2013年06月29日

3-2 The One Where No-one's Ready

3-2 誰も準備できてない話

 ☆身支度は大騒ぎ!☆

《モニカ達の部屋:冷蔵庫を物色するジョーイ》

Joey: All right, they got water, orange juice, and what looks like cider.
 よーし、水だろ、オレンジジュースだろ、それからサイダーみたいなもの。

Chandler: Taste it.
 飲んでみろ。

Joey: Yep, it's fat. I drank fat!
 油脂(アブラ)だ。アブラ飲んじゃった。

Chandler: Yeah, I know, I did that two minutes ago.
 ああ、そうだ。俺も2分前に同じことやった。

(ロスがくる)
Ross: Hey!
 やぁ!

Chandler: Hey, mister tux!
 おお、ミスター・タキシード!

Ross: Why aren't you guys dressed?
 なんで着替えてないんだ?

Joey: We have a half hour.
 まだ30分あるよ。

Ross: No, four minutes ago you had a half hour, we have to be out the door at twenty to eight.
 いや。それは4分前の話だ。8時20分前には出てないといけないんだぞ。

Joey: Relax, Ross, we'll be ready. It only takes us two minutes to get dressed.
 落ち着け、ロス。用意できるから。着替えなんて2分で済む。

Ross: Well, you know, I'd feel a whole lot better if you got dressed now.
 いい? すぐ着替えてくれたら、僕はとっても落ち着くんだけどな。

Chandler and Joey: Okay.
 わかったよ(動かない)

Rachel: Hey-hey! Oh, look at you, all sexy.
 あら、あら! 見て、あなたったらセクシーね。

Ross: Really.
 ほんと?

Rachel: Ooooh! Wow!! Oh, hi.
 ワオォ! ハァイ。

Ross: Hi.
 ハーイ。

Rachel: How come you didn't come over earlier?
 どうしてもっと早くこなかったの?

Ross: 'Cause, I'm a stupid, stupid man.
 僕はとってもバカだから。

Joey: Hey, Ross, want some cider?
 なぁ、ロス、サイダー飲む?(アブラのコップを見せて)

Ross: No. So, um, let's see you're pretty close, huh? Make-up's on, hair's done.
 いらない。(レイチェルに)それで、君は・・ほとんど準備できてるね。メイクアップは済んでる、髪のセットも済んでる。

Rachel: Yeah, I just have to get dressed.
 ええ。あとは着替えるだけよ。

Ross: Yay! And that takes what? Just six or seven minutes.
 イエーイ! それはどれくらい? 6分とか7分とかでできるんだよね。

Rachel: Yeah! Once, I figure out what I'm wearing.
 ええ。何を着るか決まればね。

Joey: Glass of fat?
 アブラいらない?

《時間経過:ロスとジョーイが座っている》

Joey: What's the matter, Ross? You're nervous about your speech?
 どうしたんだ、ロス? スピーチが不安なのか?

Ross: Nope. You wanna hear it?
 いや。聞きたい?

Joey: Am I in it?
 俺も出てくる?

Ross: Uh, huh. Yeah, right after I thank everyone for giving money to the museum, I sing a song about the wonder that is Joey.
 うん。博物館にお金を出してくれたことをみんなに感謝したすぐ後に、ジョーイでいるという奇跡について歌うよ。

(フィービーが来る)
Phoebe: Hello.
 ハーイ。

Ross: Hey!
 やぁ!

Joey: Whoa!
 おお!

Ross: Wow, hello! You look great!
 ワオ、すごいね。きれいだよ。

Phoebe: Thank you! I know, though.
 ありがとう! 知ってるけど。

Ross: You see, this, this is a person who is ready to go. Phoebe you, oh, you are my star.
 見た? これが、準備のできている人だよ。フィービー、君は僕のスターだ。

Phoebe: Ohh, well, you're my lucky penny.
 わぁ! あなたは私のラッキー・ペニーよ。

pennies.jpg(lucky penny = 穴を開けて鎖などにつける銅貨)

Chandler: All right, I took the quiz, and it turns out, I do put career before men. . . Get up.
 (コスモを持ってバスルームから来る)これのクイズやってみたら、俺は男よりキャリア優先らしい。(ジョーイに)立て。

Joey: What?
 なに?

Chandler: You're in my seat.
 それ俺の席だ。

Joey: How is this your seat?
 なんでこれがおまえの席だよ。

Chandler: 'Cause I was sitting there.
 俺がそこに座ってた。

Joey: But then you left.
 でも行ったじゃん。

Chandler: Well, it's not like I went to Spain. I went to the bathroom, you knew I was coming back.
 行ったって、スペインへ行ったわけじゃない。バスルームへ行っただけだ。戻ってくるってわかってただろ。

Joey: What's the big deal, sit somewhere else.
 それがどうしたんだよ。ほかのとこに座れよ。

Chandler: The big deal is I was sitting there last, so, that's my seat.
 それがどうって、俺が前に座ってたってことだよ。だから俺の席だ。

Joey: Well, actually the last place you were sitting was in there. So...
 いや、おまえが前に座ってたとこって、あそこだよ(バスルームを指差す)。だから・・

Ross: You guys, you know what, you know what, it doesn't matter, because you both have to go get dressed before the big vain in my head pops. So..
 なぁ、2人とも、いいか? そんなこと関係ないよ。もう2人とも行って着替えてこないといけないんだから。僕の頭のこの血管が切れる前にね。だから。

Chandler: All right, Ross, I just have to do one thing, really quickly, it's not a big deal. GET UP!!
 わかったよ、ロス。ただ一つだけやらなきゃいけないことがあるんだ。すぐ済む。大したことじゃない。(ジョーイに)立て!!

(モニカが帰ってくる)
Monica: Hi.
 ハーイ。

All: Hey.
 ヘイ!

Monica: Ooh, Phoebe, you look great!
 わぁ、フィービー、すごくきれいよ。

Phoebe: All right, already.
 はいはい、わかってるって。

Monica: Ooh, are you gonna do magic?
 (ロスに)ワオ。マジックやるの?

Ross: That's, that's funny. Change!
 おもしろいね。着替えて!

Monica: Hang on a second. I just got in.
 ちょっと待って。帰ってきたばかりよ。

Ross: Look, I don't care it starts at eight, we can't be late.
 8時に始まるってことだけど、遅れるわけにいかないんだから。

Phoebe: "He could not, would not, want to wait."
 彼は待てない、待たない、待ちたくない!

Ross: Look, our table is down in front, okay? My boss is gonna be there, everyone will see if we arrive after it starts.
 いいかい、僕らのテーブルは正面なんだ。僕の上司もそこにいるし、遅れて行ったら目立つんだよ。

Monica: Has somebody been drinking my fat?
 誰か私のアブラ飲んだ?

Rachel: You guys, does this look like something the girlfriend of a paleontologist would wear?
 (服を持って現れ)ねぇ、みんな、これって古生物学者のガールフレンドが着そうな感じ?

Phoebe: I don't know, you might be the first one.
 どうかしら。史上一人目かもよ。

Monica: Rach, did you check the machine?
 レイチ、留守電チェックした?

Rachel: Uh, no. Wait, you know what, this is the outfit that makes my calves look fat. Never mind.
 してない。待って。この服って足が太く見えるんだった。気にしないで。

Chandler: Well, Joey, I wrote a little song today. It's called: Get Up.
 おい、ジョーイ。今日歌を作ったんだ。タイトルは「立て!」

Joey: All right! You can have the chair.
 わかったよ。椅子はおまえのもんだ。

Chandler: Really!
 そうかい。

Joey: Oh my, would you look at that!
 おっと! この指見た?(crossed fingers 交差させた指を見せる)

(crossed fingers = 通常は幸運を祈るジェスチャー。
 この場合は、ウソをつきながら、クロスさせた指を
 背後に隠して、ウソを許してくださいと祈るというもの)


(留守電チェックをしている)
Phoebe: "Hi, it's me, I'm coming over now. Hey, what if I'm already there when you're playing this message?" . . . Is that too spooky?
 (留守電)「ハーイ、私よ。これから行くわ。もしこれを聞いてる時にもう私がいたりしてね」(本人)ちょっと怖いわよね。

Ross: "Hi, Rach, are you there? It's me, pick up. Rachel. Rach!"
 (留守電)「ハーイ、レイチ、そこにいる? 電話取って、レイチェル。レイチ!」

Rachel: What?!
 (部屋から出てきて)なに?

Ross: Never mind.
 気にしないで。

Richard: "Monica, it's Richard. Call me."
 (留守電)「モニカ、リチャードだ。電話くれ」

Monica: Is-is-is that message old or new? Old or new?! Old or new?!
 このメッセージ古いの、新しいの? 古いの、新しいの? 古いの、新しいの?

Ross: It's old, it's definitely old. Didn't you hear the, the double beep?
 古いよ。絶対古い。信号音2回鳴ったの聞いただろ。

Monica: What if it's new? I mean, we agreed not to talk again, unless we had something really important to say. Shouldn't I call him back?
 もし新しいのだったら? とても重要なことがない限り、もう話さないって決めたのよ。私からかけるべきじゃない?

Chandler: Honey, you did call him back. 'Cause, it's, it's really old.
 いや、もう折り返しかけたんだよ。だってそれ本当に古いんだから。

Ross: Yeah, see, Mon, listen, listen. When Carol and I broke up, I went through the same thing. And you know what I did?
 そうだよ。いいかい、聞いて。キャロルと別れた時、僕も同じだったよ。そんな時どうしたか、わかる?

Monica: Huh?
 なに?

Ross: I.....got.....dressed. Really, really quickly. Okay, okay. There we go, there we go.
 僕は・・着替えた。本当に本当に素早くね。いいね、いいね。はい、行って行って。

Chandler: You know what, okay, fine. Don't get up, you just sit right there. I just hope, you don't mind, you know, my hand right here. . . Op, not touching, can't get mad! Not touching can't get mad! Not touching can't get mad!
 わかった。もういい。立たなくていい。そこに座ってろ。ただ気にしないといいんだけどな。俺の手はここにあるからな。(ジョーイの目の前に手を出す)おっと! 触ってないぞ。怒れないぞ。触ってないぞ。怒れないだろ。触ってないぞ。怒れないだろ。(ジョーイが手を振ると、ディップがフィービーのドレスに飛ぶ)

Phoebe: Ah! Oh my God! You rotten boys!
 きゃあ! なんてこと! この腐った子たち!

Chandler and Joey: Sorry, Phoebe. I'm so sorry.
 ごめん、フィービー。ごめんよ。

Phoebe: What am I gonna do?
 どうしたらいいのよ?

Ross: No, no, don't, don't, rub it! Don't! (clapping) What gets out hummus?! What gets out hummus?!
 ダメダメ! こすっちゃダメだよ。ハムスは何で取れる? ハムスは何で取れる?

Phoebe: Monica, Monica, you know what gets out hummus.
 モニカ、モニカ! ハムスが何で落ちるかわかる?

Monica: If it is a new message, what is he calling to say?
 もし新しいメッセージだとしたら、彼、何の用かしら?

Phoebe: Okay, thanks. Yeah, I'll try that.
 わかった、ありがと。それ試してみる。

Chandler: Maybe he's calling to say you're obsessive and crazy.
 もしかしたら、君は取り付かれてておかしいって言いたいのかも。

Monica: So, should I call him back?
 それで、私折り返すべき?

The Guys: No! . . . No!
 ノー! (モニカが自分の部屋にいきかけて立ち止まる)ノー!

Chandler: All right, fine, you know what, we'll both sit in the chair. . . I'm so comfortable.
 よし。わかった。2人ともこの椅子に座ればいいんだ。(ジョーイの膝に座る)すごく快適だ。

Joey: Me too. In fact, I think I might be a little too comfortable.
 俺もだ。実際、もしかして、快適すぎるかもなー。

Chandler: All right!
 もういい! (立ち上がる)

Ross: Okay, look, we have nineteen minutes. Okay, Chandler, I want you to go and change! Okay. And then, when you come back, Joey will go change, and he'll have vacated the chair. Okay? Okay.
 いいかい、あと19分だ。いいか、チャンドラー、もう行って着替えてきてくれ! それで帰ってきたら、ジョーイが着替えに行く。そうすれば椅子は空くだろ。いいかい? いいね?

Chandler: All right! Fine! I'm going. But when I get back, it's Chair City. And I'm the guy who's... sitting in a chair!
 わかったよ! 行くよ! でも戻ってきたら、ここは椅子の町だ。そして俺は・・椅子に座る男だ!

Rachel: Is this a little too... Pheebs, what happened?
 (別の服を持ってきて)これは少し・・(フィービーを見て)フィーブス、どうしたの?

Phoebe: Hummus. I got the hummus.
 ハムス! ハムスがついちゃった!

Rachel: Ooooh! Honey, well, we'll find you something. Do you wanna wear my black jacket?
 まぁぁ! じゃ何か探しましょ。私の黒いジャケット着る?

Phoebe: That won't go with this dress though.
 でもこのドレスには合わないわ。

Rachel: No, you're right. Well, we'll find something. Let's just get you out of that. Come on.
 ああ、そうね。何かあるわよ。とにかくそれを脱ぎましょう。来て・・

Ross: No, no, no, no, no, no, not out of that, not out of clothes.
 ダメダメダメダメ! 脱ぐのはダメ、脱いではダメだよ。

Rachel: Monica, can Phoebe borrow your green dress?
 モニカ、あなたのグリーンのドレス借りられないかしら?

Monica: I called him.
 彼に電話したわ。

All: No.
 ノー!

Monica: Yes. Well, I got his machine and I left a message. But it's okay, it's okay, it's okay, because you know, it was like a casual, breezy message. It was breezy! Oh God, what if it wasn't breezy?
 そうよ。留守電だったから、メッセージ残したわ。でも大丈夫よ。大丈夫。だってさり気ない軽いメッセージだもん。軽いのよ! ああ、どうしよう。もし軽くなかったら?

Phoebe: Well, how could it not be breezy, no, 'cause, you're, you're in such a breezy place.
 軽くないわけがないわよ。ね、だってあなたはとっても軽い気分なんだもんね。

Monica: Here, I got it. I'll will play my message for you guys, and you can tell me if it's breezy enough.
 わかったわ。みんなにメッセージ聞かせるから、もし軽くなかったら教えて。

Joey: Monica, how are you gonna do that?
 モニカ、聞かせるってどうやって?

Monica: I know the code to his answering machine.
 彼の留守電の暗唱コード知ってるから。

Ross: Okay, Mon, I really don't think this is the... Okay, you're dialing, you are dialing.
 モン、そんなことしちゃ本当に・・・ああダイヤルしてる。ダイヤルしちゃってる。

(チャンドラーが着替えて来て、慌てて先に椅子に座るジョーイ)

Richard: "Hi, this is Richard. Please, leave a message at the tone."
 (留守電)「ハーイ、こちらリチャード。信号音の後にメッセージをどうぞ」

Machine: "You have two new messages."
 (留守電の音)「メッセージが2件あります」

Joey: Wow, what a cool job. 'You have two new messages.' 'Please, pass the pie.'
 ワオ。かっこいいな。(声をマネて)『メッセージが2件あります』『パイを取ってください』

Monica: "Hi, it's Monica. I'm just checking in 'cause I got this message from you and I didn't know if it was old or new or what. So, I'm just checking. So let me know, or don't, whatever. I'm breezy."
 (留守電)「ハーイ、モニカよ。留守電にあなたのメッセージがあって古いか新しいかわからなかったから、ちょっと確認したくて。それだけよ。よかったら知らせて。どっちでもいいわ。軽い気持ちよ」

Joey: Hey, you can't say you're breezy, that, that totally negates the breezy.
 おい、軽いって自分で言っちゃダメだろ。それじゃ軽いを完全に否定してるよ。

Woman's Voice: Hola, it's me, yesterday was really fun. Call me about this weekend, okay?
 (留守電)「ハーイ! 私よ。昨日は本当に楽しかった。週末の件で電話ちょうだいね」

Joey: Now, she sounded breezy.
 ほら、これが軽い感じだよ。

《モニカ達の部屋:続き》

Monica: He's seeing someone. I can't believe he's seeing someone.
 彼、誰かとつきあってるんだわ。信じられない。誰かとつきあってる。

Phoebe: Monica, you don't know that.
 モニカ、それはわからないだろ。

Monica: Well, who's voice was that?
 じゃああれは誰の声?

Chandler: Maybe it was his sister's. You know, maybe it was his daughter's.
 もしかしたら姉妹とか、もしかしたら娘とか。

Monica: Michelle! Of course, it was Michelle! Did it sound like Michelle?
 ミシェル! そうよ。もちろんミシェルよ! ミシェルの声じゃなかった?

Ross: Oh, great. It's starting to rain, that will make it easy to get a cab.
 ああ、最高。雨が降ってきたよ。これでタクシーがつかまえやすくなったよ。

Monica: It was Michelle. It was definitely Michelle.
 あれはミシェルよ。絶対ミシェルだわ。

Rachel: Pheebs, you go with Monica and try on her green dress. If that doesn't work, you can wear my gray silk one. Oh, gosh, what am I wearing?!
 フィーブス、モニカと行ってグリーンのドレス試してみて。それがダメだったら、私のグレーのシルクのを着ればいいわ。ああ、私は何を着たらいいの?

Ross: You don't, you don't know what you're wearing?
 君、君はまだ何を着るか決まってないの?

Rachel: Well, honey. I'm just trying to look nice for your big night.
 だってあなた、あなたの大切な夜なんだもの、素敵にしていきたいじゃない。

Ross: Yeah, which, which we have to leave for in exactly twelve minutes. All right, come on, I'll just pick something out for you.
 そうだね、その夜のために、ちょうどあと12分で出かけないといけないんだけどね。よし、行こう、何を着るか選んであげるよ。

Chandler: All right, you will notice that I am fully dressed. I, in turn, have noticed that you are not. So in the words of A. A. Milne, "Get out of my chair, dill-hole!"
 いいか、おまえにもわかるだろう、俺は着替えをすませた。その俺から見て、おまえはまだだな。A. A. ミルンも言うとおり、『椅子を開けろ! このバカ!』

(A. A. ミルンはくまのプーさん等の作者、
 dill-hole = butthole などと同意語)


Joey: Okay.
 わかったよ。(クッションを持って立ち上がる)

Chandler: What are you doing?
 何やってんだ。

Joey: You said I had to give you the chair, you didn't say anything about the cushions.
 椅子を空けろって言っただろ。クッションのことは言ってなかったよな。

Chandler: The cushions are the essence of the chair!
 クッションは椅子の基本的要素じゃないか!

Joey: That's right! I'm taking the essence.
 そうだよ! その基本的要素を持っていくんだ!

Chandler: Oh-ho, it'll be back. Oh-ho, there's nobody in the room.
 ホホー! でも戻ってくるさ。ホホー! 誰も聞いてなかった。

(ロスとレイチェルがベッドルームから出てくる)
Ross: Look, I'm sorry, I thought it looked pretty.
 ごめんよ。でも、かわいいと思ったんだよ。

Rachel: Ross, that was a Halloween costume, unless you would like me to go to this thing as Little Bo Peep.
 ロス、あれはハロウィーンのコスチュームよ。リトル・ボー・ピープで行ってほしいとでもいうの?

little-bo-peep.jpg(こんな感じ?)

Ross: Look, I didn't recognize it without that inflatable sheep.
 だけどあの空気で膨らませた羊がなかったから気づかなかったよ。

Rachel: Yeah, which, by the way Chandler, I would like back one of these days.
 ええ、そういえばチャンドラー、そのうちあの羊、返してね。

Phoebe: Oh Rach, good, listen, isn't this perfect for me!
 ねぇ、レイチ、見て。これ私にピッタリよね!

Rachel: Oh, it's perfect! But not for tonight.
 ほんと、完璧ね! でも今夜はダメだけどね。

Phoebe: Well, of course not for tonight. Yeah, hi!
 ええ、もちろん今夜はこれじゃダメね。ハーイ。

Ross: Not for tonight. Not for tonight! Wh-what, what, what, are you doing?
 今夜はダメ、今夜はダメって、 じゃあ何してるの?

Rachel: No, honey, we're sorry, we didn't mean it. I love you. I love you.
 ああ、ごめんね。ふざけちゃって。愛してる、愛してるわ。

Chandler: We used them as pillows when we went camping.
 キャンプに行ったときに枕にしたんだよ。

Ross: What?
 何が?

Chandler: The sheep.
 羊・・。

Ross: Hey, what you do on your own time...
 おい。おまえが自分の時間に何をしようと・・(好きにしてとジェスチャー)

(ジョーイが戻ってくる)
Joey: Where's my underwear?!
 俺の下着はどこだ?

Ross: Whoa, whoa, whoa. Come on, come on, what. You took his underwear?
 おいおいおい! なに? なんだ、おまえ、やつの下着取ったの?

Chandler: He took my essence!
 やつは俺の基本的要素を取ったんだ!

Ross: Okay, now, hold on. Joey, why, why can't you just wear the underwear you're wearing now?
 ちょっと待て、ジョーイ。今の下着をそのままつけていけないのか?

Joey: Because, I'm not wearing any underwear now.
 今なにも下着はいてない。

Ross: Okay, then why do you have to wear underwear tonight?
 それじゃなんで今夜は下着をつけていかないとけないんだ?

Joey: It's a rented tux. Okay. I'm not gonna go commando in another man's fatigues.
 タキシードはレンタルなんだぞ。他人の服を下着なしで着れるか。

Chandler: Well, then it looks like somebody is gonna have to give somebody back his cushions.
 そうか、じゃあ誰かさんはクッションを返すしかなさそうだな。

Joey: Okay, you hide my clothes. I'm gonna do the exact opposite to you.
 いいさ。おまえは俺の服を隠した。俺はその逆のことをおまえにやってやる。

Chandler: What are you, what are you gonna show me my clothes?
 何をするっていうんだ。俺の服を見せてくれるっていうのか?

Joey: Hey, opposite, is opposite!
 反対は反対だ!

Chandler: He's got nothing!
 何も考えてないくせに!

Phoebe: Okay, I'm ready.
 いいわ。準備できた。(デカいリボンで汚れを隠して)

Ross and Chandler: Oh, aaaah!
 あぁあああ。

Phoebe: Rachel didn't have anything that I liked, so, but she had this Christmas ribbon, and I thought, 'All right, fine, I'll be political.'
 レイチェルのもので好きなのがなかったの。でもクリスマスのリボンがあったから、「いいや、政略的に行こう」って決めたの。

Chandler: What are you supporting?
 政略で何を支持するの?

Phoebe: Duh!! Christmas!
 決まってるでしょ。クリスマスよ。

Ross: Okay, hey, that's okay with me. Two down and I have exactly twelve minutes.... Wha, my watch stopped. My watch. . . Okay, see, the, the dinosaur tail isn't going around any more. . . What time is it? It's 7:33, I have seven minutes. I have seven minutes!!
 いいよ、それでいいよ。2人しか準備できてなくて、残りは12分。・・え・・時計が止まってる。時計が。(チャンドラーに見せて)ほら見て。恐竜のシッポが時計を回ってない。(チャンドラーの時計を見て)今何時? 7時33分。7分しかない。7分しかない!

Rachel: Okay, Pheebs, quick, what shoes should I wear? The black or the purple?
 ねぇフィーブス、すぐ答えて。どっちの靴をはけばいいかしら、黒か紫?

Ross: Just, just, just pick one!
 いいからもうどっちかにして!

Phoebe: Okay, okay, okay, the black. But, oh, do you have black, with the little strappys?
 わかったわかった、黒よ。あ、でもあなたの黒って、ストラップがついてなかったっけ?

Rachel: Yeah, but those really go better with pants. Maybe I should wear pants.
 ええ。あれはパンツに合うのよね。パンツで行くべきかな。

Ross: Yeah, pants, what, what an idea. Or better yet, um, how about you go without any pants. Look, I don't know what you're trying to do to me, but just get your butt in there and pick out any shoes that fit your feet, okay. No, no I don't care if they match. I don't care if they make your ankles or your knees or your earlobes look fat. Okay.
 ああ、パンツね、いいね。それか、パンツなんかなしでどう? いい? 僕のために何をしてくれようとしてるのかしらないけど、とにかくさっさと行って、何でもいいから履ける靴を履いてきて。合ってるかどうかなんて構うもんか。それで君の足首だろうが膝だろうが耳たぶだろうが、太って見えてもどうでもいいよ。

Rachel: But I just...
 だけど私・・

Ross: No, no, no just do it. Go in there, pick something out, so we can go.
 いやいや、とにかくさっさとしてくれ。行って、何か選んできてくれたらもう行けるんだ。

Rachel: All right.
 わかったわよ。

Ross: Thank you!
 ありがと!

Monica: Okay. I gotta call Michelle. I gotta see if that was her voice or not. I'm sorry, I just have to.
 ミシェルに電話するわ。あれが彼女の声かどうか確かめないと。悪いけど、そうするしかない。

Ross: It was, it was her voice.
 彼女の声だったよ。

Chandler: Monica, I think you've gone over to the bad place.
 モニカ、おまえどっか行っちゃってるぞ。

Michelle: Hola! Hello. Hello?
 (電話の声)ハーイ。もしもし。もしもし?

Monica: Okay. That was her, right?
 (電話を切って)よし。彼女だったわね?

Phoebe: Definitely.
 間違いないわ。

Monica: See, there you go. Woo! We're out of the woods. Okay, I'll get dressed now.
 ほらね、よかった! これで解決ね。さぁ、ドレス着るわ。

Ross: Yay!
 イエーイ。

(電話が鳴る)
Phoebe: I'll get it, okay. (answers phone) Hi, Monica and Rachel's. . . Yeah, just a second, can I ask who's calling. . . Oh, ew, it's Michelle! Ew! She, she must have that Caller I.D. thing. You should get that.
 私が出るわ。(電話で)ハーイ、モニカとレイチェルです。・・ええ。ちょっと待ってくださいね。どなたかお聞きしても?・・(モニカに)あぅ! ミシェルよ! 番号表示機能ありなのよ。あなたもそうした方がいいわね。

Monica: Uh, Michelle? Yeah, that was me, I dialed your number by mistake. . . Oh, you're so sweet. Yeah, we were a great couple. I know, I really miss him. Well, you know how it is, it's that....
 (電話に出て)ミシェル? ええ、私だったの。間違ってかけちゃったのよ。・・・まぁ、優しいのね。ええ、私達いいカップルだったわ。ええ、寂しいと思ってる。わかるでしょう、こういうこと・・・

Chandler: You know what's weird. Donald Duck never wore pants. But whenever he's getting out of the shower, he always put a towel around his waist. I mean, what is that about?
 おかしなこと知ってる? ドナルド・ダックはいつもパンツ履かないよな。でも、あいつがシャワーから出てきた時、いつもタオルを腰に巻いてるんだよな。あれは何だっつの。

Monica: Michelle, I only beeped in so I could hear my message. I mean, that's allowed. Yeah-huh! I mean, look, yeah, you know what I would really appreciate it if you didn't tell your Dad about. . What do you mean, you're not comfortable with this? Come on, we're friends!! . . . That bitch always hated me. I'm calling her back.
 ミシェル! 私自分のメッセージを聞いただけよ。それは許されるわ。はぁ?! ねぇ、聞いて。おとうさんにこのこと話さないでくれたら本当にありがたいんだけど・・なにそれ、気分よくないって? なに、私たち友達じゃない! (電話切られる)あのクソ女いつも私を嫌ってたのよね。かけ直すわ。

Ross: No, no, no, no. Tick, tick, tick, tick.
 ダメダメダメ。チクタクチクタク。

Monica: Okay, fine.
 いいわ。わかった。(自分の部屋へ)

Chandler: She's got a phone in there, right?
 あそこに電話あるんだよな?

Phoebe: Okay, we're on it. We're on it.
 わかった。私達に任せて、任せて。(チャンドラーと2人でモニカを追いかける)

(レイチェルが部屋着で現れる)
Ross: Um. I know it says black tie optional, but, um this may be pushing it a little, um.
 あー。盛装でないといけないというわけじゃないけど、でも、それはちょっとどうかな。。

Rachel: I'm not gonna go.
 私行かない。

Ross: You're not going to go.
 君は行かない。

Rachel: No, I think I'm gonna catch up on my correspondence.
 うん。私、お手紙の返事書こうと思うの。

Ross: How, how, um how can you not be going?
 どうして、どうして・・行かないってことになるの?

Rachel: I'm not gonna go, so I think that will accomplish the not going.
 私が、行かないの。そうすると、行かない私のできあがりよ。

Ross: Um, you know, just out of curiosity...
 あー・・ねぇ、ちょっと知りたいんだけど・・

Rachel: Well, ever since I was humiliated and yelled at in front of my friends, I'm just, I don't know, not in a very museum benefit-y kind of mood.
 そうね、友達の前で恥をかかされて怒鳴られたじゃない、だから、何ていうのかしら、博物館のためーみたいな気分じゃないのよね。

Ross: Right. Right, okay, okay. God, I'm sorry. I'm sorry I yelled.
 そうだね。そう。わかった。ああ・・ごめん。ごめんよ、怒鳴ったりして。

Rachel: It's fine.
 いいの。

Ross: No, but you're mad.
 いや、でも君は怒ってるよね。

Rachel: I'm not mad.
 怒ってない。

Ross: No.
 いや。。

Rachel: I'm just not going.
 私はただ行かないだけ。

Ross: You're not going.
 君は行かない。

Rachel: Right.
 そう。

Ross: Okay. You know that I have to go.
 そうか。僕が行かなきゃならないのはわかってるよね。

Rachel: Um, hum.
 そうね。

Ross: Right. So is it gonna be like 'I'm abandoning you while you're upset.'
 そう。それじゃ、「君が怒ってるのに、それを放っておいて行ってしまう」ってことにならないんだ。

Rachel: No.
 ならない。

Ross: No, because you're not upset.
 ならない。だって君は怒ってないから。

Rachel: Right.
 そう。

Ross: About the yelling.
 怒鳴ったことに対して。

Rachel: Right, and the humiliating.
 そう、それと恥をかかせたことに。

Ross: Oh, well, of course, the humiliating. So, so we, we're okay.
 そう、もちろん、恥をかかせたことに。だから・・だから、僕らはオーケーと。

Rachel: Um, hum.
 そうね。

Ross: We're good.
 僕らは大丈夫。

Rachel: Right.
 そう。

Ross: Okay. Honey?
 そうか。ねぇ?

Rachel: Yes, Ross.
 なに、ロス?

Ross: I love you.
 愛してるよ。(キスしようとするが避けられる)

Phoebe: Get away from that! No! . . . She's just getting dressed.
 それから離れなさい!(モニカのベッドルームから出てくる)彼女着替えてるから。

Chandler: Is it wrong that I was totally aroused by that?
 あれで感じちゃったんだけどいけない?

(ジョーイが服を何重にも重ねて着て来る)
Joey: Okay, buddy-boy. Here it is. You hide my clothes, I'm wearing everything you own.
 よぉし。これがそうだ。おまえが俺の服を隠したから、俺はおまえの持ってるもの全部着てやった。

Chandler: Oh my God! That is so not the opposite of taking somebody's underwear!!
 なんてこった! それは全然隠したのと反対じゃない!

Joey: Look at me! I'm Chandler! Could I be wearing any more clothes? Maybe if I wasn't going commando...
 俺を見ろ! チャンドラー! これ以上服着れるかっつぅの! もしノーパンでなかったらな・・

Chandler: Oooo-ooh!
 あああ!

Joey: Yeah. Whew, it's hot with all of this stuff on. I better not do any, I don't know, lunges.
 ヒュー! こんなに着てると暑いな。やらない方がいいかな、ランジなんてな。

pic2-lunge.jpg(ランジ)

Ross: Okay, okay. Enough, enough with the lunging. No! I'm sick of this. Okay. I've had it up to here with you two! Neither you can come to the party!
 もういい、もういい。もうランジはたくさんだ。もういい! うんざりだよ。いいか、君らにはもううんざりだよ! 2人ともパーティに来なくていい!

Chandler: Jeez, what a baby.
 なんだよ。子供みたい。

Joey: Yeah, Ross, way to ruin it. I was just going to get dressed.
 そうだよ、ロス。めちゃめちゃにするなよ。着替えるとこなのに。

Ross: You know what I don't care. The only person I cared about getting dressed, is the one person that says she's not even gonna go. Look Rach, I'm sorry, okay? Look, I-I wa, I was a jerk, okay? I'm sorry I yelled. I want you there, I need you there. Look, what, what can I do that can show you how much, how much I want you to be there.
 もうどうでもいいよ。僕が本当に着替えてほしい人は一人なのに、その人が行かないって言うんだ。聞いて、レイチ、ごめんよ。ねぇ、僕が悪かった。怒鳴ってごめんよ。君に来てほしいんだ。君にいてもらわないとダメなんだ。ね、何をしたら、どんなに来てほしいか、わかってくれる?

Joey: You could drink the fat.
 アブラ飲むとか。

Ross: Hi, welcome to an adult conversation.
 大人の会話にようこそ。

Rachel: No, no, no, now wait, wa, wa, waa-it a minute, wait a minute, wait a minute, wait a minute. That actually, uh, that sounds interesting.
 いえいえいえ、ちょっと待ってちょっと待って。それ、いいんじゃないの。

Ross: What?
 え?

Rachel: I think you should drink the fat.
 アブラ飲むべきだと思うわ。

Joey: Yay!
 イエーイ!

Ross: Okay, okay. If that is what it takes to show you how much you mean to me, and how much I want you there. Then that's what I'll do.
 わかったわかった。もしそれで、どんなに君が大事か、どんなに来てほしいか君がわかってくれるっていうんだったら、それなら、飲むよ。

Phoebe: Oh, wait, let me get you another glass. That's been sitting out.
 やだ、待って、他のグラスを取るわよ。それずっと置きっぱなしだったでしょ。

Ross: I think this will be fine. Okay, vanilla milkshake, just a vanilla milkshake, with chicken bits floating in it. Cheers.
 これで大丈夫。よし。バニラ・ミルクシェイク。ただのバニラ・ミルクシェイク。ちょっとチキンが浮いてるけど。・・乾杯。

Rachel: No, no, no, wait! Okay, okay. Don't! I'll go, I'll go!
 (止める)ダメダメ、待って! いいわ、やめて。行くわ、行くわよ。

Ross: You will?!
 行く?

Rachel: You were really gonna do that, weren't you?
 本当に飲もうとしてたのね?

Ross: Well, yeah.
 ああ。

Rachel: You were gonna drink the fat.
 アブラを飲もうとしたのね。

Joey: Let's see what else he'll do!
 他に何するか見てみようよ!

Ross: How about instead you, go get changed! . . You, give him back his underwear! I'm gonna go get a cab, and I want everyone down stairs in two minutes! Monica!
 その代わりにおまえが着替えたらどうだ! (チャンドラーに)おまえ、彼に下着を返せ! 僕はタクシーをつかまえてくる。2分でみんな下に来てくれ! モニカ!

(ジョーイがランジをしながら部屋へ向かう)
Chandler: Stop it. Stop it!
 やめろ! やめろ!

(モニカが自室から出てきて電話をかける)
Phoebe: Ross went to get a cab so we can all... No, wh-what are you doing! No, Monica, no!
 ロスはタクシーをつかまえに行ったから私達・・ダメよ。何してるの。ダメ! モニカ! ダメよ!

Richard: Hi, this is Richard.
 (留守電応答)ハーイ、リチャードです。

Machine: You have three new messages.
 (留守電の音)メッセージが3件あります。

Monica: Not any more!
 もうないわよ!

Machine: Message erased. To record your message begin speaking at the tone.
 (留守電の音)メッセージ消去しました。あなたのメッセージを録音するには、信号音の後にお話ください。

Monica: Hi, uh, Richard it's Monica, um, listen I did something kind of crazy tonight, um, maybe I'm getting my period or something, I don't know. Um, anyway, I, I, I beeped into your machine and I heard a message that, that freaked me out, and um, you know what, Michelle will tell you the rest. I, I, um, I'm sorry, okay, I, I hope that we can forget the whole thing. Okay, bye.
 ハーイ、リチャード、モニカよ。聞いて、今夜ちょっとおかしなことしちゃったの。もしかしたらもうすぐ生理かも、わかんないけど。えっと、とにかく、そこに電話してメッセージを聞いてパニックになっちゃってね、それで、まぁ、あとはミシェルから聞けると思うわ。その・・ごめんなさい。このことみんな忘れてくれるとありがたいわ。それじゃ、バイ。(切る)

Machine: Your outgoing message has now been changed.
 (留守電の音)応答メッセージが変更されました。

Monica: Outgoing! Did that say outgoing?! Not, outgoing!!!
 (フィービーに)応答メッセージ? 応答メッセージって言った? 応答メッセージじゃダメよ!(またダイヤルする)

Monica: "Hi, uh, Richard it's Monica, um, listen I did something kind of crazy tonight, um, maybe I'm getting my period or something, I don't know." Nooo!!
 (留守電応答)「ハーイ、リチャード、モニカよ。聞いて、今夜ちょっとおかしなことしちゃったの。おしかしたらもうすぐ生理かもわかんないけど・・」(モニカ本人)ノー!

Phoebe: How did you do that?
 どうやったのよ?

Monica: I don't know!
 わかんないわよ!

Machine: Good-bye.
 (留守電の音)グッドバイ。

Monica: Noooo!!!!
 ノー!!!!!

(ロスが戻ってくる)
Ross: Okay, okay, okay, I've got two cabs and no people. Go! Go! Go!
 オーケー、オーケー、タクシー2台つかまえたけど人がいないよ。行って行って行って!

Monica: Maybe we could call the phone company. Maybe they could change the message. Maybe they can change his number.
 電話会社に電話かけたらどうかしら。電話会社で応答メッセージ変えてくれるかも。もしかしたら彼の電話番号変えてくれるかも。

Phoebe: Yeah, after this, I think he'll be doing that himself.
 ええ、こんなことの後だったら、彼が自分でそうすると思うわ。

Ross: Rachel!! . . . Wow! You, uh, you look, wow!
 レイチェル! (来る)・・ワオ・・・君・・君は・・・ワオ!!

Rachel: And I still have about five seconds to spare. . . Okay, that was about seven seconds.
 まだ5秒あるわよ。(キス)いまので7秒たったかしら。

Ross: So we're a little late.
 それじゃちょっと遅れようか。

Rachel: Come on. . . Oh! And, uh, by the way....
 行くわよ。あ、そうそう。ところで・・

Ross: What?
 なに?

Rachel: I'm going commando, too.
 私もノーパンよ。

Ross: Awwww!!!
 ああああ・・。

《パーティ会場》
Sherman Whitfield: Dr. Geller, Sherman Whitfield, London Institute.
 ドクター・ゲラー、ロンドン研究会のシャーマン・ホィットフィールドです。

Ross: Wow! What a pleasure.
 ワオ。お会いできてうれしいです。

Whitfield: Well, I have to tell you, I was quite impressed with your paper on Pre-Cretaceous fossils. Yeah, it confirmed everything that I have written.
 いやぁ、君の白亜紀以前の化石に関する論文には感心したよ。私の書いたことをすべて認めているね。

Chandler: Excuse me. Hi.
 (Whitfieldさんに)ちょっと失礼。どうも。

Whitfield: Yes?
 はい?

Chandler: Well, you're kind of sitting in my seat.
 あなた、僕の席に座ってらっしゃる。

Whitfield: What do you mean, your seat?
 そういう意味だ、君の席とは?

Chandler: I mean, I was sitting there.
 僕が座ってたんです。

Whitfield: But, you got up!
 でも離れただろう?

Chandler: But, I never left the room!
 でも部屋を出たわけじゃない。

Whitfield: But, you left the chair area.
 でもこの椅子付近を離れただろ。

Chandler: All right, that's it, give me your underwear.
 よし、もういい。下着をよこせ。



にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村


英語 ブログランキングへ
posted by らんち at 00:55| Comment(0) | Season3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。