2013年04月29日

1-5 The One with the East German Laundry Detergent

1-5 ドイツの洗剤の出てくるお話

 ☆土曜の夜を一緒に☆

《セントラルパーク》

Monica: Would you let it go? It's not that big a deal.
 もういいじゃない。たいしたことじゃないわよ。

Ross: Not that big a deal? It's amazing. Okay, you just reach in there, there's one little maneuver, and bam, a bra right out the sleeve. All right, as far as I'm concerned, there is nothing a guy can do that even comes close. Am I right?
 たいしたことないだって? すごいことだよ。ちょっと手を入れて何かちょっとしただけで、パッ!! ブラが袖口から出てくるんだ。男にはこんなマネはとうていできないね。そうだろ?

Rachel: Come on! You guys can pee standing up.
 何言ってるのよ。あなたたち男は立っておしっこできるじゃない。

Chandler: We can? All right, I'm trying that.
 そうなの? よし、今度やってみよ。

Joey: All right, you know what blows my mind? Women can see breasts any time they want. You just look down and there they are. How you get any work done is beyond me.
 俺が圧倒されちゃうのは何かわかる? 女の子はみんないつでも見たいときに自分の胸を見られるだろ。ちょっと見下ろしただけで、そこにあるんだ。それで普通に暮らしていけるなんてわけわかんないね。

Phoebe: Oh, okay, you know what I don't get? The way guys can do so many mean things, and then not even care.
 ちょっといい? 私が納得できないのは、男って、冷たいことして平気でいられるってことよ。
(シーン)

Ross: Multiple orgasms!
 何度でもイケる!

《セントラルパーク》

Chandler: So, Saturday night, the big night, date night, Saturday night, Sa-tur-day night!
 土曜の夜! 土曜の夜だ! デートの夜だぞ、土曜、土曜の夜だ!

Joey: No plans, huh?
 予定なしか。

Chandler: Not a one.
 まったくなし。

Ross: Not even, say, breaking up with Janice?
 ジャニスと別れ話をする予定は?

Chandler: Oh, right, right, shut up.
 なるほど、それがあったよね、黙ってろ。

Monica: Chandler, nobody likes breaking up with someone. You just gotta do it.
 チャンドラー、誰だって別れ話は苦手よ。でもちゃんとしなきゃ。

Chandler: No, I know, but it's just so hard, you know? I mean, you're sitting there with her, she has no idea what's happening, and then you finally get up the courage to do it, and there's the horrible awkward moment when you've handed her the note.
 そうだよな、わかってるけど、大変なんだよ。一緒と座ってるだろ、彼女は何が起きるのかまったくわかってなくて、ようやく勇気を出すんだよ。そして手紙を渡した後のあのおそろしい気まずさ!

Joey: Why do you have to break up with her? Be a man, just stop calling.
 なんで別れ話しなきゃいけないんだよ。男だろ、もう電話するなよ。

Phoebe: You know, if you want, I'll do it with you.
 ねぇ、なんだったら私も一緒に別れ話しようか?

Chandler: Oh, thanks, but I think she'd feel like we're ganging up on her.
 ありがたいけど、それじゃ二人でいじめるみたいだ。

Phoebe: No, I mean you break up with Janice and I'll break up with Tony.
 違うわよ。私がトニーと別れて、あなたはジャニスと別れるの。

Ross: Tony?
 トニー?

Monica: Oh, you're breaking up with Tony?
 まぁ!トニーと別れるの?

Phoebe: Yeah, I know, he's sweet, but it's just not fun anymore, you know? I don't know if it's me, or his hunger strike, or, I don't know.
 そう。優しい人だけど、もう楽しくないのよね。私のせいか、それとも彼がハンガーストライキしてるせいかな・・。

Rachel: Does anybody want anything else?
 (ウェイトレスとして)だれかなにか注文ある?

Ross: Oh, yeah, last week you had a wonderful, nutty, chocolate-y kind of a cake-y pie thing. Nothing, just, just, I'm fine.
 あ、あの先週食べたのよかったな、ナッツが入ってチョコレート味で、パイって感じの(レイチェルがにらんでいる)いや、なんでもないです。いいです。

Phoebe: What's the matter? Why so scrunchy?
 どうしたの? カリカリしてんの?

Rachel: It's my father. He wants to give me a Mercedes convertible.
 父よ。メルセデス・コンバーティブルをくれるって言うの。

Ross: That guy, he burns me up.
 あの人は頭にくるよね。

Rachel: Yeah, well, it's a Mercedes if I move back home. Oh, it was horrible. He called me young lady.
 そうなのよ、もし家に戻ればメルセデスくれるって。本当に ひどいのよ。お嬢様って言って。

Chandler: Ooh, I hate when my father calls me that.
 ああ、俺も親父にそう言われるの嫌い。

Monica: Did he give you that whole "You're-not-up-to-this" thing again?
 いつもの「おまえにできることじゃない」ってのを言われたの?

Rachel: Oh, yeah, yeah. Actually, I got the extended disco version, with three choruses of "You'll never make it on your own".
 ええ、そうなの。それがディスコバージョンになってて、スリーコーラスで「おまえは独りでは無理無理」って。

Phoebe: Uh-huh, uh-huh.
 アハアハ♪

(アンジェラが来る)
Angela: Hi, Joey.
 ハイ、ジョーイ。

Joey: My god, Angela.
 わ。アンジェラだ。

Monica: Wow, being dumped by you obviously agrees with her.
 わお。あなたに振られていい効果があったみたいね。

Phoebe: Are you gonna go over there?
 あなた、行くの?

Joey: No, yeah, no. Okay, but not yet. I don't wanna seem too eager. One Mississippi, two Mississippi, three Mississippi. That seems pretty cool. Hey, Angela.
 いや。うん。いや。うん。でもダメだ。ものほしそうに見られたらまずい。1ミシシッピ、2ミシシッピ、3ミシシッピ。これで十分だろ。・・・ハーイ、アンジェラ。

Angela: Joey.
 ジョーイ。

Joey: You look good.
 素敵だね。

Angela: That's because I'm wearing a dress that accents my boobs.
 おっぱいを強調したドレスだからよね。

Joey: You don't say.
 まったくだね。

(離れたところにいるロスとレイチェル)
Ross: So, uh, Rachel, what are you, uh, what're you doing tonight?
 それで、レイチェル、今日は、えっと、今夜の予定は?

Rachel: Oh, big glamour night. Me and Monica at Launderama.
 ああ、素敵な夜よ。私とモニカとで、ランドリー。

Ross: Oh, you uh, you wanna hear a freaky coincidence? Guess who's doing laundry there too?
 あ、なんか不思議な偶然だけど聞きたい? ほかにもそこに行く奴がいるんだけど誰だと思う?

Rachel: Who?
 誰?

Ross: Me. Was that not clear? Hey, why don't, um, why don't I just join you both, there?
 僕。わかりにくかったかな? ね、どうかな、僕も、その、僕も一緒にてのは?

Rachel: Don't you have a laundry room in your building?
 あなたのビルにはお洗濯室なかったっけ?

Ross: Yes, I do have a laundry room in my building, um, but there's a rat problem. Apparently, they're attracted to the dryer sheets, and they're going in fine, but they're coming out all.... fluffy. Anyway, say, seven-ish?
 あるよ。僕のビルには洗濯室が確かにある。でも・・その・・ネズミの問題があってね。ドライヤーシートにつられて来るらしいんだな。中に入った時はいいけど出てきた時には・・・ふわっとなってる。。。とにかく、7時頃でどう?

Rachel: Sure.
 わかった。

(ジョーイとアンジェラ)
Angela: Forget it, Joey. I'm with Bob now.
 忘れてジョーイ、私はもうボブとつきあってるの。

Joey: Bob? Who the hell's Bob?
 ボブ? ボブっていったい誰?

Angela: Bob is great. He's smart, he's sophisticated, and he has a real job. You, you go on three auditions a month and you call yourself an actor, but Bob...
 ボブって素敵なのよ。頭もいいし、洗練されてるし、ちゃんと仕事もあるのよ。あなたといえば、月に3回オーディションに行くだけで自分を役者って言ってるけど。でもボブは・・。

Joey: Come on, we were great together. And not just at the fun stuff, but like, talking too.
 そう言わないで。僕らすごくうまくいってたじゃないか。楽しいことだけじゃなくて、話も合うじゃないか。

Angela: Yeah, well, sorry, Joey. You said let's just be friends, so guess what?
 そうね、でも、ごめんねジョー。あなたが友達でいようって言ったじゃない。だからね?

Joey: What?
 だから?

Angela: We're just friends.
 私たちはただの友達。

Joey: Fine, fine, so, why don't the four of us go out and have dinner together tonight? You know, as friends?
 わかった、わかったよ。じゃあ今夜4人ででかけようよ、友達として。

Angela: What four of us?
 4人って?

Joey: You know, you and Bob, and me and my girlfriend, uh, uh, Monica.
 君とボブと、僕とガールフレンドの・・・モニカと。

《モニカの部屋》

Joey: Monica, I'm telling you, this guy is perfect for you.
 モニカ、ほんとだよ、これがおまえにぴったりなやつなんだ。

Monica: Forget it. Not after your cousin who could belch the alphabet.
 あきらめて。ゲップでアルファベットを言うあなたのイトコで懲りたわよ。

Joey: Come on. This guy's great. His name's Bob. He's Angela's... brother. He's smart, he's sophisticated, and he has a real job. Me, I go on three auditions a month and call myself an actor, but Bob is...
 頼むよ、こいつはすごいんだ。ボブっていって、アンジェラの・・・兄さんだ。頭が良くて、洗練されてて、ちゃんとした職業にもついてる。俺といったら、月に3回オーディション受けて役者って名乗ってるけど、でもボブは・・

Monica: Oh, God, help us.
 (窓の外を見て)うわー。神様助けて。

Joey: What?
 なに?

Monica: Ugly Naked Guy's laying kitchen tile. Eww!
 裸のブ男がキッチンタイル貼ってる。うぇー。

Joey: Eww! Look, I'm asking a favor here. You know, I’m thinking if I do this for her brother, maybe Angela will come back to me.
 うぇー! ねぇ、頼むよ。彼女のおにいさんに恋人を紹介できれば、アンジェラも戻ってきてくれるかもしれないから。

Monica: What's going on here? You go out with tons of girls.
 どうしちゃったのよ。あなた女の子ならいっぱいいるじゃない。

Joey: I know, but.. Look, I made a huge mistake. I never should have broken up with her. Will you help me? Please?
 そうなんだよ。でも、あれは大きな間違いだったんだよ。彼女と別れるんじゃなかった。ねぇ助けると思って、モニカ?

《ロスの部屋:ロス電話中》

Ross: Okay, bye. Well, Monica's not coming, it's just gonna be me and Rachel.
 (電話で)わかったよ。じゃあね。(チャンドラーに)モニカは来ないって。僕とレイチェルだけだ。

Chandler: Oh. Well, hold on camper. You sure you've thought this thing through?
 じゃ、ちょっと待てよ、キャンパーさん、ちゃんと考えたか?
("camper" 洗濯施設があるのに、好きな女の子に会いたいために洗濯物をかかえてコインランドリーへ出かけるロスをキャンプ生活者とからかったと考えられます)

Ross: It's laundry. The thinking through is pretty minimal.
 洗濯に行くんだぞ。考えることなんて知れてるよ

Chandler: It's just you and Rachel, just the two of you? This is a date. You're going on a date.
 おまえとレイチェルの二人だけなんだろ? 二人だけ?それはデートだよ。おまえはデートに行くんだよ。

Ross: Nuh-uh.
 うそ。

Chandler: Yeah-huh.
 そうだよ。

Ross: So what're you saying here? I should shave again, pick up some wine, what?
 それで何をいいたいの? もう一回ひげ剃る? ワイン持ってく? どうしたら?

Chandler: Well, you may wanna rethink the dirty underwear. This is basically the first time she's gonna see your underwear−you want it to be dirty?
 そうだな。汚れた下着のこと考えた方がよくないか? 彼女が初めておまえの下着を見るわけだろ、汚れていていいのか? 

Ross: No.
 やだ。

Chandler: Oh, and uh, the fabric softener?
 それに、この柔軟剤?

Ross: Okay, okay, now what is wrong with my Snuggles? What, it says I'm a sensitive, warm kinda guy, you know, like a warm, fuzzy bear. Alright, I can pick something else up on the way.
 なになに、このスナグルズがいけないっていうのか? これを見れば、僕が繊細で暖かい男だってわかるよ。暖かいふわふわした熊みたいな・・・わかったよ。途中でほかの洗剤買って行くよ。

Chandler: There you go.
 それでいい。

《レストラン》

Monica: Thank you. So what does this Bob guy look like? Is he tall? Short?
 ありがと。それで、ボブってどんな感じ?背は高いの?低め?

Joey: Yep.
 そうだよ。

Monica: Which?
 どっち?

Joey: Which what?
 どっちって何が?

Monica: You've never met Bob, have you?
 あなたボブに会ったこともないのね?

Joey: No, but...
 いや、だけど・・

Monica: Oh, my god, Joey, for all we know this guy could be horribly...
 信じられない、ジョーイ、それじゃもしかしたらすっごい・・

(アンジェラとボブが入ってくる)
Angela: Hey, Joey.
 ハーイ、ジョーイ。

Monica: …Horribly attractive. I'll be shutting up now.
 すっごい魅力的。もういい。文句なし。

《セントラルパーク》

Chandler: Where are they? Where are they?
 どこだ?やつらはまだか?

Phoebe: This is nice. We never do anything just the two of us.
 これいいわね。私たち二人で何かするの初めてよね。

Chandler: It's great. Maybe tomorrow we can rent a car and run over some puppies.
 いいね。明日は車借りて子犬でも轢くか。

Phoebe: Ew, I don't wanna do that.
 やだ、それはしたくないわ。

(ジャニスとトニーがくる)

Chandler: Here we go.
 いよいよだ。

Phoebe: Okay, have a good break-up.
 OK、うまく別れてね。

Chandler: Hey, Janice.
 ヘイ、ジャニス。

Janice: Oh, my God, I am so glad you called me. I had the most supremely awful day.
 オーマイゴーッド。電話くれてほんと嬉しかったわ。今日は超スーパー最悪の日だったの。

Chandler: Hey, that's not good. Can I get an espresso and a latte over here, please?
 あらら。それはよくないね。エスプレッソとラテもらえる?

Janice: We got the proofs back from that photo shoot, you know, the one with the little vegetables. Anyway, they pretty much sucked, so, I blew off the rest of the afternoon, and I went shopping..... And I got you, I'm looking, I'm looking, I'm looking, I got you...
 今日はちっちゃい野菜の写真の見本ができてきたんだけどこれがひどくて、もうやけでショッピングに走ったわけ。それで、えっと、えっと、どこかな、待ってよ、あなたへの・・
(フィービーとトニーは別れ話終了)

Chandler: What?
 (フィービーの別れ話が終ったので)なに?!

Janice: What?
 何が?

Chandler: What... did you get me there?
 なに・・を買ってきてくれたのかな?

Janice: I got you...these.
 これよ。

Chandler: Bullwinkle socks. That's so sweet.
 ブルウィンクルの靴下ね。優しいね。

Janice: Well, I knew you had the Rockys, and so I figured, you know, you can wear Bullwinkle and Bullwinkle, or you can wear Rocky and Rocky,or, you can mix and match, moose and squirrel. Whatever you want.
 ロッキーのを持ってるでしょ、だから、両足ブルウィンクル履いたり、両足ロッキーでもいいし、たまには片っぽヘラジカ片っぽリスにでも、好きなようにできるわよ。

 ブルウィンクルとロッキーはアニメ

Chandler: That's great. Well, I'm gonna get another espresso. More latte?
 それは素敵(エスプレッソをひと飲みにする)お代わりするけど君は?

Janice: No, no, I'm still working on mine.
 いやん、まだこれで精一杯よ。
(チャンドラーはフィービーのところへ)

Chandler: That's it?
 あれだけ?

Phoebe: Yeah, it was really hard.
 ええ。すごい大変だったわ。

Chandler: Oh, yeah, that hug looked pretty brutal.
 だろうね、あのハグの本当につらそうだったこと。

Phoebe: Okay, you weren't there.
 知らないくせに!

《コインランドリー》

Woman: Coming through. Move, move.
 通るよ! どいてどいて!

Rachel: Oh, Excuse me. I was kinda using that machine.
 あら、失礼、私ここ使ってたんですけど。

Woman: Yeah, well, now you're kinda not.
 あらそう、今使ってないだろ

Rachel: But I saved it. I put my basket on top.
 でもキープしといたのよ。バスケット置いて・・。

Woman: Oh, I'm sorry, is that your basket? It's really pretty. Unfortunately, I don't see suds.
 あらそうかい。あれはあんたのカゴだったの?そりゃよかったね。でも、洗剤は入ってないだろ

Rachel: What?
 え?

Woman: No suds, no save. Okay?
 洗剤なしならキープなし。わかった?!
(ロスがくる)

Ross: What's going on?
 どうした?

Rachel: Hi, uh, nothing. That horrible woman just took my machine.
 なんでもないのよ。おそろしい女の人に洗濯機取られちゃったの。

Ross: Was your basket on top?
 バスケット置いておいた?

Rachel: Yeah, but, there were no suds.
 ええ。でも、洗剤までは入れてなかったの。

Ross: So?
 それが?

Rachel: Well, you know, no suds, no save.
 そうなんでしょ? 洗剤なしならキープなし。

Ross: No suds? Excuse me, hold on a second. That's my friend's machine.
 洗剤なし?(女性に)ちょっと、ちょっと待ってくださいよ。それは彼女が使ってたんですよ。

Woman: Hey, hey, hey, her stuff wasn't in it.
 ちょっとちょっと! その子のもんは入ってなかったわよ!

Ross: Hey, hey, hey, that's not the rule and you know it.
 ちょっとちょっと! そんなルールないってこと、自分でもわかってるでしょ!
(にらみ合った後、女性が立ち去る)

Ross: All right, show's over. Nothing to see here. Okay, let's do laundry.
 (周りの人々に)はいはい、ショーはおしまいですよ。見るものなし。(レイチェルに)さあ、お洗濯しよう。

Rachel: That was amazing. I can't even send back soup.
 あなたすごかったわ。私ならスープの返品もできないわよ。

 (スープの返品をするのもけっこう勇気がいるってことですが・・アメリカで超人気だった番組、「となりのサインフェルド」の中でジョージという人が語って、相当ウケたようです。放送はフレンズと同じ1994年の2月)



(このドラマを見てないのでわからないのですが……
 The sea was angry that day my friends,,, like an old man trying to send back soup at a deli...
 このセリフに、聞いてる二人は顔を見合わせていますね。深刻そうに言ってておかしいです。・・ゴルフボールがクジラかなにか泳ぐほ乳類の空気の通りの邪魔になっていたのを取り出した??)
 (「ダーマ&グレッグ」で、「隣のサインフェルド」の最終回放送中という設定の時、町の人通りは少なく、飲食店などでもみんなが「隣のサインフェルド」を見ています。よほどの人気ですね。
 んなわけで、send back soup は一種の流行語かと。)


Ross: Well, that's because you're such a sweet, gentle, uh...Do you, uh, do you...Oh, hey, uh you must need detergent.
 それは・・それは君が優しくておっとりして・・えっと君はこの次は・・洗剤が必要だね。

Rachel: What's that?
 それは何?
Ross: Uberweiss. It's new. It's German. It's extra tough.
 ウーベルバイス! 新しいんだ。ドイツ製だよ。すっごいタフなんだ!

(レイチェルが洗濯物を入れ始める)

Ross: Rach, do you uh, are you gonna separate those?
 レイチ、それ、分け洗いしないの?

Rachel: Oh, God. Oh, am I being like a total laundry spaz? I mean, am I supposed to use like one machine for shirts and another machine for pants?
 あらやだ。私ったらお洗濯わかってないわよね。シャツはこっち、パンツはこっちって分けるのよね。

Ross: Have you never done this before?
 レイチ、洗濯したことないとか?

Rachel: Well, not myself, but I know other people that have. Okay, you caught me. I'm a laundry virgin.
 まぁ、私自身では・・お洗濯してる知り合いはいるわよ。降参よ、ばれたわね。お洗濯初体験です!

Ross: Uh, well, don't worry, I'll use the gentle cycle. Okay, um, basically you wanna use one machine for all your whites, a whole other machine for colors, and a third for your uh, your uh, delicates, and that would be your bras and your under-panty things.
 ああ、いいよ心配しないで、優しくするから。回転をね。基本的には、一つの洗濯機で白い物、色物はほかの洗濯機で、あとデリケートなもの、たとえばブラとかの下着はまた別にね。

Rachel: Okay, Well, what about these are white cotton panties. Would they go with whites or delicates?
 じゃあこれは? 白くてコットンのパンティは? 白い物?デリケード?

Ross: Uh, that, that, that would be a judgment call.
 あ、そ、それは・・それは審判に判断を委ねよう。

《レストランのモニカ達》

Monica: He is so cute! So, where did you guys grow up?
 (ジョーイに)彼すごい素敵。(アンジェラとボブに)それで、お二人はどこで育ったの?

Angela: Brooklyn Heights.
 ブルックリンハイツよ。

Bob: Cleveland.
 クリーブランド。

Monica: How, how did that happen?
 なんでそうなるの?

Joey: Oh, my God.
 うわー助けて

Monica: What?
 なに?

Joey: I suddenly had the feeling that I was falling. But I'm not.
 なんか突然落ちそうな気がして。でも落ちなかったよ。

《時間経過》

Joey: So, you and Angela, huh?
 それで、アンジェラとつきあってるんだね。

Bob: Yep. Pretty much.
 そう。ばっちりね。

Joey: You're a lucky man. You know what I miss the most about her? That cute nibbley noise she makes when she eats. Like a happy little squirrel, or a weasel.
 君はついてるよ。俺が一番懐かしいなと思うところは、アンジェラが食べるときにたてる音だよ。こう、幸せそうなリスとかイタチみたいな。

Bob: Huh, I never really noticed.
 はぁ。。それは気づかなかったな。

Joey: Oh, yeah, yeah, listen for it.
 いやほんとだよ。聞いてみなよ。

Bob: Monica. Monica is great.
 モニカだけど、彼女は素敵じゃないか。

Joey: Yeah, she is. But it's not gonna last. She's too much for me in bed. Sexually.
 ああ。でも、もう続きそうにないよ。ベッドの彼女にはもうもたないよ。激しいんだ。

《女性バスルーム》

Monica: I've gotta tell you, Bob is terrific.
 ほんと、ボブって素敵ね

Angela: Yeah, isn't he?
 そうでしょう?

Monica: It is so great to meet a guy who is smart and funny, and has an emotional age beyond, like eight.
 頭がよくて楽しくて、それでいて精神年齢が8歳以上の男に会えるってなかなかないわよ、最高ね。

Angela: You know what else? He's unbelievable in bed.
 それにね、彼、ベッドでもすごいのよ。

Monica: Wow. My brother never even told me when he lost his virginity.
 ええ? 私兄の初体験がいつかも知らないわよ。

Angela: Huh. That's nice.
 あら・・・よかったわね。

《セントラルパーク:カウンターで話すフィービーとチャンドラー》

Phoebe: Okay, you can do this. It's just like pulling off a Band-aid. Just do it really fast, and then the wound is exposed. Go! Go!
 いい、あなたにはできる。バンドエイドをパッとはがすのと同じよ。バーッと素早くやれば、傷口が出てくるのよ。

(ジャニスの元へ戻るチャンドラー)
Chandler: Janice. Hi, Janice. Okay, here we go. I don't think we should go out anymore. Janice.
 ジャニス。。ハーイ、ジャニス。いいかい、いくよ。僕らもうつきあわない方がいいよ・・・ジャニス。

Janice: All right. Well, there you go. Stop it, stop it, stop it.
 だいじょうぶ、ええ、そうよ・・(涙)止まれ止まれ止まれ。

《コインランドリー》

Rachel: Okay, I know this is gonna sound really stupid, but I feel that if I can do this, you know, if I can actually do my own laundry, there isn't anything I can't do.
 ね、こんなこというと、すごく馬鹿みたいでしょうけど、でもね、もし自分でお洗濯ができれば、もうできないことは何もないような気がするの。

Ross: That does not sound stupid to me. You know, it's like the first time I had to make dinner for myself, after Carol left me? I'm sorry, that's all the time we have. Next on Ross. . . Okay.. Uh-oh.
 全然変じゃないよ。僕も、キャロルが出ていって初めて自分で夕食を作らなきゃならなくなった時・・(ブザー)あっ失礼、時間切れです。続きはまた・・(洗濯機をあける)おーっと。

Rachel: What uh-oh?
 おーっとって何?

Ross: Uh-oh, uh-oh, the laundry's done. It's, uh, it's a song. The laundry song that we sing. Uh-oh, the laundry's done, uh-oh, uh-oh.
 おっとぉ! おっとっとー!洗濯が終わったよー。これは歌だよ。洗濯歌っていうんだ。おっとー♪洗濯が終わったよー♪おっとっとー♪

Rachel: Ross, what's the matter?
 ロス、どうしたの?

Ross: Nothing, nothing. Lee-lo, the laundry's done.
 なんでもない、なんでもないよ。洗濯が終わったよ♪

Rachel: Come on, show me.
 ちょっと。見せて。

Ross: All right, all right, it's just that you left a red sock in with all your whites, and now, everything's kinda pink.
 大丈夫、大丈夫だよ。ただ白い中に赤い靴下を入れちゃったみたいだね。それでみんなピンクって感じ。

Rachel: Oh, everything's pink?
 ああ・・何もかもピンク?

Ross: Yeah, uh, except for the red sock, which is still red. I'm sorry, please don't be upset, it could happen to anyone.
 そうだね。この赤い靴下はそのまま赤いよ。がっかりだったけど、気にしないで。よくあることだよ。

Rachel: But it didn't. It happened to me. Oh, God, I'm gonna look like a big marshmallow peep. What am I doing? What am I doing? My father's right. I can't live on my own! I can't even do laundry!
 ほかの誰でもない私がやったのよ。こんなの来たらでっかいマシュマロのお菓子だわ。私ったら何をしてるのよ、何をしちゃったの? お父様のいうとおり、私一人でやっていけないんだわ。お洗濯もできないなんて!

31682.jpg
(カワイイ! これのピンクですね(^^;)
peeps.jpg
(これがマシュマロピープ。すごい色ですね)

(先ほどの女性が覗いて笑う・・・この人って、レズビアン結婚式の会に、フィービーに声をかけた人と同じ人?)

《レストラン》

Monica: Something went wrong with Underdog, and they couldn't get his head to inflate. So anyway, um, his head is like flopping down Broadway, right. And I'm just thinking... how inappropriate this is. Um, I've got something in my eye, uh, Joey, could we check it in the light, please?
 アンダードッグに何か問題があったらしくて、頭の部分に空気が入らなかったのね、それで・・それでその頭がブロードウェイの方へ倒れちゃって・・それって、それって、すごく変だと思って。あー・・何か目に入ったみたい。ジョーイ、ちょっと明るいところで見てくれる?お願い。

underdog.jpg
(これがアンダードッグ)

underdogb.jpg
こちらが、モニカの話しているアンダードッグのバルーン)

(席を離れる)
Monica: Oh, my God.
 なんなのあれ?!

Joey: What?
 なにが?

Monica: Hello! Were we at the same table? It's like... cocktails in Appalachia.
 何がってなに? 同じテーブルで見てたでしょ? あれじゃ近親相姦カクテルパーティよ。

(訳は悩むところですが、Appalachia など一部の貧しい白人の住む地域では、近親相姦がよく行われているというジョークは、アメリカでは誰もが聞いたことのあるものだそうです。)

Joey: Come on, they're close.
 そう言うなって。二人は仲がいいんだよ。

Monica: Close? She's got her tongue in his ear.
 仲がいい? 彼女彼の耳に舌を入れてるわよ!

Joey: Oh, like you've never gotten a little rambunctious with Ross.
 おまえだってロスと羽目を外すことあるだろー。

Monica: Joey, this is sick, it's disgusting, it's, it's−not really true, is it?
 ジョーイ、こんなのおかしい。気持ち悪いわよ。こんなの・・こんなの・・嘘だったのね?!

Joey: Well, who's to say what's true? I mean...
 何が真実かなんて誰に言える?

Monica: Oh, my God, what were you thinking?
 嘘だったのね! なに考えてんのよ!!

Joey: All right, look, I'm not proud of this, okay? Well, maybe I am a little.
 わかったよ。こんなことして自慢になるとは思わないけど・・でもよく考えただろ?

Monica: Oh!
 もう!(叩く)

Joey: Ow!
 痛っ!

Monica: I'm out of here.
 帰るわ。

Joey: Wait, wait, wait. Come on. You like him, I want her. He likes you.
 待って、待てったら。彼気に入っただろ? 俺も彼女がほしい、彼もおまえを気に入ってるよ

Monica: Really?
 ほんと?

Joey: Yeah. Listen, I'm thinking, if we put our heads together, between the two of us, we can break them up.
 ほんとだって。考えたんだけど、俺たちで組んだら、二人を別れさせることができるよ。

《時間経過》

Monica: I'm so sorry, I can't believe I did this, but I couldn't stop laughing at your Norman Mailer story.
 ほんっとにごめんなさい。こんなことしちゃうなんて。でもあなたのノーマン・メイラーの話がおかしくてたまんなくて。
こちらが→ノーマン・メイラー、小説家・ジャーナリスト・エッセイストなどの肩書きを持ちピューリッツァー賞を受賞していて、あまりお笑いネタじゃなさそう。つまり、媚びて無理矢理笑ってるのかな。)

(アンジェラは音をたててチキンを食べている)

Joey: Uh, waiter, one more plate of chicken wings over here.
 ウェイター、こちらに手羽をもう一皿お願い。

《セントラルパーク》

Chandler: Here's the thing, Janice. You know, I mean, it's like we're different. You know, I’m like the bing, bing, bing. You're like the boom, boom, ... boom.
 いい、聞いて、ジャニス、君は、その・・僕らは違うんだ。僕はビンビンビンで君はブンブンブン!みたいな(手を振り回して、それがジャニスに当たる)

Janice: Ow!
 痛っ!

Chandler: Oh, my God, I'm so sorry. Are you okay?
 なんてことを! ごめんよ、大丈夫?

Janice: Ow. Um, it's just my lens. It's my lens. I'll be right back.
 あう。コンタクトよ、コンタクトが・・すぐ戻るわ。(バスルームへ)

Chandler: I hit her in the eye! I hit her in the eye! This is the worst break-up in the history of the world.
 (フィービーに)目を叩いちゃった目を叩いちゃった!こんなの世界一ひどい別れ方だよ!

Phoebe: Oh, my God. How many of those have you had?
 まーなんてことかしら。あなた何杯飲んだの?

Chandler: Oh, I don't know, a million?
 さあ。百万杯?

Phoebe: Chandler, easy, easy. Go to your happy place. La la la la la la la.
 チャンドラー、気を楽にして。楽しいこと思い浮かべて。ランラララララ!

Chandler: I'm fine. I’m fine.
 大丈夫。大丈夫だよ。

Phoebe: All right.
 よかった。

Chandler: I'm not fine. Here she comes.
 大丈夫じゃないよ。彼女が来るよぉ。

Phoebe: Wait here, okay? Breathe.
 ここで待ってて。はい、深呼吸して。
(フィービーとジャニスとで話をして、ジャニスが微笑んで店を出て行く)

Chandler: How do you do that?
 どうやったの?

Phoebe: It's like a gift.
 ひとつの才能ね。

Chandler: We should always always break up together.
 これからはいつも一緒に別れ話しよう!

Phoebe: Oh, I'd like that.
 わあ、いいわね。

《コインランドリー》

Ross: You got the clothes clean. Now that's the important part.
 服がきれいになったんだから。大事なのはそこだよ。

Rachel: Oh, I guess. Except everything looks like jammies now.
 まぁね。でもなにもかもパジャマみたいよ。
(さっきの女性がカートを取る)

Rachel: Whoa, I'm sorry. Excuse me. We had this cart.
 わお! ちょっと、すみませんけど、これ使ってるんです。

Woman: Yeah, well, I had a 24-inch waist. You lose things. Now come on, get outta my way.
 あらそう、私だってウェストが60センチだった頃があるんだよ。失うもんなんだよ。さあ、どいて。

Rachel: I'm sorry, you know, maybe I wasn't being clear. Uh, this is our cart.
 すみませんけど、私、はっきりしてなかったかしら? これ使用中なんです。

Woman: Hey, hey, hey, there aren't any clothes in it.
 ちょっとちょっと! 何も入ってないじゃないの!

Rachel: Hey, hey, hey, hey, quit making up rules!
 ちょっとちょっと! でまかせのルールはもういいわよ!

Woman: Let go!
 離しなさいよ!

(奪い合いの末、レイチェルがカートに座り込む)

Rachel: All right, listen, missy. If you want this cart, you're gonna have to take me with it!
 わかったわよ、いいこと? どうしてもカートが欲しいっていうなら、私ごと持っていきなさいよ!
(女性は立ち去る)

Rachel: Yes! Did you see that?
 やったわ! 見てた?

Ross: You were incredible! Brand new woman, ladies and gentlemen.
 素晴らしかったよ! 生まれ変わった彼女ですよ、紳士淑女のみなさま!

Rachel: I could not have done this without you.
 あなたなしではできなかったわ。
(レイチェルはロスにキスをする)

Ross: Okay, um, uh, more clothes in the dryer? Oh! I'm fine, I'm fine.
 おー。あ、えっと、もっとドライヤー?(ドライヤーのドアに頭をぶつけて転ぶ)大丈夫、大丈夫。

Rachel: Are you sure?
 ほんと?

Ross: No.
 ううん。

《セントラルパーク:額を冷やすロス》

Rachel: Oh, are you sure you're okay?
 ああ・・。本当に大丈夫?

Ross: Yeah.
 うん。

Rachel: Does it still hurt?
 まだ痛い?

Ross: Yeah.
 うん。

Phoebe: What a neat idea. All your clothes match. I'm gonna do this.
 なんて素敵なのかしら。みんな色が合うわね。私もやろうっと。

(モニカとジョーイがくる)

Monica: Hi.
 ハーイ。

Phoebe: Hey, how'd it go?
 あら、どうだった?

Joey: Excellent.
 すっばらしかったよ。

Monica: We ripped that couple apart, and kept the pieces for ourselves.
 私たちカップルを真っ二つにして、それぞれをいただいちゃった。

Ross: What a beautiful story. Hey, I'm fine by the way.
 なんて美しい話なんだ。ねぇ、僕は大丈夫だから。

Monica: Oh, I'm sorry.
 あら、ごめん。

Rachel: Where's Chandler?
 チャンドラーは?

Phoebe: Oh, he needed some time to grieve.
 ああ、彼は別れを味わう時間が必要なのよ。

(チャンドラーが外を走っていく)
Chandler: I'm free! I'm free!
 自由だ! 自由だ!

Phoebe: That ought to do it.
 味わってるわね。



にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村


英語 ブログランキングへ
posted by らんち at 00:46| Comment(0) | Season1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。