2013年05月24日

1-19 The One Where the Monkey Gets Away

1-19 モンキーが逃げ出す話

 ☆マルセルの逃亡☆

《セントラルパーク:レイチェル接客中》
Rachel: Okay, okay, I checked. We have: Earl Grey, English Breakfast, Cinnamon Stick, Camomile, Mint Medley, Blackberry, and.. oh, wait, there's one more, um.. Lemon Soother. You're not the guy that asked for the tea, are you? ….Okay.
 わかったわ、確認しました。お茶の種類は、アールグレイ、イングリッシュブレックファスト、シナモンスティック、カモミール、ミントミドリー、ブラックベリー、それから・・ちょっと待ってもう一種類・・レモンスーザー! ・・・お茶の種類尋ねられたのあなたじゃありませんね。・・・それじゃ・・。

(モニカが来る)
Monica: Mail call, Rachel Green, bunk seven.
 郵便物を配る。レイチェル・グリーン、7番ベッド。

(アメリカでよく子供達が参加するキャンプでは
 このように言われるらしい)


Rachel: Thank you…. Oh, cool! Free sample of coffee!
 ありがと。あっ、素敵。コーヒーの無料サンプルよ。

Monica: Oh good! 'Cause where else would we get any?
 あら、いいわね。無料でもらえるなんてないもんね。

Rachel: Oh. Right. ...Oh great.
 ああ・・そうね。(手紙を見て)ああ、これはいいわ。

Monica: What is it?
 何が?

Rachel: Country club newsletter. My mother sends me the engagement notices for inspiration. Oh my God! Oh my God, it's Barry and Mindy!
 カントリークラブのニュースレターよ。母が婚約のお知らせを送ってくるのよ・・・刺激になるようにね。まぁ! まぁ・・・バリーとミンディだわ。

Monica: Barry who you almost...?
 結婚しかけたバリー?

Rachel: Barry who I almost.
 結婚しかけたバリー。

Monica: And Mindy, your maid of...?
 付添人のミンディ?

Rachel: Mindy, my maid of. Oh!
 付添人のミンディ。

Monica: That's Mindy? Wow, she is pretty…. lucky. To have had a friend like you.
 (写真を見て)これがミンディ? ワオ。彼女ってすごい・・ラッキーね、あなたみたいな人を友達に持てて。

《モニカ達の部屋》

Ross: Marcel. Bring me the rice, come on. Bring me the rice, come on. Good boy. Good boy. Come here, give me the rice… Thank you, good boy. Well, I see he's finally mastered the difference between 'bring me the' and 'pee in the'….. 'Bring me the' and….. Rach?
 マルセル、ご飯ここに持ってきて。ご飯ここに持ってきて。おいで・・いい子、いい子だから・・おいで。ご飯持ってきて。・・・ありがと、いい子だ。どうやらようやく「ここに持ってきて」と「にオシッコして」の違いがわかったみたい。(レイチェルの反応がないので)「ここに持ってきて」と・・・レイチェル?

Rachel: What?
 は?

Ross: Hi.
 ハーイ。

Rachel: Oh, I'm sorry. Oh, this is so stupid! I mean, I gave Barry up, right? I should be happy for them! I am, I'm happy for them.
 あっ。ごめんなさい。ああ、もうこんなのバカげてるわ。バリーは吹っ切ったじゃない、ね? よかったと思ってあげらえるはずよね。そうよ。よかったと思うわよ。

Ross: Really.
 本当?

Rachel: No. Oh, oh, I guess it would be different if I were with somebody.
 いえ。ああ・・もし私に誰かいたら違うんだろうけど・・。

Ross: Whoah, uh, what happened to 'Forget relationships! I'm done with men!' The whole, uh, penis embargo?
 おいおい。「男なんてヤメだ! 男にはうんざりだ!」っていってさ・・・ペニス遠ざけるんじゃなかったの?

(embargo= 入(出)港禁止)

Rachel: Oh, I don't know. I guess it's not about no guys, it's about the right guy, you know? I mean, with Barry, it was safe and it was easy, but there was no heat. You know, with Paolo, that's all there was, was heat! And it was just this raw, animal, sexual...
 うーん。なんていうか・・。多分、男はダメっていうんじゃなくて、誰が相手かってことよね。バリーの時って、安定していて、気楽だったけど、でも情熱がなかったの。パウロの時あったのは情熱だけだった。荒々しくて、獣のようなセックスで・・

Ross: Wait-wait. I, I got it. I was there.
 はいはい。わかった。それは知ってるから。

Rachel: Well, I mean, do you think you can ever have both? You know? Someone who's like, who's like your best friend, but then also can make your toes curl?
 ね、両方得ることってないのかしら? ね? 誰かそんな人・・親友みたいで、それでいて、めちゃめちゃドキドキさせてくれるような。

(make one's toes curl = to frighten or shock someone
 「びっくりさせる・ショックを与える」を
 この場合は性的な意味で使っている)


Ross: Yes. Yes. Yes! Yes, I really do! In fact, it's funny, very often, someone who you wouldn't think could-could curl your toes, might just be the one who...
 あるよ。絶対ありだよ。本当にそう思うよ。実際、おかしなことに、よくあるけど、考えもつかない人がドキドキさせる人だったり、その人に・・

(みんなが入ってくる)
Monica: Hi.
 ハーイ!

Ross: ...Gets interrupted. Hi!
 邪魔が入ったりする。やぁ。

Rachel: Hi, how was the movie?
 ハーイ。映画どうだった?

Monica: Wonderful!
 よかったわ!

Phoebe: So good!
 すごくよかった!

Joey: Suck-fest.
 つまらなかった。

Chandler: Total chick-flick.
 女の子向けの映画だよ。

Phoebe: I-I'm sorry it wasn't one of those movies with, like, you know, guns and bombs and, like, buses going really fast...
 ごめんね、気に入る映画じゃなくて。そういう・・銃撃戦があって爆発があってみたいな・・バスがすごいスピードみたいな・・

Joey: Hey, I don't need violence to enjoy a movie. Just so long as there's a little nudity.
 いや、俺は暴力がなくても映画楽しめるよ。そこにちょっと裸があればね。

Monica: There was nudity!
 裸あったじゃん!

Joey: I meant female nudity. Alright? I don't need to see Lou Grant frolicking.
 女の裸ってことだよ。ルー・グラントの戯れなんて要らないっての。

(frolicking=ふざけ・戯れ)

Monica, Phoebe and Chandler: Hugh! Hugh Grant!
 ヒュー! ヒュー・グラント

Ross: Alright, I've gotta go. Come on, Marcel! Come on! We're gonna go take a bath. Yes we are, aren't we? Yes, we are.
 さぁ、もう行かなくちゃ。おいでマルセル、おいで! お風呂に入るんだよね。そうだよね、そうだよねー。

Chandler: They're still just friends, right?
 (ジョーイに)あいつらただの友達だよな?

Rachel: And I will see you tomorrow!
 (マルセルに)明日会おうね!

Ross: That's right, you're gonna spend tomorrow at Aunt Rachel's, aren't you, huh?
 (マルセルに)そうだよね。君はあしたレイチェルおばちゃんと一緒にすごすんだよね。

Monica: Oh, hang on, hang on. Does Aunt Monica get a say in this?
 ちょっと待って、ちょっと。モニカおばちゃんはそのこと聞いてたかしら?

Ross: 'Please, Aunt Monica, please?' Oh, unclench. You're not even gonna be there.
 「おねがい、モニカおばちゃん、おねがい」いや、いいや。おまえは明日留守にするじゃないか。

《男3人でJoe's Pizza

Chandler: I can not believe we are even having this discussion.
 この会話をしてること自体信じられないよ。

Joey: I agree. I'm, like, in disbelief.
 ほんと。信じられない世界って感じ。

Chandler: I mean, don't you think if things were gonna happen with Rachel, they would've happened already?
 な、レイチェルと何か起きるなら、もう起きてていいんじゃないか? そう思わない?

Ross: I'm telling you, she said she's looking for a relationship with someone exactly like me.
 だから言ってるじゃないか。彼女はまさに僕みたいなやつとの恋愛を求めてるんだよ。

Joey: She really said that?
 彼女がそう言ったのか?

Ross: Well, I added the 'exactly like me' part... But she said she's looking for someone, and someone is gonna be there tonight.
 「まさに僕みたい」ってのは僕が付け加えたんだけど。でも彼女は誰かを求めてる。そいつは今夜登場するんだ。

Joey: 'Tonight' tonight?
 それって今夜ってこと?

Ross: Well, I think it's perfect. You know, it's just gonna be the two of us, she spent all day taking care of my monkey...
 ああ。完璧だと思うよ。二人だけだし、彼女は一日僕のモンキーの面倒を見てくれてるんだし・・

Chandler: I can't remember the last time I got a girl to take care of my monkey.
 最後に女の子が俺のモンキーの面倒見てくれたのはいつだっけ・・。

Ross: Anyway, I figured after work I'd go pick up a bottle of wine, go over there and, uh, try to woo her.
 とにかく、仕事が終わったら、ワインを持っていって、そして彼女を口説くつもりなんだ。

Chandler: Hey, you know what you should do? You should take her back to the 1890's, when that phrase was last used.
 おい、おまえが何をするべきかわかる? その言葉が最後に使われた1890年代へ連れて行くんだよ。

《モニカの部屋:レイチェルとマルセル》
Rachel: Now, now the one in the feather boa, that's Dr. Francis. Now, she used to be a man. Okay, now look, see, there's Raven. We hate her. We're glad she's dying. Okay…. Wh- wh- Marcel, are you playing with Monica's shoes? You know you're not supposed to… whoah. Marcel, did you poo in the shoe?…. Marcel, bad monkey! Oh! Oh!…… Sorry, Barry. Little engagement gift. I'm sure you didn't register for that.
 ほら、あのボアをつけた人がドクター・フランシスよ。前は男の人だったの。ほら、見て。あれがレイブンよ。嫌いなの。もうすぐ死ぬんでうれしいわ。あら、マルセル・・あなたモニカの靴で遊んでたの? そんなことしちゃ・・ うわ。マルセル、あなた靴の中にうんちしたの? 悪い子ね、マルセル・・・ああ、もう・・・ (ニュースレターで包む)ごめんね、バリー。婚約のお祝いよ。こんなことされるために登録したんじゃないわよね。

(部屋を離れる。TVから拳銃の音)
Rachel: Who died? Who died? Roll him over! Oh, come on, roll him over! Oh...! Well, we know it wasn't Dexter, right Marcel? Because…. Marcel? Marc….
 誰が死んだ?誰が死んだ?(倒れた人の顔が見えない)こっち向いて! こっち向いてよ! ・・・でもデクスターじゃないわよね。ね、マルセル。だって・・・マルセル? マル・・(いないことに気づく)

《時間経過》

Joey: How could you lose him?
 どうやってなくすんだよ!

Rachel: I don't know. We were watching TV, and then he pooped in Monica's shoe.
 わかんない。TVを見ていたのよ。そうしたらあの子モニカの靴にうんちして。

Monica: Wait. He pooped in my shoe? Which one?
 ちょっと待って。私の靴にうんち? どの靴?

Rachel: I don't know. The left one.
 わかんないわよー。左の靴。

Monica: Which ones?
 どの靴?

Rachel: Oh. Oh, those little clunky Amish things you think go with everything.
 ああ、あの不格好な固い感じのやつよ。何にでも合うとあなた思ってるやつ。

(フィービーがくる)
Phoebe: Hey.
 ハーイ。

All: Hi.
 ハーイ。

Phoebe: Whoah, ooh, why is the air in here so negative?
 わっ。なにこのネガティブな空気。

Chandler: Rachel lost Marcel.
 レイチェルがマルセルを見失ったんだ。

Phoebe: Oh no, how?
 まぁ! どうして?

Monica: He- he pooped in my shoe.
 あの子私の靴にうんちしたのよ。

Phoebe: Which one?
 どの靴?

Monica: Those cute little black ones I wear all the time.
 あの可愛い小さくて黒いやつよ。いつも履いてるやつ。

Phoebe: No, which one? The right or left? 'Cause the left one is lucky...
 違う、どっちかってこと、右か左か。左だったらラッキーだから・・。

Rachel: Come on, you guys, what're we gonna do, what're we gonna do?
 ねぇ!みんな! どうしよう、どうしよう!?

Joey: Alright alright. You're a monkey. You're loose in the city. Where do you go?
 よし・・。みんな、モンキーだとする。街中に出て、どこ行く?

Chandler: Okay, it's his first time out, so he's probably gonna wanna do some of the touristy things. I'll go to Cats, you go to the Russian Tea Room.
 そうだな。初めてだから、多分、観光したいよな。俺はキャッツへ行ってみるから、おまえはロシアン・ティールームへ行け。

ロシアン・ティールーム・・Wiki)

Rachel: Oh, my, God, come on, you guys! He's gonna be home any minute! He's gonna kill me!
 ああもう・・・ねぇ、みんな! もうすぐ彼帰ってくるわ! 私、殺される!

Monica: Okay, we'll start with the building. You guys take the first and second floor, Phoebe and I'll take third and fourth.
 そうね、まずビル内を探しましょう。あなた達は1階と2階。フィービーと私は3階と4階を探すわよ。

Rachel: Well, what'm I gonna do? What'm I gonna do?
 それで私はどうすればいいの? 私はどうする?

Monica: Okay, you stay here, and just wait by the phone. Spray Lysol in my shoe, and wait for Ross to kill you.
 あなたはここにいて、電話を待ってて。靴にクリーナーをスプレーして、それからロスに殺されるの待ってて。

(Lysol =家庭用クリーナーの名前)

Rachel: Anybody wanna trade? Oh...
 誰か交換しない? (みんな出て行く)

《ヘッケルさんのドアの前》

Mr. Heckles: What do you want?
 何の用だ?

Monica: Mr. Heckles, our friend lost a monkey. Have you seen it?
 ヘッケルさん、友達のモンキーが行方不明なんだけど、見ませんでした?

Mr. Heckles: I left a Belgian waffle out here, did you take it?
 ベルギーワッフルをそこに置いたんだが、取ったのか?

Monica: No!
 いいえ!

Phoebe: Why would you leave your Belgian waffle in the hall?
 なぜベルギーワッフルを廊下に置いておくの?

Mr. Heckles: I wasn't ready for it.
 まだ食べられなかったからだ。

Monica: A monkey. Have you seen a monkey?
 モンキーです。見ませんでした?

Mr. Heckles: Saw Regis Philbin once...
 リジス・フィルビンなら一度見たぞ。

Phoebe: Okay, thank you, Mr. Heckles.
 はい、ありがと、ヘッケルさん。

Mr. Heckles: You owe me a waffle.
 ワッフル返せよ。

《モニカの部屋:レイチェル一人》

Rachel: Okay, he's a, he's a black capuchian monkey with a white face...... with, with Russian dressing and, and pickles on the side. Okay. Thanks.
 ええ、彼は白い顔をした黒いオマキザルで・・ (ロスが来る)それから・・ それから、ロシアンドレッシングで、それからピクルスを添えて。はい、ありがとう。(電話終える)

Ross: Hey. How did, uh, how did it go today?
 ハーイ。今日どうだった?

Rachel: Great! It went great. Really great. Hey, is that wine?
 よかったわ。うまくいった。本当に。あら、それワイン?

Ross: Yeah. You, uh, you want some?
 ああ。君も飲む?

Rachel: Oh, I would love some. But you know what? You know what? Let's not drink it here. I'm feeling kinda crazy. You wanna go to Newark?
 ええ、いただくわ。でもね、どうかしら、ここで飲むのじゃなくて。なんかエキサイティングな気分なのよね。ニューアーク行かない?

Ross: Uh, okay, yeah, we could do that, but before we head off to the murder capital of the North-East, I was kind of wanting to run something by you. You know how we were... you know, talking before about, uh, relationships and stuff? Well…
 うーん、そうだね。それもできなくもないけど、でもアメリカ北東部の中でも殺人多発地帯へ行く前に、ちょっと聞きたいことがあるんだ。ね、前に話しただろ、恋愛とかについて? それで・・

(run something by you = to show you something or tell you about it to get your opinion)
(the murder capitalについて・・Wikipedia に載っていました。表によると、2011年もNewarkは殺人多発のようです)



Rachel: Oh God, Ross, I cannot do this.
 ああ、ロス・・私には無理よ。

Ross: Okay, quick and painful.
 わかった。素早くグッサリ。

Rachel: Oh God... Okay. Alright. Alright. Okay. Ross, please don't hate me.
 ああどうしたら・・・うん。そうね、そうよ・・。ロス・・お願いだから嫌わないでね。

Ross: Oh, what? What-what?
 え、何? 何?

Rachel: You know Marcel?
 マルセル知ってるわよね?

Ross: ...Yeah?
 ああ?

Rachel: Well, I kind of... I kind of lost him.
 私・・なんていうか・・あの・・なくしちゃったみたいな。

(外のバルコニーではマルセルが何か食べている)
Ross: I can't believe this. I mean, all I asked you to do was keep him in the apartment.
 信じられないよ。ただ部屋から出さないでいてくれたらそれだけでいいことだったのに。

Rachel: I know, I know, I'm sorry-
 わかってる、わかってるのよ、ごめんなさい。

Ross: No, you know what, I guess it's partially my fault. You know, I shouldn't have asked you to start off with a monkey. I should've started you off with like a pen or a pencil.
 いや。いや。これは僕の責任でもあるんだ。君に最初からモンキーの世話を頼むんじゃなかったよ。まずペンとか鉛筆から始めるべきだったんだ。

Rachel: Ross, I'm doing everything that I can, I've got everybody looking for him, and I…. Oh! Who is it?
 ロス、できることは全部やってるのよ。みんな探しにいってるしそれに・・(ブザー)はい。どなた?

Intercom: Animal Control.
 アニマルコントロールです。

Rachel: See? I've even called Animal Control!
 ね? 動物管理局も呼んだのよ!

Ross: You called Animal Control?
 動物管理局を呼んだ?

Rachel: Uh-huh... why... do you not like them?
 ええ・・・なに・・あの人たちキライ?

Ross: Marcel is an illegal exotic animal. I'm not allowed to have him in the city. If they find him, they'll take him away from me.
 マルセルは飼育禁止動物だ。市内で飼うことは許されていない。もし見つかったら、没収されてしまうんだ。

Rachel: Okay, now see, you never ever ever told us that...
 まぁ・・それは一度も聞いてないわね・・。

Ross: That's right, Because I didn't expect you were gonna invite them to the apartment!
 そうだね。まさかここへ彼等を呼ぶとは思いもしなかったんでね。

Rachel: Hi, thanks for coming.
 (ノック)どうも、おいでいただいてありがとうございます。

Luisa: Somebody called about a monkey?
 モンキーのことで電話された?

Rachel: Oh, you know what? That was a complete misunderstanding!
 ああ、それなんですけど、全くの勘違いだったんです。

Ross: Yeah, we thought we had a monkey, but we didn't.
 そう、僕ら勘違いしてたけど、モンキーじゃなかった。

Rachel: Turned out it was a hat.
 実際はハットだったの。

Ross: Cat!
 キャット!

Rachel: Cat! What'm I saying? Cat!
 そう、キャット! 何言ってんのかしら、キャットよ。

(モニカとフィービーがくる)
Monica: Hi. We checked the third and fourth floor, no-one's seen Marcel.
 ねぇ、3階も4階もマルセル見た人はいなかったわ。

Luisa: Marcel?
 マルセル?

Ross: My uncle Marcel.
 僕の叔父のマルセルです。

Phoebe: Oh, is that who the monkey's named after?
 ああ、叔父さんの名前をとってモンキーに名付けたの?

Luisa: Okay. Are you aware that possession of an illegal exotic is punishable by up to two years in prison and confiscation of the animal?
 いいですか。飼育禁止の動物を飼ったら、最高2年の刑だし、動物は没収だってこと知ってます?

Phoebe: Oh my God. You'd put that poor little creature in jail?
 なんてことなの! かわいそうにあの小さな動物を牢屋に入れるの?

Monica: Pheebs, you remember how we talked about saying things quietly to yourself first?
 フィーブス、前に、口に出して言う前にまず考えるって話さなかった?

Phoebe: Yes, but there isn't always time!
 覚えてるけど、そんな時間ないもん!

Monica: Look. I'm sure there's some friendly way to reconcile this! Um, have a seat. First of all, we haven't been introduced, I'm Monica Geller.
 ね、友人らしくまとめる方法があると思うのよね。座りましょう。まず自己紹介するわ。私はモニカ・ゲラー。

Luisa: Oh my God, you are! And you're Rachel Green!
 まぁ驚いた、本当だ! そしてあなたはレイチェル・グリーン!

Rachel: Yeah!
 そうよ!

Luisa: Luisa Gianetti! Lincoln High? I sat behind you guys in home room!
 ルイザ・ジアネッティよ! リンカーンハイスクールの。クラスであなたたちの後ろの席だったのよ。

Rachel: Luisa? Oh my God! Monica! It's Luisa!
 ルイザ!? まぁ驚いた! モニカ! ルイザよ!

Monica: The Luisa from home room!
 同じクラスのルイザね!

Rachel: Yes!!
 そうよ!

Luisa: You have no idea who I am, do you.
 全然覚えがないんでしょう。

Monica: No, none at all.
 全く。

Rachel: None.
 全然。

Luisa: Well, maybe that's because you spent four years ignoring me. I mean, would it have been so hard to say 'Morning, Luisa'? Or 'Nice overalls'?
 4年間無視してきたからよね。「おはよう、ルイザ」とか「素敵なオーバーオールね」っていうのがそんなに難しいかしら?

Monica: Oh, I'm so sorry!
 まぁ、ごめんなさい!

Luisa: Ah, it's not so much you, you were fat, you had your own problems. But you? What a bitch!
 ああ、あなたはいいのよ。あなたは太ってたもんね。あなたにも問題があったから。(レイチェルに)でもあなたはどう? なんてイヤな女!

Rachel: What?!
 なんですって?

Monica: Be that as it may, do you think you could just help us out here on that monkey thing? You know, just for old times' sake? Go Bobcats?
 それはともかく、この件で助けてもらえないかしら? 昔のよしみということで、ね? 頑張れボブキャッツ!ってね。(高校時代一緒にそういって応援したよね、みたいな)
Luisa: I could... but I won't. If I find that monkey, he's mine.
 そうできなくもない・・・でもしない。私が見つけたら、モンキーはいただく。

Phoebe: Dun-dun-duuuur! ...Sorry.
 ダンダンダーン! ごめん。 

《ビル内:チャンドラーとジョーイ》

Chandler: Marcel?
 マルセル?

Joey: Marcel?
 マルセル?

Chandler: Marcel?
 マルセル?

Joey: Marcel?
 マルセル?

(ドアをたたく)
Woman 1: Hi, can I help you?
 ハーイ。何か?

Chandler: Um, we're kind of having an emergency and we-we were looking for something...
 えー・・僕たちちょっと緊急事態で・・えー探してるんですが。

Joey: A monkey.
 モンキーを。

Chandler: Yes, have you seen any?
 そう。見ませんでした?

Woman 1: No. No, haven't seen a monkey. Do you know anything about fixing radiators?
 いいえ。見てないですね。ヒーターを直したいんだけど何かご存知?

Joey: Sure, sure! Did you did you try turning the knob back the other way?
 ああ、わかるよ。ノブを反対方向に回してみた?

Woman 1: Of course.
 もちろん。

Joey: Oh. Then, no.
 ああ。じゃあわからない。

Woman 2: Taste this daiquiri. Is there too much rum in here?
 ダイキリ試してみて。ラム入れ過ぎかしら?

Woman 1: Just a second. Hope you find your monkey.
 (女性に)ちょっと待って。(チャンドラー達に)モンキー見つかるといいわね。

Chandler: Oh, no no no, wait, wait, wait! Uh... we may not know anything about radiators per se, but we do have a certain amount of expertise in the heating and cooling milieu.
 あ、ちょっと、ちょっと待って。あの・・ヒーターそのものは僕ら直せないかもしれないけど、全体に熱くしたり冷やしたりノウハウならあるよ。

(per se= それ自体は
 milieu= 環境)


Joey: Aren't we kind of in the middle of something here?
 俺たちすることがあるだろ?

Chandler: Yes, but these women are very hot, and they need our help! And they're very hot.
 わかってるよ。だけど、彼女たちとってもホットで、助けを求めてるんだ。それに彼女達、本当にホットだ。

Joey: We can't, alright? We're sorry. You have no idea how sorry, but... We promised we'd find this monkey. If you see him, he's about yea high and answers to the name Marcel, so if we could get some pictures of you, you'd really be helping us out.
 できないよ。そうだろ? (女性に)手を貸せなくて残念だけど。どんなに残念か想像もつかないと思うけど、俺たちモンキーを探さないといけないんだ。もしみかけたら・・そいつはこのくらいの大きさで、マルセルって名前なんだけど、もし君たちの写真があれば、本当に俺たちの助けになるんだよ。

(yea high = この位の高さ)

(ドアを閉められる)
Chandler: Okay, from now on, you don't get to talk to other people.
 今日からおまえは人と口をきいてはいけない。

Joey: Marcel?
 マルセル?

Chandler: Marcel?!
 マルセル?!

《ビルの地下》

Phoebe&Monica: Marcel?
 マルセル?

Phoebe: Oh-my-God!
 きゃあ驚いた!

Monica: What!
 なに?

Phoebe: Something just brushed up against my right leg!
 何かが右足をなで上げた!

Monica: What is it?
 何?

Phoebe: Oh, it's okay, it was just my left leg.
 ああ、大丈夫だった。私の左足よ。

(マルセル登場)
Monica: Look, Phoebe!
 見て、フィービー!

Phoebe: Yeah! Oh, come here, Marcel! Oh, Marcel, come here!
 本当! おいでマルセル! マルセル! おいで!

(ルイザ登場)
Luisa: Step aside, ladies!
 どいて、お嬢さん方。

Monica: What're you gonna do?
 何をする気?

Luisa: Just a small tranquilizer.
 少しトランキライザーを。

(フィービーがマルセルをかばってとびかかる)
Monica: Run, Marcel, run! Run, Marcel! Are you okay?
 逃げてマルセル! 逃げるのよ、マルセル!(フィービーに)大丈夫?

Phoebe: Yeah, think so. Oh! Huh. (Sways back) Whoah.
 ええ。多分。(お尻を見て)あっ!あら(くらっとする)うわお。

Monica: Oh gosh.
 (支えながら)あら大変。

(マルセルはバナナにつられて誰かに捕まる)
《通り》
Ross: Marcel?
 マルセル?

Rachel: Marcel?
 マルセル?

Ross: Marc- oh, this is ridiculous! We've been all over the neighborhood. He's gone, he's-he's just gone.
 マル・・ああもう。こんなのないよ! 近所全部探したよ。いなくなっちゃったよ。とにかくもういない。

Rachel: Ross, you don't know that.
 ロス、まだわからないわよ。

Ross: Oh come on. It's cold, it's dark, he doesn't know the Village... And now I have a broken foot. I have no monkey, and a broken foot! Thank you very much.
 ああもう・・寒いし、暗いし、彼は街を知らないし(ポールを蹴る)それで今度は足を痛めた。モンキーは失うし、足は痛めるし! 感謝するよ!

Rachel: Ross, you know I said I'm sorry like a million times. What do you want me to do? You want me to break my foot too? Okay, I'm gonna break my foot, right here. Ow!! Oh! Oh my God, oh my God! There, are you happy now?!
 ロス、もう百万回くらいあやまってるわ。どうしたらいいの? 私も足を痛めたらいいの? いいわよ。足痛めるわよ。(蹴る)アウ!痛い! ああもう! ほら! これで満足?

Ross: Yeah, yeah. You know, now that you kicked the sign, hey! I don't miss Marcel any more!
 ああ、ほんと、君が蹴ってくれたおかげで、ほら、もうマルセルが恋しくないよ。

Rachel: You know, it is not like I did this on purpose.
 ねぇ、やろうとしてやったわけじゃないのよ。

Ross: Oh, no no no. No no, this is just vintage Rachel. I mean, things just sort of happen around you. I mean, you're off in Rachel-land, doing your Rachel-thing, totally oblivious to people's monkeys, or to people's feelings...
 いやいやいや、昔ながらのレイチェルらしさだよ。これは君の周りで起きることだよ。君はレイチェル・ランドに住んで、レイチェルのことして、人のモンキーのことなんてすっかり、他の人の気持ちなんてすっかり忘れて・・・

Rachel: Ross.
 ロス。

Ross: I don't even wanna hear it, you're just...
 聞きたくないよ・・君は・・・

Rachel: Ross.
 ロス。

Ross: Oh, forget it, okay?
 もういいよ。

Rachel: Ross!
 ロス!

Ross: What? What?
 なに、何だよ?(レイチェルが箱いっぱいのバナナを持った人を指差す)

Both: Hey! Hey, Banana man!
 ちょっと! ちょっと、バナナの人!

《ヘッケルさんのドアの前に全員》

Phoebe: Oh, this is so intense. One side of my butt is totally asleep, and the other side has no idea.
 これは極端ね。片方のお尻はカンペキに眠ってて、もう片方は全然知らないのよ。

(ヘッケルさん出てくる)
Ross: Hi, did you order some bananas?
 どうも。バナナを注文しました?

Mr. Heckles: What about it?
 それがどうかしたか?

Ross: Give me my monkey back.
 モンキー返して。

Mr. Heckles: I don't have a monkey.
 モンキーなんて持ってない。

Rachel: Then what's with all the bananas?
 じゃこのバナナはなに?

Mr. Heckles: Potassium.
 カリウム不足だ。

(マルセルらしい声がしたのでロスが部屋に入る)
Ross: Marcel? Marcel? Okay, where is he? Where is he? Marcel? Marcel?
 マルセル? マルセル? どこにいるんだ? どこだ? マルセル? マルセル?

(ピンクのドレスを着たマルセル登場)
Ross: Marcel! What've you done to him?
 マルセル! あなた何をしたんです?!

Mr. Heckles: That's my monkey. That's Patti, Patti the monkey.
 あれは私のモンキーだ。パティ。私のモンキーのパティだ。

Ross: Are you insane? Come here, Marcel, come on.
 どうかしてない? おいで、マルセル、おいで。

Mr. Heckles: Come here, Patti.
 おいでパティ。

Ross: Come here, Marcel.
 おいで、マルセル。

Mr. Heckles: Come here, Patti.
 おいで、パティ。

(ルイザが廊下に現れる)
Luisa: Here, monkey. Here, monkey! Here, monkey!…. Gotcha.
 おいでモンキー。おいで、モンキー! おいで!(マルセルは自らケージに入る)捕まえた。

Ross: Okay, give me my monkey back.
 返してください。

Mr. Heckles: That's my monkey.
 それは私のモンキーだ。

Luisa: You're both gonna have to take this up with the judge.
 あなた方二人とも、判事の判断を仰ぐことになります。

Mr. Heckles: That's not my monkey. Just the dress is mine, you can send that back whenever.
 それは私のモンキーではない。ドレスだけ私のものだから、いつでもいいから返して。

Ross: Alright, I want my monkey.
 いいですか、モンキーを返してください。

Luisa: No!
 ダメです。

Rachel: Oh, come on, Luisa!
 お願い、ルイザ!

Luisa: Sorry, prom queen.
 悪いわね、プロム・クイーン。

Ross: You had to be a bitch in high school, you couldn't've been fat.
 高校でイヤな女じゃなくても、デブだったらよかったのに。

Rachel: Alright. In high school I was the prom queen and I was the homecoming queen and the class president and you... were also there! But if you take this monkey, I will lose one of the most important people in my life. You can hate me if you want, but please do not punish him. Come on, Luisa, you have a chance to be the bigger person here! Take it!
 ねぇ、高校では私はプロム・クイーンだったし、ホームカミング・クイーンだったし、クラス委員長だった。そして・・そこにあなたもいた! でも、もしあなたがモンキーを取り上げちゃうと、私は人生で最も大事な人を一人失うのよ。嫌いたかったら嫌ってもいいわ。でもお願いだから彼を罰するのはやめて。お願い、ルイザ。大きい人間になるチャンスよ。つかんで!

Luisa: No.
 (少し沈黙)ダメ。

Rachel: Alright. Well then how about I call your supervisor, and I tell her that you shot my friend in the ass with a dart?
 わかったわよ。それじゃあなたのスーパーバイザーに電話するわ。そしてあなたが私の友達のお尻を撃ったって話すわね。

《モニカ達の部屋:ロスとレイチェル》

Ross: It'll be nice to get this off finally, won't it? Yes it will…. Or we can leave it on for now, that's fine.
 (ドレスを着たマルセルに)これを脱いでしまおうね。そう、脱いで・・(抵抗され)そのまま着ているのもいいかもね。

Rachel: You know, with the right pair of pumps, that would be a great little outfit.
 これ、合わせたパンプスを履けば、素敵な衣装になるわよ。

Ross: Listen, I'm.. I'm sorry I was so hard on you before. You know, I just...
 聞いて・・悪かったよ。さっきはあんなにつらく当たって。僕はちょっと・・

Rachel: Oh, Ross, come on. It's my fault, I almost lost your...
 いえロス、いいのよ。私が悪かったんだもの。いなくなってしまう・・

Ross: Yeah, but you were the one who got him back, you know? You, you were great. ...Hey, we still have that, uh, that bottle of wine. You in the mood for something grape?
 だけど、君が取り戻してくれたんだよ。すごかったよ。・・ところで、まだワインがあるよ。ぶどうって気分?

Rachel: Sure, that would be good.
 そうね。それいいわね。

Ross: Alright…. The neighbors must be vacuuming. Well, so long as we're here and, uh, not on the subject, I was thinking about how mad we got at each other before, and I was thinking maybe it was partially because of how we, um...
 よし・・・(灯りを落として)近所で掃除機かけてるかな? 僕らせっかく二人でここにいるんだから、その話題じゃなくて・・考えたんだけど、さっき僕ら二人ともとても怒っていたよね。あれは多分、僕らが互いに・・

(バリーが飛び込んでくる)
Barry: Rachel.
 レイチェル!

Rachel: Barry?!
 バリー?!

Barry: I can't. I can't do it, I can't marry Mindy. I think I'm still in love with you.
 無理だ。できない。ミンディと結婚できない。僕はまだ君を愛してるんだ。

Ross and Rachel: Oh!
 えっ!

Ross: We have got to start locking that door!
 ドアに鍵かけようよ!

《セントラルパーク》

Monica: This is me in The Sound of Music. See the von Trapp kids?
 サウンド・オブ・ミュージックをやったときの私よ。トラップ家の子供達が見える?

Phoebe: Nope.
 見えない。

Monica: That's because I'm in front of them.
 私の後ろにいるからよ。

Chandler: Eh. I thought that was an alp.
 山かと思ったよ。

Monica: Well, high school was not my favorite time.
 高校時代って楽しい思い出じゃないわ。

Joey: I don't know, I loved high school. You know? It was just four years of parties and dating and sex.
 そうか? 俺は楽しかったよ。4年間、パーティとデートとセックスざんまい。

Chandler: Yeah, well I went to boarding school with four hundred boys. Any sex I had would've involved a major lifestyle choice.
 400人の男子寮生活だったからね。セックスに関しての当時のことは後に影響を与えたよ。

Monica: Gosh, doesn't it seem like a million years ago?
 ああ、ものすごい昔のような気がしない?

Phoebe: Oh. Ooh! Ooh! Ooh! Ooh! My butt cheek is waking up! Ooh! Ooh!
 あっ! あっ! あっ! おぅおぅ! お尻が目覚めてきた! あぅ! 


にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村


英語 ブログランキングへ
posted by らんち at 21:06| Comment(0) | Season1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。