2013年06月12日

2-9 The One With Phoebe's Dad

2-9 フィービーのパパの話

 ☆パパをたずねて☆

《モニカ達の部屋》

Phoebe: Ooh, ooh, ooh, ooh, ooh. Ugly Naked Guy is decorating his tree. Oh my God, you should see the size of his Christmas Balls.
 (窓の外を見て)うわうわうわっ! 裸のブサイク男がツリーの飾り付けをしてるわよ。きゃー。彼のクリスマスボールの大きさ見てよ!

(チャンドラーとジョーイがくる)
Chandler&Joey: Hey.
 ヘイ!

Rachel: Hey.
 ハーイ。

Joey: Hey, how much did you guys tip the super this year?
 なぁ、今年は管理人さんにチップいくらあげる?

Chandler: Yeah, we were gonna give fifty, but if you guys gave more, we don't wanna look bad.
 俺たちは50ドルにするつもりなんだけど、君らがもっとあげると立場悪くなるからな。

Monica: Oh, actually this year we just made him homemade cookies.
 ああ、私達今年は手作りクッキーにしたの。

Chandler: And twenty-five it is.
 そんじゃ25でいいな。

Joey: You gave him cookies?
 クッキーだけ?

Monica: Money is so impersonal. Cookies says someone really cares. . . Alright, we're broke, but cookies do say that.
 お金なんて冷たいわ。クッキーは心がこもってるもの. . . わかったわよ、私たちお金がないの。でもクッキーで伝わるわよ。

Phoebe: I can see that. A plate of brownies once told me a limerick.
 わかるわ。私、ブラウニーから詩を聞いたことがあるもんね。

Chandler: Pheebs, let me ask you something, were, were these, uh, funny brownies?
 フィーブス、聞きたいんだけど、それって、おもしろブラウニーだった?

FunBrownie.jpg
(これがFun Brownie)

Phoebe: Not especially. But you know what, I think they had pot in them.
 いえ普通よ。でもマリファナは入ってたわね。

brownies.jpg
(この写真にも、Fun brownies にマリファナを
 いれてこれであなたも犯罪者みたいに書いてあります)


Ross: So you guys, who else did you tip with cookies?
 それで君達、その他には誰にクッキーのチップあげた?

Rachel: Uhh, the mailman, the super.
 えっと、郵便屋さんと、管理人さんよ。

(ドアに何か当たる音)
Monica: Oh, and the newspaper delivery guy.
 あ、それから新聞配達の人にも。

(ジョーイがドアをあけて新聞を取る)
Joey: Oh my God.
 うわー。

Rachel: What?
 なに?

Joey: Uhhh, I don't think you're gonna like this.
 これはうれしくないぞ。(破られた新聞を見せる)

Rachel: Ooh, gosh, ooh, these are cookies smashed in the sports section.
 まぁ、大変。スポーツ欄でクッキーがつぶれてるわ。

Monica: Oh look, and he did my crossword puzzle.
 あ、見て。クロスワードがやってある。

Ross: Yeah, but not very well, unless 14-across, 'Gershwin musical' actually is bitemebitemebitemebiteme.
 ああ。でも間違ってるな。14の横、「ガーシュインのミュージカル」の答えが「くたばれくたばれくたばれくたばれ」になってる。

《セントラルパーク》

Joey: I can't believe it's Christmas already. You know, I mean, one day your eating turkey, the next thing you know, your lords are a-leaping and you geese are a-laying.
 もうクリスマスだなんて信じられないな。ターキー食べてたかと思ったら、次はもうクリスマスの歌うたってるんだからな。君主が飛び跳ねガチョウが卵生むってね。


クリスマスソング

Chandler: Which is why geese are so relaxed this time of year.
 ガチョウもリラックスする時期だよな。

(ロスが買い物をかかえて来る)
Ross: Hey guys.
 やぁ、みんな。

Chandler, Monica, and Joey: Hey.
 ヘイ。

Ross: Hey Rach. I, uh, got you a little present. . . I'll open it. It's a Slinky! Remember, huh. [sings] Walks down stairs, alone or in pairs, everyone knows it's. . . just a big spring. Alright, you still mad at me because of the whole. . .
 (カウンターのレイチェルに)やぁ、レイチェル。ちょっとしたプレゼントを持ってきたよ。…自分で開けるよ。ほら、スリンキーだ! (歌う)階段を下りるよ、ひとつかふたつ、みんな知ってる・・(冷めた反応なので)ただの大きなスプリングだよね。わかったよ、まだ怒ってるんだね、あの・・


(スリンキーのCM)

Rachel: Horrible and degrading list of reasons not to be with me?
 私とつきあわない理由っていうひどい侮辱のこと?

Ross: How about from now on we just call it the 'unfortunate incident'? … Hey Gunther, you got stairs in your place?
 これからは「不幸な出来事」と呼んだらどうだろう? (レイチェル立ち去る。ガンターに)ガンター、君んち階段ある?

Gunter: Yeah.
 ああ。

Ross: Here, go nuts.
 ほら。これでイカレちゃって。

Ross: Hey guys.
 (カウチのみんなのところへ)やぁみんな。

Chandler, Monica, and Joey: Hey.
 ヘイ。

Chandler: What's in the bag?
 その中何が入ってるんだ?

Ross: Um, just some presents.
 ただのプレゼントだよ。

Joey: Come on show us what you bought. . . You know you want to.
 何買ったか見せてくれよ. . . . . 見せたいくせにぃぃぃ。

Ross: OK. OK, this is a picture frame from Ben to my parents, huh.
 いいよ。これはベンから僕の両親へ、額縁ね。

Monica: Cute.
 かわいい。

Ross: I got some, uh, "hers" and "hers" towels for Susan and Carol. And, uh, I got this blouse for mom.
 それから、『彼女用』っていうタオル2枚はスーザンとキャロルに。それから、ママにブラウス。

Monica: Ross, that is gorgeous!
 ロス! すごい豪華ね。

Ross: Yeah?
 だろ?

Monica: Look at these authentic fake medals. I tell you, mom's gonna be voted best dressed at the make-believe military academy.
 このフェイクのメダル見てよ。ママは陸軍士官学校ごっこでベストドレッサーに選ばれるわよ。

(フィービーが来る)
Phoebe: Hey.
 ハーイ。

All: Hey. Hi Phoebe.
 ハーイ、フィービー。

Phoebe: Happy Christmas Eve Eve. … Oh my God, where did you get this?
 メリークリスマス・イブ・イブ!(プレゼントの額縁を見て)まぁ! これどこで見つけたの?

Ross: Uh, Macy's, third floor, home furnishings.
 メイシーズだよ。3回の家具売り場でね。

Phoebe: This is my father, this is a picture of my dad.
 これは私のおとうさんよ。これ私のパパの写真よ。

Chandler: Nah, Pheebs, that's the guy that comes in the frame.
 いや、フィーブス、これは額縁についてきたモデルの写真だよ。

Phoebe: No it isn't, this is my dad, alright, I'll show you.
 いえ違うわ。これは私のパパよ。ほら、いま見せるわ。

Rachel: Phoebe, I thought your dad was in prison.
 フィービー、お父さんって刑務所じゃないの?

Phoebe: No, that's my stepdad. My real dad's the one that ran out on us before I was born.
 いえ、それは義理のパパよ。本当のパパは私が生まれる前に逃げたの。

Rachel: How have you never been on Oprah?
 なんでオプラに出たことがないの?

Phoebe: OK, look, see, this is him. My mother gave me this picture before she died, same guy.
 ほら、見て、これがそうよ。ママが死ぬ前にくれたのよ。ほら同じでしょ。

Monica: Honey, this is a picture of the frame guy posing in front of a bright blue screen with a collie.
 ねぇ、これは額縁についてきたモデルの写真よ。明るいブルーのスクリーンの前でコリーと一緒に立ってるモデルよ。

Phoebe: It's not a blue screen... it's just, maybe it was just really clear that day. OK, I have to talk to my grandmother.
 ブルーのスクリーンじゃないわよ…すごく天気がよかったのよ。… 私、おばあちゃんに聞いてくる。

Monica: Oh, wait a minute honey.
 あっ、ちょっと待って。

All: Pheebs.
 フィーブス!(フィービー出ていく)

Monica: Wow.
 ワオ。

Joey: So anyway, I'm trying to get my boss's ex-wife to sleep with me. . .
 ところで、俺は上司の元妻をねらってるんだけど・・。

All: Joey!
 ジョーイ!

Joey: Oh, but when Phoebe has a problem, everyone's all ears!
 なんだよ。みんなフィービーが困った時はあんなに親身になってたくせに!

《フィービーの部屋:祖母が死亡記事を見て電話帳に×をつけている》

Grandmother: Esther Livingston. … Gone.
 エスター・リビングストン…(電話帳の名前を消す)逝った。

(フィービーがくる)
Grandmother: Hi, Pooh.
 ハーイ、プー。

Phoebe: Hi Gram. Whatcha doin'?
 ハーイおばあちゃん、何してるの?

Grandmother: Oh, just updating the phonebook.
 電話帳をアップデートしてるんだよ。

Phoebe: Um, gram, um, can I see the pictures of my dad again?
 ねぇ、おばあちゃん、パパの写真また見せてくれる?

Grandmother: Oh. Oh, sure, sure, … how come?
 あら、いいわよ。でもなんで?

Phoebe: Just, you know, to see him.
 別に・・ただ見たいの。

Grandmother: Oh, sure, yeah. … This is the one of you father in a meadow, and, helping a little boy fly a kite, and here he is at a graduation. . . another graduation. . . another graduation.
 ええ、いいわよ。これが草原にいるおとうさん、これが、小さい子の凧揚げを手伝ってるおとうさん、そしてこれが卒業式でしょ、これも卒業式、これも卒業式・・。

Phoebe: OK, is this really my father?
 ねぇ。これ本当に私のおとうさん?

Grandmother: Is it really your fa-- I can't... well of course it is.
 本当にって… もう… もちろんそうよ。

Phoebe: OK, I smell smoke. Maybe that's 'cause someone's pants are on fire.
 ちょっと。におうわよ。誰かさん、お尻に火がついてるんじゃないの?

Grandmother: Look, I. . .
 ねぇ、私は…。

Phoebe: You know, in all the years that we have been grandmother and granddaughter, you have never lied to me.
 ねぇ、これまでおばあちゃんと孫娘として一緒にいて、ウソをついたことないじゃないの。

Grandmother: Alright, that is not your father, that's just a picture of a guy in a frame.
 わかったわよ。これはあなたのおとうさんじゃないわ。これは額縁についてきたモデルの写真よ。

Phoebe: Oh God.
 まぁ。

Grandmother: It was your mother's idea. You know, she didn't want you to know your real father because it hurt her so much when he left, and, I didn't want to go along with it, but, well then she died and, and it was harder to argue with her. Not impossible, but harder.
 あなたのお母さんの考えなのよ。本当のおとうさんを知ってほしくなかったのよ。だって彼が逃げた時、傷ついたからね。私はウソをつきたくなかったけど、お母さん死んじゃったじゃない? もう話し合うのが難しくて。できなくはないけど、難しくなってさ。

Phoebe: Alright, so, what, he's not a famous tree surgeon? And then, I guess, OK, he doesn't live in a hut in Burma where there's no phones?
 そうなの。じゃあその人は有名な木の医者じゃないの? そうしたら、ミャンマーの電話もないところで掘っ立て小屋に住んでるんじゃないのね?

Grandmother: Last I heard, he was a pharmacist somewhere upstate.
 最後に聞いたときは、北部で薬剤師やってるってことだったよ。

Phoebe: OK, that makes no sense. Why would the villagers worship a pharmacist?
 それじゃ話がおかしいわよ。なんで村人が薬剤師を崇拝するのよ?

Grandmother: Honey.
 フィービーったら。

Phoebe: Oh, yeah.
 あ、そうか。

Grandmother: Anyway, that's all I know. That, and this. . . This is the real him.
 とにかく、私の知ってるのはこれで全部よ。それと・・・(写真を出して)これが本当の彼。

Phoebe: Oh.
 まぁ。

《モニカ達の部屋》

Chandler: You know I remember my father, all dressed up in the red suit, the big black boots, and the patent leather belt, sneaking around downstairs. He didn't want anybody to see him but he'd be drunk so he'd stumble, crash into something and wake everybody up.
 父を思い出すよ。赤いスーツを来て黒いブーツを履いてレザーのベルトをつけてうろついてたんだ。誰かに見られたくなかったんだけど、酔っぱらって転んで何かに突っ込むもんから、みんなが起きてしまうんだ。

Rachel: Well, that doesn't sound like a very merry Christmas.
 それはまた楽しいクリスマスって感じじゃないわね。

Chandler: Who said anything about Christmas?
 誰がクリスマスの話っていった?

(モニカとロスが来る)
Monica: Hi.
 ハーイ。

Ross: Hey, anyone hear from Phoebe yet?
 ねぇ、フィービーから連絡あった?

Rachel: No, nothing.
 いえ。ないわ。

Monica: I hope she's OK.
 大丈夫だといいけど。

Joey: Yeah, I know exactly what she's going through.
 そうだな。彼女の気持ちよくわかるよ。

Monica: How do you know exactly what she's going through?
 なんで彼女の気持ちよくわかるの?

Joey: She told us.
 みんな聞いたじゃん。

Chandler: So what do you got there, Monica?
 それで何を買ってきたんだ、モニカ?

Monica: Just some stuff for the party.
 パーティ用のものよ。

Ross: Yeah, what're you guys doing here, aren't you supposed to be Christmas shopping?
 おまえら何やってるんだ? クリスマスの買い物しなきゃダメなんじゃないか?

Monica: You guys haven't gotten your presents yet? Tomorrow's Christmas Eve, what're you gonna do?
 まだプレゼントの用意してないの? 明日クリスマス・イブよ。どうする気?

Chandler: Don't you have to be Claymation to say stuff like that?
 そういうこと言うたびにクレイのアニメみたいにならないといけないの?

※例claymation.jpg
(claymation = 粘土のモーションアニメ)


Rachel: Oh, by the way Mon, I don't think the mailman liked your cookies. Here are the ornaments your mom sent.
 ところでモン、郵便屋さんもクッキーが気に入らなかったみたいよ。ほら、あなたのママが送ってくれたクリスマスの飾り(つぶれた箱から粉々な音)

Monica: Well, maybe the mailman liked the cookies, we just didn't give him enough.
 もしかしたら、郵便屋さんはクッキーが気に入ったけど、足りなかったのかも。

Joey: Monica, pigeons learn faster that you.
 モニカ、鳩だって気づくぞ。

Ross: Hey, Rach, you know what? I think, I think I know what'll make you feel better. How 'bout you make a list about me.
 (レイチェルに)ねぇ、レイチ、聞いて。僕のことリストにしたらどうかな。君の気持ちが晴れるんじゃないかな。

Rachel: Wha... forget it Ross, no, I am not gonna stand here and make a list of. . .
 何を・・ やめて、ロス。いやよ。私ここでそんなリスト作らないわよ。

Ross: Come on Rachel.
 いいじゃないか、レイチェル。

Rachel: OK, you're whiney, you are, you're obsessive, you are insecure, you're, you're gutless, you know, you don't ever, you don't just sort of seize the day, you know. You like me for what, a year, you didn't do anything about it. And, uh, oh, you wear too much of that gel in your hair.
 いいわ、あなたはすぐ泣き言をいう。しつこい。自信がない。それから、根性なし。だって、チャンスを逃がしたでしょ。私を好きで、1年も何もできなかったのよね。それから、髪にジェルつけすぎ。

Ross: See there, you. . . alright, you, you did what I said.
 ほら、ね… 言った通りにしてくれたね・・。

Rachel: Yeah, and you know what? You're right, I do feel better, thank you Ross.
 ええ。ほんとね、ちょっと気分がよくなったわ。ありがと、ロス。

《フィービーの部屋》

Phoebe: Yeah, um, in Albany, can I have the number of Frank Buffay. . . OK, um, in Ithica. . . alright, um, Saratoga. . . Oneonta. Alright, you know what, you shouldn't call youself information. [hangs up]
 (電話中)ええ、アルバニーにフランク・ブフェって人の番号ない? そう。じゃあ、イシカには? じゃあ、サラトガ? オニオンタ? そう。あなたインフォメーションって言えないわね。(電話切る)

(祖母が来る)
Grandmother: Hey.
 ハーイ。

Phoebe: Hello grandma, if that is in fact your real name.
 ハーイ、おばあちゃん、それ本当におばあちゃんの名前かしらね。

Grandmother: Come on now Pooh, don't still be mad at me. How's it going?
 そんなこと言わないで、プー。もう怒らないで。何かわかった?

Phoebe: Well, not so good. Upstate's pretty big, he's pretty small, you do the math.
 ううん。北部は広いし、彼は小さい。わかるでしょ。

Grandmother: Well, I think you're better off without him. Oh honey, I know he's your daddy but, but to me he's still the irresponsible creep who knocked up your mom and stole her Gremlin.
 でもね、彼を知らないままの方がいいのよ。ねぇ、おまえのお父さんだってのはわかるけど、でも私にとっては、おまえのおかあさんを捨ててグレムリンを持ち逃げした無責任男なのよ。

gremlin1970.jpg
(グレムリン)

Phoebe: No I just, just wanted to know who he was, you know.
 でも私はただ…彼がどんな何者なのか、知りたいのよ。

Grandmother: Yeah, I know. OK, I wasn't completely honest with you when I told you that, uh, I didn't know exactly where he lived.
 そうね、わかるわ。ええ、この前は本当に正直じゃなかったわ。実は、彼がどこに住んでるか知ってるの。

Phoebe: What do you mean?
 どういうこと?

Grandmother: He lives at 74 Laurel Drive in Middletown. If you hit the Dairy Queen, you've gone too far. You can take my cab.
 彼はミドルタウンのローレル通り74に住んでるわ。デイリー・クイーンに着いちゃったら行き過ぎってことよ。私のタクシー使っていいわ。

Phoebe: Wow. Thank you.
 ワオ。ありがとう。

Grandmother: Now, remember, nobody else drives that cab.
 忘れないで。誰にも運転させちゃダメだよ。

Phoebe: Uh-huh, got it. Ooh, I'm gonna see my dad. Okay, thank you. Okay, Oh. . Wish me luck, Grandpa!
 わかった。ああ、パパに会うのね。そっか…ありがとう…ああ…幸運を祈っててね、おじいちゃん!(アインシュタインの写真に向かって)

《チャンドラーが通りでフィービーを待っている:ジョーイが来る》

Joey: Phoebe here with the cab yet?
 フィービーまだ?

Chandler: Yeah, she, she brought the invisible cab. . . hop in.
 ああ、彼女透明のタクシーできたよ。乗れ。

Joey: Well she better get here soon, the outlet stores close at 7.
 早くきてくれないと、アウトレットの店は7時までだからな。

Chandler: Hey, don't worry. I figure it'll be 2 hours to Phoebe's dad's house, they'll meet, they'll chat, they'll swap life stories, we'll still have plenty of time.
 心配するな。フィービーのおやじさんの家まで2時間だろ、会ってしゃべって、これまでのこと語り合っても、まだ時間はあるさ。

(フィービーが運転して来る)
Joey: Hey, here she comes.
 おお、来たぞ。

Chandler&Joey: Hey.
 やぁ!(二人車に乗り込む)

Phoebe: Hey.
 ハーイ。

Joey: Hey.
 やぁ。

Phoebe: Can you believe this. In, like, two hours I'm gonna have a dad. Eeeshk.
 信じられる? あと2時間もしたら、私パパに会ってるのよ! きゃーっ!

Eeshk = Oh my god のような感じ)

Chandler: Eeeshk.
 きゃーっ!

Joey: Yeah, big stuff.
 ああ、おおごとだよな。

Phoebe: OK, let's go.
 さ、行くわよ。

Chandler: OK.
 よし。

Phoebe: Alright, here, you have to hold this.
 はい、これ持ってて。(紙を助手席のチャンドラーに渡す)

Chandler: OK. Brake left, gas right?
 OK。(読む)「ブレーキ左、アクセル右」?

Phoebe: Uh-huh, yeah, that's my cheat sheet.
 うん。私のカンニングペーパーよ。

Chandler: Where's my seat belt?
 ここのシートベルトは?

Phoebe: Oh, no no, that side doesn't have one, the paramedics had to cut through it.
 ああ、助手席にはないわ。救命士が助け出すために切らなきゃならなかったの。

Chandler: Hey!
 (あわてて降りてジョーイのとなりに座って)ヘイ!

Joey: Hey.
 ヘイ。(出発する)

《モニカ達の部屋:ロスとモニカ》

Ross: Come on, just tell me, please, please.
 なぁ、頼むよ、頼むから言って。

Monica: For the sixteenth time, no... I do not think you're obsessive.
 もう16回目だけど、いいえ、あなたはしつこくないわ。

(レイチェルが自室から出てくる)
Rachel: Oh, gosh, it's hot in here.
 まぁ、ここ暑いわね。

Monica: Rach, get the heat. … Ross, could you turn the heat down please?
 レイチ、ヒーター下げて。(レイチェルがマニキュアしているので)ロス、ヒーター下げてくれる?

Ross: Sure. By the way, there's a difference between being obsessive and. . .
 ああ。ところで、違いがわかる? しつこいっていうのと…。

Monica: Ross, the heat!
 ロス、ヒーター!

Ross: Fine, OK! Heat, heat, heat, and I'm the obsessive one. … OK, this way is on, so this is. . . off.
 わかったよ。ヒーターヒーター。これで僕がしつこいっていうんだから。…これがオンだろ。だからこっちが(ノブが外れる)オフ。

Rachel: Did you just break the radiator?
 ヒーター壊したの?

Ross: No, no, I was turning the knob and, and. . . here it is.
 いや、いや、ただノブを回したら・・・ほら。

Monica: Well put it back.
 元に戻して。

Ross: It uhh, it won't go back.
 これ・・・戻らないよ。

Rachel: I'll call the super.
 管理人さんに電話するわ。

Monica: Here, let me try.
 私がやってみる。

Ross: Oh, oh that's right, I forgot about your ability to fuse metal.
 ああそうか、忘れてたよ、おまえって金属を溶かすことができるんだっけ。

Monica: Hey, it's Funny's cousin, Not Funny.
 あら、それ「おもしろい」のイトコ? おもしろくないわね。
 
Rachel: Hi, Mr. Treeger. Hi, it's Rachel Green from upstairs. Yes, somebody, uh, broke our knob on the radiator and it's really hot in here. Yes, it's, it's hot enough to bake cookies. Well, do you think we could have a new one by 6? What, no, no, Tuesday, we can't wait until Tuesday, we're having a party tonight.
 (電話で)どうも、トリガーさん、上のレイチェル・グリーンです。誰かさんが、うちのヒーターのノブを壊してしまって、ここすごく暑いんです。ええ。そうよ、クッキーが焼けるくらい暑いわ。6時まに直してもらえるかしら? え? 火曜日? 火曜日まで待てないわ。今夜パーティなのよ。

Ross: OK, tip the man.
 よし、チップを渡せ。

Monica: No, if he doesn't like our cookies, too bad, I am not gonna be blackmailed. Look if worse comes to worse, it gets a little warm, we'll call it a theme party.
 いやよ。クッキーが気に入らなかったんなら残念だったけど、脅しにはのらないわ。最悪の場合は、暑いままで、そういうテーマのパーティだって言うわ。

Ross: Hey, here's a theme: Come on in, live like bacon.
 おお、案があるよ:ここへ来てカリカリベーコンになって。

《フィービーの父の家の前》

Phoebe: Ooh, this is it, 74.
 あ、ここよ。74。

Chandler: Oh, so that's what this is for.
 (急に止まったため運転席との境目のボードに頭をぶつけたので)ああ、このためにこのボードがあるのか。

Phoebe: Wow, this is it, I'm gonna meet my dad. This is like the biggest thing ever, huh.
 ワオ・・ここなのね。パパに会うんだわ。人生最大の事件よね。

Chandler: Yeah.
 ああ。

Joey: Sure is.
 そうだな。

Phoebe: OK, here I go. I'm going in.
 よし。行くわよ。行くわ。

Chandler: Alright.
 よし。

Joey: Good luck Pheebs.
 頑張れフィービー。

Phoebe: OK, here I go. . . here I go. . . I'm going.
 よし。行くわよ… 行くわよ… 今行くわ。(動かない)

《モニカ達の部屋:パーティ》

Rachel: Hi, welcome to our tropical Christmas party. You can put your coats and sweaters and pants and shirts in the bedroom.
 (ノックに応えて)ハーイ、トロピカル・クリスマス・パーティへようこそ。あちらのベッドルームに、上着やセーターや、パンツやシャツまで置いてくださいね。

Ross: It's hard to tell because I'm sweating, but I use exactly what the gel bottle says, an amount about the size of a pea. How, how can that be too much?
 (女の子と話している)僕、汗をかいてるからわかりにくいけど、でも、僕はボトルに書いてある通りの量のジェルを使ってるんだ。豆粒大だ。それのどこが多すぎるっていうの?

Monica: Ice, ice, ice squares anyone? Take a napkin. Alright.
 氷は? 氷はいかが? ナプキン使ってね。はい。

Ross: Monica, Monica, your guest are turning into jerky, OK.
 モニカ、お客さんたちみんなジャーキーになりそうだよ。

Monica: Really? I'm perfectly comfortable. … Hey, hey, hey, get in line buddy, I was next.
 そう? 私は全然快適だけど。(ゲストの一人が冷蔵庫を開ける)ちょっとちょっと! 順番を守ってよね。私の番よ(開いた冷蔵庫にもたれかかる)

Rachel: Mr. Treeger.
 (ノックに応えて)トリガーさん!

Mr. Treeger: You said there was a party.
 パーティだって言っただろ。

Rachel: Oh, yeah, well hey, welcome to our sauna.
 ええ、そうよ。はい、サウナへようこそ!

Mr. Treeger: Ahh, is it hot? My body always stays cool, probably 'cause I have so much skin. Hey, cheese!
 暑いか? 俺の体はいつでも冷えてるぞ。多分、皮膚がぶあついからだな。お! チーズだ!

Ross: Alright, alright, here's the chance. Monica, give him cash, Rachel give him your earrings. Something, now, anything.
 (モニカに)よし、チャンスだぞ。モニカ、現金を渡せ。(レイチェルに)レイチェル、イヤリングでも何でもいいからあげろ。何でもいい。

Monica: No, I will not cave.
 いいえ。負けないわ。

Rachel: Yeah, I'm with Mon.
 ええ、モニカに賛成。

Ross: Alright, alright, you know how you say I never seize the day? Well, alright, even though he's your super, I'm seizing. . . Mr. Treeger, here is 50 bucks, merry Christmas.
 よし。君は僕がチャンスをのがすって言ったよね? いいさ、彼は君達の管理人だけど、チャンスをつかむぞ。(管理人さんに)トリガーさん、50ドルどうぞ。メリークリスマス。

Mr. Treeger: Oh wow, I didn't get you anything. Here's five back.
 ワオ! 俺は何も持ってきてないよ。5ドル返すよ。

Ross: No no, no, that, that's your Christmas tip, alright. Oh, hey, do you think there's a chance you could fix that radiator now?
 いやいや、これはクリスマス・チップですから。あ、そうだ! 今ヒーターを直していただくなんてできませんか?

Mr. Treeger: No can do, like I told the girl, I can't get a new knob until Thursday.
 いや、できないよ。彼女達に言ったように、ノブが火曜日まで入らないんだ。

Monica: Ross.
 ロス。

Ross: Yeah.
 なんだ。

Monica: Looks like he's playing baseball.
 彼、コネてるみたいね。

Ross: You mean hardball?
 「ゴネてる」って言いたい?

(play hardball = 扱いにくい、本気でする
 それを間違えてplay baseball と言ったモニカ)


Monica: Whatever.
 なんでもいいわよ。

Rachel: What you gonna do?
 どうする気?

Ross: Excuse me, I'm seizing. Mr. Treeger, here's another 50, happy Hanukkah. Will this help with the knob getting?
 チャンスをつかむよ。トリガーさん、もう50ドルですよ、ハッピー・ハヌカー! これで、ノブが手に入ります?

Mr. Treeger: No, the place is not open 'till Tuesday. Am I not saying it right.
 いや、ノブの店が火曜日まで開かないから。そう言ってるの通じない?

Monica: So, wait, you really did like my cookies?
 じゃあ、本当にクッキー気に入ってくれたの?

Mr. Treeger: Oh, yeah, they were so personal, really showed you cared.
 ああ、気に入ったよ。気持ちがこもってる。本当に気をつかってくれたってわかるよ。

Rachel: Nice seizing. . . gel boy.
 よくやったわね、ジェル・ボーイ。

Mr. Treeger: So, is this, uh, mistletoe?
 それで? これはヤドリギかな?

mistletoe.jpg

Rachel: Huh-huh, no act--no, uhh, that, that is basil.
 え。違うわ、これは、バジルよ。

Mr. Treeger: Ahh, if it was mistletoe, I was gonna kiss ya.
 ああ。もしヤドリギなら、キスしようと思ったんだが。

Rachel: Huh-hoo, yeah, no, it's still basil.
 ハハハー! いえ、これはバジルよ。

《フィービーの父の家の前》


(チャンドラーとジョーイは眠り込んでいるが、フィービーが戻ってドアをしめた音で目を覚ます)
Phoebe: OK.
 よし。

Joey: How far did you get?
 どこまで行った?

Phoebe: Mailbox.
 メールボックスまで。

Chandler: Alright, we're getting closer.
 よし。近づいてるぞ。

Phoebe: Uh-huh.
 うん。

Joey: Pheebs, what's going on?
 フィーブス、どうした?

Phoebe: No, it's just like, you know, it's a whole mess of stuff, you know. It's like, yesterday, you know, my dad was this, like, famous Burma tree surgeon guy and, you know, now he's a pharmacist guy and. . .
 いえ… ただ、このゴタゴタが… 昨日まではパパはミャンマーの有名な木の医者だったのに、今は薬剤師で…。

Joey: Well, maybe he's, maybe he's this really cool pharmacist guy.
 ああ。でも、すごいかっこいい薬剤師かもよ。

Phoebe: Yeah, maybe, yeah. You know, and, and I'll knock on the door and, and he'll hug me and I'll have a dad. You know and I'll, I'll go to his pharmacy and everyone will be really nice to me 'cause, you know, I'm Franks daughter.
 ええ、そうかも。そして、ノックしたら、ハグしてくれて、パパができるのかも。薬局へ行ったらみんながよくしてくれて。ほら、フランクの娘だからって。

Chandler: Well, so why not go knock?
 ああ。じゃあなんでノックしないの?

Phoebe: Well, 'cause, I mean, what if, what if he's not this great dad guy? I mean, what if, what if he's just still the dirtbag who ran out on my mom and us? You know what? I've already lost a fake dad this week and I don't think I'm ready to lose a real one.
 だって、もしもよ、もし、素敵なおとうさんじゃなかったら? もし、ママや私達を捨てた情けないやつのままだったら? 私、今週ニセモノのパパを失ったのに、そのうえホンモノのパパも失うなんて、今は無理。

Joey: Pheebs, that's OK. You took a big step today.
 フィーブス、いいんだよ。今日すごく前進したんだから。

Phoebe: Yeah?
 そう?

Chandler: Yeah, and someday when you're ready, you'll make it past the hedges.
 そうだよ。いつか心の準備ができたら、生け垣の向こうまで行けるさ。

Joey: Yeah, and when you do, he'll be lucky to have you.
 ああ、その時はやつも君と会えて幸せだよ。

Phoebe: You guys. I'm sorry about your shopping.
 ありがとあなた達! 買い物できなくてごめんね。

Chandler: Oh, that's OK, we'll figure something out.
 いいんだよ、そんなこと。なんとかするさ。

Joey: Uh, listen Pheebs, I know you're not going in there but do you think it'd be alright if I went in and used his bathroom? Oh, that's fine, never mind. Cool, snow! Kinda like a blank canvas.
 ちょっと聞いてフィーブス、君が行かないのはわかってるけど、俺が行ってトイレ借りるのはいけないかな? (いけないと気づき)ああ、いいよ、気にしないで。おお、雪! 白いキャンバスだね。
 
《モニカ達の部屋:チャンドラー達が帰ってくる》

Chandler: Ho, ho, ho, holy crap is it hot in here!
 (サンタっぽく)ホッホッホー! こりゃなんて暑いんだ!

Joey: Really, hey, you mind if I turn the heat down?
 ほんとだ。ヒーター下げてもいい?

Monica: Hey, we could have used that kind of thinking earlier.
 ああ、それ思いつかなかった!

Ross: Hey, Pheebs, how did it go.
 ヘイ、フィーブス、どうだった?

Phoebe: Oh, I couldn't go in.
 ああ、入っていけなかった。

Monica: Honey, I'm sorry.
 まぁ。残念だったわね。

Ross: Are you OK?
 大丈夫?

Phoebe: Yeah, yeah, no it's OK 'cause, I mean, I know he's there, so, that's enough for now.
 ええ。大丈夫。だって、彼がそこにいるってわかっただけで、今は十分よ。

Chandler: Hey, guys, it's after midnight, merry Christmas everyone.
 おい、みんな! 真夜中過ぎたぞ! メリークリスマスみんな!
(みんなハグをしたが、チャンドラーだけ相手がいなかった)

Joey: Hey, Monica, the knob was broken so I just turned it off from underneath, I hope that's alright.
 おい、モニカ。ノブが壊れてたから、元栓をしめたぞ。いいよな?(みんな呆然としている)

《時間経過》

Joey: Rach, these are for you.
 レイチ、これは君に。

Rachel: Wiper blades. I don't even have a car.
 車のワイパー! 私車もってないのに。

Joey: No, but with this new car smell, you'll think you do.
 うん。でも、この新しい車用芳香剤で、持ってる気になれるよ。

Chandler: OK, Pheebs, your turn.
 はい、フィーブス、君に。

Phoebe: Ahh, toilet seat covers! Is that what you were doing while I was getting gas?
 まぁ! トイレシート! 私がガソリン入れてる間に買ったの?

Joey: Uh-huh.
 そう。

Phoebe: You guuuyys.
 あなた達ったらぁ!

Joey: And for Ross, Mr. Sweet-tooth.
 それから、ロス、甘いもの好きの君に。

Ross: You got me a cola drink?
 僕にはコーラ?

Chandler: And, a lemon lime.
 それから、レモンライムも。

Ross: Well, this is too much, I feel like I should get you another sweater.
 これはいただき過ぎだね。もう一枚セータープレゼントしないといけない気がする。

Chandler: And last but not least.
 そしてとっておきの最後に。(モニカにコンドームを渡す)

(last but not least = 最後に述べるが決して軽んずべきでない)

Joey: They're ribbed for your pleasure.
 君のためにウネがついてるよ♪
(ロスとモニカはプレゼントを交換する)


にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村


英語 ブログランキングへ
posted by らんち at 00:38| Comment(0) | Season2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。