2013年06月09日

2-6 The One With the Baby on the Bus

2-6 ベイビー・オン・ザ・バスの話

 ☆忘れ物にご用心☆

《モニカ達の部屋》

Monica: Who the winny-Binny boy? You the Winny-winny-Binny-binny boy, yes. … Don't cry. Don't cry. Why is he still crying?
 ちっちゃいベンちゃんはどこでちゅか? あなたがちっちゃいちっちゃいベンちゃんね。(ベンが泣き出す)泣かないで。(ロスに)なんで泣いてるの?

Ross: Let me hold him for a sec. Here we go. …Huh? There we are.
 ちょっと僕に抱かせて。ほら。(泣き止む)ね? はーい大丈夫。

Monica: Maybe it's me.
 私のせいかしら。

Ross: Don't be silly. Ben loves you. He's just being Mr. Crankypants.
 バカ言うなよ。ベンはおまえが好きだよ。ただ今は気難し屋さんなだけだよ。

Chandler: You know, I once dated a Miss Crankypants. Lovely girl, kind of moody.
 なぁ、気難し屋さんとデートしたことあるぞ。可愛いんだけど、気まぐれでね。

Ross: There we go. All better. (gives Ben back to Monica)
 ほら。もう大丈夫(ベンをモニカに)

Monica: There's my little boy. (Ben starts crying again)
 ハーイ。私のちっちゃい子。(ベンが泣き出す)

Chandler: Can I see something?
 ちょっと見てみていい?(ベンをモニカに近づけると泣く、離すと泣き止む)

Joey: Cool.
 すごいな。

Monica: He hates me. My nephew hates me.
 嫌われちゃったわ。私の甥に嫌われた。

Ross: Come on, don't do this.
 そんなこと言うなって。

Monica: What if my own baby hates me? Huh? What am I gonna do then?
 もし私の子供が嫌ったらどうしよう? ねぇ? どうしたらいいの?

Chandler: Monica, will you stop? This is nuts. Do you know how long it's gonna be before you actually have to deal with this problem? I mean, you don't even have a boyfriend yet. … Joey, she does not look fat.
 モニカ、やめろって。バカげてるよ。本当にそれが問題になるまでまでまだだいぶあるぞ。第一まだボーイフレンドもいないんだぞ。(モニカに睨まれてジョーイに)ジョーイ、彼女太ってないよな。

《時間経過》

Monica: Here you go.
 (チャンドラーに飲み物を出して)はいどうぞ。

Chandler: Oh hey Mon.
 おい、モン。(バスケットボールをモニカの前に差し出す)

Joey: Waah!! …Goo, goo, goo…. Waaah!
 (ベンをマネて)ギャー!(チャンドラーがボールを離す)だぁだぁだぁ。(再び近づける)ギャー!

Monica: That is so funny. Let me see that a sec.
 おもしろいこと。ちょっと見せて(バスケットボールを窓の外へ投げる)

(ロスがのどが詰まったような音を立てる)

Joey: Are you ok, Ross?
 大丈夫か、ロス?

Ross: I don't know. What's in this pie?
 わからない。パイの中身なに?

Monica: I don't know, butter, eggs, flour, lime, kiwi...
 なんだっけ、バター、卵、小麦粉、ライム、キウイ・・。

Ross: Kiwi? Kiwi? You said it was a key lime pie.
 キウイ? キウイ? キーライムパイって言ったじゃないか。

Monica: No I didn't, I said kiwi lime. That's what makes it so special.
 違うわよ。キウイライムって言ったの。そこがこれのスペシャルなとこなの。

Ross: And that's what's gonna kill me. I'm allergic to kiwi.
 それダメだよ。僕キウイアレルギーだぞ。

Monica: No you're not. You're, you're allergic to lobster and peanuts and...
 違うわよ。アレルギーなのは、ロブスターとピーナツと・・

Ross: Ugh.
 ガー。

Monica: Oh my god.
 あぁ大変。

Ross: Ugh. It's definitely getting worse.
 ガー。どんどんひどくなってくる。

Monica: Is your tongue swelling up?
 舌が腫れてきた?

Ross: Either that or my mouth is getting smaller.
 そうじゃなきゃ口が小さくなってきた。

Monica: All right, get your coat, we're going to the hospital.
 もうダメ、コートを取って。病院へ行くわ。

Joey: Is he gonna be ok?
 大丈夫なのか?

Monica: Yeah, he's just gotta get a shot.
 ええ、注射を打てばいいのよ。

Ross: You know, you know, actually it's getting better. It is. It is. Let's not go. Anyone up for Scrabble?
 なぁ、よくなってきたよ。ほんとほんと。行かなくていいよ。誰かスクラブルする?

Monica: Jacket now.
 ジャケット!

Ross: What about Ben? We can't bring a baby to the hospital.
 ベンは? 赤ちゃんを病院へは連れて行けないよ。

Joey: We'll watch him.
 俺たちが見てるよ。

Ross: I don't think so.
 それはない。

Joey: What? I have seven Catholic sisters. I've taken care of hundreds of kids. Come on, we wanna do it, don't we?
 なんで? 俺にはカソリックの妹が7人いるんだぞ。子供達の世話もたくさんしてきた。なぁ、俺たちでできるよ、な?

Chandler: Well, I was looking forward to playing basketball, but I guess that's out the window.
 ああ、バスケットするつもりだったけど、窓の外だしな。

Ross: Ok, well, if you do take him out for his walk, you might wanna bring his hat, and there's extra milk in the fridge, and there's extra diapers in the bag.
 よし、じゃあ、もし連れ出すなら、帽子を持ってって、それからミルクは冷蔵庫だし、おむつはバッグに入ってる。

Joey: Hat, milk... got it.
 帽子、ミルク・・わかった。

Ross: ??? Thro up a thro thro−a thro thro!
 (うまく発音できてない)・・・・。

Joey: Consider it done.
 まかせろ!

Chandler: You understood that?
 わかったのか?

Joey: Yeah, my uncle Sal has a really big tongue.
 ああ。サルおじさんも舌がデカかったから。

Chandler: Is he the one with the beautiful wife?
 それってあの美人の奥さんのいる人?

《セントラルパーク:フィービーとレイチェル》

Phoebe: Hey Rach, wanna hear the new song I'm thinking of singing this afternoon? I wrote it this morning in the shower.
 ねぇ、レイチ、今日の午後歌う予定の新曲聞く? 今朝シャワーの時に作ったの。

Rachel: Ok.
 ええ。

Phoebe: I'm in the shower and I'm writing a song. Stop me if you've heard it. My skin is soapy, and my hair is wet, and Tegrin spelled backward is Nirget.
 (歌)シャワーを浴びながら歌を作るよ
 もし聞いたことがあったらとめてね
 肌は泡あわ髪はびしょ濡れ
 Tegrin (シャンプー名)を逆さに読むとNirget♪



Terry: Rachel, sweetheart, could I see you for a minute?
 レイチェル、いいかい、ちょっと来てくれる?

Rachel: What's up?
 なぁに?

Terry: F.Y.I.. I've decided to pay a professional musician to play in here on Sunday afternoons. Her name is Stephanie... something. She's supposed to be very good.
 お知らせしておくけど、日曜日の午後はプロのミュージシャンに出演料を払って演奏してもらうことにしたよ。ステファニーなんとかって人だ。うまいらしい。

(F.Y.I = for your information
 お知らせまでに。参考までに)


Rachel: But what about Phoebe?
 でもフィービーはどうなるの?

Terry: Rachel, it's not that your friend is bad, it's that she's so bad, she makes me want to put my finger through my eye into my brain and swirl it around.
 レイチェル、君の友人がヘタだって言ってるんじゃないんだ。彼女ひどすぎて、私は指を目につっこんで脳みそかき回したくなるくらいなんだ。

Rachel: Ok, ok, so you're not a fan, but I mean, come on, you cannot do this to her.
 わかったわかったわよ、ファンじゃないわけね。だけど、そんなこと彼女に言えるの?

Terry: Uh...
 あー・・(レイチェルを指す)

Rachel: Oh, no no no no. Oh no no no no. I have to do this to her?
 いえいえいえいえ! ダメよダメダメ。私から言えっていうの?

Phoebe: Lather, rinse, repeat, and lather, rinse, repeat, and lather, rinse, repeat...as needed.
 泡立ててすすいで繰り返し、泡立ててすすいで繰り返し、泡立ててすすいで繰り返し・・必要なだけ♪

《通り:チャンドラーとジョーイがベンと散歩》

Chandler: You know, I don't think we brought enough stuff. Did you forget to pack the baby's anvil?
 おい、これだけ持てば十分なのか? ベビーの金床忘れてない?

anvil.jpg
(anvil = 金床。
 荷物があまりにも重いので、とても重い金床を引き合いにして、
 まだ足りないのではと嫌味を言っている)


Joey: I'm telling you. It's gonna be worth it. It's a known fact that women love babies, all right? Women love guys who love babies. It's that whole sensitive thing. Quick, aim him at that pack of babes over there. Maybe one of them will break away. No, no wait, forget them, we got one, hard left. All right, give me the baby.
 間違いないって。この手は効く。女の子は赤ちゃんが好きだろ? 赤ちゃんを好きな男も好きなんだ。優しいと思われるんだ。早く、あそこの女の子達に彼を見せろ。グループが分かれるかもしれないし。あっ、ちょっと待て。あの子たちはいい、こっちにいるぞ。左だ。よし、ベンをよこせ。

Chandler: No, I got him.
 ダメ。俺のだ。

Joey: Come on, seriously.
 いいから。マジで。

Chandler: Oh, seriously you want him?
 ああ、本気で彼が欲しいの?

Woman: Hello.
 こんにちは。

Chandler and Joey: Hello.
 こんにちは。

Woman: And who is this little cutie pie?
 このかわいい子はだぁれ?

Chandler: Well, don't, don't think me immodest, but, me?
 厚かましいとは思われたくないけど、僕のこと?

Joey: You wanna smell him?
 匂いかぐ?

Woman: I assume we're talking about the baby now.
 ベビーのことよね?

Joey: Oh, yeah. He's got that great baby smell. Get a whiff of his head.
 ああ、もちろん。ベビーのいい匂いだよ。頭をかいでみて。

Woman: I think my uterus just skipped a beat.
 (ベンの頭の匂いをかいで)子宮がときめいたわ!

Joey: What'd I tell you? What'd I tell you?
 (チャンドラーに)言っただろ? 言っただろ?

Woman: I think it's great you guys are doing this.
 あなた達、こんなことするなんて素晴らしいわね。

Chandler: Well, we are great guys.
 ああ、僕ら素晴らしいんだ。

Woman: You know, my brother and his boyfriend have been trying to adopt for three years. What agency did you two go through?
 ね、私の兄とボーイフレンドはもう3年も養子を捜してるのよ。どこのエージェンシーを通したの?

《セントラルパーク》

Phoebe: But, but this is my gig. This is where I play. My, my name is written out there in chalk. You know, you can't just erase chalk.
 だけど、これは私の演奏の場なのよ。看板にも私の名前がチョークで書いてあるじゃない。チョークを消して終わり?

Rachel: Honey, I'm sorry.
 フィービー。残念だわ。

Phoebe: And he's going to be paying this woman? Why doesn't he just give her like a throne, and a crown, and like a, you know, gold stick with a ball on top.
 それで彼はその女にはお金を払うの? だったら王座と王冠でも与えたらいいじゃん。それに金の杖にボールでもつけてさ。

Rachel: Terry is a jerk, ok? That's why we're always saying "Terry's a jerk!" That's where that came from.
 テリーはいやな奴なのよ。いつも言ってるでしょ、「テリーっていやな奴!」って。この話はそこから来てるんだもの。

Phoebe: Yeah, ok. You probably did everything you could.
 ええ、わかったわ。あなたはできるだけのことをしてくれたのよね。

Rachel: Ok, you know what, let me just see what else I can do. … All right, look, look. Why don't you just let her go on after Stephanie whatever-her-name-is. I mean, you won't even be here. You don't pay her. It's not gonna cost you anything.
 ちょっと待って。何かできないか試してみるわ。(テリーのところへ行く)いいわ、ちょっと聞いて。ステファニーなんだか知らないけど、その後彼女に歌わせてあげてくれない? あなたはここにいないんだし。お金も払わないんだからいいじゃない?

Terry: I.. I don't know.
 それはどうかな。

Rachel: Come on, Terry, I'll even clean the cappuccino machine.
 いいじゃない。テリー、カプチーノマシンを掃除するわ。

Terry: You don't clean the cappuccino machine?
 君、カプチーノマシン掃除してないの?

Rachel: Of course I clean it. I mean, I,I will cleeeean it. I mean, I will cleeeean it.
 もちろんしてるわよ。つまり、すごくきれいにするっていうことよ、すごーーーくきれいにする。

Terry: Oh, all right, fine, fine, fine.
 ああもう…わかったよ。いいよ、いいよ。

Rachel: Done.
 (フィービーのところに戻って)話ついた。

Phoebe: Really?
 ほんと?

Rachel: Yeah. Who's working for you babe?
 ええ。あなたのためだもの。

Phoebe: Oh! Oh my god. This is so exciting. How much am I gonna get?
 ああ、うれしい。いくらもらえるの?

Rachel: What?
 え?

Phoebe: Well you said that he's paying the people who are playing.
 だって、彼、演奏する人にお金払うんでしょ?

Rachel: Oh, no, no no. I meant that he's gonna be paying that other woman because she's a professional.
 あ、いえ違うわ。彼はそのプロの女の人にお金を払うのよ。

Phoebe: Well, I'm not gonna be the only one who's not getting paid.
 あら。私だけお金払ってもらえないなんて、それはないわ。

Rachel: Well, but Pheebs...
 だけどフィーブス・・。

Phoebe: No, huh uh, I'm sorry, no. No, I'm not some like sloppy second, charity band. You know what, there are thousands of places in this city where people would be happy to pay to hear me play.
 いいえ。悪いけど、ダメ。私はひどい二流のチャリティバンドじゃないのよ。いい? この町には私の歌を聴くために喜んで払ってくれるところがいくらでもあるのよ。

《セントラルパーク前:フィービーが歌っている》

Phoebe: When I play, I play for me, I don't need your charity. Thank you! La la la la la la la....
 (歌)私は自分のために歌うわ。施しはいらないわよ!!
 (お金を入れてくれた人に)ありがとう! ・・ラララララ・・

《病院:モニカとロス》

Ross: Well, there's no way I'm gonna get a shot. Maybe they can take the needle and squirt it into my mouth, you know, like a squirt gun.
 なぁ、絶対に注射は受けないよ。針を取って、口に吹きかけてくれたらいいよ、水鉄砲みたいにさ。

Doctor: Hello, there. I'm Dr. Carlin. I see someone's having a little allergic reaction.
 どうもこんにちは。ドクター・カーリンです。アレルギー症状が出ているようですね。

Monica: Doctor, can I see you for just a moment, please? My brother has a slight phobia about needles.
 ドクター、ちょっといいですか? 兄はちょっと針の恐怖症なんです。

Ross: Did you tell him about my squirt gun idea?
 (モニカに)水鉄砲の案言ってくれた?

Monica: My brother, the PhD would like to know if there's any way to treat this orally.
 兄は・・博士号を持ってるこの兄が、口から入れる方法でなんとかならないかと言ってるんです。

Doctor: No, under these circumstances it has to be an injection, and it has to be now.
 いや、この状況では注射しかないね。すぐに打たないと。

Ross: So? Ohhh.
 (モニカに)どう?(モニカは首を振る)ああ・・・。

Monica: That's good, have a seat. Um, the doctor says it's gotta be a needle. You're just gonna have to be brave, ok? Can you do that for me?
 大丈夫よ、座って。先生は注射でないとダメですって。勇気を出してね、いい? 私のために頑張ってくれる?

Ross: Ok.
 わかったよ。

Monica: Ok. Oh boy. You are doing so good. You wanna squeeze my hand?
 OK。ああ、よく頑張ってるわ。私の手を握る?

Ross: Yes!
 うん!

Monica: Okay. All right, Ross, don't squeeze it so hard. Honey, really, don't squeeze it so hard! … Oh, Ross! Let go of my hand!
 OK。(ロスが手を握る)ロス、そんなきつく握らないで。ねぇ、ほんとに。そんなにきつく握らないで! (注射される)キャー! ロス! 手を離して!!
 
《通り》

Chandler: That's a good plan, Joe. Next time we wanna pick up women, we should just go to the park and make out. Taxi, taxi!
 いいプランだったな。今度女の子を誘いたいときは、俺たちただ公園に行っていちゃつけばいい。タクシー! タクシー!

Joey: Hey, hey, look at that talent.
 おいおい、あのホットな子を見ろ!

(talent = 俗語:性的魅力のある女性)

Chandler: Just practicing. You're good. Carry on.
 (タクシーに)今のは練習だ。よくできました。次へ行って。

(二人で女の子の乗ったバスへ走る)
Chandler&Joey: Wait, wait, wait!
 待って待って!

《バスの中》

Girl 1: Hey, you. He's just adorable.
 ねぇ、あなた。彼すごいかわいいわね。

Chandler: Ok, but can you tell him that, because he thinks he's too pink.
 そう、彼にそう言ってくれる? ピンクすぎるって気にしてるんだ。

Girl 2: So what are you guys out doing today?
 それで、今日は二人でおでかけ?

Joey: Oh we're not out. No, no. We're just two heterosexual guys, hanging with the son of our other heterosexual friend, doing the usual straight guy stuff.
 俺たちデートしてるわけじゃないよ。普通の2人の異性愛者が普通の異性愛者の友人の子供を預かって、普通のストレートの男がすることをしてるだけだ。

Chandler: You done?
 (ジョーイに)済んだ?

Joey: Yeah.
 ああ。

Girl 1: Oh, there's our stop.
 あら、私達ここで降りるわ。

Joey: Get out of here. This is our stop.
 冗談だろ、俺たちもここだよ。

Girl 2: You guys live around here too?
 あなた達もこの辺りに住んでるの?

Joey: Oh, yeah, yeah, sure. We live in the building by the... sidewalk.
 そうだよ。俺たちここの歩道のそばのビルに住んでるんだ。

Chandler: You know it?
 知ってるの?

Joey: Hey, look, since we're neighbors and all, what do you say we get together for a drink?
 ねぇ、近所なんだし、一緒に何か飲みに行かない?

(バスを降りる)
Girl 1: So uh, you wanna go to Markel's?
 じゃあ、マーケルに行く?

(マーケル・・調べたところ、こちら→サイトをみつけました
 女性のための宿泊施設その他のお店が入っているようです。
 この次にチャンドラーが "they love us" と言ってる
 ところからして、ますますこれかなと思いました)


Chandler: Oh, sure, they love us over there.
 ああ、いいね、俺たちあそこで気に入られてるんだ。

Girl 2: Where's your baby?
 赤ちゃんは?

Chandler and Joey:Hey! Hey! Hey!
 (バスを追いかけて)ヘイ! ヘイ!

《通り:バスを追いかけている》

Joey: Ben! Ben!
 ベン! ベン!

Chandler: Oh, that's good. Maybe he'll hear you and pull the cord.
 いいね。ベンに聞こえたらバスを止めてくれるかも。

Chandler and Joey: Stop the bus! Wait! Wait! Wait!
 バス止めて! 待って! 待て!(角を曲がると、同じバスが3台いてわからなくなる)

《病院》

Monica: Are you sure he didn't break it because it really hurts?
 本当に骨折れてません? すごく痛いんですけど・・。

Doctor: No, it's just a good bone bruise. And, right here is the puncture wound from your ring.
 いや、骨をいためただけだ。そしてここは(レントゲンを指して)指輪の跡がついたね。

Ross: Oh, I'm sorry, I'm really sorry. Sorry. Sorry! Hey! Hey! I got my s's back! Which we can celebrate later. Celebrate.
 ああ、ごめんよ本当に。アイムソーリー。ーリー、ーリー! あっ! Sが言えるようになった! 後で祝おうよね、レブレイト。

《セントラルパーク前》

Phoebe: ... with the double double double-jointed boy. … Hey. So um, are you the professional guitar player?
 (歌)二重の二重の二重関節を持った少年〜♪
 (ステファニーが来る)ねぇ、あなたがプロのギター弾きさん?

Stephanie: Yeah. I'm Stephanie.
 ええ。ステファニーよ。

(シンガーソングライターChrissie Hynde さん)

Phoebe: Right. My name was on there, but now it just says "carrot cake". So, um, so um, how many chords do you know?
 そう。私の名前はそこにあったのよ。今はキャロットケーキだけどね。それで・・あなたどれだけギターコード知ってる?

Stephanie: All of them.
 全部よ。

Phoebe: Oh yeah, so you know D?
 あらそう。じゃあDコード知ってる?

Stephanie: Yeah.
 ええ。

Phoebe: Ok, do you know A minor?
 そう。じゃあAマイナーは?

Stephanie: Yeah.
 知ってる。

Phoebe: Ok, do you know how to go from D to A minor?
 そう。じゃあDからAマイナーへ移る方法もわかる?

Stephanie: Yeah.
 ええ。

Phoebe: Ok. Um, so does your guitar have a strap?
 そう。じゃあ・・あなたのギター、ストラップついてる?

Stephanie: No.
 いいえ。

Phoebe: Oh. Mine does. …Stephanie knows all the chords.
 あら。私のにはついてる。
 (歌)ステファニーはコード全部知ってる

《通りの公衆電話前》

Chandler: Come on, pick up, pick up! Hello? Transit Authority? Yes, hello. I'm doing research for a book, and I was wondering what someone might do if they left a baby on a city bus. …Yes I do realize that would be a very stupid character.
 (電話)頼むよ早く出ろ! もしもし? 交通局? やぁ。僕は本のためにリサーチしてるんだけど、市バスに赤ん坊を置き忘れたらどうなるのかな? …ああ、僕もバカなキャラクターだと思うよ。

Joey: Hi, here's the deal. We lost a carseat on a bus today. It's white plastic, with a handle, and it fits onto a stroller. Oh, and there was a baby in it. …He wants to talk to you again.
 (受話器を奪って)もしもし、問題はこうだ。今日、カーシートをバスに置き忘れたんだ。白いプラスチックで、ハンドルがついてて、ベビーカーにもなる。そして中に赤ん坊がいるんだ。・・・(チャンドラーに)さっきの人に代われって。

《セントラルパーク》

Rachel: Ok, everybody, let's give a nice warm Central Perk welcome to...
 はい、みなさん、セントラルパークが暖かくお迎えします・・

Phoebe: Terry's a jerk, and he won't let me work, and I hate Central Perk!
 (外で歌っている)テリーは最低! 歌わせてくれない! セントラルパーク大嫌い!

Rachel: Uh, to Stephanie Schiffer.
 ステファニー・シファー!

Stephanie: Thank you. I'd like to start with a song that I wrote for the first man I ever loved. …Zachary.
 ありがとう。初めて好きになった人の歌でスタートしたいと思います。(歌)ザッカリー♪

Phoebe: You're all invited to bite me!
 (歌)みんなくそくらえ!

《ニューヨーク保健福祉課》

Chandler and Joey: Hi. We're the guys who called about the baby. We left the baby on the bus. Is he here? Is he here?
 ハイ、赤ん坊のことで電話したものだけど、バスに置き忘れたんだ。彼ここにいる?ここにいる?

Health Services Guy: He's here. I'm assuming one of you is the father.
 いるよ。君達のどちらかが、おとうさんなんだろうね?

Chandler: That's me.
 僕がそう。

Joey: I'm him.
 俺だ。

Chandler: Actually, uh, we're both the father.
 実は、僕ら二人とも父親なんだ。(二人肩を組む)

《ベビーの部屋》

Chandler and Joey: Oh, Ben! Hey, buddy!
 ああ! ベン! よかった!(赤ん坊が二人)

Chandler: Please tell me you know which one is our baby.
 頼む。どっちが俺たちのベビーがわかるって言ってくれ。

Joey: Well, well that one has ducks on his t-shirt, and this one has clowns. And Ben was definitely wearing ducks.
 えっと・・こっちはTシャツにアヒルの絵だし、そっちはピエロ。ベンは間違いなくアヒル着てた。

Chandler: Ok.
 よし。

Joey: Or clowns. Oh, oh wait. That one's definitely Ben. Remember, he had that cute little mole by his mouth.
 それかピエロかな。あ、待て。絶対こっちがベンだ。ベンは口のそばにかわいいホクロがあっただろ?

Chandler: Yeah?
 そう?

Joey: Yeah.
 ああ。

Chandler: Hey, Ben, remember us? Ok, the mole came off.
 ヘーイ、ベン。覚えてるか? …おい、ホクロ取れたぞ。

Joey: Ahh!
 ああ!!

Chandler: What're we gonna do? What're we gonna do?
 どうする? どうする?

Joey: Uh, uh, we'll flip for it. Ducks or clowns.
 ああ・・・コインで決めよう。アヒルかピエロか。

Chandler: Oh, we're gonna flip for the baby?
 赤ん坊をコインで決めるのか?

Joey: You got a better idea?
 いい案あるのか?

Chandler: All right, call it in the air.
 よし、飛んでる間に言え。

Joey: Heads.
 ヘッド(表)。

Chandler: Heads it is.
 ヘッドだ!

Joey: Yes! Whew!
 よし! ヒュー!

Chandler: We have to assign heads to something.
 表がどっちか決めなきゃだめだろうが!

Joey: Right. Ok, ok, uh, ducks is heads, because ducks have heads.
 そうか。よし。アヒルがヘッドだ。アヒルにはヘッドがあるからな。

Chandler: What kind of scary-ass clowns came to your birthday?
 おまえの誕生日には頭のない恐ろしいピエロが来たのかよ。

《セントラルパーク》

Stephanie: Just call me angel of the morning. Angel! Just touch my cheek before you leave me. Oh baby. Just call me angel of the morning. Angel! And slowly turn away. I won't beg you to stay, with me.
 (歌)朝の天使と呼んで、天使よ。行ってしまう前に頬に触れてベイビー。
 朝の天使と呼んで、天使よ。そしてゆっくり行ってね。引きとめはしないわ。

Rachel: Hey.
 (外へ出てフィービーに)ハーイ。

Phoebe: Oh, hi.
 ああ、ハーイ。

Rachel: Here. I thought you might be cold.
 (コーヒーを渡して)どうぞ。寒いかと思って。

Phoebe: Thank you.
 ありがとう。

Rachel: Whoa, look at you, you did pretty well.
 わぁ、すごいわね。たくさん稼いだじゃない。

Phoebe: Eight dollars and 27 cents. But not really, 'cause I put in the first two, just to, you know, get the ball rolling, and to make myself feel better.
 8ドル27セントよ。でも違うの。最初に2ドル入れたから。流れを作るためと、自分の気分がよくなるようにね。

Rachel: Do you?
 よくなった?

Phoebe: No. This whole like playing-for-money thing is so not good for me. You know, I don't know, when I sang "Su-Su-Suicide," I got, like a dollar seventy-five. But then, "Smelly Cat," I got 25 cents and a condom. So you know, now I just feel really bad for Smelly Cat.
 ダメ。お金のために歌うっていうのは私には合わないわ。なんていうか、「スースースーサイド(じ・じ・じさつ」を歌った時は、1ドル75セントくらいだったのに、「スメリーキャット(におうネコ)」の時は25セントとコンドーム一個よ。だからスメリーキャットに気がひけちゃうわ。

Rachel: Well, you know, honey, I don't think everybody gets Smelly Cat. You know, I mean, if all you've ever actually had are healthy pets, then, whoosh!
 まぁ、ね、スメリーキャットは万人向けの歌じゃないわ。だってほら、結構なペットを飼ってる人は、ね、スルーされちゃうわ。

Phoebe: It's not even that. I used to do my songs because it made me happy, but now it's like, it's just all about the money, you know.
 それだけじゃないの。歌を歌うのは自分がハッピーになるためだったのよ。それが今は、もうお金のことになっちゃって。

Rachel: Well, people missed you in there. And in fact, there was actually a request for "Smelly Cat."
 でも店ではあなたを恋しく思ってる人がいるわ。実際、「スメリーキャット」のリクエストもあったのよ。

Phoebe: Really? From who?
 ほんと? 誰から?

Rachel: Well, from me. And I know it's not your big money song, but it's my favorite.
 それは、私。稼げる歌じゃないけど、私のお気に入りよ。

(男(弟?)が走ってくる)
Guy: Hi. Uh, did I accidentally drop a condom in your case? It's kind of an emergency.
 やぁ、俺そのケースにコンドーム落とさなかった? 緊急事態なんだ。

Phoebe: Yeah. Here you go.
 ええ。ほらあるわよ。

Guy: Thanks a lot. Hey Christine, I got it!
 ありがと。(走っていく)おいクリスティン! あったよ!

《モニカ達の部屋》

Ross: I just wanna thank you for being there for me today. And I'm sorry, I almost broke your hand.
 今日はついてきてくれてありがとう。それから、骨折りそうになってごめんよ。

Monica: That's ok. I'm sorry I poisoned you.
 いいのよ。毒を盛ってごめんね。

Ross: Yeah. Hey, remember the time I jammed that pencil into your hand?
 ああ。おい、覚えてる? 鉛筆を手に刺したこと?

Monica: Remember it? What do you think this is, a freckle?
 覚えてるもなにも。これ何だと思うの? そばかす?(手を見せる)

Ross: Oh.
 わお。

Monica: Wait, what about the time I hit you in the face with the Silvian's pumpkin?
 待って。シルビアンのかぼちゃで顔を殴ったの覚えてる?

Ross: Oh, man. Oh, remember when I stuck that broom in your bike spokes, and you flipped over and hit your head on the curb?
 ああ。じゃあ僕がほうきを自転車のホイールに指して、おまえ転んで歩道で頭を打ったの覚えてる?

Monica: No. But I remember people telling me about it.
 ううん。でもその話は聞き覚えがある。

Ross: I hope Ben has a little sister.
 ベンも妹がいたらいいな。

Monica: Yeah. I hope she can kick his ass.
 そうね。ベンのお尻を蹴ってもらいたいわ。

Ross: I'm gonna get a new band-aid. Hey, how about the time I cut the legs off your Malibu Ken?
 バンドエイドとってくる。そうだ、おまえのマリブ・ケンの脚を切ったことは?

ken.jpg

Monica: That was you?!
 あれあなただったの?

Ross: They were infected. He wouldn't have made it.
 感染して、切断するしかなかったんだよ。

(チャンドラーとジョーイが帰ってくる)
Monica: Aw, my little nephew. Come here, little one. There's my little baby Ben. Hey, my little boy. Hey, he's not crying.
 ああ! 私の小さな甥ッ子! おいでちびちゃん。私のちっちゃいベンちゃん。あら! 泣かないわよ!

Chandler: Hey, he's not crying.
 ヘーイ・・泣かないぞ。

(ベンが泣き出す)
Joey: Yes! There's still pie.
 よし!(モニカに睨まれ)パイがまだある!

Ross: I'm here. How's my little boy? Want Daddy to change your diaper? I know, I know. So, did you have fun with Uncle Joey and Uncle Chandler today?
 やぁ、僕の小さな坊やは元気? パパにおむつ替えてほしい? ハイハイ、わかってるよ。今日はジョーイおじちゃんとチャンドラーおじちゃんと楽しかったかな?

Joey: Oh, yeah, he rode the bus today.
 ああ、楽しんだよ。今日はバスに乗ったんだぞ。

Ross: Ohhh. Big boy, riding the bu−Hey, I have a question. How come it says Property of Human Services on his butt?
 おお! ビッグボーイだね。バスに乗っ・・おい、ちょっと聞くけど、なんでこのおむつ福祉センターって書いてあるんだ?

Chandler: You, you are gonna love this.
 あ・あ・・この話は絶対気に入るぞ・・

Ross: Will you hold Ben for a sec? … Come here. Come here.
 (モニカに)ちょっとベンを抱いててくれる?(チャンドラー達に)ちょっと来い、来い!

Chandler: Stay back, I've got kiwi. Run, Joey, Run!
 寄るな! 俺はキウイを持ってるんだぞ。逃げるんだ、ジョーイ、逃げろ!

《セントラルパーク》

Stephanie: (singing) Smelly cat, smelly cat, what are they feeding you?
 (歌)スメリーキャット、スメリーキャット、何をもらって食べてんの?

Phoebe: No, no, no. I'm sorry. It's "smelly cat, smelly cat."
 違う違う。ごめんね。そこは「スメリーキャーット、スメェリィキャーット」って。

Stephanie: Smelly cat, smelly cat...
 (歌)スメリーキャーット、スメェリィキャッート・・

Phoebe: Better. Yeah.
 うん、よくなった。

Stephanie: Yeah?
 そう?

Phoebe: Yeah, much better. And you know what, don't feel bad, because it's a hard song.
 うん。ずいぶんよくなった。気にしないでね、難しい歌なんだから。

Stephanie: Yeah.
 ええ。

Phoebe: You wanna try it again?
 もう一度歌ってみる?

Stephanie: Yeah. From the top?
 ええ。アタマから?

Phoebe: Ok, there is no top. That's the beauty of Smelly Cat. Why don't you just follow me?
 いい? アタマから、なんてないのよ。それがスメリーキャットのいいとこなの。私についてくる?

Stephanie: Ok.
 OK。

Together: Smelly Cat, Smelly Cat, what are they feeding you? Smelly Cat, Smelly Cat, it's not your fault.
 (一緒に歌う)スメリーキャット、スメリーキャット、何をもらって食べてんの? スメリーキャット、スメリーキャット、あなたのせいじゃないのよ。

(ステファニーがギターでアレンジを加える)
Phoebe: That's too much. Sorry.
 やりすぎ。悪いケド。


にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村


英語 ブログランキングへ

。:*━♪━*:。━♪━。:*━♪━*:。━♪━。:*━♪━*:。━♪━*:。━♪━。:*━♪━*:。
リサ・クドローさんが、インタビューの中で、
この時一緒に歌ったのがいい思い出って言ってましたですよ。
。:*━♪━*:。━♪━。:*━♪━*:。━♪━。:*━♪━*:。━♪━*:。━♪━。:*━♪━*:。


posted by らんち at 14:04| Comment(0) | Season2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。