2013年06月17日

2-14 The One With the Prom Video

2-14 プロムのビデオの話

 ☆極秘ビデオ公開!☆

《チャンドラー達の部屋:ジョーイが帰ってくる》

Joey: Hey.
 やぁ。

Chandler: Hey. Hold on a second. . . Huh?
 おお、ちょっと待って(フーズボールをする)ほら。

Joey: Nice, nice. Hey I got something for you.
 いいねいいね。さぁ、これ、おまえに。(封筒を渡す)

Chandler: What's this?
 何これ?

Joey: Eight hundred and twelve bucks.
 820ドル。

Chandler: Well, I don't know what Big Leon told you but it's an even thousand if you want me for the whole night. What is this for?
 ビッグ・レオンがなんて言ったかしらないけど、俺と一晩過ごしたいなら、1000ドルはかかるぞ。これなに?

Joey: Well, I'm making money now and this is paying you back for head shots, electric bills, and so many slices of pizza I can't even count. I love you man.
 いや、俺も稼げるようになったからさ、返そうと思って。顔写真代とか、電気代とか、それにピザなんてどれだけあったかわからないだよな、愛してるよ。

Chandler: Well, thanks man. Now I can get my pony.
 おお、ありがとう。これでポニーが買えるな。

Joey: Hey, this is a little extra something for uh, you know, always being there for me.
 それから、これはまた別に。いつも支えてくれたからさ。

Chandler: Wow, I don't know what to say. . . Wow, I, I don't know what to say.
 ワオ。なんて言ったらいいかわかんないよ。(開けて派手な金色のブレスレットを見て)ワオ。なんて言ったらいいかわからないよ。

Joey: Heh, what do you say?
 なぁ、どう思う?

Chandler: I don't know. It's a bracelet.
 わかんない。ブレスレットだ。

Joey: Isn't it? And it's engraved too, check it out.
 だろ? 彫ってあるんだぞ、見て。

Chandler: "To my best bud". . . Thanks best bud.
 「俺の親友へ」(箱に戻す)ありがと、親友。

Joey: Put it on.
 つけてみろよ。

Chandler: Oh, now? No, no, I think something this nice should be saved for a special occasion.
 え、いま? いやいや、こんないい物は何か特別な機会につけるよ。(片付けてしまう)

Joey: Oh, no no, that's the beauty part, it goes with everything. . . You put this on, you're good to go. . . Ohhh man, you are so wearing that bracelet.
 いやいや、これはどんな時にも合うんだよ、それがこれのすごいところなんだ。・・これをつければ準備完了!(つけさせて)おお、ぴったり似合ってるぞ。

Chandler: I so am.
 ほんとうだなぁ。

Joey: You have any idea what this'll do for your sex life?
 これでおまえのセックスライフがどんなに変わるかわかるか?

Chandler: Well, it'll probably slow it down at first but, once I get used to the extra weight, I'll be back on track.
 そうだな、最初はちょっと大変だろうが、この重さに慣れさえしたら取り戻せるさ。

《モニカの面接》

Man: Well, this all looks good.
 うん、これはいいね(経歴書を見て)

Monica: Great.
 よかった。

Man: And if I want to call for a reference on your last job?
 前の職場に問い合わせたいときは?

Monica: Oh, that's there on the bottom, see the manager, Chandler Bing.
 ああ、それなら一番下に載ってます、その、マネージャー、チャンドラー・ビングです。

Man: Alright, let's see if you're as good in person as you are on paper. Make me a salad.
 よろしい。では、この経歴の通りによい腕かどうか、見せてもらいましょうか。サラダを作ってください。

Monica: A salad? Really I, I could do something a little more complicated if you like.
 サラダですか? もっと手のこんだ物もできますよ。

Man: No, just a salad will be fine.
 いや、サラダだけでいいよ。

Monica: You got it.
 わかりました。

Man: Now, I want you to tell me what you're doing while you're doing it.
 じゃあ、作っている間、何をしているのかを説明してもらいたい。

Monica: Alright, well, I'm tearing the lettuce.
 わかりました。レタスをちぎってます。

Man: Uh-huh. Is it dirty?
 ほほう。それは汚れてないかね?

Monica: Oh-oh, no no don't worry, I'm gonna wash it.
 いえいえ、大丈夫です。洗いますから。

Man: Don't, I like it dirty.
 いや。汚れたままでいいんだ。

Monica: That's your call.
 おっしゃる通りに。

Man: So, uh, what are you going to do next?
 それで、次はどうするのかね?

Monica: Well, I thought that I would cut up the tomatoes.
 そうですね、トマトをカットしようと思います。

Man: Are they, uh, firm?
 それは固いかね?

Monica: They'r alright.
 大丈夫ですよ。

Man: You sure they haven't gone bad? You're sure they're not very, very bad?
 それは悪くなってないかね? とってもとっても悪くなってないかね?

Monica: No, really, they're OK.
 いえ、本当に大丈夫ですよ。

Man: You gonna slice them up real nice?
 君はそれをうまくスライスするのかね?

Monica: Actually, I was gonna do them julienne.
 いえ、千切りにするつもりです。

Man: Aaaahhhhhhh.
 おおおぉぉ!

Monica: I'm out of here.
 帰ります。(出ていく)

《モニカ達の部屋:ロスが電話に出ている》

Ross: Hello. No, Rachel's not here right now, can I take a message? Alright, and how do we spell Casey, is it like "at the bat" or and the Sunshine Band? OK, bye-bye. Hey, who's this uh, this Casey?
 もしもし、いえ、レイチェルは今でかけています。メッセージ伝えます? わかりました。ケイシーはどう綴ります? 「Casey 打席に立つ」のCasey、それとも「Sunshine Band」のKC? わかりましたよ、バイバイ。(電話を切ってフィービー達に聞く)このケイシーって誰?

(「Casey 打席に立つ」という野球の詩。
 KC and the Sunshine Bandというバンド。)


Phoebe: Oh, some guy she met at the movies.
 ああ、彼女が映画を見に行って出会った男よ。

Ross: Oh really? What uh, what does he want with her?
 ああそうなんだ。そいつは彼女に何の用なんだ?

Chandler: Well, I'm guessing he wants to do a little dance. . . you know, make a little love. . . well pretty much get down tonight.
 そうだな。想像するに、ちょっとダンスしたり・・ほら、ちょっと愛し合ったり・・まぁ、今夜ばっちりキメたいってとこだろ。

Ross: I don't know, I don't get, I don't get it, I mean, , two months ago Rachel and I were like, this close. Right now, what, I'm taking messages from guys she, she meets at the movies? I mean this, this Casey should be taking down my messages, you know, or, or, Rachel and I should be together and, and we should get some kind of message service.
 (書いたメモを棚にしまい込む)なんだよ。どうしてこうなるんだ。2ヶ月前にはレイチェルと僕はすごく接近したのに。今はなんだよ。映画で出会った男からのメッセージを伝えるなんて。このケイシーってやつが僕のメッセージを伝えればいいんだ。それか、レイチェルと僕がつきあって、そして2人でメッセージサービスでも頼むとか。

Phoebe: Hang in there, it's gonna happen.
 がんばるのよ。2人は結ばれるわよ。

Ross: OK, now, how do you know that?
 そう。なんでわかる?

Phoebe: Because she's your lobster.
 だって彼女はあなたのロブスターだもん。

Chandler: Oh, she's going somewhere.
 (怪訝なロスに)おお、この話もどこかにたどり着くさ。

Phoebe: C'mon you guys. It's a known fact that lobsters fall in love and mate for life. You know what, you can actually see old lobster couples walking around their tank, you know, holding claws like. . .
 なに、あなたたち。だってロブスターは恋をして一生添い遂げるって誰でも知ってるでしょ。実際、年を取ったロブスターのカップルがタンクの周りを歩く姿を見られるわよ。ほら、あのハサミをこうしてつないで(手ぶり)

(モニカがシャワーを終えて出てくる)

Chandler: Hey, you feeling better?
 おお、気分よくなった?

Monica: Yeah, I think that fifth shower actually got the interview off me.
 ええ。シャワー5回目でようやくあの面接を洗い流せたわ。

Phoebe: So, do you have any other possibilities?
 それで、なんかほかの見込みは?

Monica: Oh yeah, well, there's the possibility that I won't make rent.
 そうね、家賃が払えない見込みがあるわ。

Ross: Monica, if you want, I can lend you some money.
 モニカ、なんならお金を貸すよ。

Monica: No no no, if I couldn't pay you back right away then I'd feel guilty and tense every time I saw you.
 いえいえ。すぐ返せないと、会うたびに悪いと思ってテンパっちゃうから。

Ross: Oh OK. Well then why don't you, uhh, why don't you borrow it from mom and dad? You feel guilty and tense around them already. You might as well make some money off of them.
 ああ、そうか。じゃあ、そうだな、かあさん達から借りたら? どうせいつも悪いと思ってテンパってるんだから、お金借りたっていいんじゃない?

Chandler: You know, the man's got a point.
 そうだな。的を得てるよ(腕からブレスレットが落ちる)

Phoebe: What is that sparkly thing?
 そのキラキラしたもの何?

Chandler: That thing, it's a uhh. . . yeah it's, it's a little flashy.
 これは・・これは・・そうだな、ちょっとケバケバしいよな。

Ross: No no. No no, it's not flashy, not for a Good fella.
 いやいや、いやいや。ケバケバしくなんかないさ。グッドフェローズにはな。

グッドフェローズはマフィアを描いた映画)

Monica: Man, man, that is sharp. It must have cost you quite a few doubloons.
 まぁこれはギラギラしてるわね。金貨をいっぱい払って買ったんでしょうね。

Doubloonは昔スペインなどで使われていた金貨)

《モニカ達の部屋:両親の訪問》

Monica: Hi.
 ハーイ。

Mr. Geller: Hi.
 やぁ! (段ボールを持ってくる)

Mrs. Geller: Hi, darling.
 ハーイ、モニカ。

Monica: So, what's this.
 それで、これは何?

Mr. Geller: Some of your old stuff.
 おまえの物だよ。

Mrs. Geller: Well, sweetie, we have a surprise for you. We're turning your room into a gym.
 それがね、ビックリさせる話があるのよ。あなたの部屋をジムにすることにしたの。

Monica: Wow, that is a surprise. Just one little question, uh, why not Ross's room?
 ワオ。それはビックリ。ちょっと質問だけど、どうしてロスの部屋じゃないの?

Mr. Geller: Gosh, we talked about that but your brother has so many science trophies and plaques and merit badges, well, we didn't want to disturb them.
 おお。それも話したんだが、にいさんの部屋は、科学のトロフィーとか盾とか表彰バッジがいっぱいでね。いじりたくなかったんだよ。

Monica: Oh, God forbid.
 そうよね、神も禁止よね。

(レイチェルがランドリーから戻る)

Mrs. Geller: Oh, hi, Rachel.
 あら、レイチェル。

Rachel: Hi.
 ハーイ。

Mrs. Geller: Oh, we were so sorry to hear about your parents splitting up, dear.
 ご両親がお別れになって、残念だったわね。

Rachel: Oh, well, you know, they're just separated so, you know, never know, we'll see.
 ああ。いえ、ただ別居してるだけですもの。まだわかりませんよ。

Mr. Geller: Well, I can't say any of us were surprised. Your parents have been unhappy ever since we've known them. Especially after that incident in Hawaii.
 いやぁ、私達にとっては驚くことではなかったよ。君のご両親は私らの知る限り幸せそうじゃなかったからな。特に、ハワイの事件の後ではね。

Rachel: What, what incident?
 事件って何ですか?

Mr. Geller: Uhh, nah, no no no, I, I must be thinking of someone else, uh, maybe me. Don't you have some folding to do? Go fold dear. Fold. You fold.
 ああ、いや、違ったな。あれは別の人の話だったな。私のことだったかも。君、たたむんじゃないの? 行ってたたみなさい。(レイチェルの寝室へ押しやる)

《セントラルパーク:フィービーとチャンドラー》

Phoebe: Do you want a refill?
 お代わりする?

Chandler: No, I'm alright, thanks.
 いや、いいよ、ありがと。

Phoebe: OK. Ooh, OK, you gotta give me a second, I wanna get this just right. . . Dude, 11 o'clock, totally hot babe checkin' you out. That was really good, I think I'm ready for my penis, now.
 わかった。(行きかけて、チャンドラーを見つめる女性を発見)あら、ちょっと、ちょっと待って。きっちりやりたいから。(咳払いをしたり鼻をすすったりした後低い声で)おいおまえ、11時の方向でイケてる女がおまえを見てるぜ。(演技終わり)すごい上手。もうペニスもつけられるわ。

Chandler: I know what you're thinking, Dave Thomas, founder of Wendy's.
 (その女性のところへ行って)何を考えてるかわかるよ。ウェンディーズの創始者、デイブ・トーマスです。

Gail: I'm Gail.
 私はゲイルよ。

Chandler: Chandler.
 チャンドラー(手をあげたのでブレスレットが見えた)

Gail: I, I really have to be somewhere but it was nice meeting you.
 あ、私、行かなきゃいけないところがあるんだった。会えてよかったわ。(出て行く)

Chandler: What? . . . Oh this is excellent. You know he could have gotten me a VCR, he could have gotten me a set of golf clubs, but no, he has to get me the woman repeller, the eyesore from the Liberace house of crap.
 何?(ブレスレットのせいだと気づき)ああ、これはすごいよな。あいつ、ビデオデッキをくれてもよかった、ゴルフクラブをくれてもよかったのにさ。そうじゃない、やつがくれたのは、女性をはねつける道具だ。リベラーチェのゴミ箱から持ってきたような見苦しさだよ。

Liberace = 派手な衣装で有名だったピアニスト)

リベラーチェ.jpg

Phoebe: It's not that bad.
 そんなにひどくないわよ。

Chandler: Oh, yeah, easy for you to say, you don't have to walk around sporting some reject from the Mr. T collection.
 そうか、言うのは簡単だよ。君は Mr. T のコレクションにも入れてもらえなかったものを見せびらかして歩かなくてもいいんだもんな。

(sport = 見せびらかす)
Mr. T はTの形になったヘアスタイルやゴールドの
 アクセサリーで知られた、ロッキー3に出た俳優。
 I pity the Fool というTV番組に出ていた)


Mr-T.jpg

Phoebe: Chandler, Chandler.
 (ジョーイが入ってきたので)チャンドラー、チャンドラー。

Chandler: I pity the fool who puts on my jewelry, I do, I do. I pity the fool that. . . Hi. Hey man, we were just doing some uhh, impressions over here. Do your Marcel Marceau. . . That's actually good.
 (Mr.Tのマネ)俺の宝石を身に着けたやつを哀れに思うよ。本当にさ、哀れに思う・・・(ジョーイに気づく)やぁ、俺たちいま、モノマネしてたんだ。マルセル・マルソーやってくれよ。(ジョーイは黙って出て行く)本当に上手なのに。



《セントラルパーク:レイチェル仕事中・ロスとフィービー》

Ross: Would you look at that guy, I mean how long has he been talking to her. It's like, back off buddy she's a waitress not a geisha.
 あいつを見てよ。いったいいつまで彼女に話しかけてるんだ。もうやめろって言いたいよ。彼女はウェイトレスで、ゲイシャじゃない。

Phoebe: I think she's OK.
 彼女大丈夫そうよ。

Ross: Look at that, look at that, see how she's pushing him away and he won't budge. Alright, I'm gonna do something. . . .Excuse me, are you Rachel?
 見て。彼女が彼を押しやってるよ。なのにあいつは下がらない。よし、なんとかしてやる。(レイチェルのところへ行き)ちょっと失礼、君はレイチェル?

Rachel: What?
 え?

Ross: I'm Ross Geller. Wha,, God, in your add you said you were pretty but, wow.
 僕はロス・ゲラー。おお! 恋人募集広告でかわいいって書いてあったけど、ワオ。

Rachel: What are you, what are you doing?
 あなた何をしてるの?

Ross: Oh, oh my God, is this the wrong day? I don't believe it, uh, well, hey, I guess if it works out we'll, we'll have something to tell the grandkids.
 あ、まずかったかな、都合悪かった? 信じられないな。そうだ、もしこれがうまくいったら、僕ら孫に話すネタができたよね。

MAN: Sure will. I've uh, gotta go. Take care.
 本当だね。僕はもう行くよ。じゃあ。(出て行く)

Ross: OK, see you later, nice meeting you. You're welcome.
 (男性に)ああ、じゃあまた、会えてよかったよ。(レイチェルに)礼はいいよ。

Rachel: What?
 何?

Ross: I was saving you.
 君を助けたんだよ。

Rachel: Saving, saving, saving me from the pleasant conversation with the interesting man, saving me?
 助けた。助けたって。興味深い男性との楽しい会話から助け出してくれたわけ?

Ross: Oh, see from where I was sitting I uh. . .
 え。僕から見たらあれは・・

Rachel: OK, Ross, listen to me, I am not yours to save.
 ロス、聞いて。私はあなたが助け出さなきゃいけない彼女じゃないのよ。

Ross: But, you are.
 でも、そうなんだよ。

Rachel: What?
 なんですって?

Ross: Uh, uh, well you're, umm, you're my lobster.
 いや、君は・・君は僕のロブスターだから。

Rachel: OK, you know what, are, are you being like, the blind date guy again?
 ちょっと、あなたまたブラインドデートの男を演じてるわけ?

Ross: No no, you're uh, you're my lobster. See um, lobsters, uhh, in the tank when, when they're old, uhh, they get with, uhh, they walk around holding the claws. In the tank, you know, with, with the holding and. . . Uhh, Pheebs you wanna help me out with the, the whole lobster thing?
 いやいや、君は僕のロブスターなんだよ。ほら、ロブスターは、タンクで。えっと・・年をとったら・・一緒に・・一緒に歩くんだよ。ハサミをつないでね。タンクで・・ほら。つないで・・フィーブス、助けてくれる? あのロブスターの話してくれない?

Phoebe: Do the claws again.
 もう一回あのハサミやって。

Ross: Rach. OK, forget, forget the lobsters OK. We're, let's talk, what about us?
 レイチ、もうロブスターの話はいいよ。話をしよう。僕ら2人について。

Rachel: Ross, there is no us, Okay?
 ロス、2人なんてないのよ、いい?

Ross: No, but. . .
 でも・・

Rachel: No, listen to me. I fell for you and I get clobbered. You then fall for me and I again, somehow, get clobbered. I'm tired of being clobbered, you know, it's, it's just not worth it.
 いえ、聞いて。あなたを好きだったけど、打ちのめされたわ。それからあなたが好きになってくれたけど、また私が打ちのめされた。もう疲れたのよ。もう無理だわ。

Ross: Well, but, but. . .
 でも、でも・・

Rachel: No but Ross. We are never gonna happen, OK. Accept that.
 「でも」はナシよ、ロス。私達はつきあわない。いい? それを受け入れて。

Ross: Except, except that what?
 それ・・それ以外は?

Rachel: No, no, ACcept that.
 違うわ。それを受け入れて。

Ross: Oh.
 ああ。

《チャンドラー達の部屋》

Chandler: Hey man, look it's my best bud. How you doing? . . . Wow, you are really getting good at that Marcel Marceau thing. Hey, listen, what do you say uh, we play some ball, you and me, huh, what do you say? . . . OK, that's my bad.
 (帰ってきたジョーイに)よぉ、俺の親友じゃないか! 元気? (返事をしないジョーイ)ワオ。マルセル・マルソーのマネが本当にうまくなってきたな。なぁ、ボールで遊ばないか、おまえと俺とで。え? どうだ?(ボールを投げたが、ランプに当たって壊れた)あ、それは俺のせいだな。

Joey: If you hated the bracelet so much, Chandler, you should have just said so.
 チャンドラー、ブレスレットがそんなにキライだったら、そう言えばいいじゃないか!

Chandler: Well, doesn't the fact that I wore the bracelet even though I hated it say something about our friendship and how much it means to me?
 キライだったのに身につけてたってことで、俺達の友情がわかるだろう? その友情が俺にどんなに大事かってことがわかるだろう?

Joey: Well, what about the fact that you insulted the bracelet and you made fun of me?
 じゃあ、ブレスレットを侮辱して俺をバカにしたことはどうなんだよ!

Chandler: OK, well that's the part where I'm a wank. But I was hoping we wouldn't focus on that. . . . Hey, come on, man, I said I was sorry like a hundred times, I promise I will never take it off my. . . wrist. But if, if you want to stay in there and be mad, you know, you just uh, you stay in there.
 ああ、それは俺がイヤな奴っていう部分だよ。それにフォーカスしたくなかったんだけど(ジョーイは自室へいってしまう) おい! もう何回も謝ってるじゃないか。もう二度と外さないよ、この・・・(ブレスレットが腕にないことに気づく)腕から・・。でも、もし怒って部屋から出てこないっていうなら、あー、そこにいてくれ。(部屋の中を探す)

Joey: You know what, the. . .
 いいか、おまえ・・(出てくるとチャンドラーがクッションを手にひざまずいていた)

Chandler: I am here, on my knees, holding up these couch cushions as a symbol of my sorrow and regret, much like they did in biblical times. Though you may haveth anger now. . .
 俺はこうしてひざまずいて、このクッションを俺の悲哀と後悔の印に捧げ持つよ。聖書の時代みたいにね。汝はいま怒りを抱いて・・(ジョーイは黙って部屋に戻る)

《モニカ達の部屋:時間経過》

Mr. Geller: You know, that Steffi Graf has quite a tush. I'm just saying, it's right there.
 な、あのシュテフィ・グラフは大したお尻の持ち主だな。本当じゃないか、ほら見ろ。

(ロスがくる)
Ross: Hey, guys.
 やぁ、みんな。

Mrs. Geller: Hi, darling. Where's my grandson, you didn't bring him?
 あら、あなた、私の孫息子は? 一緒じゃないの?

Ross: No, he's at Carol's and Susan's today.
 いや、彼は今日はキャロルとスーザンのところだよ。

Mr. Geller: A woman in my office is a lesibian. I'm just saying.
 うちのオフィスの女性がレズビアンだよ。ちょっと言ってみただけだよ。

Mrs. Geller: Oh, Jack look, there's that house paint commercial that cracks you up.
 あら、ジャック、見て。ペンキのコマーシャルよ。あなたこれ見ていつも笑っちゃうのよね。

(モニカとロスin キッチン)
Monica: Where have you been?
 どこ行ってたの?

Ross: Emotional hell. So, did they lend you the money yet?
 心の地獄。それで、お金借りられた?

Monica: No, but that's probably 'cause I haven't asked them yet.
 いいえ。まだ何も言ってないからかしら。

Ross: Come on, Monica, do it. Hey, you guys, um, Monica has some news.
 何だよ、モニカ。言ってみろって。(両親に)ねぇ、モニカが話があるんだって。

Monica: Um, yeah, so uh, uhh, listen, I'm sorry I didn't tell you this before but umm, I, I'm no longer at my job, I, I had to leave it.
 えっと、その・・聞いて。もっと早く言わなくて悪かったわ。その、私、もう仕事についてないの。辞めたのよ。

Mrs. Geller: Why?
 どうして?

Monica: Because they made me.
 そうさせられたから。

Mrs. Geller: You were fired? What're you gonna do?
 クビになったの? どうする気?

Mr. Geller: Judy, Judy, relax, this is our little Harmonica we're talking about. We taught her well. Ten percent of your paycheck, where does it go?
 ジュディ、ジュディ、落ち着いて。うちのかわいいハーモニカのことだぞ、私達ちゃんと教えたじゃないか。(モニカ達に)収入の10パーセントはどこへ行く?

Monica and Ross: In the bank.
 銀行。

Mr. Geller: There you go. So she dips into her savings, that's what it's there for. She's gonna be fine, and if you need a little extra, you know where to find it.
 ほらな! それを使うことができるだろ、そのためにあるんだからな。大丈夫だよ。それでももし余分に必要になったら、どこにあるかわかるだろう?(モニカの耳の後ろからコインを出して見せる)

Monica: Anything larger back there?
 そこにもっと大きいお金なかった?

《セントラルパーク:チャンドラーとフィービー》

Chandler: I can't believe it.
 信じられない。

Phoebe: Would you stop already? Get out of the bitter barn and play in the hay.
 もうやめてくれる? 暗い納屋から出てきてヘイ(干し草)で遊ぶのよ。

Chandler: Oh, you're right I, I should play in the hay. Forget about the fact that I just dropped 400 dollars to replace a bracelet that I hated to begin with. Bring on the hay.
 ああそう。干し草で遊べばいいんだな。そもそもキライだっていうのに、なくしたからって400ドルも払って買い直さなきゃならなかったなんて忘れた方がいいよな。持ってきて、ヘイ。(カウンターに寄りかかる)

Rachel: Hey. I've got something that's gonna make you happy. Guess what Gunther found?
 ヘイ!(カウンターの下から突然)喜ぶもの持ってるわよ。ガンターが見つけたもの何だ?(ブレスレット)

Phoebe: Hey now you have two. . . Oh, now you have two.
 ヘイ! これで二つになったじゃん!(チャンドラーにイヤな顔をされ)ああ、二つになっちゃったじゃん。

Chandler: What am I gonna do, huh?
 どうしたらいいんだ?

Joey: Hey.
 ヘイ!

Chandler: Hey.
 ヘイ。

Joey: How come you have two?
 なんで二つ持ってんの?

Chandler: Well this one's for you.
 これは君にだよ。

Joey: Get out.
 ウソだろ。

Chandler: No, I can't. No no, listen, I, I know how much this means to you and I also know that this is about more than just jewelry, it's about you and me and the fact that we're best buds.
 いや。ウソつけない。いやいや、これがおまえにとってどんな大事かわかってるし、ただのアクセサリーではないってわかってるんだ。(ジョーイにつけさせ)俺とおまえの友情を表してるんだし、ほら親友だってことさ。

Joey: Wow, is this friendship? I think so. Check it out, we're bracelet buddies.
 ワオ! これこそ友情じゃないか? そうだよな。これ見ろよ。俺たちブレスレット友達だな。

Chandler: That's what they'll call us.
 そう呼ばれるんだな。

《モニカ達の部屋:ロスがモニカに小切手を切っている》

Ross: Here you go, you can pay me back whenever you like.
 はい、どうぞ。返せるときでいいからな。

Monica: You have dinosaur checks?
 恐竜小切手なんて持ってるの?

Ross: Yeah, yeah I mean, you get your money and you learn a little something, what's wrong with that?
 そうだよ。お金も手に入って、学ぶこともできるんだ。何か悪い?

Monica: Nothing, nothing, hey you're a cheap-a-saurus. I'm kidding, I'm kidding, thank you, I'm very grateful.
 いえ、別に。あら、あなたってば、ケチザウルスね! 冗談、冗談よ。ありがとう。本当にうれしいわ。

Phoebe: Hey, Mon, what is this?
 ねぇ、モン、これ何?(モニカの水着)

Monica: Oh, um, that was my bathing suit from high school. I was uh, a little bigger then.
 ああ、それは私の高校の時の水着よ。私その頃太ってたのよ。

Chandler: Oh, I thought that's what they used to cover Connecticut when it rained.
 ああ、俺はまた雨が降ったときにコネチカットにかぶせるのかと思ったよ。

Joey: Hey Monica, what's on this video tape?
 ねー、モニカ、このビデオは何?

Monica: Hey, you got me, put it in.
 さぁね、セットしてみて。

Ross: Oh.
 (レイチェルが来たのできまずく)ああ。

Rachel: Hi.
 ハーイ。

Ross: Hi.
 ハーイ。

(ビデオを見始める)
Mrs. Geller: Over here Jack. OK. I see, Rachel's coming up the path. Oh doesn't she look pretty. Jack, get this.
 《ビデオ》ジャック、こっちよ。ほら。レイチェルが来るわよ。まぁ、かわいいじゃない。

Rachel: Oh my God.
 あらやだ。

Joey: What is with your nose?
 あの鼻なに?

Rachel: They had to reduce it because of, of my deviated septum.
 鼻の隔壁がそれて小さくしなきゃらなかったのよ。 

(deviated = (軌道などを)それる)
(septum = 通常鼻などの隔壁)

鼻腔の壁がそれたために手術をする場合がある。
 一般には外傷などが原因。レイチェルのはウソかな)

Chandler: OK, I was wrong, that's what they used to cover Connecticut.
 さっきは間違ってたよ。これがコネチカットを覆うものだな。

Monica: You know what this is, this is us getting ready for the prom.
 これ何かわかる? 私達がプロムに行く準備してるところよ。

Rachel: Oh.
 ああ。

Ross: You know what, you guys, we don't have to watch this.
 ねぇ、君達、こんなの見ることないよ。

All: Oh yeah, we do. Come on.
 いいえ、見たい見たい。

Mrs. Geller: Get a shot of Monica. Where's Monica.
 《ビデオ》モニカを撮って。モニカはどこ?

Monica: Over here dad.
 《ビデオ》ここよ。(おなかしか映らない)

MR, GELLER: Wait, how do you zoom out? . . . There she is.
《ビデオ》待て、ズームアウトはどうするんだ?. . .(顔も映る)はい、いたぞぉ!

Joey: Some girl ate Monica.
 誰かモニカを食べた!

Monica: Shut up, the camera adds ten pounds.
 うるさい。カメラでは10パウンド太って見えるのよ。

Chandler: Ahh, so how many cameras are actually on you?
 ああ、それで、何台のカメラで撮ってんの?

Monica: Oh, you look so great.
 《ビデオ》わぁ。あなた素敵よ。

Rachel: Ahh, so do you, beautiful.
 《ビデオ》ああ、あなたもきれいよ。

Monica: Oops.
 《ビデオ》おっと。

Rachel: What?
 《ビデオ》なに?

Monica: Shoot, I think I got mayonnaise on you.
 《ビデオ》大変! あなたにマヨネーズをつけちゃったわ。

Rachel: Oh, that's OK, it's just the shoulder, it's not my dress.
 《ビデオ》ああ、いいのよ。肩についただけよ。ドレスは大丈夫。

Mr. Geller: Everybody, smile.
 《ビデオ》みんな笑って。

Monica: Oh, dad, turn it off.
 《ビデオ》もう、パパ、それ切ってよ。

Mr. Geller: It is off.
 《ビデオ》切ってあるよ。

Monica: Dad, it is not. What's with the red light?
 《ビデオ》パパ、切ってないわよ。赤いライトがついてるわよ。

Mr. Geller: It's the off light. Right, Ross?
 《ビデオ》それはオフのライトだよ。な、ロス?(アフロでヒゲのロスが映る)

Joey: Looking good, Mr. Cotter.
 ハンサムじゃん、ミスター・コッター。

gabe.jpg

Ross: You look pretty tonight.
 《ビデオ》今夜はきれいだね。

Rachel: Oh, thanks. So, uh, what are you gonna do this summer?
 《ビデオ》まぁ、ありがと。それで、この夏はどうするの?

Ross: Oh, you know, I'm just gonna, I'm gonna hang out, work on my music.
 《ビデオ》ああ、そうだな、ここにいて、音楽をやるよ。

Rachel: Is my hook unhooked? These things keep falling down, I can't. . .
 《ビデオ》ボタンが外れてる? 肩が落ちてきてしようがないわ。

Ross: Uh, hold, let me see, I don't know. So what're you gonna do. . .
 《ビデオ》見てみようか、わからないけど。それで、君はどうするの・・(ドアベルが鳴る)

Rachel: Oh, the guys are here.
 《ビデオ》あ! 男の子達が来たわ!

Ross: this summer?
 《ビデオ》この夏?(もうレイチェルはいない)

Chandler: Work on your music?
 「音楽やる」だって?

Rachel: Oh my God, look there's Roy Gublik.
 わぁ! 見て、ロイ、ギブリックよ。

Monica: You know, Roy saw Star Wars 317 times. His name was in the paper.
 ねぇ、ロイって、スターウォーズを317回も見たのよ。新聞にそれで載ったの。

Rachel: Where's Chip, why isn't he here yet?
 《ビデオ》チップは? どうしてチップがまだ来ないの?

Roy: He'll be here OK, take a chill pill. There.
 《ビデオ》すぐ来るよ、落ち着けよ。ほら。(モニカにコサージュをつけてあげて立ち去り、モニカがレイチェルに内緒話をする)

Monica: I just told Rachel that Roy touched my boob.
 私レイチェルに、ロイが私のおっぱいに触ったって言ったのよ。

Rachel: I can't go to my own prom without a date, I can't, it's too late.
 《ビデオ》相手もいなくてプロムには行けないわ。もうダメよ、もう遅いわ。

Monica: If you're not going then I don't want to go either.
 《ビデオ》あなたが行かないなら私も行きたくないわ。

Roy: Oh, I'm gonna kick Chip's ass.
 《ビデオ》くそ、チップのやつケツを蹴飛ばしてやる。

Mrs. Geller: I have a wonderful idea. You should take Rachel to the prom.
 《ビデオ》(ロスに)いい考えがあるわ。レイチェルをプロムへ連れて行くのよ!

Ross: Doubtful.
 《ビデオ》それはどうかな。

Mrs. Geller: Jack, give me that. Talk to your son.
 《ビデオ》ジャック、カメラ貸して。ロスに話してよ。

Mr. Geller: Okay, okay. Your mother's right. Take her, you can wear my tux.
 《ビデオ》わかったわかった。

Ross: Dad, she won't want to go with me.
 《ビデオ》とうさん、彼女は僕となんて一緒に行かないよ。

Mr. Geller: Of course she would, you're a college man.
 《ビデオ》もちろん行くよ。おまえは大学生じゃないか。

Ross: I don't know.
 《ビデオ》どうかな。

Mr. Geller: Well, come on. Don't you want to find out?
 《ビデオ》ほら、行くんだ。やってみなくちゃ。

Rachel: I can't believe I don't get to go to my own prom, this is so harsh.
 《ビデオ》プロムに行けないなんて信じられないわ。ひどすぎる。(泣いている)

Ross: OK. Hold my board.
 《ビデオ》よし、キーボード持ってて。

Mr. Geller: Thataboy! Thataboy!
 《ビデオ》それでこそだぞ、さすがロスだ!

Ross: OK, you guys, you know, I think we've seen enough, let's turn it off.
 いいだろもう、みんな、ここまで見たらもういいじゃないか。切ろうよ。

All: No, no, no.
 ダメダメダメ。

Ross: OK, fine, well I'm not gonna watch, alright.
 いいよ。わかった。僕は見ないからね。

Mr. Geller: Come on kid, let's go.
 《ビデオ》(タキシードのロスに)さぁ、行くぞ。

Mrs. Geller: Ahh, are you handsome.
 《ビデオ》まぁ、あなた素敵よ。

Mr. Geller: Let's show them.
 《ビデオ》彼女達に見せてやろう。

Ross: Uh, just a sec dad. [to himself] OK, be cool, just be cool. . . . Okay, dad.
 《ビデオ》ちょっと待って(自分自身に)よし、クールに。クールに。(出てきて階段の花瓶から花束を取る)いいよ。とうさん。

Mr. Geller: Rachel, ready or not, here comes your knight in shining. . . oh no.
 《ビデオ》レイチェル、準備いいかどうかわからんが、君の輝くナイトがここに・・え、そんな。(チップが来て、4人で出かけていくところ)

Rachel, Monica, Roy, and Chip: Bye.
 《ビデオ》バーイ!

Mrs. Geller: Oh, dear. Jack, how do I turn this off?
 《ビデオ》まぁなんてこと・・ジャック、カメラどうやって切るの?

Mr. Geller: Press the button.
 《ビデオ》ボタンを押すんだよ。

Mrs. Geller: Which one? Which button, Jack.
 《ビデオ》どれ? どのボタンなの、ジャック。

Mr. Geller: The button, the button.
 《ビデオ》ボタンだよ、ボタン。

Monica: I can't believe you did that.
 あんなことがあったなんて・・・。

Ross: Yeah, well.
 いや、まぁ。

《レイチェルはロスのところへ歩いていって、キス》

Phoebe: See, he's her lobster.
 ほら、彼は彼女のロブスターなのよ。

《モニカ達の部屋:モニカ一人》

Mrs. Geller: Dance with him.
 《ビデオ》おとうさんと踊って。

Monica: Mom, I'm hungry.
 《ビデオ》ママ、私おなかすいたもん。

Mrs. Geller: Dance with your father.
 《ビデオ》おとうさんと踊りなさいって。

Mr. Geller: I may not know any of your flash dances but I'm no slouch on the dance floor.
 《ビデオ》フラッシュダンスは知らないかもしれんが、ダンスはできるんだぞ。

(slouch = 能なし、不器用)

Monica: All right.
 《ビデオ》わかったわ。

(踊っている場面からビデオが切り替わり)
Mrs. Geller: Oh, Jack.
 《ビデオ》おお、ジャック!

Mr. Geller: Oh, Judy. Oh, Judy.
 《ビデオ》おお、ジュディ、ジュディ!

Both: Oh, ohhhhh.
 《ビデオ》おお、おおぉぉ!


にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村


英語 ブログランキングへ
posted by らんち at 18:29| Comment(0) | Season2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。