2013年09月30日

6-21 The One Where Ross Meets Elizabeth’s Dad

6-21 エリザベスのパパに会うロスの話

 ☆彼女のパパはブルース・ウィリス☆

《セントラルパーク:ホロスコープを読むレイチェル》

Rachel: Okay, Chandler!
 次は、チャンドラー!

Chandler: Okay.
 オーケー。

Rachel: And your horoscope says, "On the fifth a special someone is going to give you a gift."
 あなたのホロスコープは、「5日に特別な人がプレゼントをくれる」

Chandler: Oh, well, thank you in advance.
 (モニカに)ああ、先に行っておくよ。ありがとう。

Rachel: Op, but "the twelfth brings a lover’s spat."
 あっ、だけど「12日に恋人とケンカになる」

Monica: You are going to make a joke about my special present! Why would you do that?!
 私の特別なプレゼントをバカにするのね。どうしてそんなことするのよ!

Rachel: Oh, wait, and "on the nineteenth a secret crush announces itself."
 あ、待って。「19日に、隠されてた愛が露見する」(フィービーがチャンドラーにセクシーウインク)

(ジョーイが来る)
Joey: Hey, guys!
 やぁ、みんな!

Chandler: Hey!!
 ヘイ!

Rachel: Oh, my God! It’s Joey Tribbiani of Mac and C.H.E.E.S.E.!!!!!!!
 まぁ、あのマック&チーズのジョーイ・トリビアーニよ!(みんな拍手)

Chandler: Oh, that’s right. It’s your first day! So are you psyched to fight fake crime with your robot sidekick?
 ああ、そうだな、今日は初日じゃないか! ロボットの相棒と架空の事件に立ち向かうの楽しみだろう?

Joey: Am I psyched? The lead in my own TV series? I’ve dreamed about this for years! Why have I not been preparing?!
 楽しみかった? 自分が主役のドラマだぞ? これをずっと夢に見てきたんだ! なんで心の準備ができてないんだ?

Phoebe: No! Joey, you’re going to be great!
 大丈夫よ! ジョーイ、絶対うまくいくわよ!

Joey: But I got to act with a robot, Pheebs. And I don’t know anything about technology! I can’t even use Chandler’s computer except to find porn! And-and that’s only ‘cause it’s right there when you turn it on!
 だけど、ロボットと共演なんだぜ、フィーブス。機械のことなんてまったくわからないし、チャンドラーのパソコンなんて、ポルノを見つける以外何もできいんだぞ! それも、電源入れただけで出てくるからだもんな。

Monica: I think our lover’s spat will start a little early this month.
 今月の私達のケンカ、ちょっと早まりそうね。

Phoebe: I’ll be waiting.
 (チャンドラーに)待ってるわよ。

《セントラルパーク:時間経過》

Chandler: Are you judging them by their covers? Because you’re really not supposed to do that.
 (フィービーに)本をカバーで判断しようとしてる? それは間違ってるよ。

Phoebe: No, I’m just deciding which one to use−I’m gonna start writing another book!
 違うの。どっちを使うか決めようとしてるのよ。また本を書くつもりなの。

Rachel: Because the last one was such a big seller?
 前の本はすごく売れたから?

Phoebe: Well, if you must know I have written 14 books. And as I am the only one who has read them, I can tell you that they all have been very well received.
 聞きたいなら言うけど、私、これまでに14冊書いたのよ。読んだのは私だけだけど、全部とても評判よかったんだから。

(ロスが来る)
Ross: Hey!
 やぁ!

Chandler&Rachel: Hey!
 ヘイ!

Ross: What are you guys doing later?
 君たち、この後の予定は?

Phoebe: Oh, Rachel and I have appointments to get our hair cut.
 レイチェルと私は美容院の予約があるの。

Rachel: We do?
 そうなの?

Phoebe: I want to see what he wants first.
 彼の用が何かまず知りたいでしょ。

Rachel: Okay.
 そっか。

Ross: I just found out that Elizabeth’s dad wants to meet me.
 エリザベスのおとうさんが、僕に会いたいそうなんだ。

Chandler: Wait a minute, hold the phone! You’re not Elizabeth’s dad?!
 待てよ、ちょっと待て。おまえがエリザベスのおとうさんじゃなかったのか?

Ross: Come on, guys, I-I really want this guy to like me. It-it would really help me out if you guys could be here to kind of make me look good.
 頼むよ、みんな。本当に気に入られたいんだよ。君たちがここにいて、僕がよく見えるようにしてくれたら本当に助かるんだ。

All: Of course we’ll help! Yeah! We’ll be here!
 もちろん、助けてあげるよ。ああ。ここにいるわ。

Ross: Thanks!
 ありがとう!

Monica: We know how tough those parent-teacher conferences can be.
 先生と教師の会合ってホント、大変だもんね。

《Mac and C.H.E.E.S.E.の撮影スタジオ》

The Producer: So uh, here’s your office set!
 そして、ここが君のオフィスだよ。

Joey: Wow! Huh? Mac Machiavelli, Private Investigator.
 ワオ!(電話を取って)私立探偵・マック・マカベイル。

The Producer: Let’s get you into wardrobe for a fitting.
 衣装合わせをしよう。

Joey: Okay. Hey, uh, when do I get to meet the robot?
 わかった。ところで、ロボットにはいつ会える?

The Producer: I’m sorry, why don’t we do that right now? He’s right here.
 悪かった、すぐ会わせるよ。ここにいる。

Joey: Okay.
 わかった。

The Producer: Joey Tribbiani, this is…
 フォーイ・トリビアーニ、(男性を指し)こちらは・・

Joey: Oh, wow! He’s so lifelike! . . Unbelievable!
 うわお! 本物みたいだな! 信じられない!(男性の頬を触ったりする)

The Producer: This is Wayne, the man who created and operates C.H.E.E.S.E.
 こちらウェイン、チーズを作って、操作する人だ。

Joey: How do you do, there, Wayne?
 初めまして、ウェイン。

The Producer: I’ll let you two guys get acquainted, huh?
 話してて(立ち去る)

Joey: Okay. Sorry about that… Uh, so where’s C.H.E.E.S.E.?
 どうも、すまなかったね。それで、チーズはどこに?

Wayne: C.H.E.E.S.E. is right here.
 チーズはここだよ。(機械を操作すると、小さな車輪で移動するロボットが出てくる)

C.H.E.E.S.E.: Nice to meet you, Mac!
 (ウェインが声を出す)初めまして、マック!

Joey: This is like the temporary robot, right?
 これって臨時のロボットなんだよね?

Wayne: No. Why?
 いいや。なんで?

Joey: Well, I-I just, I just it was going to be like a really cool robot, you know? Like the terminator or uh, when I first saw you.
 いや、俺はもっとカッコいいロボットかと思ってたんだよ。ターミネーターとか、それとか、君みたいな。

Wayne: I spent two years developing this machine, it’s absolutely state of the art.
 2年かけてこれを作ったんだ。最新式なんだぞ。

Joey: I’m sorry, it just−I don’t know it doesn’t really look like it can do anything.
 わるかったよ。ただ・・なんか、何かできそうに見えないしさ。

Wayne: It can do this.
 こんなことできるよ。(ロボットが出した手がジョーイの股間に)

《セントラルパーク:エリザベスと父が来る》

Elizabeth: This is my father, Paul Stevens. Dad, this is Ross Geller.
 (ロスに)こちらが父のポール・スティーブンスよ。パパ、こちら、ロス・ゲラー。

Ross: It-it’s great to meet you, Paul.
 お会いできて嬉しいです、ポール。

Paul: I usually prefer Elizabeth’s boyfriends to address me as Mr. Stevens.
 エリザベスのボーイフレンドにはミスター・スティーブンスと呼んでもらいたいんだがね。

Ross: Of course, of course, Mr. Stevens.
 もちろん、もちろんですね、ミスター・スティーブンス。

Paul: So Ross, what's your problem?
 それで、ロス、君はどうなってるんだ?

Ross: Eh-wh−Excuse me?
 あー・・えっと・なんでしょうか?

Paul: Why can’t you get a girlfriend your own age?
 どうして自分の年に会った人とつきあえないんだ?

Ross: That’s funny. Umm…. It’s not funny.
 ああ、それはおかしいな、いやー・・・。おもしろくないですよね。

Paul: I don’t like you going out with my daughter, Ross.
 私の娘とつきあってもらいたくない、ロス。

Ross: Okay. I can, I can see that. Umm, but I think if you give me umm, one chance I can, I can change your mind.
 そういうことですね、わかりました。ただ、一度チャンスをいただければ、気持ちを変えていただかえると思うんです。

Paul: Okay.
 わかった。

Ross: What?
 え?

Paul: Okay. I’ll give you one chance to change my mind. You got one minute.
 わかったよ、気持ちを変えるチャンスをあげよう。1分だ。

Elizabeth: Daddy!
 パパ!

Paul: Fine! Two minutes. Go.
 わかったよ。2分だ。始め。

Ross: This is−you−
 これは・・あー・・

Paul: A minute 50 seconds.
 1分50秒。

Ross: Okay, umm I want you to know that I have never done anything like this before. I mean, I mean I’ve been in um, relationships in general, uh but I have never done it with a student−I mean I not−not it! I mean, I mean I don’t−We haven’t done it. Uh, I mean, I mean, we’ve-we’ve done stuff. Okay, okay, a joke, a joke−lighten the mood. Umm, two guys go into a bar. One of them is Irish.
 知っていただきたいのは、こんなことは僕にとって初めてのことだということです。一般的な恋愛経験はありますが、でも、生徒とやったことはありません。いえ、違います、いや、そうじゃなくて、僕ら、やってはいません。つまり、僕らは、ある程度やりましたが。いや、いや。よし、ジョークだ。ジョーク。雰囲気をよくする。あー、2人の男がバーにいました。1人はアイルランド人。

Paul: I’m Irish.
 私はアイルランド人だ。

Ross: And the Irish guy wins the joke!
 そしてアイルランド人のジョークがおもしろかった!

(モニカ、チャンドラー、フィービーが来る)
Monica&Chandler: Ross!!
 ロス!

Monica: How crazy that we’d run into you!
 こんなところで出会うなんてウッソみたいっ!

Ross: Oh, God, thank you! Umm, uh, Mr. Stevens I’d like you to meet my friends uh, this is Phoebe, Monica, and Chandler.
 ああ、助かった、ありがとう!(ハグする)ミスター・スティーブンス、僕の友人達です。こちら、フィービー、モニカ、そしてチャンドラーです。

Phoebe: You’re Elizabeth’s father, huh? I can see now where she gets her rugged handsomeness.
 あなたがエリザベスのおとうさん? 彼女のたくましいハンサムさの理由がわかったわ。

Monica: Is-is-is there a Mrs. Stevens?
 ミセス・スティーブンスはいらっしゃるの?

Chandler: There’s a Mr. Bing!
 (モニカに)ミスター・ビングがいるけど!

Paul: No, unfortunately Lizzie’s mom passed away shortly after she was born. I raised her by myself.
 いや、リジーの母は、彼女が生まれて間もなく亡くなってね。私が彼女を育てたんだ。

Phoebe and Monica: Ohh!
 (同情的)ああ!

Paul: I get that a lot.
 よく言われるよ。

Ross: Okay umm, why don’t we all take a seat, you know? And uh, and I’ll get us all some uh some coffees−Yeah, why don’t you. And you guys can talk about whatever, whatever you want. You know? Whatever pops into your head.
 よし、みんな、座ろうよ、ね? そして、そして、僕はコーヒーを持ってくるから(エリザベスに勧めた席にポールが座る)ええ、どうぞ。それじゃみんな、なんでもいいから話してね、好きなことをね、ね、何でもいいから頭に浮かんだことをね・・(コーヒーを頼みに行く)

Monica: You know, it is so strange seeing Ross here this time of day, ‘cause usually he’s got the children’s hospital.
 こんな時間にロスにここで会うのは珍しいんですよ。いつもなら、彼は子供の病院に行ってるんです。

Phoebe: Yeah. Not looking for dates.
 そうね。でも彼女を捜しに行ってるんじゃなくて。

Elizabeth: So uh, Monica is Ross’s sister.
 モニカはロスの妹なのよね。

Monica: And he’s a great brother!
 彼は素晴らしい兄なんです!

Paul: I had a sister.
 私にも妹がいた。

Monica: Ohh!
 あら!

Paul: She passed away.
 亡くなったがね。

Monica and Phoebe: Ohh!
 (同情的)ああ!

Paul: Oh, you don’t have to do that every time.
 いや、いちいちそれやらなくていいよ。

Chandler: But uh Ross, Ross is a great guy! I was roommates with him in college. Uh, funny story…
(He starts laughing then notices that Paul isn’t happy.)
You’re roommate in college died, didn’t he?
 ロスは素晴らしいやつですよ! 僕は大学で彼のルームメイトだったんですよ。おもしろかったのは・・・あなたの大学でのルームメイトも死んだんですか?

Paul: A part of him did, yes.
 彼の一部はね、ああ。

Ross: Okay, here we are, Paul, Elizabeth. . .So I hope you guys were finding something to talk about.
 (コーヒーを持って)よし・・はい、ポール、エリザベス。君たち、何話してるのかな。

Chandler: Yes, we were just…
 ああ、僕らちょうど・・

(レイチェルが来る)
Rachel: Hi, I’m sorry I’m late but I am ready, ready to talk you up! When does Liz’s father get here?
 ハーイ、遅れてごめんね。でもあなたのことうまく話す準備はできてるわよ。リズのおとうさんはいつ来るの?

Paul: I’m already here.
 もう来てるよ。

Rachel: Oh! Ross is so great!
 まぁ! ロスはすごいいい人!

《モニカ達の部屋:チャンドラーがTペーパーを持ってくる》

Chandler: Hey, honey, you got the kind with the little girl, you said we were gonna to get the kind with the baby.
 ねぇ、君、この女の子のパッケージ買ってきたんだね、君、赤ちゃんのパッケージにしてくれるって言ったじゃないか。

Monica: No, you said the baby creeps you out.
 違うわよ、あなた赤ちゃんのが気味悪いって言ったじゃない。

Chandler: No, the little girl creeps me out.
 違うよ。このちっちゃい女の子が気味悪いんだよ。

Monica: You said the baby.
 赤ちゃんって言ったわよ。

Chandler: Why would the baby creep me out?
 なんで赤ちゃんが気味悪いんだよ?

Monica: Why would the little girl creep you out?
 なんでちっちゃい女の子が気味悪いのよ?

Phoebe: You guys, I’m sorry, could you please talk a little slower?
 あなた達、ちょっと悪いけど、もうちょっとゆっくりしゃべってくれない?

Chandler: This is going in your book?
 これ君の本に書くつもり?

Phoebe: Yeah, it’s about relationships. You know? The traps, the pitfalls, what not to do, keep going. This stuff is great!
 そうよ。これは恋愛関係についてだもの。罠とか、落とし穴とか、しちゃダメなこととか。続けて。これすごいものになるわ!

Monica: What?! Excuse me!
 なに? ちょっと!

Phoebe: And how none of it matters when the people really love each other. . .And how people will believe anything you tell them as long as it’s a compliment.
 そして、本当に愛し合う2人にはそんなこと問題にならないってことをね。(2人は喜びキスをする)そして人は、おだてると何でも信じちゃうってこと。。

《セントラルパーク:ポールが来る》

Rachel: Oh, hi!
 あら、どうも!

Paul: Hi! Hi. I think I left my keys here somewhere.
 ああ、どうも! このあたりのどこかで、鍵をなくしたようなんだ。

Rachel: Oh! Well, let’s look for them. . .Oh-oh-hey, look! Are these them?
 まあ! じゃあ探しましょうか・・(見つける)あっ、見て、これのこと?

Paul: No.
 違うよ。

Rachel: All right!
 そっか!(鍵を元に戻す)

Paul: Oh, here they are right here.
 ああ、こんなところにあったよ(拾い上げる)

Rachel: Oh, good.
 ああ、よかった。

Paul: Thanks for your help.
 どうもありがとう(立ち去る)

Rachel: Oh, wait! Sorry, Mr. Paul? Mr. Paul?
 あ、待って! すみません、ミスター・ポール、ミスター・ポール?

Paul: Just call me Paul.
 ポールでいいよ。

Rachel: Paul. Umm, I just wanted you to know that Ross really is a great guy.
 ポール。私ただ、ロスは本当にいい人だってことを言いたくて。

Paul: Well, maybe you can date him. Then that would save me the trouble of killing him. . . Are you okay?
 それじゃ、君がつき合ったら。そうすれば僕も彼を殺さずに済む。(レイチェルが見つめるので)大丈夫?

Rachel: You just don’t look old enough to have a twenty-year-old daughter.
 あなた、20歳の女の子のおとうさんには見えないわ。

Paul: Well, we were very young when we had her.
 ああ、僕らはとても若かったからね。

Rachel: Oh. We?
 僕ら?

Paul: Well, yeah, it usually, it takes two people to…
 ああ。普通、子供を持つには二人いるだろ。

Rachel: Oh, no! Yes! Of course, I know that! I just−I meant you know are you still a ‘We’ or are you just ‘You?’
 ああ、いえ、ええ、もちろん、それはわかってますけど。。つまり、今も「僕ら」なのか、それとも、違うのかってこと。

Paul: I’m just me, my wife died shortly after Lizzie was born.
 ああ、違うよ。妻はリジーが生まれて間もなく亡くなったんでね。

Rachel: Ohh. So you raised her all on your own?
 ああ! それじゃ、あなた1人で育てたの?

Paul: Yes, I did.
 ああ、そうだよ。

Rachel: Ohh. Ooh!
 まあ・・・(ポールの腕に触れて)まぁ!

《モニカ達の部屋:ジョーイが来る》

Joey: Hey!
 ヘイ!

Chandler&Phoebe: Hey!
 ヘイ!

Monica: How was your first day?
 初日はどうだった?

Joey: Pretty great! Except I did get a little attitude from the robot.
 うまくいったよ! ただ、ロボットの態度に問題があったけどね。

Chandler: Damn those robots, they’re supposed to be our faithful servants!
 まったくロボットが! 忠実なしもべのはずなのに!

Joey: Anyway, it wasn’t the robot, it was the guy who controls him. Yeah, he doesn’t like me. He had C.H.E.E.S.E. knock over the sandwich table right when I was reaching for one! Ohh!
 とにかく問題はロボットじゃなくて、それをコントロールしてるやつなんだよね。彼が俺を好きじゃなくてさ。俺がサンドイッチに手を出そうとするたびに彼がテーブルを引っくり返すんだよ。もう!

Phoebe: Well, why don’t you just get him fired?
 それじゃ彼をクビにしちゃったら?

Joey: I may have to, I hate to do it, but I’m the star! You know? There’s a limit to how many sandwiches I can eat off the floor. . .Excuse me. Joey Tribbiani.
 そうするしかないかもな。そんなことはしたくないけど、俺はスターなんだからな。床から拾ってサンドイッチを食べるにも限度がある。(携帯が鳴る)失礼(電話で)ジョーイ・トリビアーニ。

Estelle: Joe! I’m glad I found ya, I got an audition for ya!
 ジョー! 連絡ついてよかった! オーディションがあるのよ!

Joey: Wow!
 ワオ!

Estelle: The thing is it’s kinda on the Q.T. The actor who has the part doesn’t know he might be fired. It’s the lead in a series, Mac and C.H.E.E.S.E.
 これは内密の話なんだよ。この役やってる役者がクビになるってまだ知らないからね。ドラマの主役なのよ、マック&チーズのね。

(Q.T. = quiet)

Joey: I’m the lead in Mac and C.H.E.E.S.E.!!
 俺がマック&チーズの主役だよ!

Estelle: Uh-oh!
 やばい。

《ジョーイの部屋:ロスが来る》

Ross: Joey?!
 ジョーイ?!

Paul: Hi, Ross.
 (レイチェルとキス)やぁ、ロス。

Rachel: I was just getting him to like you.
 あなたを好きになってもらってたのよ。

《ジョーイの部屋:見なかったことにするロス》

Ross: Joey?! Joey!!
 ジョーイ! ジョーイ!(ジョーイの寝室へ)

Rachel: Ross, Joey is not here.
 ロス、ジョーイはいないわよ。

Ross: Okay, I’ll just wait for him in here!
 そうか、じゃあここで待つよ。

Rachel: Ross, it’s okay. You can come out.
 ロス、いいから、出てきて。

Paul: Yeah, Ross, it’s okay, it’s me, Mr. Stevens.
 ああ、ロス、大丈夫だよ。私だ、ミスター・スティーブンス。

Ross: Oh! I didn't.. Oh, my Gosh! I didn’t even see you!
 (寝室から出てきて)ああ! いや僕は・・ああ、驚いた、知らなかったよ!

Paul: Sure you did! You came in, you got all awkward, and you ran into the bedroom. You were shouting, "Joey! Joey!" Bye, Rach. (Kisses her.)
 いや、見たじゃないか! 入ってきて、気まずくなって、その寝室へ走っていっただろ。叫びながらね、「ジョーイ! ジョーイ!」・・・バーイ、レイチ。(キス)

Rachel: Bye!
 バーイ!

Paul: I’ll call you later. Bye, Ross.
 後で電話するよ。バイ、ロス(出て行く)

Ross: What-what-what the−how da-how did-what the-how did-what?!
 な・なんで・・なんで、なんで・ど・なにが・・どう・・なに?!

Rachel: Well, you know, he lost his keys so he was looking for them…
 いえ、彼が鍵を失くしてね、それで探してあげて・・

Ross: In your mouth?!
 君の口の中に?

Rachel: No! Downstairs! And we got to talking you know, for like two hours, and I really liked him so I invited him up here for a cup of coffee.
 違うわよ、下でよ! それから話して、2時間くらいだったかしら。それで私、彼のこと本当に気に入ったから、コーヒーでもどうかってここに誘ったの。

Ross: You were at the coffeehouse!
 コーヒーハウスにいたのに!

Rachel: Ross, what’s the big deal? So I kissed the guy!
 ロス、なんでもないでしょ? 彼にキスしただけよ!

Ross: He is my girlfriend’s father, okay? It’s-it’s, it’s weird!
 彼は僕のガールフレンドの父親だぞ! 変だよ!

Rachel: Wh−You dated my sister!
 なによ、あなたも私の妹とデートしたじゃないの!

Ross: That was different!
 それは違うだろ!

Rachel: What? Why?!
 なに? なんで?

Ross: This is weird for me!
 今度は僕にとって変なんだよ!

Rachel: Ross, look, look, this is good for you. Okay? Let’s face it, so far the guy’s not lovin’ ya! But I can turn that around! I got the inside track! We can all go out to dinner, you know? And I can talk you up! Plus, the guy is a very, very successful lawyer!
 ロス、ねえ、これはあなたにとってもいいことよ。ね? 正直いって、これまでのところ、あなたは彼に好かれてない! だけど、私がそれを変えてあげられるわ。あなたに有利なのよ。みんなでディナーに行けばいいわ。そしてあなたをよく見せてあげるわ。それに、彼はすっごくすっごく成功してる弁護士なのよ。

Ross: How is that important?
 そのどこが大事なんだよ!

Rachel: Oh, it’s important!
 あら、とっても大事なことよ!

《モニカ達の部屋》

Joey: Apparently, there’s like a million guys out there that can play Mac, and there’s only this one robot and this one guy who controls it! I didn’t know he could get me fired! What am I going to do?
 マックを演じることのできるやつは山ほどいるが、ロボットを扱えるやつは彼だけってことらしいんだよ! 彼が俺をクビにできるとは思わなかったよ。どうしたらいいんだよ!

Monica: Well, you know, Joey, you’re a pretty charming guy.
 ねぇ、ジョーイ、あなたってとっても愛される人よ。

Joey: Thanks, but I kinda have a problem to deal with here.
 ありがと。それより今悩んでることがあるんだよ。

Monica: No, sweetie, you’ve got to win over the guy that controls C.H.E.E.S.E.! You’ve got to kiss some serious robot ass!
 そうじゃなくて、あなたはその魅力でチーズをコントロールする人に好かれたらいいのよ! そのロボットの人のご機嫌をとるのよ!

Joey: That’s not a bad idea. Yeah. Okay, but if I got to turn on the charm tomorrow I’m not wasting anymore of it over here with you guys. . . Well, actually I got a little bit saved for you, Pheebs.
 それは悪くないな。ああ、そうか。でも、明日俺の魅力を振りまくんだったら、ここで君たちに無駄に使ってもしかたないな。(立ち上がり、フィービーに)でも君にはとっとくよ、フィーブス。(出て行く)

Chandler: So do you think uh, Joey’s more charming than me?
 それじゃあ、ね、君、ジョーイは俺より魅力的なのか?

Monica: Yeah! That’s why I’m sleeping with him on the side.
 そうよ! だから私彼とこっそり寝てるのよ。

Chandler: Yeah, you wish.
 ああ、そうだといいよね(ガックリ)

Phoebe: "You wish."
 (書く)「そうだといいよね」

Monica: Phoebe, stop writing about us!
 フィービー、私達のこと書くのやめてよ!

Phoebe: I’m not writing about you! I’m writing about other people.
 あなた達のこと書いてるんじゃないわよ。他の人のこと書いてるの。

Chandler: Who?
 誰のこと?

Phoebe: Marcia and Chester.
 マーシャとチェスター。

Monica: Okay, fine! Fine! Then you know what, I’ll just write about Phyllis! Hmm!
 わかった、いい、いいわよ! それじゃあ、私もフィリスのこと書くわ。うーんと。

Chandler: Hmm.
 うんうん。

Monica: Phyllis is sitting in a chair.
 (書く)フィリスは椅子に座っている。

Chandler: Oh.
 だな。

Phoebe: I see what you’re doing!
 何してるかわかってるわよ。

Monica: Phyllis sees what I’m doing.
 (書く)フィリスは私が何をしてるかわかってる。

Chandler: Oh-oh.
 おお。

Phoebe: Ooh, I have tasted my own medicine and it is bitter!
 ああ! 私の作った薬を味わってみたら、とっても苦い!

《マック&チーズのスタジオ。ウェインに近づくジョーイ》

Joey: Morning! Hey, how’s my favorite genius and my little robot buddy?!
 おはよう! なぁ、俺のお気に入りの天才とロボットは元気かな?

Wayne: Don’t touch him!
 触るな!

Joey: Okay! All right. Umm, all right, Wayne, level with me. Okay? I-I keep hearing all these rumors that I might get fired. Okay, they even have actors coming in to read for my part! Come on, man, you-you got to give me a second chance! I mean, I love-I love this little guy!. . . . Ah-ah!! Okay, that’s why you didn’t want me to touch him, right? Here you go! Okay?. . . Stupid! I can’t believe it! God! . . .Hey, how you doin’?
 わかった、わかったよ。なあ、ウェイン、正直に話そう。な? 俺がクビになるっていう噂を聞いてるよ。それに俺の役をやる役者まで探してるっていうじゃないか! 頼むよ、チャンスをくれないか! 俺、この子が大好きだよ(チーズの腕をつかむと、取れてしまう)ああ! だから触るなって言ったんだな? (返す)はい、どうぞ。(自分に)なんてバカな! 信じられないよもう! (可愛い女性が通りかかる)ヘイ! 元気ぃ?

《レストラン・ロス達とレイチェル達のダブルデート》

Rachel: So it seemed that my prom date had stood me up, so Ross selflessly, offered to take me.
 私のプロムの相手が来なくて、そうしたら、ロスが、代わりに連れてってくれようとしたのよ。

Elizabeth: What a nice story!
 素敵な話ね!

Paul: So Ross was in college and decided to jump at the chance to take a young girl to her high school prom.
 それじゃロスは大学生だったのに、高校生女の子とのプロムに行くチャンスに飛びついたわけだね。

Rachel: Wow! I definitely did not see that one backfiring! I’m gonna go to the bathroom.
 ワオ! こうまで逆効果とは思わなかったわ! バスルーム言ってくる。

Ross: Yeah, take your time.
 ああ、ごゆっくり。

Ross: Just-just so you know I was a freshman and she was a senior. So it wasn’t as bad as-as…
 でも僕は大学一年で、彼女は高校3年だったんですよ。だからそれは悪くは・・

Paul: Ross, look, I know I’ve been giving you a lot of jabs and it’s partly because I’m very protective of Lizzie, and partly because well, they just keep coming to me. But I have to admit that after all the wonderful things that Lizzie has told me and the many, many, many stories that Rachel has told me that, well, you’re not,, all bad.
 ロス、いいかい、君にきつくあたっているが、私はリジーのことを守りたいからと、それに、ただ自然にこうなってしまうからなんだね。しかし、リジーがいろいろ言うことと、レイチェルが、たくさんたくさんたくさん話してくれたことから考えて、どうやら君は、悪いだけの男ではないらしい。

Ross: Not all bad.
 悪いだけではない。

Paul: And anyhow, I’m sorry I was so harsh before, but you have to understand that I still look at Lizzie like she’s a twelve-year-old girl.
 とにかく、ひどくあたって悪かった。でも、わかるだろう。私まだ彼女のことを12歳の女の子のように思ってるんだ。

Ross: Yeah. You know what? I know what you mean; I do that too.
 ええ、わかりますよ。僕もそうです。

Paul: I beg your pardon?
 何だって?

Ross: No! No! Not−I don’t mean I-I see her as a twelve-year-old girl! I mean I-I have a son, who’s umm six and I still think of him as a baby.
 いえいえ、いや、そうじゃなくて。彼女を12歳の女の子と思ってるわけじゃありません。僕はですね、息子がいるんですよ。彼は6歳ですけど、でも僕にとっては赤ちゃんなんです。

Paul: You have a son?
 息子がいるのか?

Ross: Yeah, well, my-my ex-wife and I share custody of Ben and umm, uh, and just so you know, Carol and I are on excellent terms as I’m sure you are with your wife! . . . Oh, I’m sorry! . . It’s unbelievable!
 ええ。元妻とはベンの親権を持ち合っててですね、キャロルと僕はとてもいい関係なんです。きっとあなたと奥様もそうでしょうけど・・(思い出し)ああ、すみません! もう、信じられない!!

Paul: Don’t worry about it, I just didn’t realize you were married.
 気にするな。ただ、君が結婚してたとは知らなかったよ。

(レイチェルが戻る)
Rachel: Oh, we were, but that was just a, I mean that was just a big drunken mistake.
 ああ、そうなんです私達、でも、あれは、ほんと、酔っ払った上での過ちだったんですよ。

Ross: You’re back.
 帰ってきたんだね。

Paul: You two were married?!
 君たち結婚してたのか?!

Rachel: Oh! Whoops! I’m sorry, you were talking about Emily!
 ああ! いけない! ごめんなさい。エミリーのことだったのね!

《モニカ達の部屋:モニカとチャンドラーが帰ってくる》

Monica: Chandler, we said we would meet at the coffeehouse at six.
 チャンドラー、コーヒーハウスで6時にって言ったわよ。

Chandler: We said seven!
 7時って言ったよ!

Monica: We said six!
 6時って言ったわよ!

Chandler: The only way that I said six would be if I said the sentence, "Let's meet at seven, not at six."
 もし俺が6って言ったとしたら、そのセリフは「7時に会おう、6時じゃなくて」だよ!

Monica: Yeah, and if I had seven, maybe I would’ve said something like this, "Wow! My boyfriend’s such a wise ass−seven!"
 あらそう、じゃあもし私が7って言ったとしたら、「ワオ! 私のボーイフレンドってほんとに嫌味なやつ! 7!」

Phoebe: Hi!
 (椅子を回転させ現れる)ハーイ!

Chandler: Oh, my good God.
 ああ、びっくりした!

Monica: Ugh!
 もう!

Phoebe: I know what time you said.
 何時って言ってたか知ってるわよ。

Chandler: What?!
 なに?

Phoebe: Well, actually, I know what time Chester and Marcia said.
 ええと、実際には、チェスターとマーシャが何時って話してたか知ってるわよ。

Monica: What time?
 何時?

Phoebe: Quite an interesting turn of events, suddenly it’s my book to the rescue, huh? . . Ooh, very interesting. Yeah, well, this certainly clears things up.
 興味深い展開よね。突然私の書いた本が役に立つなんて、ね? (読む)ああ! おもしろいわね。ええ。これですべてはっきりするわね。

Chandler: What does it say?!
 なんて書いてある?

Phoebe: I will tell you as soon as you thank me for writing my book.
 この本を書いてくれてありがとうって言ってくれたらすぐ教えてあげる。

Chandler: Thank you for writing your book. Its-its a great book and you are the queen of everything.
 本を書いてくれてありがとう。素晴らしい本だし、君はすべての女王だよ。

Phoebe: Thanks! So are you.
 ありがと! あなたもよ。

Chandler: I told you I should not wear this color.
 だからこの色はやめた方がいいって言っただろ。

Phoebe: Mon… Marcia and Chester are planning on seeing a movie on Sunday night. Marcia thinks they’re supposed to meet at six, Chester thinks it’s at seven.
 (読む)モニ・・・マーシャとチェスターは日曜の夜に映画を見にいくつもりだ。マーシャは6時に会うことになってると思っている。チェスターは7時だと思ってる。

Chandler: So you knew we were gonna miss the movie!
 それじゃ君は俺たちが映画を見損なうって知ってたのか!

Phoebe: That’s right.
 その通り。

Monica: Instead of telling us you decided to write in your stupid book!
 私達に言わないで、そのバカな本を書く方を選んだのね!!

Phoebe: Marcia and Chester are mad at Phyllis.
 (書く)マーシャとチェスターはフィリスに怒っている。

《ジョーイの楽屋》

Joey: I can’t believe I’m going to lose this job!
 この仕事がダメになるなんて信じられないよ!

Chandler: Oh, I’m so sorry, man! Is there anything I can do?
 ああ、本当に残念だったな! 何かしてほしいことあるか?

Joey: Yeah! Help me get this mini-fridge past the security guard.
 ああ! このミニ冷蔵庫をこっそり持ち出すの手伝ってくれ。

(ウェインが来る)
Wayne: Hey, Joey, I want to talk to you.
 やぁ、ジョーイ、話したいんだけど。

Joey: Yeah? Well, I don’t want to talk to you, Wayne! I hate you! You ruined my life! Oh, Chandler, Wayne. Wayne, Chandler.
 そうかい? 俺は話したくないよ、ウェイン! 大嫌いだ! 俺の人生を台無しにしてくれて! あ、チャンドラー、ウェインだよ。ウェイン、こちらチャンドラー。

Chandler: Hi, how are ya?
 ハーイ、どうも。(握手)

Wayne: Joey, Joey, I-I-I’ll g-get you your job back if you help me out.
 ジョーイ、ジョーイ、もし助けてくれたら、君を戻してもらうようにするよ。

Joey: Why should I help you?!
 なんで俺が君を助けるんだよ!

Chandler: The reason he just said.
 彼今言ったじゃないか。

Joey: What do you need?
 何をしてほしいの?

Wayne: I-I-I saw you on stage talking to that beautiful woman, you know, Sarah?
 君がステージで美しい女性と話してるのを見たんだ。あの、サラだけど。

Joey: Yeah?
 それで?

Wayne: I wish I could talk to her.
 僕も彼女と話したい。

Joey: What, are you in love with her or something?
 なに、彼女を愛してるとかなにか?

Wayne: Yeah. Her. All of them. Anyone.
 ああ、彼女のすべてが。とにかく。

Chandler: Yeah, I’ve been there, my friend.
 ああ、わかるよ、俺にもわかる。

Wayne: Listen, I-I guarantee you keep your job if you can teach me how to talk to women like you do.
 なぁ、君みたいに女性と話せる方法を教えてくれたら、必ず仕事に戻らせるよ。

Joey: Oh, wow, Wayne, it’s not really something you can teach, you know? It’s pretty much something you’re born with−You-you can teach it! I’ll show you right how to do it.
 ああ、いや、ウェイン、これは教えられることじゃないんだよ、な? これは生まれもってのことでね・・・(チャンドラーの目を見て)教えられるよ! どうするか見せるからね。

《レイチェル・ロスのダブルデート》

Rachel: I mean if you think about it, I mean Ross did learn something from each marriage.
 考えてみるとね、ロスも、一つ一つの結婚から学んでると思うのね。

Paul: How to make the next one even shorter?
 次の結婚を短く終らせる方法とか?

Rachel: Now wait a minute that’s not fair. He was married to me a hell of a lot longer than he was married to Emily, he just didn’t tell me. Maybe I have to pee again.
 あら、待ってよ。それは変よ。彼ったら、エミリーと結婚してた期間よりずっと長く、黙って私と結婚してたんだから。・・・またオシッコいってこようっと。

Paul: Well, this is fun. So, Ross, did you kill any of these wives?
 いや、楽しいね。それで、ロス、君、その妻達殺したのか?

Ross: You know what? I-I-I… I-I have had enough of this! You know, I-I-I care a great deal about your daughter and I have treated her with nothing but respect! So if-if you’ve got a problem with me, frankly…
 いいです。もうたくさんです。僕はあなたの娘さんをとっても大事に思ってるし、敬意を払って大事にしています。それでも僕が気に入らないなら、正直言って・・

Paul: Are you yelling at me?!
 私に怒鳴るのかね?

Ross: God, no!
 いえ、とんでもない!

Elizabeth: You know what, daddy? If you don’t like Ross, that’s fine. It doesn’t matter to me, I’m gonna go out with him anyway.
 ねぇ、パパ? もしロスを気に入ってくれなくても、いいわ。関係ない。とにかく私はつきあうから。

Paul: Really?!
 本当に?

Ross: Well, if it doesn’t matter to her, it doesn’t matter to me! Still not yelling!
 もし彼女が構わないというなら、僕も構いません。怒鳴ってません。

Paul: Wow. What can I say? . . This doesn’t make me like you any better!
 ワオ・・それじゃ私に何が言える? しかし、君を好きになるということじゃないからね!

Ross: That’s okay, I’m not so crazy about myself right now either.
 いいですよ。僕だって今、自分のことそんなに好きじゃありませんから。

Paul: Then we agree?
 ということで同感だね。

Ross: Uh yeah, I guess−Yeah! I guess so.
 ああ、そうですね。ええ。そういうことです。

Paul: Neither of us like Ross!
 どっちもロスを好きじゃない!

Elizabeth: I like Ross.
 私はロスを好きよ。

Ross: Ohhh! Kids!
 ああ、子供は!

(レイチェルが戻る)
Rachel: Wait-wait-wait, I just thought of another story about how nice Ross is!
 待って待って待って、私またロスがどんなにいい人かって話を思い出したわ。

Ross: That’s okay, Rach, we’re not liking Ross right now.
 いいんだよ。レイチ。僕らはロスを好きじゃないってことになったんだ。

Rachel: Oh! I’ve got a lot of those too!
 ああ、そういう話もいっぱいあるわよ!

《マック&チーズ》

Joey: Well, it turns out you were right, C.H.E.E.S.E.
 いやぁ、君が正しかったよ、チーズ。

C.H.E.E.S.E.: The shipment never made it through Omaha?
 荷物はオマハには到着しなかったんですね?

Joey: You got it! And the rabbi’s beard, 100% horsehair. Nice catch C.H.E.E.S.E.!
(Pauses as he waits for C.H.E.E.S.E.’s next line.)
It’s your line C.H.E.E.S.E.!
(Suddenly C.H.E.E.S.E. goes crazy and starts flinging it’s arms and advancing on Joey behind the desk.)
Wayne! Wayne!!
 その通り。ラビのヒゲは100%馬毛だったよ。よくやった、チーズ!(チーズが何も言わない)おまえのセリフだぞ、チーズ!(チーズが暴走し机の物を落としたりする)ウェイン、ウェイン!(ウェインは女性とキス中)




にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ

posted by らんち at 20:12| Comment(0) | Season 6 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月29日

6-20 The One With Mac and C.H.E.E.S.E.

6-20 Mac&C.H.E.E.S.E.の話

 ☆ジョーイ・再び大ブレイク!の予感☆

《ジョーイの部屋:フィービーがジョーイの練習相手》

Joey: "We've got three minutes till it blows. We are never gonna make it!"
 爆発まであと3分しかない。もう無理だ!

Phoebe: You’ve got to get out of here! Save yourself!
 ここを出て行かなきゃ! 逃げるのよ!

Joey: No! I won’t leave you!
 ダメだ! おまえを置いていけない!

Phoebe: Don’t worry about me, I’m a robot! I’m just a machine!!
 私の心配は不要よ! ロボットなんだから! ただの機械なんだから!

Joey: No, you’re not! Not to me!
 いいや、違う! 俺にとっては違うんだ!

Phoebe: Oh, my God.
 ああ、驚いたわ。

Joey: What?
 何が?

Phoebe: I am extremely talented!
 私って、ものすごい才能があるわね。

Joey: Yeah, you’re great! Okay, let’s take it from…
 ああ、君はすごいよ。それじゃ、もう一度・・

Phoebe: No, I mean I was really acting my ass off.
 いえ、私本当にすごい演技だったわよね!

Joey: Yeah, I thought I was pretty good too.
 ああ、俺もすごくよかったよな。

Phoebe: Oh, yeah, you’re solid. Yeah, you’re just no me.
 ああ、そうね。あなたはちゃんとできてる。けど、私とは違うわね。

Joey: You know what? I think that’s enough for now. Yeah. I don’t want to be over rehearsed.
(自室へ向かう)あのさ、もう今日はいいよ。練習のし過ぎもよくないからね。

Phoebe: Fine! I’ll do it without you! I don’t need you or anybody else! I’m gonna make it on my own! . . . You’ll see!! You’ll all see!!
 いいわよ! 1人でもやるわよ! あなたナシでも、1人でもできるわよ! 自分でやれるわよ! (ジョーイへ部屋へ)見てごらんなさい! 今に見てて!

《ジョーイの部屋》

Chandler: So uh, what’s this thing you’re auditioning for?
 何のオーディションを受けるんだ?

Joey: Oh, it’s a new TV show. Yeah. I’m up for the part of Mac Machivelli or "Mac." Yeah, I’m a detective and I solve crimes with the help of my robot partner. He’s a, he’s a Computerized Humanoid Electronically Enhanced Secret Enforcer. Or-or "C.H.E.E.S.E."
 新しいテレビ番組なんだ。役名はマック・マックベイル、またの名をマックなんだ、うん。探偵で、ロボットのパートナーに手伝ってもらいながら犯罪を解決していくんだ。彼は、コンピュータライズド・ヒューマノイド・エレクトロニカリー・エンハンスド・シークレット・エンフォーサー。略して、C.H.E.E.S.E.

Rachel: So Mac and C.H.E.E.S.E.
 それじゃ、マックとチーズなんだ。

Joey: That’s the title! Yeah! You know, they really lucked out that the initials spell cheese.
 そういうタイトルなんだよ! ああ! 略したらCHEESEになるなんて、ラッキーだよな!

Chandler: That is lucky.
 ほんとラッキーだな。

Rachel: Huh−Wait, so Joey, if you get this, you’re gonna be, like, the star of your own TV show! I mean, you’ll be like the Big Cheese! Or the Big Mac−Hey! You love those!
 ちょっと待ってジョーイ、もしあなたがこの役をゲットできたら、あなたって、テレビドラマのスターになるのね! なんか、ビッグ・チーズとか! それか、ビッグ・マックね! あ、あなたあれ大好きよね!

Joey: Well, don’t get your hopes up, because probably not gonna happen.
 そんなに期待するなよ。そんなことにならないから。

Chandler: Now-now, why would you say that, Joseph?
 なんだよ。なんでそんなこと言うんだよ、ジョセフ?

Joey: I mean, come on, you guys! My own TV show? I just don’t know if I’m good enough.
 だってさあ、みんな! 俺がドラマの主役? そんな力ないよ。

Phoebe: I am.
 私はある。

Rachel: Joey, what are you talking about? You’re a terrific actor.
 ジョーイ、何言ってるのよ? あなたはすごい俳優よ!

Joey: You really think so?
 本当にそう思う?

Rachel: How can you even ask that question?!
 そんなこと聞くなんて、おかしいわよ。

【2-11 The One With The Lesbian Weddingより、愛の病院日誌初登場のジョーイ】

Chandler: Whoa, she's pretty.
 (ジョーイの共演者を見て)おお、かわいいな。

Joey: Yeah, and she's really nice too. She taught me all about, you know, how to work the cameras, and smell-the-fart acting.
 ああ。それにすごく優しいんだ。カメラワークとか教えてくれたし、それに、おなら演技も。

Rachel: I'm sorry, what?
 え、なに?

Monica: What?
 なに?

Ross: Excuse me?
 なにって?

Joey: It's like, you got so many lines to learn so fast, that sometimes you need a minute to remember your next one. So while you're thinking of it, you take this big pause where you look all intense, you know, like this.
 ほら、セリフをいっぱい覚えて言わなきゃならないだろ。時々、次のセリフを思い出すのに時間がかかることがあるんだよ。それで考えてる間、真剣な顔をするんだよ、こんなふうに。

Chandler: Oh, ok.
 ああ、なるほど。

Joey: There's my scene, there's my scene. "Mrs. Wallace, I'm Dr. Drake Ramoray, your sister's neurosurgeon. I'm afraid the situation is much worse than we expected. Your sister is suffering from a..."
 ここだ、俺のシーンだ、俺のシーン! [ドクター・ドレイク]ウォレスさん、私はドクター・ドレイク・ラモーレ、妹さん担当の神経外科医です。状況は思ったより悪いです。妹さんの病気は・・・(おなら演技)

【1-6 The one with the Butt ジョーイの舞台『フロイト!』】

Joey: Vell, Eva, ve've done some excellent vork here, and I vould have to say, your pwoblem is qviiite clear.
 よっしゃ。エバ、すばらすぃ結果が出たぞ。言わせてもらうが、あんたの問題ははーっきりしとる。
All you want is a dingle, What you envy's a schwang,
 あんたはちんちんが欲しいだけ、ペニスが羨ましいだけ
A thing through which you can tinkle,or play with, or simply let hang...
 おしっこしたり遊んだりただぶら下げておいたり...

【1-6 The one with the Butt モニカの部屋】

Joey: I play Al Pacino's butt. All right? He goes into the shower, and then- I'm his butt.
 アルパチーノのお尻だ。彼がシャワーに入る、俺が彼のお尻役だ。

Monica: Oh, my God.
 なんてことなの。

Joey: Come on, you guys. This is a real movie, and Al Pacino's in it, and that's big!
 なぁ、みんな! 本物の映画なんだ。アルパチーノなんだ。これはでっかいことなんだ!

Chandler: Oh no, it's terrific, it's... it's... you know, you deserve this, after all your years of struggling, you've finally been able to crack your way into show business.
 ああ、そうだ、すごいことだよ・・・それはもう・・なぁ、これくらいあって当然だよ。これまで頑張ってきたんだ。ついに、ショービジネスって壁に割れ目を作ったんだな。
(crack ・・割れ目→お尻という意味合いでからかっている)

Joey: Okay, okay, fine! Make jokes, I don't care! This is a big break for me!
 いいよいよ笑えばいいさ。平気だよ。これは俺にとっては大きなチャンスなんだ。

Ross: You're right, you're right, it is...So you gonna invite us all to the big opening?
 そうだね、その通りだ。これは・・・それでおまえ、俺たち全員をお披露目に呼んでくれる?
(opening ・・これも、穴→お尻を連想させてからかっている)

《現在:Mac and C.H.E.E.S.E.のオーディションにでかけるジョーイ》

Joey: All right well, I’m outta here. Wish me luck.
 それじゃ、行ってくるよ。幸運を祈ってくれ。

Phoebe: Gooood luck! Gooood luck! We all wish you good luuuuuuuuck!!!
 グーーッド・ラック、グーーッド・ラック! みんなで祈ってるよ、グーーッド・ラーック!!

Joey: Yeah, whatever.
 ああ、まぁいいや。

《セントラルパーク:チェスボードを囲むロスとチャンドラー》

Ross: It’s your turn.
 君の番だ。

Chandler: Oh, are we playing this?!
 あれ、俺たちこれやってたの?

(ジョーイが来る)
Joey: Hey.
 やあ。

Chandler: Hey! How’d the audition go?
 おお! オーディションどうだった?

Joey: Terrible! I messed up every line! I shouldn’t even be an actor!
 最悪! セリフもちゃんと言えなかったんだ。もう役者なんて無理だよ!

Ross: Wait a minute, are you doing that thing where you pretend it didn’t go well but it really did go well?
 待てよ。本当はうまくいったのに、うまくできなかったフリしてる?

Joey: Yeah, did I fool you?
 ああ、だまされた?

Ross: Totally!
 完璧にね!

Chandler: So it did go well.
 それじゃうまく行ったのか。

Joey: Oh, it went amazingly well!
 ああ、すごくうまくいったんだよ!

Ross: Great!
 よかったな!

Chandler: Oh, that’s great!
 ああ、よかったなぁ!

Joey: Yeah-yeah, it’s down to me and two other guys.
 ああ。俺と、あとほか2人に絞り込まれた。

Chandler: Oh, my God!
 ああ、そうか!

Ross: Wow!
 ワオ!

Joey: And I know both of them, they’re really good. One of them is the guy from those allergy commercials who’s always getting chased by those big flowers…
 知ってるけど、2人ともうまいんだ。1人は、あの花に追いかけられるアレルギーのコマーシャルのやつだよ。

Ross: Oh, I love that guy.
 ああ! あの人すっごくいいよね!

Chandler: Oh-oh, what are you doing?
 おいおい、おまえ何やってんだよ?

Ross: What am I doing?
 僕何やってるんだろう?

Joey: I’m just so nervous! You know? The callback isn’t until tomorrow at five. I feel like my head is going to explode!
 ほんと不安だよ! 明日の5時まで電話はこないんだ。それまでに頭爆発しそうだよ。

Chandler: Well, it is overdue.
 それは行き過ぎだな。

Ross: Look, don’t worry. Okay? You’re gonna be fine.
 心配するなって。きっと大丈夫だよ。

Joey: There’s just so much pressure. I mean no offense, but what you guys do is very different. I don’t know if you’d understand.
 この仕事って本当にプレッシャーきついよ。君たちに悪気はないけど、君たちとは全然違うんだ。わからないと思うよ。

Ross: Yeah, none of the rest of us have to deal with pressure at our jobs.
 ああ、俺たちの仕事じゃそんなプレッシャーないもんね。

【1-15 The One With The Stoned Guyから、仕事中のチャンドラー】

Chandler: Yes, Fran. I know what time it is, but I'm looking at the WENUS and I'm not happy!
 (電話)そうだ、フラン。遅いのはわかってる。でもこのウィーナスでは満足できないね!

【2-14 The One With The Prom Videoから仕事の面接を受けるモニカ】

Monica: Alright, well, I'm tearing the lettuce.
 わかりました。レタスをちぎってます。

Man: Uh-huh. Is it dirty?
 ほほう。それは汚れてないかね?

Monica: Oh-oh, no no don't worry, I'm gonna wash it.
 いえいえ、大丈夫です。洗いますから。

Man: Don't, I like it dirty.
 いや。汚れたままでいいんだ。

Monica: That's your call.
 おっしゃる通りに。

Man: So, uh, what are you going to do next?
 それで、次はどうするのかね?

Monica: Well, I thought that I would cut up the tomatoes.
 そうですね、トマトをカットしようと思います。

Man: Are they, uh, firm?
 それは固いかね?

Monica: They'r alright.
 大丈夫ですよ。

Man: You sure they haven't gone bad? You're sure they're not very, very bad?
 それは悪くなってないかね? とってもとっても悪くなってないかね?

Monica: No, really, they're OK.
 いえ、本当に大丈夫ですよ。

Man: You gonna slice them up real nice?
 君はそれをうまくスライスするのかね?

Monica: Actually, I was gonna do them julienne.
 いえ、千切りにするつもりです。

Man: Aaaahhhhhhh.
 おおおぉぉ!

Monica: I'm out of here.
 帰ります。(出ていく)

【4-13 The One With Rachel's Crush ブルーミングデールズから電話するレイチェル】

Rachel: Monica, I’m quitting! I just helped an 81 year old woman put on a thong and she didn’t even buy it! . . I’m telling you I’m quitting! That’s it! I’m talking to my boss right now! . . Yes I am! Yes I am! Yes I am! Yes I am! Yes I am! Yes I am! Okay bye, call me when you get this message.
 モニカ、私もう辞める! 今81歳の女性がTバックをつけるの手伝って、しかも彼女それを買わなかったのよ! 絶対に辞めるわ! 決めた! 今すぐ上司に話すわ! そうする! 辞める!辞める!辞める!辞める! じゃあね、これ聞いたら電話ちょうだい。

【1-12The One With The Dozen Lasagnas パウロの話をするフィービー】

Monica: Well, what happened?
 何があったの?

Phoebe: Well, he came in for a massage, and everything was fine until.
 彼マッサージに来たのよ。途中までは大丈夫だったの。
(回想でパウロがフィービーの足をなであげる)

All: Ooooohh!
 わおーーーー!

Ross: Oh, my God!
 なんてことだ。

Phoebe: And all of a sudden his hands weren't the problem anymore.
 それからいきなり、手だけじゃなくなったの(回想でうつぶせだったパウロが寝返り、フィービーは驚いて目をそらす)

Monica: Was it...
 あれは・・

Phoebe: Oh, boy scouts could have camped under there.
 もう、ボーイスカウトがキャンプできるくらい。

【5-9The One With Ross's Sandwich 博物館のロス】

Ross: You ate my sandwich?
 僕のサンドイッチを食べた?

Dr. Leedbetter: It was a simple mistake. It could happen to anyone.
 単純な間違いだよ。誰にでもある間違いだ。

Ross: Oh, really?
 へ、そうですか?

Dr. Leedbetter: Now-now calm down. Come look in my office, some of it may still be in the trash.
 いやちょっと落ち着きたまえ。僕のオフィスに行って見てみよう。まだゴミ箱にあるかもしれない。

Ross: What?
 なんですって?

Dr. Leedbetter: Well, it was quite large. I-I-I-I-I had to throw most of it away.
 いや、あれはとても大きかったから。ほとんど捨てるしかなかったんだよ。

Ross: You-you-you-you threw my sandwich away!
 あなた、あなた、あなたは、僕のサンドイッチを捨てた!

(外の景色の中に響きわたる)
Ross: MY SANDWICH?!!!
 僕のサンドイッチを!

(公園の鳩も驚く)
Ross: MY SANDWICH!!!!!!
 僕のサンドイッチ!!!

《現在のセントラルパーク》

Joey: I want this part so much! You know? If I don’t get this part I’m never gonna eat Macaroni and Cheese again!−No, I didn’t say that! That doesn't count.
 本当にこの仕事ほしいんだよ! ああ、もしこの仕事とれなかったら、マカロニ・チーズ二度と食べないぞ! ウソだよ! 言わなかったことにして!

《ジョーイの部屋:ダック、チックと話しているチャンドラー》

Chandler: Oh, come on, guys, it’s not like I moved to Europe! I just moved across the hall! And we would have you over all the time if it weren’t for Monica’s allergies. (quacks) You’re right, I could never lie to you. She hates you. . Should I get that? . . Hello? . . . Uh no, Joey’s not here right now. Can I take a message? . . . Yeah, okay, so the audition has been moved from 5:00 to 2:30? . . . Okay great. . . . Bye.
 だからさ、俺は何もヨーロッパとかまで行くわけじゃないんだ。廊下の向こうにいるんだからさ! いつでも来ていいんだよ、もし・・・モニカのアレルギーがなければ・・(ダックが鳴く)そうだよ。おまえにウソはつけない。彼女おまえ達が嫌いなんだよ。(電話が鳴る)これに出るべき? ・・もしもし? あ、いえ、ジョーイは出かけてます。ご用件伝えましょうか? ・・はい、わかりました。オーディションが5時じゃなくて2時半なんですね? ・・わかりました。 バーイ。(伝言ボードに書こうとしたところでドアが開き、モニカが来る)

Monica: Ahh! Aren’t you dressed yet?
 わぁ! まだ着替えてないの?

Chandler: Am I naked again?!
 俺またハダカ?

Monica: We’re supposed to meet my parents in 15 minutes.
 あと15分で両親が来るのよ。

Chandler: Yeah, okay, I was just talking to the guys. Just look at them. I mean, is it okay if they come visit?
 ああ、わかったよ。ただこいつらに話してたんだよ。ほら、この子達。この子達、うちに来てもいい?

Monica: Wh?! What about my allergies?!
 え? 私のアレルギーはどうなるのよ?

Chandler: Oh, right, your allergies. . .All her, she hates you.
 ああ、そうだよな、君のアレルギーだ。(ダック達に)全部彼女のせいだ。彼女が嫌ってるんだよ。

《ジョーイ達の部屋:フーズボールをするジョーイとチャンドラー》

Joey: Yes!! Ha-ha!! All right! Hey! How cool would it be if you could watch like a real life-sized version of this? Huh? I mean how crazy would that be?
 よし! ハハハ! よーし! なあ、もしこれが、本当のヒトの大きさでやってたら、かっこいいだろうな! すっごいことになるだろうな?

Chandler: As crazy as soccer?
 サッカーみたいにか?

(電話が鳴る)
Joey: Hello? . . . What are you talking about? The audition’s at five! . . Well, nobody told me! . . . Who did you talk to?. . Never mind!
 もしもし・・それどういうこと? オーディションは5時だろ! (思い出すチャンドラー)聞いてないぞ! 誰に伝言した? ・・・もういい!(電話を切る)

Chandler: You mean, you didn’t get it from this?
 このメモでわからなかった?

Joey: The allergy guy got the part! Thanks!
 アレルギーのやつが役をもらったよ! おかげでな!

Chandler: Well, maybe we can fix it, you know? Maybe we can send him some-some big-big flowers and scare him!
 なぁ、なんとかできるんじゃないか? 大きな花をやつに送って追い払うとか!

Joey: How could you do this to me, Chandler?! This part could’ve turned my whole career around!
 どうしてこんなことしてくれるんだよ、チャンドラー! これで俺のキャリアが全然違ってくるかもしれないんだぞ!

Chandler: I messed up. Okay? I’m sorry, I really messed up.
 俺が悪かったよ。な? 悪かったよ。本当に俺が悪かったよ!

Joey: Hey, you don’t even live here anymore! What are you doing answering my phone? I have my machine!
 おい、おまえ、もうここに住んでもいなんだぞ。俺の電話に出て何してんだよ! 留守電だってあるんだぞ!

Chandler: Which I bought for ya. Taught ya how to use it. You thought it was a copier. Look, if there was anything I could do, I would do it. Okay? But everybody’s allowed one mistake, right?
 俺が買ったんだぞ。使い方も教えたぞ。おまえコピー機だと思ったんだぞ。なぁ、俺にできることがあれば、何でもするよ。な、誰でも一度くらい失敗するだろ?

【2-14 The One With The Prom Videoブレスレットを愚痴るチャンドラー】

Chandler: You know he could have gotten me a VCR, he could have gotten me a set of golf clubs, but no, he has to get me the woman repeller, the eyesore from the Liberace house of crap.
 あいつ、ビデオデッキをくれてもよかった、ゴルフクラブをくれてもよかったのにさ。そうじゃない、やつがくれたのは、女性をはねつける道具だ。リベラーチェのゴミ箱から持ってきたような見苦しさだよ。

(Liberace = 派手な衣装で有名だったピアニスト)

Phoebe: It's not that bad.
 そんなにひどくないわよ。

Chandler: Oh, yeah, easy for you to say, you don't have to walk around sporting some reject from the Mr. T collection.
 そうか、言うのは簡単だよ。君は Mr. T のコレクションにも入れてもらえなかったものを見せびらかして歩かなくてもいいんだもんな。

Phoebe: Chandler, Chandler.
 (ジョーイが入ってきたので)チャンドラー、チャンドラー。

Chandler: I pity the fool who puts on my jewelry, I do, I do. I pity the fool that. . .Hi!
 (Mr.Tのマネ)俺の宝石を身に着けたやつを哀れに思うよ。本当にさ、哀れに思う・・・(ジョーイに気づく)やぁ!

【4-7 The One Where Chandler Crosses The Line:あやまるチャンドラー】

Chandler: Yeah, I mean when you were late last night, Kathy and I got to talking, and one thing led to another and…
 ああ、実は昨日の夜おまえが遅かった時に、キャシーと俺話していて、いつのまにか、つい・・

Joey: And what?! Did you sleep with her?!
 ついなんだ?! 彼女と寝たのか?

Chandler: No! No! No! I just kissed her.
 いや、いや、違う! キスしたんだ。

Joey: What?!! That’s even worse!!
 なに?! もっとひどいじゃないか!

Chandler: How is that worse?!
 どうしてもっとひどい?

Joey: I don’t know! But it’s the same!
 知るか! でもそうだよ!

Chandler: You’re right, I have no excuses! I was totally over the line.
 その通りだ。いい訳もないよ。本当に一線を越えてしまったと思う。

Joey: Over the line?! You-you’re-you’re so far past the line, that you-you can’t even see the line! The line is a dot to you!
 一線?! ずーっとずーっと通り過ぎてるよ! もう線なんかじゃなくて、点になってるだろうが!

《ジョーイの部屋》

Chandler: Look, I’m not saying that you should magically forgive me! But you’re not perfect! You’ve made some errors in judgment too!
 何もなく突然許してくれるなんて思ってないよ。だけど、おまえだって完璧じゃないだろ! 誰だって、失敗したり、判断ミスはあるだろ!

Joey: Name one!
 一つ言ってみろよ。

【4-2 The One With The Cat:AVユニットを盗まれて閉じ込められているジョーイ】

Chandler: What happened?!!
 (ジョーイの入った扉を開けて)何があったんだ?

Joey: Awww, man! He promised he wouldn’t take the chairs!!
 なんだよ! 椅子は持っていかないって約束したくせに!

Chandler: What the hell happened?!! How were you locked in?!! And where the hell is all of our stuff?!!
 いったい何があったんだ?! なんで閉じ込められた?! それにみんなどこいってしまったんだ?

Joey: Well, this guy came by to look at the unit and-and he said he didn’t think big enough to fit a grown man!
 ユニットを見にきたやつが、これは大人が入れるほど大きくないって言ったんだよ!

Chandler: So you got in voluntarily?!
 それで自分から入ったのか?!

Joey: I was trying to make a sale!! Oh, man, if I ever run into that guy again, you know what I’m gonna do?
 売ろうと思ったんだよ! もう、今度あいつに会ったらどうしてくれるかわかるか?

Chandler: Bend over?!!!
 お尻差し出すのか?!

【1-14 The One With The Candy Hearts:ロレインとダブルデートのジョーイ達】

Chandler: Ok, now, remember, no trading. You get the pretty one, I get the mess.
 わかってるよな、交換はなしだぞ。おまえがかわいい子で、俺はブサイクだ。

Lorraine: Hi, Joey. Well, well, look what you brought.
 ハーイ、ジョーイ。あらあら連れてきてくれたのね、素敵。

Chandler: And what did you bring?
 それで君が連れてきたのは?

Lorraine: She's checking her coat. Joey, I'm gonna go wash the cab smell off my hands. Will you get me a white Zinfandel, and a glass of red for Janice.
 今コートを預けてるわ。ジョーイ、手についたタクシーの匂いとってくるわ。私にはプリミティーヴォ頼んでおいてね。ジャニスにはグラスの赤ワインね。

Chandler: Janice? Janice?
 ジャニス? ジャニス?

Janice: Oh.... my.... God.
 オー・・マイ・・ゴーッド・・。

【2-1 The One With Ross's New Girlfriend:ジョーイ紹介のテーラーの話】

Chandler: Joey's tailor...took advantage of me.
 ジョーイのテーラーが・・・仕事にかこつけて俺を!

Ross: What?
 なに?

Joey: No way. I've been going to the guy for 12 years.
 まさか! もう12年も行ってるんだぞ。

Chandler: Oh, come on! He said he was going to do my inseam, and he ran his hand up my leg, and then, there was definite...
 何だって。やつは、内側を測るといって、手で脚をあがっていって、それから・・・間違いなく・・

Ross: What?
 なに?

Chandler: Cupping.
 包まれた。

Joey: That's how they do pants! Ross, will you tell him? Isn't that how they measure pants?
 それがサイズの測り方なんだよ。ロス、言ってくれよ。それがパンツの測り方だろ?

Ross: Yes, yes, it is. In prison!
 ああ、そうだ。刑務所ならな!

《現在のジョーイ達》

Joey: I said name one!
 一つあげろって言っただろ!

《モニカ達の部屋》

Chandler: I can’t believe I did this! What an idiot!
 俺、こんなことしちゃうなんて! なんてバカだったんだ!

Monica: Oh, stop beating yourself up! People make mistakes! These things happen! There aren’t any message you’ve forgotten to give me are there? . . Apparently you’re not very good at it! I…
 もう、自分を責めすぎないで! 誰だって失敗はあるのよ。こういうことはあるものよ。何か、私に伝言忘れてない? だって得意じゃなさそうだからさ。。

Chandler: Do you think he’ll ever forgive me?
 俺のこと許してくれるだろうか?

Rachel: Of course he will! But Chandler, the most important thing is you forgive yourself!
 もちろんよ! でもチャンドラー、まず何よりも、自分を許してあげることよ。

Chandler: You know what? I-I kinda have.
 まぁね、それはもう許してるよ。

Rachel: Already? That’s pretty bad what you did.
 もう? 随分ひどいことしたくせに。

Monica: You know what? He will forgive you. And I like to bring a pad with me when I go answer the phone just in case, okay.
 ねぇ、許してくれるって。ただ、電話を受ける時は、メモを用意しておいた方がいいのよね。ほんと。

Chandler: You didn’t see how mad he was, you know?
 彼がどんなに怒ったか見てないんだよ、君は。

Rachel: I’m sure he will forgive you. Look, we have all been there! You know, you fight, you make up, it’s just the way it works.
 絶対許してくれるわよ。ね、みんなそういう経験してきてるじゃない。ケンカして、仲直りして、みんなそうしてきてるのよ。

【4-1 The One With The Jellyfish:レイチェル達、海の後のブレイクアップ】

Ross: It took two people to break up this relationship!!
 別れることになったのは2人ともが原因なんだからね!

Rachel: Yeah! You and that girl from that copy place, which yesterday you took full responsibility for!!
 そうね! あなたとコピー店の女の子よ! あなた昨日全部の責任を負うって言ったわよね!

Ross: I didn’t know what I was taking full responsibility for! Okay?! I didn’t finish the whole letter!
 僕は何の責任を取らされているかわかってなかったんだ! いいか?! あの手紙読み終わってなかったんだ!

Rachel: What?!!
 なんですって?

Ross: I fell asleep!
 寝てしまったんだよ!

Rachel: You fell asleep?!
 寝てしまったですって?!

Ross: It was five-thirty in the morning, and you had rambled on for 18 pages. Front and back!! Oh-oh-oh, and by the way, Y-O-U-apostrophe-R-E means ‘you are,’ Y-O-U-R means ‘your!’
 朝の5時半だったんだ、君は18ページもたらたら書いて、表と裏にね!(部屋を出る)あ、そうそう、you アポストロフィー re は「君は」で、 your が「君の」だからね!

Rachel: You know, I can’t believe I even thought about getting back together with you! We are so over!!
 あなたとよりを戻そうなんて考えた自分が信じられないわ。完全におしまいよ!

Ross: FINE BY ME!!
 結構だね!

Rachel: And hey! Just so you know, it’s not that common! It doesn’t happen to every guy! And it is a big deal!!
 それからちょっと、言っとくけど! あれはよくあることなんかじゃないわよ! 誰にでも起きることじゃない! 一大事よ!!

Chandler: I KNEW IT!!!!
 やっぱり!!

【2-13 The One After The Superbowl, Part II:ジャンとのデートでケンカする2人】

Monica: You know, you had no right to go out with him.
 あなたには、彼とデートする権利ないわよ。

Rachel: That is the most ridiculous.
 こんなバカバカしいことって・・

Monica: You sold me out.
 あなた私を裏切ったのよ。

Rachel: I did not sell you out.
 裏切ってなんかないわよ。

Monica: Yes you did. Absolutely sold...
 いいえ、裏切ったわ、間違いなく…

Rachel: Would you let me talk.
 私が話してるのよ! (おでこパチン)

Monica: Did you just flick me?
 今私にデコピンした?

Rachel: OK, well, you wouldn't let me finish and I was jus- …Ow. That hurt…
 最後まで聞かないからよ、私は…(やり返され) イタ!痛いじゃない!

Phoebe: Let's not do this! Happy thoughts, Happy thoughts…OK, now I'm gonna kick some ass.
 やめましょうよ! ハッピーなこと考えて、ハッピーなこと…いいわよ、こうしてやる。(2人の耳をつかむ)

Monica & Rachel: Ow. Ow. Ow.
 イタ! イタ! イタ!

Phoebe: Alright, now I will let go if you both stop.
 いい? 2人ともやめたら離してあげるわよ。

Rachel: Fine.
 わかったわよ!

Monica: Fine,
 わかったわよ。

Phoebe: There we go.You know what, if we were in prison, you guys would be, like, my bitches.
 はい、よろしい。ねぇ、これが刑務所なら、2人とも私の手下よ。

【3-2 The One Where No One's Ready:チャンドラーの服重ね着ジョーイ】

Joey: Okay, buddy-boy. Here it is. You hide my clothes, I'm wearing everything you own.
 よぉし。これがそうだ。おまえが俺の服を隠したから、俺はおまえの持ってるもの全部着てやった。

Chandler: Oh, my God!
 なんてことを!

Joey: Look at me! I'm Chandler! Could I be wearing any more clothes? Maybe if I wasn't going commando...
 俺を見ろ! チャンドラー! これ以上服着れるかっつぅの! もしノーパンでなかったらな・・

Chandler: Oooo-ooh!
 あああ!

Joey: Yeah. Whew, it's hot with all of this stuff on. I better not do any, I don't know, lunges.
 ヒュー! こんなに着てると暑いな。やらない方がいいかな、ランジなんてな。

【2-17 The One Where Eddie Moves In:同居解消したジョーイとチャンドラー】


(別々の部屋で暮らし始め寂しいジョーイとチャンドラーの姿)

《ジョーイの部屋:チャンドラーが来る》

Chandler: Joey? Got you a Joey Special, two pizzas! Joe? . . Hello? .. Damn it! .. Hello? . . . No, Joey’s not here right now, but I can take a message, I think. . . . He’s still got a chance for the part?! Oh, that’s great news! . . . Well, no, obviously not for the actor who was mauled by his dog. . . . Oh, well, that’s great. I will give Joey the message. Thank you! . . .Yes!
(Reading what he’s writing)
Okay, Mac audition at 2:00. Allergy actor attacked. By dog not flowers.
 ジョーイ? ジョーイ・スペシャルを買ってきたぞ! ピザ2枚だ! ジョー?(電話が鳴る)もしもし・・(また出てしまって)クソっ! ・・もしもし? いや、ジョーイは今いないですけど、伝えますよ。・・と思いますよ。・・まだ役がもらえるかも? ああ、それはすごいな! いや、イヌにやられた俳優さんには気の毒だったけど・・いや、よかった。ジョーイに伝えますよ。ありがとう! よし!(ホワイトボードーに伝言を書く)よし・・「マックのオーディション2時。アレルギーの俳優襲われた。花じゃなくてイヌに。」

《ジョーイの部屋:時間経過、ジョーイが来る》

Joey: Hey!
 ヘイ!

Chandler: Please tell me you got the message!
 頼む、伝言見たって言ってくれ!

Joey: What message?
 何の伝言?

Chandler: The actor playing Mac couldn’t do it, they needed to see you at 2 o’clock.
 マックをやるっていう俳優がダメになって、おまえに2時にオーディションするって。

Joey: What?! It’s 6 o’clock!
 なに? もう6時だぞ!

Chandler: Du-du-I wrote it, I wrote it on the board! I wrote it on the board, then I went all over New York City looking for ya! I went to Ross’s! I went to the coffeehouse! I went to any place that they make sandwiches!
 俺、俺、書いたぞ。ボードに書いたんだぞ! ボードに書いて、それから街中おまえを捜して歩いたんだぞ。ロスのとこ行ったし、コーヒーハウスの行ったし、サンドイッチや全部回ったんだぞ!

Joey: I can’t believe this, Chandler!
 信じられないよ、チャンドラー!

Chandler: Sorry! I-I-I don’t know what to say.
 残念だよ! なんて言ったらいいかわからないよ。

Joey: Well, you-you-you-you might say congratulations! I saw the board! I went to the audition! I got the part!!
 おめでとうって言ってくれたらいいよ! ボード見たんだよ! オーディション行って、それで役もらったんだ!

Chandler: Is that supposed to be funny! I was really worried over here!
 それおもしろいつもりかよ! 本当に心配したんだぞ!

Joey: Oh, well, I’m uh…
 ああ、いや、俺・・

Chandler: You know, sometimes that fake out thing is just mean!
 なぁ、そのダメだったフリみたいなの、本当にひどいぞ!

Joey: Oh, wow! Okay, man, I’m sorry. I did not mean to make you feel bad.
 ああ、いや、悪かったよ、ごめん。そんな気にさせるつもりじゃなかったんだ。

Chandler: Well, that’s good. Because you didn’t! And I’m incredibly happy for ya!!
 いや、いいんだよ。うれしいよ! 本当によかったな!

Joey: That’s mean! You really had me going there!
 それ意地悪じゃないか! そんなことすることないだろ!

Chandler: Oh, we could do this all day.
 もう、キリがないよ。

Joey: Yeah, you’re right. Okay, look, listen, let’s talk about what a huge star I’m gonna be!
 ああ、ホント。なぁ、どんな大スターになっちゃうか話そうよ!

Chandler: You are gonna be a huge star! I’m gonna hug ya!
 おまえ、本当に大スターになるよ! ハグするぞ!

Joey: You hug me!
 ハグしてくれ!

Chandler: All right!
 よし!

【さまざまなハグシーン】


Joey: Hey, do we do this too much?
 なぁ、俺たちこれやり過ぎかな?

Chandler: I think so. Yeah, get off me.
 そうだな。ああ、離せ。

Joey: Yeah.
 ああ。

《ジョーイとフィービーがMac and C.H.E.E.S.E.の練習》

Joey: "Come on, C.H.E.E.S.E., I’m not leaving without you! Try routing your backup source through your primary CPU."
 だめだよ、チーズ、おまえを置いていけない! おまえの一次CPUからバックアップを探し出してみろ!

Phoebe: "I can’t! My circuits are fried! They’re fried, I tell you!!"
 無理だ! 回路がショートしてしまったんだ! 本当にショートしてしまったんだ!

Joey: Wow! "Well, then I’ll just have to carry you."
 ワオ・・それじゃ、君を運んでいくよ。

(カウンターの陰からロスが飛び出してくる)
Ross: "That’ll be a neat trick, when you’re. . when you’re dead!"
 それはいいな。おまえが(スクリプトを見直し)おまえが死んだらな!

Joey: Ross, you don’t have to yell.
 ロス、怒鳴らなくてもいいよ。

Ross: There was just an explosion, okay? My hearing would be impaired.
 爆発直後だろ? 今は耳が遠くなってるんだよ。

Phoebe: I thought you were excellent! In fact for a minute there I was like, "Ooh, where’d Ross go?"
 素晴らしかったわよ! 一瞬、「あら、ロスはどこ?」って思ったわ。

Ross: Thank you! And I have to say that first scene when you meet Mac…
 ありがとう! 僕も思うけど、君が初めてマックに会ったところでは・・

Phoebe: Yeah?
 そう?

Ross: Oh, my God. I mean…
 ああ、もう本当に・・

Joey: You know what? I think that’s enough for today. Thanks for your help!
 なぁ、今日は練習はもういいよ。相手してくれてありがと!(部屋へ行く)

Phoebe: Holding us back.
 私達を避けてるわね。

Ross: Totally.
 ほんとだね。



にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ

posted by らんち at 01:46| Comment(0) | Season 6 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月28日

6-19 The One With Joey’s Fridge

6-19 ジョーイの冷蔵庫の話

 ☆やきもち焼きのロス☆

《ジョーイの部屋:冷蔵庫背面の黒いネット部品を外してしまうジョーイ》

Joey: Well, that thing is clearing in the way! All right. Ah-ha!. . .Ah-ah!! Damn fridge!
 ああ、これがどう見ても邪魔なんだよ。よし、ああ!(ちょっと感電)ああ! クソ冷蔵庫め!

(レイチェルが寝室から来る)
Rachel: Hi, Joey, how you doing?
 ハーイ、ジョーイ。元気?

Joey: Great! Roomie!
 元気だよ! ルーミー!

Rachel: Huh, yeah, I guess we are roommates now.
 アハ。そうね。私達は今ルームメイトね。

Joey: Yeah! Well, now that you bring it up, our fridge is broken. We have to get a new one. Now, I checked around and your half is $400. Thanks a lot.
 ああ。君が今持ち出したから言うけどさ、冷蔵庫が壊れたんだよ。新しいの買わないといけないだろ。調べてみたんだけど、君の分は400ドルだよ。ありがと、助かるよ。

Rachel: I’m not paying for half of that! I’m only staying here until my apartment gets fixed.
 私そんなの払わないわよ。私の部屋が直るまでここにいるだけなんだもの。

Joey: Look, Rach, my parents bought this fridge just after I was born, okay? Now, I have never had a problem with it. Then you show up and it breaks! What does that tell ya’?
 いいか、レイチ、俺の両親は、俺が生まれたときこれを買ったんだ。これまで、何の問題もなかった。君が来た途端に壊れた。ということはつまり?

Rachel: That refrigerators don’t live as long as people.
 つまり冷蔵庫は人ほど長生きしないってことね。

Joey: All right, now you know that the ATM will only lets you take out 300 at a time, so I’ll take a check for the other hundred.
 そうか。ATMは一度に300ドルしか出せないだろ、だから、残りの100ドルは小切手でもいいよ。

Rachel: You’re joking, right?
 冗談でしょ?

Joey: Of course I’m joking! I don’t take checks.
 もちろん冗談だよ! 小切手はダメ。

Rachel: Thank God you’re pretty.
 せめてかわいくてよかったわね(出て行く)

《セントラルパーク:レイチェルが来る》

Rachel: Hey!
 ハーイ!

All: Hi! Hey!
 ハーイ! やぁ!

Rachel: Do you guys know any cute guys?
 誰か、キュートな男性知らない?

Chandler: Well, of course I do! My good friend Joey over here.
 もちろん知ってるよ! ここにいる、いい友達のジョーイだよ。(ジョーイにも同じことを言わせようとするが)

Joey: Oh, I’m sorry. Thank you, Chandler.
 あ、悪い。ありがとう、チャンドラー。

Rachel: Anyway, there’s this big charity ball this weekend and Ralph Lauren bought a table, so I kinda have to go…
 今度の終末、チャリティ・パーティがあって、ラルフローレンが参加することにしたから、私も行かなくちゃ行けなくて・・

Monica: What’s the charity?
 何のチャリティ?

Rachel: I don’t know, something either trees or disease−Ralph mumbles a lot.
 何だったかしら。木だか、病気だかのことよ。ラルフってはっきりしないのよね。

Monica: Does Ralph mumble when you’re not paying attention?
 あなたがちゃんと聞いてない時にはっきりしないんじゃない?

Rachel: Yeah! It’s weird. But the thing is I need to find a date.
 そうなのよ! 変よね。とにかく、私一緒に行く人を見つけないといけないの。

Phoebe: Well, what kind of guy are you looking for?
 どういう人を捜してるの?

Rachel: Well, someone that has his own tux, or has the ability to rent a tux.
 そうね、タキシードを持ってる人か、レンタルできる人よ。

Chandler: So he has to be a male who has at least $50.
 それじゃ、少なくとも50ドル持ってる男ってことだな。

Joey: Ooh! So close.
 ああ、惜しい!

(ロスとエリザベスが来る)
Ross: Hey, everybody!
 やぁ、みんな!

All: Hi!
 ハーイ!

Ross: Hey, this is Elizabeth.
 こちらエリザベスだよ。

Elizabeth: Oh, hi!
 あ、ハーイ!

All: Hi!
 ハーイ!

Elizabeth: I’m the student.
 私は生徒よ。

Chandler: Isn’t she cute? . . No!
 かわいいじゃん?(モニカに睨まれ)別に!

Phoebe: You know, this is probably none of my business, but weren’t you guys supposed to not be seen in public together?
 私には関係ないことかもしれないけど、でも、あなた達人前で一緒にいちゃまずいんじゃないの?

Elizabeth: Oh, we’re not together.
 ああ、私達一緒じゃないの。

Ross: Oh, no-no-no, we’re just two people who happen to have run into each other here at the coffee house.
 うん、そうそう、僕らは、たまたまコーヒーハウスで出会った2人の人だよ。

Phoebe: Oh, sly.
 ああ、悪知恵ね。

Elizabeth: Well, I really wanted to meet you guys, but I have to run. I’ll see you later?
 ほんと、みなさんに会いたかったの、楽しかったわ。じゃあまたね?

All: Okay!
 オーケー!

Elizabeth: Bye, Ross.
 バーイ、ロス

Ross: Bye.
 バーイ。

Elizabeth: Oops! I did not mean to run into you like that, sir.
 (キス)あっと! こんなふうにぶつかっちゃうつもりではなかったんです。どうも。

Ross: Oh, that is quite all right, ma’am.
 ああ、いいんですよ、おじょうさん。

Chandler: So, why is she leaving? Is it a school night and she has a lot of homework to do?
 なんで彼女行っちゃうの? 学校があって、宿題がいっぱい?

Ross: Yes, her molecular epidemiology paper is due tomorrow.
 ああ。分子疫学のレポートの提出期限が明日なんだ。

Chandler: Oh, tell her good luck with that.
 そうか、彼女に頑張ってって言っといて。

Ross: Anyone else? Huh? Bring them on!
 他には? え? 何でも言って!

Rachel: Oo! When’s her birthday?!
 そうだ! 彼女の誕生日は?

Ross: I don’t know, Rachel, why?
 知らないよ、レイチェル、なんで?

Rachel: Well, you know, it’s just been so long since I’ve been to Chuck E. Cheese.
 だって、チャッキーチーズに随分長い事行ってないから。

(Chuck E. Cheese = お子様向けレストラン。4-5にも出てきました)

Monica: Oh, I like Elizabeth.
 私はエリザベス好きだわ。

Ross: Well, thanks!
 ああ、ありがと!

Monica: Yeah. In fact, I like her so much, you tell her I want my cookies early this year! You know, a box of Thin Mints and some Tagalongs.
 ええ。彼女本当に好きだから、今年のクッキーは早く欲しいって言っといてね。ミントとタガロングね!

(Thin Mints ,Tagalongs = ガールスカウトが売るクッキー)

Joey: Hey-hey, come on, you guys, give him a break. Ross, seriously, how’s it going with her?
 なぁなぁ、みんな、いい加減にしてやれよ。ロス、マジな話、うまくいってるのか?

Ross: Well, actually it’s been great. She’s 20 so she’s not looking for anything too serious, which is perfect for me right now.
 うん。ほんと、すごくうまくいってるよ。彼女は20歳だから、真剣なつきあいを求めてないだろ。今の僕にはピッタリなんだよ。

Monica: Well, that is great. And seriously, she seems very nice.
 それはいいわね。ほんとの話、彼女とってもいい子そうね。

Ross: Thanks. I know you guys like to give me a hard time and all, but it really means a lot to me that you like her. Just knowing that you guys are…
 ありがと。みんなでからかうのはわかるけど、でも、彼女を好きになってくれたら本当に嬉しいよ。君たちが・・

Phoebe: Okay, I got a good one. Okay, umm, what is she? Like 12?
 あっ、いいのを思いついたわ。ねぇ、彼女、なに? 12歳とか?

《モニカ達の部屋》

Monica: Chandler, do you think we talk about our relationship enough?
 チャンドラー、私達って、2人の関係について、十分に話し合ってるかな?

Chandler: Yeah. Do we have any Fruit Roll-Ups?
 ああ。フルーツスナックある?(出してあげるモニカ)

fruit-roll-ups.jpg

(フィービーが来る)
Phoebe: Hey!
 ハーイ!

Monica: Hey!
 ハーイ!

Phoebe: Okay, I just thought of the perfect guy for Rachel to take to her thing.
 ねぇ、レイチェルが連れていくのに完璧な人を見つけたわよ。

Chandler: Oh, that’s so funny because we found someone too.
 ああ、おもしろいね、俺たちも見つけたんだよ。

Phoebe: Oh, that’s good, I guess she’ll have a choice between my guy and your weirdo.
 あら、いいじゃない。彼女、私の人とあなた達の変人から選べばいいのよね。

Chandler: Why would our guy be a weirdo?
 どうして俺たちのやつが変人なんだよ?

Phoebe: ‘Cause that’s just your taste.
 だってあなた達の好みでしょ。

Monica: Rachel is not going to pick your stupid guy.
 レイチェルはあなたのバカな男は選ばないわよ。

Phoebe: Oh, yeah?
 あらそう?

Monica: Yeah!
 そうよ!

Phoebe: My guy is a lawyer who does volunteer work. And, he has one of these.
 私の人は弁護士でボランティアもしてるのよ。それに、これがあるの(顎をつまむ)

Chandler: A face ass?
 顔に尻?

Phoebe: A chin dimple!
 顎に割れ目があるのよ。

Monica: Well, uh you know, our guy works with Chandler and he’s really nice and smart and he’s a great dresser!
 私達の人はチャンドラーの会社で働いてる人で、本当に素敵で、賢くて、それに、すごくおしゃれなのよ!

Phoebe: Have you seen your guy’s body?
 その人の体見たことある?

Chandler: No, our guy is just a floating head.
 いいや。俺たちの男は頭だけなんだ。

Phoebe: Well, my guy is spectacular. Okay? He’s a massage client and one time umm, when he was on the table, I looked at it. And I mean all of it.
 私の人はものすごい体よ。ほんと。マッサージのお客さんで、一度マッサージの時に見たの。ほんと、全部見たのよ。

Monica: You’re not supposed to look!
 あなた見ちゃダメじゃないの!

Phoebe: Oh, yeah, like there are police for that!
 あらそう。警察につかまるかしら。

Chandler: Wait! You look? You-you massaged me.
 待てよ。見るのか? 君、俺のマッサージもしたじゃないか。

Phoebe: I know.
 そうよね。

Monica: All right, fine, your guy may have a great body, but our guy is really funny.
 わかった、いいわよ。あなたの人はいい体をしてるかもしれない。でも、私達の彼は本当に楽しい人よ。

Phoebe: Oh, Chandler funny?
 あら、チャンドラーみたいってこと?

Monica: Our guy’s a great dancer!
 私達の彼はダンスも上手よ!

Phoebe: My guy is well read.
 私の彼は本を読むわ!

Chandler: Our guy has great hair.
 私達の彼は髪も素敵よ。

Phoebe: My guy has great teeth!
 私の彼はきれいな歯よ!

Chandler: Our guy smells incredible.
 俺たちのやつは、いい匂いだぞ!

Monica: Do you want our guy to be your guy?
 あなた、その人自分の彼にしたいの?

《ジョーイの部屋:チャンドラーが来る》

Chandler: Hey.
 やぁ。

Joey: Huh.
 はぁ。

Chandler: Well, you don’t look good, Joe.
 おまえ、元気そうには見えないな、ジョー。

Joey: The fridge broke. I have to eat everything. Cold cuts, ice cream, limes−Hey, what was in that brown jar?
 冷蔵庫が壊れて、全部食べなきゃいけなくてさ。ハムとか、アイスクリームとか、ライム・・・なぁ、あの茶色い瓶に入ってたのは何?

Chandler: That’s still in there?!
 あれまだあったのか?

Joey: Not anymore. So anyway, how do you want to pay me?
 もうないよ。それじゃ、どうやって払ってくれる?

Chandler: Is this a service you’re providing me?
 今のが有料のサービスか何かか?

Joey: No! No! No! For my new fridge−our new fridge!
 違う、違うよ。俺の・・俺たちの新しい冷蔵庫のだよ!

Chandler: Our new fridge? I don’t live here anymore.
 俺たちの新しい冷蔵庫? 俺はもうここに住んでないんだぞ。

Joey: So what? Look, okay, suppose we were a divorced couple.
 それで? なぁ、俺たちが離婚した夫婦だと思ってみろ。

Chandler: Uh-huh.
 それで。

Joey: And I got custody of the kid, right? Now suppose the kid dies and I gotta buy a new kid.
 俺が親権を持った。な? そして子供が死んでしまったので、新しい子供を買わなきゃいけない。

Chandler: Okay…
 それで・・

Joey: Give me $400!
 400ドルくれよ!

《ロスのオフィス》

Elizabeth: Professor Geller?
 ゲラー教授?

Ross: Hmm? Oh, a student I don’t know.
 はい? ああ、知らない生徒さん。

Elizabeth: I was wondering if I could talk to you for a moment?
 ちょっとお話できないかと思いまして。

Ross: Yes, of course, what-what would this be regarding?
 ああ、もちろんいいよ。何に関してのことかな?

Elizabeth: Making out in your office.
 あなたのオフィスでキス。

Ross: Shh! Of course, why don’t we go inside?
 シーッ! もちろん、中にはいって。

(室内に入るとすぐキス。ドアにもたれたロスが悲鳴をあげる)
Ross: Oh-ooh!
 あう、痛!

Elizabeth: What?
 何?

Ross: Doorknob! Doorknob!
 ドアノブ、ドアノブ!

Elizabeth: Oh! Sorry! Umm, I actually do need to talk to you.
 あ、ごめんなさい。ねぇ、実は、話したいことがあるの。

Ross: Oh, okay. What-what about?
 ああ、いいよ。何のこと?

Elizabeth: Spring vacation.
 スプリング・バケーションなんだけど

Ross: Spring vacation.
 スプリング・バケーション?

Elizabeth: Yeah, we have time off and a lot of people are going on trips…
 ええ。休みだし、みんな旅行に行くのよね。

(教授が突然入ってくる)

Professor Feesen: Professor Geller!
 ゲラー教授!

Ross: Yes, professor Fiesenstinlender… I’ll be with you in one moment. . . .So, I will take one box of the Thin Mints.
 はい、フィー・・セン・・スティンレンダー教授・・少しお待ちくださいね。(エリザベスに)それじゃ、ミントを1箱貰うよ。

《ジョーイの部屋》

Ross: You don’t understand! Elizabeth was about to ask me to go on a trip with her! Is that taking it slow?! No, I’m not ready for this! Okay? What-what do I tell her?
 君はわかってないんだよ。エリザベスは、旅行に誘うつもりだったんだよ。これでも、ゆっくりことを進めてるか? ダメだ。僕はそんな気になれない。ねぇ? 彼女になんて言えばいいんだ?

Chandler: Just tell her the truth! Tell her you’re not ready.
 本当のことを言えばいいじゃないか! まだそんな気になれないって。

Ross: I can do that. Oh-oh, what if she gets upset?
 それもそうか。だけど、彼女が怒ったりしたら?

Chandler: Then you distract her with a Barbie doll.
 そうしたらバービー人形でも買ってやれ。

Joey: Or! You can just, you know…
 それかだな、おまえはただほら・・(冷蔵庫にロスをぶつける)

Ross: What the hell are you doing?
 いったい何のつもりだよ?!

Joey: What? What the hell am I doing? You just broke my fridge!
 なに? 俺がどうしたって? おまえが俺の冷蔵庫を壊したんじゃないか!

Ross: What?! What? How do you, how do you even know its broken?!
 なに? なんだって? どうして、どうしてこれが壊れてるってことになるんだ?

Joey: Oh-ho-ho, you think I don’t know what breaks my fridge? Excuse me! . .Well, what do you know! Broken! That’ll be $400!
 いいや、俺の冷蔵庫がどうしたら壊れるか俺にわからないとでもいうのか? ちょっといいか? (冷蔵庫の中を見る)ほら! わかる! 壊れてるぞ! 400ドルだ!

Chandler: Joey, I saw you push him!
 ジョーイ、おまえが彼を押すのを俺は見たぞ。

Joey: You pushed him!
 おまえが押したんじゃないか!

Ross: Joey, I did not break this! Okay? . . That has been broken for a while.
 ジョーイ、僕は壊してないよ、わかるか?(冷蔵庫の中をのぞき匂いに参る)これはしばらく前から壊れてるよ。

Joey: All right. Chandler, do you remember how I told you about our fridge?
 わかったよ。チャンドラー、冷蔵庫について話したの覚えてるよな?

Chandler: Uh-huh.
 ああ。

Joey: I still haven’t gotten a check for your half yet.
 おまえからまだ半分のお金貰ってないぞ。

Ross: Do not give him any money!
 彼にお金を渡すことないぞ!

Joey: I’m not talking to you! You broke my fridge!
 おまえに話してない! おまえは俺の冷蔵庫を壊したんだ!

《ロスのオフィス:エリザベスが来る》

Elizabeth: You wanted to see me, Professor Geller?
 お話でしょうか、ゲラー教授?

Ross: Yes. Yes! Please, come in.
 ああ、はい。どうぞ、入って。

(前回と同じ展開で背中が痛いロス)
Ross: Oo-oo!
 痛っ!

Elizabeth: Doorknob?
 ドアノブ?

Ross: Yeah, it kinda grows on you. Actually, I wanted to finish talking to you about uh, spring vacation.
 ああ、君これに慣れてきたね。実は、話の続きをしたいと思ってね。スプリング・バケーションの。

Elizabeth: Oh, good.
 ああ、よかった。

Ross: Look, I… Look, I’m having a great time with you and I just don’t want us to move to fast or put to much pressure on us. So, I’m sorry, I just don’t think we should go away together yet. It’s-it’s too soon.
 ね、僕は・・いいかい、僕は君といて、とっても楽しくと思ってるんだ。ただ、早く進みすぎてプレッシャーを感じるのはよくない。それで、悪いけど、まだ2人で旅行には行くべきじゃないと思う。早すぎると思うんだよ。

Elizabeth: Ross, I think you misunderstood what I was saying. I just wanted to tell you that I’m going to Florida for a couple weeks.
 ロス、あなたは私の言おうとしたこと勘違いしてるわ。私はただ、2週間フロリダに行くって言いたかったのよ。

Ross: No. I think you misunderstood what I was saying. What I meant was…
 いや。君が僕の言いたいのを勘違いしてるんだよ。僕が言いたいのは・・

Elizabeth: You are so adorable.
 あなたって本当にかわいいわね。

Ross: That! Let’s talk about that.
 それ! そのことについて話そう。

《セントラルパーク:ロスが来る》

Ross: Hey!
 やぁ!

Chandler&Phoebe: Hey!
 ヘイ!

Monica: Hey! How did it go with Elizabeth?
 あら、エリザベスと話してどうだった?

Ross: Huh? Oh-oh, it was fine. Uh, it was just a misunderstanding. She didn’t want me to go with her. She just wanted to let me know that she’s going to Florida for spring vacation.
 あ? あれね、大丈夫だったよ。誤解だったんだ。彼女は僕と一緒に行きたいっていうんじゃなかったんだ。彼女は、ただ、スプリング・バケーションでフロリダに行くって言いたかっただけなんだ。

Chandler: Wait a minute, is she going for spring vacation or is she going for spring break?
 待てよ。それって、スプリング・バケーション、それとも、スプリング・ブレイクで行くってこと?

Ross: What’s-what’s the difference?
 何が違うの?

Monica: Well, spring vacation is doing nice things with your grandparents. Spring break you’re doing frat guys.
 スプリング・バケーションは祖父母と一緒にいいことをするんだよ。スプリング・ブレイクは、男達と遊びまくるってことだよ。

(frat boy = fraternityに属する人達。fraternity はクラブのようなもの)

Ross: Hey, you know what? Not all spring breaks are like that.
 いや、スプリング・ブレイクがみんなそうとは限らないよ。

Phoebe: What did you do on yours?
 あなたは何をしたの?

Ross: I went to Egypt with my dad.
 とうさんとエジプトに行った。

Chandler: I can see it now, "Look dad, it’s the Sphinx!"
 わかるよ。「とうさん、見て! スフィンクスだよ!」

Ross: Hey, I think Elizabeth is a little more serious than, "Spring break!" . . All right? I mean she’s taken my class!
 いやー、エリザベスはそんな「スプリング・ブレイクだー」なんてのより、もっとまじめな子だよ。わかる?だって彼女僕のクラスをとってるんだぞ。

Monica: And slept with the professor.
 そしてその教授と寝てる。

Ross: I’m gonna call her.
 彼女に電話してくる。(裏へ行く)

Chandler: Yeah.
 ああ。

(レイチェルが来る)
Rachel: Hey! You guys, umm, I want you to meet Sebastian.
 ねぇ、みんな。紹介するわ。セバスチャンよ。

Sebastian: Hi.
 ハーイ。

Rachel: We just uh, we just met at the newsstand. We both grabbed for the last Field & Stream. What? I read that.
 私達たった今、ニューススタンドで会ったの。2人とも、フィールド&ストリームを取ったのよ。・・何よ、私読むのよ。

Sebastian: Can I get you a cup of coffee?
 コーヒー持ってこようか?

Rachel: Oh, yes! Thank you!
 ああ、お願い、ありがとう!

Phoebe: Rachel, what the hell is this?!
 レイチェル、いったいこれ、どういうこと?

Rachel: What?
 何が?

Phoebe: You ask us to find you a guy and you come traipsing in here with your own!
 あなた、私達に、男を見つけてって言っておいて、自分で見つけてブラブラ来るなんて!

Rachel: You found me a guy?
 私に見つけてくれたの?

Monica: Yes! We found you a really cute and funny guy from Chandler’s work!
 そうよ! 私達も、チャンドラーの勤め先で、すっごいキュートで楽しい人を見つけてきたのよ!

Phoebe: Yeah, and I-I found you one too who is not a weirdo.
 そうよ。私も、変人じゃないのを見つけてきたのよ。

Rachel: Well, you know what though, you guys? I really appreciate that but I think I’m just gonna take Sebastian to the charity.
 でもね、本当にありがたいと思うけど、でも私はチャリティにはセバスチャンと行くわ。

Chandler: Are you sure?! Because our guy smells incredible!
 本当に? 俺たちのやつは本当にいい匂いなんだぞ!

Monica: Uh, would you stop it with that already?!
 あなたもうそれやめなさいったら!

(セバスチャンがコーヒーを持って戻る)
Sebastian: Here you go.
 はい、どうぞ。

Rachel: Oh, thank you.
 あ。ありがとう。

Sebastian: Sure.
 うん。

Phoebe: So, Sebastian, do you do any volunteer work?
 それで、セバスチャン、あなた、ボランティアなんてしてる?

Sebastian: Uh, no, not really. Why?
 ああ、いや、してないよ。なぜ?

Phoebe: No reason, it’s just I know a single guy who does cares about other people.
 別に。私は独身で、人の事も気遣える人を知ってるわ。

Chandler: Are you funny?
 君、楽しい人?

Sebastian: Excuse me?
 なんですって?

Rachel: What are you guys doing?
 あなた達何してるのよ?

Monica: Are you funny? Tell us a joke!
 あなたおもしろい? ジョークを言ってみてよ。

Sebastian: Look, I just wanted to have coffee with Rachel.
 ね、僕はただ、レイチェルとコーヒーを飲みたかっただけなんだけど。

Phoebe: Well, so do a lot of people.
 そういう人はたくさんいるのよ。

Sebastian: Actually, I uh, I gotta get going. .Give me a call sometime.
 ああ、いや、僕はもう行くよ(レイチェルに)そのうち電話くれる。

Rachel: Oh, but you know, no, you didn’t give me your phone number.
 あら、でも、ほら、あなた電話番号くれてないわよ。

Sebastian: Okay! See you later!
 そうか。じゃあまた!(出て行く)

Chandler: Turns out he is kinda funny.
 結局おもしろいやつだったな。

《セントラルパーク:続き》

Rachel: I cannot believe you guys! He was really nice and he left because of you!
 あなた達、信じられない! 本当に素敵な人だったのに、あなた達のせいで行っちゃったじゃない!

Chandler: Yeah, but Sebastian? What is that? A cat’s name?
 ああ、だけどセバスチャン? なにそれ? ネコの名前みたい。

Phoebe: Yeah, you know what I noticed Rachel? He scares easy. Is that the kind of guy you’d like to take to a ball? "Hey, Sebastian, would you like to dance?" "Uhh, okay−I gotta go!"
 ねぇ、気づいたんだけどね、レイチェル。彼は簡単にびびっちゃうわよ。あんな人とパーティに行きたい? 「ねぇ、セバスチャン、ダンスしない?」「あ・・あ・・いや、もう行かなきゃ!」

Monica: All right, guys, stop it. Rachel, we’re very sorry that is a very insensitive thing for us to do. And you know what? Let us make it up to you, we have two really great guys for you.
 もういいわ、みんな、やめて。レイチェル。本当にごめんね、ひどいことしちゃったわ。償いとして、私達、素敵な人を紹介するから。

Phoebe: Yeah! What have you got to lose? You know you might even end up with someone really special if you pick my guy.
 そうよ! 失うものはないわよ。私の人を選べば、本当に特別な誰かと出会えるのかもしれないのよ。

Rachel: All right.
 わかったわ。

Chandler: Okay, so you will meet our guys?
 よし、それじゃ、俺たちの人と会ってみるね?

Rachel: Yes, I’ll meet them.
 そうね。会ってみるわ。

Chandler: Okay, now it doesn’t matter which one you choose, you know? It’s completely up to you. Our guy is perfect, or you can go out with the guy Phoebe deemed not good enough to go out with herself.
 よし。どっちを選ぼうと問題はない。ね? 君次第だ。俺たちの人は完璧だけどね。フィービーが自分には不十分だと思った人とデートしてもいいわけさ。

(ジョーイが来る)
Joey: Pheebs! There you are! Okay, you broke my fridge; you owe me 400 bucks!
 フィーブス、ここにいたのか! なぁ、君、俺の冷蔵庫を壊したから、400ドル払ってくれ。

Phoebe: Okay, sure!
 ああ、わかったわ。

Joey: Really?!
 ほんと?

Phoebe: Ooh, technically you owe me $600 for sending out happy thoughts on your last ten auditions.
 ああ、だけどあなた、私に600ドルの借りがあるわよ。私あなたのこれまでのオーディション10回分、願いをかけてあげたもの。

Joey: Call it even?
 ・・・イーブンってことでいい?

Phoebe: Okay.
 いいわよ。

(ロスが戻る)
Chandler: Well, there you are! So what did Elizabeth say?
 帰ってきたな。エリザベスは何て言ってた?

Ross: Well, it turns out that she is going to Daytona for spring break woo-hoo. That means, that means wet T-shirt contests, guys doing shots off of girl’s bodies, waking up next to people you don’t even know…
 彼女はデイトナへ、スプリング・ブレイクで羽目を外しに行くんだってことがわかったよ。つまり、濡れたTシャツコンテストをして、男達が女の子達の体からお酒飲んだり、全然知らない人達の隣で目を覚ますってことだよ。

Joey: Man, she is going to have a great time! Is she staying at the Hotel Corona?
 ああ、そりゃ彼女、楽しいぞ! ホテル・コロナに泊まるって言ってなかった?

Chandler: You know the hotels?
 ホテルも知ってるのか?

Joey: Sure! I was there! Spring Break ’81! Woo-hoo!
 ああ! 俺も'81年のスプリング・ブレイクに行ってたからな。ウーフー!!

Monica: In 1981 you were 13!
 1981年って、あなた13歳じゃないの!

Joey: So what? I drove down, sold T-shirts, had a blast. And you know who knows how to party? Drunk college chicks.
 そうだよ。運転していって、Tシャツ売って楽しんだよ。パーティで楽しんでる子知ってる? 酔っぱらいの女子大生だよ!

Ross: Okay, she can’t go.
 よし、彼女は行かせないぞ。

Phoebe: Ross, you can’t tell her not to go. You just started dating.
 ロス、あなた、行かせないとかできないわよ。つき合い始めたばかりなのに。

Ross: Then what am I supposed to do?
 それじゃどうしたらいいんだ?

Phoebe: Nothing, you just have to be cool with it.
 何もできないわよ。ただ、落ち着いてるしかないじゃない。

Ross: Well, what is she goes down and-and sleeps with a bunch of guys?
 だって、もし彼女が行って、たくさんの男達と寝てきたら?

Chandler: Well, maybe you don’t marry this one.
 それじゃ、今回は結婚するな。

《エリザベスの部屋》

Ross: I’m so glad you’re going on this trip!
 この旅行に行けて、よかったね。

Elizabeth: Yeah! I’ve been working so hard this semester. I really need to go crazy you know, blow off some steam.
 ええ! 今期は本当に頑張ったから。本当にハメを外して、ストレス解消したいの。

Ross: Sure. Sure. Look, I don’t, I don’t know if your plans are finalized yet, but umm, hey, I-I know another great way to blow off steam.
 そうだね、そうだね。ねぇ、もうプランは決定したことか知らないけど、でも、ねぇ、ストレス解消には他にも素晴らしい方法があるよ。

Elizabeth: What?
 なに?

Ross: Are you into crafts at all?
 手芸とかに興味はない?

Elizabeth: Ross, are you okay?
 ロス、あなた大丈夫?

Ross: Well, yeah, of-of course I’m okay! What? I’m just being supportive. Supportive of you and this whole trip, and-and . . . what-what is uh, what’s this?
 いや、もちろん大丈夫だよ。なんだい? 僕はただ君をサポートしたいだけだよ。この旅行自体サポートするよ。それから・・それから・・これは何?(面積の小さいビキニ)

Elizabeth: It’s a bathing suit?
 それは水着だけど?

Ross: To wear in front of people?
 人前で着るの?

Elizabeth: Is that supportive?
 それでもサポートしてるの?

Ross: Is this?!
 (水着を持って)これサポートする?

《セントラルパーク:モニカとチャンドラーが来る》

Monica: Hey!
 ヘイ!

Chandler: Good-good-good-good.
 よしよしよしよし!

Monica: Hey!
 ヘイ!

Chandler: Hey!
 やぁ!

Rachel: Hi!
 ハーイ!

Monica: We’re really glad you decided to meet our guy.
 私達の人に会うって言ってくれて本当にうれしいわ。

Rachel: Oh…
 ああ。

Monica: You’re gonna like him so much. So umm, when do you want to meet him?
 彼のこと本当に気に入るわよ。それで、いつ会うことにする?

Rachel: I don’t know. I know I don’t work late tomorrow night.
 どうかな。明日は仕事遅くならないけど。

Chandler: Tomorrow night is good. Tomorrow night is good, but uh, you know what? Why put off something till tomorrow that you can do right now? Eldad, come here!
 明日の夜、いいね。明日の夜はいい。でも、ね、今日できることを明日に延ばすのはどうかな? エルダッド、来て!

Rachel: What?
 えっ?

Monica: Eldad, this is Rachel.
 エルダッド、こちらレイチェルよ。

Eldad: How are you?
 初めまして。

Rachel: Well-well, a little blind-sided but you know, good.
 まぁ・・ちょっと突然だけどでも、いいわ。

Chandler: Eldad, sit down. Move over! Move over now!
 エルダッド、座って。ほら、移動して(隣に座らせる)移動して、ほら!

Rachel: I−Ohh!
 私・・あら・・

Chandler: There you go! There you are!
 ほらね、はい、どうぞー!

Monica: Okay! Okay! We can take a hint! . . What are you doing here?!
 (レイチェルに見られ)わかった、わかった。意味わかったわ・・(立ち去ろうとしてフィービーに出会う)あなた何してるの?

Phoebe: This is Patrick.
 彼はパトリック

Patrick: Hi.
 どうも。

Chandler: Hi. Okay, you’re too late, okay? Because she’s already with our guy.
 どうも。(フィービーに)君は遅かったね。彼女はもう俺たちの人と一緒だ。

Phoebe: Oh, my God, you’re right! I am too late; they’re sitting on the couch and talking! . . Come on! .. Rachel?
 まぁ、ほんとだ! 遅かったのね! 2人で並んで座って話してるわ! (パトリックに)来て!(そばへ行き)レイチェル?

Rachel: Yeah?
 はい?

Phoebe: This is Patrick.
 こちらパトリック。

Rachel: Oh, hi.
 あら、ハーイ。

Patrick: Hi.
 ハーイ。

Phoebe: Yeah, this is the guy I was telling you about.
 ええ、この人が私の言ってた人よ。

Rachel: Yeah?
 そう?

Phoebe: Yeah. And believe me, this suit does not do justice to what’s underneath it.
 ええ、本当、このスーツはその下にある体を隠しちゃってるのよ。

Rachel: Oh-okay, but Pheebs?
 ああ、そう。でも、フィーブス?

Phoebe: Yeah?
 なに?

Rachel: I’m just sort of in the middle of something.
 私今、ちょっと忙しいのよ。

Phoebe: Oh! Okay! Yeah, that’s okay. . Have a seat.
 あら、いいのよ。ええ、大丈夫(パトリックに)座って。

Monica: No! You can’t do that!
 ダメよ! そんなのダメよ!

Eldad: Maybe I should go!
 僕はもう行こうかな。

Monica: Sit down! We’re winning!
 座ってて! 私達勝ってるんだから!

Rachel: Okay, you know what? Maybe I should go!
 もういい、ねぇ、私がもう行っちゃおうかしら。

All: No-no-no-no! Have a seat! Have a seat!
 ダメダメダメ! 座って、座って!

Monica: Rachel! Rachel! You haven’t touched Eldad’s hair!
 レイチェル、レイチェル! あなたエルダッドの髪に触ってないでしょ!

Chandler: It is the softest hair! Touch it!
 最高に柔らかい髪なんだ。触ってみて!

Rachel: Yeah, I’m good.
 いえ、私はいいわ。

Phoebe: Rachel? Patrick is really rich.. . Give her some money.
 レイチェル? パトリックはお金持ちなのよ。(パトリックに)お金あげて。

Patrick: You know what Phoebe? This isn’t really worth the free massage.
 ねぇ、フィービー? これじゃマッサージが無料でも割に合わないよ。

Monica: That’s right, Patrick, bye-bye!
 その通りね、パトリック、バイバイ!

Chandler: Eldad is much more cooperative! And he can dance!. .. You dance for Rachel!
 エルダッドはもっと協力的だよ! それに踊れるんだ! (エルダッドに)レイチェルに踊ってあげて。

Rachel: No-no! Don’t dance for me! Please? Don’t! . . . What is the matter with you guys?
 いいのいいの! 踊ってくれなくていいわ! ね? やめて! あなた達、どうなっちゃってるのよ?

Phoebe: Yeah, okay, let’s talk it out.
 ええ、そうね、話しましょう。

Rachel: I… Am I the only one that this is embarrassing for?
 もう・・恥ずかしいと思ってるの私だけ?

Eldad: I’m a little embarrassed.
 僕もちょっと恥ずかしいよ。(チャンドラーがシーッと言う)

Rachel: I’ll tell you who should be embarrassed! It’s you guys! Come on! This is ridiculous! Thank you very much, but I do not need you to get me a date!
 恥ずかしいのはあなた達よ。あなた達。ねぇ、こんなのバカげてるわ。ありがたいとは思うけおd,でも、私こんなふうに探してもらう必要ないわ。

Phoebe: Then why did she ask us to…
 だけどそれじゃあどうして私達に・・

Rachel: I am still talking!! And then you chase away the one guy that I actually liked! I mean, no offense to you guys. Really! I mean, congratulations on all the cash, and-and you know−Wow! You do have very soft hair! But I would much rather go to the ball all by myself than go through anymore of this! Good-bye! . . Now do you use some sort of special conditioner on that hair?!
 私はまだ話してるの! そしてあなた達私が気に入った人を追い返しちゃって! あなた達が悪いというのじゃないのよ、ほんと、(パトリックに)お金がたくさんでよかったわね。それにあなたは(エルダッド)ワオ! あなた本当に柔らかい髪ね! だけど、こんなことするより、パーティには1人で行った方がいいわ。サヨナラ! (出て行きかけてエルダッドに)あなたその髪、特別なコンディショナーでも使ってるの?

Eldad: Yes, Papaya Extract.
 うん。パパイヤ抽出液だよ。

Rachel: Thank you!
 ありがと!(出て行く)

《空港:エリザベスを見送るロス》

Ross: So uh, have a great time down there.
 それじゃ、向こうで楽しんできて。

Elizabeth: I will.
 ええ。

Ross: Yeah. And did you, did you pack that bathing suit?
 ああ・・それで、君、あの水着も持った?

Elizabeth: Yeah.
 ええ。

Ross: It was pretty funny when I, when I hid it for a while, huh? Anyway, umm, I am worried about that bathing suit, not because it’s revealing which I’m fine with, no, I’m concerned about your health, sun exposure.
 おかしいね、あれ僕隠したのにね? とにかくあの水着は心配なんだよ。露出が多いってことじゃなくて、それは僕、構わないんだけど、でも、君の健康がね、太陽に当たり過ぎでさ。

Elizabeth: Oh, don’t worry. I have plenty of sun block, it’s SPF-30.
 あら、心配しないで。私たくさん日焼け止めを持ってるから。SPF-30なのよ。

Ross: Well, if what’s in the bottle is actually 30. I mean sometimes you get 30, sometimes it’s-it’s get 4, and I swear to God more often than not, it’s just milk.
 ああ、もし本当にボトルに入ってるものが30ならね。ときどき30のを買っても中身は4だったり、本当、誓うけど、時々ただのミルクってこともあるからね。

Elizabeth: Ross, it’s going to be okay. I’m not going down there to hook up with a bunch of guys. I really like you. I like how things are going between us.
 ロス、大丈夫よ。私向こうに行って、男の子達とどうかなっちゃうわけじゃないのよ。あなたが本当に好きだもの。私達の関係が好きなのよ。

Ross: Really?
 本当?

Elizabeth: Yeah! I’m just going down there to relax and hang out with my friends.
 ええ! ただ行ってリラックスして、友達とくつろいでくるだけよ。

Ross: Okay. Cool.
 そうか、いいね。

Elizabeth: Oh, hey! Here they are!
 あら、ほら! みんなが来たわ!

(10人ぐらいの男性が来る)
Guy: Elizabeth!
 エリザベス!(抱き上げて大騒ぎで立ち去る)

Ross: Call me!
 ・・・・電話して!

《モニカ達の部屋》

Phoebe: Rachel, we’re sorry for pushing those guys on you.
 レイチェル、あの人達を押し付けたこと、本当にごめんね。

Rachel: Oh, that’s all right! I ended up having a really good time. You know, the charity was a big success and they raised a lot of money and awareness.
 ああ、いいのよ。私結局楽しく過ごせたわ。チャリティは大成功だったし、お金もたくさん集まって、認識も高まった。

Chandler: So what was it for anyway?
 それじゃ、何のチャリティだったの?

Rachel: I wanna say a disease.
 病気ってことにしとくわ。

(ジョーイが来る)
Joey: Hey!
 やぁ!

All: Hey!
 ヘイ!

Joey: I just got this really weird message from Ross. He said turn on MTV.
 今ロスからすごく変なメッセージがあったんだよ。MTV つけろって。

Rachel: Huh. All right.
 ふん。いいわよ。(テレビをつける)

Phoebe: Oh, my God, look! That’s Elizabeth!
 まぁ! 見て! あれ、エリザベスよ!

(回りの男性を遠ざけるように踊りに入るロスの姿が映る)

Rachel: Oh, Oh, Professor Geller.
 あら・・まぁ、ゲラー教授・・・

Joey: Ahh, to be 13 again.
 ああ、もう一度13歳だよ。

Chandler: Yeah.
 ああ。




にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ

posted by らんち at 00:34| Comment(0) | Season 6 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。