2013年06月19日

2-16 The One Where Joey Moves Out

2-16 ジョーイが出ていく話

 ☆ジョーイの家出☆

《チャンドラー達の部屋》

Joey: Man this is weird. You ever realize Captain Crunch's eyebrows are actually on his hat?
 なぁ、おかしいよな。キャプテン・クランチって眉毛が帽子の上にあるって知ってた?

Chandler: That's what's weird? Joey, the man's been captain of a cereal for the last 40 years.
 そこがおかしいとこ? ジョーイ、こいつは40年もシリアルのキャプテンなんだぞ。

capCrunch.jpg

(ジョーイが食べ終わってスプーンをなめて引き出しに入れる)
Chandler: Waaa-aaah.
 うわー!

Joey: What?
 なに?

Chandler: The spoon. You licked and-and you put. You licked and you put.
 スプーン! なめて、そして、戻した。おまえ、なめて戻した。

Joey: Yeah, so?
 ああ。それで?

Chandler: Well don't you see how gross that is? I mean that's like you using my toothbrush. . . You used my toothbrush?
 気持ち悪いと思わないのか? まるで俺の歯ブラシを使ってるみたいな・・・使ったのか?!

Joey: Well, that was only 'cause I used the red one to unclog the drain.
 だって、赤いやつは排水口のつまりを取るのに使ったから。

Chandler: Mine is the red one! Oh God. Can open, worms everywhere.
 赤いのは俺のだ! なんてこった。開けてみたらイモ虫だらけ。

Joey: Hey, why can't we use the same toothbrush, but we can use the same soap?
 おい、同じ歯ブラシ使っちゃ悪いか? 俺たち同じ石けん使ってるじゃないか。

Chandler: Because soap is soap. It's self-cleaning.
 だって石けんは石けんじゃないか。自分できれいになるだろ。

Joey: Alright, well next time you take a shower, think about the last thing I wash and the first thing you wash.
 そうかよ。じゃあ今度シャワーで使う時考えてみろよ。俺が最後にどこを洗って、おまえが最初にどこを洗うかってさ。

《モニカ達の部屋:チャンドラーとジョーイが来る》
Chandler: Hey.
 やぁ。

Monica and Phoebe: Hey.
 ハーイ。

Joey: Hey.
 やぁ。

Phoebe: Ooh, look at you fancy lads. What's the occasion?
 何、おしゃれして。何かあるの?

Joey: Well, you know that guy that's on my show that's in a coma? He's having a brunch.
 俺のドラマに出てる昏睡の男いるだろ? 奴の家でブランチなんだ。

Phoebe: Ahh.
 ああ。

Rachel: OK, ready when you are.
 はい、いつでも出られるわよ。

Phoebe: Okey-doke.
 オッケー。
 
Monica: I can't believe you guys are actually getting tattoos.
 あなた達本当にタトゥーを入れるなんてね。

Chandler: Excuse me, you guys are getting tattoos?
 ちょっと。君達タトゥーを入れるの?

Rachel: Yes, but you can not tell Ross 'cause I want to surprise him.
 そうよ。でもロスに言っちゃダメよ。ビックリさせたいの。

Joey: Wow, this is wild. What're you gonna get?
 ワオ。すごいな。何を入れるの?

Phoebe: I'm getting a lily for my Mom. 'Cause her name's Lily.
 ママのためにリリーの花を入れるの。ママの名前リリーだから。

Chandler: Wow, that's lucky. What if her name was Big Ugly Splotch?
 おお。ラッキーだったな。もし大きなみにくいシミって名前だったらって思うとな。

Joey: So where you getting it?
 それで、どこに入れるの?

Phoebe: I think on my shoulder.
 私は肩に。

(ロスが来る)
Ross: What? What's on your shoulder?
 なにが? 肩に何?

Phoebe: Um, a chip. A tattoo, I'm getting a tattoo.
 あー。チップよ。(変だと自覚して)タトゥーよ。タトゥーを入れるの。

Ross: A tattoo? Why, why would you want to do that? ... Hi.
 タトゥー? なんで? なんでそんなことしたいの?(レイチェルに)ハーイ。

Rachel: Hi. Well hey, you don't - you don't think they're kind of cool?
 ハーイ。ねぇ、タトゥーかっこいいと思わない?

Ross: No, sorry I don't. I mean, why would anyone pay someone to scar their body for life? What if it doesn't come out right Pheebs? Then it's like, I don't know, having a bad hair cut all the time. Why's everyone staring at me?
 いや。悪いけど。だって、なんでお金払って体に一生の傷をつけてもらうんだ? うまくいかなかったらどうするの、フィーブス? ほら、床屋でひどいカットされたなんてしょっちゅうじゃないか。・・なんでみんな僕を見てるの?

Monica: Ross, come sign this birthday card for dad. Rich is gonna be here any minute.
 ロス、ここに来てパパのバースデーカードにサインして。リッチがもうすぐ来るわよ。

Chandler: Oooh, Rich is going to the party too, huh?
 おお、リッチもパーティに行くんだな。

Monica: Well, he's my parents' best friend, he has to be there.
 ええ、だって彼は両親の親友よ。行かなきゃ。

Joey: Oh, is today the day you're gonna tell them about you two?
 おお、それじゃあ今日両親に君ら2人のこと話すのか?

Monica: Yeah. It's my dad's birthday, I decided to give him a stroke.
 ええ、今日はパパの誕生日だもんね、心臓発作起こさせるわけ。

Phoebe: No, I think you should tell them.
 いえ、話すべきだと思うわよ。

Monica: No, I don't even know how serious he is about me. Until I do, I'm not telling them anything.
 ダメよ。彼がどれくらい真剣かもわからないのに。まだ何も話せないわよ。

Ross: I don't know, I don't think mom and dad would mind. Remember when you were 9 and Richard was 30, how dad used to say, 'God, I hope they get together.'
 どうだろう。かあさん達は気にしないんじゃないかな。おまえが9歳でリチャードが30歳の頃、とうさんは言ってたよ。「ああ、あの2人が一緒になってくれれば」って。

《両親の家》

Ross: Alright, shall we?
 よし、入ろう。

Monica: OK, wait, wait, wait, wait. You know what? Ross, let's - let's switch places. You get in the middle. No un-, you know, unless this looks like we're trying to cover something up.
 あ、待って待って待って。ね、ロス、場所を代わって、真ん中に来て。いえ、やっぱり、隠そうとしてる感じがしちゃうわね。

Ross: Monica, Monica, you could come in straddling him, they still wouldn't believe it. . . We're here.
 モニカ、モニカ。おまえが彼にまたがって入ってったって本気にしないよ。(ドアをあける)来たよ!

Mrs. Geller: Oh hi kids. Hi darling.
 ああ、来たわね、子供達。ハーイ。

Monica: Happy birthday dad.
 ハッピーバースデー、パパ。

Mr. Geller: Oh thank you.
 ああ、ありがとう。

Ross: Hi ma.
 やぁ、かあさん。

Richard: Happy birthday.
 ハッピーバースデー。

Mrs. Geller: So, you kids thank Dr. Burke for the ride?
 あなた達、ドクター・バークに乗せてきてもらってお礼したの?

Ross: Uh, actually mom, I think Monica thanked him for the both of us.
 かあさん、モニカが2人分お礼してくれてるよ。

《両親宅キッチン:母とその友人》

FRIEND: Well, you kids take the train in?
 お子さん達、電車で来たの?

Mrs. Geller: No, Richard Burke gave them a ride.
 いえ、リチャード・バークが乗せてきてくれたのよ。

FRIEND: Oh. Speaking of whom, I hear he's got some 20-year-old twinkie in the city.
 ああ、そういえば彼、市内で20歳の若い小娘とつきあってるって聞いたわよ。

(twinkie はスラングでは、若いゲイの恋人とか、
 10代だけど厚化粧をしている女の子とか
 若くて可愛い女の子とか、いろいろありました)


(それを聞いてホイップクリームをあちこちに飛ばすモニカ)
Monica: Finger cramp. Oh God, sorry. Here, let me get that, mom.
 指がつったわ! ああもう、ごめんなさい。拭くわ、ママ。

Mrs. Geller: So, Richard's shopping in the junior section.
 それで、リチャードは若い子に手を出してるっていうのね。

Monica: Are we still on that?
 まだその話?

Mrs. Geller: We just know she's got the IQ of a napkin.
 まぁ、そんな女の子、薄っぺらナプキン程度のIQしかないに違いないわね。

FRIEND: She's probably not even very pretty, just young enough so that everything is still pointing up.
 きっとそんなにかわいくもないわね。ただ何もかも垂れずに上向きって程度に若いだけでしょ。

《ジョーイの共演者の部屋》

Joey: Can you believe this place?
 この部屋、信じられないよな。

Chandler: I know, this is a great apartment.
 ほんと。すごい部屋だな。

Joey: Ah, I was just in the bathroom, and there's mirrors on both sides of you. So when you're in there it's like you're peeing with the Rockettes.
 今バスルームに行ってきたんだけど、両側に鏡があるんだぞ。だから、あそこですると、ロケッツと並んでオシッコしてるみたいになるぞ。

rockettes.jpg

Chandler: Wow, there's my fantasy come true. No, seriously.
 ワオ! 俺の夢が叶うじゃないか。いや、マジで。

Joey's co-star: Hey.
 やぁ!

Joey: Hey! We were just saying, great apartment, man.
 ヘイ! 今2人で話してたんだよ。すごい部屋だな。

Joey's co-star: Thanks. You want it?
 ありがと。ここに住む?

Joey: Huh?
 は?

Joey's co-star: Yeah, I'm moving to a bigger place. You should definitely take this one.
 僕はもっと広いところに引っ越すんだ。ここに住むといいよ。

Joey: Yeah, can you see me in a place like this?
 そうか? こんなすごいとこに俺が?

Joey's co-star: Why not? You hate park views and high ceilings? Come on, I'll show you the kitchen.
 なんで? この公園の眺めと高い天井が気に入らない? ほら来て。キッチンを見せるよ。(2人立ち去る)

Chandler: Oh that's all right fellas, I saw a kitchen this morning - on TV. Stop talking. OK.
 (取り残されて)ああ、いいんだよ、キッチンは今朝見たからさ。テレビでね。もうしゃべるな。ハイ。

《パパのパーティ:パパと友人たち》

Mr. Geller: Come on, tell us.
 ほら、話せよ。

FRIEND: Yeah, is she really 20?
 そうだよ。本当に20歳?

Richard: I am not telling you guys anything.
 君らにそんな話しないよ。

Mr. Geller: Come on Rich, it's my birthday, let me live vicariously.
 なんだよ、リッチ。俺の誕生日なんだぞ。味わわせてくれよ。

Ross: Dad, you really don't want to do that.
 とうさん、それは絶対にやめた方がいいと思うよ。

Mr. Geller: Ahh, what's a little mid-life crisis between friends?
 なんだよ。友達じゃないか。ささやかなミドルライフクライシスだろ?

Richard: Jack, would you let it go?
 ジャック、もうやめようよ。

Mr. Geller: Look, I know what you're going through. When I turned 50 I got the Porsche. You... you got your own little speedster.
 なぁ、どういう心境なのかわかるよ。私も50になった時はポルシェを買ったからね。君も小さなスポーツカーを手に入れたってわけだ。

Richard: Guys. Seriously, it is not like that.
 なぁ、ほんとうに、そんなんじゃないんだって。

Mr. Geller: Tell you what, maybe one of these weekends you can borrow the car and I cou. . .
 こんなのはどうだ? いつか週末にでも、おまえに車を貸すから・・

Ross: Dad, I beg you not to finish that sentence.
 とうさん、頼むからその先を言わないで。

Mr. Geller: What? I'm kidding. You know I'd never let him touch the Porsche.
 なに? 冗談だよ。俺がポルシェを人に触らせるわけないだろ?

《タトゥーパーラー》

Phoebe: OK Rach, which, which lily? This lily or that lily?
 ねぇ、レイチ、どのリリーがいいと思う? こっち、それともあっちのリリー?

Rachel: Well I. . .
 そうね、私は・・

Phoebe: I like this lily. It's more open, you know, and that's like my mom. She had a more open, giving spirit. Ooh, Foghorn Leghorn, ooh.
 私はこっちのリリーがいいと思うな、オープンな感じで。そこがママみたい。彼女はオープンで気前のいい人だったわ。あーっ!フォグホーンだっ!

foghorn.jpg
フォグホーン。ルーニーチューンズのキャラクター)

Tattoo artist: Alright, blonde girl, you're in room two, not so blonde girl, you're with me.
 いいわよ、ブロンドの子2番の部屋。ブロンドじゃない子、あなたはこっちに来て。

Phoebe: Here we go.
 さぁ行くわよ。

Rachel: Uh-huh.
 うーん。

Phoebe: You're not going?
 いかないの?

Rachel: Uh-huh.
 うーん。

Phoebe: What? Is it - is this 'cause of what Ross said?
 え? それって、ロスが言ったから?

Rachel: No. Well, yeah, maybe.
 違うわよ。いや、そうかも。

Phoebe: I don't believe this. Is this how this relationship's gonna work? Ross equals boss. I mean, c'mon what is this, 1922?
 信じられない。そんなことで関係がうまくいくと思うの? ロス=ボスなの? なんなの、いま1922年?

Rachel: What's 1922?
 1922年って?

Phoebe: Just, you know, long time ago. Well, when men used to tell women what to do - a lot. And then there was suffrage, which is a good thing but sounds horrible. Do you want to get this tattoo?
 ただ、ほら、ずっと昔ってことよ。男が女にどうしろってあれこれ命令してた頃よ。それからsuffrage(参政権)ができたのよね。いいことだけど、聞いた感じが恐ろしいわ。タトゥーを入れたいの?

(suffrage は真ん中で分けると、
 suffer = 苦しむ・rage = 激怒・憤怒)


Rachel: Yes I do, it's just that Ross. . .
 うん、入れたいわ。ただロスが

Phoebe: OK, hey, hey! Is your boyfriend the boss of you?
 いい、ちょっと! あなたのボーイフレンドはあなたのボスなの?

Rachel: No.
 いいえ。

Phoebe: OK, who is the boss of you?!!
 じゃあ、誰があなたのボスなの?

Rachel: You?
 あなた?

Phoebe: No. You are the boss of you. Now you march your heinie in there and get that heart tattooed on your hip. GO!!
 違う。あなたがあなたのボスなのよ。重たいお尻をあそこに運んで、ハートのタトゥーを腰に入れてきなさいよ。ほら!

(heinie = 俗語で「お尻」)

《両親宅のバスルーム》

Richard: How you doing?
 どう?

Monica: I'm a twinkie.
 私は「小娘」よ。

Richard: Really? I'm a hero.
 そうなの? 僕はヒーローだよ。

Monica: Oh, this is so hard.
 ああ、もう本当に大変ね。

Richard: Yeah, I know. I hate it too. Look, maybe we should just tell them.
 ああ、そうだね。僕もイヤだよ。いっそ話してしまおうか。

Monica: Maybe we should just tell your parents first.
 あなたのご両親にまず話しましょうか。

Richard: My parents are dead.
 僕の両親はもう死んでるよ。

Monica: God, you are so lucky. I mean, I mean. . . you know what I mean.
 まぁ! あなたってばラッキーね! あ、そういう意味じゃなくて。

Richard: I know, I know. Just hang in there, OK. OK, I'll go out first, alright.
 わかってる、わかってるよ。頑張って。ね。よし、僕が先に出るよ。

Monica: Alright.
 わかったわ。

Richard: Judy, going to the bathroom! Good for you!
 (出てすぐジュディに出会い)ジュディ! バスルームに行くのか! よかったね!

Mrs. Geller: Thank you Richard, I appreciate the support.
 ありがと、リチャード。応援に感謝するわ。

(モニカはシャワールームに隠れ、ママに続いてパパも入ってくる)
Mr. Geller: Honey. Honey, have you seen my Harmon Killebrew bat? Bob doesn't believe I have one.
 ねぇ、おまえ、私のハーモン・キルブルーのバット見なかった? 持ってるっていってもボブが信じてくれないんだ。

Mrs. Geller: I have no idea. Did you know Richard has a twinkie in the city?
 知らないわ。リチャードが市内で小娘とつきあってるって知ってた?

Mr. Geller: I know. He's like a new man. It's like a scene from Cocoon.
 ああ。やつは別人のようだぞ。まるで「コクーン」みたいだ。

コクーン:宇宙人の繭で老人が若返る映画)

Mrs. Geller: I just never would have pictured Richard with a bimbo.
 私はリチャードがまさか、かわいいだけのバカ女とつき合うとは思わなかったわ。

Mr. Geller: Apparently, he told Johnny Shapiro that she's quite a girl. In fact, he told Johnny that he thinks he's falling in love with her.
 彼はジョニー・シャピロに、彼女のことすごくいい子だと言ってたらしいぞ。実際やつはジョニーに、彼女を愛してると言ったらしい。

Mrs. Geller: Really.
 本当に。

Mr. Geller: I tell you, I've never seen him this happy.
 私も思うが、あんなに幸せそうな奴をみたことがないぞ。

Mrs. Geller: So Jack, you ever think about trading me in for a younger model?
 それでジャック、あなたも私を若いモデルと交換したい?

Mr. Geller: Of course not. With you it's like I've got two 25-year-olds.
 もちろんそんなことないよ。君といると、25歳の女の子2人といるみたいだよ。

Mrs. Geller: Oh Jack stop.
 おお、ジャック、だめよ。

Mr. Geller: C'mon, it's my birthday.
 いいじゃないか、私の誕生日だぞ。

《ブランチから帰ってきたチャンドラー達》

Joey: Can we drop this? I am not interested in the guy's apartment.
 もうその話やめないか? あいつの部屋に興味ないって。

Chandler: Oh please, I saw the way you were checking out his moldings. You want it.
 ウソつけ。あの部屋をいろいろチェックしてたのは知ってるんだぞ。欲しいんだろ。

(molding = 鋳造,型込め,面取り,付け面,モールディング,造型,成形,鋳物)

Joey: Why would I want another apartment, huh? I've already got an apartment that I love.
 なんで俺があの部屋を欲しいんだ? 気に入ってる部屋があるのに。

Chandler: Well it wouldn't kill you to say it once in a while.
 たまにはそう言っても害はないはずだよな。

Joey: Alright, you want the truth? I'm thinking about it.
 わかったよ。本当のこと聞きたいか? 確かに考えてるよ。

Chandler: What?
 なに?

Joey: I'm sorry. I'm 28 years old, I've never lived alone, and I'm finally at a place where I've got enough money that I don't need a roommate anymore.
 悪かったな。俺も28だ。一人で住んだことないし、ついにこれだけかせげるようになって、もうルームメイトもいらなくなったんだ。

Chandler: Woah, woah, woah. I don't need a roommate either, OK? I can afford to live here by myself. You know, I may have to bring in somebody once a week to lick the silverware.
 おいおいおい! 俺だってルームメイトは必要ないぞ。いいか? ここで一人暮らしできるだけは稼いでる。週に一回ぐらい、食器をなめるやつを連れてくるかもしれないけどな。

Joey: What're you getting so bent out of shape for, huh? It's not like we agreed to live together forever. We're not Bert and Ernie.
 何をそう怒ってるんだよ。俺たち一生一緒に住む約束をしたわけでもないだろ。バートとアーニーじゃないんだぞ。

(get bent out of shape = 怒る、悪く取る)

sesame.jpg

Chandler: Look, you know what? If this is the way you feel, then maybe you should take it.
 そうか。じゃあ、そういうふうに思ってるんなら、あそこに住めばいいかもな。

Joey: Well that's how I feel.
 ああそう思ってるよ。

Chandler: Well then maybe you should take it.
 じゃあ、あそこに住めばいいかもな。

Joey: Well then maybe I will.
 じゃあそうするかもな。

Chandler: Fine with me.
 けっこうだね。

Joey: Great. Then you'll be able to spend more quality time with your real friends, the spoons.
 いいよ。そうすればおまえも、本当の友達と充実して過ごせるよな、スプーンとな!

《バースデーパーティ:両親が機嫌良くやってくる》

Mr. Geller: Who's drink can I freshen?
 ドリンクのお代わりいる人はいるかな?

Mrs. Geller: Almost time for cake.
 もうケーキの時間よね。

Ross: Mon, Mon, are you OK?
 モン、モン、おまえ大丈夫?

Monica: You remember that video I found of mom and dad?
 ママとパパのビデオ見つけちゃったの覚えてる?

Ross: Yeah.
 ああ。

Monica: Well, I just caught the live show.
 いま、あれのライブを見ちゃった。

Ross: Eww.
 うえ!

《両親宅のキッチン》

Monica: Hey there.
 ハーイ。

Richard: What?
 どうした?

Monica: Nothing, I just heard something nice about you.
 なんでもない。ただ、あなたについていいこと聞いちゃった。

Richard: Humm, really?
 そう?

(ママとロスが来る)
Mrs. Geller: Richard. Richard. Your son isn't seeing anyone, is he?
 リチャード、リチャード。あなたの息子さんつきあってる人いるの?

Richard: Uhh, not that I know of.
 いいや、知る限りでは。

Mrs. Geller: Well, I was thinking, why doesn't he give Monica a call?
 じゃあ、考えたんだけど、モニカに電話くれないかしら?

Richard: That - that's an idea.
 それは・・それも一つのアイデアだね。

Monica: Well, actually, I'm already seeing someone.
 えっとね、実は、もうつきあってる人がいるの。

Mrs. Geller: Oh?
 あ?

Richard: Oh?
 お?

Ross: Ohh.
 おお!

Mrs. Geller: She never tells us anything. Ross, did you know Monica's seeing someone?
 何も言ってくれないんだから。ロス、あなたモニカがつきあってる人いるって知ってたの?

Ross: Mom, there are so many people in my life. Some of them are seeing people and some of them aren't. Is that crystal?
 ママ、僕の人生にはたーくさんの人がいるよ。つきあってる人もいれば、いない人もいる。それクリスタル?(と言ってママのグラスを取る)

Mrs. Geller: So, who's the mystery man?
 その謎の人は誰なの?

Monica: Well, uh, he's a doctor.
 ええ、その・・彼はドクターよ。

Mrs. Geller: A real doctor?
 本当のドクター?

Monica: No, a doctor of meat. Of course he's a real doctor. And he's handsome, and he's sweet, and I know you'd like him.
 いいえ。お肉のドクター。もちろん本当のドクターよ。そして彼はハンサムで、優しくて、それにママも間違いなく好きになるわ。(リチャードと腕を組む)

Mrs. Geller: Well that's wonderful. . . I. . .
 それはすばらしいわね。(振り返って気づく)私・・

Monica: Mom, it's OK.
 ママ、大丈夫なのよ。

Richard: It is, Judy.
 そうだよ、ジュディ。

Mrs. Geller: Jack. Could you come in here for a moment? NOW!
 ジャック! ちょっと来てくれる? すぐ!

Mr. Geller: Found it.
 (バットを持って)みつけたぞ。

Ross: I'll take that, dad.
 それはもらっとくよ、とうさん(バットを持っていく)

Mrs. Geller: It seems your daughter and Richard are something of an item.
 あなたの娘とリチャードが、つきあってるらしいわよ。

Mr. Geller: That's impossible, he's got a twinkie in the city.
 そんなバカな。彼には市内に小娘がいるんだろ。

Monica: Dad, I'm the twinkie.
 パパ、私がその「小娘」よ。

Mr. Geller: You're the twinkie?
 おまえが小娘?

Richard: She's not a twinkie.
 小娘じゃないよ。

Monica: Al-alright, look you guys, this is the best relationship I've been in. . .
 いい? 聞いて。これは今までで一番いい関係で・・

Mrs. Geller: Oh please, a relationship.
 やめて、「関係」だなんて。

Monica: Yes, a relationship. For your information I am crazy about this man.
 いえ、いい関係よ。言っておきますけど、私、この人に夢中なの。

Richard: Really?
 本当に?

Monica: Yes.
 ええ。

Mr. Geller: Am I supposed to stand here and listen to this on my birthday?
 私は自分の誕生日にここに立ってそんな話を聞かなきゃいけないのか?

Monica: Dad, dad, this is a good thing for me. You know, and you even said yourself, you've never seen Richard happier.
 パパ、これは私にとっていいことなの。パパだって、リチャードがこんなに幸せそうなの初めて見たって言ってたじゃない。

Mr. Geller: When did I say that?
 いつそんなことを言った?

Monica: Upstairs in the bathroom, right before you felt up mom.
 2階のバスルームで。ママにタッチする前よ。

(ロスの誘導でみんながハッピーバースデーを歌いながらケーキを持ってくる)

《タトゥーパーラー》

Phoebe: Oh that looks so good, oh, I love it.
 わぁ、それいい感じね、素敵。

Rachel: I know, so do I. Oh Phoebe, I'm so glad you made me do this. OK, let me see yours.
 でしょう。私も気に入ったわ。フィービー、誘ってくれてありがとう。さぁ、あなたの見せて。

Phoebe: Ahh. OK, let's see yours again.
 あー・・よし、あなたのもう一回見よう。

Rachel: Phoebe, we just saw mine, let me see yours.
 フィービー、私のは今見たじゃない。あなたの見せて。

Phoebe: Oh OK. Oh no, oh, it's gone, that's so weird, I don't know how-where it went.
 わかったわ。(肩を出して見てから)うそ、まぁ、消えちゃったわ。変ね。どこいっちゃったのかしら。

Rachel: You didn't get it?
 やってもらわなかったの?

Phoebe: No.
 うん。

Rachel: Why didn't you get it?
 なんでやってもらわないのよ?

Phoebe: I'm sorry, I'm sorry.
 ごめん、ごめん!

Rachel: Phoebe, how would you do this to me? This was all your idea.
 フィービー! なんてことなの? あなたのアイデアなのに。

Phoebe: I know, I know, and I was gonna get it but then he came in with this needle and uh, did you know they do this with needles?
 わかってる、わかってる。私もしてもらおうと思ったんだけど、彼が針を持ってきて・・あなた、針でやるんだって知ってた?

Rachel: Really? You don't say, because mine was licked on by kittens.
 あらそう? 本当なの? 私のは仔猫がなめてできたのよ。

《チャンドラー達の部屋》

Joey: Hey.
 (帰ってきて)やぁ。

Chandler: Hey.
 ヘイ。

Joey: Hey listen, I'm sorry about what happened. . .
 なぁ、聞いて。さっきのこと悪かったよ。

Chandler: Yeah, me too.
 ああ、俺も悪かった。

Joey: I know. Yeah.
 ああ。わかってる。

Chandler: Yeah. So do we need to hug here or. . .
 ああ。それじゃ俺たちハグするかそれとも・・

Joey: No, we're alright.
 いや、大丈夫だよ。

Chandler: So I got you something.
 それでさ、これやるよ(プラスチックスプーンの袋を投げる)

Joey: Plastic spoons. Great.
 プラスチックスプーン! いいね。

Chandler: Lick away, my man.
 なめまくってくれ。

Joey: These'll go great in my new place. You know, 'till I get real ones.
 新しいとこで助かるよ。まぁ、ほんとのスプーンを手に入れるまでだけど。

Chandler: What?
 なに?

Joey: Well, I can't use these forever. I mean, let's face it, they're no friend to the environment.
 だって、こういうのいつまでも使えないだろ。ほら、環境によくないだろ。

Chandler: No-no, I mean what, what's this about your new place?
 いや、いや。そうじゃなくて、新しいとこって?

Joey: I'm moving out like we talked about.
 さっき話したように、出て行くからさ。

Chandler: Well I didn't think that was serious. . . You know I thought that was just a fight.
 あれはそんなマジな話とは思わなかったよ。(スプーンを取り返す)ただのケンカかと思ったよ。

Joey: Well, it was a fight. . . based on serious stuff, remember? About how I never lived alone or anything. I just think it would be good for me, you know, help me to grow or. . . whatever.
 ああ、ケンカだけど、マジなことでのケンカだ。覚えてるだろ、俺が一人で暮らしたことがないとか。俺にとっていいことだと思うんだ。成長するとか何とか。

Chandler: Well, there you go.
 ああそうかい。

Joey: Hey, are you cool with this. I mean, I don't want to leave you high and dry.
 おい、おまえ大丈夫? なんか、ケンカ別れみたいなのはイヤだからさ。

(high and dry = 取り残される)

Chandler: Hey, no, I've never been lower or wetter. I'll be fine. I'll just turn your, uh, bedroom into a game room or something, you know, put the foosball table in there.
 ヘイ! 全然問題ないさ。大丈夫だ。おまえの部屋をゲームルームか何かにするさ。ほら、フーズボールも置いて。

Joey: Woah. Why do you get to keep the table?
 おい。なんでフーズボールがおまえのものなの?

Chandler: I did pay for half of it.
 俺は半分払った。

Joey: Yeah. And uh, I paid for the other half.
 ああ。残りの半分は俺が払ったぞ。

Chandler: Alright I'll tell you what, I'll play you for it.
 わかったよ。じゃあ、賭けて勝負しよう。

Joey: Alright, you're on. I can take two minutes out of my day to kick your ass.
 ああ、いいよ。2分でやっつけてやる。

Chandler: Your little men are gonna get scored on more times than your sister.
 おまえの選手達なんかおまえの妹よりたくさんやられるぞ。

Joey: Woah, woah, woah, woah. Which sister?
 おいおいおい! ・・どの妹?

《モニカ達の部屋》

Monica: So, are you sorry that I told them?
 両親に話していけなかった?

Richard: No, it's been a long time since your dad and I went running.
 いや。君のとうさんとは久しくランニングに行ってないからな。

(レイチェルとフィービーがくる)
Rachel: Oh.
 あら。

Monica: Oh. Well did you get it? Let me see.
 ああ。やってもらってきた? 見せて。

Rachel: Is Ross here?
 ロスはいる?

Monica: No, he went out to get pizza.
 ピザを買いに行ってるわ。

Rachel: Oh, really, OK.
 そうなんだ。それじゃ。

Monica: That's great.
 すごいじゃない!

Richard: Very tasteful.
 いい感じだね。

Phoebe: Wanna see mine, wanna see mine?
 私のも見る? 私の見る?

Monica: Yes.
 ええ。

Rachel: What? You didn't get one.
 なに? やってもらってないじゃん!

Phoebe: OK, well then what is this?
 そう? じゃあこれは何?(肩を出して見せる)

Richard: What're we looking at? That blue freckle?
 何だろう? 青いソバカス?

Phoebe: OK, that's my tattoo.
 ま、それが私のタトゥーよ。

Rachel: That is not a tattoo, that is a nothing. I finally got her back in the chair, he barely touched her with the needle, she jumped up screaming, and that was it.
 そんなものタトゥーじゃないわ、何でもないわよ。ようやくイスに座らせたと思ったら、彼が針で触れるか触れないかってくらいで叫んで逃げ出して。それっきりよ。

Phoebe: OK, hi. For your information this is exactly what I wanted. This is a tattoo of the earth as seen from a great great distance. It's the way my mother sees me from heaven.
 もしもし? 言っておきますけど、これはまさしく私の希望通りなのよ。これは遠い遠いところから見た地球のタトゥーなの。私の母が天国から見た地球だわ。

Rachel: Oh, what a load of crap. That is a dot. Your mother is up in heaven going, 'Where the hell is my lily, you wuss?' OK, Phoebe, that is not a tattoo, this is a tattoo.
 まぁ。よくそんなたわ言を。そんなの点よ。あなたのおかあさんは天国から見て「私のリリーはどこなの? この弱虫」って言ってるわよ。いい? フィービー、そんなのタトゥーじゃないわ。これがタトゥーよ!(腰のタトゥーを見せる。ロスが入ってくる)

Ross: You got a tattoo?
 タトゥー入れたの?

Rachel: Maybe. But just a little one. Phoebe got the whole world.
 かもね。でもちっちゃいのよ。フィービーなんかこの全世界を入れたんだから。

Ross: Let me see.
 見せて。

Rachel: Well?
 どう?

Ross: Well it's really. . . sexy. I wouldn't have thought it would be but. . . wow.
 うん、これはほんとに・・・セクシーだね。そうなるとは思わなかったけど・・ワオ。

Rachel: Really?
 ほんと?

Ross: Yeah, so uh, is it sore or can you do stuff?
 ああ。それで・・ひりひりとかする? できるかな?

Rachel: I guess.
 多分。

Ross: Hey, save us some pizza.
 ヘイ。ピザとっといてね。(2人レイチェルの部屋へ)

《チャンドラー達の部屋》

Joey: Get out of the corner. Pass it, pass it.
 コーナーを出ろ! パス! パス!

Chandler: Stop talkin' to your men.
 選手に話しかけるな!

Joey: Yes! And the table is mine.
 よし! これで俺のものだ。

Chandler: Congratulations.
 おめでと。(出て行く)

《チャンドラー達の部屋・ジョーイの引っ越し準備》

Joey: Hey, you guys are still gonna come visit me, right?
 ヘイ。みんな俺のところに来てくれるよな?

Ross: Oh yeah, you got the big TV. We'll be over there all the time. . . except when we are here.
 ああ、おまえんところには大型TVがあるもんな。いつもそこに行ってるさ。(チャンドラーに見られ)ここにいる時以外はね。

Phoebe: I know you're just moving uptown but I'm really gonna miss you.
 ちょっと離れるだけだけど、寂しくなるわ。

Monica: I know, how can you not be across the hall anymore.
 そうよ。廊下の向こうにいるんじゃなくなるなんて。

Rachel: Yeah, who's gonna eat all our food, and tie up our phone lines, and - is that my bra? What the hell you doing with my bra?
 そうよ。うちの食べ物を食べたり、電話を使ったりする人がいなくなるなんて・・それ私のブラ? 私のブラでいったい何をしてたのよ。

Joey: Oh no-no, it's uh, it's not what you think. We uh, we used it to, you know, fling water balloons off the roof. Remember that, those junior high kids couldn't even get theirs across the street.
 いや違うよ、そんなことじゃないよ。俺たち、ほら、水風船を屋根の向こうへ飛ばすのに使ったんだ。覚えてる? あの中学生達、通りの向こうへ飛ばすこともできなかったよな。

Chandler: Yeah, I remember.
 ああ、覚えてるよ。

Ross: Hey, let's bring the rest of these down to the truck.
 おい、残りの物をトラックへ運ぼう。

(ジョーイとチャンドラー以外出て行く)
Chandler: So, uhh, you want me to uh, give you a hand with the foosball table?
 それじゃ・・・その、フーズボールを運ぶの手伝う?

Joey: Naa, you keep it, you need the practice.
 いや。おまえが持っててくれ。練習がいるだろ。

Chandler: Thanks.
 ありがと。

Joey: So, I guess this is it.
 それじゃ・・これでいいな。

Chandler: Yeah, right, yeah, I guess so.
 ああ、うん、そうだな。

Joey: Listen, uh, I don't know when I'm gonna see you again.
 なぁ、俺たち今度いつ会うかな。

Chandler: Well, I'm guessing uh, tonight at the coffee house.
 そうだな、今夜コーヒーハウスでかな。

Joey: Right, yeah. OK. Um, take care.
 そうだな。ああ。OK。じゃ、気をつけて。

Chandler: Yeah.
 ああ。

(ジョーイは出て行くが、戻ってきてハグし、出て行く)



にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村


英語 ブログランキングへ


posted by らんち at 11:37| Comment(0) | Season2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。