2013年05月22日

1-17 The One With Two Parts

1-17 パート2がある話のパート2

 ☆ERドクター登場!☆

《ER:モニカとレイチェル》

Rachel: Ow ow ow. Ow ow ow ow. Ow ow ow. Ow. Ow. Ow. Ow.
 イタタ!イタタタ! イタタ!!

Monica: Hi. My friend here was taking down our Christmas lights, and and she fell off the balcony and may have broken her foot or or ankle or something.
 友達がクリスマスライトを外そうとしていてバルコニーから落ちて・・・足か・・それか踵かどこか折れたんじゃないかと・・。

Nurse: My god. You still have your Christmas lights up? …. Fill this out and bring it back to me.
 なんですって。いまだにクリスマスライト外してなかったの? ・・・この用紙に記入して持ってきて。

Rachel: Ow ow ow. Ow ow ow. Ow ow ow.
 イタタ! イタタ! イタタ!

Monica: Okay, alright. Name, address... Okay, in case of emergency, call?
 オーケー・・名前・・住所・・よし。緊急連絡先は?

Rachel: You.
 あなた。

Monica: Really?
 ほんとうに?

Rachel: Yeah.
 うん。

Monica: Oh, that is so sweet. Oh gosh, love you. Insurance?
 まぁ感激! ああ愛してる。保険は?

Rachel: Oh, yeah, check it. Definitely, I want some of that.
 ああそれ。チェックして。それ絶対欲しいと思ってるのよね。

Monica: You don't have insurance?
 保険入ってないの?

Rachel: Why, how much is this gonna cost?
 どうして? そんなお金かかるかな?

Monica: I have no idea, but X-rays alone could be a couple hundred dollars.
 わからないけど、レントゲンだけでもきっと200ドルはかかるわよ。

Rachel: Wel-wel-well what are we gonna do?
 じゃあ・・じゃあどうしたらいいの?

Monica: Well, there's not much we can do.
 うーん。どうしたらっていっても方法なんて。

Rachel: Um... unless, unless I use yours.
 あ、あなたのを使わせてもらうとか。

Monica: Hah, no no no no no no no no no no.
 ダメダメダメ。

Rachel: Well, now, wait a second, who did I just put as my "In case of emergency" person?
 あら、ちょっと待って。私の緊急連絡先に選んだのは誰だっけ?

Monica: That's insurance fraud.
 でもそれ保険詐欺よ。

Rachel: Well, alright, then, forget it. Might as well just go home. Ow ow ow ow!
 わかったわ。じゃあもういいわ。帰るしかないわね・・イタタタタ!

Monica: Okay, okay. I hate this.
 わかったわよわかった。イヤだけど。

Rachel: Thank you. Thank you. I love you.
 ありがと。ありがとう。愛してる。

Monica: Hi, I'm gonna need a new set of these forms.
 (カウンターへ行って)ハーイ。もう一枚用紙いただけないかしら。

Nurse: Why?
 なんで?

Monica: I am really an idiot. You see, I was filling out my friend's form, and instead of putting her information, I put mine.
 私ったらほんとうにバカなのよね。友達のために書いていたのに、自分のこと書いちゃったの。

Nurse: You are an idiot.
 ほんとうにバカね。

Monica: Yep, that's me, I am that stupid.
 そうなの。私ってそのおバカなの。

《セントラルパーク》
Ross: I had a dream last night where I was playing football with my kid.
 昨日、僕、子供とフットボールする夢見たんだ。

Chandler and Joey: That's nice.
 それはいいじゃん。

Ross: No, no, with him. I'm on this field, and they, they hike me the baby... and I know I've gotta do something because the Tampa Bay defense is coming right at me.
 いやいや。子供でフットボール。フィールドに立っていたら、赤ちゃんをパスされたんだ。タンパベイのディフェンスが僕に向かってきてたから、なんとかしなきゃならなかった。

Joey: Tampa Bay's got a terrible team.
 タンパベイはひどいチームだから。

Ross: Right, but, it is just me and the baby, so I'm thinking they can take us. And so I uh, hah-hah, I just heave it down field.
 そうだね、でもこっちは僕と赤ちゃんだけだから、かなわないと思うんだよね。それで、投げるしかなかった。

Chandler: What are you crazy? That's a baby!
 頭おかしいんじゃないか? 赤ちゃんだぞ!

Joey: He should take the sack?
 タックルされろっての?

(take the sack = タックルされる

Ross: Anyway, suddenly I'm down field, and I realize that I'm the one who's supposed to catch him, right? Only I know there is no way I'm gonna get there in time, so I am running, and running, and that, that is when I woke up. See I, I am so not ready to be a father.
 とにかく、僕はフィールドにいて、僕が赤ちゃんをキャッチしなきゃいけないって気がついたんだ。ただ、間に合うわけがないんだ。でもとにかく走って走って・・そこで目が覚めたんだ。わかるだろ、僕は父親になる準備ができてないんだ。

Chandler: Hey, you're gonna be fine. You're one of the most caring, most responsible men in North America. You're gonna make a great dad.
 いやおまえは大丈夫だよ。おまえは北アメリカじゅうで一番易しくて責任感のある男だ。おまえはいい父親になれるよ。

Joey: Yeah, Ross. You and the baby just need better blocking.
 そうだよロス。もっといいディフェンスがあればいいんだ。

Joey: Oh, have either one of you guys ever been to the Rainbow Room? Is it real expensive?
 なぁ、レインボウルームいったことある? 高い?

Chandler: Well, only if you order stuff.
 まぁね。ものを注文すればね。

Joey: I'm taking Ursula tonight. It's her birthday.
 アースラと行こうかと思ってるんだ。彼女の誕生日だから。

Ross: Wo-wo-whoa. What about Phoebe's birthday?
 おいおい。フィービーの誕生日はどうなるんだ?

Joey: When's that?
 いつ?

Ross: Tonight.
 今夜だよ。

Joey: Oh, man. What're the odds of that happening?
 なんだよそれ。それどんな確率?

Ross: You take your time.
 ゆっくり考えろ。

Chandler: There it is! So what're you gonna do?
 (ジョーイが気づいたので)そうだよ! それでどうする?

Joey: What can I do? Look, I don't want to do anything to screw it up with Ursula.
 どうするったって。アースラとのことはダメにしたくないよ。

Chandler: And your friend Phoebe?
 友人のフィービーのことは?

Joey: Well, if she's my friend, hopefully she'll understand. I mean, wouldn't you guys?
 だって友達だろ。わかってくれないかな。君らならわかってくれるだろ?

Chandler: Man, if you tried something like that on my birthday, you'd be staring at the business end of a hissy fit.
 おい。もし俺の誕生日にそんなことを期待するととんでもないことになるぞ。

(business end = 武器などの、目的を果たす先端のこと)
(hissy fit = かんしゃく)


《ER:Noah Wyle and George Clooneyが入ってくる》
Dr. Mitchell: ..you add a pinch of saffron, it makes all the difference.
 (医師同士の会話)サフランひとつまみで全然違ってくるんだぞ。
 
Dr. Mitchell: Okay, Monica?
 それでは・・モニカ?

Monica: Yes? ..yes, she is.
 はい。はい、彼女がそうです。

Rachel: Hi, this is my friend Rachel.
 ハーイ。こちら友人のレイチェルです。

Monica: Hi.
 ハーイ。

Dr. Mitchell: Hi, Rachel. I'm Dr.Mitchell.
 ハーイ、レイチェル。私はドクター・ミッチェルです。

Dr. Rosen: And I'm his friend, Dr.Rosen.
 僕は友人のドクター・ローゼンです。

Rachel: Aren't you a little cute to be a doctor?
 ちょっとドクターにしては可愛いすぎない?

Dr. Rosen: Excuse me?
 なんですって?

Rachel: I meant… young, young, I meant young, young to be a doctor. Oh good, Rach.
 いえあの・・・若い。若いって言いたかったの。ドクターにしては若いかなって。もう、レイチったら。

Monica: Thank you.
 ありがと。

Rachel: Right.
 そうそう。

《モニカの部屋:サプライズパーティでフィービーを待っている》

Rachel: ..so, he said it was just a sprain, and that was it.
 くじいただけですって。それだけ。

Monica: Uh, you left out the stupid part.
 それだけじゃないでしょ。バカな部分省いてるわよ。

Rachel: Not stupid. The very cute, cute, cute doctors asked us out for tomorrow night, and I said "yes."
 バカじゃないわよ。とっても可愛い可愛い可愛いドクターが誘ってきたから、オーケーって言ったのよ。

Monica: I think it's totally insane, I mean, they work for the hospital. It's like returning to the scene of the crime. You know, I say we blow off the dates.
 どうかしてるわよ。彼らは病院の人なのよ。犯罪現場に戻るようなものよ。デートなんてやめた方がいいわ。

Rachel: What? Monica, they are cute, they are doctors, cute doctors, doctors who are cute!
 何ですって? モニカ。彼らは可愛いのよ。彼らはドクターよ。可愛いドクターよ。

Chandler: Alright, what have we learned so far?
 なるほど。ここまででわかったことは?

(ノックの音)
The Whole Party: Surprise!!!
 サプラーイズ!

Ross: What the hell are you doing? You scared the crap out of me.
 いったい何してんだよ! めちゃくちゃ驚いたじゃないか。

Rachel: Was that the cake?
 それケーキ?

Ross: Yeah, yeah. I got a lemon schmush.
 ああ。そうだよ。レモンケーキだったものだよ。

Schmush についての記事をみつけました。
 ユダヤの人などの発音がそんな感じっていうので、
 ロスはユダヤ教だし、近いかなと思いました。)


Monica: Come on, she'll be here any minute.
 早く。彼女すぐ来るわよ。

Rachel: I hope it's okay.
 大丈夫だといいけど。

Monica: Oh...
 わぁ。

Chandler: "Happy Birthday Peehe."
 「ハッピーバースデー ピーヒー」

Monica: Well maybe we can make a 'B' out of one of those roses.
 そのバラで「B」を作れるかも。

Ross: Yeah, we'll just use our special cake tools.
 ああ。何か特別な道具を使わないとね。

Phoebe: Hey, what's going on?
 ハーイ、何してるの?

Ross: Oh, we just...
 ああ、僕たちちょっと・・

Everybody: Surprise!
 サプラーイズ!

Phoebe: Oh, oh, oh! This is so great! Oh my god! This was not at all scary. Hi everybody. Hi Betty! Betty, Hi! You found Betty! Oh my god! This is great. Everybody I love is in the same room... Where's Joey?
 キャー! 素敵! なんてこと! 全然怖くなかったわ。ハーイ、みんな。ハーイベティ! ああ、ベティ! ベティを見つけてくれたのね! まぁ! すごいわ。愛する人がみんなここにいる・・・ジョーイは?

Chandler: Did you see Betty?
 ベティに会った?

《レストラン:ロスと父》
Mr. Geller: I tell you one thing, I wouldn't mind having a piece of this sun-dried tomato business. Five years ago, if somebody had said to me, "Here's a tomato that looks like a prune, I'd say "Get out of my office!"
 言っとくが、ドライトマトビジネスはいいんじゃないかと思ってるんだ。5年前に「プルーンみたいなトマトはどうか」なんて言われたら「出ていけ」って言っただろうけどな。

Ross: Dad, before I was born, did you freak out at all?
 とうさん、僕が生まれる前、怖くならなかった?

Mr. Geller: I'm not freaking out, I'm just saying, if someone had come to me with the idea...
 怖くなんかなってないぞ。言いたいのは、誰かがそんな考えで・・

Ross: Dad, dad, dad, I'm talking about the whole baby thing. Did you ever get this sort of... panicky, "Oh my god I'm gonna be a father" kind of a thing?
 とうさんとうさん、僕が言いたいのは子供のことだ。なんかパニックみたいなことにならなかった? 「オーマイゴッド。俺は父親になるのか」みたいな?

Mr. Geller: No. Your mother really did the work. I was busy with the business. I wasn't around that much. Is that what this is about?
 いいや。かあさんが何でもやっていたからな。私は仕事で忙しかったから、あまりかまってなかった。そのために今日?

Ross: No, no, Dad, I was just wondering.
 いやいや、とうさん、ちょっと興味があるだけだよ。

Mr. Geller: Because there's time to make up for that. We can do stuff together. You always wanted to go to that Colonial Williamsburg. How about we do that?
 埋め合わせをすることはできるぞ。一緒に何かしよう。おまえはいつもコロニアル・ウィリアムズバーグに行きたがってたよな。行こうか?

Ross: Thanks, Dad, really, I ju... you know, I just, I just needed to know, ... when did you start to feel like a father?
 ありがと、とうさん。本当に・・僕がただ知りたいのは・・いつ父親だって実感がわいた?

Mr. Geller: Oh, well, I guess it must have been the day after you were born. We were in the hospital room, your mother was asleep, and they brought you in and gave you to me. You were this ugly little red thing, and all of a sudden you grabbed my finger with your whole fist. And you squeezed it, so tight. And that's when I knew….. So you don't wanna go to Williamsburg?
 ああ、それなら・・多分、おまえが生まれた翌日だろうな。病室にいて、かあさんは眠ってる時に、おまえを抱かせてもらったんだ。おまえはみにくくて小さくて赤くて。そして突然、私の指を握りしめたんだ。ぎゅっとな。その時だな。 ・・・それで、コロニアル・ウィリアムズバーグ行くか?

Ross: We can go to Williamsburg.
 ウィリアムズバーグ行こうか。

Mr. Geller: Eat your fish.
 魚食え。

《モニカの部屋》

Monica: Rachel, the cute doctors are here.
 レイチェル! 可愛いドクター達が来たわよ。

Rachel: Okay, coming!
 わかった。今行く。

Monica: Hi, come on in.
 ハーイ。どうぞ入って。

Dr. Mitchell: Hey.
 やぁ。

Monica: Hi, Geoffrey.
 ハーイ、ジェフリー。

Rachel: Hi.
 ハーイ。

Dr. Rosen: Ah here, we brought wine.
 これ。ワイン持って来たよ。

Dr. Mitchell: Look at this, it's from the cellars of Ernest and Tova Borgnine, so how could we resist?
 見て。アーネスト&トバ・ボーグナインのワインセラーのものだって言われたら、買わないとね。

Rachel: Oh, that's great. Look at that.
 まぁ、素敵。見て。

Dr. Rosen: So, Monica, how's the ankle?
 それでモニカ、踵はどう?

Monica: It's uh...Why don't you tell them? After all it, is your ankle.
 ああ、えっと、あなたから答えたら? あなたの踵だもんね。

Rachel: You know what, it's feeling a lot better, thank you. Well, listen, why don't you guys sit down, and we'll get you some glasses... okay... STAT!
 それが、うんとよくなってきたの、ありがとう。それじゃ、こちらにおかけください。グラスお持ちしますね。それじゃ・・。どうぞ。

(STAT = immediately)

Rachel: Okay, listen, I'm thinking, why don't we just tell them who we really are? I mean, it'll be fine, I really think it'll be fine.
 ねぇ聞いて。考えたんだけど、本当のこと言ったらどうかしら? 大丈夫よ。本当に大丈夫よきっと。

Monica: It will not be fine. We'll get in trouble.
 大丈夫じゃないわよ。困ったことになるわよ。

Rachel: Oh, Monica! Would you stop being such a wuss?
 もう!モニカ! 弱虫もいい加減にしたら?

Monica: A wuss? Excuse me for living in the real world, okay?
 弱虫? 現実世界に住んでて悪かった?!

Dr. Mitchell: So?
 それで?

Dr. Rosen: So they still seem normal.
 これまでのところ普通だ。

Dr. Mitchell: That's because they are.
 普通だからだよ。

Dr. Rosen: Okay, but you have to admit that every time we go out with women we meet at the hospital turns into...
 でも君だって認めるだろ。病院で出会った誰かとデートすると必ず・・

Dr. Mitchell: Would you relax? Look around. No pagan altars, no piles of bones in the corners, they're fine. Go like this.
 落ち着いて。見てみろよ。変な祭壇はない。骨の塊が積んであったりもしない。大丈夫だよ。落ち着け。

Monica: I said we are not going to do it, okay? Sometimes you can be such a, a big baby.
 話したりしないわよ。あなたって本当子供っぽいことがあるのよね。

Rachel: I am not a baby! You know what? I swear to god, just because you get so uptight every time we...
 子供じゃないわよ! いい? 誓っていうけど、あなたがピリピリしてるからってそのたびに・・

Monica: Sure, every time, you're such a princess...
 そうよね、いつもあなたがお姫様で・・

Rachel: You know what?
 言わせてもらうけど

Monica: What?
 なによ。

Rachel: You know what?
 言わせてもらうけど

Monica: What!?
 なによ。

Rachel: You know what?
 言わせてもらうけど、

Monica: What!!?
 何よ!?

Rachel: Every day, you are becoming more and more like your mother.
 あなたって毎日どんどんお母さんに似てくるわよね!

(リビングのドクター達のところへ)
Rachel: Hello! Here we go!
 どうも。さあどうぞ。

Dr. Rosen: This is a great place. How long have you lived here?
 素敵な部屋だね。ここにどれくらい住んでるの?

Rachel: Thanks! I've been here about six years, and Rachel moved in a few months ago.
 ありがとう。6年になります。レイチェルは最近越してきたの。

Monica: Yeah.....see, I was supposed to get married, but I left the guy at the altar.
 ええそうなの。結婚するはずだったんだけど、相手を教会に置いて逃げてきたのよ。

Dr. Mitchell: Really?
 本当?

Monica: Yeah... Yeah, I know it's pretty selfish, but haha, hey, that's me. Why don't you try the hummus?
 ええそうなの。すごく自分勝手だとわかってるけど、ほら、それが私だし。ハマスはどう?

Dr. Rosen: So, Monica, what do you do?
 それでモニカ、仕事は何を?

Rachel: I'm a... chef at a restaurant uptown.
 私はアップタウンのレストランでシェフしてるの。

Dr. Rosen: Good for you.
 それはすごいね。

Rachel: Yeah it is, mostly because I get to boss people around, which I just love to do.
 そうなの。威張っているのが大好きだからシェフしてるの。

Dr. Rosen: This hummus is great.
 ハマスおいしいね。

Dr. Mitchell: God bless the chickpea.
 ヒヨコマメありがたいね。

Monica: Oh, god, I am so spoiled... That's it!
 ああもう。私って本当に手に負えないのよ。・・・それだけ。

Rachel: And by the way, have I mentioned that back in high school, I was a cow?
 ところで、私言ったかしら? 高校の時、私すごいデブだったの。

Monica: I used to wet my bed.
 私はおねしょしたのよ。

Rachel: I use my breasts to get other people's attention.
 私は人の気を引くために胸を出すのよ。

Monica: We both do that!
 それは二人ともやるわよね!

Dr. Mitchell: Monica and Rachel's apartment. Yeah, aayah, yeh, just one second. Rachel, it's your dad.
 (電話が鳴ってるが二人ともにらみ合ってて出ないので)モニカとレイチェルの部屋です。ええ、はい、ちょっとお待ちください。レイチェル、お父さんから。

Monica: Hi, Dad. No, no, it's me. Listen, Dad, I can't talk right now, um, but there's something, ... there's something that I've been meaning to tell you...
 ハーイ、パパ。いえいえ、私よ。ねぇ聞いてパパ、今ちょっと話してられないんだけど、いいたいと思ってたことがあるの。

Rachel: Would you excuse me for a second?
 (ドクターに)ちょっと失礼しますね?

Monica: Remember back in freshman year? Well, Billy Dreskin and I had sex on your bed.
 大学1年の時のことだけどね、パパのベッドでビリー・ドレスキンとセックスしたのよ。

《モニカの部屋:時間経過》

Rachel: Daddy... Daddy... Daddy, why why would I sleep with Billy Dreskin? His father tried to put you out of business! …Dead!
 パパ! パパ! 私がビリー・ドレスキンと寝るわけないでしょう? あいつのお父さんはパパの仕事を取ろうとしたやつなのに! (モニカに)殺すわよ!

Monica: Ross, he's got the remote again.
 ロス! マルセルがまたリモコン取ったわよ!

Ross: Good. Maybe he can switch it back…. Maybe not.
 ああ。もしかしたら彼、元に戻せるかも。(戻らないので)ダメかも。

Rachel: Hello? …….Um, yeah. Okay, hold on a second, let me just check and see if see if she's here.
 (他の通話で)もしもし? ええ、はい、ちょっとお待ちください。ちょっと・・今いるか見てみます。

Rachel: It's the woman from the hospital admissions office. She says there's a problem with the form. Oh, god, oh god... Oh god, what do we do, what do we do, what do we do?
 (モニカに)保険審査の件で病院の女の人からよ。何か記入に問題があるんですって。ああ、どうしようどうしよう。

Monica: Oh, God… Just find out what they want! Find out what they want.
 まぁどうしよう・・・とにかくどうしたらいいのか聞いてみるのよ!

Rachel: Okay. No, you do it.
 わかった・・・無理。あなた聞いて。

Monica: Hello, this is Monica... Yeah... Oh... Okay, yes, we'll be right, we'll be right down… Thank you.
 もしもしモニカです。はい。はい・・・わかりました。すぐ行きます。はいありがとう。

Rachel: What?
 なに?

Monica: We forgot to sign one of the admissions forms.
 一カ所サインを忘れてるんですって。

Rachel: Ohhh... Okay, you were right. You were right! This was just not worth it.
 はぁ・・わかった、本当あなたの言う通りよ。こんなのやってられない。

Monica: Thank you.
 ありがと。

Rachel: Okay, let me just change.
 そう、じゃあ着替えるわ。

Monica: Yes.
 そうね。

(ジョーイがくる)
Joey: Hey.
 やぁ。

Ross and Chandler: Hey!
 やぁ!

Monica: Hi.
 ハーイ。

Phoebe: Trouble?
 どうかした?

Joey: Your sister stood me up the other night.
 この前の夜君のねえさんにすっぽかされたよ。

Phoebe: Oh, no. Don't you hate it when people aren't there for you?
 まぁ・・ 何かの時にそこにいてくれないのって、いやよね?

Ross: Well did you try calling her?
 電話してみた?

Joey: I've been trying for two days. When I called the restaurant, they said she was too busy to talk. I can't believe she's blowing me off.
 この二日間取ろうとしてるんだ。でもレストランに電話いても、彼女は忙しいって言うんだ。避けられるなんて信じられないよ。

《Riff's, フィービーがくる》

Phoebe: Hey.
 ハーイ。

Ursula: Oh!
 あら!

Phoebe: Um… you got a minute?
 ちょっといい?
 
Ursula: Um, yeah, I'm just... working.
 うーん・・いいわ。今仕事中だし。

Phoebe: So.
 それで・・

Ursula: Uh-huh.
 うん。

Phoebe: Um, oh, I got you a birthday present.
 ああそうだ。誕生日プレゼント持ってきたのよ。

Ursula: Oh, wow! You remembered! Oh! It's a Judy Jetson thermos!
 ワオ! 覚えててくれたのね! まぁジュディの水筒!

Phoebe: Right, like the kind you...
 そうよ。あのときのね・・

Ursula: Right... Oh, I got something for you, too.
 そうね。あ、私もプレゼントがあるのよ。

Phoebe: How'd you know I was coming?
 私が来るってなんでわかったの?

Ursula: Um, yeah, um, twin thing.
 えーっと、双子だからよ。

Phoebe: I can't believe you did this.….. I can't believe you.....did this.
 信じられないこんなことしてくれるなんて・・・(中身がジョーイからのプレゼントだと知って)信じられないこんなことするなんて。

Phoebe: So... What's the deal with you and Joey?
 それで・・あなたとジョーイはどうなってるの?

Ursula: Oh, right. He is so great. But that's over.
 ああそのこと。彼は素敵ね。でももうおしまいよ。

Phoebe: Does he know?
 彼は知ってるの?

Ursula: Who?
 誰が?

Phoebe: Joey. You know, he's really nutsy about you.
 ジョーイよ。あなたに夢中なのよ。

Ursula: He is? Why?
 彼が? なんで?

Phoebe: You got me.
 わかるでしょ。
 
Ursula: Right.
 そうね。

Ursula: Excuse me. Doesn't this come with a side salad?
 (通りかかったウェイターに)すみません、これってサイドサラダつかないの?

Phoebe: So, are you gonna call him?
 ねぇ、彼に電話するつもり?

Ursula: What? You think he likes me?
 え? 彼(ウェイター)私を好きだと思うの?

Phoebe: No, Joey.
 違う、ジョーイ。

Ursula: Oh. No, no, he is so smart. He'll figure it out. Do you want some chicken?
 ああ、いえいえ。彼は賢いもの。気がつくわよ。チキン食べる?

Phoebe: No. No food with a face.
 いいえ。顔のある食べ物は食べないわ。

Ursula: You have not changed!
 変わってないのね!

Phoebe: Yeah, you too.
 ええ。あなたもね。

《ER》

Rachel: Hi, remember us?
 どうも。私たち覚えてる?

Nurse: Mmm hmmm.
 はい?

Monica: Um, okay. You just called a little while ago about needing a signature on the admissions form. Well, it turns out we need a whole new one. Because, you see, I put the wrong name again. Because...
 えっと・・ちょっと前にお電話いただいて、承認の書類にサインが必要ってことで。それで・・結局全部新しい書類に書き直さなきゃってことになって。つまり、私また間違えて書いちゃって・・

Nurse: You're that stupid.
 あなたそこまでおバカさんなの。

Monica: I am. I'm that stupid.
 そう。私そこまでバカなの。

Rachel: Yeah, and and, I'm just gonna pay for this with a check.
 そう。それから、私これ小切手で払うわ。

Nurse: Well, you know your insurance will cover that.
 でもあなた、保険で支払われるのよ。

Rachel: Yeah, I know.....I'm I'm just not that bright either.
 そうね、わかってるけど、私も賢くないのよ。

《モニカの部屋》

Chandler: Okay, worst case scenario. Say you never feel like a father.
 いい? 最悪の事態になったとしてだ。おまえが全く父親って気持ちにならなかったとする。

Ross: Uh-huh.
 うん。

Chandler: Say your son never feels connected to you, as one. Say all of his relationships are affected by this.
 それでおまえの息子がおまえとのつながりを感じなかったとする。彼の人間関係がその影響を受けるとする。

Ross: Do you have a point?
 何がいいたいの?

Chandler: You know, you'd think I would…. What's up with the simian?
 何かあると思う? (マルセルの様子が変なので)サルどうかしたのか?

Ross: It's just a fur ball.
 ただの毛玉だよ。

Chandler: Okay..... whose turn is it?
 そうか。次誰の番?

Ross: Yours, I just got 43 points for 'KIDNEY'.
 おまえだ。僕は今『KIDNEY』で43ポイント。

Chandler: No, no, you got zero points for 'IDNEY'.
 いやいや。おまえは今『IDNEY』でゼロポイントだ。

Ross: I had a 'K'. Where's where's my 'K'?
 『K』があったはずだ。『K』はどこいった?
(二人でマルセルを見つめる)

《ER:ロスとチャンドラーがくる》

Ross: You've got to help me! My monkey swallowed a 'K'!
 助けてください! 僕のモンキーが『K』を飲み込んだんです。

Nurse: You go get that animal out of here.
 その動物外に出してください!

Ross: No, no you don't understand. The animal hospital is way across town he's choking I don't know what else to do.
 いやいや、わかってくださいよ。動物病院は街の向こう側だし、この子は今、喉が詰まってるんだ。他にどうしたらいいんだ。

Monica: What's going on?
 どうしたの?

Chandler: Marcel swallowed a Scrabble tile.
 マルセルがスクラブルタイルを飲み込んだんだ。

Rachel: Oh.
 まぁ。

Nurse: Excuse me... This hospital is for people!
 ちょっと。この病院は人のためのものよ!

Ross: Lady, he is people. He has a name, okay? He watches Jeopardy! He he touches himself when nobody's watching. Please, please have a heart!
 この子はヒトだ。名前もある。クイズ番組も見るんだ! 誰も見てなければスケベなこともする。お願い、お願いです。

( Jeopardy = クイズ番組

Dr. Mitchell: I'll take a look at him.
 僕が見ましょう。

Rachel and Monica: Oh, thank you.
 まぁ! ありがとう。

Monica: Michael.
 マイケル!

Dr. Mitchell: Rachel.
 レイチェル!

Rachel: What?
 なに?

Monica: Monica.
 モニカよ。

Rachel: Oh.
 ああ。

Monica&Rachel: Hi.
 ハーイ。

《セントラルパーク:ジョーイとフィービー》

Phoebe: Hey.
 (アースラの服を着ている)ハーイ。

Joey: Urse... What're you doing here? I've been trying to call you.
 アース。どうしたの? 連絡取ろうとしてたんだよ。

Phoebe: Listen, um...
 聞いて。

Joey: No, no, no, don't say "listen." I know that "listen." I've said that "listen."
 いやいやいや、「聞いて」なんて言わないでよ。その「聞いて」は覚えがある。それ言ったことある。

Phoebe: I'm sorry.
 ごめんね。

Joey: I don't get it. What happened? What about everything you said under the bridge?
 わかんないよ。何かあった? あの橋の下で君が言ったことは何だったの?

Phoebe: Yeah, um... You know... you should just forget about what I said under the bridge, I was talking crazy that night, I was so drunk!
 ええ・・あれは・・・。橋の下での話は忘れて。あの時はおかしなことを言ってたのよ。酔っぱらってて。

Joey: You don't drink.
 君飲まないじゃん。

Phoebe: That's right, I don't... But I was, I was drunk on you!
 その通り。飲まない・・・でも・・・あなたに酔ってたのよ。

Joey: Oh, Urse...
 ああ、アース。

Phoebe: Okay, yeah, so it's not gonna work.
 ええ、でも、うまくいかないのよ。

Joey: Why? Is it because I'm friends with Phoebe?
 どうして? 僕がフィービーと友達だから?

Phoebe: If it was, would you stop hanging out with her?
 もしそうだったら、フィービーと会うのやめる?

Joey: No. No, I couldn't do that.
 いや。それはできない。

Phoebe: Then yes, it's because of Phoebe! So, you know, it's either her or me.
 だったら、そう。フィービーのせいよ。だから、彼女か私のどっちかってこと。

Joey: Then…. then I'm sorry.
 それじゃ・・・それじゃごめん。

Phoebe: You know... You're gonna be really, really hard to get over.
 ねぇ・・・これは乗り越えるの大変ね。

Joey: I know... I don't know whether it's just because we're breaking up or... what, but you have never looked so beautiful.
 そうだね。もう別れるからかな・・なんだか・・君今まで以上にきれいだよ。

Phoebe: Really?
 本当?

Joey: Pheebs?
 (キスをした後、ふと疑問に感じて)フィーブス?

Phoebe: Yeah. Oh...
 ええ・・あっ。

《病院:マルセルが寝ているのを見ている》

Ross: He looks so tiny.
 小さく見える・・・。

(ジョーイとフィービーがくる)
Joey: We just got the message.
 今連絡受け取ったよ。

Phoebe: Is he alright?
 大丈夫?

Ross: Yeah. The doctor got the 'K' out. He also found an 'M' and an 'O'.
 ああ。先生が『K』を取り出してくれた。『M』と『O』もあったんだ。

Chandler: We think he was trying to spell out 'MONKEY.'
 『MONKEY』ってつづろうとしてたんだと思うんだ。

Ross: Well, the doctor says he's gonna be fine, he's just sleeping now.
 先生は大丈夫って言ってた。今は寝てるんだ。

Chandler: So, you feel like a dad yet?
 おまえ、父親って感じしたんじゃない?

Ross: No, why?
 いいや。なんで?

Chandler: Hey, come on, you came through, you did what you had to do. That is very dad.
 何いってんだよ。ここまでやり遂げたじゃないか。やるべきことをやったんだ。すごく父親らしかったぞ。

Monica: Oh, look, he's waking up!
 あっ、見て! 目が覚めたわよ。

Ross: Hey, fella! How you doing?
 ハーイちびちゃん。具合はどう?(指を握りしめられ感動する)

《モニカの部屋:すべてスペイン語》
おしまい。

*:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:.*:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:.

フレンズではよく出てくるスクラブル
scrabble.jpg
クロスワードパズルとか、ロス達は好きですね。

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村


英語 ブログランキングへ
posted by らんち at 23:20| Comment(0) | Season1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。