2013年06月04日

2-1 The One With Ross' New Girlfriend

2-1 ロスの新しい恋人の話

 ☆ロスの新しい恋人☆

Phoebe: Ok, so this is pretty much what's happened so far. Ross was in love with Rachel since, you know, forever, but every time he tried to tell her, something kind of got in the way, like cats, and Italian guys. Finally Chandler was like "forget about her" but when Ross was in China on his dig, Chandler let it slip that Ross was in love with Rachel. She was like, "Oh my god." So she went to the airport to meet him when he came back, but what she didn't know was, that Ross was getting off the plane with another woman. Uh-Oh! So, that's pretty much everything you need to know. But, enough about us. So, how've you been?
 いい? これまでに起きたことはこうよ。ロスはレイチェルをもうずっと愛してきたんだけど、告白しようとするたびに、何か邪魔が入ったのよね。ネコとか、イタリア男とかね。ついにチャンドラーが『もうあきらめろ』って言ったんだけど、ロスが発掘で中国へ行ってる間に、レイチェルについバラしちゃったのね。もうレイチェルは『オーマイゴッド!』って感じ。それで、ロスが帰ってくる時、空港まで迎えに行ったわけ。でも彼女は知らなかったのよね、ロスが他の女の子と一緒に帰ってきたこと! さあ、これだけ知ってくれたら十分だから、私たちのことはもういいわね。みんな、元気だった?

《前回の続き:空港でロスとジュリーを見たレイチェル》

Rachel: Oh my god. Oh my god. Excuse me. Move! Move! Emergency! Excuse me!
 ああ大変、ああ、どうしよう。失礼。ちょっとどいて! どいて! 大変なの! 失礼!

Ross: Rach!
 レイチ!

Rachel: Oh, there you are! Hi! Oh, so, so, how was China, you?
 ああ!いたのね! ハーイ! もう、それで? それで? 中国はどうだったのよ! もうっ!

Ross: It was, it was great. Oh, what happened?
 よかったよ。あ? どうしたの?

Rachel: What?
 何が?

Ross: You're bleeding.
 血が出てるよ。

Rachel: I am? Oh, look at that, yes I am. Enough about me, enough about me, Mr. Back from the Orient. Come on. I wanna hear everything! Everything.
 私? あらほんとだ。いいのよ私のことはいいのよ、東洋から戻った人! どうだったの? 全部聞きたいわ、全部!

Ross: Well, where do I start? This is Julie. Julie, this is Rachel.
 そうだな。なにから話したらいいか・・こちらはジュリー。ジュリー、こちらレイチェル。

Rachel: These are, these aren't for you. These are for you. Welcome to our country.
 (ブーケ)これはあなたに・・じゃないのよ。(ジュリーに)これはあなたに。アメリカへようこそ!

Julie: Thank you. I'm from New York.
 ありがとう。私はニューヨーク出身よ。

Rachel: Ok, well, not a problem. We'll just use them to stop the bleeding. Ok. Baggage claim? Ok.
 あら、じゃあ問題ないわね。これは止血に使うわ。さあ。荷物引き取りに?

《モニカの部屋:みんな二人を待っている》

Chandler: No way!
 まさか!

Monica: I'm telling you, she went to the airport, and she's gonna go for it with Ross!
 本当なのよ。空港へ行ったのよ。ロスとつきあってみるつもりよ!

Phoebe: Oh my god. This is huge. This is bigger than huge. This is like, all right, what's bigger than huge?
 ああなんてことなの。これは一大事よ。これは一大事より大きいわ。これはもう・・・これは・・一大事より大きなことって何?

Joey: Um, this?
 うーんと・・・これ?

Phoebe: Yes.
 そうよ。

Monica: Guys, you got your hair cut.
 ねぇ、あなた達、髪切った?

Chandler: Yes, yes, we did, thanks to Vidal Buffay.
 そうなんだよ。サンキュー、ヴィダル・ブフェ!

Phoebe: 'Cause, you know, if you don't look good, we don't look good. I love that voice.
 だってほら、「あなたが美しくないなら、私たちも美しくない」あの声大好きよ。

(昔のVidal SasoonのCMです↓↓
 "Thank you, Vidal"って連発してます)


(レイチェルが息を切らして入ってくる)
Rachel: Airport, airport. Ross, not alone, Julie, arm around her. Cramp, cramp.
 空港! 空港! ロス、一人じゃない、ジュリー、彼女に腕を回して。おなか。おなか。おなか痛い。

Chandler: Ok, I think she's trying to tell us something. Quick, get the verbs.
 よし、彼女は何か伝えようとしているぞ。早く、当てはまる動詞を!

Rachel: You, you, you said he liked me. You, you slowpokes!
 あなたが・・あなたが・・彼が私を好きって言ったのに・・(ロス達が入ってきたので)あなた達・・あなた達・・遅っ!

Ross: That's all right, Rach, we got the bags. Hi, hello. Julie, this is my sister Monica. This is Chandler. Phoebe. Joey, what up?
 そうだよ、レイチ、僕らバッグがあるから。やぁみんな。ジュリー、こちら僕の妹のモニカ。こちらはチャンドラー。フィービー。ジョーイ、変わりない?

Joey: What up?!
 変わりない?!

Ross: Everyone, this is Julie.
 みんな、こちらジュリー。

Rachel: Julie.
 ジュリー!

All: Ohh. Hi!
 あーあ・・・(熱意のなさに気づいて) ハーイ!

Julie: Hi, but I'm not here, you haven't met me. I'll make a much better first impression tomorrow when I don't have 20 hours of cab and plane on me.
 ハーイ、でも、見なかったことにして。明日になればもっといい印象になると思うわ。今は20時間もタクシーと飛行機乗り継いできてるんだから。

Ross: And bus.
 バスもね。

Julie: Oh my god.
 ああもう、ね。

Ross: The screaming guy?
 叫んでる奴?

Julie: And the spitting?
 そしてつば吐きとか?

Ross: You gotta hear this story.
 みんな、この話聞いてよ。

Julie: We're on this bus, that's easily 200 years old...
 乗ってたバスが、もう200年はたってるような古いもので・・

Ross: 200 at least.
 少なくとも200年ね。

Julie: ...and this guy...
 そして男が・・

Rachel: And the chicken pooped in her lap. Oh, I'm so sorry. I just gave away the ending, didn't I? Oh! It's just, I just heard this story in the cab, and it is all I can think about.
 そしてニワトリが彼女のひざでうんちしたのよ。あら、ごめんなさい。オチを言っちゃったわね。ああもう、この話タクシーで聞いて以来、もうそれしか考えられなくて・・

Monica: This is amazing. I mean, how, how did this happen?
 すごいことね。えっとつまり・・どうしてこうなったの?

Julie: Well, Ross and I were in grad school together.
 ロスと私は大学院で一緒だったの。

Ross: But we haven't seen each other since then. Well I land in China, guess who's in charge of the dig.
 それ以来会ってないんだよ。それが、僕が中国に着いたら、誰が発掘の現地担当だったと思う?

Rachel: Julie! Julie, isn't that great? I mean, isn't that just kick-you-in-the-crotch, spit-on-your-neck fantastic?
 ジュリー! ジュリー、すごいことじゃない? もう、股間を蹴られて首筋につば吐かれたようなスバラシさだわ。

Monica: It's an expression.
 (ジュリーに)ただの言い回しよ。

Ross: Well, we just wanted to say a quick hi, and then we're gonna go see the baby.
 ちょっと挨拶に寄っただけなんだ。これから赤ちゃんに会いに行くからね。

Julie: And then we've gotta get some sleep.
 それから眠らないとね。

Ross: Yeah, it's really 6:00 tomorrow night our time.
 ああ。僕らとしては今、明日の夜6時ってところなんだ。

Chandler: Well, listen, don't tell us what's gonna happen though, 'cause I like to be surprised.
 そこから先は話さなくていいよ。楽しみがなくなっちゃうからね。

Rachel: Bye.
 バーイ。

《セントラルパーク:チャンドラーとロスが来る》

Ross: Hey, Rach, can I get some coffee?
 やぁ、レイチ。コーヒーもらえる?

Rachel: Yeah, sure.
 ええ。わかったわ。

Ross: Thank you.
 ありがと。

Chandler: Hey, Rach, can I get...
 やぁ、レイチ、コーヒー・・

Rachel: Did you talk to him?
 何か聞き出した?

Chandler: No.
 いや。

Rachel: Then, no.
 じゃあダメ。

Chandler: So what the hell happened to you in China? I mean, when last we left you, you were totally in love with, you know.
 (ロスの隣に座って)中国でいったい何があったんだ? 最後に会った時のおまえは夢中だっただろ、その・・。

Ross: I know, I know I was, but there was always this little voice inside that kept saying it's never gonna happen, move on. You know whose voice that was?
 そうだよ、そうだった。でも、僕の頭の中で言い続ける小さな声があったんだ。「何も起きない、先へ進め」ってね。誰の声だかわかる?

Chandler: God?
 神様?

Ross: It was you, pal.
 おまえだよ。

Chandler: Well, maybe it was God, doing me.
 神様が俺に宿ったのかも。

Ross: Look, you were right. She looks at me and sees a friend, that's all. But then I met Julie, and I don't know, we're having a great time. And I have to say, I never would've gone for it with her if it hadn't been for you.
 聞いて、おまえが正しかったよ。彼女は僕を友達としか見てる、それだけだ。でもジュリーに会って・・なんていうか、すごく楽しかった。おまえが言ってくれなかったら、ジュリーとつきあえなかったよ、間違いない。

Chandler: Well, you owe me one, big guy.
 おお、俺のおかげなんだな。

Rachel: Here's your lemonade.
 はい、レモネードよ。

Ross: I didn't order lemonade.
 レモネードは頼んでないよ。

Rachel: Oh. Well then, you better go take that back because they're gonna charge you for that.
 あら、じゃあ早く行って返さないと請求されるわよ。

Ross: But...
 でも・・

Rachel: Go-go-go-go, come on! So uh, what did you find out?
 行って、行って。早く! (行ってからチャンドラーに)それで、何かわかった?

Chandler: He said...he said, he said that they're having a great time. I'm sorry. But, the silver lining, if you wanna see it, is that he made the decision all by himself! Without any outside help whatsoever.
 やつは・・・やつは・・うまくいってるって。残念だよ。でも、幸いなことに、彼一人で決めたことだそうだ。何の助けもなしに!

Rachel: How is that the silver lining?
 それのどこが幸いなのよ!

Chandler: You have to really wanna see it.
 それがなかなか見えないところだ。

《モニカ達の部屋:TVはすもう》

Ross: Ironically, these are the guys who were picked last in gym.
 皮肉なことに、運動では最後まで選ばれない人達だよね。

(キッチンのモニカとフィービー)
Monica: Pheebs, you know what I'm thinking?
 フィーブス、私が何考えてるかわかる?

Phoebe: Oh, ok. How, it's been so long since you've had sex, you're wondering if they've changed it?
 あら、そうね。えっと、長い間セックスしてないから、どこか変わったかしらって?

Monica: No, although now that's what I'm thinking.
 いいえ。でも今はそれ考えちゃってるけど。

Phoebe: All right, so what were you thinking?
 そうなの。じゃあ何考えてたの?

Monica: Well, I was thinking, that you gave the guys such great haircuts, I thought, maybe you'd like to do mine?
 考えてたのはね、みんな素敵にカットされてるから、私もカットしてくれないかなって。

Phoebe: Oh! No.
 あら。イヤよ。

Monica: Why not?
 なんで?

Phoebe: Because, I'm just, I'm incredibly anal and an unbelievable control freak.
 だって、私ものすごいイヤなやつで信じられないほど支配的になるからよ。

Monica: No you're not.
 そんなことないわよ。

Phoebe: I know I'm not, but you are, and I was trying to spare your feelings.
 わかってる。でもあなたはそうよ。気を遣ったの。

Joey: Hello? Oh, hi. Yeah, hold on a second. Ross, it's Julie, for you.
 (電話に出て)もしもし? あ、ハーイ。ちょっと待って。 ロス、ジュリーからだ。

Ross: Hello? Hi.
 (電話で)もしもし、やぁ。

Chandler: Hi. Anybody know a good tailor?
 やぁ。誰か、いいテーラー知らない?

Joey: Needs some clothes altered?
 洋服直し?

Chandler: No, no, I'm just looking for a man to draw on me with chalk.
 いいや。ただ俺にチョークで線引きしてくれるやついないかなと思って。

Joey: Why don't you go see Frankie? My family's been going to him forever. He did my first suit when I was 15. No wait, 16. No, exscuse me, 15. …All right, when was 1990?
 フランキーのとこへ行ったら? うちがずっと行ってるところだ。俺が15歳の時初めてのスーツを仕立ててくれた。あ、待って、16だった。違う、ごめん、15だ。 ・・・おい、1990年っていつ?

Chandler: Okay. You have to stop the Q-tip when there's resistance!
 いいか、おまえ、綿棒は、抵抗があったところで止めろ!

Ross: Ok, ok, sweetheart, I'll see you later. Ok, bye. What? Oh, that is so sweet. No, no, ok. No, you hang up. Ok, ok, one, two, three… Well you didn't hang up either.
 (電話で)わかったよ。わかったよ。後で会おう。うん、バーイ。何? 君ったら本当に優しいんだから。いやいや、君から切って・・・わかったよ、1、2、3・・・ 君も切ってないじゃないか。

Rachel: She didn't hang up either!
 (声を揃えて)彼女も切ってない。

Ross: Ok, no, no, you hang up. You, you, y...
 (電話で)うん、いやいや、君が切って、君が、君が・・

Rachel: Sorry, I thought you were talking to me.
 (電話を奪って切る)・・ごめん。私に言ったのかと。

Ross: Rachel! I'll just call her back.
 レイチェルったら! またかけ直すよ。

Rachel: Okay!
 あそう。

Ross: Hi? Sorry, we got disconnected...
 (電話で)ハーイ? ごめんね、電話が切れちゃったみたい・・

Rachel: Ok, ok, ok. How did this happen to me? How did this happen to me? A week ago, two weeks ago, I was fine. Ross was just Ross, just this guy. Now he's Rrrooossss, oh, this really great guy that I can't have.
 (キッチンで)ね、ね、ね。どうしてこうなったの? なんでこうなっちゃった? 1週間とか2週間前は平気だった。ロスはただのロス、ただの男性だったのが、今や、もう、ロォォォスゥ! 本当に最高な人なのに私の彼じゃない。

Monica: Sweetie, I wanted you to have him too.
 ねぇ、私もつき合ってほしかったわ。

Rachel: I know you did. I'm just gonna deal with it, I'm just gonna deal with it. …I gotta get out of here.
 わかってる。これを乗り切らないとね・・これを乗り切らないと・・・(まだにやけて電話中のロスが来る)出てくる。(出かける)

Chandler: Ok, I don't care what you guys say, something's bothering her.
 君らがなんと言おうと、彼女は何か困っている。

《モニカ達の部屋:翌日》

Joey: You know, I think I was sixteen.
 (チャンドラーに)なぁ、やっぱり16だった。

Monica: Please, just a little bit off the back.
 (フィービーに)お願い。後ろをちょっとだけ。

Phoebe: I'm still on "no."
 いいえ、ダメよ。

Rachel: Uh, morning. Do you guys think you could close your eyes for just a sec?
 えー・・おはよう。ちょっとみんな目を閉じててくれない?

Joey: No-no-no-no-no, I'm not falling for that again.
 いやいやいや。もうその手には乗らないぞ。

Phoebe: What's going on?
 どうしたの?

Rachel: Well, I sorta did a stupid thing last night.
 えっと・・昨日ちょっとバカなことしちゃって。

Chandler: What stupid thing did you do?
 バカなことって?

Paulo: Bon giorno tutti!
 (レイチェルの部屋から出てきて)イタリア語。

Phoebe: Ewww!
 うへー(キッチンへ逃げる)

Rachel: Ok, Paulo, why don't you just go get dressed, and then you be on your way, ok, bye-bye.
 パウロ、行って服を着て。そして帰らないとね。バイバイ。

Monica: Rachel, how did this happen?
 レイチェル、どうしてこうなったわけ?

Rachel: I don't know, I just kinda ran into him last night.
 わからない・・昨日バッタリ会っちゃって。

Phoebe: Where?
 どこで?

Rachel: At his apartment. Is this juice?
 彼の部屋でよ。これジュース?

Joey: Whoa, whoa. And the fact that you dumped him because he hit on Phoebe?
 おいおい。フィービーに言いよったから振ったのはどうなったんだ?

Rachel: Oh God, I know I'm a pathetic. I'm a loser.
 ああ神様・・私ミジメ。私は負け犬だわ。

Monica: Honey, you're not pathetic, you're just.. you're sad.
 ねぇ、そんなミジメなんかじゃないわよ。ただあなたは・・悲しいのよ。

Chandler: People do stupid things when they're upset.
 気が動転してるとおかしなことするもんだよ。

Monica: My god, if I had a nickel for every guy I wish I hadn't... but this is about your horrible mistake.
 ああもう。私も動転するたびにおかしなことしてなかったら・・(みんなに見られてることに気づいて)これはあなたの問題よ。

All: Hi!
 (入ってきたロスとジュリーに)ハーイ!

Ross: Hi. Sorry we're late but we were−well, there was touching.
 やぁ。遅れてごめん。僕ら・・ちょっとタッチしてた。

Paulo: Hey, hey Ross.
 (部屋から出てきて)ヘイ、ロス。

Ross: Hey, Paulo. What are you doing here?
 ヘイ、パウロ。何してるんだ?

Paulo: I do Raquel.
 ラケルとする。

Ross: So, uh, he's back.
 (レイチェルに)彼が戻ったのか。

Rachel: Yeah, he's back. Is that a problem?
 そうね。何か問題ある?

Ross: No, not a problem.
 いや、別に問題じゃないよ。

Rachel: Good! I'm glad it's not a problem.
 よかった。問題じゃなくてよかったわ。

(キッチンで)
Phoebe: Ok, you're gonna have to not touch my ass.
 (パウロに)ちょっと、私のお尻に触らないで。

Chandler: Well, in spite of the yummy bagels and palpable tension, I've got pants that need to be altered.
 さて。おいしいベーグルと明らかに漂う緊張感だけど、パンツ直してもらいに行かないと。

Joey: Hey, Chandler, when you see Frankie, tell him Joey Tribbiani says hello. He'll know what it means.
 おい、チャンドラー、フランキーに会ったら、ジョーイ・トリビアーニからよろしくって伝えてよ。言ってくれれば彼わかるから。

Chandler: Are you sure he'll be able to crack that code?
 本当にそいつその暗号解ける?

Monica: You know it's funny, the last time Paulo was here, my hair was so much shorter and cuter.
 (フィービーに)ねぇ、おかしいわよね。前にパウロが来た時は私の髪はもっと短くてかわいかったわ。

Phoebe: All right. Ok, but, but! You have to promise that you will not be all like control-y and bossy and Monica about it.
 わかったわよ。いいわ。でもでも! 約束してね。支配して命令してモニカっぽくならないって。

Monica: I promise.
 約束する。

Phoebe: All right. Now some of you are gonna get cut, and some of you aren't. But I promise none of you are gonna feel a thing.
 わかった。(髪に)あなたたちのうち切られる子も切られない子もいる。約束するわ、何も感じないからね。

《モニカのベッドルーム》

Phoebe: All right, that's it, I quit.
 もういい。これまでよ。やめるわ。

Monica: What? I didn't say anything.
 なに? 何も言ってないわよ。

Phoebe: Yeah, but this isn't the face of a person who trusts a person. Ok, this is the face of a person who, you know, doesn't trust a person.
 そうね、でも、この顔は人を信頼してる顔じゃないわ。この顔は、人を信頼してない顔よ。

Monica: I'm sorry. I'm sorry, Phoebe. It's just a little shorter than what we had discussed.
 ごめん、ごめん、フィービー。ただ、ちょっと話したよりも短いから。

Phoebe: Would you relax? I know what I am doing. This is how he wears it.
 リラックスしてくんない? わかってるわよ。彼これくらいの長さだったわ。

Monica: How who wears it?
 この長さだった彼って?

Phoebe: Demi Moore.
 デミ・ムーアよ。

Monica: Demi Moore is not a he.
 デミ・ムーアって「彼」じゃないわよ。

Phoebe: Well, he was a he in Arthur, and in Ten.
 あら、彼は『アーサー』や『テン』の中では「彼」だったわよ。

Monica: That's Dudley Moore. I said I wanted it like Demi Moore.
 それはダドリー・ムーアよ! 私はデミ・ムーアみたいなのがいいって言ったのよ!

dudley.jpg
 (ダドリー・ムーア)
demi.jpg
 (デミ・ムーア)


Phoebe: Oh. Oh!
 わっ! ああ!

Monica: Oh my God!
 なんてこと!

Phoebe: Oh, God!
 どうしよう!

Monica: Oh my God!
 なんてことなの!

Phoebe: Oh my God! I'm sorry, I'm sorry. Which one's Demi Moore?
 ああどうしよう! ごめん! ごめんなさい。デミ・ムーアって?

Monica: She's the actress that was in Disclosure, Indecent Proposal, Ghost!
 『ディスクロージャー』とか、『幸福の条件』とか『ゴースト』の女優よ!

Phoebe: Oh, she's got gorgeous hair.
 ああ、あの人すごい素敵な髪型だった。

Monica: I know!
 そうよ!

《フランキーの店》

Frankie: How long do you want the cuffs?
 折り返しはどれくらいの長さをご希望ですか?

Chandler: At least as long as I have the pants.
 ズボンの長さ以内で。

Frankie: I just got that. Ok, now we'll do your inseam.
 今わかったよ。さて。内側の丈を測るよ。

《モニカ達の部屋:モニカはベッドルーム》

Rachel: How is she?
 彼女どう?

Phoebe: It's too soon to tell. She's resting, which is a good sign.
 まだ判断は早いわ。彼女は今休んでる。いいことよ。

Ross: How's the hair?
 髪は?

Phoebe: I'm not gonna lie to you, Ross, it doesn't look good. I put a clip on one side, which seems to have stopped the curling.
 あなたにウソはつけないわ、ロス。よくないわ。片側はクリップでハネをとめたの。

Joey: Can we see her?
 会える?

Phoebe: Your hair looks too good, I think it would upset her. Ross, why don't you come on in.
 あなたはヘアスタイルがよすぎて、彼女が取り乱すわ。ロス、あなた行って。

Ross: Yeah.
 ああ。(フィービーとモニカのところへ行く)

Joey: How're you doing?
 どうしてる?

Rachel: I'm okay.
 大丈夫よ。

Joey: Ooh, that bad, huh?
 そんなにひどいか。

Rachel: What?
 え?

Joey: Look, Rach. I can sense when women are depressed and vulnerable. It's one of my gifts.
 いいかレイチ、俺は女性が落ち込んでたり弱ってる時にはわかるんだ。才能だな。

Rachel: Joey, when I saw him get off that plane with her, I really thought I just hit rock bottom. But today, it's like there's rock bottom, 50 feet of crap, then me.
 ジョーイ。最初に空港で見た時は、ほんと、どん底まで落ちた気分だった。今では、その底に50フィートのクズを積み上げて、そこに座ってる感じ。

Joey: You gotta tell Ross how you feel.
 ロスに気持ちを伝えろ!

Rachel: Come on. How can I just tell him? What about Julie?
 無理よ。どうして言える? ジュリーはどうなの?

Joey: What about her? They've only been going out for two weeks. Ross has been in love with you for like 10 years.
 彼女がどうした? 2週間つきあっただけだ。ロスは君をもう10年も愛してるんだ。

Rachel: I don't know, I don't know.
 どうしたらいいの。わからないわ。

Joey: Look, Rach, Rach! I've been with my share of women. In fact, I've been with like a lot of people's share of women. The point is, I've never felt about anyone the way Ross felt about you.
 いい、レイチ、レイチ! 俺はたくさんの女性とつきあってきた。人の分までつきあってきた。つまり、言いたいのは、それでもロスが君に持つような感じを持ったことはないんだ。

Rachel: Really?
 ほんと?

Chandler: Yo, paisan! Can I talk to you for a sec? Your tailor is a very bad man!
 おい、イタリアン! ちょっといいか!? おまえのテーラーは非常に悪いやつだ!

(paisan がわからなかったのですが、
 アーバンディクショナリに従いました)


Joey: Frankie? What're you talking about?
 フランキーが? 何の話だ?

Ross: Hey, what's going on?
 おい、どうかした?

Chandler: Joey's tailor...took advantage of me.
 ジョーイのテーラーが・・・仕事にかこつけて俺を!

Ross: What?
 なに?

Joey: No way. I've been going to the guy for 12 years.
 まさか! もう12年も行ってるんだぞ。

Chandler: Oh come on! He said he was going to do my inseam, and he ran his hand up my leg, and then, there was definite...
 何だって。やつは、内側を測るといって、手で脚をあがっていって、それから・・・間違いなく・・

Ross: What?
 なに?

Chandler: Cupping.
 包まれた。

Joey: That's how they do pants! First they go up one side, they move it over, then they go up the other side, they move it back, and then they do the rear. What? Ross, Ross, would you tell him? Isn't that how they measure pants?
 それがサイズの測り方なんだよ。最初に片側を測るとき動かして、もう片方のとき戻して、それから後ろを測るんだ。(二人に睨まれて)なんだよ? ロス、言ってくれよ。それがパンツの測り方だろ?

Ross: Yes, yes it is. In prison! What's the matter with you?
 ああ、そうだ。刑務所ならな! おまえどうかしてるぞ!

Joey: What? That's not? Oh my God.
 え? 違うの? なんてことだ・・。

《モニカ達の部屋》

Monica: Even Mary Tyler Moore would've been better.
 メアリー・タイラー・ムーアだったらまだよかったわ。

Ross: I like it. I do, I think it's a Ten.
 僕は好きだよ。ほんと。満テンだ。

Monica: Thank you. My hair is very amused.
 ありがと。私のヘアスタイルで楽しんでくれて。

Chandler: Come on, Monica, things could be worse. I mean you could "get caught between the moon and New York City. I know it's crazy, but it's true."
 なんだよモニカ。まだマシだぞ。ほんと、もしかしたら『月とニューヨークの間でみつかるかも。あり得ないと思うだろ。でもほんとだ』

 (『・・』の部分はアーサーのテーマの歌詞)


(アーサーのテーマ = ニューヨークシティセレナーデ)


Phoebe: Thank you.
 ありがと。

Ross: Well, I gotta go. Bye. Bye, Rach.
 さあ、もう行かなきゃ。じゃあね。(バルコニーのレイチェルに)バイ、レイチ。

Rachel: Wait, are you leaving?
 待って。もう行くの?

Ross: Yeah, that's kinda what I meant by "bye!"
 ああ。だから「バイ」って。

Rachel: Well, can I talk to you for a sec?
 えっと。ちょっと話せる?

Ross: Okay.
 いいよ。(バルコニーへ)

Joey: Hey, when the doctor does that hernia test...
 (チャンドラーに)なぁ、医者がヘルニアを診る時は・・

Chandler: That's ok.
 それはいいんだ。

《バルコニー》

Ross: What's going on?
 どうしたんだ?

Rachel: Well, first of all, Paulo and I are not back together. It was just a stupid thing I did, and if I could go back in time and do it again, well, I wouldn't. Um, second of all... what?
 えっと。まず最初に、パウロと私は戻ったわけじゃないわ。バカなことしちゃっただけで・・もし時間を戻せるならもうしない。 それから・・(ロスが笑うので)なに?

Ross: Ok. Well, before I say anything, I just need to know, is this one of those things where you break up with a guy, and then I tell you what I think, and then the next day you get back together with the guy, and I look like a complete idiot?
 いや、僕が何か言う前に確認したいんだけど、君が誰かと別れて、何か助言したらその翌日にはヨリが戻っていて、僕はまったくバカみたいだったっていう、ああいうことじゃない?

Rachel: No. No-no-no-no.
 いえいえ、違うわ。

Ross: No? Ok. Well, then, I think, I think the guy is scum. I hate him. I mean I actually− I physically hate him. I always have. You are way too good to be with a guy like that.
 違う。じゃあ言うけど、奴は最低だと思う。大嫌いだ。本当、生理的にダメだ。ずっとそう。君はあんな奴には全然つりあわないよ。

Rachel: Really?
 本当?

Ross: You deserve to be with someone who appreciates you, you know, and who gets how funny and sweet and amazing, and adorable, and sexy you are, you know? Someone who wakes up every morning thinking "Oh my god, I'm with Rachel". You know, someone who makes you feel good. Like the way I do with Julie. Was there a second of all?
 君にはもっと、君のよさをわかってくれる人がふさわしいよ。君がどんなに楽しくて優しくて、素敵で、かわいらしくて、そしてどんなにセクシーか、わかってる男だ。毎朝、『ああ! 僕ってレイチェルとつきあってるんだ!』と思いながら起きるようなやつ。君を心地よくしてくれるやつさ。僕がジュリーに感じてるみたいにね。それで、「2つ目」はあるの?

Rachel: No, I think that was the whole all.
 ・・・いえ。これで全部だと思うわ。

Ross: Okay. Okay. Okay.
 わかった。わかったよ。

Rachel: Thanks.
 ありがと。

(室内では)
Joey: I swear to god, Dad. That's not how they measure pants.
 (電話で)神に誓って言うよ、おやじ。あれは普通の測り方じゃないんだ。

《セントラルパーク》

Julie: I was thinking of doing it a little shorter, you know, like Andie McDowell's new haircut?
 私も髪をもう少し短くしたいと思っていたのよ。アンディ・マクダウェルの最近のヘアスタイルみたいな感じ?

Phoebe: Oh yeah! Oh, I can do that.
 ああ、わかるわ。ええ、私できるわよ。

Julie: Really?
 本当?

Phoebe: You wanna do it right now?
 今からする?

Julie: Great!
 いいわね!

Phoebe: Ok, I just wanna be really sure this time. Andie McDowell's the girl from Four Weddings and a Funeral, right?
 (レイチェルに)ね、今度はちゃんと確認しておきたいの。アンディ・マクダウェルって、フォー・ウェディングに出てた人よね?

51ruVUXNizL.jpg

Rachel: No. No no no no no. That's Roddy McDowell. Andie McDowell is the guy from Planet of the Apes.
 いえいえいえ。それは、ロディ・マクダウェルよ。アンディ・マクダウェルは、猿の惑星に出ていた人よ。

ape.jpg

Phoebe: Oh, yeah. Ok, thank you.
 ああ、そうか。わかった。ありがとう。

Rachel: You're welcome.
 気にしないで。


にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村


英語 ブログランキングへ

*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*
ついにシーズン2に突入しました。
ありがとうございます。
*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*
posted by らんち at 12:49| Comment(0) | Season2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。