2013年06月22日

2-19 The One Where Eddie Won't Go

2-19 エディが出ていかない話

 ☆元のさやに戻ろう!☆

(夜中に目を覚ますとエディがいる)
Chandler: Hey Eddie. Daahh!! What're you doing here?
 ヘイ、エディ・・! わーっ! 何してるんだ?!

Eddie: Nothing roomie, just watching you sleep.
 別に、ルーミー、ただおまえが寝てるとこ見てた。

Chandler: Why?
 なんで?

Eddie: Makes me feel peaceful. Please.
 安らかな気持ちになる。どうぞ寝て。

Chandler: I can't sleep now.
 眠れるか!

Eddie: You want me to sing?
 歌おうか?

Chandler: No, look, that's it, it's over, I want you out, I want you out of the apartment now.
 いや。もうたくさんだ。終わりだ。出ていってくれ。この部屋を出てってくれ。

Eddie: Woah, woah, woah, what're, what're you talking about, man?
 おいおいおい! 何を言ってるんだ?

Chandler: Hannibal Lecter...better roommate than you.
 ハンニバル・レクター。おまえよりマシだ。

Eddie: No. See now I don't think you're being fair. I mean one night you see me and you get scared, I mean, what about all the other nights when you don't see me, huh? What about last night when you went and got a drink of water and I was nice enough to hide behind the door, what's that about, huh?
 そんなのおかしいじゃないか。突然俺を見て怖がって。俺に気づかなかった夜はどうなんだ? 昨日の夜は水を飲みに行っただろ。でも俺は親切にもドアの陰に隠れていたんだぞ。

Chandler: I didn't realize that.
 それは知らなかった。

Eddie: Yeah.
 だろ。

Chandler: Get out now!!
 すぐ出て行け!

Eddie: Ok, you really want me out?
 そうか、本当に出ていって欲しいのか?

Chandler: Yes, please.
 ああ、頼むよ。

Eddie: Ok, then I want to hear you say it, I, I want to hear you say you want me out.
 そうか。じゃあおまえがそういうのを聞きたい。出てってほしいとおまえに言ってもらいたい。

Chandler: I want you out.
 出てってほしい。

Eddie: No no no, I wanna hear it from your lips.
 いやいやいや。おまえの口から聞きたい。

Chandler: Where did you hear it from before?
 今のはどこから聞いたんだ?

Eddie: Oh, right, all right, you know what pal, I understand, consider me gone, you know what, I'll be out by the time you get home from work tomorrow.
 そうか、わかったよ。わかった。もう出てくから。明日おまえが仕事から帰る頃にはいなくなってるよ。(寝室を出て行く)

Chandler: Thank you!
 (声に出さずに)助かるよ!

Eddie: I heard that.
 聞こえたぞ。

《セントラルパーク:モニカとレイチェル》
(ジョーイが古い感じの帽子をかぶって来る)
Joey: Hey.
 ヘイ。

Monica: Hey.
 ヘイ。

Rachel: Hey. Well, look at you, finally got that time machine working, huh?
 まぁ、見て。ついにタイムマシンが動いたのね。

Joey: Seriously, you like it? This guy was selling them on 8th avenue and I looked at them and I thought, you know what I don't have?
 マジで、どう? 8番街で売ってたんだけど、それを見て、俺に何が足りないかわかったんだ。何だと思う?

Monica: A mirror?
 鏡?

Joey: Fine, make fun. I think it's jaunty.
 いいよ。笑えばいいよ。俺は粋だと思うね。

Monica: Wow, for a guy who's recently lost his job, you're in an awfully good mood.
 ワオ。最近仕事がなくなったにしてはすごく元気ね。

Joey: Hey, I'll be alright. I mean it's not like I'm starting from square one. I was Dr. Drake Ramoray on Days of Our Lives. Heh? I mean that's gotta have some kind of cachet.
 ああ、大丈夫さ。一から出発ってわけじゃない。俺は「愛の病院日誌」でドクター・ラモーレだったんだ。名誉なことだろ?

Monica: Cachet? Jaunty?
 名誉? 粋?

Joey: Chandler gave me word of the day toilet paper. I'm gonna get some coffee.
 チャンドラーが一日一単語のトイレットペーパーをくれたんだ。コーヒーとってくる。

(フィービーが来る)
Phoebe: Hey.
 ヘイ。

Monica&Rachel: Hey.
 ハーイ。

Phoebe: Oooh, so so so, did you read the book?
 あ、それでそれで? 読んだ?

Monica: Oh my God, it was incredible.
 ああもう、すごかったわ。

Phoebe: Didn't it like totally speak to you?
 すごく通じるものがあったでしょ?

Rachel: Woah, woah, woah, what book is this?
 なになに? 何の本?

Monica: Rachel, you have to read this book. It's called "Be Your Own Windkeeper". It's about how women need to become more empowered.
 レイチェル、この本読むべきよ。「風の守り手」という本なの。もっと女性が力を得るべきだということなのよ。

Phoebe: Yeah and oh, and but there's, there's wind and the wind can make us Goddesses. But you know who takes out wind? Men, they just take it.
 そうよ。風なのよ。風が私達を女神にするの。でも、その風を奪うものはなにかっていうと、男よ。やつらが奪って行くの。

Rachel: Men just take out wind?
 男が風を奪うの?

Phoebe: Ya-huh, all the time, cause they are the lightning bearers.
 そうよ。いつもね。やつらは、雷の担い手だからね。

Rachel: Wow.
 ワオ。

Phoebe: Yeah.
 そうなの。

Rachel: Well, that sounds kinda cool, kinda like The Hobbit.
 なんかかっこいいわね。『ホビット』みたい。

Monica: It is nothing like the Hobbit. It's like reading about every relationship I've ever had, except for Richard.
 『ホビット』とは全然違うわよ。これはまるで私のこれまでの交際に関して読んでるみたいよ。リチャードは別だけど。

Phoebe: Oh yes, no, Richard would never steal your wind.
 そうよ。違うわ。リチャードはあなたの風を奪ったりしないわ。

Monica: No.
 しない。

Phoebe: No, 'cause he's yummy.
 そうよ。だって彼は素敵だもん。

Monica: Yes. But all the other ones.
 そうよ。でも他の全員はダメだわ。

Phoebe: Oh yes. Oh and, the part about how they're always like drinking from out pool of inner power, but God forbid we should take a sip.
 そうよ。それから、いかに彼等は私達の力の泉を飲み干してしまうかっていう部分ね。でも神は私達が飲むことを禁じているのよ。

Joey: Anybody want a cruller?
 誰かドーナツいる?

Phoebe: Ok, this is a typical lightning-bearer thing. Right there, it's like, um, 'Hello, who wants one of my phallic-shaped man-cakes?'
 あれよ。あれが典型的な雷の担い手のすることよ。ほら、「ハロー、誰か男根のカタチしたケーキ欲しい?」みたいな。

(phallic - 男根の)

《エステルの事務所》

Estelle: Don't worry about it already. Things happen.
 もう心配しないの。こういうことはあるものよ。

Joey: So, you're not mad at me for getting fired and everything?
 それじゃ、クビになったりしたこと怒ってない?

Estelle: Joey, look at me, look at me. Do I have lipstick on my teeth?
 ジョーイ。私を見て。私を見て。歯に口紅ついてる?

Joey: No. Can we get back to me?
 いや。俺の話だけど?

Estelle: Look honey, people get fired left and right in this business. I already got you an audition for Another World.
 聞いて。誰もがクビになったりしてる業界よ。もう『別世界』のオーディション用意したわよ。

Joey: Alright. Cab driver number two?
 よかった。(読んで)タクシードライバー2?

Estelle: You're welcome.
 どういたしまして。

Joey: But I was Dr. Drake Ramoray. How can I go from being a neurosurgeon to driving a cab?
 でも僕はドクター・ドレイク・ラモーレだったのに。どうやって神経外科医がタクシードライバーになるんです?

Estelle: Things change, roll with them.
 ことは変わるものよ。流れについていかなきゃ。

Joey: But this is a two line part, it's like taking a step backwards. I'm not gonna do this.
 だけどこれはセリフ2行の役だ。流れが後ろ向きだよ。これはできないよ。

Estelle: Joey, I'm gonna tell you the same thing I told Al Minza and his pyramid of dogs. Take any job you can get and don't make on the floor.
 ジョーイ。アル・ミンザと彼の犬達に言ったのと同じことをあなたにも言うよ。どんな仕事も受けなさい。そして床をトイレにするな。

Joey: I'm sorry. See you.
 悪いけど。また。

《セントラルパーク》

Rachel: Oh, God, oh, God, I mean it's just so.
 ああ! もう! ああ! これは本当にもう。

Monica: Isn't it?
 でしょ?

Rachel: I mean, this is like reading about my own life. I mean, this book could have been called 'Be Your Own Windkeeper Rachel'.
 これはまるで私の人生を読んでいるみたい。この本「風の守り手・レイチェル」ってタイトルでもいいと思うわ。

Phoebe: I don't think it would have sold a million copies but it would have made a nice gift for you.
 それだとミリオンセラーにはならないだろうけど、でもあなたにはいいプレゼントね。

Ross: Hey, you guys.
 やぁ、みんな。

Monica: Hey.
 ハーイ。

Ross: Uh, sweetie we've gotta go.
 (レイチェルに)ね、もう行かなくちゃ。

Rachel: NO!
 いやよ!

Ross: No?
 いや?

Rachel: No, why do we always have to do everything according to your time table?
 いや。どうして私はいつもあなたのスケジュールに会わせて動かないといけないの?

Ross: Actually it's the movie theatre that has the time schedule. So you don't miss the beginning.
 いや、それは映画館のスケジュールだよ。映画をアタマから見たいだろ。

Rachel: No, see, this isn't about the movie theatre, this is about you stealing my wind.
 いいえ。映画館のことじゃないのよ。あなたが私の風を奪ってるってことよ。

Monica: You go girl! . . . I can't pull that off, can I?
 よく言った! 私この言葉使いこなせてないよね。

Ross: Excuse me, your, your, your wind?
 え? 君の・・君の風?

Rachel: Yes, my wind. How do you expect me to grow if you won't let me blow?
 そうよ。私の風よ。あなたが吹かせてくれないから、大きくなれないんじゃない。

Ross: You, you know I, I don't, have a- have a problem with that.
 それは・・その・・僕は問題ないけど・・

Rachel: Ok, I just, I just really need to be with myself right now. I'm sorry.
 もういい。私とにかく今は一人でいたいの。ごめん。

Phoebe: Um-um, um-um.
 ううん。

Rachel: You're right, I don't have to apologize. Sorry. Damn it!
 そうね。謝ることないわ。ごめん、あ、しまった!

《ジョーイの部屋》

Joey: What is it?
 なにって?

Ross: I, I don't know, it's got all this stuff about wind and trees and there's some kind of sacred pool in it. I mean, I don't really get it but she's, she's pretty upset about it.
 わからないけど、風とか木とか、何か神聖なプールとか。よくわからないけど、彼女はとにかくそれで取り乱してるんだ。

Joey: See, this is why I don't date women who read. Uh-oh.
 ほらな。だから俺は本を読む子とはデートしないんだ。お・・っと。

Ross: What, what's that?
 どうした?

Joey: It's my VISA bill. Envelope one of two. That can't be good.
 ビザの請求だ。封筒2つだって。これはまずいよな。

Ross: Open it, open it.
 開けて、開けてみて。

Joey: Oh, my God.
 わぁ。これは・・。

Ross: Woah.
 ウワォ。。

Joey: Look at this, how did I spend so much money?
 これ見ろよ。俺どうやってこんなに使ったんだ?

Ross: Uh Joey, that's just the minimum amount due, that's your total due.
 ジョーイ、それは小計だぞ。こっちが合計金額だ。

Joey: Ahh.
 うわー。

Ross: What, woah, woah, $3500 at porcelain safari?
 おいおいおい、陶磁器のサファリ3,500ドル?

Joey: My animals. The guy said they suited me, he spoke with an accent, I was all confused. I don't know what I'm gonna do.
 この動物達だよ。俺に合うって言われたんだよ。方言で話されて、わけわかんなくなったんだよ。どうしたらいいんだ。

Ross: Well I guess you can start by driving a cab on Another World.
 そうだな。「別世界」でタクシードライバーから始めるしかないんじゃないか?

Joey: What?
 なに?

Ross: That audition.
 オーディションだよ。

Joey: That's a two line part.
 あれは2行しかセリフがない役だぞ。

Ross: Joey, you owe $1100 at I Love Lucite.
 ジョーイ、おまえは「アイ・ラブ・ルーサイト」ってのに1,100ドル払わなきゃならないんだぞ。

Joey: So what.
 それが何だよ。

Ross: So suck it up man, it's a job, it's money.
 だからもうあれこれ言ってる余裕はないってことだよ。仕事して、稼がないと。

Joey: Hey, look, I don't need you getting all judgemental and condescending and pedantic.
 おい、批判的で恩着せがましく衒学的になることないだろ!

Ross: Toilet paper?
 トイレットペーパーか?

Joey: Yeah.
 ああ。

Ross: Look, I'm not being any of those things, ok, I'm just being realistic.
 いいか、そういうことじゃないんだ。ただ現実的に言ってるだけだ。

Joey: Well knock it off, you're supposed to be my friend.
 やめてくれ。友達じゃないのか。

Ross: I am your friend.
 友達だよ。

Joey: Well then tell me things like, 'Joey you'll be fine,' and, 'Hang in there,' and, and, 'Something big's gonna come along, I know it.'
 だったら、友達らしいことを言ってくれよ。「ジョーイ、大丈夫だよ」とか「頑張れ」とか「きっとでっかいことがやってくる、わかるんだ」とか。

Ross: But I don't know it. What I do know is that you owe $2300 at "Isn't it Chromantic?"
 いや、わからないよ。僕にわかるのは、おまえは「これってクロマンチックじゃない?」に2,300ドル払わなきゃならないってことだよ。

Joey: Hey Ross, I'm aware of what I owe.
 おい、ロス、俺は自分が払わなきゃならないものはわかってる。

Ross: Ok, well then get some sense. I mean it took you what, 10 years to get that job, who knows how long it's gonna be till you get another.
 そうか。じゃあ現実を見ろ。いいか、あの仕事を得るまで10年かかったんだ。今度またチャンスが来るまで何年かかるかわからないんだぞ。

Joey: Look, I don't wanna hear this right now.
 おい、そんなこと今聞きたくない。

Ross: Huh, I'm just saying...
 僕がただ言いたいのは・・

Joey: Well, don't just say.
 いや、ただ言うな。

Ross: You know, maybe, maybe I should just go.
 もう行った方がいいのかな。

Joey: Ok.
 そうだな。

Ross: Ok. I'll see you later. Just think about it, ok.
 そうか。じゃあまたな。考えるんだぞ。

Joey: I don't need to think about it. I was Dr. Drake Ramoray! That was huge! Big things are gonna happen, you'll see. Ross! You still there?
 考える必要ないよ。俺はドクター・ドレイク・ラモーレだったんだ! すごいことだったんだ! また大きいことがやってくるんだ、見てろ! ロス! もういないの?

《チャンドラーの部屋・エディがいないと思って入ってくる》

Eddie: Hey pal.
 やぁ。

Chandler: Ahhhh-gaaaahhh. Eddie, what're you still doing here?
 わーーっ! エディ、おまえまだここで何してるんだ?!

Eddie: Ah, just some basic dehydrating of a few fruits and vegetables. Man alive, this thing's fantastic!
 果物や野菜を乾燥させてるんだけど。もう本当に! 最高だぜ!

Chandler: Look Eddie, aren't you forgetting anything?
 おい、エディ、何か忘れてないか?

Eddie: Oh yeah, that's right, look I got us a new goldfish. He's a lot feistier that the last one.
 ああ、そうそう。ほら、新しい金魚だ。前のよりうんと威勢がいいだろ?

Chandler: Maybe because the last one was made by Pepperidge Farm. Look Eddie, isn't there something else you're supposed to be doing right now?
 そりゃ前のはペッパーリッジ・ファーム製だったからじゃないか? おい、エディ、おまえいま、他にやることがあるはずじゃなかったか?

Eddie: Well, not unless it's got something to do with dehydrating, my man, because right now I'm a dehydrating maniac!
 乾燥すること以外にはないはずだ。だってほら、俺はいま乾燥オタクだからさっ!!

Chandler: Look you have to help me out here. I thought we had a deal. I thought by the time...
 おい、助けてくれ。俺たち話をつけたはずだぞ。いまごろは・・

Eddie: Ah-ah-ah, you know what that is?
 おおお。これが何かわかるか?

Chandler: Your last roommate's kidney?
 おまえの元ルームメイトの肝臓?

Eddie: That's a tomato. This one definitely goes in the display.
 トマトだ。これはディスプレイしないとな!

《セントラルパーク》

Joey: Hey, Gunther, let me get a lemonade to go.
 ヘイ、ガンター、レモネート持ち帰りで。

Gunther: Lemonade? You ok, man?
 レモネード? 大丈夫?

Joey: Ah, it's career stuff. I don't know if you heard but they killed off my character on the show.
 ああ、仕事でね。知ってるかもしれないけど、番組で俺の役が死んでしまったんだ。

Gunther: Oh, that's too bad. How'd they do it?
 ああ、それは残念だったな。どうやって?

Joey: I fell down an elevator shaft.
 エレベーターシャフトに落ちた。

Gunther: That sucks. I was buried in an avalanche.
 最悪だな。僕は雪崩だった。

Joey: What?
 なんだって?

Gunther: I used to be Bryce on All My Children.
 僕は「オール・マイ・チルドレン」でブライス役だったんだ。
(こういう事実はない)

《モニカ達の部屋》
(チャンドラーがカウチで寝ていて、モニカが通りかかって見たときに目覚める)
Chandler: Daaahhhh!
 わーっ!

Monica: Aaahhhhhhh! Aaahhhh!
 きゃーっ!

Chandler: Why must everybody watch me sleep? There'll be no more watching me sleep, no more watching.
 なんで俺の寝てるところを見なきゃならないんだ? 俺が寝てるとこを見るな。もう誰も見るな。

Monica: I wa-
 私は・・

Chandler: Uuuh.
 ダーっ!

《チャンドラー達の部屋》

Eddie: Hey man, check it out, I got some great stuff to dehydrate here. I got some grapes, got some apricots, I thought it would be really cool to see what happens with these water balloons.
 よぉ。これ見ろよ。乾燥させるのにちょうどいいものなんだ。グレープだろ、アプリコットだろ。あとこの水風船が乾燥していくのを見るのは超クールだと思うんだな。

Chandler: Get out. Get out, get out, get out, get out, get out, get out.
 出て行け。出て行け。出て行け。出て行け。出て行け!

Eddie: What?
 なに?

Chandler: You, move out. Take your fruit, your stupid small fruit and GET OUT!
 おまえ、出て行く。果物もって、その小さくなったバカバカしい果物もって出ていけ!

Eddie: You, you want, you want me to move out?
 おまえ、おまえ、俺に出てって欲しいわけ?

Chandler: Uh-huh.
 ああ!

Eddie: I uh, I gotta tell you man, I mean, that's uh, it's kinda out of the blue, I mean, don't you think?
 これは・・言わせてくれ、これは青天の霹靂だよ。そう思わないか?

Chandler: This is not out of the blue, this is smack dab in the middle of the blue.
 これは全然青天の霹靂なんかじゃない! これはもろ、雷雲から霹靂!

(smack-dab = まともに、もろに)

Eddie: Ohhhh. Relax, take it easy buddy. Tell me twice, you want me to go? Alright, alright, guess I'll be back for my stuff. . . But if you think for one second I'm leaving you alone with my fish, you're insane, Jack!
 おい、落ち着いてくれ。落ち着いて。出てってほしいわけだな? わかった。わかったよ。荷物を取りにまた来るよ。・・(出て行ってすぐ戻ってくる)だが俺の金魚をおまえと一緒に置いてくと思ったら大間違いだ! イカれたジャックめ!

Chandler: You want some help.
 なんかいる?

Eddie: No help required, Chico. [reaches into the tank and grabs the fish and puts it in his pocket]
 おまえの助けなどいらない。(手でとって出て行く)

《ジョーイ・タクシードライバーのオーディション》

Joey: All the way to the airport, huh? You know that's over 30 miles, that's gonna cost you about so bucks.
 空港までですね。そうすると30マイル以上だから、SOドルぐらいですよ。

Castubg guy: Excuse me, that's 50 bucks.
 ちょっと。50ドルだよ。

Joey: What?
 え?

Castubg guy: Five-O dollars.
 50ドル。

Joey: Ohh, you know what it is? It's smudgy 'cause they're fax pages. Now, when I was on Days of Our Lives as Dr. Drake Ramoray, they'd send over the whole script on real paper and everything.
 ああ、なんでかっていうと、ファックスで文字がかすんだからですよ。「愛の病院日誌」でドクター・ドレイク・ラモーレをやってた時は、ちゃんとした紙の台本を送ってきたけどね。

Castubg guy: That's great.
 それはよかったね。

Joey: And, and just so you know, if you wanted to expand this scene like, like have the cab crash or something, I could attend to the victims 'cause I have a background in medical acting.
 お伝えしておきたいんですけど、このシーンを広げたいってことになって、タクシーが事故ったりするんだったら、被害者を診ることもできますよ。医者の演技をしてきたんだから。

Castubg guy: Ok, listen, thanks for coming in.
 ああ、じゃ、来てくれてありがとう。

Joey: No no, uh, don't thank me for coming in. Uh, at least let me finish. "Uh, we could take the expressway but uh, this time of day you're better off taking the budge". . . You were going for the word bridge there, weren't you. I'll have a good day.
 いやいや、来ただけってことにしないでください。せめてこれ終わりまでやらせてください。「高速を使うこともできるけど、バッジはやめた方がいい」・・・バッジじゃなくてブリッジってことですよね、失礼しました。気をつけて帰ります。

《モニカ達の部屋》

Phoebe: Ok, question number 28, have you ever allowed a lightning bearer to take your wind? I would have to say no.
 いい? クエスチョンNo.28。雷の担い手に風を奪わせたことがあるか? 私は「ノー」って言わせてもらうわ。

Monica: And I would have to say pah-huh.
 私は「はぁ?!」って言わせてもらうわ。

Phoebe: What?
 なによ?

Monica: Do you not remember the puppet guy?
 パペット男覚えてないの?

Rachel: Yeah, you like totally let him wash his feet in the pool of your inner power.
 そうよ。あなたのうちなるパワーのプールで彼に足を洗わせていたわよね。

Monica: And his puppet too.
 彼のパペットもね。

Phoebe: Yeah ok, well at least I didn't let some guy into the forest of my righteous truth on the first date.
 ああそう。でも少なくとも私は最初のデートで私の正義の真実の森に男を入れたりしてないわよ。

Monica: Who?
 誰のことよ?

Phoebe: Paul.
 ポール。

Monica: Oh.
 ああ。

Rachel: Ok, ok, ok, moving on, moving on, next question. Ok, number 29, have you ever betrayed another goddess for a lightning bearer? Ok, number 30.
 わかったから、先へ行きましょう。ね。次の質問。いい? No.29。あなたは雷の担い手のために他の女神を裏切ったことがあるか? はい、No.30。

Monica: Woah, woah, woah, let's go back to 29.
 ちょっとちょっと。29番へ戻りましょうよ。

Rachel: Not uh, not to my recollection.
 えー。記憶にはございませんわ。

Monica: Huuh, alright, Danny Arshack, ninth grade. Oh, come on, Rach, you know the bottle was totally pointing at me.
 ハハ! いいわよ。ダニー・アーシャック、9年の時。どうなの、レイチ。あの時ボトルは完全に私の方に向いてたのに。

Rachel: Only 'cause you took up half the circle.
 それはあなたが周りの輪の半分をしめてたからでしょう?

spinthebottle.jpg
(ボトルは自分の方に向いていた、circle ってことは
 spin the bottle をしていたってことかと思います。
 ボトルが向いた相手とキスをしたりするゲーム)


Phoebe: Listen to you two. It's so sad. Looks like I'm gonna be going to the goddess meetings alone.
 あなたたち2人のいうこと聞いてごらんなさいよ。哀しいわね。女神の集会に行けるのは私だけみたいね。

Rachel: Well, not when they find out you slept with Jason Hurley an hour after he broke up with Monica.
 あら、モニカと別れた1時間後にジェイソン・ハーレイと寝たってわかったらそうはいかないわよ。

Monica: One hour?
 1時間?

Phoebe: You are such a leaf blower.
 あなたって葉の散らし手ね!

(モニカとレイチェルがドアをバタンと閉めて行ってしまったのでフィービーは箱のフタをバタンとする)

《ジョーイの部屋:買ったものを引き上げていく》

Joey: Oh hey uh, be careful with that 3-D last supper, Judas is a little loose.
 あ、その3D最後の晩餐には気をつけて。ユダがちょっと取れそう。

(ロスが来る)
Ross: Oh my God, what's going on?
 なんだ? なにごと?

Joey: They're taking all my stuff back. I guess you were right.
 俺の買ったもの引き上げてくんだ。おまえの言った通りだよ。

Ross: No, look, I wasn't right, that's what I came here to tell you. I was totally hung up on my own stuff. Listen, I'm someone who needs the whole security thing, you know. To know exactly where my next paycheck is coming from. But you, you don't need that. And that's amazing to me. I could never do what you do, Joey.
 いや。僕は間違ってたよ。それを言いにきたんだ。僕のこだわりで話してた。聞いて。僕は、何もかもきっちりしてないといけないんだ。次の収入がいつか知ってないといけない。でもおまえは違う。それは素晴らしいことだよ。僕にはマネができないことなんだ、ジョーイ。

Joey: Thanks, Ross.
 ありがと、ロス。

Ross: Yeah. And you should hold out for something bigger. I can't tell you how much respect I have for you not going to that stupid cab driver audition.
 おまえは大きなことに賭けるべきだよ。バカげだタクシードライバーのオーディションに行かなかったことでどんなに尊敬するか、言葉にならないよ。

Joey: I went.
 行ったんだ。

Ross: Great, how did it go?
 よかった。どうだった?

Joey: I didn't get it.
 受からなかったよ。

Ross: Good for you.
 よかったじゃないか!

Joey: What?
 なんで?

Ross: You're living the dream.
 おまえは夢に生きるんだ。

Joey: Huh?
 は?

Ross: All right then.
 それでいいんだ。

Joey: Oh, not my parrot.
 ああ、俺のオウムまで。。

Ross: What?
 なに?

Joey: I can't watch this.
 見てられないよ。

Ross: Hey hold on, hold on. How much for the uh, how much to save the bird?
 ちょっと待って、ちょっと。その鳥はいくら出せば置いてってくれる?

Mover: 1200.
 1,200。

Ross: Dollars? You spent $1200 dollars on a plastic bird?
 ドル? おまえプラスチックの鳥に1,200ドル使ったの?

Joey: Uhhh, I was an impulse buy, near the register.
 あー、衝動買いだったんだ。レジのそばにあって。

Ross: Go ahead, go ahead with the bird. Ok, do you have anything for around 200?
 (Mover に)行っていいよ。鳥は持ってっていい。それじゃ、200ドルぐらいのものはない?

Mover: Uh, the dog.
 えーっと、犬だね。

Ross: Huh.
 これね。

Mover: Yeah.
 ああ。

Ross: I'll take it. My gift to you man.
 これもらうよ。(ジョーイに)おまえにプレゼントだ。

Joey: Thanks Ross. I really like that bird though…But the dog!
 ありがとう、ロス。本当はあの鳥が好きなんだけど・・いや、犬もいい!

《セントラルパーク》

Rachel: Here are your cakes.
 ケーキよ。

Monica: We didn't order cake.
 ケーキは頼んでないわ。

Rachel: No, I know, they're from me. Look, you guys this is not good. I mean we have enough trouble with guys stealing our wind without taking it from each other.
 ええ。これは私からよ。ねぇ、こんなのよくないわ。ただでさえ男に風を奪われてるのに、私達の間で取り合うなんて。

Monica: You're right.
 その通りね。

Rachel: You know?
 でしょう?

Phoebe: I love you goddesses. I don't ever want to suck your wind again.
 愛してるわ、女神達。あなた達の風を二度と奪わない。

Rachel: Thank you. So are we good?
 ありがとう。じゃあこれで私達大丈夫ね?

Monica: We're good.
 大丈夫よ。

Rachel: We're good?
 大丈夫?

Phoebe: Yeah.
 ええ。

Rachel: Ok, let me take these cakes back 'cause they're gonna take that out of my paycheck.
 わかった。じゃあケーキは戻してくるわね。お給料からひかれちゃうから。

(チャンドラーが来る)
Chandler: Ding dong, the psycho's gone.
 キンコン♪ サイコ野郎は出てった。

Monica: Are you sure this time?
 今度は間違いない?

Chandler: Yes, yes I actually saw him leave. I mean that guy is standing in the window holding a human head. He is standing in the window holding a human head!!
 ああ。出て行くところを見たんだから。あいつ、窓の外でヒトの頭を持って立ってる。あいつ、窓の外でヒトの頭を持って立ってる!!

Eddie: [enters] Check it out man, I tore it off some mannequin in the alley behind Macy's.
 (入ってきて)これ見ろよ。メイシーズの裏通りのマネキンから取ってきたんだ。

Monica: There is no alley behind Macy's.
 メイシーズに裏通りなんてないわよ。

Eddie: So I got it in the junior miss department, big diff. Anyway check it out man, it's gonna make a hell of a conversation piece at our next cocktail party, huh pal?
 デパートの女性向け売り場から取ってきたんだよ。そう違わないだろ。とにかく見てくれよ。俺たちの今度のカクテルパーティで格好の話題作りになるだろ。な?

Chandler: Our next cocktail party?
 「俺たちの今度のカクテルパーティ」?

Eddie: Yeah, you know, put chips in it, we'll make like a chip chick.
 ああ。チップスを入れて、チップチックなんてね。

Chandler: Eddie, do you remember yesterday?
 エディ、おまえ昨日のこと覚えてる?

Eddie: Yes, I think I vaguely recall it.
 ああ、うっすらとね。

Chandler: Do you remember talking to me yesterday?
 俺と昨日話したこと覚えてる?

Eddie: Yes.
 ああ。

Chandler: So what happened?
 それでどうなった?

Eddie: We took a road trip to Las Vegas, man.
 俺たちラス・べガスへドライブしたんだよな。

Chandler: Oh, sweet Moses.
 おお、愛しいモーゼよ。

Monica: So on this road trip, did you guys win any money?
 それでそのドライブに行って、いくらか勝ったの?

Eddie: Naah, I crapped out, but Mr. 21 over here! He cleans up, 300 bucks! Check it out, he buys me these new shoes, sweet huh?
 いや、俺はダメだったけど、この人は違うよ。彼は300ドルぼろもうけ、この靴を買ってくれたんだ、見てくれ。優しいだろ?

Monica: Nice.
 素敵。

Eddie: Yeah. Well see you upstairs. See you, pals.
 ああ。じゃあ、また部屋でな。

Phoebe: Is anyone else starting to really like him?
 彼のこと本当に好きになり始めたの私だけ?

《チャンドラー達の部屋の前:入ろうとするエディ》
(ドアが開かないのでノックする)
Chandler: May I help you?
 何か?

Eddie: Why doesn't my key work and what's all my stuff doing downstairs?
 なんで俺の鍵で開かないんだ? それに俺の荷物が下にあったのはなんで?

Chandler: Well, I'm, I'm sorry... Ahhh. Have we met?
 いや・・失礼・・(エディがドアの隙間に顔を突っ込んだので)わぁ! 前にお会いしました?

Eddie: It's Eddie you freak, your roommate.
 エディだよ。おかしな奴だな。ルームメイトだ。

Chandler: I, I'm sorry, I. . . I already have a roommate.
 失礼ですが・・(チェーンを外す)ルームメイトはもういますけど。(ジョーイがイスを回転させて姿を見せる)

Joey: Hello.
 やぁ。

Chandler: Yeah, he's lived here for years, I don't.. I don't know what you're talking about, man.
 彼はもう何年もここに住んでます。あなたのおっしゃることがわかりませんが。

Eddie: No he, he moved out and I moved in.
 いや、彼は出てって、それで俺がここに入ったんだ。

Chandler: Well I, I think we'd remember something like that.
 いやー、そんなことがあれば、僕ら覚えてると思うんですよね。

Joey: I know I would.
 俺なら覚えてる。

Eddie: Well that's uh, that's a good point. Ok, well, uh, I guess I got the wrong apartment then. I'm, look, I'm, you know, I'm sorry, I'm terribly sorry.
 いや、それは確かに。いや、じゃあアパートを間違えたのかな。俺・・どうも・・いや、悪かった。申し訳ないね。

Joey: Hey, no problem.
 いや、気にしないで。

Chandler: See you. . . Good bye! You fruit drying psychopath. So you want me to help you unpack your stuff?
 さよなら! (ドアを閉める)グッドバイ! 乾燥フルーツサイコパス! (ジョーイに)それじゃ、荷ほどき手伝おうか?

Joey: Na, na I'm ok. Oh and uh, just so you know, I'm not moving back in 'cause I have to. Well, I mean, I do have to. It's just that that place wasn't really, I mean, this is...
 いや、いいよ。あとそれから、言っておきたいんだけど、戻らなきゃならないから戻ったんじゃないんだ。いや、確かに戻らないといけないんだけど。でも、あそこは本当に、つまりここが・・。

Chandler: Welcome home, man.
 よく帰ってきたな!(ハグして踊る)

Joey: A little foos?
 フーズボールする?

Chandler: Absolutely.
 するとも!

Joey: What happened to the foosball?
 このボールどうなってんの?

Chandler: Ah that's a cantaloupe.
 ああ、それはメロンだ。

《チャンドラー達の部屋;時間経過》

Chandler: Hey look, are we gonna have to bring this out every time Ross comes over?
 なぁ、これロスが来るたびに部屋から出してこないといけないのか?

Joey: He paid a lot of money for it.
 これ高いのにやつが買ってくれたんだ。

Chandler: I'm gonna hold him a different way. Look I don't understand, if you hated it so much, why did you buy it in the first place?
 (犬のお尻を持っていたので)持ち方変えるよ。わからないよ。そんなにキライなら最初になんで買ったんだ?

Joey: Well, I had a whole ceramic zoo thing going over there but now, without the other ones, it just looks tacky.
 セラミックの動物達のセットで買ったんだ。でも、他のがいなくなってこれだけだと、趣味悪いよ。

Chandler: So, is he house-trained or is he gonna leave little bathroom tiles all over the place? Stay. Good, Stay! Good fake dog.
 それで、この犬トイレトレーニングはできてるのか、それともあちこちでしちゃうわけ? (犬に)マテ。よし。マテ! よーし、ニセモノ犬。

(leave little bathroom tiles .. は、house-trained(トイレしつけ済) と "or" で
 つながっていることから、トイレのしつけができてないと
 いうことになります。セラミックでできた犬だから、排泄物は
 セラミックタイルというのがチャンドラーらしいかなと思います。)




にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村


英語 ブログランキングへ
posted by らんち at 00:24| Comment(0) | Season2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。