2013年05月20日

1-15 The One With the Stoned Guy

1-15 昏睡男の話

 ☆キャリアアップ大作戦

《セントラルパーク:レイチェル仕事中》

Rachel: Coffee.
 コーヒーね。

Joey: Thank you.
 ありがと。

Rachel: Cappuccino.
 カプチーノでしょ。

Ross: Grazie.
 ありがと。

Rachel: And a nice hot cider for Monica.
 そしてモニカにはホットサイダーね。

Monica: Aww, thank you.…. Uh Rach?
 ありがと・・・レイチ?

Rachel: Yeah?
 なに?

Monica: Why does my cinnamon stick have an eraser?
 なんでこのシナモン消しゴムがついてんの?(レイチェルの鉛筆がささっている)

Rachel: Oh! That's why. I'm sorry!
 (鉛筆の代わりにシナモンを耳の後ろに挟んでいたので、それをカップに入れる)これだわ。ごめん!

《チャンドラー仕事中》

Woman: Chandler.
 チャンドラー。

Chandler: Mrs. Tedlock. You're looking lovely today. And may I say, that is a very flattering sleeve length on you.
 テッドロックさん、今日もお美しい。魅力的な袖の長さでいらっしゃる。

Mrs. Tedlock: Yes. Well, Mr. Kostelick would like you to stop by his office at the end of the day.
 ええ・・。コステリックさんが、今日仕事が終わったらオフィスに寄ってほしいそうですよ。

Chandler: Oh, listen. If this is about those prank memos, I had nothing to do with them. Really. Nothing at all. Really. Nothing.
 あっ、聞いて。あのいたずらメモなら僕は関係ないですからね。ほんと全然、ほんと全く。

《セントラルパーク:フィービーが入ってくる》

Phoebe: Hey you guys! Chandler's coming and he says he has, like, this incredible news, so when he gets here, we could all act like, you know...
 ねぇみんな! チャンドラーがいま来るけど、すごいニュースなのよ。だから、彼がきたら、知らなかったふりを・・

Chandler: Hey!
 やぁ!

All: Hey!
 やぁ!

Phoebe: Never mind. But it was going to be really good.
 なんでもない。でも本当にすごいニュースなのよ。

Ross: What's going on?
 どうしたんだ?

All: What is it?
 なんなの?

Chandler: So, it's a typical day at work. I'm inputting my numbers, and big Al calls me into his office and tells me he wants to make me processing supervisor.
 今日も普段通りだった。いつものように数字を入力していたら、アルに呼ばれて、俺を情報処理スーパーバイザーにするって言うんだ。

All: That's great!
 すごいじゃん!

Chandler: So.... I quit.
 だから、辞めてきた。

All: Why?
 なんで?

Chandler: Why? This was supposed to be a temp job!
 なんでって? これは一時的な仕事のはずだからさ。

Monica: Yeah, Chandler... you've been there for five years.
 でもチャンドラー・・あなたもう5年もそこで働いてきたのよ。

Chandler: If I took this promotion, it'd be like admitting that this is what I actually do.
 この昇進を受けたら、これが俺の仕事だって認めることになっちゃうじゃないか!

Monica: So was it a lot more money?
 お給料はあがるの?

Chandler: It doesn't matter. I just don't want to be one of those guys that's in his office until twelve o'clock at night worrying about the WENUS.
 それは関係ない。とにかく俺はWENUSの心配して夜中まで働くようなやつになりたくないんだ。

Rachel: ... the WENUS?
 WENUS?

Chandler: Weekly Estimated Net Usage Systems. A processing term.
 週刊概算純益処理システムの略。情報処理用語だ。

Rachel: Oh. That WENUS.
 ああ、あのウィーナスね。

Joey: So what're you going to do?
 それでどうするんだ?

Chandler: I don't know. That's the thing. I don't know what I want to do. I just know I'm not going to figure it out working there.
 わからない。そこなんだよ。何をしたいかわからないんだ。とにかくあそこで働きながらそれを捜すのはやめだ。

Phoebe: Oooh! I have something you can do! I have this new massage client... Steve? Anyway, he's opening up a restaurant and he's looking for a head chef.
 そうだ! 提案があるよ! 新しいマッサージのお客さんでスティーブって人がいるんだよね。それで、その人がレストランを開くんで、ヘッドシェフを捜してるんだって!

Monica: Um... hi there.
 えっと・・もしもし?

Phoebe: Hi! Oh, yeah, no, I know. You're a chef. I know, and I thought of you first, but um, Chandler's the one who needs a job right now, so....
 ハーイ。そうなのよ、あなたシェフだもんね、だからあなたを最初に考えたけど、でも今仕事捜してるのはチャンドラーだもんね、それで・・。

Chandler: Yeah... I just don't have that much cheffing experience. Unless it's an all-toast restaurant.
 ああ。でも俺シェフって経験ないしね。トーストしか出さないレストランなら別だけど。

Phoebe: Yeah, yeah!
 (モニカに肩をたたかれ)うん!はい?

Monica: Well, what kind of food is he looking for?
 ね、どんなシェフ探してるの?

Phoebe: Well, he wants to do some eclectic, so he's looking for someone who can, you know, create the entire menu.
 いろんないいもの混ぜ合わせみたいな。だからメニューを一から作れる人がいいんだって。

Monica: Oh my God!
 素敵!!

Phoebe: Yeah, I know! So, what do you think?
 でしょ?! (チャンドラーに)それで、どう?

Chandler: Thanks, Phoebe. But I just don't really see myself in a big white hat.
 ありがと、フィービー。でも俺はあの大きな白い帽子は合わないと思うよ。

Phoebe: OK…… Oh Monica! Guess what!
 そっか。・・・・・・あ、モニカ! 聞いて!

《モニカの部屋:チャンドラーが入ってくる》

Chandler: Can you see my nipples through this shirt?
 このシャツ乳首透けて見える?

Rachel: No. But don't worry, I'm sure they're still there.
 ううん。でも心配しないで。ちゃんとあるから。

Phoebe: Where are you going, Mr. Suity-Man?
 どこ行くの、きっちりスーツ着ちゃって。

Chandler: Well, I have an appointment to see Dr. Robert Pillman, career counselor a-gogo. I added the "a-gogo."
 アポイントとってあるんだ、「最先端キャリアカウンセラー」ロバート・ピルマン博士とね。「最先端」は俺が勝手につけたけど。

Rachel: Career counselor?
 キャリアカウンセラー?

Chandler: Hey, you guys all know what you want to do.
 君らはみんな、何をしたいか自分でわかってるだろ?

Rachel: I don't!
 私はわかんない。

Chandler: Hey, you guys in the living room all know what you want to do. You know, you have goals. You have dreams. I don't have a dream.
 リビングにいる君らみんなは、何をしたいかわかってるだろ? 君らには目的がある、夢がある。俺には夢がない。

Ross: Ah, the lesser-known "I don't have a dream" speech.
 ああ。あまり知られていないスピーチ、「私には夢がない」だな。

(ルーサー・キング牧師の "I have a dream"というスピーチが有名であるのに対して)


(モニカが来る)
Monica: Oh, I love my life, I love my life!
 アイラブマイライフ! アイラブマイライフ!

Phoebe: Ooh! Brian's Song!
 「ブライアンの歌」ね!

(Brian's song という映画があったのですが、
 その中のスピーチで、I love Brian Piccolo とは
 言ってますが I love my life とは言ってないみたい)


Rachel: The meeting with the guy went great?
 レストランの件の人と会ってうまくいったのね?

Monica: So great! He showed me where the restaurant's going to be. It's this, it's this cute little place on 10th Street. Not too big, not too small. Just right.
 すごいの! レストランの場所を見せてくれたんだけど、10番街にあるかわいいところで、大きすぎず小さすぎず、ちょうどいい感じなの!

Chandler: Was it formerly owned by a blonde woman and some bears?
 前は3匹のくまが住んでたとこ?

3びきのくまという童話の中で、女の子が熊の家を訪れて
 ○○過ぎず××過ぎずちょうどいいものを気に入るので)



Monica: So anyway, I'm cooking dinner for him Monday night. You know, kind of like an audition. And Phoebe, he really wants you to be here, which will be great for me because then you can 'ooh' and 'ahh' and make yummy noises.
 とにかく、月曜の夜にディナーを食べてもらうことになったの。オーディションのようなものね。フィービー、その時いてほしいのよ。そして「うー」とか「あー」とかおいしそうな声をあげてくれると助かるんだけど。

Rachel: What are you going to make?
 何を作るの?

Phoebe: Yummy noises.
 おいしそうな声よ。

Rachel: And Monica, what are you going to make?
 モニカ、あなたは何を作るの?

Monica: I don't know. I don't know. It's just going to be so great!
 まだわからない。わからないわ。とにかくこれはすごいことよ!

Phoebe: Ooh! I know what you could make! I know! Oh, you should definitely make that thing... you know, with the stuff? You know, that thing... with the stuff...? OK, I don't know.
 わかった! 何を作ったらいいかわかったわ! あれよ! あれを作るべきよ、あれを使って、ね? あれ。あれ使うの。わかる? 私わかんなくなった。

Ross: Hey guys, does anybody know a good date place in the neighborhood?
 ねぇみんな、このあたりでデートにいいところ知らない?

Joey: How about Tony's? If you can finish a 32-ounce steak, it's free.
 トニーの店はどう? 32オンスステーキを平らげたら、タダになるぜ。

Ross: OK, ahem, hey, does anybody know a good place if you're not dating a puma?
 はぁ。あのね、ピューマとデートするんじゃない時にいい場所知らない?

Chandler: Who are you going out with?
 誰とデート?

Phoebe: Oh, is this the bug lady?
 ああ、あの虫の人ね?

Rachel: Bzzzz.... I love you, Ross.
 うぃー! 愛してるわロス!

Ross: Her name is Celia. She's not a bug lady. She's curator of insects at the museum.
 彼女の名前はセリアだよ。虫の人じゃない。博物館で昆虫担当の主事をしてる人だ。

Rachel: So what are you guys going to do?
 それでデートはどうするの?

Ross: Oh, I just thought we could go out to dinner, and then maybe bring her back to my place and I'd introduce her to my monkey.
 いや、ただ食事に行って、それから僕の部屋へ行って、うちのモンキーを紹介しようかなって。

Chandler: And he's not speaking metaphorically.
 そのモンキーってのは事実モンキーなんだよな。

Joey: So.... back to your place...you thinking, maybe... huh-huh?
 それで・・家に連れてって・・もしかして・・?

Ross: Well, I don't know.... huh-huh.... but I'm hoping.. huh-huh.
 いや・・わかんないよ。それは。そうなるといいけど・・。

Joey: I'm telling you, that monkey is a chick magnet! She's going to take one look at his furry, cute little face and it'll seal the deal.
 言ってるじゃないか、あのモンキーは女の子を誘う鍵だって! あのふわふわのかわいい小さな顔を見たら、もうキマリだ。

《ロスの部屋:セリアはモンキーにぶら下がられて悲鳴をあげている》

Ross: Celia, don't worry!  Don't scream!  He's not going to hurt you! Soothing tones, Celia. Soothing tones! Marcel...
 セリア、大丈夫! 叫ばないで! 何もしないから! 落ち着く声を出して、セリア、落ち着いた声で・・マルセル!

Celia: I can't stand this! He's got his claws in my...
 耐えられない! 爪が、爪が・・

Ross: Alright...
 これでだいじょうぶ・・(マルセルを引き離す)

《モニカの部屋》

Monica: OK, try this salmon mousse.
 いい? サーモンムースを食べてみて。

Joey: Mmmm. Good.
 んー、うまい!

Monica: Is it better than the other salmon mousse?
 前のサーモンムースよりいい?

Joey: It's creamier.
 よりクリーミーだね。

Monica: Yeah, well, is that better?
 ええ。それで、よかった?

Joey: I don't know. We're talking about whipped fish, Monica. I'm just happy I'm keeping it down, you know?
 知らないよ。泡立てた魚の話だぜ、モニカ。飲み込めただけで十分なんだって。

(チャンドラーが不機嫌に入ってくる)
Rachel: My God! What happened to you?
 うわ、なによ。何があったの?

Chandler: Eight and a half hours of aptitude tests, intelligence tests, personality tests... and what do I learn? "You are ideally suited for a career in data processing for a large multinational corporation."
 8時間半もかけて、適正テスト、知能テスト、個性テストをやって、それで何がわかったと思う? 『あなたに理想的な仕事は多国籍大企業でのデータ処理の仕事です』

Phoebe: That's so great! 'Cause you already know how to do that!
 すごいじゃない! もうどういう仕事かわかってるんだもん!

Chandler: Can you believe it? I mean, don't I seem like somebody who should be doing something really cool? You know, I just always pictured myself doing something...something.
 信じられる? 俺って、もっと違う何かかっこいい仕事が合ってるやつには見えない? いつも何か・・何かほかの何かをしてる自分を想像していたのに。

Rachel: Oh Chandler, I know, I know... oh, hey! You can see your nipples through this shirt!
 まぁチャンドラー・・・わかるわ・・・あら? やっぱり乳首が透けて見えてるわよ!

Monica: Here you go, maybe this'll cheer you up.
 ほら。これで少しは元気が出るかも。

Chandler: Ooh, you know, I had a grape about five hours ago, so I'd better split this with you.
 わぁ! 5時間ぐらい前にグレープを食べたばっかりだから、これ二人で分けて食べようか。

Monica: It's supposed to be that small. It's a pre-appetizer. The French call it an amouz-bouche.
 それって小さいものなのよ。前菜前に出すものなの。フランス語で、アミューズブッシェっていうのよ。

Chandler:Well.... it is amouz-ing...
 はぁ・・これはアミュージングだ(楽しい)こと。

Monica: Hello? Oh, hi Wendy! Yeah, eight o'clock. What did we say? Ten dollars an hour?... OK, great…. All right, I'll see you then. Bye.
 (電話に応えて)もしもし? あ、ウェンディ! ええ。8時にね・・・いくらだっけ?・・1時間10ドル?・・ええいいわ。わかった・・じゃあその時に。バーイ。

Phoebe: Ten dollars an hour for what?
 1時間10ドルってなに?

Monica: Oh, I asked one of the waitresses at work if she'd help me out.
 うん、職場のウェイトレスの子に手伝ってくれるように頼んだの。

Rachel: Waitressing?
 ウェイトレス?

Joey: Uh-oh.
 おっと・・。

Monica: Well... of course I thought of you! But... but...
 いえ、もちろんあなたにって思ったんだけど・・・でも・・でも・・

Rachel: But, but?
 でもでも?

Monica: But, you see, it's just... this night has to go just perfect, you know? And, well, Wendy's more of a... professional waitress.
 でも、ね、この日だけは・・完璧にしたいのよ。ウェンディはなんていうか・・・もっとプロって感じなのよ。

Rachel: Oh! I see. And I've sort of been maintaining my amateur status so that I can waitress in the Olympics.
 ああ! なるほどね。私はアマチュアでやってるから、オリンピックでもウェイトレスできるのよね。

Chandler: You know, I don't mean to brag, but I waited tables at Innsbruck in '76. ………Amouz-bouche?
 なぁ、自慢じゃないけど、76年のインスブルックでウエイターしたんだ。・・・・アミューズブッシュ?

《ロスの部屋》

Celia: Talk to me.
 何か言って。

Ross: OK.... um, a weird thing happened to me on the train this morning...
 ああ、えー・・今朝電車でおかしなことがあってね・・

Celia: No no no. Talk... dirty.
 そうじゃなくて・・何かエロティックに・・

Ross: Wha... what, here?
 え? 今?

Celia: Yes...
 そうよ。

Ross: Ah....
 あー・・・

Celia: Say something..... hot.
 何か言って・・感じること・・

Ross: Er.... um.....
 えーっと・・

Celia: What?
 なに?

Ross: Um... uh.... vulva.
 うーんと・・・外陰部。

《チャンドラー達の部屋:ロスとジョーイ》

Joey: "Vulva"?
 「外陰部」?

Ross: Alright, I panicked, alright? She took me by surprise. You know, but it wasn't a total loss. I mean, we ended up cuddling.
 わかってるよ。パニックになったんだ。いきなりで驚いたんだよ。でもまったくダメになったわけじゃないよ。僕ら結局抱き合って眠ったんだ。

Joey: Whoaa!! You cuddled? How many times??
 ワーオ! 抱き合って? 何回?

Ross: Shut up! It was nice. I just... I don't think I'm the dirty-talking kind of guy, you know?
 言うな! よかったよ。僕はただ・・・僕ってそういうエロトークする奴じゃないんだよ。

Joey: What's the big deal? You just say what you want to do to her. Or what you want her to do to you. Or what you think other people might be doing to each other. I'll tell you what. Just try something on me.
 大したことないじゃないか! 何をしたいか言うだけだよ。それか、何をして欲しいかとか・・・それか、他のやつらが互いに何をしてるかとかさぁ。そうだ。俺に何か言ってみろ。

Ross: Please be kidding.
 冗談だよね?

Joey: Why not? Come on! Just, just close your eyes and tell me what you'd like to be doing right now.
 なんで? 言ってみろって! 目を閉じて、今どうしたいか言ってみろって!

Ross: OK. I'm in my apartment...
 よし。今部屋にいて・・・

Joey: ....yeah... what else?
 うん、それで?

Ross: That's it. I'm in my apartment, you're not there, we're not having this conversation.
 それだけ! 僕の部屋にいて、おまえはそこにいない。こんな会話しない。

Joey: Alright, look, I'll start, OK?
 よし。俺から始めるぞ。

Ross: Joey, please.
 ジョーイ、勘弁して。

Joey: Come on. Come on. Alright, ready, look! Oh... Ross.... you get me so hot. I want your lips on me now.
 そう言うなって! いいか、聞けよ。・・・ああ、ロス・・・熱くなるわ・・キスして今すぐ。

Ross: Wow.
 ワオ。

Joey: Alright, now you say something.
 いいか、じゃあおまえも何か言ってみろ。

Ross: I... ahem... I really don't think so.
 僕は・・僕はほんとに無理だよ。

Joey: Come on! You like this woman, right?
 やってみろって! 彼女好きなんだろ?

Ross: Yeah.
 ああ。

Joey: You want to see her again, right?
 また会いたいんだろ?

Ross: Sure.
 もちろん。

Joey: Well if you can't talk dirty to me, how're you going to talk dirty to her? Now tell me you want to caress my butt!
 俺に対してできなくてどうして彼女にエロトークできるんだよ。ほら俺の尻をなでたいって言ってみろ!

Ross: OK, turn around... I just don't want you staring at me when I'm doing this.
 わかった。向こう向いて。(本当にお尻をなでられるかと思うようなジョーイ)おまえに見つめられながらこんなことできないからだよ。

Joey: Alright, alright. I'm around. Go ahead.
 わかったわかった。よし、行け。

Ross: Ahem... I want.... OK, I want to... feel your... hot, soft skin with my lips.
 コホン・・僕は・・・うん。僕は・・君の・・熱い・・柔らかな肌にキスをしたい。

Joey: There you go! Keep going. Keep going!
 その調子! 続けて続けて!

Ross: I, er... I want to take my tongue... and.......and....
 僕は・・・(チャンドラーがくるが気づかない)僕の舌を・・

Joey: Say it... say it!
 言え! 言えって!

Ross: ...run it all over your body until you're... trembling with... with...
 君の体じゅう走らせて・・・それで・・君は震える・・

(チャンドラーが物音を立てたので、二人は初めて存在に気づく)
Chandler: ....with??
 それで?

Ross: Funny story!
 おかしな話なんだよ。

Joey: You're not going to believe this!
 信じられないだろうけど!

Chandler: It's OK. It's OK. I was always rooting for you two kids to get together.
 いいんだいいんだ。俺はいつもおまえら二人がうまくいくように応援してきたんだから。

Joey: Hey Chandler, while you were sleeping that guy from your old job called again.
 おいチャンドラー、おまえが寝てる間に会社の人からまた電話があったぞ。

Chandler: Again?
 また?

Joey: And again, and again, and again….. Hello? ….. And again.
 また。何度も何度も(電話に応えて)もしもし?(チャンドラーに)まただ。

Chandler: Hey Mr. Kostelic! How's life on the fifteenth floor? Yeah, I miss you too. Yeah, it's a lot less satisfying to steal pens from your own home, you know? Well, that's very generous…… er, but look, this isn't about the money. I need something that's more than a job. I need something I can really care about.... And that's on top of the yearly bonus structure you mentioned earlier? Look, Al, Al... I'm not playing hardball here, OK? This is not a negotiation, this is a rejection! No! No! No, stop saying numbers! I'm telling you, you've got the wrong guy! You've got the wrong guy! I'll see you on Monday!
 やぁコステリックさん! 15階はどうですか? ええ、僕も寂しく思ってますよ。自分の家の中でペンを盗んでもあまり嬉しくないですからね・・・それは気前がいいですね・・・ええ・・でも金の問題じゃないんですよ。職業っていうだけじゃなくて、本当にやりたいと思うことをやりたいんです・・・それはさっき言われた例年のボーナスの他にですか?・・・いいですか、アル・・アル、僕はただごねてるんじゃないんです。・・いいですか?交渉したいわけじゃない、拒否してるんです!・・・いやいやいや、金額を言うのはもうやめてください。言ってるじゃないですか。相手が違いますよ。相手が違います!・・・じゃあ月曜日に。

《チャンドラーの新しいオフィス》

Chandler: Well?
 どう?

Phoebe: Wow! It's huge! It's so much bigger than the cubicle. Oh, this is a cube.
 うわー! 広い! 小部屋とは大違いね。これは部屋だわ!

Chandler: Look at this!
 これ見て。(ブラインドを開ける)

Phoebe: Oh! You have a window!
 わぁ! 窓もある!

Chandler: Yes indeedy! With a beautiful view of...
 その通り! この美しい風景で・・

Phoebe: Oh look! That guy's peeing!
 見て! あの人オシッコしてる!

Chandler: OK, that's enough of the view. Check this out, look at this. Sit down, sit down.
 ああ、景色はもういいや。これ見てこっちこっち。座って。

Phoebe: OK.
 わかった。

Chandler: This is great! Helen, could you come in here for a moment?
 すごいんだから。(インターコムを押して)ヘレン、ちょっと来てくれるかい?

(ヘレンがイヤイヤやってくる)
Chandler: Thank you Helen, that'll be all. Last time I do that, I promise.
 ありがとう、ヘレン。以上だ。(うんざり顔なのを見て)もうしないから。約束する。

《モニカの部屋》

Monica: Wendy, we had a deal! Yeah, you promised! Wendy! Wendy! Wendy!
 ウェンディ! 決めてたことよ!・・・約束したじゃない!・・・ウェンディ!ウェンディ!ウェンディ!!(電話を切る)

Rachel: Who was that?
 誰だったの?

Monica: Wendy bailed. I have no waitress.
 ウェンディが来ないって。ウェイトレスなしだわ。

Rachel: Oh... that's too bad. Bye bye.
 まぁ。残念ね・・・バイバイ。(出て行こうとする)

Monica: Ten dollars an hour.
 1時間10ドル。

Rachel: No.
 いやよ。

Monica: Twelve dollars an hour.
 1時間12ドル。

Rachel: Mon. I wish I could, but I've made plans to walk around.
 モン。手伝ってあげられたらいいけど、歩き回る予定があるの。

Monica: You know, Rachel, when you ran out of your wedding, I was there for you. I put a roof over your head, and if that means nothing to you... twenty dollars an hour.
 ねぇ、レイチェル、結婚式から逃げてきたとき、助けたのは誰? 泊めてあげたことは何の意味もないの? ・・・1時間20ドル。

Rachel: Done.
 よし。

《モニカの部屋:フィービーとスティーブが入ってくる》

Rachel: Well hello! Welcome to Monica's. May I take your coat?
 こんにちは、モニカの部屋へようこそ! コートをお預かりしましょうか。

Monica: Hi Steve!
 こんにちは、スティーブ!

Steve: Hello, Monica. Hello, greeter girl.
 こんにちは、モニカ。こんにちは受付お嬢さん。

Monica: This is Rachel.
 こちらレイチェルです。

Steve: Yeah, OK.
 あ、そう。

Phoebe: Mmmmmm! Everything smells so delicious! You know, I can't remember a time I smelt such a delicious combination of of, OK, smells.
 んーーっ! おいしそうな匂い! いつだったかしら、こんなおいしそうな香りの組み合わせは・・・(モニカにとめられて)わかった。

Steve: It's a lovely apartment.
 すてきな部屋だね。

Monica: Oh, thank you. Would you like a tour?
 まぁ、ありがとうございます。ご案内しましょうか?

Steve: I was just being polite, but, alright.
 社交辞令だけど、まいいか。

Rachel: What's up?
 (フィービーに呼び止められて)どうしたの?

Phoebe: In the cab, on the way over, Steve blazed up a doobie.
 ここへ来る途中、タクシーの中でスティーブドラッグやったの。

Rachel: What?
 なんですって?

Phoebe: Smoked a joint? You know, lit a bone? Weed? Hemp? Ganja?
 マリファナ? くさもく? 大麻?

Rachel: OK, OK. I'm with you, Cheech. OK.
 いい、いい、もうわかったから、チーチ、わかった。

(チーチについてはこちら
 マリファナを題材にした映画などで有名だったのですね)

Steve: Is it dry in here?
 ここ乾燥してない?

Rachel: Let me, let me get you some wine!
 えー・・ワインをお持ちしましょう!

Monica: Yeah, I think we're ready for our first course….. OK, um, these are rot-shrimp ravioli, and celantro pondou sauce...... with just a touch of mints... and...... ginger.
 そうね、コースを始めましょうか。(トレイを運んできて)エビのラビオリ、コリアンダーのポン酢ソースにはちょっとミントと・・(スティーブは食べ終えてしまう)しょうが味を・・。

Steve: Well, smack my ass and call me Judy! These are fantastic!
 いやぁ、お尻ペンペンしてジュディって呼んで! すごくうまかった!

Monica: I'm so glad you liked them!
 気に入っていただけてうれしいです。

Steve: Like them? I could eat a hundred of them!
 気に入った? あれならいくらでも食べられる。

Monica: Oh, well... um, that's all there are of these. But in about eight and a half minutes, we'll be serving some delicious onion tartlets.
 まぁ・・あれはあれでおしまいですけど・・。でもあと8分半で、オニオンタルトをお出しできますから。

Steve: Tartlets. Tartlets. Tartlets. The word has lost all meaning.
 タルト。タルト。タルト。意味がわからなくなった。(キッチンへ向かう)

Rachel: Excuse me? Can I help you with anything?
 なんでしょう? 何かごいりようですか?

Steve: You know, I don't know what I'm looking for.
 ねー、何探してんのかわかんないの。

Steve: Ah, cool! Taco shells! You know, these are... they're like a little corn envelope.
 おお、いいね! タコシェル!(トルティーヤ) これってコーンの封筒だよね。

taco-shell-la-preferida500px.jpg

Monica: You know that? You don't want to spoil your appetite.
 いいですか? 食欲がなくなったちゃいますので・・

Steve: Hey! Sugar-O's!
 シリアルだ!

sugar_os.jpg

Monica: You know, if you just wait another... six and a half minutes...
 すみませんけど、もう少し・・あと6分半待っていただければ・・・

Steve: Macaroni and cheese! We gotta make this!
 マカロニチーズ! これ作ろう!

Monica: No, we don't.
 いいえ作りません。

Steve: Oh, OK. Oh, sorry.
 わかったわかった。あ、失礼(持ってたものを落とし、モニカが拾っている間にお菓子を取る)

Monica: Why don't you just have a seat here? OK... give me the Gummi-bears.
 ここにおすわりになっては?(座ったスティーブがお菓子を食べるのを見て)熊のグミを返してください。

tumblr_l7vbj6pz0e1qcf7tn.jpg

Steve: No.
 いや。

Monica: Give them to me.
 返してください。

Steve: Alright, we'll share.
 わかったよ。分けよう。

Monica: No, give me the...
 ダメです。返して・・

Steve: Well then you can't have any…… Bear overboard! I think he's drowning. Hey fellows! Grab on a Sugar-O... save yourself! "Help!  I'm drowning!   Help!"
 それならあげない。(落としてしまい、ボールに落ちる)熊が落ちたぞー! 溺れるぞ! みんな! シリアルにつかまれ! 助かるぞ! 『助けて! 溺れるー! 助けてー!』

Monica: That's it! Dinner is over!
 もういい! ディナーは終わりよ!

Steve: What?
 何?

Monica: What?
 「何?」?

Steve: Why?
 なんで?

Monica: Why? It's just that I've waited seven years for an opportunity like this, and you can't even wait four and a half minutes for a stupid onion tartlet?
 「なんで?」? 7年もこのチャンスを待ってたのよ。それをあなたはオニオンタルトができるまであと4分半も待てないなんて!

Steve: Hey!
 (オーブンタイマーの音)ヘーイ♪

《セントラルパーク》

Joey: What a tool!
 なんて間抜け野郎だ!

Rachel: You don't want to work for a guy like that.
 あんなやつと働かなくていいわよ。

Ross: Yeah!
 そうだよ。

Monica: I know... it's just... I thought this was, you know... it.
 わかってる・・・だけど・・これだと思ったのに・・。

Ross: Look, you'll get there. You're an amazing chef.
 いや、きっと夢がかなうよ。おまえは素晴らしいシェフだよ。

Phoebe: Yeah! You know all those yummy noises? I wasn't faking.
 そうよ。私のあのおいしそうな声は作り物じゃないのよ。

(ロスとジョーイはカウンターへ行く)
Joey: So, er... how did it go with Celia?
 それで、セリアとどうだった?

Ross: Oh, I was unbelievable.
 ああ、もう信じられないほどだったよ。

Joey: All right, Ross!
 いいじゃん、ロス!

Ross: I was the James Michener of dirty talk. It was the most elaborate filth you have ever heard. I mean, there were characters, plot lines, themes, a motif... at one point there were villagers.
 僕はエロトーク界のジェームス・ミチェナーだね。あんな緻密な猥談は聞いたことがないよ。豊富なキャラクター、筋書き、テーマも主題もあって、一度なんか村人まで登場したんだ。

(ジェームス・ミチェナーはこちら。作家さんです)

Joey: Whoa! And the... huh-huh?
 ワーオ。それで・・?

Ross: Well, ... you know, by the time we'd finished with all the dirty talk, it was kinda late... and we were both kind of exhausted, so uh...
 ああ・・・エロ話が終わったころには、もうすっかり遅くなって・・・それで僕ら疲れ果ててしまって・・

Joey: You cuddled.
 抱き合って寝た。

Ross: Yeah, which was nice.
 ああ。よかったよ。

Phoebe: You guys wanna try and catch a late movie or something?
 みんな、映画のレイトショーに行かない?

Rachel: Maybe, but shouldn't we wait for Chandler?
 いいけど・・でもチャンドラーを待たなくていいの?

Joey: Yeah, where the hell is he?
 ああ、あいつどこ行ったんだ?

《チャンドラーのオフィス》

Chandler: Yes, Fran. I know what time it is, but I'm looking at the WENUS and I'm not happy!…… Oh, really, really, really? Well, let me tell you something... you will care about it, because I care about it! You got it? Good! ……….Whooooaaaa....
 そうだ、フラン。遅いのはわかってる。でもこのウィーナスでは満足できないね! ・・・・ああ、そうか、そうか? 言っとくが、おまえもこれを気にしなきゃならない。俺が気にしているからだ! わかったか! よし! (自分のしていることに気づいて)ウワーーーー。

《フィービーのマッサージ店》

Phoebe: How's this?
 これはどう?

Steve: Eeeee!
 イーッ!!

Phoebe: Sorry. How about over here?
 失礼。ここはどう?

Steve: Aaaaah!
 アーッ!!

Phoebe: See, that just means it's working. Does this hurt?
 それは効いてるってことよ。ここは痛い?

Steve: No.
 いや。

Phoebe: What about this?
 じゃあここはどうよ?

Steve: Aaaaahhh!!
 アーーーーッ!!

Phoebe: There you go!
 ほらどうよ。

Steve: Oh! I'm gonna throw up.
 わー! 吐きそう。


*:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:.*:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:.

今回ゲストのジョン・ロヴィッツさん。
いろんな映画や番組でよく見かけます。
この人は、リサ・クドローさんの兄弟の友達で、
彼女をコメディの世界へ熱心に誘った人なんですね。

あと、セリア役のメロラ・ハーディンさん。
この方は、最近でいうと、モンクの奥さん
トゥルーディ役で出てたって・・全然気づきませんでした。



にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村


英語 ブログランキングへ
posted by らんち at 14:36| Comment(0) | Season1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。