2013年05月28日

1-21 The One With The Fake Monica

1-21 偽モニカの話

 ☆ニセのモニカ出現☆

《モニカ達の部屋》

Joey: How could someone get a hold of your credit card number?
 どうやって他人のクレジットカード番号なんて盗めるんだ?

Monica: I have no idea. But look how much they spent!
 全然わかんないわ。でもこの使った金額見てよ!

Rachel: Monica, would you calm down? The credit card people said that you only have to pay for the stuff that you bought.
 モニカ、落ちついて。あなたが使った分だけ払えばいいってカード会社は言ってるんだから。

Monica: Still, it's just such reckless spending.
 それにしても、本当に向こう見ずな散財だわ。

Ross: I think when someone steals your credit card, they've kind of already thrown caution to the wind.
 ま、クレジット番号を盗んだ時点で、もう十分向こう見ずだと思うね。

Chandler: Wow, what a geek. They spent $69.95 on a Wonder Mop.
 ワオ! すごい変人だな。69ドル95セントもワンダー・モップに使ってる。

Art-42-5.png

Monica: That's me.
 それ私。

Phoebe: Oh! The yuk! Ross, he's doing it again!
 あっ! やだ! ロス、彼またやってるわよ。

Ross: Marcel, stop humping the lamp! Stop humping! Now Marcel, come back….. come here, Marcel-
 マルセル! ランプに発情するのやめなさい。やめなさい! マルセル、すぐ戻って・・おいでマルセル!

Rachel: Oh no, not in my room! I'll get him.
 いやだ! 私の部屋はやめて! 捕まえてくるわ。

Monica: Ross, you've got to do something about the humping.
 ロス、あれなんとかしなきゃだめよ。

Ross: What? It's, it's just a phase.
 何を? あれは一時的なものだよ。

Chandler: Well, that's what we said about Joey...
 ジョーイの時もそう言ってたよな。

Ross: Would you all relax? It's not that big a deal.
 みんな落ち着いてくれない? そんな大したことじゃないよ。

Rachel: Marcel! Stop it! Marcel! Bad monkey!
 マルセル! やめて! マルセル! 悪い子ね!

Ross: What?
 今度はなに?

Rachel: Let's just say my Curious George doll is no longer curious.
 知りたがりのおさるのジョージはもうこれ以上知りたくないって。
96397-curious-george-supershape-foil-balloon.jpg

《モニカ達の部屋:モニカ一人》

Rachel: Oh, Monica. You are not still going over that thing.
 ああ、モニカ、まだそれを見てるの?

Monica: This woman's living my life.
 この人私の人生を生きてるのよ。

Rachel: What?
 え?

Monica: She's living my life, and she's doing it better than me! Look at this, look. She buys tickets for plays that I wanna see. She, she buys clothes from stores that I'm intimidated by the sales people. She spent three hundred dollars on art supplies.
 彼女は私の人生を生きてて、しかも私よりうまくやってるのよ! これ見て! 私が見たかった舞台のチケット買ってるわ。私が店員にびびって入れなかったところで洋服買ってるのよ。絵の具とかに300ドルも使ってるのよ。

Rachel: You're not an artist.
 あなたアーティストじゃないじゃん。

Monica: Yeah, well I might be if I had the supplies! I mean, I could do all this stuff. Only I don't.
 道具を持ってればアーティストになれたかもよ。私だってこういうことできたはずだってことよ。やらなかっただけで。

Rachel: Oh, Monica, come on, you do cool things.
 まぁモニカ。何いってるの。あなただってかっこいいことしてるじゃないの。

Monica: Oh really? Okay, let's compare, shall we.
 あら本当? それじゃ二人で比較してみましょうか。

Rachel: Oh, it's so late for 'Shall we'...
 「それじゃ二人で」には遅いわ・・・

Monica: Do I go horseback riding in the park? Do I take classes at the New School?
 私乗馬した? ニュースクールでクラス取った?

Rachel: Nooo...
 いーえーーー。(あくび)

Monica: This is so unfair! She's got everything I want, and she doesn't have my mother.
 こんなのってないわ! 彼女は私がいいなと思ってること全部やってて、その上うちの母の娘じゃないなんて。

《セントラルパーク》

Chandler: How about Joey... Pepponi?
 ジョーイ・ペポニは?

Joey: No, still too ethnic. My agent thinks I should have a name that's more neutral.
 ダメだよ。民族っぽい感じじゃないか。エージェントが、もっと中立的な名前がいいって。

Chandler: Joey... Switzerland?
 ジョーイ・スイッツランド?

Joey: Plus, you know, I think it should be Joe. you know, Joey makes me sound like I'm, I don't know, this big. Which I'm not.
 それに、「ジョー」でいこうと思うんだ。「ジョーイ」はなんていうか、こんな小さい感じ(指で表し、それを見たウェイトレスに)僕は違うよ。

Chandler: Joe...Joe...Joe...Stalin?
 ジョー・・ジョー・・・ジョー・スターリン?

Joey: Stalin...Stalin...do I know that name? It sounds familiar.
 スターリン・・スターリン・・それ知ってる名前? なんか聞いたことある感じ。

Chandler: Well, it does not ring a bell with me...
 俺にはピンとこないね。

Joey: Joe Stalin. you know, that's pretty good.
 ジョー・スターリン(書く)。な、これいいな。

Chandler: Might wanna try Joseph.
 ジョセフにしたら?

Joey: Joseph Stalin. I think you'd remember that!
 ジョセフ・スターリン。これは覚えやすいぞ!

Chandler: Oh yes! Bye Bye Birdie, starring Joseph Stalin. Joseph Stalin is the Fiddler on the Roof.
 そうだな。『バイバイバーディ』・ジョセフ・スターリン主演。ジョセフ・スターリンの『屋根の上のバイオリン弾き』。

《モニカ達の部屋》

Rachel: Hey.
 (フィービーがくる)ハーイ。

Phoebe: Hey.
 ハーイ。

Monica: Hi. Hi, uh, yes, this is Monica Geller. Um, I believe I'm taking some classes with you and I was wondering what they were.
 ハーイ。(電話で)はい、モニカ・ゲラーですけど、私そちらでクラスをとってると思うんですけど、それ何でしたっけ?

Phoebe: What are you doing?
 あなた何してんの?

Monica: Alright, great. Great. Thanks a lot. I'm going to tap class.
 (電話)わかったわ。オーケー。ありがとう(電話を切る)私タップクラスに行くわ。

Rachel: What, what, so that you can dance with the woman that stole your credit card?
 えっ? あなたのカードを盗んだ女と一緒にダンスしてくる気?

Monica: This woman's got my life, I should get to see who she is.
 彼女は私の人生を生きてるのよ。だからその彼女を見たいのよ。

Rachel: Go to the post office! I'm sure her picture's up! ...Okay, Monica, you know what, honey, you're kinda losing it here! I mean, this is really becoming like a weird obsession thing.
 郵便局へ行けば写真が飾ってあるわよ! モニカ、ねぇ、あなた自分を見失ってるわよ。なんか変に取り付かれ始めてる!

Phoebe: This is madness. It's madness, I tell you, for the love of God, Monica, don't do it!! ...Thank you.
 (芝居がかって)それは狂気のさただ! 狂気だ! いいか、神の愛にかけて、モニカ、それはやめるべきだ!(芝居終わり)ありがと。

《タップクラス》

Monica: What do you think?
 どう思う?

Phoebe: Lots of things.
 いろんなこと。

Rachel: Which one do you think she is?
 どの人だと思う?

Teacher: May I help you?
 何か?

Monica: Oh, no thanks, we're just here to observe.
 いえ、いいんです。私たちちょっと見てるだけです。

Teacher: You don't observe a dance class. You dance a dance class. Spare shoes are over there.
 ダンスクラスは見るんじゃないのよ。ダンスクラスは踊るのよ。スペアの靴はそこにあるわ。

Rachel: What does she mean?
 どういう意味かしら?

Phoebe: I think she means (Imitates) 'You dance a dance class'. Oh, come on, come on.
 彼女が言いたいのは、「ダンスクラスは踊るのよ」 さ、行こう行こう。(靴を履く)

Monica: Okay, do you see anybody you think could be me?
 わかったわ。私をやってるらしい人いる?

Teacher: People! Last time there were some empty yoghurt containers lying around after class. Let's not have that happen again!
 みなさん、昨夜のクラスの後、空のヨーグルトが転がっていました。そういうことのないようにね!

Rachel: She could be you.
 あの人かもね。

Teacher: Let's get started. Five, six, a-five six seven eight...
 始めるわよ。Five, six, a-five six seven eight...

Monica: Okay, I'm not getting this!
 これついていけないわ。

Phoebe: I'm totally getting it!
 私はカンペキにつかんだわ。

Monica: Did you ever feel like sometimes you are just so unbelievably uncoordinated?
 信じられないくらいバラバラでみんなと合ってないって感じたことある?

Rachel: What? You just click when they click.
 なに? みんながタップするとき一緒にタップするだけじゃん。

Teacher: Alright people, now everyone grab a partner.
 はい、ではみんなパートナーと組んでください。

Phoebe: Okay. And, my, dead, mother, says, you, are, it. I'm with Rachel.
 よし。それじゃ、死んだ、かあさんが、言った、あなたが、相手。レイチェルと組むわ。

Monica: Great. It's gym class all over again.
 ステキ。体育の時間の再現だわ。

Phoebe and Rachel: Aww.
 ああ。(同情するがそのままである)

Teacher: Well that's all right, you can come up to the front and dance with me.
 いいわよ。あなたは前にきて、私と踊るのよ。

Monica: Why don't I just take off my clothes and have a nightmare.
 服を脱いで悪夢を見るって感じ。

(遅れてきた女性がいる)
Woman: It's okay, it's okay, I'm here, I'm here. I'm sorry I'm late, okay, here I am. SO, who's the new tense girl?
 いいのよいいのよ! 遅れてきてごめんなさい。ごめんなさい、来たわよ。それで、このテンパってる人はだれ?

Teacher: She's your partner.
 あなたのパートナーよ。

Woman: Hi. I'm Monica.
 ハーイ、私はモニカ。

Monica: Oh. Monica! ...Hi. I'm Mo- ...nana.
 あら。モニカ! ハーイ・・・私は・・モナナ。

Fake Monica: Monana?
 モナナ?

Monica: Yeah. It's Dutch.
 ええ。オランダなの。

Fake Monica: You're kidding! I spent three years in Amsterdam. (Asks her something in Dutch)
 ウソ! 私アムステルダムに3年住んでたのよ。(ダッチでしゃべる)

Monica: Um, Pennsylvania Dutch.
 えっと・ペンシルベニア・ダッチなの。

Teacher: And we're dancing. A-five, six, seven, eight...
 ダンス始めますよ。5、6、7、8・・・。

《セントラルパーク:男性達》

Ross: Hi.
 やぁ・・・。

Chandler and Joey: Hey.
 ヘイ。

Joey: Where've you been?
 どこ行ってたんだ?

Ross: At the vet.
 獣医だ。

Chandler: She's not gonna make you wear one of those big plastic cones, is she?
 エリザベスカラーをつけろていうんじゃないよな?

boobooloon-inflatable-dog-collar.jpg
(corn の一種)

cone-of-shame-hero.jpg

comfy-cone-dog-collar.jpg
(3枚も載せちゃった)

Ross: She says Marcel's humping thing's not a phase. Apparently he's reached sexual maturity.
 マルセルの発情するのは、一時的なものじゃないんだそうだ。性的に成熟したということらしい。

Joey: Hey! He beat you!
 (チャンドラーに)おい! 追い越されたぞ!

Ross: She says as time goes on, he's gonna start getting agressive and violent.
 先生が言うには、このまま行けば、攻撃的になって、乱暴になるそうだ。

Chandler: So what does this mean?
 それってつまり?

Ross: I'm gonna have to give him up.
 手放さないといけないんだ。

《時間経過》

Joey: I can't believe it, Ross. This sucks!
 信じられないよ。ロス、こんなのってないよ。

Chandler: I don't get it, I mean, you just got him. How can he be an adult already?
 わからないよ。まだ来たばかりなのに、もうオトナだなんて。

Ross: I know. I know. I mean, one day, he's this little thing, and before you know it, he's this little thing I can't get off my leg.
 そうなんだよ。ある日小さな子だったのに、気がついたら、もう足にしがみついて離れないんだ。

Joey: Isn't there any way you can keep him?
 なんとかして飼い続けることはできないのか?

Ross: No, no. The vet says unless he's in a place where he has regular access to some... monkey loving he's just gonna get vicious. I've just gotta get him into a zoo.
 ダメなんだ。獣医が言うには、恋人に接することができない状況では、危険になるそうだ。動物園に入れるしかないんだ。

Joey: How do you get a monkey into a zoo?
 どうやってモンキーを動物園に入れるんだ?

Chandler: I know that one! ...No, that's Popes into a Volkswagen.
 わかった! ・・違った。これは法王をフォルクスワーゲンに乗せる方法だった。

Ross: Well, we're applying to a lot of them. Naturally our first choice would be one of the bigger state zoos, you know, like, uh, San Diego... right? But that might just be a pipe dream, because, you know, he's out of state. Uh, my vet, uh, knows someone at Miami, so that's a possibility.
 いろいろ試してみないと。最初の候補としては、州の大きな動物園だよね。サンディエゴみたいな。ね? でもそれはかなわないかもしれない。彼は州外にいるからね。僕の獣医は、マイアミに知り合いがいるらしいから、そこなら可能性がある。

(pipe dream = 空想的であるが、はかない望み(アヘンパイプによって引き起こされる幻想から)

Chandler: Yeah, but that's like two blocks away from the beach. I mean, it's a total party zoo.
 でもビーチのすぐそばだぞ。いかれた子になっちゃうかも。

Phoebe: Hey. We found her, we found the girl.
 ねぇ! 見つけたわよ。彼女見つけたのよ。

Chandler: What?
 え?!

Joey: Did you call the cops?
 警察を呼んだ?

Rachel: Nope. We took her to lunch.
 いいえ。私たちランチに行ったの。

Chandler: Ah. Your own brand of vigilante justice.
 君たち自警団独自のやり方なの?

Ross: What?! Are you insane? This woman stole from you. She stole. She's a stealer.
 なに? どうかしたんじゃないの? その女は君から盗んだんだぞ。盗んだんだ。盗み屋だぞ!

Monica: You know what? After you're with this woman for like ten minutes, you forget all that. I mean, she is this astounding person, with this, with this amazing spirit.
 でもね、彼女と10分でも一緒に過ごしてみなさいよ。全部忘れるから。驚くべき人なの。ものすごい活力なのよ。

Ross: Yeah, which she probably stole from some cheerleader.
 ああ、その活力もどっかのチアリーダーから盗んだんだよきっと。

Chandler: ...Take off their hats!
 帽子をとれ!

Phoebe: Popes in a Volkswagen! ...I love that joke.
 法王をフォルクスワーゲンに乗せる方法ね! それ大好き。

(法王をフォルクスワーゲンに乗せるには?
 答え・帽子を取る
 このジョークはどこがおかしいのか。
 フォルクスワーゲンはドイツ製。法王もドイツ人。
 ワーゲンは他より小さく、法王の帽子は大きい。
 それの何がおもしろいのか、日本人でなくても
 わからない人は多いようです)


《モニカの部屋:偽モニカもいる》

Rachel: No way. No way did you do this.
 まさか。あなたがそんなことするなんて。

Fake Monica: Monana was very brave.
 モナナはすごい大胆だったのよ。

Monica: It was so wild. We told them we were the Gunnersens in room six fifteen. Only to find out the Boston Celtics had taken over the entire sixth floor!
 すごかったわよ。6階の15号室のガナーソンだと言ったのよ。でも6階はボストンセルティックスの貸し切りだったのよ!

Fake Monica: So once they caught on to the fact that we're, you know, short and have breasts.
 私たちの身長と胸があることでばれてしまったのよ。

Monica: ...They threw us out! I was thrown out of a hotel! Me!
 それで追い出されたの。ホテルから追い出されたのよ! この私が!

Rachel: Go Monana! Well, you ladies are not the only ones living the dream. I get to go pour coffee for people I don't know. Don't wait up.
 やったぜモナナ! さ、夢に生きてるのはあなた達だけじゃないのよ。私も行って知らない人達にコーヒー注いでくるわ。帰り待たないでいいわよ。(出ていく)

Fake Monica: Oh, by the way, tomorrow we're auditioning for a Broadway show.
 あ、ところで、明日はブロードウェイのオーディションよ。

Monica: Excuse me?
 なんですって?

Fake Monica: There's an open call for Cats. I'm thinking we go down there, sing Memories and make complete fools of ourselves. What do you say?
 キャッツの空きの募集があるのよ。行ってメモリーを歌ってバカやってくるのよ。どう?

Monica: Nononononono. Remember who you're dealing with here. I mean, I'm not like you. I-I can't even stand in front of a tap class.
 ダメダメダメよ。思い出して。私はあなたとは違うのよ。タップクラスで前に立つことさえできないのよ。

Fake Monica: Well, that's just probably 'cause of your Amish background.
 それはきっと、アーミッシュだからよ。

Monica: What?
 え?

Fake Monica: Well, you're Pennsylvania Dutch, right?
 ペンシルベニアダッチでしょ?

Monica: Right. Till I bought a blow dryer, then I was shunned.
 そうか。ドライヤーを買ってしめ出されるまではね。

Fake Monica: I used to be just like you. And then one day I saw a movie that changed my life. Did you ever see Dead Poets' Society?
 私も昔はそうだったのよ。ある日、映画を見て人生が変わったのよ。『いまを生きる』見たことある?

Monica: Uh-huh.
 うん。

Fake Monica: I thought that movie was so incredibly... boring. I mean, that thing at the end where the kid kills himself because he can't be in the play? What was that?! It's like, kid, wait a year, leave home, do some community theatre. I walked out of there and I thought, 'Now, that's two hours of my life that I'm never getting back.' And that thought scared me more than all the other crap I was afraid to do.
 あの映画はものすごく、退屈だったの。芝居に出られないからって自殺するって、いったいなに? ちょっと待て、家を出て、コミュニティシアターでもやれっての。映画館を出て、「この2時間は絶対に取り戻せない」と思ったわね。そんなふうに失うのは絶対にいやだわ。

Monica: Wow. Then I would definitely not recommend Mrs. Doubtfire.
 ワオ。じゃあミセス・ダウトはおすすめしないわ。

《モニカ達の部屋》

Ross: Oh God. We didn't get into Scranton. That was like our safety zoo. They take like dogs and cows. See? I don't know who this is harder on, me or him.
 ああ・・・(マルセルに)スクラントンにも入れないって。(みんなに)ここは滑り止めだったのに。ここは犬や牛でさえ引き取るのに。ああ、これって僕かマルセルかどっちにとっての問題なんだか。

Phoebe: I'd say that chair's taking the brunt.
 イスが矛先を向けられてるわよ。

Ross: Marcel! Marcel! Marcel, no! Good boy. See, how can nobody want him?
 マルセル! マルセル! マルセル、ダメだ。いい子だね。ほら、誰だってこの子がほしいと思うよ。

Rachel: Oh, somebody will.
 きっと見つかるわよ。

(ジョーイがくる)
Joey: You know there already is a Joseph Stalin?
 ジョセフ・スターリンっていたって知ってる?

Chandler: You're kidding.
 冗談だろ。

Joey: Apparently he was this Russian dictator who slaughtered all these people. You'd think you would've known that!
 ロシアの独裁者で、大勢の人を虐殺した人らしい。おまえ知ってたんだろう?

Chandler: You know, you'd think I would've.
 俺が知ってたとおまえは思うだろうな。

Joey: Phoebe. What do you think a good stage name for me would be?
 フィービー、俺に合うステージネームないかな?

Phoebe: ...Flame Boy.
 フレーム・ボーイ!(火の玉ボーイ)

《セントラルパーク:マルセルの引き取り候補》

Ross: Where exactly is your zoo?
 あなたの動物園はどこなんですか?

Dr. Baldhara: Well, it's technically not a zoo per se, it's more of an interactive wildlife experience. Let me ask you some questions about, is it, uh, Marcel?
 正確には動物園とは違いまして、野生動物との交流を体験するところといいますか。マルセルについてお聞きしたいんですが。

Ross: Yes.
 はい。

Dr. Baldhara: Does he fight with other animals?
 彼は他の動物と戦いますか?

Ross: No-no, he's, he's very docile.
 いえいえ。彼はとてもおとなしいんですよ。

Dr. Baldhara: Even if he were... cornered?
 追いつめられても?

Ross: Well I, I don't know. Why?
 さぁ・・わかりませんが、どうして?

Dr. Baldhara: Uh, how is he at handling small objects?
 小さいものを扱うことはできますか?

Ross: He can hold a banana, if that's what you mean...
 バナナを持つことならできますよ。そういう意味でしたら・・

Dr. Baldhara: How about a hammer, or a small blade?
 ハンマーはどうですか? それか小さな剣とか?

Ross: Why- why- why would he need a blade?
 え・・な・なんで剣がいるんです?

Dr. Baldhara: Well, if he's up against a jungle cat or an animal with horns, you've got to give the little guy something. Otherwise it's just cruel.
 そうですね、ヤマネコとか、角のある動物に向かい合うなら、何か持たせてあげないと。そうじゃなきゃただ残酷なだけでしょ?

(チャンドラーとジョーイがくる)
Chandler and Joey: He- he- he got in, he- he got in to San Diego.
 彼、彼行けるとこがあった! やつ、行けるぞ! サンディエゴだ!

Ross: What?!
 え?

Joey: We, we come back from our walk and the- the phone was ringing...
 散歩から帰ったら電話が鳴って・・

Chandler: ...He's in.
 彼行けるんだ。

Ross: He's in! Oh, did you hear that, Marcel? San Diego. San Diego!
 そうなんだ! マルセル、聞いた?? サンディエゴ、サンディエゴだぞ!

Dr. Baldhara: You're making a big mistake here. I mean, San Diego's all well and good, but if you give him to me, I'll start him off against a blind rabbit and give you twenty percent of the gains.
 それはよくないですよ。サンディエゴはいいかもしれないが、もし私にくだされば、目の見えないうさぎから始めるし、稼ぎの20パーセントは差し上げますよ。

《モニカ達の部屋:レイチェル一人》

Monica: Yo- hooo!
 ヤッホーーー!

Rachel: Where the hell have you been?
 いったい全体どこ行ってたのよ?

Monica: Monica and I just crashed an embassy party.
 モニカと私とで、大使館のパーティで騒いできたの。

Rachel: Are you drunk?!
 酔ってるの?

Monica: Noooo! I'm lying. I am so drunk.
 いーーーえ。・・・・ウソです。めっちゃ酔ってる。

Rachel: Oh God, oh. Great, Monica, you know what, you could've called, I have been up here, I've been worried...Monica? Monica!
 ああもう。モニカ、電話くれたらよかったのに。心配で起きて待ってたのよ。

Monica: Water rules!
 水ってサイコー!
 
Rachel: Yes, yes, it does. Okay, look, the restaurant called, they wanna know if you're gonna be showing up for work?
 はいはい、そうね。ねぇ、レストランから電話があったわよ。今日来るのかって聞いてたわよ。

Monica: Nope. Going to the Big Apple Circus today.
 いいえ。今日はビッグアップルサーカスに行くの。

Rachel: Okay Monica, what are you doing? You're gonna lose your job! This is not you!
 ねぇモニカ。いったい何してるのよ? 仕事なくしちゃうわよ。あなたらしくないわよ。

Monica: No, it is me! You know, I'm not just the person who needs to fluff the pillows and pay the bills as soon as they come in! You know, when I'm with her, I am so much more than that. I'm- I'm Monana!
 いいえ、これが私なのよ! クッションを膨らませたり、請求書が来たらすぐ料金払ったりする私じゃないのよ! 彼女と一緒にいると、もっとそれ以上になれるの。私、私はモナナよ!

(電話が鳴る)
Rachel: Hello? Yes, she is, hold on a second, please. Monana, it's for you, the credit card people.
 もしもし? はい。お待ちください(モニカに)モナナ、あなたによ。カード会社から。

Monica: Helloo? Yeah. Oh my God. Thanks.
 もしもーし。ええ・・・まぁ・・・ありがとう。

Rachel: What?
 どうしたの?

Monica: They've arrested Monica.
 モニカが逮捕されたわ。

《留置場》

Monica: Hi.
 ハーイ。

Fake Monica: Hey.
 ハーイ。

Monica: How are you?
 どう?

Fake Monica: I'm not too bad. Fortunately, blue's my color. How did you know I was here?
 (青いシャツを着て)そう悪くもないわ。幸い、青は私の色なの。どうしてここがわかったの?

Monica: Because... I'm Monica Geller. It was my credit card you were using.
 それは・・・私がモニカ・ゲラーなの。あなたが使ってたカードの持ち主よ。

Fake Monica: That I was not expecting.
 それは予期してなかったわね。

Monica: I want you to know, it wasn't me who turned you in.
 これだけは言っておきたいんだけど、通報したのは私じゃないのよ。

Fake Monica: Oh. Thanks.
 あら。ありがとう。

Monica: No, thank you! You have given me so much! I mean, if it wasn't for you, I would never have gotten to sing Memories on the stage at the Wintergarden Theater!
 それは私のセリフよ。あなたから得ることがいっぱいあったわ。あなたがいなければ、ウィンターガーデンシアターでメモリーを歌うなんてありえなかったわ。

Fake Monica: Well, actually, you only got to sing 'Memo-'.
 実際のところあなたが歌ったのは「メモ」だけだったけどね。

Monica: I just can't believe you're in here. I mean, what am I gonna do without you? Who's gonna crash the embassy parties with me? Who's gonna take me to the Big Apple Circus?
 あなたがここにいるのが信じられないわ。あなたなしで私はどうしたらいいの? 大使館のパーティへ誰と侵入するの? ビッグアップルサーカスへ誰が連れてってくれるの?

Fake Monica: Monica, I started my day by peeing in front of twenty-five other women, and you're worried about who's gonna take you to the Big Apple Circus?
 モニカ。私の一日は25人の女性の前でオシッコすることから始まるのよ。その私を前に、あなたはビッグアップルサーカスへ行く心配をするわけ?

Monica: Well, not... worried, just... wondering.
 ええ・・心配というか、どうなるのかな・・って。

Fake Monica: There's nothing to wonder about, Monica. You're gonna go back to being exactly who you were, because that's who you are.
 どうなるのか考えることなんてないのよ。モニカ。元通りのあなたでいればいいのよ。それがあなたなんだから。

Monica: Not necessarily...
 そうとも限らないわ。

Fake Monica: Yes necessarily! I mean, I don't know what it is, maybe it's the Amish thing.
 いいえそうよ。なんでそうなのかしらないけど・・多分、アーミッシュだからね。

(アーミッシュは文明を放棄し、小さな集落で
 過ごしていて、外へ出ることは許されない。
 自給自足で、地味に暮らす・・・らしい)


Monica: Um, I'm not actually Amish.
 えー・・実はアーミッシュじゃないの。

Fake Monica: Really? Then why are you like that?
 ほんと? じゃあなんでそんなふうなの?

《タップクラス》

Teacher: You by the door. In or out?
 ドアのところの人。入るの? 入らないの?

Monica: In.
 入る。

Teacher: You in the back, you're getting it all wrong!
 後ろの人。全然合ってないわよ。

Monica: Yeah, but at least I'm doing it!
 そうね。でも少なくとも、やってるわ。

《空港:マルセルが旅立つ》

PA: This is the final boarding call for flight 67 to San Diego, boarding at gate 42A.
 サンディエゴ行き67便最終コールです。ゲートは42Aです。

Phoebe: Okay. Good-bye, little monkey guy. Alright, I wrote you this poem. Okay, but don't eat it 'till you get on the plane.
 じゃあ、バイバイ、ちっちゃなモンキー。いい?詩を書いてきたわ。飛行機に乗るまで食べちゃだめよ。

Ross: Aww. Thank you, Aunt Phoebe.
 ああ。ありがとう、ありがとフィービーおばちゃん。

Phoebe: Oh!
 ああ。

Chandler: Okay, bye, champ. Now, I know there's gonna be a lot of babes in San Diego, but remember, there's also a lot to learn.
 よし。じゃあな、チャンプ。サンディエゴにはいっぱい女の子がいるぞ。でも覚えとけよ。学ぶこともたくさんだぞ。

Joey: I don't know what to say, Ross. Uh, it's a monkey.
 何を言ったらいいの、ロス? モンキーに対して?

Ross: Just, just say what you feel.
 ただ、感じたことを言えばいいんだよ。

Joey: Marcel, I'm hungry.
 マルセル、おなかすいた。

Ross: That was good.
 いいね。

Rachel: Marcel, this is for you. It's, uh, just, you know, something to, um, do on the plane.
 マルセル、プレゼントよ。これで・・・ね。飛行機に乗ってる間使ってちょうだい。

Ross: Uh, if you guys don't mind, I'd like to take a moment, just me and him.
 えーっと・・よければ、ちょっと二人で過ごしたいんだ。

All: Oh, sure. Sure, absolutely.
 ああ、そうね、そうね。わかった。

Ross: Marcel, come here, come here. Well buddy, this is it. There's just a couple things I want to say. I'm really gonna miss you, and I'm never gonna forget about you. You've been more than just a pet to me, you've been more like a be……… Okay, Marcel, please, could you leave my leg alone? Could you just stop humping me for two seconds?! Marcel, would- okay, just take him away. Just take him.
 マルセル、おいで、おいで。ねぇ、これが最後だよ。2つぐらい言っておきたいんだ。本当に寂しくなるよ。忘れることはないからね。ただのペットじゃなかった。君はペット以上の・・・(マルセルが足にしがみつく)いいかいマルセル、ちょっと・・ちょっと離してくれる? ちょっと足にしがみつくのをやめてくれる? マルセル、2秒でいいから・・・ もういいよ。連れていってください。


《オーディション》

Actor: Oh, that I were a glove upon that hand, that I might... touch thy cheek...
 「おお、あの手袋であったなら、そなたの頬に触れるものを」

Casting Director 1: That's fine, thank you.
 よろしい。ありがとう。

Casting Director 2: Next.
 次。

Joey: Hi, uh, I'll be reading for the role of Mercutio.
 ハーイ。マキューシオをやります。

Casting Director 2: Name?
 名前は?

Joey: Holden McGroin.
 ホールディン・マクグローイン(=股間をつかむ)


にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村


英語 ブログランキングへ
posted by らんち at 18:06| Comment(0) | Season1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。