2013年05月30日

1-22 The One With the Ick Factor

1-22 気持ち悪いって話

 ☆年下の恋人☆

《セントラルパーク》

Monica: Tell him.
 彼に話しなさいよ。

Rachel: No.
 いやよ。

Phoebe: Tell him, tell him.
 言って、話して。

Monica: Just...please tell him.
 言ってよ、お願い。

Rachel: Shut up!
 もうやめて!

Chandler: Tell me what?
 俺に何を話すの?

Monica: Look at you, you won't even look at him.
 見て。レイチェルったら彼を見もしないわ。

Chandler: Oh, come on tell me. I could use another reason why women won't look at me.
 なに、言えよ。女の子が俺を見もしない理由がまた増える。

Rachel: All right, all right, all right. Last night, I had a dream that, uh, you and I, were...
 わかったわよ、いいわよ、いいわよ。昨日夢を見たの。あなたと私が・・

Phoebe: Doing it on this table.
 このテーブルの上でやったのよ。

Chandler: Wow!
 ワオ!

Joey: Excellent dream score.
 すごい夢じゃん。やったな。

Ross: Why, why, why would you dream that?
 なんで?なんでなんでそんな夢?

Chandler: More importantly, was I any good?
 大事なことだけど、俺よかった?

Rachel: Well, you were pretty damn good.
 それが、すごくよかったのよね。

Chandler: Interesting, cause in my dreams, I'm always surprisingly inadequate.
 興味深いね。俺の夢の中では驚くほど無力なのに。

Rachel: Well, last night you seemed to know your way around the table.
 昨日の夜は、テーブルまわりでうまくやっていたわよ。

Ross: I love it, when we share.
 いいね、分かち合うのって。(カウンターへ行く)

Chandler: You're okay there?
 大丈夫か?

Ross: I can't believe you two had sex in her dream.
 彼女の夢で君ら二人がセックスなんて信じられないよ。

Chandler: I'm sorry, it was a one-time-thing. I was very drunk and it was somebody else's subconscious.
 ごめんよ。一回きりのことなんだ。俺すごく酔ってたし、人の無意識の中だったし。

《時間経過》

Chandler: Hello Rachel.
 ハロー、レイチェル(テーブルに横になっている)

Rachel: Get off.
 おりて。

Phoebe: Uh, uh, give me. Can you see me operating a drill press?
 (ペンを指して)ちょうだい。私ドリルプレスを操作してる人に見える?
drill-press.jpg
(ドリルプレス。どんなバイトか?)

Joey: I don't know. What are you wearing?
 どうかな。何を着る?

Ross: Pheebs, why would you want to operate a drill press?
 フィーブス、なんでドリルプレスの操作を?

Phoebe: Just for some short-term-work. You know, until I get back some of my massage clients.
 ちょっとアルバイト。マッサージのお客さんが戻ってくるまでよ。

Chandler: Pirates again?
 海賊に盗まれた?

Phoebe: No, nothing like that. I was just...such a dummy. I taught this "massage-yourself-at-home-workshop." And they are.
 そんなんじゃないのよ。私ったらバカだったのよ。自分でできるマッサージを教えちゃったの。みんな自分でやってるのよ。

Joey: Hey, hey, Chan. She could work for you.
 おいおい、チャン、おまえのところで働けばいいじゃん?

Chandler: Thanks Joey, that's a good idea.
 ありがとジョーイ。それはいいね。

Phoebe: What... I could, I could do it. What is it?
 なに? 私できるわ。やれる。なにするの?

Chandler: Well, my secretary is gonna be out for a couple of weeks. She is having one of her boobs reduced. It's a whole big boob story.
 ああ、僕の秘書が2週間ほど休むんだ。おっぱいを小さくする手術でね。(ロスに見られて)大きなおっぱいでちょっとあったんだよ。

Phoebe: I could be a secretary.
 秘書できるわよ。

Chandler: Well, you know Pheebs. I don't know if it's your kinda thing, because it involves a lot of being normal. For a large portion of the day.
 なぁ、フィーブス。君が得意かどうかな。だってずっと普通にしてる仕事だぞ。一日中だ。

Phoebe: I could do that.
 できるわよ。

(ロスのポケベルが鳴る)
Rachel: What are you playing with?
 それ何に使ってるの?

Ross: Oh, it's my new beeper.
 新しいポケベルだよ。

Joey: What the hell does a paleontologist need a beeper for?
 古生物学者が何でぽけ別必要なんだ?

Monica: Is it like for dinosaur emergencies. 'Help, come quick, they're still extinct.'
 恐竜の緊急事態って感じ? 「助けて! すぐ来て! 恐竜は絶滅している」

Ross: No, it's for when Carol goes into labor. She can get me wherever I am. I mean, all she has to do is to dial 55-JIMBO.
 違うよ。これはキャロルに陣痛がきたらいつでも僕に連絡つけられるためにだよ。55-JIMBOをダイヤルすればいいんだ。

Chandler: A cool phone number, and a possible name for the kid.
 クールなナンバーに、子供の名前候補か?

Monica: All right, I'll see you guys later.
 さて。みんな、また後でね。

Rachel: Off to see young Ethan?
 若いイーサンに会いに行くの?

Monica: Thank you.
 ありがと。

Joey: How young is young Ethan? Young?
 若いイーサンってどれくらい若いの?

Monica: He's... our age.
 彼は・・・私たちぐらいの年よ。

Chandler: When we were?
 僕らがいくつだったとき?

Monica: Okay, he's a senior in college.
 わかったわよ。彼は大学4年生よ。

Ross: College?
 大学?

Chandler: Whoa! And this man-child has no problem with how old you are?
 ワオ! そのオトナ子供は君の年齢に問題ないって?

Monica: No, of course not. It's not even an issue. Cause I told him I was 22.
 ないわよ。もちろん。問題にもなってないわ。私は22歳ってことになってるし。

All: What?
 なんですって?

Monica: Oh, I can't pass for 22?
 なによ。私22歳で通らない?

Phoebe: Well, maybe 25-26.
 そうね、25か26歳って感じかしら。

Monica: I am 26.
 私26歳よ。

Phoebe: There you go.
 ほらね。

《チャンドラーのオフィス》

Chandler: Can you hear that?
 (電話が鳴る)聞こえる?

Phoebe: Yeah?
 うん。

Chandler: See that'll stop when you pick up the phone.
 君が電話を取れば鳴り止むんだけど。

Phoebe: Oh. Uh, I'm on. Mr. Bing's office. No I'm sorry, he's in a meeting right now.
 ああ、出るわ。「ミスター・ビングのオフィスです。・・・いえ、彼はただいまミーティングに出ております。

Chandler: I'm not in a meeting. I'm right... Whoops.
 俺ミーティングにいってないよ。ここにいる

Phoebe: Will he know what this is in reference to? …. And he has your number? ….. All right, I'll see that he gets the message. Bye bye.
 どういったご用件でしたでしょうか? あなたの番号を存じ上げてますか? わかりました。お伝えします。バイバイ。

Chandler: What?
 何だった?

Phoebe: Ross says hi.
 ロスからハーイって。

Chandler: Ah!
 ああ。

Phoebe: This is so fun. All right, what do we do now?
 おもしろーい。さあ、何をしよう?

Chandler: Well, now, I actually have to get to work.
 もう仕事にかからないと。

Phoebe: Most likely. Okay, I'm gonna be out there.
 それはもっともである。わかった。あっちへ行くわ。
 
Chandler: Okay.
 オーケー。

Phoebe: All right. Bye bye.
 バイバイ。

Chandler: Bye bye.
 バイバイ。

Chandler: Yes?
 (インターコムに答えて)ハイ?

Phoebe: What are you doing?
 何してんの?

Chandler: Ooh.
 あぁ・・。

《モニカ達の部屋》

Monica: Windows are clean. Candles are lit. Uh, belt's to tight, gotta change the belt. Did I turn the fish? No, because I made lasagne. Am I out of control?
 窓はきれい、キャンドルはつけた、ベルトがキツいから替えて・・。私魚ひっくり返したかな? いや、今日はラザニア作ってんだった。私パニクってる?

Rachel: Just a touch. Mon, I don't understand. I mean, you've been dating this guy since like, what... his midterms? I mean, why all the sudden are you so... Oh.
 ちょっとね。モン、わかんないわ。彼とはもう・・・中間テスト頃からつき合ってるのに・・どうして急にそんな・・ああ!

Monica: What?
 なによ?

Rachel: Could tonight be the Night?
 今夜はいよいよ?

Monica: I don't know. Look he's a great guy and I love being with him but... you know. Things happen, and they happen. You don't plan these things.
 わかんないわよ。彼は素敵だし、一緒にいてすごく楽しいけど・・・。そういうのは自然に起きるものよ。計画をたてるものじゃないでしょ。

Rachel: So, did you shave your legs?
 脚の脱毛した?

Monica: Yeah.
 うん。

Rachel: A-ha!
 アハ!

《セントラルパーク》

Joey: Would you let it go Ross. It was just a dream. It doesn't mean...
 もう忘れろよ。ただの夢じゃないか。何も意味は

Ross: Oh, oh. Oh, oh. Oh this is it. Oh my god it's baby time. Baby time.
 (ポケベルが鳴る)あっ!あっ!あっ! 来た。赤ちゃんが来る。赤ちゃんが来る。

Joey: All right, relax, relax. Just relax, just relax. Be cool, be cool.
 落ち着け、落ち着け。リラックス。落ちついて。

Ross: Yeah, hi, I was just beeped…. No, Andre is not here. Third time today. Yes, I'm sure... No, sir. I don't perform those kind of services.
 (電話で)はい、ポケベルが鳴ったので・・いいえ、アンドレはいませんよ。(ジョーイに)今日3回目だ。(電話で)はい、間違いなく。いいえ。私はそういうサービスはしておりません。

Joey: Services? Oh, services.
 サービス?! ああ、サービスね。

Ross: Yeah, you want 55-JUMBO. Yeah, that's right. That's right, JUMBO with a U, sir. No, believe me, you don't want me. Judging by his number, I'd be a huge disappointment. All righty, bye bye.
 ええ。あなたは55-JUMBO と連絡をとりたいのですね。そう、そうですね、UのJUMBOですね。いいえ、間違いないです。私ではだめでしょう、このナンバーから推測すると、がっかりされると思いますよ。はいはい、バイバイ。

(フィービーとチャンドラーが来る)
Joey: Hey, hey. How was the first day?
 やぁ! 初日はどうだった?

Phoebe: Oh, excellent. Everyone was so, so nice.
 素敵だったわ。みんなすごく優しくて。

Chandler: See, it pays to know the man who wears my shoes. Me.
 知るべき人を知ってるからだよ。・・・俺のことだよ。

Phoebe: No, I didn't tell anybody that I knew you.
 ううん。私あなたを知ってるってこと誰にも言ってないわよ。

Chandler: Why not?
 なんで?

Phoebe: Oh, because, you know... they don't like you.
 だってほら・・・みんなあなたを好きじゃないもん。

Chandler: What?!
 なに?

Phoebe: I thought you knew that.
 知ってるかと思った。

Chandler: Na-huh. Who doesn't they like me?
 いや。誰が俺を好きじゃないの?

Phoebe: Everyone. Except for uh... no everyone.
 みんなよ。でも好きな人も・・・いないわ。

Chandler: What are you talking about?
 どういうこと?

Phoebe: Don't feel bad. You know they used to like you a lot. But then you got promoted, and, you know, now you're like "Mr. Boss Man". You know, Mr. Bing. Mr. Bing, "Boss Man Bing".
 悪く思わないで。以前はみんな好きだったのよ。でも昇進したでしょう。だから今では「ミスター・ボス」なのよ。ミスター・ビング、ミスター・ビング、「ボスのビング」なのよ。

Chandler: I can't believe it.
 信じられない。

Phoebe: Yeah, yeah. They even do you.
 ほんとほんと、モノマネもしてるのよ。

Chandler: They do me?
 俺の?!

Phoebe: You know like... uh okay... uh... 'Could that report be any later?'
 こんな感じ・・えっと・・「このレポートもっと後にできないの?」

Chandler: I don't sound like that.
 そんな発音しないよ。

Ross: Oh, oh Chandler...
 ああチャンドラー。

Joey: Oh... Yeah, you do.
 おまえそんなふうだよ。

Ross: 'The hills were alive with the sound of music.'
 『丘は生きている。音楽の調べと共に!』

 (Sound of Music の歌詞)


Joey: My scones.
 俺のスコーン!

Phoebe, Joey, and Ross: 'My scones.'
 俺のスコーン!

Chandler: Okay, I don't sound like that. That is so not true. That is so not... That is so not... That... Oh, shut up!
 そんなふうじゃない。そんなのウソだ。そんなのウ・・そんなの・・・黙れ!

《モニカ達の部屋》

Monica: Did not.
 ウソでしょ。

Ethan: I am telling you, up until I was, like nine, I thought that gunpoint was an actual place where crimes happen.
 本当だって。9歳ぐらいまでかな。ガンポイント(銃口)って事件が起きた地名だと思ってたんだよ。

Monica: How was that possible?
 どうしたらそうなるの?

Ethan: Well, think about it. It's always on the news. 'A man is being held up, at gunpoint.' 'Tourists are being terrorized, at gunpoint.' And I just kept thinking: why does people continue to go there? Oh, ah. I should go.
 考えてみてよ。ニュースで「男がガンポイントで両手を上げている」「旅行者達はガンポイントで震え上がっている」だから僕はなんでみんなそこへ行くんだろう?って思ってたんだよ。 ・・・あ、もう行かないと。

Monica: Okay.
 わかった。

Ethan: Okay.
 さて。

Monica: Unless...
 それか・・

Ethan: What?
 なに?

Monica: Uh, ah. Unless you wanna stay over? I mean, I'm going to, so...
 えーっと・・それか泊まっていくとか? 私そうするし。。

Ethan: Yeah, I'd really like that. Uh, before we get into any staying-over-stuff, there is something you should know.
 ああ、それすごくいいね。ただ・・泊まるとかってことになる前に、言っておかなくちゃ・・

Monica: Okay, is this like 'I have an early class tomorrow' or 'I'm secretly married to a goat?'
 いいわ。「明日早いクラスがある」とか、「実はヤギと結婚してる」とか?

Ethan: Well it's somewhere in between. You see, in a strictly technical sense, of course, I'm not uh..., well I, I mean I haven't ever uh...
 そうだな、その中間って感じ。ね、厳密に正確にいって、そう、僕はまだ・・その・・僕はまだ・・

Monica: Ethan?
 イーサン?

Ethan: Yeah?
 ん?

Monica: Are you a virgin?
 童貞なの?

Ethan: Well, if that's what you kids are calling it these days then, yes I am. I uh, I've kinda been waiting for the right person.
 最近の子はそう言うのかな?そうだとしたら、うん、そう。その・・理想の彼女を待ってたんだ。

Monica: Really?
 本当?

Ethan: Yeah. You do know I was talking about you, right?
 ああ。君のことだってわかってる?

《時間経過》

Ethan: Wow!
 ワオ!

Monica: You keep saying that.
 そればっかり。

Ethan: You know, you read about it, you see it in the movies. Even when you practice it at home, man oh man, it is nothing like that.
 ああ、本で読んだり、映画で見たり、家で練習したりしたけど、ああ、もう・・全然違うよ。

Monica: Listen, uh, you told me something that was really difficult for you. And I, I-I figured if you could be honest, then I can to.
 ねぇ、あなた本当に言いにくいことを言ってくれたわ。だから・・あなたが正直になってくれたんだから私も・・

Ethan: Oh god, don't tell me, I did it wrong.
 ああ頼むよ。僕なんか間違ってた?

Monica: No-no. Nothing wrong about that.
 いえいえ、何も間違ってなんかなかったわ。

Ethan: Oh.
 はぁ。

Monica: Um, okay, here it goes. I'm not 22. I'm, I'm 25... and thirteen months.
 えーっと。言うわよ。私22歳じゃないの。私・・私は・・25歳・・と13ヶ月なの。

Ethan: Huh!
 はぁ!

Monica: But I figured, you know, that shouldn't change anything. I mean, what the hell does it matter how old we are.
 でも、ね、何も変わらないわよね。私たちの年齢なんてなんでもないことよね。

Ethan: Uh, listen um, as long as we're telling stuff, uh, I have another one for you. I'm a little younger than I said.
 あー。聞いて、打ち明けるっていうと、僕もう一つ打ち明けることがあるよ。僕、本当はもうちょっと若い。

Monica: You're not a senior?
 じゃあ4年生じゃないの?

Ethan: Oh, I'm a senior... in High School.
 いや、4年生。高校の。

Monica: Okay.
 えっと・・。

《時間経過》

Monica: What we did was wrong. Oh god, I just had sex with somebody that wasn't alive during the Bicentennial.
 私たちのしたこと間違ってるわ。ああもう・・200年祭の時にまだ生まれてない人とセックスしちゃった。

Ethan: I just had sex.
 セックスしたー♪

Monica: Ethan, focus. How could you not tell me?
 イーサン、聞いて。なんで言わないのよ?

Ethan: Well, you never told me how old you were.
 君も何歳か言わなかったよね。

Monica: Well, that's different. My lie didn't make one of us a felon in 48 states. What were you thinking?
 話が違うわよ。私のウソのおかげで48州で有罪になったりしないもの。何考えてたの?

Ethan: I wasn't thinking. I was too busy falling...
 考えてないよ。夢中だった・・

Monica: Don't say it.
 言わないで。

Ethan: ...in love with you.
 君を愛してて。

Monica: Really?
 本当に?

Ethan: Sorry.
 ごめん。

Monica: Well,fall out of it. You know, you shouldn't even be here, it's a school night. Oh god, oh god. I'm like those women that you see with shiny guys named Chad. I'm Joan Collins.
 もうやめなきゃ。第一あなたここにいちゃいけないのよ。学校の日よ。ああもう・・どうしよう。私ってまるでオイルでテカったチャドと歩いてる女みたい。私ジョーン・コリンズだわ。

Ethan: Who?
 誰?

《モニカ達の部屋:モニカのみ不在》

Ross: Okay, Andre should be there in like 45 minutes. All righty, bye bye. (to Phoebe) Just easier that way.
 (電話)はい、アンドレは45分ほどでそちらに参ります。わかりましたよ、バイバイ(フィービーに)この方が簡単だ。

Chandler: Oh, come on. You told me about the last dream.
 なぁ! 前の夢のことは話してくれたじゃん!

Rachel: No, forget it.
 ダメよ。アキラメて。

Chandler: Oh, why not. Was I doing anything particularly... saucy?
 なんで? 俺なんか特別いいことした?

Rachel: All right, fine. Um, you were not the only one there. Joey was there too.
 わかったわよ。あなただけじゃなかったの。ジョーイもいたのよ。

Joey: All right.
 それで?

Ross: Was there...uh, huh, huh, huh... anybody, anybody else there.
 もしかして・・・他にはいなかった?

Rachel: No.
 いいえ。

Ross: You're sure? Nobody uh, handed out mints or anything?
 間違いない? 誰か・・・ミントとか渡したりしてなかった?

Rachel: No, it was just the three of us.
 いいえ。3人だったわ。

Ross: Huh!
 あっそう!

Joey: So, tell me. Was it like you and Chandler, and then you and me, or you and me and Chandler?
 聞かせて。君とチャンドラーとか、君と俺とか、君と俺とチャンドラーの3人だったりした?

Rachel: You know what?
 あのね?

Joey: What?
 なに?

Rachel: There were times when it wasn't even me.
 私が入ってないことがあったのよ。

Phoebe: That is so sweet, you guys.
 仲良しさんねあなたたち。

(ウォークマンをつけたモニカが来る)
Ross, Rachel, and Phoebe: Hey, Mon.
 ハーイ、モン。

Rachel: Mon, Ethan called again. Mon?
 モン、イーサンからまた電話あったよ。・・・モン?

All: Mon!
 モン!!!

Monica: What?
 なに?

Rachel: Ethan called again.
 イーサンからまた電話があったわ。

Monica: Oh.
 ああ。

Ross: Are you not seeing him anymore?
 もう彼に会わないの?

Monica: No. You know, sometimes just things doesn't work out.
 うん。うまくいかないこともあるわよ。

Chandler: And this has nothing to do with the fact that he needs a note to get out of gym.
 それって体育の授業から抜けるのにお知らせがいるってことと関係あるの?

Rachel: I didn't say any..... I did not say anything, I swear. He stopped by.
 何も言ってないわよ。本当よ、何も言ってない。彼が来たのよ。

Joey: Listen, the next time you talk to him, can you ask him which one the strongest Power Ranger is?
 今度彼と話す時、パワーレンジャーの誰が一番強いか聞いてくれよ。

Ross: Oh, yeah.
 ああそうだな。

Monica: Ha,ha, ha, oh my life is just so amusing. Could we drop it now?
 ハハハ! 私の人生っておもしろいわね。もうやめてくれる?

Joey, Chandler, and Ross: Sorry.
 ごめん。

Ross: It's morphing time!
 変身だ!

Joey: Stegosaurus!
 ステゴサウルス!(Power Ranger のまね)

Chandler: Tyrannosaurus!
 ティラノサウルス!

Phoebe: Ooh, oh, I've gotta go. Whoa, oh, head rush. One more, and then I have to go. Cool!
 あっ、私もう行かなきゃ。うわ。立ちくらみ。もう一回やってから行こうっと。(座って立つ)ステキ!

Rachel: Where are you going?
 どこ行くの?

Phoebe: Um, oh, I've got a birthday party, with some work people.
 勤め先関係でバースデーパーティよ。

Chandler: Work people? Nobody told me.
 勤め先関係? 俺聞いてないぞ。

Phoebe: No, I know. That's a part of the whole, you know, them-not-liking-you-extravaganza.
 うん。だってみんなあなたを好きじゃないっていう、あれのせいよ。

Chandler: You know, I don't get this. A month ago, these people were my friends. You know, just because I'm in charge doesn't mean I'm a different person.
 わかんないよ。1ヶ月前にはみんな友達だったのに。な? 昇格したからって、別人になったわけじゃない。

Phoebe: Well, then you should come tonight. You know, just hang out with them. Let them see what a great guy you still are.
 じゃあ来たらいいんじゃない? みんなと遊んでみたら。あなたが今もいい人だってところを見せたら?

Chandler: You think I should?
 それがいいと思う?

Phoebe: I really do, yeah.
 思うわ。ほんと。

Chandler: Okay.
 わかった。

Phoebe: Okay.
 いいわ。

Chandler: Okay.
 よし。

Phoebe: Oh, but, could we not go together? I don't wanna be the geek that invited the boss.
 あ。でも一緒には行かないでね? ボスを誘ったいやな奴と思われたくないから。

《チャンドラーのオフィス》

Chandler: I Think last night was great. You know, the Karaoke thing. Tracy and I doing Ebony and Ivory.
 昨日は最高だったよ。あのカラオケとかさ。トレーシーと俺との「エボニー&アイボリー」。

Phoebe: You were great. But they still made fun of you.
 ステキだったわ。だけどみんな笑ってたけどね。

Chandler: What?
 なんだって?

Phoebe: You know, now you're more like, you know like, "Mr. Caring Boss," "Mr.", you know, "I'm one of you, Boss," "Mr., I wanna be your buddy, Boss Man Bing!"
 ほら、今ではあなたは、「気に入られたがりボス」「みんなの仲間きどりボス」「みんなと友達でいたいボスのビング!」なのよ。

Chandler: Then, I don't get it.
 わかんないよ。

Phoebe: Well, you know what Chandler? I think you've gotta face it. You're like, the guy in the big office, you know. You're the one that hires them, that fires them... They still say you're a great boss.
 ねぇチャンドラー? 現実に目を向けないと。あなたは大きなオフィスを持った人なのよ。みんなを雇ったり、クビにもできる。みんないいボスだと思ってるわよ。

Chandler: They do?
 ほんと?

Phoebe: Uh huh. But they're not your friends anymore.
 ほんとよ。ただもう友達ではないのよ。

Chandler: I just wan't to...
 俺はただ・・

Phoebe: No, but you can't.
 いいえダメよ。

Chandler: But I just wa...
 でも俺は・・

Phoebe: Uh uh.
 無理!。

《セントラルパーク》

Monica: Aren't you gonna...
 (ポケベルが鳴ったので)電話は?

Ross: Oh, Carol and I have a new system. If she punches in 911, it means she's having a baby, otherwise I just ignore it.
 ああ。キャロルと話して新しいやり方にしたんだ。911とダイヤルされたら、それが陣痛がきたってこと。それ以外は無視していいんだ。

Joey: What about Andre?
 アンドレはどうなった?
 
Ross: Oh, well this morning he got a call from who I think was our cousin Nathan, and frankly, it was a little more than I needed to know.
 彼は今朝いとこのネイサンから電話があったが、知らなくていいことまで知った感じ。

(イーサンが来る)
Ethan: Hey.
 ヘイ。

Monica: That was gonna be my opener.
 私がそういうとこだったのよ。

Rachel: Hey, did you guys check out those new hand-dryers in the bathroom?
 ねぇ、バスルームのみんなハンドドライヤー使ってみた?

Ross: I thought that was just a rumor.
 ウソかと思ったよ。

Rachel: True story.
 本当だったんだ。

Joey: They're here already?
 つけてあるの?(みんなバスルームへ行く)

Ethan: All right, look. I've gotta tell you something. I'm not 17. I only said so that you'd think I was cute and vulnerable. I'm actually 30, I have a wife, I have a job, I'm your Congressman. Monica, this is ridiculous, we're great together. We can talk, we make each other laugh, and the sex. Oh, man! Okay I have no frame of reference, but I thought that was great.
 よし。。言いたいことがあるんだ。17歳じゃない。そう言ったら可愛いかと思ったんだ。本当は30だ。妻がいて、仕事もある。ここの議員だ。モニカ、こんなのおかしいよ。僕ら二人最高じゃないか。話しても笑えて楽しいし、セックスも。ああもう! 比較対象がないけど、でもすごいよかったと思う。

Monica: It was.
 よかったわ。

Ethan: Then, what's the problem?
 じゃあ何がいけない?

Monica: Ethan, it's ... it's icky.
 イーサン・・・気持ち悪いのよ。

Ethan: Icky? You're actually gonna throw this away because it's icky?
 気持ち悪い? 気持ち悪いからって放り出しちゃうの?

Monica: This isn't easy for me either. I wish things were different, I... If you were a few years older, or if I was a few years younger, or if we lived in biblical times, I would really...
 私もつらいのよ。もし違っていたら・・・もしあなたがもう少し年をとっていたら・・私がもうちょっと若かったら・・・それかこれが聖書の時代ならね。そうしたら私・・

Ethan: No, don't say it.
 言わないで。

Monica: ...love you.
 愛してるわ。

(ロスとジョーイとレイチェルが戻る)
Ross: Are you're hands still wet?
 手がまだ濡れてる?

Joey: They're moist, yeah.
 湿ってるね。

Rachel: Let's dry them again.
 もっかい乾かそう。

《チャンドラーの会社・廊下》
Gerston: Uh, like, could these margaritas be any stronger? Hey, Chandler.
 こんな感じ。このマルガリータもちっと強くできないかね? (チャンドラーに気づいて)やぁ、チャンドラー。

Santos: Hello, Mr. Bing.
 こんにちは、ビングさん。

Petrie: Loved your Stevie Wonder last night.
 昨日のスティーブ・ワンダーはよかったですよ。

Chandler: Thanks. Listen, about the weekly numbers, I'm gonna need them on my desk by nine o'clock.
 ありがと。今週の集計だけど、9時までには僕の机に置いといてくれ。

Santos: Sure.
 わかりました。

Gerston: No problem.
 わかりました。

Chandler: You have to give them something, you know. Okay, now that was Gerston, Santos, and who's the guy with the mustache?
 何か仕事与えないとね。今のがガーストン・サントス、それからヒゲの奴は?

Phoebe: Petrie.
 ピートリ。

Chandler: Petrie, right, right. Okay. Well, some people gonna be working this weekend.
 ピートリね、よしわかった。今週末も働かなきゃならないぞ。

《モニカの部屋:レイチェルとロス》

Rachel: Oooooooooh. Oh, that's nice. Oh, oh. Uh, Ross!
 うーーん(寝言)ああステキね。ああ。ロス!

(ロスは大喜びでテーブルの上で踊りだし、足をすべらせてレイチェルのそばに落ちる)
Rachel: Ross?
 ロス?

Ross: I'm here.
 ここにいるよ。

Rachel: You are. Well, um... We, we, we were just... Wow!
 ほんとね。私たち・・私たち・・いま・・・ワオ。

Ross: What? Great, now I'm having a baby.
 なんだった? (ポケベルが鳴る)いいね、子供が生まれる。

Rachel: What?
 何ですって?

Ross: Ooh, Ooh.
 わっ! わっ!

Rachel: What?
 なに?

Ross: I'm having... I'm having a baby. I'm having a... Where's the phone? The phone?
 子供が・・子供が生まれる・・子供が・・・電話は? 電話!

Rachel: I don't have the phone. Ross?
 電話もってない。(ロスがこけたので)ロス?

Ross: I'm hurt.
 痛い。

《廊下》

Ross: Monica, let's go. Come on now people, woman in labor.
 モニカ、行くぞ! 早くみんな! 陣痛が!

Chandler: Hey Ross, look what I've got going here.
 なぁロス、これどう?

Ross: Yeah, save it for the cab, okay.
 タクシーに乗ってからね。

Ross: What are you doing? We're going to a hospital.
 (レイチェルに)何してんの? 病院行くんだよ。

Rachel: What, so I can't look nice? There might be doctors there.
 なに? きれいにしちゃいけない? お医者さんに会えるかもでしょ。

Ross: Joey, get out of the fridge.
 ジョーイ、冷蔵庫から離れて。

Joey: All right, all right.
 わかったわかった。

Ross: What is that?
 何だよそれ?

Joey: For the ride.
 車に乗ってる間に食べるんだよ。

Chandler: Yeah, like in a cab...
 そう、タクシーで

Ross: Save it.
 あとにして。

Chandler: Okay, hating this.
 いやになってきた。

Ross: Monica, come on now. Let's go, baby coming.
 モニカ、早く来て! 行くぞ、赤ちゃんが生まれる。

Monica: I can't believe it, I'm gonna be an aunt. I'm gonna have like a nephew.
 信じられない。私叔母さんになるんだわ。私に甥ができる。

Ross: That's nice. Get out Let's go, come on.
 素敵だね、もう行くよ、早く。

Joey: All right, I'm going. I'm going.
 わかったよ。行くよ行くよ。

(みんな降りたが、ロスが怖じ気づいて戻ってくる)
Chandler: Here we go, here we go.
 さぁ、行くよ、行くよ。

Rachel: Rossy, Rossy.
 ロッシー、ロッシー。


にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村


英語 ブログランキングへ
posted by らんち at 11:54| Comment(0) | Season1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。