2013年06月05日

2-2 The One With the Breast Milk

2-2 母乳の話

 ☆父とおチチ☆

《モニカ達の部屋:キャロル・スーザン・ベンが来ている》

Monica: Ok, these were unbelievably expensive, and I know he's gonna grow out of them in like, 20 minutes, but I couldn't resist.
 ね、信じられないほど高いし、20分くらいしか使えないことわかってるけど、我慢できなかったわ。(ベビー靴を出す)

Phoebe: Oh, look at these! Hey, Ben. Just do it. …Oh my God, oh, ok, was that too much pressure for him?
 まぁ! 見て! ヘイ、ベン! 実行あるのみだぞ! (ベン泣き出す)あらどうしよう。プレッシャーきつすぎた?

Susan: Oh, is he hungry already?
 まぁ、もうおなかすいたのかしら?

Carol: I guess so.
 そうみたいね。

Chandler: You know, it's... something funny about sneakers. I'll be right back.
 なぁ… (隣で授乳が始まったので)スニーカーがなんかおかしいぞ。すぐ戻るよ。(キッチンへ)

Joey: I gotta get one, too.
 俺も。

Ross: What are you guys doing?
 (キッチンへ)君たち何やってんの?

Chandler: We're just hanging out by the spoons. Ladle?
 別に・・このスプーンのそばに集まってるだけだよ。おたま?

Ross: Look, would you guys grow up? That is the most natural beautiful thing in the world.
 なぁ、オトナになれよ。これは世界一自然で美しいことなんだぞ。

Joey: Yeah, we know, but there's a baby sucking on it.
 ああ、でも赤ちゃんがそれにすいついてる。

Ross: This is my son having lunch, ok? It's gonna happen a lot, so you'd better get used to it. Now if you have any problem with it, if you're uncomfortable, just ask questions. Carol's fine with it, now come on.
 僕の息子のお昼ご飯だぞ。これからはよくあることなんだから、慣れておかないと。何か不都合で居心地悪いなら、キャロルに話してみろ。キャロルは大丈夫だから。ほら。

(キャロルたちのところへ行く)
Ross: Carol?
 キャロル?

Chandler: Carol? I was just wondering if Joey could ask you a question about breast-feeding?
 キャロル? どうかなって思ってるんだけど、ジョーイから授乳について質問していい?

Carol: Sure.
 ええ。

Joey: Uh, does it hurt?
 えっと・・・それ痛い?

Carol: It did at first, but not anymore.
 最初は痛かったけど、もう今は痛くないわよ。

Joey: Chandler?
 チャンドラー?

Chandler: So, uh, how often can you do it?
 それで・・何回くらいできるの?

Carol: As much as he needs.
 彼が必要なだけよ。

Joey: Ok, I got one, I got one. Uh, if he blows into one, does the other one get bigger?
 あ、聞きたい、聞きたい。もし彼がひとつに空気吹き込んだら、片方が膨らむ?(ロスとチャンドラーに引っ張られて行く)

《セントラルパーク》

Julie: Rachel, do you have any muffins left?
 レイチェル、マフィンまだある?

Rachel: Yeah, I forget which ones.
 ええ。どれだったかしら。

Julie: Oh, you're busy, that's ok, I'll get it. Anybody else want one?
 あ、あなたは忙しいのよね、私が取るわ。他に欲しい人いる?

All: No thanks.
 いいよ。

Julie: Oh, you're losing your apron here, let me get it. There you go.
 (レイチェルに)エプロンが緩んでるわ。結んであげる。(結んで)ほら。

Rachel: Thank you. (under her breath to Chandler) What a bitch.
 ありがとう。(小さな声でチャンドラー達に)嫌味な女!

Julie: Oh, listen you guys. I have this friend at Bloomingdale's who's quitting tomorrow and he wants to abuse his discount. So, anyone want to come with me and take advantage of it?
 そうだ、みんな、明日でブルーミングデールズを辞める友達がいて、彼の割引を使えるんだけど、一緒に利用しない?

Phoebe: I can't, I have to take my grandmother to the vet.
 私は無理よ。おばあちゃんを獣医さんに連れて行かなくちゃ。

Monica: Ok, um, I'll go with you.
 ああ、私が一緒に行くわ。

Julie: Great.
 ステキ。

Ross: Hi, honey.
 ハーイ、君。

Chandler: Hey, sweetums.
 ヘイ、スウィータムス。

sweetmus.jpg
 (Sweetums



Ross: Hello to the rest.
 やぁ、他のみんな。

All: Hi!
 ハーイ。(ロスはそのまま入り口でジュリーと立ち話)

Joey: Monica what're you doing? You can't go shopping with her? What about Rachel?
 (モニカに)何してんだよ? 彼女とショッピングに行っちゃダメだろ? レイチェルは?

Monica: It's gonna be a problem, isn't it?
 やっぱりまずいわよね?

Chandler: Come on, you're going to Bloomingdale's with Julie? That's like cheating on Rachel in her house of worship.
 おい、ジュリーとブルーミングデールズだろ? そんなのレイチェルの聖域で彼女を裏切るようなもんだぞ。

Monica: But I'm...
 でも私・・

Phoebe: Monica, she will kill you. She will kill you like a dog in the street.
 モニカ、殺されるわよ。彼女に殺されるわ。道ばたの捨て犬みたいに!

Ross: So, uh, Jules tells me you guys are going shopping tomorrow?
 (モニカに)ジュリーから聞いたんだけど、明日一緒にショッピングに行くんだって?

Monica: Yeah, uh, it's actually not that big a deal.
 ええ、でも大したことじゃないでしょ。

Ross: It's a big deal to me. This is great, Monica. I really appreciate this.
 僕にとっては大したことだよ。すごいよ、モニカ。ありがとう。

Monica: You're welcome.
 いいのよ。

Phoebe: Woof, woof. Sshh!
 ワンワン(撃ち殺されるマネ)

《ジョーイのバイト先》

Joey: Bijan for men? …Bijan for men? …Bijan for men? …… Hey Annabelle.
 Bijan for menはいかがですか? Bijan for menはいかが? Bijan for menはいかが? (女の子が来る)やぁ、アナベル。

nd.3559.jpg
 (Bijan for men)

Annabelle: Hey, Joey. So did you hear about the new guy?
 あら、ジョーイ。新しい子のこと聞いた?

emily.jpg
 (…?と思って調べてみたら、エミリー・プロクターさん、
  CSIに出てくるカリー・デュケーン役の人でした。
  関係ないけど発見すると嬉しいトリビア。)


Joey: Who?
 誰?

Annabelle: Nobody knows his name. Me and the girls just call him the Hombre man.
 名前は誰も知らないのよ。私たちは Hombre man って呼んでるの。

Hombre Man: Hombre?
 Hombreはいかが?
jacques-battini.jpg

Joey: What's he doing in my section?
 あいつ俺の区域で何やってんだ?

Annabelle: I guess he doesn't know.
 きっと知らないのよ。

Joey: Well, he's gonna. I'll see you a little later, ok? (To the Hombre Man) Hey, how you doing?
 知ってもらうさ。また後で、ね? (Hombre Man に)ヘイ。調子どうだ?

Hombre Man: Morning.
 おはよう。

Joey: Listen, I know you're new, but it's kinda understood that everything from Young Men's to the escalator is my territory.
 いいか、新人だそうだが、ここでは、Young Men's からエスカレータまでが俺の区域になってるんだ。

Hombre Man: Your territory, huh?
 おまえの区域だって?

Joey: Yeah. Bijan for men?
 ああ。(男性客に)Bijan for menはいかが?

Guy: No thanks.
 結構だよ。

Hombre Man: Hombre?
 Hombreは?

Guy: Yeah. All right.
 ああ、いいね。(お試しを受ける)

Hombre Man: You were saying?
 (ジョーイに)何だって?

《セントラルパーク:フィービーがいる所へモニカがくる》

Monica: Phoebe, listen. You were with me, and we were shopping all day.
 フィービー、あなたは一日私と一緒にいて、ショッピングしたのよ。

Phoebe: What?
 なに?

Monica: We were shopping, and we had lunch.
 ショッピングに行って、ランチしたの。

Phoebe: Oh, all right. What did I have?
 ああ、わかった。私何食べたの?

Monica: You had a salad.
 サラダよ。

Phoebe: Oh, no wonder I don't feel full.
 ああ、どおりでおなかいっぱいじゃないわ。

(レイチェルが来る)
Rachel: Hey, guys, what's up.
 ハーイ、なんかあった?

Phoebe: I went shopping with Monica all day, and I had a salad.
 今日はずっとモニカとショッピングに行ってて、サラダ食べたのよ。

Rachel: Good, Pheebs. What'd you buy?
 よかったわね、フィーブス。何を買ったの?

Phoebe: Um, we went shopping for um, for, fur.
 えっと・・ふ・・ふ・・ファーよ。

Rachel: You went shopping for fur?
 あなたがファーを買いに行ったの?

Phoebe: Yeah, and then I realized I'm against that, and uh, so then we bought some, uh, boobs.
 ええ。それで私ファーに反対してるんだったって気がついて、それで・・(モニカを見ると、胸を指差しているので)おっぱいを買ったの。

Rachel: You bought boobs?
 おっぱいを買ったの?

Phoebe: Bras! We bought bras! We bought bras.
 (モニカがブラストラップを引っ張ってみせているので)ブラよ! ブラを買ったの。ブラだった。

《ジョーイのバイト先》

Joey: Bijan for men? …Bijan for men? …Bijan for... Hey, Annabelle, Uh, listen, I was wondering if maybe after work you and I could go maybe grab a cup of coffee.
 (男性客に)Bijan for menはどうです? (男性客に)Bijan for menはいかが?(女性客に)Bijan for …。(アナベルが来た)やぁ、アナベル、ね、どうかな、仕事の後で、コーヒーでも飲みにいかない?

Annabelle: Oh, actually I sort of have plans.
 あら、実は予定があるの。

Hombre Man: You ready, Annabelle?
 行ける、アナベル?

Annabelle: You bet. Maybe some other time?
 ええ。(ジョーイに)また今度ね。

Joey: Yeah. Hey, it's not the first time I lost a girl to a cowboy spraying cologne. …Bijan for men? …Bijan for men?!
 ああ。(他の従業員に)コロンを売ってるカウボーイに女の子取られるなんてよくあることさ。(男性客に)Bijan for menはいかが? (追いかけて)Bijan for menは?

《モニカ達の部屋:キャロルがベンを預けに来ている》

Carol: Ok, and this is Funny Clown. Funny Clown is only for after his naps, not before his naps or he won't sleep.
 いい、これはファニークラウン。ファニークラウンは、お昼寝の後だけよ、お昼寝前に渡すと寝なくなっちゃうの。

Ross: Carol, we've been through this before, ok? We have a good time. We laugh, we play. It's like we're father and son.
 キャロル、前にも預かったことあるんだよ。楽しんだよ。僕ら笑って、遊んだよ。親子みたいにさ。

Susan: Honey, relax. Ross is great with him. Don't look so surprised. I'm a lovely person.
 ねぇ、落ち着いて。ロスはいいお父さんよ。(ロスに)驚かないでよ、私は可愛い人なのよ。

Rachel: Oh, this is so cute.
 (ベンの服を見て)まぁ、これすごい可愛い!

Susan: Oh, I got that for him.
 ああ、それ私が買ったの。

Ross: My mommies love me. That's clever.
 『ママ達は僕を愛してる』。これはいいね。

Monica: Hello? Oh, Hi, Ju−Hi, Jew! …Uh huh? …Uh huh? …Ok. …Um, sure, that'd be great. See ya then. Bye.
 (電話に出て)もしもし? ハーイ、ジュ・・(レイチェルと目が合って)ハーイ、ジュー(ユダヤ教)!・・・ええ、ええ、わかったわ・・・ええ、はい。それいいわね。じゃあその時に。バーイ。(電話切る)

Rachel: Did you just say Hi, Jew?
 今、ハーイ、「ジュー」って言った?

Monica: Yes. Uh, yes, I did. That was my friend, Eddie Moskowitz. Yeah, he likes it. Reaffirms his faith.
 ええ。そうよ。今のは友達のエディ・モスコウィッツだったの。彼、ああいうのが好きなのよ。彼の信仰を再確認するの。

《時間経過》

Phoebe: Ben, dinner!
 ベン! ディナーよ!!

Ross: Thanks Aunt Pheebs. Hey, you didn't microwave that, did you, because it's breast milk, and you're not supposed to do that.
 ありがと、フィービーおばちゃん。ねぇ、電子レンジ使ってないよね。母乳なんだから、電子レンジは使っちゃダメなんだ。

Phoebe: Duh, I think I know how to heat breast milk. Ok.
 冗談でしょ、母乳の暖め方くらいわかってるわよ。(腕に振りかけて熱さを見てなめる)

Chandler: What did you just do?
 今何をした?!

Phoebe: I licked my arm, what?
 腕をなめただけよ。なに?

Ross: It's breast milk.
 母乳だぞ!

Phoebe: So?
 それが?

Rachel: Phoebe, that is juice, squeezed from a person.
 フィービー、それって、人の体から絞り出したものよ。

Joey: What is the big deal?
 それがどうしたんだよ?(同様にしてなめる)

Chandler: What did you just do?
 今おまえ何をした?

Ross: Ok, would people stop drinking the breast milk?
 ちょっとみんな、母乳を飲むのやめてくれないか?!

Phoebe: You won't even taste it?
 味見さえもしないの?

Ross: No!
 しない!

Phoebe: Not even if you just pretend that it's milk?
 ただのミルクだと思ってみたら?

Ross: Not even if Carol's breast had a picture of a missing child on it.
 キャロルの胸に、いなくなった子供の写真が貼付けてあったとしてもダメ。

《時間経過:レイチェル一人のところにモニカが帰ってくる》

Monica: Hey, where is everybody?
 ハーイ、みんなはどこへ行ったの?

Rachel: They took Ben to the park. Where've you been?
 みんなベンを連れて公園へ行ったの。どこ行ってたの?

Monica: Just out. Had some lunch, just me, little quality time with me. Thanks for your jacket.
 ちょっとでかけてたのよ。ランチ食べてきた。一人でね。自分のための充実した時間よ。ジャケットありがとう。

Rachel: Oh, no problem. You can borrow it, by the way. Here are your keys, hon.
 いいのよ。ところで、着てもいいわよ。(ポケットに手を入れて)キーが入ってるわよ。

Monica: Okay.
 わかった。

Rachel: Mon, if you were at lunch alone, how come it cost you 53 dollars?
 (ポケットのレシートを見て)モン、ランチ一人だったんなら、なんで53ドルもかかったの?

Monica: You know what probably happened? Someone must have stolen my credit card.
 何が起きたと思う? 誰かがカード盗んだのかしら?

Rachel: And sort of just put the receipt back in your pocket?
 そしてレシートをポケットに入れておくわけ?

Monica: That is an excellent excellent question. That is excellent.
 それはすごくいい質問ね。すごくいいわ。

Rachel: Monica, what's with you? Who'd you have lunch with?
 モニカ、どうしたの? 誰とランチしたの?

Monica: Judy.
 ジュディ。

Rachel: Who?
 誰って?

Monica: Julie.
 ジュリー。

Rachel: What?!
 何ですって?

Monica: Jody!
 ジョディ!

Rachel: You were with Julie?
 ジュリーと一緒だったの?

Monica: Look, when it started I was just trying to be nice to her because she was my brother's girlfriend. And then, one thing led to another and, before I knew it, we were...shopping.
 聞いて。最初は、よくしてあげるだけのつもりだったの。だって兄のガールフレンドなんだから。それが、ずるずると・・いつの間にかショッピングを・・

Rachel: Oh. Oh my God.
 まぁ・・なんて・・こと・・。

Monica: Honey, wait. We only did it once. It didn't mean anything to me.
 ね、待って。一回だけなのよ。私には何の意味もなかったわ。

Rachel: Yeah, right. Sure!
 あらそう、確かにね!

Monica: Really, Rachel, I was thinking of you the whole time. Look, I'm sorry, all right. I never meant for you to find out!
 本当よ、レイチェル。ずっとあなたのことを思ってたわ。ごめんなさい。ね、あなたに見つかるとは思ってなかったの。

Rachel: Oh, please, you wanted to get caught.
 ウソよ。見つけてほしかったくせに(レシートを見せる)

Monica: That is not true!
 そんなことないわ!

Rachel: Oh, so you just sort of happened to leave it in here?
 あら、それじゃたまたま、これがここに入れっぱなしになったわけ?

Monica: Did it ever occur to you that I might just be that stupid?
 私がそんなバカだと思う?

Rachel: Ok, Monica. I just have to know one thing. Did you go with her to Bloomingdale's? …Oh! Ok, ok, ok, I just really, uh, I just really need to not be with you right now.
 いいわ、モニカ、一つだけ聞かせて。あなた、彼女とブルーミングデールズに行った? (モニカが目をそらしたので) まぁ!! …いいわ、いいわ。私・・私、今はあなたと一緒にいられない。(出て行く)

《時間経過》

Monica: Hi, who's this? …Hi, Joanne. Is Rachel working? It's Monica. …Yes, I know I did a horrible thing. …Joanne, it's not as simple as all that, ok? …No, I don't care what Steve thinks. …Hi, Steve.
 (電話で)もしもし、どなた? …ハーイ、ジョアン、レイチェルは仕事中? モニカよ。…ええ、私が悪かったのはわかってるわ。…ジョアン、そう簡単じゃないのよ。…いいえ、スティーブがどう思おうと関係ないわ…どうも、スティーブ。

(ノックにフィービーが応える)
Carol and Susan: Hey!
 ハーイ!

Carol: How did we do?
 どうだった?

Phoebe: Oh, I tasted Ben's milk, and Ross freaked out.
 私がベンのミルクをなめたから、ロスが大騒ぎしたの。

Ross: I did not freak out.
 大騒ぎなんてしてない。

Carol: Why'd you freak out?
 なんで大騒ぎ?

Ross: Because it's breast milk. It's gross.
 だって母乳だぞ。気持ち悪い。

Carol: My breast milk is gross?
 私の母乳が気持ち悪い?

Susan: This should be fun.
 これはおもしろくなるわ。

Ross: No, no, Carol. There's nothing wrong with it. I just, I just don't think breast milk is for adults.
 いや、キャロル、別に気持ち悪いことなんてないよ。ただ…ただ母乳はオトナの飲むものじゃないって思っただけだ。

Chandler: Of course the packaging does appeal to grown-ups and kids alike.
 パッケージにはオトナも子供も惹かれるけどな。

Carol: Ross, you're being silly. I've tried it, it's no big deal. Just taste it.
 ロス、バカみたいよ。私もなめてみたことあるわ。大したことじゃないわよ。ほら、なめてみて。

Ross: That would be no.
 それは結構だよ。

Phoebe: Come on. It doesn't taste bad.
 いいじゃない。そんな悪い味じゃないわよ。

Joey: Yeah, it's kinda sweet, sort of like, uh...
 そうだよ。甘い感じで・・なんていうか・・

Susan: Cantaloupe juice.
 メロンジュース。

Joey: Exactly.
 その通り!

Ross: You've tasted it? You've tasted it.
 君、味見したことあるんだ? 味見したんだ。

Susan: Uh huh.
 そうよ。

Ross: Oh, you've tasted it.
 ああ、君、味見したんだ。

Susan: You can keep saying it, but it won't stop being true.
 何回言っても、真実は変わらないわよ。

Ross: Give me the bottle. Get me the towel.
 (腕まくりをして)ボトルをくれ。(ジョーイが渡す。母乳を腕に数適かけてから)タオルをくれ。(タオルで母乳を拭き取って立ち去る)

《チャンドラー達の部屋:チャンドラー一人のところへ、
 カウボーイ姿のジョーイが帰ってくる》

Chandler: Howdy.
 よぉ!

Joey: Give me a box of juice. Well, they switched me over to Hombre.
 ジュースをくれ。Hombre 担当に変わったんだ。

Chandler: Well, maybe it's because of the way you're dressed.
 その格好のせいじゃないか?

Joey: Or maybe it's because this guy's doing so good they wanna put more people on it. You should see this guy, Chandler, he goes through two bottles a day, now.
 それか、あいつがよく売るんで、人をもっと増やしたくなったのかもな。あいつを見てみろよ、チャンドラー。1日に2本も売るんだ。

Chandler: What do you care? You're an actor. This is your day job. This isn't supposed to mean anything to you.
 それが何だ? おまえは俳優だろ。バイトじゃないか。おまえには意味のないことのはずだぞ。

Joey: I know, but, I was the best, you know? I liked being the best. I don't know. Maybe I should just get out of the game. They need guys up in housewares to serve cheese.
 そうだけど、今まで一番だったのに。一番でいたかったよ。なんていうか…もうコロンはやめた方がいいかな。家庭用品売り場でチーズを提供する奴が必要らしいんだ。

Chandler: All right, say you do that. You know sooner or later somebody's gonna come along that slices a better cheddar. And then where're you gonna run?
 そっちへ行くとしてだ。いつかは誰かが、おまえより上手にチェダーチーズをスライスする奴が現れるぞ。そうしたらどこへ行く?

Joey: Yeah I guess you're right.
 ああ、おまえの言う通りなんだろうな。

Chandler: You're damn right I'm right. I say you show this guy what you're made of. I say you stand your ground. I say you show him that you are the baddest hombre west of the lingerie.
 そうさ。おまえが何者かを、そいつに見せてやれ。堂々としろ。西部じゃ誰にも負けないおそろしい奴だってところを見せてやれ。

 (hombre = やつ(もとはスペイン語)
  西部劇のふりをしているので、『西部』と訳してみました。
  lingerieは女性子供の下着ですが、女もみんなついてくる
  みたいなことかしらと思うものの、はっきりそう言ってないし、
  『誰にも負けない』にすべてを集約してしまいました。
※とても役に立つコメントをいただきました。
West of Mississippi という言葉がよく使われるので
それをもじったのではないかということです。
その方がチャンドラーらしいですね。
「下着売り場の西じゃ一番だってとこ見せてやれ」)


Joey: I'm gonna do it.
 そうしてやるさ!

Chandler: All right. Now go see Miss Kitty and she'll fix you up with a nice hooker.
 よし。ミス・キティのところへ行け。いい女を用意してくれる。

《セントラルパーク前》

Monica: I don't know what else to say.
 もう何を言ったらいいかわからないわ。

Rachel: Well that works out good, because I'm not listening.
 (外のテーブルを拭きながら)それでいいわよ。聞いてないんだから。

Monica: I feel terrible, I really do.
 悪かったと思ってるわ。本当よ。

Rachel: Oh, I'm sorry, did my back hurt your knife?
 あら、ごめんなさい。私の背中あなたのナイフに傷つけちゃったかしら?

Monica: Rachel, say that I'm friends with her, we spend some time together. Is that so terrible?
 (二人店の中に入りながら)レイチェル、彼女と仲良くして、一緒に過ごして、それがそんなに悪いこと?

Rachel: Yes.
 ええ。

Monica: It's that terrible?
 そんなに悪い?

Rachel: Yes. Monica, you don't get it. It's bad enough that she's stolen the guy who might actually be the person that I am supposed to be with, but now, she's actually…but now she's actually stealing you.
 そうよ、モニカ、あなたわかってないのね。私の恋人になるかもしれなかった人を奪っただけでも十分ひどいのに、今は…(泣き出して)なのに今…あなたを奪っていくのよ。

Monica: Me? What are you talking about? Nobody could steal me from you. I mean, just because I'm friends with her doesn't make me any less friends with you. I mean, you're my…and we're, we're...Oh, I love you.
 私を? 何を言ってるのよ。誰もあなたから私を奪うなんてできないわよ。…彼女と友達になったって、あなたと友達じゃなくなるなんてことじゃないわよ…(泣き出して)だってあなたは…私たちは…私たち……ああ、愛してるわ。

Rachel: I love you too.
 私も愛してるわ。(ハグ)

Phoebe: You guys, um I know that this really doesn't have anything to do with me, but I love you guys too. Oh, I really needed that.
 ねぇ、私は何の関係もないことわかってるけど、でも、私も愛してるわ。(ハグに参加)はぁ。気が済んだ。(カウチに戻る)

Monica: Look, I know that you're in a place right now where you really need to hate Julie's guts, but she didn't do anything wrong. I mean, she was just a girl who met a guy, and now they go out. I really think that if you gave her a chance, you'd like her. Would you just give that a chance, for me?
 聞いて。あなたが今ジュリーを嫌う気持ちはすごくわかるわ。けど、彼女は何も悪いことをしてないのよ。たまたま出会って、つきあってるだけよ。もし知り合ってみれば、きっとあなたも彼女を好きになるわ。試してみてくれない? 私のために?

Rachel: I'd do anything for you, you know that.
 あなたのためなら何でもするわよ、知ってるでしょ(泣く)

Monica: I'd do anything for you.
 (泣いて)私もあなたのためなら何でもするわ(ハグ)

Phoebe: Wait, wait, wait, wait!
 待って、待って待って!!(ハグに参加)

《ジョーイのバイト先》

Joey: Mornin'. I said, mornin'.
 おはよ。(返事がない)おはよって言ったんだ。

Hombre Man: I heard ya.
 聞こえた。

Store Guy: All right, everybody, I'm opening the doors. You boys ready?
 よし、みんな、ドアを開けるぞ。用意はいいか?

Hombre Man: Ready.
 OKだ。

Joey: Yeah, I'm ready.
 ああ、OKだ。

(Hombre Man がスプレーをふきかけ、男性客の目に入ってしまう)
Customer: You idiot, you stupid cowboy, you blinded me, I'm suing!
 このバカ者! バカなカウボーイめ! 目が見えない! 訴えてやる!
 
Store Guy: Oh my god, Todd! What the hell did you do?
 ああなんてことを。トッド! 何をしてくれるんだ?!

Hombre Man: I'm sorry. I am such a doofus. I'm so sorry, I'm so sorry.
 すいません、ほんと俺アホなんです。すいません。すいません。

Annabelle: My god, what happened?
 あらまぁ、何があったの?

Joey: These new kids, they never last. Sooner or later, they all...stop lastin'. Listen, uh, what do you say I buy you that cup of coffee now?
 ああいう新人達は、長続きしないな。いずれはみんな…続くのをやめてしまうんだ。…ねぇ、コーヒーでも飲みに行かない?

Annabelle: Sure.
 いいわ。

《セントラルパーク:レイチェルとジュリー》
Julie: So.
 それで。

Rachel: So. I just thought the two of us should hang out for a bit. I mean, you know, we've never really talked. I guess you'd know that, being one of the two of us, though, right?
 それで…私たちちょっと一緒に過ごしたらどうかなと思ったの。だって、私たち、話したことないでしょう? 知ってるわよね、あなた二人のうちの片方なんだから。

Julie: I know, I probably shouldn't even tell you this, but I'm pretty much totally intimidated by you.
 そうね。これを言うべきじゃないのかもしれないけど、私はあなたのことすごく脅威に感じてるの。

Rachel: Really? Me?
 ほんと? 私を?

Julie: Yes. Oh my god, are you kidding? Ross is so crazy about you, and I really wanted you to like me, and, it's probably me being totally paranoid, but I kinda got the feeling that maybe you don't.
 ええ。だって、そうでしょ? ロスはあなたに夢中だし、私はあなたに気に入られたいんだけど、でも、これは私がおかしいのかもしれないけど、なんか好かれてない気がして。

Rachel: Well, you're not totally paranoid.
 そうね…完全におかしいわけじゃないわね。

Julie: Oy.
 あう。

Rachel: Um, ok, uh, oh god, um, when you and uh Ross first started going out, it was really hard for me, um, for many reasons, which I'm not gonna bore you with now, but um, I just, I see how happy he is, you know, and how good you guys are together, and um, Monica's always saying how nice you are, and god I hate it when she's right.
 えっと…ええ、そうね。ああ…あなたとロスがつきあい始めたとき、私はつらかったのね。いろんな理由から…それは今言わないけどね。でも、いま、彼がすごく幸せそうなのがわかるし、二人がうまくいってるし、それに、モニカはあなたがいい人だって言うし…もうモニカが正しいとムカつくのよね。

Julie: Thanks. Hey, listen, would you like to go to a movie sometime or something?
 ありがとう。そうだ、ねぇ、いつか、映画でも見に行かない?

Rachel: Yeah, that'd be great. I'd love it.
 そうね、それはいいわね。ぜひ。

Julie: I'd love it too. Shoot, I gotta go. So, I'll talk to you later.
 ぜひ行きたいわ。あ、行かなきゃ。じゃ、また後で。

Rachel: All right, Julie.
 わかったわ、ジュリー。

Julie: Bye.
 バーイ。

Rachel: Bye. What a manipulative bitch.
 バーイ。(いなくなってから)なんて嘘くさいイヤな女。

 (manipulative = 操作的。操る感じ。)
  他に妥当な訳語はいっぱいありそうな気がします)


《モニカ達の部屋:ロスがついに母乳を味見する》
Ross: It's not bad.
 そんな悪くないね。


にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村


英語 ブログランキングへ

*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*
今回、コロンの写真を載せましたが、名前で検索したところ
出てきたということであって、これのことだってわかってる
わけではありません。雰囲気だけでも。
 この回、フィービーの、撃ち殺されるマネを見ると
何度見ても笑えて、大好きです。
素晴らしい俳優さんですね。
*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*
posted by らんち at 01:47| Comment(8) | Season2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あの、ブフォッ、って音とともに、
It's all I can think about.
です。
Posted by もなな at 2013年06月06日 13:40
もなさ様

コメントありがとうございます。

すみません、わかりませんでした、ブフォッて音と共にというのは、
どこの部分でしょうか。
教えていただけますか?
Posted by らんち at 2013年06月06日 21:38
すみません、撃たれる時の音を彼女が発音してるところです。
ブボフォって感じですか。うまく表記できないですが(笑)
Posted by もなな at 2013年06月07日 22:03
もなな様

まず、前回お名前をミスタイプしてすみませんでした。

フィービーが撃たれるフリしてる時に、"It's all I can thnk about" って
聞こえるのでしょうか?
今度見るときに気をつけてみます。ありがとうございました(^^)
Posted by らんち at 2013年06月08日 15:24
ごめんなさい、私のコメントがわかりにくかったです。

今まで、フレンズでよく出てくる「It's all I can think about.」の意味がわからなかったのですが、らんちさんの訳を読んでいたら、頭の中がそれで一杯になって他になにも考えられなくなってしまう、ってことだとわかりました。なんで一杯になってしまうかというと、それが面白すぎたり(ジュリ−の膝に鶏が糞をしてしまう)、変だったり(モニカの耳)理由はいろいろあるのですが。

それで、最近私の頭の中にこびり着いて離れないものは、まさにこのブボフォだわ、と思って、つい書いてしまった次第です。すみません。唐突でした。

らんちさんの訳は、一話ごとに携帯にメールしなおして(webブラウザが使い物にならないので)、いつでもすぐ読めるようにしています。
ひまさえあれば、読んでいます。本当に楽しいです。笑ったり、フムフム言っているうちに、勉強が知らず知らずに進んでいる感じがします。


Posted by もなな at 2013年06月10日 09:39
もななさん、コメントありがとうございます。

おっしゃること、わかりました。
そういうことありますね、そうして覚えるのが一番いいんでしょうね。
お役に立てたようで、すごくうれしいです。

ありがとうございました(^^)
Posted by らんち at 2013年06月10日 17:43
フレンズの台詞を検索していたら辿りつきました。
素晴らしいサイトに出会えて感激です。

ところで「the baddest hombre west of the lingerie」の部分ですが、「下着売り場から西で一番〜」みたいな感じなのではないでしょうか? 「ミシシッピから西で一番〜」みたいなのをもじっているのでは?
Posted by りゅう at 2014年10月26日 13:39
なるほど!!

何かと、west of Mississippi という表現がされるのですね。
納得です。
こういう文化を考えると訳文にするのは難しいですねー。
west of Mississippi はとても広範囲ですが、
lingerie と言ってるから、
このビルの中でも指折りってことでいいのでしょうね。
いまいち納得できてなかったので、
とてもうれしいです。
ありがとうございます!(๑و•̀Δ•́)و
Posted by らんち at 2014年10月27日 20:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。