2013年11月30日

9-8 The One With Rachel's Other Sister

9-8 レイチェルのもう1人の妹の話

 ☆感謝祭に悪魔降臨?!☆

《モニカ達の部屋》

Monica: Hey, Hon? Would you help me get the plates down?
 ねぇ、あなた、お皿を下ろすの手伝ってくれない?

Chandler: Yeah. Hey! Here's an idea. Why don't we use our wedding china today?
 わかった。あ、そうだ。結婚する時に買った食器を使おうよ。

Monica: No, I think we should save our china for something really special. Like, if the Queen of England comes over.
 ダメよ。何か特別な時のためにとっておくんだから。イギリス女王が来たときとか。

Chandler: Honey, she keeps canceling on us. Take the hint!
 ねぇ、彼女にはずっと断られてるんだから、いい加減わかれよ。

Monica: What if something gets broken? They're so expensive!
 だってもし壊れたらどうするの? すごく高価なものなのに。

Chandler: What is the point of having them, if we never use them?
 一度も使わないなら、持ってる意味がないだろ?

Monica: Okay. But if something gets broken, and then the Queen comes over.
 わかったわよ。でも、もし壊れたりして、それから女王様が来たらどうする。

Chandler: I will explain it to her.
 俺が言い訳するよ。

Monica: Oh, yeah! Like I'm going to let you talk to the Queen.
 私があなたに、女王と口きかせると思うの?

Joey: Wow, the parade is really good this year. Man, those horses can crap!
 ワオ・・今年のパレードは本当にすごいな。あぁ、あの馬達、めっちゃクソしてる。

Narrator from TV: And next up is a marching band from Muskogee, Oklahoma.
 次に登場するのは、オクラホマ州マスカジーのマーチング・バンドです。

Chandler: Muskogee? That's like four hours from Tulsa! WOO HOO!
 マスカジー? それってタルサから4時かぐらいだよ。ヤホー!

Narrator from TV: And here's the float with the stars of popular daytime soap, Days of Our Lives.
 そして今度は、人気ドラマ「愛の病院日誌」のスター達の山車です。

Joey: Oh, my God!!
 あっ! 大変だ!

Chandler: Aren't you one of the stars of popular daytime soap Days of our Lives?
 おまえって、人気ドラマ「愛の病院日誌」のスター達の1人じゃないのか?

Joey: Yeah!! I forgot! I'm supposed to be there! I can't believe I forgot! I usually write stuff like this down on my arm!
 そうだよ! 忘れてた! あそこに行ってないといけないんだ! 忘れたなんてっ! 俺いつもこういうこと腕に書くのに!

(チャンドラーがジョーイの腕を握り、袖をまくりあげると書いてある)

Joey: OH! Stupid long sleeves!
 ああっ! クソ長袖!

Chandler: What are you gonna do?
 どうするつもりだ?

Joey: I guess I'm gonna have to come up with a really good reason why I wasn't there! The producer is going to be so mad at me...He sat us all down yesterday and said, “Everyone has to be there, six AM sharp. That means you, Tribbiani!” Like I was some kind of idiot!
 何か、行けなかったもっともらしい理由を考えないといけないよな。プロデューサーにものすごく怒られるよ。昨日俺たちを座らせて「朝6時ちょうどに全員行くんだぞ、おまえのことだぞ、トリビアーニ!」っていったんだ。まるで俺がバカみたいにさ。

Chandler: Well, you proved them wrong.
 彼が間違ってるって証明したな。

Joey: Yeah.
 ああ。(呆れるチャンドラー)

《ロスの部屋》

Rachel: Oh, Emma...This is your first Thanksgiving. What are you thankful for? Mommy's boobies?
 ああ、エマ、あなたの初めてのサンクスギビングね。何に感謝するかな? マミーのおっぱいかな?

Ross: A lot of people are thankful for those!
 それはたくさんの人が感謝してるよ。

(ノックの音がする)
Voice outside: Hello? Rachel??
 こんにちは、レイチェル?

Rachel: Who is it?
 どなた?

Voice outside: It's your favorite sister!!
 あなたのお気に入りの妹よ!

Ross & Rachel: Jill?
 ジル?

Voice outside: Amy!!
 エイミーよ!

Rachel: Hide my rings. . Amy!! Happy Thanksgiving!
 私の指輪隠して。(ロスは奥へ行く。ドアを開け)エイミー! ハッピー・サンクスギビング!

Amy: Do you have a hair straightener?
 ヘア・アイロン持ってない?

Rachel: …Hi!
 ハーイ!

Amy: Hi. . . Hair Straightener.
 ハーイ。ヘア・アイロン!

Rachel: I haven't seen you in like a year!
 1年ぶりぐらいよね。

Amy: Oh, I know, I know...I've just been crazed...
 ああ、そうね、そうだわ。忙しくて。

Rachel: Oh, me too! I had a baby.
 ああ、私もよ。赤ちゃん産んだの。

Amy: I decorated Dad's office.
 私は、パパのオフィスの模様替えをしたわ。

Rachel: Oh, yeah? Well, unless you pushed a desk of your vagina, not the same thing.
 あらそう? あなたがおなかから机を生み出したっていうんでない限り、同じじゃないわよ。

Amy: Listen, about the hair straightener, honey I really need one. I'm going to have dinner at my boyfriend's house. . . Oh, my god. Is this Emmett?
 ねぇ、ヘア・アイロンだけど、本当にいるのよ。これからボーイフレンドの家で食事なの。(エマに気づき)まぁ、この子がエメット?

Rachel: Er..It's Emma.
 えー・・エマよ。

Amy: It's a girl?
 女の子なの?

Ross: Hey, Amy.
 (奥から来て)やぁ、エイミー。

Rachel: Oh, Amy, you remember Ross?
 あ、エイミー、ロスは覚えてるわよね?

Amy: Not really. But, you are much cuter than that geeky guy she used to date.
 ううん。でも、あなた、彼女が以前デートしてた変な人よりずっとキュートね。

Ross: That was me.
 あれは僕だよ。

Amy: No, he was this creepy guy from High School who had this huge crush on her, since, like, the ninth grade.
 いえ、彼は、もう9年生ぐらいの頃から彼女にすごい片思いしてた気味悪い男よ。

Ross: Still me.
 それが僕。

Amy: No, I'm not talking about you. Come on. It was your fat friend's brother with that bad afro...
 いえ、あなたのことじゃないわ。ねぇ、あれは、あなたの太った友達のおにいさんで、ひどいアフロの・・

Ross: Okay, Amy, I'm gonna save you some time, okay? All me!
 ねぇ、エイミー、時間を節約しよう、いいね? 全部僕だから!

《モニカ達の部屋:大事なお皿を並べるチャンドラー》

Monica: Careful. Careful. . Careful!
 気をつけて。気をつけて・・気をつけて!

Chandler: I'll tell you what. For the rest of our lives, I'll be careful, until told otherwise. . . Wait a minute. This isn't the china we picked out.
 提案だよ。今後一生、気をつけるよ。そうするなって言われるまでね。・・待てよ。これ、俺が選んだ食器じゃないぞ。

Monica: I know! After you left the store I chose different ones.
 そうよ。あなたがお店を出た後で、別のを選んだの。

Chandler: Why?
 なんで?

Monica: Well, no offense, honey, but your taste is a little feminine for me.
 悪気はないけど、あなたの選んだのはあまりにも女性っぽいんだもの。

Chandler: Oh, suddenly flowers are feminine?
 え、いつの間に、花柄は女性っぽいことになったんだ?

(フィービーが来る)
Phoebe: Hey, everybody! Happy thanksgiving!
 ねぇ、みんな! ハッピー・サンクスギビング!

Monica, Chandler, Joey: Hey, Happy Thanksgiving!
 やぁ、ハッピー・サンクスギビング!

Joey: Phoebs!
 フィーブス(手招き)

Phoebe: Hey, what's going on, Joe?
 何、そうしたの、ジョー?

Joey: Listen, I need a good lie.
 あのな、ウソつかなきゃいけないんだ。

Phoebe: Oh, okay. How about the whole man walking on the moon thing? You know? You can.. you can see the strings, people!
 あぁ、そうなんだ。じゃあ、人間が月を歩いたってのはどう? ほら、上から釣ってるのが見えるってのよ!

Joey: No..no, no, no. I need a good lie to explain why I wasn't at the work thing today.
 いやいや、違うんだ。俺、今日なんで仕事に行かなかったのか言い訳考えないといけないんだよ。

Phoebe: Oo. Honey, you stink at lying.
 ああ、あなた、本当にウソがヘタよね。

Joey: Wha? I do not!
 なに? そんなことないよ!

Phoebe: Oh, really? Let me ask you something. Yesterday at the coffeehouse, I went to the bathroom, and when I came back, my muffin was gone. Who took it?
 あら、そう? じゃあ聞くけど、昨日コーヒーハウスで、私がバスルームから戻ってきたら、マフィンがなくなってたけど、誰が取ったの?

Joey: Somebody opened the door to the coffeehouse, and a raccoon, came running in and went straight for your muffin I said "Hey! Don't eat that! That's Phoebe's!" and he said. . . He said "Joey, you stink at lying". What am I going to do?
 誰かがコーヒーハウスのドアを開けたんだよ。そしてアライグマが入ってきて、まっすぐ君のマフィンに向かったから、俺は言ったんだよ、「おい、それを食べるなよ! それはフィービーのだ!」 そしたらそいつが・・・。「ジョーイ、おまえってウソがヘタだな」って・・。どうしよう?

Phoebe: Don't worry, don't worry. We'll come up with a good lie. I'll help you practice it.
 心配しないで、心配しないで。何かいいウソを考えるわ。練習しましょう。

Joey: Oh, that'd be great. That'd be great. Thank you.
 あ、それはいいな、それはうれしいよ。ありがとう。

Phoebe: Sure. What was the work thing? . . . Pick up grandma at the airport?
 ええ。どういう仕事だったの?(ジョーイが袖をまくって見せる)おばあちゃんを空港へ迎えに行く?

Joey: Oh, man!
 ああ、しまった!

《ロスの部屋》

Rachel: Oh, she's precious.
 (エマを寝かせ)ああ、彼女本当にかわいい。。

Amy: Do you ever worry she'll get your real nose?
 あなたの本当の鼻に似るんじゃないか心配じゃない?

Rachel: Amy...Yes, I do, I really do.
 エイミー! ・・ええ、そうなの。本当に心配(ロスが手を握る)

Amy: Hello? Yeah! Hang on, one sec. . . Can I take this upstairs?
 (携帯が鳴る)もしもし? ええ。あ、ちょっと待って。(ロスに)上の階で話していい?

Ross: Sure! We don't live there but...
 いいよ、上は僕らの部屋じゃないけどね。

Amy: Seriously? It's just these rooms? I thought you were a doctor.
 本当の話? じゃあここだけなの? あなたドクターかと思ったけど。

Rachel: Yeah, no, Ross has a PhD.
 ええ、でもロスはPhDを持ってるのよ。

Amy: Ewwww!
 やだ!(奥の方へ立ち去る)

Rachel: God! She is unbelievable!
 ああ! あの子って信じられないわね!

Ross: I know! I mean a PhD is just as good as an MD.
 本当だよ。PhD(博士)はMD(医師)と同じくらいのものなのに。

Rachel: Yeah, sure, Ross, yeah! If I have a heart attack at a restaurant, I want you there with your fossil brush!
 そうよね、ロス、ええ! もし私がレストランで心臓発作を起こしたら、化石用ブラシを持ったあなたにみてもらいたいわ。

Amy: Stupid thanksgiving!
 (奥から戻り)もうサンクスギビングなんかっ!

Rachel: What? What? What happened?
 なに? なんなの? どうしたのよ?

Amy: My boyfriend canceled on me. I mean I, I finally find a real relationship. Someone that I can spend this day with, and then his WIFE comes back into town. I swear, it's, it's, not even worth dating married guys.
 ボーイフレンドにキャンセルされたの。ようやく、この日を一緒に過ごせる、本当の相手を見つけたと思ったのに。なのに彼の妻が帰ってきたっていうのよ。ほんと、結婚した男とつきあってもいいことないわよ。

Ross: Don't say that!
 そんなこと言うなよ。

Amy: I was so looking forward to this. It was going to be such a beautiful Thanksgiving. We were going to have sushi.
 これを本当に楽しみにしてたのに。本当に素敵なサンクスギビングになるはずだったのよ。スシを食べるはずだったの。(泣きそう)

Rachel: Oh, Amy...don't cry. . Ross? Could I talk to you in private?
 ああ、エイミー、泣かないで・・・ロス、ちょっと話せる?

Ross: Sure, you wanna go upstairs? Or...
 いいよ。上の階に行く? (2人キッチンへ行く)

Rachel: Look. I was thinking, if it's ok with Monica, I would like to invite Amy, to Thanksgiving.
 ねぇ、考えたんだけど、もしモニカがいいっていうなら、サンクスギビングにエイミーを呼びたいんだけど。

Ross: You know, I think that's a great idea. It'll be like the pilgrims being in the Indians syphilis.
 それはいい考えだと思うよ。移住者がインディアン梅毒の中にいくみたいな感じだね。

(Indians Syphilis = コロンブスの一行の隊員がアメリカ原住民から梅毒をうつされてヨーロッパに持ち帰って広まったという説がある)

Rachel: Look, I know she's a little tough to take. But she has no where else to go. And she's my sister. Alright? And she's Emma's aunt? And I'd like them to bond...
 確かにあの子はつきあにいくいけど、でも、他に行くとこがないのよ。それに、妹なのよ。ね? エマの叔母さんなのよ。仲良くなってほしいわ。

Ross: Okay, fine. But I don't want them bonding too much. I don't want her telling Emma she needs a nose job.
 わかったよ。でも、そんなに仲良くなってほしくないなぁ。エマに鼻の手術をすすめられたくないよ。

Rachel: Well! Ross, you know what? She may need one we're just going to have to make our peace with that.
 ロス、そのことだけどね、その手術は必要になるかもしれないから、その点は諦めておいた方がいいわよ。

《モニカ達の部屋:ロス、レイチェル、エイミーが来る》

Rachel: Hi!!
 ハーイ!

Monica, Chandler, Phoebe, Joey: Hey!
 やぁ!

Rachel: Hey, you guys! This is my sister, Amy. This is Chandler, Joey, Phoebe and you know Mon!
 ねぇ、みんな! 私の妹の、エイミーよ。こちらチャンドラー、ジョーイ、フィービーと、それから、モニカは知ってるわよね。

Amy: Oh, my God! You're on Days of Our Lives!
 まぁ、驚いた! あなた「愛の病院日誌」の人ね!

Joey: Yeah!
 ああ!

Amy: Wow! They must put a lot of make-up on you.
 ワオ! あなた番組ではいっぱいメイクアップしてるのね。

Joey: Happ, Happy Thanksgiving.
 ハッ・・ハッピー・サンクスギビング。

Ross: Hey, hey.
 (モニカに)やぁ。

Monica: Hi.
 ハイ。

Monica: So welcome! Is this the first time you're seeing Emma?
 よく来てくれたわ! エマに会うのは初めて?

Amy: Yeah, I think so. . . It's nice to meet you, Emma.
 ええ、そうだと思うわ。(フィービーに)会えて嬉しいわ、エマ。

Phoebe: Phoebe!
 フィービー!

Amy: Ooo! That's a funny noise!
 あら。変な音ね。

(フィービーに声をかけるジョーイ)

Joey: Pheebs! I still need some help here.
 フィーブス! 助けが必要なんだってば。

Phoebe: Oh! Right okay. Erm...okay..So it's not just the lie you tell, but it's the way you tell it. For example, if you look down on the ground when you're talking, people know you're lying.
 ああ、そうだったわね。わかったわ。どんなウソを言うかってことだけじゃないのよ。どう言うかなの。例えば、言う時にうつむいたら、それはウソをついてる証拠よ。

Joey: Oh! I don't know why this is so hard for me. You know what I mean? Lying is basically just acting, and I am a terrific actor!
 ああ! 本当に俺には難しいよ。わかるだろ、ウソをつくっっていうのは、基本的に芝居だろ。そして俺は素晴らしい俳優なのになぁ!

Phoebe: You are a terrific actor!
 あなた素晴らしい俳優よね。(うつむく)

(レイチェルとエイミー)

Amy: Hey! Where's the baby?
 ねぇ、赤ちゃんはどこ?

Rachel: Oh, we just put her down for a nap.
 あ、今はお昼寝してるのよ。

Amy: Listen, I was just thinking. You know what would be incredible? If you guys died!
 ねぇ、考えたんだけど、もしこうだったら、素晴らしくない? もしあなた達が死んだらよ!

Ross: Thank you, Amy!
 ありがとう、エイミー!

Amy: No, no, then I would get the baby! I mean you know, it'd be just like a movie, like at first I wouldn't know what to do with her, then I would rise to the occasion, and then I get a make-over and then I get married?
 違うの、そうしたら、私が赤ちゃんをもらうのよ! ね、映画みたいに、最初はどうしたらいいかわからないけど、でも、これをいい機会に生まれ変わって、そして結婚するのよ!

Phoebe: That's a great movie!
 (拍手)それはいい映画ね!

Amy: Now listen, not that you guys could stop me or anything, because you know, you'd be dead. But, I was thinking about changing her name...I'm just not really a big fan of Emily.
 ねぇ、私をとめることはできないわよ、だってほら、あなた達死んでるわけだから。でも、名前変えようかって考えてるのよね。エミリーって名前はどうかと思うのよ。

Ross: Emma.
 エマ。

Amy: Emma. Ross wants you.
 (フィービーに)エマ、ロスが呼んでる。

Phoebe: PHOEBE!
 フィービー!

Amy: Why does she keep making that noise?
 (ロスとレイチェルに囁く)どうしてあの人ずっと、変な音出してるの?

Rachel: Honey, I don't know how to tell you this but, erm...but if something were to happen to Ross or myself. . . You wouldn't get the baby.
 ねぇ、何て言ったらいいかわからないんだけど、でも、ロスと私に何か起きても(2人机を叩く)あなたがエマを育てるわけじゃないわよ。

(knock on wood といって、悪いことが起きないように・またいいことが起きるようにと願う願掛け)

Amy: Well, who would?
 じゃあ誰なの?

Ross: Well, we haven't officially asked them yet, but, we would want Monica and Chandler.
 まだ正式に頼んではいないけど、でも、モニカとチャンドラーに育ててほしいんだよ。

Chandler: I can't believe you want us to raise Emma!
 俺たちにエマを育てさせてくれるなんて信じられないよ!

Monica: Yeah, Oh, my god..I'm so moved.
 ええ、ああ、ほんと・・感動だわ。

Amy: I don't believe this. Hold on a second. You guys die...and I don't get your baby???
 信じられない。ちょっと待ってよ。あなた達が死んでも、私赤ちゃんをもらえないの?

Rachel: Amy, see, we're a lot closer to Monica and Chandler. We see them everyday, and truthfully, honey, you don't seem very connected to the baby.
 エイミー、私達はモニカとチャンドラーとすごく親しいのよ。毎日会ってるし、それに本当のこといって、あなたは、赤ちゃんと結びつきがないでしょう。

Amy: Connected? I mean...To what? She's a lump!
 結びつき? だって何と? あの子ただの塊よ!

Chandler: You know, guys, I gotta say this, this means so much to me. That you'd trust me, with your child. I mean, we all know that Monica and I have been trying to have a baby of our own, and I've had my doubts about my skills as a father, but...that you two....that you two...
 なぁ、君たち、言わせてくれ。本当にうれしいよ。君らが俺を信じて赤ちゃんを任せてくれるなんて。モニカと俺は子供を持とうとしてるけど、でも、俺は自分の父親としての能力をどうかなと思ってたんだ。だけど、君たち2人が・・君たち2人が・・

Amy: This guy? Seriously?
 (レイチェル達に)この人でいいの? 本当に?

《モニカ達の部屋:時間経過》

Monica: Okay, it's time for dinner! Erm...everyone, we're using our fancy china, and it's very expensive...so please be careful.
 さぁ、食事の時間よ! みんな、おしゃれなお皿を使うけど、すごい高価なものなの。お願い、気をつけてね。

Ross: Whoa.....whoa.....Whoa!
 (落としそうにして見せる)わお・・おぉ!・・(本当に落としそうになる)うわっ!

Monica: Okay, just to be clear, comedy with the plates, will not be well-received.
 はい、言っておくけど、お皿でジョークは通じないから。(ロスをつねる)

(みんな着席)

Joey: Hey!! How come my plate is less fancy than everyone else’s? Do you not trust me with the fancy plate?
 おい! どうして俺の皿はみんなみたいにおしゃれなのじゃないの? 俺がおしゃれな皿を使えないと思うのか?

Monica: No!!! Honey, that's...that's a special plate! See, it's a game! Whoever gets that plate, wins!
 違うのよ! ね、それは特別なお皿なの! ね、これはゲームよ。そのお皿に当たった人は勝ちなの!

Joey: I can't believe I won!
 信じられない! 俺勝った!

Amy: You know, this is such a slap in the face. I mean, I'm your sister, and you'd give your baby to these strangers over me.
 ねぇ、これは本当にひどいわ。私は妹なのよ。それなのにあなたは、こんな知らない人達に赤ちゃんをあげるっていうの。

Rachel: Monica is Ross' sister.
 モニカはロスの妹よ。

Amy: No, Ross' sister was really fat.
 違うわよ、ロスの妹はすっごい太ってる子よ。

Monica: That was me.
 それは私よ。

Amy: No. She was this really dorky girl in High School, who used to follow Rachel around like a puppy...
 違うわ。彼女は、高校の時の本当にどんくさい女の子で、子犬みたいにレイチェルの後をついてまわって・・

Rachel: Amy!! You've got to stop doing that!
 エイミー! もうやめなさい!

(エイミーはガチャガチャ音を立てて肉を切り始める)

Monica: Okay, listen, I know that you're having a little bit of a family crisis but you don't have to take it out on the plates! In fact I think, that everyone should cut their food like this! . . . Now, see? This way you protect the plates, and let's face it. You have fun.
 ちょっと聞いて。家族のもめ事があったのはわかるけど、お皿に八つ当たりすることないでしょう! ほんと、みんなも、こういうふうに切ったらいいと思うの!(片手でお肉持ち、空中で切って見せる)ほらね? こうすると、お皿も守れるし、ほんと、楽しいでしょ。

Amy: Okay, how about this? If you guys die, and the crazy plate lady dies, then do I get the baby?
 ねぇ、こういうのはどう? あなた達が死んで、そしてこのおかしなお皿レディが死んだら、そしたら私が赤ちゃんもらえる?

Chandler: No, if crazy plate lady... If Monica dies, then I would get Emma, right?
 いや、もしおかしなお皿レディが・・もしモニカが死んだら、そしたら僕がエマをもらえるんだろ?

Rachel: Well, actually....
 うーん・・実は・・

Chandler: Actually what?
 実はなに?

Ross: Er...it's just that in that case...then um, Emma would go to my parents.
 ああ・・そういうことになったら・・そうしたら、エマは僕の両親のところにいくことになる。

Chandler: What??!
 なに?

Amy: Hurts, doesn't it?
 (チャンドラーに)ショックでしょ?

Joey: Er... Who has to die for me to get her?
 なぁ・・他に誰が死ねば俺んとこに来るの?

《モニカ達の部屋:続き》

Chandler: So, if Monica's not around, I'm not good enough to raise Emma?
 それじゃ、モニカがいなかったら、俺にはエマを育てられないっていうのか?

Ross: No, that's not what we are saying.
 いや、そういうことを言ってるんじゃないよ。

Joey: Yeah! He's lying he looked down!
 あっ! うつむいた! ウソをついてるぞ!

Chandler: What? What is wrong with me? Am I, am I incompetent? Because I managed to survive whatever it is that killed the three of you!
 なんだよ? 俺の何がいけないんだ? 俺は役に立たないってのか? 3人を死なせてしまうからか?

Rachel: Honey, you're taking this the wrong way. We think you're going to be a wonderful parent! It's just that, you're more the...you know, fun parent.
 ねぇ、そういうことじゃないのよ。あなたは素晴らしい親になると思ってるわ。ただ、あなたはもっと・・ほら、楽しい親ってことよ。

Ross: Yeah! And we wanna make sure that Emma also has someone like Monica, who's more of a disciplinarian...someone who can be firm, and strict.
 そうだよ! そして僕らは、エマにもっとモニカみたいな、しつけをしてくれるような、断固とした厳しい親にもいてほしいんだよ。

Monica: That's not how you see me, is it?
 私のことそんなふうに思ってるっていうんじゃないでしょうね?

Phoebe: No, you're all about the fun.
 (指示通り空中で切りながら)いいえ、あなたは楽しいばっかりの人よ。

Chandler: Look, I may not know a lot about babies, but you really think I'm not capable?
 なぁ、確かに俺は子供のことを知らないけど、でも、本当に俺が役に立たないと思うのか?

Ross: No, you both are equally capable. It's just that you're strongest, when you're together.
 違うよ。君ら2人とも同じくらい能力があるよ。ただ、君ら2人一緒の時が最強なんだよ。

Chandler: Okay, so if we both had Emma, and I die . . she'd have to give her up.
 わかったよ。それじゃ、俺たちがエマをもらって、そして俺が死んだら、そしたらモニカは彼女を手放すんだな?

Ross: Sure! Monica would have to give her up.
 そうだよ! モニカはもうあきらめないと。

Joey: I lie better than that, right?
 俺だってもっと上手にウソつくよな?

Chandler: So...so let me get this straight. So my two friends die, I get Emma, then my wife dies, then Emma the one-tiny-ray-of-hope left in my life, gets taken away from me?
 それじゃ、まとめるとこういうことか。友達2人が死んで、エマをもらい、そして妻が死んで、たった一つ俺に残された小さな希望の光が、取り上げられるっていうのか?

Phoebe: There's your movie!
 (拍手)それがあなたの映画ね!

《モニカ達の部屋の前で座るチャンドラー:モニカが来る》

Monica: Hey, there you are. You disappeared after dinner.
 ねぇ、ここにいたのね。食事後にいなくなっちゃって。

Chandler: Oh, did somebody miss me? Is there a child to raise poorly?
 あ、誰か俺がいなくて寂しがった? ヘタに子育てされたい赤ん坊がいる?

Monica: Ross and Rachel don't know what they're talking about! I mean it's not like they're so responsible. Emma as a product of a bottle of Merlot and a five-year-old condom.
 ロスとレイチェルはわかってないのよ! あの2人だってすごく責任感があるってわけじゃないのよ。エマはメルローと5年前のコンドームの産物なんだから。

Chandler: You know, but they're right. I'm not a strong father-figure and I never will be.
 でも2人の言う通りだよ。俺は強い父親タイプじゃないし、そうはなれないよ。

Monica: No....You learn these things. You grow into it.
 そうだけど、学んでいくわよ。これからそうなるわ。

Chandler: Yeah, but it's not who I am. Everything they said is exactly why I was worried about having a kid. And it's true! And, look, everybody knows it.
 ああ、でも俺のガラじゃないよ。彼らが言ってたのは、まさに俺が子供を持つことに関して心配してたことだよ。本当なんだよ。みんなも知ってる。

Monica: I don't know it! I want to have a kid with you because I think you're going to be an amazing dad. At the fun parts and at the hard parts.
 私は知らないわよ。あなたとの子供が欲しいと思うのは、あなたが素晴らしいパパになれると思うからよ。楽しい部分でも、厳しい部分でも。

Chandler: Oh, yeah, well, can you picture me saying, "Go to your room! You're grounded!"
 ああ、そう?「部屋へ行ってろ! 外出禁止だ!」なんて言う俺、想像つくか?

Monica: Can you hear me say, “You're grounded”?
 私が「外出禁止だ」って言うの考えられる?

Chandler: You said that to me last week.
 君先週そう言ったじゃないか。

Monica: How hard is it? “No shoes on the furniture”?
 どんだけ難しいっていうの? 「家具に足をのせるな」ってのが。

《時間経過:ジョーイとフィービーがお皿を並べている》

Joey: Argh. The producer from “Days” left a message on my machine asking why I wasn't at the parade! They say everybody is really pissed off at me and they all got to meet Santa!
 ああ!「日誌」の プロデューサーから、なんでパレードに来なかったんだって留守電入ってたよ。みんな俺に怒ってるって、それに、みんなサンタに会えたんだって!

Phoebe: It's okay. I thought of the perfect lie for you. It's easy to remember and it doesn't invite a lot of questions. You weren't at the parade, because you had a family emergency.
 大丈夫よ。私完璧なウソを考えてあげたわ。覚えるのも簡単だし、よけいな質問もされないわよ。あなたがパレードに行けなかったのは、家族の緊急事態があったからよ。

Joey: Oh, I like that! Yeah! I wasn't at the parade because I had a family emergency.
 ああ、それいいな! うん! 俺がパレードに行けなかったのは、家族の緊急事態があったからだ。

Phoebe: Ooo...What happened?
 ああ、何があったの?

Joey: Er...My sister's raccoon came.....
 あー・・妹のアライグマが来て・・

Phoebe: No! Nothing with the raccoon!!
 ダメ! アライグマなしよ!

(モニカとチャンドラーが来る)
Monica: Wha...wait, what are you doing?
 ちょ・・待って、何をしてるの?

Joey: Setting the table.
 テーブルの準備してるの。

Phoebe: I thought it might be nice to use the fancy china for dessert too.
 デザートでもおしゃれなお皿を使ったらいいと思って。

Monica: Oh..How nice! Maybe later we can all go blow our noses on my wedding dress
 あら、いいわね! じゃあ後で、私のウェディングドレスで鼻かみましょうか。

Ross: Hey, dude, you okay? Sorry about before.
 (チャンドラーに)なぁ、大丈夫? さっきは悪かったよ。

Chandler: No, no, that's okay. You're totally right. I don't know anything about disciplining a child. But you did hurt my feelings. So, I want you to know that if I die, you don't get Joey.
 いやいや、いいんだよ。君らの言う通りだ。子供のしつけなんて何も知らないしな。でも、俺は傷ついた。だから、言っとくけど、俺が死んでもジョーイはやらないからな。

(エイミーがレイチェルの隣に行って喉を鳴らす)

Amy: In case you haven't noticed, I'm not talking to you. . . You know, this is...this is classic Rachel.
 気がついてないなら言うけど、あなたとは口きかないから。こんなの、ほんと、レイチェルらしいわよね。

Rachel: Oh, yeah...yeah, right. Remember in high school, when I died, and didn't give you my baby?
 ああ、そう、そうよね。高校の時私が死んだ時も、私の赤ちゃんあげなかったわよね?

Amy: This might be my one chance to have a child, Rachel. I mean, you know that I have been so busy focusing on my career...
 私が子供を持つただ1回のチャンスなのよ、レイチェル。だって私は仕事にかけたいんだから。

Rachel: What? What career???
 えっ? あなたの仕事って?

Amy: Erm...I'm a decorator?
 インテリア・デザイナー?

Rachel: You decorate dad's office and now you're a decorator? Okay! I went to the Zoo yesterday...now I'm a koala bear!
 パパのオフィスの模様替えをしただけで、もうデザイナー? それじゃ、私も昨日動物園に行ったから、もう私コアラよね。

Amy: Why can't you ever be supportive?
 どうしてあなたはいつも私を応援してくれないのよ?

Rachel: Suppor...You wanna talk supportive? You didn't even come and visit me when I was in the hospital having the baby!
 応援って・・応援について話したい? 私が子供を産むってときに、病院にも来てくれなかったくせに!

Amy: Oh, yeah? Well, you didn't come to see me in the hospital when I was getting my lips done!
 あらそう? あなただって、私がクチビルの整形する時病院に来てくれなかったじゃないの!

Rachel: I did the first time! . . Oh, and you know what? You wanna know why I'm not giving Emily to you?
 初めての時は行ったわよ! ねぇ、どうしてあなたにエミリーを渡さないか知りたい?

Ross: Emma.
 エマだよ。

Rachel: Oh! Whose side are you on! I'm not giving you Emma because there is no way you could handle the responsibility of a child.
 もう! あなたどっちの味方なのよ! あなたにエマを渡さないのは、あなたには子供を育てる責任能力なんてないからよ。

Amy: Well, how hard could it be? You do it.
 そんなの、何が難しいのよ? あなたがやってるじゃないの。

Joey: Ooohoohooo.......
 おおぉぉぉおお!

Amy: Do I know why you don't want me to have the baby? Because you don't want me to be happy! You have always been jealous of me.
 どうして私に渡してくれないか、わかってるわ。あなたは、私に幸せになってほしくないのよ! あなたはいっつも私にヤキモチをやくのよね。

Rachel: Jealous of what? Of your lack of responsibility? Your...Your immaturity? Your total disregard for other people's feelings?
 何にヤキモチやくのよ? 責任感のなさに? 子供っぽさに? 人の気持ちを思いやらないことに?

Amy: Er...To name a few! . . You know, you're just, you've always been like this. You just...you had to have everything and I couldn't have anything. Like in junior high, when you stole Timmy from me...I mean do you even realize how much that hurt me?
 それだけ? あなたって、いつもこうなのよ。あなたはいつも、私が持てないものを持ってるのよ。中学の時なんか、私からトミーを盗ったわよね。あれで私がどんなに傷ついたかわかってるの?

Rachel: Timmy was my boyfriend! And you made out with him!!
 トミーは私のボーイフレンドだったのよ! あなたが彼とキスしたんでしょ!

Amy: Oh, come on, that was twenty years ago, get over it.
 ああ、なによ。20年も前の話しよ。忘れなさいよ。

Rachel: Oh! I cannot believe…I cannot believe that i invited you here today!
 ああ、もう信じられない・・今日ここに呼んだことが信じられないわ。

Amy: Yeah, you know what I cannot believe? That my so-called sister, gets a thirty percent discount from Ralph Lauren and I still have to pay retail?
 何が信じられないかって、姉と言われる人が、ラルフローレンで30%のディスカウントを受けてるのに、私には使わせてくれないのよ!

Rachel: Hahah......Ahhahah...It's forty-five!
 ハハハ! アハハハ! 45%よ!

Amy: You bitch. You just think you're so perfect. With your new baby, and your...your small apartment.
 このクソ女! 自分で完璧だと思ってるのね。子供を産んで、そしてあの小さなアパートで。

(ロスが怒ってナプキンを投げる)

Amy: Well, let me tell you something. Your baby? Isn't even that cute.
 言ってあげましょうか。あなたの赤ん坊? そんなに可愛くないわよ。

Ross: Too far, Amy. Too far.
 言い過ぎだぞ、エイミー。言い過ぎだ。

Rachel: You take that back.
 取り消しなさい。

Amy: No!
 イヤよ!

Rachel: Take it back!
 取り消して!

Amy: NO! What are you going to do? Make me?
 いやよ! どうする気? 無理矢理言わせる?

Rachel: Hey, man! I work out!
 ちょっと! 私鍛えてるのよ!

Amy: So do I!
 私もよ!

Rachel: I do karates.
 カラテやってるのよ。

Amy: I do Yoga.
 私はヨガよ。

Rachel: Bring it on!
 かかってきなさいよ。(エイミーがレイチェルを突く)

Monica: Put the plates back in the boxes! Put the plates back in the boxes!
 お皿を箱に戻して! お皿を箱にしまって!

Rachel: Did you just push me?
 あなた私を押したわね?

Amy: Uh, yeah! I think I did.
 ええ、そうよ。そうしたけど。

Rachel: Alright, that's it!
 もういい、わかったわよ。(押し返す)

Monica: Forget the bubble wrap! There isn't time!
 (皿を片付けながら)プチプチはいいわよ! 時間がない!

Rachel: Crazy, crazy, crazy, crazy!
 (叩き合いながら)クレイジー、クレイジー、クレイジー、クレイジー!

Phoebe: Oh, my god! Shouldn't we stop this?
 ああ、どうしよう! 止めるべきじゃない?

Joey: Are you out of your mind? Let's throw some Jell-O on them!
 頭おかしくない? ゼリーを投げてやろうよ。

(エイミーがレイチェルの手にツバを吐く)
Rachel: Ew! Ew! Gross, gross!
 やだ!やだ! 気持ち悪い!気持ち悪い!

(レイチェルがそこで皿を割ってしまう。気を失いそうになるモニカ)

Chandler: Alright! That is it! This is our apartment and you cannot behave this way. Now if you can't act your age, then you shouldn't be here at all. Now, those plates may not be as nice as the pretty pink ones I picked out. But they're very important to Monica. And I want you to apologize to her right now.
 よし!もういい! ここは俺たちの部屋だ、こんなのは許さないぞ。年相応に行動できないなら、出てってもらうぞ。この皿は俺が選んだ可愛いピンクの皿ほどじゃないかもしれないが、でもモニカにとっては大事なものだ。彼女に謝ってくれ。今すぐにだ。

Amy: I'm sorry.
 ごめんなさい。

Rachel: Mon, I’m so sorry.
 モン、本当にごめんなさい。

Chandler: Okay. That's better. Now I want you to apologize to each other, and mean it.
 よし。それでいい。今度はお互いに謝るんだ。ちゃんとだぞ。

Amy & Rachel: Sorry.
 ごめん。

Chandler: By the way, that fight was totally arousing.
 (囁く)ところで、あのケンカは本当にウズウズものだったよ。

Ross: Dude, well done! You know what? If I die, and Rachel dies, and Monica dies, you can totally take care of Emma.
 おい、よく言ったな! なぁ、もし僕が死んで、レイチェルも死んで、そしてモニカも死んだら、君がエマを引き取ってくれ。

Chandler: Oh, yeah? Well, thanks!
 ほんと? ありがとう。

Ross: So, so, now do I get Joey?
 それじゃ・・僕ジョーイをもらえる?

Chandler: Okay…but you should know, he eats five times a day and shoves pennies up his nose.
 いいよ。でも、言っておくけど、彼は日に5回食べるし、ペニーを鼻につめたりするぞ。

(お皿を見るモニカ)

Rachel: Are you okay, Mon?
 大丈夫、モン?

Monica: Uh huh. These things happen. I mean it's just a plate, it's not like somebody died.
 ええ。よくあることよ。ただのお皿だもの。人が死んだわけじゃないわ。

Phoebe: It's alright...you can mourn.
 いいのよ。嘆いても。

Monica: Thank you! It was so beautiful! . . . I'm going to go to Joey's and get pies.
 ありがとう! あれは本当に美しかったわ!・・・私ジョーイのところへ行ってパイをとってくる。

Joey: Actually, not pies, it's just pie.
 実は、もう一個しか残ってないけどな。

Monica: I don't care. Oh, my God, I've lost the will to scold.
 構わない。ああ、私、怒る気力もないわ。(出て行く)

Rachel: Look, Amy. I got a little out-of-control over there. Erm...and I'm sorry. You're my sister and erm...if it really means that much to you...
 ねぇ、エイミー、ちょっとやり過ぎたわ。ごめんなさい。あなたは私の妹だし、これがあなたにそんなに大事なことなら・・
 
Amy: So you're going to give me the baby?
 それじゃ赤ちゃんをくれるの?

Rachel: No, I was going to let you use my Ralph Lauren discount.
 いいえ。ラルフローレンのディスカウントを使わせてあげるわ。

Amy: You are not gonna regret this!
 (泣きながらハグ)後悔させないわ!

Rachel: She needs changing...
 (エマの泣き声がするので)オムツ替えてあげなきゃ。

Chandler: Oh, no no! I'll get her. I'm super-confident, totally responsible and fourth in line to raise Emma. I'll be right there, Emma! Just let me get my trusty diaper bag here.
 ああ、いやいや! 俺がやるよ。俺は自信がある、責任感もあるし、エマを育てる4番目の権利を持ってるんだからな。俺がすぐ行くよ、エマ! このオムツカバンを持っていくからな。

(バッグを持つと、椅子にひっかけ、椅子の上にあった皿のダンボールが落ち、割れる)

Chandler: Well, what do you know? I guess, I'll be the one who dies first.
 うん・・知らなかったよな? 俺が一番に死ぬな。

《時間経過:割れた皿の箱をテープで止めるチャンドラー》

Phoebe: Hey. Does Monica know about her broken plates yet?
 ねぇ、モニカはお皿が割れたこと知ってるの?

Chandler: Nope.
 いいや。

Phoebe: Broke them all, huh?
 全部割れちゃったのね?

Chandler: Yup.
 うん。

Phoebe: You gonna tell her?
 彼女に言う気?

Chandler: Nope.
 いいや。

(モニカが来る)

Chandler: Hey! So, I'm gonna put the plates back. You know, I think you're right...I don't think we should use these plates again for a long time.
 やぁ! それじゃ俺、この皿を片付けるからね。君の言う通りだと思うよ。これはずっと使わずに取っておいた方がいいよ。

Monica: Like only if the Queen comes?
 もし女王が来たらみたいな?

Chandler: Maybe not even then!
 それでもまだ使わなくてもいい!

(ジョーイが入ってくる)

Joey: Hey! I did it! I called my producer, I told him I had a family emergency, he totally bought it. Thanks for teaching me how to lie, Pheebs.
 おお、やったぞ。プロデューサーに電話して、家族の緊急事態だって言ったら、完全に信じてたよ。ウソのつき方教えてくれてありがとう、フィーブス。

Phoebe: No problem. Next week, stealing.
 いいのよ。来週は、盗み方よ。

(チャンドラーがお皿の箱を運ぶ)

Monica: Bye, plates!
 バーイ、お皿達!

Joey: Oh, you told her you broke all the plates, huh?
 ああ、それじゃおまえ、皿全部割ったこと言ったんだな?

Monica: What?! Something happened with the plates?
 なんですって? お皿に何かあったの?

Joey: Er... Yeah, this raccoon came in and...
 あー・・(うつむいて)うん、アライグマが入ってきて・・



にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ

posted by らんち at 00:11| Comment(0) | Season 9 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月29日

9-7 The One With Ross's Inappropriate Song

9-7 ロスの不適切な歌の話

 ☆フィービーの “ミート・ザ・ペアレンツ”☆

《ロスの部屋:エマの世話をするロス》

Ross: And that's why, no matter what mommy says, we really were on a break. Yes, we were! Yes, we were! . . Come here, gorgeous. . . Oh! Look at you! You are the cutest little baby ever! You're just a little bitty baby, you know that? But you've got, you've got big beautiful eyes. Yes, you do. And and a big, round belly. Big baby butt! I like big butts.
 だからね、ママが何と言おうと、あれは別れた後だったんだからね。そうなんだよ! そうなんだよ!おいで可愛い子。(膝に抱く)ああ、見て! 世界一可愛い赤ちゃんだね! 君は本当にちっちゃな赤ちゃんだ。でも君は大きな美しい目をしてるよね。ああ、ほんと。それから大きな丸いおなかだね。赤ちゃんの大きなお尻! 大きなお尻大好きだよ!

(Baby Got Back を歌い出す)

Ross: I like big butts and I cannot lie / you other brothers can't deny / when a girl walks in with an itty, bitty, waist / and a round thing in your face you get. . . . Oh, my God, Emma... you're laughing! Oh, my God, you've never done that before, have you? You never done that before. Daddy made you laugh, huh? Well, daddy and Sir Mix-A-Lot. What? What? You... you wanna hear some more? Uhm... My anaconda don't want none / unless you’ve got buns, hun…/ . . . I’m a terrible father!
 大きなお尻が好き、ウソはつけないヨ/みんな否定できないよね/細っこいウェストの女の子が歩いてきて/まぁるい物が目の前にあったら・・(エマが笑う)オーマイゴッド! エマが笑った! 驚いたな! 笑ったなんて初めだぞ? 初めて笑ったね。パパが君を笑わせたんだね。パパとサー・ミスター&ア・ロットだね。なに? なに? もっと聞きたい? (歌う)俺のアナコンダ、お尻があれば何もいらない・・(エマが笑う)僕ひどい父親だな!



《セントラルパーク:モニカとチャンドラーが来る》

Chandler: Hi!
 ハーイ!

Joey: Hey... hey listen... What do you guys know about investments?
 やぁ、なぁ、聞いてよ。君ら、投資について何か知ってる?

Chandler: How come?
 なんで?

Joey: Well, I'm starting to make good money on the show and I'm thinking I should probably do something with it.
 ドラマでいい収入を得るようになったからさ、それで何かしようかなと思って。

Monica: What do you do with your money now?
 今はそのお金どうしてるの?

Joey: Well, I just tape it to the back of my toilet tank. . . I didn't say that! It's in a bank guarded by robots!
 トイレタンクの裏にテープで貼り付けてるんだよ。(店内の人に聞かれたことに気づき)そんなことないぞ! ロボットに守られた銀行に預けてある!

Chandler: Do you have any ideas?
 何か考えがあるのか?

Joey: Uh, yeah... This guy at work got me excited about going in on an emu farm. That'd be kinda cool, huh? Pitching in on the weekends, helping to plant the emus.
 ああ、一緒に仕事してるやつが、エミュー牧場に投資するって騒いでたんだよ。それ、いいんじゃないかな? 週末行って、エミューを植えるのを手伝ったりさ。

Monica: Joe, emus are birds. You raise them for meat.
 ジョー、エミューって鳥よ。育てて肉を食べるの。

Joey: Yeah! Right! People eat birds. Bird meat. Now do they just fly into your mouth? Or you go to... you go to a restaurant and you say: "Excuse me, I'll have a bucket of fried bird." . . . Or... or maybe just a wing. Or a…
 (笑う)ああ、そうかよ。人が鳥を食べるってのか。鳥の肉だなんて。鳥が口に飛び込んでくるのか? それとも、レストランに行って、「すみません、鳥のフライを一皿ください」っていうのか。(笑う)それとも、翼か。・・手羽か・・・(気づく)

Monica: Joey, I think you should consider something a little less risky. I mean, I think in this market, real estate is your best investment.The Fed just lowered the rates, and the interest on your mortgage is totally deductible. . That's right. I know some stuff!
 ジョーイ、もっとリスクの少ないものを考えるべきよ。投資するなら、不動産が一番よ。政府がレートを下げたし、担保の利子も控除できるのよ。(チャンドラーに)そうよ、私だって知ってるんだから。

Joey: Real estate, huh? Hmmm...
 不動産ねぇ。。

Monica: Oh, and you know who's selling a great apartment? Richard!
 あ、今素敵な部屋が売りに出されているのよ。リチャードの部屋よ。

Chandler: Oh, and you know whose knowledge of her ex-boyfriend is shocking? Monica!
 おや、元彼のことを知ってるなんてショック、誰のことかわかる? モニカ!

Monica: My dad told me. They play golf together.
 とうさんから聞いたのよ。一緒にゴルフするから。

Chandler: Oh, well... Maybe I'll join them some time. I just hope the club doesn't slip out of my hand and beat the mustache off his face.
 ああ、そう。そのうち俺も一緒に行こうかな。手が滑って、クラブで彼のヒゲを剃り落とさないといいけど。

《モニカ達の部屋:フィービーが来る》

Phoebe: Hi!
 ハーイ!

Rachel and Monica: Hey!
 ハイ!

Phoebe: Listen! You have to help me pick a dress 'cause I'm meeting Mike's parents tonight!
 ねぇ! ドレス選ぶの手伝って。今夜、マイクの両親に会うのよ!

Monica: Wow, the boyfriend's parents! That's a big step.
 ワオ。ボーイフレンドの両親に会うなんて! 大前進ね。

Phoebe: Really? That hadn't occurred to me.
 そう? それは気づかなかったわ。

Monica: They just gonna love you, just be yourself.
 きっと気に入られるわよ。ありのままのあなたでいいのよ。

Phoebe: They live on the Upper East Side on Park Avenue!
 パーク・アヴェニューのアッパー・イースト・サイドに住んでるのよ!

Rachel: Oh, yeah, she can't be herself.
 あら大変。ありのままじゃまずいわ。

Phoebe: Okay, so, all right, which dress?. . . You can say "neither".
 それで、どっちのドレスがいい?(2着見せるが2人とも無言)「どっちもダメ」って言ってもいいのよ。

Rachel and Monica: Oh, God, neither!
 ああ! どっちもダメよ!

Monica: I'm sorry, honey, but we're gonna take you shopping. It's gonna be fine.
 ごめんね、でも、一緒にショッピングに行きましょ。大丈夫よ。

Rachel: Yeah, totally! You are in such good hands. And I'm so good with meeting parents. With the father, you know, you want to flirt a little bit, but not in a gross way. Just kind of like: "Oh, Mr. Pinzer, I can see where Wallace gets his good looks..."
 ええ、そうよ! 私達がついてるわ。両親に気に入られるの得意なのよ。父親に対してはね、ちょっと媚びるの、でもいやらしくなくね。こんな感じ。「まぁ、ミスター・ピンツァー、ウォレスがハンサムなわけがわかったわ」

Monica: You went out with Wallace Pinzer?
 あなたウォレス・ピンツァーとつきあってたの?

Rachel: Uh, he took the SAT's for me.
 彼、私の代わりにSAT受けてくれたのよ。

Monica: I knew you didn't get a 1400!
 やっぱり、あなたが1400点取るわけないわよね!

Rachel: Yeah, well, duh! I mean...
 あたり前じゃん! もう。

Phoebe: So, now, what about with Mike's mom?
 それじゃ、マイクのお母さんに対しては?

Rachel: Oh, with the mother, just... just constantly tell her how amazing her son is. Take it from me, moms love me. Ross's mom one time actually said I am like the daughter that she never had.
 ああ、おかあさんとはね、とにかく彼の息子が素晴らしいって言い続ければいいのよ。私を信じなさい、おかあさんには気に入られるんだから。ロスのおかさんなんて、一度、こんな娘が欲しかったって言ったのよ。

Monica: She said what?
 何て言ったですって?!

Phoebe: That's she's like the daughter she never had. . . Listen!
 こんな娘が欲しかった、よ。ちゃんと聞いてね!

《ロスの部屋:レイチェルが来る》

Rachel: Hi.
 ハーイ。

Ross: Hi.
 やぁ。

Rachel: I just finished getting Phoebe all dressed to meet Mike's parents. She's so nervous, it's so sweet!
 フィービーがマイクの両親に会うっていうから、そのための服を選んであげてたのよ。彼女ったらすごく不安がっちゃって、かわいかったわ。

Ross: Guess what? I made Emma laugh today.
 ねぇ、今日、エマを笑わせたんだよ。

Rachel: You what? And I missed it? Because I was giving a makeover to that stupid hippie?
 何ですって? 私それを見逃しちゃったの? あのバカなヒッピーの衣装選びをしてる間に?

Ross: Yeah, and it was... it was like a real little person laugh too. It was, it was like. . . Only... only not creepy.
 ああ。もうそれは、本当の小さな人が笑ってるって感じだったよ。こういう感じ・・(笑い声を真似る・・)ただこんなに気味悪くなくね。

Rachel: Well, what did you do to make her laugh?
 どうやって笑わせたの?

Ross: I um... Well, I sang. Well, actually I rapped... “Baby Got Back”.
 僕は・・歌ったんだよ。ホント言うとラップをね・・「ベイビー・ゴット・バック」を。

Rachel: You what? You sang to our baby daughter a song about a guy who likes to have sex with women with giant asses?
 何ですって? あなた私達の赤ちゃんに、巨大なお尻の女とセックスしたいって歌ってる男の歌を聞かせたの?

Ross: But you know what, if you think about it, it actually promotes a healthy body image. Because even big butts or uh, “juicy doubles” are..
 でもね、考えてみて、健康的な体のイメージを植え付けるだろ。でかいお尻とか、「瑞々しいおっぱい」とかでも・・

Rachel: Owwwww...
 あぁあ!

Ross: Please don't take her away from me!
 お願いだから僕からエマを奪わないで!

《リチャードの部屋を訪ねるジョーイとチャンドラー》

Catherine: Oh, hi, come on in. I'm Catherine, the listing agent.
 ああ、どうも。お入りください。私は不動産業のキャサリンです。

Joey: Hi, I'm Joey. This is Chandler.
 やぁ、僕はジョーイ。こちらはチャンドラー。

Chandler: So how come Richard's selling the place? Went bankrupt? Medical malpractice? Choked on his own mustache?
 それで、どうしてリチャードはここを売るの? 破産した? 医療過誤? 自分のヒゲで窒息した?

Catherine: Actually, he is buying a much bigger place. It's got a great view of Central Park…
 実は彼、もっと大きな部屋をお買いになったんですよ。セントラルパークを眺められる素敵な・・

Chandler: That's enough out of you!
 もういいよ。

Joey: Is there anything we should know about the apartment?
 この部屋について何か知っておくことってある?

Catherine: All the appliances are included. There is a lot of light, a new kitchen. I think you guys would be very happy here.
 家具はすべてコミでございます。とても明るくて、キッチンは改装済みですし、お2人でとても楽しく暮らしていただけると思いますよ。

Chandler: No, no, no, no, no, NO! No, no... we're not together. We're not a couple. We're definitely not a couple.
 いやいやいやいや、違うよ! 違う、僕らが一緒に住むんじゃないよ。僕らカップルじゃないから。絶対違うから。

Catherine: Oh... Okay, sorry!
 あら、そうでしたか、失礼しました。

Joey: Well, you seem pretty insulted by that. What? I'm not good enough for you?
 なぁ、すごくいやそうだったな。なんだ? 俺じゃダメだっていうのか?

Chandler: We're not gonna have this conversation again. Look at this place. Why am I so intimidated by this guy? Pretentious art, this huge, macho couch. When we know all he does is sit around all day crying about losing Monica to a real man! . .You don't think he's here, do you?
 この話はもうしないって言ってるだろ。この部屋を見ろよ。なんであんな男に恐れをなしてたんだろうな? これ見よがしなアートとか、このでっかい男くさいカウチとか。俺が知ってるあいつは、ここに座って、本物の男にモニカを奪われて泣いてたやつなのに! ・・今ここにいないだろうな?

Joey: You know what it is? It's a nice place but I gotta say, I don't know if I see myself living here. Oh, oh, oh, let me see. . . Yeah, I could see it.
 なぁ、ここはいい部屋だけど、こんなとこに住んでる俺想像つくかなぁ。そうだ、ちょっとほら・・(カウチに座ってみる)・・ああ、アリだな。

Chandler: Look at these videos. You know, I mean, who does he think he is? Magnum Force, Dirty Harry, Cool Hand Luke... Oh, my God!
 このビデオを見ろよ。ほら、何様のつもりなんだよ? ダーティ・ハリー1と2だろ、暴力脱獄・・なんだこれは!

Joey: What?
 なに?

Chandler: There's a tape here with Monica's name on it.
 モニカって書いたテープがある。

Joey: Ooh! A tape with a girls name on it. It's probably a sex tape... Wait a minute. This says “Monica.” . . And this is Richard's apartment.
 ああっ! 彼女の名前が書いてあるテープ・・それは多分セックステープだぞ。・・ちょっと待てよ。これは「モニカ」って書いてある・・そしてここはリチャードの部屋・・。

Chandler: Get there faster!
 早くたどりついてくれよ!!

《マイクの両親宅を訪問するフィービーを迎えるマイク》

Mike: Wow! You look … like my mom.
 ワオ・・君・・僕の母さんみたい。

Phoebe: I'm wearing pantyhose!
 ストッキング履いてるの!

Mike: Great! Come on in!
 すごいね! 入って。(執事が迎えてフィービーのコートを受け取る)

Phoebe: Thank you! Oh... Oh, my God, you're rich!
 ありがとう。まぁ驚いた。あなたってリッチなのね。

Mike: No, my parents are rich.
 いや、僕の両親がリッチなんだよ。

Phoebe: Yeah, so? They gotta die someday. . Hello!
 それが? そのうち死んじゃうのよ。・・(両親が来る)こんにちは!

Mike: Mom, dad, this is Phoebe. Phoebe, these are my parents: Theodore and Bitsy.
 かあさん、とうさん、こちらフィービー。フィービー、こちら僕の両親だ。セオドアとビッツィ。

Phoebe: Theodore... Bitsy... What a delight!
 (気取ったしゃべり方)セオドア、ビッツィ、ごきげんよう。

Bitsy: It's so nice to finally meet you!
 ようやく会えて嬉しいわ。

Phoebe: And you. Your home is lovely.
 こちらこそ。素敵なお宅でございますこと。

Bitsy: Well, thank you, I'll give you a tour later. It's actually three floors.
 まぁ、ありがとう。後ほどご案内しますね。3階建てなんですのよ。

Phoebe: Holy crap!
 そりゃすげー。

Bitsy: Phoebe, why don't you come in the living room and meet our friends?
 フィービー、リビングにいらして、私どもの友人にお会いくださいな。

Phoebe: Oh, try and stop me!
 ああ、でもいいとこでとめてね。

Mike: Hey... Wh... What are you doing?
 (フィービーを呼び止め)ねぇ、何をしてるの?

Phoebe: I'm trying to get your parents to like me.
 あなたのご両親に気に入られようと思って。

Mike: Yeah, I'm sure they will, but you don't have to do this. I want them to get to know Phoebe, not “Phoebe.”
 いや、気に入られるって、そんなことしなくて大丈夫だよ。僕は2人にフィービーを知ってもらいたいんだ。そんな気取ったフィービーじゃなくて。

Phoebe: You’ve got it!
 わかった。

Mike: All right.
 いいね。

Phoebe: It's hard to stop.
 でも直らないわ。

Mike: Well, come on.
 おいで。

Theodore: Phoebe, these are our friends, Tom and Sue Engel.
 フィービー、こちら友人の、トムとスー・エンゲルだよ。

Bitsy: Phoebe, come sit. Tell us a little bit about yourself. So where are you from?
 フィービー、ここに掛けて。あなたのことを聞かせてくださる。出身はどちら?

Phoebe: Uhm... Okay, well, all right. Originally, I'm from upstate, but then my mom killed herself and my stepdad went to prison. So I just moved to the city, where I actually lived in a burned out Buick LeSabre for a while. Which was okay, that was okay. Until I got hepatitis, you know, 'cause this pimp spit in my mouth and. . . But I... I got over it. And, anyway, now I'm a freelance massage therapist, which, you know, isn't always steady money, but at least I don't pay taxes. . . . So where does everyone summer?
 そうね、ええ。もともとは北部で生まれたんだけど、ママが自殺したし義父が刑務所に逆戻りしちゃって、それで私は街に出てきたの。そして、焼けちゃったビュイック・ルセーバーにしばらく住んでたのね、それはそれでよかったんだけど、ぽん引きからキス感染で肝炎になっちゃったのね。それは治ったんだけどね・・とにかく、今はフリーのマッサージ・セラピストで、収入は安定しないけど、おかげで税金は払わずにすんでるわ。(みんなが引いたのを感じてまた気取った口調になる)それでみなさまこの夏はどちらに?

《マイクの両親の家:時間経過》

Phoebe: God! God! This is not going well.
 ああ、どうしよう! 全然だめにしちゃったわ。

Mike: No, no, no, you're doing fine, really. Why don't you go talk to my dad?
 いやいや、大丈夫だよ、本当。言ってとうさんと話してきたら?

Phoebe: Okay, okay, okay, okay... Still sure about me being myself?
 そうね、わかった、わかったわ・・本当に私ありのままでいいの?

Mike: Absolutely! Or maybe just a little less “pimp spit.”
 もちろんだよ! でも、「キス感染」的なのはナシで。

Phoebe: So Theodore... I uh... I can see where Mike gets his good looks from.
 (父に近づき)セオドア・・お会いして、マイクがどうしてハンサムなのかわかったわ。

Theodore: Oh, Well.
 ああ、まぁ・・。

Phoebe: Yeah. And that physique! You must work out all the time.
 ええ、立派なお体ね! いつも鍛えてらっしゃるんでしょうね。

Theodore: Oh, no, not all the time. I do the best I can.
 ああ、いつもっていうわけじゃないが。できる限りね。

Phoebe: Yeah, I bet! Look out!
 そうなんでしょうね! 気をつけて!(腹部をパンチする)

Theodore: OH! OWWWWW!
 ああっ! うううぅぅ!!(痛みで声を上げる)

Phoebe: Oh, my God, are you okay?
 まぁ、大変! 大丈夫?

Theodore: I recently had surgery.
 最近手術をしたばかりなんだ。

Phoebe: I'm so sorry!
 本当にごめんなさい!

Theodore: No, I'll be fine. I just should check the stitches.
 いや、大丈夫だよ。でも縫った後を見てこないと。

Phoebe: I really, really am sorry.
 本当に、本当にごめんなさい。

Theodore: How could you know? Why wouldn't you punch me in the stomach?
 知るわけないよね? 誰だっておなかパンチするさ。(立ち去る。マイクが来る)

Mike: Um... Did you just hit my dad?
 いま、きみ、とうさんを殴った?

Phoebe: Yes. I'm sorry, I've never met a boyfriends parents before.
 ええ。ごめんなさい。私、ボーイフレンドの両親に会ったことがないの。

Mike: But, I mean, you have met humans before, right? Look, why don't you go talk to my mom?
 でも、人間に会ったことはあるだろう? じゃ、かあさんと話してきたら。

Phoebe: Yeah, okay, yeah, your mom, okay. She looks nice, I can talk to her.
 ええ、そうね。そう、あなたのおかあさんね、わかったわ。優しそうだし。話せるわよね。

Mike: Yeah, you do that, and I go check my dad for signs of internal bleeding.
 ああ、そうしたらいいよ。僕は、とうさんが内出血してないか見てくるから(立ち去る)

Phoebe: Yeah. Oh, Bitsy, hi. Um... listen I just wanted to thank you again for having me here tonight.
 ええ・・あぁ、ビッツィ、どうも・本当に今日はお招きいただいて、ありがとうございます。

Bitsy: Well, not at all.
 あら、いいのよ。

Phoebe: Also, I just want you to know what a wonderful man your son is.
 それから、息子さんって、本当に素晴らしい男性だと思います。

Bitsy: Thank you, I think so too.
 ありがとう、私もそう思うわ。

Phoebe: Well, and you know, it really is a testament to how he was raised. Especially to you. Because he's very respectful of women.
 それに、彼がどんなふうに育てられたか、わかります。特にあなたのおかげですよね、彼は女性にきちんと敬意を払いますから。

Bitsy: Is he, really?
 本当に?

Phoebe: Are you kidding. He is so considerate of my feelings and, you know, I think... You'd also like to know that he is a very gentle lover.
 もちろんです。彼は本当に私の気持ちをよく考えてくれて、それに、彼は、恋人として本当に優しく扱ってくれます。

Bitsy: Excuse me?
 どういうこと?

Phoebe: Oh, no, no, no, no, no, no. Don't get me wrong. No, he's not in like a sissy way. No, no, no... when he gets going, he can rattle a headboard like a sailor on leave.
 あ、いえいえいえ、そういうことじゃないの。いえ、彼が女々しいとか言ってるんじゃないのよ。そうじゃないの。彼、やる時はやるのよ。久しぶりに陸に上がった海の男みたいにベッドを揺らすのよ。

Bitsy: That's... my boy.
 それは・・・さすが我が息子・・・。(立ち去る)

Mike: Awesome!
 (後ろで聞いていた)最高だね!

《モニカ達の部屋:チャンドラーがビデオを持って悩んでいる》

Chandler: I'm not gonna watch it. I don't need to watch it. I mean, what good could possibly come from watching? Well, we know, I'm gonna watch it.
 こんなの見ないぞ。見ることない。こんなの見ても、いいことなんかない。だけど、見るに決まってるよな。(ジョーイが来る)

Joey: Hey, dude, what's up?
 やぁ、何してるんだ?

Chandler: Don't judge me, I'm only human!
 批判するな。俺だってただの人間だ!

Joey: Did you take that tape?
 おまえあのテープ持って来たのか?!

Chandler: I had to! Okay, imagine you were married... and you found a tape of your wife in another guys' apartment... Wouldn't you need to know what was on it?
 そうしかないだろ! な、おまえが結婚していたとして、おまえの妻のビデオがほかの男の部屋にあったと思ってみろ。何が写ってるのか知りたくないか?

Joey: I don't know. Whom I'm married to?
 どうかなぁ。俺誰と結婚してるの?

Chandler: Some girl.
 誰か女の子だよ。

Joey: She hot?
 ホットな子?

Chandler: Yeah.
 ああ。

Joey: How did she get me to settle down?
 彼女どうやって俺との結婚まで持ち込んだんだ?

Chandler: All right, I'm gonna watch it. I mean, look, it's probably not even what I think it is. And even if it is, it can't possibly be as bad as what I'm picturing in my head. . Can it?
 いいか、俺はこれを見るぞ。俺が思ってるようなものじゃないかもしれないんだ。もしそうだったとしても、俺が今想像してるほどひどくないかもしれないだろ。・・・違う?

Joey: I don't know. In experience, if a girl says yes to being taped, she doesn't say no to much else, I tell ya...
 どうかなぁ。俺の経験じゃ、女の子がビデオに録ることを了解したら、あとはもうたいていのことオーケーするぞ。

Chandler: Then you're gonna have to watch it for me.
 それじゃ、おまえが俺の代わりに見てくれ。

Joey: What? Whoo... What?
 なに? おいおい、何だって?

Chandler: Just for a few seconds, so I can know what it is. Please?
 数秒でいいんだよ。それだけで、何かわかるだろ。頼むよ。

Joey: All right, fine. But if I enjoy this, you have only yourself to blame.
 わかったよ。でも、もし俺がこれを楽しんじゃっても責める権利はないんだからな。(チャンドラーがテレビに背を向けた状態で、ビデオスタート。歓声が聞こえる)

Chandler: Why am I hearing cheering?
 なんで歓声が聞こえるんだ?

Joey: Well, it's okay, its like... it’s just a football game.
 大丈夫だよ、これは・・ただのフットボールの試合だ。

Chandler: Football? Just football?
 フットボール? ただのフットボール?

Joey: Yeah, see... you were all worried for nothing.
 ああ。ほらな、おまえは無駄に心配してたんだよ。

Chandler: It's football. It's just football! This is great! This is the first time I've ever enjoyed football! It may be customary to get a beer! . . What the . . . What are you doing?
 フットボールだ。ただのフットボール! よかった! 生まれて初めてフットボールを楽しんだよ! これは、ビールを飲むとこだよな! (ビデオが急にうめき声に変わる)何だこれ・・・(ジョーイがジャンプしてチャンドラーに飛びかかり、床に組み伏せる)何をしてるんだ?

Joey: You don't wanna see what I just saw!
 おまえはこれを見ちゃダメだ!

(モニカが帰ってくる)
Monica: What are you guys doing? . . Oh, my God, is that Richard?
 あなた達、何してるの? なに、あれ、リチャード?! (次の瞬間、ジョーイがモニカを引っ張って床に組み伏せ、2人に見せないよう必死)

《ロス達の部屋:レイチェルがエマをあやしている》

Rachel: Okay, aahhh. Please laugh for mommy... Please? Please laugh for mommy. . Not funny, huh? Oh, so, is it... only offensive novelty rap? Or maybe just, you know, rap in general? 'Cause mommy can rap. . . My name is mommy and I'm here to say that all the babies are... Oh, I can't rap... All right, sweetheart. This is only because I love you so much. And I know that you're not gonna tell anybody.
 ああ、お願いだから、ママに笑って見せて、お願い。ママに笑って見せてちょうだい。(おもしろい顔をしたりして)おもしろくないのね? それじゃ、あの女性に対して失敬なラップでなきゃダメなの? それとも、ラップだったらいいの? ママだってラップならできるわよ。・・私はママよ、そして私は言うの、赤ちゃんはみんな・・・ああ、ラップは無理ね。わかったわよ。あなたをすっごく愛してるからこうするのよ。誰にも言わないわよね?

(恐る恐るラップを始めるレイチェル)

Rachel: I like... big butts and I cannot lie... / You other brothers can't deny... / when a girl walks in with an itty bitty waist and a round thing in your face. . . . Yes! Yes! Yes! YES! Oohhhhh! Oh! . . . I like big butts and I cannot lie / You other brothers can't deny... Oh, Emma, you're laughing! Oh, you are, you really do like big butts, don't you. Oh, you beautiful little weirdo.
 大きなお尻が好き、ウソはつけないヨ・・みんな否定できないよね・・細っこいウェストの女の子が歩いてきて/まぁるい物が目の前にあったら♪・・(エマが笑う)そうよ、やったわ、やった! ああぁ!!ああ! (歌う)大きなお尻が好き、ウソはつけないヨ、みんな否定できないよね♪・・ああ、エマが笑ってるわ! ああ、あなたったら、本当に大きなお尻が好きなのね。ああ、あなたったら、かわいくて変な子!

(ロスが来る)
Ross: Hey!
 やぁ!

Rachel: Oh, you missed it. She was laughing. Oh, it was amazing. It was amazing. It was the most beautiful, beautiful sound.
 ああ、あなた見逃しちゃったわ。この子笑ってたのよ。ああ、素晴らしかったわ。本当に素敵。本当に美しい美しい声だった・・。

Ross: Oh, I know, isn't it? Ooh... what'd you do to get her to laugh?
 ああ、そうだよね? ああ・・何をして笑わせたの?

Rachel: Oh! You know, I just... a couple of things I tried. Different. . I just sang a little “The Itsy-Bitsy Spider.”
 ああ、私はただ・・ちょっと試してみたのよ。違うことを・・「ちっちゃなクモ」を歌ったのよ。



Ross: You sang “Baby Got Back,” didn't you?
 君、「ベイビー・ゴット・バック」を歌ったんだね?

Rachel: Nothing else worked. That girl is all about the ass!
 それしか効かなかったのよ。この子ったら、お尻好きなのよ!

《マイクの両親の家:ディナー》

Phoebe: And then it goes back to the chorus. Smelly cat, Smelly cat / It's not your fault… Resolve. And that's the end of the song. I realize that you hadn't ask to hear it, but um, no-one had spoken in seventeen minutes.
 それから、コーラスに戻るの。スメリーキャット、スメリーキャット、あなたのせいじゃないのよ・・♪ そして歌が終っていくのよ。聞きたいとは言われてないのはわかってるけど、でも、この17分間だれも話さないから・・。

Mike: Phoebe writes lots of great songs. What was that one you sang the other night that everybody just loved?
 フィービーはすごい歌をいっぱい作ってるんだ。この前歌って、みんなに気に入られてたあの歌なんだっけ?

Phoebe: Oh, “Pervert Parade”?
 ああ、「変態パレード」?

Mike: No...
 いや・・。

Phoebe: Oh, “Ode To A Pubic Hair”?
 ああ、「陰毛に捧げる歌」?

Mike: Stop!
 ストップ!(料理が出される)

Phoebe: Oh, God! Is that veal?
 ああ、これって、仔牛肉?

Mike: Mom, I thought I told you, Phoebe's a vegetarian.
 かあさん、言ったじゃないか、フィービーはベジタリアンなんだよ。

Bitsy: Oh!
 あら!

Phoebe: Oh, no, no, no, no... That's okay, that's okay... I mean, I'm... I am a vegetarian... except for veal. Yeah, no, veal I love...
 あ、いえいえいえ、いいの。いいのよ。確かに私はベジタリアンだけど・・でも仔牛肉は別よ。ええ、仔牛肉は好き。。

Mike: Phoebe, you don't have to eat...
 フィービー。食べなくてもいいんだよ。

Phoebe: No, no, no, I actually it's any baby animals: kittens, fish babies. You know, especially veal. You know, and this, this nice vein of fat running through it. . . Hmmm... yummy. . . Hmmm...
 いえいえ、いいの。ほんと、動物の赤ちゃんなら何でも好きなの、仔猫でも魚の赤ちゃんも、特に仔牛肉ね。ほら、このかけめぐる脂肪なんてもう・・。(すごく嫌々ながら食べる)うーん、おいしい・・うー!(こみ上げるものがあり駆け出して行く)

Mike: So...? What do you think?
 (両親に)それで? どう思う?

《モニカ達の部屋》

Monica: So you stole that tape from Richard's apartment?
 それじゃあなた、リチャードの部屋からテープを盗ってきたの?

Chandler: Whoho ho... Listen to the judgement from the porn star!
 ハハッハー! ポルノスターの批判を聞けよ。

Monica: That tape was never meant to be seen by. . Joey, I would feel more comfortable if I was having this conversation in private.
 あれは見せるためのものじゃないわよ。・・・ジョーイ、この話は聞かれたくないわ。

Joey: Monica, look, I don't think you and I have any secrets anymore. . . Not ready to joke about it yet? Okay, I see you later.
 モニカ、もう俺たちの間に秘密なんかないじゃないか。・・・まだジョークにするのは早い? それじゃまたな。(出て行く)

Monica: Why in the world would you take this tape and, and why would you watch it?
 いったいどうしてテープを取って来たりなんかして・・それに、なんで見たりするのよ?

Chandler: Because that's who I am, okay? I'm sure a mature man like Richard could see a tape like that and it wouldn't bother him. Just'd be another saucy anecdote for him to share at his men's club over brandy and mustaches.
 それが俺だからだよ。リチャードみたいな大人の男はあんなビデオを見てよくて、気にもならないんだろうけどな。メンズ・クラブでヒゲをはやしたやつらとブランディを飲みながら、話すしゃれたエピソードとしていいんだろうさ。

Monica: Is all this about you not being able to grow a mustache?
 これってみんな、ヒゲを生やす事ができるかどうかってことなの?

Chandler: This is about you and Richard. He's clearly not over you. He keeps a tape so he can look at it whenever he wants.
 これは君とリチャードのことだよ。彼は明らかに、君を忘れていない。君のビデオをとっておいて、いつでも好きな時に見られるんだ。

Monica: Isn't that sad? I mean, can you see how pathetic that is? You shouldn't be jealous. You should feel bad for him.
 それって悲しくない? そんなのミジメだってわからないの? ヤキモチやくことじゃないわ。気の毒に思うことよ。

Chandler: Oh, yeah, well, poor Richard. Y'... I can grow a mustache!
 ああ、そうだな。かわいそうなリチャード。・・・俺だってヒゲはやせるぞ!

Monica: Chandler, this is not our problem. We've got each other. That's all that matters.
 チャンドラー、これは私達の問題じゃないわ。私達にはお互いがいるじゃないの。それが大事なことよ。

Chandler: Yeah, oh, but I just keep picturing you rolling around with him with your cowboy boots in the air.
 ああ、だけど、俺は、カウボーイブーツを履いた足をあげて転げ回ってる姿が目に焼き付いちゃってるんだよ。

Monica: Cowboy boots? I've never worn cowboy boots in my whole life!
 カウボーイ・ブーツ? 私、カウボーイ・ブーツなんて履いたことないわよ!(ビデオをスタートする)

Chandler: Oh, good, good. Play more, 'cause I wanna see how it ends.
 ああ、よかった、よかった。もっと見せて。終わりまで見たいから。

Monica: That's not me!
 これ私じゃないわ!

Chandler: What...? That's not you! Life is good again! Ride 'em cowgirl!
 えっ? 君じゃないのか! いい人生が帰ってきた! やれやれ! カウガール!

Monica: That bastard taped over me!
 あの野郎、私のテープに再録したのね!

Chandler: Is that a problem?
 それが問題か?

Monica: It's just so insulting! Big spring for a new blank tape, Doctor!
 だって失礼じゃないの! 新しいテープがそんなに高いか、ドクター!

《マイクの両親がダイニングで会話》

Theodore: I can't imagine what he sees in her.
 彼女のどこがいいのかわからないね。

Bitsy: She actually makes me miss that pill-popping ex-wife of his. . . Oh, hello, dear...
 あの薬中毒の元妻がよく思えるくらいよ。(マイクが来る)ああ、あなた・・

Mike: Hey, what's going on?
 やぁ・・どうした?

Bitsy: We were just chit-chatting. How's your friend?
 ただおしゃべりしてただけよ。お友達はいかが?

Mike: A little better.
 少しよくなってきたよ。

Bitsy: By the way, do you know who's moving back into town? Tom and Sue's daughter, Jen.
 ところで、今度誰が街へ戻ってくると思う? トムとスーの娘さんのジェンよ。

Theodore: You remember her, Michael. She's lovely and... well-behaved and single.
 覚えてるだろ、マイケル。彼女可愛らしいし、行儀もよくて、独身だ。

Mike: I'm not interested.
 興味ないよ。

Bitsy: Oh, please darling, let's be honest. You can have all the... sailor fun you want with that one, but... let's be real.
 あら、どんなこと言わないで。正直になりましょうよ。あなた、海の男の楽しみみたいなこと、あの子とできるかもしれないけど・・でも、現実的に考えて・・。

Mike: All right, stop! You know, all Phoebe has done tonight is trying to get you to like her. And maybe that hasn't been clear all the time, but she did her best. And yeah... She's a little different than you are.
 もういいよ、やめて。フィービーは今夜、ただ気に入られようとしてただけなんだ。そうは見えなかったかもしれないけど、彼女は精一杯やったんだ。それに・・そうだな、彼女はあなた方とは違うよね。

Bitsy: Michael, a pimp spit in her mouth!
 マイケル、ぽん引きから口移しよ!

(フィービーが部屋に入りかけて声を聞いて立ち止まる)

Mike: So what? I mean if I can get past that, it shouldn't bother you. And you don't have to like her. You just have to accept the fact that I do. I mean, if you can't even be civil to the woman I love...
 それが何だよ? 僕がそれでもいいって言うなら、母さん達もそうであるべきだよ。好きになってくれなくてもいいよ。ただ、僕がそうだっていうことを受け入れてよ。優しくしてあげることぐらいできないかな、その女性を愛してるのに・・

Bitsy: The woman you what?
 その女性をなんですって?

Phoebe: Yeah. The woman you what?
 そうよ、その女性をなんですって?

Mike: The woman I love. . . I love you. Which is probably something I shouldn't say for the first time in front of my parents and Tom and Sue. Who are, by the way, the most sinfully boring I've ever met in my life.
 その女性を愛してる。・・(フィービーに)愛してるよ。こんなこと初めて言うのが、両親や、世界一退屈なトムとスーの前だなんておかしいけど・・

Phoebe: I love you too.
 私も愛してるわ。

Mike: You do?
 本当?

Phoebe: YEAH! How great is this?
 ええ! 素敵なことよね?(キス)

Mike: Wanna get out of here?
 行こうか?

Phoebe: Okay.
 ええ。

Mike: Mom, dad, thanks for dinner.
 かあさん、とうさん、食事ありがとう。

Phoebe: I had a great time. It was really top-drawer. And here's something rich. Thirteen bathrooms in this place, I threw up in the coat closet. Ta ta...
 すごくたのし勝ったわ。本当に上流って感じで。それから、豊かってことだけど、ここにはバスルームが13室もあるけど、私はコートのクローゼットで吐いちゃった。バイバイ!

《ロス達の部屋:ロスとレイチェルがラップ》

Ross: She sweat, wet. got it going like a turbo 'vette.
 彼女は汗で濡れて・・ターボカーみたいに強烈で

Rachel: So fellas
 だからみんな

Ross: Yeah!
 イエー!

Rachel: fellas
 みんな!

Ross: Yeah!
 イエー!

Rachel: has your girlfriend got the butt?
 おまえのガールフレンドもいいお尻?

Ross: Hell, yeah!
 おお、イエーイ!

Rachel: So shake it!
 だからシェイク!

Ross: Shake it!
 シェイク!

Rachel: Shake it!
 シェイク!(他の4人とマイクが来る)

Ross: Shake it!
 シェイク!

Rachel: Shake that nasty butt...
 そのでっかいケツを振れ。

Ross: "Baby Got Back".
 ベイビー・ゴット・バック!(みんなが見ているのに気づきやめる)

Rachel: One more time from the top... I like big butts and I cannot lie, you other br...
 頭からもう一度! 大きなお尻が好き、ウソはつけないヨ、みんな・・(見られていると気づく)

Ross: Rachel, please! That is so inappropriate!
 レイチェル、頼むよ! そんな歌、不適切だよ!




にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ

posted by らんち at 00:59| Comment(0) | Season 9 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月28日

9-6 The One With The Male Nanny (200th episode)

9-6 男子ベビーシッターの話

 ☆キュートなベビーシッター☆

《タルサのチャンドラー:眠っていると電話が鳴る》

Chandler: Hello? . . Hello?
 もしもし(声がかすれたので咳払い)もしもし?

Monica: I love my new job!
 新しい仕事大好き!

Chandler: Honey, you're screaming.
 ねぇ、君、叫んでるよ。

Monica: You bet your ass, I am! I just had the best first day ever! The kitchen: twice as big as Allessandro's.
 もちろんだわよ! こんな素敵な初日って初めてよ! キッチンはアレッサンドロの2倍の広さ!

Chandler: Oh, that's great.
 ああ、それはいいね。

Monica: Yeah, a-a-and clean. Not just health department clean... Monica clean.
 それに、きれいなの。衛生局のきれいさじゃないのよ、モニカレベルなの。

Chandler: Awesome.
 すごいね。

Monica: Oh, and the people are so nice. There's this one guy, Jeffrey, he's the maitre d’, Chandler, you will love him. He is without a doubt, the funniest guy I have ever met.
 それに、みんないい人なの。1人なんて、ジェフリーっていう給仕長なんだけど、チャンドラー、あなたも好きになるわよ。彼は間違いなく、これまでに会った中で一番おもしろい人よ。
(チャンドラーは急に目が覚め起き上がる)

《セントラルパーク:手をつないでいるフィービーとマイク》

Mike: This is nice.
 これはいいね。

Phoebe: I know!
 ほんとよね!(お砂糖の袋を片手で開けられず苦労する)

Mike: You need both hands for that?
 それのために両手がいる?

Phoebe: Yeah, I kinda do. . Well, how's this?
 ええ、そんな感じ。(マイクが手を離す)これでどう?(マイクの手を自分の胸に当て、砂糖を入れ終えてからまた手を繋ぐ)

(ジョーイが入ってくる)
Joey: Aaahhh, look at you two... holding hands, huh? Is this getting serious? Have you not talked about it yet? Am I making you uncomfortable? If you were bigger you'd hit me, huh...? Aaaaaahhhhhh
 ああ!君たち! 手を繋いじゃって。マジな交際になってきた?・・まだそんな話してなかった? 俺のせいで気まずくなってきた?(笑顔がひきつる2人。マイクに)もし俺より大きかったら殴りかかってた? ああハハハ・・(カウンターへ行く)

Phoebe: I'm sorry... I'm sorry. It's obviously way too early for us to be having that conversation.
 ごめんね。ごめんなさい。もちろん、あんな話するのは早すぎるわよね。

Mike: Is it?
 そうかな?

Phoebe: Maybe not, is it?
 そんなことないかもね。

Mike: Okay, when I got divorced, I didn't think I'd feel this way about someone for a really long time... Then again, I didn't think I'd meet someone like you... And this may be crazy soon, but... I want you to have this... No, not... that's gum. . . Ooh, five bucks... I love it when that happens, you know... Think no note's there...
 離婚した時、こんなふうに思うことはないだろうって思ってたんだけど、でも、君みたいな人に会うとは思わなかったから・・。こんなのめちゃくちゃ早すぎるかもしれないけど、でも、君にこれを渡したいんだ・・(ポケットから物を出す)いや、これはガムだ。(さらに探る)おっ、5ドルだ。こういうのって嬉しいよね。お金ないと思ってる時に・・

Phoebe: I know, Mike, why don't you keep digging?
 ねぇ、マイク、早く探してみて。

Mike: Oh, sorry.
 あ、ごめん。(鍵を出して見せる)

Phoebe: Oh, it's a key. To be honest, I think I'd prefer the five dollars.
 あら。鍵ね。正直言って、5ドルの方がいいわ。

Mike: It's to my apartment.
 これは僕の部屋の鍵だ。

Phoebe: Oh, wow, ooh! Ooh, big step for Phoebe and Mike.
 まぁ。ワオ。ああ! フィービーとマイクの大躍進ね。

Mike: Yeah, look, and I don't want you to feel like you have to give me your key just because...
 ああ、ねぇ、無理して君の鍵をくれなくてもいいんだよ。

Phoebe: Oh, no, I want to.
 あ、いえ、渡したいわ。

Mike: Oh, thank God.
 ああ、助かった。

Phoebe: Yeah... ooh... wow... Even started to think I'd never meet someone that, you know, I wanted to do this with. Here you go.
 ええ・・ワオ・・私こんなことする相手には会えないんじゃないかとさえ思い始めてたいのに・・はい、これ。

Mike: This is cool, huh?
 すごいことだよね?

Phoebe: It really is.
 本当に。

Joey: Oh, I know it... It is amazing these little things open doors... huh!
 (近い席に座り)ああ、本当だよな。こんな小さなものでドアが開くなんてな!

《ロスの部屋:レイチェル達がベビーシッター面接中》

Rachel: So I don't go back to work for another four weeks, but we would like our nanny to start right away, so that Emma could get a chance to know her.
 それで、仕事復帰まではあと4週間ぐらいあるんだけど、でも、シッターさんにはすぐ仕事を始めてもらいたいの。そうすれば、エマも慣れるでしょう。

Prospective nanny: I think that's really smart. The easier we can make the transition for her the better.
 それはいい考えですよ。そういう変化が楽な方がいいですからね。

Rachel: That's great, great. So do you have any questions for us?
 よかった。いいわね。それじゃ、何か質問はある?

Prospective nanny: Not really.
 いえ、別に。

Rachel: All right. Well, thank you so much for coming.
 わかったわ。じゃあ、どうも来てくださってありがとう。

Ross: Thank you.
 ありがとう(立ち上がり見送ろうとする2人)

Rachel: Really nice to meet you... and we'll call you.
 本当に会えてよかったわ。電話するから。

Prospective nanny: Oh, you know, wait. I do have one question. Do you guys do random drug testing?
 (廊下に出てから)あ、待って。一つ聞きたいことがあるの。突然ドラッグテストしたりする?

Ross: Boy, we um... hadn't really thought of that.
 うぁ・・それは考えたことがなかったな。

Prospective nanny: That's cool. But... but if you do, I'm gonna need three days notice.
 よかった。でも、もしするなら、3日前に教えてほしいの。

Rachel: Oki doki! . . . Wow! We're never gonna find a nanny.
 了解!(ドアを閉め彼女の応募用紙を丸める)ワオ・・シッターさんなんて見つからないわ。

Ross: Oh, come on, Rach, we will. I promise. We have more interviews. . And worse comes to worse, we can always reconsider the uhm... the first one we met with.
 大丈夫だよ、レイチ、見つかるよ、ホント。まだ面接があるし。それに、最悪の場合、最初に会った人のこともう一度考え直せばいいよ。

Rachel: What, the blonde with no bra?
 なに、あのブロンドのノーブラ?

Ross: She was blonde? . . Just a sec! Okay, okay. This one's name is Sandy. She's got a degree in early childhood education. She worked for her last family for three years.
 ブロンドだっけ?(ノックの音)ちょっと待って! よし、この人はサンディだ。彼女は、幼年教育コースを修了してる。前の家族のところでは3年働いてるよ。

Rachel: Okay.
 わかった。(ロスがドアを開ける)

Sandy: Hi. I'm Sandy.
 ハーイ、僕はサンディ。

Ross: And she's a little mannish...
 それから彼女はちょっと男っぽい。

《フィービーの部屋:デヴィッドが来る》

Phoebe: Oh, my God! David!
 まぁ、驚いた!デヴィッド!

David: Hi! Is this a bad time?
 ハーイ? 今いけなかった?

Phoebe: No! It's a great time, come in! WOW, hi. . . Oh, my gosh! What are you doing here? Are you back from Minsk?
 いいえ、全然いいわよ、入って! ワオ! ハーイ(ハグ)驚いたわ! どうしたの? ミンスクから戻ったの?

David: Well, just for a couple of days, um... I'm here to explain to the people who gave us our grant, why it's a positive thing that we spent all their money and um... accomplished um... nothing.
 いや、2日間だけこっちなんだ。僕らに資金を出してくれた人達に説明をしにきたんだ。確実にお金は使い果たしたのに、何も成し遂げてない理由について・・。

Phoebe: Who cares, it got you here.
 構わないわ、あなたがここにいるんだもの。

David: Well, it got me to New York anyway, and then I got on a cab at the airport, and the guy said where to? and I just... gave him your address I... I... I didn't even think about it.
 ああ、とにかくニューヨークには来てね、空港に行くためにタクシーに乗って、どこへ行くか聞かれて、つい君の住所を言ってしまったんだ。考えもなくね。

Phoebe: Wow. Where is your luggage?
 ワオ・・あなた、荷物は?

David: …Damn it!
 ・・・しまった!

Phoebe: Oh, all right, well... I'll call the cab company.
 あ、いいわ。タクシー会社に電話する。

David: Wa... wa... wait! We can call them later. Can you just... just stand there for a moment? Boy! There's an old Russian expression, uhm... it goes: Schto ya ztez vigul... ui! Roughly translated that means uhm... This thing that I'm looking at: wow!
 ま、待って! 後で電話すればいいよ。ちょっとそこに立ってくれる? ああ! ロシアの古い言葉でこういうのがある(ロシア語)だいたい、「僕が今見ているもの・・ワオ!」っていう意味。

Phoebe: Thank you! God, no! You should see me when... Oh, actually, no, I look pretty good.
 ありがとう! ああ、ダメよ。私こんなふに・・(鏡を見て)あら、私すごくきれい。

David: Are... are you kidding? You know, when you don't see someone for a long time, a-a-and you kind of build them up in your head and you start thinking about: Come on, don't be crazy. Nobody is that beautiful, but... well, you are. . . Well, so, uhm... are you seeing... anyone?
 冗談だろ? しばらく会ってない間に、頭の中でだんだん美化してきて、「それはないだろ、おかしいよ、そんなにきれいな人はいないよ」なんてことがあるけど、君はきれいだ。・・それで、今誰かとつきあってる?

Phoebe: No...
 いいえ。

《モニカの部屋:デヴィッドとのことを話すフィービー》

Phoebe: I'm... I'm just... I'm the worst person ever. How can I not tell David that I'm seeing Mike?
 私、私は最悪な人間だわ。私マイクとつきあってるって、どうしていえないのよ?

Monica: Maybe he didn't give you a chance.
 いうチャンスがなかったんじゃないの。

Phoebe: He said, “Are you seeing someone?” And I said, “No.”
 彼が、「誰かとつきあってる?」って言って、私が「いいえ」って言ったの。

Monica: Oh, well... That would’ve been your window.
 まぁ、それがあなたの売り方ってことで。

Phoebe: Yeah! I mean, I don't know. I was just , I was looking, I was looking in his eyes and I was just thinking: Oh, my God! It's David. David's here. He's just, he's so irresistible.
 そうよ! どうしよう。私はただ・・彼の目を見てただ思ってたのよ・・ああ、なんてことなの、デヴィッドよ! デヴィッドがここにいる。彼って本当に素敵。

Monica: Really? The scientist guy?
 そうかな? あの科学者さんが?

Phoebe: Really? Chandler?
 そうかな? チャンドラーが?

Monica: …Continue.
 ・・続けて。

Phoebe: Oh.Okay, then it gets worse, 'cause then I told him that I would see him tomorrow night.
 ええ・・それからもっどひどいことになったの。明日の夜また会うって言っちゃったの。

Monica: Phoebe!
 フィービー!

Phoebe: I know! Evil! And... and... and... I like Mike so much, you know. It's just going really well. Oh, my God!
 そうなのよ! ひどいわよね。でも・・でも私はマイクがすごく好きなの。すごくうまくいってるのよ。ああ、どうしよう!

Monica: Wow, isn't it ironic that David would show up on the same day that you and Mike exchange keys?
 まぁ・・マイクと鍵を交換したその日にデヴィッドが現れるなんて、皮肉よね?

Phoebe: Uhuh... Yeah...!, you know. And given my life long search for irony, you can imagine how happy I am.
 ええ、そうよね。ずっと皮肉を探してきたんだから、私がどんなに幸せか想像つくでしょ。

Monica: What are you gonna do?
 どうするつもり?

Phoebe: I mean I guess, I just have to... tell David that nothing can happen between us. Unless I don't... You know, complicated moral situation, no right, no wrong...
 多分・・私は・・デヴィッドに、何ともならないって言わなきゃ。それか言わないか・・。これは複雑な倫理の問題よね。正しいか間違ってるかなんてなくて・・

Monica: You have to tell David!
 あなたデヴィッドに言わなきゃ!

Phoebe: Okay, I knew I should have had this conversation with Joey.
 やっぱり、ジョーイに相談すればよかった。

《モニカ達の部屋の外、帰ってきたチャンドラー》

Chandler: Funniest guy she's ever met! . . I'm funny, right? What do you know, you're a door. You just like knock-knock jokes. . . Save it for inside!
 今まで会った中で一番楽しい男だなんて!(ドアに向かって)俺おもしろいよな? 知るわけないよな。おまえはただのノックノック・ジョークしか知らない。・・(自分に言い聞かせる)中に入るまでとっとけ!

Monica: Hey!
 ハーイ!

Chandler: Hey!
 ハーイ!

Phoebe: Hey!
 ハーイ!

Chandler: So... Oklahoma is a crazy place. You know, they call it the Sooner state. Frankly I'd sooner be in any other state. . . And what's with Oklahoma having a panhandle? Can all states have stuff like that? Hey, yeah, I'm from the waistband of Wyoming. But when I was seven, we headed over to the crotch.
 オクラホマってのは、おかしなとこだよな。抜け駆けの州なんて言われてさ。俺なんかほかの州より早いと思うぞ。(意味がわからないモニカとフィービー)それにオクラホマのあのフライパンみたいな形は何? どこの州でもあの取っ手みたいなとこがあればいいのにな? 俺なんかワイオミングのベルトだよ。でも俺7歳の時、股間へ向かっていったけどね。

Oklahhoma.png
(panhandle = Oklahomaのように他州に飛び出た部分のある地域)

Wyoming.png
(Wyoming)

Monica: Was your cabin pressurized?
 飛行機で気圧にやられた?

Chandler: And don't get me started on the way that people from Tulsa talk.
 (フィービーに)タルサの人の話し方なんて冗談じゃないぞ。

Phoebe: Okay.
 オーケー。。(立ち去る)

Chandler: What's with the word “y’all”? You know, just two words just pushed together. Are we all allowed to do that, because if so, I say why stop there? You know, your new poodle could be your noodle. And fried chicken? Could be fricken. Waiter, waiter excuse me, I'll have the fricken? . . See, that's... that's funny with the fricken, right?
 「あんたら」っていうのなんだよ? 2つの言葉をくっつけちゃってさ。みんなそんなことしていいんなら、俺もそうしてやるよ。例えば、ニュー・プードルは、ヌードルでいいじゃん。それに、フライド・チキンは、フリキンにできるよ。ウェイター、ウェイター、ちょっと、フリキンもらえる? フリキンっておもしろいだろ?

Monica: No, it just reminds me of something this guy did today at work. I told you about that funny guy, Jeffrey, right?
 いえ、今日、勤先の人が言った言葉を思い出したの。あのおもしろい人、ジェフリーのこと話したでしょ?

Chandler: Yeah, he came up.
 ああ、出てきたね。

Monica: Well, he did this bit. You probably had to be there, but it was Liza Minnelli locked in our freezer, eating a raw chicken.
 彼がこう言ったのよ。その場にいないと笑えないかもだけど、ライザ・ミネリが冷凍室に閉じ込められて、チキンを生で食べてるって言ったのよ。(フィービー爆笑)

Chandler: Were you there?
 (フィービーに)その場にいた?

Phoebe: No, but it sounds like it was fricken funny.
 いえ、だけど、フリキン的おもしろさって感じ。

《ロスの部屋:サンディの面接》

Sandy: I really do understand how hard it's gotta be to leave your child with another person. I mean, it's like leaving behind a piece of your heart.
 子供を他人に預けて離れてしまうのは、本当につらいっていうの、よくわかります。あなたのハートの一部を置いていくようなものですよね。

Rachel: Sandy, that's exactly what it is.
 サンディ、まさしくその通りよ。

Ross: Are you gay?
 君、ゲイなの?

Rachel: Ross!
 ロス!

Sandy: It's okay. I get that a lot doing what I do. But I am straight. I-I'm engaged actually.
 いいんです。この仕事してるとよく言われるんです。でも、僕はストレートで、実は婚約してるんですよ。

Rachel: Oh!
 まぁ。

Sandy: Her name is Delia.
 彼女の名前はデリアって言います。

Rachel: Oh, that's pretty.
 ああ、かわいいわね。

Ross: So you're just, like, a... guy who's a nanny?
 それじゃ、君は、ただのベビーシッターをする男なわけ?

Sandy: I realize how it's a bit unorthodox for some people, but I really believe, the most satisfying thing you can do with your life, is take care of a child.
 ちょっと変わってると思う人もいるってわかってますが、でも、僕は、人生で最も満足感を得られる仕事というのは、子供の世話をすることだと思うんです。

Ross: Okay.
 そう。

Sandy: Like in my last job, I met Daniel when he was three weeks old. And I got to watch him grow into this awesome person. When I left, I said, “I’ll see you soon.” And he said to me, “Skadandy…” That was his name for me. “I’ll see you every day right in…”
 前の家の時は、生後3週間のダニエルという子だったんですが、すばらしい人に成長するのを見守りました。辞めるとき、僕が、「また会おうね」って言うと、彼は、「スカダンディ・・」彼は僕をこう呼んだんです。「僕ら毎日会えるよね、ここで」(胸を指し、泣き出す)

Ross: Yeah, kids say all kinds of crap.
 ああ、子供ってそういうバカげたこと言うよね。(エマが泣く声がする)

Rachel: Oh, God, she mu... she must need her diaper changed.
 あら、あの子きっと、おむつの交換しないといけないんだわ。

Sandy: Oh, oh, I can do it for her, if you want...
 あ、もしよければ、僕がやりますよ。

Rachel: Oh, that would be great! . . I love him, I love him, I love him...
 ああ、うれしいわ!(サンディは奥へ。ロスに)彼大好き、彼大好き、彼大好き。

Ross: Oh, come on, Rach, he's a guy!
 勘弁してよ、レイチ、彼、男だよ。

Rachel: So what? He's smart, he's qualified. Give me one good reason we shouldn't try him out.
 それがなに? 彼賢くて、資格もあるじゃない。彼にしちゃいけないもっともな理由を言ってみてよ。

Ross: Because it's weird!
 変だからだよ!

Rachel: Why?
 どうして?

Ross: What kind of job is that for a man? A nanny? I mean, It's like if a woman wanted to be...
 男にこんな仕事って何だよ? ベビーシッター? まるで、女性が男がなるものをやるみたいな・・

Rachel: Yes?
 なにを?

Ross: King?
 王?

Sandy: I er... I hope you don't mind. I used some of my home-made lotion on Emma. It's a mixture of calendula and honey cream. It'll dry that rash right up. Plus, it keeps the hands young.
 よかったかな、お手製のローションをエマに使ったんだけど。マリーゴールドとハチミツクリームを混ぜたものなんだ。発疹なんかが治るし、手もきれいになるよ。

Rachel: Please? . . Yes! Sandy, you're hired.
 (ロスに囁く)お願い! (ロスが好きにしてという表情)オッケーよ、サンディ! あなたにするわ!

Sandy: That's great! . . I'm sorry. It's just such an emotional thing when you're welcomed into a new family.
 よかった! (泣きそうになり手で女性っぽく顔を扇ぐ)新しい家族に受け入れられる時って、本当に感傷的になっちゃうんですよね。

Rachel: Oh, God. Come here.
 ああ。来て。(ハグ)

Ross: You gotta be at least bi.
 少なくともバイだよね。

《ジョーイの部屋:チャンドラーが来る》

Chandler: Hey! . . I need you to set me up for a joke. Later, when Monica is around, I need you to ask me about fire trucks.
 やぁ!(ジョーイが雑誌を読み終わるのを待つ)ジョークのネタふりをしてほしいんだ。後で、モニカがそばに来たらさ、消防車のことを聞いてほしいんだ。

Joey: Ooh. I-I don't know, Chan. I'm not so good with remembering lines.
 ああ、どうかなぁ、チャン。そういうセリフ覚えるの苦手なんだよ。

Chandler: Well, thank God, your livelihood doesn't depend on it.
 ああ、よかったな、おまえの仕事ってそういうことじゃなくて。

Joey: I know, right? . . Wh... Wh... Why are we doing this?
 そうなんだよ。でも、なんでそんなことするんだ?

Chandler: Monica says that her Maitre d’ is the funniest guy she's ever met.
 モニカが、職場の給仕長が、今までで一番おもしろいやつだって言うんだよ。

Joey: Seriously? She actually said that?
 マジで? 彼女が本当にそういったのか?

Chandler: Yes! Am I crazy to be this upset?
 そうなんだよ! こんなに動揺するなんておかしいか?

Joey: No! Being funny is your thing!
 いいや! おもしろいってのがおまえの特長なんだからな。

Chandler: Yeah!
 そうなんだよ!

Joey: Without that, you just got "lame with women".
 それがなかったら、おまえはただの「女が苦手なやつ」だよ。

Chandler: Ye....
 そう・・・。

(モニカが来る)
Monica: Hi! There you are.
 ハーイ、ここにいたのね。

Joey: Fire trucks!
 消防車!

《フィービーの部屋:デヴィッドが来る》

David: Wow, you look even more beautiful than you did yesterday.
 ワオ・・君、昨日よりもさらに美しいよ。

Phoebe: Oof...
 うう・・。

David: In fact, um... I going to kiss you now.
 ほんと、キスしたいよ。

Phoebe: Oh, wait, wait!
 あっ、待って、待って!

David: Yeah, I-I don't, I can't get away with stuff like that. I-I-It sounded sexy in my head, so I...
 ああ。そうはいかないよね。頭の中ではセクシーに思えたんだけど。

Phoebe: No, no, it's not that. . Um... Remember when you asked me if I was seeing someone and I said no? Well, um, I am. His ... his name is Mike.
 いえいえ、そうじゃないの。あなたが、つきあってる人がいるか聞いたとき、いないって言ったわよね? 実は、いるの。マイクっていうの。

David: Oh... oh...
 ああ・・・ああ。。

Phoebe: I should have told you.
 言うべきだったわ。

David: No. . Well, yeah.
 いや。・・ああ、うん。

Phoebe: I'm sorry, I'm sorry.
 ごめんなさい。ごめんなさい。

David: Well, it's okay. I-I-I understand... Well, are you happy with this guy?
 いや、いいんだ。わかるよ。その人と幸せなの?

Phoebe: I am happy.
 幸せよ。

David: Damn it! I-I'm sorry. I-I don't mean that. I-I want you to be happy... But only with me. No, um... that's not fair. Uh, who cares, leave him!. Oh, I don't mean that. Yes, I do... I'm sorry. Um, I... I think I should probably um... go...
 クソ! ごめん、本気じゃないんだ。君には幸せでいてほしい。でも、僕と幸せなら・・いや、それはいけない。いや、かまうもんか。彼と別れて! ああ、本気じゃないんだ。いや、本気。ごめんよ。ああ・・僕はもう帰った方がいいな。

Phoebe: Well... but David, just... I just want you to know that... that, you know, telling you this... is one of the hardest things I've ever had to do.
 でもデヴィッド、これだけは言っておきたいんだけど、私・・これほどつらいことないわ。

David: Well, just so you know... hearing it wasn't exactly a Vladnik carnival, either... Can we at least hug goodbye?
 僕も言っておきたいけど・・それを聞くのは実際ヴラドニクのお祭り気分ではなかったよ。・・せめて、さよならのハグをしていい?

Phoebe: Of course, yeah. . . You know, a kiss on the cheek wouldn't be totally inappropriate.
 もちろんよ、ええ。(ハグ)ねぇ、頬にキスするくらいはしても全然いいわよね。

David: No... no...
 ああ、うん。

Phoebe: I mean...
 だって・・。

David: In Minsk...
 (デヴィッドが頬にキス)ミンスクでは・・

Phoebe: Yeah?
 なに?

David: ...it's uhm... i-it's two on each cheek and uhm... and one on the lips.
 えー・・ さよならの挨拶は両頬に2回ずつと、クチビルに一回なんだよ。

Phoebe: Well, if that's what they do in Minsk... In New York... it's...
 ミンスクでそうするなら・・。(その通りのキスをした後で)ニューヨークでは・・(情熱的なキス)

《ロス達の部屋:ロスが帰るとレイチェルとサンディが泣いている》

Rachel: Oh... Oh, boy. . . Hi...
 ああ、ああもう・・(ロスを見て)ハーイ。

Ross: Is everything all right?
 どうかしたの?

Rachel: Oh, yeah, it's fine, it's fine. Sandy was just was just telling me about how he proposed to his fiancée and it was just so beautiful.
 ああ、いいの、なんでもないのよ。ただサンディが、なんてプロポーズしたのかって話を聞いていて、それが本当に美しいの。

Sandy: Well, her favorite flower is the camellia. From the poem...
 彼女の好きな花は椿なんです。詩の中で・・。

Rachel: I can't... I can't hear it again.
 もうダメ。もう一度聞くなんてできないわ。

Sandy: You know, I can't tell it again.
 ええ、僕ももう一度話すのは無理です。

Ross: And I'm fine never having heard it. . . Rach, can I... can I see you for a sec?
 僕は聞かなくてもいいから。レイチ、ちょっといい?

Rachel: Yeah! . . Excuse me.
 ええ。(サンディに)失礼するわね。(ロスと2人キッチンへ)

Ross: Do you realize that man has cried in our apartment three times...? Huh? I haven't cried that many times since I moved in.
 君、彼がうちで既にもう3回も泣いたって、気がついてる? え? 僕はここへ引っ越して来てからだってそんなに泣いてないよ。

Rachel: Look, Ross, he's just... Sandy is just sensitive, that's all.
 ねぇ、ロス、彼は・・サンディはただ繊細なの、それだけよ。

Ross: Okay, okay, see, that... that is the problem. He is too sensitive.
 わかった、わかったよ、でも、それが問題なんだよ。彼は繊細すぎるんだよ。

Rachel: What? Too sensitive to take care of our baby?
 何ですって? 赤ちゃんの世話をするのに繊細すぎるなんてあるの?

Ross: No, I mean, all things that guy... These are amazing!
 (お菓子を食べながら)いや、あの男は・・これすっごいおいしいな!

Rachel: Sandy made Madeleines.
 サンディがマドレーヌを作ったのよ。

Ross: This... this is exactly what I'm talking about. What kind of a guy makes... makes... delicate French cookies, huh? They're not even... butch, manly cookies with... with, you know, with... with chunks.
 これ・・これが僕の言いたいことなんだよ。こんな繊細なフレンチクッキーを作るなんてどんな男なんだよ? これ、男が作るような、ほら、塊もなくて。

Rachel: Well, you know, I don't know what to say. I mean, I never thought of you as a guy who needed his men to be men. You know, 'cause I gotta tell you, Ross, it’s not like you just came in from branding cattle.
 そんな・・なんて言ったらいいかわからないわ。あなたが男らしくないといけないなんて言うって考えてなかったわ。だってロス、あなた、牛に焼き印をする男でもないでしょ。

Ross: Hey... there's sensitive... and there is too sensitive.
 いや、世の中には、繊細と、繊細すぎるってのがあるよ。

Rachel: Okay, what? What is too sensitive?
 いいわよ、でも、どういうのが繊細すぎるっていうの?(サンディの吹く縦笛の音が聞こえてくる。あきれるロス)

《フィービーの部屋:キスする2人》

Phoebe: Hmmm... No, no... No, I can't do this. It's bad.
 うーん・・ダメ。ダメよ。できないわ。これは悪いことよ。

David: But... It's nice... A-a-and... nice is good. A-a-and good is not bad. Ergo, w-w-we should keep kissing.
 でも、素敵だ。そして、素敵なのはいいことだ。そして、いいことは悪いことじゃない。それゆえ、キスしてていいんだ。

Phoebe: No, no. No.
 ダメ、ダメ。ダメよ。

David: But. . Ergo...
 でも・・それゆえ・・。

Phoebe: Look, David, if... if you had never left, then... yeah, we'd probably still be together right now, but... you did leave, and I-I'm with Mike and I really care about him.
 ねぇ、デヴィッド、もしあなたが行ってしまわなければ、私達は今もつき合ってたかもしれないわ。でも、あなたは行っちゃった。そして私は今マイクとつき合っていて、彼を好きなの。

David: Um... Goodbye. Uh. Schto ya ztez vigul... ui...
 ああ・・・さようなら・・えー・・(ロシア語)
(両手でフィービーの首筋から顔を挟むようにしているところへ、マイクが入ってくる)

Mike: Well, hey, the key works.
 ああ、ちゃんと鍵が使えたよ。

Phoebe: And, you, thanks for the face massage. Thank you.
 それから、ありがと、フェイス・マッサージ。どうもありがとう。

《モニカ達の部屋:ロスが来る》

Ross: Did Rachel tell you we hired a male nanny?
 レイチェルから、僕ら男のベビーシッターを雇ったって聞いた?

Monica: Yeah! I think that's great!
 ええ! いいじゃない!

Ross: Oh, really? Did she tell you he plays the recorder, recites poetry and bakes Madeleines?
 そうか? 縦笛吹くって聞いた? 詩の朗読をしたり、マドレーヌを焼いたりするってことも?

Monica: Oh... How are they?
 まぁ。味はどうだった?

Ross: Lighter than air... But that's not the point.
 空気のように軽くて・・言いたいのはそこじゃなくて。

(ジョーイが来る)
Joey: Hey!
 やぁ!

Ross: Hey! Rachel and I hired a male nanny.
 やぁ! レイチェルと僕、男のベビーシッターを雇ったんだ。

Joey: Really? Guys do that? That's... weird.
 本当に? 男がするの? それ・・変だな。

Ross: Thank you!
 ありがと!

Joey: That's like a woman wanting to be a...
 それってまるで女の人が・・

Ross: ...a what? A what? What's the end of that sentence?
 なに? なに? その先のセリフはなんていうの?

Monica: Yes. What is the end of that sentence?
 そうよ。その先なんていうつもり?

Joey: Uhm... A penis model. . Anyway, hey... Did you tell Chandler that some guy from work is the funniest guy you've ever met?
 あー・・・ペニスモデル。それより、なぁ、チャンドラーに、職場の男が今までで一番おもしろいって言ったのか?

Monica: Yeah, so?
 ええ。だから?

Ross: Wow!
 ワオ!

Joey: Really? Do you not know Chandler?
 本当に? おまえチャンドラーしらないの?

Monica: Is that why he's acting so weird? He's jealous? Oh, my God, that is crazy. It's not like I'm attracted to Jeffrey.
 だから彼あんなに変なの? 彼ヤキモチやいてるの? なんてことなの。そんなのおかしいわよ。別にジェフリーを好きっていうわけじゃないのに。

Joey: So what? Being funny is Chandler's thing. You know, like Ross's thing is...
 それがなんだよ? おもしろいってのがチャンドラーの特長なんだぞ。例えばロスだったら・・(何も思い浮かばない)

Ross: Science? Academia? Being a good father?
 科学者? 学者? いい父親?

Joey: ...No.
 ・・・違う・・。

Monica: I can't believe he's that upset about this...
 彼がこんなことで動揺するなんて信じられない。

Joey: Monica, you have to do some damage control here, okay? 'Cause he's feeling like...
 モニカ、君、なんとかしなきゃだめだぞ、いいか? やつはもう・・

(ピザを持ってチャンドラーが来る)
Chandler: Hey!
 やぁ!

Joey: Hey! Hey!
 おお、やぁ!

Chandler: What are you guys talking about?
 みんな何してんの?

Ross: Um... Rachel and I hired a male nanny.
 あー・・レイチェルと僕が男のシッター(ナニー)を雇ったんだよ。

Chandler: You got a man who's a nanny...? You got a “manny”?
 男のナニーを雇ったのか? それって、マニー?

(モニカが爆笑。なぜ笑うか気づいたジョーイとロスも爆笑し始める)

Chandler: You know, I don't mind a... male nanny, but I do draw the line at a male wet nurse.
 男のナニーでも構わないけど、でも、乳母にはしたくないな。

Monica: Ohhh, ooohhh... you are on a roll, mister!
 (さらに爆笑)ああ、ああ! あなたったら絶好調ね!

Chandler: If I'd known you guys were coming over, I would have brought more pizza.
 君らがいるって知ってたら、もっとピザ買ってきたのにな。(さらに笑う3人)

Monica: Okay, okay... Chandler, you... you stop it!
 オーケー、もう、チャンドラー、もうやめて!

Chandler: What is so funny about that?
 今の何がそんなにおもしろいんだ?

Monica: Well, I don't know... I-It's... just the way you say it... I mean, you're funny... You have that funny thing. You're a funny guy!
 いえ、何かしら。あなたの言い方よ。あなたっておもしろくて・・あなたそういう人なのよ。あなたはおもしろい人なの!

Chandler: Did you tell her what we talked about?
 (ジョーイに)おまえ、俺が言った事、彼女に話したのか?

Joey: Yeah....
 (爆笑後)うん。

Chandler: So those were pity laughs? Pity laughs?
 それじゃ、あれは哀れんで笑ったのか? 哀れみ笑い?

Monica: Honey, listen. You have nothing to worry about with Jeffrey.
 ねぇ、聞いて。ジェフリーのことなんて何も心配いらないのよ。

Chandler: Oh, yeah? Is he funnier than me?
 ああ、そうか? 彼は俺より面白いのか?

Monica: Well, you're... you're different funny. I mean, you're... you're more sarcastic. And... well, he does bits, and impressions... and... and limericks...
 それは・・あなたは違うおもしろさなのよ。あなたは、もっと皮肉屋さんだし、彼は芸っていうか、モノマネとか、リメリックとか言うのよ。

Chandler: I do limericks... uh... There once was a man named Chandler, whose wife made him die inside.
 俺だってリメリックできるぞ。かつてチャンドラーという、妻に心を殺された男がいたって話だ。

Monica: Honey, you know I think you're hilarious! Come on, you know that joke you told me last week? The one about Jerry Lewis and the girl with the lazy eye? That slayed me.
 ねぇ、あなたはすごくおもしろいと思うわ! ねぇ、先週あなたが言ったジョークがあるじゃない? フェリー・ルイスとだるい目をした女の子の話。あれには笑い転げたわ。

Ross: Hey... I made up that joke and told it to you!
 あっ、それは僕が思いついて君(チャンドラーを指す)に教えたジョークだろ!

Joey: Not knowing when to shut up...
 いらんことをしゃべる。

Ross: Yep! That's my thing...
 ああ。それが僕の特長だな。

《フィービーの部屋》

Mike: So how many guys have your key?
 それで・・何人の男が君の鍵を持ってるの?

Phoebe: No, no, no, no, no... It's not... it's not... it’s not as bad as it looks. I was just saying goodbye to an old friend.
 いえいえいえ、違うの。そういうことじゃないのよ。見た感じほどひどいことじゃないのよ。私ただ、古い友達にお別れを言っていたの。

Mike: Your lipstick's on his mouth.
 君の口紅が彼の口にちてるけど。

David: Oh, uh... we just uh... happen to wear the same shade.
 ああ、ただ・・僕らは、たまたま同じ色をつけてただけで・・。

Phoebe: No, um... David and I did use to go out. But years ago, and he lives in Minsk. He's only... he's only in town for a couple of days.
 いえ・・デヴィッドと私は以前つきあってたの。でもずっと前のことで、彼は今はミンスクに住んでるの。彼は・・2日くらいこっちに来てるだけなの。

Mike: Did you um...
 君たち・・その・・

Phoebe: No, no.
 いえ、いいえ。

Mike: ...kiss him?
 キスした?

Phoebe: Oh, well, yeah.
 ああ、ええ、うん。

David: Yes, but um... You should know... she really likes you. In fact I don't think you realize just how lucky you are, fella.
 ああ、でも、言っておくけど、彼女は本当に君を好きなんだ。実際君はどんなに自分がラッキーか、わかってないよ。(マイクを指差す)

Mike: Don't point your finger at me.
 僕に指を向けるな。

David: Why? Wh-What are you gonna do about it?
 どうして? 向けたらどうするっていうんだ?

Mike: Well... I'll... just show you what I'm gonna do about it...
 そうだな、僕は・・これからどうするか見せてやる・・(指を剣のようにして戦う(?)2人)

Phoebe: Stop it! Stop it! Before someone gets really hurt! . . Here, David, you should just go.
 やめて! やめて! ケガしちゃう前にやめて! (上着を渡し)はい、デヴィッド、あなたはもう帰って。

David: All right... But if I ever do come back from Minsk... well, you just better watch out.
 わかったよ。・・でも、僕がミンスクから帰ってきたら・・(マイクを指差し)気をつけた方がいいぞ。

Mike: Well, if I ever go to Minsk, you'd better watch out.
 もし僕がミンスクへ行く事があったら、君こそ気をつけろ。

David: Oh, you're going to Minsk?
 ああ、ミンスクに行くつもり?

Mike: Well, I might.
 かもしれないぞ。

David: Really? Well, if you do, come in the spring. It's just lovely there.
 本当に? だったら、春にするといいよ。すごくきれいだから。

Phoebe: Okay, well, guys?
 ねぇ、あなた達?

David: Right... Goodbye, Phoebe.
 わかったよ・・さようなら、フィービー。

Phoebe: Bye.
 バーイ。

(デヴィッドがキスしようと近寄る)
Mike: Hey, what, are you kidding me?
 おい、冗談じゃないぞ。

David: Right-o, right-o... Take good care of her.
 わかった、わかったよ。(マイクに)彼女をよろしく。(出て行く)

Phoebe: I'm sorry, I'm so sorry. If you... If you want your key back, I totally understand.
 ごめんなさい。本当にごめんなさい。鍵を返して欲しいって言われてもわかるわ。

Mike: It's never gonna happen again, right?
 もう二度とないよね?

Phoebe: Right! Never! Never! I swear!
 ないわ!絶対、絶対よ!誓うわ!(キス)

(デヴィッドが戻ってくる)
David: I-I... Oh, I...I just wanna say uhm... if you do ever come to Minsk, that's my number. . . We'll um... we'll party up Vladnik style.
 僕・・あ、ちょっとだけ言いたくて・・もしミンスクにくるなら、これが僕の番号だから・・(名刺を渡す)ヴラドニクスタイルで大騒ぎしよう。

《ロスの部屋から聞こえる縦笛の音。ロスが入るとジョーイも吹いている》

Joey: Yeah! All right! Hey, hey, Ross. Check it out! Sandy taught me “Hot Cross Buns”!
 いいね!よし! やあ、ロス。これ聞いて! サンディが「ホット・クロス・バンズ」を教えてくれたんだ!



Ross: Really? Sounded like “Three Blind Mice.”
 あ、そう? 「スリー・ブラインド・マイス」みたいだったけどね。



Joey: No. “Three Blind Mice” goes like this...
 違うよ。「スリー・ブラインド・マイス」はこうだよ(吹こうとする)

Ross: I swear to God!
 (睨んで指をさし)神に誓うぞ!

Sandy: Who's up for puppets?
 パペット見たい人!

Joey: Me! I'm up for puppets!
 見る! パペット見たい!

Sandy: Well, please welcome... The Snufflebumps! Who wants to be Mr. Wigglemunch and who's gonna be the Grumpus?
 それじゃ、見て、スナッフルバンプス(クンクンドタン)だよ! 誰がミスター・ウィグルマンチ(クネクネモグモグ)になって、誰がグランパス(不機嫌ちゃん)になる?

Ross: Okay, okay. How exactly is a two month old supposed to appreciate puppets?
 ちょっと、ちょっと。2ヶ月の子が、パペットをどれだけわかるっていうの?

Sandy: Actually studies have shown that the movement and colors help their cerebral development. The whimsical characters are just for us.
 実際、研究の結果、この動きや色が脳の発達にいいとわかっているんですよ。このおもしろいキャラクターは僕らのため。(ジョーイ達にウィンク)

Joey: I wanna be Mr. Wigglemunch.
 俺はミスター・ウィグルマンチをやる。

Ross: Oh, my God!
 オーマイゴッド!

Sandy: Well, I guess we know who's gonna be the Grumpus.
 それじゃ、誰がグランパスか、わかるよね。(ロスはキッチンへ立ち去る)

《キッチン・ロスと、追いかけてきたレイチェル》

Rachel: That was kind of rude.
 あれはちょっと失礼よ。

Ross: Oh, I'm sorry. Please apologize to Sandy and the Snufflebumps for me.
 ああ、ごめんね。サンディとスナッフルバンプスに謝っておいて。

Rachel: You know, he was just doing his job.
 ねぇ、彼はただ仕事をしてるだけよ。

Ross: Well, you know what, I-I'm sorry I'm the only one who isn't in love with Gary Poppins out there. But I just, I can’t, I can't go through with this.
 いや、残念ながら、あのゲイリー・ポピンズを気に入らないのは僕だけじゃないみたいだね。でも、とにかく無理、これは僕には無理なんだよ。

Rachel: Oh, come on, Ross...
 そんな、ロス。。

Ross: No! Hey, you know what? I'm sorry. I would never force you to hire someone you were this uncomfortable with.
 いや! ねぇ、ごめんよ。でも、僕は君がこれほどイヤだと思う人を、絶対雇ったりしないよ。

Rachel: Oh, that's true.
 ああ、それはその通りね。

Ross: Thank you!
 ありがとう!

Rachel: Well, you're the one who wants to fire him, so you're gonna have to do it.
 でも、あなたがクビにしたいっていうんだから、あなたが彼に言ってよね。

《リビングのジョーイとサンディ》

Sandy: So you see, Wigglemunch, that's why it's important to share.
 わかるね、ウィグルマンチ、だから分かち合うってことは大切なんだよ。

Joey: I am learning so much from you.
 (感動して)君からはいっぱい学べるよ。

《モニカ達の部屋:チャンドラーがスーツケースを持って寝室からくる》

Chandler: Well, I'm off to Tulsa, so if your Maitre d’ friend has any funny Oklahoma jokes, tell him to e-mail me at www.ha-ha-not-so-much dot com.
 じゃ、タルサへ行くよ。君の給仕長がおもしろいオクラホマジョークを思いついたら、www.ハハ、それほどでも・ドット・コムへメールしてって言っといて。

Monica: Honey, you can relax. Last night at work, Jeffrey told this really sexist joke. After that, not so funny anymore.
 ねぇ、もういいのよ。昨日の夜、ジェフリーは性差別なジョークを言ったの。それ以来、そんなにおもしろくないわ。

Chandler: Really? See, that's the thing. You gotta keep it smart, people!
 ほんと? ほらな、そこなんだよ。賢くやらなきゃね、みんな!

Monica: Okay, don't miss that flight. You know I love you.
 それじゃ、飛行機乗り遅れちゃうといけないわ。愛してるわよ。

Chandler: I love you too. . . And I like you as a friend.
 俺も愛してる。(ジョーイに)それから、友達として好きだ。

Joey: Right. See you later!
 ああ。じゃあな!

Chandler: See ya!
 じゃあな! (出て行く)

Joey: Did that guy really make that joke?
 (モニカに)そいつ、本当にそんなジョーク言ったのか?

Monica: Nah, he still kills me. Last night he had me laughing so hard, I swear a little pee came out.
 ううん、今もすごく笑わせられてるわ。昨日の夜なんて、笑いすぎて、ほんと、ちょっとオシッコでてきちゃった。

《ロスの部屋:サンディが編み物をしている》

Ross: Here goes.
 さぁ、行くぞ。

Rachel: I can't watch. It's like firing Elmo.
 見てられないわ。まるでエルモをクビにするみたい。

Ross: Sandy. Hi, we uh… we kinda need to talk. I'm afraid it's not working out.
 サンディ、やぁ。ちょっと話したいんだ。残念だけど、君にいてもらえない。

Sandy: Oh.
 あぁ・・。

Ross: Yeah, um... I mean, Rachel and I think you are great with Emma. We just feel...
 ええ。レイチェルも僕も、君はエマにすごくよくしてると思ってる。僕ら思うんだけど・・

Rachel: You! You feel!
 (奥から声だけ)あなたよ! あなたが思ってるの。

Ross: I just feel that the... the chemistry isn't right. I'm sorry. We're... we're more than happy to give you good recommendation…
 僕はちょっと・・相性がよくないと思うんだ。悪いね。僕ら・・喜んで推薦状を書くから・・。

Sandy: Oh, no, no, no... That's okay. I got a lot of offers from other families. I just picked you guys because... I liked you the best.
 いえいえ、いんです。他のご家族からも、たくさん仕事がありますから。僕がこちらを選んだんです。あなた達が一番好きだったので。

Rachel: Oh, damn you, Geller!
 (奥から)もう、バカ、ゲラー!

Ross: Anyway, uh. . Well, I'm glad there's no hard feelings.
 とにかく・・イヤな終り方にならなくてよかったよ。

Sandy: No, none at all. You need to be happy with whoever is in your home. Although if you don't mind telling me, what was your problem? Maybe it's something I can work on in the future.
 いえ、全くそんなことはないですよ。家に一緒にいる人とは楽しくやれないと。でも、もしよければ、何がいけなかったのか教えてもらえますか? これから僕が気をつけられるかもしれないから。

Ross: No, you know, it's uh... nothing you did, it's... it's uh… my issue.
 いや、これは、君が何かしたってわけじゃないんだ。僕の問題なんだよ。

Sandy: What is it? . . Please?
 何なんです?(言わないロス)お願い(クビをかしげる)

Ross: You know, I'm just not um... that comfortable with a guy who's as sensitive as you.
  そうだな・・僕はただ・・君みたいに繊細な人を見ていて落ち着かないんだよ。

Sandy: That's fair. Although, can I ask why do you think that is?
 そういうことなんですね。でも、どうしてそうなのか、聞いてもいいですか?

Ross: Why... I... I don't know. . Um... maybe... maybe because of my father?
 どうしてって・・・どうしてかな。そうだな・・父の影響かな?

Sandy: hmm...
 うーん。

Ross: I mean, um... you know, when I was growing up he was kind of a tough guy. You know, and as a kid I wasn't the athlete I am now.
 子供の頃、父はタフガイって感じでね。子供の頃は僕は今みたいなスポーツマンじゃなかったから。

Rachel: Huh ha ha!
 (奥から)ハハハッ!

Ross: I play squash! Anyway, um... I always get the feeling he thought I was too sensitive.
 (奥へ叫ぶ)スカッシュするよ! とにかく・・いつも、僕は繊細すぎるって感じてたんだ。

Sandy: That must have been hard.
 それはつらかったでしょうね。

Ross: It was hard. I remember I was in my bedroom, playing with my dinosaurs. Playing and learning. And my father walks in and says… he says, “What are you doing with those things? What's wrong with you? Why aren't you… why aren't you outside playing like a... like a real boy?”
 つらかったよ。自分の部屋で、恐竜で遊んでたんだ。遊びながら学んでたんだ。すると父が入ってきて、いうんだ、「そんなもので何をしているんだ? おまえはどうしてそうなんだ? なんで、なんで外で遊ばないんだ、本当の男の子みたいに」って。

Sandy: But you are a real boy!
 でも君は本当の男の子だ!

Ross: I know I am! ...And when it's summer, and it's hot, why can't you wear a tank top?
 そうなんだよ!(泣き出す)それに、夏、すごく暑いとき、なんでタンクトップを着ちゃいけない?!

Sandy: It's all right! Crying is good. It lets the boo-hoos out.
 いいんだよ! 泣くっていいことなんだよ。そうやって気持ちを吐き出すんだ。

Ross: Here come some more!
 ほら、もっと出てきた!(泣く)

《ジョーイの部屋:パペットごっこをするジョーイとサンディ》

Sandy/Grumpus: And what's the one kind of boat that can never ever sink?
 絶対、絶対沈まないボートは何だ?

Joey/Wigglemunch: What kind?
 なに?

Sandy/Grumpus: A friend-ship.
 フレンドシップ。

Joey: Wow! You blow my mind!
 ワオ! 君には驚かされるな!

Sandy: Oh, I gotta go.
 あぁ、もう行かなきゃ。

Joey: Aaahh... How much do I owe you?
 ああ・・。いくらになる?

Sandy: Twenty bucks.
 20ドルだよ。

Joey: It's like the cheapest college ever.
 一番安い大学だな。





にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ

posted by らんち at 02:43| Comment(0) | Season 9 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。