2013年06月28日

3-1 The One With the Princess Leia Fantasy

3-1 レイア姫に妄想ファンタジーって話

 ☆マンハッタンの6人、再び☆

《セントラルパークに全員入ってくる》

Joey: I'm telling you that girl totally winked at me.
 本当だよ。あの子、俺にウインクしてきたってば!

Monica: Did not, she did not wink at you...
 してないわよ。ウインクなんてしてない。

Rachel: You always think somebody's winking at you.
 あなたはいつも誰かウインクしてくるって思ってるんだから。

(いつものカウチに人が座っていてショックな6人)
Chandler: Huh.
 ハン!(全員出ていく)

《モニカ達の部屋》

Ross: I have to say Tupolo Honey by Van Morrison.
 ヴァン・モリソンのテュペロ・ハニーだね。



Rachel: No way! The most romantic song ever is The Way We Were.
 とんでもない! 一番ロマンティックな歌っていったら、「追憶」よ。



Phoebe: See, I think that one that Elton John wrote for that guy on Who's The Boss.
 私はエルトン・ジョンが "Who's the Boss?" のために書いたあの曲だと思うわ。

Who's the Boss?は1984-1992放送のシットコム)

Rachel: What song was that, Pheebs?
 それ何ていう歌?

Phoebe: Hold me close, Young Tony Dan-za.
 (歌う)しっかり抱いて、ヤング・トニー・ダンザー♪

(これは実は "Tiny Dancer" という歌で、"Tiny dancer"
 という歌詞を、"Tony Danza" と聞き間違えている。
 トニー・ダンザは"Who's the Boss?" のキャラクター)




(モニカがベッドルームから出てくる)
Phoebe: Hi, Monica!
 ハーイ、モニカ!

Ross&Rachel: Hey, Mon!
 ハーイ、モン!

(モニカは黙ってバスルームへ)
Phoebe: Oh, my God, has she slept at all?
 まぁ・・全然寝てないの?

Ross: Nope.
 そ。

Rachel: No, it's been three nights in a row.
 そうよ。もう3晩寝てないのよ。

Ross: Yeah, she finally stopped crying yesterday, but then she found one of Richard's cigar butts out on the terrace, so.
 ああ、昨日ようやく泣き止んだんだけど、バルコニーでリチャードの葉巻の吸い殻を見つけちゃってね。

Phoebe: Oh, okay, that explains it. I got a call at two in the morning, but all I could hear was, like, this high squeaky sound, so I thought oh, okay, it's like a mouse or a opossum. Then I realized where would a mouse or a opossum get the money to make the phone call.
 ああ、それでわかったわ。夜中の2時に電話があったけど、キーキーいうだけだったのよね。それで、ああわかった、ネズミかオポッサムがかけてきたんだわと思ったの。それから気づいたわけ。ネズミやオポッサムがどうして電話かけるお金を持ってるのよってね。

《チャンドラー達の部屋》

Chandler: Morning.
 おはよ。

Joey: Morning, hey, you made pancakes?
 おはよ。おい、パンケーキ作ったの?

Chandler: Yeah, like there's any way I could ever do that.
 俺が一度でも作ったことがあるか?

Janice: Monica and Rachel had syrup, now I can get my man to cheer up. . . Good morning Joey.
 (歌う)モニカとレイチェルんとこにシロップあった♪これで私のカレが喜ぶわ・・おはよ、ジョーイ。

Joey: Good morning.
 おはよう。

Chandler: Hey, you know what, here's a thought. Why don't you stay home from work today and just hang out with me.
 ねぇ、考えたんだけど、仕事が終わったらここに来て、一緒にすごさない?

Janice: Oh, I wish. Look, honey, you have that report to finish, and I gotta go see my lawyer.
 そうできたらいいけどね。あなたはあの報告書を仕上げないといけないでしょ、私は弁護士に会いにいかないと行けないのよ。

Chandler: I can not believe I am going out with somebody who is getting divorced. I'm such a grown up.
 この俺が離婚しようとしてる人とデートしてるなんて、信じられないよ。俺って、オトナ!

Janice: I gotta go, I gotta go. Okay, not without a kiss.
 行かなきゃ、行かなきゃ。キスしてくれなきゃ行けなーい。

Chandler: Well, maybe I won't kiss you, and then you'll have to stay.
 そう、じゃあキスしないよ。そうしたら行けないだろ。

Joey: Kiss her! Kiss her!
 キスしろ! キスしろ!

Janice: I'll see you later, sweetie. Bye, Joey.
 じゃあね、あなた。バーイ、ジョーイ。(出ていく)

Joey: Bye-bye, Janice. So when you dumping her.
 バイバイ、ジャニス。(チャンドラーに)それでいつ別れるんだ?

Chandler: Nope, not this time.
 いや。今回はそれはない。

Joey: Come on, quit yanking me.
 なんだよ。おどかすのやめてくれよ。

Chandler: I'm not yanking you.
 おどかしてなんかいない。

Joey: This is Janice.
 ジャニスだぞ。

Chandler: Yeah, I know. She makes me happy.
 わかってるよ。彼女といると幸せだ。

Joey: Okay. All right. You look me in the eye and tell me, without blinking, that you're not breaking up with her. No blinking.
 よーし、わかった。俺の目を見て、瞬きせずに、別れないって言ってみろ。瞬きなしだぞ。

Chandler: I'm not breaking up with her!
 俺は、彼女と、別れない!(しばらく見つめた後、チャンドラーに息をふきかけるジョーイ)

《モニカ達の部屋》

Monica: God, look what I found in the drain.
 ああ! 見て、これ排水口にあったの。

Rachel: What?!
 なに?

Monica: It's some of Richard's hair! What do I do with this?
 リチャードの髪よ! これどうしたらいいの?

Ross: Getting it away from me would be job one.
 僕から離す。それがまず第一。

Monica: It's weird, but you know what, I don't wanna throw this away. I mean, this is like all I have left of him. Gross. . . drain hair. Ooh!
 変よね、だけど、これ捨てたくない。これが私に残されたすべてよ。気持ち悪い・・排水口の髪の毛! やだ!(捨てたのでロスのシリアルに落ちる)

Phoebe: Cool! It looks like a tiny little person drowning in your cereal.
 すごい! ちっちゃな人がシリアルの中で溺れてるみたい。

Monica: God, what is wrong with me.
 ああ。私どうしちゃったの。

Ross: You need to get some sleep.
 睡眠を補給しなきゃいけないよ。

Monica: I need to get some Richard.
 リチャードを補給しなきゃいけないの。

Rachel: Monica, you broke up with him for a reason.
 モニカ、理由があって別れたのよ。

Monica: I know, I know. I'm just so tired of missing him. I'm tired of wondering why hasn't he called. Why hasn't he called!
 わかってるわ。わかってる。ただ、もう彼を恋しく思うことに疲れたの。どうして電話かけてこないのかしらとか・・・どうして電話かけてこないのよ!

Phoebe: Maybe, because you told him not to.
 あなたがかけるなって言ったからじゃない?

Monica: What are you, the Memory Woman?
 あなたなに? 記憶女?

(ジョーイがくる)
Joey: They're not breaking up. Chandler and Janice. They're not breaking up. He didn't blink or anything.
 やつら別れないぞ。チャンドラーとジャニス、別れやしない。やつは瞬きもしない!

Rachel: Well, you know, I'm not surprised. I mean, have you seen them together? They're really cute.
 驚くことじゃないわ。だって、あの2人を見たでしょ? 本当に可愛いカップルだわ。

Joey: "Cute"? This is Janice! You remember Janice?
 「可愛い」? ジャニスだぞ。ジャニス覚えてるだろ?

Rachel: Yes, Joey, I remember, she's annoying, but you know what? She's his girlfriend now. I mean, what can we do?
 ええ、ジョーイ、覚えてるわよ。彼女は確かにうっとおしいけど、でも、今は彼のガールフレンドなんだもの。私達に何ができる?

Joey: There you go! That's the spirit I'm looking for! What can we do? Huh? All right, who's first? Huh? Ross?
 それだよ。それが俺の求めている姿勢だよ。俺たちに何ができるか。え? よし、誰からいく? ロス?

Ross: Well, I'm thinking Chandler's our friend, and Janice makes him happy. So I say we all just be adult about it and accept her.
 チャンドラーは僕たちの友達だ。そしてジャニスは彼を幸せにしてくれてる。だから、僕たちはオトナになって、彼女を受け入れるべきだよ。

Joey: Yeah, we'll call that Plan B. All right?
 あー。それはプランBとしよう。いい?

《ロスのベッドルーム》

Rachel: Honey, I was wondering....
 ねぇ。ちょっと思ったんだけど・・

Ross: Hmm?
 ん?

Rachel: Do you still have that, um, Navy uniform?
 あれまだ持ってる? あの、海軍のユニフォーム?

Ross: No, I had to return it to the costume place. . . I think I have an old band uniform from high school.
 いや。あれはコスチュームショップに返したよ。・・でも高校の時のバンドのユニフォームならあると思うよ。

Rachel: You remember not having sex in high school, right?
 高校ではエッチできなかったってこと覚えてるわよね?

Ross: Yeah.
 ああ。

Rachel: Well, honey, what about you?
 ねぇ、あなたはどうなの?

Ross: What?
 何が?

Rachel: Do you have any fun, you know, fantasy type things?
 あなたはそういうことで、何か妄想しちゃうことないの?

Ross: No.
 ない。

Rachel: Come on, you gotta have one!
 なによ。何かあるでしょ。

Ross: Nope.
 ないよ。

Rachel: Ross, you know what?
 ロス、ねぇ?

Ross: What?
 なに?

Rachel: If you tell me, I might do it.
 言ってくれたら、それしてあげるかもよ。

Ross: Okay. Did you ever see, um, Return Of The Jedi?
 わかったよ。君、「ジェダイの帰還」は見たことある?

Rachel: Yeah.
 ええ。

Ross: Do you remember the scene with, um, Jabba the Hut? Well, Jabba had as his prisoner, Princess Leia.
 ジャバ・ザ・ハットの場面覚えてる? ジャバが捕えていた・・レイア姫のこと。

JabbaPromo.jpg

Rachel: Oh!
 ああ!

Ross: Princess Leia, was wearing this, um, gold bikini thing. It was pretty cool.
 レイア姫が、その、金色のビキニか何か着てて、素敵だったよ・・。

leia.jpg

《セントラルパーク:フィービーとレイチェル》

Phoebe: Yeah, oh, Princess Leia and the gold bikini, every guy our age loved that.
 そうよ、あの金色ビキニのプリンセス・レイラは私達の年代の男達みんな大好きよ。

Rachel: Really!
 そうなの!

Phoebe: Um, um. It's huge. Yeah, that's the moment, when, you know, she stopped being a princess, and became, like, a woman, you know.
 そうよ。すごいのよ。あれはね、彼女が、ほら、プリンセスじゃなくなって、「女」になる瞬間なのよ。

Rachel: Did you ever do the Leia thing?
 あなた、そのレイアやったことある?

Phoebe: Oh, yeah, um-mm. Oh!
 あるある。うん。ぅぅ!

Rachel: Really! That great, huh?
 そうなの? そんなによかった?

Phoebe: No it's just that I got this new pager and I have it on vibrate. See you!
 違うの、今のはポケベルのバイブがなったからよ。じゃあね。

(ロスがモニカを連れてくる)
Ross: Hey!
 やぁ!

Rachel: Hi, you guys!
 あら、あなた達!

Ross: Look who I found standing outside of the Szechwan Dragon staring at a parking meter.
 見て、彼女スーツァン・ドラゴンの前でパーキング・メーター見つめて立ってたんだ。

(Szechwan = 四川風の)

Rachel: Mon. Hi!
 モン、ハーイ!

Monica: Hi.
 ハーイ。

Rachel: Why aren't you at work?
 なんで仕事に行ってないの?

Monica: Oh, they sent me home.
 帰らされたの。

Rachel: Why?
 なんで?

Monica: Because I don't work at the Szechwan Dragon.
 私、スーツァン・ドラゴンでは働いてないって。

Ross: Okay.
 そうだね。

Rachel: You really, really need to get some sleep, honey.
 本当にまじであなた寝ないと。

Monica: I know I do.
 わかってる。

Ross: Hi.
 (レイチェルに)ハーイ。

Rachel: Hi.
 ハーイ。

Ross: Guess what?
 聞いて。

Rachel: What?
 何?

Ross: They published my paper.
 僕の論文が出版されたんだ。

Rachel: Oh, really, let me see, let me see.
 本当? 見せて見せて。(ロスはカバンの中をのぞく)

Phoebe: Rach, look! Oh, hi! Where is my strong Ross Skywalker to come rescue me. . . There he is.
 レイチ、見て!(パンをレイア姫の髪型に見せて耳の横に持ち)私のたくましいロス・スカイウォーカーはどこ? 助けに来て・・(ロスが顔を上げる)あ、いたわ。

《チャンドラー達の部屋》
(ジョーイがホイール・オブ・フォーチュンを見ている。 _oun_  Rush_ore という画面。チャンドラーが来る)

Chandler: Hey!
 やぁ!

Joey: Wheel!
 ホイール!

Chandler: Of!
 オブ!

Joey: Fortune! This guy is so stupid. It's Count Rushmore!!
 フォーチュン! こいつ本当にバカだよ。(テレビに向かって) Count Rushmore(ラシュモア伯爵)だよ!

rushmore.jpg(マウント・ラシュモア)

Chandler: You know, you should really go on this show. All right, listen, I got three tickets to the Rangers tonight. What do you say?
 おまえ・・本当にその番組に出るべきだな。いい、聞いてくれ。レンジャーズの今夜のチケット3枚手に入れたぞ。行くだろ。

Joey: I say, 'I am there!' Cool! Aw! Is Ross going to?
 行くとも! すごいな。ロスも行くだろ?

Chandler: No, Janice.
 いや、ジャニスだ。

Joey: Janice. 'Cause I, just, I feel bad for Ross, you know, we always go together, we're like the three hockey-teers.
 ジャニス?・・いや、だって、ロスに悪いと思ってさ。いつも一緒に行くじゃないか。3人ホッケー仲間じゃん。

Chandler: You know, I may be way out on a limb here, but do you, do you have a problem with Janice?
 なぁ、これ聞いちゃまずいのかな、おまえ、ジャニスに何か引っかかってる?

(go out on a limb = 枝先へ行く→「危険を冒す」)

Joey: No, Yes. God, how do I say this. . . Oh, hi, you know that girl from the Greek restaurant with the hair?
 いいや・・うん。ああ、なんて言ったらいいんだろう・・(歩き回って振り向いたら目の前にチャンドラーがいたので)わっ・・やぁ。・・あのギリシャレストランのあのすごい髪の女の子いるだろ?

Chandler: Ooh, that girl that I hate? Eww, drives me crazy, eww, eww. . . Oh!
 ああう。あの俺の嫌いな? うへっ! 俺どうかなりそうな・・・うへ・・。おお!

Joey: Look, I don't hate Janice, she's just a lot to take, you know.
 聞いてくれ、ジャニスをキライっていうんじゃないんだ。ただ受け入れるのが大変っていうことだよ。

Chandler: Well, there you go.
 ああ、そうかい。

Joey: Oh, hey. Come on, man, don't look at me like that, she used to drive you nuts before, too, remember?
 なぁ、勘弁してくれよ。そんな目で見ないでくれ。おまえだって以前は彼女を嫌がってただろ?

Chandler: Well, I'm crazy about her now. I think this could be the real thing. Capital 'R'! Capital 'T'! Don't worry, those are the right letters.
 でも今は彼女に夢中なんだよ。これは本物(Real Thing)だと思ってるんだ。大文字のRと大文字のTだ!
・・心配するな、スペルは間違ってない。

Joey: Look, what do you want me to say?
 なぁ、なんて言えばいいんだ?

Chandler: I want you to say that you like her!
 彼女を好きだと言ってほしいね!

Joey: I can't. It's like this chemical thing, you know. Every time she starts laughing, I just wanna pull my arm off just so that I can have something to throw at her.
 できないよ。生理的に受けつけないってやつだよ。彼女が笑い始めると、もう・・もう・・腕を引っこ抜いて投げつけたくなるんだよ。

Chandler: Thanks for trying. . . Oh, and by the way, there is no Count Rushmore!
 ありがとさんだね! (チケットを持って出ていく)あ、それから、ラシュモア伯爵なんていないからな!

Joey: Yeah, then who's the guy that painted the faces on the mountain?
 そうかよ。じゃあ誰があの山に顔を書いたってんだよ!

《モニカ達の部屋:ロスとレイチェル》

Ross: How could you have told her?
 なんで彼女に話すんだよ?

Rachel: Ross, I didn't think it would that big of a deal.
 ロス、こんな大ごとだとは思わなかったのよ。

Ross: Oh, she didn't think it would be that big of deal.
 彼女は大ごとだとは思わなかったんだってさ。

Rachel: Okay, who are you talking to when you do that?
 あなたそれやる時、誰に話してるの?

Ross: Look, that was supposed to be like a private, personal thing between us.
 いいかい、これはプライベードなことだ。僕たち2人の間だけの話だよ。

Rachel: Okay, Ross, Phoebe is my girlfriend, okay? We tell each other everything. You know, I mean, come on, guys do the same thing. I mean, what about all that locker room stuff?
 だけどロス、フィービーは私の友達よ。何でも話し合うわ。ほら、あなた達だって同じじゃないの。ロッカールームで話すでしょ。

Ross: That's different, okay? That's like, 'Who dated a stripper?' or 'Who did it on the back of the Staten Island Ferry?'.
 それとは話が違うよ。「ストリッパーとデートしたの誰だ?」とか「スタテン・アイランド行きのフェリーでやっちゃったのは誰か」とか。

Rachel: Both of those Joey?
 どっちもジョーイ?

Ross: Yeah. Look, you don't, you don't talk about like, you know, your girlfriend and the intimate stuff you, you do with her.
 ああ。いいかい、僕らは、ガールフレンドとの親密なことについては、君たちみたいに話さないよ。

Rachel: Not even with your best friend?
 親友とでも?

Ross: No!
 話さない。

Rachel: That is so sad. You're missing out on so much, Ross. I mean, the bonding and the sharing, you know. And knowing that someone else is going through the same thing you are.
 それってすごく悲しいことだわ。すごくもったいないことよ、ロス。仲良くなるってことは分かち合うってことよ。他の人も自分と同じことを経験してるんだなって知ることよ。。

Ross: Hmph. So what, you tell each other everything?
 ふん・・それじゃ、君らは何もかも話し合うの?

Rachel: Pretty much.
 その通りよ。

Ross: Did you talk about the night of five times? Do you tell people about the night of five times?
 じゃあ、一晩に5回って話もした? 一晩に5回って話を、みんなにする?

Rachel: Honey, yeah that was with Carol.
 ねぇ、それ、キャロルとのできごとでしょ。

Ross: I know, but it's still worth mentioning, I think.
 うん。だけど、言う価値はあるよね。

《モニカのベッドルーム》

Phoebe: Relax every muscle in your body. Listen to the plinky-plunky music. Okay, now close your eyes, and think of a happy place. Okay, tell me your happy place.
 体中のあらゆる筋肉をゆるめてー。ポロンポロンいう音楽に耳を傾けてー。さぁ、目を閉じてー。幸せに思える場所を思い描いてー。さぁ、それはどんなとこかしら。

plinky-plunky とは、癒しや瞑想向きのカネの音など)

Monica: Richard's living room, drinking wine.
 リチャードのリビングで、ワインを飲んでるの。

Phoebe: All right. No, no, no, not a Richard thing, just put down the glass. And get out!
 ダメダメ、リチャードじゃなくて。グラスを置いて出てきて!

Monica: I'm sorry, but that's my happy place.
 悪いけど、それが私のハッピープレイスだもん。

Phoebe: Well, okay, fine, use my happy place. Okay, I'm just gonna, I have to ask that you don't move anything.
 わかったわ。じゃあ私のハッピープレイスを使っていいわ。だけど、何も触らないでね。

Monica: All right, I'll try not to.
 わかった。気をつける。

Phoebe: Okay, all right, so, you're in a meadow, millions of stars in the sky....
 いい? 今あなたは草原にいるのよ。空には数えきれない星が・・

Monica: Do you think breaking up with him was a huge mistake?
 彼と別れたのは大きな間違いだったのかしら?

Phoebe: Okay, there are no questions in the happy place. Okay? Just, the warm breeze, and the moonlight flowing through the trees....
 ね、ハッピープレイスには質問はないのよ。いい? 暖かいそよ風ー、そして木々の間から降り注ぐ月の光・・

Monica: I'll bet he's totally over me, I'll bet he's fine.
 彼、私のことなんてもう忘れたのよね、賭けてもいい、彼はもう平気なんだわ。

Phoebe: Betting and wagering of any kind, are, I'm sure, not permitted in the happy place. Okay? Just, you know, the lovely waterfalls, and the trickling fountains and the calming sounds of the babbling brook....
 賭け事はハッピープレイスでは絶対禁止よ。いい? 素敵な滝、静かな水音を立てる泉、さらさら流れる小川の心地よい音・・

Monica: Okay, this isn't working. I'm still awake and now I have to pee.
 もういい、効かないわ。まだ起きてるし、トイレ行きたくなった。

《チャンドラー達の部屋》

Janice: So, I hear, you hate me!
 聞いたんだけど、私をキライなんですってね。

Joey: Ah, I never said hate, I was very careful about that.
 いや、キライとは言ってないよ。そこんとこは気をつけてたんだ。

Janice: A little birdie told me something about you wanting to rip your arm off and throw it at me.
 私の小鳥ちゃんが言うには、腕をちぎって投げつけたいんですってね。

Joey: And you got a 'hate' from that?! You're taking a big leap there...
 それだけで、キライって思う? それは飛躍しすぎだよ。

Janice: All right, fine, fine, fine, fine, fine, we've got to do something about our little situation here, Joey. So, this is my idea: you and me spending some quality time together.
 いいのよ、わかったわかったわかったわかった。私達、これを何とかしなきゃいけないわよ、ジョーイ。それで考えたんだけど、あなたと私とで、充実した時間を一緒に過ごしましょうよ。

Joey: But what does that gonna do...
 だけどそれが何の・・

Janice: For Chandler!
 チャンドラーのためよ!

Joey: Okay. I'm in.
 ああ、わかった。

Janice: Okay. All right. This is what we're gonna call it: 'Joey and Janice's Day of Fun!'
 いいわね。それじゃ名づけて、「ジョーイとジャニスのお楽しみデー!」

Joey: Does it have to be a whole day?
 一日かけるの?

Janice: Yes, because that's how long it takes to love me.
 そうよ。私を愛するのには、時間がかかるのよ。

Joey: Yeah, I know, I sleep in the next room.
 ああ、知ってるよ。隣の部屋で寝てるんだから。

《セントラルパーク》

Monica: So, I went down to the post office, and it turns out it was those videos that I ordered for Richard about the Civil War. He loved the Civil War.
 (泣きながら)それで郵便局まで行ってきたの。そうしたら、届いていたのはリチャードのために注文してた南北戦争のビデオだったのよ。彼、南北戦争ものが好きだったの。

Phoebe: Monica, do you want us to take you home?
 モニカ、部屋までついて行こうか?

Monica: Uh, huh. . . Or maybe to a galaxy far, far away.
 うん・・・それか、銀河の果ての果てまで・・(泣いていてもロスをからかう)

Ross: Women tell each other everything. Did you know that?
 女性達は互いになんでも話すんだ。知ってた?

Chandler: Umm, yeah.
 ああ。

Ross: No, Chandler, everything! Like stuff you like, stuff she likes, technique, stamina, girth....
 いや、チャンドラー、何もかもだよ。例えば、おまえは何が好きか、彼女は何が好きか、テクニックは、スタミナは、サイズは・・

Chandler: Girth? Why, why, why, wh-why, why, why, why would they do this?
 サイズ? なんで? なんでなんでなんでなんでなんで? なんでそんなことするの?

Ross: Rachel says sharing's great and supposedly, you know, we ought to be doing it. Do you wanna?
 レイチェルが言うには、分かち合うことは素晴らしいって、それで、僕たちもそうするべきだってさ。そうしたい?

Chandler: We're not gonna talk about girth, are we?
 サイズの話はしないよな?

Ross: No!
 絶対!

Chandler: Yeah, okay.
 ああ、わかった。

Ross: Yeah?
 いい?

Chandler: Yeah! All right! You go first.
 ああ。いいよ。まずおまえから。

Ross: Okay, okay, I'll go first.
 わかった。僕から言うよ。

Chandler: Okay.
 よし。

Ross: So, the other night Rachel and I are in bed talking about fantasies, and I happened to describe a particular Star Wars thing....
 この前、レイチェルとベッドで、妄想ファンタジーについて話したんだ。それで僕は、たまたま、あのスターウォーズのひとつの・・

Chandler: Princess Leia in the gold bikini.
 金色ビキニのレイア姫?

Ross: Yes!
 そう!

Chandler: I know!
 わかる!

Ross: Yes! Wow! Well, that was easy. Okay, you go.
 そうだよ! ワオ! なんだ、簡単なことだったな。よし、じゃあおまえの番。

Chandler: Okay.
 よし。

Ross: Okay.
 うん。

Chandler: Okay, you know, you know when you're in bed, with a woman.
 いい? 女性とベッドにいるときのことだ。

Ross: Hmph.
 うん。

Chandler: And, ah, you know, your fooling around with her. And you get all these like, mental images in your brain, you know, like Elle MacPherson, or that girl at the Xerox place?
 ほら、彼女とじゃれてるだろ。そんな時に、頭の中で空想がわいてくるじゃないか、ほら、エル・マクファーソンとか、コピー屋の女の子とか。

Unknown.jpg
エル・マクファーソン。シーズン6で登場しますね)

Ross: With the belly-button ring? Oh, muhawa!
 あのへそピアスの子? おお!ああもう!

Chandler: I know. And then all of the sudden your Mom pops into your head. And you're like 'Mom, get out of here!' You know, but of course, like, after that you can't possibly think of anything else, and you can't, you know, stop what your doing. So it's kind of like, you're, you know. You know.... You don't know!
 そうそう。それから突然、母親が頭の中に浮かんできてさ。「出てってくれよ!」みたいなもんだけど、ほら、でもいったん出てきてしまうと他のこと浮かばなくなって、それでもほら、やってることは止められなくてさ、ほら。そうすると、なんていうかほら、わかるだろ・・・わからないのか!

Ross: Your Mom? you're telling me about your Mom? What is the matter with you?
 おまえのおかあさん? おまえが言ってるのって、おまえの言うのって、おかあさん? おまえどうかしてるんじゃないのか?

Chandler: You said...
 だっておまえ・・

Ross: I said 'share' not 'scare'. Go sit over there!
 分かち合うって言ったんだ。怖がらせ合うなんて言ってない。あっちで座ってろ!(うちひしがれて頭を伏せて座るチャンドラー)

《チャンドラー達の部屋》

Janice: We're back!
 帰ったわよ!

Joey: Hey!
 やぁ!

Chandler: Hey, what are you guys doing together?
 ああ、何してんの?

Janice: Joey and Janice's Day of Fun!!!
 ジョーイとジャニスのお楽しみデー!

Chandler: Really?
 ほんとに?

Joey: Yeah, yeah. We went to a Mets game, we got Chinese food, and you know, I love this woman. You have got competition, buddy.
 ああ。メッツを見に行って、中華食べて、それで・・この人大好きだよ。おまえにライバル登場だぞ。

Janice: I just came by to give you a kiss, I have to go pick up the baby, so. I'll see you later sweetheart, you too, Chandler.
 ちょっとあなたにキスするために来たのよ。赤ちゃん迎えに行かなきゃ。それじゃ、またね、愛しい人。あなたもね、チャンドラー。(出て行く)

Chandler: You still can't stand her, can you?
 おまえまだ耐えられないんだろ。

Joey: I'm sorry man, I tried! I really did!
 ごめんよ、頑張ったんだ! 本当だよ!

Chandler: Well, you know, I appreciate you giving it a shot.
 ああ、やってみてくれて、ありがたく思うよ。

Joey: But, hey, look, you know the good thing is is that we spent the whole day together and I survived, and what's even more amazing, so did she. It was Bat Day at Shea Stadium.
 でも、ほら、一日一緒にいてそれでも生きて帰ってこれた。それだけじゃなく、彼女も無事。今日シェイ・スタジアムはミニ・バットがもらえる日だったんだぞ。

(Bat Day at Shea Stadium -- "you get a free mini bat" だそうです。バットがもらえた、つまり腕をちぎるまでもなく投げるものがあったのにも関わらず、ジャニスが無事だったってことかと)

Chandler: Well, I guess that's something.
 まぁ、得るモノはあったってことだろうな。

Joey: No, man, that's huge! Now, I know I can stand to be around her, which means I get to hang out with you, which is kinda the whole point, anyway.
 いや、それどころじゃないよ。もう彼女のそばでも平気でいられる、つまり、おまえとも一緒にいられる。ポイントはそこだろ。

Chandler: Okay.
 そうだな。

Joey: Oh, hey, Chandler, we, ah, we stopped by the coffee shop and ran into Ross.
 あ、それから、コーヒーハウスに寄って、ロスに出くわしたよ。

Chandler: Oh, God!
 ああ、もう!

Joey: Hey, if it makes you feel any better, I do it, too.
 これで気が楽になるか知らないが、俺も同じだぞ。

Chandler: Really?
 ほんと?

Joey: Oh yeah, I always picture your Mom when I'm having sex.
 ああ、ほんとだよ。俺セックスする時はいつもおまえのおふくろさんを思い浮かべてるよ。

《モニカ達の部屋:モニカが南北戦争のビデオ鑑賞中》

Video:April Twelve, Eighteen hundred, Sixty-One, 4:30 A.M. on Tuesday, the United States garrison at Fort Sumter was fired upon. . . It is now under bombardment by....
 1861年4月20日(モニカは葉巻に火をつける)火曜日の午前4時半、サムター要塞の合衆国守備隊は、攻撃を受けた(ノックの音)今や砲撃のさなか・・

(モニカがドアを開ける)
Monica: Hi, Dad, what are you doing here?
 あら、パパ。何してるの?

Mr. Geller: Well, it's your mother's bridge night, so I thought that I would come into the city for a little Monicuddle. Since when did you start smoking cigars?
 今日はかあさんのブリッジの日なんだよ。だからちょっとモニカ抱っこのために町へいこうかななんて思ってね。(ハグ)いつから葉巻を吸うようになったんだ?

Monica: I don't, I just, I just like the smell of them. So, what are you really doing here Dad?
 違うの。ただちょっと匂いが好きなだけ。それで・・本当はどうしたの、パパ?

Mr. Geller: Well, I just wanted to make sure you were okay.
 おまえが大丈夫かなと思ってね。

Monica: What makes you think that I might not be okay?
 どうして私が大丈夫かなと思うの?

Mr. Geller: I saw Richard.
 リチャードに会ったんだ。

Monica: Oh.
 ああ。

Mr. Geller: So, how are you doing?
 それで、どうなんだ?

Monica: I'm fine, just a little tired, I'm okay. How's Richard doing?
 大丈夫よ。ちょっと疲れてるけど、大丈夫。リチャードはどうだった?

Mr. Geller: You don't wanna know.
 聞きたくないだろう。

Monica: No, I really, really do.
 ううん、どうしても聞きたい。

Mr. Geller: Well, he's doing terrible!
 彼はひどいありさまだったよ。

Monica: Really?
 ほんとう?

Mr. Geller: Worse than when he broke up with Barbara.
 バーバラと別れたときよりひどかったよ。

Monica: You're not just saying that, are you?
 そう言ってくれてるだけじゃないの?

Mr. Geller: No, the man is a mess.
 いや、やつはもうボロボロだったよ。

Monica: Was he crying?
 彼泣いてた?

Mr. Geller: No.
 いいや。

Monica: Well, do you think he was waiting till after you left, so he could cry?
 でも、とうさんが行ってしまうのを待って泣いたと思う?

Mr. Geller: Maybe.
 そうかもな。

Monica: I think so.
 きっとそうよ。

Mr. Geller: Honey, relationships are hard. Like with your Mom and me. You know, after we graduated college we broke up for a while. It seems her father, your Grandfather, wanted her to travel around Europe, like he did. Of course, he got to do it on Uncle Sam's nickel, because he was also strafing German troop trains at the time. However. . .
 モニカ、つきあっていくのは難しいことだよ。ママと私もそうだったよ。大学卒業の後、私達は少しの間別れていた。彼女のとうさん、おまえのおじいさんは、彼女にヨーロッパを旅行させたかったんだな。だがもちろん、彼の場合は国のお金で行ったんだよ、ドイツの汽車を機上掃射してたんだからな。だけど・・(振り返るとモニカは熟睡していたのでブランケットをかけ、葉巻を吸いながらビデオを見る父)

(on Uncle Sam's nickel = アメリカのお金で)

《ロスの部屋》

Rachel: Okay, here we go. I'm Jabba's prisoner. And you.. have a really weird look on your face. What? Honey, what is it? Did I get it wrong? Did I get the hair wrong? What? Did you just picture it differently? What? What?
 はい、来たわよ。私はジャバの囚われの身。あなたは・・・なんか変な顔してるわね。なに? 何なの? 私間違ってる? 髪型がおかしい? 何? 違うのを想像してた? なに? なに?

Ross: No, no it's, um, it's not you, um, it's um, it's. . .
 いや、いや、君のせいじゃない、その・・

Mrs. Geller: Well, what is it? Come on, sweetie, kind of like, freaking me out here.
 じゃあ何なの? やめてよ、ねぇ。なんか怖くなってきたじゃない。

Ross: I hate Chandler, the bastard ruined my life.
 チャンドラーを憎むよ。あの野郎のおかげで僕の人生めちゃめちゃ。


*:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:.*:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..
ついにシーズン3に突入です。
シーズン3は先へ進むのがコワイけど・・・
とりあえず、最初からモニカの周りは優しい人いっぱいで、
いいですね。


にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村


英語 ブログランキングへ
posted by らんち at 01:44| Comment(0) | Season3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。