2013年06月11日

2-8 The One With the List

2-8 リストの話

 ☆禁断のリスト☆

《モニカ達の部屋:レイチェル、モニカ、フィービー》

Rachel: Ross kissed me.
 ロスとキスした。

Phoebe:No!
 うそー!

Monica: Oh my god, oh my god, oh my god!
 オーマイゴッド! オーマイゴッド! オーマイゴッド!

Rachel: It was unbelievable!
 もう信じらんない!

Monica: Oh my god, oh my god, oh my god!
 オーマイゴッド! オーマイゴッド! オーマイゴッド!

Phoebe: Ok, all right. We want to hear everything. Monica, get the wine and unplug the phone. Rachel, does this end well or do we need to get tissues?
 よし、全部聞きたいわ。モニカ、ワインを用意して電話のコード抜いて。レイチェル、いい感じだったの? それともティシュいる?

Rachel: Oh, it ended very well.
 すごいいい感じだったの。

Phoebe: Oh.
 おお!

Monica: Do not start without me. Do not start without me.
 (ワインを持ってきて)私抜きで始めないで、私抜きで始めないで!

Phoebe: Ok, all right, let's hear about the kiss. Was it like, was it like a soft brush against your lips? Or was it like a, you know, a "I gotta have you now" kind of thing?
 いいわね、キスのこと聞きましょ。それって、そっとクチビルをかすめるような感じ? それとも、「もうおまえは俺の物だ」って感じ?

Rachel: Well, at first it was really intense, you know. And then, oh, god, and then we just sort of sunk into it.
 そうね、最初はすごく力強かったの。それから・・ああ、それからもう沈み込んでいく感じ。

Phoebe: Ok, so, ok, was he holding you? Or was his hand like on your back?
 ああ、それから・・彼はあなたを抱いてたの? それとも、手を背中に置いてる感じ?

Rachel: No, actually first they started on my waist. And then, they slid up, and then, they were in my hair.
 違うの、最初は手がウエストにあったの。それから背中をあがっていって、それから髪をなでたの。

Phoebe/Monica: Oh!!
 おお!!

《チャンドラー達の部屋:ロス、チャンドラーとジョーイ》

Ross: And, uh, and then I kissed her.
 それから・・・それからキスしたんだ。

Joey: Tongue?
 舌入れた?

Ross: Yeah.
 ああ。

Joey: Cool.
 よーし。

《セントラルパーク:ジョーイ、フィービー、モニカにチャンドラーがノートPCを見せている》

Chandler: All right, check out this bad boy. 12 megabytes of ram. 500 megabyte hard drive. Built-in spreadsheet capabilities and a modem that transmits at over 28,000 b.p.s.
 いいか、こいつを見てくれ。12メガバイトRAM、ハードディスクは500メガバイト、会計ソフト入り、モデムは28,000b.p.s だぞ。

Phoebe: Wow. What are you gonna use it for?
 ワオ。何に使うの?

Chandler: Games and stuff.
 ゲームとか。

Monica: There are no jobs. There are no jobs for me.
 (新聞を見て)仕事がない。私に合う仕事が全然ないわ。

Joey: Wait, here's one. Uh, would you be willing to cook naked?
 (新聞を見て)待って、ここにあるぞ・・裸で料理する気ある?

Monica: There's an ad for a naked chef?
 裸で料理するシェフの求人があるの?

Joey: No, but if you're willing to cook naked, then you might be willing to dance naked. And then...
 いや、でも、裸で料理する気があるなら、もしかして裸で踊る気もあるかなと思って。そしたら・・(お金を数えるマネ)

(ロスが来る)
Ross: Hi.
 やぁ・・。

Phoebe: Hey, oh, so, um...how'd you make out last night?
 ヘイ! ねぇ、昨日キスしたんだって?

Ross: That, that is funny. That is painfully funny. No, wait. Wait, yeah, that's just painful
 それは・・それはおもしろいね。もう痛いくらいおもしろい。いや、待てよ、ああ、ただひたすら痛い。

Monica: Wait a minute. I thought last night was great.
 待って。昨日はすごくよかったんだろうと思ったのに。

Ross: Yeah, it was, but...I get home, ok, and I see Julie's saline solution on my night table. And I'm thinking to myself, oh my god, what the hell am I doing? I mean, here I am, I am with Julie, this incredible, great woman, who I care about and who cares about me, and I'm like, what, am I just gonna throw all that away?
 ああ。最初はね。でも、家に帰ったら、ナイトテーブルにコンタクト液があって、考えるしかなかったよ。ああ僕はいったい何をしてるんだ? 僕にはジュリーがいるんだ、すばらしい女性で、互いに好きなんだ。それを・・それを投げ捨てるのか?

Joey: You got all that from saline solution?
 コンタクト液からそこまで考えるか?

Monica: We are talking about Rachel here. You and Rachel.
 でも相手はレイチェルのなのよ。あなたとレイチェル。

Ross: Believe me, I've been dreaming about me and Rachel for like ten years now. But now, I'm with Julie, so it's like me and Julie, me and Rachel, me and Julie, me and..... Rachel, Rachel.
 本当に、レイチェルとのことはもう10年も夢見てきたことだ。でも今は、ジュリーがいるんだ。僕とジュリーか、僕とレイチェルか、僕とジュリーか、僕と・・(レイチェルが来る)レイチェル、レイチェル!

Rachel: Hey, you.
 ハーイ、ロス。

Ross: How are you?
 元気?

Rachel: Good. How are you?
 元気よ。あなたは?

Ross: Good.
 元気。

(ジュリーが来る)
Julie: Hi, honey.
 ハーイ、ロス。

Ross: Hi, Julie. ... Hi, Julie. Julie, um, how are you?
 ハイ、ジュリー・・(我に返って)ハーイ、ジュリー! 元気?

Julie: Good.
 元気よ。

Ross: Good, so everybody's here. Everybody's good. So, were you gonna play something, Phoebe?
 よかった。みんなそろったね。みんな元気だ。それで? フィービー、何か歌ってくれるんだろ?

Phoebe: Oh, well, actually...
 ああ、でも私・・

Ross: Play it.
 歌って。

Phoebe: Ok, all right.
 ああ、わかったわ。

Joey: Hey, Julie, I didn't know you wore lenses.
 ヘイ、ジュリー。コンタクトしてるって知らなかったよ。

Julie: What?
 え?

Ross: Ssshh.
 (ジョーイに)シーッ!

Phoebe: Ok, um, hi, hello, hi, ok, so, um, this is a song about a love triangle between three people that I made up. Um, it's called, um, "Two of Them Kissed Last Night".
 いいわ。じゃあ、ハーイ、そうね。これは、私が作った三角関係の歌よ。タイトルは「昨日2人がキスをした」。
[singing] There was a girl, we'll call her Betty, and a guy let's call him Neil. Now I can't stress this point too strongly, this story isn't real.
 (歌)女の子がいたの、名前はベティ。男はニールって名前ね。あんまりはっきり言えないわ。本当の話じゃないんだもの。
Now our Neil must decide, who will be the girl that he casts aside. Will Betty be the one who he loves truly? Or will it be the one who we'll call j...Loolie? He must decide, he must decide, even though I made him up, he must decide!
 さぁ決めなきゃニール。誰をフってしまうのか。ベティを本当に愛しているの? それともじゅ・・ルーリーって子? 決めなきゃ、決めなきゃ。でっちあげだけど、決めなきゃね!

《モニカの面接》

Ratstatter: This is a nice resume. Nice, nice, nice. Muy impressivo.
 これは素晴らしい経歴だね。とってもスバラシイ。

Monica: So, Mr. Rastatter, what exactly does this job entail? The ad wasn't too clear.
 それで、ラスタッターさん、どういう仕事でしょうか? 広告にははっきり書いてなかったんですが。

Ratstatter: Mockolate.
 マコレート。

Monica: I'm sorry?
 なんでしょうか?

Ratstatter: Mockolate. It's a completely synthetic chocolate substitute.
 マコレート。人工のチョコレート代用品だ。

Monica: Ohh.
 あぁ。

Ratstatter: Go ahead. Try a piece. Yeah, we think that Mockolate is even better than chocolate.
 どうぞ。一口味わってみて。マコレートはチョコレートよりいいと思うんだよ。

Monica: All right. Mmm-mmm.
 はい。(食べてみる)んー。

Ratstatter: Yeah?
 どう?

Monica: I love how it crumbles. Now see, your chocolate doesn't do that.
 くだける感じがいいわ。チョコレートはくだけないものね。

Ratstatter: No, ma'am. Well, anyhoo, we should be getting our F.D.A. approval any day now, hopefully, in time for Thanksgiving. See, the way we look at it, chocolate already dominates most of your major food-preparation holidays: Easter, Christmas, what have you.
 その通り。なんとかして、F.D.A.(アメリカ食品医薬品局)の認可を得たいところなんだがね。できればサンクスギビングまでにね。見たところ、チョコレートがホリデーシーズンを制覇してしまってるがね。イースターとかクリスマスとかね。

(anyhoo = anyhow)

Monica: Mmm-mmm.
 んーん。(マコレートでしゃべれない)

Ratstatter: But, we're thinking, given the right marketing, we can make Thanksgiving the Mockolate holiday.
 しかし、マーケティングさえうまくいけば、サンクスギビングをマコレートホリデーにできると思うんだよ。

Monica: Wow.
 ワオ。

Ratstatter: Aren't you going to swallow that?
 飲み込まないの?

Monica: Just waiting for it to stop bubbling.
 泡立つのがやむの待ってて。

Ratstatter: Yeah, isn't that great?
 ああ、すごいだろう?

Monica: Mmm.
 んー。

Ratstatter: Well, anyhoo, um, we are looking for a couple of chefs who can create some Thanksgiving-themed recipes. You think you might be interested?
 それで、サンクスギビングをテーマにしたレシピを作ってくれるシェフを探してるんだよ。興味ある?

Monica: Abso...[swallows hard]...lutely. See, I love creating new recipes. I love Thanksgiving. And, well, now, I love Mockolate.
 もち・・(必死で飲み込む)ろん! 新しくレシピを作るの大好きなんです。サンクスギビングも大好き。そして今は、マコレートも大好き!

Ratstatter: Really?
 ほんと?

Monica: Especially the after taste, you know, I'll tell ya, that'll last you till Christmas.
 特にこの後味・・ほら、クリスマスまでもちそう。

《モニカ達の部屋:モニカとフィービー》

Monica: How about Mockolate mousse?
 マコレートムースはどう?

Phoebe: It's not, it's not very Thanksgiving-y.
 サンクスギビングらしくないじゃん。

Monica: Ok, how about pilgrim Mockolate mousse?
 巡礼マコレートムースってのは?

Phoebe: What makes it pilgrim?
 どこが巡礼なの?

Monica: We'll put buckles on it.
 バックルをつけるわ。

(最初ピューリタンがバックルのついた帽子をかぶったが、
 後にピルグリムハットと呼ばれるようになった)

(レイチェルが来る)
Rachel: Hey.
 ハーイ。

Phoebe&Monica: Hey.
 ヘイ。

Rachel: Did uh, Ross call?
 ロスから電話あった?

Monica: No, I'm sorry.
 ないわ。残念だけど。

Rachel: Why didn't he call? He's gonna stay with Julie, isn't he? He's gonna stay with her and she's going to be all, "Hi, I'm Julie, Ross picked me, and we're gonna to get married, have a lot of kids and dig up stuff together."
 なんで彼電話くれないの? ジュリーを選ぶ気なのね? それで、ジュリーが言うのね。「ハーイ、私ジュリーよ。ロスは私を選んだの。私達結婚して、たくさん子供を産んで、みんなで発掘するのよ」

Phoebe: No offense, but that sounds nothing like her.
 悪気はないけど、全然似てない。

《チャンドラー達の部屋》

Ross: I don't know what to do. What am I gonna do? I mean, this, this is like a complete nightmare.
 どうしたらいいんだ。どうしよう? もう完全に悪夢だよ。

Chandler: Oh, I know. This must be so hard. Oh, no. Two women love me. They're both gorgeous and sexy. My wallet's too small for my fifties, and my diamond shoes are too tight.
 ああ、本当にきついだろうな。二人の女性に愛されて。二人とも美人でセクシーだ。財布が小さすぎて入らないし、ダイヤの靴もきつい。

Joey: Hey, here's a thought, Ross.
 おい、ロス、考えたんだけどな。

Chandler: Don't touch the computer. Don't ever touch the computer.
 コンピュータに触るな。絶対に触るな。

Joey: Ross, listen. I got two words for you. Threesome.
 ロス、聞け。この言葉を。3P。

Chandler: Ok, all right, look. Let's get logical about this, ok? We'll make a list. Rachel and Julie, pros and cons. Oh. We'll put their names in bold, with different fonts, and I can use different colors for each column.
 よし。いいか。論理的にいこう。リストを作るんだ。レイチェルとジュリー。長所と短所。名前は太字で、それぞれ違うフォントを使って、列ごとに色を変えよう。

Ross: Can't we just use a pen?
 ペンで書けばいいんじゃない?

Chandler: No, Amish boy.
 ダメだ。アーミッシュボーイ。

(アーミッシュは文明を拒否している)

Joey: All right, let's start with the cons, 'cause they're more fun. Rachel first.
 よし、じゃあ短所から始めよう。その方がおもしろいからな。レイチェルから。

Ross: I don't know. I mean, all right, I guess you can say she's a little spoiled sometimes.
 そうだな。うーん、よし、彼女は時々ワガママって言えるかな。

Joey: You could say that.
 そうだな。

Ross: And I guess, you know, sometimes, she's a little ditzy, you know. And I've seen her be a little too into her looks. Oh, and Julie and I, we have a lot in common 'cause we're both paleontologists, right? But Rachel's just a waitress.
 それから、ちょっと軽いとこがあるかな。,あと、外見を気にし過ぎなとこもあるな。ああ、それからジュリーと僕は共通点があるだろ、彼女も古生物学者だからね。でもレイチェルはウェイトレスだから。

(ditzy = silly, giddy = うわついた)

Chandler: Waitress. Got it. You guys wanna play Doom? Or we could keep doing this. What else?
 ウェイトレスっと。よし。ゲームする? それか、これ続けるか。その他は?

Ross: I don't know.
 どうかな。

Joey: Oh, her ankles are a little chubby.
 あ、彼女、足首がちょっと太いな。

Chandler: Ok, let's do Julie. What's wrong with her?
 よし。じゃあジュリーにいこう。彼女の欠点は?

Ross: She's not Rachel.
 (考え込んで)レイチェルじゃない。

《モニカ達の部屋》

Monica: Ok, this is pumpkin pie with mockolate cookie crumb crust. This is mockolate cranberry cake, and these are mockolate chip cookies. Just like the Indians served.
 はい。これがマコレートをクラストに使ったパンプキンパイ。こっちはマコレート・クランベリーケーキ。そしてこれはマコレート・チップ・クッキーよ。インディアン風ね。

Rachel: Oh my god.
 (ちょっと食べて)うわ。

Monica: Oh my god good?
 「うわーおいしい」?

Rachel: Oh my god, I can't believe you let me put this in my mouth.
 うわっ、こんなものを口に入れさせるなんて信じられない。(吐き出す)

Phoebe: Oh, oh sweet Lord! This is what evil must taste like!
 ああ、神様! これはきっと悪魔の味だわ!

《チャンドラー達の部屋》

Chandler: I'm telling you this thing won't print. Yes, I pressed that button like 100 times. You know, for a hot line you are not so hot. What? What is that in the background? Are you watching Star Trek?
 (電話で)言ってるだろ、印刷できないんだ。ああ、そのボタンならもう100回ぐらい押したよ。ねぇ、ホットラインの割には冷たい対応だよね。あ? 後ろから聞こえるのは何だ? 君、スタートレック見てるな?

(ロスが来る)
Joey: Hey, so how'd it go with Julie? Did you, did you break her heart?
 (ロスに)ジュリーとはどうなった? 別れるって言ったのか?

Ross: Yes, it was horrible. She cried. I cried. She threw things, they hit me. Anyway, I did the right thing.
 ああ。さんざんだったよ。彼女は泣いて、僕も泣いた。彼女が物を投げて・・痛かった。とにかく、これでよかったんだよ。

Chandler: So, Spock actually hugs his father?
 (電話で)それで、スポックは父親とハグしたのか?

(レイチェルが来る)
Rachel: Hey, do you guys have...[sees Ross, pauses]...hi.
 ねぇ、あなた達・・・(ロスに気づいて)・・ハーイ。

Ross: Hi.
 ハーイ。

Rachel: Where you going?
 どこ行くの?

Ross: I uh, I just got back from uh, from Julie's.
 いや、戻ってきたところだ。ジュリーのところから。

Rachel: Oh.
 ああ。

Ross: No, no, uh, it's not what you think. It's um the other thing.
 いやいや、君の思ってるのとは違うよ。そうじゃない方だよ。

Rachel: Well, what's the other thing, what do I think?
 そうじゃない方って…私の思ってるのって?

Ross: Well, uh.
 えっと・・。

Joey: He broke up with Julie. Well, go hug her, for god's sakes.
 ジュリーと別れたんだ。・・・(ロスに)ほら、行ってハグしろよ、もう!

Rachel: Really?
 本当に?

Ross: Really. It's always been you, Rach.
 本当だよ。君しかいないよ、レイチ。

Rachel: Oh, god.
 ああ。

Joey&Chandler: Ohhh.
 おお!

Rachel: Oh, oh, this is good, this is really good.
 ああ、よかった。本当によかったわ。

Ross: I know, I know, it's, it's almost... What do you say we go take a walk, just us, not them?
 そうだね。本当に・・もう・・(ジョーイとチャンドラーが注目しているので)二人で散歩にでも行こうか、この二人抜きで?

Rachel: Let me get my coat.
 コート取ってくるわ。

Ross: Ok. No, hey, whoa, whoa, I'll get your coat.
 わかった、いやいや、僕が取ってくるよ。

Rachel: Ok, he's going to get my coat. He's going to get my coat. Oh my god, you guys. I can't believe this. This is unbelievable. [notices Chandler's computer screen] What's that?
 わぁ。彼が私のコート取りに行ったわ。彼がコート持って来てくれる! ああ! ねぇ、もう信じられない! ありえない! (チャンドラーのパソコンを見て)なにこれ?

Chandler: What? Nothing.
 なに? 何でもないよ。

Rachel: What's that? What? I saw my name. What is it?
 何なの? 何よ。私の名前があったわ。何なの?

Chandler: No, no, see? See? … Hey, it's printing. Hey, it's printing!
 いや、違うよ。ほら、ほら。(プリンターが動き出す)ヘイ! 印刷してるぞ! 印刷してる!

Rachel: Well what is it? Let me see.
 ねぇ、なんなの。見せて。

(ロスが戻ってくる)
Ross: Hey, someone order a coat?
 ヘイ! コートのご注文なさいました?

Rachel: Ross, Chandler wrote something about me on his computer and he won't let me see.
 ロス、チャンドラーがパソコンで何か私のこと書いたのに、見せてくれないの。

Ross: He won't? He won't! Because, isn't that, isn't that the, the short story you were writing?
 見せてくれない? 見せてくれないさ。だって、それは・・それは、おまえが書いてるショートストーリーだろ?

Chandler: Yes, yes it is, short story, that I was writing.
 そう、そうなんだよ。ショートストーリなんだ。俺書いてるの。

Rachel: And I'm in it? Then let me read it.
 私が入ってるの? じゃあ読ませて。

Chandler, Joey & Ross: No!
 ダメだよ!

Rachel: Come on.
 なんでよ。

Joey: Hey, uh, why don't you read it to her?
 (チャンドラーに)おい、おまえが読んでやったら?

Chandler: Alright. "It was summer, and it was hot. Rachel was there. A lonely gray couch. 'Oh, look,' cried Ned, and then the kingdom was his forever. The end."
 わかったよ。・・・「夏のことだった。暑かった。レイチェルがいた。一人のグレイのカウチ。『おお!』ネッドが叫んだ。そして王国は永遠に彼のものだ。おわり」。

Ross: That's it? That's all you wrote? You're the worst writer in the whole world.
 それだけ? それが書いた全部? 世界一ひどい作家だな。

Rachel: All right, you know what? This isn't funny anymore. There's something about me on that piece of paper and I want to see it.
 もういいわよ。もうおもしろくないわ。その紙に何か私のこと書かれていたんだから、読ませて。

Ross: No, you don't.
 いや、ダメだよ。

Rachel: All right, you know what, fine. If you guys want to be children about this, that's fine. I do not need to see it. …What is this? Ross, what is this?
 いいわよ。もういいわ。そんな子供みたいなこと言ってるならもういい。見なくてもいいわよ。(見ないフリでジョーイから奪う)・・・何これ? ロス、これなんなの?

Chandler: Good luck.
 頑張れよ。(チャンドラーとジョーイは出て行く)

Ross: Ok, just, just remember how crazy I am about you, ok?
 よし。忘れないで。どんなに僕が君に夢中かって・・ね?

Rachel: Kind of ditzy? Too into her looks? Spoiled?
 軽い? 見かけを気にし過ぎ? ワガママ?

Ross: Now that's a little spoiled. He was supposed to type "little", the idiot.
 ちょっとワガママのはずだったんだ。彼がちょっとをタイプし忘れたんだよ、バカだよね。

Rachel: Just a waitress?
 ただのウェイトレス?

Ross: No, that, that was, I mean, as opposed to uh, the uh, ok. Is this over yet, Rach?
 いや、いや、それは違うよ、そういう意味じゃ・・もういいよね、レイチ?

Rachel: Oh! I do not have chubby ankles!
 まぁ! 私の足首太くなんかないわよ!!

(レイチェルが部屋を出て、追いかけるロス)
Ross: No, no, wait, ok, ok, look at the other side. Look at Julie's column.
 いや、ちょっと待って。ほら、別の欄を見て。ジュリーの列を見て。

Rachel: She is not Rachem. What the hell's a Rachem? Is that some stupid paleontology word that I wouldn't know because I'm just a waitress.
 「彼女はレイチェムじゃない」。レイチェムって何よ? ばからしい古生物学の言葉? 私がただのウェイトレスだから知らないだけ?

(自分の部屋に入って鍵をかける)
Ross: No, Rach, come on. Rach! Rach, no, no! She's not Rachel, she is, she is not, Ra--Rachel?
 違うよ、レイチ、ねぇ、レイチ、レイチ、そんな! 彼女はレイチェルじゃないって・・彼女はレ・・レイチ?

《セントラルパーク》

Chandler: My diary! My diary, that's brilliant. I should have told her it was my diary, she never would have made me read her my diary.
 俺の日記! 日記だ! それがいい。日記って言えば、彼女だって読めなんて言わなかったよな。

Monica: You know, that's true. You'd be a great person to have around the day after an emergency.
 その通りね。緊急時の翌日に役に立ってる人ね。

Phoebe: I... I cannot believe Ross even made this list. What a dinkus.
 ロスがそんなリストを作るなんて信じられない。なんてバカなの。

dinkus = A person that does stupid things.)

Joey: Hey, cut him some slack. It was Chandler's idea.
 おい、勘弁してやれよ。あれはチャンドラーのアイデアだったんだから。

(cut a person some slack = 批判を控える・大目に見る)

Phoebe&Monica: What?
 なんですって?(とチャンドラーを注目)

Chandler: Oh good, I was hoping that would come up.
 ああ、よかった。その話を持ち出してほしかったんだよ。

Monica: This was your idea?
 あなたのアイデアだったの?!

Phoebe: What were you thinking?
 何考えてたのよ?

Chandler: All right, let's get some perspective here, ok? These things, they happen for a reason.
 ちょっと、視点を変えてみようよ。こういうことは、理由があって起きるんだ。

Monica: Yeah. You!
 そうよ。あなたよ。

Chandler: All right, Pheebs, back me up here, ok? You believe in that karma crap, don't you?
 わかったよ。フィーブス、助けてくれよ。あのカルマとかいうやつ、信じてるんだろ?

Phoebe: Yeah, by the way, good luck in your next life as a dung beetle.
 ええ、そういえば、来世頑張ってね、フンコロガシだからね。

《モニカ達の部屋:レイチェル一人》

Ross: Rach! Whoops! Rach, hey, open up, please!
 (ベランダに現れる)レイチ!(転ぶ) レイチ! ねぇ! 開けて、頼むよ!

Rachel: When somebody does not buzz you in, Ross, that means go away. That doesn't mean please climb up the fire escape.
 ブザーを押して入れてもらえなかったってことは、帰れって意味よ、ロス。非常階段からあがって来てって意味じゃないわ。

Ross: I just wanna read something. It's your pro list.
 聞いてほしいことがあるんだ。長所のリストだ。

Rachel: Not interested.
 興味ないから。(カーテンを閉める)

Ross: Ok, ok, number one: The way you cry at game shows. Number two: how much you love your friends. Number three: the way you play with your hair when you're nervous. Number four: how brave you are for starting your life over. Number five: how great you are with Ben.
 いいかい(リスト読み上げ)まず第1に、クイズ番組を見て泣くところ。第2は、友達思いなところ。第3に、不安な時に髪をさわるしぐさ、第4が、独り立ちして一からやり直したところ、第5に、ベンといる時の優しい君。(他の4人が部屋に入ってくる)6番目に、君の香り。

Joey: Hey, Ross! What are you doing?
 (カーテンを開けて)ロス! 何やってんだ?!

Ross: Hey, Joey. You wanna open the window?
 ああ、ジョーイ、窓あけてくれる?

Joey: Oh, yeah, I do.
 ああ、開けるよ。

(ロスは雨でびしょ濡れ)
Chandler: What are you doing out there?
 そこで何やってるんだ?

Ross: I am, uh, I am...
 僕は・・僕・・

Monica: Oh, you must be freezing. You know what you need? How about a nice steaming cup of hot Mockolate?
 まぁ、寒いでしょう? そんな時は何がいいか知ってる? 湯気の立つホットマコレートはいかが?

Ross: Rach, come on, open up. Rach, come on, come on, Rach. You got to give me another chance.
 (レイチェルの部屋のドアを叩いて)レイチ、頼むよ、開けて。レイチ、お願いだ、レイチ。チャンスをくれないか。

Rachel: No.
 (ドアをあけて)イヤ。

Ross: No?
 ダメ?

Rachel: That's what I said.
 そう言ってるでしょ。

Chandler: Look, maybe we should go?
 おい、俺たち出て行った方が・・。

Rachel: No, you guys, you really don't have to go, we're done talking.
 いいえ、あなた達、行くことないわ。話は終わりよ。

Ross: Rach, come on, look, I know how you must feel.
 レイチ、頼むよ。どんな気持ちかわかるよ。

Rachel: No, you don't, Ross. Imagine the worst things you think about yourself. Now, how would you feel if the one person that you trusted the most in the world not only thinks them too, but actually uses them as reasons not to be with you.
 いいえ、わかってないわ、ロス。自分の中で最悪と思ってることを想像してみて。世界で一番信用している人にも、そう思われてて、それだけじゃなくて、つきあわない理由にあげられているとしたら、どう思うの?

Ross: No, but, but I wanna be with you in spite of all those things.
 いや、だけど、だけど僕は、そういうことがあるにも関わらず、つき合いたいんだ。

Rachel: Oh, well, that's, that's mighty big of you, Ross. … I said don't go!
 あら! なんて心の広い人かしら、ロス。(他のみんなに向かって)行くなって言ったでしょ!

Ross: You know what? You know what? If, things were the other way around, there's nothing you could put on a list that would ever make me not want to be with you.
 ねぇ、聞いて、聞いて。これが逆だったとしたら? 君とつきあいたくない理由なんて、絶対に見つけられないよ。
 
Rachel: Well, then, I guess that's the difference between us. See, I'd never make a list.
 そう。私達にはそこが違うようね。私はリストなんて作らない。(ドアを閉める)

Joey: I never know how long you're supposed to wait in this type of a situation before you can talk again, you know? … Maybe a little longer.
 こういうことが起きた後って、また話せるようになるのにどれくらいかかるのか、俺わからないよ。(ロスに見つめられて) まだかかりそうだな。

《モニカの面接先》

Monica: Now, in some of these recipes, the quantities may seem just a little unusual, uh, like these coconut mockolate holiday nut bars. I've indicated four cups of coconut, and four cups of crushed nut, and only, uh, one tablespoon of mockolate.
 そこでこのレシピなんですが、分量がちょっと変わってる感じなんです。たとえば、ココナツ・マコレート・ホリデー・バーは、ココナツ4カップに、つぶしたナッツを4カップ、そしてマコレートはスプーン1杯なんです。

Ratstatter: Doesn't matter.
 もういいよ。

Monica: What?
 え?

Ratstatter: Our FDA approval didn't come through. Something about laboratory rats.
 F.D.A. の認可が下りなかったんだ。工場のネズミの問題とかで。

Monica: Oh, gosh, I'm sorry.
 まぁ。残念です。

Ratstatter: Yeah, well, anyhoo, here is your check. Thank you for all the trouble you went through. Um, listen, you didn't eat a lot of it while you were cooking, did you?
 ああ、まぁね。とにかく支払うよ。手間をかけたね。ところで、料理していて、たくさん食べなかったろうね?

Monica: Well, uh, I ate some.
 え、まぁ、いくらか食べましたけど。

Ratstatter: Oh, some, that's fine. Some is fine. Some is not a lot. So, it doesn't burn when you pee, does it?
 ああ、いくらかね。それならいいんだ。いくらかなら、いいんだ。それってたくさんじゃないからね。トイレにいったとき、焼け付く痛みはないよね?

《モニカ達の部屋:モニカとレイチェル》

Monica: Hello?
 (電話に応えて)もしもし?

Ross: Hi.
 (自室から電話)やぁ。

Rachel: Is that him again? Tell him I'd come to the phone, but my ankles are weighing me down.
 (モニカに)また彼から? 電話に出たいけど、足首が重すぎるって言って。

Monica: Listen, I... I don't think this is the best time.
 ねぇ、今はよくないわ。

Ross: Look, can, can you do something for me?
 ねぇ、頼んでいい?

Monica: Sure, what? Ok, ok. … Music?
 いいわ。なに? わかった。わかったわ。(電話を切り、レイチェルに)音楽かける?(ラジオをつける)

Radio: The next one's dedicated to Rachel from Ross. Rachel, he wants you to know he's deeply sorry for what he did and he hopes you can find it in your heart to forgive him.
 次におかけするのは、レイチェルへ、ロスより。レイチェル、彼は申し訳なく思ってるそうですよ。許す気になってくれるのを待ってるって。


(With or Without You : U2)

(レイチェルが電話をかけ始めたのでモニカはうれしそうだが)
Radio: Uh, we've just gotten a call from Rachel, and she told us what Ross did. It's pretty appalling, and Ross, if you're listening, I don't wanna play your song anymore. Why don't we devote our time to a couple that stands a chance? Avery, Michelle's sorry she hit you with her car and she hopes you two will work it out.
 えー、レイチェルから電話をもらって、ロスが何をしたか聞きました。ひどい話です。ロス、聞いてるかしら。あなたのリクエストは却下します。見込みのあるカップルにいきましょう。エイブリー、ミシェルは、車で轢いたこと申し訳なく思っているわ。うまくいくことを望んでいるそうです。

《モニカの面接先》

Ratstatter: Hi, thanks for coming in again.
 やぁ、また来てくれてありがとう。

Monica: Oh, not at all. I have no morals and I need the cash.
 いえいえ。何でもないですわ。道徳よりもお金です。

Ratstatter: It's like I'm looking in a mirror. Anyway, they're called "fishtachios". They taste exactly like pistachios, but they're made primarily of reconstituted fish bits. Here, try one.
 まるで鏡を見てるようだね。さて、これは「フィスタシオ」といって、まるでピスタチオみたいな味だが、材料はほとんど砕いた魚がなんだ。ほら、食べてみて。

Monica: All right.
 はい。

Ratstatter: You're not allergic to anything, are you?
 君、アレルギーはないよね?

Monica: Cat hair.
 猫の毛に。

Ratstatter: Oh, sorry.
 あ、それはいかん。


にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村


英語 ブログランキングへ

posted by らんち at 01:24| Comment(0) | Season2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。