2013年06月24日

2-21 The One With the Two Bullies

2-21 2人のイジメッ子の話

 ☆ソファーはゆずれない!☆

《モニカ達の部屋》

Joey: Hey, Monica, why are we watching the business channel?
 モニカ、なんでビジネスチャンネルなんて見てんの?

Monica: Because I was going by it the other day, and I saw that there was a stock with my initials, MEG, on it and, well, sometimes I have to watch for two or three hours before it comes up again but when it does, it's pretty exciting.
 この前、偶然見たら、私のイニシャルのMEGって株があったの。2, 3時間見てないと出てこなかったりするけど、出てくると嬉しいのよね。

Rachel: Ok, honey, you really need a job.
 ねぇ、本当に仕事見つけた方がいいわよ。

Ross: Mon, speaking of which, dad says he knows someone you can call for an interview.
 モン、そういえば、とうさんが、募集してる人を紹介するって。

Monica: Really.
 ほんと?

Phoebe: Ok, right there. That, that's the third sign today. Right there.
 まただわ。今日これで3回目よ。いまの。

Ross: On behalf of everyone, I'd just like to say, "huh?"
 みんなを代表して聞くけど、「は?」

Phoebe: No, 'cause you just said dad. And everywhere I go today I keep getting signs telling me to go see my father. Like when I was walking over here and I passed a buffet...which is my father's last name.
 あなた今「とうさん」って言ったでしょ。今日はどこを歩いていても、とうさんに会えってサインに出会っちゃうのよ。ここへ来る途中も、ブッフェがあったの。とうさんの名字よ。

Everyone: Ahh.
 ああ。

Phoebe: And they were serving franks which is his first name minus the s at the end. And there was a rotisserie with spinning chicken.
 そこでフランクフルトを出してたわ。とうさんの名前はフランクでしょ。それから、ロテサリー(回転焼き)チキンを出してたの。

Monica: His indian name?
 おとうさんのインディアンネーム?

Phoebe: No, because I chickened out the last time.. when I tried to meet him. So I mean coincidences? I don't think so.
 だって前とうさんに会おうとした時、私ビビってチキンになっちゃったわ。これが偶然と言える? 違うわよね。

Ross: Freakish.
 不思議すぎるよね。

Monica: Wow.
 ワオ。

Joey: Freaky.
 不思議だ。

Monica: Weird, weird.
 変よね、変。

Rachel: Ok, so uh, who wants the last hamburger?
 ねぇ、最後のハンバーガー誰が食べる?

Phoebe: Oh, alright, that's it, now I have to go see him.
 もう、これで決まりよ。もう会いに行かなくちゃ。

Monica: Why?
 なんで?

Phoebe: Hamburger? McDonald's? Old MacDonald had a farm, my dad is a pharmacist.
 ハンバーガーでしょ? マクドナルドよね? マクドナルドはファーム(農場)を持ってたのよね、とうさんは、ファーマシスト(薬剤師)よ。

《セントラルパーク:ロスとチャンドラーが来る》

Chandler: Man, I am so beat.
 ああ、もう疲れたよ。

Ross: Oh, yeah.
 ああ、ほんと。

Chandler: Hey, you just wanna forget about racquetball and hang out here?
 な、ラケットボールなんて忘れてここにいようか?

Ross: Yeah, alright.
 ああ、そうだな。

(カウチに座ると男性2人やってくる)
Big Bully: Hey, you're in our seats.
 おい。俺たちの席だぞ。

Ross: Oh, sorry, we didn't know.
 あ、すみません、知らなかったよ。

Little Bully: Hey, we were sitting there.
 おい。俺たちが座ってたんだ。

Chandler: Ok, there is one more way to say it, who knows it?
 他にも言い方ありますよね。知ってる人?

Little Bully: Is that supposed to be funny?
 それ、おもしろいつもり?

Chandler: No, actually, I was just going for colorful.
 いや、ただ、多彩な方がいいかなと思って。

Big Bully: What's with this guy?
 こいつ何かあるのか?

Little Bully: What's with you?
 おまえ何かあるのか?

Ross: Uh, nothing, nothing's with him. Enjoy your coffee.
 いや、何でもない。何もないよ。コーヒー楽しんで。

(立ち去ろうとすると帽子を取られる)
Chandler: What just happened?
 いま何が起こった?

Little Bully: I just took your hat. See, I can be funny, too. My joke is that I took your hat.
 おまえの帽子を取っただけさ。ほら、俺だっておもしろいんだぜ。俺のジョークは、おまえの帽子を取るっての。

Chandler: That, that is funny. Can I have it back?
 それは・・それはおもしろいね。返してくれる?

Little Bully: No.
 いや。

Chandler: No?
 いや?

Big Bully: No.
 いや。

Ross: Ok, ok, you know what? I think you're very funny. Kudos on that hat joke. But, come on, guy, just give him back the hat.
 ちょっといい? とてもおもしろいと思うよ。帽子ジョークに拍手。でも、もう彼に返してやってよ。

(kudos = 称賛、栄誉)

Big Bully: Why should we?
 なんで?

Ross: Because it's a special hat. See, he bought it because he was feeling really down one day. So he got the hat to cheer himself up, you know. Now Chandler...
 だって特別な帽子なんだ。彼はとっても落ち込んだときに買ったんだよ。この帽子で元気になれたんだ。チャンドラー・・

Chandler: Stop talking, stop talking now. Let me just get this straight. You're actually stealing my hat?
 しゃべるな。もうしゃべるな。要するに、俺の帽子を盗るっていうのか?

Big Bully: You got a problem with that?
 それに何か文句があるのか?

Chandler: No, just wanna make sure we're on the same page.
 いや。ただ、誤解のないようにと思っただけ。

《モニカ達の部屋:モニカが帰ってくる》

Rachel: Hey, how'd the interview go?
 ねぇ、面接どうだった?

Monica: It bit. It was a 50's theme restaurant. I have to cook in a costume and dance on the counter. I mean, I was a sous chef at Cafe des Artistes. I mean, how could I take a job where I have to make something called Laverne and Curly Fries?
 ひどいのよ。50年代をテーマにしたレストランなの。コスチュームで料理して、カウンターの上でダンスしなきゃいけないのよ。私はカフェ・デ・アーティストの副料理長だったのよ。ラバーンとカーリーフライなんて料理を出すようなレストランで働くなんて!

(Laverne and Curly Fries = Laverne で調べてみると、
 Laverne and Shirley が出てきました。この2人の女性が
 ルームメイトという設定のシットコムです。
 シャーリーとカーリーフライというダジャレ?
 また、これはフレンズではよく出てくる"Happy Days"の
 スピンオフなのでこれにかけた名前かなと思います。)


Rachel: So don't do it.
 じゃあやめたら。

Monica: How can I not do it? I have $127 in the bank.
 やめられる? 銀行に127ドルしかないのよ。

Joey: Monica, relax, go get a beer.
 モニカ、落ち着いて、ビールを取ってくるんだ。

Monica: I don't want a beer.
 ビールほしくないわ。

Joey: Who said it was for you?
 誰がモニカのって言った?

Ross and Chandler: Hi.
 (2人で入ってくる)ハーイ・・

Rachel: What's the matter with you?
 どうしたの?

Chandler: The mean guys at the coffee house took my hat.
 コーヒーハウスで根性の悪いやつに帽子取られた。

Rachel: No.
 ウソ。

Joey: You're kidding.
 冗談だろ。

Ross: It was ridiculous. You know, these guys, they were bullies, actual bullies, you know. We're grown ups, this kinda stuff isn't supposed to happen anymore.
 バカげてるよ。こいつら、いじめっ子なんだ。本当のいじめっ子だ。僕らオトナなのに、こんなことが起きるなんて。

Rachel: Oohhh.
 まぁ。

Ross: Hi.
 ハーイ。

Rachel: Hi.
 ハーイ(ハグ)

Chandler: Ohhh.. Oh, no, wait a minute, I have no one.
 ああ・・オーノー! 待てよ、俺には誰もいない。

Joey: Hey, woah, let's go down there and get your hat back.
 おい、行って帽子を取り戻してこよう。

Chandler: Na, forget it, it's probably stripped and sold for parts by now.
 いや、もうダメだよ。今頃は分解してパーツを売ってるさ。

Monica: Hey, I went up.
 (新聞を読んで)ちょっと! 上がってるわ。

Rachel: What?
 何が?

Monica: My stock, MEG, it went up 2 points. Hey guys, do you realize that if I had invested my $127 in myself yesterday that I'd like have...a lot more than that today. You know what? I'm gonna do it.
 私の株、MEGよ。2ポイント上がってる。ねぇ、もし私の127ドルを昨日ここに投資してたら・・・今より増えてるわ。ねぇ、私やってみる。

Joey: Do what?
 何を?

Monica: Put all my money in me.
 ここに私のお金かけてみるのよ。

Rachel: Monica, what are you talking about? You don't know the first thing about the stock market.
 モニカ、何を言ってるのよ。株式投資のことなんてなにも知らないじゃない。

Monica: What's to know? Buy sell, high low, bears bulls... Yes, Manhattan... yeah telephone number of the stock...selling store.
 何を知らなきゃいけないの? 買う売る、高値安値、強気弱気・・(電話をかけて)ええ、マンハッタンの電話番号で、株を・・売ってるお店?

bearbull.jpg
bears bulls は金融用語で強気・弱気)

《フィービーのパパの家》

(急ブレーキのためクッションを使うジョーイとレイチェル)
Joey: See, didn't I tell you these pillows would be a good idea?
 ほら、クッションが役に立つって言っただろ?

Phoebe: Oh, God, here we go. For the first time in my life I'm gonna say 'Hi, birth father'.
 ああ、神様。いよいよね。生まれて初めて、「ハーイ、実の父さん」って言うのね。

Rachel: We love you, we're here for you.
 愛してるわ。私達がついてるわよ。

Joey: Yeah, good luck, good luck!
 ああ、頑張ってこいよ!

Phoebe: Thanks.
 ありがと。

Joey: Hey, Rach, you uh, you want some sandwich?
 なぁ、レイチ、サンドイッチ欲しい?

Rachel: Oh, what is in that?
 まぁ。何が入ってるの?

Joey: Olive loaf and ham spread, no mayo.
 オリーブローフとハム。マヨネーズなし。

olive loaf.jpg

Rachel: No no, 'cause mayo, that would make it gross.
 ダメよね、マヨネーズはひどいことになるわよ。

Phoebe: Hey, hey, no, oh oh.
 (犬に襲われ)ちょっと、ダメ、あぁ、あっ!

Rachel: Run! Phoebe, run!
 逃げて! フィービー、逃げて!

Phoebe: No no no, doggie, please. Oh, I do so wanna love all animals, please, no. Back off!
 ダメよ、わんちゃん、お願い。動物みんな好きでいたいのよ。お願いだからやめて!

Joey: Get him a bone, get a bone. You gotta bone?
 骨をやるんだよ。骨を! (レイチェルに)骨持ってない?

Rachel: Are you kidding me?
 冗談でしょ?

Phoebe: Look kibbles! Bits! Oh, God, alright, get the hell off my leg you yippity piece of crap! [Flings the dog off and jumps in the cab. The dog keeps jumping up to the window.] Ok, alright, we have a problem.
 ちょっと! ワンコ! ああ、足を離して! この悪ガキワンコ! (車に逃げ込むが、犬は車に飛びついている) ああ、問題発声ね。

(kibbles は、粉砕してつくったドッグフードのイメージの
 ようですし、kibbles and bits では、スラングでは
 生殖器からコカインまでありました。
 yippity は日本語訳は見つかりませんでしたが、yipityという
 サイトがありました。ペット関連サービス・販売のようです)


Joey: Well, why don't you just reach out and take his trampoline.
 手を伸ばしてトランポリンを取り上げればいいんじゃないの。

Rachel: Ok, here, I know what we can do.
 わかったわ。どうしたらいいかわかった。(ジョーイのサンドイッチを投げる)

Joey: Hey, hey, hey, no.
 おいおい、ダメだよ!

Rachel: Ok, doggie get the- aahhh. Ok, go get the sandwich, get the sandwich, doggie. Good doggie, get the sandwich, get the...ok, Joey, the dog will lick himself but he will not touch your sandwich, what does that say?
 わんちゃん、ほら、サンドイッチ取って。行ってサンドイッチ食べなさい、わんちゃん、おりこうね、サンドイッチ食べて・・(犬は無視する)ちょっとジョーイ、あの犬、自分のことはなめても、あなたのサンドイッチには見向きもしないわよ。どういうこと?

Joey: Well, if he's not gonna eat it, I will.
 うー、あいつが食べないんなら俺食べる。

Phoebe: Are you crazy?
 どうかしてるわよ。

Joey: Pheebs, he's just a little dog. . . Ahhh.
 フィーブス、ただの小さな犬じゃないか。(振り返ると犬が窓の隙間から乗り出してきていたので)わー!

《セントラルパーク:ロスとチャンドラー》

Chandler: Hey.
 なぁ。

Ross: What?
 なに?

Chandler: Do you have to be a Century 21 real-estate agent to get to wear those really cool jackets?
 センチュリー21のあのカッコいいジャケットって、あそこの社員しか着れないのかな?

Ross: Do you say this stuff to girls?
 おまえ・・・そういうこと女の子にも話すの?

(例の2人が入ってくる)
Big Bully: He-he-he-hey, isn't that the guy who used to wear your hat?
 おいおいおいぃ。こいつおまえの帽子かぶってた奴じゃない?

Little Bully: And look where they're sitting.
 どこに座ってるのか、ちょっとろよ。

Ross: You're joking, right? You guys just walked through the door.
 冗談だろ? 今来たばっかりじゃないか。

Big Bully: Maybe we didn't make it clear enough.
 この前はっきりわからせてなかったみたいだな。

Little Bully: Yeah.
 ああ。

Big Bully: This couch belongs to us.
 このカウチは、俺たちのものだ。

Chandler: Alright, I'll tell you what, you call the couch and then, and then we'll call the couch, and we'll see who it comes to.
 もういい。いいか、このカウチが自分の物だと言うんだな、俺たちもこれは自分の物だと言う。さぁどうなるのかな。

Big Bully: You know what I keep wondering? Why you two are still sitting here.
 さっきから不思議なんだけどな。2人とも、なんでいまだにそこに座ってるんだ?

Ross: Alright, that's it. I've had enough of this, alright? Gunther, these guys are trying to take our seat.
 もういい。そこまでだ。もうたくさんだ。いいか? ガンター、この人達が僕らの席を取ろうとするよ。

Gunther: Fellas, these guys were here first.
 君たち、この人達の方が先に来てるから。

Big Bully: Oh, sorry, I didn't realize.
 ああ、悪かった。気づかなかったよ。

Little Bully: Sorry.
 悪かった。

Gunther: There you go.
 はい、どうも。

Ross: Thank you, Gunther. We didn't want to have to go and do that.
 ありがとう、ガンター。こんなことしたくなったけどね。

Little Bully: He told on us?
 あいつ、いいつけたぞ。

Big Bully: You told on us?
 おまえ、俺たちのこといいつけたな。

Ross: Well, pal, you didn't give me much of a choice.
 いやぁ、君たち、そうするしかなかったんだよ。(男のループタイを指ではじく)

Chandler: Don't play with his things.
 (ロスに)そいつのものに触るな。

Ross: I know.
 そうだよな。

Big Bully: Alright, let's take this outside.
 よぉし、表に出ようじゃないか。

Ross: "Let's, let's take this outside?" Who talks like that?
 「表に出ようじゃないか」って? 誰がそんなことを?

Big Bully: The guy that's about to kick your ass talks like that.
 おまえのケツを蹴り倒そうって奴が言ってるんだよ!

Chandler: You had to ask.
 聞かなきゃいけなかったのか。

Ross: Yeah.
 ああ。

(男達は、2人の座ったカウチを傾ける)
Ross: Ok, ok look, see, the thing is we're, we're not gonna fight you guys.
 ちょっとちょっと、いい? 僕らは・・僕らは君たちとケンカなんかしないからね。

Little Bully: Well, then here's the deal, you won't have to so long as never ever show your faces in this coffee house ever again.
 そうかい。ケンカしたくなかったら、二度とこの店に顔を出さないことだな。

Chandler: I think you played the Gunther card too soon.
 (ロスに)ガンターを呼ぶの早すぎたと思う。

《タクシーの中のフィービー達》

Joey: Hey, Pheebs, I think you're good to go.
 なぁ、フィーブス、もう行ってもいいんじゃないかな。

Phoebe: Yeah, I don't know.
 そう・・どうかしら。

Rachel: What's the matter?
 どういうこと?

Phoebe: I just think that this was a really bad sign, you know. I mean, like the beast at the threshold, you know. It's just, I have no family left, you know. I mean, except for my grandmother, you know, but let's face it, she's not gonna be around forever, despite what she says. And I have a sister who I've barely spoken to since we like shared a womb. I don't know, this is my real father and I just, I want things to be like just right.
 これは悪いサインっていう気がするのよ。獣が門番してるとか。私ほかに家族がいないじゃない。おばあちゃんはいるけど、正直なとこ、いつまでも一緒にいてくれるわけじゃないでしょ。本人はいるつもりみたいだけど。そして子宮で一緒だった姉とはほとんど口もきかないし。なんていうのかしら・・本当のおとうさんなんだから、本当にちゃんとしたいの。

Rachel: Yeah, Phoebe, I completely understand.
 そうね、フィービー。よくわかるわ。

Joey: Yeah, whatever you need. . . Hey, you wanna go home?
 ああ、君のしたいようにしたらいい・・もう帰る?

Phoebe: Ok, thanks. Sorry, again
 そうね、ありがとう。今度もごめんね。

(車をスタートさせると、犬の悲鳴で、すぐ車をとめる)

Phoebe: What was that?
 今のなに?

Joey: Uhh, I'm guessing the threshold's clear now.
 うーん・・入り口はもう空いてる気がするな。

《モニカの部屋》

Monica: I wanna buy 5 shares of SGJ and I wanna buy them now. Come on, time is money, my friend. Thank you! Wooo.
 SGJを5株買いたいの、今買いたいのよ。しっかりね、時は金なりよ! どうもね! フー!

Rachel: "Time is money, my friend"?
 「時は金なりよ」?

Joey: Yeah, you missed, 'Takes money to make money,' and 'Don't make me come down there and kick your wall street butt.'
 ああ、「金を作るために金を取る」とか「ウォールストリートのケツ蹴りに行く」ってのもあったぞ。

Monica: Hey, I made $17 before breakfast, what have you done?
 なによ。私は朝食前に17ドルかせいだわよ。あなたはどう?

Joey: Well uh, I had breakfast here so technically I saved $3.50.
 そうだな。ここで朝食すませたから、3ドル50もうけたな。

Rachel: How did you make $17.
 どうやって17ドルかせいだの?

Monica: Well, my financially challenged friends, I split my money and I bought some shares of CHP and ZXY.
 いいこと、お金に不自由してる友人達。私はね、CHPとZXYの株を買ったのよ。
 
Joey: How come those?
 なんでそれにしたの?

Monica: Well, CHP because I used to have a crush on Eric Estrada. And ZXY because I think it sounds zexy.
 CHPは、CHiPsに出ていたエリック・エストラーダを好きだったことがあるから。ZXYはゼクシーって聞こえるから。

(CHiPsは、日本では白バイ野郎ジョン&パンチ


Rachel: What happened to MEG.?
 MEGはどうなったの?

Monica: MEG was good for me but I dumped her. You know, my motto is "Get out before they go down."
 MEGはよかったけど、でももう捨てた。私のモットーは、「落ちる前に捨てろ」

Joey: That is so not my motto.
 俺のモットーの正反対だな。

(フィービーが来る)
Phoebe: Hey.
 ハーイ。

Rachel: Hey, Pheebs. Oh, hey, how's the dog?
 フィーブス、犬はどうだった?

Phoebe: Ok, I talked to the vet, people are so nice upstate. Anyway, he said that the little fella's gonna be ok, and I can pick him up tomorrow.
 獣医さんと話したわ。北部の人達って優しいのね。とにかく、あのチビちゃん大丈夫だって。明日引き取れるんですって。

Joey: Good.
 よかった。

Rachel: Oh, thank God.
 ああ、よかったわね。

Phoebe: Yeah, but he did have to have a bunch of stitches. And he said that only once in a blue moon does a dog's ear grow back. So...still hoping.
 ええ。でも、何針も縫ったのよ。ブルームーンの間に一回しか犬の耳は生えてこないって彼は言ってたから、それに期待するわ。

Rachel: Ok, so Phoebe, now are you gonna call your dad and let him know that his dog is ok?
 それでフィービー、おとうさんに電話して犬のこと話すの?

Phoebe: I don't wanna meet my father over the phone. What am I gonna say, like 'Hi, I'm Phoebe, the daughter you abandoned. Oh, by the way, I broke your dog.'
 おとうさんと電話で初めて話すのはイヤなの。なんて言えばいいの? 「ハーイ、私フィービー、あなたの捨てた娘よ。あ、そうそう、犬ひいちゃった」って?

Joey: Hey, Pheebs, if you want, I'll do it.
 なぁ、フィーブス、なんなら、俺が電話してやろうか。

Phoebe: Ok. Listen, just don't say anything about me, ok?
 お願い。私のことはなにも言わないでね。いい?(電話を取りに行く)

Monica: Don't...be too long with the phone.
 ダメ!・・・長電話はやめてね。

Rachel: She'll be a much better friend when the market closes.
 株式市場が終わると、もっといい友達に戻るから。

Joey: It's a woman.
 (受話器をふさいで)女の人だ!

Phoebe: So talk to her.
 話して。

Joey: Uhh, hello, Mrs. Buffay. I know where your dog is. I want you to know that he'll be returned to you, almost as good as new, within, within 24 hours. Uh, goodbye.
 (変な低い声で)こんにちは、ブッフェさん。おたくの犬がどこにいるか知ってるよ。ただ、犬はほとんど元気になって帰るって知らせたくてね。24時間以内に戻るよ。さよなら(電話を切る)

Rachel: Why the voice?
 なんでその声?

Joey: Hard to say.
 (変な声のままで)なんでかな。

《チャンドラー達の部屋:ロスとチャンドラー》

Chandler: Your cappuccino, sir.
 カプチーノですよ。

Ross: Thank you.
 ありがと。

(袋入り粉のカプチーノを溶く)
Chandler: You know, I think this is much better than the coffee house.
 なぁ、ここで飲む方がコーヒーハウスよりずっといいよな。

Ross: Absolutely.
 まったくだよ。

Ross: How come it's not mixing with the water?
 (かき混ぜてから覗いて)なんでこれ水とまざらないの?

Chandler:Well, the package says you have to constantly keep it moving. Stir and drink, stir and drink, never let it settle.
 パッケージに書いてある。ずっと混ぜていないといけないんだって。混ぜて飲む、混ぜて飲む。 かき混ぜ続けるんだ。

(かき混ぜて飲んでいるとジョーイが部屋から出てくる)
Joey: Hey, this is ridiculous. I'll tell you what. After I get back from my niece's christening, I'll go down to the coffee house with you and we'll all have a nice cup of coffee, alright. No problem, Joey's there.
 おい、こんなのバカげてるよ。いいか、姪の洗礼が済んだら、一緒にコーヒーハウスへ行っておいしいコーヒーを飲もう。いいな。それで問題ない。ジョーイがついてる。

Chandler: Ok.
 よーし。

Ross: No.
 ダメだ。

Chandler: No?
 ダメ?

Ross: No. Man, I don't wanna have to have Joey with me every time I wanna descent cup of coffee. You know, and I don't wanna spend the rest of my life drinking cappuccino with a 'K'. I say you and I go back down there and stand up to those guys.
 ダメだよ。落ち着いてコーヒー飲むたびにジョーイについてってもらわないといけないなんてイヤだよ。それに、今後一生こんなカプチーノ飲むのもイヤだ。君と僕と2人でいって、やつらに立ち向かうんだよ。

Chandler: Alright, hang on a second there, Custer.
 ちょっと待てよ、カスター。

George Armstrong Custer という1800年代の軍人
 時に向こう見ずなほど勇敢であったと言われる)


Joey: Yeah, really, Ross, have you ever been beaten up before?
 そうだよ、ロス。ボコボコにされたことあるのか?

Ross: Yeah, sure.
 あるさ。

Joey: By someone besides Monica?
 モニカ以外にだぞ?

Ross: No. So what? So what? If we get beaten up, maybe that's just something every man has to go through once in his life. You know, like a, like a right of passage or something.
 ないよ。だから何だよ。ボコボコにされたとしても、それはしかたがないよ。一種の通過儀礼みたいなものじゃないのか?

Chandler: Well, couldn't we just lose our virginities again? You know, because I think actually mine's growing back.
 それって、もう一回童貞を失う感じ? また童貞になりつつあるんだけど。

《モニカ達の部屋:レイチェルが帰ってくる》

Monica: I need to borrow a hundred bucks.
 100ドル貸して。

Rachel: What?
 え?

Monica: Hi, welcome home. . . I need to borrow a hundred bucks.
 おかえり。100ドル借りたいの。

Rachel: For what?
 なんで?

Monica: I've gotta get back in the game.
 このゲームに返り咲かなきゃいけないもん!

Rachel: Why, when did you get out of the game?
 なんで? いつゲーム降りちゃったの?

Monica: I don't know, I lost it all ok. I lost it.
 わかんない。全部なくしちゃたの。失っちゃった。

Rachel: Oh, no.
 まぁ。

Monica: Hey, I've come to terms with it, you have to, too.
 私が負ける時は、あなたも一緒よ。

(come to terms = 屈服する)

Rachel: Ok. Look, Mon I'm, I'm really sorry.
 モン、本当にかわいそうに。

Monica: Yeah, yeah, yeah, where are we on the hundred bucks?
 ええ、ええ。100ドルはどこ?

Rachel: I, I don't have it.
 持ってないわ。

Monica: But I need it. Otherwise, I'm gonna have to take that horrible diner job. You know, with the dancing and the costumes. I don't wanna have to wear flame-retardant boobs.
 でもいるのよ。それがなかったら、あのひどいレストランで働くしかなくなっちゃう。コスチュームで踊らないといけないのよ。燃えない素材のニセおっぱいなんてつけたくない。

Rachel: Nobody does, honey.
 気持ちはわかるわ。

《フィービーのパパの家:犬を連れてきたフィービー》

Phoebe: Hi.
 どうも。

Mrs. Buffay: Noodle. Oh, my God, what the hell happened to my dog?
 (犬を見て)ヌードル! なんてことなの? この子に何があったの?

Phoebe: It was an accident, and, and the woman who did this would never ever hurt a dog on purpose. She's a vegetarian.
 事故だったのよ。ひいちゃった人も、わざとやったんじゃないのよ。彼女ベジタリアンなんだから。。

Mrs. Buffay: What are these, stitches?
 なにこれ、縫ったの?

Phoebe: Yeah, eight of them. That's 56 to him. You know also, if, if it's raining, you can't let him look up too long because that cone'll fill up really really fast.
 ええ、8針よ。彼に取っては56針よね。それと、雨の時、あまり上を向いて歩かせないようにね。そのカラー、あっという間に水がたまるから。

Mrs. Buffay: Yeah well, thanks for bringing back what's left of him.
 まぁとにかく、こんなになっちゃってるけど、連れてきてくれてありがとう。

Phoebe: Sure, oh, is, is Frank home.
 ええ。それから、フランクはいる?

Mrs. Buffay: How do you know Frank?
 どうしてフランクを知ってるの?

Phoebe: Just from a, from a long time ago. Is he here?
 ちょっと・・ちょっとした古い知りあい。います?

Mrs. Buffay: Yeah. Frank!
 ええ。フランク!

Frank: Yeah. What?
 なに?

Phoebe: Oh, ok, um, I mean Frank Senior.
 あ、その・・私が言ったのは、フランク・シニアの方よ。

Mrs. Buffay: He went out for groceries.
 彼は買い物に行ってるわ。

Phoebe: Ok, so will he be back soon?
 そう。すぐ帰ってきます?

Mrs. Buffay: Well, he left four years ago. So we're expecting him back any minute now.
 そうね、4年前に出かけたから、もうすぐ戻るんじゃないかしら。

Phoebe: Alright, I'm gonna go. I'm sorry about the dog, everything. I'm sorry.
 わかったわ。もう行きます。すみません。犬のこととかいろいろ、ごめんなさい。

Frank: Hey, lady. Hey, wait up. How do you know my dad?
 ちょっと、ねぇ、待って。なんでおやじのこと知ってるの?

Phoebe: Well, I don't really. Just genetically. He's kind of my dad, too.
 いえ。知らないの。ちょっと遺伝的に・・彼私のおとうさんでもあるの。

Frank: Heavy.
 これはヘビーだ。

Phoebe: Yeah. So, did he ever talk about me, Phoebe?
 そうね。彼私のこと話したことない? フィービーだけど?

Frank: No, but he didn't really talk about anything.
 いや。彼は本当に何も話さなかったから。

Phoebe: Oh.
 ああ。

Frank: Except stilts.
 竹馬のこと以外は。

Phoebe: Stilts?
 竹馬?

Frank: Yeah, he loved stilts. One time I was upstairs, I was stealing cigarettes out of my mom's purse, and uh, all of a sudden I look over and there's my dad's head bobbing past the window. He just had this big smile on his face and he was waving 'cause he was always happiest when he was on his stilts.
 ああ。竹馬が好きだったんだ。一回、俺が2階でおふくろのタバコを盗っていた時、いきなりおやじの頭が窓の外をぴょこぴょこ通り過ぎてったのを見たよ。すごいご機嫌な笑顔で手を振ってさ。竹馬に乗ってる時が一番幸せだったんだ。

Phoebe: Wow.
 ワオ。

Frank: Yeah.
 ああ。

Phoebe: I don't know what to do with that.
 なんて言ったらいいかわかんないわ。

Frank: Me neither. So you're, like, my big sister.
 俺もだ。それで・・あんたは俺のねえさんなんだな。

Phoebe: Yeah.
 ええ。

Frank: This is huge, you can buy me beer.
 ほんとビックリだよ。ビール買ってくれる?

Phoebe: I'm not gonna. But you know what's cool though? Ok, if you had a friend named Pete, then I could say, 'Oh yeah, I know Pete, he's friends with my brother.'
 ううん。でも素敵よね。もしあなたにピートって友達がいたら、私、「ああ、ピート? 彼は弟の友達よ」とか言えるのよね。

Frank: I gotta friend named Mark.
 マークって友達ならいるよ。

Phoebe: That'll work too.
 それでもいいわね。

Frank: Cool, alright. So maybe, you know, I could give you a call sometime, we could talk or something, you know.
 いいね。じゃあ、電話したりしてもいいのかな。話したりなんかしいて。

Phoebe: Yeah, that'd be ok.
 ええ、いいわね。

Frank: Alright.
 いいね。

Phoebe: Ok, I'm in the book.
 じゃあ。電話帳に載ってるから。

Frank: Ok, yeah.
 わかった。

Phoebe: Alright. So um, stilts, huh?
 それじゃ・・ところで、竹馬?

Frank: Yeah. Hey, you know if you want I can take you around back and show you where he hit his head on the rain gutter.
 ああ。そうだ、もしよかったら、裏に回って、おやじが頭ぶつけた雨樋見せてあげるよ。

Phoebe: Ok.
 いいわね。

《セントラルパーク:ロスとチャンドラー》

Ross: Well, we did it, we're here. We are standing our ground. How long does a cup of coffee take?
 やったよな。ここに来た。自分の場所は守るんだ。コーヒー出すのにどれだけ時間かかるんだ?

Stand-your-ground-law という法律がある。
 自分の敷地内なら正当防衛が通りやすい的な)

Chandler: Would you come on! Come on! . . . Thank you.
 頼むよ、早く!(コーヒーがくる)ありがと。(2人あっという間に飲む)

Chandler: Ah, there we go.
 さぁ、行こうか。

Ross: I think we proved our point.
 主張はしたぞ。

Chandler: You burn your mouth?
 やけどしなかった?

Ross: Cannot feel my tongue.
 舌の感覚がないよ。

(店を出たところで例の2人に出会う)
Chandler: Bullies, big bullies.
 いじめっ子だ。でかいいじめっ子達だ。

Little Bully: Oh, look who's here, it's the weenies.
 おや、誰かと思えば、弱虫達じゃないか。

Big Bully: Did we not make ourselves clear the other day.?
 この前の話わからなかったのか?

Ross: Yes, and that's why we're here.
 だからここにいるんだよね。

Chandler: Yes, we're standing out ground...apparently.
 そうさ。自分の場所は守るんだ。・・・みたいな。

Little Bully: Let's do this, alright.
 よし、やろうじゃないか。

Ross: Woah, ho-ho, what you got there, a weapon?
 うわお! おいおい、何を持ってるんだ。武器か?

Little Bully: It's a nice watch, I don't wanna break it on your ribs.
 これはいい時計なんだ。おまえらのアバラで傷つけたくないからな。

Chandler: Alright, let's do this.
 よし、やろう。

Little Bully: Alright.
 よし。

Chandler: Question. If I don't care about my watch, can I use it as a weapon?
 質問。時計どうでもよかったら、武器として使ってもいい?

Ross: What do you mean?
 どういうこと?

Chandler: Well, it's sharp, it's metal, I think I can do some, you know, serious damage with it.
 だって、これ尖ってるし、金属だし、きついダメージ与えられるんじゃないか?

Big Bully: No, you can't use your watch.
 ダメだ。時計は使うな。

Chandler: Ok.
 わかった。

Big Bully: Or your keys.
 キーもダメだ。

Chandler: Ok.
 わかった。

Little Bully: Look, here's what we'll do. We'll put all keys and watches in the hat over there. Alright. . . . Alright, come on, man! Let's do this.
 そうだ、こうしよう。この帽子にキーや時計を入れてここに置くんだ。いいな。(帽子に入れて、それを歩道のボックスの上に乗せる)よし、こい、おまえら! やってやろうぜ。

Ross: Before I forget, are we hitting faces?
 忘れないうちに聞くけど、顔もなぐるの?

Big Bully: Of course, we're hitting faces, why wouldn't you hit faces?
 当たり前だ。なんで顔なぐっちゃいけないんだ。

Ross: Well, because I have to work on Monday, I have a big presentation.
 いや、月曜日仕事だからさ、重要なプレゼンがあるんだ。

Little Bully: Actually, you know, I gotta show this apartment tomorrow and, you know, this no faces thing might not be a bad idea.
 ああ、俺も実は、明日アパートを見せなきゃいけないから、顔は避けるってのはいい案かも。

Big Bully: Ok, nothing from the neck up. . . Or the waist down. Dana's ovulating.
 わかった。じゃあ首から上はなしだ。・・・あと、腰から下も。(仲間に)ダナが排卵期でな。

Little Bully: Oh really, you guys trying again?
 あ、そうなんだ、また子作りに挑戦してるのか?

Big Bully: Yeah.
 そうなんだ。

Chandler: Ok, so let me just get this straight. So we're strictly talking about the middle?
 よし、じゃあまとめると、真ん中だけってことだな?

Big Bully: Come on!
 来い!

Ross: Hey, hey, woah, you want some of this, huh? You want a piece of this, huh? I'm standing here, huh.
 ヘイヘイ! ウワオ! これをくらいたいか? これを食らってもいいのか? ハ? こい。

Chandler: Hey, hey, those guys are taking our stuff!
 おい、あいつら俺たちの物盗っていくぞ!

Ross: Hey.
 おい!

Big Bully: Hey.
 こら!(みんなで追いかける)

《セントラルパーク:4人、取り戻して戻ってくる》

Ross: God, that was, that was amazing, that was incredible. You guys, you guys kicked butt.
 ああ、あれはもう信じられないよ。素晴らしかったよ。君たち、やつらのケツ蹴っ飛ばしてたよね。

Little Bully: Us, what about you guys? Man you really, bing, gave it to old Mr. Clean back there. He was a big guy.
 お前達だってどうだよ。あのミスター・クリーンをやっつけたじゃないか。大きな男だったぜ。

mr_clean1.gif
(ミスター・クリーン、洗剤のキャラクター)

Ross: Yeah, he was, wasn't he.
 ああ、確かに大きかったね。

Chandler: Yeah, I wouldn't know, having missed everything.
 そう。俺は知らないよ。何も見てない。

Big Bully: Don't do that to yourself. Any one of us could have tripped over that little girls jump-rope.
 気にするなって。誰だって女の子達の縄跳びにはつまづくさ。

Ross: So, listen, guys, are we uh, are we ok here?
 それじゃ、ねぇ、君たち、僕らもういいよね?

Little Bully: We're ok.
 ああ、もう大丈夫だ。

Ross: Alright.
 よーし。

Chandler: Ok so, can I have my hat back?
 そうか。じゃあ、帽子返してくれる?

Little Bully: No.
 ダメだ。

Chandler: Huh.
 フン。。(奪って、走って逃げようとするがカウチ後ろで転ぶ)

《モニカの職場・Moondance》

Rachel: Look at her.
 見て彼女。

Chandler: Hi, Monica.
 やぁ、モニカ!

Joey: He-he-he, how's it going?
 へへへー♪ 調子どう?

Phoebe: Hey, nice boobs.
 ハーイ、素敵なおっぱいね。

Chandler: Guys guys, check this out.
 みんな、みんな! これ見て。

(チャンドラーがコインを入れてYMCAをかけると、スタッフがカウンターに上って踊りだし、モニカもシブシブ加わって踊る。コインをいっぱい机の上に出すチャンドラー)
Joey: Excellent.
 最高だね!

*:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:.*:..。o○☆ *:..。o○☆ *:
今回の「いじめっ子」、オトナなのにこの言葉を
使うのには抵抗がありましたけど、オトナ版の言葉って
ありましたっけ?
ないのは変ですよね。オトナのいじめっ子っているのにね。
何か見つけたら、修正します。

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村


英語 ブログランキングへ

*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*
毎回、フィービーについてきたジョーイの優しさには
驚きますよね。前回はチャンドラー、今回はレイチェルも。
おもしろさだけじゃなくて優しいところ、
ケンカもするけど、
友達だからって道理を超えて味方をしてくれるところ、
それがこのドラマの魅力だなとつくづく思いました。
*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*
posted by らんち at 01:26| Comment(0) | Season2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。