2013年06月06日

2-3 The One Where Mr. Heckles Dies

2-3 ヘッケルさんが亡くなる話

☆迷惑な遺産相続☆

《モニカ達の部屋:みんないるところへチャンドラーが来る》

Chandler: Hey.
 やぁ。

All: Hey!
 ハーイ!

Monica: So how was Joan?
 ジョーンとデートどうだった?

Chandler: I broke up with her.
 別れたよ。

Ross: Don’t tell me, because of the big nostril thing?
 まさか、鼻の穴が大きいからってわけじゃないよな?

Chandler: They were huge. When she sneezed, bats flew out of them.
 巨大なんだ。クシャミをしたら、こうもりが飛び出してきたんだぞ。

Rachel: Come on, they were not that huge.
 そんな大きいわけないでしょ。

Chandler: I'm telling you, she leaned back; I could see her brain.
 本当だったら。彼女が頭をそらすと、脳が見えるんだ。

Monica: How many perfectly fine women are you gonna reject over the most superficial insignificant things?
 些細で表面的な理由で、完璧な女の人をどれだけフってきた?

Joey: Hold it, hold it. I gotta side with Chandler on this one. When I first moved to the city, I went out a couple of times with this girl, really hot, great kisser, but she had the biggest Adam's apple. It made me nuts.
 待て待て。その件ではチャンドラーの肩を持つぞ。最初にニューヨークに来た時、2回ぐらいつきあった子がいたんだ。本当にホットでキスがうまい子だったけど、すごくデカいのど仏があって、たまんなかったよ。

Chandler: You or me?
 (ロスに)どっちが言う?

Ross: I got it. Joey, women don't have Adam's apples.
 僕が。ジョーイ、女性にはのど仏はないよ。

Joey: You guys are messing with me, right?
 ……みんなでからかってるんだな?

All: Yeah.
 …そうだよ。

Joey: That was a good one. For a second there, I was like, "whoa."
 うまいじゃん。一瞬、ウワーって焦ったよ。

《時間経過》

Phoebe: You name one woman that you broke up with for a real reason.
 ちゃんとした理由で別れた例をあげてみてよ。

Chandler: Maureen Rosilla.
 モーリーン・ロジラ。

Ross: "’Cause she doesn’t hate Yanni," is not a real reason.
 『ヤニーを嫌ってないから』ってのはちゃんとした理由にならない。

Monica: Hello, Mr. Heckles.
 (ノックに応えて)こんにちは、ヘッケルさん。

Mr. Heckles: You're doing it again.
 またやってるぞ。

Monica: We're not doing anything.
 何もしてませんよ。

Mr. Heckles: You're stomping. It's disturbing my birds.
 足を踏み鳴らしている。うちの鳥が嫌がっておる。

Rachel: You don't have birds.
 鳥飼ってないでしょう?

Mr. Heckles: I could have birds.
 飼うことだってできるぞ。

Monica: Okay, Mr. Heckles, we'll try to keep it down.
 ハイ、ヘッケルさん、静かにするようにしますよ。

Mr. Heckles: Thank you. I'm going to rejoin my dinner party.
 ありがと。ディナーパーティにもどるとするよ。

Rachel: All right, bye-bye.
 それじゃ、バイバイ。

Chandler: Okay, Janice. Janice. You gotta give me Janice. That wasn't about being picky.
 そうだ、ジャニス。ジャニスだ。ジャニスはいいだろ。あれは好みがうるさいとかじゃない。

Ross: We'll give you Janice.
 それは譲るよ。

Phoebe: I miss Janice though. (Imitating Janice) "Hello, Chandler Bing."
 ジャニス懐かしいわね。(マネをして)『ハロー、チャンドラー・ビィング!』

Rachel: "Oh, my, god."
 (マネて)『オー・マイ・ゴーッド』

Joey: "Oh, Chandler, now, now, that's it. There, faster!"
 (マネて)『おお、チャンドラー、すぐ、そこよ、速く!』

(階下で天井をつつく音)
Monica: Stop with the broom, we're not making noise.
 ほうきでつつくのやめて! 何も音をたててませんよ!

(みんなで足踏みをし、ほうきの音、さらに足踏み…ついに音が止んで)
Rachel: We won. We won!
 勝ったわ! 勝ったわ!

《運ばれて行くヘッケルさんを見送る》

Monica: Mr. Heckles.
 ヘッケルさん…。

Rachel: How did this happen?
 どうしてこうなったの?

Mr. Treeger: He must have been sweeping. They found a broom in his hand.
 掃き掃除をしていたらしい。ほうきを持っていたそうだ。

Monica: That's terrible.
 ひどい。

Mr. Treeger: I know. I was sweeping yesterday. It could've been me.
 本当に。俺も昨日掃き掃除をしていたよ。俺だったかもしれない。

Ross: Sweeping.. You never know.
 掃き掃除を……。わからないもんだ。

Mr. Treeger: You never know.
 わからんもんだ。

《モニカ達の部屋》

Phoebe: Ok, it's very faint, but I can still sense him in the building. Go into the light, Mr. Heckles!
 かすかにだけど、まだ彼がいるのを感じるわ。(突然叫ぶ)光の方へ行くのよ、ヘッケルさん!!

Chandler: Ok, Phoebe.
 ハイ。フィービー。

Phoebe: I'm sorry, but sometimes they need help. That's fine. Go ahead and scoff. You know there're a lot of things out there that I don't believe in, but that doesn't mean they're not true.
 失礼、だけど、助けが要る人もいるのよ。…いいわよ。笑えばいいわ。私が信じてないことがたくさんあるけど、でもだからって、それがウソだとは限らないわよ。

Joey: Such as?
 たとえば?

Phoebe: Like crop circles, or the Bermuda triangle, or evolution?
 ミステリーサークルとか、バミューダトライアングルとか、進化論とか?

Ross: Whoa, whoa, whoa. What, you don't... you don't believe in evolution?
 待って待って。君…君、進化論を信じてない?

Phoebe: Nah. Not really.
 ううん。そんなに。

Ross: You don't believe in evolution?
 進化論を信じない?

Phoebe: I don't know, it's just, you know...monkeys, Darwin, you know, it's a, it's a nice story, I just think it's a little too easy.
 なんていうかしら。ただ…サルだの、ダーウィンだの…いいお話だけど、なんか単純すぎるわ。

Ross: Too easy? Too...The process of every living thing on this planet evolving over millions of years from single-celled organisms, is-is too easy?
 単純? た…この地球のすべての生き物が、何百年もかけて、ひとつの細胞から進化してきたっていうのが、それが単純?

Phoebe: Yeah, I just don't buy it.
 そうね。私は信じない。

Ross: Excuse me. Evolution is not for you to buy, Phoebe. Evolution is scientific fact, like, like, like the air we breathe, like gravity.
 ちょっと。進化論は、信じるとか信じないとかじゃないよ、フィービー。進化論は科学的な事実だ。たとえば…たとえば…この呼吸している空気とか、重力とかみたいに。

Phoebe: Ok, don't get me started on gravity.
 ちょっと、重力の話はやめてくれる。

Ross: You... you don't believe in gravity?
 君…君は重力も信じてないって?

Phoebe: Well, it's not so much that you know, like I don't believe in it, you know, it's just...I don't know, lately I get the feeling that I'm not so much being pulled down as I am being pushed.
 信じてないとかってね、そう言うより、なんていうかただ・・・最近、引っ張られているというより、押されてる感じの方が強いのよね。

(ノックの音)
Chandler: Uh-Oh. It's Isaac Newton, and he's pissed.
 おーっと。アイザック・ニュートンさんが怒ってきたぞ。

Mr. Treeger: There she is. And over there, that's the other one. This is Mr. Buddy Boyle, Mr. Heckles' attorney. He'd like to talk to you.
 (一緒に来た男性に向かって)ほら彼女だ。あちらにもう一人。(モニカに)こちらバディ・ボイルさん、ヘッケルさんの弁護士だ。あんたがたに話があるそうだよ。

Monica: What can we do for you?
 なんでしょうか?

Mr. Boyle: All right, kids. Here's the deal. According to my client's will, he wants to leave all his earthly possessions to "The noisy girls in the apartment above mine."
 よし、いいですか、お話しします。依頼者によれば、この世の所持品はすべて『階下のうるさい女の子』に遺すとのことです。

Monica: Well, what about his family?
 え。彼のご家族は?

Mr. Boyle: He didn't have any.
 いないですよ。

Rachel: Ok, so let's talk money.
 まぁ。じゃあ金額は?

Mr. Boyle: All right, there was none. Let's talk signing. You be noisy girl number one, you be noisy girl number two.
 はい、ゼロです。サインを頼みますよ。(モニカに)あなたはうるさい女の子1、(レイチェルに)あなたはうるさい女の子2で。

Monica: I can't believe that this whole time we thought he hated us. I mean, isn't it amazing how much you can touch someone's life, without even knowing it?
 信じられない。私たちを嫌ってると思ってた間ずっと? 知らない間に、人の人生に影響を与えていたなんて、すごくない?

《ヘッケルさんち》

Monica: Would you look at this dump? He hated us. This is his final revenge!
 このゴミを見た? 私たちを憎んでたのね。最後の報復だわ!

Rachel: Have you ever seen so much crap?
 こんなたくさんのゴミ見たことある?

Chandler: Actually, I think this apartment sullies the good name of crap.
 いや、この部屋をゴミと呼ぶのはゴミの名誉を傷つけるぞ。

Joey: Check this out. Can I have this?
 見てよ。(レンズのボードを持って)これもらっていい?

Ross: How can you not believe in evolution?
 (フィービーに)どうしたら進化論を信じないなんて言えるんだ?

Phoebe: I don't know, just don't. Look at this funky shirt!
 知らないわよ。ただ信じないだけ。見てこの楽しいシャツ!

Ross: Pheebs, I have studied evolution my entire adult life. Ok, I can tell you, we have collected fossils from all over the world that actually show the evolution of different species, ok? You can literally see them evolving through time.
 フィーブス、僕はずっと進化論を学んできたんだ。いいかい、世界中で化石が発見されているんだ。その化石から、別の種へと進化しているのが見てとれるんだよ。実際に、時間を追って進化したのが見られるんだ。

Phoebe: Really? You can actually see it?
 そうなの? 実際に見られるの?

Ross: You bet. In the U.S., China, Africa, all over.
 そうだよ。アメリカでも中国でもアフリカでも、世界中でね。

Phoebe: See, I didn't know that.
 そう。それは知らなかったわ。

Ross: Well, there you go.
 ほらね、そうなんだよ。

Phoebe: Huh. So now, the real question is, who put those fossils there, and why?
 そう。じゃあ、問題は、誰がその化石を、なぜ置いたかよね?

Chandler: Hey, look at this. "My Big Book of Grievances."
 おい、これ見ろよ。『私の不満の種本』だって。

Joey: Hey, there's me! April 17th. Excessive noise. Italian guy comes homes with a date. Hey Chandler, look, you're in here too.
 おい! これ俺だ! 『4月17日。ひどい騒音。イタリア男が女を連れて帰ってくる』。あ、チャンドラー、おまえもいるぞ。

Chandler: April 18th, excessive noise. Italian guy's gay roommate brings home e dry-cleaning. Well that's excellent.
 『4月18日、ひどい騒音。イタリア男のゲイのルームメイトがクリーニングを持ち帰る』。これは素晴らしいね。

Rachel: Monica, Monica, look at this lamp. (She’s holding a lamp made from seashells.) Is this tacky or what? We have to have this.
 モニカ、モニカ、このランプ見て。安っぽいじゃない? これ持ってっていい?

Monica: Rach, I think we have enough regular lamps.
 レイチ、うちにはもう十分ランプあるわよ。

Rachel: What? Come on, it's not like I'm asking for this girlie clock or anything, which, by the way, I also think is very cool.
 なんで? いいじゃない。変な女の子の時計を置くって言ってるんじゃないんだから、ところであれ結構いいじゃん。

Monica: It doesn't go with any of my stuff.
 それは私の他の家具に合わないわ。

Rachel: Well, what about my stuff?
 あら。私の家具には?

Monica: You don't have any stuff.
 家具ないじゃん。

Rachel: You still think of it as your apartment, don't you?
 あなたまだ自分の部屋って思ってるのね?

Monica: No.
 いいえ。

Rachel: Yes you do. You think of it as your apartment, and I'm just somebody who rents a room.
 思ってるわよ。あれはあなたの部屋で、私はただの間借り人と思ってるのね。

Monica: Mmmmm.
 ンーーー…。

Rachel: Ok, while you "mmm" on it for awhile, I'm gonna go find a place for my new lamp.
 いいわ。あなたが『ンー」って言ってる間に、私これを置く場所を決めようっと。

Ross: Ok, Pheebs. See how I'm making these little toys move? Opposable thumbs. Without evolution, how do you explain opposable thumbs?
 いいかい、フィーブス、これを見て(おもちゃを動かす)、このおもちゃを動かしてるのを? 4本の指と向き合っている親指だ。進化論なしで、どうやってこの向き合う親指を説明する?

Phoebe: Maybe the overlords needed them to steer their spacecrafts.
 もしかしたら、重量オーバーで宇宙船の向きを変えなきゃならなかったのかも。

Ross: Please tell me you're joking.
 頼むから冗談だって言って。

Phoebe: Look, can't we just say that you believe in something, and I don't.
 ねぇ、あることを、あなたは信じてる、私は信じてないって、ただそれだけにしておけない?

Ross: No, no, Pheebs, we can't, ok, because−
 ダメダメ、フィーブス。それはダメだよ。だって・・・

Phoebe: What is this obsessive need you have to make everyone agree with you? No, what's that all about? You know, I think maybe it's time you put Ross under the microscope.
 あなたのその、みんなが賛成してくれていないといけないっていう思い込みは何? いったいそれ何なの? あなた、ロスを顕微鏡で調べてみる時がきてるんじゃない?

Ross: Is there blood coming out of my ears?
 (チャンドラーに)僕、耳から出血してない?

Joey: Check it out, check it out. Heckles' high school yearbook.
 これ見て、これ見て! ヘッケルさんの高校の卒業アルバムだぞ。

Chandler: Wow, he looks so normal.
 わお。彼すごい普通じゃん。

Phoebe: He's even kind of cute.
 可愛いとさえ言えるわよ。

Joey: "Heckles, you crack me up in science class. You're the funniest kid in school."
 『ヘッケル、科学の授業では笑わせられたよ。学校一のおもしろい奴だ』。

Chandler: Funniest? Heckles?
 おもしろい? ヘッケルさんが?

Joey: That's what it says.
 そう書いてあるよ。

Chandler: Wow, Heckles was voted class clown, and so was I. … He was right. Would you listen to that?
 ワオ。クラスクラウン(おもしろい奴)に投票されてるぞ。俺もだったんだ。(騒音がする)彼の言う通りだな。この音聞いた?

Phoebe: I'd call that excessive.
 まぁ、過剰と言っていいかも。

Chandler: Whoa!
 うわっ!

Joey: What?
 何だ?

Chandler: Heckles played clarinet in band, and I played clarinet. And he was in the scale modeler’s club, and I was, well, there was no club, but I sure thought they were cool.
 ヘッケルさんはバンドでクラリネットを吹いてたんだ。俺もだよ。それにプラモデルクラブにも入ってた。俺は…俺の場合はクラブはなかったけど、いいなと思ってたんだ。

Joey: So, you were both dorks. Big deal.
 それが? 二人ともダサい。それがどうかしたか?

Chandler: I just think it's weird, you know? …Heckles and me, Heckles and me, me and Heckles … Would you knock it off? …… Bah!
 変な感じだと思ってさ。(騒音がする)ヘッケルさんと俺・・ヘッケルさんと俺…俺とヘッケルさん…(ほうきをつかんで天井を突く)いい加減にしろよな!(我に返って)うわっ!!

《ヘッケルさんち:翌日》

Joey: Have you been here all night?
 (入ってきて)一晩中ここにいたのか?

Chandler: Look at this. Pictures of all the women that Heckles went out with. Look what he wrote on them. Vivian, too tall. Madge, big gums. Too loud, too smart, makes noise when she eats. This is, this is me. This is what I do. I'm gonna end up alone, just like he did.
 これを見ろよ。ヘッケルさんがつきあった女性達の写真だ。彼が何て書いたか見てみろよ。ヴィヴィアン、背が高過ぎ、マッジ、歯茎がでかい。声が大きすぎる、頭がよすぎる、食べる時音をたてる。これは、これは俺だ。これは俺がやってることだ。俺は一人で終わるんだ。まさに彼みたいに。

Joey: Chandler, Heckles was a nut case.
 チャンドラー、ヘッケルさんは変人だったんだぞ。

Chandler: Our trains are on the same track, ok? Yeah, sure, I'm coming up 30 years behind him, but the stops are all the same. Bitter Town. Aloneville. Hermit Junction.
 俺らの電車は同じ路線を通ってる。そうさ、俺は30年遅れだけど、止まる駅はみんな同じだ。『苦しみの街』、『孤独村』、『世捨て人ジャンクション!』

Joey: All right, you know what we gotta do? We gotta get you out of here. Come on, I'll buy you breakfast, let's go.
 よーし、おまえに何が必要かわかるか? おまえはここを出て行くんだ。こいよ。朝食おごるから、行こう。

Chandler: What if I never find someone? Or worse, what if I've found her, but I dumped her because she pronounced it ‘supposably?’
 もし誰も見つからなかったら? それかもっと悪いことに、せっかく見つけたのに、彼女が『supposably?』って発音したからって振ったりするんだ!

Joey: Chandler, come on, you're gonna find somebody.
 チャンドラー、おまえだって誰か見つかるって!

Chandler: How do you know that? How?
 どうしてわかるんだ? どうして?

Joey: I don't know, I'm just trying to help you out.
 知らないよ。ただ助けたかっただけ。

Chandler: You'll see, you guys are all gonna go off and get married, and I'm gonna end up alone. Will you promise me something? When you're married, will you invite me over for holidays?
 見てろよ、おまえらみんなが結婚していなくなって、俺は一人で終わるんだ。 約束してくれないか? おまえが結婚しても、ホリデーには家に呼んでくれる?

Joey: Well, I don't know. I don't know what we're gonna be doing. I mean, what if we're at her folks' place?
 ああ? どうだろう。だってどうなるかわからないじゃん。彼女の家に住むとかかもだし。

Chandler: Yeah, I understand.
 ああ、わかるよ。

Joey: You can come over and watch the Super Bowl. Every year, all right?
 スーパーボールの時は見に来ていいぞ。毎年だ。な?

Chandler: You know what? I'm not gonna end up like this. I'll see you man.
 考えたぞ。俺はこんなふうに終わらないぞ。また後でな。

Joey: Supposably. Supposably. Did they go to the zoo? Supposably.
 Supposably… Supposably… みんな動物園に行った?Supposably.(たぶんね)

(supposed 想像上の・想定上の・
 supposedly たぶん、おそらく
 supposable 想像・仮定できる
 supposably (=supposable, アメリカ英語であり、米国内のみ通用)
 チャンドラーは、正しくsupposable でいくべきと思ってるのかな?
 ジョーイの独り言では、それがもう一つの問題へ進化しているのかも。
 supposedly は supposablyと同義語ではないのに、
 supposedly であるはずの時にsupposably を使う人が多いという、
 その一例のようです。
 「たぶんね」だったら supposedly になる)


《チャンドラー達の部屋:帰ってきて電話をするチャンドラー》

Chandler: Hi, it's me.
 もしもし、俺だ。

Janice: Oh, my, god.
 オー、マーイ、ゴーッド。

《セントラルパーク:ジャニスに電話をしたと話したチャンドラー》

Phoebe: Janice? You called Janice?
 ジャニス? ジャニスに電話したの?!

Chandler: Yes, Janice. Why is that so difficult for you to comprehend?
 そう、ジャニスだよ。なんでそんなに理解し難い?

Ross: You remember Janice, right?
 ジャニス覚えてるよな?

Chandler: Yes. She was smart, she was pretty, and she honestly cared about me. Janice is my last chance to have somebody.
 ああ。彼女は賢くて、かわいくて、そして本当に俺を思ってくれた。ジャニスは俺が誰かとつき合える最後のチャンスだ。

Janice: Hello!!
 (妊婦姿で登場)ハーローォ!

Chandler: Oh…my…God!
 オー・・・マイ・・・ゴッド。

Joey: Jeez, look how fat she got.
 うわ、見ろよ、あんなに太って。

Janice: Hey, it's everybody.
 ハーイ、みんないるじゃん。

Chandler: Janice, you're…
 ジャニス、君・・・。

Janice: Yes, I am.
 ええ、そうなのよ。

Chandler: Is it…
 それは・・・

Janice: Is it yours? Ha! You wish, Chandler Bing. You are looking at a married lady now.
 あなたの子かって? ハッ! そうだといいわね、チャンドラー・ビング。あなたは今、結婚した女性を目にしているのよ。

Chandler: Congratulations.
 おめでとう。

Janice: Oh, sweetie, I'm sorry.
 あら、あなた、ごめんね。

Chandler: You couldn't have told me about this on the phone?
 電話の時に言ってくれたらよかったのに。

Janice: And what? Missed the expression on your face? Janice likes to have her fun.
 それで? あなたの反応を見損なうの? ジャニスはお楽しみが好きなのよー。

《モニカ達の部屋》

Monica: Hey, Rache. You know what we haven't played in a while?
 ねぇ、レイチ、私たちしばらくしてない遊びあるじゃない?

Rachel: What?
 何?

Monica: Hide the Lamp.
 ランプ隠し。

Rachel: Monica, let it go.
 モニカ、もういいじゃん。

Monica: Did you know I was allergic to shellfish?
 私の貝のアレルギーって知ってた?

Rachel: Well, then, you'll just have to eat the other lamps.
 あら、じゃあ他のランプ食べなきゃね。

(ロスがブリーフケースを持って入ってくる)
Phoebe: Uh-oh. It's Scary Scientist Man.
 おっと。恐ろしいサイエンス・マンがきた。

Ross: Ok, Phoebe, this is it. In this briefcase I carry actual scientific facts. A briefcase of facts, if you will. Some of these fossils are over 200 million years old.
 いいかい、フィービー。これで決まりだ。このブリーフケースの中に、科学的事実が入っている。真実のケースと言っていい。中には、200万年前の化石もある。
 
Phoebe: Ok, look, before you even start, I'm not denying evolution, ok, I'm just saying that it's one of the possibilities.
 ねぇ、始める前に聞いて。私は進化論を否定しているわけじゃないわ。そうね、私は、それも可能性の一つだと言っているのよ。

Ross: It's the only possibility, Phoebe.
 これしかないんだ、フィービー。

Phoebe: Ok, Ross, could you just open your mind like this much, ok? Wasn't there a time when the brightest minds in the world believed that the world was flat? And, up until like what, 50 years ago, you all thought the atom was the smallest thing, until you split it open, and this like, whole mess of crap came out. Now, are you telling me that you are so unbelievably arrogant that you can't admit that there's a teeny tiny possibility that you could be wrong about this?
 いい?ロス、これっぽっちでもいいから、心を開いてくれる? もっとも賢い人達が、世界が真っ平らだと信じてる時代もあったんじゃないの? それに、50年くらい前まで、あなたたち科学者さんは原子が最小単位だと思っていたのよね。それが中を割って開けてみたら、なんだかごちゃごちゃ出てきたわけでしょ。そして今あなたは、信じられないほど傲慢ぶりで、ほんのちょっぴりでもあなたが間違ってる可能性がないって言うわけ?

Ross: There might be…a teeny…tiny…possibility.
 それは・・・ほんの・・・わずかに・・・可能性が・・。

Phoebe: I can't believe you caved.
 信じられない。折れちゃったわね。

Ross: What?
 え?

Phoebe: You just abandoned your whole belief system. I mean, before, I didn't agree with you, but at least I respected you. How, how, how are you going to go into work tomorrow? How, how are you going to face the other science guys? How, how are you going to face yourself? Oh! … That was fun. So who's hungry?
 あなた、今、あなたの信念を捨てちゃったのね。これまで、私はあなたに賛成はしなくても、少なくとも尊敬はしてたわ。それで明日どんなふうに仕事に取り組むの? 他の科学者さん達に顔向けできるの? 自分自身に顔向けできるの? ああ!! (ロスはブリーフケースを抱きしめて立ち去る)おもしろかった。おなかすいてない?

Rachel: I am. Let me just get my coat.
 すいたわ。ジャケットとってくる。

(モニカが上着を着ようとして、貝殻ランプを落としてしまう)
Rachel: What happened?! What happened?!
 何があっの? 何があったの?

Monica: Ok, all right. It was an accident, I swear, all right. I was putting on my jacket, and the thing, and the lamp, and it broke.
 なんでもないの、アクシデントよ。本当なのよ。ジャケットを着ようとしたのよ。そうしたらそれが、そのランプが…壊れちゃった。

Rachel: Oh, please, Monica. You've always hated my lamp, and now, all of a sudden, it's just magically, it's just broken?
 ウソよ、モニカ。ずっと嫌ってたじゃない。それが今突然、魔法みたいに壊れちゃったって言うの?

Monica: Phoebe, tell her!
 フィービー。本当よね?

Phoebe: Ok, I didn't see it, because I was putting on my jacket, but I want to believe you.
 私もジャケットを着ていて、見てなかったわ。でも、あなたを信じたい。

(チャンドラーが来る)
Rachel: Hey Chandler. Monica just broke my seashell lamp.
 ねぇ、チャンドラー。今モニカが、私の貝殻ランプを壊したのよ。

Chandler: Neat. I'm gonna die alone.
 よかったね。俺は一人で死ぬんだ。

Rachel: Ok, you win.
 あそう。負けたわ。

Monica: Chandler, you're not gonna die alone.
 チャンドラー、一人で死ぬなんてことないわよ。

Chandler: Janice was my safety net, ok? And now I have to get a snake.
 ジャニスは俺の滑り止めだったんだぞ? もうヘビを飼うしかない。

Phoebe: Uh huh. Why is that?
 そうなの? なんで?

Chandler: If I'm gonna be an old, lonely man, I'm gonna need a thing, you know, a hook, like that guy on the subway who eats his own face. So I figure I'll be Crazy Man with a Snake, you know. Crazy Snake Man. And I'll get more snakes, call them my babies, kids will walk past my place, they will run. "Run away from Crazy Snake Man," they'll shout!
 俺がもし、孤独な老人だったら、何か必要だ。わかる? 何かつかまるものが。あの地下鉄で自分の顔食ってる奴みたいにな。だから俺は、ヘビを飼ってるおかしな男になるわけだ。おかしなヘビ男だ。それでもっとヘビを増やして、それを俺の子だと言うんだ。俺の家の前を通る子供達が、走って逃げるんだ。『おかしなヘビ男から逃げろ!』そう叫ぶんだ。

Monica: You have got to get over this. You're not gonna end up alone.
 しっかりして。一人で終わったりしないわよ。

Chandler: Of course I am. I reject anyone who's crazy enough to actually go out with me, and then I bitch about the fact that there aren't any great women out there.
 そうなるに決まってる。俺とデートしてもいいっていってくれる奇特な人を拒否してきて、いい女がいないって愚痴ってるんだ。

Rachel: Chandler, you have just described virtually every man that we have ever gone out with.
 チャンドラー、あなた言ってるのって、私たちがデートしてきた男全部そうよ。

Monica: You are not a freak. You're a guy.
 あなた変なんじゃないわよ。あなたは男なのよ。

Rachel: She's right. She's right. You are no different than the rest of them.
 そうよ。その通り。他の男と変わらないわ。

Monica: Wait a minute, wait a minute. Yes he is. You are totally different.
 待って待って。違うわよ。全然違うわ。

Chandler: In a bad way?
 もっとひどい?

Monica: No, honey, in a wonderful way. You know what you want now. Most guys don't even have a clue. You are ready to take risks, you are ready to be vulnerable, and intimate with someone.
 いいえ、もっといいのよ。あなたは何を求めてるかわかってる。ほとんどの男はわかってないのよ。あなたは賭けてみようって気がある。自分をさらして、誰かと深く関わろうとしてるのよ。

Rachel: Yeah. You're not gonna end up alone.
 そうよ。あなたは一人で終わったりしないわ。

Phoebe: Chandler, you called Janice! That's how much you wanted to be with someone!
 チャンドラー、あなたジャニスに電話したのよ! そこほど、誰かと一緒にいたいって願ってるのよ!

Monica: You made it!
 よくやったわ!

Phoebe: You're there!
 すごいわよ!

Rachel: You are ready to make a commitment!
 あなたは真剣な交際をする準備ができたのよ。

Chandler: Whoa! Don't know about that.
 おーっと! それはどうかな?

《ヘッケルさんち:モニカが人形の時計を持ってくる》

Rachel: What you got there? Something else that's not yours that you can break?
 それなぁに? また壊せる、人の物もってきたの?

Monica: No. Um, I know you like this, and I want you to have it. I think it'll look good in our apartment.
 違うわよ。これ好きでしょ。だからこれ持ってって。私たちの部屋に合うと思うわ。

Rachel: Thank you.
 ありがと。(人形が腰を振ってヒューヒュー)

Monica: That's fine.
 いいのよ。

Chandler: Hey. Well, you will all be pleased to know that I have a date tomorrow night. This woman Alison, from work, she's great. She's pretty. She's smart. And uh, I've been holding off on asking her out in the past, because she has an unusually large head. But, I'm not gonna let that stuff hang me up anymore. Look at me. I'm growing.
 やぁ。喜んでくれ、明日の夜デートするんだ。職場のアリソンって人で、いい子なんだ。かわいいし、賢くて。今まで誘わなかったのは、彼女の頭が人並み以上にデカいからなんだけど、もう、そんなことにこだわらないことにした。見てくれ。成長してるんだ。

Joey: Hey, you can't recycle yearbooks, can you?
 おい、卒業アルバムはリサイクルに出せないよな?

Chandler: I'll take that.
 俺がもらっとくよ。

Joey: You want his yearbook?
 卒業アルバムを?

Chandler: Yeah, yeah. Some people said some nice things about him. I think somebody should have it.
 ああ。彼についていいこと言ってる人がいたじゃないか。持ってる人がいてもいい。

Monica: Oh, gosh, this is so weird. I mean, his whole life was in this apartment, and now it's gone. You know, I think it would be nice if we just took a few moments, for Mr. Heckles. I mean, he was kind of a pain, he was, but he was a person. …You're all going to hell.
 ああ、変な感じね。あの人は一生ここで過ごしたのよ。そしていっちゃった。ねぇ、ヘッケルさんのために少し時間をとってあげるのはどうかしら。(みんながニヤニヤしている)そりゃ彼は悩みのタネだったりもしたけど、でも、一人の人なのよ…(レンズの後ろで拡大されてる自分を皆が笑ってることに気づき)…みんな地獄行きよ。

Rachel: It's really not that big!
 そんな大したことじゃないじゃん!

(みんな出ていく。ジョーイはレンズを持っていく)
Chandler: Taking that with you, huh?
 それ持って行くのか?

Joey: Oh, yeah.
 ああ。

Ross: Hey, you coming?
 おい、来ないの?

Chandler: Yeah, in a second. … Good-bye Mr. Heckles. We'll try to keep it down.
 ああ、すぐ行く。・・・さよなら、ヘッケルさん。静かにするよ。

《レストラン:デート中のチャンドラー》

Allison: Oh, my major was totally useless. I mean, how often do you look in the classifieds and see "Philosopher wanted?"
 私の専攻なんて本当に役に立たなかったわ。求人広告で『哲学者求む』なんて見たことある?

Chandler: Sure. …My god, that's a big head! It didn't look this big in the office. Maybe it's the lighting. My head must look like a golf ball at work. All right, don't get hung up on it, quick, quick, list five things you like about her: Nice smile, good dresser…Big head, big head, big head!
 そうだね。(心の声)ほんと、なんてデカい頭なんだ! オフィスではここまで大きく見えなかったけどな。照明のせいかな。職場では、俺の頭なんてゴルフボールに見えるだろうな。いかん、そこにとらわれるな、早く早く…何か彼女のいいところを5つあげよう:いい笑顔、おしゃれ…デカい頭、デカい頭、デカい頭!!


にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村


英語 ブログランキングへ



posted by らんち at 00:24| Comment(0) | Season2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。