2013年05月18日

1-13 The One With the Boobies

1-13 おっぱいの話

 ☆目には目を、歯には歯を☆

《モニカの部屋:チャンドラー一人のところへレイチェルがバスタオルだけでくる》

Rachel: That is it! You just barge in here, you don't knock?
 これまでよ! ノックもなしに勝手に入ってきて!

(barge in = 乱入する・押し入る)

Chandler: I'm sorry!
 ごめん!

Rachel: You have no respect for anybody's privacy!
 他人のプライバシーをどう思ってるのよ!

Chandler: Rachel, wait, wait.
 レイチェル、待って、待って!

Rachel: No, you wait! This is ridiculous!
 いやよ! こんなバカげたことないわ!

Chandler: Can I just say one thing?
 一言だけ言っていい?

Rachel: What? What?!
 なに? なによ!

Chandler: That's a relatively open weave and I can still see your... nipplar area.
 それ編み目が粗いから・・まだおっぱいが見える。

Rachel: Oh!!
 きゃー!

《セントラルパーク:フィービーのボーイフレンドがいる》

Phoebe: Oh, honey, honey, tell them the story about your patient who thinks things are, like, other things. You know? Like, the phone rings and she takes a shower.
 ねぇねぇ、あの患者さんの話して。あの話。電話が鳴るとシャワー浴びにいく人。

Roger: That's pretty much it.
 それで全部だよ。

Phoebe: Oops!
 あら。

Roger: But you tell it really well, sweetie.
 でも上手に話してくれたよ、きみ。

Phoebe: Thanks. Okay, now go away so we can talk about you.
 ありがと。じゃああっち行ってくれる? あなたの話をしたいから。

Roger: Okay. I'll miss you.
 わかった。離れたくないよ。

Phoebe: Isn't he great?
 彼いいでしょ?

Rachel: He's so cute! And he seems to like you so much.
 カワイイわね! それにあなたのこと大好きね。

Phoebe: I know, I know. So sweet... and so complicated. And for a shrink, he's not too shrinky, you know?
 そうなの。そうなのよ。すごく優しいし・・繊細なの。分析医にしては分析屋じゃないしね。

Monica: So, you think you'll do it on his couch?
 それで、彼のカウチでしちゃうの?

Phoebe: Oh, I don't know, I don't know. I think that's a little weird, you know? It's vinyl.
 ああそれはどうかな。ちょっと変だと思うの。ビニールだし。

Rachel: Okay. Any of you guys want anything else?
 さて。何か注文ある?

Chandler: Oh, yes, could I have one of those.
 ああ、あれが一つ欲しいな(指差す)。

Rachel: No, I'm sorry, we're all out of those. Anybody else?
 ごめん、それは売り切れ。他に誰か?

Chandler: Okay.
 わかったよ。

Roger: Did I, uh, did I miss something?
 何かあった?

Chandler: No, she's still upset because I saw her boobies.
 別に。ただ俺が彼女のおっぱい見たから怒ってるんだ。

Ross: You what? Wh what were you doing seeing her boobies?
 なんだって? どうしておっぱいを見たんだ?

Chandler: It was an accident. Not like I was across the street with a telescope and a box of donuts.
 偶然だよ。道路の向かいでドーナツ持って双眼鏡で覗いてたわけじゃない。

Rachel: Okay, okay, could we change the subject, please?
 もういいもういい。話題を変えてくれない?

Phoebe: Yeah, 'cause hello, these are not her boobies, these are her breasts.
 そうよ。いい? おっぱいじゃなくて、胸って言ってくれる?

Rachel: Okay, Pheebs, I was hoping for more of a change.
 ね、フィーブス、全然違う話にしてほしいんだけど。

Chandler: You know, I don't know why you're so embarrassed, they were very nice boobies.
 だけどね、恥ずかしいことじゃないじゃん。いいおっぱいだし。

Rachel: Nice? They were nice. I mean, that's it? I mean, mittens are nice.
 「いい」? それだけ? この手袋いいね、ぐらいなもの?

Chandler: Okay, rock, hard place, me.
 ああ。板・挟・み。

Roger: You're so funny! He's really funny! I wouldn't wanna be there when when the laughter stops.
 君って愉快だね。本当におもしろい。笑ってない時は近寄りたくないよね。

Chandler: Whoah whoah, back up there, Sparky. What'd you mean by that?
 おいおい。ちょっと待ておしゃべり君。それどういう意味?

(sparky = 元気な人・・この場合元気というよりよくしゃべる
 (頼んでもいないのに)ので「おしゃべり君」にしてみた)


Roger: Oh, just seems as though that maybe you have intimacy issues. You know, that you use your humour as a way of keeping people at a distance.
 ああ、対人関係でトラブルがありそうに見えてね。ユーモアで人を遠ざけてるでしょ。

Chandler: Huh.
 ほぉ。

Roger: I mean hey! I just met you, I don't know you from Adam. ...Only child, right? Parents divorced before you hit puberty.
 けどね、まだ会ったばかりだ。全然知らないんだ。・・・一人っ子だろ? 両親は幼い頃に離婚している。

(not know from Adam = 全く面識がない)

Chandler: Uh-huh, how did you know that?
 そう、それがどうしてわかる?

Roger: It's textbook.
 典型的だもの。

(ジョーイが父親と一緒にくる)
Joey: Hey you guys. Hey, you all know my dad, right?
 やぁみんな。うちのおやじ知ってるよな?

All: Hey! Hey, Mr. Trib!
 ハーイ! こんにちはトリブさん。

Monica: Hey, how long are you in the city?
 こんにちは。いつまでこっちにいらっしゃるの?

Mr. Tribbiani: Just for a couple days. I got a job midtown. I figure I'm better off staying with the kid than hauling my ass back and forth on the ferry. I don't know this one.
 2日間だけだよ。仕事でね。フェリーで行ったり来たりするより、息子んところに泊まったらいいと思ってね。(ロジャーを見て)この人は知らないな。

Phoebe: Oh, this is my friend Roger.
 私の友達のロジャーよ。

Roger: Hi.
 どうも。

Mr. Tribbiani: Hey, hey. Good to meet you, Roger.
 どうも。初めまして、ロジャー。

Roger: You too, sir.
 初めまして。

Mr. Tribbiani: What happened to the puppet guy?
 (フィービーに)あのパペットの人はどうなったの?

Joey: Dad, dad.
 おやじ!(止める)

Mr. Tribbiani: Oh, excuse me. So Ross, uh, how's the wife? 0 for two, huh? Chandler, quick, say something funny!
 ああ、失敬。それじゃロス、奥さん元気? ・・(これも触れてはならないとわかり)2連敗だな。チャンドラー、何かおもしろいこと言ってくれ!

《チャンドラー達の部屋》

Mr. Tribbiani: Gotta go. I miss you too, I love you, but it's getting real late now..
 もう切るよ。俺も会いたいよ。愛してる。でももう遅いしな。

Joey: Let me say hi. Hey, Ma. Listen, I made the appointment with Dr. Bazida, and... Excuse me? Did you know this isn't Ma?
 (電話を横取りして)話させて。おふくろ!バジーダ先生の予約取って・・・もしもし? (父に)これおふくろじゃないって知ってた?

《時間経過》

Mr. Tribbiani: Her name's Ronni. She's a pet mortician.
 ロニーっていうんだ。ペットの葬儀屋でね。

Joey: Sure. So how long you been...
 あっそう。それでいつから・・?

Mr. Tribbiani: Remember when you were a little kid, I used to take you to the navy yard and show you the big ships?
 おまえが小さかった頃、海軍基地へ一緒にいって、大きな船を見たよな。

Joey: Since then?!
 あの頃から?!

Mr. Tribbiani: No, it's only been six years. I just wanted to put a nice memory in your head so you'd know that I wasn't always such a terrible guy. ...Joe. Have you ever been in love?
 違う、6年だけだよ。俺のいいところを思い出してほしかったんだよ。ずっと悪いやつなわけじゃないってこと。・・・・・ジョー、女性を愛したことあるか?

Joey: ...I don't know.
 わかんないよ。

Mr. Tribbiani: Then you haven't. You're burning your tomatoes.
 じゃあ、ないってことだ。トマトが焦げるぞ。

Joey: You're one to talk.
 誰のせいだよ。

It means you are guilty of doing exactly what you are complaining about. )


Mr. Tribbiani: Joe, your dad's in love big time. And the worst part of it is, it's with two different women.
 ジョー、俺はただ二人いっぺんに愛してるんだよ。

Joey: Oh man. Please tell me one of them is Ma.
 かんべんしてくれ。二人のうち一人はおふくろなんだろうな?

Mr. Tribbiani: Of course, course one of them's Ma. What's the matter with you?
 もちろん一人はかあさんだ。どうしたってんだ?

《モニカの部屋》
Joey: It's like if you woke up one day and found out your dad was leading this double life. He's like actually some spy, working for the C.I.A. That'd be cool.... This blows!
 ある日気づいてみたら、おやじはふたつの世界を持ってたって感じだよ。スパイみたいな・・CIAで働いてるみたいな・・・それかっこいいな。(考え直し)もう最低!

Rachel: I know, I mean, why can't parents just stay parents, you know? Why do they have to become people? Why do they have... Why can't you stop staring at my breasts?
 わかるわ。なんで親って親のままでいてくれないのかしらね? なんで、ただの「人」になっちゃうの? なんで・・・なんであなた私の胸から目をそらせないの?

Chandler: What? What?
 なに? なに?

Rachel: Did you not get a good enough look the other day?
 こないだ見ただけでは十分じゃなかった?

Ross: Alright, alright. We're all adults here, there's only one way to resolve this. Since you saw her boobies, I think you're gonna have to show her your peepee.
 よしわかった。みんなオトナなんだ。解決策はひとつ。おまえが彼女のおっぱいを見たんだから、おまえはアレを見せなきゃな。

Chandler: You know, I don't see that happening?
 うーん、そう来るとは思わなかったよ。

Rachel: Come on, he's right. Tit for tat.
 いいじゃない。その通りだわ。目には目をよ。

Chandler: Well I'm not showing you my 'tat.'
 でも俺のはお目にかけないよ。

Monica: Hello?
(ブザーに応えて)はい?

Phoebe: It's Phoebe.
(インターホン)フィービーよ。

Roger: (Intercom) And Rog.
(インターホン)ロッジだ。

Monica: Come on up.
 あがってきて。

Chandler: Oh, good. Rog is here.
 よかったね。ロッジがきた。

Joey: What's the matter with Rog?
 ロッジがどうした?

Ross: Yeah.
 そうだよ。

Chandler: Oh, it's nothing, it's a little thing... I hate that guy.
 別に。たいしたことじゃないよ。ただ、キライなんだ。

Ross: What, so he was a little analytical. That's what he does, you know? Come on, he's not that bad.
 なに? そりゃ確かに分析癖はあるけど、仕事なんだから。な?そんなひどくないよ。

《時間経過》
Ross: You see, that's where you're wrong. Why would I marry her if I thought on any level that she was a lesbian?
 だからそこが間違ってるんだよ。僕がなんで彼女がレズビアンだとわかっていて結婚するんだよ?

Roger: I don't know. Maybe you wanted your marriage to fail.
 知らないよ。結婚を失敗したかったのかもね。

Ross: Why? Why would I why? Why? Why? Why?
 なんで? いったいなぜ? なんでなんでなんで?

Roger: I don't know. Maybe maybe low self-esteem, maybe, maybe to compensate for overshadowing a sibling, maybe you...
 知らないよ。もしかしたら・・自尊心が低いか、兄弟の問題の埋め合わせをしようとしているか・・

Monica: Wait-wait, go back to that sibling thing.
 待って待って。兄弟の問題って何よ。

Roger: Well, I don't know. I mean, it's conceivable that you wanted to sabotage your marriage so that the sibling would feel less of a failure in the eyes of the parents.
 いや、わかんないけど、考えられるのは、君が結婚に失敗すれば、両親の目には妹の落ち度が少し目立たなくなるとか。

Ross: That that's ridiculous! I don't feel guilty for her failures!
 そんなバカな! 僕は妹の出来の悪さに責任を感じてなんかいない!

Monica: Oh! So you think I'm a failure!
 ああそうなの! 私の出来が悪いと思ってるのね!

Phoebe: Isn't he good?
 彼優秀でしょ?

Ross: Yeah… Nonono, that's not what I was saying...
 ああ、いやいや違う、僕が言ってるのはそうじゃなくて・・

Monica: You know, all these years, I thought you were on my side. But maybe what you were doing was sucking up to Mom and Dad so they'd keep liking you better!
 ねぇ、これまで、にいさんは私の見方だと思ってたわ。でも本当はママとパパのご機嫌をとって私より好かれようとしていたのね!

Ross: Hey, I married a lesbian to make you look good!
 おい! 僕はおまえがよく見えるようにレズビアンと結婚したんだぞ!

《時間経過》

Rachel: You're right! I mean you're right! It wasn't just the Weebles, but it was the Weeble Play Palace, and and the Weebles' Cruise Ship. Oh, which had this little lifeboat for the Weebles to wobble in.
 その通りよ。その通りだわ。ウィーブルだけじゃないのよ。ウィーブルのお城もあったし、クルーザーもよ。それにはウィーブル用のライフボートもついてるの。

(ウィーブルはこちら
 ウィーブルとは起き上がりこぼし様のもの→こちら
 こちら↓ウィーブルのCM。
 結局何を取り乱しているのかはわからないが、
 そこがレイチェルってことですね)



Roger: That's tough. Tough stuff. Come on, Pheebs, we're gonna catch that movie, we gotta get going.
 キツい。つらかったね。行こうフィービー、映画に遅れるよ。行かなきゃ。

Phoebe: Oh, okay. Feel better, Rachel, okay?
 あら、わかったわ。レイチェル元気出してね。

Roger: Geez, we're gonna be late, sweetie...
 ああ、遅れちゃうよ・・

Phoebe: Oh, okay. Listen, thanks for everything, Mon.
 わかった。ね、いろいろありがとね、モン。

Monica: You're welcome.
 いいのよ。

Roger: Listen guys, it was great seeing you again. Mon, um, easy on those cookies, okay? Remember, they're just food, they're not love.
 みんな、また会えてよかったよ。モン、クッキーほどほどにね。いい? それは食べ物だよ。愛じゃない。

Monica: Hate that guy!
(出ていったドアにクッキーを投げつけ)あいつキライ!

《廊下》

Joey: Night, you guys.
 おやすみ、みんな。

Chandler: Oh look, it's the woman we ordered.
(女性を見て)おい、注文しておいた女性が来てるぞ。

Joey: Hey. Can... can we help you?
 あー・・・何かご用?

Ronni: Oh, no thanks, I'm just waiting for, uh, Joey Tribbiani.
 あ、いえいえ、いいの。私はジョーイ・トリビアーニを待ってるの。

Joey: I'm Joey Tribbiani.
 僕がジョーイ・トリビアーニだけど。

Ronni: Oh no, not you, big Joey. Oh my God, you're so much cuter than your pictures! I'm, I'm Ronni....Cheese Nip?
 いえいえ、違うわ。太った子よ。まぁ! あなた写真よりずっと素敵じゃないの。あ、私はロニー。・・・チーズニップ食べる?

Chandler: Uh, Joey's having an embolism, but I'd go for a Nip, you know?
 あー・・。ジョーイは固まっちゃったんで・・・僕がいただきますよ。

(embolism = 塞栓症・・血栓によって血流が遮断される。
 ジョーイの動きが止まったのを血流の遮断と表現していると
 思われ・・病的な言葉「麻痺」などでもいいかも)


《チャンドラー達の部屋》

Ronni: Now, you see, most people, when their pets pass on, they want them sorta laid out like they're sleeping. But occasionally you get your person who wants them in a pose. Like, chasing their tail, or jumping to catch a frisbee.
 それでね、普通の人は、ペットが亡くなったとき眠ってるように寝かせてほしがるものなんだけど、たまには、ポーズを取らせたがる人がいるのよ。たとえば、しっぽをおっかけてる格好とか、フリスビーをキャッチしたところとかね。

Chandler: Joey, if I go first, I wanna be looking for my keys.
 ジョーイ、もし俺が先にいったら、鍵をさがしてるポーズにしてくれ。

Ronni: That's a good one!
 それはいいわね!

(ジョーイの父くる)
Mr. Tribbiani: Hey, Joe.
 やぁ、ジョー。

Joey: Dad, Ronni's here.
 おやじ、ロニーが来てる。

Mr. Tribbiani: Huh?
 なに?

Ronni: Hi.
 ハーイ。

Mr. Tribbiani: Hey! Hello, babe! What're, what're you doing here?
 やぁ、ベイビー。あー・・ここで何を・・

Ronni: Oh, uh, well, you left your good hair at my apartment, I figured you'd need it tomorrow for your meeting.
 ええ、あの・・あなたかつらを忘れていったのよ。明日のミーティングでいるかと思って。

Mr. Tribbiani: Thank you. Uh...
 ありがとう。それじゃ・・

Chandler: So, who's up for a big game of Kerplunk?
 そんじゃ、誰かゲームする?

Ronni: Look, I uh, I shouldn't have come. I'd better get going, I don't wanna miss the last train.
 あの・・。私来ちゃいけなかったわね。もう行くわね、最終電車乗り遅れちゃうわ。

Mr. Tribbiani: I don't want you taking that thing.
 それはよくないよ。

Ronni: Oh, where am I gonna stay, here?
 あらそれじゃどうするの? ここに泊まる?

Joey: Who-ah-ho.
 おいおい。

Mr. Tribbiani: We'll go to a hotel.
 二人でホテルへ行こう。

Ronni: We'll go to a hotel.
 ホテルへ行くのね。

Joey: No you won't.
 いやそれはダメ。

Ronni: No we won't.
 それはダメね。

Joey: If you go to a hotel you'll be...doing stuff. I want you right here where I can keep an eye on you.
 ホテルへ行けば二人で・・するだろ。ここにいるんだ。俺が見張っとく。

Mr. Tribbiani: You're gonna keep an eye on us?
 おまえが俺たちを見張る?

Joey: That's right, mister, and I don't care how old you are, as long as you're under my roof you're gonna live by my rules. And that means no sleeping with your girlfriend.
 その通り。いくら年上だろうと、俺の屋根の下にいるからには、俺のルールでいってもらう。つまり、彼女と寝るのはナシだ。

Ronni: Wow. He's strict.
 ワオ。厳しいのね。

Joey: Now dad, you'll be in my room, Ronni, you can stay in Chandler's room.
 さあ、おやじは俺の部屋、ロニー、あなたはチャンドラーの部屋で泊まってって。

Ronni: Thanks. You're, uh, you're a good kid.
 ありがと。いい子ね。

Chandler: Come on, I'll show you to my room. ...That sounds so weird when it's not followed by "No thanks, it's late."
 こっちですよ。僕の部屋案内します。・・・変なの。「もう遅いから結構よ」って言われないなんて。

Joey: Okay. Now this is just for tonight. Starting tomorrow, you gotta make a change. Six years is long enough.
 さて。これは今夜限りのことだ。明日からもうおしまいだ。6年もありゃ十分だ。

Mr. Tribbiani: What kind of change?
 何がおしまいなんだ。

Joey: Well, either you break it off with Ronni
 ロニーと別れるか。

Mr. Tribbiani: I can't do that!
 それはできない!

Joey: Then you gotta come clean with Ma! This is not right!
 それじゃおふくろときっちりカタをつけろ。こんなの間違ってる!

Mr. Tribbiani: Yeah, but this is...
 ああ。でもな・・

Joey: I don't wanna hear it! Now go to my room!
 聞きたくない! 俺の部屋に行け!

《チャンドラーとジョーイがソファベッドで寝ている》

Chandler: Hey, Kickie. What're you doing?
 おい蹴飛ばし屋! 何やってんだよ!

Joey: Just trying to get comfortable. I can't sleep in my underwear.
 寝にくいんだよ。下着つけてちゃ眠れないよ。

Chandler: Well, you're gonna.
 いや、それで寝てもらうぞ。

Joey: I've been thinking. You know, about how I'm always seeing girls on top of girls...
 考えたんだけど・・俺っていつも次々に女の子とつきあってるだろ。

(on top of-- = その上)

Chandler: Are they end to end, or tall like pancakes?
 次々にって横並び? それとも積み上げてんの?

Joey: You know what I mean, about how I'm always going out with all these women. And I always figured, when the right one comes along, I'd be able to be a stand-up guy and go the distance, you know? Now I'm looking at my dad, thinking...
 わかるだろ、いつも女の子達と出歩いてるってこと。それでもいつか理想の彼女に出会ったら、堂々とした男になってそいとげるのかなぁって思ってたんだ。わかるだろ? それがおやじを見たら・・

(stand-up = 正々堂々とした)
(go the distance = 最後までやりぬく)


Chandler: Hey, you're not him. You're you. When they were all over you to go into your father's pipe-fitting business, did you cave?
 おい、おまえはおやじさんじゃないだろ。おまえはおまえだ。おやじさんのパイプ業のあとをつぐように言われてもくじけなかっただろ?


Joey: No.
 ああ。

Chandler: No. You decided to go into the out-of-work actor business. Now that wasn't easy, but you did it! And I'd like to believe that when the right woman comes along, you will have the courage and the guts to say "No thanks, I'm married."
 だろ? 仕事がなくても役者の世界に入ったじゃないか。簡単なことじゃない。けどそうしたじゃないか! おまえは、この人だって人を見つけたら、他の女には「いや、結婚してるんだ」と言えるって、俺はそう信じてるよ。

Joey: You really think so?
 本当にそう思う?

Chandler: Yeah. I really do.
 ああ。本当に。

Joey: Thanks, Chandler.
 ありがと(と言ってすり寄る)

Chandler: Get off!
 離れろ!

《モニカの部屋》
Ronni: Hi.
 ハーイ。

Monica: Hi...May I help you?
 ハーイ・・・何か?

Ronni: Yeah, uh, Joey said I could use your shower, since, uh, Chandler's in ours?
 ええ、あの・・ジョーイが、こちらのシャワーを使えばいいって。チャンドラーが使用中だから。

Monica: Okay...who are you?
 はい・・あなたどなた?

Ronni: Oh, I'm Ronni. Ronni Rappelano? The mistress?
 ああ、私はロニー。ロニー・ラペラノ。愛人の。

Monica: Oh, come on in.
 ああ、どうぞ入って。

Ronni: Thanks.
 ありがと。

Rachel: Hi, I'm Rachel.
 ハーイ。レイチェルよ。

Ronni: Hi.
 ハーイ。

Rachel: Bathroom's up there.
 バスルームはこちら。

Ronni: Great.
 ありがと。

Rachel: Hey, listen, Ronni, how long would you say Chandler's been in the shower?
 ねぇ、ロニー。チャンドラーがシャワーに入ってどれくらい?

Ronni: Oh, like, uh, five minutes?
 そうね・・5分くらいかしら?

Rachel: Perfect. Fasten your seatbelts, it's peepee time. Hey, Mr. Trib.
 完璧。シートベルトお締めください。チンチンタイムですよ。(チャンドラー達の部屋に行き)おはようトリブさん。

Mr. Tribbiani: Hey. Morning, dear.
 やぁ、おはようさん。

Rachel: Chandler Bing? It's time to see your thing.
 チャンドラー・ビング? 見せていただくわよ(シャワーカーテンをあける)

Joey: What's the matter with you?!
 なんだよおまえは?!

Rachel: I thought it was Chandler!
 チャンドラーだと思ったのよ!

Chandler: What? What?
 なに? なに?

Rachel: You were supposed to be in there so I could see your thing!
 あなたここにいて私に見られるはずだったのよ!

Chandler: Sorry, my thing was in there with me.
 ごめん。俺のはこっちにいた。

《セントラルパーク》

All: Hey, Pheebs.
 やぁ、フィーブス。

Phoebe: Hey.
 ハーイ。

Monica: How's it going?
 順調?

Phoebe: Good. Oh oh! Roger's having a dinner thing and he wanted me to invite you guys…….So what's going on?
 順調よ。ねぇねぇ、ロジャーがディナーにみんなをご招待したいって。(みんなの反応が悪いので)どうしたの?

Monica: Nothing, um, it's just, um... It's Roger.
 何でもないのよ。ただ・・・ロジャーのことで。

Ross: I don't know, there's just something about...
 なんていうのかな。なんかその・・

Chandler: Basically we just feel that he's...
 基本的に僕らが思うのは・・

Rachel: We hate that guy.
 彼が嫌いなのよ。

All: Yeah. Hate him.
 そう。彼キライ。

Ross: We're sorry, Pheebs, we're sorry.
 ごめんよ、フィーブス。ごめん。

Phoebe: Uh-huh. Okay. Okay, don't you think, maybe, though, it's just that he's so perceptive that it freaks you out?
 ふーん。わかった。わかったわ。もしかして、彼の見通す力でびびっちゃったとか?

All: ...No, we hate him.
 うーん。キライなんだ。

Rachel: We're sorry.
 ごめんね。

《チャンドラー達の部屋:ジョーイ一人のところへママがくる》
Joey: Ma! What're you doing here?
 おふくろ! どうした?

Mrs. Tribbiani: I came to give you this and this.
 これをあげるためにきたのよ(バッグを渡す)それとこれ!(頭をはたく)

Joey: Ow! Big ring!
 いたっ! 大きな指輪!

Mrs. Tribbiani: Why did you have to fill your father's head with all that garbage about making things right? Things were fine the way they were! There's chicken in there, put it away. For God's sake, Joey, really.
 なんでとうさんの頭に何か吹き込んで正しいことさせようなんてしたのよ! そのままでよかったのよ。バッグにチキン入ってるからしまっといて。まったくもうジョーイったら、本当に。

Joey: Hold on, you-you knew?
 ちょっと待って。知ってたの?

Mrs. Tribbiani: Of course I knew! What did you think? Your father is no James Bond. You should've heard some of his cover stories. "I'm sleeping over at my accountant's," I mean, what is that? Please!
 当たり前じゃないの、何考えてんの。おとうさんはジェームズボンドじゃないのよ。あのウソ聞いてごらんなさいよ。「会計士のとこで泊まる」だなんて。何よそれ? 勘弁して。

Joey: So then how could you I mean, how could you?!
 それじゃ・・どうしてそれでいいんだよ?

Mrs. Tribbiani: Do you remember how your father used to be? Always yelling, always yelling nothing made him happy, nothing made him happy, not that wood shop, not those stupid little ships in the bottle, nothing. Now he's happy! I mean, it's nice, he has a hobby.
 おとうさんがどんなだったか覚えてるでしょ。いつも怒鳴って。何をしても満足できなくて。何もかもダメ。木の船もボトルシップも、全部ダメで。それが今は満足してるのよ。いいじゃない。趣味ができたのよ。

Joey: Ma, I don't mean to be disrespectful, but... what the hell are you talking about?! I mean, what about you?
 おふくろ、失敬なこといいたくないけど・・・何言ってんだよ?! それじゃおふくろはどうなる?

Mrs. Tribbiani: Me? I'm fine. Look, honey, in an ideal world, there'd be no her, and your father would look like Sting. And I'll tell you something else. Ever since that poodle-stuffer came along, he's been so ashamed of himself that he's been more attentive, he's been more loving... I mean, it's like every day's our anniversary.
 私? 私は大丈夫よ。ね、そりゃ理想の世界では、女なんていなくて、おとうさんはスティングだわよ。でも、いい?あの剥製女が来てからは、とうさんは気が引けて、優しくなって、大事にしてくれるようになったのよ。毎日が記念日のようよ。

Joey: I'm...happy...for you?
 それじゃ・・・よかったの?

Mrs. Tribbiani: Well don't be, because now everything's screwed up. I just want it the way it was.
 よくないわよ。おまえが何もかもぶちこわしたから。これまで通りでよかったのよ。

Joey: Ma, I'm sorry. I just did what I thought you'd want.
 ごめんよ。おふくろがいいようにと思ったんだよ。

Mrs. Tribbiani: I know you did, cookie. Oh, I know you did. So tell me. Did you see her?
 わかってるわよ、かわいい子。ああ、そうよね。それで、どうだった? 会ったの?

Joey: Yeah. You're ten times prettier than she is.
 ああ。おふくろの方が10倍かわいいよ。

Mrs. Tribbiani: That's sweet. Could I take her?
 優しいのね。私勝てる?

Joey: With this ring? No contest.
 その指輪がありゃ、比べモンにならないよ。

《セントラルパーク:フィービーとロジャー》

Roger: What's wrong, sweetie?
 どうした?

Phoebe: Nothing, nothing.
 なんでもないのよ。

Roger: Aaaah, what's wrong, come on.
 いやいや、どうしたんだ? おいで。

Phoebe: It's, I mean, it's nothing, I'm fine. It's my friends. They-they have a liking problem with you. In that, um, they don't.
 なんでもないのよ。私は大丈夫。ただ・・友達よ。みんな・・あなたに関して好みの問題があって・・つまり、好んでないの。

Roger: Oh. They don't.
 はぁ。好んでない。

Phoebe: But, you know, they don't see all the wonderfulness that I see. They don't see all the good stuff and all the sweet stuff. They just think you're a little...
 でも、ね、みんなわかってないのよ。あなたが素晴らしいってこと。私にはわかってるんだけど、あなたのいいところ、優しいところがわからないのよ。それでみんなちょっと・・

Roger: What?
 なに?

Phoebe: Intense and creepy.
 極端でいやな感じって

Roger: Oh.
 わぅ。

Phoebe: But I don't. Me, Phoebe.
 でも私は違うわ。私。フィービー。

Roger: Well, I'm not I'm not at all surprised they feel that way.
 ま、彼らがそう思っても驚かないけどね。

Phoebe: You're not? See, that's why you're so great!
 それよ! そこがあなたの素晴らしいところよ。

Roger: Actually it's, it's quite, you know, typical behavior when you have this kind of dysfunctional group dynamic. You know, this kind of co-dependant, emotionally stunted, sitting in your stupid coffee house with your stupid big cups which, I'm sorry, might as well have nipples on them, and you're all like 'Oh, define me! Define me! Love me, I need love!'.
 実際、それは典型的な反応と言えるね。こんな欠陥だらけの集団でね、共存しあって、感情のおもむくまま、バカげたコーヒーハウスでバカでかい小ヒーカップにいつも吸い付いて、もしかして乳首でもついてんのか。そうしていつも「分析して! 分析して! 愛して! 愛が必要なの!」ってね。

《モニカの部屋》

Monica: So you talked to your dad, huh.
 それじゃおとうさんに話したのね。

Joey: Yeah. He's gonna keep cheating on my ma like she wanted, she's gonna keep pretending she doesn't know even though she does, and my little sister Tina can't see her husband any more because he got a restraining order...which has nothing to do with anything except that I found out today.
 ああ。おふくろの望み通り浮気を続けて、おふくろは知らないフリを続けるんだ。そして妹のティナはもうダンナに会うことができなくなったんだってさ。接近禁止命令が出て・・ってのは全然関係ないけどたまたま今日聞いたから。

Rachel: Wow.
 あらまぁ。

Chandler: Things sure have changed here on Walton's mountain.
 ウォルトン家ではこうして変化が起きていた。

("The Waltons" Walton's mountain というところを舞台にした
 ドラマ。大恐慌や第二次大戦の中、7人の子供のいる家族の話)



Ross: So Joey, you okay?
 それでジョーイ、おまえ大丈夫?

Joey: Yeah, I guess. It's just parents, after a certain point, you gotta let go. Even if you know better, you've gotta let them make their own mistakes.
 ああ、まぁね。親だもん、しようがないよ。ある程度までいったらあとはもう本人に任せるしかない。こっちはもっとわかっていても、自分たちで過ちから学ぶしかないんだ。

Rachel: Just think, in a couple of years we get to turn into them.
 考えてみてよ。あと2年もしたら、私たちもあちら側の人になるのよね。

Chandler: If I turn into my parents, I'll either be an alcoholic blond chasing after twenty-year-old boys, or... I'll end up like my mom.
 もし俺の親になるんだったら、アルコール漬けで20歳の男をおいかけているか、おふくろみたいになるかだな。

(フィービーがやってくる)
Phoebe: Hey.
 ハーイ。

All: Hey, Pheebs.
 やぁ、フィーブス。
Monica: How's it going?
 元気?

Phoebe: Oh, okay, except I broke up with Roger.
 ええまぁね。ロジャーと別れたけど。

All: Aw.
 あら

Phoebe: Yeah, right.
 そうよね(大したじゃことないよね、キライだもんね)

All: Aaawwwwww!!
 まぁーー!!

Rachel: What happened?
 何があったの?

Phoebe: I don't know, I mean, he's a good person, and he can be really sweet, and in some ways I think he is so right for me, it's just... I hate that guy!
 なんていうかな。彼はいい人よ。本当に 優しいとも言える。ある意味私に合ってるんだと思うの。ただ・・・あいつキライ!

《モニカの部屋:フィービー一人キッチンにいる》

Phoebe: Hey, Joey. What's going on?
 (ジョーイがくる)あらジョーイ、元気?

Joey: Clear the tracks for the boobie payback express. Next stop: Rachel Green.
 おっぱい返し特急が通りまぁす! 次の停車はレイチェル・グリーン。(バスルームに行く)

Monica: Joey!! What the hell were you doing?!
 ジョーイ! いったい何考えてんのよ!

Joey: Sorry. Wrong boobies.
 ごめん。おっぱい間違い。

《チャンドラー達の家》

Monica: Hello, Joey.
 ハーイ、ジョーイ(シャワーカーテンを引く)

Mr. Tribbiani: Oh! ...Hello, dear.
 わっ! おや、こんにちは


*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
 ==英語について==
CDなど、繰り返し聞いていると、次にかかる曲が先にわかってきますよね。フレンズも、あまりにも何度も見たので、次になんていうか覚えている時があります。

勉強のしかたとしては、最初字幕なし・・と言いたいところですが、それだどだいぶ時間がかかるので、いつも英語字幕です。いちいち調べないで、今なんてった?って時だけ調べてみたり、それでもわからない時は日本語字幕をカンニングします。

基本的に、吹き替えは聞きませんが、一度、ある映画をなぜか何度も何度も見たくなって、そのうち、吹き替えでも見ていたりしました。すると、英語に戻しても、別に不自由してないような錯覚に陥りました。何を言うか覚えてしまってたので。何度も聞いているとなじんでくるのがわかります。

ともあれ、時間はかかると思います。でも、好きなものしか見てないので、楽です。そういう勉強しかしていないけど、試験前に勉強しておいたら、英検準1級は受かりました。(1級への壁はとても厚いと思います)



にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村


英語 ブログランキングへ
posted by らんち at 20:57| Comment(2) | Season1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今フレンズ観て英語の勉強しています^ ^
DVDの訳よりも自然でいいです!!ありがとうございます^ ^
Posted by ミホ at 2017年08月27日 00:25
ミホさん こんにちは!

DVDの訳は、大きく省かれていて、時々意味がわからなかったりしますよね。
それが、自分で訳してみようと思った理由です。

楽しんでいただけたら幸いです(^^)
Posted by らんち at 2017年09月17日 00:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。