2013年06月21日

2-18 The One Where Dr. Ramoray Dies

2-18 ドクター・ラモーレが死んでしまう話

 ☆初めてのケンカ☆

《モニカ達の部屋:「愛の病院日誌」を見ている》

"Amber": Oh, Drake.
 ああ、ドレイク。

"Dr. Ramoray": I'm sorry, Amber. It's just like Brad to have to have the last word.
 残念だよ、アンバー。ブラッドは助からない。

(ロスが来る)
Ross: I'm sorry I'm late, what happened?
 遅れてごめん。どうなった?

Monica: We just wanna see the end.
 もうすぐ終わるわよ。

"Amber": I want you, Drake.
 あなたが欲しいわ、ドレイク。

"Dr. Ramoray": I know you do but you and I can never be together that way.
 わかるよ。でも、君と僕は一緒になれない。

"Amber": What?
 なんですって?

"Dr. Ramoray": There's something I never told you, Amber. I'm actually your half- brother.
 君に言ってないことがあるんだ、アンバー。実は君と僕は異母兄妹なんだ。

(ドラマ終わり)
Rachel: So what happens next?
 それでこの後どうなるの?

Joey: Well, I get the medical award for separating the siamese twins. Then Amber and I go to Venezuela to meet our other half-brother, Ramon. And that's where I find the world's biggest emerald. It's really big but it's cursed.
 シャム双生児を分離させる手術でメディカル・アワードを受賞するだろ、それからアンバーと俺はベネズエラに行って、もう一人の異母兄弟のラモンに会う。そして、世界一のエメラルドを見つける。これがすごいデカくて、そして、のろわれてるんだ。
 
Chandler: God! That is good TV.
 おお! いい番組だ。

《チャンドラー達の部屋》

Chandler: Pheebs, play with me!
 フィーブス、ゲームしようよー!

Phoebe: No. This game is grotesque. Twenty armless guys joined at the waist by a steel bar, forced to play soccer forever. Ahh, hello, human-rights violation.
 いやよ。このゲームはグロテスクだもん。20人の腕のない選手が鉄の棒に腰でつながれて、一生サッカーさせられるのよ。人権はどうなってるの?

Chandler: You know Pheebs, don't feel so bad for them. After they're done playing, I break out the little plastic women and everybody has a pretty good time.
 でもフィーブス、気にしなくていいんだよ。遊んだ後、みんな小さなプラスチックの女の子達と楽しんでいるんだから。

Phoebe: Why don't you play with your roommate?
 ルームメイトと遊んだら?

Chandler: Ah he's. . . he's not a big fan of foosball.
 ああ、やつは・・やつはフーズボールが好きじゃないんだ。

Phoebe: Uh oh, ooh, are we not getting along with the new boy?
 あら? 新しい人とうまくいってないの?

Chandler: No he's, he's alright, just uh, he spends most of his time in his room.
 いや、問題ないけど、ただ、彼は部屋で一人で過ごすことが多いだけだよ。

Phoebe: Maybe that's because you haven't taken the time to get to know him. Let's remedy that, shall we?
 時間をとってわかりあおうとしてないからじゃないの? なんとかしましょうよ。

Chandler: We don't need to remedy that.
 そんなことする必要ないよ。

Phoebe: Oh yeah, it'll be fun.
 するのよ、楽しいわよ。(ボールをドアに当てる)

Eddie: What was that?
 いまの何?

Phoebe: Hi, I just thought that it would be fun if the three of us had some beers and got to know each other.
 ハーイ! 3人でビールでも飲みながら話したらどうかと思って。

Eddie: Yeah, alright, that sounds alright.
 ああ、いいよ。

Phoebe: Oh good, ok. Oh nooo, I have to go because I'm late for my um, Green Eggs and Ham discussion group. Um tonight it's why he would not eat them on a train. Have fun, bye.
 よかった。あ、いけない。私行かなきゃ。グリーン・エッグ&ハムのディスカッションに遅れちゃうわ。今夜は、なぜ彼は電車で食べないか話し合うの。楽しんで。じゃあね。

Chandler: That was so lame.
 ほんとしらじらしいよ。

Phoebe: I know, yeah. Ok, talk to him.
 ほんとね。じゃ、彼と話しなさいね。(出て行く)

Chandler: So, you uh, you think that Speed Racer guy gets a lot of tickets, er?
 それで・・マッハGoGoGoの奴はスピード違反でつかまってると思う?

《チャンドラー達:時間経過》

Eddie: That's good, that's good. So, so, so who broke up with who?
 それはいいね、それはいい。それで、誰と別れたって?

Chandler: What're you kidding? I broke up with her. She actually thought that Sean Penn was the capital of Cambodia.
 冗談だろ? 彼女と別れたさ。彼女、ショーン・ペンがカンボジアの首都だと思ってたんだぞ。

Eddie: That's good man, when everybody knows that the uh, the capital of Cambodia is uh...
 おもしろいね、決まってるよな、カンボジアの首都と言えば・・・

Chandler: Well, it's not Sean Penn.
 ・・ショーン・ペンじゃないよな。

Eddie: Not Sean Penn. Alright, I, I've got a funny one, alright. My last girlfriend Tilly. Ok, we're eating breakfast, right, and I made all these pancakes, there was like 50 pancakes, right. And all of the sudden she turns to me, alright, and she says, 'Eddie.' I say, 'yeah,' she says, 'Eddie, I don't want to see you anymore.' And it was literally like she had reached into my chest, ripped out my heart, and smeared it all over my life, ya know. And now there's like this incredible abyss, ya know, and I'm falling and I keep falling and I don't think I'm ever gonna stop. [finishes laughing] That uh, wasn't such a funny story, was it?
 ショーン・ペンじゃない。俺もおもしろい話があるよ。前のガールフレンドはティリーっていうんだけど、2人で朝食を食べてたんだよ。俺が50個くらいパンケーキを作ってね。突然彼女が俺を見て言った、「エディ」、俺が「ああ」って言って、彼女が「エディ、もう会いたくない」って。まるで胸に手をつっこんで心臓を引っ張りだしてそこらじゅうにぬりたくったみたいな感じで、それで俺はもう底なしの闇に落ちていくようで、いつまでも落ち続けて、終わらないんだ。(笑ってから)そんな面白い話じゃなかったよな。

《セントラルパーク:フィービーが歌っている》

Phoebe: And a crusty old man said I'll do what I can and the rest of the rats played maracas. That's it, thanks, good night.
 (歌)そしてみすぼらしいおじいさんは、できることをやるって言って、ほかのネズミ達はマラカスを振ってたよ。(終わり)以上です、ありがとう。おやすみ。

Richard: Phoebe's got another job, right?
 (モニカに)フィービーって他に仕事あるんだよね?

Rachel: Great set tonight, Pheebs.
 よかったわよ、フィーブス。

Phoebe: I know.
 わかってるわよ。

Ross: Well, we should probably get going.
 さぁ、もう行かないと。

Richard: Um, we should go too, I got patients at 8 in the morning.
 僕らも行かないと。明日の朝8時に患者が来るんだ。

Monica: You know, I was thinking. You know, how we always stay at your apartment? Well, I thought maybe tonight we'd stay at my place.
 ねぇ、考えたんだけど、私達いつもあなたの部屋で過ごすじゃない? 今夜は私の部屋に泊まったら?

Richard: I don't know, I don't have my jammies.
 どうかな。パジャマ持ってないし。

Monica: Well, maybe you don't need them.
 パジャマなんていらないかもよ。

Ross: My baby sister, ladies and gentlemen.
 これが僕の妹だ、みなさん。

Monica: Shut up, I'm happy.
 黙ってて。私は幸せなんだから。

Phoebe: Oh, this is so nice. Alright, I have to make a speech. I just wanna say that of all the guys that Monica has been with, and that is a lot, I like you the best.
 本当にいい感じね。一言言わせて。モニカはこれまで、たっくさんの人とつきあってきたけど、私あなたが一番好きよ。

Richard: Oh, thank you, Pheebs. That's very sweet.
 おお、ありがとう、フィーブス。優しいね。

Phoebe: Ok.
 ええ。

Richard: Hear that? She likes me best, and apparently there've been a lot.
 聞いた? 彼女僕が一番だって。たくさんいたんだって。

Monica: Not a lot, Phoebe's kidding, Phoebe's crazy.
 たくさんじゃないわよ。フィービーはふざけてるのよ。フィービーはおかしいのよ。

Rachel: Phoebe's dead.
 フィービーは終わったわね。

《チャンドラー達の部屋:ノックに応えるチャンドラー》

Tilly: Hi.
 どうも。

Chandler: Hi.
 ハーイ。

Tilly: I'm looking for Eddie Minowick.
 エディ・ミノウィックはこちらですか?

Chandler: Oh, uh, he's not here right now, uh, I'm Chandler, can I take a message, or, or a fish tank?
 ああ、彼は今留守なんだ。僕はチャンドラー。メッセージ預かりましょうか? それと水槽も?

Tilly: Thanks.
 ありがとう。

Chandler: Oh, oh, come on in.
 ああ、入って。

Tilly: I'm Tilly.
 私はティリー。

Chandler: Oh.
 おお。

Tilly: I gather by that "oh" that he told you about me.
 「おお」ってことは、私について聞いたのね?

Chandler: Oh yeah, your uh, name came up in a uh, conversation that terrified me to my very soul.
 ああ、あなたの名前出てきましたけど、その話で僕はもう、魂までビビりましたよ。

Tilly: He's kind of intense, huh?
 彼って強烈って感じでしょ?

Chandler: Yes. Hey, can I ask you, is Eddie a little...
 そう。ねぇ、聞いていいかな、エディってちょっと・・

Eddie: A little what?
 (突然ドアの向こうに現れ)ちょっと何?

Chandler: Bit country? Come on in here you roomie.
 ちょっと素朴? 入って、ルーミー!

Eddie: Hello, Tilly.
 やぁ、ティリー。

Tilly: Eddie, I just came by to drop off your tank.
 エディ、あなたの水槽を持ってきたのよ。

Eddie: That's very thoughtful of you. It's very thoughtful.
 それは親切なことだね。本当に親切だね。

Tilly: Well, ok then. I'm gonna go. Bye.
 それじゃ、もう行くわね。さよなら。

Eddie: Bye-bye.
 バイバイ。

Chandler: Bye.
 バイ。

Chandler: So, we getting a fish?
 俺たち金魚飼うの?

Eddie: You had sex with her didn't you?
 彼女と寝ただろ?

《セントラルパーク:フィービーがいるところにジョーイが走ってくる》

Joey: Pheebs, check it out, check it out, check it out, check it out.
 フィーブス、これ見て! これ見て! これ見て! これ見て!!

Phoebe: Oh, ooh, Soap Opera Digest, oh that's one of my favorite digests.
 おお! ソープオベラ・ダイジェスト! 私のお気に入りのダイジェストだわ!

Joey: Page 42, page 42, page 42.
 42ページ、42ページ、42ページ!

Phoebe: Ok, ok, ok. Ooh, hey 'New doc on the block, Days of Our Lives' Joey Tribbiani.' Ooh, cool picture.
 わかった、わかったわ。おおぉぉ、「新しいドクター『愛の病院日誌』のジョーイ・トリビアーニ」。わぁ、素敵な写真ね。

Joey: Ooh, I look good.
 おお。俺ハンサム。

Phoebe: Hey is this true, that you write a lot of your own lines?
 ねぇ、これ本当? あなたのセリフあなたが書いてるって?

Joey: Well, kind of, yeah. Like, remember last week when Alex was in the accident? Well the line in the script was, 'If we don't get this woman to a hospital, she's going to die.' But I made it, ' If this woman doesn't get to a hospital, she's not gonna live.'
 いやそんな感じかな。先週のアレックスが事故に会った時覚えてる? 台本には「この女性を病院へ運ばないと、彼女は死んでしまう」だったんだけど、俺は「この女性を病院へ運ばないと、彼女は生きられない」にしたんだ。

Phoebe: Oh, ok, I see what you did there. Aren't you afraid though, that the writers are gonna be kinda mad when they read this?
 ああ、なるほどね。でも、台本書いた人がこれを読んだら怒るんじゃないかって思わない?

Joey: Huh? Never really thought about the writers. The scripts just kinda come to my house. But you know what? This makes me look good, which makes the show look good, which makes the writers look good, so how could they be mad about that?
 え? ライターのことは考えなかったよ。台本は家に届くから。でもさ、これで俺がよく見えて、そうすると番組もよく見えて、するとライターもよく見えるだろ。怒ることないんじゃないか?

《ライター》

Writer: Makes up most of his lines. Son-of-a-. Yeah, well, write this, jerk-weed.
 ほとんどのセリフを書いてるだって? このクソ・・よし、書いてやる。この野郎め。

《家で台本を読むジョーイ》

Joey: I fall down an elevator shaft? What the hell does this mean, I fall down an elevator shaft?
 エレベーターシャフトに落ちる? これどういうことだよ? 俺がエレベーターシャフトに落ちる?

Delivery Guy: Uhh, I don't know, I just bring the scripts.
 あー、わからないよ。台本を持ってきただけだから。

Joey: They can't kill me, I'm Francesca's long-lost son.
 殺すなんてありえないよ。フランセスカとやっと会えた息子なのに。

Delivery Guy: Right. Could you sign this?
 そう。サインもらえる?

Joey: No. No way, I'm not signing that.
 とんでもない。こんなのサインしない。

Delivery Guy: I don't think that's gonna affect the plot of the show.
 サインしなくても、シナリオに変化はないと思うよ。

Joey: How can they do this to me?
 なんでこんなことできるんだ?

Delivery Guy: All right, I'm just gonna go. Sorry.
 じゃあ、もう行くよ。残念だったね。

《モニカ達の部屋:2カップルが戻ってくる》

Monica: Well, it wasn't that many guys. I mean, if you consider how many guys there actually are, it's a very small percentage.
 そんな大勢の人じゃないわよ。だって、全男性から比べたら小さなパーセンテージよ。

Richard: Hey, it's not that big a deal, I was just curious.
 別にたいしたことじゃないよ。ただちょっとした好奇心さ。

Ross: Good night.
 おやすみ。

Rachel: Night Richard. Good luck, Mon.
 おやすみ、リチャード、がんばって、モン。

Monica: Alright, before I tell you, uh, why don't you tell me how many women you've been with.
 いいわ。私が言う前に、あなたが何人の女性とつきあったか教えて。

Richard: Two.
 2人。

Monica: Two? Two? How is that possible? I mean, have you seen you?
 2人? 2人? ありえないでしょ? 自分を見たことないの?

Richard: Well, I mean, what can I say? I, I was married to Barbara for 30 years. She was my high school sweetheart, now you, that's two.
 いや、なんと言えばいい? バーバラと30年結婚してただろ、彼女は高校の時の恋人だ。そして今、君。これで2人だ。

Monica: Two it is. Ok, time for bed, I'm gonna go brush my teeth.
 ほんと2人ね。さぁ、寝る時間ね。歯を磨いてくるわ。

Richard: Woah, woah, no wait a minute now. Come on it's your turn. Oh come on. You know, I don't need the actual number, just a ballpark.
 おいおい。ちょっと待って。君の番だよ。ほら。はっきりした数字じゃなくても、だいたいでいいよ。

(ballpark = 概算(野球場のおおまかな入場者数から))

Monica: Ok, it is definitely less than a ballpark.
 野球場に入るほどの人数じゃないことは確かよ。

《レイチェルとロス》

Rachel: Wow, I am so glad I'm not Monica right now.
 ワオ。モニカじゃなくてよかった。

Ross: Tell me about it. So what, what's your magic number?
 ほんとだよ。それで、君のマジックナンバーは?

Rachel: Uhhhooo.
 おおぉ。

Ross: Come on, you know everyone I've been with. All, both of them.
 いいじゃないか。君は僕がつきあった全員知ってるだろ。2人全員。

Rachel: Well, there's you.
 そうね。まず、あなたでしょ。

Ross: Better not be doing these in order.
 順番通りにいかないんだね。

Rachel: Ok, uh, Billy Dreskin, Pete Carney, Barry, and uh, oh, Paolo.
 わかったわ。ビリー・ドレスキンでしょ、ピート・カーニー、バリーでしょ。それから、パウロね。

Ross: Oh yes, the weenie from Turinie.
 ああ、あのイタリア野郎ね。

Rachel: Oh honey, are you jealous of Paolo? Oh, come on, I'm so much happier with you than I ever was with him.
 まぁあなたったら、パウロにヤキモチ? 彼と一緒だった時よりいまはずっと幸せよ。

Ross: Really?
 ほんと?

Rachel: Oh please. That Paolo thing was barely a relationship. All it really was just, you know, meaningless animal sex. Ok, you know, that sounded soooo much better in my head.
 もちろんよ。パウロとは関係というほどのこともなかったわ。ただの意味もない獣のようなセックスだけよ。ちょっと待って。今のはすごくよく聞こえちゃったわよね。

《ジョーイ達の部屋》

Chandler: Eddie, I didn't sleep with your ex-girlfriend.
 エディ、君の元彼女と寝たりなんかしてないよ。

Eddie: That's very interesting, you know, 'cause that's exactly what someone who slept with her would say.
 とても興味深いね。だって、彼女と寝たやつはまさしく、そう言うに違いないよね。

Chandler: This is nuts. This is crazy. She came over for like two minutes, dropped off a fish tank, and left, end of story.
 そんなバカな。おかしいよ。彼女がいた時間は2分ってところだ。水槽を持ってきて、そして帰った、それだけだ。

Eddie: Where's Buddy?
 バディはどこだ?

Chandler: Buddy?
 バディ?

Eddie: My fish, Buddy.
 俺の金魚のバディだよ。

Chandler: There was no fish when she dropped it off.
 彼女が持ってきた水槽に金魚はいなかったぞ。

Eddie: Oh, this is, this is unbelievable. I mean, first you sleep with my ex-girlfriend then you insult my intelligence by lying about it and then you kill my fish? My Buddy?
 ああもう信じられない! 元彼女と寝ておいて、そしてウソをついて俺をバカにして、そして今度は俺の金魚を殺した?! 俺のバディを?

Chandler: Hey I didn't kill your fish. Look Eddie... Would you look at what I'm doing here. That can't be smart. So we're just gonna take this guy right off ya and put him here in Mr. Pocket. Tangelo?
 おい、君の金魚なんて殺してない。聞いて、エディ(肩に手を置いて)これ見た? これはよくないよね。この手は君から離して、そいてポケット君の中に入れておこう。。。タンジェロ?(投げるが無視される)

《モニカのベッドルーム》

Richard: That's it? That's the giant number you were afraid to tell me?
 それだけ? それが言いたくなかった数字?

Monica: Well, yeah.
 ええ、そうよ。

Richard: Well, that's not bad at all. I mean, you had me thinking it was like a fleet.
 それは全然なんともないよ。だって、もう一艦隊ぐらいの数字かと思ったよ。

Monica: You really ok with it?
 本当にオーケー?

Richard: Oh honey, I'm fine.
 ああ、大丈夫だよ。

Monica: Oh, yay. Ok, about that two.
 わーい。・・・それで、「2人」だけど。

Richard: What? Alright, what about my two?
 なに? 2人がどうかした?

Monica: Well, it just seems like a really small number.
 それはとっても小さい数字よね。

Richard: Right, and…?
 うん、それで・・?

Monica: And, well, don't you have a lot of wild oats to sow? Or is that what you're doing with me? Oh my God! Am I an oat?
 派手に遊んだりしないの? それとも、今私と遊んでるってことなの? まぁ! 遊びなの?

(sow one's oats = 思い切ったことをやる
 (結婚前にたくさん)異性と遊ぶ)


Richard: Honey, you are not an oat. I mean I don't know, I guess I'm just not an oat guy. I've only slept with women I've been in love with.
 とんでもないよ。わからないけど、ただ僕はそうやって遊ぶやつじゃないんだよ。愛した女性としか寝てないってことだよ。

Monica: But you've only slept with two people.
 でもあなた2人としか寝てないって。

Richard: Right.
 そうだな。

Monica: Wow. Oh, wow. You know I love you too, right?
 ワオ。ああ、ワオ。私も愛してるって知ってるわよね?

Richard: Now I do.
 今知ったよ。

《レイチェルのベッドルーム》

Rachel: Ross, Ross, please listen to me. Ross, you are so much better for me than Paolo ever was. I mean, you care about me, you're loving, you make me laugh.
 ロス、ロス! 聞いて。ロス、あなたはパウロよりずっといいわ。あなたは私を大切にしてくれるし、愛してくれるし、笑わせてくれるし。

Ross: Oh, hey, if I make you laugh, here's an idea, why don't you invite Paulo over and have a little romp in the sack and I'll just stand in the corner and tell knock-knock jokes.
 ああ、僕はおもしろいんだね。じゃあパウロを呼んでセックスして僕は隅っこでノックのジョークを言ってたらいいんじゃないの。

Rachel: God, Ross, look, what you and I have is special, all Paolo and I ever had was...
 もう、ロスったら。聞いて。あなたと私は特別よ。パウロとの間にあったのはただ・・

Ross: Animal sex, animal sex? So what're you saying, I mean, you're saying that like, there's nothing between us animal at all? I mean, there's not even like, a little animal? Not even, not even like, like chipmunk sex?
 獣のようなセックス? じゃあ、僕らの間には全然獣みたいなセックスはなかった? 小さい動物でさえない? リスほども?

Rachel: Ok, Ross, try to hear me. Ok, I, hey, I'm not gonna lie to you. Ok, it was good with Paolo.
 ロス、聞いて。あなたにウソはつかないわ。パウロとは確かによかった。

Ross: Knock-knock.
 コン・コン。

Rachel: But, what you and I have is so much better. Ok, we have tenderness, we have intimacy, we connect. You know, I swear, this is the best I have ever had.
 でもあなたと私とは、ずっといいわ。私達の間には思いやりがあって、親密になれて、心がつながってるわ。ね、本当に、今までで一番よ。

Ross: Until now.
 今まででね。

《モニカ達の部屋》
Rachel: Oh, hi.
 (バスルームで)ああ、ハーイ。

Monica: Hi. Richard just told me he loves me.
 ね、リチャードが愛してるって言ってくれたわ。

Rachel: Oh my God, honey that's great.
 わぁ! すごいじゃない!

Monica: I know. I just can't find...
 そうなの。それでいま見つからなくて・・

Rachel: Oh they're in the top drawer. Hurry.
 一番上の引き出しよ。急いで。

Monica: You need one too?
 あなたもいる?

Rachel: Ooooh yeah.
 ええもちろん。

Monica: There's only one.
 ひとつしかないわ。

Richard: Monica.
 モニカ!

Monica: Hi. Uh, we'll be right there, we're just trying to decide something.
 ハーイ、すぐ行くわ。私達ちょっと相談してるの。

Ross: Rachel. . . Hey.
 レイチェル! (リチャードに気づき)やぁ。

Richard: Hey. They're just trying to decide something.
 やぁ。彼女たち、なんか相談してるんだって。

Ross: Good, good, good. So, is uh, was your mustache, did, used to be different?
 よかった。よかった。・・・それで、そのヒゲだけど、前と変わった?

Richard: No.
 いいや。

Ross: Oh. How do you uh, you know, keep it so neat?
 ああ。・・・それで、どうやってそんなきれいにしてるの?

Richard: I have a little comb.
 小さいクシがあるんだ。

Ross: Oh. And what do you call that?
 ああ。・・・それなんていうクシ?

Richard: A mustache comb.
 ヒゲ用クシ。

Rachel: Ok, I, I will do your laundry for one month.
 (バスルーム)いいわ、じゃあ私、あなたのお洗濯を一ヶ月やるわ。

Monica: No.
 ダメ。

Rachel: Ok, ok, ok, I will, I will, hey, I will clean the apartment for two months.
 わかったわかった。じゃあ私、部屋の掃除を2ヶ月する。

Monica: Alright, I tell you what, I'll give this to you now if you can tell me where we keep the dustpan.
 そう。じゃあ、ちりとりの場所を言えたらいますぐあげるわよ。

Rachel: Agghhh.
 うー!

Ross: So were you in Nam?
 (リチャードに)ベトナム行った?

Rachel: Rock-paper-scissors?
 (バスルーム)じゃんけん?

Monica: Yeah.
 そうね。

Rachel and Monica: One two three.
 1・2・3。

Rachel: Yeesss.
 (勝つ)よーし!

Monica: Fine, go have sex.
 いいわよ。行ってセックスして。

(バスルームを出るとロスとリチャードが話し中)
Richard: No. You have got it completely wrong. John Savage was The Deer-Hunter, no legs, Jon Voight was Coming Home, couldn't feel his legs.
 違うよ。君は完全に間違えている。ジョン・サヴェージは『ディア・ハンター』で足がない役で、ジョン・ボイトは『帰郷』で足の感覚がない役だ。

(リチャードの話は正しいようです)

Ross: No, no way. You've got it totally the other way around, my friend. Jon Voight was...
 全然違うよ。まったくその逆だよ、ジョン・ボイトは・・

Rachel: Honey.
 あーなたっ♪

Ross: What, what oh....
 え? ああ・・

Richard: Shall we?
 (モニカに)行こうか?

Monica: It's not gonna happen. They're doing it tonight, we can do it tomorrow.
 今日はなし。あの子たちが今日して、私達は明日よ。

Richard: Uh, in the future, if I could see the schedule beforehand...
 ああ・・今度からは前もってスケジュール教えてくれる?

《モニカ達の部屋:チャンドラーが話している》

Chandler: So, when I woke up this morning, he'd stolen all the insoles out of my shoes.
 それで、今朝起きてみたら、やつは俺の靴の中敷きを盗ってってたんだ。

Monica: Why?
 なんで?

Chandler: Because he thinks I slept with his ex-girlfriend and killed his fish.
 元彼女と寝て金魚を殺したと思ってるからだよ。

Phoebe: Why would you kill his fish?
 なんで金魚殺すの?

Chandler: Because sometimes, Phoebe, after you sleep with someone, you have to kill a fish.
 だって、フィービー、誰かと寝たら、金魚殺さないとダメでしょ。

Rachel: Chandler honey, I'm sorry. Ok, can we watch Joey's show now, please?
 チャンドラー、かわいそうに。ジョーイの番組見ましょうよ。

Ross: Yeah.
 そうだね。

Monica: Wait, he's not here yet.
 待って、まだ彼来てないわよ。

Rachel: So, he's on the show, he knows what happens.
 彼は出演してるんだから知ってるわよ。

Ross: Yeah.
 そうだよ。

Monica: Alright.
 そうね。

Chandler: Oh, I'm fine about my problem now, by the way.
 ところで、俺はもう大丈夫だよ。

Rachel: Oh good.
 ああ、よかった。

"Dr. Ramoray": Amber, I want you to know that I'll always be there for you, as a friend and as your brother.
 アンバー、いつでもそばにいるよ。友達として、兄として。

"Amber": Oh, Drake.
 ああ、ドレイク。

"Dr. Horton": Hard day, huh? First the medical award, this.
 大変な日だったな。メディカル・アワードとか。

"Dr. Ramoray": Some guys are just lucky, I guess.
 ラッキーなやつもいるってことさ。

"Intercom": Dr. Ramoray, report to first floor emergency stat.
 ドクター・ラモーレ。直ちに一階へお越し下さい。

"Dr. Ramoray": Well then, uh, I uhh, guess that's me. Anyone else need to go on the elevator? Dr. Horton, Dr. Wong?
 ああ・・それじゃ、行かないとね。他にエレベータに乗る人いない? ドクター・ホートン、ドクター・ワン?

"Dr. Horton": No, no, they only said you.
 いや、呼ばれたのは君だけだよ。

"Dr. Ramoray": Oh, ok. Alright.
 ああ、わかったよ。

"Amber": I love you, Drake.
 愛してるわ、ドレイク。

"Dr. Ramoray": Yeah, whatever. Oh no.
 ああ、そうかい。ああ!

"Amber": Drake, look out.
 ドレイク! 危ない!

"Dr. Ramoray": Ahhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhh.
 わぁあああ!!(エレベーターシャフトに落ちる)

Monica: Did they just kill off Joey?
 ジョーイ殺されちゃったの?

Ross: No. .. Now maybe.
 まさか。そうかも。

《ジョーイの部屋:ノックの音と呼ぶ声》

Ross: Come on.
 ジョーイったら!

Rachel: Joey.
 ジョーイ!

Ross: Open up. We want to talk to you.
 開けろよ。話したいんだ。

Joey: I don't feel like talking.
 話したい気分じゃないよ。

Rachel: Oh come on Joey, we care about you.
 そんなこと言わないでジョーイ。気になるわ。

Chandler: We're worried about you.
 心配なんだよ。

Monica: And some of us really have to pee!
 それにオシッコしたい人もいるのよ!

(ジョーイがドアを開ける)
Monica: Sorry, Joey!
 ごめんね、ジョーイ(トイレに行く)

Joey: Hey.
 やぁ。

Phoebe: Listen, sorry about your death, that really sucks.
 ねぇ、死んじゃって残念だわ。ほんとに最悪だわ。

Chandler: We came over as soon as we saw.
 見てすぐ来たんだよ。

Ross: How could you not tell us?
 なんで言わなかったんだ?

Joey: I don't know, I was kinda hoping no one would ever find out.
 だって・・誰にもわからないといいなと思って・・。

Rachel: Well, maybe they can find a way to bring you back.
 もしかしたら、あなたを復活させるかも。

Joey: Naa, they said that when they found my body, my brain was so smashed in that the only doctor that could have saved me was me. Supposed to be some kind of irony or something.
 いや、俺の死体は脳がつぶれていて、助けられるのは俺だけなんだ。人生の皮肉ってやつかな。

Phoebe: But Joey, you're gonna be fine. You don't need that show, it was just a dumb soap opera.
 でもジョーイ、あなたは大丈夫よ。あなたにあんな番組必要ないわよ。あんなメロドラマなんて。

Joey: Phoebe, this was the greatest thing that ever happened to me.
 フィービー。これは俺にとって最高の仕事だったんだ。

Phoebe: Yes, I was going to incorporate that. Oh, good, here's Monica, she'll have something nice to say.
 その通りね。私はそれを言うところだったのよ。ああ、よかった。モニカが来たわ。何かいいことを言ってくれるわよ。

Monica: Um, I straightened out your shower curtain so you won't get mildew. What? To me that's nice.
 あー・・シャワーカーテン、カビが生えないように引き延ばしておいたわよ・・なによ? 私にとってこれはいいことよ。

Chandler: It's gonna be ok. You know that?
 きっとうまくいくよ。わかってるだろ?

Joey: No, I don't. It's like, you know, you work your whole life for something and you think that when you get, it it's never gonna be as good as you thought it would be. But this so was. Ya know, it changed everything. Like the other day, I got this credit card application, and I was pre-approved. Huh? I've never been pre-approved for anything in my life.
 いいや、わかんないよ。ほら、何かずっと頑張ってきて、達成してみたら大したことじゃなかってことがあるだろう。でもこれはそうじゃなかった。これで全部変わったのに。この前なんか、クレジットカードで、仮承認されたんだ。仮承認なんて、生まれて初めてだったんだ。

Chandler: I'm sorry, man.
 残念だったよ。

Rachel: Yeah, Joey honey, I don't know if this'll mean anything to you but you'll always be pre-approved with us.
 そうね、ジョーイ。こんなこと言っても意味ないかもしれないけど、私達は認めてるわよ。

Joey: No, that means nothing to me.
 ああ、意味ないよ。

《チャンドラー達の部屋:突然エディが現れ驚くチャンドラー》

Chandler: Uhhhaahh.
 あああ!

Eddie: Pecan sandy, just made them.
 (お皿を差し出し)ピーカンサンデー。今作ったんだ。
imag.jpg

Chandler: Yeah, alright. What're these, raisins?
 ああ、そうなんだ。これは何? レーズン?

Eddie: Uh, sure, why not.
 ああ、そういうことにしておこう。

Chandler: Listen, Eddie, um, I've been thinking about our current living situation and uh, why are you smiling?
 (捨てて)聞いてくれ、エディ、今の状況について考えたんだけど・・何を笑ってる?

Eddie: I got a little surprise, look. There's a new fishie. I named him uh, Chandler, you know, after, after you.
 ビックリさせることがあるんだ。新しい金魚だよ。チャンドラーって名前にしたんだ。ほら、君の名前から。

Chandler: Well, that's not an, even a real fish. No, that's a goldfish cracker.
 でもこれ、ホンモノの魚じゃない。これは金魚クラッカーだ。

Eddie: What's your point, man?
 何が言いたいんだ?

Chandler: Ok, good night. ... You big freak of nature.
 いや。おやすみ(自分の部屋へ)イカレた野郎め。

《モニカ達の部屋》
(ロスとリチャードが女性達のバスローブ姿で出くわす)

Ross: Hey.
 ヘイ。

Richard: Hey.
 ヘイ。

Ross: Hey.
 ヘイ・・。

Richard: Oh, brisk tonight.
 今夜はちょっと冷えるね。

Ross: Oh, man.
 ほんとに。

Richard: Let's never speak of this.
 このことは忘れよう。

Ross: You got it.
 了解!
 


にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村


英語 ブログランキングへ
posted by らんち at 00:59| Comment(0) | Season2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。