2013年05月05日

1-7 The One with the Blackout

1-7 大停電の話

 ☆マンハッタンが真っ暗!☆

《セントラルパーク》
Rachel: Everybody? Shh, shhh. Uhhh... Central Perk is proud to present the music of Miss Phoebe Buffay.
 みなさん? シーッ♪ セントラルパークが自信をもってお届けします、フィービー・ブッフェさんです。

Phoebe: Hi. Um, I want to start with a song thats about that moment when you suddenly realize what life is all about. OK, here we go. (plays a chord, then the lights go out) OK, thank you very much.
 ハーイ。えー、最初の曲は、人生とは何か突如ひらめいた瞬間を歌ったものです。いきます。(ジャーン♪停電) はい、ありがとうございました。

《銀行のATM・停電でドアが開かない》

Chandler: Oh, great. This is just...
 わっ、なんだよ。まったくこれって・・(美人モデルがいることに気づき喜び歩き(?)をする)

《モニカの部屋》

Rachel: Wow, this is so cool, you guys. The entire city is blacked out!
 わぁ・・すごいわねぇ、みんな、街全体が真っ暗よ!

Monica:(電話中、みんなに) Mom says it's all of Manhattan, parts of Brooklyn and Queens, and they have no idea when it's coming back on.
 ママが、マンハッタン全部とブルックリンやクイーンズも一部停電なんですって。いつ復旧するかわからないんですって!

Rachel: Wow, you guys, this is big.
 わーお。大事件ね。

Monica: Pants and a sweater? Why, mom? Who am I gonna meet in a blackout? Power company guys? Eligible looters? Could we talk about this later? OK.
 なんで?パンツとセーターよ、ママ。停電の中で誰と出会うっていうの? 電力会社の人? 結婚できそうなドロボー? またにしましょ、ね。

Phoebe: Can I borrow the phone? I want to call my apartment and check on my grandma. What's my number? …. Well, I never call me.
 電話借りていい? うちのおばあちゃんが大丈夫か聞きたいわ。私の電話番号何番?(モニカに呆れられて)だって自分に電話かけたことないもん。

《銀行》

Chandler: Oh my God, it's that Victoria's Secret model. Something... something Goodacre.
 おーまいごーっど!ビクトリアズシークレットのモデルだ! なんとか・・なんとかグッドエーカー。

chandler-and-jill-goodacre.jpg

Jill: Hi Mom, it's Jill.
 (電話で)ハーイ、ママ、ジルよ。

236970.jpg
(Jill Goodacre さん、Harry Connick Jr. さんと1994年に結婚、
 ハリーさんは、「インデペンデンス・デイ」のヒラー大尉(ウィル・スミス)の親友とか、
 「My Dog Skip」 の主人公の声(ナレーション)などされており、2004年には
 「PS.アイラブユー」でリサ・クドローさんと共演したりしてるんですね!)



(日本ではこのCMで知られているのですね。ジルさんも出演)

Chandler: She's right, it's Jill. Jill Goodacre. Oh my God. I am trapped in an ATM vestibule with Jill Goodacre! Is it a vestibule? Maybe it's an atrium. Oh, yeah, that is the part to focus on, you idiot!
 その通り。ジルだ。ジル・グッドエーカー。信じられない! ATMコーナーにジル・グッドエーカーと二人で閉じ込められてる!  ・・・ATMコーナー?もしかしてATM室? もうなんだよ今そんなこと考えてる場合かよ、俺のバカ!

Jill: Yeah, I'm fine. I'm just stuck at the bank, in an ATM vestibule.
 (電話で)大丈夫よ。ただ銀行を出られなくなっちゃったの。ATMコーナーで。

Chandler: Jill says vestibule... I'm going with vestibule.
 ジルが言うにはコーナーだ。ATMコーナーでいくぞ。

Jill: I'm fine. No, I'm not alone... I don't know, some guy.
 大丈夫。ううん、一人じゃないわ。知らない。男の人よ。

Chandler: Oh! Some guy. Some guy. "Hey Jill, I saw you with some guy last night. Yes, he was some guy."
 おお!男の人だって! 男の人だ。「やぁジル、昨日男の人と一緒にいたのを見たよ。ああ、あれは男の人だった」(嬉しそうに歩いて気味悪がられる)

《モニカの部屋(ジョーイがユダヤ教のキャンドルスタンドを持ってくる)》

Joey: Hi everyone.
 ハーイみんな。

Ross: And officiating at tonight's blackout, is Rabbi Tribbiani.
 今夜の停電の司祭はラビ・トリビアーニです。

Joey: Well, Chandler's old roomate was Jewish, and these are the only candles we have, so... Happy Chanukah, everyone.
 だってチャンドラーの前のルームメイトはユダヤ教の人だったんだよ。これしかなくて・・だから・・ハッピーハヌカ!

Phoebe: Eww, look. Ugly Naked Guy lit a bunch of candles.
 うぇー! 見て! 裸のブ男がキャンドルに火をつけた!
(みんなで覗いて、見ていて顔をしかめる)

Rachel: That had to hurt!
 あれは痛いわ!

《ATMコーナー》

Chandler: Alright, alright, alright. It's been fourteen and a half minutes and you still have not said one word. Oh God, do something. Just make contact, smile!
 おいおいおい。14分半もたってるのに一言もしゃべってないぞ。ああ!何かしろよ。コンタクトを取るんだよ。笑顔だ!
(ニッコリしてみるとジルも笑顔を見せる)

Chandler: There you go! ….. You're definitely scaring her.
 これでいけるぞ!(ニッコリし続けたので顔をそむけられる) 怖がらせちゃったじゃないか。

Jill: Would you like to call somebody?
 誰かに電話する?

Chandler: Yeah, about 300 guys I went to high school with. Yeah, thanks.
 (心の中で)ああ、高校の同級生300人に。(声に出して)ああ、ありがとう。

《モニカの部屋:電話が鳴る》

Monica: Hello?
 もしもし?

Chandler: Hey, it's me.
 もしもし、俺だ。

Monica: It's Chandler! (on phone) Are you OK?
 (みんなに)チャンドラーよ!(電話で)あなた大丈夫?

Chandler: Yeah, I'm fine. I'm stuck in an ATM vestibule with Jill Goodacre.
 ああ大丈夫だよ。ジル・グッドエーカーとATMコーナーに閉じ込められてるんだよ。

Monica: What?
 なに?

Chandler: I'm stuck in an ATM vestibule with Jill Goodacre.
 ジル・グッドエーカーとATMコーナーに閉じ込められてるんだよ。

Monica: I have no idea what you just said.
 何ってんのか全然わかんない。

Chandler: Put Joey on the phone.
 ジョーイに代わって!

Joey: What's up man?
 どした?

Chandler:I'm stuck in an ATM vestibule with Jill Goodacre.
 ジル・グッドエーカーとATMコーナーに閉じ込められてる!

Joey:Oh my God! He's trapped in an ATM vestibule with Jill Goodacre! Chandler, listen…..
 うっそー! (みんなに)あいつATMコーナーにジル・グッドエーカーと閉じ込められてる! (電話で)いいか、○×※△∃(チャンドラー以外聞き取り不能)

Chandler: Yeah, like that thought never entered my mind.
 ああ、それを思いつかない俺だとでもいうのかよ。

《モニカの部屋:時間経過》

Rachel: Alright, somebody.
 オーケー、次誰か。

Monica: OK, I'll go. OK, senior year of college... on a pool table.
 いいわ私ね。そうね、大学4年の時ビリヤード台の上で。

All: Whoooaa!
 わーお!

Ross: That's my sister.
 さすが我が妹。

Joey: OK... my weirdest place would have to be... the women's room on the second floor of the New York City public library.
 そうだな、俺の変な場所でっていうと・・ニューヨーク市立図書館2階の女性用化粧室。

Monica: Oh my God! What were you doing in a library?
 まさか?! あなた図書館で何してたのよ?

Ross: Pheebs, what about you?
 フィーブス、君は?

Phoebe: Oh... Milwaukee.
 そうね、ミルウォーキー。(「場所」じゃないのでみんないつもの沈黙)

Rachel: Um... Ross?
 じゃあ・・ロス?

Ross: Disneyland, 1989, 'It's a Small World After All.'
 ディズニーランド。1989年。やっぱりスモールワールドだね。

All: No way!
 うっそー。

Ross: The ride broke down. So, Carol and I went behind a couple of those mechanical Dutch children... then they fixed the ride, and we were asked never to return to the Magic Kingdom.
 乗り物が壊れたんだよ。それでキャロルと僕はあのオランダの子供の人形に隠れて。そうしたら乗り物が復旧して見つかって、マジックキングダムには二度と来ないように言われたよ。

Phoebe: Oh, Rachel.
 じゃあレイチェル。

Rachel: Oh come on, I already went.
 なによ、私はもう言ったわ。

Monica: You did not go!
 言ってないわよ。

All: Come on.
 ほら!

Rachel: Oh, alright. The weirdest place would have to be.... oh, the foot of the bed.
 わかったわよ。変な場所っていうと・・あー、ベッドの足もとよ。

Ross: Step back.
 みんな下がれ!

Joey: We have a winner!
 優勝は決まり!

《時間経過》

Rachel: I just never had a relationship with that kind of passion, you know, where you have to have somebody right there, in the middle of a theme park.
 私、情熱的な関係なんてぜんぜん経験ないのよ。テーマパークの真ん中で求め合っちゃうような。

Ross: Well, it was the only thing to do there that didn't have a line.
 まぁ、これだけは並ばずにできるからね。

Rachel: There, well, see? Barry wouldn't even kiss me on a miniature golf course.
 ね、それよ。バリーはミニゴルフ場でキスさえしなかったのよ。

Ross: Come on.
 ほんとに?

Rachel: No, he said we were holding up the people behind us.
 ほんと。後に来る人を待たせちゃうって。

Ross: And you didn't marry him because...?
 結婚をやめた理由はそれかな?

Rachel: I mean, do you think there are people who go through life never having that kind of...
 ねぇ、そういう情熱を持たないままで終わる人もいるのかしら?

Ross: Probably. But you know, I'll tell you something. Passion is way overrated.
 かもね。でも、言っておくけど、情熱ってのは言われてるほどのものじゃないよ。

Rachel: Yeah right.
 そうね。

Ross: It is. Eventually, it kind of... burns out. But hopefully, what you're left with is trust, and security, and... well, in the case of my ex-wife, lesbianism. So, you know, for all of those people who miss out on that passion... thing, there's all that other good stuff.
 そうだよ。結局は・・燃え尽きる。うまくいけば、そこに残るのは信頼、安定・・・僕の元妻の場合は同性愛だった。だからね、情熱なしだった場合でも、ほかにいいことがあるんだ。

Rachel: OK.
 そうね。

Ross: But... I don't think that's going to be you.
 でも君の場合は違うと思うな。

Rachel: You don't.
 そうなの?

Ross: Uh-uh. See, I see.... big passion in your future.
 うん。今後激しい情熱が待っている気がするよ。

Rachel: Really?
 ほんと?

Ross: Mmmm.
 うん。

Rachel: You do?
 そう思う?

Ross: I do.
 思うよ。

Rachel: Oh Ross, you're so great.
 ああロス、あなたって本当いい人ね。
(いかにも友達っぽく頭をいじって立ち去るレイチェル)

Joey: It's never gonna happen.
 絶対まとまらない。

Ross: What?
 なにが?

Joey: You and Rachel.
 おまえとレイチェルだよ。

Ross: What? …… Why not?
 何の話?(見抜かれているとあきらめて)なんで?

Joey: Because you waited too long to make your move, and now you're in the friend zone.
 誘うの遅すぎるよ。今じゃお前は友達ゾーンだ。

Ross: No, no, no. I'm not in the zone.
 違う違う違う、そんなゾーンにいないよ。

Joey: Ross, you're mayor of the zone.
 ロス、おまえそこの市長だよ。

Ross: I'm taking my time, alright? I'm laying the groundwork. Yeah. I mean, every day I get just a little bit closer to...
 時間をかけてるんだよ。土台を固めてるんだ。そうだよ。日々、少しずつ近づいて・・

Joey: Priesthood! Look Ross, I'm telling you, she has no idea what you're thinking. If you don't ask her out soon you're going to end up stuck in the zone forever.
 聖職の域にかよ! ロス、いいか、おまえが思ってること、彼女には全くわかってない。早くしないと、もう永遠に友達ゾーンのままだぞ。

Ross: I will, I will. See, I'm waiting for the right moment. …..What? What, now?
 誘うよ誘うよ。ただ最高な瞬間を待ってるんだよ。・・・・何だよ。なに? 今?

Joey: Yeah-ha! What's messing you up? The wine? The candles? The moonlight? You've just got to go up to her and say, "Rachel, I think that…"
 なんだよ、何がいけないっつうんだよ。ワインありキャンドルあり、月の光もあって? あとはもう出てって言うだけだよ、「レイチェル、僕は・・」

Ross: Shh!
 (レイチェルが来たので)シーッ!

Rachel: What are you shushing?
 何がシーッなの?

Ross: We're shushing... because... we're trying to hear something. Listen. ….. Don't you hear that?
 静かにして・・えー、聞いてるんだよ。ほら。聞こえない?

Rachel: Ahhhh!
 ああ!

Ross: See?
 ね。

Rachel: Huh.
 はぁ。(わかんないけど)

《ATMコーナー》

Jill: Would you like some gum?
 ガム食べる?

Chandler: Um, is it sugarless?
 あー、シュガーレス?

Jill: Sorry, it's not.
 残念、違うわ。

Chandler: Oh, then no thanks. What the hell was that? Mental note: If Jill Goodacre offers you gum, you take it. If she offers you mangled animal carcass, you take it.
 ああ、じゃあ遠慮しとくよ。(心の中で)何だよそれ?! 心に刻め!もしジル・グッドエーカーがガムを勧めてくれたら、もらっとけ! 彼女が差し出してくれるならズタズタの動物の死骸でももらっとけ!

《モニカの部屋》

Phoebe: New York City has no power, and the milk is getting sour. But to me it is not scary, 'cause I stay away from dairy.... la la la, la la, la la...
 (歌)ニューヨークシティ電力なくなっちゃう、ミルクが酸っぱくなっちゃう。でも怖くない♪だって私は乳製品とらないから、ラララララ(書き留める)
(power と sour、 scary と dairy で韻を踏んでますが訳は無理でした)

Ross: OK, here goes.
 (ジョーイに)よし、行くぞ。

Joey: Are you going to do it?
 いよいよいくか?

Ross: I'm going to do it.
 行く。

Joey: Do you want any help?
 なんかしてほしいことある?

Ross: You come out there, you're a dead man.
 外へ出てきたら殺してやる。

Joey: Good luck, man.
 頑張れよ。

Ross: Thanks. OK.
 ありがと(ハグ)よし。(ロスはレイチェルのいるバルコニーへ出て行く)

Joey: OK. Hey, where are you going?
 よし。(モニカに)どこ行くの?

Monica: Outside.
 外よ。

Joey: You can't go out there.
 出てっちゃダメだよ。

Monica: Why not?
 なんで?

Joey: Because of... the reason.
 なんでって、理由があるからだよ。

Monica: And that would be?
 その理由って?

Joey: I,,, can't tell you.
 それは・・・言えない。

Monica: Joey, what's going on?
 ジョーイ、何だっていうのよ?

Joey: OK, you've got to promise that you'll never, ever tell Ross that I told you.
 わかったよ。でも、俺が言ったことは絶対に絶対にロスに言うなよ。

Monica: About what?
 なにを?

Joey: He's planning your birthday party.
 おまえのバースデイパーティを計画してるんだよ。

Monica: Oh my God! I love him!
 まぁ嬉しい! 大好き!

Joey: You'd better act surprised.
 驚いたフリしなきゃダメだぞ。

Phoebe: About what?
 何の話?

Monica: My surprise party!
 私のサプライズパーティよ!

Phoebe: What surprise party?
 何のサプライズパーティ?

Monica: Oh stop it. Joey already told me.
 しらばくれないで。ジョーイがもう教えてくれたわ。

Phoebe: Well, he didn't tell me.
 ま。私には教えてくれてないわ

Joey: Hey, don't look at me. This is Ross's thing.
 俺のせいじゃないよ。ロスのせいだよ。

Phoebe: This is so typical. I'm always the last one to know everything.
 お決まりのパターンよね。いつも知らされるのが最後なのよ。

Monica: No, you are not. We tell you stuff.
 そんなことないわよ。あなたにも話してるわ。

Phoebe: Yeah-huh! I was the last one to know when Chandler got bitten by the peacock at the zoo. I was the last one to know when you had a crush on Joey when he was moving in. Looks like I was second to last.
 ハッ!動物園でチャンドラーがクジャクに噛まれたのを知ったの最後だったわよ。ジョーイが越してきた時に気に入っちゃったってのを知ったのも最後だったし(モニカは黙れとジェスチャー。ジョーイが驚いたのを見て)あは! これを知ったのは最後じゃなかったみたいね。

《バルコニー》

Rachel: Hmmm... this is so nice.
 はぁ。。素敵ね。

Ross: OK, I have a question. Well, actually, it's not so much a question as.. more of a general wondering... ment.
 いい、聞きたいんだけど。いや、質問というより・・素朴な疑問というか。
(wonderingment という単語は調べてもないのですけど、ネット検索では、General wonderingments というタイトルはいっぱい出てきます。そういうのを見て、この訳にしました・・。もしかして、このロスの発言以降できた言葉?不明です)

Rachel: OK.
 なぁに?

Ross: OK. Here goes. For a while now, I've been wanting to, um....
 うん、言うよ。これまでの間、僕は言いたいと思って・・

Rachel: Oh!!!
 ああ・・!(ロスの後ろを見ている)

Ross: Yes, yes, that's right...
 (察してくれたかと勘違い)そう、そう、そうなんだよ・・

Rachel: Oh, look at the little cat!
 ああ、見てあの仔猫!

Ross: What? (the cat jumps on his shoulders) Ow!
 え?(ネコがロスの肩に飛び降りてくる)あう!

(バルコニーは大騒ぎだが室内では)
Monica, Joey, and Phoebe: (singing) I'm on top of the world, looking down on creation and the only explanation I can find, is the wonders I've found ever since...
(Top of the World を歌っていて外の騒ぎに気づかない)

《モニカの部屋;時間経過》

Monica: This is just Bactine. It won't hurt.
 ただの消毒薬だから。痛くないわよ。
bactine.jpg

Joey: Sorry, that was wax.
(ロスが痛がって)ごめん、ロウが落ちた。

Phoebe: Oh, poor little Tooty is scared to death. We should find his owner.
 まぁ、かわいそうな仔猫ちゃん、めちゃめちゃ怯えてるわ。飼い主を捜してあげなくちゃ。

Ross: Why don't we just put 'poor little Tooty' out in the hall?
 かわいそうな仔猫ちゃん廊下に出せばいいんじゃない?

Rachel: During a blackout? He'd get trampled!
 停電なのに? 踏まれちゃうわよ!

Ross: Yeah?
 そう?

《ATMコーナー》

Chandler: You know, on second thought, gum would be perfection. "Gum would be perfection"? "Gum would be perfection." Could have said "gum would be nice," or "I'll have a stick," but no, no, no, no. For me, gum is perfection. I loathe myself.
 ね、考えてみたら、ガムって完璧かも。(ジルからガムを受け取る)(心の中で)「ガムって完璧かも」?「ガムって完璧かも」!! 「ガムいいね」でも「ガムもらおうかな」でもよかったのに、いやいやいや、俺にとってガムは完璧。自分を恨むぅぅぅ。

《モニカのアパート廊下》

Rachel: Oh no, the Mellons, they hate all living things, right? Oh. Hi. We just found this cat and we're looking for the owner.
 あ、ダメ、ここはメロンさんちだわ。ここの人みんな生き物嫌いでしょ?(次のドアを叩き、出てきたヘッケルさんに)あ、ハーイ、私たちこのネコを見つけて、飼い主さん捜してるんですけど。

Mr. Heckles: Yeah, it's mine.
 ああ、それ私のネコだ。

Phoebe: He seems to hate you. Are you sure?
 この子あなたを嫌ってるようよ。本当に飼い主さん?

Mr. Heckles: Yeah, it's my cat. Give me my cat.
 ああ、私のネコだ。返して。

Phoebe: Wait a minute. What's his name?
 ちょっと待って。ネコの名前は?

Mr. Heckles: Ehhhh... B-Buttons.
 あー・・ボー・・ボタンズ。

Rachel: Bob Buttons?
 ボブ・ボタンズ?

Mr. Heckles: Mmm. Bob Buttons. Here, Bob Buttons.
 うん、ボブ・ボタンズ。おいで、ボブ・ボタンズ。

Phoebe: Oh! You are a very bad man!
 (ネコが逃げてってしまった)まぁ! あなたは本当に悪い人ね!

Mr. Heckles:You owe me a cat.
 ネコ一匹貸しだぞ。

Rachel: Here, kitty-kitty. Here kitty-kitty. Where did you go, little kitty-kitty-kitty? Here kitty-kitty-kitty-kitty...
(ろうそくの灯りでネコを捜して)おいで仔猫ちゃん、おいでおいで。どこへ言ったの仔猫ちゃん、おいでおいで仔猫ちゃん・・

Paolo: イタリア語
 ボナセーラ(こんばんは)。

Rachel: Wow.
 (見とれて)わお。

《モニカの部屋:モノポリープレイ中》

Ross: Lucky sixes....
 ラッキー6!

Rachel: Everybody, this is Paolo. Paolo, I want you to meet my friends. This is Monica.
 (パウロと一緒に入ってくる)みんな、パウロよ。パウロ、私の友人達よ。こちらモニカ。

Monica: Hi!
 ハーイ!

Rachel: And Joey....
 そしてジョーイ。

Monica: Hi!
 ハーイ!

Rachel: And Ross.
 それからロス

Monica: Hi!
 ハーイ!

Paolo:イタリア語

Rachel: He doesn't speak much English.
 彼って英語話さないの。

Paolo: Monopoly!
 モノポリー!

Rachel: Look at that!
 ほんと、見て(とモノポリーを見る)

Ross: So, um... where did Paolo come from?
 それで・・パウロはどこから?

Rachel: Italy, I think.
 イタリアからかな?

Ross: No, I mean tonight, in the building. Suddenly. Into our lives.
 そうじゃなくて、今夜ここへ。突然。僕らの生活に侵入してきて。

Rachel: Well, the cat... the cat turned out to be Paolo's cat! Isn't that funny?
 それがね、ネコちゃん、ネコちゃんはパウロのネコちゃんだったの! おもしろいじゃない?

Ross: That is funny..... and Rachel keeps touching him.
 それはおもしろいね(ジョーイに)レイチェルがずっと彼に触ってる。

Phoebe: Alright. I looked all over the building and I couldn't find the kitty anywhere.
 (ネコ探しから返ってきて)もう全部見て回ってけど仔猫見つからないわ。

Rachel: Oh, I found him. He was Paolo's cat.
 あ、私見つけたのよ。パウロのネコちゃんだったの。

Phoebe: Ah! Well! There you go! Last to know again! And I'm guessing... since nobody told me... this is Paolo.
 ハッ!またよ。最後に知るのは私! それで・・誰も教えてくれないけど、彼がパウロなのね。

Rachel: Ah, Paolo, this is Phoebe.
 あ、パウロ、こちらフィービー。

Paolo: イタリア語

Phoebe: You betcha!
(機嫌良く)そうでしょうとも!

《ATMコーナー》

Chandler: Ah, let's see. What next? Blow a bubble. A bubble's good. It's got a... boyish charm, it's impish. Here we go.
 (心の中で)うーん。えっと。次はどうする? ガムを膨らまそう! そうだ。それはいい。少年ぽい魅力だ。いたずらっぽくていい。よしいくぞ。

Chandler: Nice going, imp. OK, it's OK. All I need to do is reach over and put it in my mouth.
(ガムを固まりのまま吹き出してしまう)うまくいきましたね、いたずらッ子。よし、まだ大丈夫だ。手を伸ばして・・拾って口に戻すだけだ。

Chandler: Good save! We're back on track, and I'm.....chewing someone else's gum. This is not my gum. Oh my God! Oh my God! And now you're choking.
(拾って口に入れた)うまくいったぞ。これで元通りだ。これで・・俺ってヒトのガム噛んでる!これ俺んじゃない! なんてことだ!なんちゅう・・それが喉に詰まった!

Jill: Are you alright?
 だいじょうぶ?
(チャンドラーはOKサインをして見せるが明らかに無理がある)

Jill: My God, you're choking! Better?
 大変! 喉に詰まってる!(助けてから)よくなった?

Chandler:Yes... thank you. That was... that was....
 はぁ・・ありがとう。・・・これは・・これは・・。

Jill: Perfection?
 カンペキ?

《モニカの部屋》

Paolo:(窓の外を見ながらイタリア語でレイチェルにささやいている)

Ross: Blah blah blah, blah blah blah... blah blaaaaaah....
 (台所でジョーイと)ベラベラベラ、ベラベラベラララ!

Ross: What did he say that was so funny?
 (やってきたレイチェルに)彼が何かそんなに楽しいこと言った?

Rachel: I have absolutely no idea.
 ぜんっぜんわかんない。

Ross: That's classic.
 よくあるオチだね。

Rachel: Oh my God, you guys, what am I doing? What am I doing? This is so un-me!
 ああ、もう!ねぇ、私なにしてるのかしら? 何してるの? こんなの私らしくないわ。

Monica: If you want, I'll do it.
 なんなら私が代わろうか?

Phoebe: I know, I just want to bite his bottom lip. But I won't.
 ほんとね。もう彼の下唇に噛み付きたい。(レイチェルが見たので)でもやらない。

Rachel: God, the first time he smiled at me... those three seconds were more exciting than three weeks in Bermuda with Barry.
 ああ! 彼が私に微笑んだ最初の瞬間・・・あの3秒はバリート過ごしたバミューダよりエキサイティングだったわ!

Phoebe: You know, did you ride mopeds? 'Cause I've heard...... oh, I see... it's not about that right now. OK.
 あ、あそこで原付に乗った? 聞いたことあるんだけど・・あっ、わかったわ、今はその話じゃないのね、はい。

Rachel: You know, I know it's totally superficial and we have absolutely nothing in common, and we don't even speak the same language but God!
 ねぇ、わかってるのよ、上辺だけのことだって。何にも共通点がないし、言葉さえわからないのに、それでもワオ!

(窓際で、ロスがパウロに近づいていく)
Ross: Paolo. Hi.
 パウロ、どうも。

Paolo: Ross!
 ロス!

Ross: Listen. Um, listen. Something you should... know... um, Rachel and I... we're kind of a thing.
 ちょっといい? えー。知らせておきたいことがあるんだけど・・あー・・レイチェルと僕とはちょっと関係があるんだ。

Paolo: Thing?
 関係?

Ross: Thing, yes. Thing.
 関係、そう関係あるんだ。

Paolo: Ah, you... have the sex?
 あー。セックス?

Ross: No, no, no. Technically the... sex is not... being had, but that's... see, that's not the point. See, um, the point is that... Rachel and I should be, together. You know, and if you get in the.... um...
 いやいやいや。厳密には・・セックスは・・まだ行われておらず・・しかし・・言いたいのはそこじゃなく・・あー、言いたいのは、レイチェルと僕は一緒になるべきなんだ。だから、もし君が入ってくると・・

Paolo: Bed?
 ベッドに?

Ross: No, no, that's not where I was going. Er, if you get in the... way, of us becoming a thing, then I would be, well, very sad.
 いやいや、そんなことを言いたいんじゃない。えー、もし君に僕らの関係を築く邪魔をされると・・えー、僕は・・とても悲しい。

Paolo: Oh!
 おお!

Ross: Yeah! イタリア語
 そうだよ! わかった?

Paolo: Si.
 わかった。

Ross: So you do know a little English.
 じゃ君少しは英語わかるんだね。

Paolo: イタリア語
 少し。

Ross: Do you know the word crap weasel?
 泥棒猫って知ってる?
(weasel イタチ・ずるい、こそこそする奴..crap weasel→くそイタチ野郎)

Paolo: No.
 いや。

Ross: That's funny, because you are a huge crap weasel!
 これはおもしろいな。だって君はでっかい泥棒猫なんだよ。

《ATMコーナー(二人で床に座って遊んでる)》

Jill: Chandler, we've been here for an hour doing this! Now watch, it's easy.
 チャンドラー、これもう30分やってるのよ。いい、見てて、簡単なんだから。

Chandler: OK.
 わかった。

Jill: Ready?
 いい?(ペンを回転させてそれに会わせて体を動かす。チャンドラーはうまくできない)

Jill: No, you've got to whip it.
 違うわよ。さっと投げるの。

《モニカの部屋》

Phoebe: Oh, look look look. The last candle's about to burn out. 10, 9, 8, 7..... minus 46, minus 47, minus 48....
 あっ、見て見て見て、最後のキャンドルが燃え尽きるわよ。10, 9, 8, 7…..(時間経過)マイナス 46, マイナス 47, マイナス 48.... (ジョーイが火を吹き消す)

Ross: Thank you.
 サンキュ。

Monica: Thanks.
 ありがと。

Ross: Kinda... spooky without any lights.
 真っ暗でコワイ感じ?

Joey & Monica: Bwah-hah-hah!
 ブワーッハッハッハ!

Ross: OK, guys, guys? I have the definitive one. Bwwwooooo-hah-hah...
 よし、みんな、僕が決定版をやってみせるぞ。ブワーッハッハッハ!
(電力復帰。明るくなると、レイチェルとパウロがキス中)

Ross: Oh.. oh... oh.
 あぅ・・あぅ・・。

Joey: Hey Ross. This probably isn't the best time to bring it up, but you have to throw a party for Monica.
 なぁロス、今こんなこと話すのナンだけど、でもおまえモニカのパーティ開かなきゃだよ。

《ATMコーナー》
Jill: Well, this has been fun.
 じゃ・・楽しかったわ。

Chandler: Yes. Yes, thanks for letting me use your phone... and for saving my life.
 うん、ほんと。ありがとう・・電話貸してくれたことと・・それから命を救ってくれて。

Jill: Well, goodbye Chandler. I had a great blackout. See ya.
 じゃ、さよならチャンドラー。楽しい停電だったわ。またね。

Chandler: Hi, um, I'm account number 7143457. And, uh, I don't know if you got any of that, but I would really like a copy of the tape.
 (銀行のカメラに向かって)ハーイ、僕の口座番号は7143457ですけど、もしこれが録画されていたら、コピーが絶対欲しいです。


1時間ほど作成したところでブラウザーが落ちてしまいやり直しに。でも、このエピソードはお気に入りです。チャンドラーがあまりにキュートだしジルと床に座って遊ぶのが素敵なので。「同級生300人に電話かけたい」には爆笑しました。口座番号すらすら言えるのにも驚いたけど。
それにしても、短い間に盛りだくさんなエピソードですね。

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村
英語 ブログランキングへ
posted by らんち at 18:33| Comment(0) | Season1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。