2013年04月27日

1-3 The One with the Thumb

1-3 親指の話

 ☆モニカの彼はみんなのもの?☆

《セントラルパーク:フィービーが来る》

Phoebe: Hi, guys!
 ハーイ!

All: Hey, Pheebs! Hi!
 ハーイ、フィーブス!

Ross: Hey. Oh, oh, how did it go?
 そうそう、どうだった?

Phoebe: Um, not so good. He walked me to the subway and said, “We should do this again!”
 よくなかったわ。駅まで送ってくれて、「またデートしようね」ですって。

All: Ohh. Ouch.
 あう。イタタ。

Rachel: What? He said, “We should do it again.” That's good, right?
 え? 「またデートしよう」って言ったんでしょ、いいんじゃないの?

Monica: Uh, no. Loosely translated, “We should do this again” means “You will never see me naked.”
 違うわよ。言い換えると「またデートしよう」は「2度と寝ることはない」ってことよ。

Rachel: Since when?
 いつから?

Joey: Since always. It's like dating language. You know, like “It's not you” means “It is you.”
 ずっとだよ。デート語っていうかさ、「君のせいじゃない」は「問題はおまえだ」

Chandler: Or “You're such a nice guy” means “I’m gonna be dating leather-wearing alcoholics and complaining about them to you.”
 「本当にいい人ね」は「レザーを来たアルコール漬けの男とつきあうから愚痴きいてよね」

Phoebe: Or, or, you know, “I think we should see other people” means “Ha, ha, I already am.”
 あとはそうね、「私たちほかの人とも知り合ってみるべきよ」ってのは、「もう知り合っちゃったー」ってことよ。

Rachel: And everybody knows this?
 それって誰でも知ってることなの?

Joey: Oh, yeah. Cushions the blow.
 そうさ。ダメージを和らげるんだ。

Chandler: Yeah, it's like when you're a kid, and your parents put your dog to sleep, and they tell you it went off to live on some farm.
 そうだな。子供に親が、犬が死んでしまったとは言わずに、農場で暮らしてるって言うのと同じさ。

Ross: That's funny, that, no, because, uh, our parents actually did, uh, send our dog off to live on a farm.
 おもしろいことに、うちの両親は実際に犬を農場に送ったんだよ。

Monica: Uh, Ross..?
 ・・ロス?

Ross: What? Wh- hello? The Milners' farm in Connecticut? The Milners, they had this unbelievable farm. They had horses, and, and rabbits that he could chase and it was- it w- .....Oh, my God! Chi-Chi!
 なに?わからない? コネチカットのミルナーズファームだよ。信じられないくらい素敵な農場で、馬がいて、ウサギもいて、それを追いかけたりして・・・うそ。。チーチー!

《チャンドラーとジョーイの部屋》

Chandler: "So how does it feel knowing you're about to die?"
 「もうすぐ死ぬとわかっている気分はどうだ?」

Joey: "Warden, in five minutes my pain will be over. But you'll have to live with the knowledge that you sent an honest man to die."
 「所長さん、俺の苦しみは、あと5分で終わる。でも、あんたはこの先ずっと、無実の俺を死刑にかけたって事実をしょって生きてくんだ」

Chandler: Hey, that was really good!
 わお。すごいよかったよ。

Joey: Yeah? Thanks! Let's keep going.
 ありがと。続けよう。

Chandler: Okay. "So. What do you want from me, Dimon? Huh?"
 よし「希望はあるか、ディモン?」

Joey: "I just wanna go back to my cell. 'Cause in my cell, I can smoke."
 「独房へ帰らせてくれ。そうすればタバコが吸えるからな」

Chandler: "Smoke away."
 「吸っていいぞ」

(ジョーイはタバコとライターを出すが喫煙はうまくできない)

Chandler: I think this is probably why Dimon smokes in his cell alone.
 ディモンが一人になりたいのはそのせいか。

Joey: What?
 え?

Chandler: Relax your hand! Let your wrist go. . . Not so much!
 手の力を抜いて! だらんと。・・抜き過ぎだ!

Joey: Whoah!
 おお!

Chandler: Hey!
 おいおい!

Joey: Hey!
 おいおい!

Chandler: All right. Now try taking a puff. . Alright.. okay. No. Give it to me.
 よし、一服してみろ。(ジョーイは顔をしかめる)よーし・そう。ダメだ、タバコをよこせ。

Joey: No no no, I’m not giving you a cigarette.
 ダメダメダメ。おまえにタバコは吸わせないぞ。

Chandler: It's fine, it's fine. Look, do you wanna get this part, or not? Here. . . All right. Now, don't think of it as a cigarette. Think of it as the thing that's been missing from your hand. When you're holding it, you feel right. You feel complete.
 大丈夫、大丈夫だから。なぁ、この役が欲しいんじゃないのか?(ジョーイは渋々タバコを渡す)タバコだと思うな。おまえの手に欠けていたものだと思え。それを手にすると、ピッタリくるんだ。おまえは満たされる。

Joey: You miss it?
 タバコが恋しい?

Chandler: No, not so much. All right, now we smoke. . . Oh, my God.
 別に。よし、吸うぞ。(吸う)おー・・まい・・ごーっど・・。

《セントラルパーク》

Monica: No, no, no. They say it's the same as the distance from the tip of a guy's thumb to the tip of his index finger.
 違う違う、違うわよ、親指の先から人差し指の先の長さと同じだそうよ。

Joey: That's ridiculous!
 そんなバカな。

Ross: Can I use.. either thumb?
 両手使っていい?

Rachel: All right, don't tell me, don't tell me! Decaf cappuccino for Joey. Coffee, black. Latte. And an iced tea. I'm getting pretty good at this!
 黙っててよ、黙っててよー。(飲み物を皆に配る)ジョーイにはカフェイン抜きカプチーノでしょ、ブラックコーヒー、ラテ、そしてアイスティー! できるようになったでしょう!

All: Yeah. Yeah, excellent.
 素晴らしい!

Rachel: Good for me!
 私よくできました!

(みんな飲み物を交換する。フィービーが来る)

Joey: You okay, Phoebe?
 フィービー、大丈夫?

Phoebe: Yeah- no- I'm just- it's not even worth.. It's my bank.
 うん。ちょっと・・言うほどじゃ・・銀行がいけないのよ!

Monica: What did they do to you?
 銀行がどうかしたの?

Phoebe: It's nothing, it's just- Okay. I'm going through my mail, and I open up their monthly, you know, “statement”..
 何でもないの。ちょっと・・いい?郵便物を確認するでしょ、そして見たのよ銀行の今月の報告書!

Ross: Easy.
 落ち着いて。

Phoebe: And there's five hundred extra dollars in my account.
 そうしたら私の口座に余分に500ドルあったのよ。

Chandler: Oh, Satan's minions at work again.
 ああ、また悪魔の手先の仕業だ。

Phoebe: Yes, 'cause now I have to go down there, and deal with them.
 これで銀行へ行って話さなきゃならなくなったわ

Joey: What are you talking about? Keep it!
 何いってんだよ、もらっとけよ

Phoebe: It's not mine, I didn't earn it. If I kept it, it would be like stealing.
 わたしんじゃないもの! 私が稼いんじゃないもの。返さなかったら、盗みになるのよ

Rachel: Yeah, but if you spent it, it would be like shopping!
 でも使えば買う楽しみになるのよ

Phoebe: Okay. Okay, let's say I bought a really great pair of shoes. Do you know what I'd hear, with every step I took? 'Not-mine. Not-mine. Not-mine.' And even if I was happy, okay, and, and skipping- 'Not-not-mine, not-not-mine, not-not-mine, not-not-mine'...
 いい?もし、これで素敵な靴を買ったとするでしょ、そうすると、歩くたびに、ネコババネコババって音がするのよ。もし私がご機嫌で、スキップしたとするでしょ、そうすると、ネコネコババ、ネコネコババ、ネコネコババババ・・

Monica: We're with you. We got it.
 もういい、わかった、わかったわよ。

Phoebe: Okay. I'd- just- I'd never be able to enjoy it. It would be like this giant karmic debt.
 うん。私絶対に楽しめないと思うもの。ネコババしたらものすごいカルマになるわ。

Monica: Chandler, what are you doing? Hey. What are you doing?
 チャンドラー、何してるの? ねぇ、何してるのよ?

(チャンドラーがタバコの煙を吐く)

All: Oh! Oh, gross!
 うわ!なんてことを!

Ross: What is this?!
 何してるんだよ。

Chandler: I'm smoking. I'm smoking, I'm smoking.
 タバコ吸ってるんだよ。吸っちゃってるの。

Phoebe: Oh, I can't believe you! You've been so good, for three years!
 まぁ、信じらんない。この3年間、ずっと禁煙できてたのに!

Chandler: And this is my reward!
 だからそのご褒美だよ。

Ross: Hold on a second, all right? Just think about what you went through the last time you quit.
 待てよ。いいか、前の禁煙のつらさを思い出してみろよ。

Chandler: Okay, so this time I won't quit!
 だから今度は禁煙しないもん。

All: Ohhh! Put it out!
 ダメ! 消して!

Chandler: All right! I'm putting it out, I'm putting it out.
 わかったよ。消すよ消せばいいんだろ(フィービーのコーヒーに落とす)

Phoebe: Oh, no! I- I can't drink this now!
 まぁひどい。これでもう今は飲めないわ。

Monica: All right. I'm gonna go change, I've got a date.
 さてと。私は着替えてこれからデートよ。

Rachel: Is this Alan again? How's it going?
 またアランと? うまくいってるの?

Monica: It’s going pretty good, you know? It's nice, and, we're having fun.
 うまくいってるわ。いい感じよ。楽しんでる。

Joey: So when do we get to meet the guy?
 それで、いつ俺たちに会わせてくれるの?

Monica: Let's see, today's Monday... Never.
 そうね・・今日は月曜日でしょ・・永遠にダメ。

All: Oh, come on! Come on!
 そんな! 何てことを!

Monica: No. Not after what happened with Steve.
 ダメよ。スティーブのときあんなことになったもの。

Chandler: What are you talking about? We love Steve! Steve was sexy!.. Sorry.
 何を言ってるんだよ? しゅてぃーぶったら、しぇくしー!!・・・失敬。

Monica: Look, I don't even know how I feel about him yet. Just give me a chance to figure that out.
 いい?私自身の気持ちもはっきりしてないの。時間をちょうだい。

Rachel: Well, then can we meet him?
 そうしたら会わせてくれる?

Monica: Nope. Sorry.
 ダメ! しゅまんね!

《モニカのレストラン》

Monica: I mean, why should I let them meet him? I mean, I bring a guy home, and within five minutes they're all over him. They're like- coyotes, picking off the weak members of the herd.
 だってね、どうして彼をみんなに会わせなきゃいけないかっての。会わせたとするでしょ、5分もたたないうちに、みんなでよってたかって。まるで、群れの中の弱いメンバーをいじめるコヨーテね。

Paula: Listen. As someone who's seen more than her fair share of bad beef, I'll tell you: that is not such a terrible thing. Come on, now, they're your friends, they're just looking out after you.
 聞きなさいって。人様の分まで悪いビーフに当たってきた私に言わせてみれば、そんなひどい話じゃないわよ。いい友達でしょ、あんたのこと心配してるのよ。

Monica: I know. I just wish that once, I'd bring a guy home that they actually liked.
 わかってるけど。一回ぐらい、私の彼をみんなが好きになってくれないかしらね。

Paula: Well, you do realize the odds of that happening are a little slimmer if they never get to meet the guy.
 わかんない? 会わせないってんなら、その確率は低いわよ。

《モニカ達の部屋:チャンドラーはバルコニーで喫煙》

Joey: Let it go, Ross.
 忘れろって、ロス。

Ross: Yeah, you didn't know Chi-Chi.
 なんだよ、チーチーを知らないくせに。

Monica: Do you all promise?
 みんな、約束よ?

All: Yeah! We promise! We'll be good!
 わかってる! 約束する! いい子にする!

Monica: Chandler? Do you promise to be good?
 チャンドラー? いい子にするって約束する?

(チャンドラーは胸の上で十字を切ってみせる。雨が降り出したので窓を叩く)

Joey: You can come in, but your filter tip little buddy has to stay outside!
 おまえは入ってきてもいいけど、そのフィルターのついたやつはダメだぞ。

(雨に濡れるチャンドラー。フィービーがくる)

Ross: Hey, Pheebs.
 やぁ、フィーブス。

Phoebe: “Dear Ms. Buffay. Thank you for calling attention to our error. We have credited your account with five hundred dollars. We're sorry for the inconvenience, and hope you'll accept this--football phone as our free gift.” Do you believe this?! Now I have a thousand dollars, and a football phone!
 「ブフェさま、私どものミスをお知らせいただきありがとうございました。貴口座に500ドル記帳させていただきました。ご不便をおかけしてもうしわけございませんでした。お詫びとしてフットボールフォンをお受け取りいただけましたら幸いです」信じられる? これで私は1000ドルとフットボールフォンをもらっちゃったのよ。

Rachel: What bank is this?
 どこの銀行よ?!

(ブザーが鳴る)

Monica: Okay, it’s him. Who is it?
 彼だわ。(インターホンで)どなた?

Alan: Alan.
 アランだ。

Joey: Chandler! He's here!
 チャンドラー! 彼が来たぞ!

Monica: Okay, please be good, please. Just remember how much you all like me.
 いい、みんな、いい子にしてね、私のためだってこと忘れないで。
(アランがくる)

Monica: Hi. Alan, this is everybody. Everybody, this is Alan.
 ハーイ、アラン。こちら友人達よ。みんな、こちらアラン。

Alan: Hi.
 やぁ。

All: Hi, Alan.
 ハーイ、アラン。

Alan: I've heard so much about all you guys!
 あんたらのことはたんと聞いちょるよ。

《時間経過:アランを見送るモニカ》

Monica: Thanks. I'll call you tomorrow. . . Okay. Okay, let's let the Alan-bashing begin. Who's gonna take the first shot, hmm? . . Come on!
 ありがとう。明日電話するわ。(アランは帰る)さあ、アランバッシングする? 最初に言いたいのは誰? さぁ、誰なの?

Ross: ...I'll go. Let's start with the way he kept picking at- no, I'm sorry, I can't do this, can't do this. We loved him.
 僕からいくよ。彼のあの癖・・いや、ごめん、無理だ、できないよ。僕ら彼が気に入ったよ。

All: Loved him! Yeah! He's great!
 気に入った! ほんと彼はすごいよ。

Monica: Wait a minute! We're talking about someone that I'm going out with?
 ちょっと待って。みんな、私のデート相手の話してる?

All: Yes!
 そう!

Rachel: And did you notice...?
 みんな気づいた?(親指と人差し指を広げる)

The Guys: Yeah.
 うん。

Joey: Know what was great? The way his smile was kinda crooked.
 何がいいって、あの笑顔のひねた感じ?

Phoebe: Yes, yes! Like the man in the shoe!
 そう、それよ! 靴の中のひねた男よ!

Ross: ...What shoe?
 靴って何?

Phoebe: From the nursery rhyme. “There was a crooked man, Who had a crooked smile, Who lived in a shoe, For a… while…”
 マザーグースよ。ひねた男がいました、ひねた笑顔で靴に住んでて・・・それで・・(わからなくなったようす)

 There was a crooked man


 (フィービーは歌詞を間違えたようです)

Ross: ...So I think Alan will become the yardstick against which all future boyfriends will be measured.
 僕が思うに、アランは、将来のボーイフレンドの基準となるね。

Rachel: What future boyfriends? No, no, I think this could be, you know, “it.”
 将来のボーイフレンドって何よ、それは違うわよ。私は彼こそがその人だと思うわ。

Monica: Really?
 ほんとうに?!

Chandler: Oh, yeah. I'd marry him just for his David Hasselhoff impression alone. You know I'm gonna be doing that at parties, right?
 そうだな。俺だったら、あのデビッド・ハッセルホフの物まねだけでも結婚しちゃうね。俺は宴会であれをやるぞ(といいながら物まねをする)

(デビッド・ハッセルホフはチャンドラーとジョーイの大好きなベイウォッチに出演していたので、その走る姿をマネているようです)

Ross: You know what I like most about him, though?
 彼の一番いいところは何だと思う?

All: What?
 なに?

Ross: The way he makes me feel about myself.
 自分自身についての感じ方を変えてくれたんだ・・・。

All: Yeah...
 ほんと・・。

《セントラルパーク:モニカ以外のメンバーがソフトボールから戻る》

Monica: Hi.. How was the game?
 ハーイ。ゲームはどうだった?

Ross: Well..
 それが・・

All: WE WON!! Thank you! Yes!
 勝ったんだ! ありがとう!! やった!

Monica: Fantastic! I have one question: How is that possible?
 すごいじゃない! 質問。なんでそんなことがあり得る?

Joey: Alan.
 アランだよ。

Ross: He was unbelievable. He was like that-that-that Bugs Bunny cartoon where Bugs is playing all the positions, right, but instead of Bugs it was first base-Alan, second base-Alan, third base-...
 彼はもう信じられないよ。あれ、あのバッグスバニーみたいなんだ。どこのポジションもバッグスが守るみたに。ファースト・アラン、セカンド・アラン、サードも・・。

Rachel: I mean, it-it was like, it was like he made us into a team.
 そうね、なんていうか・・彼が私たちを一つのチームにしてくれたのよ!

Chandler: Yep, we sure showed those Hasidic jewelers a thing or two about softball..
 その通り! ハシディックジュエラーズにソフトボールってものを教えてやったね。

Monica: Can I ask you guys a question? Do you ever think that Alan is maybe.. sometimes..
 聞きたいんだけど。アランってなんていうか時々・・

Ross: What?
 何?

Monica: ..I don’t know. A little too “Alan”?
 なんていうかな。アランってできすぎじゃない?

Rachel: Oh, no. That's not possible. You can never be too “Alan.”
 そんなのあり得ないわ。ありのままのアランがいいのよ。

Ross: Yeah, it's his, uh, innate “Alan-ness” that-that-that we adore.
 そうだな。ありのままでアランってところが好きなんだよ。

Chandler: I, personally, could have a gallon of Alan.
 俺だったらアランまみれになってもいいね。

《屋外・フィービーとホームレスのリジー》

Phoebe: Hey, Lizzie.
 こんちは、リジー。

Lizzie: Hey, Weird Girl.
 こんちは、妙な子。

Phoebe: I brought you alphabet soup.
 アルファベットスープ持って来たわよ。

Lizzie: Did you pick out the vowels?
 母音は抜いてくれた?

Phoebe: Yes. But I left in the Ys. 'Cause, you know, “sometimes Y”. And I also have something else for you.
 うん。でも「Y」は残したよ。だって時々母音じゃないじゃん。ほかにもあるの。

Lizzie: Saltines?
 クラッカー?

Phoebe: No, but would you like a thousand dollars and a football phone?
 違うの。1000ドルと、フットボールフォンいらない?

Lizzie: What? . . Oh, my God. . Oh, my God. There's really money in here.
 は? うわなにこれ。本当にお金が入ってるじゃない。

Phoebe: I know.
 そうよ。

Lizzie: Weird Girl, what are you doing?
 妙な子ったら、本当に何考えてんの?

Phoebe: I want you to have it. I don't want it.
 もらってほしいの。私はいらないから。

Lizzie: No, no, I ha-I have to give you something.
 それはできないよ。なんかお返しする。

Phoebe: Oh, that's fine, no.
 いいのいいの。

Lizzie: Would you like my tin-foil hat?
 アルミ箔帽子はどう?

Phoebe: No. 'Cause you need that. No, it's okay, thanks.
 いいわよ、だってそれいるでしょ? 本当に何もいらないから。

Lizzie: Please, let me do something.
 困るよ。なんかさせて。

Phoebe: Okay, alright, I’ll tell you what. You buy me a soda, and then we're even. Okay?
 わかったわ。じゃあソーダ買ってくれる? それでおあいこってことで、いい?

Lizzie: Okay.
 いいよ。

Phoebe: Okay.
 オーケー。

《チャンドラーが職場でタバコを隠れ吸う場面》

《屋外。フィービーとリジー》

Lizzie: Keep the change. Sure you don't wanna pretzel?
 つりはとっといて。(フィービーに)ほんとにプレッツェルはいらない?

Phoebe: No, I'm fine.
 いいのよ。

Lizzie: See ya.
 じゃあね。

Phoebe: Huh!
 (缶を開けて)へっ!

《セントラルパーク》

Ross: A thumb?!
 親指?

All: Eww!
 げー!

Phoebe: I know! I know, I opened it up and there it was, just floating in there, like this tiny little hitch-hiker!
 そうなのよ! 開けてみたら、そこに浮いてたの。まるで小さなヒッチハイカーみたい。

Chandler: Well, maybe it's a contest, you know? Like, collect all five?
 5本全部集めると懸賞、みたいな?

Phoebe: Does, um, anyone wanna see?
 見たい人いる?

All: Nooo!
 いや!

(チャンドラーがタバコに火をつける)

All: Oh, hey, don't do that! Cut it out!
 ちょっと、やめろって!やめろったら!

Rachel: It's worse than the thumb!
 親指よりたちが悪いわ。

Chandler: Hey, this is so unfair!
 そんなのないよ、不公平だよ

Monica: Oh, why is it unfair?
 なにが不公平なのよ。

Chandler: So I have a flaw! Big deal! Like Joey's constant knuckle-cracking isn't annoying? And Ross, with his over-pronouncing every single word? And Monica, with that snort when she laughs? I mean, what the hell is that thing? ...I accept all those flaws, why can't you accept me for this?
 俺にだって欠点はあるよ。それが何だよ。ジョーイがいつも指を鳴らすのはどうなんだよ。それからロス、一語一句きっちり発音するのはどう? それにモニカ、笑う時に鼻を鳴らす、あれはいったい何だよ。俺はみんなのそういうの受け入れてるのに、なんでタバコのこと受け入れてくれないんだよ!

Joey: ...Does the knuckle-cracking bother everybody?
 指鳴らすのって、そんな気に障る?

Rachel: Well, I-I could live without it.
 そりゃ・・なくてもいいと思うわね。

Joey: Well, is it, like, a little annoying, or is it like when Phoebe chews her hair?
 それってその・・ちょっと気になる程度? それともフィービーが髪を噛むのと同じくらい?

Ross: Oh, now, don't listen to him, Pheebs, I think it's endearing.
 フィーブス、気にするなよ。そんなのかわいい癖だよ。

Joey: Oh, "you do, do you"?
 おやさようでございますか。
(モニカが笑って鼻を鳴らす)

Ross: You know, there's nothing wrong with speaking correctly.
 きちんと正しく発音することに何ら問題はないよね

Rachel: Indeed there isn't... I should really get back to work.
 本当にさようでございますとも。・・ほんとに仕事に戻らなくっちゃ。

Phoebe: Yeah, 'cause otherwise someone might get what they actually ordered.
 そうよね。注文した通りのものを運んでもらわないとね。

Rachel: Ohh-ho-hooohhh. The hair comes out, and the gloves come on.
 おやおやぁ? 髪を吐き出して嫌みも吐いてきたわね?
(gloves come on - 手袋を投げると決闘の合図、ケンカを売るということになる。その意味の「手袋」を出してきたわねという感じ)

(みんなで言い合いになる。チャンドラーは機嫌良く出ていく)

《モニカのレストラン》

Monica: Did you ever go out with a guy your friends all really like?
 彼氏が友達に気に入られたことある?

Paula: No.
 ないね。

Monica: Okay.. Well, I'm going out with a guy my friends all really like.
 そうか。今のボーイフレンドが友達に好かれちゃってるんだ。

Paula: Wait, wait.. we talking about the coyotes here? All right, a cow got through!
 ちょっと待って。この前のコヨーテの話? よーし、牛が無事通過したね?

Monica: Can you believe it? ...You know what? I just don't feel the thing. I mean, they feel the thing, I don't feel the thing.
 信じられる? 私はピンとこないのよ。友達はそれを感じてるのに、私は感じないの。

Paula: Honey, you should always feel the thing. Listen, if that's how you feel about the guy, Monica, dump him!
 モニカったら。感じないならダメじゃん。もしピンとこないならモニカ、そいつやめなさい。

Monica: I know.. it's gonna be really hard.
 そうよね。でも大変だろうな。

Paula: Well, he's a big boy, he'll get over it.
 大人だもの、乗り越えるさ。

Monica: No, he'll be fine. It's the other five I'm worried about.
 違うの。彼は大丈夫だと思うけど、あとの5人よ、心配なのは。

《セントラルパーク》

Joey: Do you have any respect for your body?
 自分の体のこと大事じゃないのか?

Ross: Don't you realize what you're-you're doing to yourself?
 自分自身にどんなことをしてるのかわかってるのか?

Chandler: Hey, you know, I have had it with you guys and your cancer and your emphysema and your heart disease. The bottom line is, smoking is cool, and you know it.
  いいか、俺はわかってるよ、ガンになるっていうんだろ、あと肺気腫とか心臓病とか。だけど結局は、タバコ吸うってかっこいいんだよ。わかってるだろ。

Rachel: Chandler? It's Alan, he wants to speak to you.
 (電話を持って)チャンドラー、アランよ。話したいって。

Chandler: Really? He does? Hey, buddy! What's up! Oh, she told you about that, huh. Well, yeah, I have one now and then. Well, yeah, now. Well, it's not that bad. . Well, that's true,.. Gee, you know, no-one- no-one's ever put it like that before. Well, okay, thanks!
 ほんとに? アランが? どーも相棒! 調子どう? ああ、彼女が話した? ああ、時々吸うよ。ああ、今も。いや、そんな大事では・・。ああそれはその通りだけど。あ、いや、誰も・・今まで誰もそんなふうには言ってくれなかったよ。うん、わかった。ありがと。(電話を終え、タバコを消す)

Rachel: God, he's good.
 (ロスに)わお。。彼はすごいわ。

Ross: If only he were a woman.
 もし彼が女性だったらな

Rachel: Yeah.
 ほんとね。

《モニカ達の部屋》

Chandler: Ooh, Lamb Chop. How old is that sock? If I had a sock on my hand for thirty years it'd be talking too.
 うー!ラムチョップめ! あの靴下は何年ものだ? 靴下30年も手につけてりゃしゃべりだすっての。

Ross: Okay. I think it's time to change somebody's nicotine patch.
 はいはい、ニコチンパッチのお時間ですね。

(モニカが来る)
Monica: Hey. Where's Joey?
 みんな、ジョーイはどこ?

Chandler: Joey ate my last stick of gum, so I killed him. Do you think that was wrong?
 ジョーイは俺の最後のガムを食ったから殺した。悪い?

Rachel: I think he's across the hall.
 たぶん自分の部屋にいるわよ。

Monica: Thanks.
 ありがと。(出て行く)

Ross: There you go.
 (ニコチンパッチをチャンドラーに貼る)これでよし。

Chandler: Ooh, I'm alive with pleasure now.
 おお! これで喜びに生き返った!

Ross: Hey, Pheebs, you gonna have the rest of that Pop Tart?.. Pheebs?
 ねぇフィーブス、そのポップタルトもらっていい? フィーブス?

Phoebe: Does anyone want the rest of this Pop Tart?
 誰かこのポップタルト食べる?

poptarts.jpg
 (これがポップタルト。すごい甘くて濃い味だとか)

Ross: Hey, I might!
 ねぇ、食べるよ!

Phoebe: Sorry. . . You know, those stupid soda people gave me seven thousand dollars for the thumb.
 ごめん。馬鹿なソーダ会社の連中が、親指の件で7000ドルくれたの。

All: You're kidding. Oh, my God.
 うっそ。すごい。

Phoebe: And on my way over here, I stepped in gum. ...What is up with the universe?!
 んで、ここにくる途中でガム踏んだ! この宇宙はいったいどうなってんの?!

(モニカがガウン姿のジョーイを連れて戻ってくる)

Joey: What's going on?
 何だっていうんだよ?

Monica: Nothing. I just think it's nice when we're all here together.
 別に。みんなでそろったらいいなと思っただけ。

Joey: Even nicer when everyone gets to wear their underwear.
 下着をつけた方がもっといいと思うけどね

Rachel: Uh, Joey..
 あ、ジョーイ。

Joey: Oh, God!
 うわ。(バスローブを直す)

Monica: Okay.
 (テレビを切って)さて。

All: Oh! That was Lamb Chop!
 あう。ラムチョップ見てたのに。

Monica: Please, guys, we have to talk.
 お願い。話したいことがあるの。

Phoebe: Wait, wait, I'm getting a deja vu...no, I'm not.
 待って! これデジャブだわ。・・あ、違った。

Monica: Alright, we have to talk.
 いい? 話したいことがあるの。

Phoebe: There it is!
 ほらやっぱりデジャブだ!

Monica: Okay. It's-it's about Alan. There's something that you should know. I mean, there's really no easy way to say this.. uh.. I've decided to break up with Alan.
 えー、アランのことで・・知っておいてもらいたいことがあるの。すごく言いにくいことなんだけど・・アランとは別れるわ。

Ross: Is there somebody else?
 誰かほかに?

Monica: No, no, no, no, no.. it's just.. things change. People change.
 違う違う、それはないわ。ただ・・・物事は変わるものよ。人も変わるわ。

Rachel: We didn't change.
 あたしたち変わってないのに。

Joey: So that's it? It's over? Just like that?
 それだけ? それおでおしまい? そんな簡単に?

Phoebe: You know.. you let your guard down, you start to really care about someone, and I just- I. .
 ね、自分のガードを緩めたら、誰かのこと本気で好きになれば・・・そしたら・・(髪を噛む)

Monica: Look, I- I could go on pretending-
 聞いて。好きなフリをしていくことはできるけど

Joey: Okay!
 よし!

Monica: No. That wouldn't be fair to me, it wouldn't be fair to Alan. It wouldn't be fair to you!
 ダメ。それは私自身にとって公平じゃないし、アランにとっても、みんなにとってもよくないことよ

Ross: Well, who wants fair? I just want things back. You know, the way they were.
 公平じゃなくてもいいよ! 取り戻したいだけだよ・・元通りに・・。

Monica: I'm sorry.
 ごめんね

Chandler: Oh, she's sorry! I feel better!
 ごめんねだって! ちょっと気が晴れた!

Rachel: I just can't believe this! I mean, with the holidays coming up. I wanted him to meet my family.
 信じらんない。もうすぐホリデーシーズンなのよ。私彼を家族に紹介したかったのに。

Monica: I'll meet someone else. There'll be other Alans.
 また誰かに出会うわ。またアランみたいな人がいるわよ

All: Oh, yeah! Right!
 ああ、そうですか!

Monica: Are you guys gonna be okay?
 みんな、大丈夫?

Ross: Hey, hey, we'll be fine. We're just gonna need a little time.
 大丈夫だよ。ちょっと時間がかかるだけだよ。

Monica: I understand.
 わかったわ。

《レストラン:モニカとアラン》

Alan: Wow.
 ワオ・・

Monica: I'm really sorry.
 本当に残念だわ。

Alan: Yeah, I'm sorry too. But, I gotta tell you, I am a little relieved.
 ああ、僕も残念だ。けど、正直言って、ちょっとほっとするところもあるよ。

Monica: Relieved?
 ほっとする?

Alan: Yeah, well, I had a great time with you. I just can't stand your friends.
 ああ。君とは楽しかったけど・・・君のあの友人達には耐えられないよ。

《モニカ達の部屋》

Rachel: Remember when we went to Central Park and rented boats?.. That was fun.
 セントラルパークでボート借りたの覚えてる? 楽しかったわよね。

Ross: Yeah. He could row like a viking.
 彼ったらバイキングみたいに漕いでたな。

(モニカが来る)
Monica: Hi.
 ハーイ。

All: Mmm.
 ああ。

Ross: So how did it go?
 どうだった?

Monica: Oh, you know..
 うん、わかるでしょ。

Phoebe: Did he mention us?
 彼、私たちのこと言ってた?

Monica: He says he's really gonna miss you guys.
 みんなに会えなくて寂しくなるって。

Ross: You had a rough day, huh?
 大変だったな。

Monica: Oh, you have no idea.
 想像もつかないわよ。

Ross: Come here.
 おいで。

Chandler: ...That's it. I'm getting cigarettes.
 これまでだ。タバコ吸うぞ。

All: No no no!
 ダメ!!

Chandler: I don't care, I don't care! Game's over! I'm weak! I've gotta smoke! I've gotta have the smoke!
 知るか! 知るもんか! おしまいだ。俺は弱いんだ。タバコを吸う!タバコがいるんだ!

Phoebe: If you never smoke again I'll give you seven thousand dollars!
 もし二度とタバコ吸わなかったら、7000ドルあげる!

Chandler: Yeah, all right.
 わかった、やめるよ。





にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ
posted by らんち at 00:18| Comment(0) | Season1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。