Ross: Oh, it's not the ideal way...
 ああ、理想的じゃないさ・・

Monica: Lips moving, still talking. I mean, it may not be ideal, but I'm so ready. I see the way Ben looks at you. It makes me ache, you know?
 クチビル動いてるでしょ、まだ話してるの。これは理想的ではないけど、でも、私はもうその準備ができてるのよ。あなたを見るベンを見ると、私、心が痛いのよ。

Joey: Check it out!! Jam crackers!
 見ろよ! ジャムクラッカー!

Monica: Okay, all right, how's this? 27. Italian-American guy. He's an actor, born in Queens. Wow, big family, seven sisters, and he's the only....boy. . . Oh, my God, under personal comments: 'New York Knicks, rule!'
 よし。いい? これはどう? 27歳。イタリアンーアメリカン。俳優。クイーンズ生まれ。ワオ。大家族ね。7姉妹、そして彼は一人息子。(みんなジョーイを見る)オーマイゴッド。コメント欄は「ニューヨークニックス最高!」

Joey: Yeah, the Knicks rule!
 ああ、ニックス最高!

Monica: Joey, this is you!
 ジョーイ。これあなたじゃないの!

Joey: Let me see. . . Oh, right.
 見せて。ほんとだ。

Rachel: When did you go to a sperm bank?
 いつ精子バンクなんかに行ったの?

Joey: Well, right after I did that sex study down at NYU. Hey, Remember that sweater I gave you for your birthday?
 NYUでセックス研究の協力をしたすぐ後だよ。(チャンドラーに)ほら、おまえのバースデーにプレゼントしたセーターあるだろ?

Chandler: And that's how you bought it?
 あれはそれで買ったのか?

Joey: No, that's what I was wearing when I donated. I'm kinda surprised there's any of my boys left.
 違うよ。提供した時にあれを着てたんだ。まだ俺のコ達が残ってたなんで驚くな。

Monica: Well, honey, it is pretty competitive. I mean, I've got an actual rocket scientist here.
 そりゃ、すごい競争相手がいるもの。ほら、事実、ロケットサイエンティストがいるのよ。

Joey: Maybe I should call this place and get them to put my 'Days of Our Lives' gig on here. You know, juice this puppy up a little.
 ここに電話して「愛の病院日誌」に出演ってつけ加えてもらった方がいいかもな。ほら、子犬達を元気づけるんだよ。

(juice up = 活気づける、補給する)

Phoebe: Hello!
 ハロー!

All: Hey.
 ハーイ。

Ross: How's the maniac?
 マニアはどう?

Phoebe: Oh, well he's yummy. We did a little kissing.
 ええ、彼はおいしいわ。ちょっとキスしちゃった。

Rachel: Phoebe, what are you doing?
 フィービー、何してるのよ?

Phoebe: Oh, no, no, no, no. You know what, he's not into that stuff anymore. He quit for me.
 いえいえ、違うのよ。もう彼はあんなことしてないわ。やめたのよ。私のために!

Rachel: Pheebs, this guy has been obsessed with your sister, for God knows how long, okay, you don't just give up something like that.
 フィーブス、その人って、あなたのおねえさんにいつからつきまとってたかわからないのよ。いい? そんな簡単にやめはしないわ。

Phoebe: Look, he gave me his night vision goggles and everything.
 ほら、彼はこの暗視ゴーグルとか全部渡したのよ。

Ross: You're taking the word of a guy who has night vision goggles?
 君は暗視ゴーグルを持ってるようなやつの言う事を信じるの?

Phoebe: What, he's not still following her. Do you think he is still following her?
 なに? 彼はもう彼女をつけてないわよ。・・まだ彼女をつけてるっていうの?

Chandler: Pheebs, wake up and smell the restraining order.
 フィーブス、目を覚まして。接近禁止命令だぞ。

Phoebe: What are you saying I should do?
 私にどうしろっていうの?

Monica: I think, that if you really like this guy, you should just trust him.
 私は、あなたが本当にその人を好きなら、信じるべきだと思うわ。

Phoebe: Thank you, Monica.
 ありがと、モニカ。

Joey: Or, you could follow him and see where he goes.
 または、そいつをつけて、どこへ行くか見る。

Monica: Oh, that's what I would do, forget mine.
 ああ、私ならそうする。さっきの忘れて。

《セントラルパーク:ジャニスが来る》

Rachel: Oh, my God, what happened? (points to the cast on Janice's wrist)
 あらまぁ、なにがあったの?(ジャニスの包帯を見て)

Janice: Oh. God, crazy Chandler. He spun me...off...the...bed!
 ああ、もう。おかしなチャンドラーのせいよ。彼私をベッドから転がり落としたの。

Rachel: Wow! Spinning! That sounds like fun.
 ワオ。転がったの。楽しそうね。

Janice: Oh, I wish. No, you know he was just trying Ross's Hug and Roll thing.
 ああ、そういうことならね。違うの。彼はただロスのハグ&ロールをやってみたのよ。

Rachel: Ross's what?
 ロスの何って?

Janice: You know what, where he hugs you and kinda rolls you away and... Oh... my.... God.
 ほら、彼があなたをハグしてから向こうへ転がすっていう・・オーマイゴッド。

《駅:フィービーがマルコムをつけていて見つかってしまう》

Malcolm: Phoebe?
 フィービー?

Phoebe: Yes? Yes! Oh.
 え? ええ。ああ。

Malcolm: What are you doing?
 何してるの?

Phoebe: Oh, I was just here looking for, um, my um, my part of an old sandwich. Oh, here it is! Oh.
 ええ、ちょっと探してたのよ。私の・・私の・・古いサンドイッチの残り。あら、あったわ! ほら。

Malcolm: Were you following me?
 僕をつけてたの?

Phoebe: Um, perhaps. Yes! Yes, I'm sorry, I'm sorry. I was just afraid that you were still hung up on my sister.
 そうかも。そう、そうよ。ごめんなさい、ごめんなさい。私あなたがまだ姉にひっかかってるんじゃないかと心配だったのよ。

Malcolm: So you spied on me. I can't believe you don't trust me.
 それで僕をスパイしてたのか。信じられない。信じてくれないなんて。(アースラが駅内を通過。慌てて隠れるマルコム)

Phoebe: Oh, well, what do you know, there goes my identical twin sister. Just walking along looking like me. What, is this just like a freakish coincidence, or did you know she takes this train?
 あら。知ってたんじゃないの。あそこを行くのは私そっくりの双子よ。私みたいに歩いていくわ。気味の悪い偶然だっていうの? それとも、彼女がこの電車に乗るって知ってたの?

Malcolm: I'm sorry. I'm sorry. I tried to stop, but I couldn't. I'm so pathetic.
 ごめんよ、ごめん。やめようとしたんだけど、できなかったんだ。僕って本当にミジメ。

Phoebe: No, no, it's not your fault. You know, it's partly my fault, 'cause I made you quit cold turkey. Sorry, no. Okay, well, I mean, I can't date you anymore, 'cause you're, you know. . . Wow! But um, but I will definitely, definitely help you get over my sister. Okay? Stalk me for a while, huh? Yeah, and, and, and, I'll be like an Ursula patch.
 違うわ。違うわよ。あなたのせいじゃないわ。私のせいでもあるのよ。急にやめさせたからだわ。ごめんなさい。えっと、それで、もうデートはできないわ。だって、あなたはほら・・ワオ! でも私、絶対絶対あなたが姉を乗り越えるのを手伝うわ。いい? しばらく私のストーカーしたら、ね? そして私がアースラパッチになるわよ。

(cold turkey = 準備なしに
 麻薬患者を突然禁断状態にすること。その鳥肌から)


Malcolm: Uh-huh, I don't know.
 うーん、どうかな。

Phoebe: Yeah, just, okay, look I'm going. Um, come on. Op, op, behind the pillar, which way am I gonna go?
 それがいいわ。ほら、行くわよ。ついてきて。おっと、柱の陰よ。どっちへ行くかな?

《モニカ達の部屋:ジョーイが来る》

Joey: Hey.
 やぁ。

Monica: Hey.
 ヘイ。

Joey: Where you going?
 どこ行くの?

Monica: To the bank.
 バンクよ。

Joey: Sperm or regular?
 精子の? それとも普通の?

Monica: Sperm.
 精子の。

Joey: So you're really doing it, huh?
 じゃあ本当にやるんだな。

Monica: Oh yeah, picked a guy, 37135.
 ええ、そうよ。選んだわ。37135の人よ。

Joey: Sounds nice.
 いいね。

Monica: It says so. He's got brown hair, green eyes...
 そのようよ。ブラウンの髪で、緑の目・・

Joey: No kidding, hmm.
 ウソだろ。

Monica: What?
 何が?

Joey: No, I figured you would've picked a blond guy.
 いや、俺は、君がブロンドの男を選ぶと思ってた。

Monica: Really? Why?
 ほんとに? なんで?

Joey: I don't know, I always pictured you ending up with one of those tall, smart blond guys, name like.... Hoyt.
 なんでかな。俺はいつも、君はああいう背の高くてかっこいいブロンドの男とくっつくと思ってた。名前は・・ホイト。みたいな。

Monica: Hoyt?
 ホイト?

Joey: It's a name, yeah. I saw you in this great house with a big pool.
 そういう名前、うん。プール付きのすごい家に住むんだ。

Monica: Yeah. . Is he a swimmer?
 そう? 彼は水泳ができるの?

Joey: He's got the body for it.
 彼はそういう体なんだ。

Monica: I like that. . . . What?
 それいいわね。(ジョーイが笑うので)なに?

Joey: You guys have one of those signs that says: 'We don't swim in your toilet, so don't pee in our pool.', you know.
 君らは、あのサインを立ててるんだ。「あなたのトイレで泳がない、うちのプールでオシッコはするな」ってやつ。

Monica: We do not have one of those signs.
 そんなサイン立てないわよ。

Joey: Sure you do, it was a gift from me. Oh! And you have these three great kids.
 立てるんだよ。俺からのプレゼントだからな。あ、それから、君は3人子供がいるんだ。

Monica: Two girls and a boy?
 女の子2人と男の娘1人?

Joey: Yeah!
 ああ。

Monica: And, and, and they wear those little water wings, you know. And they're, they're running around on the deck. Then Hoyt wraps this big towel around all three of them.
 それで、その子たちはあの小さなウォーターウイングをつけるのよね。そして、みんなでプールサイドを走り回って、ホイトがそんな3人を大きなタオルで包むのよ。

waterwings.jpg(ウォーターウイング)

Joey: Sure! . . . But hey, you know, this way sounds good, too.
 そうだよ!(モニカが落ち込む)だけどほら、この方法もよさそうだよ。

Monica: Yeah.
 ええ。

Joey: Oh, Monica. . . .Wow, this guy's an astronaut. That would've been cool. . . for like a day.
 ああ、モニカ。(ハグ)ワオ! こいつ宇宙飛行士じゃん! かっこいいね・・(モニカを見て)その時だけはね。

《モニカ達の部屋:ジャムをなめてるジョーイ》

Joey: I called the sperm bank today, they haven't sold a single unit of Tribbiani. Nobody wants my product. I mean, I don't get it, you know. . . Maybe if they met me in person.
 今日、精子バンクに電話してみたらさ、トリビアーニの分は一つも売れてないんだよ。誰も俺の生産したものを欲しがらないんだ。なんでかわからないよ。(顔がジャムだらけになってくる)直接会えば違うかも。

Rachel: Honey, you got a little thing on your...
 ねぇ、あなた顔にそれ少し・・

Joey: Oh! . . . Get it?
 おお!(慌てて、でも口の横だけそっと取る)取れた?

Rachel: Yeah.
 (アキラメ)ええ。

(ロスが来る)
Ross: Hello.
 ハロー!

Rachel: Hello.
 (冷たく)ハロー。

Ross: Hey. Uh, Chan, can I uh, can I talk to you for a second?
 (ジョーイに)ヘイ。(リビングルームのチャンドラーの隣に座って)チャン、ちょっと話したいんだけどいい?

Chandler: Sure. What's up?
 ああ、なに?

Ross: Just one uh, one additional relationship thought. Something probably you're already familiar with, uh, women talk!
 ただひとつ、交際について追加。きっともう知ってることだと思うけど・・・女性達は、しゃべってしまう!(頭を雑誌で叩く)



にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村


英語 ブログランキングへ

posted by らんち at 01:19| Comment(0) | Season3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。