2013年06月03日

1-24 The One Where Rachel Finds Out

1-24 レイチェルが知ってしまう話

 ☆めぐり逢えたのに?!☆

《セントラルパーク》

Ross: And here's little Ben nodding off...
 そしてこれは、ちっちゃなベンがうとうとしているところ。

Monica: Awww, look at Aunt Monica's little boy!
 ああ、モニカおばさんのちっちゃな坊やを見て!

Phoebe: Oh, look, he's got Ross's haircut!
 まぁ見て、ロスと同じ髪型よ!

Rachel: Oh, let me see! Oh, God, is he just the sweetest thing? You must just want to kiss him all over!
 見せて! まぁ・・彼本当に可愛らしいわね。キスしまくりたいでしょう?

Ross: That would be nice.
 それはいいね・・・。

(うっとりするロスにチャンドラーがあきれてぷっと言う)
Rachel: Pardon?
 なに?

Chandler: Nothing, just a little extra air in my mouth. Pffft. Pffffffft.
 なんでもないよ。余分な空気を吐いただけ。

(ジョーイのそばへ移動する)
Joey: Hey, Chan, can you help me out here? I promise I'll pay you back.
 な、チャン。助けてくれる? 返すから。

Chandler: Oh, yeah, right, OK... including the waffles last week, you now owe me... 17 jillion dollars.
 そうだな。先週のワッフル代を入れると・・・膨大な額だぞ。

Joey: I will, really. I'll pay you back this time.
 返すよ、本当だ。今回は返すよ。

Chandler: ... And where's this money coming from?
 何かあてがあるのか?

Joey: Well... I'm helping out down at the N.Y.U. Med School with some... research.
 N.Y.U.医学部のリサーチに協力してるんだ。

Ross: What kind of research?
 何のリサーチ?

Joey: Oh, just, you know.... science.
 ああ、ただの・・・科学だよ。

Ross: Science. Yeah, I think I've heard of that.
 科学・・・聞いたことがあるぞ。

Joey: ... It's a fertility study.
 受精率の研究だよ。

Monica: Oh, Joey, please tell me you're only donating your time.
 まぁ・・ジョーイ。提供してるのは時間だけって言って。

Joey: Alright, come on you guys, it's not that big a deal. Really... I mean, I just go down there every other day and... make my contribution to the project. Hey, hey, but at the end of two weeks, I get seven hundred dollars.
 勘弁してよ、大したことじゃないんだから、本当。一日おきに行って、そして・・・プロジェクトに提供してるだけだ。そして2週間後には、700ドルもらえるんだからな。

Ross: Hey.
 おお。

Phoebe: Wow, ooh, you're gonna be making money hand over fist!
 ワオ、あなた本当に手で稼ぐのね。

《モニカ達の部屋》

Monica: OK, we got the cole slaw, we got the buns...
 コーススローよし、パンも準備できた・・

Phoebe: We've got the ground-up flesh of formerly cute cows and turkeys, oh...
 挽きたての元かわいい牛と七面鳥・・うう。

(チャンドラーとジョーイが来る)
Chandler: Men are here.
 男達が来たぞ。

Joey: We make fire. Cook meat.
 俺たちは火をおこす。肉を焼く。

Chandler: Then put out fire by peeing, no get invited back.
 オシッコで火を消す。もう呼ばれることはないがな。

Monica and Phoebe: Ewww!
 うえー。

Monica: Oh Joey, Melanie called, said she's gonna be late.
 あ、ジョーイ、メラニーから電話で、遅れるそうよ。

Joey: Oh, OK.
 ああ、わかった。

Phoebe: So how are things going with you two? Is she becoming your special someone?
 彼女とはうまくいってるの? 彼女、あなたの特別な人になりそうお?

Joey: I don't know, she's, uh.... she's pretty great.
 どうかな・・彼女はすごくいい感じだよ。

Monica: Yeah? What does she think of your little science project?
 そうなの? 彼女例の科学のプロジェクトをどう思ってるの?

Joey: What, you think I'm gonna tell a girl I like that I'm also seeing a cup?
 何だよ、デートしてる子に、他にもコップとつきあってるとか言うか?

Monica: The man's got a point.
 ごもっともね。

Joey: Well, the tough thing is, she really wants to have sex with me.
 だけど、彼女本当にセックスしたがって困るんだ。

Chandler: Crazy bitch.
 いかれた女め。

Joey: Yeah, well, I still got a week left to go in the program, and according to the rules, if I want to get the money I'm not allowed to conduct any... personal experiments, if you know what I mean.
 まだ1週間あるんだ。金がほしければ、個人的な用途に使うことは許されないんだ、意味わかるかな?

Monica: Joey, we always know what you mean.
 ジョーイ、私たち、いつも意味わかってるわよ。

《モニカ達の部屋:ロスが来る》

Phoebe&Monica: Hey.
 ハーイ。

Ross: Hey.
 やぁ。

Phoebe: How long did you think this barbecue was gonna last?
 (ロスが旅行かばんを持っているので)バーベキューいつまでやるつもり?

Ross: I'm going to China.
 中国へ行くんだ。

Phoebe: Jeez, you say one thing, and...
 なにそれ? 言えばなんとでもなるみたいに。

Monica: You're going to China?
 中国へ行くの?

Ross: Yeah, it's for the museum. Someone found a bone, we want the bone, but they don't want us to have the bone, so I'm going over there to try to persuade them to give us the bone−it's−it's a whole big bone thing. Anyway, I'm gonna be gone for like, uh... like a week, so, uh, if you wanna reach me, y-you can't. So here's my itinerary. Um... here's a picture of me...
 ああ。博物館でね。骨が発見されて、それがうちは欲しいんだけど、向こうは渡したくなくて、うちとしては説得して・・そういう骨のことだよ。とにかく1週間ぐらい行くから、連絡は取れないよ。これが旅程。・・それから、僕の写真。

Phoebe: Oh, let me see!
 見せて!

Ross: Could you take it to Carol's every now and then, and show it to Ben, just so he doesn't forget me?
 それ時々キャロルのところへ持っていって、ベンに見せてくれる? 僕のこと忘れないようにさ。

Monica: Yeah.
 わかった。

(顔に写真を当てて)
Phoebe: Hi, Ben. I'm your father. I am... the head. Aaaaaahhhh.... Alright, this barbecue is gonna be very fun.
 ハーイ、ベン。僕は君の父さんだ。僕は・・頭だーーー。・・・よぅし、バーベキューは楽しくなりそう。

Ross: Hey, is Rachel here? Um, I wanted to wish her a happy birthday before I left.
 ところでレイチェルは? 行く前にハッピーバースデーを言いたいんだけど。

Monica: Oh no, she's out having drinks with Carl.
 いないのよ。カールと飲みに行ってる。

Ross: Oh. Hey, who's Carl?
 ああ。・・ねぇ、カールって誰?

Monica: You know, that guy she met at the coffeehouse.
 コーヒーハウスで会った人よ。

Ross: No.
 知らなかった。

Phoebe: Oh, well, see, there's this guy she met at the...
 そう? 彼女知り合ったのよ。

Ross: At the coffeehouse, right.
 コーヒーハウスでね、わかったよ。

Phoebe: So you do know who he is!
 あら、知ってるんじゃない!

Ross: OK, I'm gonna go say goodbye to the guys.
 よし。。やつらに挨拶してくるよ。

Phoebe: Oh, hey, you know what? Tell them that bone story.
 あ、ねぇ、骨の話してあげなさいよ。

(ジョーイとチャンドラーのいるバルコニーにロスが行く)
Ross: Hi.
 やぁ。

Joey&Chandler: Hey!
 やぁ!

Ross: ....I have to go to China.
 中国へ行かなきゃならないんだ。

Joey: The country?
 国の?

Ross: No no, this big pile of dishes in my mom's breakfront. Do you guys know who Carl is?
 母の食器棚のお皿(チャイナ)の山のことだよ。カールって誰か知ってる?

breakfront.jpg
(これがbreakfront)

Chandler: Uh, let's see... Alvin... Simon... Theodore.... no.
 うーん、アルビン・・サイモン・・セオドア・・・知らない。

Ross: Well, Rachel's having drinks with him tonight.
 レイチェルが今夜デートらしいんだ。

Joey: Oh no! How can she do that when she's never shown any interest in you?!
 なんだって? おまえには全然興味をしめさない癖に?!

Chandler: Forget about her.
 忘れろって!

Joey: He's right, man. Please. Move on. Go to China. Eat Chinese food.
 その通りだよ、ロス。先へ進め。中国へ行って中国料理を食え!

Chandler: Course there, they just call it food.
 向こうではただの「料理」っていうだろうけどな。

Ross: Yeah... I guess. I don't−I don't know. Alright, just... just give her this for me, OK?
 ああ・・そうだろうな・・どうしたらいいか。いいよ、もう。ただこれを渡してくれる?(レイチェルへのプレゼントを渡す)

Joey: Listen, buddy, we're just looking out for you.
 聞けよ、おまえのためを思ってるんだぞ。

Ross: I know.
 わかってるよ。

Joey: We want you to be happy. And I may only have a couple beers in me, but... I love you, man.
 幸せになってほしいんだよ。まだ2本しかビール飲んでないけど、愛してるぞ。(ハグ)

Chandler: I'm still on my first. I just think you're nice.
 俺はまだ一本目だから・・おまえのこと、いいやつだと思うよ。

《モニカ達の部屋》

Melanie: Anyway, that's when me and my friends started this whole fruit basket business. We call ourselves 'The Three Basketeers.'
 それで、友達と一緒にフルーツバスケットの仕事を始めたのよ。「フルーツバスケッティアーズ」って名付けたの。

Joey: Like the three musketeers, only with fruit.
 スリーマスケッティアーズ(三銃士)のフルーツ版だよ。

Chandler: Oh.
 なるほどね。

Monica: OK, how does everybody like their burgers?
 さあ、バーガーはどういうのにする?

Rachel: Oh, no, no, no. Presents first. Food later.
 いえ、ダメダメ。プレゼントが先よ。食べ物は後。

(モニカとジョーイのみキッチンに残る)
Monica: Hey, hold on there, tiger. How's it going? How you holding up?
 ちょっと待って、色男。どうなってるの? 抑えてる?

Joey: Well, not so good. She definitely thinks tonight is the night we're gonna... complete the transaction, if you know what I...Then you do.
 ああ、調子よくないよ。彼女は今夜こそって思ってる。処理完遂の・・意味わかる? わかってるよね。

Monica: So, uh, have you ever thought about being there for her?
 それで、彼女のために尽くすこと考えた?

Joey: What do you mean?
 どういう意味?

Monica: You know, just be there for her.
 彼女のためによ。

Joey: Not following you.
 ついてけない。

Monica: Think about it.
 考えてみて。

(リビングで)
Rachel: OK, I'm guessing this is from...Well, thank you, Melanie.
 さあ。これはきっと・・ありがとう、メラニー。

Chandler: OK, this one right here is from me.
 これは俺からだ。

Rachel: OK... ah, it's light.....it rattles... it's... Travel Scrabble! Oooohhh, thank you!
 はい・・これは軽いわ・・カタカタいう・・・これは・・トラベルスクラブルね! まぁ! ありがとう!(返す)
815C84ABSEL.gif

Rachel: This one's from Joey... feels like a book. Thinks it's a book... feels like a book. And.....it's a book!
 これはジョーイからね。本みたいな感じ・・・本だと思うな・・・本みたいな感じ。そして・・本だったわ!

Phoebe: Oh, it's Dr. Seuss!
 まぁ! ドクター・スースね!

seuss.jpg
(↑↑↑ドクター・スース。ジョーイはどんなふうに
 助けられたのでしょうか? 参考までに↓↓↓)
DrSeussQuote5.png

Joey: That book got me through some tough times.
 この本のおかげで落ち込んだ時に乗り越えたんだよ。

Melanie: There is a little child inside this man!
 この人の中には小さな少年がいるのよ。

Chandler: Yes, the doctors say if they remove it, he'll die.
 そうなんだ。医者が言うには、それを取り出すとやつは死んでしまうんだ。

Rachel: Who's this from?
 これは誰から?

Chandler: Oh, that's Ross's.
 ああ、それはロス。

Rachel: Oh... Oh my God. He remembered.
 ああ・・・ (開けて)まぁなんてこと・・覚えててくれたのね。

Phoebe: Remembered what?
 何を?

Rachel: It was like months ago. We were walking by this antique store, and I saw this pin in the window, and I told him it was just like one my grandmother had when I was a little girl. Oh! I can't believe he remembered!
 もう何ヶ月も前よ。私たちアンティークストアを通りかかって、このブローチを見つけたの。これって私が小さい頃、おばあさまの持ってたのに似てるって行ったのよ。ああ。彼覚えてくれたなんて!

Chandler: Well, sure, but can you play it on a plane?
 そうなんだ。でもこれは飛行機で遊べるよ。

Phoebe: Oh, it's so pretty. This must have cost him a fortune.
 ああ、本当にきれいね。でもこれ高かったでしょうね。

Monica: I can't believe he did this.
 信じられないわね。

Chandler: Come on, Ross? Remember back in college, when he fell in love with Carol and bought her that ridiculously expensive crystal duck?
 だってロスだよ? 大学の頃を考えてみろよ。キャロルに夢中になって、バカ高いクリスタルのアヒルをプレゼントしたぞ。

Rachel: What did you just say?
 今なんて言った?

Chandler: Ahem... um... Crystal duck.
 あ・・コホン。。えー・・クリスタルのアヒル。

Rachel: No, no, no.... the, um, the... 'love' part?
 いえいえいえ、その・・夢中ってとこ?

Chandler: F-hah.... flennin....
 ふ・・ふれ・・

Rachel: Oh.... my God.
 ああ・・なんてこと・・

Chandler: Oh, no-no-no-no-no....
 ああ・・しまったしまったしまった・・・

Joey: That's good, just keep rubbing your head. That'll turn back time.
 いいぞ、頭をもみ続けろ、時間が戻るぞ。

Rachel: This is unbelievable. I mean, this is unbelievable.
 信じられない。ほんと・・信じられない。

Phoebe: I know. This is really, really huge.
 そうよね。本当に本当に大事よ。

Chandler: No it's not. It's small. It's tiny. It's petite. It's wee.
 そんなことないよ。小さなことだ。些細なことだ。微細だ。微小だ。

Phoebe: Nuh-uh. I don't think any of our lives are ever gonna be the same ever again.
 いーえ! もう私たちは全然違ったものになるわ。

Chandler: OK, is there a mute button on this woman?
 ねぇ、この人消音ボタンないの?

Monica: I think this is so great! I mean, you and Ross! Did you have any idea?
 すばらしいと思うわ! だって、あなたとロスよ。考えたことは?

Rachel: No! None! I mean, my first night in the city, he mentioned something about asking me out, but nothing ever happened, so I just... W-well, what else did he say? I mean, does he, like, want to go out with me?
 ないわ。全然! だって・・ここへ来た夜に、彼誘うみたいなこと言ったけど、それきりだったし…(ジョーイに)ねぇ、彼何か言ってた? なんか・・デートしたいみたいなこと?

Joey: Well, given that he's desperately in love with you, he probably wouldn't mind getting a cup of coffee or something.
 そりゃ・・君にめちゃくちゃ夢中になっていたことから考えたら、コーヒー飲みに行くとかいいと思ってただろうね。

Rachel: Ross? All this time? Well, I've got to talk to him.
 ロスが? 今までずっと? 彼と話しなくちゃ。

Chandler: He's in China!
 彼は中国だ!

Joey: The country.
 国の!

Monica: No, no, wait. His flight doesn't leave for another forty-five more minutes.
 いえ、ちょっと待って。まだ飛行機飛んでないわよ。まだ45分あるわ。

Chandler: What about the time difference?
 時差は考えた?

Monica: From here to the airport?
 ここと空港の間で?

Chandler: Yes! You're never gonna make it!
 そう! (レイチェルに)間に合わないって!

Monica: Rachel, what're you gonna say to him?
 レイチェル、何て言うの?

Rachel: I don't know.
 あぁ・・わからないわ。

Chandler: Well then maybe you shouldn't go.
 だったらやめた方がいいかも。

Joey: He's right, cause if you're just gonna, like, break his heart, that's the kind of thing that can wait.
 そうだよ。もし・・彼を振るんだったら、帰ってきてからでいいんじゃない?

Monica: Yeah, but if it's good news, you should tell him now.
 そうだけど、もしいい話だったら、すぐ言った方がいいわ。

Rachel: I don't know. Maybe I'll know when I see him.
 わからないわ。彼の顔を見るまで・・

Phoebe: Here, look, alright, does this help?
 じゃあ見て、これでどう?(ロスの写真を顔に当てて見せる)

Rachel: No... look, all I know is that I cannot wait a week until I see him. I mean, this is just too big. You know, I just, I've just gotta talk to him. I... I gotta... OK, I'll see you later.
 ダメ。ねぇ、一週間なんて待てないわ。これはことが大きすぎるもの。私・・とにかく話さないと。私… また後でね。

Chandler: Rachel, I love you! Deal with me first!
 レイチェル! 愛してる! 僕を先に考えて!

《空港》

Ross: (Chinese)
 (イヤホンをつけて中国語の練習)

Flight Attendant: Alright!
 結構です。
Ross: (Chinese)
 (そのまま歩いていく)

Rachel: Ross! Excuse me, pardon me, excuse me....
 ロス! 失礼、すいません、ちょっとすみません…

Flight Attendant: Hi!
 (レイチェルに)ハーイ!

Rachel: Hi.
 ハーイ!

Flight Attendant: May I see your boarding pass?
 搭乗券見せていただけます?

Rachel: Oh, no, no, I don't have one. I just need to talk to my friend.
 いえいえ、持ってないの。ただ友達と話したいの。

Flight Attendant: Oh. I'm sorry. You are not allowed on the jetway unless you have a boarding pass.
 あら、残念ですが、ここから先は搭乗券なしでは入っていただけません。

Rachel: No, I know, but I−he just went on. He's right there, he's got the blue jacket on, I... can I j-just...
 ええ、わかってるわ。でも・・彼いま行っちゃったの。すぐそこにいたの。ブルーのジャケットの人よ。私ちょっと・・

Flight Attendant: No no no! Federal regulations!
 いえいえ、規則ですから。

Rachel: OK, alright, OK, um... then could you please, uh... just give him a message for me? Please? This is very important.
 わかってるわ、でも・・・それじゃ、お願い、伝言を伝えてくれる? お願い。とても大事なことなの。

Flight Attendant: Alright. What's the message?
 わかりました。伝言は?

Rachel: Uh... I don't know.
 え・・っと・・わからないわ。

《ジェットウェイ》

Flight Attendant: Sir? Sir? Excuse me, sir? Uh... I have a message for you.
 すみません、ちょっと失礼します。あなたに伝言があります。

Man: What?
 (別人)なに?

Flight Attendant: It's from Rachel. She said that she loved the present, and she will see you when you get back.
 レイチェルからです。プレゼント気に入ったと。それで帰られたらお会いするの待ってるとのことです。

Man: Toby... Oh, for God's sake, I don't know what she's talking about! There's no Rachel! Don't give me that deep freeze.
 (妻に)ああ、頼むよ、そんな話知らないよ。レイチェルなんて知らない! そんな冷たい目をするな。

《ジョーイの部屋》

Melanie: Mmmmmm... Oh, Joey, Joey, Joey... I think I blacked out there for a minute!
 ああ・・ジョーイ、ジョーイ、ジョーイ・・私ちょっと気を失ってたみたいよ。

Joey: Heh, heh. It was nothing.
 ハハ。なんでもないよ。

Melanie: Well, now we've gotta find something fun for you!
 じゃあ今度はあなたに楽しんでもらうわ。

Joey: Uhhh.. you know what? Forget about me. Let's, uh... let's give you another turn.
 あーっと・・ねぇ? 俺のことは忘れて。えっと・・君のことで、ね。

Melanie: M-Me again?
 また私に?

Joey: Sure! Why not?
 そうさ。もちろん!

Melanie: Boy, somebody's gonna get a big fruit basket tomorrow. Oh, I gotta tell you... you are nothing like I thought you would be.
 もう! 誰かさんは明日大きなフルーツバスケットを受け取るわよ。あなたって・・あなたって全然思ってた人と違うわ。

Joey: How do you mean?
 どういうこと?

Melanie: I don't know, I guess I just had you pegged as one of those guys who're always 'me, me, me.' But you... you're a giver. You're like the most generous man I ever met. I mean... you're practically a woman.
 なんていうのかしら。今まで、「自分、自分」ばかりの男と同じかと思っていたのね。でも、あなたは与える人なのね。あなたほど惜しみなく与えてくれる人を見たことがないわ。あなたって・・・ほとんど女性ね。

《モニカ達の部屋》

Monica: Uh, so, uh, Rach, uh... do you wanna save this wrapping paper, I mean, it's only a little bit torn... so are you gonna go for it with Ross or should I just throw it out?
 それで・・レイチ・・あの・・・このラッピングペーパーとっておきたい? これちょっと裂けてるけど、あなたロスを迎えに行くのか、それとも、これはもう捨てた方がいい?

Rachel: I don't know. I don't know... I thought about it all the way there, and I thought about it all the way back... and, uh, oh, you guys, you know, it's Ross. You know what I mean? I mean, it's Ross.
 わからないわ・・わからない・・・考えてみたわ。行く間も・・帰ってくる間も・・・でも、ねぇ、相手はロスよ。わかる? ロスなのよ。

Monica and Phoebe: Sure.
 わかる。

Rachel: I don't know, I mean, this is just my initial gut feeling... but I'm thinking... oh, I'm thinking it'd be really great.
 どうしたらいいのか。私の気持ちとしては・・でも考えたんだけど・・・考えてみたら・・ステキだろうなと思う。

Monica: Oh my God, me too! Oh! Oh, we'd be like friends-in-law! You know what the best part is? The best part is that you already know everything about him! I mean, it's like starting on the fifteenth date!
 ああステキ! 私もそう思うわ。ああ、私たち義理の友達になれるのよ! 何が一番いいってわかる? もう彼のこと何でも知ってるってことよ! だって、15回目のデートから始めるようなものよ。

Phoebe: Yeah, but, you know, it's... it would be like starting on the fifteenth date.
 そうね。でも、それって、15回目のデートから始めるようなものよ。

Monica: Another good point.
 それも言えるわね。

Phoebe: No, I mean, I mean, when you're at the fifteenth date, you know, you're already in a very relationshippy place. You know, it's... you're committed.
 いえ、言いたいのは・・・15回目のデートっていうと、もうしっかり交際してるって感じなわけよ。ね?もう後に戻れないみたいな。

Rachel: Huh?
 はぁ。

Phoebe: Well, I mean, then what happens if it doesn't work out?
 だって・・・もしうまくいかなかったらどうなる?

Monica: Why isn't it working out?
 なんでうまくいかないのよ?

Rachel: I don't know... sometimes it doesn't.
 わからないけど・・そういうこともあるわ。

Monica: Is he not cute enough for you? Does he not make enough money?
 あなたにとって十分かっこよくないっていうの? 稼ぎが足りないっていうの?

Rachel: No, I'm just....
 違うわよ。私はただ・・

Phoebe: Maybe there's someone else.
 他に誰かいるとか。

Rachel: Wha...
 なっ・・

Monica: Is there? Is there someone else?
 いるの? 他に誰かいるの?

Rachel: No! There is.. there is no one else!
 いないわよ。誰もいないわよ。

Monica: Then why the hell are you dumping my brother?!?
 じゃあなんで私の兄を振るのよ?!

Rachel: Wha...
 なっ・・

《チャンドラー達の部屋》

Chandler: Hey, big...
 やぁ、この・・

Joey: Shhhh!
 シーッ!

Chandler: ...spender.
 気前のいいやつめ。

Joey: She's still asleep.
 彼女はまだ寝てるんだ。

Chandler: So how did it go?
 どうだった?

Joey: Oh, it was amazing. You know how you always think you're great in bed?
 それが、すごかったんだよ。いつもベッドで自分はすごいって思ってるだろ?

Chandler: The fact that you'd even ask that question shows how little you know me.
 そういう質問をすること自体、俺をほとんど知らないってことだよな。

Joey: Well, it's like, last night, I couldn't do the thing that usually makes me great. So I had to do all this other stuff. And the response I got... man, oh man, it was like a ticker tape parade!
 もう昨日の夜なんて、俺のすごいとこ見せるってことができなかっただろ。だから、他のことしなくちゃいけなかったんだ。その反応ったら・・もうおまえ・・まるでパレードだよ。

21865749.jpg
(これがticker tape parade)

Chandler: Yes, I know, as it happens my room is very very close to the parade route.
 ああ。知ってるよ。そのパレードすぐ近くだったからね。

Joey: It was amazing! And not just for her... uh-uh. For me, too. It's like, all of a sudden, I'm blind. But all my other senses are heightened, you know? It's like... I was able to appreciate it on another level.
 すごかったよ! 彼女だけじゃない。俺にとってもだ。突然、目が見えなくなったみたい。それで他の感覚が鋭くなってさ、それで、一段階上のレベルで感じられたみたいなんだよ。

Chandler: I didn't know you had another level.
 おまえに別のレベルがあったなんてな。

Joey: I know! Neither did I!
 そうなんだよ! 俺も知らなかった!

《モニカ達の部屋:一週間後》

Monica: Hey, great skirt! Birthday present?
 あら、素敵なスカートね。バースデープレゼント?

Rachel: Yeah.
 ええ。

Monica: Oh, from who?
 あら、誰から?

Rachel: From you. I exchanged the blouse you got me.
 あなたからよ。あなたがくれたブラウスと交換したの。

Monica: Well, it's the thought. Hey, doesn't Ross's flight get in in a couple hours? At gate 27-B?
 あら・・一つの考えね。ね、ロスのフライトってあと2時間かしら? 27Bゲートよね?

Rachel: Uh, yeah. Uh, Monica, you know, honey, I've been thinking about it and I've decided this−this whole Ross thing, it's just not a good idea.
 ええ・・あー・・ねぇ、モニカ、考えたんだけど、このロスのこと・・いい考えじゃないと思うの。

Monica: Why?
 なんで?

Rachel: Because, I feel like I wouldn't just be going out with him. I would be going out with all of you. Oh, and there would just be all this pressure, and I don't wanna...
 だって・・・彼とデートしてるんじゃなくて、あなた達全員とデートしてるみたいな感じだし。それに、このプレッシャー。

Monica: No, no, no, no, no, no pressure, no pressure!
 いえいえいえ。プレッシャーなし。プレッシャーなし!

Rachel: Monica, nothing has even happened yet, and you're already so...
 モニカ、まだ何も起きてないのにあなたはもう・・

Monica: I am not 'so'! OK, I was a teensy bit weird at first, but... I'll be good. I promise.
 もうそうじゃないわ。最初はほんのちょっぴりおかしくなったけど、でも、もう大丈夫。約束するから。

Rachel: Who is it?
 (インターホンに応えて)どなた?

Intercom: It's me, Carl.
 僕だ。カール。

Rachel: Come on up.
 あがって。

Monica: Behind my brother's back? ... is exactly the kind of crazy thing you won't be hearing from me.
 兄に隠れて?! …みたいなおかしなことは絶対言わないわよ。
 
《チャンドラー達の部屋:ジョーイが帰ってくる》

Joey: Seven hundred bucks!
 700ドルだ!

Chandler: Alright, you did it! Do we have any fruit?
 よかったな! フルーツある?

Joey: Man, hell of a two weeks, huh? You know what, though? I really feel like I learned something.
 なぁ、すごい2週間だったよ。でもな、俺本当に学んだって気がするよ。

Chandler: Really? So, you're gonna stick with this 'it's all for her' thing?
 そう? じゃあこれからも、その「全部彼女のため」っていう手で行くつもり?

Joey: What, are you crazy? When a blind man gets his sight back, does he walk around like this?  
 何いってんの? 視力が戻ってもこんなふうに(手探りで)歩き回る?

《モニカ達のバルコニー》

Carl: I'm just saying, if I see one more picture of Ed Begley, Jr. in that stupid electric car, I'm gonna shoot myself! I mean, don't get me wrong... I'm not against environmental issues per se.... it's just that guy!
 言いたいのは、もしエド・ベグリー・ジュニアがあのバカげだ電気自動車に乗ってる写真をまた見たら、自殺するっての。悪くとらないでほしいし、それに僕は環境保護そのものを反対してるわけじゃないんだが、ただ、あいつだよ!

エド・ベグリー:環境保護主義で知られる俳優)

(想像上のロス)
Ross: I can't believe you'd rather go out with him than me.
 信じられないよ。僕じゃなくてこんなやつとデートだなんて。

Rachel: Would you excuse me, please? I'm trying to have a date here.
 ほっといてくれる? デートしようとしてるんだから。

Ross: Fine, just stop thinking about me... Can't do it, can you?
 いいさ。じゃあ僕のこと考えるのやめたら? ・・・できないんだね?

Rachel: So I'm thinking about you. So what?
 あなたのこと考えてたら何よ?

Ross: I don't get it. What do you see in this guy, anyway?
 わからないな。こいつの何がいいんだ?

Rachel: Well... he happens to be a very nice... guy....
 そうね・・彼だっていい人かも・・・

Carl: I mean, come on, buddy, get a real car!
 だからさ、おい、本物の車持てっての!

Ross: Rachel, come on. Give us a chance.
 レイチェル、頼むよ、やってみようよ。

Rachel: Ross, it's too hard.
 ロス、だってあまりにも・・

Ross: No, no, no... why, because it might get weird for everyone else? Who cares about them. This is about us. Look, I-I've been in love with you since, like, the ninth grade.
 いやいや。なんで? 他のみんなにとって変な感じだから? 他のみんななんてかまわないよ。僕らの問題だ。ね、僕はもう・・9年生の時から君を愛してきたんだ。

Rachel: Ross, you're like my best friend.
 ロス、あなたは私の親友よ。

Ross: I know.
 わかってる。

Rachel: If we broke up, and I lost you...
 もし私たちがダメになって、あなたを失って・・

Ross: Whoa, whoa, whoa. What makes you think we're gonna break up?
 おいおい、なんで僕らがだめになるなんて思う?

Rachel: Well, have you been involved with someone where you haven't broken up?
 だって・・誰かと別れたことない人とかかわったことある?

Ross: No. But... it only has to happen once. Look, you and I both know we are perfect for each other, right? I mean... so, the only question is... are you attracted to me?
 いや。だけど、それは一回だけ起きるはずだからね。ねぇ、君も僕も、僕らが互いにぴったりだって知ってるじゃないか。だろ? ただ問題は・・・僕にひかれてる?

Rachel: I don't know... I mean, I've never looked at you that way before.
 わからないわ・・・だって・・そういうふうに考えたことがないんだもの。

Ross: Well, start looking.
 じゃあ、考えてみて。

Rachel: Wow.
 ワオ。

Carl: Exactly! And you just know I'm gonna be the guy caught behind this hammerhead in traffic!
 そうなんだよ! だから僕が渋滞の中でそのウスノロの後ろにとっつかまってしまうってことだろ。

(hammerhead=シュモクザメ。
 米俗語で「ばか、のろま」


Rachel: Right! You're right!
 そうね。その通りね。

Carl: Heh... you know?
 あー。わかる?

Rachel: You know what?
 それなんだけど・・

Carl: What?
 なに?

Rachel: I forgot... I am supposed to pick up a friend at the airport. I am so sorry! I'm so... if you want to stay, and finish your drinks, please do.... I mean−I'm sorry. I-I-I gotta go. I'm sorry.
 忘れてたの。私、空港へ迎えに行かなくちゃいけないの。ごめんなさい。本当に。もし残って、飲みたいなら、どうぞそうして。本当にごめんなさい。行かなくちゃ。ごめんなさい。

Carl: But...
 でも・・。

《空港》

Rachel: Excuse me, pardon me, excuse me, excuse me, sorry. Hi.
 すみません、通らせて・・失礼、ごめんなさい。どうも。

《ジェットウェイ》

Man: For God's sake, will you let it go? There's no Rachel!
 (妻に)もう頼むよ、忘れてくれないか? レイチェルなんて知らないって!

Ross: Oh, hey, hey, I got that.
 あ、ねぇ、落としたよ。

Julie: Oh, thanks, sweetie.
 まぁ、ありがとう、あなた。

Ross: No problem. I cannot wait for you to meet my friends.
 いいんだよ。僕の友達に早く会わせたいよ。

Julie: Really?
 本当?

Ross: Yeah.
 ああ。

Julie: You don't think they'll judge and ridicule me?
 みんな私を批判したり笑ったりしないかしら?

Ross: No, no, they will. I just... uh...
 いやいや、そうするかも。でも僕は

Ross and Julie: Can't wait.
 早く会わせたい。

Ross: Come on, they're gonna love you.
 ほんとだよ。みんな君を好きになるよ。

*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*
にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村


英語 ブログランキングへ

*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*

これを一話分アップすると、疲れ果てて、もうできない・・・と
思うんだけど、しばらくぼーっとしてると、またうずうず
してきて、アップしております☆
posted by らんち at 15:02| Comment(0) | Season1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。