2013年06月20日

2-17 The One Where Eddie Moves In

2-17 エディーが同居する話

 ☆新しいルームメイト☆

《ジョーイの部屋》

Joey: Huh? So what do you think? Casa de Joey. Huh? I decorated it myself.
 どう? どう思う? カサ・デ・ジョーイだ。自分で飾り付けしたんだ。

(Casa de ** = ** の家、建物、会社等)

Ross: Get out.
 本当?

All: No.
 ウソー。

Monica: Wow Joey, this is, uhh...
 ワオ。ジョーイ、これって・・

Joey: Art.
 アートだよ。

Monica: Art it is.
 アートよね。

Ross: Look, check this out. Is it a coffee table, is it a panther? There's no need to decide.
 見てこれ。コーヒーテーブルか、それともパンサーなのか? 追求しちゃいけないよね。

Rachel: Hey, nice pillow. So now tell me, is this genuine skin?
 ねぇ、素敵なクッションね。これってマペットのホンモノの毛皮?

Phoebe: Hey, excellent, excellent water-table thing.
 これすごいわね。すごいウォーターテーブルって感じ。

Joey: Thanks, yeah. I love this but you know what, it makes me wanna pee.
 ありがと。それ好きなんだけど、オシッコしたくなるんだよね。

Phoebe: Yeah, well, me too, yeah. I think that's the challenge.
 そうね。同感だわ。これって、挑戦よね。

Joey: Hey, how come, uhh, Chandler didn't come?
 なぁ、なんで・・チャンドラーは来ないの?

Ross: Well uh, it's cause he had a thing with, with the thing.
 うーん、それは彼、ちょっとあって。ほら、あれが。

Joey: Right, I go-, I got it.
 ああ、ああ、わかったよ。

Phoebe: So why don't ya show us the rest of your casa?
 それじゃあなたのカサをもっと見せてよ。

Joey: Yeah. Uh, oh, the best part, come on. . . Heh?
 ああ、一番すごいとこ見せるよ、来て。・・・(トイレで)ほら。

Rachel: Hey, nice toilet.
 まぁ、素敵なトイレね。

Joey: No no no, behind it.
 いやいや、その後ろを見て。

Ross: What, you have a phone in here?
 なんだ、ここに電話があるのか?

Joey: That's right, I have a phone in here.
 そうなんだよ。トイレに電話があるんだ。

Monica: Joey, promise me something.
 ジョーイ、約束して。

Joey: Yeah.
 なに。

Monica: Never call me from that phone.
 ここから電話しないでね。

《セントラルパーク》
(レイチェルがアップルパイを運んでいて、男性客のフードの中に落としてしまう)
Rachel: OK, here we go. Honey, I'm sorry, they were all out of apple pie, someone just got the last piece.
 (モニカに)はい、どうぞ、モニカ。ごめんね、アップルパイなくなっちゃったの。最後の一つを取られちゃった。

(フィービーが来る)
Phoebe: Oh my God, oh my God, oh my God, oh my God. You are not gonna believe this. I have just been discovered.
 オーマイゴッド! オーマイゴッド! オーマイゴッド! みんな、これ信じられないわよ。私、発見されたの!

Chandler: Now wait a minute, I claimed you in the name of France four years ago.
 ちょっと待て、俺は4年前に発見してフランスの権利を主張しているぞ。

Phoebe: Anyway, OK, now promise you won't like, freak out and say how great this is until I'm done, OK.
 とにかく。みんな約束して。ビックリすると思うけど、私が話し終わるまで騒がないで聞いてね。

All: OK.
 オーケー。

Phoebe: OK. I just met this producer of this like, teeny record company, who said that I have a very fresh, offbeat sound and she wants to do a demo of Smelly Cat.
 私、小さなレコード会社のプロデューサーに会ったの。それで、新鮮で個性的なサウンドだからって、スメリーキャットのデモテープを作りたいって。

(みんなが大喜びする)
Phoebe: I told you not to do that yet. And, she wants to do a video.
 まだだってば。それで、ビデオ作るんですって!

(みんな大喜びする)
Phoebe: I'm not done yet, OK. God. OK, if that goes well, they may even want to make an album.
 まだだってば。いい? もう。 それがうまくいったら、アルバム作りたいんですって!!

(みんな喜んでいいのかわからない)
Phoebe: I'm done now.
 終わったわよ。
(みんな大喜びする)

(フードにパイを落とされた人が帰ろうとする)
Rachel: Oh God. Ross, OK, if you care about me at all, you will get the pie out of the man's hood.
 きゃぁ、どうしよう。ロス、私のこと思ってくれるなら、あの人のフードからパイを取ってきて。

Ross: Get the what?
 何を取ってくるって?

Rachel: Pie in the hood, pie in the hood. Go.
 フードの中のパイよ。フードの中のパイ。行って。

(ロスが行ってパイをフードから取る)
Guy: What're you doing?
 なにしてるんだ?

Ross: I'm sorry, my pie was, was in your hood. Now I just have to get the coffee out of that guy's pants and I'll be back in the hospital by 7.
 失礼。僕のパイが、君のフードの中に僕のパイがあったんだよ。今度はあの人のパンツの中から僕のコーヒーとってきて、7時までに病院へ戻るんだ。

《モニカ達の部屋》

Monica: Damn it Ross, get your butt out of the bathroom.
 もうロスったら! バスルームをあけてよ!

Ross: Calm down, I'm blow-drying.
 落ち着け。ヘアドライ中だ。

(レイチェルがランドリーから戻る)
Monica: Blow drying what, you have no hair.
 ヘアドライって髪なんかないくせに!

Rachel: What's going on?
 どうしたの?

Monica: Your boyfriend has been in there for over an hour. I can't believe it, it's like I'm living with him again. He's here when I go to sleep, he's here when I wake up, he's here when I want to use the shower, ugh. It's like I'm sixteen all over again .
 あなたのボーイフレンドがここに1時間以上こもってるのよ。信じられないわもう。まるで彼とまた一緒に暮らしてるみたい。寝る時もいるし、起きた時もいるし、シャワーを使いたい時もいる。もう! また16歳になっちゃったみたい!

Rachel: Well, you're not sixteen, you're both adults now.
 でももう16歳じゃないし、2人ともオトナなのよ。

Monica: Get out, you dufus!!
 出てきて! バカ!

Rachel: Or you know, he's rubber and you're glue.
 でも、ほら、バカって言った方がバカなのよ。

(rubber 言葉を跳ね返す側
 glue 言葉を跳ね返されくっつく側)


Ross: All yours.
 (出てきて)どうぞ、ご自由に。

Monica: I hope you cleaned your hair out of the drain.
 排水溝の髪を取ってくれたんでしょうね。

Ross: I hope you cleaned your hair out of the drain.
 (マネて) 排水溝の髪を取ってくれたんでしょうね。

Monica: Shut up.
 黙れ!

Ross: Shut up.
 (マネて)黙れ!

Monica: Cut it out.
 やめて!

Ross: Mi-mi-mii.
 (イントネーションをマネて)にゃーにゃーにゃー

Rachel: I've never wanted you more.
 魅力的だこと。

《チャンドラーの部屋》

Chandler: So, what do you say boys, should I call him? . . . Well, you know what they say. Ask your slippers a question... you're going crazy.
 どう思う? 彼に電話するべきかな? (犬スリッパの耳を押すとワンワンいう)みんな言うよね。スリッパに質問するようになったら、頭おかしくなってるってね。

(チャンドラーからジョーイに電話)
Joey: Hello.
 もしもし。

Chandler: Hey.
 ヘイ。

Joey: Hey!
 ヘイ!

Chandler: Listen, I'm, I'm sorry I didn't make it over there today.
 なぁ、悪かったよ。今日、行けなくて。

Joey: Oh, that's OK. You uh, you had a thing.
 ああ、いいんだよ。都合があったんだろ。

Chandler: Yeah well, I hear the place looks great.
 まぁ、いいところだって聞いたよ。

Joey: Ahh, forget about it, I'm having a ball. How's the apartment doing?
 ああ、そんな。楽しくやってるよ。そっちはどう?

(have a ball = パーティを開く→楽しくやる)

Chandler: Oh hey, it's, it's terrific. I mean it's a regular space... fest.
 ああ、それはもう最高だよ。まぁつまり、普通に・・・お祭り騒ぎかな。

Joey: Oh, well great.
 うん、いいね。

Chandler: Yeah I just... wanted to call and say hey.
 うん。ちょっと、電話してみたんだ。

Joey: Well. OK then. . . Was that the oven timer?
 ああ、わかったよ。(チャンドラーの部屋でタイマーの音)今のオーブンタイマーか?

Chandler: That's right my friend. It's time for...
 そうだよ、おい。つまりそれは・・

Both: Baywatch!!
 ベイウォッチ!(TVをつける)

Joey: Oh, can you believe they gave Stephanie skin cancer?
 ステファニーが皮膚がんなんて信じられるか?

Chandler: I still can't believe they promoted her to lieutenant.
 俺は彼女が警部補になったのが信じられないよ。

Joey: Naa, you're just saying that 'cause you're in love with Yasmine Bleeth.
 いやー、おまえはヤズミン・ブリーズが好きだからそう言ってるんだよ。

Chandler: Well, how could anyone not be in love with Yasmine Bleeth?
 ヤズミン・ブリーズを好きにならない奴がいるか?

Joey: Hey, hey, they're running.
 おい、おい、走ってるぞ。

Chandler: See, this is the brilliance of the show. I say always keep them running. All the time, running. Run. Run Yasmine, run like the wind.
 ほらな、これがこの番組のいいところだよな。いつも走れ。いつでもだ。走るんだ、走れ、ヤズミン、走れ風のように!

《セントラルパーク》

Monica: But I thought you wanted to live by yourself.
 でもあなた一人暮らししたかったんじゃないの?

Joey: I did. I thought it'd be great. I figured I'd have like, time alone with my thoughts but, you know, it turns out I don't have as many thoughts as you'd think.
 そうだよ。すごくいいだろうと思ったんだ。一人で考える時間があるかなーみたいな。でも、一人になってみたら、考えることなんてそんなになかったんだよ。

Phoebe: Joey, why don't you talk to Chandler about moving back?
 ジョーイ、チャンドラーに戻るって話してみたら?

Joey: You really think he'd take me? I mean, we had a pretty good talk last night but, when I moved out, I hurt him bad.
 本当にやつが受け入れてくれると思う? 確かに昨日はすごく楽しく話せたけど、俺が出てく時は傷つけたからな。

Monica: I promise you, he would definitely want you back.
 間違いないわ。彼も絶対戻ってきてほしいと思ってるわよ。

《チャンドラーの部屋》

Ross: I'm telling you, there's no way he's moving back.
 本当だよ。彼が戻ってくるなんて絶対ないよ。

Chandler: But we had one of the greatest talks we ever had last night. I mean it was, it was like when we first started living together.
 でも昨日の夜は、今までにないくらい話が弾んだんだ。それはもう、一緒に暮らし始めたころみたいにさ。

Ross: Look, I know you don't want to hear this right now but, we've seen him in his new place, alright? And he's happy, he's, he's decorated.
 なぁ、こんなこと今聞きたくないのはわかってるけど、僕ら、新しい部屋での彼を見たんだ。幸せそうで、そして、部屋を飾ってたんだ。

Rachel: Look, Chandler, he has moved on, OK? you have to too.
 聞いて、チャンドラー。彼は先へ進んだのよ。ね。あなたもそうしないと。

Chandler: But...
 でも・・。

Ross: No. You're just gonna have to accept the fact that you're just friends now, OK? you're not... roommates anymore.
 いや。もうただの友達なんだってことを受け入れなきゃ。いいかい。もう、ルームメイトじゃないんだ。

《レコーディングスタジオ》

Producer: OK Phoebe, you ready to try one?
 オーケー、フィービー、準備はいい?

Phoebe: OK. . . Smelly cat, smelly cat, what are they feeding you? Smelly cat . . . Oh woah, oh my God. I mean like, who was that?
 オーケー。(歌)スメリーキャット、スメリーキャット、何を食べさせてもらってんの? (バックでコーラスが入る)ワオワオ! 何いまの?

Producer: They're your backup singers... behind you.
 バックコーラスよ。後ろにいるわ。

Phoebe: OH!! Oh I thought they were just watching me. You know, like at, like at an aquarium, you know.
 ああ! ただ見に来てるのかと思ったわ。ほら、水族館みたいに。

Producer: Alrighty. From the top.
 いい? 最初からね。

Phoebe: OK. . . Smelly cat, smelly cat, what are they feeding you? Smelly cat . . . OK, sorry. I'm just, I'm just not getting that everyone um, gets how smelly this cat actually is. I just think that maybe if we could talk about this, 'cause I need to feel that you really care about the cat.
 オーケー。(歌)スメリーキャット、スメリーキャット、何を食べさせてもらってんの? スメリーキャット(バックコーラスが入る)ねぇ悪いんだけど、みんな、この猫がどんなにクサいかわかってないと思うのね。 話した方がいいんじゃないかしら。だって、猫のこと本当に気にかけて歌ってほしいのよ。

Producer: Honey, uh we, we can talk about this. It's just that it's costing about a hundred dollars a minute to be in here.
 ねぇ、話し合うのもいいけど、ここ1分100ドルで借りてるのよ。

Phoebe: Oh OK. So, um, the cat stinks but you love it, let's go.
 あっ、そうなんだ。それじゃ、すごいクサいんだけど、大好きってことで。行くわよ。

《モニカ達の部屋:ロスが電話中》

Ross: No, there is no way he was a velociraptor. No Tony, look at the cranial ridge, OK. If Dino was a velociraptor, he would have eaten the Flintstones. Yeah, yeah. . . Oh, were you taking a nap?
 いや。ヴェロキラプトルなわけがないよ。いや、トニー、頭骨の畝を見てよ、いい? もしあれがヴェロキラプトルだったら、フリントストーンを食べちゃってたよ。ああ、ああ・・(部屋から出てきたモニカに)あ、寝てた?

Monica: I was.
 寝てた。

Ross: Oh I-, Oh wait, Tony can you hang on? That's the other line. . . Hello. Oh yeah she's here but uh, can she call you back? OK thanks. . . Call Joanna. . . Hi.
 ああ。(電話で)あ、待って、トニー、ちょっと待ってて、キャッチが入った(2回線目に)もしもし・・ああ、いますけど、かけ直していいですか? オーケー、ありがとう(2回線目を切ってモニカに)ジョアンナに電話して。(トニーに戻り)どうも。

Monica: Did she leave a number?
 電話番号聞いた?

Ross: Did you see me write one down?
 僕、電話番号メモしてた?

Monica: I don't have her number, butt-munch.
 彼女の番号知らないのよ! もう、バカ!

Ross: Well, she'll call back, don't be such a baby.
 そのうちかけてくるよ。まったく、子供みたいだぞ。

Monica: I'm not a baby, you're the baby.
 子供はそっちよ!

Ross: Look, you wanna get off my back?
 おい、ほっといてくれる?

Monica: You wanna get out of my face?
 消えてくれる?

Ross: Wait hold on Tony, hold on. … Hello. Hi, yeah no, she's right here. Um hold on…. Hi Tony, can I call you back? That's uh, that's my sister's boyfriend.
 待って、トニー、ちょっと待って(キャッチ)もしもし、ハーイ。いや、ここにいるよ。ちょっと待って(トニーに戻って)やぁトニー、かけ直すよ。妹の・・ボーイフレンドから電話が入った。

Monica: Give me that.
 貸して!

Ross: OK.
 はい。

Monica: Hi sweetie, listen, before I forget, did I leave my diaphragm at your place? Hi mom.
 ハーイ、ねぇ、忘れる前に聞きたいんだけど、私そこに避妊具忘れてない?・・ああ、ママ。(怒ってロスにオレンジを投げる)

《チャンドラーの部屋:ジョーイが来る》

Joey: Hey.
 やぁ。

Chandler: So uhh, how's the palace?
 やぁ。パレスはどう?

Joey: You know it's funny you should mention that 'cause I was thinking... what's with the boxes?
 おかしいよね、それをちょうど考えてたんだけど・・その箱なに?

Chandler: Oh, uhh, actually I uh, have some news.
 ああ、それなんだけど、知らせたいことがあるんだ。

Eddie: Hey Chan, is that Joey guy gonna come by and pick up his moose hat or should I just toss it out?
 ヘイ、チャン、ジョーイって人はこのムース(ヘラジカ)の帽子を取りにくるかな。それとも捨てる?

Chandler: Well, uh, why don't you ask him yourself. Joey, this is my new roommate Eddie.
 ああ、本人に聞くといいよ。ジョーイ、新しいルームメイトのエディだ。

Eddie: Nice to meet you.
 ああ、会えてよかった。

Joey: Likewise. I'll take that. It's what I came for. So, this is new. Where'd you two meet?
 こちらこそ。それは持っていくよ。そのために来たんだ。それで、どこで会ったの?

Eddie: At the uh, supermarket, in the uh, ethnic food section. I helped him pick out a chorizo.
 スーパーマーケットのエスニックフード売り場でね。チョリソーを選ぶの手伝ったんだ。

Joey: Wow.
 ワオ。

Chandler: Well you know, we got to talking and uh, he said he needed a place and I had a spare room.
 それでさ、話してみたら、彼は住むとこを探してるってことで、うちには空き部屋があるって話になったんだ。

Joey: Oh, now it's a spare room?
 ああ、空き部屋なんだ。

Chandler: Well yeah, in that it's not being used and I... have it to spare.
 そうだな、使ってない部屋だから、空き部屋ってことになって。

Joey: Well I uh, got what I came for. I'll uh, I'll see you guys.
 じゃ、目的のものはもらったから・・(ムースの帽子をかぶって)じゃあ。

Chandler: Hey Jo. When'd you start using mousse in your hair?
 ヘイ、ジョー、いつからムースつけるようになった?

Eddie: Is this guy great, or what?
 彼って楽しい人だよね?

Joey: Yeah, yeah, he is.
 ああ、本当に。

《モニカ達の部屋》

Monica: I can't believe he has a new roommate. Who is this guy?
 新しいルームメイトだなんて信じられない。何者なの?

Ross: Uh, Eddie something. He just met him.
 エディーとかいう人。さっき会ったよ。

Rachel: It'll never last, he's just a rebound roommate.
 長続きしないわよ。ルームメイトのリバウンドだわ。

(フィービーが来る)
Phoebe: Hey.
 ハーイ。

All: Hey.
 やぁ。

Phoebe: Oh, check it out, oh, check it out. It's "Smelly Cat", the video! … Now OK, I haven't seen it yet so, if you don't like it, well, so what? None of you ever made a video... OK.
 見て。これ見て。スメリーキャットのビデオよ。私もまだ見てないんだけど、もし気に入らなかったら・・それがなに? 誰もビデオ作ってないわよね? (ビデオセット)さあ。

Ross: Oh, smoking!
 (ビデオを見て)おお! ホットだね。

Phoebe: Look at me!
 見て私!

(歌が始まると、フィービーの声ではない)
Phoebe: Oh my God.
 オーマイゴッド。。

Ross: I know.
 だよね。

Phoebe: I sound amazing. . . I've never heard myself sing before. I mean, except in my own head. Oh, this is so cool, now I can hear what you hear.
 私って素晴らしい声ね。私の歌声聞いたことないんだもの。頭の中でしかないもん。これはすごいクールよね。初めてみんなが聞いてる声がわかったわ。

Rachel: Pretty different, huh?
 ずいぶん違うわよね?

Phoebe: Oh, I am sorry but I am incredibly talented.
 ああもう、悪いけど私ったらすごい才能ね。

《チャンドラーの部屋:ジョーイが来る》

Eddie: Hi, Joey, what's going on, man?
 ヘイ、ジョーイ、元気?

Joey: Eddie.
 やぁエディ。

Chandler: Morning.
 おはよ。

Joey: Morning. I just came by to pick up my mail. . . Where's the mail?
 おはよう。郵便物を取りにきたんだ。郵便物は?

Chandler: Oh it's uh, over there on the table.
 ああ、こっちのテーブルの上。

Joey: You don't keep it over here on this table any more?
 こっちのテーブルの上に置くんじゃないのか?

Chandler: No, Eddie likes to keep it over there.
 うん、エディがこっちの方がいいって。

Eddie: Alright, here you go my friend. Eggs a-la Eddie, huh?
 さぁ、どうぞ。エッグ・ア・ラ・エディだよ。

Chandler: Oh, ooh.
 おお、うまい。

Joey: Huh.
 フン。

Chandler: What?
 何?

Joey: No I just uh, thought you liked your eggs with the bread with the hole in the middle, a-la me.
 いや、あだ、おまえは真ん中に穴をあけたパンにエッグっていうのが好きだと思ったよ、ア・ラ・オレ。

Chandler: Well I do, but uh, Eddie makes them this way and, well, they're pretty darn good.
 うん、そうだけど、でもエディはこういうのを作るんだよ。すごいおいしいんだ。

Eddie: Well you guys, I'm out of here. See ya pals.
 それじゃ、もう行くよ。じゃあまたな。

Chandler: See ya.
 またな。

Joey: So how you two getting along?
 2人うまくいってるのか。

Chandler: Oh, I couldn't be happier.
 ああ、これ以上ないくらいだ。

Joey: Great, well, I'm happy for ya. . . Alright that's it. He just comes in here, Mr. Johnny New-eggs, with his, his, his moving the mail and his, his 'see ya pals'. And now there's no juice. There's no juice for the people who need the juice and want the juice. I need the juice.
 よかったな。(オレンジジューズを取るが空なので)もういい、これまでだ。やつが来て、新しい卵料理を作って、郵便物の場所を変えて、「じゃあまたな」とか言って。そして今度はジュースがない。ジュースが必要な人間がいるのに、ジュースがない。俺はジュースがいるんだ!

Chandler: There's another carton right over there.
 そこに新しいジュースあるぞ。

Joey: Hey, this isn't about juice anymore, alright, man.
 おい、もうジュースだけの問題じゃないんだ。いいか。

Chandler: Alright, so what's it about?
 なんだよ。じゃあ何だ?

Joey: Eggs. Who's eggs do you like better, his or mine, huh?
 卵だよ。どっちの卵が好きなんだ。彼のか、俺のか?

Chandler: Well I like both eggs equally.
 どっちも同じくらい好きだよ。

Joey: Oh come on. Nobody likes two different kinds of eggs equally. You like one better than the other and I wanna know which.
 冗談だろ。誰も違う種類の卵を同じように好きになったりしない。どっちかの方が好きなんだ。どっちが好きなんだ?

Chandler: Well what's the difference? Your eggs aren't here anymore, are they? You took your eggs and you left. You really expect me to never find new eggs?
 なんだよ。それがどうなんだ。おまえの卵はもうここにないじゃないか。おまえは卵持って出てってんじゃないか。俺に新しい卵を見つけるなっていうのか?

《モニカ達の部屋》

Monica: I wanna watch Entertainment Tonight.
 エンターテインメント・トゥナイトを見るのよ!

Ross: Tough noogies, we're watching Predators of the Serengeti.
 そうですか。セレンゲティの捕食者を見るよね。

tough noogies = それがどうかしたか的な)

Rachel: Would you guys stop.
 あなた達、やめて。

Monica: It's my TV.
 私のテレビよ。

Ross: Wha-, oh, quit it.
 おい、やめろ。

Monica: Bite me.
 くたばれ。

Rachel: Oh my God.
 オーマイゴッド。

Ross: Well, Monica keeps changing the channel.
 モニカがチャンネルを変えるんだ。

Monica: Oh that's great, why don't you tell mommy on me.
 まぁ素敵だこと。ママに告げ口?

Rachel: Now I'm mommy in this little play? Alright look, I refuse to get sucked into this like, weird little Geller dimension thing OK. So I'm gonna go and take a nice long hot bubble bath because you kids are driving me crazy.
 今度は私がママになるわけ? ちょっと、こんなくだらないゲラー次元のことに巻き込まれるのはお断りよ。いい。私は素敵な熱いバブルバスにゆっくりつかってくるわ。あなた達といるとどうかなりそうだから!

Monica: OK, what're we gonna do about this?
 どうする気?

Ross: Well, I guess we could tape Entertainment Tonight.
 そうだな、エンターテインメント・トゥナイトは録画すれば。

Monica: Not that, this! Us! Oh my God, Ross, you're, you're, it's jus-, you-, ever such a.. you been driving me. . .
 そのことじゃないわよ。私達よ。もう! ロス! あなたって・・あなたって・・もう本当に私・・

Ross: Ow, ow, OK. Alright, alright, Mon, Mon, you've gone ultrasonic again, alright.
 おいおい、ちょっと。モン、モン。また超音波になってるぞ。

Monica: I just can't stand you being here all the time.
 もうあなたがここにいつもいるのに耐えられないのよ。

Ross: Why, why, why can't you stand me being here? I don't, I, we're just, you know, we're just havin' fun.
 なんで? なんで耐えられない? 僕ら楽しくやってるじゃないか。

Monica: Fun? Fun, you think this is fun?
 楽しい? どこが楽しいのよ。

Ross: Yeah, c'mon I mean I thought, you know, I thought we're just fooling around. Like when, uh, when we were kids.
 だって、ほら。僕はちょっとふざけてるつもりだったよ。ほら、子供の頃みたいに。

Monica: Ross, I hated you when we were kids.
 ロス、子供の頃あなたがキライだったわ。

Ross: You hated me when we were kids?
 子供の頃僕をキライだった?

Monica: Yes. I hated you. I mean I loved you in a 'you're my brother so I have to' kind of way, but basically, yeah, I hated your guts.
 そうよ。キライだった。あなたは兄だから好きにならなくっちゃっていう意味で好きだったけど、でも基本的には、キライだったわ。

Ross: Why did you hate me?
 なんでキライ?

Monica: Because, you were mean to me and you, you teased me and you always, always got your way.
 だって、いつも意地悪だったし、からかうし、いつも自分の好きなようにしちゃうじゃない。

Ross: And that wasn't fun for you?
 それが楽しくなかった?

Monica: Duh-huh!
 当然!

Ross: I can't believe you hated me.
 キライだなんて信じられない。

Monica: Now I love you. And not just 'cause I have to.
 今は好きよ。兄だからしかたなくじゃなくね。

Ross: Really?
 ほんと?

Monica: Yeah. You're just gonna have to stop pissing me off.
 ええ。とにかく私を怒らせるのをやめてちょうだい。

Ross: I can do that.
 わかったよ。

Monica: Then I won't have to kill you.
 そしたら殺さなくてすむわ。

Ross: So you wanna watch uh, Entertainment Tonight?
 それじゃ、エンターテインメント・トゥナイトを見る?

Monica: Yeah, thanks. You know what?
 ええ。ありがと。・・・ねぇ?

Ross: What?
 なに?

Monica: If you really want to watch that Serengeti thing, we can.
 本当に見たいなら、セレンゲティのを見てもいいわよ。

Ross: Ohh... OK.
 あ、そう。(チャンネルを変える)

《セントラルパーク》

Phoebe: Hey.
 ハーイ。

All: Hey.
 やぁ。

Phoebe: Listen. You are not going to believe this but, that is not me singing on the video.
 聞いて。信じられないだろうけど、あのビデオの声、私じゃなかったのよ。

All: No.
 ウソ。

Phoebe: Yes.
 ほんと。

Rachel: Well, how did you find out?
 どうしてわかったの?

Phoebe: Well, OK, the record company sent over this piece of paper for me to sign, saying that it's OK for someone else to sing for me. That was my first clue.
 それがね、レコード会社から、私がサインする書類が届いたんだけど、誰かが私の代わりに歌うことを私が承諾するって書いてあったの。それで初めて気づいたわけ。

Monica: So what're you gonna do?
 それで、どうするの?

Phoebe: Well, I can't work with people who would do this.
 そんな人達とは仕事できないわ。

Monica: Sure.
 そうね。

Phoebe: I mean, this poor woman!
 だってこの女の人かわいそうに!

Ross: What woman?
 女の人って?

Phoebe: The voice woman. Ya know, I mean, she has a great voice but she doesn't have a video.
 歌ってる人よ。だって、彼女素晴らしい声なのに、ビデオ作ってもらえないのよ。

Rachel: OK, Pheebs. But what about you?
 そうだけどフィーブス、あなたはどうなの?

Phoebe: Well I have a video, you have to pay attention. No this, this voice woman, she's so talented but, according to the producer people, they said she doesn't have like the right look or something, you know. I mean, it's like, she's like one of those animals at the pound who like nobody wants 'cause they're not pretty enough or you know. Like, like some old dog who's just kind of like stinky and. . . Huuuuh, oh my God, she's smelly cat. Oh, oh that song has so many levels.
 だって私にはビデオがあるもの。ちゃんと気づいてよね。でもこの歌の人は、才能があるのに、このプロデューサーの人達によると、彼女はルックスがどうのって。かわいくないとかいう理由で捨てられた動物みたいじゃない? まるで、年を取った犬がクサいからって・・わっ。なんてことかしら。彼女はスメリーキャットだわ。まぁ。私の歌って奥が深いわね。

《チャンドラー達の部屋》

Chandler: Hey Eddie, you wanna play some foosball?
 エディ、フーズボールで遊ばない?

Eddie: No thanks man, I'm not uh, I'm not really into sports.
 いや、遠慮しとくよ。スポーツは好きじゃないんでね。

Chandler: Yeah. OK, alright. . . Doesn't matter, time for Baywatch.
 ああそう。(オーブンタイマーの音)関係ないね。ベイウォッチの時間だ。

Eddie: What? Y-, you like that show?
 え? あれ好きなんだ?

Chandler: You don't like that show?
 あれ好きじゃないの?

Eddie: Wha-... no. I mean it's just a bunch of pretty people running around on the beach, you know.
 いや。だってきれいな人達がビーチを走るだけだろ。

Chandler: Well that's the brilliance of it. The pretty people... and the running.
 それがいいとこだろ。きれいな人達が・・走る。

Eddie: I tell ya, I-, I'm gonna go read in my room for a little while.
 えっと、俺はしばらく部屋で本を読むよ。

Chandler: Oh o-, OK man.
 ああ、そうか。わかった。


(ジョーイとチャンドラーがそれぞれに孤独に過ごしている様子)

《セントラルパーク》

Phoebe: Smelly cat, smelly cat, what are they feeding you? Everybody.
 (歌)スメリーキャット、スメリーキャット、何を食べさせてもらってんの♪ みんな一緒に!

All: Smelly cat, smelly cat, it's not your fault.
 スメリーキャット、スメリーキャット、あなたのせいじゃないわ。

Phoebe: Monica.
 モニカ!

Monica: They won't take you to the vet.
 (歌)獣医さんに連れてってもらえないのね。

Phoebe: Chandler.
 チャンドラー!

Chandler: You're obviously not their favorite pet.
 (歌)お気に入りのペットじゃないようね。

Monica: Joey.
 ジョーイ!

Joey: You may not be a bed of roses.
 (歌)バラのある暮らしじゃないよね。

(bed of roses = 贅沢な暮らし)

Phoebe: Rachel.
 レイチェル!

Rachel: And you're no friend to those with noses.
 (歌)鼻のある人とは友達になれないよね。

Phoebe: Uh, Ross, those are the only lines we have, sorry. OK! Back to the chorus!
 ロス。あなたの歌うパートは残ってないわ、ごめんね。じゃあコーラスに戻って!



にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村


英語 ブログランキングへ

posted by らんち at 15:13| Comment(0) | Season2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。