2013年06月26日

2-23 The One With the Chicken Pox

2-23 水ぼうそうの話

 ☆水ぼうそうでおジャン?☆

《セントラルパーク》

Rachel: Ok, Chandler, Mon, there's only one banana-nut muffin left.
 ね、チャンドラー、モン、バナナ・ナッツ・マフィンはもう一個しかなかったの。

(チャンドラーが素早く取る)
Monica: Oh, I ordered mine first.
 ちょっと、私が先に注文したのよ。

Chandler: Yeah, but I'm, I'm so much faster...
 でも俺の方がうんと速かった。

Monica: Give it to me.
 よこしなさい。

Chandler: No.
 いやだ。

Monica: Give it to me.
 よこしなさいったら。

Chandler: Ok, you can have it.
 ああ、いいよ、どうぞ(なめてから差し出す)

Monica: There you go, enjoy your coffee.
 (目の前にあったコーヒーカップをなめて)はい、どうぞ、コーヒー楽しんで。

Chandler: That was there when I got here.
 それ俺が来る前からあったぞ。

(フィービーが来る)
Phoebe: Hey, you guys, you will never guess who's coming to New York.
 ねぇ、あなた達、ニューヨークに誰が来るか、絶対当てられないわよ。

Monica: Quick, Phoebe, tell us before he can swallow.
 (チャンドラーが何か言いたそうなので)早く、フィービー、チャンドラーがマフィン飲み込む前にしゃべっちゃって。

Phoebe: Oh, ok, Ryan, that guy I went out with, who's in the Navy.
 あ、わかった。ライアンよ。海軍にいる私がつきあってた人。

Rachel: You went out with a guy in the Navy?
 あなた海軍の人とつきあってたの?

Phoebe: Yeah, I met him when I was playing guitar in Washington Square Park. Ryan threw in Salt water taffy 'cause he didn't have any change.
 ええ。ワシントン・スクェア・パークでギターを弾いてた時に出会ったの。ライアンはお金を持ってなくて、ソルト・ウォーター・タフィーを入れてくれたのよ。

Salt water taffy -1883年の洪水で商品が全部塩水に
 つかってしまったので、Salt water taffy しかないと
 冗談で言ったのがきっかけ・・ってすごい古いものなんですね)


Joey: Hey, is that when you wrote 'Salt Water Taffy Man?
 ああ、それって、「ソルト・ウォーター・タフィー・マン」を作ったとき?

Phoebe: No. No, he is my submarine guy. He resurfaces like every couple years and we have the most amazing three days together. Only this time, he's coming for two weeks. Two whole weeks, which means "yay!"
 違うわ。彼は潜水艦の人よ。2年に一回陸にあがるの。その時は夢みたいな3日間を一緒に過ごすのよ。でも今回は、2週間いられるの。まるまる2週間よ。つまり、「いぇーい!」

Rachel: So wait, this guy goes down for like two years at a time?
 ちょっと待って、その人って、一回に2年も潜ってるの?

(チャンドラーが何か言いたくてマフィンのために言えず焦っている)
Monica: That'll teach you to lick my muffin.
 私のマフィンをなめるとそういうことになるのよ。

(ロスが来る)
Ross: Hi.
 ハーイ・・。

Joey: Oh, no, what happened?
 なんだ、どうしたんだ?

Ross: Well, I just spoke to Carol. Ben's got the chicken pox.
 いまキャロルと話したんだけど、ベンが、チキン・ポックス(水ぼうそう)になったって。

All: Oh, no.
 あらら。

Ross: Yeah, so if you haven't already had it, chances are you're gonna get it.
 ああ。だから、君らでまだもしかかったことのない人がいたら、うつってるかも。

Rachel: Well, I've had it.
 かかったわ。

Joey: Yeah, I've had it.
 ああ、俺も。

Monica: Had it.
 私も。

Chandler: Had it.
 俺も。

Phoebe: Well, I've never had it, I feel so left out. . . Oh look!
 私はかかったことないわ。また仲間はずれ・・(腕を見て)あっ! 見て!

《モニカのベッドルーム》

Monica: Honey, you made the bed again. I told you, you don't have to do that. This isn't camp.
 まぁ、またベッドメイキングをしてくれたのね。してくれなくてもいいって言ったのに。キャンプじゃないんだから。

Richard: Ooh, then I guess the panty raid last night was totally uncalled for. Ok, I am going to take a shower and today I will be singing Jim Croche's "Leroy Brown."
 じゃあ昨日のパンティ狩りは予定外だったんだな。さぁ、シャワーを浴びてくるよ。今日歌う歌は、ジム・クローチの「リロイ・ブラウン」だ。

(panty raid = 男子学生が女子寮などからパンティを盗む)

(リチャードが出て行くとモニカはベッドを直し始める)
Richard: Monica... Hey, Mon, I have a question. Is Leroy the baddest man in the whole damn town or the fattest man in the whole damn town?
 (戻ってきて)モニカ・・(直していることを隠すモニカ)・・モン、聞きたいんだけど、リロイは街一番の"the baddest man" か “the fattest man" かどっち?



Monica: The baddest. Otherwise the song would be "Fat Fat Leroy Brown."
 "the baddest man"よ。そうでないと、歌が "Fat Fat Leroy Brown" になっちゃうわ。

Richard: What're you doing?
 何してるんだ?

Monica: Just waiting for you, sweetie.
 あなたを待ってるだけよ。

Richard: Are you remaking the bed?
 ベッドメイキングやり直してる?

Monica: I'm sorry, I'm sorry. You know what, the way you did it was just fine.
 ごめんなさい、ごめんなさい。あなたがやってくれたので全然いいのよ。

Richard: Then, you're redoing it because...
 それじゃ・・なんでやり直してるかっていうと・・?

Monica: If I tell you, you'll think I'm crazy.
 もし言ったら、頭おかしいって思われちゃうわ。

Richard: You're pretty much running that risk either way.
 もう既にかなりそのリスクはおかしてると思うよ。

Monica: Ok, you see, the duvet tag shouldn't be at the top left corner, it should be at the bottom right corner.
 わかった。このふとんのタグなんだけど、左上にあっちゃいけないの。これは右下にないと。

Richard: Oh, well, that's not so crazy.
 そうか。それなら、そうおかしくもないよ。

Monica: I'm just easing you in.
 徐々に慣らしていこうとしてるの。

Richard: Oh, alright.
 ああ、わかった。

Monica: Alright, you see these little flower blossoms? They should be facing up, not down, because, well, the head of the bed is where the sun would be. You don't love me any more, do you?
 いい? ほら、小さな花が咲いてるでしょ? これは、上向きに咲いてないといけないの。下向きじゃなくて。だって、ベッドの頭は太陽のある方でしょ。・・あなたもう私を愛してないわね?

Richard: Actually, if it's possible, I love you more.
 いや、これ以上ないくらい愛してるよ。

Monica: Really? Wow, well then, come on, I wanna show you how to fold the toilet paper into a point.
 ほんと? ワオ! じゃあ、来て。トイレットペーパーの先のたたみ方を教えるわ。

《チャンドラーのオフィス・ジョーイが来ている》

Chandler: Hey, look Joey, I'm just saying if you need something to hold you over, I can get you a job right here as an entry level processor.
 なぁ、ジョーイ。おまえ仕事が何か必要だったら、ここで入力担当の仕事をあげられるぞ。

(hold over = 続ける・持ち越す)

Joey: But don't you need experience for a job like that?
 だけどそんな仕事、経験がいるんじゃないのか?

Chandler: It's not that hard to learn. And as for people realizing you have no idea what you're doing, hey, you're an actor. Act like a processor, people will think you're a processor.
 そう難しいことじゃない。何のことかわかってないってみんなが気づくってことなら、おまえ俳優だろ、わかってるふりをしろ。みんな処理できるって思うから。

Scott: Hey, Chandler, here's this morning's projections.
 チャンドラー、今朝の予定表だ。

Chandler: Hey, thanks. Scott Alexander, Joey Tribbiani. Joey is a fellow processor.
 ああ、ありがと。スコット・アレキサンダー。こちらはジョーイ。ジョーイもプロセッサーなんだ。

Scott: No kidding.
 本当に?

Joey: Oh, yeah, yeah. I process. People want the processing, I'm the one they call.
 ああ。そうだ。処理するよ。処理してほしい時は、俺を呼んでってね。

Scott: Where do you work?
 どこで働いてるの?

Joey: Uhh, well, right now I'm in between things. You know how it is. One day you're processing, the next day you're not so much... processing any more.
 ああ、今は働いてないんだ。わかるだろ。ある日処理しているかと思ったら、翌日はもうしてなかったりする。

Chandler: I was just telling Joey about the opening in Fleischman's group.
 今ちょうどジョーイに、フライシュマンのグループに空きがあるって話をしてたんだ。

Scott: Fleischman's group. Whatever you do, don't touch his sandwiches. Ha-ha-ha...
 フライシュマンのグループね。あそこでは、彼のサンドイッチに触るなよ、ハハハ(出て行く)

Joey: Ha-ha. Are all you processors dorks?
 ハハハ・・・プロセッサーってみんなアホなの?

《モニカ達の部屋》

Rachel: Oh, this lipstick looks just great on you.
 ああ、もうこの口紅、あなたにピッタリよ。

Monica: You look fabulous honey, you really do.
 すごく素敵よ。本当に。

Phoebe: Yeah? Are you sure, really?
 そう。ほんとうに?(鏡を見る)

Rachel: You see, you look beautiful. For god sakes, dim the lights.
 ほら、きれいよ。(モニカに)頼むから明かり落として。

Phoebe: I, I, I'm hideous.
 私・・私・ひどい顔してるわ。

Monica: It's gonna be ok. Ryan's been under water. He's just gonna be so glad that you don't have barnacles on your butt.
 大丈夫よ。ライアンはずっと潜水してたんだもの。お尻にフジツボがついてないだけで嬉しいって。

《モニカ達の部屋をライアンがノックする》

Phoebe: Come in.
 入って。

Ryan: Hey baby, I'm back...
 やぁ、君、帰ってきたよ。

Phoebe: Hey, Ryan, what's up?
 (窓際でベールをかぶって座っている)ライアン、元気?

Ryan: What's going on?
 どうしたんだ?

Phoebe: Well, no no, you have to stay back. I, I have the pox.
 ええ・・ダメダメ、そこにいて。私、ポックスになっちゃったの。

Ryan: Chicken or small?
 チキン? スモール?

(small pox = 天然痘)

Phoebe: Chicken. Which is so ironic considering I'm a vegetarian.
 チキン。私はベジタリアンなのに皮肉だわ。

Ryan: Why aren't you at home in bed?
 なんで家で寝てない?

Phoebe: Because my grandmother's never had chicken pox. Please, please tell me you have, 'cause oh my God, I forgot how cute you are.
 おばあちゃんがかかったことないの。お願いお願い、あなたはかかったことあるって言って。ああもう、あなたってそんなにもキュートだったのよね。

Ryan: I'm sorry, I never had them.
 ごめん、かかったことないよ。

Phoebe: Oh, oh!
 ああ!

Ryan: If I had one wish, it would be to build a time machine, go back to when I was 7, when Jimmy Hauser had the chicken pox. I would grab that kid and rub him all over my face.
 一つ望みが叶うとしたら、タイムマシンを作って、ジミー・ハウザーが水ぼうそうにかかってた7歳の頃に戻って、あいつに顔をこすりつけるのに。

Phoebe: Yeah, or you know, you could just wish that I didn't have them now.
 っていうか、今私が治るように望みをかけてもらった方が速い気が。

Ryan: Can I please see your face?
 頼むよ、顔を見せてくれないか。

Phoebe: Nope. You don't want to see a face covered with pox.
 ダメよ。こんな水ぼうそうだらけの顔を見たくないわよ。

Ryan: Your face could be covered with lox, I wouldn't care.
 君の顔がたとえ lox(鮭薫製)まみれでもかまうもんか。

Phoebe: And you hate fish. Oh. That's so sweet, alright. Ok, alright, you can see. This is me... Oh, I am scary.
 あなた魚嫌いなのに! ああ、なんて優しいの。いいわ、わかった。見せるわ。これが私・・(ベールを取ると同時に雷・稲光、ライアンが悲鳴をあげる)ああ、私恐ろしいのね。

Ryan: Sorry, the lightning. Lightning was an unfortunate coincidence. You look lovely! Lovely!
 ごめん、稲妻だよ。稲妻が不幸な偶然となったのだ。君は美しいよ! 美しい!

Phoebe: I hate this. 'Cause I tell you, I had the most amazing two weeks planned for us, and almost everything I had in mind, we had to be a lot closer than this.
 こんなのイヤだわ。私本当に夢みたいな2週間にしようと思ってプランを立ててきたのよ。そのプランのどれも、みんな私達がもっと寄り添っているはずだったのに。

Ryan: Phoebe, I have spent the last eight months in a steel tube with men, thinking about this moment. I am not gonna let a bunch of itchy spots stand between us.
 フィービー、これまで鉄のチューブの中で男達と過ごしてきた8ヶ月の間、ずっとこの瞬間のことを考えてきたんだ。そんなかゆい点々なんかに邪魔されないぞ(キス)

Phoebe: Ok, this is the most romantic disease I've ever had.
 ああ、最高にロマンチックな病気だわ。

《チャンドラーのオフィス:ジョーイが来る》

Joey: Hey.
 やぁ。

Chandler: Hey, how's the first day going?
 やぁ。初日はどう?

Joey: Pretty good. It's like you said. It's mostly just putting numbers from one column into another column.
 調子いいよ。おまえの言った通りだった。こっちの列からあっちの列へ数字を入れていくだけだ。

Chandler: Well, there you go.
 ほらな。

Joey: Hey, and everybody is so nice. I just had a good talk with that lady with the red hair, Jeannie.
 それにみんないい人たちだよな。あの赤毛の人、ジーニーと話して楽しかったよ。

Chandler: Jeannie? The head of east coast operations, Jeannie?
 ジーニー? 西海岸運営部長のジーニー?

Joey: Yeah, turns out our kids go to the same school. Small world, huh?
 ああ。話してみたら、子供達が同じ学校に行ってるってわかったんだ。世間は狭いよな。

Chandler: Weird world. Your kids?
 おかしな世間だ。おまえの子供?

Joey: I figure my character has kids.
 俺のキャラは子供がいると思うんだ。

Chandler: You know, there isn't a part of that sentence I don't need explained.
 おまえの今の話ひとつもわからないんだけど。

Joey: Well, see when you're acting you need to think about stuff like that. My character, Joseph the processor guy, has two little girls, Ashley and Brittany. Ashley copies everything Brittany does.
 演技する時、そういうこと考えるんだよ。俺のキャラクター、プロセッサー・ジョセフは、2人女の子がいるんだ。アシュレイとブリタニー。アシュレイはブリタニーのすること全部まねるんだよ。

Chandler: Well, invisible kids can be that way sometimes.
 あぁ、見えない子供はそんなふうだよな。

Joey: Yeah. Joseph and his wife, Karen, are thinking of having a third kid... You know what? Just did.
 ああ。ジョセフと妻のカレンは、もう一人子供を持ってもいいと考えてるんだ。あ? ちょっと待て。今できたぞ。

Chandler: Really? Wow. That's some pretty powerful imaginary sperm you must have there.
 本当か? ワオ。おまえの想像上の精子ってパワフルだな。

《モニカ達の部屋:フィービーとライアンがモノポリー》

Ryan: You know what makes the itching even worse?
 かゆみをひどくするものが何かわかる?

Phoebe: That you don't stop talking about it?
 それについて話さないってのは?

Ryan: Fine.
 わかったよ。

Phoebe: Let's just play, ok. Good, ok. . . Here we go, double sixes, here we go... Here we go, come to mama, just getting ready to roll the dice...
 とにかくプレイしましょ。はい、いいわ。(さいころを取る)行くわよー6ふたつー行くわよー・・・(さいころで体をこする)行くわよー。ああもう・・さいころ転がすわよー。

Ryan: What're you doing? Are you scratching?
 何してる? かいてる?

Phoebe: No. This is what I do for luck, ok?
 いいえ。こうしてツキを呼んでるの。わかる?

Ryan: You're scratching. Give me the dice.
 かいてるんだ。さいころをくれ。

Phoebe: No.
 いやよ。

Ryan: Give me the dice.
 さいころをよこすんだ。

Phoebe: No. Here. [Throws them on the table.] There. Ooh, double sixes.
 いや。はい、(テーブルに投げる)ほら。あっ! 6ふたつ!

Ryan: We can't scratch. You know we can't, we'll scar.
 かいちゃダメなんだ。わかってるだろ、傷跡になる。

Phoebe: Uhh, I can't stop thinking about it. It's just so hard. I just wanna grab all these houses and rub them all over my body.
 ああ、それしか考えられない! ほんと無理だわ。その家とか全部つかんで体中にこすりつけたいわ。

Ryan: No.
 ダメだよ。

Phoebe: Give it.
 ちょうだい。

Ryan: No.
 ダメだ。

Phoebe: Yeah, come on. You know you want it, you know you want it too, come on. Let's just be bad, it'll feel so good.
 いいじゃん。自分だってそうしたいくせに。そうしたいでしょ、ほら。悪い子になりましょ。気持ちいいわよ。

Ryan: Oh, God help me.
 ああ、神様、助けて。

Phoebe: Now, do me, do my back. Oh come on, harder.
 ほら、私にもやって、私の背中、ほら、もっと強く!

(2人で背中を合わせてかき始めると、そこへロスとレイチェル)

Rachel: Oh, stop that, stop that right now.
 まぁ! やめなさい。すぐにやめて!

Ross: You know, I might have expected this of you Phoebe, but Ryan, you're a military man.
 フィービーはやっちゃうかもって思ってたけど、ライアン、君は海軍なのに。

《チャンドラーの勤め先》

Joey: You and Milton have to join us on the boat. Karen'll pack a lunch, you'll bring the kids, we'll make a day of it.
 あなたとミルトンとで、僕のヨットに来てくださいよ。カレンがランチを通りますから、お子さんも連れてくるといい。

Jeannie: Oh, that sounds lovely. We're gonna have to set that up. Oh, I better get back. Hope the baby feels better.
 まぁ、それは素敵ね。ぜひそうしましょう。あ、私戻らないと。赤ちゃんの具合よくなるといいわね。

Joey: Oh, thanks, thanks. Bye bye Jeannie.
 ああ、ありがと、ありがとう、どうも、ジーニー。

Jeannie: Bye bye, Joey.
 バイバイ、ジョーイ。

Joey: What a phony.
 (チャンドラーに)ウソ八百。

Chandler: Well, I'm sure you'll teach her a lesson when she steps off the dock onto nothing. Hey, Mr. Douglas.
 彼女も、ドックから見えない船に乗った瞬間に学ぶだろうよ。ああ、ダグラスさん。どうも。

Joey: Sir.
 どうも。

Mr. Douglas: Uh, listen Bing, I received your memo. So, we're not gonna receive the systems report until next Friday?
 なぁ、ビング。君のメモを見たが、今度の金曜日までレポートを出せないって?

Chandler: Well, the people in my group wanna spend the holiday weekend with their families.
 ええ、私のグルームの者達は週末を家族と過ごしたいんですよ。

Mr. Douglas: I have a family, I'm gonna be here.
 私にも家族はいるが、私はここで過ごすぞ。

Joey: Yeah, Bing, what's that about?
 そうだぞ、ビング。なんなんだ?

Chandler: It's about cutting my people a little slack, you know, for morale. Look, if you wanna see some rough numbers, I can get them to you by Wednesday.
 部下達にも少しは余裕がないと、ほら、士気が下がりますから。もしご希望でしたら、水曜日までにだいたいの数字をご報告します。

Mr. Douglas: Rough numbers?
 だいたいの数字?

Joey: This company was not built on rough numbers. Am I right, Mr. Douglas?
 この会社はだいたいの数字でできたわけじゃないよ。そうですよね、ダグラスさん?

Mr. Douglas: Have the final numbers on my desk by Tuesday.
 きちんとした数字を火曜日までに提出したまえ。(立ち去る)

Chandler: If you say so, sir.
 そうおっしゃるなら、かしこまりました。

Joey: Joseph's good, isn't he?
 ジョセフってできる奴だよな。

Chandler: Well, I'm going to kill you.
 殺してやる。

Joey: Hey, hey, I just figured Joseph's the kind of guy that likes to mix it up. You know, get in there, ruffle some feathers.
 おい、俺はただ、ジョセフはこんなふうに引っかき回す奴だと思うんだよ。ほら、入り込んで、羽を逆立てるみたいな。

Chandler: Why?
 なんで?!

Joey: Look, I'm sorry, but that's what Joseph does, ok? If you try to pull something, he'll call you on it. 'What're you trying to pull,' he'll say.
 悪いけど、ジョセフってそういう奴なんだよ。なんか横から引っ張ってほしかったら呼ばれるような奴だ。「何を引っ張ってほしいんだ?」ってな。

《モニカのベッドルーム:ダクトテープを持ってくるモニカ》

Richard: Ooh, duct tape. Was I supposed to bring something too?
 おお、ダクトテープね。僕も何か持ってくるべきだった?

Monica: This is for the scratchy twins out there. I taped oven mitts to their hands.
 これはかゆい2人のためよ。2人の手にナベつかみミトンを止めたの。

Richard: You're strict.
 厳しいね。

Monica: It's for their own good.
 2人のためよ。

Richard: You know, I like the way you have efficiently folded this tab under. See, in a tape emergency you could shave valuable seconds off your time.
 そうやって切った端を効率よくとめておくところがいいよね。急にテープが必要になった時、貴重な時間を節約できる。

Monica: Exactly. Oh, I love that I can be totally neurotic around you now. Tell me the truth. Don't you like it better now that everything on your desk is perpendicular?
 その通りよ! あなたのそばでは細かいままでいられて嬉しいわ。本当のこと言って。机の上のものはみんな直角じゃないとイヤじゃない?

Richard: If it's not a right angle, it is a wrong angle.
 正しい角度でなければ、それは間違った角度ということだ。

Monica: Very good.
 大変よろしい。

Richard: Thank you.
 ありがとう。

Monica: You know what. Tomorrow I'm gonna do your clocks.
 ねぇ、明日あなたの時計を直すわ。

Richard: You're gonna do what to my clocks.
 僕の時計をどうするって?

Monica: I'm gonna set them to my time.
 あなたの時計を私の時間に合わせるのよ。

Richard: Well, I'm confused. I thought we shared time.
 わからないな。僕ら同じ時間を分かち合ってるかと思ってたよ。

Monica: No no. See, in my bedroom I set my clock six minutes fast. You wanna know why?
 違うの。ほら、私のベッドルームの時間は6分進んでるのよ。どうしてか知りたい?

Richard: Because it's in a slightly different time zone than the kitchen.
 それは・・キッチンとは時間がちょっとずれてるから?

Monica: No, forget it, I'm not gonna tell you now.
 違うわ。もういい。もう言わない。

Richard: No, come on. Come on, tell me.
 なんだよ。いいから言って。

Monica: No. See, you don't understand.
 いやよ。あなたにはわからないわ。

Richard: Come on.
 そう言わずに。

Monica: No. You don't have any of these cute little obsessive things.
 いやよ。あなたは何かちっちゃいことにこだわりがないのよね。

Richard: No, that's not true. That is not true.
 いや、そんなことないよ。それは違う。

Monica: Oh, yeah?
 あらそう?

Richard: Yeah.
 ああ。

Monica: Alright, well tell me one of yours.
 いいわ、じゃあ言ってみて。

Richard: Ok. Ahh! One of my things is, I always separate my sweat socks from my dress socks.
 よし。そうだ。僕のこだわりは、いつも普通のソックスをおしゃれソックスと分ける。

Monica: What if they get mixed up?
 もしそれが混ざっちゃったら?

Richard: Boy, I would just uh, I would freak out.
 おお、そりゃもうパニックだよ。

Monica: You would not. I can't believe this. I hate this, you're too normal. I can't believe my boyfriend doesn't have a thing. My boyfriend doesn't have a thing.
 ウソよ。信じられない。イヤだわ。あなたって普通過ぎるわ。私のボーイフレンドには何もない。私のボーイフレンドにはこれってものがない。

Richard: See, if anyone overheard that, I didn't come off well.
 ちょっと。今の誰かに聞かれたら、僕は立ち場が悪いよ。

《チャンドラーのオフィス:居眠りしてるところへジョーイ》

Joey: Hey. Mr. Douglas is looking for you.
 おい、ダグラスさんがおまえを探してるぞ。

Chandler: Why? Wh- wh- why is Mr. Douglas looking for me?
 なんで? なんで? なんでダグラスさんが俺を探す?

Joey: 'Cause he has a strong suspicion that you dropped the ball on the Lender project.
 それは、おまえがレンダープロジェクトで失敗したんじゃないかって、かなり疑ってるからだ。

Chandler: Wha- wh- why, why, why does he suspect that?
 な・な・な・・なんで俺を疑うんだ?

Joey: Because at first, he thought it was Joseph. But after he asked Joseph about it, turns out it was you. Anyway, I just thought you should know.
 それはだな、最初はジョセフだと思ったんだけど、ジョセフに聞いてみた結果、おまえだってことになったんだ。とにかく、知っといた方がいいと思ってさ。

Chandler: Alright, that's it. Look, Joey, I'm sorry, I realize this is the role of a lifetime for ya, and if I could just fire Joseph, I would, but unfortunately that's not possible so I'm gonna have to let both of you go.
 もういい。これまでだ。いいかジョーイ。これはおまえにとって一生の役かもしれないけどな、ジョセフをクビにしたいと思うから、悪いけどおまえももうクビだ。

Joey: What're you talking about, everybody loves Joseph.
 何を言ってるんだよ。みんなジョセフを好きなのに。

Chandler: I don't, I hate Joseph, ok? I think he's a brown-nosing suck up.
 俺は違う。俺はジョセフが嫌いだ。いいか? 俺は奴はいやらしいごますり男だと思うよ。

Joey: Oh, yeah? Well, you can't fire Joseph. You know why? 'Cause he's not in your department.
 ああそうかい。でもジョセフをクビにはできないぞ。俺はおまえの部署の人間じゃないんだ。

Chandler: Alright, ok, alright. So I can't fire Joseph but uh, I can sleep with his wife.
 よし、いいぞ、わかった。ジョセフをクビにはできないが・・奴の妻と寝ることはできるぞ。

Joey: Not Karen.
 まさかカレンと・・。

Chandler: Yeah, Karen. I'm thinking about having an affair with her. Oh, you know what? I just did.
 ああ、カレンとだ。彼女と不倫するんだ。あ、ちょっと待て。今、したぞ。

Joey: Ahh. What the hell are you doing to me, man?
 なんてこと・・。いったい俺に何てことしてくれるんだよ?

Chandler: Oh, well, it's not me, it's my character, Chandie. Yeah, the rogue processor who seduces his co-worker's wives for sport. And then laughs about it the next day at the water cooler. In fact, I have her panties right there in my drawer.
 俺がやったんじゃない、俺のキャラクターだよ。チャンディーだ。ひどいプロセッサーで同僚の妻をくどいて楽しむんだ。そして翌日給水機の前でそれを笑ってるのさ。実は、この引き出しに彼女のパンティを隠し持ってるんだぞ。

Joey: Really?
 ほんとに?!

Chandler: No, freak show, she's fictional!
 ウソだ。アホか。彼女は架空の人物だ!

Joey: Take it easy. If it means that much to you, I'll uh, I'll go find something else.
 落ち着いてくれよ。そんなに大事なことだっていうなら、俺、どっか他探すよ。

Chandler: Thank you.
 ありがと。

Joey: It's just that, I, I'm gonna miss Joseph. I liked him. His wife, she was hot.
 ただ、ジョセフが恋しくなると思うよ・・好きだったんだ。彼の妻も・・本当にセクシーで・・(チャンドラーが無理矢理追い出す)

《モニカ達の部屋:かゆい2人はミトンを固定されている》

Phoebe: Please take these off? I swear I won't scratch.
 これ取ってくれない? かかないって誓うわ。

Rachel: No, sorry, hon, Monica's orders.
 ダメよ。ごめんね。モニカに言われてるの。

Ryan: Well, that wasn't easy.
 (バスルームから出てくる)これは難しかった。。

Ross: Ok, dinner's on.
 さぁ、ディナーの用意できましたよ。

Rachel: And there's a peach cobbler warming in the oven so the plate's gonna be hot but that shouldn't be a problem for you.
 あと、ピーチコブラーがオーブンで暖まってるからね。お皿が熱いから・・っていうのはあなた達には問題じゃないわね。

(cobbler = フルーツパイ)

Ross: Alright, you kids, bye now.
 じゃ、君たち、またね。

Phoebe and Ryan: Bye.
 バーイ。

Ross: Oh, look, a low budget puppet show.
 あっ、見て。低予算のパペットショーだよ。

Phoebe: It's such a shame you can't see what finger I'm holding up.
 残念ね。どの指をあげてるか見えないでしょ。

(ロスとレイチェルは出て行く)
Ryan: Wine?
 ワイン?

Phoebe: Please.
 お願い。

Ryan: Oh, I spilled some.
 あ、こぼしちゃった。

Phoebe: I got it.
 まかせて(ミトンで拭く)

Ryan: I must tell you, you look beautiful tonight.
 (ミトンの手でフィービーの顔をはさんで)まったく今夜の君は美しいよ。

Phoebe: What?
 なに?(聞こえない)

Ryan: Sorry. You look beautiful.
 ごめん。君きれいだよ。

Phoebe: Oh. . . . You know what, that's it, that's it.
 おお。(2人はキスを始める)ね、もういい。もうたくさんよ。

(2人ミトンを外して互いをかき始める。ロスが戻ってきたが、あきらめて黙って出て行く)

《モニカのベッドルーム》

Richard: Monica, wake up. Monica.
 モニカ、起きて。モニカ。

Monica: What's up?
 なに?

Richard: I thought of a thing.
 見つけた、こだわり。

Monica: Yeah?
 ほんと?

Richard: Yeah. I have to sleep, have to, on this side of the bed.
 ほんと。僕は、どうしても、ベッドのこっち側で寝ないといけない。

Monica: No, honey. You have to sleep on this side of the bed because I have to sleep on this side of the bed.
 違うわよ。あなたがそっち側で寝なきゃいけないのは、私がこっち側で寝ないといけないからよ。

Richard: Or so I would have you believe.
 または、僕がそう思わせているか。

Monica: No. Big deal, so you have a side of the bed, everybody has a side of the bed.
 そんな。そっち側で寝なきゃいけなくても、大したことじゃないわ。誰でもどっちかで寝るのよ。

Richard: Hey, come on, you haven't heard my reason yet.
 そうじゃないって。まだ僕の理由聞いてないじゃないか。

Monica: Alright, go on.
 わかったわ。なに?

Richard: Ok, I have to sleep on the west side because I grew up in California and otherwise the ocean would be on the wrong side.
 いいかい、僕は西側で寝ないといけない。なぜなら、僕はカルフォルニアで育ったからね。こっちで寝ないと、海が違う方向になってしまう。

Monica: Oh, my God, you're a freak.
 あらまぁ。あなたもおかしいわね。

Richard: Yeah. How about that?
 ああ、そうだろう?

《セントラルパーク:ライアンが白いユニフォーム姿》

Rachel: So uh, Ryan, were you shipping off to?
 それで、ライアン、この後どこへ向かうの?

Ryan: I really can't say.
 それは言えない。

Ross: So do you have any like nuclear weapons on board?
 船に核兵器を積んでるの?

Ryan: I can't say.
 言えない。

Rachel: Well, do you get to look through one of those like, those periscope thingys?
 それじゃ、あなたたちって、あの潜望鏡ってやつで外を見るの?

Ryan: I'm sorry, but I can't say.
 悪いが、言えない。

Ross: Wow, it's neat learning about submarines.
 ワオ。潜水艦について学ぶってすごいな。

Ryan: I better get out of here, I'm gonna miss my flight.
 もう行かないと、フライトを逃してしまう。
 
Phoebe: Ok, I'll walk you out.
 わかったわ。送ってく。

Ross: Bye, Ryan.
 バイ、ライアン。

Ryan: Pleasure.
 会えてよかった。

Rachel: It was nice to meet you.
 会えてよかったわ。

Ryan: Take care.
 気をつけて。(フィービーと出て行く)

Rachel: So do you think we can get you one of those uniform things?
 ねぇ、ああいうユニフォーム手に入るかしら?

Ross: You like that, do ya?
 好きなんだね?

Rachel: Oh, yeah.
 ええ、それはもう。

Ross: I'll make some calls.
 電話かけてくる(走っていく)

Rachel: Ok.
 オッケー。

(外のライアンとフィービー)

Ryan: Can you believe how we spent our two weeks together?
 2週間もあんなふうに一緒に過ごしたって信じられる?

Phoebe: I know. We didn't do any of the romantic things I had planned, like having a picnic at Central Park and you know, coffee at Central Perk. Oh I just got that.
 本当ね。私が計画したロマンティックなことは何もできなかったわ。セントラルパークでピクニックとか・・セントラルパークでコーヒーとか・・あ、それは今できたわね。

Ryan: Taxi.
 タクシー。

Phoebe: Bye, you.
 バーイ。

《セントラルパーク・閉店。白い制服のロスが来る》

Rachel: Oh I'm sorry, we're clo-... Hey, sailor.
 すみません、もう閉店・・ハーイ、セーラーさん。

Ross: Is this what you had in mind?
 これが欲しかった?

Rachel: I'll say.
 どうかしら。

(ロスがレイチェルを抱き上げる)
Ross: I'm shipping out tomorrow.
 明日出航なんだ。

Rachel: Well then, we better make this night count. . . . Oh wait, I forgot to turn off the cappuccino machine. . . Anchors aweigh. Oh, wait, wait! My purse, my purse, my purse, my purse, my purse, my purse. . . . Oh, you know what. I forgot to turn off the bathroom light.
 ま、それじゃ今夜を大事にしなくちゃ。・・あっ、待って。カプチーノマシンのスイッチを切るの忘れてたわ。(ロスが抱いて戻る)錨は上がった・・あっ、待って待って、バッグバッグ私のバッグ!!(ロスが抱いて戻る)あっ、ねぇ、バスルームの明かり消すの忘れてたわ。

Ross: Alright, you know, why don't I just meet you upstairs.
 そうだ、いい? 上で会おう。(レイチェルをカウチにおろして立ち去る)

Rachel: Honey!
 ロスったらぁ!



にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村


英語 ブログランキングへ
posted by らんち at 01:27| Comment(0) | Season2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。