2013年12月31日

10-15 The One Where Estelle Dies

10-15 エステルが亡くなる話

 ☆ジョーイに教えるな☆

《モニカ達の部屋:前回の続き》

Jennifer: Previously on Friends...
 前回のフレンズ・・

Chandler: How did the job stuff go?
 仕事の件はどうだった?

Rachel: He offered me one.
 紹介されたわ。

Ross: You know what? This calls for a bottle of Israel’s finest.
 ねぇ、イスラエルの一番いいシャンパンにしよう。

Rachel: The job is in Paris.
 仕事はパリなの。

(みんなショックを受けて沈黙)

Rachel: Oh, God! Please, somebody say something.
 ああ、お願い、誰か何とか言って。

Ross: So, if you take this job, you'll be moving to Paris?
 それじゃ、その仕事を受けたら、パリへ行っちゃうの?

Chandler: Or facing a bitch of a commute.
 でなきゃとんでもない通勤だ。

Rachel: I know, it's huge, and it's scary, and it's... really far, far away from you guys. But this is such an incredible opportunity for me. And I've already talked to them about our situation with Emma, and they said they'll do whatever we need to make us feel comfortable.
 そうなの。おおごとだわ。怖いし、あなた達から遠く離れちゃうわ。でも、私にとってすごいチャンスなの。エマのことについてはもう話したんだけど、それについては望み通りにしてくれるって。

Ross: Okay.
 そうか。

Rachel: I mean, I'll fly back and forth, they'll fly you out. Anything we want.
 私も帰って来られるし、あなたも来ることができるわ。望み通りよ。

Chandler: My boss said I might be getting a new lamp in my cubicle.
 俺の上司が、俺の小部屋に新しいランプくれるって言った。

Ross: All right. We'll work it out.
 そうか。なんとかなるよね。

Rachel: Oh, thank you! Thank you!
 ああ、ありがとう! ありがとう!

Ross: Yeah, yeah! . . You sure this is what you want?
 ああ、うん! (ハグ)本当にこれでいいんだね?

Rachel: I think it is.
 そう思うわ。

(フィービーとジョーイが来る)
Phoebe: Ooh, what's going on?
 まぁ、何があったの?

Rachel: I got a really incredible job offer.
 すごい仕事のオファーが来たの。

Joey: Hey, great! All right!
 やったじゃないか!

Phoebe: Good for you!
 よかったわね!

Rachel: It's in Paris.
 パリなの。

Joey: What? No, no, no! No, no, no! No, too much is changing, okay? First, Phoebe getting married. Congratulations! . . And then these two move into a stupid house in the stupid suburbs.
 なに? ダメダメダメ! ダメだよ! 変わり過ぎだよ。まずフィービーが結婚して(フィービーに)おめでとう! それにこの2人がバカみたいな郊外のバカみたいな家に引っ越すとか言って。

Monica: Hey, this afternoon you said you'd be supportive.
 さっきは応援するって言ったじゃないの。

Joey: Well, it comes and goes. I wouldn't trust it.
 いろいろ変わるんだよ。俺なら信じない。

Rachel: Look, you guys... this is really, really important to me. And it means a lot if you could try to get on board.
 ねぇ、本当に大事なことなの。あなた達が賛成してくれたらどんなに心強いか。

Phoebe: Of course we can. Congratulations.
 もちろんよ。おめでとう。

Rachel: Thanks.
 ありがとう。

Phoebe: Yay! . . Joey.
 イエーイ!(ハグをし、ジョーイも誘う)ジョーイ。

Joey: No, no, no. No, my hugs are reserved for people staying in America!
 いやいやいや。俺のハグはアメリカにいる人だけのものだ。

Rachel: Joey, it would mean so...
 ジョーイ、あなたがわかって・・

Joey: Hey! No! Get your France-going arms away from me!
 おい! いやだ! フランスへ行くっていう人は近づくな!(出て行く)

Rachel: Joey.
 ジョーイ(ついて出て行く)

Phoebe: You okay with this?
 あなた大丈夫?

Chandler: Well, it makes me feel sad, but...
 まぁ、悲しいけど、でも・・

Phoebe: Talking to Ross.
 ロスに聞いてるの。

Chandler: I see.
 そうか。

Ross: Well, Rachel moving to another country? Not being able to see her every day? How could I be okay with this?
 レイチェルがよその国へ行くことが? 毎日会えなくなるってこと? どうしてそれが大丈夫なんだよ?

Monica: I know, but what are we gonna do? She really needs this job.
 そうよね。でも、どうしようもないでしょ? 彼女にとって必要なことよ。

Ross: Do you think if the Ralph Lauren people offered her her old job back, she would take it?
 ラルフローレンが復帰させたら、彼女戻るかな?

Monica: How is that gonna happen?
 どうしてそんなことになる?

Chandler: Is this the best way to use one of your three magic wishes?
 魔法の3つの願いの一つはそれにするのか?

Ross: I don't know. I could talk to her boss. Yeah! I met him at that Christmas party. We really hit it off.
 どうだろう。彼女の上司に話したら。そうだよ! クリスマス・パーティで会ったことがある。話が合ったんだよ。

Monica: You mean the guy who kept calling you “Ron”?
 あなたのこと「ロン」だと思ってる人と?

Ross: I didn't say we were brothers.
 兄弟だってわけじゃない。

《セントラルパーク:モニカとチャンドラーが来る》

Monica: Hey, Phoebe. Hey, tell me what you think. The house next door to the one that we're buying in Westchester just went on the market. I wanna take a look at it, but Chandler doesn't.
 ハーイ、フィービー。ねぇ、どう思う? 私たちが買おうとしているウェストチェスターの隣の家が売りにだされたの。私は見てみたいけど、チャンドラーは反対なの。

Chandler: We close escrow tomorrow, so seeing another house can only confuse us. We're easily confused. We're not very bright.
 俺たちが買うことは明日決定するんだ。他の家なんか見たら迷うだけだよ。俺達すぐ迷うんだから。俺たちって、賢くないんだ。

Monica: But what if it is better than ours? Should we at least look?
 でも、もしその家の方がよかったら? せめて見るべきじゃない?

Chandler: What do you think, Pheebs?
 どう思う、フィーブス?

Phoebe: Well, I think that shirt makes you look like you should work at a Baskin-Robbins. . Anyway... Hey, isn't Joey's agent Estelle Leonard?
 そうね、あなたのそのシャツ、31アイスクリームの人みたい。ということで。。(新聞を読む)ねぇ、ジョーイのエージェントってエステル・レナード?

Chandler: Yeah.
 そうだよ。

Phoebe: She died.
 亡くなったわ。

Chandler: You're kidding!
 嘘だろ。

Monica: That's terrible!
 気の毒に!

Phoebe: Yeah, last Saturday. Wow! She was the first black man to fly solo across the Atlantic. Oh, wait a minute, I read the wrong one.
 本当よ。先週の土曜日。ワオ・・彼女、初めて大西洋を単独飛行した黒人ですって。・・あ、ちょっと待って。別の欄読んでた。

Chandler: Oh, yeah?
 だよね?

Phoebe: Yeah, she was just an agent.
 ええ、彼女はただのエージェントだった。

Monica: Joey's gonna be so upset.
 ジョーイがショックを受けるわね。

Chandler: I know. He always wanted to be the first black man to cross the Atlantic.
 だよな。やつはいつも大西洋を初めて単独飛行した黒人になりたがってたからな。

Phoebe: Well, we cannot tell Joey about this. He's already flipping out about everything that's changing. This will push him over the edge.
 ジョーイにこれを知らせるわけにはいかないわ。いろいろな変化で参っちゃってるんだもの。こんなこと知ったらキレちゃうわ。

Monica: Seriously, you don't think we should tell him?
 あなた、本気で知らせないつもり?

Phoebe: Well, not for a little while. Let's just give him a few days to get used to everything else.
 しばらくはね。ほかのことに慣れるまで、数日待った方がいいわよ。

Monica: What if he reads it in the paper?
 もし彼が新聞を読んだら?

Chandler: Unless Snoopy says it to Charlie Brown, I think we're okay.
 スヌーピーがチャーリー・ブラウンに言わない限り大丈夫だよ。

《ラルフローレンのゼルナー氏のオフィス:ロスが来る》

Mr. Zelner: May I help you?
 何がご用ですか?

Ross: Yeah, I'm a friend of Rachel Green's. Actually we met at the Christmas party about two years ago.
 ええ。僕はレイチェル・グリーンの友人です。2年ぐらい前のクリスマス・パーティでお会いしてますよね。

Mr. Zelner: Oh, right, uhm, Don?
 ああ、そうか。えー・・ドン?

Ross: Close. Ron.
 おしい。ロンです(握手)

Mr. Zelner: Uh... What can I do for you?
 あー、どういったことですか?

Ross: Well, I'm here to see if you'll give Rachel her job back.
 ええ、レイチェルを復帰させてもらえないか聞きにきました。

Mr. Zelner: Ah, did she ask you to come here and do this?
 ああ、彼女に頼まれたんだね?

Ross: Oh, no. First I have to get you to agree. Then we'll see if she wants to come back.
 いいえ。そうしてくれるってわかったら、彼女にどうするか聞いてみます。

Mr. Zelner: Wow, that is tempting.
 ワオ・・それはいい話だね。

Ross: Look, she loved her job here. And let's face it, you're not gonna find anyone who did it as well as she did it. Isn't that true?
 彼女はここの仕事が好きなんです。認めましょうよ、彼女ほどできる人は見つからないですよ。違いますか?

Mr. Zelner: She is good!
 彼女はできる人だ。

Ross: Huh, I took a shot there.
 ああ。当たった。

Mr. Zelner: But I'm sorry. There's nothing I can do. Ah, it's not true, there is nothing I want to do.
 でも申し訳ないが、何もできません。ああ、それは違うな。何もしたくありません。

Ross: I see. Thanks very much. . Is this your son?
 そうですか。ありがとうございました。(出て行こうとして写真を手にとる)これは息子さんですか?

Mr. Zelner: Yeah, his name is Ross. . . What?
 ええ。ロスといいます。(驚いてフリーズするロスに)何か?

Ross: Oh, nothing, it’s just, it’s close to Ron. Does he.. Does little Ross like dinosaurs, by any chance?
 なんでもないんです。ただ、ロンと似てるなって。彼・・小さいロス君は、もしかして恐竜が好きではないですか?

Mr. Zelner: Yeah, they're all he talks about. Why?
 ええ。その話ばかりしてますよ。どうして?

Ross: How would he like to come with me to the Museum of Natural History after everyone else has left, just the two of us, and he can touch anything he wants. . . I just heard it as you must have heard it, and that’s not good. Let me start again. I’m a paleontologist. You’ll be there with us, and the touching refers only to bones… fossils!
 人がみな帰った後、自然史博物館に僕と一緒に来て、どこでも触っていいって言ったらどうです? ・・・今のは聞くとすごく怪しい。言い直しましょう。僕は古生物学者です。あなたも一緒に来て、触っていっていうのは、骨だけ、化石だけです!

Mr. Zelner: You could really arrange that?
 本当にそんなことが?

Ross: You let Rachel come back, and it’s done.
 レイチェルを復帰させてくれれば。

Mr. Zelner: Well, I guess having Rachel back wouldn’t be the worst thing in the world.
 レイチェルを復帰させてたって世界最悪というわけでもないしね。

Ross: Yeah! Yes! Thank you! This is great. Thank you so much. And I swear, your kid is going to have the time of his life.
 ええ、そうですよ! ありがとう! よかった。本当にありがとう。あなたの息子さんは絶対楽しめますよ。

Mr. Zelner: That’s great. I worry about little Ross. He’s always reading, he's collecting rocks and he’s obsessed with dinosaurs.
 いいね。あの子のことは心配してるんだ。本を読んでばかりで、石を集めたり、恐竜に夢中で。

Ross: He’ll be fine.
 大丈夫ですよ!

《セントラルパーク:ジョーイが来る》

Joey: Hey, Phoebe.
 やぁ、フィービー。

Phoebe: Hey. Everything okay?
 ハーイ。元気?

Joey: I’m just mad at my agent.
 俺のエージェント、腹が立つんだよ。

Phoebe: Estelle? Why?
 エステル? どうして?

Joey: There’s a part in a TV movie that I would be perfect for and I didn’t even be put up for it. She’d better have a good reason.
 テレビ映画で俺にピッタリの役があったのに、話もこなかったんだ。よほどの理由がない限りあり得ないぞ。

Phoebe: I’m guessing she does.
 きっとわけがあるのよ。

Joey: Well, I’m wanna hear it, because she keeps doing this.
 (携帯を取り出す)ぜひ聞きたいね。こんなことばっかりなんだ。

Phoebe: Well, no, no, wait, wait, wait. All right, I gotta go. Just listen. Promise me, that you will wait a minute before you call her.
 ダメダメ。待って待って待って。私もう行くけど、ねぇ、約束して。彼女に電話する前にちょっと待って。

Joey: Well, okay. Why?
 ああ、いいけど、どうして?

Phoebe: Because a promise between friends means never having to give a reason.
 友達の間の約束には、理由なんていらないからよ(出て行く)

Joey: I love that saying!
 その言葉いいね!

(表に出て電話をかけるフィービー。ジョーイの電話が鳴る)

Joey: Hello?
 もしもし?

Phoebe-Estelle: Joey, it’s Estelle.
 (エステルのマネ)ジョーイ、エステルよ。

Joey: I was just gonna call you. That’s weird.
 電話をしようとしてたところだ。奇遇だな。

Phoebe-Estelle: It’s a little coincidental, but believable. . Listen, I’m sure you’re wondering why I didn’t get you an audition for that TV movie.
 奇遇だけど、あり得ることよ。ねぇ、あなたきっとテレビ映画のオーディションがなぜ来なかったかって思ってるでしょうね。

Joey: Yeah, actually I am.
 ああ、そうだよ。

Phoebe-Estelle: I guess I dropped the ball there. Whoopsie!
 大失敗しちゃったよね。おっとっと!

Joey: That’s it? You know, it seems all you do lately is drop the ball.
 それだけ? ここんとこ、失敗続きじゃないか。

Phoebe-Estelle: Don’t take that tone with me. Who you think you are? Alan Lemon, the first black man to fly solo across the Atlantic?
 そんな言い方しないでよ。誰のつもり? 大西洋を初めて単独飛行したアラン・レモン?

Joey: No, no, look. All I’m saying is that you’re my agent, okay? And you’re not getting me into any auditions and I’m tired of it.
 いやいや。君は俺のエージェントだろう。なのにオーディションの話も持ってこなくて、うんざりだよ。

Phoebe-Estelle: What are you saying?
 何を言いたいの?

Joey: I’m saying that. . . This isn't working for me anymore, okay? Estelle, you’re fired. Goodbye.
 言いたいのは・・これじゃもうダメだよ。エステル、君はクビだ。さよなら(電話を切る)

Phoebe: Man, tough week for Estelle!
 まぁ。エステルも今週は大変ね。

《ジョーイ達の部屋:ロスが恐竜のぬいぐるみを持って来る》

Ross: Hi.
 やぁ。

Rachel: Hi.
 ハーイ。

Ross: Emma left her stuffed T. rex at my house. You know she can’t sleep without it.
 エマがTレックスのぬいぐるみを忘れてったよ。あの子、これがないと眠れないだろ。

Rachel: Oh, well, she’s asleep now. Stop forcing that thing on her.
 あの子今寝てるけど。それ押し付けないで。

Ross: Okay.
 わかったよ。

Rachel: Oh, you’re not gonna believe what happened to me today! Ralph Lauren called, and gave me my job back!
 ねぇ、今日起きたこと信じられないわよ! ラルフローレンから電話があって、仕事に復帰してって。

Ross: No!
 嘘!

Rachel: I mean, it was so weirdest thing. They fired me and then out of nowhere they just hire me back! I mean, that place must have been falling apart without me.
 本当におかしな話なのよ。クビにされたのに、いきなり戻ってきてなんて! あの会社私がいなくなって崩壊しちゃってるのかしら。

Ross: So, you’re not going to Paris?
 それじゃパリには行かない?

Rachel: No, I’m still going.
 いいえ、行くわ。

Ross: Wh… wh…what?
 な・・な・なんだって?

Rachel: When the Louis Vuitton people found out that Ralph Lauren wanted me back, the offered me more money! Ross, isn’t that great?
 ラルフローレンが復帰してほしいって言ってるってこと、ルイヴィトンの人が聞いて、お給料をあげてくれたのよ。ロス、これすごくない?

Ross: Yeah!
 ああ!(ハイタッチ)

《新居の隣の家を尋ねたモニカとチャンドラー》

Monica: Hi. We’re buying the house next door. And we were wondering if we could just take a look around.
 どうも。私たち、隣の家を買おうとしてるんですけど、この家見せていただけないかと思って。

Lady: Oh, sure. I’m showing it to someone else right now, but please, look around.
 ああ、いいわよ。今他の人に見せてるところだけど、どうぞ、ご覧ください。

Monica: Thanks.
 ありがと。

Chandler: I feel like we’re cheating on our house. And if we’re gonna cheat, shouldn’t it be with like a hot, younger house, that does stuff that our house won’t do?
 家の浮気してるみたいな気分だよ。浮気するなら、よりセクシーで若くて、俺たちの家ができないことしてくれるような家じゃなきゃな。

Monica: Ours is so much better! This living room is smaller, the dining room looks like a cave! What a hole!
 私たちの家の方がずっといいわ! リビングは小さいし、ダイニングなんて洞穴みたい! ひどい家よ!

Lady: So, what do you think?
 (後ろに現れ)それで、どう思う?

Monica: Love it!
 素敵!

Lady: Well, we already have one offer on it, and I think the lady upstairs is going to make another one.
 買いたいっていう人はもういて、それに今上にいる女性も欲しいっていうと思うわ。

Monica: They could be our neighbors. What are they like?
 私たちのご近所さんになるのかも。どんな人達?

Lady: Oh, the woman upstairs is very nice. She and her husband have two kids, he's on Wall Street, and she…
 2階にいる女性はとてもいい人よ。2人お子さんがいて、ご主人はウォール・ストリートで働いていて、彼女は・・

Janice: Oh, my God!
 (2階から降りてきて)オー・・マイ・・ゴッド!

Chandler: Sure.
 (モニカに)だよな。

《ジョーイ達の部屋:フィービーが来る》

Phoebe: Hey, Joey, want come with me to. . Are you okay?
 ハーイ、ジョーイ。あなたも来ない?・・・どうかした?

Joey: Yeah, I just… I just feel bad about firing Estelle. This is got to be killing her.
 ああ。ちょっと、エステルをクビにして悪かったと思ってさ。彼女死んじゃうよ。

Phoebe: No, that wouldn’t kill her. Ordinary embolism might.
 いえ、それで死んだりしないわよ。普通の塞栓なら死ぬかも。

Joey: I don’t know. She’s got to be taking it hard, I was like her only client. Except for this guy who eats paper. And I’m guessing he eats more money than he makes. Look, I know she’s not a great agent, but she did stick with me for ten years. I’m gonna call her and hire her again.
 どうしよう。きっとつらいだろうな。俺しかクライアントはいないんだ。紙を食べるヤツもいるけど。やつは稼ぐ以上に食べてると思うけどな。彼女は優秀なエージェントではないけど、10年もついてきてくれたんだ。電話してもう一度雇うよ。

Phoebe: No, no, no! Don't call her! You wait for her to call you.
 ダメダメ! 電話しちゃダメよ。彼女からかかってくるのを待つのよ。

Joey: Why?
 どうして?

Phoebe: Because patience is the road to understanding. . . Which is the key to a happy heart.
 忍耐が理解への道だからよ。・・それが幸せな心への鍵よ。

Joey: You blow me away.
 ・・感動だよ。

Phoebe: All right, so promise you're gonna wait for her to call you?
 それじゃ、電話を待つって約束するわね?

Joey: I promise. And that means, never having to give a reason.
 約束するよ。理由はいらないってことだよね。

《新居の隣の家のモニカとチャンドラー》

Janice: What a small world!
 世間は狭いわね!

Chandler: And yet I never run into Beyonce!
 ビヨンセには出くわしたことないのに!

Realtor: You two know each other?
 お知り合いなんですか?

Janice: Oh, we go way back. Before Monica made an honest man out of him, Chandler used to be my little love muffin. So are you guys thinking of getting this house too? Ooh! Are we gonna have a bidding war? I'd better warn you, I'm a toughie.
 ええ、随分前からね。モニカが彼の真実を引き出す前、チャンドラーは私の恋人だったのよ。あなた達もこの家を買うつもりなの? ああ! 落札を競うの? 言っとくけど、私は好敵手よ。(チャンドラーを叩く)

Sassy_Love_Muffin_10479__17318.1341591998.1280.1280.png
(love muffin = 恋人)

Chandler: Don't, don't!
 やめろ、やめろ!

Monica: No, actually, we're buying the house next door.
 いいえ、実は、隣の家を買おうとしてるの。

Chandler: Why!?
 (話したのがショック)なんで?

Monica: I don't know why.
 わからない。

Janice: Ooh, that decides it then. I was on the fence. But knowing that you two would be our neighbors? Ah! now we have to get it! . . . Ellen, we're going to talk numbers.
 まぁ! それじゃ決まりね。私迷ってたけど、あなた達が隣になるの? ああ、それじゃ買わなきゃ。エレン、値段を話し合いましょ。(エレンを引っ張って出て行く)

Chandler: This can not be happening!
 こんなことがあっていいのか!

Monica: Okay, the realtor said another couple made an offer. Maybe the Janices won't get it! Maybe the other couple will.
 でも不動産屋さんは、他のカップルも買うって言ってるって。ジャニス達買えないかも。別のカップルが買うかもしれないわ。

Chandler: The only way that that is going to happen, is if the other couple are the Hitlers!
 他のカップルがヒトラーでもない限りあり得ないよ。

Monica: …… Okay, okay! … All right. What if we got both houses? Huh? We can turn this house into a guest house.
 大丈夫よ、大丈夫・・・そうだわ。私たちが2軒とも買ったら? ね? この家をゲストハウスにするのよ。

Chandler: That is a great idea! And by the way, I don't mean to sound distasteful, but when did you start crapping money!?
 それはいいな! ところで、いやなこと言いたくないけど、いつから偽札作ってる?

Monica: Okay, you come up with an idea.
 それじゃ何かアイデア出して!

Chandler: Alright alright. We still have three hours till escrow closes on our house. We can still get out.
 よし、よし・・。家の売買が確定するまで3時間ある。まだやめられるぞ。

Monica: But we love our house.
 でもあの家が好きなのに。

Chandler: Will we love it so much with her next door? And she's gonna be louder out here too. Just the crickets and "Oh, My God"!
 彼女が隣にいてもそう言えるか? 外でもうるさいぞ。コオロギと「オーマイゴッド!」

Monica: Okay, but if we don't get this house, she's still gonna show up wherever we go! I mean, at least if she's here, it eliminates the element of surprise. I mean, never again will you have to hear the three words that make your balls jump back up inside your body!
 だけど、もしこの家を買わなくても、彼女はどこに行っても現れるわよ! ここにいるってわかってれば、驚かされることはないわ。あの3つの言葉を聞かされて、あなたのタマが体に上がっちゃうこともないわよ。

Chandler: Well, we have to do something. We can't have her living next door. . . Oh, that does it too.
 でも何とかしなきゃ。隣にいてもらうわけにいかない。(ジャニスの笑い声が聞こえる)ああ、あれでも上がる。

《ゼルナー氏のオフィス:ノックの音》

Mr. Zelner: Who is it?
 どなた?

Ross: It's me. Ron. Look, I um, I know Rachel turned you down but I think there is a way you might be able to get her to come back.
 僕です、ロンです。レイチェルは復帰を断りましたよね。でもまだ復帰させる手はあると思うんです。

Mr. Zelner: This may surprise you, but rehiring fired employees, is not my main job.
 意外かもしれないが、クビにした人をもう一度雇うのが私の仕事ではないんだよ。

Ross: Just hear me out. How would you feel about offering her a raise?
 ちょっと聞いてください。彼女に昇給を提案するっていうのはどうです?

Mr. Zelner: Not good, Ron.
 よくないね、ロン。

Ross: Perhaps I can persuade you. What if you can give your son this genuine pterodactyl egg replica.
 これで気が変わるかも。もし、息子さんにあげられるとしたらどうですか、(卵をカバンから出す)翼竜の本物の卵のレプリカを。

Mr. Zelner: Wow, that's pretty cool.
 ワオ・・これはすごいな。

Ross: Huh? So? Do we have a deal?
 でしょ? どうです? これで決まり?

Mr. Zelner: Okay, you got it.
 わかりました。いいですよ。

Ross: Yes! yes!
 やった! やった!

Mr. Zelner: This is gonna make me very popular.
 これで随分気に入られるだろうな。

Ross: Oh. Believe me, the ladies, they love it!
 ええ、そうですよ。女性達はみんな大好きです。

Mr. Zelner: …… I meant with my son.
 ・・・息子にってことだよ。

Ross: Good, because the ladies, not so much.
 よかった。女性達にっていうと、喜ばれないから。

《ジョーイ達の部屋:ジョーイが留守電を再生》

Answering machine: Joey, this is Al Zebooker, the guy who eats paper. I'm sure you've heard that Estelle passed away. . I wanted to let you know there's a memorial for her at the Westside Chapel, tomorrow at ten. Hope you can make it.
 ジョーイ、紙を食べるアル・ジブーカーだよ。君も、エステルが亡くなったことは聞いたよね。ウェストサイド教会で、明日の10時からお別れの会だからね。君も来てくれ。

Joey: Oh, my God. . . Hello?
 なんてことだ・・・(携帯が鳴る)もしもし?

Phoebe: Joey, it's Estelle.
 ジョーイ、エステルよ。

Joey: Estelle?
 (恐怖)エステル?

Phoebe: Yeah, I wanted to call and tell you that there's no hard feelings for firing me.
 ええ。クビにしたこと、何とも思ってないって言いたくて電話したの。

Joey: Okay. I just, I can't believe you're calling me.
 そうか。電話くれるなんて信じられないよ。

Phoebe: Well, I didn't think I should just drop by.
 急にそっちへ行っちゃいけないかと思って。

Joey: No, no, no! Don't drop by, don't drop by!
 ダメダメダメ! 来ないで、来ないで!

Phoebe: Anyway, you did what you had to do. I'm okay.
 とにかく、あなたのしたことはもっともだから。私はいいのよ。

Joey: Can I ask you something? Uhm, what's it like there?
 聞いていい? そっちでどんな?

Phoebe: It's alright. Look, kiddo, I gotta go. Good luck with the career. You're gonna be huge!
 (回りを見回して)別にいいわよ。ねぇ、私もう行かなきゃ。仕事がんばってね。きっと大成するわよ!

Joey: Thanks for everything, Estelle. Bye. . . “Out of area.” Boy, I'll say.
 いろいろありがとう、エステル。バーイ。・・・(携帯の表示を見て)「圏外」。だろうな。

《新居の隣の家:チャンドラー1人。ジャニスが来る》

Janice: Well, I just talked to Sid. We are definitely putting in an offer on the house. And I'll bet we get it!
 シドと話してきたわ。この家は絶対買うわよ。きっと手に入れるわ。

Chandler: The Hitlers will be so disappointed.
 ヒトラーもがっかりだな。

Janice: All right, I gotta run. Tell Monica I say goodbye. And... I'll see you later, neighbor.
 それじゃ、私もう行くわ。モニカにさよならって言っといて。またね、ご近所さん。

Chandler: Wait! I just want you to know that... I'm so happy you're going to be here.
 待って! 言っておきたいんだが、君がここに来てくれて嬉しいよ。

Janice: Oh, me too!
 私もよ!

Chandler: Because... that way... we can pick up where we left off.
 そうしたら、俺たち、以前の続きができるよな。

Janice: Huh?
 は?

Chandler: I never stopped loving you.
 ずっと君を愛してるんだ。

Janice: Oh... my...
 オー・・マイ・・

Chandler: Yeah, yeah, yeah, yeah! I want you. I need you. I must have you, Janice Litman- Goralnik nee Hosenstein.
 はいはい。いいから。君が欲しい。君が必要だ。ジャニス・リットマン・ゴラルニック・ニー・ホーセンステイン。

Janice: Chandler, what are you talking about?
 チャンドラー、何を言ってるの?

Chandler: Now that you live next door, we can be together every day. Sid and Monica never have to know a thing.
 君が隣に住むなら、俺たちもいつも一緒にいられる。シドやモニカには知られずにね。

Janice: I don't know what to say. I mean, you know, obviously we have this... heat between us.
 何て言ったらいいか。確かに私たちの間には愛が燃えてるわよね。

Chandler: …… Obviously.
 ・・・確かに。

Janice: But I love my husband. And I know you love your wife. Now, I don't think we should get this house now.
 でも、夫を愛してるの。あなたも奥さんを愛してるでしょ。これなら私ここを買うべきじゃないわね。

Chandler: Don't say that. Don't tangle the dream and take it away.
 そんなこと言うなよ。俺の夢を取り上げないでくれ。

Janice: Chandler, one of us has got to be strong.
 チャンドラー、私たちのどちらかが強くならなきゃ。

Chandler: I understand.
 わかるよ。

Janice: Although. . Maybe just... one last moment of weakness. . . . Goodbye, Chandler Bing.
 とはいっても・・最後に一度だけ弱くなっても・・(キス)さようなら、チャンドラー・ビング。(出て行く)

Chandler: They're never coming down now.
 もう降りてこない。

《ロスの部屋:エマを抱いたレイチェルが来る》

Rachel: Hi!
 ハーイ!

Ross: Hi!
 やぁ!

Rachel: You are never going to believe what happened to me today.
 今日起きたこと、絶対信じられないわよ。

Ross: What?
 なに?

Rachel: Ralph Lauren called again, and they offered me more money.
 ラルフローレンからまた電話があったの。もっとお給料をあげてくれるって。

Ross: They did?
 そうなの?

Rachel: Yes! It was the weirdest thing. Zelner called me and he said, “We'll do anything we can to get you back.” And that I should thank some “Ron.” I don't even know what department that guy's in.
 そうなの! おかしな話よね。ゼルナーさんが、言ったのよ。「君を取り戻すためなら何でもする」って。それから「ロン」って人に感謝しろって。どこの部署の人かも知らないのよ。

Ross: So, what are you gonna do?
 それで、どうするの?

Rachel: Well, I took it.
 行くわ。

Ross: That's great! So you're staying in New York!
 よかったね! じゃあニューヨークにいられるんだ!

Both: YAY! WHOO! YAY!
 イエーイ! ワオー! イエーイ!

Ross: You're excited, right?
 嬉しいだろ?

Rachel: Yeah. Yeah! You know, the money's great. It's certainly the easier choice.
 ええ。ええ! お給料はいいし。この方が簡単よね。

Ross: Right!
 だね!

Rachel: But, you know, was I looking forward to going to Paris? Sure. You know, was I excited about working in the fashion capital of the world? Ooh, absolutely. Oh! … Yeah, but you know, this is. . . It's fine. I'm fine going back to a job where I've pretty much gotten everything out of that I possibly can.
 でもね、パリへ行くのを楽しみにしてたか? そうよ。世界のファッション都市で働くのが嬉しいか? もちろんよ。ああ! ・・でもね、これでいいのよ。もうやりつくしたと思った仕事だけど、戻れるわ。

Ross: Uhm, I had no. . I had no idea you were so excited about Paris. Uhm, I mean, you said you were scared.
 ああ・・そんな・・そんなにパリのこと楽しみにしてたとは知らなかったよ。怖いって言ってただろ。

Rachel: Well, yeah. I mean, it was good scared, though, you know? Like, “when I moved to New York” scared. Or uhm, “when I found out I was gonna have Emma” scared. But this is fine. This is gonna be good.
 ええ、そうよ。でも、いい意味でよ。ニューヨークに来た時みたいな怖さよ。それに、エマを妊娠したってわかった時みたいな。でもいいの。これでいいんだわ。

Ross: …… You should go.
 ・・・行くべきだよ。

Rachel: What?
 え?

Ross: It's what you want. You should go.
 君がそうしたいんだろ。行くんだよ。

Rachel: You really think so?
 本当にそう思う?

Ross: I really do.
 本当に思うよ。

Rachel: But I already told Zelner that I would come back.
 でも、ゼルナーさんに戻るって言ったし。

Ross: I'm sure he'll understand.
 (ゼルナーさんへの贈り物をカバンに入れながら)きっとわかってくれるよ。

Rachel: All right. All right! I'm gonna do it. I'm gonna go to Paris.
 わかった、わかったわ! 行くわ。パリへ行くわ。

Ross: Yeah.
 そうだよ。

Rachel: Yeah! I'm going to Paris. Thank you, Ross!
 そうよ! パリに行くわ。ありがとう、ロス。

Ross: Yeah, yeah, oh!
 うん、ああ!

Rachel: Oh! Oh, I'm so happy.
 ああ、本当に嬉しいわ。

Ross: Then I'm happy too.
 それなら僕も嬉しいよ。

《エステルのお別れの会:ジョーイとジブーカー》

Joey: Thank you all for coming. We're here today to pay respects to a wonderful agent and a beautiful woman... Inside. As Estelle's only two clients, we would like to say a few words. . . Dude, where's my speech? . . . That is entertaining. Al Zebooker everybody.
 みなさん、来てくれてありがとう。今日は、お別れのために集まっていただきました。素晴らしいエージェント、美しい・・(写真を見て)心の女性でした。エステルの2人のクライアントから挨拶をします。(メモが見つからず、ジブーカーに)おい、俺のスピーチは?(口の中のものを飲み込むジブーカー)おもしろかったね、みなさん、アル・ジブーカーでした。(何もない口の中を見せるジブーカー)







にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ
posted by らんち at 00:53| Comment(2) | Season 10 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月30日

10-14 The One With Princess Consuela

10-14 プリンセス・コンスエラの話

 ☆レイチェルの華麗なる転身☆

《モニカ達の部屋:モニカ達、フィービー達のカップル4人で食事》

Mike: Thank you guys for having us over.
 (グラスをあげて)呼んでくれてありがとう。

Phoebe: Oh! Yeah, this is fun, couples night.
 ほんと! 楽しいわ。カップルの夜ね。

Chandler: Yeah, I don't know why we hang out with married couples more often.
 ああ、俺たちどうしてもっと結婚したカップルを呼ばないのかな。

Monica: Well, because every time we do, you make jokes about swinging and scare them away.
 それは呼ぶたびに、あなたが夫婦交換みたいな話をして驚かしてるからでしょ。

Chandler: You mean that Portuguese couple? Yeah, like you wouldn't have done it.
 あのポルトガルのカップルのこと? 君はしなかったみたいに。

(ロスが来る)
Ross: Hey, you guys... I have great news.
 やぁ、君たち、すごいニュースなんだ。

Monica: Ross, we're kind of in the middle of diner here.
 ロス、私たち食事中って感じなんだけど。

Ross: Oh, well, er, I already ate, but sure!.. Guess what happened at work today.
 ああそうか・・もう食べたんだけど、でもいいよ!(お皿を取る)今日仕事で何があったと思う?

Chandler: A dinosaur died a million years ago?
 100万年前に恐竜が死んだ?

Ross: Try sixty-five million years ago, and then try: sssshhhhhh. My tenure review board met today, and I hear it's looking really good.
 6500万年前って言えよ、その後、シーッ! 僕の終身雇用について今日話し合われたんだけど、いい感じなんだ。

Phoebe: Wow!
 ワオ!

Ross: Yeah. Do you have any idea what this means in academic circles, huh? I am gonna get laid.
 ああ。学者の中で、これがどういう意味かわかる? モテまくりだ!

(レイチェルが来る)
Rachel: Hi, you guys.
 ハーイ、みんな。

All: Hey.
 ハーイ。

Rachel: Ooh, Italian!
 わぁ、イタリアンね!(お皿を取る)

Monica: No one wanted seconds, right?
 誰もお代わりはないわよ。

Ross: No, no. I'm good.
 ああ、僕はいいよ。

Rachel: Hey, you guys... You're never gonna believe it. This headhunter called me. I have a meeting tomorrow with Gucci. Gucci wants me.
 ねぇ、みんな。これ信じられないわよ。ヘッドハンターから電話があったの。明日グッチの人と面接なのよ。グッチが私に来てほしいって。

Ross: I'm up for tenure.
 僕は終身雇用になるかも。

Rachel: Congratulations!
 おめでとう!

Ross: You too! What are the odds?
 君も! すごい偶然だね!

Rachel: Ooh!
 ああ(ハグ)

(ジョーイが来る)
Joey: Guess what?. . I finally got that seed out of my teeth.
 何があったと思う? ついに、歯に詰まったタネが取れた!

Monica: I don't know who I'm happiest for.
 誰が一番すごいのかわからないわ。

Phoebe: I do. He's been working on that all day!
 わかるわよ。(ジョーイを見て)今日一日中がんばってたもんね!

《セントラルパーク》

Phoebe: Hey, Mon? Was it weird changing your name to Geller Bing?
 ねぇ、モン? ゲラー・ビングに変えるのって、おかしな感じじゃなかった?

Monica: No. No, it felt nice to acknowledge this.
 ううん。正式に変わって素敵だったわ。

Phoebe: Where did you go to do it?
 どこで変えてもらった?

Monica: Um the... the Ministry... of Names... Bureau.
 あー・・名前・・管理・・局。。

Chandler: You never did it!
 変えてないんだな!

Monica: I'm sorry. It's just the idea of being an official Bing.
 ごめん。だって、正式にビングになるなんて。。

Chandler: Hey! I will have you know that. . . Ah, who am I kidding? Let's call the kid Geller and let Bing die with me.
 おい! 俺だってだな・・。ああ、俺何言ってんだ? 子供達はゲラーって名前にして、ビングは俺で終わりにしよう。

(マイクがフィービーにコーヒーを持ってくる)
Mike: Here you go.
 はい、どうぞ。

Phoebe: Thanks! Honey, would you want me to take your name?
 ありがと! ねぇ、あなたの名前に変えてほしい?

Mike: Oh, it's up to you. It's your name. You've got to live with it.
 ああ、君次第だよ。君の名前だ。ずっとそれでいくんだから。

Phoebe: All right, let's see. Call me Mrs. Hannigan.
 そうね、どうかな。ミセス・ハニガンって言ってみて。

Chandler: Mrs. Hannigan?
 ミセス・ハニガン?

Phoebe: What? Can't you see I'm in the middle of something? . . Ooh, I like it.
 何よ? 私が忙しいの見てわからないの? ・・・ああ、いい気分ね。

(ジョーイが来る)
Joey: Hey, guys.
 やぁ、みんな。

Chandler: Hey, Joe! We've got a couple of things we've got to check out at the new house. You want to come with us?
 やぁ、ジョー! 新しい家へ行ってみてきたいことがあるんだ。おまえも来ないか?

Joey: No, thank you.
 いや、けっこう。

Monica: All right. I know you're not happy about us moving, but you're the only one who hasn't seen the house.
 ねぇ、私たちの引っ越しが嬉しくないことはわかってるけど、家を見てないのあなただけなのよ。

Chandler: Yeah, come with us. You'll see how close it is to the city.
 そうだよ。来いよ。どんなに近いかわかるから。

Joey: No, it's not close. You said it was in escrow? I couldn't even find that on the map.
 いや。近くない。エスクローだろ? 地図にそんな地名なかったぞ。

(escrow = 条件付捺印証書)

Monica: Joey, please come. It would mean so much to us.
 ジョーイ、お願いだから来て。本当に来てほしいの。

Joey: You know what? You are my friends, I wanna be supportive, I will come with you. Shotgun!
 いいか? 君らは友達だ。応援したい。行くよ。助手席取った!

Chandler: Damn it.
 くそっ!(出て行く)

Monica: See you guys later.
 じゃあまたね。

Phoebe: Okay!
 オーケー!

Monica: I'll pick you up at eleven. So glad you're coming.
 (ジョーイに)11時に迎えに来るから。来てくれて嬉しいわ。(出て行く)

Joey: All right.
 わかった。

Phoebe: Good for you. That was really mature.
 (ジョーイに)偉いわ。大人ね。

Joey: What? No, the only reason I'm going to their stupid new house, is so I can point out everything that's wrong with it, so they don't move. I'm gonna make them stay here.
 何が? 新しい家なんかに行くのは、悪いところを指摘して引っ越さないようにするためだ。ここにいさせるんだからな。

Mike: You're a strange kind of grownup.
 おかしな大人だな。

Phoebe: Joey, you can't make someone do something they don't want to do. Believe me, there's something I've been trying to get Mike to do in bed, and there's..
 ジョーイ、人に無理強いはできないわよ。本当よ。私もベッドでマイクにさせたいことがあるんだけど、それが・・

Mike: Woo-wo-hey-hey-hey... Can we not talk about that right now?
 おいおいおいおい! そんなこと話すのやめてくれよ。

Phoebe: All right. Prude. Look, Monica and Chandler really love this house. You are not gonna talk them into staying here.
 わかったわよ。カタブツ。(ジョーイに)ねえ、モニカとチャンドラーは本当にあの家が好きなの。ここに残らせるなんてダメよ。

Joey: Hey, hey... I can convince people to do anything, you know. I bet I can even get Mike to do that "thing". What is it?
 なぁ、俺は人を説得できるぞ。マイクにそれをさせることもできる。何なんだ?

(フィービーがジョーイに内緒話で教える)

Joey: I AM NOT GONNA HELP YOU DO THAT! Oh, my God!
 俺、そんなこと手伝わないぞ! なんてこと言うんだ!(出て行く)

《レストラン:レイチェルが来る》

Rachel: Hi, I'm here to see Mr. Campbell, with Gucci. The reservation is probably under Gucci. It's spelled like “Gucky,” which can be confusing.
 (給仕長に)ハーイ、キャンベルさんに会いにきたの。グッチの人よ。予約はグッチという名前かも。スペルは「ガッキー」みたいでややこしいけど。

Maitre d': Mr. Campbell's not here yet. Let me show you to his table.
 キャンベル様はまだです。お席に案内しましょう。

(案内された席はゼルナー氏の隣の席)

Rachel: Oh, my God! That's my boss. You have to seat us somewhere else.
 まぁ、大変! あれは上司よ。どこか他の席にしてください。

Maitre d': I'm sorry, that's always Mr. Campbell's table.
 すみませんが、キャンベル様はいつもこのお席です。

Rachel: But my boss cannot see me. I'm interviewing for another job.
 でも、上司に見られるわけにいかないわ。他の仕事の面接なんだもの。

Maitre d': I know. With “gucky.”
 存じております。「ガッキー」ですね。

Rachel: Sssshhhh!
 シーーッ!

Mr. Zellner: Rachel?
 (振り返り)レイチェル?

Rachel: Hi, I'm on a date.
 ハーイ、私デートなの。

Mr. Zellner: That's great.
 それはいいね。

Rachel: Yeah, it is. Yeah, you know, it's tough. Single mom, career. You gotta get out there.
 ええ。そうなの。大変なのよ。シングルマザーで、仕事もあって。なんとかしなきゃ。

Mr. Zellner: Well, you got uh.. good energy.
 まぁ・・元気でいいね。

Rachel: Oh.
 ああ。

Mr. Campbell: Rachel?
 レイチェル?

Rachel: Yes, hi!
 あ、はい!

Mr. Campbell: James Campbell.
 ジェームズ・キャンベルです。

Rachel: Hi! Excuse us.
 どうも!(ゼルナー氏に)失礼します。

Mr. Campbell: Please.
 どうぞ。(腰かけるようジェスチャー)

Rachel: Okay. Oh, yeah. . Oh, he's cute!
 ええ。はい。(ゼルナー氏に囁く)彼、キュート!

Mr. Campbell: So, your resumé is quite impressive.
 あなたの経歴を見ると、とても素晴らしいですね。

Rachel: Wha... My resumé? I wouldn't... I wouldn't call my online dating profile a resumé.
 え? 経歴? オンラインデートのプロフィールのこと、経歴だなんて。

Mr. Campbell: Dating profile? No, I’m. . I’m talking about the work resumé.
 デートのプロフィール? いえ、あなたの仕事の経歴のことですよ。

Rachel: Whatever happened to just singing for no reason? Huh?
 (大声で)ラララララ!! 理由もなく歌い出すなんてね。ねぇ?

Mr. Campbell: Maybe people found it weird. So, why do you want to leave Ralph Lauren?
 人には変に思われるでしょうね。それで、どうしてラルフローレンを辞めたいのですか?

Rachel: What? I-I don't.
 えっ? 辞めたくないです。

Mr. Campbell: You don't?
 辞めない?

Rachel: No, I-I-I love it there.
 ええ。大好きですもの。

Mr. Campbell: Well, if you don't want to leave, why are we having this lunch?
 辞めたくないなら、こうしてランチをとる意味がないですが?

(後ろを指差し、声に出さずボスだと言うレイチェル)

Mr. Campbell: What? . . That's Hugo Boss?
 え? ヒューゴー・ボス?

753e5-Boss-Hugo-Boss.jpg
(Hugo Boss)

《役所で並ぶフィービー》

Phoebe: This place is so depressing. If I had to work here, I'd kill myself. . But you obviously haven't.
 気の滅入るところね。こんなとこで働いたら私死んじゃう。(受付の人に)でもあなたは生きてるわね。

Clerk: How can I help you?
 どういったご用で?

Phoebe: I need to change my name, please. See, I need to change it because I'm-I'm hiding from the law. . . You're fun.
 名前を変えたいの。ほら、変えないといけないのよ、法を逃れて。・・(受付の人は無表情)楽しい人ね。

Clerk: You need to fill out this form.
 この用紙に書き込んでください。

Phoebe: Okay. Well, I just don't, I don't know how it works exactly. See, my name is Buffay and my husband's name is Hannigan. So is it supposed to be Buffay-Hannigan or Hannigan-Buffay?
 わかったわ。どうしたらいいかわからないの。私の名前はブフェで、夫の名前はハニガンなのよ。そうすると、ブフェ=ハニガン、それともハニガン=ブフェ?

Clerk: It can be anything you want.
 何でもお好きなように。

Phoebe: Well, not anything.
 何でもじゃないでしょ。

Clerk: Yeah. Anything.
 何でもいいですよ。

Phoebe: Oh, this could take a while.
 まぁ。これは時間がかかるわ。

Clerk: Get out of my line.
 そこをどいてください。

Phoebe: Okay.
 わかった。

《セントラルパーク:フィービーが来る》

Phoebe: Hey!
 ハーイ!

Monica: Hey, Pheebs.
 ハイ、フィーブス。

Phoebe: Oh, not anymore. I changed it today.
 ああ、もう違うのよ。今日変えてきたの。

Monica: Oh, I'm sorry, Mrs. Hannigan.
 あら、ごめんなさい、ミセス・ハニガン。

Phoebe: Wrong again! Apparently you can change it to anything you want. So I thought, “All right, here's an opportunity to be creative.” So meet Princess Consuela Bananahammock.
 また間違いよ! 何に変えてもいいんですって。だから「これは創造力を発揮するチャンスだわ」って思ったの。だからハイ、プリンセス・コンスエラ・バナナハンモックよ。

Chandler: That's what we were gonna name the baby.
 俺たちの赤ちゃんその名前にしよう。

Monica: Phoebe!
 フィービー!

Phoebe: Uh! Princess Consuela.
 違う! プリンセス・コンスエラ。

Monica: You seriously changed your name to that?
 本当にその名前にしたの?

Phoebe: Uh-huh!
 そうよ!

Monica: Okay, so from now on we have to call you Princess Consuela?
 それじゃ、これからは私たちプリンセス・コンスエラって呼ぶの?

Phoebe: Uhm, no. I'm gonna have my friends call me Valerie.
 ううん。友達には、バレリーって呼んでもらうの。

(レイチェルが来る)
Chandler: Hey, how'd the interview go?
 やぁ、面接どうだった?

Rachel: Oh! It's not good.
 ああ! よくなかったわ。

Chandler: You know, I always feel that way after an interview. I'll bet it went better than you think.
 面接の後はいつも、そう思うもんだよ。でも思ったよりうまくできてるんだよ。

Rachel: Well, I didn't get the job at Gucci and I got fired from Ralph Lauren.
 グッチはダメだったし、ラルフローレンをクビになっちゃったわ。

Chandler: That is a bad interview.
 それはひどい面接だな。

Phoebe: What are you, what are you talking about? How did this happen?
 何を言ってるの? どうしてそうなるの?

Rachel: Well, my boss was at the same restaurant where I was having my interview and he heard everything. So later he calls me into his office and he tells me that he's gonna have to let me go, because I'm not a team player. And I said "Wait a minute! Yes, I am." And then I had to sit there for 45 minutes while he proved that that, in fact, was true.
 私が面接を受けてるレストランに、上司がいて、何もかも聞かれちゃったの。それで後で呼ばれて、チームワークを乱してるから辞めさせるって言われたの。それで、「待って! 乱してないわ」って言って、それから45分間そこにいたから、上司が正しいって証明しちゃったの。

Monica: Oh, God. I'm so sorry.
 まぁ。かわいそうに。

(ボトルを持ってロスが来る)

Ross: Hey! Wha-hoo! What's this?. . Well, it's a, it's a bottle of champagne. Why is this here?
 やぁ! お、おお! (ボトルを指し)これは何だ? これはシャンパンだな。どうしてここに?

Phoebe: Ross...
 ロス・・。

Ross: I guess it's here because I GOT TENURE!
 それは、僕が終身雇用になったからだ!

All: Congratulations!
 (レイチェル以外の3人)おめでとう!

Ross: This is the single greatest day of my professional career. Gunther, six glasses!
 勤め出して以来、最高の日だよ。ガンター、グラス6つ!

Gunther: Six? You want me to join you?
 6つ? 僕も一緒に?

Ross: Oh, I thought Joey was here. Five is good. . Well, I'm gonna have a loogey in my coffee tomorrow.
 ああ、ジョーイもいるかと思った。5個でいいよ。・・明日コーヒーに鼻水入れられそうだな。

Chandler: Ooh! Israeli champagne. And it's vanilla!
 うー! イスラエルのシャンパンか。バニラ味だし!

Ross: I got tenure. I didn't win the lottery. Hey, Rach, so uh... how did your thing go?
 終身雇用なんだぞ。宝くじに当たったわけじゃない。ねぇ、レイチ、君の方はどうだった?

Rachel: Oh, good! Yeah, but I'm not gonna hear from that for a couple of days.
 ああ、いいわよ! ええ、でも、結果は2日後よ。

Ross: Oh, you know what? You're gonna get it. I-I-I-I can feel it.
 ああ、きっと受かるよ。僕にはわかる。

Phoebe: Can you?
 本当?

Rachel: Ah, all right. Here's to Ross!
 ああ、それじゃ(グラスをあげ)ロスに!

Ross: And-and to years of hard work finally paying off.
 それに、ついに報われた、がんばってきた年月に!

Phoebe: And to knowing that your career doesn't mean everything.
 それに、キャリアなんて意味がないってことに!

Ross: But also knowing it means a lot.
 でも、すごく意味があるってことに。

Monica: But more importantly, to full, well-rounded lives.
 でも、もっと大事なのは、充実した生活ってことに。

Ross: …That center around work.
 それは仕事を中心に回ってることに。

Chandler: To Ross!
 ロスに!

All: Ross!
 ロスに!(みんな飲む)

Ross: You know what the best part about this is? I can never be fired.
 一番いいことわかる? クビにならないんだよ。

Phoebe: Oh, God!
 ああ、もう!

Ross: No, seriously. I have job security for life. You know? I never have to worry. . Oh, look at you. Look how happy you are for me.
 本当だよ。一生仕事に関しては安心だ。ね? 心配しなくていいんだ。(レイチェルが泣き出す)ああ、見て。僕のために喜んでくれて。

Rachel: No, it's not that. I got fired today. And I didn't get the other job.
 いえ、違うの。私今日クビになったのよ。それに面接はだめだったの。

Ross: Rach, I'm so sorry.
 レイチ、かわいそうに。

Rachel: Oh!
 ああ!

Ross: Great, I feel like an idiot.
 ああ、僕バカみたいだな。

Rachel: No, it's okay. You didn't know.
 いえ、いいのよ。知らなかったんだもの。

Ross: Oh. . . Little heads-up would’ve been nice.
 ああ・・・(みんなに)ちょっと知らせてくれたらいいのに。

《モニカ達の新居:不動産業の女性と一緒に入るモニカ達》

Monica: Thank you for letting us see the house again.
 またおうちを見せてくださってありがとう。

Chandler: And thank you for explaining to us what escrow means. I've already forgotten what you said, but thank you.
 それに、エスクローの説明もありがとう。もう忘れたけど、でもありがとう。

Realtor: Take as long as you want. Just let me know when you're through.
 ごゆっくり。終りましたらお知らせください。(出て行く)

Monica: So glad you decided to come.
 (ジョーイに)来てくれて本当に嬉しいわ。

Joey: Me too. Yeah, this place is great. I'm so happy for you guys. Although, you know, I hope you like fungus.
 よかったよ。ああ。ここはいいとこだ。よかったな。でも、カビが生えてても平気なんだろうな。

Chandler: What?
 え?

Joey: Fungus! Yeah. Place is full of it.
 カビだよ! ああ、カビだらけじゃないか。

Monica: No, it's not. We had an inspection and they didn't find anything.
 そんなことないわよ。検査してもらったけど見つからなかったわ。

Joey: Okay. Then I guess I have dry eyes and a scratchy throat for no reason.
 そうか。でも俺は、目が乾いて喉がカラカラだけどな。

Monica: Maybe it’s because it's you hung your head out of the window like a dog the whole ride here.
 それは、あなたがここに来る間ずっと、犬みたいに窓から顔を出してたからでしょ。

Joey: Maybe. So this is the living room, huh? Ooh, it's pretty dark.
 かもな。それで、ここがリビングか。ああ、すごく暗いな。(手探りのふり)

Monica: No, it's not!
 そんなことないわよ!

Joey: Are you kidding? I think I just saw a bat in the corner!
 冗談だろ? さっき隅っこでコウモリ見たぞ。

Chandler: When your head was hanging out the window, it didn't hit a mailbox, did it?
 窓から頭出してた時、郵便受けで頭打ったのか?

Joey: Maybe. Well, I just think you guys can do better than this house, you know? Or any other house for that matter.
 かもな。でも、おまえ達にはもっといいところがあるはずだよ。そう言うならほかのどこもそうだけどな。

Monica: Oh, Joey. We know you're having a hard time with this. But we really, we love it here.
 ジョーイ。これがイヤだってことはわかってるわ。でも、私たちは本当にここが好きなの。

Joey: FINE, okay, if you love this house so much, then you should just live here, okay? I just hope you get used to that weird humming sound. . Hmmmmmmmmmmmmmm...
 わかったよ、いいよ。ここがそんなに好きなら、ここに住めばいいさ。この振動音が平気だといいけどな。(背中を向けて)んーーーー。

Monica: Joey, we know that's you.
 ジョーイ、あなたがやってるってわかってるのよ。

Joey: No... hmmmmm... it's not... hmmmmmmmmmm
 いや、んーーーー、違うぞ、んーーーー。

《セントラルパーク:マイクが来る》

Mike: Hey.
 やぁ。

Phoebe: Hey! Welcome back!
 ハーイ! おかえり!

Mike: Ah! I missed you
 ああ、寂しかったよ。

Phoebe: Oh, me too!
 私もよ。

Mike: So, what's new?
 それで、何かあった?

Phoebe: Well, I'm no longer Phoebe Buffay.
 もう私はフィービー・ブフェじゃないのよ。

Mike: That's great! You changed you name?
 それはいいね! 名前変えたんだ?

Phoebe: Yes, I did! Meet Princess Consuela Bananahammock!
 そうよ。私はプリンセス・コンスエラ・バナナハンモックよ!

Mike: You're kidding, right?
 冗談だろ?

Phoebe: Nope.
 いいえ。

Mike: You really did that?
 本当に変えたの?

Phoebe: Yep.
 ええ。

Mike: You can't do that.
 それはないだろ。

Phoebe: Why? It's fun. It's different. No one else has a name like it.
 どうして? 楽しいじゃない。変わってるし。他にこんな名前の人いないわ。

Mike: All right, then I'm gonna change my name.
 そうか。それじゃ僕も変えるよ。

Phoebe: Great. Okay, what are you gonna change it to?
 いいわね。なんて名前にするの?

Mike: Crap Bag.
 クラップ・バッグ。

(Crap Bag = クソ袋)

Phoebe: Mike Crap Bag?
 マイク・クラップ・バッグ?

Mike: No. No “Mike.” No, just “Crap Bag.” First name: Crap. Last name: Bag.
 いや、「マイク」なし。ただの「クラップ・バッグ」。名前がクラップで、名字がバッグ。

Phoebe: You're not serious, right?
 本気じゃないわよね?

Mike: Yeah, I'm serious. It's fun, it's different and no one else has a name like that!
 本気だよ。楽しくて、変わってて、他にこんな名前いないだろ。

Phoebe: Uh huh. Well, then great. If you love it, I love it.
 そうね。それじゃいいわ。あなたが好きなら、私も好きよ。

Mike: I do love it. And I love your name. I love Princess Consuela.
 僕は好きだよ。君の名前も好きだ。プリンセス・コンスエラって好きだよ。

Phoebe: And I love Crap.
 私もクラップが好き。

《モニカ達の新居で子供部屋にいるジョーイ》

Joey: Ow!
 (カードの裏の答えを見て)違った!

(女の子が来る)
Girl: Who are you?
 あなた誰?

Joey: Oh, hi, I'm Joey. My stupid friends are buying this house. Who are you?
 ああ、僕はジョーイだよ。俺のバカな友達がこの家を買うんだ。君は?

Girl: I'm Mackenzie. My stupid parents are selling this house.
 私はマッケンジー。私のバカな両親がこの家を売るの。

Joey: Oh.
 ああ。

Mackenzie: I hate my parents.
 両親なんて嫌い。

Joey: I hate my friends. . . All right, look. There's gotta be a way that we can stop this from happening.
 俺も友達が嫌いだ。(握手)なぁ、何とかして、これをやめさせないと。

Mackenzie: Like what?
 例えば?

Joey: Uh... oh! Okay. You come with me, and you tell them that the house is haunted!
 あー・・そうだ! 君が一緒に来て、この家が取り憑かれてるって言うんだ!

Mackenzie: What are you? Eight?
 あなた何? 8歳?

Joey: Woah, uh! Okay. Let's hear your great idea.
 え・・いいよ。それじゃ君のいい意見を聞こうか。

Mackenzie: I don't have any great ideas. I am eight.
 いい意見なんてないわ。私8歳だもん。

Joey: Ahh! There's gotta be a way. I mean, you know, if Monica and Chandler move out here and now Phoebe is married to Mike. That just leaves me and Ross and Rach. You know what I mean?
 ああ! 何か手段があるはずだよ。モニカとチャンドラーがここに来ちゃったらさ。フィービーはマイクと結婚してるんだし。つまり俺とロスとレイチェルしかいない。わかる?

Mackenzie: I really don't.
 全然。

Joey: What am I gonna do? I feel like I'm losing my friends.
 どうしたらいい? 友達をなくしちゃう気がする。

Mackenzie: My parents say I'm gonna make new friends.
 私の両親は、新しい友達ができるって。

Joey: Oh, yeah, sure, easy for you. You're young. Me, I'm set in my ways.
 ああ、君はいいよな。若いんだから。俺はもうできあがっちゃってる。

Mackenzie: This is what my mom was talking about. Whiners are wieners. . . Look, you want your friends to be happy, right?
 これがママの言ってたことね。文句言うのは情けないヤツ。ねぇ、友達に幸せになってほしいでしょ?

Joey: Yeah, yeah, I guess.
 ああ、うん。だな。

Mackenzie: Well, if moving here is gonna make them happy, don't you want them to do it?
 ここに引っ越して幸せになるなら、そうしてほしいと思わない?

Joey: Yeah. Maybe.
 ああ、かもな。

Mackenzie: Then you’ve gotta let them go.
 それじゃそうさせてあげなきゃ。

Joey: I hate to admit it, but you're probably right. How did you get to be so smart?
 認めたくないけど、君の言う通りかもな。どうしてそんな賢いんだ?

Mackenzie: I read a lot.
 たくさん本読むし。

Joey: Just when I thought we could be friends.
 いい友達になれると思ったのに!(部屋を出る)

《ラルフローレンの前:荷物を持って出るレイチェル》

Man: Oh, hey, Rach. I just heard. I'm so sorry.
 やぁ、レイチ。聞いたよ。気の毒だったね。

Rachel: Oh, thank you..
 ああ、ありがとう。・・・。

Man: You still don't know my name, do you?
 君、僕の名前まだ覚えてないんだ?

Rachel: …… Well, now I don't have to.
 ・・・もう覚えなくてもいいわよね。(男性立ち去る)

(ロスが回転ドアぎりぎりの大きさの椅子を苦労して出している)

Rachel: Ross, what is taking you so long?
 ロス、どうしてそんなに遅いの?

Ross: I'm sorry, it's almost as if this wasn't built for a quick getaway.
 悪かったね。これは素早く出られるようにできてるよね!

(マークが近づいてくる)

Mark: Rachel?
 レイチェル?

Rachel: Mark? Oh, my God!
 マーク? まぁ、驚いた!(ハグ)

Mark: How've you been?
 元気だった?

Rachel: Fantastic. You remember Ross?
 最高よ。ロスは覚えてる?

Mark: Sure, sure. . What's with the chair.
 ああ、うん。その椅子はなに?

Ross: Uh, you know, you can't always get a seat on the subway, so..
 ああ、ほら、地下鉄で座れるとは限らないだろ、だから・・。

Mark: Clever. . So how are you?
 賢いね。(レイチェルに)それで、元気?

Rachel: Oh. . You're not catching me on my best day.
 ああ・・今日はいい日じゃないわ。

Mark: Yeah, a box full of your desk stuff doesn't exactly say “big promotion.”
 ああ、いろいろ入った箱を見ると、「昇進した」って感じじゃないね。

Rachel: No, but it's good. You know, I'm gonna take some time off and do some charity work.
 ええ、でもいいの。ほら、少し休んで、チャリティーをするわ。

Mark: Are you sure? Because we may have something at Louis Vuitton.
 本当に? ルイヴィトンで仕事があるかもしれないよ。

Rachel: Well, screw charity work. What do you got?
 チャリティーなんていいわ。何がある?

Mark: Why don't we have dinner tonight and talk about it?
 今夜食事をして話をしようよ。

Rachel: Great! I'll call ya!
 いいわね! 電話するわ。

Mark: Okay.. Nice to see you again.
 わかった。(ロスと握手)また会えてよかったよ。

Ross: Yeah. Yeah. I got tenure.
 ああ、うん。僕は終身雇用になったんだ。(マーク立ち去る)

Rachel: Oh, my God!
 ああ、すごいわ!

Ross: See? I told you something good would come along. And he seemed really nice. I've met him before?
 ね? いいことがあるって言っただろ。彼はいい人らしいじゃないか。前に会った?

Rachel: Ross, that's Mark. From Bloomingdale’s? You were insanely jealous of him.
 ロス、マークよ。ブルーミングデールズの? あなた狂ったようにヤキモチやいてたじゃないの。

Ross: That is Mark?
 あれがマーク?

Rachel: Yes.
 そうよ。

Ross: I hate that guy.
 あいつ大嫌い。

Rachel: Oh.
 もう。

Ross: No, no. No, you cannot go to dinner with him.
 いやいや。いや、彼と食事なんてダメだよ。

Rachel: What? You don't want me to get a job?
 え? 私に新しい仕事を見つけてほしくないの?

Ross: Oh, yeah, I'm sure he's gonna give you a job. Maybe make you his “sex-cretary.
 ああ、そうだよね、彼は仕事を世話してくれるさ。彼の怪しい秘書かな。

Rachel: Ugh.
 もう!

Ross: I'm serious. I just don't trust that guy, okay?
 本当だよ。僕はあいつは信用しないんだ。

Rachel: Ross, you know what? Okay, let's talk about it later. There comes security.
 ロス、ねぇ・・それは後にしましょ。警備の人が来るわ。(立ち去る)
(ロスも逃げるが戻り、何気ないフリで椅子を転がしていく)

《モニカ達の新居:窓の外を見る2人》

Monica: Oh, I love this street. The trees, the big front yards, the actual picket fences.
 ああ、この通り素敵ね。木々とか、広い前庭とか。本当の木のフェンス。

Picket-fence1.jpg

Chandler: Man, those two dogs are going at it.
 ああ、あの二頭の犬がかみついてるな。

(ジョーイがくる)
Joey: Hey!
 やぁ!

Chandler: Hey.
 やぁ。

Monica: Hey. Where have you been?
 ね、どこ行ってたの?

Joey: Oh, just, eh… you know, looking around. But you know what? This house is great.
 ああ。ちょっと・・見て回ってたんだよ。でもさ、ここいいとこだな。

Chandler: Really? What changed your mind?
 本当? どうして気が変わった?

Joey: Oh, well, the little girl who lives here made me feel a lot better about the whole thing.
 いや、ここに住んでる小さな女の子が、引っ越しについて気分を軽くしてくれたんだ。

Chandler: Joey? There was a little girl who lived here, but she died, like, 30 years ago.
 ジョーイ? ここには小さな女の子が住んでたけど、30年も前に死んだぞ。

Joey: What?
 (怯えて)えっ?

Chandler: Ha! I'm just messing with you.
 ハッ! からかっただけだよ。

Joey: That's not funny. You know I'm afraid of little-girl ghosts!
 笑えないぞ。小さな女の子の幽霊が怖いって知ってるだろ!

Monica: Joey. Now that you're okay with the house, do you wanna go see your room?
 ジョーイ。この家のこと大丈夫っていうなら、あなたの部屋見る?

Joey: What? I get my own room?
 え? 俺の部屋があるの?

Chandler: You don't think we'd buy a house and not have a Joey room, do you?
 俺たちが、ジョーイの部屋のない家を買うと思うのか?

Joey: Oh, my God! . . Oh! Hey, can I have an aquarium? And a sex swing?
 ああ。なんてことだ・・(ハグ)なぁ、水槽置いていい? それとセックスブランコは?

Chandler and Monica: No!
 ダメ!

Joey: Why not? I'll keep the tank clean.
 なんで? タンクはきれいにするよ。

《セントラルパーク》

Mike: After you, Ms. Bananahammock.
 先にどうぞ、バナナハンモックさん。

Phoebe: Thank you, Mr. Bag.
 ありがとう、バッグさん。

(女性が店に入ってくる)
Woman: Oh, hey, how are you?
 (フィービーに)あら、ハーイ、元気?

Phoebe: Oh, hi, Rita! Good! . . Oh, Rita's a massage client.
 あら、どうも、リタ! 元気よ。・・(マイクに)リタはマッサージのお客さんなの。

Mike: Oh! Why don't you introduce me?
 ああ、僕を紹介してよ。

Phoebe: Rita, this is my husband.
 リタ、こちら私の夫よ。

Rita: Oh!
 まあ!(握手)

Phoebe: Yeah.
 ええ。

Mike: Why don't you tell her my name?
 僕の名前を教えてあげて。

Phoebe: Okay, I will. . This is my husband, Crap Bag.
 わかったわよ。(リタに)私の夫の、クラップ・バッグよ。

Rita: Crap Bag?
 クラップ・バッグ?

Mike: If you need an easy way to remember it, just think of a bag of crap.
 覚えやすい方法なら、ウンチの袋って思えばいいよ。

Rita: Okay. Excuse me.
 オーケー・・失礼。(立ち去る)

Phoebe: Yeah. . . Ugh... Okay, fine, you made your point. Can you please just be Mike Hannigan again?
 ええ・・ああ。わかったわ、あなたの言いたいこと。お願い、マイク・ハニガンに戻って。

Mike: Only if you'll be Phoebe Buffay.
 もし君がフィービー・ブフェになるなら。

Phoebe: How about uh. . . How about Buffay-Hannigan?
 それじゃ・・ブフェ=ハニガンはどう?

Mike: Really?
 本当?

Phoebe: Yeah. I'm Phoebe Buffay-Hannigan-Bananahammock.
 ええ。私はフィービー・ブフェ=ハニガン=バナナハンモックよ。

Mike: Do you even know what a Bananahammock is?
 バナナハンモックって何かしってるの?

Phoebe: It's a funny word.
 おもしろい言葉でしょ。

Mike: It's a Speedo.
 スピードだよ。

Phoebe: ...Oh, crap!
 ああ、クソッ。

《モニカ達の部屋:ロスが来る》

Ross: Hey, is Rachel here?
 やぁ、レイチェルいる?

Monica: Nope.
 いいえ。

Ross: She's still at dinner?
 まだディナー?

Monica: I guess. Why? Who's she with?
 みたいね。どうして? 彼女誰と一緒?

Ross: That guy Mark. From Bloomingdale's. She thinks he's just being nice to her. But I know he really wants to sleep with her.
 マークってやつだよ。ブルーミングデールズの。彼女は彼が優しいと思ってるけど、やつは彼女と寝たいだけだ、わかってるんだ。

Chandler: It's seven years ago. . . My time machine works!
 7年前だ。・・・俺のタイムマシーンが機能した!

Ross: We ran into him on the street today, and he said he might have a job for her. But I know he just wants to get into her pants.
 今日、彼と道であったんだ。そしてやつは、彼女に仕事を世話できるかもって言った。でも、あいつには下心があることはわかってる。

Monica: So what if he wants to sleep with her? I mean, she's single and he's cute.
 もし彼に下心があったら何? 彼女は独身だし、彼はキュートよ。

Chandler: Excuse me?
 何だって?

Monica: Oh, please! Yesterday, on the subway? You couldn't stop staring at that woman with the big breasts the whole time.
 あら、何よ! 昨日の地下鉄は? あなたずっと、巨乳の女の人から目を離せなかったじゃないの。

Chandler: For your information, I was staring at her baby. We're about to be parents.
 言っとくけど、俺は彼女の赤ちゃんを見てたんだ。俺たちは親になるんだからな。

Monica: Oh, sorry.
 あら、ごめんなさい。

(モニカの見ていないところで、ロスに大きな胸のジェスチャーをして見せ、モニカに見られて赤ちゃんを抱くポーズをしてごまかすチャンドラー。)

(レイチェルが来る)
Rachel: Hi, you guys!
 ハーイ、みんな!

Ross: Hi, so uh. . How was dinner?
 やぁ、それで、食事はどうだった?

Rachel: Oh, it was great. Mark is so sweet.
 ああ、素敵だったわ。マークはホントに優しいの。

Ross: Oh, yeah? Yeah? I wonder why? What could that smarmy letch possibly want?
 ああ、そう? そう? どうしてだろうね? あのお世辞上手なスケベはいったい何がほしいんだ?

Rachel: Oh, Ross, come on. He's happily married. His wife just had twins.
 もう、ロスったら。彼は幸せに結婚してるの。奥さんは双子を産んだばかりよ。

Ross: Should we send something?
 彼に何か贈ろうか?

Chandler: How did the job stuff go?
 仕事の件はどうなった?

Rachel: He offered me one.
 一つ話をくれたわ。

Chandler: That's great.
 よかったじゃないか。

Ross: Congratulations.
 おめでとう。

Rachel: I know, it's amazing. It's amazing. It's so much better than what I had at Ralph Lauren. The money is great.
 そうなの。素晴らしいのよ、本当に。ラルフローレンでしてたことよりうんといいし、お給料もいいの。

Ross: Can we, can we just stop for a second? Who said something better would come along, huh? You didn't believe me. I told you everything was gonna work out. You know what? This calls for a bottle of Israel’s finest.
 ちょっとそこでとめてくれる? もっといいことが起きるって誰が言ったんだっけ? 何もかもうまく行くって言っただろ? イスラエル産のいいのを用意しようか。

Rachel: The job is in Paris.
 仕事はパリなの。(驚く3人)

《ジョーイ達の部屋:ジョーイが電話中》

Joey: I mean, this soap opera is a great gig, but... am I missing opportunities? You know, I've always thought of myself as a serious actor. I mean, should I be trying to do more independent movies?
 メロドラマの仕事はすごくいいんだけどな、でも、機会を逃してるのかな? 俺はずっと、シリアスな俳優だと思ってきた。自主制作の映画とかにもっと出るべきかな?

Mackenzie: I don't know. . . But you know what? I'm gonna put you on with my bear. Hold on.
 知らない。・・でもね、私のクマに電話変わるわ。待って。(クマの耳に受話器を当てる)

Joey: Hey, Bailey, I need some career advice.
 やぁ、ベイリー。仕事の相談があるんだ。






にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ
posted by らんち at 00:16| Comment(0) | Season 10 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月29日

10-13 The One Where Joey Speaks French

10-13 フィービーのフランス語の話

 ☆ロスのセックス禁止令☆

《セントラルパーク:フィービーが来る》

Phoebe: Hi
 ハーイ。

All: Hey! Hi!
 ああ! やぁ!

Rachel: How was the honeymoon?
 新婚旅行どうだった?

Phoebe; Oh, incredible! Oh! Champagne, candle-lit dinners, moonlight walks on the beach. It was so romantic!
 素晴らしかったわ! シャンパンや、キャンドルライトのディナーでしょ、月明かりの下で歩くビーチ。すごくロマンティックだったわ。

Rachel: Oh!
 ああ!

Chandler: So, where's Mike?
 マイクは?

Phoebe: Oh, he's at the doctor. He didn't poop the whole time we were there!
 お医者さんに行ってるわ。旅行中ずっとうんち出なかったの。

Joey: Well, anyway, I'm glad you're back. I really need your help.
 帰ってきてくれてよかったよ。助けてほしいんだ。

Phoebe: Oh, why? What's up?
 どうして? 何かあった?

Joey: I have an audition for this play and for some of it I have to speak French. Which, according to my résumé, I'm fluent in.
 オーディションでフランス語が必要になるんだ。経歴書によれば、俺ペラペラなんだよな。

Ross: Joey, you shouldn't lie on your résumé.
 ジョーイ、経歴書に嘘書いちゃダメだよ。

Monica: Yeah, you really shouldn't. . By the way, how was that year-long dig in Cairo?
 本当、そうよ。(ロスに)ところで、カイロで発掘の1年はどうだった?

Ross: It was okay..
 あれはいいんだよ。

Rachel: I did not know you spoke French.
 あなたがフランス語を話せるなんて知らなかったわ。

Phoebe: Oui, bien sur je parle Français! Qu'est-ce que tu penses alors?
 (フランス語できますとも! 知らなかったの?)

Rachel: Oh... you're so sexy!
 うわぁ・・本当にセクシーね!

Joey: Well, so, will you help me? I really wanna be in this play.
 それじゃ、教えてくれる? 本当にこれ受かりたいんだ。

Phoebe: Sure! Tout le plaisir est pour moi, mon ami.
 いいわよ! 友達のためだもの。

Rachel: Seriously, stop it, or I'm gonna jump on ya.
 マジで、やめてよ。襲いかかっちゃいそう。

《モニカ達の部屋》

Chandler: Hey.
 やぁ。

Monica: Hey.
 ハーイ。

Chandler: Why are you wearing my apron?
 何で俺のエプロンつけてるんだ?

Monica: I'm making cookies for Erica. By the way, we have to leave for the airport soon, her plane comes in about an hour.
 エリカにクッキー作ってるのよ。ところで、もう空港いかないと、あの子の便はあと1時間よ。

Chandler: Oh, hey, when she gets here, is it okay, if I introduce you two as "my wife" and "the woman who's carrying my child"? …No? …Divorce?
 なぁ、彼女が来たら、君らのこと、「俺の妻」と「俺の子を産む子」って言っていい? ・・・ダメ? ・・離婚?

(ロスが来る)
Ross: Hey.
 やぁ。

Monica: Hey.
 ハーイ。

Ross: You guys know where Rachel is?
 レイチェル知らない?

Monica: No, we haven't seen her since this morning.
 今朝以来見てないわよ。

Ross: It’s unbelievable. She was supposed to meet me half an hour ago with Emma.
 信じられないな。エマを連れてくるはずなのに、30分も遅れてるよ。(クッキーを食べようとする)

Monica: Hey!
 (手を叩いて)ちょっと!

Ross: Hey!
 痛いな!

Monica: These are for Erica!
 これはエリカのよ!

Ross: What? She's gonna eat all those cookies?
 なんだよ? 彼女これ全部食べるの?

Monica: Well, I want the baby to come out all cute and fat.
 可愛くてぽっちゃりした赤ちゃんが産まれるといいなと思って。

Ross: So, why is Erica coming to visit?
 エリカはどうして来るの?

Monica: Well, because we want to get to know her better. And she's never been to New York, so she wants to see all the tourists' spots. You know, Statue of Liberty, Empire State Building.
 もっと知り合いたいの。それに彼女ニューヨークに着たことがないから、観光スポットを見たいんですって。自由の女神とか、エンパイア・ステート・ビルディングとか。

Chandler: Oh, those places! There's always so many people, they're being corralled like cattle. And, you know, there's always some idiot who goes, "Moo"!
 ああ、ああいうとこね。いつも人だかりで、みんな牛みたいに群れてさ。バカみたいなヤツがいて、モーッ!って言ってるんだよな。

Monica: Well, if it annoys you so much, then why do you do it?
 そんなにイヤなら、やめたら?

(エマを連れたレイチェルが来る)
Ross: Oh, hi! Hi! Thanks for showing you up thirty minutes late!
 おやおや! 30分遅れで来てくれてありがとう!

Rachel: Ross..
 ロス・・

Ross: No, no, no, I'm sure you have a great excuse. What was it, a hair appointment? A mani-pedi? Or was there a sale at Barneys?
 いやいや。きっと立派な言い訳があるんだよね。何だろう、美容院の予約? マニキュアとペディキュア? それともバーニーズのセールだった?

Rachel: My father had an heart attack. . . While I was at Barneys.
 父が心臓発作だって。バーニーズにいたら電話があったの。

Ross: Oh, my God, Rach.
 なんてことだ、レイチ。

Monica: Honey.
 レイチ。

Chandler: I'm so sorry...
 気の毒に。

Ross: Is-is he okay?
 彼、大丈夫?

Rachel: Yeah, they said he's gonna be fine, but he's still heavily sedated.
 ええ、大丈夫ですって。でも安静にしてなきゃいけないのよ。

Ross: Okay, okay. I'm gonna come out to Long Island with you. I mean, you can't be alone right now.
 そうなんだ。ロングアイランドに一緒に行くよ。君を今一人にできないよ。

Rachel: No, come on, I'm totally okay. . I don't need you to come! I can totally handle this on my own.
 いえ、いいのよ。私は大丈夫。(ハグ)来てくれなくてもいいの。私一人でなんとかできるわ。

Ross: Still, still, let me come for me.
 でも、僕がいてあげたいから。

Rachel: Okay. If you really need to.
 そう。あなたがそう言うなら。

Ross: I bet someone could use one of Monica's freshly baked cookies.
 モニカの焼きたてクッキーを食べたらどうかな。

Rachel: Oh, I really could.
 ああ、いただくわ。

Ross: Oh!
 ね!

Rachel: Ohh..
 ああ。。

《セントラルパーク:ジョーイの台本を見るフィービー》

Phoebe: All right, it seems pretty simple. Your first line is "My name is Claude", so, just repeat after me. "Je m'appelle Claude".
 これは簡単ね。あなたの最初のセリフは「僕の名前はクロードです」だから、私の後に続けて。「ジュ・マペル・クロード」

Joey: Je de coup Clow.
 ジュデクー・クロー。

Phoebe: Well, let's try it again.
 えー、もう一回やってみましょ。

Joey: Okay.
 うん。

Phoebe: Je m'appelle Claude.
 ジュ・マペル・クロード。

Joey: Je depli mblue.
 ジュ・デプリ・ブルー。

Phoebe: Uh. It's not... quite what I'm saying.
 ああ・・それ私が言ったのと・・違う。

Joey: Really? Sounds exactly the same to me.
 そう? 全く同じに聞こえたけど。

Phoebe: It does, really?
 あら、そう?

Joey: Yeah.
 ああ。

Phoebe: All right, let just try it again. Really listen.
 いいわ、もう一度やってみましょ。しっかり聞いて。

Joey: Got it.
 わかった。

Phoebe: Je m'appelle Claude.
 ジュ・マペル・クロード。

Joey: Je te flouppe Fli.
 ジュ・テ・フルーピー・フリー。

Phoebe: Oh, mon Dieu!
 ああ、なんてことなの。

Joey: Oh, de fuff!
 ああ、デュ・ファフ!

(モニカ、チャンドラー、エリカが来る)

Monica: Hey, you guys.
 ハーイ。

Phoebe: Hi!
 ハーイ。

Joey: Hey.
 やぁ。

Monica: I want you to meet someone really special. Phoebe, this is Erica. And this is the baby!
 紹介するわ、すごく特別な人よ。フィービー、こちらエリカ。そして(おなかを指して)赤ちゃん!

Phoebe: Oh!
 まぁ!

Monica: Joey. Erica, baby.
 ジョーイ。エリカと、赤ちゃんよ。

Joey: Hi.
 やぁ。

Monica: Everyone. Erica, baby!
 みんな! エリカと、赤ちゃんよ!

Chandler: Monica. Calm, self.
 モニカ、落ち着け。

Erica: Thank you. It's really nice to meet you guys, I can't believe I'm here!
 ありがとう。本当に会えて嬉しいわ。ここに来てるなんて嘘みたい。

Joey: Welcome to New York City! Or should I say "ghe deu flooff New York City"?
 ニューヨークへようこそ! それともこうかな、「ジェ・デュ・フロフ・ニューヨークへ」?

Chandler: Why would you say that?
 なんでそんなこと言うかな?

Phoebe: Okay. What are you gonna be doing today?
 それで、今日は何をするの?

Erica: I wanna see everything! Times Square, Coney Island, Rockefeller Center.
 いろいろ見たいわ! タイムズスクエアでしょ、コニー・アイランド、ロックフェラー・センターとか。

Joey: Oh, you know what you should do? You should walk all the way at the top of Statue of Liberty.
 ああ、これするべきだよ。自由の女神の頂上まで歩いて登るんだ。

Erica: Oh, yeah, let's do that!
 ああ、いいわね。それしましょ!

Chandler: Great! . . This baby'd better be really good.
 いいね!(モニカに)この赤ちゃん元気だろうな。

《グリーン氏の入院先》

Rachel: Hi, uhm, excuse me, I'm here to see my father. My name is Rachel Green.
 (看護師に)ちょっとすみません。父に会いに来たんです。レイチェル・グリーンと言います。

Ross: And I'm Doctor Ross Geller.
 僕はドクター・ロス・ゲラーです。

Rachel: Ross, please, this is a hospital, okay? That actually means something here. . So can we please go in?
 ロス、だめよ。ここは病院なのよ。ドクターって、意味があるのよ。(看護師に)入っていいのかしら?

Nurse: Absolutely.
 大丈夫ですよ。

Ross: Rach, I think I'm gonna wait out here, because my throat is feeling a little scratchy. I don't want to infect him.
 レイチ、僕はここで待ってるよ。喉がかすれた感じだから、風邪をうつしたくない。

Rachel: Ross, please, don't be so scared of him.
 ロス、何を言うの。怖がらないで。

Ross: I'm not scared of him, I'm really sick.
 怖がってるんじゃないよ。本当に病気なんだ。

Nurse: He's under sedation, so he's pretty much out.
 鎮静剤をうたれてますから、意識はないですよ。

Ross: I'm feeling better.
 具合よくなった。

Rachel: Oh! . . Oh! Oh, my God! Ohhh, ohhh, wow, that ear and nose hair trimmer I got him was just money down the drain, huh?
 もう・・(病室に入る)ああ! なんてこと・・ああ・・耳毛鼻毛トリマーをあげたのは無駄だったみたいね。

Nurse: Miss Green, your father's doctor is on the phone if you'd like to speak to him.
 グリーンさん、お父様の担当医から電話ですから、お話いただけますよ。

Rachel: Oh, great, Are you gonna be okay?
 あぁ、よかった。(ロスに)あなた大丈夫?

Ross: He's unconscious, I think we'll be just fine!
 意識ないんだし、大丈夫だと思うよ。

Rachel: Okay.
 わかった。(出て行く)

(ロスがTVをつけると、恐竜が出てきたので、ベッドに足を乗せて楽しみ始める。ゲラー氏が目を覚ます)

Ross: Did the TV wake you?
 TVで起こしちゃいました?

Dr. Green: No. When you put your feet up in my bed, you tugged on my catheter.
 いや。君がベッドに足を乗せたとき、カテーテルを引っ張ったんだ。

Ross: Ouchy.
 アイタ。

Dr. Green: What are you doing here, Geller?
 何をしてるんだ、ゲラー?

Ross: Well, I came with Rachel, who should be back any second! … So, what's new?
 レイチェルと一緒に来たんですよ。彼女すぐ戻ります!・・最近どうですか?

Dr. Green: Ooh, I have a little heart attack.
 ああ、心臓発作を起こしたよ。

Ross: Right. Is it painful?
 そうか。。つらいですか?

Dr. Green: What, the heart attack or sitting here talking to you?
 何が、心臓発作か、それとも君と話してることがか?

Ross: Let's see if we can get that Rachel back in here.
 レイチェルが早くきてくれないかな。(ボタンを押す)

Dr. Green: So what's new with you, huh? Knocked up any more of my daughters lately?
 それで、君は最近どうなんだ? 私の娘をまた妊娠させてないだろうな?

Ross: Nope, just the one. Rach!
 いえ、一回だけです。レイチ!

《ジョーイ達の部屋:フィービーがフランス語を教えている》

Phoebe: Je m'appelle Claude.
 ジュ・マペル・クロード。

Joey: Je do call blue!
 ジュ・ド・コール・ブルー!

Phoebe: Noooo! Okay, maybe if we just break it down. Okay, let's try at one syllable at a time. Okay? So repeat after me. "je".
 違ーう! じゃあ少しずつやりましょ。一言ずつ言うわよ。いい? 私に続いて繰り返して。「ジュ」

Joey: je.
 ジュ。

Phoebe: m'ap
 マ。

Joey: mah
 マー。

Phoebe: pelle
 ペル。

Joey: pel.
 ペル。

Phoebe: Great, okay, faster! "je"
 いいわ。じゃもっと速く。「ジュ」

Joey: je.
 ジュ。

Phoebe: m'ap
 マ。

Joey: mah
 マー。

Phoebe: pelle
 ペル。

Joey: pel.
 ペル。

Phoebe: Je m'appelle!
 ジュ・マペル。

Joey: Me pooh pooh!
 ミ・プープー!

Phoebe: Okay, it's too hard, I can't teach you!
 もう無理だわ。教えられない!(立ち上がる)

Joey: What are you doing?
 何してるの?

Phoebe: I, I have to go before I put your head through a wall.
 あなたの頭壁にぶち込む前に帰るわ。(出て行く)

Joey: No, no! Don't go! I need you! My audition is tomorrow! Shah blue blah! Me lah peeh! Ombrah! . . Pooh.
 (追いかけ)ダメだよ! 行かないで! 助けてくれなきゃ! オーディションは明日なんだ! サー・ブルー・ブラー! ミ・ラー・ピー! オンブラー! ・・・プー。

《実家のレイチェルの部屋》

Ross: Hey!
 やぁ。

Rachel: Hi!
 ハーイ。

Ross: I was gonna make us some dinner but all I found in your dad's fridge was bacon and heavy cream. … I think we solved the mystery of the heart attack.
 何か食事を作ろうと思ったんだけど、君のお父さんの冷蔵庫、ベーコンとクリームしか入ってないよ。どうして心臓発作起こしたかわかったよね。

Rachel: Uh. Did you call your parents?
 ああ。あなたのご両親に電話した?

Ross: Oh, yeah. Emma's doing great.
 うん。エマは元気だよ。

Rachel: Oh, good.
 ああ、よかった。

Ross: Wow.
 ワオ・・

Rachel: What?
 何?

Ross: Just can't believe I'm in Rachel Green's room.
 レイチェル・グリーンの部屋にいるなんて嘘みたい。

Rachel: What do you mean? You've been in my room before!
 どういうこと? 私の部屋に来たことあるじゃない。

Ross: Yeah, sure, right! Like I've ever been in Rachel Green's room.
 ああ、そうだよね!!レイチェル・グリーンの部屋に行ったことあるなんて。

Rachel: Okay, I gotta tell ya, it's really weird when you use my whole name.
 ちょっと、フルネームで呼ばれるなんて変な感じ。

Ross: Sorry. . You okay?
 ごめん。・・君大丈夫?

Rachel: Yeah.
 ええ。

Ross: You had a rough day, huh?
 今日は大変だったね。

Rachel: Yeah. It’s just so weird seeing him like that, you know? I mean, he is a doctor. You don't expect doctors to get sick.
 ええ。父のあんな姿を見るなんて。だってドクターなのに。ドクターが病気になるなんて。

Ross: But we do. … He’s gonna be okay, Rach.
 僕らも病気になるんだよ。・・彼は大丈夫だよ、レイチ。

Rachel: Ow. I don't want him to wake up alone. I should go to the hospital.
 ああ。起きたとき一人だなんていけないわ。病院行かなきゃ。

Ross: What? No, no! Hey, hey, look..
 なに? ダメダメ、ねぇ。

Rachel: What?
 なに?

Ross: They gave him a lot of medication, okay? He wouldn't even know if you were there. Look, we'll go see him first thing in the morning, okay?
 たくさん投薬されてるんだよ、ね? 君がいることも知らないよ。明日の朝一番で会いに行こう、いいね?

Rachel: Really, I shouldn't feel guilty?
 本当、悪いと思わなくていい?

Ross: No, God! Hey, Rach, you've been an amazing daughter, okay? Right now you just need to get some rest.
 悪くないよ! ね、レイチ、君はいい娘だよ。ね? 今は休まないと。

Rachel: Okay, maybe you're right.
 わかった。その通りかもね。

Ross: Good night.
 おやすみ。

Rachel: Wait, wait, wait, wait. Would you stay here with me for a little while?
 待って待って待って待って。もう少しここにいてくれない?

Ross: Sure!
 いいよ。

Rachel: Okay. . . Thank you for coming with me today.
 オーケー・・(ベッドに2人座る)今日は来てくれてありがとう。

Ross: Oh, of course.
 いや、いいんだよ。

Rachel: Rachel Green is very happy you're in her room!
 レイチェル・グリーンはあなたがいてくれて嬉しいわ。

Ross: Me too. Come here.
 僕もだよ。おいで(ハグ)

Rachel: I just don't want to be alone tonight.
 今夜は一人になりたくないの。

Ross: Okay, well, I can maybe grab a sleeping bag, or. . . Oh, oh. . . No, Rach! I'm sorry, I just don't think this, this, this is a good idea.
 そうか、じゃあ寝袋でも持ってこようか。(レイチェルがキスをしようとするが避ける)おっと・・(再びレイチェルがキスをしようとし、ロスが避ける)ダメだよ、レイチ! ごめん、だけど、これはよくないと思うよ。

Rachel: Well, we won't know that until we do it, will we?
 やってみなきゃわからないじゃない?

Ross: No, look, uh. You are upset about your father and you're feeling vulnerable and I just don't feel it would be right. I'd feel like I'd be, you know, taking advantage of you.
 違うよ、ね、君はおとうさんのことで気が動転していて、参ってるんだ。これは間違ってる。そこにつけこみたくないよ。

Rachel: What? Taking advantage? I'm giving you the advantage. Enjoy!
 何が? つけこむって? つけこんでいいのよ。楽しんで!

Ross: Look, I'm sure it would be great, but I-I think one of us has to be thinking clearly. So, I'm gonna go!
 ねぇ、きっと素晴らしいに違いないけど、僕らのうちどちらは、ちゃんと考えないと。だから僕はもう行くよ。

Rachel: Wow. Okay.
 ワオ・・そう。

Ross: I'll see you in the morning.
 また明日の朝ね。(出て行く)

Rachel: Mhm-mh!
 あっそう。

Ross: I haven't had sex in four months. I should get a medal for that!
 (廊下で独り言)何ヶ月もエッチしてないんだ。表彰されたいくらいだよ!

《モニカ達の部屋:モニカ、エリカが帰ってくる》

Erica: Thanks so much for taking me to all those places. I had a great time.
 いろいろ連れてってくれて本当にありがとう。楽しかったわ。

Monica: Oh, I'm glad. Listen, I want to apologize about Chandler, though. I just did not see this coming.
 ああ、よかったわ。でも、チャンドラーのことはごめんなさいね。こんなことになるとは思わなかったわ。

(I love New Yorkと書いたTシャツを着て、自由の女神帽子をかぶったチャンドラーが来る)

Chandler: New York is awesome!
 ニューヨークって最高!

Monica: What is with you?
 あなたどうなってるの?

Chandler: Yeah, I've been to these places before, but I've never really seen them, you know.
 今までにも行ったことあるけど、でも、本当に見たことなかったんだよ。

Monica: Yeah, you miss a lot, when you're mooing.
 あなた、モーモー言ってていろいろ見逃してるわよ。

Erica: Thanks so much for showing me around.
 連れてってくれて、本当にありがとう。

Monica: Oh! It was our pleasure. We are so much enjoying getting to know you.
 あら、いいのよ。あなたをいろいろ知ることができて嬉しいわ。

Erica: Well, if there is anything else you wanna know.
 もっと知りたいことがあればどうぞ。

Chandler: Oh, uh, okay, um. . Do you mind if we ask you some questions about the father?
 ああ、そうか・・赤ちゃんの父親のこと聞いてもいいかな?

Erica: Oh, sure. Yeah. Well, he was my high school boyfriend, captain of the football team, really cute. And he got a scholarship and went off to college.
 ええ、いいわよ。彼は高校のボーイフレンドなの。フットボールのキャプテンで、可愛い人よ。奨学金をもらって大学に行ったの。

Chandler: That's great.
 それはいいね。

Erica: Yeah, it's almost definitely him.
 ええ。多分きっと彼だと思うわ。

Monica: How's that, now?
 どういうこと?

Erica: Well, there is a chance it's another guy. I mean, I have only ever been with two guys, but they sort of overlapped.
 他の人かもしれないの。これまでに2人つきあったことがあるんだけど、ちょっと重なったことがあるの。

Chandler: So, what does the other guy do? Does he go to college too?
 それじゃ、もう一人はどんな人? 彼も大学に行ったの?

Erica: No, he's in prison.
 ううん、彼は刑務所よ。

Monica: Was he falsely accused of something?
 何かの間違いで捕まったの?

Erica: No. He killed his father with a shovel. . But other than that, he's a great guy.
 ううん。彼は、スコップでおとうさんを殺したの。でも、それ以外はいい人よ。

Chandler: I'll bet his dad doesn't think so.
 彼のおとうさんもそう思ってるだろうね。

《モニカ達の寝室:夜、2人がベッドにいる》

Monica: Are you awake?
 起きてる?

Chandler: Of course I'm awake. Assume from now on that I'm always awake.
 もちろん起きてるよ。これから一生起きてるよ。(電気をつける)

Monica: All right, we don't know that it's him. I mean, it could be the football guy.
 ねぇ、彼だとは限らないのよ。フットボールの彼かもしれないでしょ。

Chandler: Honey, it's us. Of course it's the shovel-killer.
 ハニー、俺たちなんだぞ。もちろんスコップキラーの方だよ。

Monica: All right, lets say that it is him, would we not want the baby? No! Would we treat him any differently?
 その人だとして、赤ちゃんはいらないの? そうじゃないわ。扱いを変えるの?

Chandler: I'd keep an eye on him! We have to find out which one the father is.
 気をつけるようになるよ! どっちがお父さんか調べないと。

Monica: How?
 どうやって?

Chandler: I don’t know. Aren't there tests for these things, right?
 知らないけど、調べる方法があるだろ?

Monica: Yeah, but maybe we're just over-reacting.
 ええ、でも、私たち大げさかもしれないわ。

Chandler: Easy for you to say. He's a father killer. He probably loves him mommy. He's probably got a tattoo that says “Mom" on his shovel-wielding arm!
 君はいいよな。彼は父親殺しなんだから。きっと母親を愛してるんだ。スコップを持った手に、「ママ」っていうタトゥーを入れてるかも。

《ジョーイ達の部屋:ジョーイがテープでフランス語勉強中》

Tape: We’ll now count from one to five. Un, deux, trois, quatre, cinq.
 では1から5まで覚えましょう。アン・ドゥ・トロワ、カトル、サン。

Joey: Huh, un, blu, bla, flu, flenk!
 ふん。 アン、ブルー、ブラー、フルー、フレンク!

Tape: Good job.
 よくできました!

Joey: Thank you.
 ありがとう。

(フィービーが来る)
Phoebe: Hey, Joey.
 ハーイ、ジョーイ。

Joey: Hey!
 やぁ!

Phoebe: Listen, I feel really badly about yesterday and I thought about it a lot and, and I know, I was too impatient. So let’s try it again.
 ねぇ、昨日のこと、本当に悪かったわ。考えたんだけど、私が短気過ぎたわ。またやってみましょ。

Joey: Oh, no, that's okay, I don't need your help. I worked on it myself and I gotta say, I am pretty good.
 いや、いいんだ。助けてくれなくていいよ。自分でやってるんだけど、うまくやれてるよ。

Phoebe: Really, can I hear some of it?
 そう、聞かせてくれる?

Joey: Sure, sure. Okay, "Bleu de la bleu, de la blu bla bleu" . . . See?
 ああ、いいよ。「ブルー・デ・ラ・ブルー・デラブルー・ブラブルー」・・ほらな?

Phoebe: Well, you're not. . You're not... you're not... again, you're not SPEAKING FRENCH!
 いえ・・あなた・・あなたは・・そんなのフランス語じゃないわよ!!!

Joey: Oh, well, I think I am. Yeah, and I think I'm definitely gonna get the part.
 いや、できてるよ。ああ、だから絶対役もらえると思うんだ。

Phoebe: How could you possibly think that?
 どうしてそう思えるの?

Joey: For one thing, the guy on the tape said I was doing a good job!
 まず第一に、テープの人がよくできましたって言ったもん!

《グリーン氏の入院先:レイチェルがコーヒーを注いでいる》

Ross: Hey, Rach, can you grab me a cup of coffee?
 やぁ、レイチ。僕にもコーヒーくれる?

Rachel: Sure.
 ええ。(冷たい表情で渡す)

Ross: You've been quiet all morning. Is everything okay?
 朝からずっと無口だよね。大丈夫?

Rachel: Hmm-hmm.
 ええ。

Ross: You sure you're all right?
 本当に大丈夫?

Rachel: Yep.
 ええ。

Ross: Okay. Well, I'm gonna go grab us some breakfast.
 そうか。それじゃ僕は朝食を食べに行くよ。

Rachel: FYI..
 言っておきますけど・・

Ross: There it is.
 やっぱりね。

Rachel: In the future, when a girl asks for some ill-advised sympathy sex, just do it.
 これからは、女の子が軽率に同情セックスをしたがったら、したらいいのよ。

Ross: Wait, wait. You're mad at me about last night? I was just trying to do the right thing.
 待って、待って。昨日のことで怒ってるの? 正しいことをしようとしただけなのに。

Rachel: Really? Well, it seems to me if you'd done the right thing, I would not have woken up today feeling stupid and embarrassed, I would have woken up feeling comforted and satisfied!
 本当? 正しいことをしたのなら、私バカみたいで恥ずかしい思いで目を覚まさなかったと思うわ。満ち足りて満足してたはずよ。

Ross: Well...
 いやぁ、それは・・

Rachel: Oh, stop that!
 もう、やめてよ!

Ross: I can't believe this. I was just being a good guy. I treated you with respect and understanding.
 信じられないよ。僕はいいヤツだったのに。君に敬意を払って、理解したのに。

Rachel: Oh, that is so hot.
 あらまぁ、セクシーだこと。

Ross: Hey, I was looking out for you.
 おい、君のことを心配してたのに。

Rachel: Oh, really? Well, Ross, you know what? I am a big girl. I don't need someone telling me what is best for me.
 あらそう? ロス、ねぇ、私は大人なのよ。何がいいかなんて教えられなくてもいいわ。

Ross: I gotta say, I have not had sex a lot of times before. This is the worst ever.
 言わせてもらうけど、今までにしたセックスでも昨日は最悪だよ。

Rachel: Oh, really? Really? Well, it wasn't very good for me either.
 あら、そう? 本当に? 私にもよくなかったわ。

Ross: Oh, Okay. Hey, you know what? You know what? To avoid this little thing in the future, let's just say, you and me? Never having sex again.
 ああ、そう。ねぇ、いいかい? 今後こういうことのないように、君と僕は、もう二度とセックスをしないぞ。

Rachel: What?
 え?

Ross: That's right. Sex is off the table. I am never having sex with you again. . . Dr. Green, are you feeling better?
 そうさ。セックスはなしだ。(グリーン氏が後ろに現れる)君とは二度とセックスしない。(グリーン氏の存在に気づく)ドクター・グリーン、調子はよくなりましたか?

《モニカ達の部屋:モニカとエリカが戻る》

Chandler: Hey! How was lunch?
 やぁ! ランチはどうだった?

Erica: We had a good time. By the way, I wanted to ask you something. It would really mean a lot to me, if the baby was a boy, that you name him after my father, Jiminy Billy Bob.
 楽しかったわ。ところで、お願いがあるの。私には大事なことなんだけど、赤ちゃんが男の子だったら、私のお父さんと同じ、ジミニー・ビリー・ボブってつけてもらえないかしら。

(Jiminy Billy Bob = ジミニーはピノキオに登場するジミニー・クリケットのことか?)

Chandler: Oh, really?
 あ・・本当?

Erica: No! . . You we're right, that was fun! I'm gonna go finish packing.
 嘘よ! (モニカに)あなたの言う通りね。おもしろかった。・・荷造りしてくるわ。(立ち去る)

Chandler: O-okay. . . So, is she gonna take the test?
 そうか。・・(モニカに)彼女テスト受けてくれるって?

Monica: No, she doesn't have to. I found out who the father is.
 ううん、必要ないわ。誰がお父さんかわかったの。

Chandler: Oh, God. It's shovely-Joe, isn't it?
 ああ。スコップ野郎だな?

Monica: No, it's not.
 いいえ、違うわ。

Chandler: How do you know?
 どうしてわかる?

Erica: Well, it turns out that Erica didn't pay much attention in Sex Ed class, because the thing she did with that prison guy? It'd be pretty hard to make a baby that way.
 エリカはちゃんと性教育を聞いてなかったようね。刑務所に行った子としたことでは、子供はできないわ。

Chandler: Oh, God! What was it? The thing that we hardly ever do or the thing we never do?
 うわ。何だったの? それって、俺たちがほとんどできなかったことか、全然できなかったこと?

Monica: The thing we never do.
 絶対にやらないこと。

Chandler: Shovely Joe!
 やるな、スコップ野郎!

《ジョーイのオーディション》

Director: Whenever you're ready, Joey.
 用意ができたらどうぞ、ジョーイ。

Joey: Right. Dja bu bu Claude. Uh, c'est la pu les la lu blah bloo.
 はい。デュブブ・クロード。セスト・ラ・プ・レラルブラー・ブー。

Casting assistant: I'm sorry, what's going on?
 すいません、どうなってる?

Joey: Dude, come on! French it up!
 おい、なんだよ。フレンチだよ!

Director: Joey, do you speak French?
 ジョーイ、フランス語はできる?

Joey: Toutes la smore! Bu blu-ay bloo blah ooh! Pfoof!
 トウトラスモア! ブ・ブルーブローブラー・オー! プフー!

Director: You know what? I think this audition is over.
 いいよ、オーディションは以上だ。

Phoebe: Uh, excuse me. Uh, I am Reginé Phalange. I was passing by when I heard this man speaking the regional dialect of my French town of Estée Lauder.
 ちょっと失礼(フランス人っぽい英語で)私はレジーナ・ファランジ。通りかかったら、彼がフランスの地方のエスティーローダーの方言を言ってるのが聞こえて。

Director: You really think this man is speaking French?
 本当に彼がフランス語を話すと思うの?

Joey: Sa-sa-saw!
 ソソソー!

Phoebe: Écoutez, je vais vous dire la vérité. C'est mon petit frère. Il est un peu retardé. Alors, si vous pouviez jouer le jeu avec lui...
(Okay, I’ll tell you the truth. He's my little bother. He's a little retarded. So, would you please just humor him?)
 いいわ、本当のことを言います。彼は弟なんだけど、ちょっと遅れてるの。だから、合わせてやっていただけないかしら?

Director: Good job, little buddy. That was some really good French. But I think we're gonna go with someone else for the part.
 (ジョーイに)よくやったね、僕。上手なフランス語だった。でも、この役は他の人に頼むよ。

Joey: Ah. All right. But my French was good?
 ああ、そうか。でも、フランス語はよかっただろ?

Director: It was great.
 よかったよ。

Joey: Oh-hoh! Ha-hah! See!
 おお! ハハハ! な?

Phoebe: Merci. Au revoir. (Thanks, goodbye.)
 ありがとう。さようなら。

Joey: Yeah-hah. Toute-de-le-fruit.
 ワーイ。トウテ・デr・レ・フルー!

《ジョーイ達の部屋:ロスが奥の部屋から来る》

Ross: Emma's down for the night.
 エマはもう眠ったよ。

Rachel: Oh, good.
 ああ、よかった。

Ross: So uh... I guess I gonna take off.
 それじゃ・・僕はもう帰るよ。

Rachel: Hey, listen, just before you go. I-I again, I just wanna say thank you for coming with me.
 ねぇ、ちょっと帰る前に聞いて。本当に、来てくれてありがとう。

Ross: Oh, no problem.
 ああ、いいんだよ。

Rachel: And also, you know, I uh, I was thinking about what you said, you know, about the whole sex thing and. . Probably not a great idea to go down that road again.
 それに、あなたの言ったこと、セックスのことだけど・・また同じことをするのはよくないかもね。

Ross: Thank you. I'm glad you agree.
 ありがとう。わかってくれて嬉しいよ。

Rachel: It's a shame though. I mean, when we did it, it was pretty good.
 でも残念よね。私たちって、すごくよかったのにね。

Ross: Yeah. Yeah, that's true.
 ああ。ほんと、そうだな。

Rachel: Hey, uh, do you remember that one really great time?
 ねぇ、あのすごくよかった日のこと、覚えてる?

Ross: Oh, yeah!
 ああ、もちろん!

Rachel: You know, it was you're uh.. birthday...
 そうよね。あれは、あなたの誕生日・・

Ross: I was Valentine's day...
 あれはバレンタインデー・・

Both: …… Oh, yeah!
 ! ・・ああ、そうだ!

Rachel: Well, I guess that's all in the past now.
 でも、もう終ったことね。

Ross: Hmm-mm.
 うん。

Rachel: … Not even one more time?
 もうただの一度もね。

Ross: Not even once.
 一回も。

Rachel: No matter how much we want it.
 どんなにその気になっても。

Ross: Even if we want it really bad.
 本当にすごくその気になっても。

Rachel: That's what we decided.
 そう決めたのよね。

Ross: Uhm, right!
 ああ、そうだよ。

Rachel: ...It's kinda hard though!
 ・・ちょっとキツいわよね。

Ross: Yeah.
 ああ。

Rachel: You know, when two people have a connection, you know, that's... just seems like such a... waste.
 ねぇ、2人の人が結ばれたのに、ちょっと、もったいないわよね。

Ross: …I hate waste.
 もったいないのはイヤだな。

Rachel: …Ross?
 ・・ロス?

Ross: Yes?
 はい?

Rachel: Just so you know.. with us. . it's never off the table.
 言っておくけど・・私たち・・なしってことはないわよ。(部屋に行く)

Ross: Damn it. It's never off the table.
 クソッ。なしじゃないのか。(出て行く)

《ジョーイ達の部屋:フィービーがジョーイの経歴書を見ている》

Phoebe: Okay, can you really tap-dance?
 それじゃあなた、本当にタップダンスできる?

Joey: No.
 いいや。

Phoebe: It's off the resumé. . . Archery?
 経歴書から抹消。(ペンで消す) アーチェリーは?

Joey: No.
 できない。

Phoebe: Horseback riding?
 乗馬?

Joey: Would fall off a lot.
 何度も落馬する。

Phoebe: You can drink a gallon of milk in 10 seconds?
 10秒で1ガロンのミルクを飲めるの?

Joey: That I can do.
 それはできるぞ。

Phoebe: Come on, you can drink a gallon of milk in 10 seconds?
 何を言うの、10秒で1ガロンのミルクを飲めるっていうの?

Joey: All right, watch me! . . . Okay, you time me, ready?
 よし、見てろ(冷蔵庫からボトルを出す)測っててよ、いい?

Phoebe: Ready, go!
 レディ、ゴー!

(ボトルのミルクを飲むというか口の上でぶちまけ、空にする)

Phoebe: You did it!
 やったわ!







にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ

posted by らんち at 00:08| Comment(0) | Season 10 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。