2013年06月16日

2-13 The One With the Superbowl, Part 2

2-13 スーパーボールの時の話 Part 2

《撮影セット》

Security guard: Uh, excuse me folks this is a uhh...
すみませんが、ここは・・

Joey: Closed set. We know but we're friends with the monkey.
入れない、わかってるよ。でも俺たちモンキーの友達なんだ。

Ross: Good morning. Hey pal, look who I brought. It's your old friend Harry Elefante.
おはよう、マルセル。ほら、見てごらん、友達のハリー・エレファンテだよ。(マルセルが投げ捨てる)

Joey: Woah, dude, burn.
ワオ。これは痛いな。

Ross: I don't get it, he seemed so happy to see me yesterday.
なんで? 昨日は僕を見て喜んでたのに。

Trainer: Hey don't take it personal, he's under a lot of pressure, you know, starring in a movie and all.
気にしないで。プレッシャーで大変なんだから。映画スターだからね。

Rachel: Now just how big of a star is Marcel?
マルセルってスターとしてどれくらいなの?

Trainer: In human terms, I'd say Cybill Shepard.
人間でいうと、シビル・シェパードかな。

All: Woah.
ワオ!

Chandler: So, you guys in the movie, or are you just really paranoid.
(隔離スーツを着た人々に)君たちも映画に出てるんだよね。それとも被害妄想?

Director's assistant: Hey Sal, Jerry wants to know if the monkey's ready for the subway set?
サル、ジェリーが、モンキーは地下鉄セットに行く準備できてるかって。

Joey: Uh, excuse me. Jerry is the director, which one's he?
あ、すみません、ジェリーってディレクターだよね、どの人?

Director's assistant: The one in the director's chair.
ディレクターって書いた椅子に座ってる人よ。

Joey: Gotcha. Pheebs, walk with me.
わかった。フィーブス、並んで歩いて。

Phoebe: OK. Um, how come I'm walking with you?
わかった。でもなんで並んで歩くの?

Joey: Well, we're, we're just going over here so that we can get away from the horrible flesh eating virus, for the love of God, woman, listen to me. Is he looking? Is he looking?
そりゃ、俺たちここに来て、そして、(突然演技開始)肉を食う恐ろしいウィルスからのがれるんだよ! いいか、聞くんだ! (演技終了)彼こっち見てる? こっち見てる?

《少し離れたところで》

Susie: We've got a problem.
問題発生よ。

Director's assistant: Tell me.
なに?

Susie: I can't do Chris's makeup. She refuses to acknowledge that she has a mustasche.
クリスのメイクができないわ。ヒゲがはえてるのを認めようとしないのよ。

Director's assistant: Is it bad?
そんなにひどい?

Susie: It looks like one of her eyebrows fell down. Now unless someone convinces her to let me bleach it, Jean-Claude Van Damme is gonna be making out with Gabe Kaplan.
まるで眉毛が落ちてきたみたい。脱色させてくれなかったら、ジャン=クロード・バン・ダムはゲイブ・カプランとキスすることになるわね。

gabe.jpg(Gabe Kaplan)

Director's assistant: I'll talk to her.
話してくるわ。

Susie: I hate actors.
俳優ってキライ。

Chandler: Nice camouflauge man, for a minute there I almost didn't see you.
(迷彩服を着た人に)カモフラージュうまいね。一瞬見えなかったよ。

Susie: Excuse me.
ちょっと失礼。

Chandler: Ahhhh.
(驚いて)ああ!

Susie: Is your name Chandler?
あなたの名前、チャンドラー?

Chandler: Uh, yes, yes it is.
え、そうだけど。

Susie: Chandler Bing?
チャンドラー・ビング?

Chandler: Do you know me or are you just really good at this game?
僕のこと知ってる? それともめちゃくちゃカンがいい?

Susie: I'm Susie Moss. Fourth grade, glasses, I used to carry around a box of animal crackers like a purse.
私、スージー・モスよ。4年の時一緒だった、メガネかけてて。アニマルクラッカーのケースをバッグみたいにいつも持ち歩いてた。

Chandler: Susie Moss, right, yeah, wow, you look. . . great job growing up.
スージー・モス、ああ、わかったよ。ワオ! これはまた、上手に育ったね!

Susie: It's nice to see you're not still wearing that denim cap with all the little mirrors on it.
カガミだらけのデニムの帽子かぶってないのね、よかったわ。

Chandler: Oh, right, well yeah, I graduated fourth grade and realized I wasn't a pimp.
ああ、そうだね。4年が終わった頃には、俺ポン引きじゃないと悟ったんだよ。

Susie: Remember the class play? You pulled up my skirt and the entire auditorium saw my underpants.
学芸会覚えてる? 私あなたに、全生徒の前でスカートめくりをされて、みんなに見られてしまったわ。

Chandler: Yes, back then I used humor as a defense mechanism. Thank God, I don't do that anymore.
ああ、あの頃はユーモアを防衛手段にしてたんだよね。幸い、今はもうそんなことしてないよ。

《モニカとレイチェル》

Monica: Oh my God, oh my God, oh my God.
オーマイゴッド、オーマイゴッド!

Rachel: What what what what?
なになになに?

Monica: Jean-Claude Van Damme. I didn't know he was in this movie, he is so hot.
ジャン=クロード・バン・ダムよ! この映画に出てたなんてしらなかった! セクシーね!

Rachel: You think?
そう?

Monica: The muscles from Brussels, wham bam Van Damme, did you see Time Cop?
ブリュッセルからきたマッスルよ。タイム・コップ見てないの?

Rachel: No, was he any good in it?
ううん。そんなによかった?

Monica: Rachel, he like, totally changed time.
レイチェル、彼はもう、完全に時間を超えたって感じ。

Rachel: Wow, so why don't you go talk to him?
わお。 じゃ、声かけてきたら?

Monica: Yeah.
あらそう。

Rachel: What, so you go over there, you tell him you think he's cute, what's the worst that could happen?
なんなの。行って、キュートねっていうだけよ。何がいけないの?

Monica: He could hear me.
聞かれちゃうわ。

Rachel: OK, I'm doing it for you.
じゃあ私、行ってきてあげる。

Monica: Oh Rachel don't, don't you dare, don't, don't! Tell him I cook.
やだ、レイチェル、ダメよ、そんな! ダメダメ! 料理できるって言って!

Rachel: Excuse me. Hi.
ちょっとすみません、こんにちは。

Van Damme: Hi.
やぁ。

Rachel: Um, this is gonna sound kinda goofy but um, my friend over there, who cooks by the way, she thinks you're cute.
こんなこというの変なんですけど、あそこにいる私の友達、料理できるんですけど、彼女があなたのこと、キュートだって。

Van Damme: You don't think I'm cute?
君はそう思わないの?

Rachel: I don't know, um, do you think you're cute? OK, we're kinda getting off the track here. Um, I was supposed to come here and tell you my friend thinks you're cute. So what should I tell her?
どうかしら。ご自分でキュートだと? いけない、話がそれてるわ。友達が、あなたのことキュートだと思ってるって言いにきたのよ。彼女になんて言えばいいかしら?

Van Damme: You can tell her I think her friend is cute.
彼女には、僕は彼女の友達がキュートだと思うって伝えればいいよ。

《チャンドラーとスージー》

Susie: Oh that's me, I gotta go.
あ、呼んでるわ、行かなきゃ。

Chandler: Oh uh, OK.
ああ、そうか、わかった。

Susie: Um, so listen, how many times am I gonna have to touch you on the arm before you ask me on a date?
ねぇ? 何回その腕にタッチしたらデートに誘ってくれるの?

Chandler: Well, uh, let's try one more. . . there you go, say Ernie's, 8 o'clock.
え、あー・・もう一回試してみて。ハイ、8時にアーニーズで。

Susie: I'll be there, and who knows, if things go well, maybe this time I'll get to see your underwear.
行くわ。もしかしてうまくいけば、今度は私があなたの下着を見る番かもね。(立ち去る)

Chandler: No one was around to hear that?
誰もそばで聞いてるやつがいない!

《モニカとレイチェル》

Monica: So what did he say?
それで彼、なんて?

Rachel: Agh, what a jerk. I kept talking about you and he kept asking me out. I mean, naturally, you know, I said no.
もう、最低よ。私はあなたのことを言ってるのに、あいつは私を誘ってくるの。もちろんことわったわよ。

Monica: Well, thanks anyway.
そう、とりあえずありがと。

Rachel: He just kept asking, and asking, asking, asking, asking, asking.
とにかくしつこく誘ってくるのよ。何時も何時も何時も・・

Monica: Rachel if you, if you want to go out with him, you can. Sound like a big jerk to me but if that's what you want to do...
レイチェル、もし行きたいなら、行ってもいいのよ。最低なヤツみたいだけど、デートしたいんなら・・。

Rachel: Jean-Claude she said yes, I'll see you tonight. Thank you.
ジャン=クロード! 彼女いいって! 今夜会いましょ! (モニカに)ありがと。

《セントラルパーク》

Rachel: And then Jean-Claude took me to that place Crossroads and that's where we hung out with Drew Barrymore.
それからジャン=クロードがクロスロードってところに連れてってくれて、そこでドリュー・バリモアに会ったの!

Joey: Oh man, she's so smoking. She has got the greatest set of. . . no guys around, huh?
もう彼女ほんと色っぽいよな。あのすっごい・・・(冷たい目で見られ)男としゃべってんじゃなかったな。

Rachel: Does anybody need anything?
何か欲しいものある?

Monica: Oh, I'll have an espresso. Oh acutually, I'll get it. If I ask you to, you'll probably end up drinking it yourself.
あ、エスプレッソもらうわ。いえ、自分で取ってくる。あなたに頼むと取られちゃいそうだから。

Rachel: That is so unfair.
そんなのないわ。

Phoebe: I know. Oh, like you would drink her coffee after what you did to her with Van Damme.
そうよね。バン・ダム取ってその上コーヒーも飲んじゃうなんてね。

(ロスが来る)
Ross: Hey Joey I have to cancel racquetball for tonight, that was Marcel's trainer. He's gonna let me have him for a couple of hours.
ジョーイ、今夜のラケットボールやめにしたいんだ。マルセルのトレーナーから連絡があって、今夜マルセルと一緒にいられることになったんだ。

Joey: You're blowing me off for a monkey?
モンキーのために俺をすっぽかす気?

Ross: Hey, we can reschedule for Saturday.
おい。土曜日に変更すればいいじゃないか。

Joey: Yeah, unless you hook up with a bunch of pigeons.
ああ、その日におまえがハト達とデートしないんならな。

(チャンドラーが来る)
Chandler: Hey, stick a fork in me, I am done.
なぁ、フォーク刺してみて。俺は食べ頃♪

Phoebe: Stick a fork what?
なんでフォーク刺すの?

Chandler: Like, when you're cooking a steak.
ステーキ焼けたか刺してみるだろ?

Phoebe: Oh, OK, I don't eat meat.
私、お肉食べないもん。

Chandler: Well then, how do you know when vegetables are done?
じゃあ、野菜が食べられるかみる時はどうする?

Phoebe: Well you don't, you just, you eat them and you can tell.
そうね、ただ食べてみればわかるじゃん。

Chandler: OK, then, eat me, I'm done! . . I've met the perfect woman. OK, we're sitting on her couch, we're fooling around, and then suddenly she turns to me and says, 'Do you ever want to do it in an elevator?'
よし、じゃ、食べて。食べ頃だから。完璧な女性に会ったんだ。いいか、二人でカウチに座ってジャレてたら、突然彼女が俺を見て言うんだ、『エレベーターでしたいと思ったことない?』

Monica: What did you say?
何て答えたの?

Chandler: Ahh, I believe my exact words were, 'Flaign,en - sten'. I mean I didn't know what to say, how do you know if you wanna do it on an elevator?
俺はこう答えたよ、『ふぁ・えん・すてん・・』 何て答えたらいいんだ? エレベーターでしたいかわかるか?

Phoebe: Oh, you just know.
わかるじゃん。

《チャンドラー達の部屋》

Susie: Oh, shoot, we gotta go, got a reservation in 30 minutes.
あ、ダメよ、私達もう行かなきゃ。予約は30分後よ。

Chandler: Oh no no no no, no no no no no no, you see, what I had planned shouldn't take more than 2, 3 minutes, tops.
ダメダメダメ! 俺の予定してることは2-3分で終わるはずだから。

Susie: Oh, 200 seconds of passion. We gotta go. . . But um, here's an idea, have you ever worn women's underwear?
まぁ。200秒の情熱ね。行かなきゃ。・・・でも、いい考えがあるの。あなた、女性の下着をつけたことある?

Chandler: Well, yes, actually, but they were my Aunt Edna's, and there were three of us in there.
ああ、実をいうとあるよ。エドナおばさんのに3人入ったよ。

Susie: Well I was thinking it would be kind of sexy if you wore mine tonight, at dinner.
今夜の食事中、あなたが私の下着をつけてたらセクシーだろうなと思って。

Chandler: You want me to wear your panties?
君のパンティーをつけるの?

Susie: Could you?
できる?

Chandler: Well, if I was wearing your underwear then, uh, what would you be wearing?. . . You're swell!!
俺が君の下着をつけたら、君はどうするんだ? . . .君は最高だ!!

《ロスの部屋:ロスとジョーイ》

Ross: Oh and check it out, I made Marcel's favorite dish, bananacake.
そうだ、これ見てよ、マルセルの好きなバナナケーキだ!

Joey: Oooh.
おおお!

Ross: With mealworms.
ミルワーム入りだよ。

(ミルワームはイモ虫)

Joey: Ahhh, candles. What do you thinks gonna happen here tonight?
あああ。…キャンドルか。今夜ここで何が起きるんだ?

(電話が鳴る)
Ross: Hello. Oh hi, are you on your way ove-. Oh. No, no, I understand, I mean, a monkey's gotta work. No it, it's no big deal, it' not like I had anything special planned. Yeah OK, OK. OK, bye.
もしもし、あぁ! ここに向かってるところですか……いやいや、わかりますよ。彼には仕事がありますからね。…いえ、大したことじゃないですよ。特別なプランを立てていたわけじゃありませんから。…ええ、わかりました、それじゃ。(電話を切る)

《モニカ達の部屋》

Phoebe: OK, Rachel, why don't you start talking first.
はい、レイチェル、あなたから話して。

Rachel: Alright, I feel that this is totally unjustified. . . She gave me the green light, I did nothing but-. . . Do you think I can't see you in the TV set?
いいわ。 こんなの、全然間違ってるわよ。いいって言ったくせに。私は何も……(テレビ画面に映っているモニカがレイチェルのマネをしているのを見て) 見えないと思ってるの? テレビに映ってるわよ!

Phoebe: Alright Monica, if there is something that you would like to share...
じゃあモニカ、何か言いたいことがあるなら…

Monica: You know, you had no right to go out with him.
あなたには、彼とデートする権利ないわよ。

Rachel: That is the most ridiculous.
バカバカしい。

Monica: You sold me out.
あなた私を裏切ったのよ。

Rachel: I did not sell you out.
裏切ってなんかないわよ。

Monica: Yes you did. Absolutely sold...
いいえ、裏切ったわ、間違いなく…

Rachel: Would you let me talk.
私が話してるのよ! (おでこパチン)

Monica: Did you just flick me?
今私にデコピンした?

Rachel: OK, well, you wouldn't let me finish and I was jus- …Ow. That hurt…
最後まで聞かないからよ、私は…(やり返され) イタ!痛いじゃない!

Monica: Quit flicking.
やめなさいよ!

Rachel: Ow, you stop flicking.
あなたこそやめてよ!

Monica: You flicked me first.
あなたが先にやったのよ!

Phoebe: Let's not do this! Happy thoughts, Happy thoughts…OK, now I'm gonna kick some ass.
やめましょうよ! ハッピーなこと考えて、ハッピーなこと…いいわよ、こうしてやる。(2人の耳をつかむ)

Monica & Rachel: Ow. Ow. Ow.
イタ! イタ! イタ!

Phoebe: Alright, now I will let go if you both stop.
いい? 2人ともやめたら離してあげるわよ。

Rachel: Oh, what do you, you want me to stop seeing him, is that what you want?
(モニカに) ああ、もう彼と会わなきゃいいわけ? それでいいの?

Monica: Uh-huh.
そうよ。

Rachel: You want me to just call him up and tell him that you're seeing him instead? That's what you want?
私が会うのはやめて、代わりにあなたと会うように彼に話せばいいのね? それでいいわけ?

Monica: OK.
いいわよ。

Rachel: Oh that's what you want.
ああ、それで気が済むのね。

Monica: Yes.
そうよ!

Rachel: Fine.
いいわよ!

Monica: Fine,
いいわよ。

Phoebe: There we go.You know what, if we were in prison, you guys would be, like, my bitches.
はい、よろしい。ねぇ、これが刑務所なら、2人とも私の手下よ。

《レストラン:ロス達男性3人とスージー、アシスタント》

Ross: Thanks for letting me tag along tonight you guys.
僕も呼んでくれてありがとう。

Joey: Forget about it.
気にするなって。

Susie: How you doing there squirmy?
(チャンドラーに)あれどうしてる?

Chandler: I'm hanging in. . . and a little out.
(スージーに)収まってる…ちょっと出てる。

Joey: So, assistant to the director. That's a really exciting job, I mean, you must have a ton of cool responsibilities.
(ADに)アシスタントディレクターなんて、楽しい仕事だろうね。すごく責任のある仕事もたくさん…

Director's assistant: I have nothing to do with casting.
私はキャスティングには関わってないから。

Joey: So what're you guys gonna eat?
君たち、何食べる?

(チャンドラーとスージー)
Susie: How come all I can think about is putting that ice in my mouth and licking you all over?
どうしてかしら、その氷を口に入れてあなたをなめ回すことしか考えられないわ。

Chandler: Because I went to an all boys high school and God is making up for it.
高校が男子校だったから、神様が埋め合わせしてくれるとか?

Susie: I want you right here, right now.
ここで今すぐあなたが欲しいわ。

Chandler: Right now, right here. Don't you think we're in kind of a public plaaaa. . . They do have the shrimp.
今すぐ、ここで。ここは公共の場だとは思わなひーーー(スージーがテーブルの下に手を出した。変な声をあげたのでみんなに注目されて) ここエビあるね。

Susie: Meet me in the bathroom.
トイレで待ってるわ。

Chandler: I'm going to the bathroom now.
(みんなに)いまからトイレに行くぞ。

《トイレ:チャンドラーとスージー》

Susie: come on.
来て。(個室に入る)

Susie: Alright mister, let's see those panties.
さぁ、パンティー見てみましょうか。

Chandler: Alrighty.
よぉし。

Susie: Ooh. Ooh. But you know what would be even sexier?
おお! でも、どうしたらもっとセクシーかわかる?

Chandler: What?
え?

Susie: If you didn't have your shirt tucked into them.
シャツを入れない方が。

Chandler: Oh.
ああ。

Susie: Alright. Now I would like to see you wearing nothing but them. Take your clothes off.
さぁ、今度は、それだけになったところを見たいわ。服を脱いで。

Chandler: OK, but I hope you realize this means we're gonna miss hearing about the specials.
でも今日のスペシャルについて聞きそこなうよ。

Susie: Come on hurry, hurry.
いいから早く。

Chandler: Hey, do you want this done quick, or do you want this done right?
早くしたいの、きっちりしたくない?

Susie: Alright, turn around. Time to see you from behind.
いいわ、向こう向いて。後ろから見たいわ。

Chandler: OK.
Ok。

Susie: Oh, somebody's been doing his buns of steel video.
あら、誰かさんはお尻を鍛えてるようね。(個室からこっそり出てきてチャンドラーの服を手にする)

Chandler: Well, you want me to uh, clench anything, or-... Susie? Susie.
ああ、引き締めたりなんかしてほしい? ……スージー? スージー?

Susie: This is for the fourth grade.
4年の時のお返しよ。

Chandler: Huh? Where, what do you mean?
え? なに? どういうこと?

Susie: Whaddo I mean. what do you mean, what do I mean? I mean underpants, mister, that's what I mean.
どういうことってどういうことよ? 下着のことよ! それが言いたいのよ!

Chandler: What, what's what you mean?
どういうこと?

Susie: My skirt, you lifted, kids laughing. I was Susie Underpants 'till I was 18.
私のスカート、あなたがめくって、みんなに笑われて、私は18になるまで、スージーパンツだったのよ!

Chandler: That was in the fourth grade. How could you still be upset about that?
4年の時の話だろ。そのことで今も怒ってるのか?

Susie: Well um, why don't you call me in 20 years and tell me if you're still upset about this.
じゃあ、20年位たって、このことでまだ怒ってたら電話ちょうだい。(服を持って立ち去る)

Chandler: Alright, I hope you realize you're not getting these underpants back.
わかったよ。この下着取り返せないって気づいてる?

《モニカとバン・ダム》

Monica: I can't believe this, just like 2 weeks ago I was watching Sudden Death, now I'm on a date with Jean-Claude Van Damme. Can you beat up that guy? …Can you beat up that guy?
信じられないわ。2週間前にはあなたを『サドンデス』で見てたのに、今こうしてジャン=クロード・バン・ダムとデートしてるなんて。あの人殴り飛ばせる? (彼がうなづく)…あの人殴り飛ばせる?

Van Damme: Sure.
ああ。

Monica: This is so wild. You know, I gotta admit, I was kinda surprised that you agreed to go on a blind date.
すごいわね。あなたがブラインド・デートに来てくれるなんて、正直いって驚いたわ。

Van Damme: Normally, I would not do it.
普段はしないけどね。

Monica: Well, what made you make the exception for me?
そう、どうして私のために特別に?

Van Damme: 'Cause Rachel told me you were dying to have a threesome with me and Drew Barrymore. By the way, Drew has some ground rules and...
君が、俺とドリュー・バリモアとで、どうしても3Pをしたいって言ってるって、レイチェルから聞いたからさ。ところで、ドリューにはルールがあって……(モニカは立ち止まる)

《モニカ達の部屋》

Monica: Say you're sorry.
ごめんなさいって言いなさい!

Rachel: No.
いやよ!

Monica: Say it.
言え!

Rachel: No.
いや!

Monica: Rachel, you say you're sorry or your sweater gets it.
(レイチェルのセーターを持って)レイチェル、ごめんなさいって言わないなら、このセーターにあやまってもらうわ。

Rachel: OK, OK, that is my favorite sweater, that is my third date sweater.
ちょっと、それお気に入りなのよ。それは3回目のデートに着るセーターよ。

Monica: Say you're sorry.
ごめんなさいって言いなさい。

Rachel: OK, you wanna play? OK, let's play, let's play.
そういうことをしたいっていうのね? いいわよ、しましょうよ。(トマトソースと、モニカのバッグを手にする)

Monica: What're you gonna do?
どうする気?

Rachel: You give me back my sweater or it's handbag marinara.
セーター返さないと、マリナラソースバッグになるわよ。

Monica: You don't have the guts.
そんなことする度胸ないくせに。

Rachel: Oh yeah. Well, at least I wasn't too chicken to tell some guy I thought he was cute.
あらそう? 少なくとも私は男にキュートだって言えるわよ。

(モニカはセーターから糸を引っ張り出し、レイチェルはソースをバッグに注ぐ)

Phoebe: Oh alright, stop, STOP THE MADNESS!! This is crazy. Who can even remember why this even started in the first place?
もういい、やめて! 狂気ストップ!! どうかしちゃってるわ。なんでケンカになったかさえ、もうわからないんじゃないの?

(モニカとレイチェルが一斉に原因をまくしたてる)

Phoebe: Yes that's right. But still, I. . . look at your purse, look at your sweater, look at yourselves.
あら、言えるのね。それにしても、そのバッグを見てよ。セーターを見て。自分たちを見てよ。

Monica: I'll help you fix your sweater.
セーター直すの手伝う。

Rachel: I'll help you throw out your purse.
私も手伝うわ…バッグ捨てるの…。

Monica: I'm sorry that I made you stop seeing him.
彼に会うのやめさせてごめん。

Rachel: Well, I'm sorry I went out with him when I knew you liked him.
あなたが好きだったのにデートしてごめん。

Monica: I'm sorry that I borrowed your gloves.
手袋借りててごめん。(ソース漬けになった手袋をバッグから取り出して見せる)

《レストランのトイレ》
(ジョーイが入ってきて口笛を吹く。それに応えてチャンドラーが口笛を吹き、またジョーイが続ける)

Chandler: Joey?
ジョーイ?

Joey: Ma?
おふくろ?

Chandler: Joey!
ジョーイ!

Joey: Chandler? What're you still doing here, I thought you guys took off.
チャンドラー? おまえここで何やってんの? おまえたちもう帰ったと思ってたよ。

Chandler: Oh, no no no, she took off with my clothes.
いや、違うんだ。彼女だけ帰ったんだよ、俺の服を持って!

Joey: Are you naked in there?
そこで裸なのか?

Chandler: Not exactly. . . I'm wearing panties.
全くの裸でもない。…女物のパンツ履いてるんだ。

Joey: Huh, you uh, you always wear panties?
はぁ、おまえいつも女物履いてるのか?

Chandler: No, no, this is the first time.
違うよ、初めてだよ。

Joey: Wow, talk about your bad luck, I mean, the first time you try panties and someone walks off with your clothes.
ワオ! 運の悪い奴だな。初めて履いてみた日に服を取られるなんてな。

Chandler: I was not trying them out, Susie asked me to wear them.
試してみたわけじゃない。スージーにつけろって言われたんだ。

Joey: Well, let me see.
よし、見せて。

Chandler: No. I'm not letting you or anybody else see, ever.
イヤだ。おまえにも誰にも見せないぞ。

Joey: Alright, alright. Woah, someone's flossing.
わかった、わかった。(隣の個室から覗く)ワオ! 磨いてるね。

(ロスが来て、覗いているジョーイに気づく)
Ross: Joey, some people don't like that.
ジョーイ。それ嫌がる人もいるよ。

Joey: Chandler's wearing panties.
チャンドラーが女物のパンツ履いてる。

Ross: What? Let me see.
何だって? 見せて。

Chandler: No, no, you don't have to see.
いやいや、見ることない。

Ross: Hi Tushy!
やぁ、お尻!

Chandler: Alright, one of you give me your underpants.
よし、どっちか、パンツくれ。

Joey: Can't help you, I'm not wearing any.
無理だね。履いてないもん。

Chandler: How can you not be wearing any underwear?
なんで履かずにいられるんだ?

Joey: Oh, I'm getting heat from the guy in the hot pink thong.
色っぽいピンクのTバックの男がいるから暑いんだよ。

Chandler: Alright look Ross I'll give you 50 dollars for your underpants.
よし、ロス、50ドル払うからパンツくれ。

(男性がトイレに入ってくる)
All: Hi.
 どうも。

(ロスとジョーイは席に戻り、チャンドラーは個室のドアで体を隠して帰る)

《セントラルパーク》

Chandler: Hey Pheebs, can I have the milk after you?
ねぇ、フィーブス、次ミルクくれる?

Phoebe: I'm almost done with it, keep your panties on.
すぐ済むから、パンツ脱がないでね。

(ジョーイが来る)
Joey: Hey, hey, and I'm in the movie.
おいおい! 映画に出るぞ!

Ross: What happened?
どうしたんだ?!

Joey: One of the virus victims called in sick, so Cathy recommended me and boom, I'm dying on the gurney. Oh Ross, Marcel just finished his last scene if you want to go down there and say goodbye.
犠牲者の一人が病気でこられなくなって、キャシーが俺を推薦してくれたんだ。死にそうで担架で運ばれていくんだ。あ、ロス、マルセルは今日シーンを撮り終わるから、行ってあいさつしてきたら。

Ross: Ah, oh that's OK, I mean, he's probably got, you know, parties to go to and stuff. But, you know, he's moved on. Hey, that, that's the way it goes, right?
ああ、いや、いいよ。パーティとかあるかもしれないし。やつは先へ進んでるんだ。そういうもんだろ、ね?

Phoebe: Oh my God.
(窓の外にマルセルがいるので)オーマイゴッド…。

Ross: What?
なに?


(マルセルと過ごすロス。みんなで、リムジンで去るマルセルを見送る。)

《みんなで通りを歩いている》

Phoebe: You know, I think I want to write a song about all this.
今回のことを歌にしたいと思ってるの。

Rachel: Oh yeah?
そうなの?

Phoebe: Yeah. Oh, except one of the strings on my guitar is broken. Hey, Chandler, can I borrow your G-string?
ええ。でも、ギターの弦が一本切れてるの。ねぇ、チャンドラー、Tバックのヒモ貸してくれない?

Chandler: How long you been waiting to say that?
それいつから考えてたネタ?

Phoebe: About 20 minutes.
20分くらい前かな。

《ジョーイの映画シーン》

Van Damme: Can't you see what's going on here, this man is dying.
わからないのか? この男は死にかけてるんだぞ!

Joey: Aaaaagggghhhhh.
あああぁぁぁ!

Director: Cut.
カット!

Van Damme: Can't you see what's going on here, this man is dying.
わからないのか? この男は死にかけてるんだぞ!

Joey: Aaaaagggghhhhh.
あああぁぁぁ!

Director: Cut.
カット!

Van Damme: Can't you see what's going on here, this man is dying.
わからないのか? この男は死にかけてるんだぞ!

Joey: Aaaaagggghhhhh. Mommy
あああぁぁぁ! ママ!

Van Damme: Can't you see what's going on here, this man is dead.
わからないのか? この男は死んだんだぞ!


にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村


英語 ブログランキングへ
posted by らんち at 00:51| Comment(0) | Season2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。