2013年05月12日

1-9 The One Where Underdog Gets Away

1-9 アンダードッグが逃げ出す話

 ☆感謝祭の大騒動☆

《セントラルパーク》
Rachel: Terry, I know that I haven't worked here very long, but I was wondering, do you think it would be possible if I got a $100 advance in my salary?
 テリー、まだここで働きだして長くないことはわかってるけど、100ドル前借りできないかしら?

Terry: An advance?
 前借り?

Rachel: It's so that I can spend Thanksgiving with my family. See, every year we go skiing in Vail, and normally my father pays for my ticket, but I sort of started the whole independence thing, you know, which is actually why I took this job.
 サンクスギビングを家族で過ごしたいのよ。毎年ヴェイルに行く費用はこれまで父が出してくれてたんだけど、でも自立って感じのこと始めたじゃない?それでこの仕事してるわけだけど・・

ヴェイルはコロラドのリゾート地だそうです) 

Terry: Rachel, Rachel, sweetheart. You're a terrible, terrible waitress. Really, really awful.
 レイチェル、レイチェル、レイチェル。君は本当にひどいウエイトレスだ。ほんとにほんとに最悪だよ。

Rachel: Ok, I, I hear what you're saying. I'm with you. Um, but I, but I'm trying really hard. And I think I'm doing better. I really do. Does anybody need coffee? (everyone in the place raises their hand) Oh, look at that.
 そうね、おっしゃる通りね。賛成よ。でも・・でも私すごく頑張ってるの。よくなってきてると思うのね、本当に。(店内の人々に向かって)コーヒーほしい方?(大勢手を挙げる)あら、大変。

《セントラルパーク:レイチェル仕事中》

Rachel: Excuse me, sir. Hi, you come in here all time. I was just wondering, do you think there's a possibility that you could give me an advance on my tips?
 ちょっとすみません、どうも。いつもここに来てくださってますよね。ちょっとお聞きしたいんですけど、チップの先払いなんてしていただけないかしら?

Guy: Huh?
 はぁ?

Rachel: Ok, ok, that's fine. Fine. Hey, I'm sorry about that spill before. Only $98.50 to go.
 いえいえ、いいの。いいんです。そうそう、この前はこぼしてごめんなさいね。(独り言で)あと98ドル50セント・・。

(モニカが来る)
Monica: Hey. Ross, did you know Mom and Dad are going to Puerto Rico for Thanksgiving?
 ねぇロス、ママとパパがサンクスギビングにプエルトリコに行くって知ってた?

Ross: No, they're not.
 そんなのあり得ないよ。

Monica: Yes, they are. The Blymens invited them.
 そうなのよ。ブライメンさんに招待されたのよ。

Ross: You're wrong.
 それは間違いだよ。

Monica: I am not wrong.
 間違ってないわよ。

Ross: You're wrong.
 それは間違いだよ。

Monica: No, I just talked to them.
 いいえ、今聞いたのよ。

Ross: I'm calling Mom.
 ママに電話する。

(ジョーイがくる)
Joey: Hey, hey.
 やぁ。

Chandler&Phoebe: Hey.
 ハーイ。

Chandler: And this from the cry-for-help department. Are you wearing makeup?
 どうかなさいましたか? 化粧してらっしゃる?

(cry-for-help department = 相談室と解釈し、
 問題をかかえた人に話しかけてる様子に訳してみました)


Joey: Yes, I am. As of today, I am officially Joey Tribbiani, actor slash model.
 してるよ。今日からジョーイ・トリビアーニ:俳優/モデルってわけ。

Chandler: That's so funny, 'cause I was thinking you look more like Joey Tribbiani, man slash woman.
 それはおかしいな。俺の目にはジョーイ・トリビアーニ:男/女に見えるけど。

Phoebe: What were you modeling for?
 何のモデルをするの?

Joey: You know those posters for the city free clinic?
 市の無料クリニックのポスター知ってるだろ?

(市の無料クリニック・・
 低収入の人や健康保険のない人向けとのこと)


Monica: Oh, wow, so you're gonna be one of those "healthy, healthy, healthy guys"?
 ワオ。じゃああの「健康男」の一員ね?

Phoebe: You know, the asthma guy was really cute.
 ね、ぜんそくの彼ほんとうに素敵よね。

Chandler: Do you know which one you're gonna be?
 何のポスターのモデルになるか決まってる?

Joey: No, but I hear lyme disease is open, so...
 いや、でもライム病が空いてるから(指をクロスさせて祈ってるサイン)

Chandler: Good luck, man. I hope you get it.
 ライム病もらえるといいな。

Joey: Thanks.
 ありがと。

(ロスが戻ってくる)
Ross: Well, you were right. How can they do this to us, huh? It's Thanksgiving.
(モニカに)お前のいう通りだったよ。信じられないよ。サンクスギビングに僕らを置いてくなんて。

Monica: Ok, I'll tell you what. How about I cook dinner at my place? I'll make it just like Mom's.
 いいわ。ね、うちで料理するけどどう? ママが作るのと同じようにするわよ。

Ross: Will you make the mashed potatoes with the lumps?
 塊入りのマッシュポテトにしてくれる?

Monica: You know, they're not actually supposed to have…. I'll work on the lumps. Joey, you're going home, right?
 そもそもマッシュポテトっていうのは・・・塊入りにするわよ。ジョーイ、あなたは家に帰るのよね?

Joey: Yeah.
 うん。

Monica: And I assume, Chandler, you are still boycotting all the pilgrim holidays.
 んでチャンドラーは今もボイコットしてるのよね?

(pilgrim holidays -- サンクスギビングはピルグリムファーザーズが始めたと言われる)

Chandler: Yes, every single one of them.
 そう。もれなく。

Monica: Phoebe, you're gonna be with your grandma?
 フィービー、あなたはおばあちゃんと祝うのよね?

Phoebe: Yes, and her boyfriend. But we're celebrating Thanksgiving in December 'cause he is lunar.
 そうよ。おばあちゃんのボーイフレンドも一緒。でも彼が陰暦派だからサンクスギビングは12月なの。

Monica: So you're free Thursday, then.
 じゃあ木曜日あいてるじゃん。

Phoebe: Yeah. Oh, can I come?
 そうよ。あ、そうだ、私も行っていい?

Monica: Yeah. Rach, are you thinking you're gonna make it to Vail?
 いいわよ。レイチ、ヴェイル行けそう?

Rachel: Absolutely. Shoop, shoop, shoop. Only a hundred and two dollars to go.
 もちろんよ。シュー、シュー、シュー! あと102ドル。

Chandler: I thought it was $98.50.
 98ドル50セントじゃなかった?

Rachel: Yeah, well it was. I broke a cup.
 そうだったんだけど、カップ割っちゃったの。

Ross: Well, I'm off to Carol's.
 じゃ僕はキャロルのところへ行くよ。

Phoebe: Ooh, ooh! Why don't we invite her?
 そうそう、彼女も誘ったら?

Ross: Ooh, ooh. Because she's my ex-wife, and will probably want to bring her, ooh, ooh, lesbian life partner.
 そうそう、彼女は元妻だからね、その上きっと彼女、そうそう、レズビアンパートナーを連れてくるだろうからね。

《キャロルとスーザンの部屋》

Ross: Hi, is Carol here?
 やぁ、キャロルいる?

Susan: No, she's at a faculty meeting.
 いえ、教員会議なのよ。

Ross: Oh, just came by to pick up my skull. Well, not mine, but...
 そうか。ちょっと僕の頭蓋骨を取りに来ただけなんだ。いや、僕の頭蓋骨ってわけじゃないけど・・

Susan: Come in.
 入って。

Ross: Thanks. Yeah, Carol borrowed it for a class, and I have to get it back to the museum.
 ありがと。キャロルが学校で使うために貸したんだけど、もう博物館に返さないといけなくて。

Susan: What's it look like?
 どんなの?

Ross: Kinda like a big face without skin.
 皮膚の無い顔って感じかな。

Susan: Yes, I'm familiar with the concept. We can just look for it.
 そうね。それなじみがあるわ。捜しましょう。

Ross: Ok. …… Wow, you guys sure have a lot of books about being a lesbian.
 わかった。(捜していて)ワオ。レズビアンに関する本がいっぱいあるんだね。

Susan: Well, you know, you have to take a course. Otherwise, they don't let you do it.
 まぁね、私たち講習を受けないといけないのよ。そうでないとユルサレないの。

Ross: Hey, hey, Yertle the Turtle. A classic.
 おっ! カメのヤートルだ。古典だね。

(カメのヤートル)



Susan: Actually, I'm reading it to the baby.
 それを赤ちゃんに読んで聞かせてるのよ。

Ross: The baby that hasn't been born yet? Wouldn't that mean you're... crazy?
 まだ生まれてない赤ちゃんに? それおかしくない?

Susan: What, you don't think they can hear sounds in there?
 え? 聞こえないと思ってるの?

Ross: You're not serious, I mean, you really... you really talk to it?
 本気じゃないよね。本当にマジで話しかけてるの?

Susan: Yeah, all the time. I want the baby to know my voice.
 そうよ。いつもね。私の声を覚えてほしいもの。

Ross: Do you uh, do you talk about me?
 あー、僕のこと話したりする?

Susan: Yeah, yeah, all the time.
 ええ、いつも。

Ross: Really?
 本当に?

Susan: But, we just refer to you as Bobo the Sperm Guy.
 ただの精子提供者っていってるけどね。

《モニカの部屋》

Ross: Look, if she's talking to it, I just think that I should get some belly time too. Not that I believe any of this.
 彼女が話しかけてるっていうんなら、僕だっておなかに話しかけるよ。信じるわけじゃないけど。

Phoebe: Oh, I believe it. I think the baby can totally hear everything. I can show you. Look, this will seem a little weird, but you put your head inside this turkey, and then we'll all talk, and you'll hear everything we say.
 あら私は信じるわ。赤ちゃんは何でも聞こえてると思うわ。ほら見て。ちょっと変に見えるかもしれないけど、ターキーの中に頭を入れてみなさいよ。私たちが話すのが全部聞こえるわよ。

Chandler: I'd just like to say that I'm totally behind this experiment. In fact, I'd very much like to butter your head.
 その実験いいと思うよ。頭にバター塗ってあげるよ。

(behind=陰で支える、支持するの意味あり)

(レイチェルがくる)
Monica: Hey, Rach, did you make your money?
 ねぇ、レイチ、お金できた?

Rachel: No, not even close. Forget Vail, forget seeing my family, forget shoop, shoop, shoop.
 ほど遠いわ。ヴェイルはあきらめるわよ。家族に会うことも、シューッシューッシューッも。

Monica: Rach, here's your mail.
 レイチ、手紙よ。

Rachel: Thanks, you can just put it on the table.
 ありがと。テーブルに置いといて。

Monica: No, here's your mail.
 ダメ。手紙よ。

Rachel: Thanks, you can just put it on the table.
 ありがと。テーブルに置いといて。

Monica: Would you just open it?
 いいから開けなさい。

Rachel: Oh my god, oh, you guys are great.
(中のお金を見て)ウワォ。まぁ。みんな最高!

Monica: We all chipped in.
 みんなで出し合ったのよ。

Ross: We did?
 (モニカに)みんなで?

Monica: You owe me 20 bucks.
 20ドル貸しね。

Rachel: Thank you. Thank you so much!
 ありがとう。ほんとありがとう!

Monica: Chandler, here you go, got your traditional Thanksgiving feast, you got your tomato soup, your grilled cheese fixings, and your family size bag of Funyuns.
 チャンドラー、はい、あなた用サンクスギビングのごちそうよ。トマトスープ、焼きチーズ、お徳用スナック菓子。

(こちらが grilled cheese fixings
grilledcheese.jpg

Funyuns-Wasabi.jpg
 Funyunsはわさび味の写真発見しました)

Rachel: Wait, wait, Chandler, this is what you're having for Thanksgiving dinner? What, what, what is it with you and this holiday?
 待って待って、チャンドラー、それがサンクスギビングのごちそうなの? なんで? なんかあるの?

Chandler: All right, I'm nine years old.
 いいかい、僕が9歳の時だった。

Ross: Oh, I hate this story.
 ああ、その話キライ。

Chandler: We just finished this magnificent Thanksgiving dinner. I have--and I remember this part vividly--a mouthful of pumpkin pie, and this is the moment my parents choose to tell me they're getting divorced.
 僕らちょうど素晴らしいサンクスギビングディナーを終えたところだった。はっきり覚えてるんだけど、パンプキンパイを口いっぱいにほおばったところで、うちの親は離婚するって言い出したんだ。

Rachel: Oh my god.
 まぁ。。

Chandler: Yes. It's very difficult to appreciate a Thanksgiving dinner once you've seen it in reverse.
 そう。一度全部吐き出して以来、サンクスギビングディナーを祝うのは難しいわけ。

《地下鉄駅》

Joey: Hi. We uh, we used to work together.
 やぁ。僕ら一緒に仕事してたことあるよね。

Girl: We did?
 そう?

Joey: Yeah, at Macy's. You were the Obsession girl, right?
 ああ。メイシーズで。君はオブセッションを売ってたよね?

Girl: Yes.
 そうよ。

Joey: I was the Aramis guy. Aramis? Aramis?
 僕はアラミス。(スプレーするマネをしつつ)アラミス?アラミス?

Girl: Yeah, right.
 ああ、そうなんだ。

Joey: I gotta tell you. You're the best in the business.
 君は本当に上手だよね。

(I gotta tell you は「君に言わなくちゃ」だけど、
 「本当に」に置き換えてみました)


Girl: Get out.
 ウソよ。 

Joey: I'm serious. You're amazing. You know when to spritz, when to lay back.
 本当だよ。君はすごいよ。いつ吹きかけるか、いつ下がるか、わかってるんだよね。

Girl: Really? You don't know what that means to me.
 本当? すごくうれしいわ。

Joey: Ooh, you smell great tonight. What're you wearing?
 わぉ。いい香りだね。何をつけてるの?

Girl: Nothing.
 何も。

Joey: Listen, uh, you wanna go get a drink or something?
 ねぇ、飲みに行かない?

Girl: Yeah. ….. Oh.
 そうね。(よそ見をして驚き、引く)

Joey: What's wrong?
 どうした?

Girl: I just remembered, I have to do something.
 ちょっと思い出したことがあって

Joey: Oh. What?
 え、なに?

Girl: Um, leave.
 行かなくちゃ。

Joey: Wait, wait, wait!
 待って待って待って!

(それから見回して、自分のポスターを見つける。
 What Mario isn't telling you...V.D., you never know who might have it.
 V.D.=venereal disease  マリオが隠しているのは・・・
 性病・・・誰が病気かわからないのです)


《セントラルパーク:ジョーイがくる》

Joey: So I guess you all saw it.
 (みんな笑ってるので)ああ、みんな見たんだな。

Rachel: Saw what?
 何を?

Phoebe: No, we were just laughing. You know, how laughter can be infectious.
 知らないわ。私たち笑ってただけよ。ほら、笑いって伝染するじゃん?

《モニカの部屋:ジョーイがくる》

Joey: Set another place for Thanksgiving. My entire family thinks I have VD.
 サンクスギビングの予定変更だ。家族みんなが俺は性病持ちだと思ってる。

Chandler: "Tonight, on a very special Blossom."
 今宵のドラマもお見逃しなく!

(これはシットコムのvery special episode
 見逃さないようにというコマーシャルをマネたもの)



(Blossomを調べていたらアルフが出てきたので
 載せてみました。)

 
《モニカの部屋》

Monica: Mmm, looking good. Ok, cider's mulling, turkey's turking, yams are yamming. What?
 ん〜。いい感じだわ。リンゴ酒もいい感じ、ターキーは焼けてきてるしヤムイモもおいしそう。(ロスに)何よ?

Ross: I don't know. It's just not the same without Mom in the kitchen.
 なんだかね。ママがいないと感じが出ないよ。

Monica: All right, that's it. You know what? Just get out of my way and stop moping.
 わかったわよ、もういい。とにかく邪魔しないで。暗くなるのやめて。

Ross: That's closer.
 似てきた。

(レイチェルがくる)
Rachel: I got the tickets! I got the tickets! Five hours from now, shoop, shoop, shoop.
 チケット手に入れたわ! チケットよ! あと5時間で、シューッシューッシューッ!

Chandler: Oh, you must stop shooping.
 ああもうシューっはやめてほしいよ。

Rachel: Ok, I'm gonna get my stuff.
 さぁ、荷物持ってこようっと。

Joey: Chandler, will you just come in already?
 (入り口に立っているチャンドラーに)チャンドラー、いいかげん入ってこない?

Chandler: No, I prefer to keep a safe distance from all this merriment.
 いや。楽しい雰囲気とは距離をおいとかないと。

Phoebe: Look out, incoming pumpkin pie!
(パンプキンパイをチャンドラーに近づけながら)気をつけて! パンプキンパイがくるわよ!

Chandler: Ok, we all laughed when you did it with the stuffing, but that's not funny anymore.
 うん、ターキーの詰め物の時には笑ってたけど、これはもうおもしろくない。(出ていく)

Joey: Hey, Monica, I got a question. I don't see any tater tots.
 モニカ、質問だけど、一口ポテトがないみたい。

オレアイダ!)

Monica: That's not a question.
 それ質問じゃないじゃん。

Joey: But my mom always makes them. It's like a tradition. You get a little piece of turkey on your fork, a little cranberry sauce, and a tot! It's bad enough I can't be with my family because of my disease.
 ママはいつも作ってくれたんだよ。伝統みたいなもんでさ。ターキー一切れをフォークに載せるだろ、クランベリーソースをかけて、そしてポテト! ただでさえこの病気のせいで実家にいけないでいるのに。

Monica: All right, fine. Tonight's potatoes will be both mashed with lumps, and in the form of tots.
 わかったわよ。今夜は塊入りマッシュポテトと一口ポテトとでいくわよ。

Ross: Ok, I'm off to talk to my unborn child.
 よし。僕はまだ生まれてない僕の赤ちゃんと話しにいってくるよ。

Monica: Ah!
 あっ!(つまみ食いをしようとしたロスの手を叩く)

Ross: Ok, Mom never hit.
 ママは絶対叩かない。

Phoebe: Ok, all done.
 できたわよ!

Monica: What, Phoebe, did you whip the potatoes? Ross needs lumps!
 えっ!フィービー、ポテト全部つぶしちゃったの? ロスは塊が欲しいのに!

Phoebe: Oh, I'm sorry, oh, I just, I thought we could have them whipped and then add some peas and onions.
 あら、ごめん。でもつぶしてからエンドウ豆とオニオンを入れるかと思ったのよ。

Monica: Why would we do that?
 なんでそんなことするの?

Phoebe: Well, 'cause then they'd be like my mom used to make them, you know, before she died.
 だって、私のママが作ったようにしてくれるかと思ったのよ。ママが死ぬ前に・・。

Monica: Ok, three kinds of potatoes coming up.
 わかったわよ。3通りのポテトを出すわよ。

Rachel: Ok, good-bye you guys. Thanks for everything. Oh, sorry! Oh, sorry!
 さぁ、じゃあね、みんな。いろいろありがとう。(スキーをぶつけて)あ、ごめん、あ、ごめんなさい。

(チャンドラーが走ってくる)
Chandler: The most unbelievable thing has happened. Underdog has just gotten away.
 信じられないことが起きたぞ。アンダードッグが暴走した!

Joey: The balloon?
 バルーンの?

Chandler: No, no, the actual cartoon character. Of course the balloon. It's all over the news. Right before he reached Macy's, he broke free and was spotted flying over Washington Square Park. I'm going to the roof, who's with me?
 違うよ。アニメのキャラクターが暴走してるんだよ。もちろんバルーンだよ。ニュースはそれでもちきりだ。メイシーズにつく直前に離れてワシントンスクエアパークへ飛んでったんだ。屋上へ見に行くけど、一緒に行く?

Rachel: I can't, I gotta go.
 私はダメよ。もう行くの。

Chandler: Come on. An 80-foot inflatable dog let loose over the city. How often does that happen?
 いいじゃん。80フィート(24,384メートル)のバルーンが街中を暴走中なんだぞ。そんなの滅多に見ないぞ。

Phoebe: Almost never.
 まずないわね。

Monica: Got the keys?
 鍵持った?

Rachel: Ok.
 オーケー。

《キャロルとスーザンの部屋》

Carol: Anytime you're ready.
 いつでもどうぞ。

Ross: Ok, ok, here we go. Ok, where am I talking to, here? I mean, uh, well, there is one way that seems to offer a certain acoustical advantage, but...
 よし、よし。行くぞ・・・ねぇ、どこに向かって話しかければいい? まぁ、音響効果のいいところがあるようだけど・・

Carol: Just aim for the bump.
 おなかの膨らみに向かって話すのよ。

Ross: Ok, ok, ok, ok, here goes. You know, I, you know, can't do this. Uh, this is too weird. I feel stupid.
 わかったわかった、わかったよ。行くよ。あー。えー、やっぱりできないよ。変だよ。バカみたい。

Carol: So don't do it, it's fine. You don't have to do it just because Susan does it.
 じゃあやめていいのよ。スーザンがするからって無理にしなくてもいいのよ。

Ross: Hello, baby. Hello, hello.
 ハーイ赤ちゃん、ハローハロー。

《モニカの部屋の前》

Rachel: I loved the moment when you first saw the giant dog shadow all over the park.
 セントラルスクエアパークじゅうあの巨大な犬の影になっててすごかったわ。

Phoebe: Yeah, but did they have to shoot him down? I mean, that was just mean.
 そうね。でも撃ち落とすことないんじゃないの? 意地悪よ。

Monica: Ok, right about now the turkey should be crispy on the outside, juicy on the inside. Why are we standing here?
 さあ。ちょうどターキーも表面はカリカリ、中はジューシーに焼けた頃よ。なんでここに立ってんの。

Rachel: We're waiting for you to open the door. You got the keys.
 あなたがドアをあけてくれるの待ってるのよ。鍵持ってるでしょ。

Monica: No I don't.
 持ってないわよ。

Rachel: Yes, you do. When we left, you said, "got the keys."
 いや持ってるでしょう。部屋を出る時、「鍵持った」って言ったじゃない。

Monica: No I didn't. I asked, "got the keys?"
 言ってないわよ。「鍵持った?」って言ったのよ。

Rachel: No, no, no, you said, "got the keys".
 違う違う「鍵持った」って言ったわよ。

Chandler: Do either of you have the keys?
 誰か鍵持ってる?

Monica: The oven is on.
 オーブンがついてるのよ。

Rachel: Oh, I gotta get my ticket!
 チケットは中よ!

Joey: Wait, wait, we have a copy of your key.
 待て待て、うちにも鍵あるよ。

Monica: Well then get it, get it!
 じゃあ早くとってきてよ。

Joey: That tone will not make me go any faster.
 そんな言い方じゃ早く取りに行かないぞ。

Monica: Joey!
 ジョーイ!

Joey: That one will.
 すぐ行きます。

《キャロルとスーザンの部屋》

Ross: And everyone's telling me, you gotta pick a major, you gotta pick a major. So, on a dare, I picked paleontology. And you have no idea what I'm saying, because, let's face it, you're a fetus. You're just happy you don't have gills anymore.
 それから専攻を選べ選べってみんなが言うから、思い切って古生物学を取ったんだ。聞いてる君は何のことかさっぱりだろうね。だって君は胎児だもんね。エラがなくなって喜んでるところだ。

(胎児がエラを持つ時期があると唱えた説が
 あるが古いもので、現在は否定されている)


Carol: Look, you don't have to talk to it. You can sing to it if you want.
 ねぇ、話さなくても、歌ってもいいのよ。
 
Ross: Oh, please. I am not singing to your stomach, ok?
 勘弁してよ。おなかに向かって歌ったりしないからね。

(スーザンがくる)
Susan: Hi, how's it going?
 ハーイ、うまくいってる?

Ross: Shh! Here we come, walking down the street, get the funniest looks from, everyone we meet. Hey, hey! Hey, uh, did you just feel that?
 シーッ!(Monkeesのテーマ)わっ!(キャロルに)今の感じた?

Carol: I did.
 感じた!

Ross: Does it always, uh--?
 よくあること?

Carol: No, no that was the first.
 いいえ。初めてよ。

Susan: Keep singing! Keep singing!
 続けて続けて。歌って。

Ross: Hey, hey, you're my baby, and I can't wait to meet you. When you come out I'll buy you a bagel, and then we'll go to the zoo.
 ヘイヘイ、君は僕の赤ちゃん、
 早く会いたいよ。
 生まれてきたら、ベーグルを買ってあげるよ。
 それから動物園へ行こう

Susan: I felt it!
 私にもわかったわ!

Ross: Hey, hey, I'm your daddy. I'm the one without any breasts.
 ヘイヘイ、僕は君のパパだよ。
 おっぱいのついてない人だよ。

《モニカの部屋の前》

Joey: Nope, not that one.
 いや、これも違うな

Monica: Can you go any faster with that?
 もっと早くできないの?

Joey: Hey, I got one keyhole and about a zillion keys. You do the math.
 な、鍵穴は一つだけど鍵は山ほどあるんだ。計算してみろよ。

Rachel: Why do you guys have so many keys in there anyway?
 いったいどうしてこんなにたくさんの鍵があるのよ?
 
Chandler:For an emergency just like this.
 こんな緊急事態のため?

Rachel: All right, listen, smirky. If it wasn't for you and your stupid balloon, I would be on a plane watching a woman do this right now. But I'm not.
 いいこと? にやにやして。あなたさえあんなバカなバルーンのことを言い出さなければ、今頃は機内でこれを(フライトアテンダントの仕草をマネて)見てるところよ。それなのにここにいる。

Monica: I swear you said you had the keys.
 あなた確かに鍵を持ったって言ったわよ

Rachel: No, I didn't. I wouldn't say I had the keys unless I had the keys, and I obviously didn't have the keys.
 言ってないわよ。鍵を持ちもしないのに持ったって言わないわよ。本当に持ってないわよ。

Phoebe: Ooh, ok, that's it. Enough with the keys. No one say keys.
 ちょっともう、そこまでよ。けんかはやめて。誰も鍵って言わない。

Monica: Why would I have the keys?
 なんで私が鍵を持つのよ?

Rachel: Aside from the fact that you said you had them?
 あなたが鍵を持ったって言ったのよ。

Monica: But I didn't.
 でも持ってない。

Rachel: Well, you should have.
 持ってくべきだったわよ。

Monica: Why?
 なんで?

Rachel: Because!
 だって!

Monica: Why?
 なんで?

Rachel: Because!
 だって!

Monica: Why? Because everything is my responsibility? Isn't it enough that I'm making Thanksgiving dinner for everyone? You know, everyone wants a different kind of potatoes, so I'm making different kinds of potatoes. Does anybody care what kind of potatoes I want? Nooooo, no, no! Just as long as Phoebe gets her peas and onions, and Mario gets his tots, and it's my first Thanksgiving, and it's all burned, and, and I... I...
 なんでよ?! 何もかも私の責任だから? みんなにサンクスギビングディナーを作るだけじゃ足りない? みんなして違う種類のポテトを欲しがって。誰か私はどんなポテトが好きか気にかけてくれた人はいる? ゼロよ。フィービーはエンドウ豆とオニオンが欲しいんだしマリオは一口、これが私の初めてのサンクスギビングなのに、全部燃えちゃって・・もう・・もう・・

Chandler: Ok, Monica, only dogs can hear you now, so, look, the door's open. Here we go.
 なぁモニカ、もう犬にしか聞こえない超音波になってるぞ。さあドアが開いたぞ。行こう。

Monica: Well, the turkey's burnt. Potatoes are ruined, potatoes are ruined, potatoes are ruined.
 ターキーは黒こげ。ポテトもダメになった。このポテトも、このポテトもダメ。

(ロスがくる)
Ross: Here we come, walking down the−this doesn't smell like Mom's.
 (Monkeesのテーマ)これはママのと匂いが違うよ。

Monica: No, it doesn't, does it? But you wanted lumps, Ross? Well, here you go, buddy, you got one.
 そうね違うわよね!でも塊が欲しいのよね、ロス。ほら、塊ならあるわよ。

Rachel: Oh, god, this is great! The plane is gone, so it looks like I'm stuck here with you guys.
 (電話を終えて)サイコーよ。私の便はいっちゃったわ。ここであなたたちと過ごさなきゃならなくなったわ。

Joey: Hey, we all had better plans. This was nobody's first choice.
 待てよ。みんな別のプランがあったんだ。こうしたくてしてるんじゃないんだぞ。

Monica: Oh, really? So why was I busting my ass to make this delicious Thanksgiving dinner?
 あらそうですか?! じゃあどうして私はこんな必死でおいしいサンクスギビングディナーを作らなきゃならなかったのよ?!

Joey: You call that delicious?
 これがおいしいっての?

Monica: Stop it, stop it, stop it!
 やめてやめてやめて!

Chandler: Now this feels like Thanksgiving.
 サンクスギビングらしくなってきた。

《モニカの部屋:時間経過》

Phoebe: Ooh.
 おー!

Rachel: What?
 どうしたの?

Phoebe: Ugly Naked Guy's taking his turkey out of the oven. Oh my god. He's not alone. Ugly Naked Guy's having Thanksgiving dinner with Ugly Naked Gal.
 ブサイク裸男がターキーをオーブンから出したところよ。まぁ! 彼一人じゃないわよ。ブサイク裸男がサンクスギビングディナーをブサイク裸女と過ごしてる!

Joey: I've gotta see this. All right Ugly Naked Guy!
 それは見逃せないぞ。やったぜブサイク裸男!

Monica: Ooh, Ugly Naked Dancing!
 うわー。ブサイク裸ダンス!

Phoebe: It's nice that he has someone.
 誰がと一緒って素敵ね。

《モニカの部屋:時間経過》

Chandler: Shall I carve?
 切り分けましょうか?

Rachel: By all means.
 お願いします。

Chandler: Ok, who wants light cheese, and who wants dark cheese?
 黒いチーズが欲しい人いるかな?

Ross: I don't even wanna know about the dark cheese.
 なんで黒いのか知りたくもないね。

Monica: Does anybody wanna split this with me?
 これ半分こしたい人いる?

Joey: Oh, I will.
 あ、もらうよ。

Phoebe: Ooh, you guys have to make a wish.
 あ、願いをかけなきゃ。

Monica: Make a wish?
 願いを?

Phoebe: Come on, you know, Thanksgiving. Ooh, you got the bigger half. What'd you wish for?
 だってほら、サンクスギビングだから分け合うのよ。(ジョーイに)あっ、大きい方がとれたわね。何を願った?

Joey: The bigger half.
 大きい方。

Chandler: I'd like to propose a toast. Little toast here, ding ding. I know this isn't exactly the kind of Thanksgiving that all of you planed, but for me, this has been really great, you know, I think because it didn't involve divorce or projectile vomiting. Anyway, I was just thinking if you'd gone to Vail, and if you guys'd been with your family, if you didn't have syphilis and stuff, we wouldn't be all together, you know? So I guess what I'm trying to say is that I'm very thankful that all of your Thanksgivings sucked.
 乾杯しよう。ささやかに乾杯だ。いい? みんなが望んだサンクスギビングじゃないことはわかってるけど、僕にとっては、最高だ。離婚や威勢良く吐き出すこととは縁がなかったからね。とにかく、もし君がヴェイルに行っていたら、もし君が家族と過ごしていたら、それにもしおまえが梅毒かなんか持ってなかったら、僕ら一緒に過ごしてないわけだよね? だから、つまり言いたいのは、みんなのサンクスギビングがダメになったことに感謝してるよ。

All: That's so sweet.
 素敵。

Ross: And hey, here's to a lousy Christmas.
 ああそうだ。クリスマスもダメにしよう。

Rachel: And a crappy New Year.
 それからニューイヤーもね。

Chandler: Here, here!
 そうだそうだ!

《地下鉄駅:ジョーイがポスターのV.D.部分を剥がす》

Bladder Control Problem
 尿漏れにお悩みなら(剥がす)

Stop Wife Beating
 ストップ家庭内暴力(剥がす)

Hemorrhoids?
 痔?(剥がす)

Winner of 3 Tony Awards...
 トニー賞3回受賞



体調不良のためこのブログをお休みして、YouTube で
アメリカンアイドルやエックスファクターをいっぱい見てましたが、
ふとした静かなときに頭に浮かんだのは、「迷えるチャンドラー」の時の
ジョーイのフロイトの歌でしたがく〜(落胆した顔)



にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村


英語 ブログランキングへ

posted by らんち at 18:36| Comment(0) | Season1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。