2013年05月17日

1-12 The One With the Dozen Lasagnas

1-12 ラザニア1ダースの話

 ☆おなかのベビーはどっち?☆

《セントラルパーク:ロスがハミングを始め、みんなで加わる》


これは「おかしな二人」というコメディのテーマソング。


次にロスは「かわいい魔女ジニー」のテーマソングをハミング

Chandler: No-no-no-no, we're done.
 ダメダメ。終わり。

《モニカの部屋:モニカは電話中》
Monica: Aunt Syl, stop yelling! All I'm saying is that if you had told me vegetarian lasagna, I would have made vegetarian lasagna. Well, the meat's only every third layer, maybe you could scrape.
 怒鳴らないで、シルおばさん。ベジタリアンラザニアがいいって言ってくれればそうしてたわよ。・・・3層ごとにお肉だから削り取ったら?

Joey: Ross, did you really read all these baby books?
 ロス、赤ちゃん本ばかり本当にこんなに読んだのか?

Ross: Yup! You could plunk me down in the middle of any woman's uterus, no compass, and I can find my way out of there like that!
 ああ。誰かの子宮の中に放り込まれても、コンパスなしででさっさと出口を見つけられるぞ。

Phoebe: Ooh, this is cool...it says in some parts of the world, people actually eat the placenta.
 わぁ。すごーい。世の中には胎盤を食べるところがあるんだって。

Chandler: And, we're done with the yogurt.
 ヨーグルトもう終わり。

Phoebe: Sorry.
 ごめん。

Monica: Aunt Syl, I did this as a favor, I am not a caterer. What do you want me to do with a dozen lasagnas? Nice talk, Aunt Syl. You kiss Uncle Freddie with that mouth?
 シルおばさん、親切でやったのよ。私は仕出し屋じゃないんだから。12皿ものラザニアをどうしたらいいのよ。さすがね、シルおばさん、その口でフレディおじさんにキスするのね。

Joey: Hey Ross, listen, you know that right now, your baby's only this big? This is your baby. Hi Daddy!
 おいロス、見ろよ、おまえの赤ちゃんは今、このサイズだよ? この大きさだ。(かわいい声で)ハーイ、パパ!

Ross: Hello!
 ハロー!

Joey: How come you don't live with Mommy? How come Mommy lives with that other lady? What's a lesbian?
 どうちてママと暮らしていないの? どうちてママはほかの女の人と暮らしてるの? レズビアンてなぁに?

(レイチェルがパウロと一緒にくる)
Rachel: Honey, you can say it, Poconos, Poconos, it's like Poc-o-nos
 あなただって言えるわよ、ポコノス、ポコノス、ポーク・ア・ノーズ

Paolo: Ah, poke a nose, mmm….
 あぁぁあ。poke a nose(鼻をつつく)

Joey, Chandler, and Ross: Mma, Mma, Mmaah
 (男3人はリビングにいる。うんざりした声)

Monica: So, did I hear Poconos?
 (キッチンで)ポコノスって?

Rachel: Yes, my sister's giving us her place for the weekend.
 そうなの。妹の家を貸してくれるって。

Phoebe: Woo-hoo, first weekend away together!
 ワオ。初めて週末を一緒に過ごすのね。

Monica: Yeah, that's a big step.
 そうね。これは大きな前進よ。

Rachel: I know...
 そうなのよ。

Chandler: Ah, it's just a weekend, big deal!
 週末なんて・・大したことじゃないさ。

Ross: Wasn't this supposed to be just a fling, huh? Shouldn't it be… flung by now?
 ちょっとした遊びのはずじゃなかった? もう終わってるはずじゃないか?

(fling = 名詞:浮気、軽い気持ちで試すこと・断つ等)

Rachel: I mean, we are way past the fling thing, I mean, I am feeling things that I've only read about in Danielle Steele books, you know? I mean, when I'm with him, I'm totally, totally...
 遊びとかいう段階ではなくなったのよ。この感じ、ダニエル・スティール以外では味わえなかったわ。わかる? 彼といると私もう本当に・・本当に・・・

Ross: ...nauseous, I'm physically nauseous. What am I supposed to do, huh? Call immigration? I could call immigration!
 気持ち悪い・・本当に気持ち悪い。どうしたらいい? 移住帰化局に電話するとか? そうか。それはいいな!

《廊下》
Joey: I love babies, with their little baby shoes, and their little baby toes, and their little baby hands...
 赤ちゃんって本当にいいな。あの小さな靴! 小さなつま先! 小さな手・・!

Chandler: Ok, you're going to have to stop that, forever!
 おい、それやめろ。永遠に!

(部屋に入ってキーを投げるとテーブルが倒れる)
Joey: Need a new table.
 新しいテーブルがいるぞ。

Chandler: You think?
 そう?

《キャロルの部屋》
Carol: Hey hey, come on in!
 ハーイ、入って。

Ross: Hey, hello! I brought all the books, and Monica sends her love, along with this lasagna.
 やぁこんにちは。本を持ってきたよ。それからラザニアは愛を込めてってモニカから。

Carol: Oh great! Is it vegetarian, 'cause Susan doesn't eat meat.
 まぁうれしいわ。これベジタリアン用? スーザンはお肉食べないのよ。

Ross: I'm pretty sure that it is...
 絶対ベジタリアン用だよ。

Carol: So, I got the results of the amnio today.
 羊水検査の結果がわかったわよ。

(amnio = amniocentesis 羊水穿刺)

Ross: Oh, tell me, tell me, is everything, uhh....?
 え? どうだった、どうだった?

Carol: Totally and completely healthy!
 完璧に元気よ。

Ross: Oh, that's great, that is great! Hey, when did you and Susan meet Huey Lewis?
 素晴らしい! よかった!・・・あ? スーザンいつヒューイ・ルイスに会ったの?

Carol: Uh, that's our friend Tanya.
 それは友達のターニャよ。

Ross: Of course it's your friend Tanya.
 もちろん友達のターニャだよね。

Carol: Don't you want to know about the sex?
 性について知りたい?

Ross: The sex? Um, I'm having enough trouble with the image of you and Susan together, when you throw in Tanya, yaw...
 性? 君とスーザンのことだけで精一杯なのにターニャまで加わったら・・

Carol: The sex of the baby, Ross.
 赤ちゃんの性別のことよ、ロス。

Ross: Oh, you know the sex of the baby? Oh, oh-oh-oh!
 あっ! 赤ちゃんの性別わかったの? おお。

Carol: Do you want to know?
 聞きたい?

Ross: No, no, no, no, no, I don't want to know, absolutely not. I think, you know, I think you should know until you look down there, and say, oop, there it is! Or isn't...
 いやいやいや、聞きたくないよ。生まれてくるまでね。そして、あ、ついてるね! っていうんだ。それか、ついてなかったねって。

(スーザンがくる)
Susan: Oh, hello Ross!
 あら、こんにちはロス!

Ross: Susan...
 スーザン。

Susan: So, so, did you hear?
 それでそれで? 聞いた?

Ross: Yes, we did, everything's A-OK!
 そうだよ。何もかも順調だそうだ。

Susan: Oh, that's so... It really is...do we know...?
 よかった。それで・・わかったの?

Carol: Yes, we certainly do, it's going to be...
 そうよ、わかったのよ。赤ちゃんは・・

Ross: Oh, hey hey hey, ho ho ho, hello, guy who doesn't want to know, standing right here!
 おいおいおい、ちょっと君たち。聞きたくないと思ってるやつがここにいるんだけど。

Susan: Oh, well, is it what we thought it would be?
 あら。ね、じゃあ私たちの思ってた通り?

Carol: Mm-hmmm.
 そうよ(喜んでハグ)

Ross: Ok, what, what...ok, what did we think it was going to be?
 ね、あの、えー、どっちに?

Carol and Susan: It's a...
 それはね・・

Ross: No, no, no I don't want to know, don't want to know. Ok, you know, I should probably, I should probably just go.
 いやいやいや、聞きたくないよ。知りたくない。じゃあ僕はもう行くよ。

Carol: Well, thanks for the books.
 わかったわ。本をありがと。

Ross: No problem, ok, mmmwa. Oh, mmmwa…. Susan...
 いいんだよ。(キャロルにキスをしてから)スーザン(帰る)

Susan: All right, who should we call first, your folks, or Deb and Rona?
 それじゃ、誰に電話する? あなたの実家? デブとローナ?

Carol: Hello?
(インターホンに応えて)ハイ?

Ross: Uh, never mind, I don't want to know.
(インターホンで)あー・・・いやいいよ。知りたくないよ・・。

《チャンドラー達の部屋》
Chandler: Ok, so it's just because it was my table, I have to buy a new one?
 俺のテーブルだったから俺が新しいのを買わなくちゃいけないのか?

Joey: That's the rule.
 それがルールだ。

Chandler: What rule? There's no rule, if anything, you owe me a table!
 何がルールだよ。そんなルールないよ。もしあるなら、お前が買うべきだろ。

Joey: How'd you get to that?
 なんでそうなるんだよ?

Chandler: Well, I believe the piece of furniture was fine until your little breakfast adventure with Angela Delvecchio
 お前がアンジェラ・デルベキオと朝のチャレンジをしなかったら無事だったはずだ。

Joey: You knew about that?
 知ってたのか?

Chandler: Well, let's just say the impressions you made in the butter left little to the imagination.
 バターの跡を想像の世界へ持ってってみた。

Joey: Ok, ok, How about if we split it?
 わかったよわかったよ。じゃあお金出し合って買うか。

Chandler: What do you mean, like, buy it together?
 なに? 二人で買うってことか?

Joey: Yeah.
 ああ。

Chandler: You think we're ready for something like that?
 俺たちそんな段階にきてるか?

Joey: Why not?
 なんで?

Chandler: Well, it's a pretty big commitment, I mean, what if one of us wants to move out?
 これは二人にとって一大事だ。もしどっちかが引っ越すことになったらどうなる?

Joey: Why, are you moving out?
 なんで? おまえ出てくの?

Chandler: I'm not moving out.
 出てかないよ。

Joey: You'd tell me if you were moving out right
 出てくならすぐ言ってくれるよな?

Chandler: Yeah, yeah, it's just that with my last roommate Kip...
 もちろんだ。ただ、前のルームメイトのキップは

Joey: Aw, I know all about Kip!
 もう! キップのことは知ってるよ。

Chandler: It's just that we bought a hibachi together, and then he ran off and got married, and things got pretty ugly.
 二人で火鉢を買ったけど、やつが結婚するんで出てくってとき、モメたんだ。

Joey: Well, let me ask you something, was Kip a better roommate than me?
 なぁ、ちょっと聞くけど、キップは俺よりよかった?

Chandler: Aw, don't do that
 おい、それは言うな。

《フィービーのマッサージ店》

Phoebe's Assistant: We've got a couple changes in your schedule. Your 4:00 herbal massage has been pushed back to 4:30 and Miss Somerfield canceled her 5:30 shiatsu.
 ちょっとスケジュールの変更があるの。4時のハーブマッサージは4時半になって、サンフィールドさんは5時半の指圧をキャンセルよ。

Phoebe: Ok, thanks.
 わかったわ。ありがと。

Phoebe's Assistant: Oh, here comes your 3:00. I don't mean to sound unprofessional, but, yum.
 3時のお客さんよ。こんなのプロらしくないけど、おいしそう。

Paolo:….. Phoebe!
(イタリア語)フィービー!

Phoebe: Oh, Paolo, hi, what are you doing here?
 あらパウロ! どうしたの?

Paolo: Uh, Racquela tell me you massage?
 あー・・ラケレが君マッサージするって。

Phoebe: Well, Racquela's right, yeah! Oh, okay, I don't know what you just said, so let's get started.
 ああ、ラケレね、わかったわ。(パウロがイタリア語で話したので)あー、何を言ったのか全然わからないけど、とにかく始めましょ。

Paolo: Uh, I am, uh, being naked?
 ああ・・ワタシ、裸で?

Phoebe: Um, that's really your decision, I mean, some people prefer, you know, to take off...oh whoops! You're being naked!
 それはお客さんの自由よ。好みでね、わっ!あなた裸なのね!

《セントラルパーク》
Rachel: I can't believe you don't want to know. I mean, I couldn't not know, I mean, if, if the doctor knows, and Carol knows, and Susan knows....
 (ロスに)知りたくないなんて信じられないわ。知らないでいるなんて。だって先生も知ってるしキャロルも知ってる、スーザンも知ってて・・

Monica: And Monica knows...
 モニカも知ってる。

Ross: Wha, heh, how could you know, I don't even know!
 おいおい、なんでお前が知ってるの、僕が知らないのに!

Monica: Carol called me to thank me for the lasagna, I asked, she told me.
 キャロルがラザニアのお礼の電話をくれたから、聞いたのよ。

Joey: So what's it gonna be?
 それじゃどっちなの?(モニカが耳打ちで教える)

Ross: Wait−oh−hey−huh, oh great now he knows, and I don't know!
 待て!ちょっと待てよ! 僕が知らないのにジョーイまで知ってるなんて。

Monica: I'm sorry, I'm just excited about being an aunt!
 ごめん、だって叔母なんだもん!

Joey: Or an uncle...
 叔父さんだもん。

(フィービーがくる)
Everyone: Hey Phoebe! Hi Pheebs!
 ハーイ、フィービー、フィーブス。

Phoebe: Fine!
 何よ!

Monica: Phoebe, what's the matter?
 フィービー。どうしたのよ?

Phoebe: Nothing, I'm sorry, I'm just, I'm out of sorts.
 何でもない。ごめん、ちょっと私憂鬱で・・。

Customer: Hey, can we get some cappuccino over here?
 ちょっと! カプチーノもらえる?

Rachel: Oh, right, that's me!
 ・・・わっ! それ私!

Joey: Hey, Chandler, that table place closes at 7, come on.
 おい、チャンドラー、テーブルの店7時に閉まっちゃうぞ。

Chandler: Fine.
 わかったよ。(二人出て行こうとする)

Monica: Phoebe, what is it?
 フィービー、どうしたの?

Phoebe: All right, you know Paolo?
 うん・・パウロ知ってるよね?

Ross: I'm familiar with his work, yes...
 あいつのしてることは知ってる。

Phoebe: Well, he made a move on me.
 あいつ私に迫ってきた。

(ジョーイとチャンドラーがUターン)
Joey: Whoa, store will be open tomorrow!
 ワオ! 店は明日もやってるぞ!

Chandler: More coffee over here, please!
 またコーヒーちょうだい!

Monica: Well, what happened?
 何があったの?

Phoebe: Well, he came in for a massage, and everything was fine until.
 彼マッサージに来たのよ。途中までは大丈夫だったの。
(回想でパウロがフィービーの足をなであげる)

Joey and Chandler:  Ooooohh!
 わおーーーー!

Ross: My God.
 なんてことだ。

Monica: Are you sure?
 間違いない?

Phoebe: Oh yeah, I'm sure. And all of a sudden his hands weren't the problem anymore.
(回想でパウロがフィービーのお尻にさわる)間違いないわ。それからいきなり、手だけじゃなくなったの(回想でうつぶせだったパウロが寝返り、フィービーは驚いて目をそらす)

Monica: Was it...?
 あれは・・

Phoebe: Oh, boy scouts could have camped under there.
 もう、ボーイスカウトがキャンプできるくらい。

Guys: Oooooo....
 うう・・・・。

Rachel: "Ooo," what?
(走ってきて)何が「うー」なの?

Phoebe: Uma Thurman.
 ウーマ・サーマン!
http://ja.wikipedia.org/wiki/ユマ・サーマン

Monica: Oh!
 ああ!

Ross: The actress!
 女優のね!

Ross: Thanks Rach.
 ありがと、レイチ!

(レイチェル立ち去る)
Chandler: So what are you gonna do?
 それでどうすんの?

Ross: You have to tell her! You have to tell her! It's your moral obligation, as a friend, as a woman, I think it's a feminist issue! Guys? Guys?
 彼女に話すべきだよ! 話さなきゃ! 道義的責任てやつだよ。友達として、女性として、これは女性の権利の問題に関わるよ。な?な?

Chandler: Oh, yeah, you have to tell her.
 ああ、そうだ。話さないと。

Joey: Feminist issue. That's where I went!
 権利に関わるよ、それだ。

Phoebe: She is gonna hate me.
 憎まれるわね。

Ross: Yeah, well...
 そうかもね。

《テーブルの店》
Joey: Will you pick one, just pick one! Here, how about that one?
 どれにするんだ? どれか選べよ。これはどうだ?

Chandler: That's patio furniture!
 それはガーデン用じゃないか!

Joey: So what, like people are gonna come in and think, "Uh-oh, I'm outside again?"
 それで? 人が入ってきて「あらら、また部屋の外?」っていうのかよ?

Chandler: Fine! What about the birds?
 もういい。この鳥のはどうだ?

Joey: I don't know, birds just don't say, "Hello, sit here, eat something."
 どうかな。鳥って・・「はいこんにちは、ここにかけて何か食べて」って感じじゃない。

Chandler: You pick one.
 おまえが選べ。

Joey: All right, how about the ladybugs?
 わかった。じゃあこのテントウムシのは?

Chandler: Oh, so, forget about the birds, but big red insects suggest fine dining!
 おや、鳥はダメだけど大きな赤い虫なら食事に誘うってわけだ。

Joey: Fine, you want to get the birds, get the birds!
 わかったよ。鳥がいいなら鳥にしろよ!

Chandler: Not like that, I won't! Kip would have liked the birds!
 そんなんじゃイヤだ。キップなら鳥を気に入っただろうに。

《モニカの部屋・レイチェル一人》
Phoebe: Hey!
 こんちわ!

Rachel: Hi Pheebs!
 ハーイ、フィーブス!

Phoebe: Are you moving out?
 引っ越すの?

Rachel: No, these aren't all my suitcases. This one's Paolo's.
 違うわよ。スーツケース全部が私のじゃないのよ。これはパウロの。

Phoebe: Um, um, Rachel can we talk for a sec?
 えーっと・・レイチェル・・ちょっと話したいんだけど。

Rachel: Well, sure...just a sec, though, 'cause Paolo's on his way over.
 いいわよ。でお本当にちょっとよ。パウロがもうすぐ来るの。

Phoebe: Oh! Ok, um, ok, um,
 まぁ! わかった。それじゃ・・えっと。それじゃ・・・えっと。

Rachel: Oh, Pheebs, Pheebs...
 ねぇ、フィーブス!

Phoebe: Ok, um, we haven't known each other for that long a time, and, um, there are three things that you should know about me. One, my friends are the most important thing in my life. Two, I never lie. And three, I make the best oatmeal raisin cookies in the world.
 わかった。えっと・・私たち知り合って長くないけど、えっと・・私について3つ知っておいてほしいことがあるの。まず、私にとって友達は一番大事なものってこと。次に、私はウソはつかない。最後に、私の作るオートミールレーズンクッキーは世界一なの。

Rachel: Ok, thanks Pheebs…..Oh my God, why have I never tasted these before?!
 はい? ありがとフィーブス・・・うわっ・・こんなおいしいの食べたことないわ。なんで?

Phoebe: Oh, I don't make them a lot because I don't think it's fair to the other cookies
 だって私あまり作らないのよ。ほかのクッキーに悪いでしょ。

Rachel: All right, well, you're right, these are the best oatmeal raisin cookies I've ever had.
 なるほどね、あなたの言ったのは間違いないわ。今までで一番おいしいオートミールレーズンクッキーよ。

Phoebe: Which proves that I never lie.
 つまり、私はウソをつかないってこと。

Rachel: I guess you don't.
 そのようね。

Phoebe: Paolo made a pass at me.
 パウロが私に迫ってきたの。

(make a pass at = 攻撃をかける、言い寄る)

《チャンドラー達の部屋》
Chandler: So, what do you think?
 それで、どう思う?(フーズボールテーブルを見ている)

Ross: It's the most beautiful table I've ever seen.
 こんな素敵なテーブル見たことないね。

Chandler: I know!
 だろ!

Monica: So how does this work, you going to balance the plates on these little guys' heads?
 それでどうするの? この小さなヒト達の頭の上でお皿のバランスとりながら食べるわけ?

Joey: Who cares, we'll eat at the sink! Come on!
 そんなことかまうか! シンクで食えばいいんだよ。ほら!

Monica: Heads up Ross! Score! You suck!
 気をつけてロス! スコア! (チャンドラー達に)ヘタクソ!

《モニカ達の部屋》
Phoebe: Are you okay?
 だいじょうぶ?

Rachel: I need some milk.
 ミルクが欲しい・・。

Phoebe: Ok, I've got milk. Here you go... Oh!……. Better?
 いいわよ。持ってきてるの。ハイどうぞーー・・(バッグからボトルを出して、カップに注ごうとするがレイチェルはそのまま飲む。飲み干したのを見て)よくなった?

Rachel: No...oh, I feel so stupid! Oh, I think about the other day with you guys and I was all "Oh, Paolo, he's so great, he makes me feel so..." Oh, God, I'm so embarrassed!
 ううん。・・・・ああもう私バカみたい! この前あなた達に言ってたじゃない?「ああパウロ、彼って素敵、彼って本当に・・・」って、ああもう私恥ずかしい!

Phoebe: I'm so embarrassed, I'm the one he hit on!
 恥ずかしいのは私の方よ。迫られるなんて!

Rachel: Pheebs, if I had never met him this never would have happened!
 フィーブス、もし私が出会わなかったらこんなことにならなかったわ。

Rachel and Phoebe: I'm so sorry! No I'm sorry! No I'm sorry! No I'm sorry!
 ごめんね、ごめんね、ごめんね!

Phoebe: No, wait, oh, what are we sorry about?
 やだ、待って。何を私たちすまないって?

Rachel: I don't know...right, he's the pig!
 わかんない・・・そうよ! やつがブタなのよ!

Phoebe: Such a pig!
 そうよひどいブタよ。

Rachel: Oh, God, he's such a pig,
 ああ本当にひどいブタ。

Phoebe: Oh he's like a...
 そうよまるでもう・・

Rachel: He's like a big disgusting....pig...pig man!
 彼ってもうでっかい最低の・・ブタ野郎よ!

Phoebe: Yes, good! Ok...
 それよ! そうよ。

Rachel: Oh, but he was my pig man...how did I not see this?
 ああ。でもそのブタ野郎が私の相手なのよね・・なんでわかんなかったのかしら?

Phoebe: Oh! I know! It's because... he's gorgeous, and he's charming, and when he looks at you...
 あっ!わかった! だって・・・だって彼は素敵だもの。チャーミングだし、あなたを見る時の彼ったら・・

Rachel: Ok, Ok, Pheebs...
 もういいもういい、フィーブス・・。

Phoebe: The end.
 おしまい。

Rachel: Oh, God...
 ああもう・・・。

Phoebe: Should I not have told you?
 話さない方がよかった?

Rachel: No, no, trust, me, it's, it's, it's much better that I know. Uh, I just liked it better before. It was better...
 いえいえいえ、話してくれてよかったわ。間違いなく。ああ・・でも、聞く前はよかったわ。

《チャンドラー達の部屋》
Phoebe: I think she took it pretty well. You know Paolo's over there right now, so...
 レイチェルはしっかり受け止めてくれたと思うわ。今パウロが来てるのよ。だから・・

Monica: We should get over there and see if she's okay. Just one...second! Score! Game! Come on.
 行って彼女が大丈夫か見てあげなくちゃ。。。ちょっと待ってよ・・・スコア! おしまい。さ、行こう(フィービーと出ていく)

Ross: Ah...ooh! Well, looks like, uh, we kicked your butts.
 はぁ! 僕ら君たちをやっつけたみたいだね。

Joey: No-no, she kicked our butts. You could be on the Olympic standing-there team.
 いやいや、モニカが俺たちをやっつけたんだ。おまえはオリンピックで見る立ってただけの奴じゃん。

Ross: Come on, two on one.
 そんなこと言うなよ、ほら2対1でやろう。

Chandler: What are you still doing here? She just broke up with the guy, it's time for you to swoop in!
 いつまでもここで何やってんだよ? 彼女は今別れたとこだぞ。おまえが入り込むチャンスじゃないか。

Ross: What, now?
 え?いま?

Joey: Yes, now is when you swoop! You gotta make sure that when Paolo walks out of there, the first guy Rachel sees is you. She's gotta know that you're everything he's not! You're like, like the anti-Paolo!
 そうだよ。今がその時だよ。パウロがいなくなった後、最初に見る男がおまえじゃないと。おまえは全然パウロじゃないことがわかるだろ。おまえは・・アンチパウロじゃん!

Chandler: My Catholic friend is right. She's distraught. You're there for her. You pick up the pieces, and then you usher in the age of Ross!
 俺のカトリックの友達の言う通りだよ。彼女は今落ち込んでる。おまえがそばにいてやるんだよ。事態を収拾して、おまえの時代に招き入れるんだよ!

《モニカの部屋》
Paolo: No, that's cold, that's cold, that's...
(パウロの物を捨てているレイチェルをとめて)やめてやめて。そんな・・

Ross: How's it going?
 どうなった?

Monica: Don't stare. Now she just finished throwing his clothes off the balcony, now there's just a lot of gesturing and arm-waving... Ok, that is either, "How could you?" or, "Enormous breasts!" Here he comes!
 じっと見ちゃダメよ。レイチェルはバルコニーから彼の服を投げ捨てたところよ。今はジェスチャーとか手を振ってるのしか見えないわね。あれは「よくもこんなことが・・・」か、「巨大なおっぱい」か・・来たわよ!

(パウロが来てみな散らばる)
Paolo: Uh, I am, uh, to say good-bye.
 あー・・ワタシはサヨナラ言う。

Phoebe: Oh, ok bye-bye.
 ハイハイ、バイバイ。

Monica: Paolo, I really hate you for what you did to Rachel, but I still have five of these, so heat it at 375 until the cheese bubbles.
 パウロ、あなたがレイチェルにしたことって本当最悪だけど、でもラザニアがまだ5つも余ってるから・・チーズが泡立つまで375度で焼いて。

Paolo: Grazie.
 ありがとう。

Ross: Paolo, I-I just want to tell you and I think I speak for everyone when I say...
 パウロ、一言言いたいんだけど、みんなも賛成してくれると思うんだ、つまり(ドアを閉める)

Phoebe: Oh, just look at her...
 ああ。彼女を見て。

Ross: Oh you guys, I really think just one of us should go out there so she's not overwhelmed...
 ねぇ、君たち、一人だけ行った方がいいと思うんだ。みんなで行くと戸惑うだろ

Monica: Oh, you're right.
 そうね。

Ross: ...and I really think it should be me.
 んで絶対僕が行くべきだと思う。

(バルコニー)
Ross: Hey.
 ヘイ。

Rachel: Hey.
 ハーイ。

Ross: You all right?
 大丈夫?

Rachel: Ooh, I've been better...
 あんまり・・

(「もっとよかったことがある」→あまりよくない)

Ross: Come here. Listen, you deserve so much better than him...you know, I mean, you, you, you should be with a guy who knows what he has when he has you.
  おいで(ハグ)聞いて。君にはもっといい男がふさわしいよ。つまり・・君とつきあえるってことがどんなことかちゃんとわかってる男じゃなきゃ。

Rachel: Oh, Ross...
 ああ・・ロス。

Ross: What?
 なに?

Rachel: I am so sick of guys. I don't want to look at another guy, I don't want to think about another guy, I don't even want to be near another guy.
 もう男はうんざりよ。ほかの男を見るのもイヤ。考えるのもイヤ。近づきたくもないわ。

Ross: Huh.
 ハン・・・。

Rachel: Oh Ross, you're so great!
 ああ、ロス、あなたって最高ね。

Ross: Ohhhh
 ああ・・・(タメイキ)

(二人部屋に戻る)
Monica: Ooh...hey honey, are you all right?
 ああレイチェル・・・大丈夫?

Rachel: Oh...
 はぁ・・。

Phoebe: You ok?
 だいじょうぶ?

Rachel: ...medium...hmm...any cookies left?
 中間よ・・クッキー残ってる?

Phoebe: Yep!
 うん!

Ross: See, Rach, uh, see, I don't think that swearing off guys altogether is the answer. I really don't. I think that what you need is to develop a more sophisticated screening process.
 ね、レイチ、男を全部あきらめるってのは間違ってると思うよ。絶対。ただ、もっと男選びに磨きをかけるんだよ。

Rachel: No. I just need to be by myself for a while, you know? I just got to figure out what I want.
 いいえ。ただ一人でいたいのよ。わかる? どうしたいか考えるわ。

Ross: Uh, no, no, see, because not...not all guys are going to be a Paolo.
 ああ、いやいやいや、それは違うよ。男みんながパウロみたいなんじゃない。

Rachel: No, I know, I know, and I'm sure your little boy is not going to grow up to be one.
 わかってるわ。そうよね。それにあなたの赤ちゃんもそんな男にはならないと思うわ。

Ross: What?
 え?

Rachel: What?
 え?

Ross: I'm, I'm having a boy?
 赤ちゃんは男の子?

Rachel: Uh...no. No, no, in fact, you're not having a boy.
 あー。。。いや違うわ。ほんと、男の子じゃないわよ。

Ross: Wha-I'm having, I'm having a boy! Huh, am I having a boy?
 な・・赤ちゃんは男の子なんだな? 男の子なんだ!
 
Girls: Yes, you're having a boy!
 そうよ! 赤ちゃんは男の子よ!

Ross: I'm having a boy! Oh, I'm having a boy!
 男の子だ! 男の子だ!

Joey and Chandler: What is it?
 どうしたんだ!?

Ross: I'm having a boy! I-I'm having a boy!
 男の子なんだ! 赤ちゃんは男の子だ!

Joey and Chandler: Hey! We already knew that!
 わーい。(ハグ)俺たちもう知ってたけどね。

Ross: I'm having a son. Um...
 僕に息子ができる・・・

《チャンドラー達の部屋》

Monica: Yes! And that would be a shut-down!
 よーしっ! これで完敗ね!

Joey and Chandler: Shut-out!!
 黙れ!(自室へ戻ろうとする)

Monica: Where are you guys going? Come on, one more game!
 どこ行くのよ? もう1ゲームしましょうよ!

Joey: Uh, it's 2:30 in the morning!
 夜中の2時半だぞ!

Chandler: Yeah, get out!
 そうだ。もう帰れ!

Monica: You guys are always hanging out in my apartment! Come on, I'll only use my left hand, huh? Come on, wussies! (Joey and Chandler pick her up) All right, ok, I gotta go. I'm going, and I'm gone.
 自分たちはいつもワタシの部屋にいりびたってるくせに! ねぇやりましょ、左手だけでやるから、ね? ねぇ、弱虫!(二人に持ち上げられて)わかったわよ。帰らないとね。帰るわよ。帰ったわよ。

Chandler: One more game?
 もっかいやる?

Joey: Oh yeah!
 ああ!


にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村


英語 ブログランキングへ


*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*


ダニエル・スティール。
すごく読みやすいと思います。多作なヒトで、
たくさん読んでると飽きてくるかもしれないけど、
難しい単語を使わないので、英語が読めるような
錯覚に陥らせてくれたことがありました。
最初、ノーラ・ビングさんはダニエル・スティールを
イメージしてるのかと思いましたが、ダニエル・スティール本には
きわどい描写はないので違うようです。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
フィービーにスケジュールの話をした女の子って、第一回目に
セントラルパークにウェディングドレスでやってきた
レイチェルに" Can I get you some coffee?"って言った子ですよね?
・・何度も見ていると、こういう関係ないことが気になってきちゃいます。
posted by らんち at 18:36| Comment(2) | Season1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今年になって英語を勉強し始めた者です!質問させてください。(もしかしてどこかに書いてあるのかもしれませんが、、)

私もフレンズを一日一回見るようにしてます。英語の字幕で英語を聞いて、そしてこのネットの翻訳を横に置いて、、私も初めは初めは日本語で、、、とやっていましたが面倒になり今に至ってます、、、10月に英検二級を受験する予定ですが、なんせリスニングが苦手です。準一級をお持ちと書いてあったので、フレンズを一話あたり何回見たのか、、他にどんなことをされてたのか、、準一級の合格は学習し始めてどのくらいの期間が必要だったのか、、詳しい教えてください。ちなみに私は週4日働いている三人の子持ちです。
Posted by のぶ at 2014年08月22日 18:15
お返事が遅れてすみません。

フレンズは一話あたり何回見たのか・・数え切れません(^^;)
英語に触れる時間を増やすのは、運転などの移動中がいいと思います。
歩きながらだと暇で気が散り過ぎるかもしれません。
他ごとができない自転車や車の運転中が最適な気がします。
家事をしながらだと、まったくのBGMになってしまって、日本語でさえ入ってこなかったりしますよね。

素材は、英語の本の朗読です。
何度も聞いてから、本を読んで何を言ってたのか知ってからまた聞くと、だいぶ耳に入るようになります。
それが日常生活です。

そして、英検を受けようと考えてから、参考書を買い、自分の程度を知ってから
級を決め申し込み、そこから勉強を始めました。
準備期間が長過ぎてもだれるし、申し込んでからでないと、
本気になれないと思います。
貴重なお金を無駄にしたくないと頑張るし(^^;)

英検の参考書CD付きを買って、CDを何度も何度も聞いたり、
過去問をやっていると、傾向がわかってきます。

過去問は、語彙・長文読解・リスニングの3種の参考書をやりました。

リスニングは、自分が発音したことがないものは聞き取れないと決めて、
問題文を自分で読み上げて、早口で言えるようになれば、その問題文は聞き取れるようになっています。
その時点でたった一つの問題文ですが、
聞き取れるとやる気がわくし、徐々にですが間違いなくリスニング力は上がると思います。

頑張ってください!!
Posted by らんち at 2014年09月08日 12:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。