2013年06月10日

2-7 The One Where Ross Finds Out

2-7 ロスが知ってしまう話

 ☆逃がした魚は大きい!☆

《モニカ達の部屋》

Chandler: Okay, what is it about me? Do I not look fun enough? Is there something. . . repellent. . . about me?
 教えてくれ。俺ってどうなんだ? 楽しいやつに見えないか? 何かすごく嫌な感じなのか?

Rachel: So, how was the party?
 パーティどうだったの?

Chandler: Well it couldn't have been worse. A woman literally passed through me. Okay, so what is it, am I hideously unattractive?
 これ以上ないくらい最悪だった。女性に通過される始末だ。何なんだ? 俺ってそんなに魅力がないのか?

Phoebe: No, you are not, you are very attractive. You know what, I go through the exact same thing. Every time I put on a little weight, I start questioning everything.
 そんなことないわよ。あなたは魅力的よ。ただ、私も経験あるけど、ちょっと体重が増えるとすべてに自信がなくなるのよね。

Chandler: Woah, woah, I've put on a little weight?
 おいおい。俺の体重が増えたっていうのか?

Phoebe: No, not weight... you know, more like insulation.
 いえ、体重というより・・・絶縁体というのかしら。

(脂肪は絶縁体)

Monica: Chandler, I'm unemployed and in dire need of a project. You wanna work out? I can remake you.
 チャンドラー、私失業中で、何かしたくてたまらないの。運動しましょうよ。手伝うわ。

Chandler: Oh, you know, I would, but that might get in the way of my lying around time.
 ああ、それはいいけど、ゴロゴロしてられなくなるだろ。

Monica: Please.
 お願い。

All: Come on. Let her. Yeah.
 いいじゃないか、そうしろよ。

Chandler: All right, Okay, all right. But if we put on spandex and my boobs are bigger than yours, I'm going home.
 わかったよ。いいよ。でもウェアを着て俺の方がおっぱいデカかったら帰るからな。

Phoebe: Your boobs are fine. look, I never should have said anything. Come here. Come here. Oh, can't make.... hands... meet....
 あなたのおっぱいは大丈夫よ。あんなこと言うんじゃなかったわ。来て、来て。(ハグ)あっ、手が・・届か・・ないっ・・。

《部屋の前:スポーツウェアのモニカとチャンドラー》

Chandler: Okay, let's do it. … What?
 よし、行こうか。(モニカがおかしそうに見る)なんだ?

Monica: Nothing, just never seen you in little stretchy pants before.
 別に。ただあなたのそんなパツンパツンのパンツ初めて見たから。

Chandler: And we're changing.
 着替える。(部屋に戻る)
(屋外を走る二人。チャンドラーはタクシーに逃げ込む)

《モニカ達の部屋:チャンドラーに腹筋運動をさせるモニカ》

Monica: All right, give me five more. Five more.
 よし、あと5回。あと5回!

Chandler: No.
 無理。

Monica: Five more and I'll flash you.
 あと5回やったらチラ見せするから。

Chandler: One. . . two. . . two and a half. Okay, just show me one of them.
 1・・2・・2回半。よし。片方見せて。

《セントラルパーク:レイチェル仕事中、カウチにチャンドラーとジョーイ》

Chandler: Ow, ow, ow, ow, ow, ow, ow. … Ow, ow, ow, ow, ow. …. She's insane, the woman is insane. It's before work, it's after work, it's during work. She's got me doing butt clenches at my desk. And now, they won't bring me my mail anymore.
 (コーヒーカップを持ちあげ)イタタタタタ・・・(おろそうとして)イタタタタ・・・(ジョーイがカップをおろしてやる)彼女は狂ってる。あの女はおかしい。仕事前、仕事の後、仕事中にもお尻の引き締め運動をさせられるんだ。今じゃメール便を届けてもらえなくなった。

(フィービーが来る)
Rachel: Hey Pheebs, how'd it go with Scott last night?
 あら、フィーブス、昨日はスコットとどうだった?

Phoebe: Oh, it was nice. Took him to a romantic restaurant, ordered champagne, nice.
 ああ、よかったわよ。ロマンティックなレストランに行って、シャンパンを飲んで・・よかったわ。

Joey: The guy still won't put out, huh?
 まだしないのか?

Phoebe: Nope. Zilch, nothing, uh-uh.
 なし。ゼロ。何も起きず。

All: Sorry Pheebs.
 残念、フィーブス。

Phoebe: Look, you know, I don't mind taking it slow, I like him a lot, you know he's really interesting and he's really sweet and why won't he give it up?
 ゆっくり進めるのはいいと思うのよ。彼のこと好きだしね。彼は本当におもしろい人で優しくて・・・なんでアキラメつかないのかしら?

Joey: Maybe he, uhh... drives his car on the other side of the road, if you know what I mean.
 もしかしたらそいつは・・・反対車線を走ってるとか? 意味わかるだろ?

Phoebe: No, what do you mean? He's not British.
 ううん。どういうこと? 彼はイギリス人じゃないわよ。

Joey: Maybe he's. . . gay.
 ゲイかもって。

Phoebe: Oohh, um, no, I don't think that's the problem. 'Cause we went, um, dancing the other night and the way he held me so close, and the way he was looking into my eyes I just like... definitely felt something.
 ああ、いいえ、それはない。だって、この前ダンスに行ったけど、私をしっかり抱いて、そして私を見るあの目・・・間違いなく何か感じるものがあったわ。

Rachel: Yeah, but how much can you tell from a look?
 そうね、でも目だけでそこまでわかる?

Phoebe: No, I felt it on my hip. You could tell.
 ううん。お尻で感じたから。わかる。

(モニカが来る)
Monica: Yo, Bing. Racquetball in 15 minutes.
 よう、ビング! あと15分でラケットボールよ。

Chandler: Joey, be a pal. Lift up my hand and smack her with it.
 ジョーイ、友達だろ。俺の手を持ち上げて彼女をひっぱたいてくれ。

Phoebe: Ooh, oh, Rachel, don't look.
 あっ! あっ! レイチェル、見ちゃダメ。

Rachel: What? … Come on you guys, I don't care, I have a date tonight.
 なに?(見ると店の前にロスとジュリー)いいのよ、みんな。もう気にしてないわ。私も今夜デートなのよ。

Joey: Woah, woah, woah, you have a date?
 おいおい、デートって?

Rachel: Yeah, Monica's setting me up.
 ええ。モニカがセッティングしてくれたの。

Joey: But uh, what about … Ross and uh. . .
 だけど・・どうなの、ロスと・・

Rachel: Oh what, my whole insane jealousy thing? Well, you know, as much fun as that was, I've decided to opt for sanity.
 え、なに? 狂ったジェラシーのこと? おもしろかったけど、もう正気に戻ることにしたの。

Chandler: So you really Okay about all this?
 じゃあ本当にもう大丈夫なのか?

Rachel: Oh yeah, come on, I'm moving on. He can press her up against that window as much as he wants. For all I care, he can throw her through the damn thing.
 ええそうよ。だって、前に進まなくちゃね。好きなだけ彼女を窓に押し付けてくれたらいいわよ。窓ぶち破ってしまえばいいのにね。

(ロスとジュリー入ってくる)
Ross: Hi guys.
 やぁ、みんな。

All: Hey.
 ハーイ。

Ross: Oh, Monica, I figured I'd come by tomorrow morning and pick up Fluffy's old cat toy, Okay?
 あ、モニカ。あしたの朝、フラッフィーのネコ用おもちゃ取りにいくけどいい?

Monica: Only if you say his full name.
 もしあの子のフルネームが言えたらね。

Ross: Can I come over tomorrow and pick up Fluffy Meowington's cat toy.
 あした、フラッフィー・ミャウントンのネコ用おもちゃ取りに行っていい?

Monica: All right.
 いいわよ。

Joey: You're getting a cat?
 ネコ飼うのか?

Ross: Uh, actually, we're getting a cat.
 うん。そう。ネコ飼うんだ。

Rachel: Together?
 一緒に?

Ross: Uh huh.
 そう。

Rachel: Both of you?
 あなた達二人で?

Ross: Yep.
 そう。

Rachel: Together.
 一緒に。

Julie: Yeah, we figure it'll live with Ross half the time, and with me half the time.
 ええ。ロスと私とで半分ずつ面倒を見ようって。

Rachel: Ohh, well, isn't that just lovely. That's something the two of you will be able to enjoy for a really, really, really, really, really long time.
 まぁぁ。なんてかわいらしいの。二人でずっとずっとずーっと長く長く楽しめるわね。

Ross: Hopefully.
 そうなるといいね。

Rachel: Well. Woah, look at that! I gotta go, I gotta date. With a man. Um, Okay, you guys have a really, uh, have a really good night and you two have a, uh, have a, uh, really good cat. … Okay, we're not supposed to take these when we leave.
 わっ!こんな時間だわ。行かなくちゃ。私デートなのよね。男とね。じゃ、いいわ、あなた達、楽しんでね。それから、あなた達二人はえーっと・・えー、いいネコをね。(トレーを持ったまま出て行って戻ってくる)これ持って帰っちゃダメだわよね。

《レイチェルがデート中のレストラン》

Michael: I don't know if Monica told you but this is the first date I've gone on since my divorce so, if I seem a little nervous, I am.
 モニカから聞いてるかどうかわからないけど、離婚して以来初めてのデートなんだ。緊張してるように見えるかもしれないけど、緊張してるんだ。

Rachel: How long do cats live?
 ネコってどれくらい生きるの?

Michael: I'm sorry?
 ・・なんだって?

Rachel: Cats, how long do they live figuring you don't... you know, throw them under a bus or something?
 ネコよ。もしバスの前に投げ出すとかしなかったら、どれくらい生きるのかしら?

Michael: Um, maybe 15, 16 years.
 ああ・・15年とか16年かな。

Rachel: That's just great.
 それは素晴らしいわね。(シャンパンを飲む)

Michael: Um, cheers.
 あ、乾杯!

Rachel: Oh, right, clink.
 ああ、そうね。「カチン」。

Michael: Monica told you I was cuter that this, didn't she?
 モニカからもっといい男だって聞いてた?

Rachel: Oh, no, Michael, it's not you. I'm sorry, it's just, it's this thing. It's probably not as bad as it sounds but this friend of mine is, is getting a cat with his girlfriend.
 あ、違うのよ、マイケル。あなたのせいじゃないの。ごめんなさい。ちょっとあって。そんなひどい話に聞こえないかもしれないけど、友達が、ガールフレンドと一緒にネコを飼うっていうのよ。

Michael: Oh, that does sound. . .Ahh.
 ああ、それはまた・・・ああ。

Rachel: I mean he just started going out with her.
 だって彼デートし始めたばかりなのよ。

Michael: Is this guy, uhh, an old boyfriend?
 その人は・・昔のボーイフレンド?

Rachel: Ah, hah-hah-hah-ho, yeah, he wishes. Oh, I'm sorry, look at me. Okay, Michael, let's talk about you.
 ああ、ハハハハーッ。彼の希望はね。ああ、ごめんなさい、私ったら。いいわ。マイケル、あなたの話をしましょうよ。

Michael: All right.
 いいよ。

Rachel: Okay, Okay. So, did you ever get a pet with a girlfriend?
 そうね、そう。・・・ガールフレンドとペット飼ったことある?

《セントラルパーク:フィービーとジョーイ》

Phoebe: So, I figured it out.
 ね、私見当をつけた。

Joey: What?
 何を?

Phoebe: Why Scott doesn't want to sleep with me. It's because I'm not sexy enough.
 なんでスコットが私と寝ないか。私がセクシーじゃないからよ。

Joey: Phoebe, that's crazy. When I first met you, you know what I said to Chandler? I said, "Excellent butt, great rack."
 フィーブス、そんなバカな。君を初めて見たとき、俺がチャンドラーに何て言ったか知ってる? 「上出来のケツに立派なおっぱい」って言ったんだ。

Phoebe: Really? That's so sweet. I mean, I'm officially offended but that's so sweet.
 ほんと? 優しいのね。公式には失敬だけど、でも優しいのね。

Joey: Pheebs, look, if you want to know what the deal is, you're just gonna have to ask him.
 フィーブス、もし知りたいんだったら、本人に聞くのが一番だぞ。

Phoebe: You're right, you're right. Ah, you are so yum. (they hug)
 そうね。そうだわ。もうあなたって本当にいい男ね(ハグ)

(窓の外では、なまけたがるチャンドラーを強引に運動させようとするモニカ、そうこうするうちにチャンドラーを転ばせてしまって逃げるモニカ。)

《レイチェル達のレストラン》

Rachel: I mean, it's a cat, you know, it's a cat. Why can't they get one of those bugs, you know, one of those fruit flies, those things that live for like a day or something? What're they called, what're they called, what're they called?
 だって、ネコよ、ネコ。なんで虫とかじゃないの? あのハエとか。1日しか生きないんでしょ? 何ていうんだっけ、何ていうの?

Michael: Fruit flies?
 ハエ?

Rachel: Yes! Thank you.
 それよ! ありがと。

Waiter: So, would you like any dessert?
 デザートはいかがですか?

Michael: No! No dessert, just a check, please.
 いや、結構だよ。チェック頼むよ。

Rachel: Oh, you're not having fun, are you?
 ああ、あなた楽しくないのね。

Michael: No, no, I am, but only because for the last hour and a half I've been playing the movie Diner in my head.
 いやいや。楽しんでるよ。ただ、この1時間半、頭の中で映画の『ダイナー』やっててね。

(「ダイナー」・・若者のたわいのない話が続く)

Rachel: Oh, Look at me, Look at me. Oh, I'm on a date with a really great guy, all I can think about is Ross and his cat and his... Julie. I just want to get over him. gosh, why can't I do that?
 ああ、もう私ったら。こんな素敵な男性とデートしてるっていうのに、考えることったらロスのことと、ネコのことと・・ジュリー。もう吹っ切りたいのに。ああ、なんでできないの?

Michael: Oy. Look, I've been through a divorce, trust me you're gonna be fine. You just can't see it now because you haven't had any closure.
 ああ・・。いいかい、僕も離婚を経験してきたからわかるけど、大丈夫だから。ただ、今はそう思えないかもしれないけど、それはけじめをつけてないからだよ。

(Oy = 特にフラストレーションを象徴する感嘆)

Rachel: Yeah! Closure. That's what it is, that's what I need. God, you're brilliant! Why didn't I think of that? How do I get that?
 ああ! けじめ! それよ! それが私には必要なのよ。ああ、あなた賢いわね! なんで私それを考えなかったのかしら? それ、どうやったらいいの?

Michael: Well, you know, there's no one way really, it's just, you know, whatever it takes so that you can finally say to him, "I'm over you."
 いや、これという決まった方法があるわけじゃないけど、ただ、なんとかして、彼に『もう忘れた』とか言えば・・。

Rachel: Over you. That's what it is. Closure. … Hello, excuse me. Excuse me, hel−woo!
 『忘れた』それよ。けじめね。(周りを見回して、携帯を持ってる男性に声をかける)ちょっと、もしもし? 失礼、ねぇ(イスから落ちそうになる)わう!

Guy: Hang on.
 (電話中)ちょっと待って。

Rachel: Hello, excuse me.
 ねぇ、ちょっと失礼。

Guy: What.
 なに?

Rachel: Hi, I'm sorry, I need to borrow your phone for just one minute.
 どうも。ごめんなさいね。1分でいいから、電話貸してほしいの。

Guy: I'm talking!
 今話し中だよ!

Rachel: I can see that. I−just one phone call, I'll be very quick, I'll even pay for it myself. … Okay, you're being a little weird about your phone.
 わかってるわ。私一回だけ電話かけたいの。すぐ済むわ。お金払うし。(まだ貸してくれないので)ちょっとあなた、電話に取りつかれてるの?

Guy: All right, fine. … I'll call you back.
 いいよ、わかったよ。(電話の相手に)かけ直すよ。

Rachel: Thank you. Okay. Machine. Just waiting for the beep.
 ありがと。よぅし。(電話をかけ、マイケルに)留守電よ…ビープ音待ってるの。

Michael: Good.
 よかったね。

Rachel: Ross, hi, it's Rachel. I'm just calling to say that um, everything's fine and I'm really happy for you and your cat who, by the way, I think you should name Michael. And, you know, you see there I'm thinking of names so obviously, I am over you. I am over you and that, my friend, is what they call closure. (hangs up and tosses phone in the ice bucket)
 (電話で)ロス、ハーイ、レイチェルよ。何もかも順調だって言おうと思って電話かけたの。それに、あなたと、それからネコのことも、よかったわね。そうそう、ネコの名前はマイケルにするといいわよ。こうしてネコの名前を考えてるくらいだから、わかると思うけど、私、あなたのこと忘れたから。あなたのことなんて忘れた。これが、けじめっていうのよ(電話を切り、アイスバケツに投げ捨てる)

《チャンドラー達の部屋:ノックに応えるチャドラー》

Chandler: No, no, no, no, no, no. No. Monica, it's Sunday morning. I'm not running on a Sunday.
 ノーノーノーノー! (ドアを開けるとモニカ)ノー! モニカ、日曜の朝だ。日曜は走らない。

Monica: Why not?
 なんでよ?

Chandler: Because it's Sunday. It's God's day.
 日曜だからだ。安息日だ。

Monica: Okay, if you say stop, then we stop.
 いいわ。あなたがやめるって言うなら、やめるわ。

Chandler: Okay, stop.
 よし、やめる。

Monica: No, come on, we can't stop, come on, we've got three more pounds to go. I am the energy train and you are on board. Woo-woo, woo-woo, woo-woo …… Woo.
 何をいうの、ダメよ。やめちゃダメ。あと3ポンド減らすのよ。私はあなたを引っぱっていく機関車よ。ウォウォー! ウォウォー! ウォウォー! (チャンドラーは出て行く)ウォー…

《翌朝。モニカ達の部屋:レイチェル一人》

Ross: Hey Rach.
 (入ってきて)やぁ、レイチ。

Rachel: Ahhhh.
 あー・・・。

Ross: Oh. And how was the date?
 ああ、デートどうだった?

Rachel: Umm, I think there was a restaurant... I know there was wine. . .
 うーん。レストランがあったように思う。ワインは確かにあった。

Ross: Wow, well uh, uh, actually, Julie's downstairs getting a cab, I just need the cat toy, did Monica say. . . What? Why, why are you looking at me like that?
 ワオ。そうか。実はジュリーが今、下でタクシー拾っていて、僕はネコのおもちゃ取りにきたんだけど、モニカ何か言って・・・(レイチェルがじっと見るので)どうした? なんでそんなふうに僕を見る?

Rachel: I don't know, I feel like I had a dream about you last night but I, I don't remember.
 何かしら・・あなたの夢を見たような気がするんだけど、思い出せないの。

Ross: Okay. Oh, oh, oh.
 そうか。あっ。(おもちゃを見つけて取ってくる)

Rachel: Did we speak on the phone last night? Did you call me?
 私達、昨日電話で話した? 電話くれた?

Ross: No, I stayed at Julie's last night.
 いいや。僕ジュリーのところに泊まったんだ。

Rachel: Huh.
 あっそう。

Ross: Oh, actually I haven't even been home yet. Do you mind if I check my messages?
 ああ、実はまだ家に帰ってないんだ。留守電チェックしていい?

Rachel: Oh yeah, go ahead.
 ええ、いいわよ、どうぞ。(自室へ行く)

Ross: Rach, I got a message from you. … Who's Michael?
 レイチ! 君からのメッセージが入ってるよ。・・・マイケルって?

(自室から出てくるレイチェル。突然すべて思い出した)
Rachel: Oh my God. Oh my God Ross, no, hang up the phone, give me the phone Ross, give me the phone, give me the phone, give me the. . .
 ああ大変、ああ大変、ロス、電話切って、電話ちょうだい、ロス! 電話ちょうだい、電話ちょうだい!(ロスの背中におんぶしてしまい、電話を取る)

Ross: You're over me?
 君、僕を忘れた?

Rachel: Oh, God.
 ああ・・もう・・。

Ross: Wha... you're uh, you're, you're over me?
 な・・君・・君が僕を忘れる?

Rachel: Ohh, ohh.
 ああ・・ああ・・

Ross: When, when were you... under me? Rach. Rachel do you, I mean, were you, uh. . . What?
 いつ・・いつまで覚えてた? レイチ。レイチェル。君、君は・・・。え?

Rachel: Ohh, Okay, Okay, Okay, well, basically, lately, I've uh, I've uh, sort of had feelings for you.
 ああ・・わかった。いいわ。実は、最近、私は、その、私は・・なんていうかあなたのこと思ってたの。

Ross: You've had feelings for me?
 君が僕を思ってた?

Rachel: Yeah, what, so? You had feelings for me first.
 ええ。それがどうかした? あなたが先に私を思ってたんじゃない。

Ross: Woah. Huh. You know about my, I mean, you know I had... you know?
 うぁ? 僕のこと君・・君知ってて・・知ってた?

Rachel: Chandler told me.
 チャンドラーから聞いたの。

Ross: Chandler. When did he... when did he... when did he?
 チャンドラー。いつこと? いつ彼が? いつ?

Rachel: When you were in China.
 あなたが中国に行ってた時。

Ross: China.
 中国。

Rachel: Meeting Julie.
 ジュリーに会ってて。

Ross: Julie. Julie. That. Oh God. Julie, right. Okay, I need to lie down. No, you know, I'm gonna stand. I'm gonna stand, I'm gonna walk, I'm walking and I am standing. Okay so you uh, and now wha... and now, now, now you're over me?
 ジュリー。ジュリー。ああ、ジュリー、そうだ。そうだった。横になりたい。いや、立ってる。僕は立ってる。僕は歩く。歩いてて、そして立ってる。それで、君は・・君は今は・・もう僕を忘れた?

Rachel: Are you over me?
 あなたはもう私を忘れた?

(沈黙の後、ブザーが鳴る)
Ross: That's, that's Julie. Ju... Julie, Julie. … Hi Julie.
 あれは・・あれはジュリー。そう、ジュリー。(インターホン)ハーイ、ジュリー。

Julie: Hi honey, I've got a cab waiting.
 (インターホン)ハーイ、ねぇ、タクシー待ってるわよ。

Ross: I'll be right down.
 すぐに行くよ。

Rachel: Wait, so, you're going?
 待って。行くの?

Ross: Well, Okay, I uh, I have to. I can't deal with this right now. I mean, I've uh, you know, I've got a cab, I've got a girlfriend, I'm... I'm gonna go get a cat.
 ああ。そうだ。僕行かなきゃ。今話してられない。だって、ほら、ネコ飼わなきゃ。ガールフレンドがいるんだ。ネコ飼うんだ。

Rachel: Okay, Okay.
 わかった、わかったわ。

Ross: Cat.
 ネコ。(出て行く)

《チャンドラー達の部屋:ジョーイ一人》

Phoebe: Hey Joey.
 (入ってくる)ハーイ、ジョーイ。

Joey: Hey Pheebs.
 やぁ、フィーブス。

Phoebe: How come you're watching a rabbi play electric guitar?
 なんでラビのギター演奏なんて見てるの?

Joey: I can't find the remote. … Thank you.
 リモコンが見つからないんだ。(フィービーがTVを切る)ありがと。

Phoebe: So, Scott asked me to come over for lunch today and I did.
 スコットがランチにこいっていうから、行ってきた!

Joey: And?
 それで?

Phoebe: And we did.
 してきた!

Joey: All right Pheebs, way to go.
 よかったじゃん、フィーブス、やったな!

Phoebe: Yay me.
 やったねあたし!

Joey: So, so how did it happen?
 それで? どうしてそうなった?

Phoebe: Well, I finally took your advice and asked him what was going on.
 ええ、あなたのアドバイスに従って、彼に聞いてみたの。

Joey: And what did he say?
 そしたら何て?

Phoebe: He said that, um, he understands how sex can be like, a very emotional thing for a woman and he was just afraid that I was gonna get all, you know, like, 'oh, is he gonna call me the next day' and, you know, 'where is this going' and, you know, blah-la-la-la-la. So he said he wanted to hold off until he was prepared to be really serious.
 彼が言うにはね、女性にとってセックスって感情的なもので、その後、ほら、彼は明日電話してくるかしら・・とか、二人の関係はこれから・・とか、そういう感じになっていくのを心配していたんですって。だから、そういう真剣な覚悟ができるまでは、我慢していたんですって。

Joey: Wow.
 ワオ。

Phoebe: Yeah, so I said, "Okay, relax please," you know, I mean, sex can be just about two people right there in the moment, you know, it's, if he wants to see me again he can call and if not, that's fine too. So after a looooot of talking. . . I convinced him.
 でしょ。それで言ったの。『わかった、リラクスして』って。ね、セックスって、二人のその瞬間が大事なんだって、もしこの後、また会いたければ電話したらいいし、そうじゃなきゃそれでもかまわないって話したの。すごーく長い時間かけて説得したってわけ。

Joey: Let me get this straight. He got you to beg to sleep with him, he got you to say he never has to call you again, and he got you thinking this was a great idea.
 話を整理させてくれ。彼は君に、寝ようと頼ませた。彼は君に、また電話をかけなくてもいいと言った、そして彼は君に、それが素晴らしい考えだと思わせた。

Phoebe: Um-hum.
 うん。

Joey: This man is my God.
 彼は神だ!

《セントラルパーク閉店:レイチェル一人のところにロスが来る》

Rachel: Hi.
 ハーイ。

Ross: I didn't get a cat.
 ネコは買わなかった。

Rachel: Oh, that's um, interesting.
 あら、それは・・・おもしろい・・。

Ross: No, no it's not interesting. Okay, it's very, very not interesting. It's actually 100 percent completely opposite of interesting.
 いや。おもしろくなんかない。もう全然おもしろなんかない。100%反対だ。

Rachel: All right, I got it Ross.
 わかった、わかったわよ、ロス。

Ross: You had no right to tell me you ever had feelings for me.
 君が僕を思ってるなんて、そんなこと言う権利はないんだ。

Rachel: What?
 何ですって?

Ross: I was doing great with Julie before I found out about you.
 僕はジュリーと楽しくやってたんだ、君の気持ちを聞くまでは。

Rachel: Hey, I was doing great before I found out about you. You think it's easy for me to see you with Julie?
 ちょっと。私だって、あなたの気持ちを知るまでは楽しくやってたわよ。あなたとジュリーの二人を見ても平気だったと思うの?

Ross: Then you should have said something before I met her.
 じゃあ彼女と出会う前に言ってくれたらよかったじゃないか。

Rachel: I didn't know then. And how come you never said anything to me.
 知らなかったんだもの。あなたこそ、なんで何も言ってくれなかったのよ。

Ross: There was never a good time.
 チャンスがなかったんだ。

Rachel: Right, you only had a year. We only hung out every night.
 あらそう。1年しかなかったし、毎晩会ってたけどね。

Ross: Not, not, not every night. You know, and... and it's not like I didn't try, Rachel, but things got in the way, you know? Like, like Italian guys or ex-fiances or, or, or Italian guys.
 それは・・毎晩じゃなかったよ。それに・・打ち明けようとしなかったわけじゃない。でもいつも邪魔が入ったんだ。ほら、イタリア男とか、元婚約者とか、それに、イタリア男とか・・。

Rachel: Hey, there was one Italian guy, Okay, and do you even have a point?
 ちょっと、イタリア男は一人だけよ。だから何だっていうの?

Ross: The point is I... I don't need this right now, Okay. It, it's too late, I'm with somebody else, I'm happy. This ship has sailed.
 言いたいのは・・・こんな話、今は困るってことだよ。いいかい、遅かったんだよ。もう他の人がいる。幸せなんだ。もう船は出航したんだ。

Rachel: What're you saying, you just sort of put away feelings or whatever the hell it was you felt for me?
 あなたの私への思いだか何だかしらないけど、それを隅へ押しやっていくって言うの?

Ross: Hey, I've been doing it since the ninth grade, I've gotten pretty damn good at it.
 ああ、もう9年生の時からそうしてるからね、すごい得意なんだよ!

Rachel: All right, fine, you go ahead and you do that, all right Ross.
 いいわよ。わかったわ。そうしてたらいいわよ。わかったわ、ロス。

Ross: Fine.
 いいさ!

Rachel: I don't need your stupid ship.
 あなたのバカ船なんて知るもんですか!

Ross: Good.
 いいよ!

Rachel: Good. … And you know what, now I've got closure.
 いいわよ!(ロスは出て行く) これでけじめついたわよ!

(ドアを閉めて鍵をかう。カウチに座って落ち着いてから立ち上がると、ドアの前にロスがいる。鍵を外してドアをあけようとするが、あかない)
Ross: Try the bottom one.
 一番下の鍵を見てみて。

(下の鍵を外すとドアが開き、二人キス)

《チャンドラーの部屋:モニカが来る》

Chandler: Monica, it's 6:30 in the morning. We're not working out, it's over.
 モニカ、朝6時半だ。もう運動はしない。終わりだ。

Monica: No way, with one pound to go, come on. We're working, we're moving, we're in the zone we're grooving.
 冗談でしょ。あと1ポンドよ。ほら! 運動するのよ。動くのよ、いまや絶好調よ♪

Chandler: Okay, I don't, I don't mind the last pound. Okay, in fact I kind of like the last pound. Okay, so don't make me do anything that I'll regret.
 いいか、もう最後の1ポンドは気にしない。逆にこの最後の1ポンドが愛しい。いいか? だから、後悔するようなことさせないでくれ。

Monica: Ooh, what you gonna do, fat boy, huh? . . . What?
 なによー。何をする気なの、太っちょさん、ええ? (見つめられて)・・・なに?

Chandler: Nothing, except tell you, uh, I think it's wonderful how much energy you have.
 いや別に・・ただ、君のそのエネルギーには驚かされるなと思って。

Monica: Well, thanks.
 まぁね・・ありがと。

Chandler: I mean, especially considering how tough it's been for you to find work.
 特に、仕事さがしで苦労していることを思うとね。

Monica: Well, you know.
 それはまぁ。

Chandler: You know, I mean, you can't tell your parents you were fired because they'd be disappointed.
 だって、君、ご両親に話せないだろ? だって話せば、失望させてしまうもんな?

Monica: Uh-huh.
 うん・・。

Chandler: And it's not as if you have a boyfriend's shoulder to cry on.
 それに、泣きつく彼がいるわけでもないしな。

Monica: Well no, but um.
 え、うん。そうだけど・・

Chandler: I mean, if it were me, I think I'd have difficulty just getting out of bed at all.
 もしこれが俺なら、ただベッドから出るだけでも大変だと思うよ・・。

Monica: You know, I try to stay positive. . .
 だって・・前向きでいようって・・。

Chandler: So, you feel like going for a run?
 それで、走りたい気分?

Monica: All right.
 まぁね。

Chandler: Because, you know, you don't have to. If you want, you could just take a nap right here.
 だってね、そうしなくてもいいんだよ。もしよかったら、ここでちょっと眠るかい?

Monica: Okay. Just for a little while.
 そうね。ちょっとだけ・・。

Chandler: Okay.
 よーし。(ブランケットをかけてあげて、踊りながら部屋に戻ってベッドにダイブ)


にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村


英語 ブログランキングへ




posted by らんち at 14:19| Comment(0) | Season2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。