2013年10月31日

8-2 The One With The Red Sweater

8-2 赤いセーターの話

 ☆探せ! 赤いセーターの男☆

《ホテル:チェックアウトするレイチェル達》

Rachel: Listen, you know what, sir? For the last time, I don’t care what the computer says, we did not take a bag of Mashuga nuts from the mini-bar and we did not watch Dr. Do-Me-A-Little!
 ちょっと、いいですか? もうこれ以上は言いませんよ、パソコンの記録にあるか知りませんが、私達はミニバーからマシューガ・ナッツなんて食べてないし、それに『お願いドリトル先生』なんて見てませんからね。

HCQ517Z_mx.jpg
(Mashuga nuts = This all natural creation is made from freshly roasted pecans wrapped in cinnamon meringue, perfect for snacking anytime or as a unique ice cream topping;ローストしたピーカンナッツをシナモンメレンゲでつつんだもの、おやつに、アイスクリームのトッピングに。)

(ジョーイがやってくる)
Joey: Hey!
 やぁ!

Phoebe: Oh! Joey, were you in our room last night?
 あっ、ジョーイ、あなた昨日私達の部屋に来た?

Joey: No. . . I was told the name of the movie would not appear on the bill!
 いいや。(フィービーに請求書を見せられ、フロント係に)請求書に映画のタイトルは載せないって言ってたのに!

(チャンドラーとモニカが来る)
Chandler: Hi! We’re checking out of the bridal suite.
 どうも。ブライダル・スイートですけど、チェックアウトお願いします。

Monica: That’s right. I’m no longer a bride. I’ll never be a bride again. Now, I’m just someone’s wife!
 その通り。もう花嫁じゃないのよね。もう花嫁にはなれないのよ。私はただの、誰かの妻なのよ!

Chandler: And I’m the happiest guy in the world! . . Oh, come on, honey, don’t be upset. We still have so much to look forward to!
 そして俺は世界一幸せな男だ! (モニカは離れてソファに座る)なぁ、モニカ、落ち込むなよ。まだたくさん楽しみなことがあるだろ!

Monica: Oh, yeah, right.
 ああ、ほんと。そうよね。

Chandler: We got the honeymoon.
 新婚旅行があるじゃないか。

Monica: That’s not till Thursday.
 そんなの木曜日じゃない。

Chandler: The wedding pictures?
 結婚式の写真は?

Monica: They won’t be ready for weeks.
 できてくるまでまだ随分待たされるわ。

Chandler: Not the disposable cameras from the tables.
 使い捨てカメラで撮った分はすぐできてくるぞ。

Monica: That’s true! I knew I married you for a reason!
 本当ね! さすが私の結婚した人ね!

Chandler: I’ll tell you what, I will go get them developed and you can go home.
 そうだ、俺が現像に出してくるから、君は先に帰ってろよ。

Monica: Okay.
 わかった。

(ジョーイが嬉しそうに笑う)
Chandler: What? What did you take a picture of?
 なんだ? 何の写真を撮ったんだ?

Joey: Nothing! It was something.
 別に! 何かを撮ったよ。

Chandler: Okay, Ross has the cameras, has he checked out yet?
 ・・よし、カメラはロスが持ってるな。やつはもうチェックアウトした?

Rachel: Are you joking? Checkout is not till noon and he has a good eleven minutes left.
 冗談でしょ? チェックアウトは12時までなんだから、(時計を見て)まだ11分あるわよ。

Chandler: So?
 それで?

Monica: So Ross has never checked out of a room a minute before he had to.
 それでロスはチェックアウトしなきゃならないギリギリまでは出てこないってこと。

Rachel: Yeah, one time, when we were dating, uh we got a late checkout, he got so excited it was the best sex we ever had. Until, you know, he screamed out “Radisson” at the end.
 そうよ。つきあってた頃なんて、一度、チェックアウトに遅れたら、彼めちゃくちゃ興奮しちゃって、あの時ほどのセックスはなかったわよ。最後に彼、ホテルの名前を叫んでたわ。

Chandler: Okay, well, I’m gonna get Ross, get the cameras, and get them developed. . . 32, Joe. You’re 32!
 そうか、じゃ、ロスのところへ行ってカメラをとってきて、現像に出してくるよ。(ジョーイが喜んで笑う)32だぞ、ジョー。おまえ、32歳なんだぞ。

Front Desk Clerk: Here’s a copy of your bill.
 (モニカに)こちらが請求書です。

Monica: Oh, thanks. . . Champagne, strawberries…Oh, my God! I can’t believe Chandler ordered porn on our wedding night!
 ありがとう。(読む)シャンパン、ストロベリー・・・なんてこと! 信じられない、チャンドラーったら新婚初夜にポルノを見てる!

Joey: Yeah, that’s sad. Mashuga nut?
 ああ、悲しい話だな。マシューガ・ナッツ食べる?

《ロスの部屋にチャンドラーが来る》

Ross: Hi.
 やぁ。

Chandler: Hey. . Soaps? Shampoos? Are you really taking all this stuff?
 やぁ。(ロスが詰めている荷物を見て)石けん? シャンプー? これ全部持って買える気?

Ross: Why not? It’s built into the price of the room.
 当然だろ? 最初から値段に入ってるんだからね。

Chandler: Yeah, but you don’t need−What is this?
 ああ、だけどおまえ、こんなもの・・(何か持ち上げて)これ何だ?

Ross: Thread!
 糸!

Chandler: Score! Where are the disposable cameras?
 さすがだな! 使い捨てカメラはどうした?

Ross: What disposable cameras?
 使い捨てカメラって?

Chandler: The cameras? Remember last night I asked you to take them?
 カメラだよ。昨日、持ってってくれるように頼んだだろ?

Ross: No, you didn’t.
 いいや、頼まれてない。

Chandler: Yes! Remember? Right before we cut the cake, I went up to you and I said…
 頼んだよ。覚えてるだろ? ケーキカットをする直前だよ。おまえのところに行って俺は言った・・

Ross: Oh-Oh, yeah, you-you came up to me and asked if I could do you a favor, and my Uncle Murray came up to you and handed you a check. And then you said, "Why do they call it a check? Why not a Yugoslavian?" (Chandler laughs.) Yeah, then you did that.
 ああ、そうだ、君は僕のとこにきて、何か頼みがあるって言ったよ。その時マレーおじさんが近づいてきて、君にチェック(小切手)を渡したんだ。そうしたら君が言ったんだよ「なんでチェックって言うんだろうな? なんでユーゴスラビアンじゃないの?」(チャンドラーが笑う)そうそう、あの時もそうやって笑ってた。

(check=Czech-チェコ人と発音が同じ。Yugoslavianにした方がおもしろいと思ったチャンドラー)

Chandler: So you don’t have the cameras?!
 それじゃおまえカメラ持ってないの?

Ross: No. Sorry, man.
 ああ、悪いね。

Chandler: So? What? What? They’re gone? Monica’s gonna freak!
 それじゃ、何? どうなったんだ? なくなっちゃったのか? モニカがどうかなっちゃうぞ!

Ross: Well, I’m sure they’re still somewhere here in the hotel. I’ll-I’ll help you look for them.
 いや、間違いなくホテルのどこかにあるはずだよ。一緒に探そう。

Chandler: Great.
 よかった。

Ross: In-in three minutes.
 3分後にね。
(チャンドラーはバスルームへ行くがすぐ戻ってきて手を差し出す。荷物に入れていたトイレットペーパーを渡すロス)

《モニカ達の部屋:フィービーが来る》

Phoebe: Hey!
 ハーイ!

Monica: Hey!
 ハーイ!

Phoebe: Are you gonna open the presents without Chandler?
 あなた、チャンドラーが来る前に1人でプレゼントあけちゃうの?

Monica: No! . . But, they’re callin’ out to me! I mean this little guy even crawled up into my lap. Oh, come on, Chandler wouldn’t mind if I opened just one present! What do you think it is?
 いいえ! だけど、みんな私を呼んでるのよ!(一つ持ち上げ)このちっちゃい子なんか、膝に登ってきたのよ。ねぇ、チャンドラーだって一個ぐらい開けたって気にしないわよね。これ何だと思う?

Phoebe: A little mirror that when you look into it you see yourself as an old woman.
 覗き込むと、自分がおばあさんになって見える小さな鏡とか。

Monica: A tiny salt shaker!!!
 (開けて)小さな塩入れだわ!

Phoebe: Ohhh! My God! For tiny salt!
 ああ! すごい! 小さいお塩用ね!

Monica: Oh, wow! Okay. Well, that was fun.
 ああ、すごい! はぁ。楽しかった。

Phoebe: Oh, yeah.
 そうね。

Monica: Good. Okay, I’m just gonna wait for Chandler to open the rest of them.
 よかった。じゃあ、残りはチャンドラーが帰ってきてから開けるわ。

Phoebe: Okay.
 そうね。

Monica: Whew. Although you know, this is part of a salt and pepper set. I mean… I guess you know it may just count as a half a present. What do you think?
 ヒューッ! でもね、塩入れは普通、コショウ入れとセットよね。これじゃプレゼントを半分だけあけたってことで、一個とは言えないわよね。どう思う?

Phoebe: Well, I guess it’s okay to open one more if it’s part of a set. You know, it’s probably this one.
 そうね、じゃあそのセットのもう片方を開けてもいいわよね。きっとこれがそうよ。

Monica: Or this one!
 (大きな包みを持ち)それかこれかも!(開ける)

(レイチェルが来る)
Rachel: Hi.
 ハーイ。

Monica: Hey, how are you feeling? Any morning sickness?
 ねぇ、気分はどう? つわりとかはない?

Rachel: Shh! The guys don’t know yet, do they?
 シーッ! 男性達は知らないんでしょ?

Monica: No! Joey and Ross don’t know anything and Chandler still thinks that Phoebe’s pregnant.
 ええ。ジョーイとロスは何も知らないし、チャンドラーはまだフィービーが妊娠したんだと思ってるわ。

Phoebe: Yeah, that’s right. Chandler does still think I’m pregnant. He hasn’t asked me how I’m feeling or offered to carry my bags. Boy, I feel bad for the woman who ends up with him. . . After you of course.
 その通りよ。チャンドラーは私が妊娠したんだとまだ思ってるのよね。でも、私に気分がどうかと聞いてくれたり、荷物を持ってくれたりとかしないわね。まったく、彼と結婚する女性はかわいそうよね。(モニカに睨まれ)あなたの後ってことよ、もちろん。

Rachel: Don’t worry I promise that you will only have to be pregnant for a few more hours, ‘cause I’m going to tell the father today.
 心配しないで、フィービーが妊娠したってことになってるのもあと数時間よ。今日、父親に話すから。

Phoebe: Ooh, is it someone in this building? Is it that tall guy from the first floor?
 ああ! その人、このビルの人? 1階の背の高い人?

Rachel: Ew! No!
 やだ! 違うわよ!

Phoebe: What?! I think he’s cute.
 なに? 彼って可愛いじゃないの。

Rachel: Well, then you have his baby.
 それじゃあなたが彼の子供産めば。

Phoebe: Believe me, I’m trying.
 ほんと、トライしてるわよ。

Monica: Wow. You know it is so weird. I mean, you’re gonna tell this guy today and he has no idea what’s gonna happen.
 ワオ・・変な感じね。あなたが今日そんなことを打ち明けるなんて、その人、夢にも思ってないのよね。

Phoebe: Yeah. You’re just gonna knock on his door and change his life forever. You’re like Ed McMahon except without the big check, or the raw sexual magnetism.
 そうよね。あなたが彼の家のドアをノックして、それから彼の人生は変わってしまうのよね。あなたって、エド・マクマホンから、小切手とセクシーな魅力を差し引いたみたいな感じね。

(Ed McMahon = コメディアン・司会者。Wikipediaには、コンテストの勝者宅を突然訪問するパロディをしたというような記載があります。)

Rachel: Yeah. I guess it is pretty big news.
 そうね。きっと一大事よね。

Phoebe: Pretty big? It’s huge! God, this guy doesn’t have a clue! He’s just walking down the street thinking, ‘I had sex with Rachel Green. I rock!’ then bam! He’s a father and everything’s different.
 一大事? 巨大よ! ああ、その人、全然知らないでいるのよね。ただ、道を歩きながら、「俺はレイチェル・グリーンとセックスした! 俺ってサイコー!」とか思ってるとバーン! 彼は父親になってて、何もかもが違ってきちゃうのよ。

Rachel: Well, it’s only different if he wants it to be. I mean, I’m not gonna ask him for anything.
 彼が関わりたいなら違ってくるだけよ。私は何も頼むつもりはないんだもの。

Phoebe: Okay. Then he still has this huge decision to make. Now he’s walking around thinking, ‘Do I want to be a dad?’ and then bam!
 そうか。それじゃ彼は大きな決断を迫られる訳よ。歩きながら「俺は父親になるのか?」そしてその時、バーン!

Monica: What was that bam?
 何がバーンなの?

Phoebe: I don’t know. He got…he-he-he-he’s hit by a bus.
 知らない。そうだ、彼、車にひかれるのよ。

(ジョーイが来る)
Joey: Hey!
 ヘイ!

Rachel: Hey, Joey, what would you do if someone that you slept with told you that she was pregnant?
 ねぇ、ジョーイ、もし寝た相手が、妊娠したって言ってきたらどうする?

Joey: Who called here? Did she sound blond? Huh? Did-did-did she have an accent? I gotta make a call! . . . I should have never walked into that Sunglass Hut!
 誰が電話してきたんだ? ブロンドみたいな話し方だった? え? 何かアクセントはあった? 電話かけてくる!(出て行こうとする)誰かわかんないやつと関わるもんじゃないな!

Rachel: Oh, Joey! Joey! No, it’s not you! You didn’t get anybody pregnant!
 ジョーイ、ジョーイ! 違うわよ、あなたじゃないわ。あなたが誰かを妊娠させたってことじゃないのよ!

Joey: Oh. Why would you scare me like that? What the hell is going on? . . Is somebody pregnant?
 ああ。なんでそんなふうにおどかすんだよ? いったいどうしたんだ? ・・誰か妊娠したのか?

Phoebe: Oh, yeah. That’s me.
 ええ、そうよ。私。

Joey: Oh, my God, Pheebs! You’re gonna have a baby?
 なんだって、フィーブス! 赤ちゃんができたのか!

Phoebe: Yes. Yes, I am. Oh, my God, I’m gonna have a baby!
 そう、そうなのよ。ああ、そうなのよ、私、あかちゃんができたの!(ハグ)

Joey: Whoa, wait a minute. Who’s the father?
 すごいな・・ちょっと待て。父親は誰?

Phoebe: You don’t know him. It’s not important. He wants nothing to do with me or the baby.
 あなたの知らない人よ。それは大事なことじゃないの。彼は私や赤ちゃんのことに関わりたくないのよ。(おなかが大きいような座り方をする)

Joey: Well, who is this guy?! Huh? Who is he? ‘Cause I will track him down and kick his ass!
 そいつは誰なんだ? え? 誰だ? 俺がとっつかまえて蹴り入れてやる!

Phoebe: David Linn.
 デヴィット・リンよ。

Joey: David Linn! David Linn! David Linn!!
 デヴィット・リン! デヴィット・リン! デヴィット・リン! (出て行く)

Monica: Who’s David Linn?
 デヴィット・リンって誰?

Phoebe: Oh, some guy from my gym. A little annoying.
 ジムで出会った男よ。ちょっとうるさいの。

《披露宴会場:テーブルの下に潜っているチャンドラー》

Ross: Chandler?
 チャンドラー?

Chandler: Hey! Did you find the cameras?
 おお! カメラ見つかった?

Ross: No. Did you?
 いいや。君は?

Chandler: Yes! And that’s why I’m under the table. Celebrating.
 見つけたからこのテーブルの下にもぐって祝ってたんだよ。

Ross: Well, I checked in the uh, lost and found, I talked to the manager. No one’s turned them in.
 落とし物も確認したし、マネージャーとも話してみたけど、届け出はないそうだ。

Chandler: Well, this is great. You know, those cameras were the only thing that was gonna cheer Monica up today, she’s really depressed.
 ああ、もう最高だね。あの写真だけが今日モニカを元気づけられるものだったんだぞ。本当に落ち込んでるのに。

Ross: Now, you guys just got married, why is she so depressed?
 なぁ、君ら結婚したばかりなのに、なんで落ち込んでるんだ?

Chandler: All my energy is going into not asking that question. I can’t believe I screwed this up!
 俺はその質問を避けることに全精力を注いでいるんだ。失くしたなんて信じられないよ!

Ross: I’m sorry man. . . Here’s a thought. This is the same ballroom. There’s a band. There’s gonna be plenty of dressed up people.
 残念だよ・・ちょっと考えたんだけどな。ここは同じ会場だろう。バンドもいるし、ドレスを着た人がいっぱい来るぞ。

Chandler: Are you suggesting we dance our troubles away?
 おまえ、踊って忘れようって言うのか?

Ross: No-no-no, I’m saying we-we buy more of these at the gift shop, throw our tuxes back on, and take a few pictures. All we have to do is make sure not to get anybody else’s faces.
 いやいや。ギフトショップでカメラを買ってきて、僕らもう一度タキシードを着て、そして写真を撮るんだよ。他の人達の顔を写さないように気をつけながらね。

Chandler: Are you serious?
 本気で言ってるのか?

Ross: I’m just thinking about your new bride at home. Okay? Do-do you really want to start your life together by letting her down?
 僕はただ、家で待ってる君の新妻のことを考えてるだけだよ。な? 新婚生活の最初から、ガッカリさせたいのか?

Chandler: Marriage advice? Really?!
 結婚のアドバイス? おまえが?

Ross: I’m telling you, this looks exactly like your wedding! Aren’t these the same flowers?
 本当だって、これはまったく君らの結婚式にそっくりだよ。これ同じ花じゃないか?

Chandler: I don’t know, Monica picked out the flowers.
 知らないよ。モニカが花を選んだんだ。

Ross: What about the chairs?
 この椅子はどう?

Chandler: She picked those out too.
 それも彼女が選んだ。

Ross: How about the place settings?
 それじゃテーブルとかの配置は?

Chandler: That was her.
 それも彼女。

Ross: What did you do?
 おまえの役割って何?

Chandler: I was in charge of the cameras! Gift shop?
 カメラだよ! ギフトショップ行くか?

Ross: Hmm.
 うん。(2人出て行く)

《セントラルパーク:レイチェル1人、フィービーが来る》

Phoebe: Hey! Ooh, did you do it yet?
 あら! ねぇ、もう伝えたの?

Rachel: Not yet.
 まだよ。

Phoebe: Oh, Well, what are you doing here? Are you about to do it? Is it Gunther?
 そっか。じゃあここで何をしてるの? これから告げるとこなの? ガンターなの?

Rachel: No! Phoebe, it’s not Gunther.
 違うわよ、フィービー。ガンターじゃないわ。

Phoebe: Thank God, ‘cause that hair on a baby…
 ああ、よかった。赤ちゃんにあの髪はね・・

Rachel: Phoebe, the father is not here, okay? I haven’t told him yet and I don’t think I can tell him at all now!
 フィービー、父親はここにはいないわよ。彼にはまだ言ってないし、もう言える気がしないわ。

Phoebe: Why not?
 どうして?

Rachel: I don’t know, let me think. I was walking down the street thinking, ‘I’m gonna tell the father today’ and then bam!
 どうしてって・・どうしてかな。道を歩いていて、考えてたのよ。「これから父親に伝えるんだわ・・」そしたら、バーン!

Phoebe: Bus?
 バス?

Rachel: No, you! Phoebe, you freaked me out. You kept saying how huge this all is!
 違うわよ、あなたよ! フィービー、あんなこと言うから怖くなっちゃったのよ。これが彼にとってどんなに大事件かって言いまくるから。

Phoebe: Well-Well, but it is huge.
 だって・・でも、大事件よ。

Rachel: I know, but I was just thinking about how huge this is for me. I didn’t even go to how huge this was going to be for the father.
 そうだけど、でも、私はこれが自分にとって大事件だってことばかり考えてたのよ。父親にとってどんなに大事件かなんてこと考えもしなかったのよ。

Phoebe: You’re thinking about this way too much. Just tell him and get it over with. It’s like, it’s like ripping off this Band-Aid. Quick and painless, watch. (Rips it off.) Oh, mother of…! . . . See?
 あなた、考え過ぎなのよ。とにかく伝えて、そこは乗り越えるのよ。あれよ、ほら、バンドエイドを剥がすみたいにね。(手のバンドエイドを指差し)一瞬で痛くないのよ。(剥がす)うわっ! なん・・! ・・ほらね?

《モニカ達の部屋:ジョーイが来る》

Joey: Ooh! Are we opening presents?
 おお! プレゼント開けてるの?

Monica: No! No! I shouldn’t have even opened these! I mean I−Joey, I am out of control!! Joey, you have to do me a favor. No matter what I say, no matter what I do, please do not let me open another present! Okay?
 違う! 違うのよ! 私、開けちゃダメなのよ! 私・・もう私・・ジョーイ、私もう壊れちゃった! ジョーイ、お願いがあるの。私が何を言おうと、何をしようと、これ以上プレゼントを開けさせないで! ね?

Joey: Okay.
 わかった。

Monica: Give me one more.
 もう一個ちょうだい。

Joey: Okay.
 わかった。(渡す)

(フィービーが来る)
Phoebe: Hey.
 ハーイ。

Joey: Oh, good, uh you’re here. Uh, Pheebs? Listen, uh sit down. I-I got something I want to say.
 あ、よかった、来たんだな。な、フィーブス? 聞いて。ほら、座って。話があるんだ。

Phoebe: All right.
 わかった(おなかが大きいような座り方)

Joey: Umm, now uh… It’s a scary world out there, especially for a single mom. You know, now I always thought you and I had a special bond so… . . . Phoebe Buffay, will you marry me?
 あー・・この世間は怖いところだ。特に、シングル・マザーにとってはな。俺と君とはいつも特別なつながりがあるとずっと思っていた。だから(片膝をつき指輪を出して)フィービー・ブフェ、結婚してくれる?

Monica: Oh, my God! . . . Joey!
 なんてこというの、ジョーイ!

Phoebe: Hell yeah! I’ll marry you!
 いえーい! 結婚するわよ!

Monica: You can’t marry him!
 彼と結婚するなんてダメよ!

Phoebe: Hey, lady, your day’s over! It’s my turn!
 何よ、お嬢さん、あなたの日はもう終ったのよ! 私の番よ!

Monica: Phoebe!
 フィービー!

Joey: Why?! Why can’t she marry me?!
 どうして? どうして俺と結婚しちゃダメなんだ?

Phoebe: I can and I will!
 できるし、するわよ(ジョーイにキス)

Monica: She’s not pregnant. It’s Rachel. Rachel’s the one who’s pregnant, okay?
 彼女は妊娠してないのよ。レイチェルよ。妊娠してるのは、レイチェルなの。わかった?

Joey: Oh, my God.
 なんてことだ!

Phoebe: Hey!
 ちょっと!

Monica: Phoebe, I think he would notice if you didn’t have a baby in nine months!
 フィービー。9ヶ月たっても子供が産まれて来ないんだから、気づかれると思うわよ。

Phoebe: It’s Joey!
 だってジョーイなのよ!(愛してるとジョーイに声に出さず言う)

Joey: I can’t believe it! What? Rachel’s pregnant? . . Who’s the father?
 信じられない! なに? レイチェルが妊娠って・・? 父親は誰なんだ?

Phoebe: We don’t know.
 私達も知らないの。

Joey: Ohh… I wonder if that dude.
 ああ・・・・もしかしたらあの野郎が・・

Monica: There’s a dude?
 野郎がいたの?

Joey: Yeah.
 ああ。

Phoebe: Who? Who is it?
 誰? 誰なの?

Joey: About a month ago this guy spent the night with Rachel, I didn’t see who it was but…
 1ヶ月ぐらい前、そいつはレイチェルんとこに泊まっていったんだよ。そいつの顔は見なかったんだけど・・(部屋から出て行く)

Phoebe: Was that story over?
 あれで終わりなの?

(後を追って出ていき、廊下で、赤いセーターを持って戻ってくるジョーイに出会う)

Joey: The guy left this.
 そいつがこれを忘れていったんだ。

Phoebe: Oh, my God! I know who the father is…
 なんてことなの! 誰がお父さんかわかったわ。(モニカ達の部屋へ行く)

Monica: People have got to finish their stories!
 ・・みんな、話は最後まで!

《披露宴会場で写真を撮るロスとチャンドラー》

Chandler: Uh, excuse me? Could you take a picture of us?
 (2人連れの人に)ちょっとすみません。僕らの写真を撮っていただけますか?

Woman At The Wedding: Oh! Of course.
 ええ、もちろん!(撮ってもらう)

Man At The Wedding: Uh, would you take one of us?
 私達の写真も撮ってもらえますか?

Chandler: Uhh… Yeah, sure. . . Click!
 あ・・ええ、いいですよ(カメラを構えて)クリック!

Woman At The Wedding: It didn’t click.
 あなた押してないわ。

Ross: I heard it. I heard it.
 僕は聞こえましたよ。聞こえました。

Man At The Wedding: But there was no flash.
 でもフラッシュもなかったし。

Woman At The Wedding: Why won’t you take our picture?
 どうして写真を撮ってくれないの?

Chandler: Oh, yeah. I’ll take, I’ll take your picture.
 ああ、いや、撮りますよ。写真撮りますよ。(もう一度構える)

Man At The Wedding: Uh, your finger was covering the lens.
 あー・・君の指がレンズをふさいでるよ。

Chandler: Who are you? Ansel Adams?! Get outta here!
 誰のつもり? アンセル・アダムスか? あっちへ行ってくれ!

(Ansel Adams = アメリカの写真家)

《セントラルパーク前にいるフィービーとレイチェル》

Phoebe: Look, I feel really bad about how I freaked you out before, so I called the father and asked him to meet you here so you can tell him. Go!
 ねぇ、あなたを怖がらせちゃって悪かったと思ってるの。だから、あなたと会うようにってお父さんをここに呼んだから、ここで伝えることができるわよ。行って!

Rachel: What? Hey, wait a minute! Phoebe, how do you even know who the father is?
 えっ? ちょっと待って! フィービー、どうして父親が誰か知ってるの?

Phoebe: I may play the fool at times, but I’m a little more than a pretty blond girl with an ass that won’t quit. . . I believe this belongs to the father of your baby.
 私は時々バカなふりもするけど、でも、私はただの可愛くてかっこいいお尻の女の子じゃないのよ。(バッグからセーターを出して見せる)これは赤ちゃんのお父さんのものでしょう。

(an ass that won’t quit = 人々が振り返って見るのをやめさせないお尻)

Rachel: Oh, God… Oh, he’s in there right now?
 ああ、神様・・ああ、じゃあ彼は今ここにいるの?

Phoebe: Uh-huh. Now you can turn around or you can go in there and rip the Band-Aid off. What do you want to do?
 そうよ。ここから帰っちゃってもいいし、入っていってバンドエイドを剥がしてもいいのよ。どうしたい?

Rachel: Uh, let’s rip!
 そうね、剥がすわ!

Phoebe: Really? Are you sure?
 ほんと? 本当にいいの?

Rachel: Oh, Phoebe!
 もう、フィービーったら!

Phoebe: Okay, sorry.
 ああ、ごめん。(2人店に入る)

Tag: Hey, Rach.
 やぁ、レイチ。

《披露宴会場で写真を撮るロスとチャンドラー》

Chandler: Why don’t you go up on stage. I’ll get a picture of you doing the speech.
 おまえステージに上がれよ。スピーチしてる写真を撮るよ。

Ross: Okay. Okay!
 よし、わかった。

(ステージに立って話しているふりをすると、客達がグラスを鳴らし、注目されてしまうロス)

Ross: Will the owner of a 1995 Buick LeSabre, please see the front desk? Your car is about to be towed.
 1995年型ビュイックルセーバーのお客様、フロントまでお越しくださいますでしょうか? 車が牽引されていきそうです。

Anxious Wedding Guest: That’s my car!
 それは僕の車だよ!

Ross: A ’95 LeSabre?!
 95年のルセーバーですか?

Anxious Wedding Guest: Yes!
 そう!

Ross: A green LeSabre?
 グリーンのルセーバー?

Anxious Wedding Guest: Yes!
 そう!

Ross: I’m sorry, I meant a blue LeSabre.
 すみません、ブルーのルセーバーでした。

Anxious Wedding Guest: Yes! Green-blue!
 そう! ブルーグリーンだよ!

Ross: Well, go! Go move it!
 それじゃ、行って! 移動させて!(急いで行く男性)

Chandler: Okay, you ready for the last picture?
 よし。最後の写真の準備はいいか?

Ross: Yeah.
 ああ。

Chandler: Get ready to run. . . Congratulations on your wedding.
(He grabs her, kisses her, Ross takes the picture, and they both run out.)
 逃げる用意しろよ(花嫁に近づき)結婚、おめでとう。(キスをし、ロスがその写真を撮る。走って逃げる2人)

《セントラルパークでのその後》

Tag: So, what’s this about?
 それで、どうかしたの?

Phoebe: Rachel has something that she wants to tell you and umm, I believe that this is your red sweater.
 レイチェルが、話したいことがあるのよ。それと、この赤いセーターはあなたのものよね。

Tag: No. . . This is my red sweater.
 いいや。(上着のファスナーを下げ)これが僕の赤いセーターだよ。

Phoebe: Oh, no. Could I get anyone a coffee or…poison? No? Just for me? Okay.
 まぁ、そんな・・私、コーヒーのお代わり持ってこようか・・それとも毒? いらない? じゃあ私だけね。わかった。(カウンターへ行く)

Tag: What’s going on, Rach?
 何がどうなってるの、レイチ?

Rachel: Nothing! Phoebe kinda made a mistake. But you know you do wear that sweater a lot, are you involved in some kind of dare?
 何でもないのよ。フィービーがちょっと勘違いしただけ。だけど、あなたそのセーターよく着てるわね。記録に挑戦してるか何か?

Tag: You know, I’m actually glad Phoebe called. . . I know we broke up because you thought I wasn’t mature enough, but I’ve really grown up and think we should get back together.
 実は、フィービーが呼んでくれてよかったと思ってるんだ。(椅子を勧められて座るレイチェル)僕がおとなじゃなかったから、僕ら別れたんだよね。でも、僕は十分オトナになった。もう一度やり直そうよ。

Rachel: Oh, it’s just not the right time.
 ああ、今はタイミングが悪いのよ。

Tag: It is the right time.
 いや、今がいい時だよ。(彼女の手を取る)

Rachel: Okay.
 あらそう。

Tag: I’m ready for more.
 先へ進める気がするんだ。

Rachel: Tag…
 タグ・・

Tag: Come on, Rach, let’s give it another try.
 ねぇ、レイチ、もう一度やり直そう。

Rachel: I’m having a baby.
 私赤ちゃんができたの。

Tag: Oh.
 おぉ。(ポトッと落とされるレイチェルの手)

Rachel: You can go.
 (沈黙)もう行っていいわよ。

Tag: Thank you.
 ありがとう(出て行く)

《モニカ達の部屋:誰か入ってきて慌てるモニカ》

Monica: I don’t know how any of these got opened?!
 どうしてこんなに開いちゃってるのかわからないわ!

Joey: You opened them all?
 みんな開けちゃったのか?

Monica: I know! I know! I am a terrible person! I mean, Chandler is never going to trust me with anything ever again!
 そうなの、そうなのよ! 私はひどい人間だわ! チャンドラーはもう絶対私のこと信用してくれないわ!

Joey: Oh, hey! You got my parent’s gift!
 あっ、おい! うちの両親からのプレゼントだ!

Monica: Yeah. What is that?
 ええ。それ何?

Joey: Well, I don’t know. I think it does something to salami.
 知らないけど、多分、サラミに何かするやつだよ。

(フィービーとレイチェルが来る)
Monica: Hey! How’d it go?
 あら! どうだった?

Joey: Yeah. What-what did Tag say?
 ああ、タグは何て言ってた?

Rachel: Tag is not the father! And Joey knows now?
 タグはおとうさんじゃないわよ! それにもうジョーイも知ってるの?

Joey: I do, Rach. I do, and I so happy for you.
 そうだよ、レイチ。知ってるよ。本当によかったね(ハグ)

Rachel: Oh, wow, you didn’t even try to unhook my bra!
 まあ。ワオ・・あなたブラを外そうともしなかったわね!

Monica: So are you ever gonna tell whoever it is?
 それで、誰であれ、話すつもり?

Rachel: No, I will. I’m just not up for it tonight.
 ええ、話すわよ。今日はもうやめたけど。

Joey: Hey, Rach, listen, no matter what this guy says I want you to know you’re not gonna be alone in this.
 なぁ、レイチ、聞いてくれ。そいつが何て言おうと、1人じゃないんだからな。

Rachel: I’m not?
 そうなの?

Joey: No. Listen, I uh…
(He takes her hand.)
It’s a scary world out there especially for a single mom. You know, I always felt like you and I have this-this special bond. You know? So, (gets down on one knee again) Rachel Green, will you marry me?
 そうだよ。聞いてくれ。俺・・(レイチェルの手を取り)シングル・マザーにとっては特に、この世間は怖いところだ。俺はいつも君とは特別な絆を感じていた。だから(片膝になり)レイチェル・グリーン、結婚してくれる?

Rachel: What?
 えっ?

Monica: What?!
 はぁっ?

Phoebe: What?!!
 なんですって?!!

Joey: Pheebs, give me the ring back!
 フィーブス、指輪返して!

Phoebe: No!!
 イヤ!

Rachel: No! Joey. Oh, you’re so sweet. You’re so-so sweet, honey. But I’m not, I’m not looking for a husband.
 ダメよ、ジョーイ。ああ、あなたって本当に優しいのね。あなたってホント優しいわ。でも、私、夫を求めてるんじゃないのよ。

Joey: I understand.
 わかったよ。

Rachel: Now, if you will excuse me I am going to go and lie down.
 じゃあ、私、失礼するわね。横になりたいの。(出て行く)

Phoebe: I can’t say that didn’t hurt. But I’ll take you back, Joey Tribbiani.
 傷つかなかったとは言えないわよ。でも、あなたを取り戻すから、ジョーイ・トリビアーニ。

Joey: Uh, yeah. Pheebs, listen about that. I only offered…
 ああ、なぁ、フィーブス、それだけど、俺はただ・・

Phoebe: Ooh! A Salami Buddy!
 あーっ! サラミ・バディ!

Joey: There you go!
 ほらあったね!

(チャンドラーとロスが来る)

Chandler: We’re back!
 ただいま!

Monica: Great! We’re hanging in the kitchen! Let’s stay in the kitchen!
 おかえり! キッチンでくつろぎましょ! (プレゼントから気をそらす)キッチンにいましょうよ!

Chandler: It’s picture time.
 写真のお時間ですよ。

Ross: Now you are gonna love these.
 これ絶対気にいるぞ!

Chandler: Here’s a picture of Ross. And that’s me. And that’s me and Ross. Oh-ho, here’s a picture of our first kiss as a married couple.
 これがロスの写真。これが俺。そしてこれが俺とロス。・・・ああ、ほら。これが、夫婦として初めてのキスをしている僕らだ。

Monica: Wow! That is a great picture!
 ワオ! すごい写真ね!

Chandler: Eh?
 な?

Monica: Yeah! Oh, and interesting because I found the cameras in one of our bags!
 ええ! それに興味深いわよね。だって、カメラは私達のカバンの中にあったんだから!(チャンドラーの胸にカメラが入った袋を押し付ける)

Ross: Huh, didn’t see that coming.
 あら。これは想定外だったな。

Chandler: Okay, so this isn’t a picture of our first kiss, but it is a picture of my first kiss with…with this lady. Which by the look on your face I’m sure you’ll remember. So we don’t need−(Rips the picture)−There’s no need. . . How about I take the real pictures and get them developed right now.
 よし、それじゃこれは僕らの初めての写真でもなかったな。だけど、僕のファーストキスだよ・・この女性との。君のその表情からして、もう忘れないだろうから、いらないよね(写真を引き裂く)これは要らない。じゃあ、これは今すぐ、現像に出しに行ってこようか。

Monica: That would be a good idea.
 それはいい考えね。

Chandler: Okay. . You opened all the presents without me?! I thought we were supposed to do that together!
 よし・・(プレゼントを見る)君、俺抜きで全部プレゼントを開けちゃったのか?! これは2人でやることだろう!

Monica: You kissed another woman!
 あなた他の女性とキスした!

Chandler: Call it even?!
 これでイーブンだな!

Monica: Okay!
 よし!(ハイタッチして出て行くチャンドラー)

Ross: Well, I’m gonna go get these in some water.
 (花束を取り)それじゃ、僕はこれを水に活けなくちゃ。

Phoebe: You stole those from these people’s wedding?
 あなた、それ人の結婚式から盗ってきたの?

Ross: No-no, I took them from the hotel lobby. Yeah, they think they can charge me for some dirty movie and a bag of Mashuga nuts, they got another thing coming. . . Hey, my sweater! I’ve been looking for this for like a month!
 違うよ。これはホテルのロビーから持ってきたんだ。そうさ。あいつら、なんだか知らないポルノとかマシューガ・ナッツとかの代金を請求なんかしてきて。だから、こういうことになるんだよ。(帰ろうとして)あっ、僕のセーターだ! これもう一ヶ月ぐらい探してたよ。(出て行く)

Monica and Phoebe: Oh, my God!!
 オーマイゴッド!

Joey: Oh, my God!
 ・・・オーマイゴッド!!

《道ですれ違う、同じ赤いセーターを着たロスとタグ》

Ross: Hey! How you doing?
 やぁ! 元気?

Tag: Good! Good, long time no see.
 元気元気! 久しぶりだね。

Ross: Yeah.
 ああ。

Tag: Like your sweater.
 いいセーターだね。

Ross: Oh, hey, right back at ya.
 ああ、いや、その言葉そのまま返すよ。

Tag: Oh, it’s crazy about Rachel, huh?
 ああ、レイチェルのこと、すごいよね?

Ross: Yeah. She−Well, she’s one crazy lady.
 ああ。彼女・・彼女はすごい女性だよ。

Tag: So whose is it?
 それで、誰の?

Ross: Umm, I don’t know. Some Italian guy. Come on, read your own label. See you later.
 いや、(自分のセーターのタグを引っ張りながら)知らないな。イタリアの誰かだよ。自分のラベルを読めばいいだろ。じゃあまたね。

Tag: Okay.
 オーケー。

Ross: He is so weird.
 (1人になって)変なやつ。



にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ

posted by らんち at 03:08| Comment(0) | Season 8 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月30日

8-1 The One After "I Do"

8-1 「誓います」の後に・・の話

 ☆ベスト"フレンズ"披露宴☆

《式後、写真を撮る「夫妻」とロス、ジョーイ》

Photographer: Great. Great! Just give me a sec to change film.
 いいね。(撮影)いいよ! フィルム買えるからちょっと待って。

Monica: Okay.
 オーケー。

Ross: Okay, I know I’m not supposed to know, but I do. And I’m so excited for you!
 (モニカに)僕は知らないはずのことだってわかってるんだけどさ、でも聞いたよ。本当によかったね!

Joey: What? What’s going on?
 何が? 何のこと?

Ross: Monica’s pregnant!
 モニカが妊娠してるんだ!

Joey: Oh, my God! Is that why you guys had to get married?!
 驚いたな! だから結婚したのか?

Monica: Guys! I’m not pregnant.
 みんな! 私妊娠してないわよ。

Joey: Ah. Slow swimmers?
 ああ。泳ぐの遅いんだな?

Ross: What?! What do you mean? You-you-you’re not pregnant?
 なに? どういうこと? 君、君、妊娠してるんじゃないの?

Monica: You didn’t tell anybody I was, did you?!
 みんなに、妊娠してるって言ったんじゃないでしょうね?!

Ross: No! . . I’ll be right back.
 いいや。・・すぐ戻るよ(出て行く)

Photographer: Now, why don’t we get a shot of just Monica and the bloody soldier.
 さぁ、今度は、モニカと血を流してる兵士の写真にしようか。

Monica: Oh, about that. Joey, you have to change before the party.
 あ、そのことだけど、ジョーイ、披露宴の前に着替えてよね。

Joey: I can’t! I-I don’t have any other clothes here.
 無理だよ! 他に服なんて持ってないんだから。

Monica: Find some! Please! Anything that doesn’t say I-I died tragically in France.
 何か探してよ! お願いよ! フランスで無惨に死んだ姿じゃなかったら何でもいいから。

Photographer: Well then, why don’t we see the bride and the groom and the bridesmaids.
 それじゃ、今度は、新郎新婦と、ブライズメイドの2人で撮ろう。

(フィービーとレイチェルがそばに来る)
Phoebe: Okay. Hey, Mon, why did you tell the guys you weren’t pregnant?
 わかったわ。ねぇ、モン、どうしてみんなに妊娠してないって言ったの?

Monica: Because I’m not.
 妊娠してないからよ。

Phoebe: We found your test in the trash, if you’re not pregnant−It’s because I am.
 あなたの妊娠検査薬を見つけたのよ。あなたが妊娠してないっていうなら・・(言わないでと合図をするレイチェル)実は私なのよ。(フラッシュと共に撮影される)

Chandler: What?! What are you talking about?
 なに? 何を言ってるんだ?

Monica: What are you talking about?
 それどういうこと?

Phoebe: Yes, I…I am with child. . And I didn’t want to say anything because it’s your day; I didn’t want to steal your thunder.
 そうなの。私には・・赤ちゃんがいるの。(フラッシュ)どうして何も言わなかったかっていうと、今日はあなたの大事な日だからなのよ。

Monica: Wait a minute! So you told people I was pregnant?! . . Does this look like a conversation I want to remember?!
 ちょっと待って! だからって私が妊娠したってみんなに言ったの?(フラッシュ。カメラマンに)これって、私が思い出に残しておきたい会話に見える?

Chandler: Who’s the father?
 父親は誰なんだ?

Monica: Yeah!
 そうよ!

Phoebe: I can’t say.
 言えない。

Monica: Why?!
 どうして?

Chandler: Why not?
 どうしてなんだ?

Phoebe: I can’t say because he’s famous.
 言えないの、彼が有名人だから。

Rachel: Oh, my God, who is it?!
 まぁ、驚いた、誰なの?(あきれるフィービー)

Monica: Phoebe, come on, you have to tell us.
 フィービー、ねぇ、言ってくれなきゃ。

Phoebe: Okay, okay. It’s James Brolin. James Brolin is the father of my baby.
 わかった、わかったわよ。ジェームズ・ブローリンよ。ジェームズ・ブローリンが赤ちゃんの父親なの。

(James Brolin = 俳優)

Chandler: As in Barbara Streisand’s husband James Brolin?
 それって、バーブラ・ストライサンドの夫のジェームズ・ブローリのこと?

Phoebe: What?! Well, he never said that to me!
 なんですって? 彼はそんなこと私に言ってくれなかったわ。

《式場:続き》

Photographer: Monica, if you step away and we’ll get Chandler and the bridesmaids.
 モニカ、ちょっとさがってもらって、チャンドラーとブライズメイドの写真を撮ろうか。

Phoebe: How about just the bridesmaids?
 ブライズメイドだけっていうのはどう?

Chandler: You know, I am the groom, right? I was told it was kinda big deal.
 ねえ、俺って新郎なんだよね? 新郎って大事かなって思ってたんだけど。

Phoebe: It is.
 ハイハイ。

Rachel: For you.
 すべてあなたのため。(チャンドラー立ち去る)

Phoebe: Oh, my God!
 ああ、驚いた!

Rachel: Oh, thank you for doing that. I just can’t deal with this just quite yet.
 ああ、ありがとう、本当に。私まだ話せなくて。

Phoebe: So instead you told me Monica was pregnant.
 だから、モニカが妊娠したって言ったのね。

Rachel: You said that she was, I just didn’t disagree with you.
 あなたがそう言ったのよ。私はただ、否定しなかっただけ。

Phoebe: Sneaky.
 ずる賢いわね。

Rachel: Yeah.
 そう。

Photographer: Smile ladies.
 笑って、お嬢さん方。

Rachel: Oh! . . Oh, by the way?
 ああ(微笑んで写真)ああ、ところで。

Phoebe: Uh-hmm.
 なに。

Rachel: James Brolin?
 ジェームズ・ブローリン?

Phoebe: Oh, I know. I could only think of two names, him and Ed Begley Jr. and then I remembered he’s gay, so..
 ああ、そうなのよね。彼とエド・ベグリー・ジュニアの2人の名前しか思いつかなくて。それからエドはゲイだって思い出して。

Rachel: Ed Begley Jr. is not gay.
 エド・ベグリー・ジュニアはゲイじゃないわよ。

Phoebe: Really?!
 本当?

《披露宴》

Bandleader: Thank you very much! Ladies and gentlemen, it gives me great pleasure to introduce to you for the very first time, Mr. and Mrs. Chandler Bing!
 みなさん、ありがとうございます! とても光栄なことですが、初めて夫婦として登場する、ミスター&ミセス・ビングをご紹介します!

(2人が拍手で迎えられる)

Chandler: Before we go out there I’ve got a present for ya.
 あそこで踊るまえに、プレゼントがあるんだ。

Monica: Honey, I’m going to put my hand in your pocket!
 ねぇ、私、あなたのポケットに手を入れたりしないわよ。

Chandler: No.
 違うよ。

Monica: No.
 違うの?

Chandler: I’ve been taking dancing lessons.
 ダンスのレッスンを受けてたんだ。

Monica: What?!
 え?

Chandler: Yeah, the last six weeks. I wanted this to be a moment you will never forget.
 ああ。この6週間ね。この瞬間を君にとって、忘れられないものにしてあげたくてね。

Monica: Oh, that is so sweet!
 まぁ。優しいのね!

Chandler: So? Would you care to join me in our first dance as husband and wife?
 それじゃ、夫と妻として初めてのダンスをしてくれるかな?

Monica: Yes.
 ええ。

(ダンスフロアに行くと靴が滑ってほとんど歩けないチャンドラー)
Monica: What’s the matter?
 どうしたの?

Chandler: I don’t know, it’s these new shoes, they’re all slippery.
 なんだろう、この新しい靴が、すごく滑るんだよ。

Monica: Well, are you gonna be able to do this?
 それで、踊ることはできそう?

Chandler: Not well.
 うまくは無理だな。
(ダンスを始めるが滑りまくるチャンドラー)

Monica: Well, the good news is, I don’t think anyone’s looking at us.
 幸い、誰も私達を見てないわね。

《テーブルのフィービーとレイチェル》

Phoebe: So, are you ready to talk about it?
 それじゃ、もう話をできそう?

Rachel: No.
 いいえ。

Phoebe: Now?
 ・・・・・もうできる?

Rachel: No!
 いいえ!

Phoebe: Okay, we’ll talk about something else then.
 わかったわ、それじゃ別の話をしましょ。

Rachel: Thank you.
 ありがと。

Phoebe: Who’s the father?!
 誰がお父さんなの?

Rachel: Ugh! Look, honey, you know, I haven’t told him yet, so until I do I don’t think I should tell anybody else.
 もう! ねぇ、まだ彼に話してもいないのよ。彼に話すまでは、他の人に話すべきじゃないと思うの。

Phoebe: Yeah. That’s fine. That’s fair. Is it Tag?
 そうね。わかったわ。もっともなことよ。・・タグなの?

Rachel: Oh, Phoebe!!
 フィービーったら!

Phoebe: Okay, I’m sorry. I’ll stop.
 わかった。ごめん。やめるわ。

Rachel: Okay.
 ええ。

Phoebe: Is it Ross? It’s Ross, isn’t it−Oh, my God, it’s Joey!
 ロスなの? ロスなのね? あっ、なんてことなの! ジョーイなのね!

Rachel: Honey, stop it! Okay? I am not going to tell you until I tell him.
 ねぇ、やめてったら! ね? 彼に話すまでは、言わないから。

Phoebe: Ah-hah! At least we know it’s a him.
 ああっ!少なくとも、男だってことはわかったわ。

《モニカの近くへ来る、テニスウェア姿のジョーイ》

Monica: Oh, sweet Lord.
 ああ、神様。

Joey: I’m sorry! Okay? I went down to the gift shop and it’s either this or a bathrobe! Look, what’s more important, the way I’m dressed or me being with you on your special day?
 悪い! ほんと! ギフトショップへ行ってみたけど、これとバスローブしかなかったんだよ! なぁ、大事なのは、俺が何を来ているかじゃなくて、君の大事な日に、そばにいることだろう?

Monica: Honey, I’m not even going to pretend I was listening. Hey! Hey!
 ねぇ、聞く気にもならないわ。(他の誰かに話しかけに行く)あら、ねえ!

《テーブルNo.を確かめるロス、女性に出会う》

Ross: Hi. I’m uh, I’m Ross. I don’t, I don’t believe we’ve met. I’m Monica’s older brother.
 ハーイ、僕は、ロス。まだ会ってないよね。僕はモニカの兄なんだ。

Woman: Oh, hi, I’m, I’m Mona from her restaurant.
 あら、どうも。私は彼女と同じレストランにいるモナよ。

Ross: Oh! Hello, Mona from her restaurant. . . Mona, wow what a, what a beautiful name.
 ああ! こんにちは、彼女と同じレストランにいるモナ(No.カードに口パクさせながら)モナ、ああ、すごくきれいな名前だね。

Mona: You think so? I’ve always kinda hated it.
 そう思う? 私は嫌いなんだけど。

Ross: Aw, come on, Mona Lisa?
 そんな。モナリザと同じだろ?

Mona: Uh-huh.
 そうね。

Ross: Mona umm…Llegglachen. The famous botanist? Huh? Oh, no, she’s uh−well, she’s dead now but.. No, supposedly she was once quite the hotty of the plant world.
 モナ・・・クラクラッケン、有名な植物学者だよ? ね・ ああ、いや、彼女は・・彼女はもう死んでるけど・・。だけど、植物界では、すごいセクシーな1人だったと思われるよ。

Mona: Really?! Well, see? I never knew about her.
 そう? 私は知らないけどね。

Ross: Linda Llegglacnen. So what uh, what-what table are you at? . . Oh, me too.
 リンダ・クラクラッケンだったかな・・・ところで、君は何番のテーブル?(モナがカードを見せる)ああ、僕と同じだ。

Mona: Oh, good. Now there’ll be someone there who likes my name.
 ああ、よかった。じゃあ、私の名前を好きな人と同じ人と一緒なわけね。

Ross: Yes, there will. . . Oh, guess what, Molly Gilbert. You’ve just been bumped up to table one. And if it’s all right with you I’m gonna take your place at table six−Martin Llegglachen.
 ああ、そういうことだね。(モナは立ち去り、ロスはモナと同じテーブルのカードを探し、見つける)ああ、モリー・ギルバート。君は1番テーブルに移動だよ。そして僕は君の6番テーブルに行かせてもらうからね・・・・マーティン・クラクラッケンだった!

《女性に、背後からテニスを教えるジョーイ》

Joey: That’s better, now just bend your arms a little more. There you go. Okay, look straight ahead. Now this time I want you to really put your ass into it.
 よくなった。それと、もう少し腕を曲げて・・ほらそうだよ。よし、まっすぐ前を見て。じゃあ今度は、ここでお尻をつきだして。

《チャンドラーと母》

Mrs. Bing: Chandler, darling! Look, my date has finally arrived. I’d like you to meet Dennis Phillips.
 チャンドラー、ねぇ! 見て、私の彼がようやく着いたのよ。デニス・フィリップスよ。

Dennis Phillips: Congratulations.
 おめでとうございます。

Chandler: Thank you.
 ありがとう。

Mrs. Bing: Dennis is a dear old friend and a fantastic lover.
 デニスは古い友達で、恋人としても素晴らしいの。

Chandler: Bravo, Dennis, thanks for pleasing my mother so.
 ブラボー、デニス。母をそんなに喜ばせてくれてありがとうございます。

Dennis Phillips: Oh, I’m so sorry I missed the ceremony, I was stuck at auditions.
 ああ、式には間に合わなくて悪かったね。オーディションがあったのでね。

Mrs. Bing: Oh, yes, Dennis is directing a new Broadway show.
 ああ、そうなの。デニスは新しいブロードウェイのショーを監督するのよ。

Joey: I don’t believe we’ve met, Joey Tribbiani.
 (突然会話に入る)まだお会いしてませんでしたよね、ジョーイ・トリビアーニです。

Dennis Phillips: Dennis Phillips
 デニス・フィリップスです。

Joey: Wow, I’ve admired your work for years. You-you’ve done some really amazing stuff.
 ワオ! あなたは憧れの人ですよ。あなたの作品はみんなすばらしいですよね。

Dennis Phillips: Oh, thank you. Well, if you’ll excuse me, I’m gonna go get myself a drink. Be back in a moment.
 ああ、ありがとう。ちょっと、失礼して、飲み物をとってくるよ。すぐ戻るから。(立ち去る)

Joey: Wow, Dennis Phillips! That’s great! How did you guys meet?
 ワオ! デニス・フィリップスだ! すごいな! どうやって彼を知ったんです?

Mrs. Bing: Well, it’s a funny story.
 ああ、それがおもしろい話なのよ。

Chandler: Funny: ha-ha or funny. . .
 おもしろいってハハハ! か、それとも、おもしろくてこう?(頭を撃ち抜くジェスチャー)

《時間経過》

Bandleader: Thank you, thank you very much. If everyone will please take your seats, dinner will be served.
 ありがとう、本当にありがとう! みなさん、席についていただけますか。お食事の用意が整ったようです。

《6番テーブルが子供専用と気づき、9番テーブルにモナを発見したロス》

Ross: Hey! Uh, I thought, I thought you were at table six.
 やぁ・・僕、君は6番テーブルかと思ったよ。

Mona: No, nine.
 いいえ、9番よ。(カードを見せる)

Ross: Oh, see, before you uh, when you showed it to me you-you held it that way which uh, which was misleading. Well I’m… . . . Hello.
 ああ、そうか。さっき見てくれた時、君はそれを上下逆に持ってたんだね。それで間違っちゃったよ。・・それじゃ・・(6番テーブルに着席し、子供達に凝視されて)こんにちはー。

《靴の裏にテープを貼るチャンドラーに近づくジョーイ》

Joey: Chandler. Will you see if your mom can give my resume to Dennis Phillips? ‘Cause if I can get in a Broadway show then I would’ve done it all, film, television, and theater. The only thing left would be radio, and that’s just for ugly people.
 チャンドラー、君のおかあさんからデニス・フィリップスに俺の経歴書を渡してもらえないかな? ブロードウェイでも出演できれば、全部制覇したことになるだろ。映画、テレビ、そして劇場。残ってるのはラジオだけどさ、あれはブサイクな人用だからな。

Chandler: What size shoes do you wear?
 おまえ、靴のサイズいくつ?

Joey: Uh, eleven, eleven and a half.
 11。11.5だよ。

Chandler: Great, because my shoes are giving me a little problem on the dance floor, can I borrow the boots from your costume?
 それはいい。俺の靴がダンスフロアで滑るんだよ。おまえの衣装のブーツを貸してくれないか?

Joey: Uh, I don’t even really know where I left those. Sorry.
 あー・・・あれどこに置いたか覚えてないよ。悪いな。

Chandler: Those aren’t eleven and a half.
 (ジョーイの靴を見て)それ、11.5はないだろ。

Joey: Okay, fine! I’m a seven! All right, I have surprisingly small feet. But the rest of me is good, I’ll show ya!
 いいよ、わかったよ! 7だよ! わかったか。俺は驚くほど小さな足なんだよ。だけど他の部分は大丈夫だぞ。見せてやろうか!

《テーブルについたモニカとレイチェル》

Monica: Can you believe Phoebe got pregnant?!
 フィービーが妊娠したなんて、信じられる?

Rachel: Oh, you know what, honey? Let’s not talk about that right now?
 ああ、ねぇ、その話は今はやめにしない?

Monica: This is so huge.
 すごい事件よ。

Rachel: Sure, but come on, as big as your wedding?
 そうね。だけど、あなたの結婚式ほどじゃないでしょ?

Monica: Of course not. Nothing is. Between me and you…
 もちろんよ。結婚式以上なんてないわよ。ここだけの話だけど・・

Rachel: Yeah.
 ええ。

Monica: …in this day and age how dumb do you have to be to get pregnant?
 いまどき、妊娠しちゃうなんて、バカな話よね。

Rachel: Hey! You know, sometimes you can do everything right, everyone can wear everything they’re supposed to wear, and one of those little guys just gets through!
 ちょっと! やるべきことをやっていても、ちゃんとつけるべきものをつけていても、あのちっちゃいのが通過することがあるのよ!

Monica: How?
 どうやって?

Rachel: I don’t know! Maybe they have tools.
 知らないわよ。何か道具を持ってるんじゃないの。

Monica: Well, I-I talked to and uh, she’s definitely going to have this baby. You know, she said she was gonna raise it on her own.
 私、彼女と話したんだけど、子供を産むつもりなのね。自分で育てるっていうのよ。

Rachel: Well, maybe that’s, maybe that’s really brave.
 それはまぁ、本当に勇敢なことかもね。

Monica: Maybe. I just hope she realizes how hard it’s gonna be.
 かもね。だけど、どんなに大変か気づいていないと思うわ。

Rachel: Maybe she hasn’t really thought it through that well.
 彼女、本当にちゃんと考えてないのかもね。

Monica: Well, there’s a lot to think about. I mean, how will she, how will she handle this financially? How is she gonna juggle work? Does she realize she’s not going to have a date again for the next eighteen years?
 考えなきゃいけないことはいっぱいよ。経済的なことはどうするか? 仕事もあるのに、どうやってやりくりするか? それに彼女、この先18年ぐらいデートもできないって気づいているのかしら?

Rachel: I don’t know.
 どうなのかしらね。(泣き声)

Monica: Are you okay?
 あなた大丈夫?

Rachel: Uh-hmm. I’m just thinking about Phoebe; poor knocked up Phoebe.
 ええ。ただ、フィービーのことを思うと・・かわいそうに妊娠しちゃったフィービー。

Waiter: Champagne?
 シャンパンはいかがでしょう。

Rachel: Oh, yes! Thank you very much! . . . . Oh, that’s-that’s actually how the French drink it.
 あ、ええ! ありがとう!(受け取り飲んでから気づき、モニカに隠れて吐き出すが、見られていたので)ああ、これは、フランス人の飲み方よ。(察して驚くモニカ)

《モニカとレイチェルのテーブルにフィービーも加わる》

Phoebe: Well, I just got off the phone with my lover, James Brolin…
 恋人のジェームズ・ブローリンと電話で話してきたわ。

Monica: Oh, really?!
 あら、ほんと?

Phoebe: Yes, and apparently he is married to some singer, but he said he would leave her for me. And I said, "James, James Brolin, are you sure?" James Brolin said…
 そうよ。彼はどうやら歌手と結婚してるらしいんだけど、でも、彼は私のために別れるって言うのよ。だから私は言ったの「ジェームズ、ジェームズ・ブローリン、本気で言ってるの?」ジェームズ・ブローリンは言ったわ・・

Monica: Rachel’s really the one who’s pregnant?
 妊娠してるのは、本当はレイチェルでしょ?

Phoebe: What?! . . Why bother?
 えっ?! ・・もういいや。

Monica: How do you feel?
 (レイチェルに)気分はどう?

Rachel: I don’t know. I don’t know how I feel. This is all happening so fast. I have to make all these decisions that I don’t want to make. . . Somebody just take this away from me!!
 どうかな。どういう気分かわからないわ。本当に急なんだもの。決められないような決断をしなきゃいけないんだもの。(うっかりシャンパンを飲み、また吐き出す)誰かこれどっかへやって!

Phoebe: Calm down. Maybe you’re not pregnant.
 落ち着いて。妊娠してないかもしれないわよ。

Rachel: What?!
 えっ?

Phoebe: When I got pregnant with the triplets, I took that test like three times just to make sure.
 私、三つ子ができた時、3回も確認したわよ。

Monica: Yes! Maybe it’s a false positive. Are you sure you peed on the stick right?
 そうよ! 間違いだったかもしれないわよ。スティックに正しくオシッコかけた?

Rachel: How many ways are there to do that?
 そんなことにいろいろ方法があるの?

Phoebe: I’m-I’m just saying, don’t freak out until you’re a hundred percent sure.
 私が言いたいのは、100%間違いないってわかってから、あせったらいいってことよ。

Rachel: All right, I’ll-I’ll take it again when I get home.
 わかったわ。帰ったらもう一度やってみる。

Monica: You-you gotta take it now. Come on, do it as a present to me.
 今やってみてよ。お願い。結婚のお祝いとして。

Rachel: Okay. Thank you.
 わかったわ。ありがとう。

Monica: Okay.
 いいわ。

Phoebe: I’ll run out and get you one.
 じゃあ買いに行ってくるね。

Rachel: Oh, you guys are so great.
 ああ、あなた達って本当に最高ね。

Monica: Oh, wait a minute! Who’s is the father?!
 あ、ちょっと待って! 父親は誰なの?

Phoebe: Oh, no, she won’t tell us.
 あ、ダメよ。彼女言わないの。

Monica: Oh, come on, it’s my wedding! That can be my present.
 あら、いいじゃない! 私の結婚式なのよ! お祝いとして言って。

Rachel: Wh−Hey, I just gave you peeing on a stick.
 な・・ちょっと! 今スティックにオシッコしてあげるじゃない。

Phoebe: See? This is why you register.
 (モニカに)わかった? もうリストに入ってるのよ。

《席についているロス。椅子を動かし変な音を立てると、子供達が笑う》

Ross: It was the chair again! Okay? I’m not doing it! It what−look, I don’t−you know what−eh-eh… . . . Hi.
 今ものまた椅子だよ! いいかい? 僕がしたんじゃない! これは・・いいか、僕は・・もういいや・・(立ち上がり、モナに声をかける)ハーイ。

Mona: Hi!
 ハーイ!

Ross: Umm, would you like to dance?
 踊らない?

Mona: Sure.
 いいわよ。

Ross: Yeah?
 いい?

Mona: Yeah.
 ええ。

Ross: Oh, great!
 ああ、いいね!

Little Girl: Dr. Geller?
 (後ろから)ドクター・ゲラー?

Ross: I wasn’t farting! . . . Uh, a little game from our table. . . Yes?
 僕はおならしてない!(モナに)これ、僕らのテーブルのちょっとしたゲームでね。(少女に)なに?

Little Girl: Dr. Geller, will you dance with me?
 ドクター・ゲラー、私と踊ってくれない?

Ross: Oh, umm, well uh, maybe-maybe later. Right now, I’m about to dance with this lady.
 ああ・・いや、また後でね。今は、このお嬢さんと踊るところなんだよ。

Little Girl: Okay.
 わかった・・(ガッカリした様子)

Mona: Ohhhh!
 まぁ!!

Ross: Uh, unless! Unless, this lady wouldn’t mind letting you go first.
 あー・・でもね! でも、もしこのお姉さんが君と先に踊らせてくれたらいいよ。

Mona: I’d be happy to. You are very sweet.
 喜んで。あなたって本当に優しいのね。

Ross: Oh. . Yes, I-I am. In fact umm hey, why don’t we try it my special way? You can dance on my feet.
 ああ、そうなんだよ。ほんと・・ねぇ、君、特別に足の上に乗って踊らせてあげようか。

Little Girl: Sure!
 うん!

Ross: Yeah? Hop on. . . Is the pretty lady looking?
 そう? じゃあ乗って。(踊りながら)かわいいお姉さんこっち見てる?

Little Girl: Uh-huh.
 うん。

Ross: Keep dancing.
 踊り続けて。

《1人で踊るチャンドラー:滑らないのでちゃんと踊れる》

Chandler: And the world will never know.
 (独り言)そして誰にも知られないまま。

Joey: Hey! Did you talk to Dennis about me yet?
 なぁ、デニスに俺のこと話してくれた?

Chandler: Yes, I told him how talented you were. I told him all about Days Of Our Lives.
 ああ。おまえがどんなに才能があるかって言っておいたよ。「愛の病院日誌」のことも話しておいた。

Joey: No-no! No! No! You don’t tell a Broadway guy that! Now he just thinks I’m a soap actor.
 ダメダメ! ダメだよ! ブロードウェイの人

《踊り終わったロス》

Little Girl: Thank you.
 ありがとう。

Ross: No-no, thank you, Miranda.
 いえいえ、ありがとう、ミランダ。

Little Girl: Melinda!
 メリンダ!

Ross: All right.
 ああそう。(モナのところへ)

Mona: How cute was that?
 なんて可愛らしいのかしら!

Ross: Oh-oh, were you, were you watching?
 ああ、なに、今のを見てた?

(他の女の子が来る)
Second Girl: Can I go next?
 次は私と踊ってくれる?

Ross: What? Of course you can! Hop on!
 え? もちろんいいよ! 乗って!

Mona: Okay, but I get to hop on after her.
 ねぇ、でも次は私にも乗らせてね。

Ross: I am so gonna score.
 (少女と踊りながら)今日はイタダキだぞ!

Second Girl: What?
 え?

Ross: I like your bow.
 君のリボンかわいい!

《ステージに上がるジョーイ》

Joey: I’d like to propose a toast. To Monica and Chandler, the greatest couple in the world. And my best friends. Now, when I first found out they were getting married I was, I was a little angry. I was like, "Why God? Why? How can you take them away from me?!" But then I thought back over all our memories together, some happy memories. . . And-and there was some sad memories. . . I’m sorry. And-and some scared memories−Whoa! . . . Eh? And then, and then I realized I’ll always be their friend, their friend who can speak in many dialects and has training in stage combat and is willing to do partial nudity. . . Oh! To the happy couple!
 (グラスを鳴らし)乾杯を言わせていただきたいと思います。世界最高のカップル、そして親友のモニカとチャンドラーに! 2人が結婚すると初めて知った時は、僕は怒りがわいてきました。こんなふうに「なぜ、神様? なぜ? どうしてあの2人を僕から取り上げるんだ?!」でもそれから、一緒に過ごした思い出を振り返りました。楽しい思い出です。(笑ってみせる)それから、悲しい思い出も。(泣く)失礼しました。それから、怖い思いでも・・・ワオ!(飛び退いてみせる)どうです? それから、気がつきました。僕はこれからもずっと友達だ。いろんな方言がしゃべれて、格闘もでき、また部分的にはヌードもやれる、そんな友達です。(立ち去りかけてグラスを挙げ)そうそう、幸せなカップルに!

《時間経過》

Bandleader: Thank you.
 ありがとう!

Ross: That was very nice, Ashley.
 よかったよ、アシュレイ。

Ashley: Can we do it again?
 もう一度踊れる?

Ross: No-no.
 いやいや。(モナのところへ)

Mona: So, is it my turn now?
 それじゃ、私の番ね?

(別の女の子が来る)
Fat Girl: I’m next!
 私が次よ!

Ross: Oh!
 わっ!

Mona: Uh, that’s okay. You can dance with her first.
 ああ・・いいわよ。彼女と先に踊ってあげて。

Ross: Oh, you-you sure? Okay. (To the girl) Okay. So what’s uh, what’s your name.
 ほ・本当に? そうか・・(女の子に)いいよ。君、君の名前は?

Fat Girl: Gert!
 ガート。

Ross: That’s, that’s pretty. . . Whoa! Whoa! Whoa! What are you doing there, Gert?
 そりゃ・・そりゃかわいい・・(ガートが足に乗ろうとする)うわうわっ、うわ! 何をしてるの、ガート?

Gert: Dancing on your feet! Like the other girls did it.
 あなたの足の上で踊るのよ! 他の子にもそうしたでしょ。

Ross: Okay. Hop on, Gert.
 わかったよ。乗って、ガート。(痛みにうめく)

Gert: Why aren’t you moving your feet?
 もっと早く動いてよ。

Ross: I’m trying.
 頑張っているよ。

Gert: Faster! You’re not going fast enough!
 もっと早く! もっと早くしなきゃ!

Ross: Maybe I should stand on your feet!
 じゃあ僕が君の足の上に乗ろうか!

《デニスと話しに行くジョーイ》

Joey: So did you uh, happen to catch my toast up there?
 僕の乾杯、見てくれました?

Dennis Phillips: Oh, my God, that was for my benefit?
 なんてことだ。あれは僕のためにやったのか?

Joey: Well, I’d like to think there was something for everyone. Look, I know you’re casting for this new show…
 まぁ、みんなのためになったと思いたいけど。新しいショーのキャスティングをなさってるんでしょう・・

Dennis Phillips: Look, umm Joey, I-I don’t think you’re quite right for this project.
 いいかい、ジョーイ、君はこの芝居には合わないと思うよ。

Joey: Oh, see that’s where you’re wrong. Whatever it is I can do it. And if you didn’t see it up there, just-just try me.
 ああ、それはあなたの間違いですよ。何であっても、僕は出来ます。さっきのではダメだったとしても、とにかく僕を使ってみてくださいよ。

Dennis Phillips: It’s an all Chinese cast. Can you be Chinese?
 これは全員中国人なんだ。君中国人になれる?

Joey: Well, I’m not proud of this, but…
 いや、これは自慢じゃないけど・・(背を向けて目に手をやる)

Dennis Phillips: Oh, my God! No-no-no! Please! Please! Don’t-don’t-don’t!
 なんてことを! ダメダメダメ! 頼む、頼むからやめてくれ、やめて!

《チャンドラーのところへ行くモニカ》

Monica: Hey, are you ready to get back on the dance floor?
 ねぇ、ダンスフロアに行って踊らない?

Chandler: Did it turn into sand?
 床が砂になった?

Monica: Ohh, come on, I love this song! Come on, you’ll be fine.
 もう、大丈夫よ。この歌好きなの。ほら、できるわよ。(ダンスフロアに行く)

Chandler: No. No, I won’t. Do you know why I took all those lessons? See, for the first time I didn’t want you to be embarrassed to be seen on the dance floor with some clumsy idiot.
 (滑ってついて行く)いやいや、ダメだよ。どうしてこのレッスンを受けたかわかってる? 一度ぐらい、不格好なバカみたいに踊って君に恥をかかせたず踊りたかったんだよ。

Monica: Oh, sweetie, you can never embarrass me. Okay, you can easily embarrass me. But come on, it doesn’t matter. All right? I married you! So I want to dance on my wedding night with my husband. Come on. Just try not to move your feet at all. . . There you go.
 あら、あなた、私に恥をかかせたりなんてしないわよ。。。わかった、しょっちゅう恥かかされるわよ。でも、いいのよ、そんなの。いい? 私はあなたと結婚したのよ。だから結婚式の夜だもの、夫と踊りたいわ。ほら、来て。足を動かさないようにすればいいのよ。(上半身だけで踊ってみるチャンドラー)ほらできた。

Mr. Geller: Chandler, I’m gonna have you arrested.
 チャンドラー、逮捕するぞ。

Chandler: Why?
 なんで?

Mr. Geller: You stole my moves.
 私のダンスを勝手に盗ったからだ!

《女性用トイレのレイチェルとフィービー》

Rachel: How much longer?
 あとどれくらい?

Phoebe: 30 seconds.
 30秒よ。

Rachel: 30 seconds, okay.
 30秒ね。わかった。

(モニカが来る)
Monica: Did I miss it? . . Rachel, I-I want you to know that, if it’s positive, we’re gonna…
 もう終った? (フィービーが首を振る)レイチェル、聞いておいてね。もし、これが陽性でも、私達・・

Rachel: Oh, I know. I know.
 ええ、わかってる、わかってるわ。

Monica: You do. Okay.
 そう。いいわ(ハグ)

Phoebe: It’s time.
 時間よ。

(他の女性が入って来ようとする)
The Girls: No!!
 ダメ!(引き下がる女性)

Monica: Go ahead, Rach.
 ほら、どうぞ、レイチ。

(見に行く)
Rachel: Oh, wait! You know what? I can’t, I can’t look at it. I can’t. Somebody else tell me, somebody tell me.
 ああ、待って! ねぇ、ダメよ。見られないわ。無理。誰か見て教えて。誰か教えて。

Phoebe: Okay.
 わかった。

Rachel: Okay.
 お願い。

Phoebe: Umm, it’s negative.
 えー・・・陰性よ。

Rachel: What?
 えっ?

Phoebe: It’s negative.
 陰性よ。

Rachel: Oh. Oh. Well, there you go. Whew! . . That is−that’s great−that is really great-great news. . . You know ‘cause the whole not being ready and kinda the financial aspects, all that. Whew. Wow, this is so just the way it was supposed to be.
 ああ・・そんな・・まぁ・・そういうこと。ヒュー! ・・それは・・それは本当にいいニュースよね。だって、準備ができてないとか、経済的なこととかね。ハー。・ワオ・・こうでなきゃいけないのよね。。

Monica: Well… Well, great.
 そう・・それじゃ、よかった。

Phoebe: Here.
 はい。(レイチェルにティッシュを渡す)

Rachel: Thanks. . . God, this is so stupid! . . How could I be upset over something I never had? It’s negative?
 ありがとう・・ああ、本当にバカね! 私ったら何でもないことに大騒ぎしちゃってたの? 陰性だった?

Phoebe: No, it’s positive.
 ううん。陽性よ。

Rachel: What?!
 えっ?

Phoebe: It’s-it’s not negative, it’s positive.
 陰性じゃないの。陽性よ。

Rachel: Are you sure?
 間違いない?

Phoebe: Well, yeah, I lied before.
 ええ。さっきは嘘をついたの。

Rachel: Oh!
 まぁ!

Monica: Oh, God…
 まぁ。。

Phoebe: Now you know how you really feel about it.
 これで、本当の自分の気持ちがわかったわね。

Rachel: Oh-oh, that’s a risky little game!
 まぁ。。危険な賭けね。

Monica: Are you really gonna do this?
 本当に産むのね?

Rachel: Yeah. I’m gonna have a baby. I’m gonna have a baby. I’m gonna have a baby!
 ええ。赤ちゃん産むわ。私赤ちゃん産む。私、赤ちゃん産むのよ!(3人でハグ)

Phoebe: With who?
 誰との子?

Rachel: Ah, it’s still not the time.
 ああ、まだそれはダメよ。

『Dedicated to the People of New York City』
 ニューヨーク市の人々に捧げる

《踊ってヘトヘトのロスを助けて歩くジョーイ》

Ross: I just didn’t see the fast song coming.
 あんな早い曲が来るとは思わなかったよ。

Joey: Shh. Don’t try to talk, we’ll get you up to your room, we’ll soak your feet, you’ll be okay.
 シーッ。話そうとしなくていいよ。部屋に連れていくから、足を冷やせばきっと大丈夫だよ。

Ross: Oh, thank you.
 ああ、ありがとう。

Mona: That is so sweet!
 本当に優しいのね!

Joey: Yeah.
 ああ。

Mona: No, I mean it. There are so few genuinely nice guys out there.
 いえ、本当よ。そんなふうに本当に優しい人って少ないわ。

Joey: Tell me about it, I feel like I’m holding down the fort all by myself.
 まったくね。1人で砦を守ってる気分だよ。

Mona: It’s Joey, right?
 あなた、ジョーイよね?

Joey: Yeah.
 ああ。

Ross: Wait a minute! No! I’m the nice one! I’m the one who danced with the kids all night! How…How small are your feet?!
 ちょっと待てよ! なんだよ! 僕が優しい人だったのに! 僕がずっと子供達と踊ってたんだぞ! ・・君の足、なんて小さいんだ?!
(ジョーイの足に注目)


にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ

posted by らんち at 00:37| Comment(0) | Season 8 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月29日

7-24 The One With Chandler and Monica’s Wedding Part 2

7-24 チャンドラーのモニカの結婚式 Part 2

 ☆ベスト"フレンズ"ウェディングーPart 2 ☆

《モニカ達の部屋のバスルーム:前回の続き》

Rachel: Oh, my God!
 オーマイゴッド・・

Phoebe: I know! Monica’s gonna have a baby! Hey, can this count as her something new?
 ね! モニカは赤ちゃんを産むんだわ! ねぇ、これってサムシング・ニューにならないかしら?

(something new = something 4 の一つ)

Rachel: Oh, my God!
 オーマイゴッド!

Phoebe: Hey, do you think this is why Chandler took off?
 ねぇ、このせいでチャンドラーはどっか行っちゃったのかしら?

Rachel: No, she had to have just taken that test because I took out the trash last night.
 いいえ。彼女このテストをしたばかりよ。私昨日の夜そのゴミ箱空にしておいたもの。

Phoebe: Oh, God, this is turning into the worst wedding day ever! The bride is pregnant. The groom is missing. And I’m still holding this.
 ああ、神様・・これって史上最悪の結婚式になっちゃいそうわ。新婦は妊娠、新郎は行方不明。そして私はまだこれを持ってる。(検査薬を捨てる)

Rachel: Okay, Phoebe, we cannot tell anyone about this.
 ねぇ、フィービー、このこと誰にも話しちゃダメよ。

Phoebe: Right.
 そうね。

Rachel: Okay?
 いい?

Phoebe: Yeah, okay. Hey, wait. Do you know what kind of birth control she was using?
 ええ、わかったわ。ね、待って。彼女ってどういう避妊方法だったのかな?

Rachel: No. Why?
 いいえ。どうして?

Phoebe: Just for the future, this is hardly a commercial for it.
 将来のためよ。これは商売にはならないわね。

《ジョーイの部屋:電話を切るロス。レイチェルとフィービーが来る》

Rachel: Anything?
 何かわかった?

Ross: No! I talked to Joey on the set, he hasn’t heard from him. I-I-I talked to Chandler’s parents again!
 いいや。スタジオにいるジョーイと話したとこだけど、彼にも連絡はないそうだ。チャンドラーの両親ともまた話したよ。

Phoebe: You told them he was missing?
 彼がいないって言っちゃったの?

Ross: No! I made it seem like I was just calling to chat. Pretty sure, they both think I’m interested in them.
 いいや。ただ話がしたいように見せかけたんだ。間違いなく、2人とも僕が彼らに気があると思ってるよ。

Rachel: All right, we’ve got to tell her he’s gone.
 もういい。もう彼女に言うしかないわ。

Ross: No! Hey! Hey! We can’t!
 ダメだよ! 待って待って! 話しちゃダメだよ!

Rachel: Ross, she’s gonna start getting ready soon!
 ロス、彼女もうすぐ用意を始めちゃうのよ。

Ross: Well, can’t you at least stall her a little? I’ll-I’ll go back to some of the places I went last night.
 だけど、少なくともちょっと彼女をとめておけないか? 昨日行ったところをもう一度回ってみるよ。

Rachel: All right, well, how much time do you need?
 わかったわ。どれくらい時間がほしい?

Ross: Well, how much time before she absolutely has to start getting ready?
 用意をするのに絶対これだけ必要って時間までどれくらいある?

Rachel: One hour.
 1時間よ。

Ross: Give me two.
 2時間くれ。

Rachel: Then why do you ask?!
 じゃあ何で聞くのよ?!(3人廊下に出る)

Ross: Okay, wish me luck.
 よし。幸運を祈っててくれ。

Phoebe: Okay. I’m going with you.
 ねぇ、私も一緒に行く。

Ross: Why?!
 なんで?

Phoebe: Ross, you’re tired. You’ve been looking all night. And clearly you suck at this.
 ロス、あなたは疲れてるわ。一晩中探して歩いたんでしょう。それに明らかにあなた探すのヘタよ。

Rachel: All right, I’ll see you guys later.
 わらったわ。じゃあまた後でね。

Phoebe: Okay. Wait, do you know how you’re going to stall her?
 ええ。待って、あなた、どうやって彼女を引き止めるかわかってる?

Rachel: I’ll figure something out.
 何か考えるわ。

Phoebe: All right. Good luck.
 わかった。頑張って。

Rachel: Thanks.
 ありがと。

《モニカ達の部屋:レイチェルが戻る》

Monica: Hey! Okay, so I thought we’d start with my make up and then do my hair.
 あら! ねぇ、まずメイクアップをして、それから髪をセットしようと思うの。

Rachel: Okay uh, but before you do that. I-I, I need you to talk to me.
 そうね。でもその前に、私、話したいことがあるの。

Monica: About what?
 何を?

Rachel: Umm… I’m never gonna getting married!
 ええ・・(泣き出す)私絶対結婚できないんだわ!

Monica: Yeah, you will! The right guy is just around the corner! Okay, are we done with that?
 いいえ、できるわよ! 運命の相手はすぐそこにいるのよ。さぁ、これでもういい?

Rachel: No, Monica! I’m serious! Oh, maybe I should just forget about it. Become a lesbian or something.
 いいえ、モニカ! 私真剣なの! ああ、もう諦めたほうがいいのかもね。レズビアンか何かになろうかしら。

Monica: Any woman would be lucky to have ya.
 あなたとつきあえる女性は幸せね。

Rachel: Well, maybe it would make me feel better if I slept with Joey.
 もしかして、ジョーイと寝たら気分が晴れるかしら。

Monica: Rachel! You okay?
 (立ち上がって)レイチェル! 大丈夫?

《ジョーイの撮影スタジオ》

Joey: Excuse me, Aaron? . . Hi! Umm, I have a little problem with the schedules. Originally, I wasn’t supposed to work today, and I have this wedding that I really have to be at. It’s my best friend’s, and I’m officiating so I really can’t work past four.
 すみません、アーロン? ・・どうも。このスケジュールでちょっと問題があるんです。もともと、今日は仕事がないはずだったんで、僕は結婚式に出席することになってて、これ本当に行かないといけないんです。友達の結婚式で、僕が司祭を務めるんですよ。だから本当に4時までしかここにはいられないんです。

The Director: Joey, you gotta stay until the end. We can’t stop filming just for you. It’s not like it’s your wedding.
 ジョーイ、終わりまでいてもらわないと困るよ。君のために撮影を止めることはできないよ。君の結婚式ってわけじゃないだろ。

Joey: I’m having surgery!
 手術なんです!

The Director: What?!
 えっ?

Joey: Yeah, I-I just made up the stuff about the wedding because I didn’t want you to worry about me. But, I’m having surgery today.
 ええ、心配させたくなかったんで、結婚式があるなんて言いましたけど、本当は今日手術なんです。

The Director: What kind of surgery?!
 なんの手術?

Joey: Transplant.
 移植です。

The Director: But you’re supposed to work on Monday.
 だけど、君、月曜日も撮影があるんだよ。

Joey: Hair transplant.
 髪の移植です。

The Director: But you’re not bald.
 でも君、禿げてないじゃないか。

Joey: It’s not on my head.
 頭じゃないんですよ。

The Director: Look, Joey, there’s nothing I can do. Besides, you’re probably gonna be out by four anyway. We’ve just got one short scene. It’s just you and Richard, and God knows he’s a pro. You’ll be fine. . . . Morning, Richard.
 なぁ、ジョーイ、なんともしてあげられないよ。それに、どっちにしても4時には終るかもしれないよ。短いシーンがあるだけなんだから。君とりチャードの2人だけのシーンだし、それにリチャードはプロだ。大丈夫だよ。・・(立ち去り、リチャードに出会う)おはよう、リチャード。

Joey: Hey! You’re here! Great! Great! Great! Let’s get going, buddy, we’ve got a scene to shoot!
 やぁ! 来たね! よかった、よかった、よかった! 始めようよ、ね、シーン撮らなきゃ!

Richard: I’m wearing two belts.
 俺、2本ベルトしてる。

Joey: Are you drunk?
 酔ってるのか?

Richard: No!
 いいや!

Joey: Yes, you are!
 いいや、酔ってる!

Richard: All right.
 まぁね。

《チャンドラーのオフィス》

Ross: So this is your office?
 ここが君のオフィスなのか?

Chandler: How did you guys find me? I knew I should’ve hid at the gym!
 どうしてここだとわかったんだ? やっぱりジムに隠れるべきだったな。

Phoebe: What the hell are you doing?!
 いったい何してるのよ?!

Chandler: Panicking! And using the Internet to try to prove that I’m related to Monica. How is she?
 パニクってるんだよ! そしてネットを使って、モニカと親戚関係だって証明できないか調べてる。彼女はどうしてる?

Ross: She’s fine. She doesn’t know you’re gone. And she doesn’t have to know, okay? Now come on, we’re going home.
 大丈夫だよ。おまえがいなくなったことは知らない。知る必要もない。いいな? さぁ、行こう。帰るんだ。

Chandler: No! No! No! I can’t do that!
 いやいやいや! もう無理だ!

Phoebe: Why not?!
 なんで?

Chandler: Because if I go home, we’re gonna become the Bings! I can’t be the Bings!
 もし帰ったら、俺たちはビング家になる! ビング家にはなれない!

Ross: What’s wrong with being the Bings?
 ビング家の何がいけないんだ?

Chandler: The Bings have horrible marriages! They yell. They fight. And they use the pool boy as a pawn in their sexual games!
 ビング家はひどい結婚生活になるんだ。怒鳴る。ケンカする。そしてプール掃除のボーイをセックスゲームの駒にするんだ!

Ross: Chandler, have you ever put on a black cocktail dress and asked me up to your hotel room?
 チャンドラー、君、黒のカクテルドレスを来て僕をホテルに誘ったことある?

Chandler: No.
 いいや。

Ross: Then you are neither of your parents!
 じゃあ君は両親とは全然違うじゃないか!

Chandler: It’s not just their marriage! I mean, look at yours. Look at everybody’s! The only person that can make marriage work is Paul Newman! And I’ve met me; I am not Paul Newman. I don’t race cars! I don’t make popcorn! None of my proceeds go to charity.
 両親の結婚だけじゃないんだ! 君を見ろよ。みんなを見てみろよ! 結婚がうまくいってるのは、ポール・ニューマンだけだ! そして、俺は俺を知っている。俺はポール・ニューマンじゃない。カーレースもしない! ポップコーンを作ったりもしない! 寄付もしない!

(Paul Newman = 二度目の結婚を全うした)

Phoebe: But look Chandler, right now no-one has a lower opinion of you than I do. But I totally believe you can do this.
 だけど、チャンドラー、たったいま、あなたに対する評価、私より低い人はいないけど、それでも私、あなたにはこれができると思うわ。

Chandler: I want to. I love her so much, but I’m afr…It’s too huge.
 そうしたいよ。彼女のことはすごく愛してるけど・・でも俺は怖・・これは大きすぎるよ。

Ross: You know, okay. You’re right. It is huge. So why don’t we take it just a little bit at a time? Okay? Umm, forget getting married for a sec; just forget about it. Can you just come home and take a shower? That's not scary, right?
 そうか、わかった。そうだな。大きすぎる。だったら、一緒に、少しずつ進めていったらどうだ? ね? 結婚ってことはちょっと忘れるんだ。忘れろ。とにかく家に帰って、シャワーを浴びることはできるだろ? それなら怖くない、な?

Chandler: Depends on what you mean by "we."
 何を「一緒に」するかどうかによるけど。

《モニカ達の部屋:モニカをひきとめているレイチェル》

Rachel: The nights are the hardest. But then the day comes! And that’s every bit as hard as the night. And then the night comes again…
 夜が一番つらいのよ。でもそれから昼間になる。その一瞬一瞬が夜と同じくらいつらいの。そしてまた夜がくる。

Monica: The days and nights are hard! I get it! Okay? Look umm, Rachel, I’m sorry! I have to start getting ready! I’m getting married today!
 昼も夜もつらい! わかったわ、ね? レイチェル、悪いけど、私もう用意始めなきゃならないの。今日結婚するのよ!

Rachel: I know. At dusk. That’s such a hard time for me.
 そうよね。夕暮れ時よ。それこそが私にはつらい時なの。

Monica: I’m gonna go put my make-up on, we have to be at the hotel in an hour!
 もうメイク始めないと。あと1時間でホテルに着いてないといけないのよ。

Rachel: Okay. But wait!
 わかったわ。でも待って!

Monica: What?!
 何?

Rachel: Let’s go to lunch.
 ランチに行きましょうよ。

Monica: I can’t go to lunch!!
 ランチなんて行けないわよ!

Rachel: Right.
 そうか。

(モニカはバスルームへ。レイチェルは転んで見せる)

Rachel: Oh, good God! I’ve fallen down!
 ああ、大変! 私転んじゃったわ!

Monica: What’s going on?
 どうなってるの?

Rachel: Okay. Alright. . Honey, listen. When I tell you what I’m about to tell you, I need you to remember that we are all here for you and that we love you.
 いいわ。わかった。(立ち上がる)ねぇ、聞いて。これから言うけど、忘れないで、私達みんなそばについてるし、あなたのこと愛してる。

Monica: Okay, you’re-you’re really freaking me out.
 ちょっと、ねぇ・・本当に怖くなってくるんだけど。

Rachel: We can’t find Chandler…‘s vest. We can’t find Chandler’s vest.
 私達、見つけられないの、チャンドラー(フィービーがドアを開けて、見つかった合図をする)のベスト。チャンドラーのベストが見つからないのよ。

Monica: How can that be?! Oh, wait! Wait! Are you, are you serious?!
 どうしてそんなことが起きるの? ああ、待って、待って! それ本当に本当?

Phoebe: Found the vest! I mean we’re gonna have to keep an eye on it, you know, make sure we don’t lose it again…
 ベスト見つけたわ! でも見はっておかないとね。また失くすことのないようにね。
 
Rachel: Oh!
 ああ!

Monica: Oh, wow! Okay. Don’t scare me like that, okay? I mean for a minute there I was like, "Oh, my God! The worst has happened!"
 ああ、もう! ああ。驚かさないでよ。頼むわよ。一瞬、もう「ああ、もうダメ! 事態は最悪!」みたいになったわ。(バスルームへ)

《ホテルの一室:ビング元夫妻とフィービー》

Phoebe: So-so you two were married, huh? What happened? You just drift apart?
 それで、あなた達って結婚してたのよね? どうなったの? 愛が消えた?

(レイチェルとモニカ母が来る)
Mrs. Geller: Here comes the bride.
 花嫁登場よ。
(花嫁姿のモニカが来る)

Phoebe: Oh, my God, Monica!
 まぁ、すごいわ、モニカ!

Monica: I wanna wear this everyday.
 これ毎日着たいわ!

Rachel: You look so beautiful.
 すごくきれいよ。

Monica: I’m so happy for me.
 私もすごく嬉しいわ。

(電話が鳴り、レイチェルが出る)
Rachel: Hello?
 もしもし?

Joey: Hey! Did Chandler show up yet?
 やぁ! チャンドラーは戻ってきた?

Rachel: Yeah, we got him back. Everything’s fine.
 ええ。連れ戻したわ。何もかも順調よ。

Joey: Damn it!
 くそっ!

Rachel: What? Why? Where are you?
 なに? どうして? あなたどこなの?

Joey: I’m still on the set!
 俺まだスタジオなんだよ!

Rachel: Joey! The wedding is in less than an hour!
 ジョーイ! 結婚式まで1時間もないのよ!

Joey: I know! I’m sorry! The guy’s drunk, they won’t let me go until we get this.
 わかってるよ! ごめん! あいつは酔っ払ってるし、これが終るまでは帰らせてくれないんだ。

Rachel: Oh, my God! I’m gonna have to find another minister.
 まぁ、なんてことなの! 誰か神父さん探さなきゃ。

Joey: No! No, I’m the minister! Alright, look-look, put them both on the phone, I’ll marry them right now.
 ダメ! ダメだよ! 俺が神父だよ! いいか、そうだ、あの2人を電話に出してくれ。今すぐ結婚させるよ。

Rachel: Ugh! Joey, I have to go.
 もうっ! ジョーイ、もう切るわよ。

Joey: Hey! Don’t you hang up on me! I’ll marry you and me right now! I have the power!
 おい! 俺の電話を切るなんて! 今すぐ君と俺と結婚するぞ! 俺には権限があるんだ!(電話を切られる)

《ホテル、チャンドラーの部屋》

Ross: There you go. You put on a tuxedo! Now that wasn’t so scary, was it?
 ほらできた。タキシードを着たぞ! な、そんな怖いことじゃなかっただろ?

Chandler: No.
 ああ。

Ross: I’m telling you, just a little bit at a time.
 だから言ってるだろ、少しずつだよ。

Chandler: Yeah, okay. Well, what’s the next little bit?
 ああ、わかったよ。それで次の少しは何?

Ross: Getting married. . . Okay. Okay. You can, you can do that too! Just like you’ve done everything else!
 結婚する。(パニクるチャンドラー)よしよし・・これもできるから! ここまでやってこれたのと同じようにね!

Chandler: Yeah. You’re right. Hey, I-I can do that.
 ああ、そうだな。そうだ。ああ、できるさ。

Ross: Yeah.
 そうだよ。

Chandler: Okay, excuse me for a minute. (Starts to leave)
 わかった。ちょっと失礼するよ。(出て行こうとする)

Ross: Wh−Hey−Whoa-whoa, where, where you going?!
 えっ、ちょっと、おいおい、どこへ行くっていうんだ?

Chandler: Ross, I am not gonna run away again! I just want to get a little fresh air.
 ロス、また逃げたりしないよ。ちょっと新鮮な空気を吸いたいだけだよ。

Ross: Okay.
 わかった。

Chandler: Okay.
 うん。

《廊下:出てきてタバコに火をつけるチャンドラー》

Chandler: Oh, fresh air!
 ああ! 新鮮な空気!

(レイチェルとフィービーの近づいてくる声が聞こえ、焦って部屋に隠れる)

Phoebe: Wait! Maybe, maybe you’re overreacting! You do that, you know.
 (レイチェルに)待って! もしかしたらあなた騒ぎすぎなのかもよ。あなたそういうことあるじゃない。

Rachel: Well Phoebe, we gotta do something! You know. I mean there’s no way Joey’s gonna make it in time. So I’m gonna go through the hotel and see if there’s any other weddings going on.
 でもフィービー、何かしないと! ジョーイはもう絶対間に合わないのよ。ホテルを見て回って、他にも結婚式がないか見てみるわ。

Phoebe: Okay. Oh, but don’t tell them Monica’s pregnant because they frown on that.
 わかった。ああ、でも、モニカが妊娠してることは言っちゃだめよ。イヤな顔されるかも。

Rachel: Okay.
 わかった。

Phoebe: Okay.
 じゃね。

(2人は立ち去り、立ち聞きしていたチャンドラーが驚いた顔で出てくる)

《ホテル内で別の結婚式を見つけたレイチェル》

Rachel: Anastassakis Papasifakis wedding, excellent! . . . Congratulations. . Mazel Tov! . . . Hi! Oh, great hat. Listen, umm, I need you to perform another wedding. Can you do that?
 アナスタサキスとパパシファキスの結婚式。最高ね! (新郎新婦に)おめでとうございます。ご幸運を! (神父に)ハーイ、ああ、素敵な帽子! 聞いてください、他にも結婚式を執り行っていただきたいんですけど、できませんか。

(Mazel Tov = Good luck のヘブライ語)

The Rabbi: I don’t know. Are they Greek Orthodox?
 それはどうかな。お二人はギリシャ正教会信徒かね?

Rachel: Yeah! Yeah. They’re…they’re-they’re my friends, uh, Monica Stephanopolis. And uh, and Chandler Acidophilus.
 ええ、そうです。その・・2人は私の友達なんです。モニカ・ステファノポラス。それと、チャンドラー・アシドフィラスです。

《ホテルの一室:両家の両親とフィービーがいる。ロスが来る》

Ross: Hi! (To Mrs. Bing) Hi! (Mr. Bing starts rubbing his arm.) Hi. Has umm, anyone seen Chandler?
 ハーイ!(ビング母に)どうも。 (ビング父がロスの手を撫でる)ハーイ。誰か、チャンドラー見なかった?

Mr. Geller: I thought he was with you.
 おまえと一緒じゃなかったのか。

Ross: He-he was with me umm, we’re playing a little game, you know? Hide and seek.
 彼は一緒にいたんだけど、あー・・僕らちょっと遊んでいて・・ほら、かくれんぼさ。

Mr. Geller: You can’t ask us, son, that’s cheating.
 私達に聞いちゃダメだぞ。ズルしちゃだめだ。

Ross: ...You’re right, thanks for keeping me honest, dad.
 ・・そうだね。ありがとう、僕を正直者でいさせてくれて・・。

Mrs. Geller: Well, he better not come by here. He can’t see the bride in the wedding dress.
 ここに来てもらっちゃいけないわね。彼はウェディングドレス姿の花嫁を見ちゃダメなんだから。

Mrs. Bing: As I recall when we got married, I saw the groom in the wedding dress.
 思い出すわね。私達が結婚した時、私、新郎のウェディングドレス姿を見たわ。

Mr. Bing: But that was after the wedding, it’s not bad luck then.
 でもあれは結婚式の後だ。だから悪いことじゃない。

Mrs. Bing: Honey, it isn’t good luck.
 ハニー、いいことでもないわよ。

(モニカが来る)
Ross: Oh, my God! Monica!
 オーマイゴッド! モニカ!

Monica: I know! Hey, how’s Chandler doing?
 でしょう! ねぇ、チャンドラーは大丈夫?

Ross: Great. He’s doing great. Don’t you worry about Chandler. . . Uh Phoebe, can I see you for a second?
 大丈夫だよ。彼はちゃんとやってる。チャンドラーの心配はいらないよ。・・フィービー、ちょっと話せる?

Phoebe: Yeah!
 ええ。(2人廊下へ出る)

Phoebe: What’s going on?
 どうしたの?

Ross: Chandler’s gone again!
 チャンドラーがまたいなくなったんだ!

Phoebe: Oh, my God! Why would you play hide and seek with someone you know is a flight risk?!
 まぁなんてことなの! あなた、どうして、逃げるかもしれない人とかくれんぼなんてしたのよ?!

《ジョーイの撮影スタジオ》

Joey: Aaron! You gotta let me go. The guy’s hammered!
 アーロン! もう帰らせてくれ。彼は酔っ払ってるんだよ!

The Director: I’m sorry Joey, as long as he’s here and he’s conscious we’re still shooting.
 悪いな、ジョーイ。彼がここにいて意識がある限り、撮影は続けるよ。

(リチャードの部屋へ行ってみると、リチャードは長い剣でステーキを切ろうとしている)

Richard: You wouldn’t happen to have a very big fork?
 君、でっかいフォークを持ってたりしないかね?

Joey: So I uh, I just talked to the director. That’s it, we’re done for the day.
 えー・・今、監督と話したんですけどね、おしまいですよ。今日はもう終わりです。

Richard: Well, have we finished the scene?
 そうか、俺たち、撮影済んだ?

Joey: Yeah! You…you were wonderful.
 ええ! あなた素晴らしかったですよ。

Richard: As were you.
 君もね。

Joey: So I got your car, it’s right outside.
 それで、車用意できましたよ。すぐ外にいます。

Richard: Thank you. You’re welcome.
 ありがとう。どういたしまして。(立ち上がろうとしたがふらついて寝る)

Joey: No-no-no! We gotta go! Come on! Here we go.
 ダメダメダメ! 行かないと! ほら、行きますよ(リチャードを肩に担ぎ上げる)

Richard: Is that my ass?
 (ジョーイのお尻を見て)これ俺のお尻?(担いで出て行くジョーイ、担がれながらお酒のボトルを掴んで行くリチャード)

《ホテルの廊下:チャンドラーを探すロスとフィービー》

Ross: There he is!!
 見つけたぞ!

Chandler: What?
 なに?(ロスがタックルする)

Phoebe: Hey! Oh!
 ちょっと! ああ!

Ross: You’re not getting away this time, mister! Unless you want that ass kicking we talked about!
 もう逃がさないぞ、ミスター! 例のお尻蹴り上げられたいか!

Chandler: Ross!
 ロス!(起き上がろうとする)

Ross: Hi-Yah!! I’m serious! You’re not walking out on my sister!
 ハイヤーッ! (奇声をあげられ、横になったまま見上げるチャンドラー)僕は真剣なんだぞ! 僕の妹を置いて行かせはしない!

Chandler: That’s right! I’m not!
 (立ち上がり)そうだよ。行かないよ。

Ross: Then where the hell have you been?!
 じゃあいったいどこへ行ってたんだよ?

Chandler: I know about Monica.
 モニカのこと知ってるんだ。

Phoebe: You know?!
 知ってるの?

Ross: What?
 え?

Chandler: Yeah, I heard you and Rachel talking.
 ああ。君とレイチェルが話してるのを聞いたんだ。

Ross: What?! What?! Talking about what?!
 何? 何? 何を話してたんだ?

Chandler: You don’t know?
 おまえ知らないのか?

Ross: Know what−If somebody doesn’t tell me what’s going on right now…
 知るって何を・・誰か、何のことかいますぐ話さないと・・

Phoebe: What? You’ll hi-yah?
 何よ? 「ハイヤーッ」?

Chandler: Monica’s pregnant.
 モニカが妊娠したんだ。

Ross: Oh, my God. Oh, my God! And you’re…you’re not freaking out?
 オーマイゴッド。。オーマイゴッド! そしておまえ・・おまえはパニクってないの?

Chandler: Well, I was! Then I went down to the gift shop because I was out of cigarettes…
 ああ、パニクったさ。でも、下のギフトショップへ行ったんだ、タバコが切れたもんだから・・

Phoebe and Ross: Cigarettes?!!
 タバコ?!

Chandler: Big picture, please! So I was in the gift shop, and that’s when I uh, saw this. . . Yeah, you know what? I thought anything that can fit into this, can’t be scary.
 今その話かよ、頼むよ! とにかくギフトショップに行って、これを見たんだ(I ハートマーク New York と書いた赤ちゃんの服を見せる)・・こんなものに入っちゃうものが、怖いわけないよな。

Phoebe: Well, you obviously didn’t see Chuckie 3.Child's Play3
 どうやらあなたはチャッキー3を知らないようね。

Chucky12Box.jpg(Chuckie 3 = Child's Play3)

Chandler: But come on, look at how cute and small this is! So I got it to give Monica, so she’d know I was okay.
 だけどほら、見ろよ、このちっちゃくて可愛いこと! それで、これをモニカにあげようと思って買ったんだ。これで、俺が大丈夫だってわかるだろ。

Ross: Dude.
 おまえってば!(ハグ)

(ゲラー父が通りかかる)
Mr. Geller: Way to go son! I knew you’d find him!
 よくやったな! 見つけられると思ってたぞ!

《結婚式:左右に両親の腕をとり歩いてくるチャンドラー》

Mr. Bing: Our little boy is getting married.
 私達の坊やが結婚するなんて。

Mrs. Bing: Oh, look at you! So handsome!
 ああ、見てこの子ったら! 本当にハンサムよ!

Chandler: You look beautiful mom. . . You look beautiful too, dad. I love you both. . . I’m so glad you're here.
 きれいだよ、かあさん(咳払いをする父)きれいだよ、とうさん。2人とも愛してる。(父にキス)来てくれて嬉しいよ(母にキス)

(1人祭壇に近づくチャンドラー)
The Rabbi: Are you Chandler?
 あなたがチャンドラー?

Chandler: Are you Joey?
 君はジョーイか?

(ロスがフィービーとレイチェルの腕をとり歩いてくる)

Ross: Huh. This is nice.
 ああ、これはいいな。

Phoebe: What?
 何が?

Ross: I’ve never walked down the aisle knowing it can’t end in divorce.
 離婚にはならないってわかっててここを歩くの初めてだよ。

(モニカが両親の腕をとり歩いてくる)

Mrs. Geller: Oh, I wish your grandmother had lived to see this.
 ああ、あなたのおばあちゃまが生きてこれを見ててくれたらね。

Monica: She’s right there.
 おばあちゃんそこにいるわよ。

Mrs. Geller: Not that old crone, my mother. . Congratulations, darling.
 あのしわくちゃ婆さんじゃないわよ。私の母。(立ち止まってキスをし)おめでとう。

Mr. Geller: We love you, sweetheart.
 愛してるよ、スイートハート。(キスをして座る)

(祭壇手前で出会う2人)
Chandler: You look beautiful. Is this new?
 きれいだよ。それ新しいの?(ドレス)

Monica: Not now.
 今はやめて。

Chandler: Okay.
 オーケー。

Monica: Who's this?
 (神父を見て)この人誰?

The Rabbi: I am Father Karabasos.
 私は神父、カラバソスです。

Chandler: He’s Greek Orthodox.
 (モニカの耳に)彼はギリシャ正教会の人だ。

Rachel: As are you.
 (囁く)あなた達もね。

The Rabbi: Let us begin. Dearly beloved…
 始めましょう。親愛なるみなさま・・

(兵士姿のジョーイが来る)
Joey: That’s my line! . . . I can take it from here, thanks. . . . Dearly beloved, I’m sorry I’m a little late. You may be confused by this now, but you won’t be Memorial Day weekend 2002. Well, let’s get started before the groom takes off again, huh? . . . We are gathered here today, to join this man and this woman in the bonds of holy matrimony. I’ve known Monica and Chandler for a long time, and I can not imagine two people more perfect for each other. And now, as I’ve left my notes in my dressing room, we shall proceed to the vows. Monica?
 それは俺のセリフだ!(走ってきて神父に)ここからは俺がやるよ。ありがとう。・・・親愛なるみなさま、遅れてすみません。これを見て混乱してるかもしれないけど、でも戦没将兵追悼記念日2002じゃないからね。それじゃ、また新郎が逃げ出さないうちに始めようか。(モニカショック)私達はいまここに、この男とこの女の神聖なる結婚の結びつきを祝うために集いました。僕はモニカとチャンドラーを昔から知ってますが、この2人以上に、お互いにぴったりな人はいません。それでは、メモを楽屋に忘れてきちゃったし、誓いの言葉に進みたいと思います。モニカ?

Monica: He took off?
(レイチェルからメモを受け取りながら)彼逃げたの?

Rachel: Go on! Go on.
 早く、早く誓いの言葉!

Monica: Chandler, for so long I…I wondered if I would ever find my prince, my soul mate. Then three years ago, at another wedding I turned to a friend for comfort. And instead, I found everything that I’d ever been looking for my whole life. And now…here we are…with our future before us…and I only want to spend it with you, my prince, my soul mate, my friend. Unless you don’t want to. You go.
 チャンドラー、ずっと長い間、私は、私の王子様、ソウルメイトを見つけられるのかしらと思ってきました。そして3年前、別の結婚式で友達に慰めを求め、その結果、これまでずっと探してきたすべてを見つけました。そしてこうしてここにいる私達・・私達の将来を前にして、それを共に過ごしたいのは、あなただけよ、私の王子様、私のソウルメイト、私の友達。。あなたがイヤじゃなかったらだけどね。どうぞ。

Joey: Chandler?
 チャンドラー?

(ロスがメモを渡そうとするが)
Chandler: No, that’s okay. Monica, I thought this was going to be the most difficult thing I ever had to do. But when I saw you walking down that aisle I realized how simple it was. I love you. Any surprises that come our way, it’s okay, because I will always love you. You are the person I was meant to spend the rest of my life with. You wanna know if I’m sure?
 いや、いいよ。・・モニカ、これは僕が今までにしてきたことの中でも一番難しいことだと思っていた。でも、ここへ歩いてくる君を見たとき、なんて簡単なことなんだろうと思ったよ。愛してる。この先、どんなことが起きようと、大丈夫だ。だって、いつまでもずっと愛してるから。君は、僕の今後の人生をずっと一緒にすごすべきただ1人の人だ。僕の気持ちを知りたい?(キスをする)

Joey: You may now kiss the bride. So, I guess by the powers vested in me by the state of New York and the Internet guys, I now pronounce you husband and wife. Oh, wait! Do you take each other?
 (慌てて)花嫁にキスをしてよろしい。それじゃ、ニューヨークとインターネットの人によって授けられた権限により、2人を夫と妻と宣言する。あっ、待って。お互いを夫婦と認め誓うか?

Chandler: I do.
 誓います。

Monica: I do.
 誓います。

Joey: Yeah, you do!
 ああ、誓うよな!

Ross: Rings?
 指輪は?

Joey: Oh, crap! Okay−uh…uh let’s-let’s do the rings.
 あっ。クソっ! よし、それじゃ・・指輪の交換をしよう。

(チャンドラーはロスから、モニカはレイチェルから指輪を受け取り、互いの指にはめる)

Joey: We good? Yeah? Good? Once again, I pronounce you husband and wife. . .Now kiss her again.
 いい? 大丈夫? いい? ・・もう一度、2人を夫と妻と宣言する。・・さぁ、もう一度キスして。

Chandler: I love you. And I know about the baby.
 (キスをしてから)愛してるよ。それから、赤ちゃんのこと知ってるからね。

Monica: What baby?
 赤ちゃんって何?

Chandler: Our baby.
 俺たちの赤ちゃんだよ。

Monica: We have a baby?
 私達赤ちゃんがいるの?

Chandler: Phoebe found your pregnancy test in the trash.
 フィービーが、君の妊娠検査薬をゴミ箱から見つけたんだよ。

Monica: I didn’t take a pregnancy test.
 私妊娠検査してないわよ。

Chandler: Then…who did?
 じゃあ・・誰がしたんだ?

(フィービーとレイチェル)

Phoebe: Look at them. And they’re gonna have a baby.
 見てあの2人。それに赤ちゃんも生まれてくるのね。

Rachel: Uh-huh.
 そうね。



にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ

posted by らんち at 00:51| Comment(0) | Season 7 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。