2013年06月08日

2-5 The One With Five Steaks and an Eggplant

2-5 ステーキ5つとナス一つの話

 ☆人生はツラいよ☆

《チャンドラー達の部屋》

Ross: Man, I sure miss Julie.
 ああ、本当にジュリーが恋しいよ。

Chandler: Spanish midgets. Spanish midgets wrestling. Julie. Ok, yes, I see how you got there.  スペインのちっちゃい人のプロレス、、ジュリー。ああ、なるほど。

(電話が鳴るが、チャンドラーは出ない)
Ross: You ever figure out what that thing's for?
 なんで鳴るのか忘れた?

Chandler: No, see, I'm trying this new screening thing. You know, I figure if I'm always answering the phone, people'll think I don't have a life. My god, Rodrigo never gets pinned.
 新しい選別法だ。いつも電話に出てたら、何もすることがないと思われる。ああもう、ロドリーゴは絶対つかまらないな。

Machine: Here comes the beep, you know what to do.
 (ジョーイの声で留守電応答ボイス)ビープがなったら、あとはわかるよね。

Woman's Voice: Hello, I'm looking for Bob. This is Jade. I don't know if you're still at this number, but I was just thinking about us, and how great it was, and, well, I know it's been three years, but, I was kinda hoping we could hook up again. I barely had t he nerve to make this call, so you know what I did?
 もしもし、ボブのおうちかしら? ジェイドです。今もこの番号かどうかわからないんだけど。つきあってた頃、ステキだったわよね。3年もたつけど、またつきあえないかなって。こんなこというの勇気がいるのよ。私が今何をしてるかわかる?

Ross: What?
 なに?

Jade: I got a little drunk...and naked.
 酔っぱらってるの。裸でね。

Chandler: Bob here.
 (電話に出て)ボブだ。

《続き》

Chandler: What've you been up to?
 あれからどうしてる?

Jade: Oh, you know, the usual, teaching aerobics, partying way too much. Oh, and in case you were wondering, those are my legs on the new James Bond poster.
 変わらないわよ。エアロビクスを教えて、いっぱいパーティで騒いで。それから、新しいジェームス・ボンドのポスターの脚はあたしよ。

Chandler: Can you hold on a moment? I have another call. I love her.
 ちょっと待ってくれる? 他の電話が入った(ロスに)このコ愛してる。

Ross: I know.
 もっともだ。

Chandler: I'm back.
 戻ったよ。

Jade: So, are we gonna get together or what?
 それで、私達またつきあえる?

Chandler: Um, absolutely. How about tomorrow afternoon? Do you know Central Perk in the Village, say, five-ish?
 ああ、もちろんだ。あしたの午後は? ビレッジのセントラルパークわかる? 5時頃で?

Jade: Great, I'll see you then.
 ステキ。じゃあその時に。

Chandler: Ok. … Ok. Having a phone has finally paid off.
 OK。(電話を切って)よし。電話を持っててついに報われたぞ!

Ross: Even though you do do a good Bob impression, I'm thinking when she sees you tomorrow, she's probably gonna realize, "Hey, you're not Bob."
 いくら上手にボブのマネをしても、あした彼女がおまえを見れば、きっと気がついて「あなたボブじゃない」って言うぞ。

Chandler: I'm hoping that when Bob doesn't show up, she will seek comfort in the open arms of the wry stranger at the next table.
 ボブが現れず、彼女は隣のテーブルにいる見知らぬ男の腕に慰められるなんてのがいいなと思ってさ。

Ross: Oh my god. You are pure evil.
 なんてやつだ。おまえ悪人だな。

Chandler: Ok, pure evil, horny and alone, I've done this.
 いい? 悪人(左手)、一人で欲求不満(右手)、こっちはもう済んだ(右手)。

《モニカ達の部屋》

Ross: Yeah, yeah, everybody's here. Hey, everybody, say hi to Julie in New Mexico.
 (電話中)ああ、みんなここにいるよ。(みんなに)ねぇ、みんな! ニューメキシコにいるジュリーに挨拶して。

All: Hi, Julie!
 ハーイ、ジュリー!

Rachel: Hi, Julie.
 ハイ、ジュリー。

Chandler: Ok, while Ross is on the phone, everybody owes me 62 bucks for his birthday.
 ロスが電話してる間に済まそう、みんな、やつの誕生日のために62ドル出してくれ。

Phoebe: Um, is, is there any chance that you're rounding up? You know, like from, like 20?
 ねぇもしかして、切り上げたりとかできない? 20ドルとかに?

Chandler: Hey, come on, we got the gift, the concert, and the cake.
 なぁ、頼むよ、プレゼントだろ、コンサートだろ、それにケーキ代だ。

Joey: Do we need a cake?
 ケーキもいるの?

Chandler: Look guys, I know it's a little steep.
 なぁみんな、ちょっと高いのはわかるが・・。

Rachel: Yeah, whoosh!
 そうね、ヒュー!って。

Chandler: But it's Ross.
 でもロスのためだ。

Phoebe: It's Ross.
 ロスのためね。

Joey: Yeah, you're right.
 ああ、そうだな。

Chandler: I'll see you guys later, I gotta go...do a thing.
 じゃあまた後でな。行かなきゃ・・行ってするんだ。

Ross: Ok, sweetheart, I'll call you later tonight. ...Whoa, whoa, whoa, hey, hey, hey, you're not really gonna go through with this, are you?
 (電話で)じゃあね、また夜電話するよ。(電話を切って、チャンドラーに)おいおいおい、本当に行くつもりじゃないだろうな?

Chandler: You know, I think I might just.
 それだけど、行くぞ。(二人出て行く)

Rachel: So uh, what are you guys doing for dinner tonight?
 さぁ、あなた達夕食はどうする?

Joey: Well I guess I gotta start saving up for Ross's birthday, so I guess I'll just stay home and eat dust bunnies.
 そうだな。ロスの誕生日のために節約しないとな。家に帰って綿ぼこりでも食うよ。

Phoebe: Can you believe how much this is gonna cost?
 こんな高いなんて信じられる?

Rachel: Do you guys ever get the feeling that um, Chandler and those guys just don't get that we don't make as much money as they do?
 チャンドラー達って、私達があの人たちほど稼いでないってこと、わかってないわよね?

Joey: Yes! Yeah, it's like they're always saying "let's go here, let's go there". Like we can afford to go here and there.
 そうだよ! あいつらいつも、「ここ行こう」、「あそこ行こう」ってさ。俺たちがここやあそこに行く金があるみたいにさ。

Phoebe: Yes, yes, and it's, and we always have to go to, you know, someplace nice, you know? God, and it's not like we can say anything about it, 'cause, like this birthday thing, it's for Ross.
 そうよ。それでいつも、ちょっといい店に行かなきゃならないのよね。それでも私達は何も言えないのよね、今回みたいにね。ロスのためだからって。

Joey: For Ross.
 ロスのために。

Rachel: For Ross, Ross, Ross.
 ロスのため。ロス、ロス。

Monica: Oh my god.
 ああもう!

Rachel: Hey.
 ハーイ。

Joey: Hi.
 やぁ!

Rachel: What?
 どうした?

Monica: I'm at work, ordinary day, you know, chop chop chop, saute, saute, saute. All of a sudden, Leon, the manager, calls me into his office. It turns out they fired the head lunch chef, and guess who got the job.
 いつものように仕事してたのよね、切って切ってソテーして。そしたらいきなりマネージャーのレオンに呼ばれて、ランチシェフがクビになったんですって。それで誰があとに入ったと思う?

Joey: If it's not you, this is a horrible story.
 それがおまえじゃないなら、ただのひどい話だぞ。

Monica: Fortunately, it is me. And, they made me head of purchasing, thank you very much. Anyway, I just ran into Ross and Chandler downstairs, and they think we should go out and celebrate. You know, someplace nice.
 私だったのよ。それに仕入れの責任者にもなったの、ありがたいことにね。とにかく、ロスとチャンドラーに下で会って、今日お祝いに行こうってことになったのよ。どこかちょっといい店でね。(寝室へ行く)

Joey: Yeah, someplace nice.
 出た、ちょっといい店。

Rachel: Yeah!
 ああ!

Joey: How much do you think I can get for my kidney?
 腎臓を売ったらいくらになると思う?

《セントラルパーク:ジェイドを見ているロスとチャンドラー》

Ross: I'm telling you. You can't do this.
 こんなことしちゃダメだって。

Chandler: Oh, come on. I can never get a girl like that with conventional methods.
 もう、いいじゃないか。あんな女の子、普通の手じゃ絶対につき合えない。

Ross: That doesn't matter. She wanted to call Bob. Hey, for all we know, Bob is who she was meant to be with. You may be destroying two people's chance for happiness.
 そんなの関係ない。彼女はボブに電話したんだ。彼女はボブと一緒にいるはずだったんだ。二人の幸せを壊してしまうかもしれないんだぞ。

Chandler: We don't know Bob! Okay? We know me. We like me. Please let me be happy.
 ボブ知らないじゃん! いい? 俺のことは知ってる。俺のことが好き。俺を幸せにして。

Ross: Go over there and tell that woman the truth.
 行って彼女に本当のことを言ってこい。

Chandler: All right.
 わかったよ(立ち上がったがUターンする)

Ross: Go.
 行け。

(ジェイドのところへ行くチャンドラー)
Chandler: Hi.
 ハーイ。

Jade: Hi.
 ハーイ。

Chandler: Listen, I have to, uh, um, I have to, I have to confess something.
 聞いて、言わなければならないことがあるんだ。

Jade: Yes?
 はい?

Chandler: Whoever stood you up is a jerk.
 君をすっぽかすなんて最低なやつだ。

Jade: How did you...
 どうしてそれが・・。

Chandler: I don't know. I just had this weird sense. You know, but that's me. I'm weird and sensitive. Tissue?
 どうしてかな。(向かいの席につく)僕は変に勘が働くんだ。それが僕、変で敏感。ティシュは?(差し出す)

Jade: Thanks.
 ありがとう。(パッケージを返そうとする)

Chandler: No, you keep the pack. I'm all cried out today.
 いや、全部持ってて。僕はもう今日泣き尽くしたから。

《レストラン:チャンドラー以外着席》

Ross: Ok, ok, here is to my sister, the newly-appointed head lunch chef...
 (グラスを叩いて)いいかい? 僕の妹、このたび新しくヘッドランチシェフになって・・

Monica: Who is also in charge of purchasing.
 仕入れの責任者にもなった。

Ross: Newly appointed head lunch chef who is also in charge of purchasing...
 新ヘッドランチシェフで、仕入れの責任者で・・

Monica: Who has her own little desk when Roland's not there.
 そしてローランドがいないときは小さい机を持てる。

Ross: Uh, lunch chef, purchasing, own little desk when Roland's not there. Here's to my little sister--
 あー、ランチシェフで、仕入れで、ローランドがいない時は机を持てる。僕の妹に・・

Monica: Oh, wait, and I got a beeper!
 あ、待って、ポケベルも持たせてもらった!

Joey: Cool.
 かっこいい。

Phoebe: Let's see!
 見せて。

Ross: That's fine, I'll just wait!
 いいよ。待つさ。

Monica: Oh, sorry.
 あ、ごめん。

Joey: Sorry, sorry.
 ごめん、ごめん。

Ross: Monica!
 モニカに!(乾杯)

Waiter: Are we ready to order?
 ご注文はいかがなさいますか?

Rachel: Oh, you know what, we haven't even looked yet.
 あら、まだメニューを見てもいないのよ。

Waiter: Well, when you do, just let me know. I'll be right over there on the edge of my seat.
 そうですか、ではお決まりでしたらお知らせください。わたくし、席でジリジリ待っております。

Phoebe: Wow, look at these prices.
 (ジョーイとレイチェルに)見てこの値段!

Rachel: Yeah, these are pretty ch-ching.
 ほんと。すごい金額ね。

(ch-ching = レジの入金の音)

Joey: What are these, like famous chickens?
 なんだよこれ。このチキン有名なわけ?

Chandler: Hey, sorry I'm late. Congratulations, Mon. I'm not sorry I'm late. How incredible was my afternoon with Jade?
 遅れてごめん。おめでとう、モン。(ロスに)遅れてすまないどころじゃないね。ジェイドと過ごした午後はどんなによかったと思う?

Ross: Well, pretty incredible according to the message she left you on my machine. Hey, Chandler, why is this woman leaving a message for you on my machine?
 すごくよかったんだろうね、うちの留守電に入ってたメッセージからするとね。チャンドラー、なんで彼女、うちの留守電にメッセージ入れるわけ?

Chandler: Oh, see, I had to tell her that my number was your number, because I couldn't tell her that my number was my number because she thinks that my number is Bob's number.
 だってほら、おまえの番号を教えたからだよ。俺の番号を教えられないだろ、彼女は俺の番号をボブの番号だと思ってるんだから。

Ross: Hey, tell me again, what do I do when Mr. Roper calls?
 もう一回言ってくれる? ローパーさんがかけてきたら何て言えば?

Waiter: Do I dare ask?
 聞いてもよろしい?

Monica: Yes, I will start with the carpaccio, and then I'll have the grilled prawns.
 まずはカルパッチョで、それから焼き車エビをいただくわ。

Ross: That sounds great. Same for me.
 それよさそうだね。僕もそれにするよ。

Waiter: And for the gentleman?
 こちらの紳士は?

Joey: Yeah, I'll have the Thai chicken pizza. But, hey, look, if I get it without the nuts and leeks and stuff, is it cheaper?
 ああ、俺はチキンピザ。でも、ねぇ、ナッツとかネギとかのトッピングなしにしたら安くならない?

Waiter: You'd think, wouldn't you? Miss?
 そんなことあると思う? こちらは?

Rachel: Ok, I will have the uh, side salad.
 ええ。私は・・サイド・ダラダを。

Waiter: And what will that be on the side of?
 それはまた、何のサイドとして?

Rachel: Uh, I don't know. Why don't you put it right here next to my water?
 あー、どうかしらね、水の隣りに置けばいいわよ。

Waiter: And for you?
 ではこちらは?

Phoebe: Um, I'm gonna have a cup of the cucumber soup, and, um, take care.
 私は・・きゅうりのスープと、それから・・・よろしく!

Chandler: I will have the uh, Cajun catfish.
 俺はケイジャン・キャットフィッシュを。
CajunCatfish.jpg
(ナマズをレモンその他香辛料で味付けして焼いたもの)

Waiter: Anything else?
 ほかには?

Chandler: Yes, how about a verse of Killing Me Softly. You're gonna sneeze on my fish, aren't you?
 そうだな。「優しく殺して」の詩はどう? ・・・俺の魚にくしゃみする気だろ?

("Killing Me Softly" は日本では「優しく歌って」で知られているが
 この場合は、辛辣なウェイターに「優しく殺して」と言っている)


《時間経過》

Ross: Plus tip, divided by six. Ok, everyone owes 28 bucks.
 チップを足して6で割る・・・よし、みんな28ドルずつ。

Chandler: Okay.
 OK。

Rachel: Um, everyone?
 みんな?

Ross: Oh, you're right, I'm sorry.
 あ、そうだね。ごめん。

Joey: Thank you.
 助かるよ。

Ross: Monica's big night, she shouldn't pay.
 モニカのお祝いだから、払わなくていいよね。

Monica: Oh, thank you!
 まぁ! ありがとう!

Ross: So five of us is, $33.50 apiece.
 それじゃ5人で割ると、33.5ドルだ。

Phoebe: No, huh uh, no way, I'm sorry, not gonna happen.
 ダメよ。無理。ごめんね、でもそうはいかないわ。

Chandler: Whoa, whoa, prom night flashback.
 うわっ! プロムの夜がよみがえるぞ。

Phoebe: I'm sorry, Monica, I'm really happy you got promoted, but cold cucumber mush for thirty-something bucks? No! Rachel just had that..that salad, and, and Joey with his like teeny pizza! It's just...
 ごめんね、モニカ。昇進したのは本当にうれしいけど、キュウリをつぶした冷たいスープが三十何ドル? 勘弁して。レイチェルなんて、サラダだけ、ジョーイなんかこーんな小さなピザで、それで・・。

Ross: Ok, Pheebs. How about we'll each just pay for what we had. It's no big deal.
 わかったよ、フィーブス。みんな自分の食べた分だけ払うことにしよう。大したことじゃない。

Phoebe: Not for you.
 あなたにとってはね。

Monica: All right, what's going on?
 ちょっと待って。どうかしたの?

Rachel: Ok, look you guys, I really don't want to get into this right now. I think it'll just make everyone uncomfortable.
(ジョーイとフィービーに)ねぇ、今こんな話したくないわ。みんなイヤな思いをしてしまうだけよ。

Phoebe: Fine. All right, fine.
 わかったわよ。もういい。

Joey: Yeah.
 ああ。

Chandler: You can tell us.
 言ってくれよ。

Ross: Hello, it's us, all right? We'll be fine.
 ねぇ、僕らの間じゃないか。大丈夫だよ。

Monica: Yeah!
 そうよ。

Joey: Ok, uh, we three feel like, that uh, sometimes you guys don't get that uh... We don't have as much money as you.
 よし。あー・・俺たち3人はその・・・君らがわかってないときが・・えーっと・・あー・・・俺らが君らほど稼いでないってことをさ。

Monica: Ok.
 OK。

Ross: I hear you.
 わかったよ。

Chandler: We can talk about that.
 話し合おうよ。

Phoebe: Well, then...Let's.
 ええ、それじゃ・・・そうしましょ。

Ross: Well um I, I just never think of money as an issue.
 ああ・・・僕はただ、お金のことを気にしてなかったよ。

Rachel: That's because you have it.
 そりゃあなたは困ってないからよ。

Ross: That's a good point.
 その通りだね。

Chandler: So um, how come you guys haven't talked about this before?
 それじゃ・・・なんで今までそれ言わなかったんだ?

Joey: Because it's always something, you know, like with Monica's new job, or the whole Ross's birthday hoopla.
 いつも何かあるからだよ。そうだろ? モニカの仕事とか、ロスの誕生日のお祝いとか・・。

Ross: Whoa, hey, I don't want my birthday to be the source of any kind of negative−there's gonna be a hoopla?
 おいおい、僕の誕生日のせいでみんながイヤな思いをするなんてイヤだよ・・・お祝いで何かしてくれるの?

Rachel: Basically, there's the thing, and then there's the stuff after the thing.
 本当は、ひとつあって、それから、何かあるのよ。

Monica: If it makes anybody feel better, then we can just forget the thing, and we'll just do the gift.
 それでみんなの気が済むなら、それは忘れて、ただプレゼントだけにしましょうよ。

Ross: Gift? The thing's not the gift?
 プレゼント? じゃあそれってプレゼント以外にあるの?

Chandler: No, the thing was, we were gonna go see Hootie and the Blowfish.
 いや、それってのは・・・フーティー・アンド・ザ・ブロウフィッシュのコンサートに行こうって。

Ross: Hootie and the−oh my. I, I can catch them on the radio.
 フーティーって・・うわぁ。・・いや、そんなのラジオで聞けるからいいよ。

Phoebe: No, now I feel bad. You wanna go to the concert.
 ダメよ。申し訳なくなってきちゃたわ。あなたコンサート行きたいんじゃないの。

Ross: No, look, hey, it's my birthday, and the important thing is that we all be together.
 いや、待って。僕の誕生日なんだからさ、大事なのはみんなが一緒にいるってことだよ。

Monica: All of us.
 私達みんなでね。

Chandler: Together.
 一緒にね。

Ross: Not at the concert.
 コンサートじゃなくても。

Rachel: Ok.
 わかったわ。

Joey: Yeah.
 ああ。

Rachel: Thank you.
 ありがと。

Joey: Thanks.
 ありがと。

Phoebe: Yeah.
 そうね。

(気まずい)
Chandler: So, the ebola virus. That's gotta suck, huh?
 ところで、エボラ熱、怖いね!

《モニカ達の部屋:チャンドラー・モニカ・ロスが並んで立っている》

Chandler: Gee, Monica, what's in the bag?
 おや? モニカ、バックの中に何があるの?

Monica: I don't know, Chandler. Let's take a look.
 何かしら、チャンドラー。ちょっと見てみましょうか。

Phoebe: Oh, it's like a skit.
 寸劇みたいね。

Monica: Why, it's dinner for six. 5 steaks, and an eggplant for Phoebe.
 まぁ、6人分の食材だわ。ステーキ5枚と、フィービーにはおナスよ。

Ross: Whoo!
 ヒュー!

Phoebe: Cool.
 いいわね。

Monica: Yeah, we switched meat suppliers at work, and the new guys gave me the steaks as sort of a thank you.
 お肉の卸業者を替えたら、そこの人がお礼にってステーキをくれたのよ。

Ross: But wait, there's more. Hey, Chandler, what is in the envelope?
 でも待てよ。まだ何かあるぞ。ねぇ、チャンドラー、その封筒には何が入っているの?

Chandler: By the way, this didn't seem so dorky in the hall.
 (ジョーイ・フィービー・レイチェルに)廊下でやった時はこんなにバカみたいじゃなかったんだけど。

Ross: Come on.
 いいから。

Chandler: Why, it's six tickets to Hootie and the Blowfish! The Blowfish!
 おや? フーティー・アンド・ザ・ブロウフィッシュのチケットだ! ・・・ブロウフィッシュ!

Monica: It's on us, all right, so don't worry. It's our treat.
 私達からよ。だから心配しないで。おごりだから。

Phoebe: So...Thank you.
 そう。ありがと。

Ross: Could you be less enthused?
 いやに熱意がないよね?

Joey: Look, it's a nice gesture, it is. But it just feels like...
 いいか、厚意はありがたいと思うよ。でも・・なんか

Monica: Like?
 なんか?

Joey: Charity.
 施しみたいだ。

Monica: Charity?
 施し?

Ross: We're just trying to do a nice thing here.
 親切にしただけなのに。

Rachel: Ross, you have to understand that your nice thing makes us feel this big.
 ロス、わかってくれないかな。その親切で、私達はこんなくらいだって感じさせられちゃう。(指で幅を見せる)

Phoebe: Actually, it makes us feel that big.
 (レイチェルの指の幅を狭めて)いえ、これくらいだって感じにさせられちゃう。

Ross: I don't, I don't understand. I mean, you, it's like we can't win with you guys.
 なんで、わからないよ。それじゃいったいどうしたらいいのか・・。

Chandler: If you guys feel this big, maybe that's not our fault. Maybe that's just how you feel.
 もし君らがこれくらいに感じるっていうんなら、もう俺たちのせいじゃなくて、もしかして君らの感じ方のせいじゃないのか?

Joey: Oh, now you're telling us how you feel.
 ああ、俺らの感じ方を言うのかよ。

Rachel: Ok, we never should have talked about this.
 もう、こんなこと話すんじゃなかったわよ。

Phoebe: I'm just gonna pass on the concert, 'cause I'm just not in a very Hootie place right now.
 とにかくコンサートは行かないわ。フーティなんんて気分じゃないもんね。

Rachel: Me neither.
 私も。

Joey: Me too.
 俺もだ。

Monica: Guys, we bought the tickets.
 ねぇちょっと。チケット買ったのよ。

Phoebe: Oh, well, then you'll have extra seats you know, for all your tiaras and stuff.
 あらそう、じゃあ余分に席があってよかったわね。ティアラとか置けるじゃん。

Chandler: Why did you look at me when you said that?
 なんでそれを言うときに俺の顔を見るんだ?

Monica: Well, I guess now we can't go.
 もう、それじゃ私達も行けないわ。

Rachel: What? Come on, you do what you want to do. Do we always have to do everything together?
 何ですって? なによ。したいことしたらいいじゃない。何でも私達全員でしなきゃならないの?

Monica: You know what? You're right.
 そうなのね? わかったわよ。

Phoebe: Fine.
 いいわよ。

Ross: Fine.
 もういいよ。(出て行く)

Joey: Fine.
 いいさ。

Chandler: Fine.(出て行く)
 わかった。

Rachel: Fine.
 いいわよ。

Monica: All right. We're gonna go. … It's not for another six hours. We're gonna go then.
 もういいわ。私達で行くから。(出て行くが、すぐ戻ってきて)あと6時間あるから、それから行くわ。

《チャンドラー達の部屋》

Ross: Chandler!
 (入ってきて)チャンドラー!

Chandler: Yeah?
 (扉の陰から)はい?

Ross: Geez! Are you ready?
 おお! 用意できた?

Chandler: Yes. Yes! Just let me grab my jacket and tell you I had sex today.
 ああ。できたぞ。ジャケット取ってきて、それから言うけど、今日エッチした。

Ross: Whoa! You had sex today?
 ヒュー! 今日エッチした?

Chandler: Wow, it sounds even cooler when somebody else says it. I was awesome, ok? She was biting her lip to stop from screaming.
 ワオ! 人が言ってくれると余計すごいことに思えるな。俺はすごかったんだ。彼女、クチビルをかんで叫ぶのを我慢してたんだ。

Ross: Wow!
 ワオ!

Chandler: Now I know it's been awhile, but I took it as a good sign.
 久しぶりだけど、これはいいシルシだ。

(電話が鳴るがチャンドラーは出ない)
Ross: Still doing the screening thing?
 まだあの選別やってんの?

Chandler: I had sex today. I never have to answer that phone again.
 今日エッチしたんだ。もう電話に出る必要なんかない。

Machine: Here comes the beep, you know what to do.
(ジョーイの声で留守電応答ボイス)ビープがなったら、あとはわかるよね。

Jade: Hey, Bob, it's Jade. Listen, I just wanted to tell you that I was really hurt when you didn't show up the other day, and just so you know, I ended up meeting a guy.
 ハーイ、ボブ。ジェイドよ。聞いて。すっぽかされて本当に傷ついたわ。言っとくけど、それで他の男に出会ったのよ。

Chandler: Bob here.
 (電話に出て)ボブだ。

Jade: Oh, hi.
 あら、ハーイ。

Chandler: So, uh, you met someone, huh?
 それで? 誰かに会ったって?

Jade: Yes, yes, I did. In fact, I had sex with him 2 hours ago.
 ええ、そうよ。ほんと、2時間前にその人とセックスしたんだから。

Chandler: So, uh, how was he?
 それで、どうだった?

Jade: Eh.
 うぇ。

Chandler: Eh?
 うぇ?

Jade: Oh, Bob, he was nothing compared to you. I had to bite my lip to keep from screaming your name.
 ああ、ボブ、あなたに比べたら何でもなかったわ。私あなたの名前を叫びそうで、クチビルを噛んで我慢したのよ。

Chandler: Well, that makes me feel so good.
 ああ、それはうれしいね。

Jade: It was just so awkward and bumpy.
 もう、ぎこちなくて、不器用で。

Ross: Bumpy?
 (声を出さず)不器用?

Chandler: Well, maybe he had some kind of new, cool style, that you're not familiar with. And maybe you have to get used to it.
 いやー。もしかしたら、君が知らないだけで、なにか新くていいやり方かもしれないぞ。慣れの問題じゃないか?

Jade: Well there really wasn't much time to get used to it, you know what I mean?
 でも慣れる暇もないのよ。わかるでしょ?

《コンサート会場》

Monica: You know what? I'm not gonna be able to enjoy this.
 ねぇ、私、楽しめるとは思えない。

Ross: Yeah, I know, it's my birthday. We all should be here.
 ああ、そうだよ、僕の誕生日なんだから。みんな一緒じゃないと。

Chandler: So, let's go.
 じゃあ、行こうか。

(立ち上がって行きかけるが、演奏が始まる)
Ross: Well maybe, you know, maybe we should stay for one song.
 いや、この一曲だけ聞いていこうか。

Chandler: Yeah, I mean, it would be rude to them for us to leave now.
 そうだな。今出たら失礼だよな。

Monica: You know, the guys are probably having a great time.
 それに、みんなも楽しんでるかもしれないわよね。

《モニカ達の部屋》

Joey: Come on you guys, one more time.
 いいじゃん、もう一回!

Phoebe: Ok. One.
 わかったわ。1。

Joey: Nooo.
 はずれー!(2本たてた指を見せる)

《コンサート会場》

Monica: That was amazing!
 すばらしかったわね!

Ross: Excellent, that was excellent.
 最高だね。ほんと最高。

Chandler: I can't believe the guys missed this.
 やつら来なかったなんてありえないよな。

Ross: What guys? Oh, yeah.
 やつらって? ああ、うん。

Young Man: Excuse me, you're Monica Geller aren't you?
 すみません、モニカ・ゲラーじゃない?

Monica: Do I know you?
 知り合いかしら?

Young Man: You used to be my babysitter.
 僕のベビーシッターだったでしょ?

Monica: Oh my god, little Stevie Fisher? How've you been?
 うそみたい! スティーブ・フィッシャー? 元気だった?

Steve: Good, good, I'm a lawyer now.
 元気元気。今は弁護士だよ。

Monica: You can't be a lawyer. You're eight.
 そんなのあり得ないわ。8歳じゃないの?

Steve: Listen, it was nice to see you. I gotta run backstage.
 会えて嬉しかったよ。僕は楽屋行かなきゃいけないんだ。

Monica: Uh, wait, backstage?
 待って。楽屋へ?

Steve: Oh, yeah, my firm represents the band.
 ああ、うちの法律事務所はこのバンドの顧問なんだ。

Ross: Ross.
 ロスです。

Chandler: Chandler.
 チャンドラーです。

Steve: How are you? Look, you guys wanna meet the group? Come on. So, are you one of the ones who fooled around with my dad?
 初めまして。ね、君たちもバンドのみんなに会いたい? 来て。(モニカに)ところで、君もうちの父と遊んでた一人?

《セントラルパーク》

Ross: Hey, you guys.
 やぁ、君たち。

Rachel: Happy birthday.
 ハッピーバースデー。

Ross: Oh, thank you, thanks. So, how was your night last night?
 ああ、ありがとう。昨日の夜はどうだった?

Rachel: Oh, well, it pretty much sucked. How was yours?
 ああ、そうね。つまんなかったわ。あなたたちは?

Monica: Yeah, ours pretty much sucked too. Oh, but I did run into little Stevie Fisher. Do you remember him?
 ええ、私達もつまらなかったわ。あ、でもスティーブ・フィッシャーに出会ったわよ。覚えてる?

Rachel: Oh yeah. I used to babysit him. Hey, how's his dad?
 ええ、覚えてるわ。ベビーシッターしたわよ。彼のおとうさん元気?

Monica: Good.
 ええ。

Ross: Uh, aside from that, the whole evening was pretty much a bust.
 それ以外はひどい夜だったよ。

Chandler: Yeah, we really missed you guys.
 ああ。君らがいないとつまらないよ。

Joey: Yeah, look, we were just saying, this whole thing is so stupid.
 そうだよ。話したんだけど、こんなのバカげてるよな。

Phoebe: We just have to really, really, really, not let stuff like money get….. Is that a hickey?
 私達、本当に本当に本当に、お金のことなんかで・・・それキスマーク?

Monica: No, I just, I fell down.
 いえ。これはちょっと。転んだのよ。

Rachel: On someone's lips? Where'd you get the hickey?
 誰かのクチビルの上に? どこでキスマークなんてつけたの?

Monica: You know, a party, or...
 それはあれよ、パーティとか・・

Rachel: What party?
 何のパーティ?

Ross: It wasn't a party, so much a party as a...a gathering of people, with food, and music, and, and the band.
 パーティというほどのものじゃないよ。集まりっていうか。食べ物があって、音楽があって、それからバンドも。

Joey: You partied with Hootie and the Blowfish?
 フーティー・アンド・ザ・ブロウフィッシュとパーティ?!

Chandler: Yes, apparently Stevie and Hootie are like this.
 ああ、スティービーとフーティーは仲がいいらしい。

Rachel: Who gave you that hickey?
 それは誰のキスマーク?

Monica: That would be the work of a Blowfish.
 ブロウフィッシュよ。

Rachel: Oh!
 まぁ!

Phoebe: Oh! I can't believe it. I can't believe this. We're just like, sitting at home, trying to guess Joey's fingers, and you guys are out like partying and having fun, and you know, all, "Hey, Blowfish, suck on my neck".
 もう! あり得ないわ。信じられない。私達なんて、家でジョーイの指が何本なんてゲームしてたっていうのに、あなた達はパーティで楽しんで、「ヘイ!ブロウフィッシュ! 私のクビに吸いついてよ!」

Ross: Look, don't blame us. You guys could have been there, you know.
 僕らを責めないでくれよ。君らも来たらよかったんだよ。

Rachel: What, as part of your poor friends outreach program?
 貧しい友達救済作戦にのっかって?

Monica: Oh great, it's work. Can you hand me that?
 (ポケベルが鳴った)あ、仕事だわ(ロスに)電話とってくれる?

Chandler: I don't know what to say. I'm sorry that we make more money than you. But we're not gonna feel guilty about it. We work really hard for it.
 なんて言えばいいんだ。君達より稼いでごめんよ。でもそれについて罪悪感は持たないよ。頑張って働いているんだから。

Joey: And we don't work hard?
 俺たちは頑張ってないってか?

Monica: Yeah, hi, it's Monica. I just got a page.
 (電話で)はい、モニカです。ポケベル鳴ったので。

Chandler: I'm just saying that sometimes we like to do stuff that costs a little more.
 たまには、少しお金をかけて楽しみたいって言ってるんだ。

Joey: And you feel like we hold you back.
 それで俺たちが足を引っ張ってるっていうのか。

Chandler: Yes.
 ああ。

Rachel: Oh!
 まぁ!

Chandler: No.
 いや。

Monica: Leon, Leon. Shhh! Guys. … Wait, I don't understand. Those steaks were just a gift from the meat vendor. That was not a kick back. Come on. I'll just replace them and we can forget the whole thing… What corporate policy? … No. …Yeah. … Okay…. I just got fired.
 (電話で)レオン、レオン。(みんなに)シーッ!みんな。(電話で)待って、そんなのわからないわ。あのステーキは業者からのプレゼントよ。リベートなんかじゃないわ。もう返すから忘れてくれない? ・・・会社の方針って? ・・・ いいえ。・・はい。・・・わかりました。(電話を切る)クビにされたわ。

Phoebe: Oh.
 まぁ!

Waitress: Here's your check. That'll be $4.12.
 レシートです。4ドル12です。

Joey: Let me get that. You got five bucks?
 俺が。(チャンドラーに)5ドルある?

《チャンドラー達の部屋:ジョーイ一人》

Machine: Here comes the beep, you know what to do.
 (ジョーイの声で留守電応答ボイス)ビープがなったら、あとはわかるよね。

Jade: Hi, it's me. Listen, Bob. I'm probably way out of line here. I mean, It has been 3 years, and you're probably seeing someone else now, but if we could just have one night together, just for old time's sake, one hot, steamy, wild night...
 ハーイ、私よ。聞いてボブ、きっともう、こんなこと言ってもしようがないのよね。もう3年になるんだし、あなたにはもう誰かいるわよね。だけど、私たち、一晩一緒に過ごせないかしら。昔みたいに・・・熱くてエロティックで、燃えるような・・・
(ジョーイが電話にとびかかって床に落ちる)


にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村


英語 ブログランキングへ
posted by らんち at 15:13| Comment(0) | Season2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。