2013年06月25日

2-22 The One With the Two Parties

2-22 パーティふたつの話

 ☆ダブル・パーティー騒動☆

《Moondance:レイチェル以外の5人》

Monica: So, I'll get candles and my mom's lace tablecloth, and since it's Rachel's birthday, I mean, we want it to be special, I thought I'd poach a salmon.
 それで、私はキャンドルとママのレースのテーブルクロスを用意するわね。レイチェルのバースデーだもん、特別なものにしたいから、ポーチド・サーモンにしようと思って。

poached_salmon_fillet_what_wine.jpg

All: Ohhh.
 ああ・・

Monica: What?
 何よ?

Ross: Question. Why do we always have to have parties where you poach things?
 質問。なんでいつも僕らのパーティ料理って、ゆでた何かなの?

Monica: You wanna be in charge of the food committee?
 料理委員会に加わりたいの?

Ross: Question two. Why do we always have to have parties with committees?
 質問2。なんで僕らのパーティはいつも料理委員会を持たないといけないの?

Joey: Really. Why can't we just get some pizzas and get some beers and have fun?
 そうだよ。ただピザとかビールを用意して楽しむってのじゃダメ?

Ross: Yeah.
 そうだよな。

Phoebe: Yeah, I agree. You know, I think fancy parties are only fun if you're fancy on the inside and I'm just not sure we are.
 賛成よ。おしゃれなパーティは、おしゃれな気分でないと楽しくないと思うんだけど、私たち、そういう気分じゃないような気がするわ。

Monica: Alright. If you guys don't want it to be special, fine. You can throw any kind of party you want. . . . Joey, they're not real. I start miles beneath the surface of these things, ok? They're fake. See? honk honk.
 わかったわよ。特別なパーティにしなくていいんなら、いいわ。好きにしたらいいわよ。(ジョーイが胸を見つめるので)ジョーイ、これは本物じゃないのよ。本物はこれのずーっと下の方にあるの。わかる? これはニセモノ。ほら、(ニセおっぱいをつまむ)パフパフ。

Chandler: Wow, it's, it's like porno for clowns.
 ワオ! ピエロのポルノみたい。

clownNose.jpg
(ピエロの赤い鼻をつまむと鳴る音→ honk honk
 写真はAmazon.com で3ドル99)


《セントラルパーク:レイチェル以外の5人》

Ross: I talked to Rachel's sisters, neither of them can come.
 レイチェルの妹達に聞いたら、どちらも来られないって。

Monica: Ok, um so, I still have to invite Dillon and Emma and Shannon Cooper.
 わかった。それじゃ、ディロンとエマとシャノン・クーパーは呼ぶわね。

Joey: Woah, woah, woah, uh, no Shannon Cooper.
 ダメダメダメ。シャノン・クーパーはダメだよ。

Phoebe: Why not her?
 なんで?

Joey: Cause she uh, she steals stuff.
 あー・・彼女、物を盗むからさ。

Chandler: Or maybe she doesn't steal stuff and Joey just slept with her and never called her back.
 ジョーイが寝て二度と電話かけないってことがなければ、盗まないかもな。

Monica: Joey, that is horrible.
 ジョーイ、ひどいわ。

Joey: Hey, I liked her, alright. Maybe, maybe too much. I don't know, I guess I just got scared.
 いや、彼女好きだったんだよ。もしかしたら、好き過ぎて・・何ていうか、怖くなってしまって・・。

Phoebe: I'm sorry, I didn't know.
 知らなかったわ。ごめんね。

Joey: I didn't think anyone'd buy that, ok.
 まさか本気にするとは思わなかったよ。いいね。

(レイチェルが来る)
Ross: Hi, honey, how did it go?
 やぁ、どうだった?

Rachel: Agh, it was the graduation from hell.
 うーっ。地獄の卒業式だったわ。

Chandler: You know, my cousin went to hell on a football scholarship.
 俺のイトコはフットボールの奨学金で地獄へ行ったよ。

Rachel: You know, I mean, this is supposed to be a joyous occasion. My sister's graduating from college. Nobody thought she would. It's a true testament to what a girl from Long Island would do for a Celica.
 だってね、これって楽しい出来事のはずでしょ。私の妹の大学卒業よ。卒業するとは誰も思わなかったわ。ロングアイランドの女の子でも、セリカのためならここまでできるっていう証になったわね。

Monica: So what happened?
 それで何があったの?

Rachel: My parents happened. All they had to do was sit in the same stadium, smile proudly, and not talk about the divorce. But no! They got into a huge fight in the middle of the commencement address. Bishop Tutu actually had to stop and shush them. But you know what, you know what the good news is? I get to serve coffee for the next 8 hours.
 私の両親よ。同じ場所に座って、誇らしげに微笑んで、離婚の話はしない、ただそれだけでいいのよ。でもダメ。卒業スピーチの最中に大げんかになっちゃって。ビショップ・チュチュが、中断してシーって言ったのよ。でも、うれしいことがあるのよね? これから8時間ここでコーヒーついでるのよ。(仕事に入る)

Phoebe: Ok, so I guess we don't invite her parents.
 それじゃ、両親は呼ばないってことね。

Monica: Well, how about just her mom?
 でもまぁ、おかあさんだけ呼ぶってのはどう?

Chandler: Why her mom?
 なんでおかあさん?

Monica: Cause I already invited her.
 だってもう呼んじゃった。

Phoebe: Ooh, ooh, did you ask Stacy Roth?
 そうそう、ステイシー・ルースは呼んだ?

Joey: Oh no, can't invite her. . . She also steals.
 あ、ダメ、彼女もダメだよ。・・彼女も盗むぞ。

《モニカの部屋:パーティの準備中》

Phoebe: Ok, here are the birthday candles. Where's the birthday cake?
 はい、バースデーキャンドルよ。バースデーケーキはどこ?

Monica: Ok, we're not having birthday cake, we're having birthday flan.
 バースデーケーキはないのよ。今回は、バースデー・フランなの。

Chandler: Excuse me?
 なにって?

Monica: It's a traditional Mexican custard dessert.
 これはメキシコの伝統的なカスタードデザートなの。

Joey: Oh, that's nice. Happy birthday Rachel, here's some goo!
 ああ、これはいいね。ハッピーバースデー、レイチェル! ほら、ネバッ!

(goo = 甘くてねばつくもの)

(ノックの音)
Monica: Dr. Greene! Oh, my God, it's Rachel's dad. What're you doing here?
 (ドアを開けて)ドクター・グリーン! まぁ驚いた、レイチェルのおとうさん。どうなさったの?

Mr. Greene: What? The father can't drop by to see the daughter on her birthday?
 え? 娘の誕生日に父親が寄ってはいけないかね?

Monica: No no, the father can, but um, since I am the roommate I can tell you that she's not here and I'll pass along the message, ok. So bye-bye.
 いえいえ。お父様はできます。ただ、私ルームメイトとして申し上げられるのは、彼女留守なんですよ。メッセージお伝えしますね。それじゃ。

Mr. Greene: Oh, you're having a party!
 おお! パーティを開くんだな。

Monica: No, no, not a party. Just a surprise gathering of some people Rachel knows. This is Phoebe and Chandler and Joey.
 いえいえ。パーティじゃないんですよ。ただ、驚かせるためにレイチェルの知りあいが集まってるだけです。こちらフィービー、チャンドラーに、ジョーイです。

Mr. Greene: I'll never remember all of that. So uh, what's the deal? Rachel comes home, people pop out and yell stuff, is that it?
 どうせ覚えられないから。それで、どういうことになるんだ? レイチェルが帰ってきたら、みんなで飛び出して叫んだりするってやつ?

Chandler: This isn't your first surprise party, is it, sir?
 サプライズパーティは初めてじゃないようですね?

(ノックの音でモニカがドアを開ける)
Mrs. Greene: Hi, Monica.
 ハーイ、モニカ。

(モニカ思わずドアを閉めてしまう)
Monica: Chinese menu guy. Forgot the menus.
 (レイチェルパパに)チャイニーズフードの人です。メニュー忘れて。

Chandler: So, basically, just a Chinese guy.
 そう、ほんと、ただのチャイニーズの人。

Joey: Uh, hey, Dr. Greene, why don't you come with me, we'll put your jacket on Rachel's bed.
 あ、そうだ、ドクター・グリーン、こちらへ来て、一緒にジャケットをレイチェルの部屋に置きましょうよ。

Mr. Greene: Alright, that sounds like a two person job.
 そうだな。確かにそれは2人でする仕事だよな。

Mrs. Greene: Well, my goodness, what was that?
 もう、いったい何だったの?

Monica: Sandra, I am so sorry, I thought you were Rachel and we just weren't ready for you yet.
 サンドラ、ごめんなさい。レイチェルかと思ったもんですから。まだ準備ができてなくて。

Mrs. Greene: You thought I was Rachel?
 私がレイチェルだと思ったの?

Chandler: Yes, because uh, you look so young.
 ええ、とってもお若いから。

Phoebe: And because you're both, you know, white women.
 それに2人とも・・ほら、白人女性だし。

Mrs. Greene: Oh, I missed you kids. Well, should I put my coat in the bedroom?
 ああ、みんな久しぶりね。それで私のコートはベッドルームに置けばいいかしら?

Chandler: NO! No, I'll take that for ya.
 いえ! いえ、僕がやりますよ。

Mrs. Greene: Oh, well, thank you. Such a gentleman. Thank you. Ah, it all looks so nice, so festive, all the balloons... The funniest thing happened to me on the way here. I was...
 あらまぁ、ありがとう。紳士なのね。ありがとう。もう、とっても素敵ね、お祝いぽくて、風船とか・・。ここへ来る途中、すごくおかしなことがあってね。私・・(レイチェル父がベッドルームから出て来ようとする)

Phoebe: Ha-ha, that's great, ha-ha. I can't wait to hear the rest of it, you know, but I really have to go to the bathroom. So... Hey, come with me. Yeah, yeah, it'll be like we're gal pals, you know, like at a restaurant. Oh, it'll be fun, come on.
 ハハハ! 面白いわ。続きを聞きたいんだけど、ほら、トイレにも行きたいのよね。だから・・・そうだ、一緒に行きましょうよ。そうよそうよ。ほら、レストランに来た女友達って感じで。楽しいわ。行きましょう。(バスルームへ連れて行く)

Monica: Oh, my God, oh, my God, oh, my God.
 オーマイゴッド、オーマイゴッド、オーマイゴッド!

Chandler: Ok, think, what would Jack and Chrissy do?
 よし、考えるんだ! こんな時、ドラマのジャックとクリッシーならどうする?

(ジャックとクリっシーはThree's Company というドラマの
 登場人物。いつもこんなドタバタがあったのでしょうね。)


Joey: Ok, now that your coat is safely in the bedr-, Oh, ok we can come back out in the living room.
 さぁ、これでコートは安全にベッドルー・・(覗いて確かめる)ああ、大丈夫、リビングルームへ出られますよ。

Monica: So uh, Joey and Chandler, I, I think it's time that you take Dr. Greene over to your place.
 それじゃ・・ジョーイとチャンドラー、えっと、そろそろ、ドクター・グリーンをあなた達の部屋へお連れした方がいいんじゃない?

Chandler: Yes, absolutely, um. Why again?
 そう、まったくその通りだ。・・なんで?

Monica: Because that's where the party is, you goon. See, this is just the staging area.
 だってあの部屋がパーティ会場でしょう、おばかさんね。ほら、ここは準備室でしょ。

Joey: Right ,this is staging.
 そう、ここは準備する部屋。

Chandler: Yeah, this more than anything else, is the staging area.
 そうそう。他のなにものでもなく、準備室。

Joey: This is clearly in the wrong apartment.
 これは間違いなく部屋間違いですよ。(出て行く)

《部屋の前の廊下》

Chandler: Alright, you guys are off to party number one. . . And you, you are off to party number two. . . Alright, fellas, let's keep it moving, let' keep it moving.
 よし、君たちはパーティ会場1(男性、モニカ達の部屋へ)、そして君たちはパーティ会場2(女性達、チャンドラー達の部屋へ。それに男性が続こうとすると)はいはい、君たち、行って行って(モニカ達の部屋へ)

Monica: Chandler, could you at least send some women to my party? . . . Alright, that's Ross.
 チャンドラー、こっちへも少しは女性を送ってくれない? (ブザーの音)あれはロスよ。

Chandler: Ok, they're coming, shhh.
 よし、来るぞ。シーッ!(モニカ達の部屋から女の子を連れてくる)

(ロスとレイチェル)
Rachel: Ohh, thank you for the wonderful dinner.
 ああ、素敵なディナーをありがとう。

Ross: Thanks for being born.
 生まれてきてくれてありがとう。

Rachel: Ohh, thank you for my beautiful earrings. They're perfect. I love you.
 かわいいイヤリングありがとう。あれは完璧よ。愛してる。

Ross: Oh, now, you can exchange them if you want, ok?
 ああ、もし交換したかったらしてもいいんだよ。いいね?

Rachel: Now, I love you even more.
 今のでもっと好きになったわ。

(2人でモニカ達の部屋に入る)
All: Surprise!
 サブラーイズ!

Rachel: Oh my gosh, wow. Monica. Oh, my God. Mom! This is so great.
 まぁ驚いた! ワオ! モニカ! びっくりしたわ。ママ! すごいわ!

Mrs. Greene: Happy birthday, sweetie.
 ハッピーバースデー、レイチェル。

Rachel: Wow, you, you. I had no idea.
 まぁ! 全然知らなかったわ。

Ross: Really?
 ほんと?

Rachel: No, I knew.
 ううん、わかってた。

Ross: All right.
 おっけー。

Monica: Ok, everybody, there's food and drinks on the table. Go across the hall.
 いい、みんな? 食べ物と飲み物はテーブルの上にあるわよ。(レイチェル達に)向かいの部屋に行って。

Ross&Rachel: What?
 え?

Monica: Right now, Joey and Chandler's, go now.
 すぐよ。ジョーイとチャンドラーの部屋に、すぐ行って。

Rachel: Why?
 なんで?

Monica: Just go.
 いいから行って。

Rachel: Weird.
 変なの。

(チャンドラー達の部屋に入る)
All: Surprise!
 サプラーイズ!

Mr. Greene: Happy birthday, sweet pea.
 ハッピーバースデー、レイチェル。

Rachel: Daddy!
 パパ!

《時間経過》
Rachel: Both of them are here, both of them, both of them are here?
 2人とも来てるの? 2人とも、ここに来ちゃってるの?

Chandler: Well, we could count again.
 なんならもう一回数えてみようか。

Rachel: I can't believe this is happening.
 こんなの信じられない。

Ross: You know what, this is ridiculous, ok. This is your birthday, this is your party. I say we just put them all together. And if they can't deal with it, who cares?
 ねぇ、こんなのバカげてるよ。君の誕生日なんだ。君のためのパーティだよ。一緒にしちゃえばいいんだよ。それであの2人がうまくいかなくても、誰が気にする?

Rachel: I do.
 私よ。

Ross: That's who.
 そうだよね。

Chandler: Look, are you gonna be ok?
 大丈夫か?

Rachel: Well, I have to be, I don't really have a choice, I mean, you know, I could look at the bright side, I get two birthday parties and two birthday cakes.
 ええ、そうしかないでしょう。選択の余地ないわよね。ま、いいように考えれば、二つパーティがあって、二つもバースデー・ケーキがあるのよね。

Chandler: Well, actually just one birthday flan.
 いや、実はひとつバースデー・フランがあるだけ。

Rachel: What?
 なに?

Chandler: It's a traditional Mexican custard dessert...Look, talk to Monica, she's on the food committee.
 伝統的なメキシコのデザートだって・・モニカに聞けよ。彼女が料理委員なんだから。

《時間経過:チャンドラーがバスルームから出てくる》

Chandler: Joey, Joey. Hey, some girl just walked up to me and said, 'I want you, Dennis,' and stuck her tongue down my throat. I love this party.
 ジョーイ、ジョーイ! 女の子がやってきて、「あなたが欲しいわ、デニス」だって。そして舌を入れてきたよ。このパーティ最高だな。

Joey: Quick volleyball question.
 ちょっとバレーボールの質問なんだけど。

Chandler: Volleyball.
 バレーボール?

Joey: Yeah, we set up a court in your room. Uh, you didn't really like that grey lamp, did you?
 ああ。バレーコートをおまえの部屋に作ったんだ。おまえ、あのグレイのランプ、そう好きじゃないよな?

Chandler: Joey, a woman just stuck her tongue down my throat. I'm not even listening to you.
 ジョーイ、女の子が舌を入れてきたんだ。おまえの話聞く気にもなれないよ。

Girl's voice: Dennis.
 デニース!

Chandler: Ok, that's me.
 あれ俺。(バスルームへ)

Rachel: Listen, honey, can you keep Dad occupied? I'm gonna go talk to Mom for a while.
 ねぇ、パパと話しててくれる? 私モニカ達の方へちょっと行ってくるから。

Ross: Ok, do you have any ideas for any openers?
 わかったよ。何を話したらいいかな?

Rachel: Uhh, let's just stay clear of 'I'm the guy that's doing you daughter' and you should be ok.
 そうね・・「あなたの娘とやってる男です」って言わなければ大丈夫よ。

《モニカ達の部屋》

Monica: Ok, people, I want you to take a piece of paper, here you go, and write down your most embarrassing memory. Oh, and I do ask that when you're not using the markers, you put the caps back on them because they will dry out.
 はい、みなさん! 紙を取って。いい? そして一番恥ずかしかった思い出を書いてね。それから、マーカーを使ってない時は、キャップをしてね。乾いちゃうからね。

《チャンドラー達の部屋》

Ross: Hi, Dr. Greene. So, how's everything in the uh.. vascular surgery....game?
 どうも、ドクター・グリーン。どうですか、血管外科・・的・・ゲームの方は?

Mr. Greene: It's not a game Ross, a woman died on my table today.
 ゲームじゃないぞ、ロス。今日の手術で女性が死んだんだ。

Ross: I'm sorry. See, that's the good thing about my job. All the dinosaurs on my table are already dead.
 失礼しました・・ほら、僕の仕事のいいところはそこなんですよ。僕の仕事では恐竜は既に死んでるから。

《モニカ達の部屋》

Monica: Listen you guys, I don't mean to be a pain about this but, um, I've noticed that some of you are just placing them on. You wanna push the caps until you hear them click. . . Gunther, where're you going?
 みんな聞いて。うるさく言いたくないんだけど、マーカーのキャップをきちんとしてない人がいるのよね。キャップは、この音がするまできちっと閉めてね。(カチッとやって見せていて、ガンターが出て行くのに気づく)ガンター! どこ行くの?

Gunther: I was sort of thinking about maybe...
 あっちへ行こうかなーなんて・・

Monica: No. No, you can't go. No, this is fun. Come on, we're just getting started. Here, here's your marker.
 ダメダメ、ダメよ。楽しいじゃん。いいじゃん。始めたばかりよ。ほら、はい、マーカー。

Phoebe: Listen, if you wanna go, just go.
 (ガンターにこっそり)ねぇ、もし行きたかったら、行きなさい。

Gunther: No, she'll yell at me again.
 いいよ。また怒鳴られるよ。

Phoebe: Alright, I can get you out.
 大丈夫。出してあげるから。

Gunther: What?
 え?

Phoebe: Shh. In a minute, I'm gonna create a diversion. When I do, walk quickly to the door and don't look back.
 シーっ。待ってて。気をそらせるから。そしたら、サッサと出てって振り向くな。

《チャンドラー達の部屋》

Mr. Greene: I think I need a drink.
 飲み物が欲しいな。

Ross: Oh, here, I'll get it for ya. What do you want?
 ああ、それなら僕が取ってきますよ。何がいいです?

Mr. Greene: Scotch.
 スコッチ。

Ross: Scotch. Alright, I'll be back in 10 seconds with your scotch on the rocks in a glass.
 スコッチね。わかりました。10秒でスコッチ・オン・ザ・ロックを持ってきますよ。

Mr. Greene: Neat!
 ニート!

Ross: Cool.
 クール!

Mr. Greene: No no no, no no no, neat, as in no rocks.
 違う違う違う違う、ニートだよ。ロックなしってこと。

Ross: I know.
 わかってますって。

《モニカ達の部屋》

Mr. Greene: Oh, hello, Ross, where have you been?
 あら、ロス、どこ行ってたの?

Ross: Hi. Uh, I have been in the bathroom. Stay clear of the salmon mousse.
 どうも。バスルームですよ。サーモン・ムースには手をださないようにね。

Mrs. Greene: Oh, scotch neat. You know, that's Rachel's father's drink.
 あら。スコッチ・ニートね。レイチェルの父親もそれを飲むのよ。

Ross: Oh, mine too. Isn't that neat, scotch neat. Would you excuse me? . . . Hey, hey, where you sneaking off to, mister?
 おや、僕もですよ。スコッチ・ニートなんて小粋ですよね。失礼しますね?(部屋を出ると廊下でレイチェル父に出くわす)おやおや、どこへ行かれるんです?

Mr. Greene: I'm getting my cigarettes out of my jacket.
 ジャケットのタバコを取って来るんだ。

Ross: No. no.
 ダメですよ。

Mr. Greene: What do you mean no?
 ダメとはどういうことだ?

Ross: No, um, see, 'cause that, that is, that is the staging area. If you go in there, it'll ruin the whole illusion of the party. Yeah, I think you take your scotch back in there and I will get your cigarettes for you, sir.
 いや、ほら、こちらは準備室ですからね。入っていったら、このパーティの楽しさが消えてしまいますよ。だから、スコッチを持って部屋へ行っててください。僕がタバコを取ってきますから。

Mr. Greene: Get my glasses, too.
 メガネも頼む。

Ross: All righty-roo. . . What a great moment to say that for the first time.
 かしこまりぃぃ。(独り言で)この言葉初めて使った・・こんな時に。

《モニカ達の部屋》

Monica: Ok, the first person's most embarrassing memory is, 'Monica, your party sucks.' Very funny.
 はい、恥ずかしい思い出、まず一人目は・・「モニカ、おまえのパーティ最悪」。おもしろいわね。

Phoebe: Oh no, ooh, ooh, did somebody forget to use a coaster?
 まぁ、ダメじゃん。コースター使わなかった人がいるわね?

Monica: What? . . . I don't see anything.
 なんですって? (走って見に行く。その間にガンターは出て行く)何もないじゃん。

Phoebe: Great, I'm seeing water rings, again.
 ああ、まただわ。輪っかの幻よ。

Mrs. Greene: Ross, whose glasses are those?
 ロス、そのメガネは誰の?

Ross: Mine.
 僕のですよ。

Mrs. Greene: You wear bifocals?
 あなた遠近両用を使うの?

Ross: Um-hmm. . I have a condition, apparently, that I require two different sets of focals.
 ええ。そうなんですよ。僕の目、二重焦点レンズが必要みたいなんですよ。

Mrs. Greene: Did you know my husband has glasses just like that?
 私の夫もほとんど同じのを持ってたって知ってる?

Rachel: Well, those are very popular frames.
 だってすごい人気のフレームなのよね。

Ross: Neil Sedaka wears them.
 ニール・セダカも使ってるよね。

Guy: I hear you can get people out of here.
 (フィービーに)君がここから出してくれるって聞いたんだが。

Mrs. Greene: Rachel, you didn't tell me your boyfriend smokes.
 レイチェル、ボーイフレンドがタバコ吸うなんて聞いてないわよ。

Rachel: Yeah, like a chimney.
 それが、吸うのよ。もう煙突みたい。

Ross: Oh, big smoker. Big big smoker. In fact, I'm gonna go out into the hallway and fire up this bad boy.
 もう紛れもなくスモーカーですよ。本当に。今から廊下に出てってこいつに火をつけるとこなんですよ。(廊下に出ると、レイチェル父がいる)

Mr. Greene: Are you wearing my glasses?
 私のメガネをかけているのか?

Ross: Yes. I was just warming up the earpieces for you.
 そうですよ。(メガネを渡す)ツルを暖めておきましたよ。

Mr. Greene: Thank you. Is that one of my cigarettes?
 どうも。それは私のタバコかね?

Ross: Yeah, yes, it is. I was just moistening the tip.
 (タバコを渡しながら)ええ、そうです。湿らせておきましたよ。

《モニカ達の部屋》

Phoebe: Ok, ok, she's taking the trash out, so I can get you out of here. But it has to be now, she'll be back any minute.
 いい? 今彼女はゴミを出しにいってるから、今のうちに出ていけるわ。もうすぐ戻ってくるから今しかダメよ。

Girl: What about my friend Victor?
 友達のビクターは?

Phoebe: No, only the three of you, any more than that and she'll get suspicious.
 ダメよ。あなたたち3人だけよ。それ以上だと彼女に怪しまれる。

Girl: Alright, let me just get my coat.
 わかったわ。コート取ってくる。

Phoebe: There isn't time. You must leave everything. They'll take care of you next door.
 時間がないのよ。みんなあきらめて。向こうの部屋でなんとかしてくれるわ。

Girl: Is it true they have beer?
 ビールがあるって本当?

Phoebe: Everything you've heard is true.
 言われていることはみんな本当よ。

《チャンドラー達の部屋》

Monica: Could you guys please try to keep it down? We're trying to start a Boggle tournament.
 あなた達、ちょっと抑えてくれない? パズルのトーナメント始めるとこなのに。
(チャンドラーとジョーイが大笑い)

boggle.jpg
Boggle = 言葉遊びゲーム)

Monica: You, and you! You're supposed to be at my party. And Gunther! What are you doing here?
 あなた! あなたも! あなた達、私のパーティの人達じゃないの。ガンターも! 何してるのよ?

Gunther: Um..
 (踊り続ける)

Phoebe: Ok, welcome to the fo...
 (3人を連れてくる)はい、どうぞ・・

Monica: Phoebe.
 フィービー!

Phoebe: Alright, I'm sorry but these people needed me. They work hard all week, it's Saturday night, they deserve to have a little fun. Go!
 もういい。悪いとは思うけど、この人達、私を必要としてるのよ。一週間一生懸命働いたのよ。土曜日の夜だもの、楽しむ権利があるわよ。(3人に)はい、行って!

Monica: You know, my party is fun. I mean, maybe it's a little quieter, less obvious sort of fun. But, you know, if people would just give it a chance...
 私のパーティだって楽しいわよ! ちょっと静かかもしれないけど、楽しさも違うかもしれないけど。でも、ちょっとみんなやってみれば・・(バレーボールが頭にぶつかる)

《モニカ達の部屋》

Rachel: You want me to see a therapist?
 セラピストに会えっていうの?

Mrs. Greene: Sweetheart, you obviously have a problem. You've chosen a boyfriend exactly like your father.
 そうよ、あなた明らかに問題を抱えてるわ。おとうさんそっくりのボーイフレンドを選んでるんですもの。

Rachel: Ok, Mom, you know what, fine, I'll make an appointment, ok? But you know what, right now, I gotta go, I gotta go do a thing.
 ママ、わかったわ。予約入れるわよ。でも、今はね、ちょっと向こうへいかないといけないのよ。

《チャンドラー達の部屋》

Mr. Greene: Did you know your mother spent $1200 dollars on bonsai trees. I felt like Gulliver around that place.
 おまえ、おかあさんが1200ドルも盆栽に使ったの知ってるか? あれがいっぱいあって、ガリバーになったような気分だぞ。

Rachel: Daddy, daddy, you know what, I really wanna hear more about this, I really do, but I just have, I just have to do a, some stuff.
 パパ、ねぇ、話の続きを聞きたいんだけど、本当にちょっとやらなきゃいけないことがあるのよね。

《モニカ達の部屋》

Mrs. Greene: You work and you work and you work at a marriage but all he cares about is his stupid boat.
 結婚生活をがんばってがんばって耐えてきて、あげくに彼が気にかけてることといったらあのバカなヨットだけなのよ。

《両親・・交互》

Mr. Greene: You work and you work and you work on a boat...
 がんばってがんばってヨットの手入れをして・・

Mrs. Greene: He always ridiculed my pottery classes...
 彼はいつも私の陶芸教室をバカにして・・

Mr. Greene: ...and you sand it and you varnish it...
 それから磨いて、上塗りをして・・

Mrs. Greene: ...but when all is said and done, he still drinks out of the mugs.
 でも言い尽くしてもやり尽くしても、結局彼はマグから飲むのよ。

Mr. Greene: …one night of her yoga and her Bridges of Madison County...
 ヨガをやったり、マディソン郡の橋を見たり・・

Mrs. Greene: ...the scotch and the cigarettes...
 スコッチとタバコが・・

Mr. Greene: ...and the bonsais and the chihuahua...
 盆栽とチワワと・・

Mrs. Greene: ...I may have only been in therapy for three weeks now dear but...
 まだ3週間しかセラピーに行ってないけど・・

Mr. Greene: ...what the hell does she want with half a boat...
 ヨット半分でいったい何をするっていうんだ・・

《廊下:レイチェルが床に座っていると、チャンドラーが女の子を追いかけて出てくる》

Chandler: Ok, ok, you can be shirts and I'll be skins. I'll be skins. . . Hey, how you holding up there, tiger? Oh, sorry, when my parents were getting divorced I got a lot of "tigers." Got a lot of "champs," "chiefs," "sports." I even got a "governor."
 君がシャツチームで僕が裸チームってことで見分けよう。僕が裸チームでいいから・・(女の子は行ってしまう)(レイチェルに)どう、頑張ってる、タイガー? ・・失敬、うちの両親が離婚した時、よくタイガーって言われたんだよ。「チャンプ」とか「チーフ」とかも言われたな。「知事」まで言われたことがあるよ。

(shirts and skins = チームで対戦する種類のゲームで、
 どちらのチームメンバーか簡単に見分けるための方法。
 女の子が加わると当然おかしな話になってくる)


Rachel: This is it, isn't it? I mean, this is what my life is gonna be like. My mom there, my dad there. Thanksgiving, Christmas. She gets the house, he's in some condo my sister's gonna decorate with wicker. Oh, Chandler how did you get through this?
 これなのね? これからはずっと、こんなふうになっちゃうのね? ママがいて、パパがいて。サンクスギビングや、クリスマス。。ママが家をとってパパはどっかのマンションに住んで妹が柳家具で装飾。ああ、チャンドラー、どうやって乗り越えてきたの?

Chandler: Well, I relied on a carefully regimented program of denial and, and wetting the bed.
 そうだな、厳しく管理したプログラムによる拒絶と、それからオネショで。

Rachel: You know, I just, so weird. I mean, I was in there just listening to them bitch about each other. And all I kept thinking about was the fourth of July.
 もう、本当に変な感じ。2人が互いの悪口を言うのをずっと聞いて。私はただ独立記念日のこと考えてた。

Chandler: Because it reminded you of the way our forefathers used to bitch at each other?
 ・・それは当時の人達が互いに悪口を言ってたのを思い出すから?

Rachel: It's just this thing. Every year we would go out on my dad's boat and watch the fireworks. Mom always hated it because the ocean air made her hair all big. My sister Jill would be throwing up over the side and my Dad would be upset because nobody was helping and then when we did help he would scream at us for doing it wrong. But then when the fireworks started, everybody just shut up, you know, and it'd get really cold, and we would all just sort of smoosh under this one blanket. It never occurred to anybody to bring another one. And now it's just...
 ただね・・毎年、パパのヨットに乗って花火を見に行ったの。ママは海風で髪がめちゃめちゃになるから嫌がってたわ。妹のジルは吐きまくるし、パパは誰も手伝わないって怒鳴って、手伝えば今度はやり方が悪いって怒鳴ってた。でも、いったん花火が始まると、みんな黙って、寒いからみんなで一枚の毛布にくるまって・・。誰ももう一枚もってこようとか思わないのよ。それが・・

Chandler: Yeah, I know.
 ああ、わかるよ。(ハグ。ロスが来たので交替する)

《モニカの部屋:パーティ終わり》

Monica: Ok, thanks for coming, I hope you guys had fun.
 来てくれてありがとう。楽しんでもらえたらいいんだけど。

Mrs. Greene: Alright, Monica dear, I'm gonna hit the road. Now I've left my 10 verbs on the table. And you be sure and send me that finished poem.
 ありがとう、モニカ、もう行くわね。机の上に10個動詞が置いてあるから、詩をまとめて送ってね。
 
Monica: Ok, will do. So glad you came.
 わかりました。おいでくださってうれしかったわ。

Mrs. Greene: I think I saw Rachel out in the hall.
 レイチェルは廊下にいるのよね。

Monica: Ok, let me go check. . . Your mom wants to say goodbye.
 私が見てきます。(廊下でレイチェルに)おかあさんがサヨナラ言いたいって。

Rachel: Oh, ok.
 あ、わかった。

Mrs. Greene: Happy birthday, sweetie.
 ハッピーバースデー、レイチェル。

Rachel: Ok.
 ありがと。

(レイチェル父がチャンドラー達の部屋から出てきたのでロスが押し戻してドアノブにつかまる)
Joey: Ahh, you drive safe.
 (レイチェル父に)気をつけていってくださいね。

Mrs. Greene: Ross, what're you doing.
 ロス、何してるの?

Ross: I'm getting ready for the water skiing. . . . How are you?
 水上スキーの練習ですよ。(チャンドラー達の部屋に引っ張られてレイチェル父に)お元気?

Chandler: Well, Dr. Greene, where are you going?
 ドクター・グリーン、どこへ?

Mr. Greene: To get my coat.
 コートを取りに行くんだよ。

Guys: No, no, no.
 ダメダメ。

Mr. Greene:Alright, alright, I can get my own coat.
 もういい、自分でコートを取ってくるから。

(男3人で騒ぎながら隠しながらモニカ達の部屋へ父を入らせる)

Chandler: Sorry, we're on a major flan high.
 失礼。フランでハイになってて。

(モニカの部屋で父を見て慌てるフィービー)
Phoebe: Oh, no, you're not supposed to be here. This is the staging area, you should, it's all wrong, you should leave, you know, get out. [opens the door, the guys are right there] Or perhaps you'd like a creme de menthe.
 あ、ダメですよ。ここに来ちゃだめです。ここは準備室なんだからダメよ。行って、もう行ってください。(ドアを開けてあわてて閉める)それか、もしかしてクレーム・デ・ミントはお好き?

creme de menthe ミント味のアルコール飲料)

Mr. Greene: I have to be heading toward my chateau, thank you.
 もう我が城へ帰らないといけないんでね。ありがとう。

Phoebe: Oh, all right, then I guess we're going back into the hallway, again.
 わかったわ。じゃあまた廊下へ行くのね。

Joey: Thanks for coming Mrs. Greene. . . Well, ok, you take care.
 (それを聞いて)グリーンさん、来てくれてありがとう(キスをして気をそらす)それじゃ、気をつけて。

Mrs. Greene: Oh, you kids. . . Well, this is the best party I've been to in years.
 ああ、もうあなた達ったら。もうこんな楽しいパーティ何年ぶりかしら。

Monica: Thank you!
 ありがとう!

《モニカ達の部屋:バースデー・フランにキャンドル》

Monica: Ok, everybody, it's time for flan.
 はい、みんな。フランの時間よ!

Chandler: Yep! Get ready for the gelatinous fun.
 さあ!ゼラチンを楽しむか。

Joey: Kinda looks like that stuff you get when you get a bad infection.
 なんか悪い病気に感染したときみたいだな。

Monica: Ok, that's enough.
 もういい加減にしてよ。

Phoebe: Ok, Rachel, make a special flan wish.
 はい、レイチェル、フランに願いをかけて。

Rachel: Ok, I've got one. [blows out the candles. Somebody calls out 'heads up' and the volleyball lands in the flan] Wow! Those things almost never come true.
 わかったわ。一個思いついた。(キャンドルを吹き消す。「気をつけろ」という声がしてバレーボールがフランをつぶす)ワオ! やっぱり叶わないのね。


にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村


英語 ブログランキングへ



ブルーレイ版フレンズ。
初めてDVDを見た時は、画像の粗さに驚きました。
BDは少しきれにですね。それ以上に、
ディスク交換回数が少ないって素敵♪
posted by らんち at 00:29| Comment(0) | Season2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。