2013年04月27日

1-4 The on with George Stephanopoulos

1-4 ジョージ・ステファノポラスが出てくる話

 ☆レイチェルの憂鬱☆

《セントラルパーク》

Monica: Alright. Phoebe?
 いいわね。フィービーは?

Phoebe: Okay, okay. If I were omnipotent for a day, I would want, um, world peace, no more hunger, good things for the rain-forest...And bigger boobs!
 そうね・・もし一日全能になれたら叶えたいこと・・・世界平和でしょ、飢餓をなくして、熱帯雨林を守ること、それから・・おっぱいを大きくする!

Ross: Yeah, see.. you took mine. Chandler, what about you?
 いいね。僕の取られたよ。チャンドラーは?

Chandler: Uh, if I were omnipotent for a day, I'd.. make myself omnipotent forever.
 うん、もし一日全能になれたら・・一生全能になる!

Rachel: See, there's always one guy. "If I had a wish, I'd wish for three more wishes."
 ああ、こういうやつって絶対一人はいるのよね。「もしひとつ願いが叶うなら、あと3つ叶えられるようにする」

(ジョーイが来る)
All: Hey, Joey. Hi. Hey, buddy.
 ハーイ、ジョーイ!

Monica: Hey, Joey, what would you do if you were omnipotent?
 ねぇ、ジョーイ、もし全能になったらどうする?

Joey: Probably kill myself!
 そりゃ多分、死ぬね。

Monica: ..Excuse me?
 ・・何言ってるの?

Joey: Hey, if Little Joey's dead, then I got no reason to live!
 もし俺の大事なジョーイが死んじゃったら、生きてる意味がないよ。

Ross: Joey, uh- OMnipotent.
 ジョーイ、それ「不能」だよ。

Joey: You are? Ross, I'm sorry..
 おまえが?! ロス! かわいそうに!

《セントラルパーク:フィービーが眠っている》

Monica: How does she do that?
 よく眠れるわよね?

Ross: I cannot sleep in a public place.
 公共の場でなんて眠れないよ。

Monica: Would you look at her? She is so peaceful.
 見てこの顔。ほんと穏やかな顔しちゃって

Phoebe: Oh! What what what! ...Hi.
 (目を覚ます)うわっ! わっ! 何なになに? ・・あ、ハーイ。

Ross: It's okay, you know, you just nodded off again.
 大丈夫だよ、だけど、また居眠りしてたよ。

Monica: What's going on with you?
 どうしちゃったの?

Phoebe: I got no sleep last night!
 昨日ぜんぜん眠れなかったのよ。

Ross: Why?
 どうして?

Phoebe: My grandmother has this new boyfriend, and they're both kind of insecure in bed. Oh, and deaf. So they're constantly, like, having to reassure each other that they're having a good time. You have no idea how loud they are!
 おばあちゃんが新しいボーイフレンド連れてきたのね。それで二人ともベッドの中で危なかったらしくて、それに耳も聞こえないし! それで二人してしょっちゅうお互い楽しんでるか確かめ合ってるのよ。それがどんなに騒がしいかわかる?!

Monica: Well, if you want, you can stay with Rachel and me tonight.
 まぁ・・もしよかったら、今夜はうちに泊まる?

Phoebe: Thanks.
 ありがと。

(チャンドラーとジョーイが来る)

Joey: ...Ninety-five, ninety-six, ninety-seven. See, I told you! Less than a hundred steps from our place to here.
 95、96、97! ほら、言っただろ、うちからここまで100歩以内で来れるんだ。

Chandler: You got way too much free time.
 おまえってば暇過ぎ。

Joey: Hey! Here's the birthday boy! Ross, check it out: hockey tickets, Rangers-Penguins, tonight at the Garden, and we're taking you.
 ヘイ! 誕生日っ子! ロス、見ろよ、ホッケーのチケットだぜ。レンジャーズとペンギンズだ。(マディソンスクエア)ガーデン、今日連れてってやるからな!

Chandler: Happy birthday, pal!
 誕生日おめでとっ!

Joey: We love you, man.
 愛してるぜー!

Ross: Funny, my birthday was seven months ago.
 おかしいな、僕の誕生日は7ヶ月前だけどね。

Joey: So?
 それで?

Ross: So, I'm guessing you had an extra ticket and couldn't decide which one of you got to bring a date?
 つまり、きっと君らは余ったチケットでどっちの彼女を誘うのか決められなかったんだな。

Chandler: Well, aren't we Mr. "The glass is half empty."
 ネガティブな僕たち。
 (The glass is half empty. --半分しかない
  The glass is half full. --まだ半分ある
 映画ナルニア国物語第三章では、不満だらけのユースタスが
 リーピチープのことをhalf fullの前向きな奴と嫌がっています)


Ross: Oh, my God, oh- is today the twentieth, October twentieth?
 ああ・・今日ってもしかして10月20日?

Monica: Oh, I was hoping you wouldn't remember.
 あー、気づかないといいなと思ってたのよね。

Ross: Ohhh.
 あぁぁ。。

Joey: What's wrong with the twentieth?
 20日がどうしたんだよ。

Chandler: Eleven days before Halloween.. all the good costumes are gone?
 ハロウィンまで11日しかなくて、いいコスチュームは品切れ?

Ross: Today's the day Carol and I first.. consummated our physical relationship. Sex. ..You know what, I-I'd better pass on the game. I think I'm just gonna go home and think about my ex-wife and her lesbian lover.
 今日は、キャロルと初めて肉体関係を成就した日なんだ。セックスのことだよ。なぁ、やめとくよゲームは。うちへ帰って別れた妻とレズビアンの恋人のことでも考えてるよ。

Joey: The hell with hockey, let's all do that!
 ホッケーなんかやめといてそっちにしよう。

Chandler: Come on, Ross! You, me, Joey, ice, guys' night out, come on, what do you say, big guy. Huh? Huh? Huh?
 カモン、ロス! おまえと俺と、ジョーイとで、男だけの夜のお出かけだ!カモーン! どうだよ男同士、え? どう?どう?

Ross: What are you doing?
 何やってんだよ。

Chandler: I have no idea.
 謎。

Joey: Come on, Ross!
 行こうよ、ロス!

Ross: Alright, alright, maybe it'll take my mind off it. Do you promise to buy me a big thumb finger?
 いいよわかった。気分転換になるかもね。応援のでっかい手買ってくれる?

Chandler: You got it.
 わかったよ。

(レイチェルが封筒を持って走ってくる)

Rachel: Look-look-look-look-look, my first pay check! Look at the window, there's my name! Hi, me!
 見て見て見て! 初めてのお給料よ!! ここ見て、私の名前よ、ハーイ私!

Phoebe: I remember the day I got my first pay check. There was a cave in in one of the mines, and eight people were killed.
 初めてのお給料って覚えてるわよね。私がもらったときは、鉱山で落盤があって8人が亡くなったわ。

Monica: Wow, you worked in a mine?
 まぁ。あなた、鉱山で働いてたの?

Phoebe: I worked in a Dairy Queen, why?
 私はデイリークイーンで働いてたのよ。なんで?

Rachel: God, isn't this exciting? I earned this. I wiped tables for it, I steamed milk for it, and it was totally−not worth it. Who's FICA? Why's he getting all my money? I mean, what- Chandler, look at that.
 なんてエキサイティングなの? 私が稼いだのよ、このためにテーブルを拭いたり、ミルクを沸かしたり、その甲斐あって・・・(中を見る)甲斐がないわ! ファイカって誰よ?! なんでこいつ私のお金取るのよ?! チャンドラー、見てよこれ。

 (FICA=Federal Insurance Contributions Act
  連邦社会保障拠出金法に従って課金される税金)


Chandler: Oh, this is not that bad.
 ああ、これなら悪くないよ

Joey: Oh, you're fine, yeah, for a first job.
 ああ、大丈夫だよ、初めての仕事だろ?

Ross: You can totally, totally live on this.
 これで十分食べていけるって!

Monica: Yeah, yeah.
 そうよそうよ。

Ross: Oh, by the way, great service tonight.
 そういえば、今日のサービスよかったよね。

All: Oh! Yeah!
 ほんとほんと(みんなでチップをはずむ)

Guys: Hockey! Hockey! Hockey.
 ホッケーだ! (レイチェルの友人達が入ってくる)・・・ホッケー、ホッケーだ!

Leslie: Rachel?
 レイチェル?

Rachel: Oh, my God!
 キャー!

Monica: I swear I've seen birds do this on Wild Kingdom.
 私、野生の王国でああいう鳥を見たことあるわ。

Rachel: What are you guys doing here?
 みんな、どうしたのよ?

Kiki: Well, we were in the city shopping, and your mom said you work here, aaand it's true!
 街へショッピングに来たのよ。おかあさまから、あなたがここにいるって聞いたから。ほんとだったわぁぁぁ!

Joanne: Look at you in the apron. You look like you're in a play.
 エプロンしちゃって。なんか、お芝居してるみたい。

Rachel: Look at you, you are so big I can't believe it!
 まぁ見て!すごい大きくなってるのね。信じらんない。

Leslie: I know. I know! I'm a duplex.
 でしょ?! そうなの。二世帯住宅よ!

Rachel: So what's going on with you?
 (ジョアンに)それであなたは?

Joanne: Well, guess who my dad's making partner in his firm?
 父が誰を共同経営者にしたでしょうか?!(自分を指す。全員で叫ぶ)

Kiki: And while we're on the subject of news..
 それで、ニュースって言えばぁ・・(婚約指輪を見せる、みんな叫ぶ)

Phoebe: Look, look, I have elbows!
 見て!私、肘があるぅ!(モニカとフィービー叫ぶ)

《歩道。チャンドラーとジョーイとロス》

Chandler: ...Poulet passes it up to Leetch!
 プーレがリーチにパスしました!

Joey: Leetch spots Messier in the crease- there's the pass!
 リーチはゴールクリーズ(ゴールキーパー前)にメシエがいるのを見た。パス!(缶をロスにパスするがロスはウインドウに見入っている)

Chandler: We'll take a brief time out while Messier stops to look at some women's shoes.
 しばしのタイムアウトです。メシエが女性用靴を見ております。

Ross: Carol was wearing boots just like those the night that we- we first- you know. Fact, she, uh- she never took'em off, 'cause we-we- Sorry. Sorry.
 キャロルがちょうどあんなブーツを履いていたんだ。その夜、僕らが初めて・・ね? 結局彼女は最後までそれを脱がなかったんだよね、だって僕ら・・ごめんごめん。

(歩き始める。ロスが立ち止まって嘆き声)

Joey: What?
 なんだよ

Ross: Peach pit.
 桃の種だ。

Chandler: Yes, Bunny?
 それがどうかした? バニー?
 (ピーチバニーというカクテルがある)

Ross: Peach pit. That night we, uh- we had-
 桃の種だよ。僕らはあの夜・・

Joey: -Peaches?
 桃食べた?

Ross: Actually, nectarines, but basically...
 実際はネクタリンだけど

Chandler: Could've been a peach.
 (ジョーイに)桃でいいじゃんね。

Ross: Then, uh, then we got dressed, and I-I... I walked her to the. . the bus stop... I'm fine.
 それから、僕らは服を着て・・それで・・それから僕は・・彼女をバス停まで送っていったんだ・・・大丈夫だよ。

Joey: Hey, that woman's got an ass like Carol's! What? Thought we were trying to find stuff.
 おい、あの子のお尻キャロルとそっくり!(にらまれて)なんだよ。関連探しだろ?

《セントラルパーク》

Rachel: So come on, you guys, tell me all the dirt!
 それで? ねぇ、ゴシップ全部聞かせてよ!

Kiki: Well, the biggest news is still you dumping Barry at the altar!
 そうね、今も最大のニュースはあなたがバリーを置いて教会を逃げ出したことよ。

Joanne: Alright. Let's talk reality for a second.
 ね、もうそろそろまじめな話をしましょ。

Rachel: Okay.
 なぁに。

Joanne: When are you coming home?
 いつ家に戻るの?

Rachel: What? Guys, I'm not.
 なんですって? 戻らないわよ。

Joanne: Come on, this is us.
 そう言わないで、友達じゃない。

Rachel: I'm not! This is what I'm doing now. I've got this job-
 戻らないってば。ここで働いているんだもの。ここの仕事して・・。

Kiki: Waitressing?
 ウェイトレスして?

Rachel: Okay, I'm not just waitressing. I'm.. I, um... I write the specials on the specials board, and, uh... and I, uh... I take the uh dead flowers out of the vase... Oh, and, um, sometimes Artelle lets me put the little chocolate blobbies on the cookies.
 ただのウェイトレスじゃないわよ。えっと・・看板に本日のスペシャルを書いたり、それから・・花瓶の枯れた花を捨てたり、あ、それから時々アーテルがクッキーにチョコチップ載せるの手伝うわよ。

Leslie: Well. Your mom didn't tell us about the blobbies.
 おかあさまからチョコのことは聞かなかったわね・・・。

《モニカの部屋》

Monica: Hey, Rach. How was it with your friends? Okay! How would you like some Tiki Death Punch?
 あら、レイチ、お友達とどうだった?(フィービーと二人で叫ぶ)よーし、ティキ・デス・パンチはいかが?
 (Tiki Death Punch ---カクテル
  15ml (0.5 oz) Gold Rum
  15ml (0.5 oz) Dark Rum
  15ml (0.5 oz) White Rum
  30ml (1 oz) Strawberry Syrup
  60ml (2 oz) Pineapple Juice
  Juice of half a lime)


Rachel: What's that?
 それ何?

Monica: Well, it's rum, and-
 ラム酒でしょ、それから・・

Rachel: Okay.
 飲む。(奪って飲む)

Monica: We thought since Phoebe was staying over tonight we'd have kinda like a slumber party thing. We got some trashy magazines, we got cookie dough, we got Twister...
 フィービーがうちに泊まることになったから、パジャマパーティみたいなことしようかって。雑誌でしょ、クッキー・ドウでしょ、ツイスターも用意したし・・(電話がなる)

Phoebe: Ooh! Ooh! And I brought Operation! But, um, I lost the tweezers, so we can't operate. But we can prep the guy!
 そうそう! 私手術ゲーム持ってきたのよ。ピンセットなくしちゃったから手術はできないけど、男の手術準備できるわよ!

Monica: Uh, Rach, it's the Visa card people.
 レイチ、ビザカードから電話よ。

Rachel: Oh, God, ask them what they want.
 ああもう何よ。用件聞いてくれる?

Monica: Could you please tell me what this is in reference to?. . . Yes, hold on. . . Um, they say there's been some unusual activity on your account.
 おそれいりますがどういったご用件でしょう。はい、お待ちを。(レイチェルに)カード利用に異常なところがあるって。

Rachel: But I haven't used my card in weeks!
 でもずっと使ってないのに!

Monica: That is the unusual activity. Look, they just wanna see if you're okay.
 それが異常なのよ。ただあなたが大丈夫か聞きたいのよ。

Rachel: They wanna know if I'm okay. Okay.. they wanna know if I'm okay, okay, let's see. Well, let's see, the FICA guys took all my money, everyone I know is either getting married, or getting promoted, or getting pregnant, and I'm getting coffee! And it's not even for me! So if that sounds like I'm okay, okay, then you can tell them I'm okay, okay?
 私が大丈夫か聞きたいってわけね。そうなの、私が大丈夫かっていうのね。どうかしら、そうね、ファイカの人にお金取られて、知ってる人はみんな結婚したり、昇進したり、妊娠したり、そして私はコーヒー淹れてるのよ! しかも自分が飲むわけでもないのよ! それで大丈夫なように聞こえるなら、大丈夫なのよ。そう言ってくれる? 大丈夫?

Monica: Uh. . . Rachel has left the building, can you call back?
 えっと・・レイチェルはどっか行っちゃいました。かけ直してくださる?

(Rachel has left the building. は、 “Elvis has left the building.” が元になっています。
  エルビスのアンコールを期待していつまでも帰らない観客にされたアナウンスから、もう終わったという時に使われるようになったもの。
  レイチェルは今日はもう完全に終わっちゃってる、みたいな。
☆映画「インデペンデンス・デイ」でも、ヒラー大尉(ウィル・スミス)がエイリアンの母船から危機一髪で脱出したとき、ずばりこの言葉を言っています。)



 (初めてこの言葉が使われたときのアナウンスだそうです)

Rachel: Alright, come on! Let's play Twister!
 もういいわ! ツイスターしましょうよ(泣きそう)

《マディソンスクエアガーデン》

Ross: Sorry, sorry... Uh-oh.
 失礼、失礼・・。 ああ(嘆く)

Chandler: What? There was ice there that night with Carol? Plastic seats? Four thousand angry Pittsburgh fans?
 なんだよ? キャロルとの日にも氷があった? プラスチックの椅子だった? 4000人の不機嫌なピッツバーグファンがいた?

Ross: No, actually I was just saying it looks like we're not sitting together. But now you mention it, there was ice there that night... It was the first frost...
 違うよ。3人並んで座れないみたいって言おうとしたんだよ。でも、そう言われてみれば、あの夜、氷があったよ。初霜の日だったんだ・・・。

Joey: Come on, sit. Just sit down, sit.
 頼むよもう。座って。いいから座って。

《モニカの部屋》

Monica: You should feel great about yourself! You're doing this amazing independence thing!
 自分を誇りに思っていいのよ! 見事に独り立ちしているんだから!

Rachel: Monica, what is so amazing? I gave up, like, everything. And for what?
 どこが見事なのよ。私が捨てたものといったら・・すべてなのよ! それで何を得た?

Phoebe: You are just like Jack.
 あなたってジャックみたいなもんよ。

Rachel: ...Jack from downstairs?
 ジャックって下の階の?

Phoebe: No, Jack and the Beanstalk.
 違う、ジャックと豆の木よ。

Monica: Ah, the other Jack.
 ああ、そっちのジャックね。

Phoebe: Yeah, right! See, he gave up something, but then he got those magic beans. And then he woke up, and there was this, this big plant outside his window, full of possibilities and stuff.. And he lived in a village, and you live in the Village..
 そうよ! ジャックは何かと引き換えに、魔法の豆を手に入れたのよ。そして朝起きてみたら、窓の外に大きな植物が育ってて、その先はもう・・可能性がいっぱいで・・彼はビレッジに住んでいたし、あなたも(グリニッジ)ビレッジに住んでるでしょ。

Rachel: Okay, but Pheebs, Pheebs, Jack gave up a cow, I gave up an orthodontist. Okay, I-I-I know, I know I didn't love him-
 わかったわフィーブス、でもフィーブス、ジャックは牛を捨てて、私は歯科矯正医を捨てたのよ。まぁ、そうよ私は彼を愛してはいなかったけどね。

Phoebe: Oh, see, Jack did love the cow.
 あ、そうね、ジャックは牛を愛してたのよね。

Rachel: But see, it was a plan. You know, it was clear. It was figured out, and now everything's just kinda like...
 でもね、あの時はプランがあったのよ。はっきりしてたのよ。未来を想定してたのよ。それがいまや、何もかもが・・・なんていうか・・。

Phoebe: Floopy?
 フルーピィ?

(フルーピィはフィービーの造語? Floopy はフロッピーfloppyのスペルミスという地位を確立してるらしいので、間違ってわかんなくなっちゃってるという雰囲気があるのかも。。)

Rachel: Yeah.
 それよ。

Monica: So what, you're not the only one. I mean, half the time we don't know where we're going. You've just gotta figure at some point it's all gonna come together, and it's just gonna be... un-floopy.
 それはあなただけじゃないわよ。私たちだって、どうなるのかわかんないわよ。でもいつか形ができてきて、そしてうまくまとまるのよ。そして・・アン(反)フルーピィになるのよ。

Phoebe: Oh, like that's a word.
 そんな言葉聞いたことない。

Rachel: Okay, but Monica, what if- what if it doesn't come together?
 でもね、モニカ、もし、もしも、うまくまとまらなかったら?

Monica: ...Pheebs?
 ・・フィーブス?

Phoebe: Oh, well... 'cause.... you just... I don't like this question.
 うう、そうね・・・えっと・・だから・・・その質問嫌いよ。

Rachel: Okay, see, see, you guys, what if we don't get magic beans? I mean, what if all we've got are.. beans?
 ね、そうじゃない? 二人とも。もし、ゲットしたのが魔法の豆じゃなかったら? もし、それが・・ただの豆だったら?

《マジカルスクエアガーデン》

Ross: Get him! GET HIM! Get him! Get- YESSS! Not laughing now, are ya, pal!
 行け! 行け! やっつけろ! よーっし! これで笑ってられないぞ!

Chandler: See buddy, that's all you need, a bunch of toothless guys hitting each other with sticks.
 (ロスに)な、やっぱりおまえに必要なのは、スティックで殴り合う歯のない選手達なんだよ。

Ross: Pass it! Pass it!
 パス! パス!

Chandler: He's open!
 あいてるぞ!

All: Shoot! Shoot! Shoot!
 シュート!シュート!シュート!
(パックがロスの顔に当たる)

Chandler: Hey, look, we're on that TV thing!
 おい、見ろよ、俺たちあのテレビに映ってるぞ。

《救急病院》

Chandler: Excuse me.
 ちょっと失礼。

Receptionist: It says to call this number if you're not completely satisfied with this candy bar. Well, I'm not completely satisfied.
 (電話中)もしこのキャンディバーに完璧に満足できなかったらこの番号へかけるようにって書いてあるじゃない。私は完璧に満足できてないんだよ。

Chandler: Listen, it's kind of an emergency. Well, I guess you know that, or we'd be in the predicament room.
 聞いてよ、救急病棟だろ・・いや、それはわかってるよね。そうじゃなかったら困窮病棟になっちゃうアハハ。

Receptionist: Hold on. Fill these out, sit over there.
 (電話に)ちょっと待って。(チャンドラーに)問診票書いて、そこで座ってて。

Ross: Look, I don't wanna make any trouble, okay, but I'm in a lot of pain here, alright? My face is dented.
 いいかい、騒ぎ立てたくはないけど、ものすごい痛さなんだ。顔がへこんでるんだから。

Receptionist: Well, you'll have to wait your turn.
 順番を待たないとね。

Joey: Well, how long do you think it'll be?
 それでどれくらいかかりそう?

Receptionist: Any minute now.
 すぐよ。

Ross: Hey, this- Heyy...
 ちょっと!(にらまれて) !うわ・・・

《モニカの部屋・モニカはクッキードウを食べている》

Rachel: I'm so sorry, you guys. I didn't mean to bring you down.
 ごめんねぇ・・。みんなまでへこませてしまって。

Monica: No, you were right. I don't have a plan.
 ううん。あなたのいう通りよ。何もプランなんてないんだもの。

Pizza Guy: Pizza guy!
 ピザ屋でぇす。

Monica: Thank God.
 ああ助かった。

Rachel: Food.
 食べ物だ。(受け取りに行く)

Monica: Phoebe?
 フィービー?

Phoebe: What?
 なに?

Monica: Do you have a plan?
 あなたプランある?

Phoebe: I don't even have a 'pl'.
 プの字もない。

Pizza Guy: Hi, one, uh, mushroom, green pepper and onion?
 こんにちは。えっと、マッシュルーム、グリーンペッパーとオニオンで?

Rachel: No, no, that's not what we ordered... We ordered a fat-free crust with extra cheese.
 ああもう・・それオーダーしたのと違うわよ。私たち脂肪ゼロクラストのチーズ大盛りピザを頼んだのよ。

Pizza Guy: Wait, you're not 'G.Stephanopoulos?' Man, my dad's gonna kill me!
 待って、こちら、G・ステファノプロスさんじゃないの? わー、おやじに殺される!

Monica: Wait! Did you say 'G.Stephanopoulos?'
 待って! G・ステファノプロスって言った?

Pizza Guy: Yeah. This one goes across the street, I must have given him yours. Oh, bonehead, bonehead!
 うん。これは通りの向こうへ行くはずだったんだ。彼のとこへおたくのを置いてきちゃったんだよ。ああ、俺のバカバカ!

Monica: Wait, was this a-a small mediterranean guy with curiously intelligent good looks?
 待って。その人、低めの地中海系で、すごい知的でかっこいい人?

Pizza Guy: Yeah, that sounds about right.
 ああ、そんな感じだね。

Monica: Was he wearing a stunning blue suit?
 素敵なブルーのスーツ着てた?

Phoebe: And-and a power tie?
 それで、パワータイしてた?

(こちらがジョージ・ステファノプロス
パワータイというのは、よく政治家やアナウンサーがしているような、青・赤系のストライプなどのネクタイのこと。知的で上品で自分を主張するようなネクタイらしい)


Pizza Guy: No, pretty much just a towel.
 いや、タオルだけだったよ。

Monica: Oh, God.
 わーお・・。

Pizza Guy: So you guys want me to take this back?
 これ取り替えしないといけない?

Monica: Are you nuts?! We've got George Stephanopoulos' pizza!
 バカ言わないで! ジョージ・ステファノプロスのピザでいいわよ!

Rachel: Uh, Pheebs? Who's George Snuffalopagus?
 ねぇ、フィーブス? ジョージ・スナファロパガスって誰よ?

Phoebe: Big Bird's friend.
 ビッグバードの友達?(笑)

Monica: I see pizza!
 (ステファノプロスの部屋を見る)ピザが見えるわ!

Phoebe: Oh, I wanna see! Let me see! Let me see!
 ああ、私も見る! 見せて見せて!(双眼鏡で見る)

Rachel: Hello? Who are we spying on?
 ねえ! 誰のことのぞいてるの?

Monica: White House adviser? Clinton's campaign guy? The one with the great hair, sexy smile, really cute butt?
 ホワイトハウスのアドバイザーよ。クリントンのキャンペーンやった人。素敵な髪型で、セクシーな笑顔でさ、すっごいキュートなお尻してるの。

Rachel: Oh, him, the little guy? Oh, I love him!
 ああ、彼! あの小さい人?! わお、あの人大好き!

Phoebe: Ooh, wait.. wait, I see a woman.
 待って、待って・・女が見える!

Monica: Please tell me it's his mother.
 お願い、おかあさんだって言って。

Phoebe: Definitely not his mother.
 絶対違うわね。

Monica: Oh, no...
 ああもう。

Phoebe: Oh, wait, she's walking across the floor.. she's walking.. she's walking.. she's going for the pizza.. Hey, that's not for you, bitch!
 ちょっと待って・・・彼女は部屋を横切ってくわ・・・歩いてる・・歩いてる・・あ、ピザに手を出した! あんたのじゃないわよメスブタ!(自分で驚いて口をふさぎ立ち去る)

《救急病院》

Chandler: Excuse me, look, we've been here for over an hour, and a lot of people less sick than my friend have gone in. I mean, that guy with the toe thing? Who's he sleeping with? Oh, come on Dora, don't be mad... I know we both said some things we didn't mean, but that doesn't mean we still don't love each other. You know, I feel like I've lost her.. Ba-!
 ちょっとすみませんけど、もう1時間以上待ってるのに、ぼくの友達ほど悪くなさそうな人がどんどん入ってくんだよね。あのつま先の人とか? あれは誰の彼氏? (ガラス扉を閉められる) ああもうドーラ、怒らないで。僕ら、思ってもいないことを言い合ったりしたけど、それでも僕らの愛が終わってしまったわけじゃないだろ?(仲間に)彼女を失っちゃったみたい。(ガラス扉が開いて驚く)わっ!!

《モニカの部屋、バルコニー》

Monica: Light still out?
 明かりは消えたまま?

Rachel: Yeah.
 うん。

Monica: Oh. Maybe they're- napping.
 ちょっとうたたねしてるのかもね。

Rachel: Oh please, they're having sex.
 冗談でしょ、セックスしてるのよ。

Monica and Phoebe: Shut up!
 言うな!

Rachel: So, what do you think George is like?
 ジョージってどんな人だと思う?

Monica: I think he's shy.
 シャイな人だと思うな。

Phoebe: Yeah?
 そう?

Monica: Yeah. I think you have to draw him out. And then- when you do- he's a preppy animal.
 そうよ。本当の彼を引っ張りださないといけないのよきっと。そうすると・・・そうすると彼はプレッピー風の野獣になるわけよ。

《救急病院》

Ross: I remember the moonlight coming through the window- and her face had the most incredible glow.
 窓から月の光が刺していたのを思い出すよ・・・そして彼女の顔が月の光に輝いて・・・

Chandler: Yes, the moon, the glow, the magical feeling, you did this part- Could I get some painkillers over here, please?
 わかったよ。月だろ、輝きだろ、マジカルだったんだろ、もう聞いたよ。お願い!痛み止めもらえない?!

Joey: He's right, enough, already. What is the big deal about today? So you slept with her for the first time, so what? You slept with her for seven years after that.
 そうだよ。もうたくさんだよ。今日がいったい何なんだよ。彼女と初めて寝たか知らないけど、その後、7年も寝ただろ?

Ross: Look, it's just a little more complicated...
 もうちょっと複雑なんだよ。。

Chandler: Well, what? What? What is it? That she left you? That she likes women? That she left you for another woman that likes women?
 何がだよ。何が?彼女がおまえを捨てたこと? 彼女が女を好きだったこと? 彼女がおまえを捨ててほかの女好き女に走ったこと?

Ross: Little louder, okay, I think there's a man on the twelfth floor in a coma that didn't quite hear you...
 もうちょっと大きな声で言えば12階の昏睡患者にも聞こえたかもな。

Chandler: Then what?
 じゃあ、なんなんだよ。

Ross: My first time with Carol was...
 キャロルとの初めての時は・・・

Joey: What?
 なんだ?

Ross: It was my first time.
 僕の初めての時だったんだ。

Joey: With Carol? . . Oh.
 キャロルと? えっ。

Chandler: So in your whole life, you've only been with one−oh.
 それじゃおまえこれまでに彼女一人? わお。

Joey: Whoah, boy, hockey was a big mistake! There was a whole bunch of stuff we could've done tonight!
 なんてことだ。ホッケーは大間違いだったよ。今夜はもっとほかにすることいっぱいあったよ。

《モニカの部屋、バルコニー》

Monica: Okay. Okay, I got one. Do you remember that vegetarian pate that I made that you loved so much?
 わかったわかった、一つ思いついたわよ。あなたがすごい気に入ったベジタリアンパテ覚えてる?

Phoebe: Uh-huh.
 うん。

Monica: Well, unless goose is a vegetable...ha haaaah!
 あは。鴨がベジタブルだっていうならね!

Phoebe: Oh! Oh! Oh! Okay, fine, fine. Now I don't feel so bad about sleeping with Jason Hurley.
 うわっうわっうわ! いいわよいいわよ。だったら私も、ジェイソン・ハーレイと寝たことそんなに悪く思わなくてもいいわよね。

Monica: What?! You slept with Jason?
 なんですって?! ジェイソンと寝たの?

Phoebe: You'd already broken up.
 あなたが別れた後よ。

Rachel: How long?
 どれくらい後?

Phoebe: A couple hours.
 2時間。

Monica: Oh, that's nice!
 まあ! 素敵だこと。

Rachel: Okay, okay, okay, I got one! Anyway- The valentine Tommy Rollerson left in your locker was really from me.
 わかったわかった! 思いついたわよ! (体を起こしたらクッションが落ちた)とにかく・・あなたのロッカーに入ってたトミー・ローラーソンからのバレンタインプレゼントは実は私でした!

Monica: Excuse me?!
 なんですって?

Rachel: Hello? Like he was really gonna send you one? She was a big girl.
 ちょっと。彼が本当にあなたに贈ると思う? (フィービーに)彼女はすごい横に大きかったのよ。

Monica: Really. Well, at least 'big girls' don't pee in their pants in seventh grade!
 あらそうですか。少なくとも大きい子は7年生でお漏らししないわよね。

Rachel: I was laughing! You made me laugh!
 私は笑っちゃってたのよ。あなたが笑わせたからよ!

Phoebe: There he is! There he is!
 彼が見える彼が見える!

Monica: Where?
 どこ?

Phoebe: Right- where we've been looking all night!
 私たち一晩中見てるじゃん。

Rachel: He is so cute!
 彼って本当にキュートね!

Monica: Oh, George, baby, drop the towel!
 ああ、ジョージ、タオルを落として!

All: Yeah, drop it! Drop the towel! Please drop the−(pause)−wowww.
 そうよ、タオルを落として! お願い落として・・・わーお・・・。

《救急病院:ジョーイとチャンドラー》

Joey: Man. Can you believe he's only had sex with one woman?
 ああもう、信じられる? 一人の女としかセックスしたことないなんて。

Chandler: I think it's great. You know, it's sweet, it's romantic...
 すごいことだと思うよ。素敵だよ。ロマンチックで・・。

Joey: Really?
 本気?

Chandler: No, you kidding? The guy's a freak..
 まさか。冗談だろ。おかしいよ。どうかと思うね。

(ロスが戻る)

Both: Hey, buddy.
 ヘイ。

Ross: Hi.
 あぁ。

Receptionist: Oh, that's attractive.
 まぁ、魅力的だこと。

Chandler: Oh, I thought you were great in Silence of the Lambs. Oh come on, admit it! All things considered, you had fun tonight.
 羊たちの沈黙でのおまえは素晴らしかったよな。なぁ、認めろよ、今夜は結局楽しかっただろ?

Ross: Fun? Where was the fun? Tell me specifically, which part was the fun part? Where's my puck?
 楽しかった? どの部分が楽しかったのか教えてくれる? 僕のパックは?

Joey: Oh, ah- the kid has it.
 ああ、あの子が持ってる。

Ross: The kid...? Excuse me, uh, that's, that's my puck.
 あの子? ちょっと君、えーと、それ僕のパックなんだ。

Kid: I found it. Finders keepers, losers weepers.
 僕が見つけたんだ。見つけたもん勝ちだね、無くしたもんの負け。

Chandler: You gotta do it, man.
 負けるな。

Ross: Oh yeah? Well, I'm rubber, you're glue, whatever−can't do it. Listen, uh- gimme back my puck.
 そうかい? 憎まれ口たたくと自分に返ってくるんだぞ・・(チャンドラーに)無理。(子供に)聞いて、僕のパック返して。
 (I'm rubber, you're glue... 自分はゴムで相手は接着剤。
 "you" が何か言っても、跳ね返ってくっついてしまう)


Kid: No.
 いや!

Ross: 'Yes', how about. Come here. Gimme!
 返すんだよ。返せ。返せ!

Kid: No! No!
 いや! いやだ!

Receptionist: Hey! Hey! No rough holding in my ER!
 ちょっと! 救急病棟で喧嘩しない!!

Ross: GIVE ME MY PUCK!! ...Now that was fun.
 僕のパックを返せ!!(パックが受付の人にあたってしまう)ああ、これは楽しかったね。

《モニカの部屋:ロスが指示、ツイスターをする皆》

Ross: Okay, Monica: Right foot red.
 よし、モニカ、右足を赤。

Monica: Could've played Monopoly, but nooooo.
 モノポリーだってできたのにこれよ。

(ノックの音。レイチェルが落としたクッションを届けてくれた人)
Chandler: Thanks.
 ありがと。

Ross: Okay, Pheebs, Right hand blue. . . Good.
 いいかいフィーブス、右の手を青に。よし。

(電話が鳴る)
Chandler: Hello? Oh, uh, Rachel, it's the Visa card people.
 もしもし? ね、レイチェル、ビザカードの人だよ。

Rachel: Oh, okay. Will you take my place?
 あ、わかった。代わりにやってくれる?

Chandler: Alright. . Yes, this is Rachel.
 わかった。(電話で)はい、レイチェルです。

Rachel: Nooo! Hello? . . Oh, yeah, no, I know, I-I haven't been using it much. . . Oh, well, thanks, but, I'm okay, really.
 ダメよー!! (電話に出て)もしもし、ええ、そうなの、最近使ってないのよ。ええ、ありがとう、でも大丈夫ですからほんとに。

Ross: Green. To the green.
 緑、緑へ。

Rachel: I've got magic beans. Never-never mind.
 (電話)魔法の豆をゲットしたのよ。なんでもないなんでもないわ。

Chandler: To the left, to the left- aww!
 左へ・・左へ・・わお!
(みんな崩れる)

Rachel: Ohhh... I'm fine.
 (満足げにタメイキ)私大丈夫。



にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ



posted by らんち at 15:17| Comment(3) | Season1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>Come on, Ross! You, me, Joey, ice, guys' night out,
の"ice"はどうゆう意味ですか?
Posted by みゅこ at 2015年09月06日 20:50
ごめんなさい、ランチさんじゃありませんが。
"ice guys" でホッケー選手たちのことじゃないでしょうか。
Posted by もなな at 2015年10月13日 15:31
いまさらですみません。もななさん、ありがとうございます。

この後でチャンドラー自身も言ってるように、謎・・といってはいけませんが、
You, me, Joey,とが、guys' night out ってことで ice のショーを見に
行きたいんだと、言葉を並べているんだろうと思います。
Posted by らんち at 2016年02月13日 21:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。