2013年05月22日

1-16 The One With Two Parts, part 1

1-16 パート2がある話のパート1

 ☆フィービーの双子対決☆

《レストラン Riff's:ジョーイとチャンドラー》

Chandler: This is unbelievable. It’s been like a half an hour. If this was a cartoon, you’d be looking like a ham right about now.
 こんなのありえないよ。もう30分も待ってるぞ。これがアニメなら今頃おまえがハムに見えてる。

Joey: There’s the waitress. Excuse me, Miss. Hello, Miss?
 ウェイトレスがいるぞ。ちょっとすみません、ちょっと?

(アースラが振り向く)
Chandler: It’s Phoebe! Hi!
 フィービーだ! やぁ!

Ursula: Hi. Okay, will that be all?
 ハーイ。(二人が即座に注文しなかったので)以上ですか?

Chandler: Wait, wait! what are you doing here?
 待って待って! ここで何してんの?

Ursula: Yeah, um, I was over there, then you said, "Excuse me, hello Miss," so now I’m here.
 えー、あっちにいたら「すません、ちょっと」って言ったから、ここにいるの。

Joey: No, no... how come you are working here?
 いやいや・・なんでここで働いてるの?

Ursula: Right, yeah, ’cause its close to where I live, and the aprons are really cute.
 ああ。そのこと。ここは家から近いし、エプロンがすごく可愛いから。

Chandler: Can we start over?
 始めからやり直そうか。

Ursula: Yeah. Okay great. I’m gonna be over here.
 ああ、わかった。じゃああっちにいるわね。

Chandler and Joey: No, no, no!
 そうじゃなくて!

(Riff's は「あなたにムチュー」というドラマに登場するアースラの勤めるレストラン)

《セントラルパーク》

Ross: I don’t know whether he’s testing me, or just acting out, but my monkey is out of control. But, he keeps erasing the messages on my machine, "supposedly" by accident.
 僕を試しているのか、それとも何か伝えたいのか知らないけど、とにかくモンキーが手に負えないんだ。留守電のメッセージは偶然のふりして消してしまうし。

Rachel: No, yeah, I’ve done that.
 ああ、それやったことあるわ。

Ross: And then, like three days in a row he got to the newspaper before I did, and peed all over the crossword.
 それに、3日間続けて新聞を先取りして、クロスワード一面にオシッコかけるんだ。

Rachel: I’ve never done that.
 それはやったことないわね。

(店の外からチャンドラーとジョーイが中をのぞく)
Chandler: All right, now look at her and tell me she doesn’t look exactly like her sister.
 ほら。見ろ。彼女瓜二つじゃないって言うのか?

Joey: I’m saying I see a difference.
 二人は違うって言ってるんだよ。

Chandler: They’re twins!
 双子なんだぞ。

Joey: I don’t care. Phoebe’s Phoebe. Ursula’s... hot!
 関係ないね。フィービーはフィービーだし、アースラは・・・セクシーだ!

Chandler: You know that thing, when you and I talk to each other about things?
 (店に入って)二人で何でも話し合うっていうのあるじゃん?

Joey: Yeah.
 ああ。

Chandler: Let’s not do that any more.
 それもうやめよ。

All: Hey guys! Hey!
 やぁみんな! ハーイ。

Joey: Hey Pheebs, guess who we saw today.
 なぁフィーブス、今日誰に会ったと思う?

Phoebe: Ooh, ooh, fun! Okay... um, Liam Neeson.
 それ楽しそう! えっと、リアム・ニーソン


Joey: Nope.
 違う。

Phoebe: Morly Safer.
 モーリー・セイファー!
 (モーリー・セイファーはニュースレポーター)

Joey: Nope.
 はずれ。

Phoebe: The woman who cuts my hair!
 私の髪をカットしてくれた子!

Monica: Okay, look, this could be a really long game.
 はいはい、それはいつまでも終わらないわ。

Chandler: Your sister Ursula.
 君の姉妹のアースラだよ。

Phoebe: Oh, really.
 あらそう。

Chandler: Yeah, yeah, she works over at that place, uh...
 そうなんだよ。あそこの店で働いてるんだね、あの・・

Phoebe: Riff’s. Yeah, I know.
 Riff's ね。ええ、知ってるわ。

Chandler: Oh, you do? Because she said you guys haven’t talked in like years.
 そう? 彼女は君と長い間話してないって言ってたよ。

Phoebe: Hmmm? Yeah. So, um, is she fat?
 ええそうね・・。それで・・彼女肥ってた?

Joey: Not from where I was standing.
 俺の見た目には違ったね。

Phoebe: Where were you standing?
 どこから見てんの?

Rachel: Um, Pheebs, so, you guys just don’t get along?
 えー・・フィーブス? あなた達うまくいってないの?

Phoebe: It’s mostly just dumb sister stuff, you know, I mean, like, everyone always thought of her as the pretty one, you know... Oh, oh, she was the first one to start walking, even though I did it... later that same day. But, to my parents, by then it was like "yeah, right, well what else is new?"
 姉妹によくあることよ。つまり・・みんな彼女の方がかわいいと思うとか・・それから・・そうそう、歩き始めたのも彼女が先だしね。同じ日に私も歩き出したんだけど、両親にとっては、「はいはい、他に初めてのことは?」って感じよ。

Ross: Oh, Pheebs, I’m sorry, I’ve got to go. I’ve got Lamaze class.
 あ、フィーブス、ごめん、僕もう行かなくちゃ。ラマーズクラスがあるんだ。

Chandler: Oh, and I’ve got Earth Science, but I'll catch you in Gym.
 ああ、俺は地球科学のクラスがあるんだ、体育館で落ち合おう。

Rachel: So, is this just gonna be you and Carol?
 行くのはあなたとキャロルだけ?

Ross: No, Susan’s gonna be there too. We’ve got dads, we’ve got lesbians, the whole parenting team.
 いや。スーザンも来る。ぼくら、父親とレズビアンカップルとで、チームなんだ。

Rachel: Well, isn’t, isn’t that gonna be weird?
 それって・・居心地悪くない?

Ross: No, no. I mean, it might have been at first, but by now I, I think I’m pretty comfortable with the whole situation.
 いやいや、最初はそういうのもあったかもしれないけど、もう今はこの状況で全然うまくいってるよ。

Monica: Ross, that’s my jacket.
 ロス、それ私のジャケット。

Ross: I know.
 知ってる。

《ラマーズクラス》

Woman: Hi, we’re the Rostins. I’m J.C., and he’s Michael, and we’re having a boy, and a girl.
 ハーイ。ロスティンです。私はJ.C、彼はマイケル、そしておなかには、男の子と、女の子がいます。

Teacher: Good for you. Alrighty, next?
 おめでとう! はい、では次の方?

Ross: Hi, um, I’m err, I’m Ross Geller, and err ah.....that’s, that’s my boy in there, and uh, this is Carol Willick, and this is Susan Bunch. Susan is um Carol’s, just, com... ..who’s next?
 ハーイ・・・僕は・・僕はロス・ゲラーで、あー・・こちら・・・こちらに男の子が・・それでこちらはキャロル・ウィリックに、スーザン・バンチ。スーザンは・・キャロルの・・次の人?

Teacher: I’m sorry, I didn’t get... Susan is?
 失礼、わからなかったわ。スーザンは?

Ross: Susan is Carol’s, Carol’s, Carol’s, friend...
 スーザンは、キャロルの・・キャロルの友達です。

Carol: Life partner.
 ライフ・パートナーです。

Ross: Like buddies.
 相棒って感じで。

Susan: Like lovers.
 恋人っていう感じで。

Ross: You know how close women can get.
 女性って本当仲良くなりますよね。

Carol: Susan and I live together.
 スーザンと私と一緒に暮らしてます。

Ross: Although I was married to her.
 僕は彼女と結婚してたんですけどね。

Susan: Carol, not me.
 キャロルと。私じゃない。

Ross: Err, right.
 あー、そう。

Carol: It’s a little complicated.
 ちょっと複雑で。

Ross: A little.
 ちょっとね。

Susan: But we’re fine.
 でも私たちはうまくやってる。

Ross: Absolutely. So, twins... hah! That’s like two births……..Ouch.
 その通り! (隣の女性に向かって)それで、双子だって! 2回出産するって感じ! (しらけたので)イタタ。

《チャンドラーの職場》

Chandler: And (noise) to you too, Helen.
 ブザーの音お返し、ヘレン。

Helen: Nina Bookbinder is here to see you.
 (インターコム)ニーナ・ブックバインダーが来ております。

Chandler: Oh, okay. Send her in.
 ああ、はい。通して。

Nina: Hi.
 ハーイ。

Chandler: Hi, Nina. Come on in.
 ハーイ、ニーナ。入って。

Nina: You wanted to see me?
 お話があるとか?

Chandler: Uh, Yes. Yes. I’ve just been going over your data here, and little thing, you’ve been post-dating your Friday numbers.
 ああ、そうなんだ。君の資料に目を通していたら、小さなことだけど、金曜日のデータが遅れている。

Nina: Which is bad, because?
 それだとつまり・・・

Chandler: Well, it throws my WENUS out of whack.
 ああ、それだど僕のウィーナスの資料が狂ってしまう。

Nina: Your... excuse me?
 あなたの・・何ですって?

Chandler: WENUS. Weekly Estimated Net...
 ウィーナス。週刊概算純益・・

Nina: Oh, Net Usage Statistics, right. Gotcha, gotcha. Won’t happen again. I wouldn’t want to do anything to hurt your... WENUS.
 ああ、純益統計ですね、わかりましたわかりました。気をつけます。あなたのウィーナスのために。

《モニカの部屋》

Chandler: It’s not just that she’s cute, okay. It’s just that... she’s really really cute.
 彼女可愛いっていうだけじゃないんだ。彼女・・・ほんとうにほんとうに可愛いんだ。

Ross: It doesn’t matter. You don’t dip your pen in the company ink.
 関係ないよ。会社のものに手を出しちゃダメだ。

Monica: Ross, your little creature’s got the remote again.
 ロス! あなたのイキモノがまたリモコン持ってる!

Ross: Marcel, Marcel, give Rossie the remote. Marcel. Marcel, you give Rossie the remote right now... Marce... you give Rossie the remote...
 マルセル、マルセル、ロッシーにリモコン返しなさい! マルセル、マルセル、ロッシーにすぐリモコンを・・マルセル! ロッシーにリモコンを・・

(マルセルが音声をスペイン語に変えてしまった)
Monica: Great.
 もう!

Ross: Relax, I’ll fix it.
 落ち着いて。直すから。

Rachel: Cool... "Urkel" in Spanish is "Urkel."
 すごい。「アークル」ってスペイン語でも「アークル」なのね。

(シットコムFamily MattersUrkel は登場人物名)
Urkel

Ross: How did he do this?
 (リモコンを操作しながら)どうやったんだ?

Chandler: So tell me something, is leaving the Christmas lights up part of your plan to keep us merry all year long?
 ちょっと聞くけど、クリスマスのライトをつけたままにしておくのは、一年中楽しい気分でいさせてくれるため?

Monica: Ah no, you see, someone was supposed to take them down around New Year’s... but obviously someone forgot.
 ああ、違うのよ。誰かさんが新年頃には外すはずだったんだけど、忘れたらしいのよね。

Rachel: Well, someone was supposed to write "Rach, take down the lights" and put it on the re... frigerate... How long has that been there?
 あら、誰かさんは「レイチ、ライトを外すこと」ってメモを冷・蔵・・(庫に貼ってあるのを発見) いつから貼ってある?

(ジョーイがくる)
Chandler: Hey, where you been?
 やぁ、どこ行ってた?

Joey: I went back to Riff’s. I think Ursula likes me. All I ordered was coffee, she brought me a tuna melt and four plates of curly fries.
 またRiff's に行ってきた。アースラは俺に気があるみたいなんだ。コーヒーを注文しただけなのに、ツナサンドとフライ4皿持ってきたんだ。

Chandler: Score.
 すごい!

Joey: She is so hot!
 彼女すんごいセクシー!

Chandler: Yeah, listen. Okay, before you do anything Joey-like, you might wanna run it by...
 あー、ちょっといいか、ジョーイっぽいことする前に、話しておいた方がいいぞ。

(run it by = 話を通す)

Joey: Yeah?
 そう?

Chandler: Yeah.
 ああ。
 
Joey: Pheebs?
 フィーブス?

Phoebe: Yeah?
 なに?

Joey: You think it would be okay if I asked out your sister?
 君のねえさん誘ってもいい?

Phoebe: Why? Why would you wanna... do that?  Why?
 なんで? ・・・なんで誘うの? なんで?

Joey: So that if we went out on a date, she’d be there.
 誘っとけば、デートに行ったとき、来てくれるだろ?

Phoebe: Well, I mean, I’m not my sister’s, you know, whatever, and um... I mean, it’s true, we were one egg, once, but err, you know, we’ve grown apart, so, um... I don’t know, why not? Okay.
 ああ、そうね、私には関係が・・なんだか知らないけど・・つまり私たちは一つの卵だったけど・・・別々に大きくなって・・どうかしら、別にいいんじゃない? いいわよ。

Joey: Cool, thanks.
 よかった。ありがと。

Ross: You okay?
 大丈夫?

Phoebe: Yeah I’m fine.
 うん、大丈夫。

Ross: You wanna watch Laverne y Shirley?

Laverne y Shirleyこれもまたシットコムのひとつ)



《ラマーズクラス》

Ross: Sorry…. Hi. Sorry I’m late. Where’s, where’s Carol?
(赤ちゃん人形を踏んでしまったので)ごめんなさい。(スーザンに会って)やぁ、遅れてごめん。キャロルは?

Susan: Stuck at school. Some parent-teacher thing. You can go. I’ll get the information.
 まだ学校なの。何かPTA関連で。帰っていいわよ。私が聞いておくから。

Ross: No... No... No. I think I should stay, I think we should both know what’s going on.
 いや・・いや。僕も受けるべきだよ。二人とも状況をわかっておくべきだと思うから。

Susan: Oh, good. This’ll be fun.
 よかった。楽しくなりそう。

Teacher: Alrighty. We’re gonna start with some basic third stage breathing exercises, so Mummies, why don’t you get on your back? And... coaches, you should be supporting Mummy’s head.
 はい、それでは呼吸法も3段階目に来ました。お母さんたちは仰向けになって、コーチ役の人はお母さんの頭を支えてあげてください。

Ross and Susan: What? What? What?
 (二人ともコーチ役をやろうとして)なに、なに、なに?

Susan: I am supposed to be the mommy?
 私にお母さん役をやれっていうの?

Ross: Okay, I’m gonna play my sperm card one more time.
 精子を提供したことをもう一回主張させてもらうよ。

Susan: Look, I don’t see why I should have to miss out on the coaching training just because I’m a woman.
 ちょっと。私が女だからって、なんでコーチ役のトレーニングを一回受け損なわないといけなのかしら?

Ross: I see. So what do you propose to do?
 わかったよ。じゃあどうしろって?

Susan: I will flip you for it.
 コインで決めるわ。

Ross: Flip me for it? No, no, no... heads, heads, heads!
 コインで? ダメだよそんな・・表表おもて!

Susan: On your back... Mom.
 仰向けになって、ママ。

Teacher: Alright, Mommies, take a nice deep cleansing breath.
 はい、それではお母さんたち、深い浄化の呼吸をして・・・

Teacher: Good. Now imagine your vagina is opening like a flower.
 よろしい。さぁ、イメージして・・・産道が花のように開いてきますよー。

《チャンドラーのオフィス》

Chandler: Mr. D, how’s it going, sir?
 どうもダグラスさん、調子はどうですか? 

Mr. Douglas: Oh, it’s been better. The Annual Net Usage Statistics are in.
 よくないね。年間純益統計が出た。

Chandler: And?
 それで?

Mr. Douglas: It’s pretty ugly. We haven’t seen an ANUS this bad since the seventies.
 ひどい。こんなひどいANUSは70年代以来だ。

Chandler: So what does this mean?
 ということは・・?

Mr. Douglas: Well, we’re gonna be laying off people in every department.
 すべての部署で社員削減をしないといけない。

Chandler: Hey, listen, I know I came in late last week, but I slept funny, and my hair was very very snarly.
 聞いてください。先週遅れてきましたが、あれは睡眠に問題があって、髪はもつれて・・。

Mr. Douglas: Not you. Relax. Ever have to fire anyone?
 君じゃないよ。落ち着いて。 ・・・クビを言い渡したことは?

《チャンドラーのオフィス:ニーナがきている》

Chandler: Nina? Nina…. Nina…. Nina.
 ニーナ・・・ニーナ・・・ニーナ・・

Nina: Are you okay?
 大丈夫ですか?

Chandler: Yes, yes I am. Listen, the reason that I called you in here today was, err... please don’t hate me.
 ああ・・・ああ僕は大丈夫。聞いてくれ・・今日ここに来てもらったのは・・・憎まないで欲しいんだけど・・

Nina: What?
 何ですって?

Chandler: Would you like to have dinner sometime?
 僕とディナーどう?

《セントラルパーク》

Rachel: So Pheebs, what do you want for your birthday?
 それでフィーブス、誕生日に何がほしい?

Phoebe: Well, what I really want is for my mom to be alive and enjoy it with me.
 そうね。ママに生きててほしい。一緒に楽しみたい。

Rachel: Okay... Let me put it this way. Anything from Crabtree and Evelyn?
 そうね・・・こう言ったらどうかしら、クラブツリー&イヴリンの何がいい?

Phoebe: Ooh! Bath salts would be nice.
 ああ! バスソルトがいい!

Rachel: Ooh, okay... good.
 はい、わかったわ。

(Jamie Buchman 、Fran Devanow が店に入ってくる)
("Mad about you" 「あなたにムチュー」の登場人物)

Jamie: What is this place?
 何この店?

Fran: Look, you’re cold, I have to pee, and.....there’s a cup of coffee on the window. How bad could it be?
 あなたは寒いんだし、私はトイレに行きたいんだし、ここはコーヒーハウスらしいし。そんなひどくないでしょ?

Jamie: I think we have an answer.
 (フィービーを見てアースラだと思って)答えが見えたわ。

Fran: What’s she doing here?
 ここで何をしてるのかしら?

Jamie: This could be God’s way of telling us to eat at home.
 家で食べろっていう神様の思し召しかも。

Fran: Think she got fired at Riff’s?
 Riff's をクビになったのかしら?

Jamie: No, no, no. We were there last night. She kept.....bringing swordfish. …Are you gonna go to the, um?
 いえいえ昨日の夜いたじゃない。彼女・・メカジキを何度も運んできて・・トイレ行かないの?

Fran: I’m gonna wait till after we order. It’s her, right.
 頼んでから行くわ。ほんと彼女ね。

Jamie: It looks like her.
 そう見えるわよね。

Jamie: Um, excuse me.
 (フィービーに)あの、失礼?

Phoebe: Yeah?
 はい?

Jamie: Hi, it’s us.
 私よ。

Phoebe: Right, and it’s me.
 そう。こっちも私よ。

Jamie: So, so you’re here too?
 それで・・あなたもここにいるのね?

Phoebe: As much as you are.
 あなたと同じね。

Jamie: Your turn.
 あなたの番よ。

Fran: Err... we know what we want.
 えー・・何が欲しいかわかったの。

Phoebe: Oh, that’s good.
 それはよかったわ。

Jamie: All we want is two Caffe Lattes.
 カフェラテを二つにする。

Fran: And some biscottie cookies.
 あとクッキーと。 

Phoebe: Good choice.
 いい選択ね。

Jamie: Definitely her.
 やっぱり彼女だわ。

Fran: Yeah.
 そうね。

《モニカの部屋》
(ここでフィービーが見ているのは、The Waltons。ジョーイが父親の浮気継続と妹の接近禁止命令を伝えたときに、チャンドラーが "Things sure have changed here on Waltons mountain" と言った、そのWaltons)

Monica: I can’t believe you. You still haven’t told that girl she doesn’t have a job yet?
 信じられない。まだその子にクビのこと伝えてないなんて!

Chandler: Well, you still haven’t taken down the Christmas lights.
 君らだってまだクリスマスのライト外してないじゃないか。

Monica: Congratulations, I think you’ve found the world’s thinnest argument.
 おめでと。世界一くだらない言い争いを発見ね。

Chandler: I’m just trying to find the right moment, you know?
 いい機会を探してるんだよ。

Rachel: Oh, well, that shouldn’t be so hard, now that you’re dating. (Imitating men at their worst) "Sweetheart, you’re fired, but how about a quickie before I go to work?"
 そう難しいことじゃないんじゃない? デートしちゃってるんだから。『ねぇ君、クビだよ。でも仕事に行く前にちょっとどう?』

(ジョーイがくる)
Joey: Hey.
 やぁ!

Rachel and Chandler: Hey.
 ハーイ。

Chandler: You know, once you’re inside, you don’t have to knock any more.
 (ノックの音がするので)おまえ中に入ったらもうノックしなくていいんだぞ。

Monica: I’ll get it……. Oh. Hi, Mr.Heckles.
 出るわ。…あらヘッケルさん

Mr.Heckles: You’re doing it again.
 またやってるぞ。

Monica: We’re not doing anything. We’re just sitting around talking, quietly.
 何もしてませんよ。ただ座って話をしてるだけです。静かに。

Mr.Heckles: I can hear you through the ceiling. My cats can’t sleep.
 天井から聞こえるんだ。うちのネコが眠れない。

Rachel: You don’t even have cats.
 ネコ飼ってないじゃないですか。

Mr.Heckles: I could have cats.
 飼うことだってできるぞ。

Monica: Goodbye Mr.Heckles.
 さよなら、ヘッケルさん。

Rachel: We’ll try to keep it down.
 気をつけるわよ。

Joey: Phoebe, could you do me a favour? Could you try this on? I just wanna make sure it fits.
 フィービー、ちょっと頼みたいんだけど。これ着てみてくれる? 合うか確かめたいんだ。

Phoebe: Ooh, my first birthday present... ..oh, this is really...
 まぁ! 初めての誕生日プレゼントね! わぁ、これほんとに・・・

Joey: Oh, no no no. It’s for Ursula. I just figured, you know, size-wise.
 いや、違う違う。これはアースラへのプレゼントだ。サイズ的にどうかと思って。

Phoebe: Ohhh... Sure, yeah.....okay, it fits.
 ああ。ええ、大丈夫よ。

Rachel: Are you seeing her again tonight?
 また彼女に会うの?

Joey: Yep. Ice Capades.
 ああ。アイスショーに行くんだ。

Chandler: Wow, this is serious. I’ve never known you to pay money for any kind of capade.
 ワオ! これはマジだな。おまえが何かのショーにお金払うなんて初めて聞いたぞ。

Joey: I don’t know. I like her, you know. She’s different. There’s uh, something about her.
 なんていうか、彼女が好きなんだよ。彼女は何か違うんだ。その彼女の何かが。

Phoebe: That you like, we get it. You like her. Great!
 その何かが好きなのね、わかったわよ。彼女が好きなのね、けっこうね!

Joey: Hey, Phoebe, I asked you, and you said it was okay.
 おいフィービー、聞いたとき、いいって言ったじゃないか。

Phoebe: Alright, well, maybe now it’s not okay.
 そうね。今はよくないかも。

Joey: Okay... Well maybe now I’m not okay with it not being okay.
 そうか。よくないんじゃ俺がよくないんだよ。

Phoebe: Okay.
 いいわよ!

Chandler: Knit, good woman, knit, knit!
 編め! よき人! 編め!

《チャンドラーのオフィス》

Chandler: And that’s the Chrysler Building right there.
(キスをしていたがノックの音で離れて)それであれがクライスラービルだよ。

Mr. Douglas: Nina.
 ニーナ。

Nina: Mr.Douglas... ..cool tie.
 ダグラスさん。 ・・・素敵なネクタイですね。

Mr. Douglas: She’s still here.
 彼女まだいる。

Chandler: Yes, yes she is. Didn’t I memo you on this? See, after I let her go, err, I got a call from her psychiatrist, Dr. Flanen-nen, Dr. Flanen, Dr. Flan.
 そうなんです。お知らせしませんでしたっけ? クビを伝えたあと、彼女の精神科医から電話がありまして。えっと・・ドクター・フレネン、ドクター・フレナン、ドクター・フラン。

Chandler: And he informed me that uh, she took the news rather badly, in fact, he uh, mentioned the word frenzy.
 それで彼が言うには・・・彼女ひどくショックを受けたようで、実際、彼は「狂乱」って言ってましたね。

Mr. Douglas: You’re kidding? She seems so...
 まさか? 彼女そんなふうに・・

Chandler: Oh, no, no. Nina.....she is whooo wewee-woo whoo whoo! In fact, if you asked her right now, she would have no recollection of being fired at all, none at all.
 いやいやいや、ニーナは・・彼女はもう「ワオワオワーオ!」事実、もし今彼女にお聞きになっても、彼女クビのおとは全く記憶にないですよ。まったく。

Mr. Douglas: That’s unbelievable.
 ありえない。

Chandler: And yet, believable. So I decided not to fire her again until I can be assured that she will be no threat to herself, or others.
 それでもなお、ありえるんです。それで、彼女が落ち着いて、彼女自身や他人を脅かす心配がなくなるまで待とうと思ったんです。

Mr. Douglas: I see. I guess you never really know what’s going on inside a person’s head.
 なるほど。人の心の中はわからんものだな。

Chandler: Well, I guess that’s why they call it psychology, sir.
 ええ、それをサイコロジーというんですね。

《ラマーズクラス》
Soothing male voice: ..a sound Mom and Dad never forget. For this after all, is the miracle of birth.
 (ビデオの声)ママとパパが生涯忘れることのない音です。つまりこれが、奇跡の誕生ということです。

Teacher: Lights please? And that’s having a baby. Next week is our final class.
 灯りつけてくれる? これが誕生よ。来週は最終クラスになります。

Ross: Susan, go deep.
 (赤ちゃん人形でボールを投げるフリをして)スーザン、行くぞ。(相手にされない)

(go deep はホッケー(サッカー?)用語)

Carol: This is impossible. It’s just impossible.
 こんなの不可能よ。ぜんぜん不可能。

Susan: What is, honey?
 どうしたの?

Carol: What that woman... did. I am not doing that. It’s just gonna have to stay in, that’s all, everything will be the same, it’ll just stay in.
 あの女の人がしたこと。私はあんなことしないわ。ずっとここにいればいいのよ。すべて今の通りで、ここにいるのよ。

Ross: Carol, honey, shhh, shhh, everything’s gonna be alright.
 キャロル、ね、落ち着いて。すべてうまくいくから。

Carol: Oh, what do you know?  No one's going up to you and saying, "Hi, is that your nostril?  Mind if we push this pot roast through it?"
 あなたに何がわかるのよ! 『それ君の鼻? そこからローストビーフ通していい?』って聞かれたことあるの?!

Susan: Carol, Carol, sweetie. Cleansing breath.
 キャロル、キャロル、浄化の深呼吸よ。

Susan: I know it’s frightening, but, big picture. The birth part is just one day, and when it’s over, we’re all gonna be parents for the rest of our lives….. I mean, that’s what this is all about, right? Ross? Ross?
 怖いのはわかるわ。でも、広い視野で見てみて。産むのは1日だけのことよ。それが終われば、その後一生、親でいられるのよ。 ・・・そこが大事なことでしょ。ね、ロス。 ・・・ロス? ロス?

《セントラルパーク》
Ross: I’m gonna be a father.
 父親になるんだ・・・。

Rachel: This is just occurring to you?
 今になって気がついたの?

Ross: I always knew I was having a baby, I just never realized the baby was having me.
 赤ちゃんができることはわかっていたけど、赤ちゃんの父親になるってことに気がつかなかった・・・。

Rachel: Oh, you’re gonna be great!
 あなたいい親になれるわよ。

Ross: Aw, how can you say that? I can’t even get Marcel to stop eating the bath mat. How am I gonna raise a kid?
 もう。そんなこと言えないだろ? マルセルにバスマット食べるのやめさせることさえできないのに、どうやって子供なんて育てられる?

Chandler: You know, Ross, some scientists are now saying that, that monkeys and babies are actually different.
 な、ロス、科学者がいうには、モンキーと赤ん坊は違うそうだぞ。

Phoebe: Where’re you going?
 (出て行こうとするジョーイに)どこへ行くの?

Joey: Out.
 出かける。

Phoebe: With?
 一緒に?

Joey: Yes.
 そう。

Phoebe: Alright, could I just ask you one question?……. Have you two, you know... like... you know... you know... yet?
 わかった。ひとつだけ聞いていい? (ジョーイうなずく)あなた達・・・その・・ね、 ・・・まだ?

Joey: Well, not that it’s any of your business, but, no, we haven’t, okay? ……You meant sex, right?
 君に関係ないことだと思うけど、でも、答えはノーだ。いい? (少し歩いてから) セックスのことだよね?

《チャンドラーのオフィス》
Nina: Do you have a sec?
 ちょっといいですか?

Chandler: Ah, sure, Nina. What’s up?
 ああ、いいよ、ニーナ。どうした?

Nina: I don’t know. For the past couple days, people have been avoiding me and giving me these really strange looks.
 何ていうのかしら。この数日、みんなが私を避けるし、なんか変な目で見るの。

Chandler: Oh, well, ah... maybe that’s because they’re ah... jealous, of us.
 ああ、そう・・それは多分・・みんな・・僕らに焼きもちやいてるとか。

Nina: Maybe. But that doesn’t explain why they keep taking my scissors.
 そうかも。でも私のハサミを持ってっちゃうことが説明つかないわ。

Chandler: Ah, well, maybe that’s, ah, because you’re getting a big raise.
 ああ、それは・・多分君がたくさん昇給するからだよ。

Nina: I am?
 ほんとう?

Chandler: Sure, why not?
 そうさ。もちろん。

Nina: Oh my god! You’re amazing!
 まぁ素敵。あなたって素晴らしいわ。

Chandler: Oh, you don’t know. ...Helen, could you make sure we put through the paperwork on Miss Bookbinder’s raise?
 ああ君は知らないんだよね。 ヘレン、ブックバインダーさんの昇給に関する書類が通ってるの確認してくれる?

Helen: So you still want me to send her psychological profile to Personnel?
 それじゃ人事部へ彼女の精神鑑定を送るので間違いないんですね?

Nina: What?
 何ですって?

Chandler: Helen drinks….. Will you marry me?
 ヘレンは酔っぱらってるんだ。 結婚してくれる?

《モニカの部屋》

Chandler: Well, I ended up telling her everything.
 結局それで彼女に全部話すことになったよ。

Rachel: Oh, how’d she take it?
 それで彼女どうだった?

Chandler: Pretty well. Except for the stapler thing. Little tip: if you’re ever in a similar situation, never ever leave your hand.....on the desk.
 きちんと受け止めた。ホチキスの件は別だけど。警告しよう。もし似たような状況になったら、絶対絶対、手を机の上に置いてちゃいけない。

Monica: Okay, I think I get how to do this.
 (リモコン)よし。どうやるかわかったと思う。(直らない)

Phoebe: Alright, so, can we turn this off? Can we just make it... make them go away? Because I can’t, I can’t watch.
 もういい。これもう切っちゃダメ? それとにかく・・もう消えてほしい。もう見たくない。

Monica: Okay, Pheebs, they’re gone.
 わかった、フィービー、切ったわよ。

Phoebe: Okay.
 わかった。

Monica: Are you alright?
 大丈夫?

Phoebe: Yeah. It’s just, you know, it’s this whole stupid Ursula thing, it’s...
 うん・・ただね・・しようもないアースラのこと・・

Rachel: Okay, Pheebs, can I ask? So, he’s going out with her. I mean, is it really so terrible?
 ねぇフィーブス、聞いていい? 彼がつき合うのそんなにひどいことなの?

Phoebe: Um, yeah. Look, I mean, I’m not saying she’s like evil or anything. She just, you know, she’s always breaking my stuff. When I was eight, and I wouldn’t let her have my Judy Jetson thermos, so she threw it under the bus. And then, oh, and then there was Randy Brown, who was like... Have you ever had a boyfriend who was like your best friend?
 うーん。うん。聞いて。私、彼女が全くの悪だって言うんじゃないのよ。ただ彼女は・・・いつも私のものを壊すの。8歳の時、宇宙家族のジュディの水筒をあげなかったら、彼女バスの下に投げたのよ。それにそれに・・・ランディ・ブラウンのこと・・。今までに、親友みたいなボーイフレンドっていた?

Judy-Jetson.jpg

Monica and Rachel: No.
 いいえ。

Phoebe: Well, but that’s what he was for me. And she you know, kind of stole him away, and then... broke his heart... and then he wouldn’t even talk to me any more. Because he said he didn’t wanna be around... anything that looked like either one of us.
 私にとって彼はそうだったの。それを彼女は・・私から奪って・・それから彼を振ったの。それから彼は私と話すのも嫌になったのよ。だって私たちのどちらでも似たような顔を見たくなかったから。

Rachel: Oh... Oh, Pheebs.
 まぁ・・フィーブス。

Phoebe: I mean, I know Joey is not my boyfriend, or my thermos, or anything, but...
 ジョーイは私のボーイフレンドじゃないし、水筒でもないってことはわかってるけど・・・

Chandler: You’re not gonna lose him.
 君はやつを失うようなことはないよ。

Monica: Hon, you gotta talk to Joey.
 ねぇ、ジョーイと話すべきよ。

Phoebe: Yeah. Okay.
 ええそうね。

Ross: No, come on, he doesn’t know this stuff. If he knew how you felt.
 いやほんとうだよ。こういうことを知らないんだから。君がどう感じているか知った方がいい。

Phoebe: But he’s falling in love with her.
 でも彼女に恋してるのよ。

Rachel: Oh please, they’ve been going out a week. They haven’t even slept together yet, I mean, that’s not serious.
 ああそんな。1週間デートしてるだけよ。まだ寝てもいないんだもの。真剣じゃないわよ。

Phoebe: Okay... Okay…… Oh, okay, oh.
 そう。そうね・・。(今行くよう言われていると気づいて)ああ、わかった。

(ジョーイの部屋をノックすると、ジョーイのシャツだけを着たアースラが応える)
Ursula: Oh….. Yeah, um, may we help you?
 あら。ええ、何かご用?

《モニカ達の部屋のバルコニー》

Monica: Rachel, what are you doing? It’s freezing out here. Would you come back inside?
 レイチェル! 何してんの? すごい寒いじゃない。中へ入りなさいよ。

Rachel: No no no no no. You wanted me to take them down, so.....I’m taking them down. Okay? Whoa!
 いーえいーえ。これを外してほしいんでしょう。だからそれを外してるのよ。わかった? キャー!

Monica: Oh-my-god Rachel! Rachel!
 キャー! レイチェル! レイチェル!

Rachel: I’m okay! I’m okay! Mr. Heckles, Mr. Heckles could you help me please?
 大丈夫よ! 大丈夫! (ヘッケルさんの窓の外から)ヘッケルさん! ヘッケルさん! 助けてくださらない?

Mr.Heckles: See, this is just the kind of thing I was talking about.
 ほらな。このことを言ってるんだ。


にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村


英語 ブログランキングへ
posted by らんち at 04:01| Comment(0) | Season1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。