2013年04月25日

1-2 The One With the Sonogram at the End

1-2 超音波で終わる話

 ☆ロスの大事件☆

《セントラルパーク》

Monica: What you guys don't understand is, for us, kissing is as important as any part of it.
 あなた達がわかってないのは、キスは、一番大事ってことよ。

Joey: Yeah, right!.......You serious?
 そうだよな! ・・・マジで言ってる?

Phoebe: Oh, yeah!
 もちろんよ!

Rachel: Everything you need to know is in that first kiss.
 最初のキスですべてわかるものよ。

Monica: Absolutely.
 まったくね。

Chandler: Yeah, I think for us, kissing is pretty much like an opening act, you know? I mean it's like the stand-up comedian you have to sit through before Pink Floyd comes out.
 俺たちにとっては、キスっていうのは、前座みたいなもんだよ。コメディアンで時間をつぶしながら、待ってるんだ。ピンク・フロイドをね。

Ross: Yeah, and-and it's not that we don't like the comedian. It's that-that... that's not why we bought the ticket.
 そう。その・・別にコメディアンを嫌いっていうわけじゃないんだ。ただ・・・チケットを買うのはコメディアンを見るためじゃないってことさ。

Chandler: The problem is, though, after the concert's over, no matter how great the show was, you girls are always looking for the comedian again, you know? I mean, we're in the car, we're fighting traffic... basically just trying to stay awake.
 問題は、コンサートが終わった後、それがどんな素晴らしかったとしてもだよ、君たち女の子は、もう一度コメディアンを求めるんだよね。僕らはもう、帰りの車を運転中で・・・・まぁ、目を覚ましてるので精一杯ってとこなのにさ。

Rachel: Yeah, well, word of advice: Bring back the comedian. Otherwise next time you're gonna find yourself sitting at home, listening to that album alone.
 いいこと。アドバイスあげる。コメディアンを呼び戻すことね。さもないと、家で一人でアルバム鑑賞するはめになるのよ。

Joey: ....Are we still talking about sex?
 ・・・まだセックスの話してるんだよね?

《ロスの勤務先》

Ross: No, it's good. It is good. It's just that doesn't she seem a little angry?
 いや、いいんだよ、いいんだけど、ちょっと・・なんか彼女怒ってる感じしない?

Marsha: Well, she has issues.
 ええ、問題を抱えてるのよ

Ross: Does she?
 そうなの。

Marsha: He's out banging other women over the head with a club, while she sits at home trying to get the mastodon smell out of the carpet.
 彼女が家でカーペットについたマストドンの匂いを取っているっていうのに、彼はよその女に手を出していたのよ。

Ross: Marsha, see, these are cave people. Okay? They have issues like 'Gee, that glacier's getting kinda close.' See?
 マーシャ。この人たちは、穴居人達なんだ。かれらの問題と言えば、「氷河期が近いぞ」みたいな。ね。

Marsha: Speaking of issues, isn't that your ex-wife?
 問題と言えば、あの人、元奥さんじゃない?

Ross: No. No.
 (ウィンドウの外にキャロルがいるのを見たが)いや、違うよ。

Marsha: Yes, it is. Carol! Hi!
 いえ、そうよ。キャロル! ハーイ!

Ross: Okay, okay, yes, it is. . How about I'll, uh, catch up with you in the Ice Age.
 わかった、そうだよね。それじゃ、また氷河期で会おうか。

(マーシャは立ち去り、キャロルが来る)

Ross: Hi.
 ハーイ。

Carol: Hi. . . So.
 ハーイ。・・・それで・・。

Ross: You look great. I, uh... I hate that.
 元気そうだね。僕には痛いけど。

Carol: Sorry. Thanks. You look good too.
 ごめん。あなたも元気そう。

Ross: Ah, well, in here, anyone who... stands erect... So what's new? Still, uh...
 まぁ・・・ここにいれば・・直立してる部屋だから。それで、何かあった? 今も・・

Carol: A lesbian?
 レズビアンかって?

Ross: Well... you never know. How's, um.. how's the family?
 まぁ・・わからないもんさ。それで・・みんな元気?

Carol: Marty's still totally paranoid. Oh, and, uh-
 マーティはまだ全然乗り越えられず・・あ、えっと・・。

Ross: Why- why are you here, Carol?
 どういう用件なの、キャロル?

Carol: I'm pregnant.
 妊娠したの。

Ross: Pregnant!
 妊娠!

《モニカの部屋Three's companyを見ている》

Chandler: Oh, I think this is the episode of Three's Company where there's some kind of misunderstanding.
 ああこれはまた何かの勘違いが起きるエピソードだな。

Phoebe: ...Then I've already seen this one!
 それならもう見たわ(テレビを切る)

Monica: Are you through with that?
 (ジョーイからコップを取る)もう終わった?

Joey: Yeah, sorry, the swallowing slowed me down.
 ああ、ごめん、飲み込むの遅くて・・。

Monica: Whose little ball of paper is this?!
 そこの紙くず誰の?!

Chandler: Oh, uh, that would be mine. See, I wrote a note to myself, and then I realized I didn't need it, so I balled it up and... now I wish I was dead.
 あ、えっとそれは俺ので・・メモを書いたんだけど、やっぱ要らないなってことになって、丸めて・・それでもう死にたい気分。

(モニカがクッションをはたく)

Phoebe: She already fluffed that pillow... Monica, you know, you've already fluffed that- but, it's fine!
 また叩いてる。モニカ、もう十分膨らませたわよ。(モニカがにらむ)なんでもないわ。

Monica: Look , I'm sorry, guys. I just don't wanna give them any more ammunition than they already have.
 ごめんねみんな。私はただ両親に余計な非難の材料を与えたくないのよ。

Chandler: Yes, and we all know how cruel a parent can be about the flatness of a child's pillow.
 そうだよね。親っていうのはいつも子供のクッションのふんわり具合を意地悪く見ているよね。

Phoebe: Monica. Hi! Um, Monica, you're scaring me. I mean, you're like, you're like all chaotic and twirly, you know? And not-not in a good way.
 モニカ、ねぇ、モニカ。怖いわ。なんていうか、あなた、混乱してとび回ってるわよ。えっとその、いい意味じゃなくて。

Joey: Yeah, calm down. You don't see Ross getting all chaotic and twirly every time they come.
 そうだよ。落ち着けよ。ロスはおやじさんたちが来てもそんなふうに混乱してとび回ったりしないぞ。

Monica: That's because as far as my parents are concerned, Ross can do no wrong. You see, he's the Prince. Apparently they had some big ceremony before I was born.
 それはうちの両親にしてみればロスはいい子だからよ。わかる? もうプリンスなの。私が生まれてくる前にお祝い事は終わっちゃったのよ。

Chandler: Ew, ew, ew, ew ew ew ew ew!
(窓の外を見ながら)うぇーうぇーうぇー!!!

Monica: What?
 なに?

Chandler: Ugly Naked Guy got a ThighMaster!
 裸のブ男がサイマスターをゲットしたぞ

thighmaster-new-300x157.jpg
(これがサイマスター)

All: Eeaagh!
うぇーーー!!

(レイチェルがやってくる)
Rachel: Has anybody seen my engagement ring?
 私の婚約指輪みた人いる?

Phoebe: Yeah, it's beautiful.
 見たわ。きれいねー。

Rachel: Oh, God, oh, God, oh, God, oh, God, oh, God, oh, God....
 あーどうしようどうしようどうしようどうしよう。

Phoebe: No, don't touch that!
 ダメ! それに触っちゃだめ!

Rachel: Oh, like I wasn't dreading tomorrow enough, having to give it back to him... “Hi Barry! Remember me? I'm the girl in the veil who stomped on your heart in front of your entire family!” Oh, God, and now I'm gonna have to return the ring, without the ring, which makes it so much harder.
 ああもう。返しに行くってだけでもうビビってるのに・・。「ハーイ、バリー、私のこと覚えてる?ベールをかぶって家族みんなの前であなたのことふみつけにした私よ。」ああ、どうしよう。指輪を返しにいくのに指輪がなかったらもっと難しくなるぅ!

Monica: Easy, Rach, we'll find it. Won't we?
 落ち着いて、レイチ。みんなで探すわよ、そうよね。

Chandler and Joey: Oh! Yeah!
 ああ、探すよ。

Joey: Alright, when did you have it on last?
 最後に見たのはいつ?

Phoebe: Doy! Probably right before she lost it.
 あたぼーじゃん、無くしちゃう前でしょうに。

Chandler: You don't get a lot of 'doy' these days...
 「あたぼー」って最近聞かないね。

(いろいろ調べた結果、doy=duh (a sarcastic response used when someone states the obvious. アメリカ生活101スラング辞典より)で、「当たり前」の古い言い方にしてみました。
 2010年、Lucy Liu 主演「Marry Me」というドラマがあるのですが、
 この中で 古いお城に侵入した二人の会話がありました。
 "Don't you think this is breaking and entering?"
 "Why are you asking me that?"(←捕まったことがある人)
 "You're the ...criminal, duh?"
 "You mean 'doy'?"
 "Yeah, I mean 'doy'."
 古いお城に言葉を合わせたって感じ。
 おもしろいドラマでした)


Rachel: I know I had it this morning. I know I had it when I was in the kitchen with...
 今朝持ってたのは確か。それから・・あの時も持ってた・・キッチンで・・・(in the kitchen with..)

Chandler: ...Dinah?
 キッチンと言えばダイナー?

 (
 someone in the kitchen with Dinah という古い歌が
 あるようです。
 ほかにも、I've been working on the railroad という歌に、
 "Someone's in the kitchen with Dinah"という歌詞があります。)


Rachel: Ohhhhh, don't be mad.
 (ラザニアを見つめている)ああ・・怒らないで。

Monica: You didn't.
 まさか。

Rachel: Oh, I am sorry...
 ああごめんなさい

Monica: I gave you one job!
 頼んだのはこの一つだけだったのに!(ガラスのお皿を下から覗く)

Rachel: Oh, but look how straight those noodles are!
 でもヌードルはきれいに並べたでしょう。

Chandler: Now, Monica, you know that's not how you look for an engagement ring in a lasagna.
 モニカ、ラザニアを下から見つめても婚約指輪は出てこないよ。

Monica: I just... can't do it.
 わたしにはできない。

Chandler: Boys? We're going in.
 みなさん、潜入します。

(チャンドラー・ジョーイ・フィービーが探していると、ロスがやってくる)

Ross: .....Hi.
 ハーイ・・。

Monica: Wow. That is not a happy “hi.”
 なぁに、元気の無いハーイね。

Ross: Carol's pregnant.
 キャロルが妊娠だって。

Phoebe: Ooh! I found it!
 あった!

Monica: W-w-wh-... wha-... w-w-w-...
 そ・そ・わ・あ・そ・・

Ross: Yeah. Do that for another two hours, you might be where I am right about now.
 それだよ。それをあと2時間続けたのが、今の僕の姿だ。

Chandler: That puts that whole pillow thing in perspective, huh, Mon?
 クッションの心配がぶっとんだよね、モニカ?

Rachel: Well, now, how-how do you fit into this whole thing?
 それで・・・あなたはどうするの?

Ross: Well, Carol says she and Susan want me to be involved. But if I'm not comfortable with it, I don't have to be involved.. basically it's totally up to me.
 キャロルが言うには、彼女達は僕にも関わってもらいたいってことだけど、僕が気まずいなら関わらなくてもいいそうだ。基本的には僕の意思次第ってこと。

Phoebe: She is so great. I miss her.
 彼女ってほんとにいい人よね。懐かしいわ。

Monica: What does she mean by 'involved'?
 関わるって、どういうふうに?

Chandler: I mean presumably, the biggest part of your job is done.
 一番重要なパートは終わってるよね。

Ross: Anyway, they want me to go down to this sonogram thing with them tomorrow.
 とにかく、明日その・・超音波診断とやらにつきあってほしいそうだ。

Rachel: So what are you gonna do?
 それで・・どうするの?

Ross: I have no idea. No matter what I do, though, I'm still gonna be a father.
 わかんないよ。どっちにしても、僕は父親になるんだ。

(ジョーイがラザニアを食べ始めて皆の注目が移る)

Joey: .....Well, this is still ruined, right?
 だって、これもうダメになっちゃっただろ?

《モニカ達の部屋:両親が来ている》

Mrs. Geller: Oh, Martha Lugwin's daughter is gonna call you. . Mmm! What's that curry taste?
 マーサ・ラグウィンのお嬢さんが電話するってよ。うーん!このカレー味はなに?

Monica: Curry.
 カレーよ。

Mrs. Geller: Mmmm!
 んー!

Ross: I- I think they're great! I, I really do.
 僕はおいしいと思うよ、本当においしいよ!

Mr. Geller: You remember the Lugwins? The big one had a thing for you, didn't she?
 ラグウィンは覚えてるだろ?あそこの子はおまえに気があったよな?

Mrs. Geller: They all had a thing for him.
 ロスはみんなから好かれてたわよ。

Ross: Oh, Mom...
 ママったら。

Monica: I'm sorry, why is this girl going to call me?
 ちょっとごめん、どうしてその子私に電話をしてくるの?

Mrs. Geller: Oh, she just graduated, and she wants to be something in cooking, or food, or.... I don't know. Anyway, I told her you had a restaurant-
 卒業したところなのよ。それで何か、お料理だか食べ物だかの仕事をしたいって。それであなたがレストランをやってるって言ったのよ。

Monica: No, Mom, I don't have a restaurant, I work in a restaurant.
 ママ、レストランをやってるんじゃないわ、レストランで働いてるのよ。

Mrs. Geller: Well, they don't have to know that...
 それはみなさんが知らなくてもいいことよ(問題のクッションをはたいて膨らませている)

Monica: Ross, could you come and help me with the spaghetti, please?
 ロス、こっちへきてスパゲッティ手伝ってもらえる?お願い。

Ross: Yeah.
 いいよ。

Mrs. Geller: Oh, we're having spaghetti! That's.... easy.
 あら、スパゲティなのね。それはまた・・・簡単だこと。

Monica: I know this is going to sound unbelievably selfish on my part, but, were you planning on bringing up the whole baby/lesbian thing? Because I think it might take some of the heat off me.
 これってめっちゃくちゃ私の勝手かしらと思うけど、妊娠とかレズビアンとかの話をするんじゃなかった? そえを持ち出してくれたら少しは私への攻撃も緩むと思うんだけど。

《時間経過》

Mrs. Geller: What that Rachel did to her life! We ran into her parents at the club. They were not playing very well.
 レイチェルがしたことといったら・・クラブでご両親にばったり会ったけれど、調子悪そうだったわよ。

Mr. Geller: I'm not gonna tell you what they spent on that wedding... but forty thousand dollars is a lot of money!
 結婚式の費用について触れる気はないが、4万ドルといったら大金だよな。

Mrs. Geller: Well, at least she had the chance to leave a man at the altar.
 まぁ、少なくとも彼女には結婚相手を置き去りにして逃げ出すチャンスがあったのよね。

Monica: What's that supposed to mean?
 それどういう意味?

Mrs. Geller: Nothing. It's an expression.
 別に。ひとつの表現よ。

Monica: No, it's not.
 そうは思えない!

Mr. Geller: Don't listen to your mother. You're independent, and you always have been! Even when you were a kid, and you were chubby, and you had no friends, you were just fine! And you would read alone in your room, and your puzzles...
 おかあさんのことを気にするな。お前は自立した子なんだから。ずっとそうだった。子供の時でさえな。太ってて、友達もいなくて、それでも大丈夫だったじゃないか。一人で本を読んだり、パズルをしたりして。

《時間経過》

Mr. Geller: Look, there are people like Ross who need to shoot for the stars. With his museum, and his papers getting published. Other people are satisfied with staying where they are. I'm telling you, these are the people who never get cancer.
 ロスのような人間は目標も高く、博物館でも成功するし本は出版するし、そのままで満足するやつらとはわけが違う。そういうやつらは、ガンさえもよりつかないんだ。

(shoot for the stars=aim high 高く目指す)

《時間経過》

Mr. Geller: ...And I read about these women trying to have it all, and I thank God our little Harmonica doesn't seem to have that problem.
 何もかも手にしたいという女たちのことを読んだが、ありがたいことに、うちのかわいいモニカはそんな問題にも無縁だ。

Monica: So, Ross, what's going on with you? Any stories? No news, no little anecdotes to share with the folks?
 ねぇ、ロス、今どうなってるの? 話すことは? みんなにお知らせすることとか、ちょっとしたエピソードはないのかしら?

Ross: Okay! Okay. . Look, I, uh- I realize you guys have been wondering what exactly happened between Carol and me. So, well, here's the deal. Carol's a lesbian. She's living with a woman named Susan. She's pregnant with my child. And she and Susan are going to raise the baby.
 わかったよわかったよ。えーと。とうさんかあさんも、キャロルとのことどうなってるのかと思ってるよね。説明するよ。キャロルはレズビアンなんだ。彼女はスーザンっていう女性と暮らしている。そして僕の子を妊娠していて、スーザンと育てるそうだ。

Mrs. Geller: And you knew about this?
 (モニカに)あなた知ってたの?!

《セントラルパーク》

Joey: Your folks are really that bad, huh?
 そんなにひどいのか?

Ross: Well, you know, these people are pros. They know what they're doing, they take their time. They get the job done.
 彼らはプロなんだ。やり方を心得ている。時間をかけて、やりとげるんだ。

Monica: Boy, I know they say you can't change your parents. Boy, if you could, I'd want yours.
 ああ。人は親を選べないっていうけど、はー、できるなら(ロスに)あなたの両親が欲しいわ。

Ross: Must pee.
 おしっこ。

Phoebe: You know, it's even worse when you're twins.
 だけど双子の場合はもっとひどいよ。

Rachel: You're twin?
 あなた双子なの?

Phoebe: Yeah. We don't speak. She's like this high-powered, driven career type.
 そうよ。私たち口もきかないの。彼女はキャリアが全てっていうタイプよ。

Chandler: What does she do?
 何をしてるの?

Phoebe: She's a waitress.
 ウェイトレスよ。

Rachel: All right, you guys, I kinda gotta clean up now.
 さーて。みんな、私もう掃除しなきゃって感じよ。

Monica: Chandler, you're an only child, right? You don't have any of this.
 チャンドラー、あなたは一人っ子でしょ? こんなトラブルとは無縁よね。

Chandler: Well, no, although I did have an imaginary friend, who... my parents actually preferred.
 そうだな。でも、空想上の友達がいてさ、両親はそっちが好みだったさ。(みんな出て行く)

Rachel: Hit the lights, please.
 電気消してってね

(店は暗くなり、レイチェルは掃き掃除。ロスが戻ってくる)

Ross: ...How long was I in there?
 僕そんなに長い間トイレにいた?

Rachel: I'm just cleaning up.
 掃除してるのよ。

Ross: Oh, you uh.. do you need any help?
 えーと、なんか手伝う?

Rachel: Uh.. okay, sure! Thanks!
 うーん、そうね、じゃ、ありがと。(ほうきを渡して座る)

Ross: Anyway.. um.. So, you- uh- you nervous about Barry tomorrow?
 (掃除をしながら)とにかくっと。。それで・・あしたバリーに会うんで不安?

Rachel: Oh, a little.
 ああ、ちょっとね。

Ross: Mm-hmm.
 そうか

Rachel: A lot.
 すっごく。

Ross: Mm.
 うん。

Rachel: So, got any advice? You know, as someone who's recently been dumped.
 何かアドバイスある? その、最近振られたものとして?

Ross: Well, you may wanna steer clear of the word 'dumped'. Chances are he's gonna be this, this broken shell of a man, you know? So you should try not to look too terrific, I know it'll be hard. Or, you know, uh, hey!, I'll go down there, and I'll give Barry back his ring. And you can go with Carol and Susan to the OB-GYN.
 「振られた」って言葉を避けていただけるといいね。彼はボロボロ状態かもしれないから、そうだな、君はあんまり素敵じゃない方がいいな。見てつらいからね。それか・・そうだ! 僕がバリーに指輪を返しにいって、君がキャロルとスーザンにつきあって産婦人科なんてね

Rachel: Oh, you've got Carol tomorrow. Oh. When did it get so complicated?
 ああ、あなたってば、あしたキャロルと会うことになってるのね。いつからこんなややこしいことになっちゃったのかしら。

Ross: Got me.
 まったくだよね。

Rachel: Remember when we were in high school together?
 高校の頃覚えてる?

Ross: Yeah.
 ああ。

Rachel: I mean, didn't you think you were just gonna meet someone, fall in love, and that'd be it? . . . Ross?
 ね、誰かと出会って、恋に落ちて・・・それだけだったわよね。ね、ロス?

Ross: Yes, yes!
 ああ、うん!

Rachel: Oh! Man, I never thought I'd be here.
 あぁ、まさかこんなことになるとは思わなかったわ。(ロスの手に頭を乗せる)

Ross: Me either.
 (動けなくなり)ぼくもだよ。

《キャロルの産婦人科》

Ross: Hi. Sorry I'm late, I was stuck at work. There was this big dinosaur.. thing. Anyway.
 遅れてごめん。仕事でちょっと。大きな恐竜のことで・・ま、いいか。

(スーザンがくる)
Susan: Hi.
 ハーイ。

Carol: Ross, you remember Susan.
 ロス、スーザン覚えてるわよね

Ross: How could I forget?
 忘れられるもんか。

Susan: Ross.
 ロス。

Ross: Hello, Susan. Good shake. Good shake. So, uh, we're just waiting for...?
 こんにちは、スーザン。(握手)しっかりした握手だ。しっかり。・・それで、いま待ってるところ?

Carol: Dr. Oberman.
 オーバーマン先生よ。

Ross: ..Dr. Oberman. Okay. And is he-
 オーバーマン先生ね、彼は・・

Susan: She.
 彼女。

Ross: She, of course. She- uh- familiar with our special situation?
 彼女、そうだよね、彼女ね、その彼女はこの特別な状況をわかっていて?

Carol: Yes, and she's very supportive.
 知ってるわ。とても協力的なの。

Ross: Great! Okay, that's great. . No, I'm- Oh.
 いいね! それはよかった。(スーザンが飲み物を差し出す)いや僕は、あぁ。

Carol: Thanks.
 (飲み物を受け取り)ありがと。

Ross: Quack, quack, quack, quack, quack..
 クワッ、クワッ、クワッ、クワッ、クワッ。。

Carol: Ross? That opens my cervix.
 ロス、それ私の子宮口を開くものよ。

《バリーのオフィス》

Rachel: Barry?
 バリー?

Barry: Come on in.
 入って。

Rachel: Are you sure?
 本当に?

Barry: Yeah! It's fine, it's fine. Robbie's gonna be here for hours.
 ああ、大丈夫、大丈夫。ロビーはまだ何時間もかかる。

Robbie: Huh?!
 はぁ?!

Barry: So, how you doing?
 それで、元気にしてる?

Rachel: I'm- uh- I'm okay... You look great.
 ええ・・私は・大丈夫よ。あなたすごく元気そうね。

Barry: Yeah.
 ああ。まあね。

Bernice: Dr. Farber, Jason Greenspan's gagging.
 (インターコムから)ファーバー先生、ジェイソングリーンスパンが喉詰まらせてます。

Barry: Be right there. Be back in a sec.
 すぐ行く。(ロビーとレイチェルに)すぐ戻るよ。(出て行く)

Rachel: I dumped him.
 私、彼を振ったの。

Robbie: Okay.
 あっそう。

《キャロルの産婦人科》

Ross: So, um- so how's this, uh, how's this gonna work? You know, with us? You know, when, like, important decisions have to be made?
 それで・・このことは、えっと。どんなふうにやっていくの? 僕らで? その・・大事なことを決める時とか?

Carol: Give me a 'for instance'.
 例えば?

Ross: Well, I don't know, okay, okay. How about with the, uh, with the baby's name?
 例えば、そうだ、そう。赤ちゃんの名前は?

Carol: Marlon-
 マーロン。

Ross: Marlon?!
 マーロン?

Carol: -if it's a boy, Minnie, if it's a girl.
 もし男の子ならね。女の子なら、ミニーよ。

Ross: ...As in “Mouse”?
 マウスの?

Carol: As in my grandmother.
 私の祖母の名前よ。

Ross: Still, you- you say “Minnie”, you hear “Mouse”. Um, how about, um.. how about Julia?
 でも、ミニーっていうと、ミニーマウスって思うだろ。それより・・ジュリアはどう?

Carol: Julia..
 ジュリア・・。

Susan: We agreed on Minnie.
 ミニーで同意してるのよ。

Ross: It’s funny. We agreed we'd spend the rest of our lives together. Things change. Roll with the punches. I believe Julia's on the table..?
 おかしいな。僕らは生涯ともに暮らすことに同意したんだけど事情によってこうなったんだよね。ジュリアも候補に入れてくれるよね?
(Things change, roll with the punches. =「パンチをかわして」→状況に応じて変わる)

《バリーのオフィス》

Barry: Sorry about that. So. What have you been up to?
 悪かったね。それで? どうしてるの?

Rachel: Oh, not much. I-I got a job.
 大して変わりないわ。私は仕事についたの。

Barry: Oh, that's great.
 それはよかった。

Rachel: Why are you so tanned?
 なんでそんな日焼けしてるの?

Barry: Oh, I, uh- I went to Aruba.
 ああ、それはあの・・アルバに行ったんだ。

Rachel: Oh, no. You went on our honeymoon alone?
 まぁ。あなた一人でハネムーンに行ったの?

Barry: No. I went with, uh.. Now, this may hurt.
 いや。僕は・・これは傷つくかもしれないが

Robbie: Me?!
 僕?!

Barry: No! .. I went with Mindy.
 違うよ(レイチェルに)ミンディと行ったんだ。

Rachel: Mindy?! My maid of honor, Mindy?!
 ミンディ! 私の付添人だったミンディ?!

Barry: Yeah, well, uh, we're kind of a thing now.
 ああ。僕らはその、今はそういうことになってるんだ。

Rachel: Oh! Well, um.. You've got plugs!
 まあ!... (バリーの髪を見て)あなた植毛したの?!

Barry: Careful! They haven't quite taken yet.
 気をつけて! まだやったばかりなんだ。

Rachel: And you've got lenses! But you hate sticking your finger in your eye.
 コンタクトもしたのね? 指を目に入れるなんてイヤがってたじゃない。

Barry: Not for her. Listen, I really wanted to thank you.
 彼女のためなら。聞いて。君には感謝してるよ。

Rachel: Okay.
  あらそう。

Barry: See, about a month ago, I wanted to hurt you. More than I've ever wanted to hurt anyone in my life. And I'm an orthodontist.
 一ヶ月前は、君を傷つけてやりたかった。誰よりも苦しめたかった。僕は歯科矯正医だしね。

Rachel: Wow.
 まぁ。

Barry: You know, you were right. I mean, I thought we were happy. We weren't happy. But with Mindy, now I'm happy. Spit.
 でも君は正しかった。僕らは幸せだと思ってたが、そうじゃなかった。でも今はミンディと二人で幸せだ。吐いて。

Rachel: What?
 えっ?

Robbie: Me.
 こっち。

Rachel: Anyway, um, I guess this belongs to you. And thank you for giving it to me.
 とにかく・・・この指輪はあなたに返さないとね。くださってありがとう。

Barry: Well, thank you for giving it back.
 返してくれてありがとう。

Robbie: Hello?!
 ちょっと?!

《キャロルの産婦人科》

Susan: Oh, please! What's wrong with Helen?
 勘弁してよ。ヘレンのどこがいけないのよ。

Ross: Helen Geller? I don't think so.
 ヘレン・ゲラー? それはないよね。

Carol: Hello? It's not gonna be Helen Geller.
 ちょっと? ヘレン・ゲラーにはしないわ。

Ross: Thank you!
 ありがとう!

Carol: No, I mean, it's not Geller.
 そうじゃなくて。ゲラーにはしないわ。

Ross: What, it's gonna be Helen Willick?
 なに、それじゃヘレン・ウィリック?

Carol: No, actually, um, we talked about Helen Willick Bunch.
 違うの。実は、ヘレン・ウィリック・バンチにしようかって。

Ross: Well, wait a minute. Why is she in the title?
 待ってよ。なぜ彼女の名前が入るわけ?

Susan: It's my baby too.
 私の子でもあるわ。

Ross: Oh, it’s funny, really? Um, I don't remember you making any sperm.
 それはおかしいな、君は精子を提供できたっけ?

Susan: Yeah, and we all know what a challenge that is!
 まぁ!それは間違いなくけんか売ってるわよね。

Carol: All right, you two, stop it!
 ちょっと二人とも、やめて。

Ross: No, no, no, she gets a credit. Hey, I'm in there too!
 いやいやいや、彼女が入るなら、僕の名前も入れるべきだ。

Carol: Ross. You're not actually suggesting Helen Willick Bunch Geller? 'Cause I think that borders on child abuse.
 ロス、まさかヘレン・ウィリック・バンチ・ゲラーにしろっていうんじゃないわよね、そんなの虐待だわ。

(border on = 近づく)

Ross: Of course not. I'm suggesting Geller Willick Bunch.
 もちろん違うよ。僕が提案したいのは、ゲラー・ウィリック・バンチだ。

Susan: Oh, no. No, no, no, no, no, you see what he's doing? He knows no-one's gonna say all those names, so they'll wind up calling her Geller. Then he gets his way!
 ダメダメダメ!ダメよ!何をしたいかわかってるわ。だれもそんな長い名前を言わないってわかっていて、結局ゲラーと呼ばれると見越して、そういうつもりね。自分の望み通りにしようとしてるわ!

Ross: My way?! You-you think this is my way? Believe me, of all the ways I ever imagined this moment in my life being, this is not my way. You know what? Uh, um, this is too hard. I'm not, I can't do.
 僕の望みだって? これのどこが僕に望んだことなんだ? どう考えてみたって、僕の人生のこの瞬間は望みとはほど遠いね。もういい、これはつらすぎる。僕にはできない。

Dr. Oberman: Knock, knock! How are we today? Any nausea?
 入りますよ。今日はいかがですか? 吐き気はあります?

All: A little. Yeah, just a little.
 少し吐き気します。

Dr. Oberman: Well, I was just wondering about the mother-to-be, but.. thanks for sharing. . Uh, lie back..
 あらま。私は妊婦さんに聞いたんですけどね、わかちあってくれてありがと。(キャロルに)横になって。

Ross: You- uh- you know what, I'm gonna go. I don't- I don't think I can be involved in this particular thing. . . Oh, my God.
 ねぇ、僕はもう行くよ。僕はこんなことに関わることができるとは思えないよ・・(心音が聞こえ始めて戻る)オーマイゴッド・・。

Susan: Look at that.
 見て。。

Carol: I know.
 本当に・・。

《モニカ達の部屋》

Ross: Well, isn't that amazing?
 どう、すごいだろ?

Joey: What are we supposed to be seeing here?
 何を見ているんだ?

Chandler: I don’t know, but I think it's about to attack the Enterprise.
 わからないな。多分、エンタープライズ号を攻撃しようとしてるとこだ。

Phoebe: You know, if you tilt your head to the left, and relax your eyes, it kinda looks like an old potato.
 ねぇ、こうして頭を左にかしげて目をリラックスさせると、古いポテトに見えるわよ。

Ross: Then don't do that, all right?
 じゃあそうしないで。

Phoebe: Okay!
 わかったわよ。

Ross: Monica. What do you think?
 モニカ、どう?

Monica: Mm-hmm.
 うん。

Ross: Are you welling up?
 泣きそう?

Monica: No.
 違う。

Ross: You are. You're welling up.
 泣きそうじゃないか。こみあげてきてる。

Monica: I’m not!
 違うわよ!

Ross: You're gonna be an aunt.
 君は叔母になるんだよ。

Monica: Oh, shut up!
 もう、やめてよ!(涙)

Rachel: Hi, Mindy. Hi, it-it's Rachel. Yeah, I'm fine. I saw Barry today. Oh, yeah, yeah, he-he told me. No, no, it's okay. Really, it’s okay. I hope you two are very happy, I really do. Oh, oh, and Min, you know, if-if everything works out, and you guys end up getting married and having kids- and everything. . I just hope they have his old hairline and your old nose. . . Okay, I know it was a cheap shot, but I feel so much better now.
 (電話中)ハーイ、ミンディ?レイチェルよ。ええ、元気よ。今日バリーに会ったの。ええ、ええ、わかってるわ、彼から聞いた。いいのいいの。二人とも幸せになってほしいと思ってるわ。本当にそうよ。それからミン、もし、何もかもうまくいって、あなた達が結婚したとして、そして子供を持ったりしたとするでしょ、そうなったら・・・子供達は彼のハゲ頭とあなたの鼻を受け継ぐといいわね!(電話を切る) これでいいわ。ちょっと趣味悪いけど、気分が晴れたわ!!

(cheap shot = 不当、卑劣な言動)

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ
posted by らんち at 15:15| Comment(0) | Season1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。