2013年05月19日

1-14 The One With the Candy Hearts

1-14 ハート型キャンディの話

 ☆バレンタインの恋愛騒動☆

《セントラルパーク》
Joey: I'm telling you Ross, she wants you.
 本当だってロス! 彼女おまえに気があるって!

Ross: She barely knows me. We just live in the same building.
 ほとんど知らない人だよ。同じビルに住んでるってだけだ。

Chandler: Any contact?
 話したことは?

Ross: She lent me an egg once.
 卵を借りたことがあるよ。

Joey: You're in!
 こっちのもんだ!

Ross: Aw, right.
 あーそうかい。

Woman: Hi, Ross.
 ハーイ、ロス。

Ross: Hey.
 ハーイ。

Chandler: Come on, Ross, you gotta get back in the game here, ok? The Rachel thing's not happening, your ex-wife is a lesbian−I don't think we need a third...
 本当に、ロス、彼女探せったら。レイチェルとは何も起きない。元妻はレズビアンだ。それ以上なんかいるか?

Joey: Excuse me, could we get an egg over here, still in the shell? Thanks.
 すみません、卵もらえるかな? まだ割ってないやつ。ありがと。

(still in the shell って生卵かな?と思って調べたところ、
 全然関係ない記事を見つけてしまいました。脱線ですがこちら
 つまり、必ずしも生卵ではないのかな。
 生卵はraw egg だし。)


Ross: An egg?
 「たまご」?

Joey: Yeah, you're gonna go up to her and say, "Here's your egg back, I'm returning your egg."
 そうだよ。行って「卵だよ。君に卵を返すよ」って言うんだよ。

Chandler: I think it's winning.
 それで決まりだ。

Ross: I think it's insane.
 そんなバカな。

Chandler: She'll love it. Go with the egg, my friend.
 気に入るって。卵もって行け!(ロスは行く)

Joey: Think it'll work?
 (チャンドラーに)うまくいくと思う?

Chandler: No, it's suicide. The man's got an egg.
 まさか。自殺行為だ。卵持って行くなんて。

《セントラルパーク:モニカとフィービーが入ってくる》

Monica: You can not do this.
 そんなことしちゃダメよ。

Rachel: Do what, do what?
 何を何を?

Monica: Roger wants to take her out tomorrow night.
 ロジャーが明日の夜誘ってきたんですって。

Rachel: No! Phoebes! Don't you remember why you dumped the guy?
 ダメよフィーブス! どうして別れたか忘れたの?

Phoebe: Bceause he was creepy, and mean, and a little frightening... alright, still, it's nice to have a date on Valentine's Day!
 不気味で意地悪で、ちょっと怖くて・・・わかってるわよ。でもヴァレンタインデーだもん!

Monica: But Phoebe, you can go out with a creepy guy any night of the year. I know I do.
 でもフィービー、不気味な男となら年中デートできるわよ。・・・私はそうよ。

Rachel: Well, what are you guys doing tomorrow night?
 あなた達は明日の夜どうするの?

Joey: Actually, tomorrow night kind of depends on how tonight goes.
 実は明日の夜は今夜の出来にかかってるんだ。

Chandler: Oh, uh, listen, about tonight...
 ああ、今夜のことだけどな・・

Joey: No, no, no, don't you dare bail on me. The only reason she's going out with me is because I said I could bring a friend for her friend.
 ダメダメダメ! すっぽかしはナシだぞ。彼女がデートを承知してくれたのは、彼女の友達のために一人連れてくって約束したからなんだからな。

(bail out で「保釈する」とか「解放する」とかだけど、
 bail on は「すっぽかす」。不思議)


Chandler: Yes, I know, but her friend sounds like such a...
 わかってるよ。だけど彼女の友達って本当に・・

Joey: Pathetic mess? I know, but−come on, man, she's needy, she's vulnerable. I'm thinkin', cha-ching! Thanks. Look, you have not been out with a woman since Janice. You're doing this.
 ひどいブサイク? そうだよ。だけどな、飢えてるんだ。落ちやすい。思うんだけど「チーン(できあがり)!」(マフィンを投げつけたレイチェルに)ありがと。(チャンドラーに)ジャニス以来誰ともデートしてないだろ。これは行かなきゃダメだ。

Ross: Hi. She said yes.
 やぁ。彼女オーケーくれたよ。

Chandler: Yes! Way to go, man! Still got the egg, huh?
 やった! よかったじゃないか!(ハグすると卵の割れる音)まだ卵持ってたんだな?

《レストラン:ジョーイとチャンドラー》

Joey: How do I look?
 どう?

Chandler: Oh, uh, don't care. Ok, now, remember, no trading. You get the pretty one, I get the mess.
 そうだな・・・・知るか! わかってるよな、交換はなしだぞ。おまえがかわいい子で、俺はブサイクだ。

Lorraine: Hi, Joey. Well well, look what you brought. Very nice.
 ハーイ、ジョーイ。あらあら連れてきてくれたのね、素敵。

Chandler: ...And what did you bring?
 それで君が連れてきたのは?

Lorraine: She's checking her coat. Joey, I'm gonna go wash the cab smell off my hands. Will you get me a white Zinfandel, and a glass of red for Janice.
 今コートを預けてるわ。ジョーイ、手についたタクシーの匂いとってくるわ。私にはプリミティーヴォ頼んでおいてね。ジャニスにはグラスの赤ワインね。

Chandler: Janice? Janice?
 ジャニス? ジャニス?

Janice: Oh.... my.... God.
 オー・・マイ・・ゴーッド・・。

Chandler: Hey, it's Janice.
 おい! ジャニスだ!

《レストランのトイレ》

Chandler: Ok, I'm making a break for it, I'm going out the window.
 よし。俺は逃げる。この窓から出てく。
(make a break = 脱走する)

Joey: No, no, no, don't! I've been waiting for like, forever to go out with Lorraine. Just calm down.
 ダメダメダメだよ! ロレインとのチャンスをずーっと待ってたんだから! ちょっと冷静になってくれよ!

Chandler: Calm down? Calm down? You set me up with the woman that I've dumped twice in the last five months!
 冷静? 冷静になれだって? この5ヶ月に2回もフッた女とセッティングしやがって!

Joey: Can you stop yelling? You're making me nervous, and I can't go when I'm nervous.
 どなるのやめてくれる? 落ち着かなくて出るものも出ないよ。

Chandler: I'm sorry, I'm sorry, you're right. Come on, do it, do it, go, come on!!!
 ごめんごめん、もっともだ。(近づいて)とっとと出せ! 出せ! 出せ! 早く!

《モニカの部屋:女性3人》

Rachel: Ok, ok, Roger was creepy, but he was nothing compared to Pete Carney.
 そうね、確かにロジャーは不気味だったけど、ピート・カーニーとは比較にならないわよ。

Monica: Which one was Pete Carney?
 ピート・カーニーって誰だっけ?

Rachel: Pete the Weeper? Remember that guy who used to cry every time we had sex. "Was it good for you?"
 泣き虫ピートよ。セックスするたびに泣いた男、覚えてない? 「よかったかいぃぃ?」

Monica: Yeah, well, I'll take a little crying any day over Howard-the-"I-win"-guy. "I win! I win!" I went out with the guy for two months−I didn't get to win
once.
 ああ。そうね。でも勝ちたがりハワードよりはまだいいわよ。「俺の勝ち!」「俺の勝ち!」。2ヶ月つきあったけど、一度も勝てなかったわよ。

(take over = 引き受ける
 any day = いつでも)


Rachel: How did we end up with these jerks? We're good people!
 どうしてこんなくだらないやつらと出会っちゃうのかしら? 私たちいい人なのに。

Monica: I don't know. Maybe we're some kind of magnets.
 どうしてかしら。私たちそういうのを引き寄せる磁石なのかしらね。

Phoebe: I know I am. That's why I can't wear a digital watch.
 私はそうよ。だからデジタル時計はつけられないの。

Monica: There's more beer, right?
 まだビールあるわよね?

Phoebe: Oh! You know my friend Abby who shaves her head? She said that if you want to break the bad boyfriend cycle, you can do like a cleansing ritual.
 そうだ! 私の友達の、頭を剃ったアビー知ってるわよね? 彼女が、男の悪運を断ちたかったら、浄化の儀式をすればいいって言ってた!

Rachel: Pheebs, this woman is voluntarily bald.
 フィーブス、その人って、自分から坊主になった人よ?

Phoebe: Yeah. So, we can do it tomorrow night, you guys. It's Valentine's Day. It's perfect.
 そうよ。明日の夜みんなでやればいいじゃない? バレンタインデーだもの、完璧よ。

Monica: Ok, well, what kind of ritual?
 そうねぇ。どんな儀式?

Phoebe: Ok. We can, um, we can burn the stuff they gave us.
 えっとね、男達がくれたものを燃やす。

Rachel: Or?
 それか?

Phoebe: Or...or we can chant and dance around naked, you know, with sticks.
 それか、裸で唱えながら踊り回る。スティックを持ってね。

Monica: Burning's good.
 燃やすのでいいわ。

Rachel: Burning's good. Yeah, I got stuff to burn.
 燃やすのでいい。そうね、燃やすものあるわよ。

《レストラン:ジョーイ達のデート》

Lorraine: You know, ever since I was little, I've been able to pick up quarters with my toes.
 ねぇ、私小さい時から、コインを足で拾えるのよ。

Joey: Good for you. Uh, quarters or rolls of quarters?
 それはよかったね。(急に驚いて)あっ、バラのコインじゃなくてまとめた奴?

Janice: By the way, Chandler. I cut you out of all my pictures. So if you want, I have a bag with just your heads.
 ところでね、チャンドラー、写真からあなたの顔だけ切り取ったの。だから欲しければ、あなたの顔だけ入った袋があるわよ。

Chandler: That's OK.
 けっこうだよ。

Janice: Oh, are you sure? Really? Because you know, you could make little puppets out of them, and you could use them in your theater of cruelty.
 あらそう? 本当? だってあなた、それで操り人形作って遊べるわよ。あなたの残酷劇でね!

Joey: We can't do that.
 (ロレインに何かささやかれて)それはできないよ。

Chandler: What? What can't you do?
 なんだよ! 何ができないってんだよ!

Joey: Uh, can I talk to you for a second, over there?…..Uh, we might be leaving now.
 あー・・、あっちでちょっと話せる?(二人で席を離れて)俺たちもう行こうかな・・って。

Chandler: Tell me it's "you and me" we.
 俺たちって、おまえと俺ってことだよな?

Joey: She said she wants to slather my body with stuff and then lick it off. I'm not even sure what slathering is, but I definitely want to be a part of it.
 いや、彼女が何か俺の体に塗ってそれをなめたいって言うんだ。塗るってなんのことかわかんないけど、でも絶対それやってみたいよ。

Chandler: Ok, you can not do this to me.
 おい、俺を置いてくってことないだろ。

Joey: You're right, I'm sorry. You're right.
 そうだな、ごめん、その通りだ。

Lorraine: Can we have three chocolate mousses to go please?
 (ウェイターに)チョコレートムース3つ持ち帰りできるかしら?

Joey: I'm out of here. Here's my credit card. Dinner's on me. I'm sorry, Chandler.
 (それを聞いて)行くよ。カード渡すから。食事代は払う。ごめん、チャンドラー。

Chandler: I hope she throws up on you.
 吐きかけられろ。

Joey: Thanks.
 (二人で立ち去りながら)ありがと。

Chandler: So...
 これで・・。

Janice: Just us.
 二人きりね。

Chandler: Oh, what a crappy night!
 ああもうなんて夜だ!

Janice: Although, I have enjoyed the fact that your shirt's been sticking out of your zipper since you came back from the bathroom.
 あらでも私は楽しんでるわよ。あなたトイレから戻って以来、ファスナーからシャツが飛び出してるもん。

Chandler: Excuse me. How you doing?
 失礼。(席を離れて直す、見知らぬ人に)ごきげんいかが。

Janice: So, do we have the best friends or what?
 私たちいい友達を持ったのかしらね?

Chandler: Joey's not a friend. He's...a stupid man who left us his credit card. Another drink? Some dessert? A big screen TV?
 ジョーイは友達じゃない。やつは・・・クレジットカードを置いてったバカだ。飲み物追加? デザート? 大型TV買う?

Janice: I will go for that drink.
 飲み物にするわ。

Chandler: You got it. Good woman! Could we get a bottle of your most overpriced champagne?
 わかった。そこの美人さん!(振り返ると男だったけど)一番高いシャンパン持ってきてくれる?

(余談:2004年に、"Good woman" という映画が
 邦題では『理想の女』となっています)


Janice: Each.
 ひとつずつね。

Chandler: That's right, each. Oh, and a Rob Roy. I've always wanted to know...
 その通り。それからロブロイね。(ジャニスに)一度試してみたかったんだ。

Janice: Happy Valentine's Day!
 (翌朝チャンドラーのベッドで)ハッピーバレンタインデー!

《廊下:ジャニスが出てくる》

Janice: Oh, I miss you already. Can you believe this happened?
 もう寂しいわ。こんなことになるなんて信じられる?

Chandler: No... no! And yet it did. Good-bye, Janice.
 いや、いや! でもそうなっちゃった。じゃあねジャニス。 

Janice: Kiss me!
 キスして!

Monica: Oh, Chandler, sorry…… Ohhh, Chandler, sorry! Hey, Janice.
 (キスを見て)あら、チャンドラー、失礼。(ジャニスだとわかって)あーらチャンドラー失礼! ハーイ、ジャニス!

Janice: Hi, Monica.
 ハァーイモニカぁ!

Chandler: Ok, well, this was very special.
 はいはい、これはまた特別なことで。

Monica: Rach, come see who's out here!
 レイチ! 誰がいるか見に来て!

Rachel: Oh my god. Janice, hi!
 あらまぁまぁ、ジャニス! ハーイ!

Chandler: Janice is gonna go away now.
 ジャニスはもう帰るところだ。

Monica: I'll be right back.
 すぐ戻るわ。

(ジョーイが帰ってくる)
Rachel: Oh, Joey, look who it is.
 ジョーイ! 見て!

Joey: Whoa.
 うわ!

Chandler: Oh, good, Joey's home now.
 よかった、ジョーイが帰ってきたよ。

Janice: This is so much fun. This is like a reunion in the hall.
 もうめっちゃ楽しい! 廊下でみんな再会ね!

Monica: Oh, hi, Ross. Yeah. There's someone I want you to say hi to. He just happened to call.
 (電話を手に戻ってきて)ハーイ、ロス! 誰かさんに挨拶したらどうかと思って(電話をジャニスに渡し、チャンドラーに)たまたまかかったきたのよ。

Janice: Hi, Ross. Yes, it's me. How did you know?
 ハーイ、ロス! そうよ。あたし。なんでわかったのぉ?

《レストラン・ロスのデート》

Ross: I'm just saying if dogs do experience jet lag, then, because of the whole seven dog years to one human year thing, then, when a dog flies from New York to Los Angeles, he doesn't just lose three hours, he loses like a week and a half.
 だから言いたいのは、もし犬が時差を体験したらだよ、人にとっての1年が犬には7年っていうんだから、ニューヨークからロサンゼルスまで飛んだ場合、3時間じゃなくて、10日間ぐらい失うってことだよ。(なんで?)

Kristin: That's funny. Who are they?
 おもしろいわね。(キャロルとスーザンが入ってきたので驚いているロスに)どなた?

Ross: The blond woman is my ex-wife, and the woman touching her is her close, personal friend.
 ブロンドの女性は僕の元妻で、元妻に触れてる女性は、えー・・彼女の親しい個人的友人。

Kristin: You mean they're lovers.
 つまり恋人ってことね。

Ross: If you wanna put a label on it.
 そういう表現もあるね。

Kristin: Wow, uh, anything else I should know?
 わぁ。それで、他に知っておくことある?

Ross: Nope, nope, that's it…. Oh, and she's pregnant with my baby. I always forget that part. Hello!
 いや、ない。それだけだよ。(キャロルが立ち上がって大きいおなかが見えたので)あっ、それから彼女は今僕の子を妊娠中。いつもそれ言うのを忘れるんだよ。(二人に向かって)ハーイ!

《モニカの部屋:女性3人》

Phoebe: Ok, so now we need sage branches and the sacramental wine.
 (儀式のやり方を書いたメモを見て)はい、それじゃ次に必要なのは・・セージの枝と、聖典用ワインよ。

Monica: All I have is, is oregano and a Fresca.
 オレガノとフレスカしかないわよ。

フレスカはコカコーラ社のソフトドリンク)

Phoebe: Um, that's ok! Ok. All right. Now we need the semen of a righteous man.
 うーんと、それでいいわよ!(火に投げ入れる)そんじゃ次に要るのは、理想の男の精液!

Rachel: Ok, Pheebs, you know what, if we had that, we wouldn't be doing the ritual in the first place.
 ねぇフィーブス、いい? もしそんなものがあるなら、最初からこんな儀式してないっての!

Monica: Can we just start throwing things in?
 もう焼くもの投げ入れていいんじゃない?

Phoebe: Ok, yeah, ok. Oh, OK.
 そうね、そうしましょ(儀式のメモを投げ入れる)よしよし。

Rachel: Ok, Barry's letters. Adam Ritter's boxer shorts.
 オーケー、バリーの手紙でしょ、アダム・リターのボクサーショーツ・・。

Phoebe: Ok, and I have the receipt for my dinner with Nokululu Oon Ah Ah.
 オーケー、私は・・ノコルル・ウン・ア・アとのディナーのレシート。

Monica: Look, here's a picture of Scotty Jared naked.
 見て。スコッティ・ジャレッドの裸の写真よ。

Rachel: Let me see. ...Hey he's wearing a sweater.
 見せて! あら、セーター着てるじゃない。

Monica: No.
 いいえ。

Rachel and Phoebe: Eww!
 うわー!

Rachel: And here we have the last of Paulo's grappa.
 じゃあ、パウロのグラッパの残りね。

Monica: Hey, Rachel, isn't that stuff almost pure...
 ちょっとレイチェル、それほとんどアルコールじゃ・・(炎が燃え上がる)

《セントラルパーク:ジョーイとチャンドラー》

Chandler: How can I dump this woman on Valentine's day?
 バレンタインデーに振るなんてありか?

Joey: I don't know. You dumped her on New Year's.
 知るか。おまえニューイヤーにも振ったじゃん。

Chandler: Oh, man. In my next life, I'm coming back as a toilet brush.
 ああもう。次に生まれ変わったら俺トイレのブラシだ。

Janice: Hello, funny Valentine.
 ハーイ! 愛しのバレンタイン!

(My funny valentine という曲がありますが、
 そこでここでの訳は「愉快な」恋人か
 愛する人を思う歌という印象か・・って考えると、
 次にチャンドラーが愛を打ち消す感じに just と
 言ってるので、「愛しの」にしました)


Chandler: Hi, Just Janice.
 ハーイ、ただのジャニス。

Janice: Hello, Joey, our little matchmaker. I could just kiss you all over, and I'm gonna!
 ハーイ、ジョーイ! 私たちのキューピッド! キスしまくりたいわ! してやる!

Joey: If you don't do it, I will.
 (キスされて、チャンドラーに)おまえがやらないなら俺がやる。

《ロス達のレストラン》

Ross: So, um, what do you do for a living?
 それで・・・仕事は何を?

Kristin: Well, um, for the past few years I've been working..
 そうね、この数年の仕事は・・(ロスは聞いてない)

Carol: Oh no. I thought you said they could shoot the spot without you.
 そんな。あなたなしでも撮影できるって言ったじゃない。

Susan: I thought they could.
 できると思ったんだけど・・

Kristin: ...working with children, which is really fulfilling.
 子供達と関わってるの。本当に満足できることよ。

Susan: I'll try to get back as soon as I can. I'm sorry.
 できるだけ早く戻ってくるわ、ごめんね。

Kristin: So I'm spending most of my time teaching science which is funny because, that wasn't even my major.
 それで子供達に科学を教えてるの。だけどおかしなことに、私、科学専攻じゃないのによ。

Ross: Now that is funny. Hey, do you think...would it be too weird if I invited Carol over to join us? Because she's, she's alone now, and pregnant, and, and sad.
 (キャロル達に気をとられて聞いていなかったが)それはおかしいね。ねぇ、キャロルをここへ呼んだら変かな? 彼女一人になっちゃたし、妊娠中なのに・・・悲しそうで・・

Kristin: I guess.
 いいんじゃない?

Ross: Are you sure? Great. Carol? Wanna come over and join us?
 ほんと? よかった! キャロル? こっちにきて一緒にどう?

Carol: Oh, no no no. I'm fine. I'm fine.
 あら、いいのいいの。私は大丈夫よ。大丈夫。

Ross: Come on. These people'll scooch down. You guys'll scooch, won't you? Let's try scooching! Come on. Come on. Uh, Kristen Riggs, this is Carol Willick. Carol, Kristin. Uh, Carol teaches sixth grade. And, Kristin, Kristin.....does something that, funnily enough, wasn't even her major!
 いいじゃないか。この人達ずれてくれるよ。君たち席ずらしてくれるよね? ほら、ずらそうよ! ね! じゃ、クリスティン・リグス。こちらキャロル・ウィリック。キャロル、こちらクリスティン。キャロルは6年生を教えてる。クリスティンは・・・クリスティンは・・仕事してる。おかしなことに、それが専攻じゃない!!

《モニカの部屋:消防士が小火をおさめたところ》

Fireman 1: What do we got there?
 何があるんだ?

Fireman 2: A piece of something: boxer shorts, greeting cards, and what looks like a half-charred picture−Wow, that guy's hairier than the Chief!
 何かの端切れだな・・ボクサーショーツ、グリーティングカード。半分焼けた写真かな? うわ! こいつチーフより毛深いぞ!

Monica: You know, it's a really funny story how this happened.
 えっと、こうなっちゃったのは本当におかしな話で・・

Fireman 3: It's all right. It's all right. You don't have to explain. This isn't the first boyfriend bonfire that we've seen get out of control.
 いいんだよ。説明しなくてもいいよ。彼氏との思い出を焼いてて騒ぎになったのはここが初めてじゃないんだ。

Fireman 1: You're our third call tonight.
 今夜はここで3件目だよ。

Rachel: Really?
 ほんと?

Fireman 2: Oh, sure, Valentine's is our busiest night of the year.
 そうさ。バレンタインは一年で一番忙しい日なんだ。

《セントラルパーク》

Janice: I brought you something.
 渡すものがあるのよ。

Chandler: Is it loaded? Oh, little candy hearts. "Chan and Jan Forever".
 充填してある? ああ。かわいいハート型のキャンデーね。『チャンとジャン永遠に』

Janice: I had them made special.
 特注よ。

Chandler: Ok, Janice. Janice. Hey, Janice. Look, there's no way for me to tell you this. At least there's no new way for me to tell you this. I just don't things are gonna work out.
 よーしジャニス、ジャニス。ねぇジャニス。いい? どう言ったらいいかわからないんだけど、少なくとも、新しい言い方が見つからないけど、とにかく、僕らはうまくいかないと思う。

Janice: That's fine.
 いいのよ。

Chandler: It is?
 いいの?

Janice: Mmm-hmm. Because I know that this isn't the end.
 ええ。だってこれでおしまいじゃないってわかってるもの。

Chandler: Oh no, you see, actually it is.
 いやいや、違うよ。おしまいだ。

Janice: No, it isn't, because you won't let that happen. Don't you know it yet? You love me, Chandler Bing.
 いいえ。違うわ。だってあなたがおしまいにしないんだもの。まだわからない? あなた私を愛してるのよ、チャンドラー・ビング。

Chandler: Oh, no I don't.
 いや、違う。それは違う。

Janice: Well then ask yourself this. Why do you think we keep ending up together? New Year's? Who invited who? Valentine's? Who asked who into whose bed?
 じゃ自分に聞いてごらんなさいよ。どうしていつも一緒になっちゃうの? ニューイヤーに誰が誰を呼んだ?バレンタインは?誰が誰をベッドに誘ったかしら?

Chandler: I did, but...
 俺だけど、でも・・

Janice: You seek me out. Something deep in your soul calls out to me like a foghorn. Janice, Janice! You want me. You need me. You can't live without me. And you know it. You just don't know you know it. See you.
 あなた私を見つけだしちゃうのよ。あなたの魂の底で私を求めているのよ。汽笛みたいに、ジャーニース! ジャーニース! ってね。あなた私が必要なのよ。わかってるはずよ。ただあなたわかってるってことをわかったないのよ。じゃあね。

Chandler: Call me!
 電話して!

《ロス達のレストラン》

Carol: It's not true. I never called your mother a wolverine.
 そんなのウソよ! 私あなたのおかあさまのことクズリなんて言ってないわよ!

(wolverine = クズリ

Ross: You did so. I swear, I swear−. How long has she been in the bathroom?
 いや、言ったよ。ほんと確かだよ。・・・彼女いつからバスルームに行ってる?

Carol: Uh, I don't think she's in the bathroom. Her coat is gone.
 あ・・もうバスルームにいないと思うわ。コートがないもの。

Ross: Well maybe it's cold in there. Or maybe I screwed up the first date I had in 9 years.
 それじゃバスルームが寒いのかな・・・それか9年ぶりのデートをふいにしちゃったのかなぁ。

Carol: That could be it.
 そうかもね。

Ross: Oh, god. (He puts his head down on the grill) You know, this is still pretty hot.
 ああもう。(テーブルに頭を伏せたが、起き上がるとおでこにマッシュルーム)ねぇ、これまだすごく熱かった。

Carol: Mushroom. Smile. They won't all be like this. Some women might even stay through dinner. Sorry, that's not funny
 マッシュルームよ。笑って。次はうまくいくわよ。ディナーの最後までいてくれる人もいるわ。ごめん。笑い事じゃないわね。

Ross: No, it's just...you know the whole "getting on with your life" thing. Well, do I have to? I mean, I'm sitting here with this cute woman, and, and, and she's perfectly nice, you know. But there's, that's it. And….and then I'm here talking to you, and, and it's easy, and it's fun, and, and I don't, I don't have to...You know… Here's a wacky thought. What's say you and I give it another shot? No no no, I know what you're gonna say, you're a lesbian. But what do you say we just put that aside for now you know? Let's just stick a pin in it, ok? Because, we're great together, you know. You can't deny it. Besides, you're carrying my baby. I mean, how perfect is that? But see, you know, you keep saying that, but there's something right here. I love you.
 いや・・・。「人生を先へ進んでいく」ってやつだけど。それやらなきゃダメ? つまり・・・ここでかわいい女性と座っていて、完璧に優しくてだよ。でも、そこまでなんだよ。それで・・君と話していると・・・すると気が休まるし・・楽しい。ああしなきゃとかってこともなくて・・。突飛な思いつきだけど、もう一度やり直してみない? いやいやいや、わかってるよ。君はレズビアンって言いたいんだろ。でも、それをちょっと横へ置いておいて、今だけ、ね、そしてピンで止めておいたら? だって、僕ら二人すごくいい感じじゃないか? それは否定できないだろ? それに、僕の子を妊娠してるんだ。やり直すのが一番じゃない? ほら、君はそれを言い続けるけど、一つ言いたいんだ、愛してる。

Carol: Oh, I love you too. But...
 ああ、私も愛してるわ、ロス。でも・・

Ross: No but, no but.
 「でも」はなし、「でも」なし。

Carol: You know that thing you put over here with the pin in it? It's time to take the pin out. You'll find someone, I know you will. The right woman is just waiting for you.
 あなたが横へ置いてピンを刺したそれだけど・・・ピンを外す時よ。あなたも誰かに出会えるわ。絶対よ。あなたに合った人が待ってるわよ。

Ross: It's easy for you to say, you found one already.
 そう言うのは君には簡単だよ、もう見つけたんだからね。

Carol: All you need is a woman who likes men and you'll be set….. Not her.
 男性を愛せる女性さえ見つければ、それで・・(ロスが通りすがりの女性に目をやるのを見て)彼女はダメよ。

《モニカの部屋》

Fireman 3: We get off around midnight, why don't we pick you up then?
 夜中頃に勤務が明けるから、それから迎えにこようか?

Rachel: So will you bring the truck?
 消防車で来る?

Fireman 3: I'll even let you ring the bell.
 ベルを鳴らさせてあげるよ。

Everyone: Bye. Bye. See you later. See you.
 バイバイ。また後で。じゃあね。

Rachel: Oh, my god.
 あーもう最高。

Phoebe: See, there you go, the cleansing works!
 ね、さっそくよ。浄化が効いてるのよ!

Monica: You're right! They're nice guys.
 その通りね! いい人達だわ。

Rachel: Oh, they're firemen guys.
 それに消防士よ!

《モニカの部屋の外》
Fireman 1: You guys tell them you were married?
 結婚してるって言ったのか?

Fireman 2: No way!
 まさか!

Fireman 3: Are you kidding? My girlfriend doesn't know, I'm not gonna tell them!
 冗談だろ! 俺のガールフレンドも知らないことだぞ。彼女らに言うか。


*:..。o○☆ *:..。o○☆ 本日の脱線 *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:.

 ロスの長いセリフの中で使われた言葉 ”wachky thought"
 wacky といえば Wacky races、チキチキマシン猛レース

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村


英語 ブログランキングへ
posted by らんち at 16:40| Comment(0) | Season1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。