2013年05月14日

1-10 The One With the Monkey

1-10 モンキー登場の話

 ☆大晦日の約束☆

Ross: Guys? There's a somebody I'd like you to meet.
 みんな、会ってもらいたい子がいるんだ。

Monica: Wait. What is that?
 待って。それ何?

Ross: 'That' would be Marcel. You wanna say hi?
 「それ」って、マルセルだよ。挨拶する?

Monica: No, no, I don't.
 ダメ。結構よ。

Rachel: Oh, he is precious! Where did you get him?
 まぁ、かわいい! どうしたの?

Ross: My friend Bethel rescued him from some lab.
 ベセルが実験室から救い出したんだ。

Phoebe: That is so cruel! Why? Why would a parent name their child Bethel?
 本当にひどいわね。なんで? なんでベセルなんて名前つけるの?

(Bethelは辞書にも名前として載っており、
 意味は神の家・礼拝堂など)


Chandler: Hey, that monkey's got a Ross on its ass!
 サルがロスを尻に敷いてるぞ。

Monica: Ross, is he gonna live with you, like, in your apartment?
 ロス、家で飼うつもり?

Ross: Yeah. I mean, it's been kinda quiet since Carol left, so...
 そうだよ。キャロルがいなくなってから静かすぎてね。

Monica: Why don't you just get a roommate?
 ルームメイトでいいんじゃないの?

Ross: Nah, I don't know... I think you reach a certain age, having a roommate is kinda pathe- ....sorry, that's, that's 'pathet', which is Sanskrit for 'really cool way to live'.
 いや。でもなぁ、いい年をしてルームメイトってのもミジ・・いあ、「ミジ」ってサンスクリット語でかっこいい生き方っていう意味でさ。

《セントラルパーク》
Phoebe: So you guys, I'm doing all new material tonight. I have twelve new songs about my mother's suicide, and one about a snowman.
 今日は新曲をやるわよ。ママの自殺の歌が12曲とスノーマンの歌を1曲よ。

Chandler: Might wanna open with the snowman.
 スノーマンの歌がいいかも。

(ジョーイがくる)
All: Hey, Joey. Hey, buddy.
 ハーイ、ジョーイ。

Monica: So, how did it go?
 それで、どうだった?

Joey: Ahh, I didn't get the job.
 ああ、ダメだったよ。

Ross: How could you not get it? You were Santa last year.
 なんでまた? 去年はサンタだったのに。

Joey: I don't know. Some fat guy's sleeping with the store manager. He's not even jolly, it's all political.
 さぁね。太った奴が店のマネージャーと寝たんだよ。陽気なやつでもないんだ。陰謀だよ。

Monica: So what are you gonna be?
 それで何をやるの?

Joey: Ah, I'm gonna be one of his helpers. It's just such a slap in the face, you know?
 そいつのヘルパーだよ。屈辱だよもう。

(Slap in the face = 顔をピシャリ・・
 肘鉄・拒絶・侮辱する)


Rachel: Hey, do you guys know what you're doing for New Year's? ….Gee, what?! What is wrong with New Year's?
 ねぇ、みんなニューイヤーはどうするの?(みんなの攻撃にあう)何よ?! ニューイヤーがどうかしたの?

Chandler: Nothing for you, you have Paolo. You don't have to face the horrible pressures of this holiday: desperate scramble to find anything with lips just so you can have someone to kiss when the ball drops!! Man, I'm talking loud!
 君はいいよね。パウロがいるもんな。この時期のプレッシャーとは縁がないよ。ボールが落ちた時にキスする相手を必死に捜さなくてもいいよな。ああ俺すごい大声。

(when the ball drops = タイムズスクエアボール
 少なくとも10億人が視聴し100万人が参加するという
 新年を迎えるイベントだそうです)


Rachel: Well, for your information, Paolo is gonna be in Rome this New Year, so I'll be just as pathetic as the rest of you.
 言っておきますけど、パウロはローマでニューイヤーなの。だから私もみんなと同じくミジメってわけ。

Phoebe: Yeah, you wish!
 どうかしらね。

(you wish は、そうだといいねを皮肉で言う言葉。
 そう望んでもそうなるもんかというニュアンスかな)


Chandler: It's just that I'm sick of being a victim of this Dick Clark holiday. I say this year, no dates, we make a pact. Just the six of us- dinner.
 ディック・クラークの犠牲になるのはもううんざりだよ。今年はみんなデートなしにしないか。6人でディナーにしよう。

(ディック・クラークはこちら
 1972年から毎年大晦日の番組の司会者だった)


All: Yeah, okay. Alright.
 ああ、それもいいね。

Chandler: You know, I was hoping for a little more enthusiasm.
 もうちょっと熱意が欲しいんだけど。

All: Woooo! Yeah!
 ワオ! イエーイ!

Rachel: Phoebe, you're on.
 フィービー、出番よ。

Phoebe: Oh, oh, good.
 あ、オーケー。

Rachel: Okay, hi. Ladies and gentlemen, back by popular demand, Miss Phoebe Buffay. Wooh!
 (マイクで)みなさま、ご希望にお応えして、ミス・フィービー・ブッフェ! ワオ!

Phoebe: Thanks, hi. Um, I wanna start with a song that means a lot to me this time of year.
 ありがと。ハーイ、では、この時期私にとって意味深い歌を歌います。

I made a man with eyes of coal

And a smile so bewitchin',

How was I supposed to know

That my mom was dead in the kitchen?

La la la la la la la la la la la la la...
 炭を目にして雪だるまを作ったよ
 その笑顔は魅力的
 知るはずもなかったよ
 ママがキッチンで死んでたなんて

Phoebe:...My mother's ashes

Even her eyelashes

Are resting in a little yellow jar...

 ママはもう灰
 睫毛さえも灰
 黄色い壷におさまって・・

Phoebe: And sometimes when it's breezy
I feel a little sneezy and now I....
Excuse me, excuse me! Yeah, noisy boys! Is it something that you would like to share with the entire group?
 そして時にはさわやかな日にも
 私はくしゃみをしそうで・・
 ちょっと、ちょっといい? おしゃべりボーイズ! それ、この全員に伝えたいこと?

Max: No. No, that's- that's okay.
 いやいや、結構です。

Phoebe: Well, come on, if it's important enough to discuss while I'm playing, then I assume it's important enough for everyone else to hear!
 いいから聞かせて。私が歌ってるときに話さなきゃならないことならみんなも聞いた方がいい重要なことよねきっと!

Chandler: That guy's going home with a note!
(ジョーイ達に)あいつ家におテガミ持ち帰りだな。

David: Noth- I was- I was just saying to my-
 なんでもな・・僕は・・僕はその・・

Phoebe: Could you speak up please?
 聞こえるように話してくださる?

David: Sorry, I was just saying to my friend that I thought you were the most beautiful woman that I'd ever seen in my- in my life. And then he said that- you said you thought
 すみません、僕は友人に、あなたみたいな美しい人は初めて見たって話していたんです。そうしたら友人は・・えっと君は・・

Max: Daryl Hannah.
 ダリル・ハンナ。

David: Daryl Hannah was the most beautiful woman that he'd ever seen in his life and I said yeah, I liked her in Splash, a lot, but not so much in- in Wall Street, I thought she had kind of a
 彼にとってはダリル・ハンナが一番美しかったって言うんで、僕は、そうだな、スプラッシュの時はよかったけど、すごく、でも、ウォールストリートの時の彼女はその・・

Max: Hard quality.
 固い感じ。

daril01.jpg
(スプラッシュのとき)
20120724224827cd4.jpg
(ウォール街のダリルハンナ)

David: -hard quality. And uh, while Daryl Hannah is beautiful in a conventional way, you are luminous with a kind of a delicate grace. Then, uh, that-that-that's when you started yelling.
 固い感じ。そう。だから、ダリル・ハンナの美しさはありきたりだけれど、あなたは繊細な気品で輝いてるって。それで・・その時あなたが怒鳴りだしました。

Phoebe: Okay, we're gonna take a short break.
 はい、少し休憩に入ります。

Joey: Hey, that guy's going home with more than a note!
 おお、やつはおテガミ以上を持ち帰りそうだぞ。

《モニカの部屋》
Ross: Come here, Marcel. Sit here.
 おいでマルセル、ここに座って(行っちゃう)

Rachel: Pheebs, I can't believe he hasn't kissed you yet. I mean God, by my sixth date with Paolo, I mean he had already named both my breasts! ...Ooh. Did I just share too much?
 フィーブス、まだキスもしてないなんてウソみたい。パウロなんて、6回目のデートの頃には私のおっぱいに名前をつけてたわよ。・・・私しゃべり過ぎ?

Ross: Just a smidge.
 ちょっとね。

Phoebe: David's like, you know, Scientist Guy. He's very methodical.
 デビッドはなんていうの、科学者って感じ? 超マジメなのよ。

Monica: I think it's romantic.
 ロマンティックだわ。

Phoebe: Me too! Oh! Did you ever see An Officer and a Gentleman?
 でしょう? ああ・・「愛と青春の旅立ち」見た?

Rachel: Yeah!
 見たわよ!

Phoebe: Well, he's kinda like the guy I went to see that with. Except, except he-he's smarter, and gentler, and sweeter... I just- I just wanna be with him all the time. Day and night, and night and day... and special occasions...
 彼はあの映画を一緒に見にいった人と似てる感じなの・・ただ彼はもっと賢くて品があって優しくて・・・私もういつも一緒にいたい感じ。昼も夜も・・夜も昼も・・特別な日も・・・

Chandler: Wait a minute, wait, I see where this is going, you're gonna ask him to New Year's, aren't you. You're gonna break the pact. She's gonna break the pact.
 ちょっと待て。待って。見えてきたぞ。ニューイヤーに誘うつもりだな? 誓いを破るんだな? 彼女誓いを破る気だぞ。

Phoebe: No, no, no, no, no, no. Yeah, could I just?
 違う違う違うわよ・・・破ってもいい?

Chandler: Yeah, 'cause I already asked Janice.
 ああ、俺もジャニス誘ったし。

Monica: What?!
 何ですって?

Ross: Come on, this was a pact! This was your pact!
 おい、これは誓いじゃないのか! お前が言い出したことだぞ!

Chandler: I snapped, okay? I couldn't handle the pressure and I snapped.
 キレたんだよ。プレッシャーにキレたの。

Monica: Yeah, but Janice? That-that was like the worst breakup in history!
 でもジャニス? 史上最悪の別れ方をしたのに?

Chandler: I'm not saying it was a good idea, I'm saying I snapped!
 いいとは思ってないよ。だからキレたって言ってるじゃないか。

(ジョーイがくる)
Joey: Hi. Hi, sorry I'm late.
 やぁ、遅くなってごめん(上着を脱ぐとエルフ)

Chandler: Too many jokes... must mock Joey!
 冗談きつすぎ。いじらずにいられるか!

Joey: Nice shoes, huh?
 いい靴だろ?(ベルがついてる)

Chandler: Aah, you're killing me!
 もう死にそう!

(マルセルがキッチンで音を立てる)
Monica: Ross! He's playing with my spatulas again!
 ロス! 彼またオタマで遊んでる!

Ross: Okay, look, he's not gonna hurt them, right?
 わかったよ、だけど何も壊したりはしてないだろ?

Monica: Do you always have to bring him here?
 いつもここへ連れてこなくちゃいけないの?

Ross: I didn't wanna leave him alone. Alright? We- we had our first fight this morning. I think it has to do with my working late. I said some things that I didn't mean, and he- he threw some feces...
 ひとりにしたくないんだよ。いい? 今朝、初めてケンカしちゃったんだよ。仕事で遅いのが原因だと思うんだけど。それで心にもないことを言っちゃって、それがフン投げにまで発展して・・

Chandler: You know, if you're gonna work late, I could look in on him for you.
 なぁ、仕事で遅いときには俺が見ててやろうか?

Ross: Oh, that'd be great! Okay, but if you do, make sure it seems like you're there to see him, okay, and you're not like doing it as a favor to me.
 それは助かるよ! でも、その時は彼に会いにきてるということで頼むよ。僕のためにみてやってるんじゃなくて、ね?

Chandler: Okay, but if he asks, I'm not going to lie.
 わかったよ。でも、もし彼に聞かれたらウソはつけないぞ。

《デビッドの研究室》
David: ...But, you can't actually test this theory, because today's particle accelerators are nowhere near powerful enough to simulate these conditions.
 しかし、この説のテストはできない。今の粒子加速器ではこういった条件を再現するだけのパワーがないんだ。

Phoebe: Okay, alright, I have a question, then.
 そう、わかったわ。それで質問があるんだけど。

David: Yeah.
 なに?

Phoebe: Um, were you planning on kissing me ever?
 あー・・私にキスする気あるの?

David: That's definitely a valid question. And the answer would be yes. Yes I was. But, see, I wanted it to be this phenomenal kiss that happened at this phenomenal moment, because, well, 'cause it's you.
 それは確かに的確な質問だ。その回答は(YESと書きながら)イエスである。はい、あります。でも、特別な瞬間の特別なキスにしたかった、なぜなら相手は君なんだから。

Phoebe: Sure.
 そうね。

David: Right. But, see, the longer I waited, the more phenomenal the kiss had to be, and now we've reached a place where it's just gotta be one of those things where I just like... sweep everything off the table and throw you down on it. And, uh, I'm not really a sweeping sorta fella.
 そう。けれども、時間をかければかけるほど、もっと特別でなきゃならなくなって、今ではもう・・机の上のものをなぎはらって君をそこへ投げるぐらい・・でも僕はそんな、なぎはらうタイプじゃなくて。

Phoebe: Oh, David, I, I think you are a sweeping sorta fella. I mean, you're a sweeper! ...trapped inside a physicist's body.
 いえデビッド、あなたはなぎはらうタイプだと思うわ。あなたって、なぎはらう人よ! 物理学者の中に閉じ込められてるけどね。

David: Really.
 そうか。

Phoebe: Oh, yeah, oh, I'm sure of it. You should just do it, just sweep and throw me.
 ええそうよ。間違いないわ。いいからそうして。なぎはらって私を投げるのよ。

David: ...Now? Now?
 今? 今?

Phoebe: Oh yeah, right now.
 そうよ、今よ。

David: Okay, okay, okay. You know what, this was just really expensive. And I'll take- this was a gift.
 よし、わかった(PCをかたづける)いやこれは高価なものだから。(顕微鏡を移動させて)これは贈り物だし。

Phoebe: Okay, now you're just kinda tidying.
 そう。今はおかたづけね。

David: Okay, what the hell, what the hell. (Sweeps the remaining papers off the desk and grabs Phoebe) You want me to actually throw you or you-you wanna just hop?
 よし、どうでもいいや。(残りのものを払い落とし)本当に投げてほしい? それとも自分で飛び乗る?

Phoebe: I can hop.
 飛び乗れる。

《セントラルパーク:ロスとモニカがくる》
Ross: So tell me something. What does the phrase 'no date pact' mean to you?
 教えてくれよ。「デートなしの誓い」ってどういう意味?

Monica: I'm sorry, okay. It's just that Chandler has somebody, and Phoebe has somebody- I thought I'd ask Fun Bobby.
 ごめんってば。だってチャンドラーも誰か連れてくるしフィービーも。だから愉快なボビーを誘おうって。

Chandler: Fun Bobby? Your ex-boyfriend Fun Bobby?
 愉快なボビー? 君の元カレの愉快なボビー?

Monica: Yeah.
 そう。

Joey: You know more than one Fun Bobby?
 それ以外に愉快なボビーがいるわけ?

Chandler: I happen to know a Fun Bob.
 たまたま愉快なボブってのを知ってるんだよ。

Rachel: Okay, here we go...
 はい、どうぞ(コーヒーを持ってくる)

Joey: Ooh ooh ooh ooh, there's no room for milk!
 ダメダメダメじゃん、それじゃミルクが入らないよ。

Rachel: There. Now there is.
 (少し飲んじゃって)はい。これで入る。

Ross: Okay, so on our no-date evening, three of you now are gonna have dates.
 わかったよ。それじゃデートなしのはずの夜に、君ら3人は相手を連れてくるんだ。

Joey: Uh, four.
 4人だ。

Ross: Four.
 4人。

Rachel: Five.
 5人よ。

Ross: Five.
 5人。

Rachel: Sorry. Paolo's catching an earlier flight.
 ごめん。パウロがもっと早い便で来ることになったの。

Joey: Yeah, and I met this really hot single mom at the store. What's an elf to do?
 ああ、俺は店でセクシーなシングルマザーに出会ったんだ。だってエルフ暇だもん。

Ross: Okay, so I'm gonna be the only one standing there alone when the ball drops?
 わかったよ。それじゃ僕一人がボールが落ちてくる瞬間ひとりぼっちなんだ。

Rachel: Oh, come on. We'll have, we'll have a big party, and no-one'll know who's with who.
 そんなこといわないで。盛大にパーティするんだし。誰が誰と一緒かなんてわかんないわよ。

Ross: Hey, you know, this is so not what I needed right now.
 ああ、そんなの本当は今関係ないんだ。

Monica: What's the matter?
 どうしたの?

Ross: Oh, it's Marcel. He keeps shutting me out, you know? He's walking around all the time dragging his hands...
 マルセルだよ。僕をよせつけないんだよ。いつも手をひきずって歩き回って・・

Chandler: That's so weird, I had such a blast with him the other night.
 変だな。この前はすごい楽しかったよ。

Ross: Really.
 そうなの?

Chandler: Yeah, we played, we watched TV.. that juggling thing is amazing.
 ああ。遊んだり、テレビ見たり・・あのジャグリングはすごいよな。

Ross: What, uh... what juggling thing?
 何? ジャグリングって?

Chandler: With the balled-up socks? I figured you taught him that.
 丸めたソックスでやるだろ? おまえが教えたのかと思った。

Ross: No.
 いいや。

Chandler: You know, it wasn't that big a deal. He just balled up socks... and a melon...
 まぁ、たいしたことじゃないよ。ソックスを丸めたり・・あとメロンとか・・。

(マックスがくる)
Max: Phoebe. Hi.
 やぁ、フィービー。

Phoebe: Oh, hi Max! Hey, do you know everybody?
 あら、ハーイマックス! みんなを知ってたかしら?

Max: No. Have you seen David?
 いや。デビッド見なかった?

Phoebe: No, no, he hasn't been around.
 いいえ。ここにはいないわよ。

Max: Well, if you see him, tell him to pack his bags. We are going to Minsk.
 もし会ったら、荷物をまとめるように言ってくれないか。ミンスクに行くんだ。

Phoebe: Minsk?
 ミンスク?

Max: Minsk. It's in Russia.
 ミンスク。ロシアの。

Phoebe: I know where Minsk is.
 そんなの知ってるわよ。

Max: We got the grant. Three years, all expenses paid.
 補助金が出たんだ。期間は3年、費用は出るんだ。

Phoebe: So when, when do you leave?
 それで、いつ行くの?

Max: January first.
 1月1日。

《デビッドの研究室》
Phoebe: Hello?
 こんにちは

David: Hey!
 やぁ!

Phoebe: Hi.
 ハーイ。

David: Hi! What-what're you doing here?
 ハーイ。どうしたの?

Phoebe: Um, well, Max told me about Minsk, so congratulations! This is so exciting!
 ええ・・ミンスクに行くってマックスから聞いたのよ。だから、おめでとう! すごいことよね!

Max: It'd be even more exciting if we were going.
 もし行くんならすごいことだけどね。

Phoebe: Oh, you're not going? Oh, why?
 え、行かないの? まぁ、どうして?

Max: Tell her, David. 'I don't wanna go to Minsk and work with Lifson and Yamaguchi and Flench, on nonononononono. I wanna stay here and make out with my girlfriend!!'
 言ってやれよデビッド。ミンスクには行きたくないって。行ってリフトンやヤマグチやフレンチと働く? いやいやいや、僕はここに残ってガールフレンドといちゃいちゃしていたいんだって!

David: Thank you, Max. Thank you.
 ありがと、マックス、どうも。

Phoebe: So-so you're really not going?
 それじゃ・・本当に行かないの?

David: I don't know. I don't know what I'm gonna do. I just- you decide.
 わからないんだ。わからない。どうしたらいいのか・・君が決めて。

Phoebe: Oh don't do that.
 ダメよそんなの。

David: Please.
 お願いだ。

Phoebe: Oh no no.
 ダメダメ。

David: No, but I'm asking-
 ダメ?でも頼むよ。

Phoebe: Oh, but I can't do that-
 でもそんなことできないわ。

David: No, but I can't-
 ダメ?でも僕にもできなくて・・

Phoebe: It's your thing, and-
 あなたのことだもの。

David: -make the decision-
 決められず・・

Phoebe: Okay, um, stay.
 わかったわ。行かないで。

David: Stay.
 行かないで。

Phoebe: Stay.
 行かないで。

(デビッドが机の上をなぎはらう)
Phoebe: Getting so good at that!
 上達したわね!

David: It was Max's stuff.
 マックスのだし。

《モニカの部屋:パーティ》

Janice: I love this artichoke thing! Oh, don't tell me what's in it, the diet starts tomorrow!
 このアーティチョーク最高! 何も言わないで。ダイエットは明日からよ(笑)

Chandler: You remember Janice.
 ジャニス覚えてるよね。

Monica: Vividly.
 鮮明に。

Monica: Hi.
(ドアのノックに応えて)こんにちは。

Sandy: Hi, I'm Sandy.
 こんにちは。サンディよ。

Joey: Sandy! Hi! Come on in!...You brought your kids.
 サンディ! やぁ!どうぞ入って・・・・お子さん連れなんだ。

Sandy: Yeah. That's okay, right?
 ええ。かまわないでしょ?

Ross: Par-tay!
 パーテー!

(ロスは「カラテ」や「ウナギ」など日本の発音が好きなようなので、これも日本人っぽく発音してるつもりかな? ずっと後の引っ越しパーティの時にもこれを言っていますね)

Monica: That thing is not coming in here.
 それはここに入れないで。

Ross: 'That thing'? This is how you greet guests at a party? Let me ask you something, if I showed up here with my new girlfriend, she wouldn't be welcome in your home?
 「それ」? パーティのゲストに対してそういう? ちょっと聞くけど、僕が新しいガールフレンドを連れてきたとしても、そういうふうに迎えられるわけ?

Monica: I'm thinking your new girlfriend wouldn't urinate on my coffee table.
 新しいガールフレンドは私のコーヒーテーブルの上で排泄しないと思うわ。

Ross: Okay. He was more embarrassed about that than anyone. Okay? And for him to have the courage to walk back in here like nothing happened...
 いいか、あの事件で一番恥ずかしい思いをしたのは彼なんだ。そうだろ? それをなかったことにしてここへまた来ることがどんなに勇気のいることか・・。

Monica: Alright. Just keep him away from me.
 わかったわよ。とにかく私には近づけないで。

Ross: Thank you. Come on, Marcel, what do you say you and I do a little mingling? Alright, I'll, uh... catch up with you later.
 ありがと。行こうマルセル。一緒にみんなと交流しないか? (行ってしまう)わかったよ、また後でね。

(レイチェルがくる。アザだらけでひどい格好)
Monica: Oh my gosh! Rachel, honey.. are you okay? Where-where's Paolo?
 まぁなんてこと! レイチェル! 大丈夫? パウロは?

Rachel: Rome. Jerk missed his flight.
 ローマ。あいつ飛行機乗り損ねたのよ。

Phoebe: And then... your face is bloated?
 それで・・それで顔がふくれあがったの?

Rachel: No. Okay. I was at the airport, getting into a cab, when this woman- this blonde planet with a pocketbook- starts yelling at me. Something about how it was her cab first. And then the next thing I know she just starts- starts pulling me out by my hair! So I'm blowing my attack whistle thingy and three more cabs show up, and as I'm going to get into a cab she tackles me! And I hit my head on the curb and cut my lip on my whistle...oh...everybody having fun at the party? Are people eating my dip?
 違うわよ。いい?空港でタクシーに乗ろうとしてたの。そしたらポケットブックを持ったおかしなブロンド女が私に怒鳴ってきたの。自分のタクシーだとか言って。気がついたらそいつに髪を引っ張られていたのよ! それで防犯の笛を吹いたら3台タクシーが来ちゃって、そのタクシーに乗ろうとしてんのに、この女タックルしてきたのよ! それで歩道の角で頭ぶつけて、笛でクチビル切れちゃったのよ。・・・みんな楽しんでる?(モニカに)みんな私のディップ食べてる?

(blond planet .. WordReference Forums
でのこの意見を参考にして・・縮めてみました。
A woman who has extremely unnatural, artificial blond hair, just like the SF (scientific fiction) aliens of TV dramas. )


《時間経過》

Sandy: You know, when I saw you at the store last week, it was probably the first time I ever mentally undressed an elf.
 ねえ。先週あなたを見た時、私生まれて初めて頭の中でエルフを裸にしちゃったわ。

Joey: Wow, that's... dirty.
 ワオ。それは・・・エロいね。

Sandy: Yeah.
 でしょ。

Joey: Hey, kids...
(子供達と目が合って)やぁ、君たち・・

Ross: Look at him. I'm not saying he has to spend the whole evening with me, but at least check in.
(チャンドラーに)見ろよ。一晩中一緒にいろとは言わないけど、少なくとも紹介したいよね。

Janice: There you are! You got away from me!
 ここにいたのね! どっか行っちゃって!

Chandler: But you found me!
 でも僕を見つけたね。

Janice: Here, Ross, take our picture. Smile! You're on Janice Camera!
 ハイ、ロス、写真撮って。笑って! ジャニスのカメラに写るわよ!

Chandler: Kill me. Kill me now.
 殺して。今すぐ殺して。

Monica: Everybody! It's Fun Bobby!
(覗き穴からみて)みんな! 愉快なボビーよ!

Fun Bobby: Hey, sorry I'm late. But my, uh, grandfather, he- died about two hours ago. But I-I-I couldn't get a flight out 'til tomorrow, so here I am!
 やぁ。遅れてごめんよ。2時間ぐらい前に・・僕の祖父が・・亡くなって。でも明日まで飛行機ないから、それで来たよ!

Joey: Hey Fun Bobby! Whoah! Who died?
 やぁ愉快なボビー! わっ。誰か死んだ?

《時間経過》
Fun Bobby: It's gonna be an open casket, you know, so at least I'll- I get to see him again.
 棺は開いているはずだから、少なくとももう一度みることはできるはずなんだ。

Janice: Oh, I'm gonna blow this one up, and I'm gonna write 'Reunited' in glitter.
 わぁ、この写真引き延ばして「復活」ってラメ入りで書くのよ

Chandler: Alright, Janice, that's it! Janice... Janice... Hey, Janice, when I invited you to this party I didn't necessarily think that it meant that we-
 もういい、ジャニス、これまでだ。ジャニス・・ジャニス・・・ねぇ、ジャニス、このパーティに誘ったけど、それって必ずしも僕ら・・

Janice: Oh, no. Oh, no.
 ウソ・イヤ、ウソよ。

Chandler: I'm sorry you misunderstood...
 ごめん誤解させて・・

Janice: Oh my God. You listen to me, Chandler, you listen to me. One of these times is just gonna be your last chance with me.
 オーマイゴッド。聞きなさいよ、チャンドラー、聞きなさい。これが最後のチャンスかもなのよ。

Chandler: Oh, will you give me the thing.
(写真を撮るロスに)もう!それよこせ。

(フィービーとデビッドが一緒にいる)
Phoebe: Hi, Max!
 あら、マックス!

Max: Yoko. (To David) I've decided to go to Minsk without you.
 ヨーコ。(デビッドに)君が行かなくても俺はミンスクに行くことにしたよ。

(オノ・ヨーコはジョン・レノンを世間から奪ったように感じた人も多い・・ような気がします)

David: Wow.
 そうか・・

Max: It won't be the same- but it'll still be Minsk. Happy New Year.
 君なしでは話が違うが・・でもミンスクはミンスクだ。よい新年を。(立ち去る)

Phoebe: Are you alright?
 (デビッドに)大丈夫?

David: Yeah, I'm fine, I'm fine.
 ああ、大丈夫、大丈夫だよ。

Phoebe: You're going to Minsk.
 ミンスクへ行くのよ。

David: No, I'm... not going to Minsk.
 いや、ミンスクへは行かないよ。

Phoebe: Oh, you are so going to Minsk. You belong in Minsk. You can't stay here just because of me.
 いいえ、絶対ミンスクへ行くのよ。あなたはミンスクの人なのよ。私のためだけに残っちゃダメよ。

David: Yes I can. Because if I go it means I have to break up with you, and I can't break up with you.
 いや行かないよ。行ってしまったら君と別れることになる。そんなことできない。

Phoebe: Oh yes, yes, yes you can. Just say, um, 'Phoebe, I love you. But my work is my life and that's what I have to do right now'. And I say 'your work?! Your work?! How can you say that?!'. And then you say, um, 'it's tearing me apart, but I have no choice. Can't you understand that?'. And I say 'no! No! I can't understand that!'.
 いえできるわよ。こう言うだけよ。「フィービー、愛してる。だけど、この仕事は僕の人生そのものだし、今しなきゃならない」それで私が言うの「仕事?あなたの仕事?よくそんなこと言えるわね!」それであなたは、「とてもつらいが仕方がないんだ。わかってくれる?」っていうから私が「いや!わからないわよ!」

David: Uh, ow.
 (叩かれて)痛っ。

Phoebe: Ooh, sorry. Um, and, and then you put your arms around me. And then you put your arms around me. And, um, and then you tell me that you love me and you'll never forget me.
 あ、ごめん。それであなたが私に腕を回して・・・(回さないので)あなたが私に腕を回して。それであなたは、愛してる、決して忘れないって言うの。

David: I'll never forget you.
 忘れるなんてあり得ないよ。

Phoebe: And then you say that it's almost midnight and you have to go because you don't wanna start the new year with me if you can't finish it. I'm gonna miss you. You scientist guy.
 それであなたは、もうすぐ真夜中だから行かなくちゃならないのよ。だってこの年を一緒に終えることができないのに一緒に始めたくないから・・寂しくなるわ。科学者さん。

Dick Clark: Hi, this is Dick Clark, live in Times Square. We're in a virtual snowstorm of confetti here in Times Square...
 (テレビ)みなさん、ディック・クラーク、タイムズスクエアよりお送りします。タイムズスクエアはものすごい紙吹雪です。

Joey: There you go, kids.
 (ブランケットをかけながら)お休み、君たち。

Chandler: And then the peacock bit me. Please kiss me at midnight.
 それからクジャクが僕にかみついたんだよ。・・・お願い新年のキスして。(逃げられる)

Joey: You seen Sandy?
 サンディ見なかった?

Chandler: Ooh. Uh, I don't know how to tell you this, but she's in Monica's bedroom, getting it on with Max, that scientist geek. Ooh, look at that, I did know how to tell you.
 ああ・・何て言ったらいいかわからないんだけど・・彼女、モニカの寝室にいるよ。あのマックスって科学者のやつと。ああ、なんだ、言えたじゃん。

Rachel: Everybody, the ball is going.
 みんな、ボールが落ちるわよ

All: What?
 (腫れのため不明瞭なので)なに?

Rachel: The ball is dropping!
 もうボールが落ちるわよっ!

Dick Clark: In twenty seconds it'll be midnight...
 新年まであと20秒です

Chandler: And the moment of joy is upon us.
 喜びの時がやってきたぞ。

Joey: Looks like that no date pact thing worked out.
 デートなしの誓いは果たされたみたい。

Phoebe: Everybody looks so happy. I hate that.
 みんな幸せそうね。むかつく!

Monica: Not everybody's happy. Hey Bobby!
 みんなじゃないわよ。ねぇボビー!

Chandler: You know, I uh.. just thought I'd throw this out here. I'm no math whiz, but I do believe there are three girls and three guys right here.
 なぁ、ちょっと思いつきを言うけど・・俺は数学の達人じゃないけどさ、ここにはあ3人の女と3人の男がいるじゃん。

Phoebe: I don't know. I don't feel like kissing anyone tonight.
 ちょっとね。今夜は誰にもキスしたい気分じゃないわ。

Rachel: I can't kiss anyone.
 誰にもキスなんてできないわ

Monica: So I'm kissing everyone?
 じゃあ私がみんなにキスするの?

Joey: No, no, no, you can't kiss Ross, that's your brother.
 ダメダメ、おまえはロスにキスできないよ。兄弟だもん。

Ross: Perfect. Perfect. So now everybody's getting kissed but me.
 カンペキ。完璧だよ。みんなキスして僕だけなしだ。

Chandler: Alright, somebody kiss me. Somebody kiss me, it's midnight! Somebody kiss me!
 ねぇ、誰かキスして、誰かキスして! もう新年だよ。誰かキスして!

Joey: Alright, alright, alright. There.
 わかったわかったわかった。(キス)ほら。

《時間経過》
Ross: I wanted this to work so much. I mean I'm still in there, changing his diapers, picking his fleas... but he's just phoning it in. Just so hard to accept the fact that something you love so much doesn't love you back, you know.
 本当にうまくやっていきたいのに。彼のおむつ替えて、ノミを取ってやって・・・でも彼は何とも思ってないんだ。すごくあいしてるのに返ってこないのって受け入れがたいよ。

(phone it in ---イディオムとして載ってました)

Rachel: ...I think that bitch cracked my tooth.
 あのクソ女に歯もやられたわ。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
デビッド役のハンク・アザリアさんについて
 彼は『バードケージ』という映画の中で、
ゲイのアガドール役で、とても目立っていました
が、調べるまで同じ人と気づきませんでした。
アガドールサイコーです。



また、Celeblity Lair という番組にチャンドラーと
一緒に出演してるのもみつけました。
過去のエピソードをそれぞれ話すけど、どちからが、
相手のエピソードを自分のもののように話し、
ウソをついてるのはどっちか当てる番組です。





にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村


英語 ブログランキングへ


posted by らんち at 16:27| Comment(0) | Season1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。