2013年06月18日

2-15 The One Where Rachel and Ross... You Know

2-15 レイチェルとロスが・・・の話

 ☆ついに2人は・・?☆

《ジョーイが目を閉じたチャンドラーを2人の部屋へ連れてくる》

Joey: Alright, no peeking. No peeking, no peeking, no peeking.
 いいか、見るなよ。見るなよ、見るな、見るなよ。

Chandler: Alright, alright, but you better be wearing clothes when I open my eyes.
 わかったわかった、でも俺が目を開いたとき服着ててくれよ。

Joey: Alright, open your eyes.
 よーし、目を開けろ。(リクライナーと大型TVがある)

Chandler: Sweet mother of all that is good and pure.
 すべての善なる清きものの優しい母よ。

Joey: Huh? Days of our Lives picked up my option.
 どうだ? 『愛の病院日誌』の契約が延長になったんだ!

Chandler: Congratulations!
 おめでとう!!

Joey: I know.
 うん!

Chandler: Now we can finally watch Green Acres the way it was meant to be seen.
 これで、グリーン・エーカーをあるべき姿で見られるな。

Joey: Uh-huh.
 だろ。

Chandler: So uh, which one is mine?
 それで、どっちが俺のイス?

Joey: Whichever one you want, man. Whichever one you want. . . Not that one.
 どっちでもおまえの好きな方でいいんだよ、どっちでも好きな方。(チャンドラーがひとつのイスに近づくと)そっちじゃない。

Chandler: Oh, yes.
 (もう一方に座る)おお!、これだね。

Joey: Oh, yeah, that's the stuff.
 (座って)ああ、これだよ。

Chandler: Do we dare?
 (リクライニングレバーに手をのばして)いっちゃう?

Joey: We dare.
 いっちゃう。

Both: Aaahhhh. . . AAAAHHHHHH.
 (フットレスト)おお!!(リクライニング)あああぁぁあ!!

《時間経過:モニカ・ロス、フィービーが来ている》

Phoebe: I can't believe two cows made the ultimate sacrifice so you guys could watch TV with your feet up.
 信じられないわ。2頭の牛が究極の犠牲になってるのよ。ただあなた達が脚をあげてテレビを見るためだけにね。

Chandler: Well they were chair-shaped cows. They never would have survived in the wild.
 こいつらはイスの形をした牛なんだ。野生で生きていけない。

Ross: This screen is amazing, I mean, Dick Van Dyke is practically life-size.
 このTVすごいな。ディック・バン・ダイクが等身大だよ。

All: Woah!
 (女性がTVに登場)ウワオ!

Monica: Rose Marie really belongs on a smaller screen, doesn't she?
 ローズ・マリーは小さいテレビ向けね。

ローズ・マリーは、シットコム、ディック・バン・ダイクショーに出ていた)

(レイチェルが来る)
Rachel: Hi you guys.
 ハーイ、みんな。

All: Hey.
 やぁ。

Rachel: Hey, you.
 ハーイ、ロス。

Ross: Hey, you.
 ヘイ、レイチェル。(2人TVの前に立つ)

Chandler and Joey: Woah, hey, yo.
 ウワォ、ヘイ、おい!

Rachel: So, uh, how was your day?
 (移動して)それで・・今日はどんな感じ?

Ross: Oh you know, pretty much the usual, uh, sun shining, birds chirping.
 ああ、いつも通りだよ。太陽は輝き、小鳥はさえずり・・。

Rachel: Really? Mine too.
 ほんと? 私もよ。

Phoebe: Hey cool, mine too.
 ねぇ、すごいわ、私もよ!

Ross: Yeah, yeah, yeah. I got to get to the museum. So um, I'll see you tonight.
 (ポケベルが鳴る)ハイハイ。博物館へ行かないと。それじゃ、今夜。

Rachel: OK.
 わかった。

Ross: Bye, guys.
 じゃあね、みんな。

All: Bye.
 バーイ。

Monica: Tonight?
 (TVの前に立ち)今夜?

Chandler and Joey: Hey, yo.
 ヘイ! おい!

Monica: What's tonight?
 (移動して)今夜なに?

Rachel: It is our first official date. Our first date.
 正式に初めてのデートなの。私達の初めてのデートよ。

Monica: Uh, hello.
 あの、ちょっと。

Rachel: Hi.
 ハイ。

Monica: Tonight you're supposed to waitress for me, my catering thing, any of those words trigger anything for you?
 今夜は私のためにウェイトレスしてくれるんじゃなかった? 私のケータリング。ピンとこない?

Rachel: God, oh God, Monica, I forgot. This is our first date.
 わぁ! ああ、モニカ! 忘れてたわ。今日は初めてのデートなのよ。

Monica: Yes, but my mom got me this job.
 そう、でもママが仕事を見つけてくれたのよ。

Phoebe: OK, I can be a waitress, I can be a waitress.
 いいわ、私もウェイトレスできるわ。私にもウェイトレスできるわよ。

Rachel: Oh, thank you, thank you, thank you, thank you. See Phoebe, Phoebe.
 まぁ、ありがとう、ありがと、ありがと! ほら、フィービーが。フィービー!

Monica: Really Pheebs? Because, you know, you'd have to be an actual waitress. This can't be like your 'I can be a bear cub' thing.
 フィーブス、ホント? ねぇ、本当にウェイトレスしなきゃいけないのよ。あなたの、「私クマの子供にだってなれるわ」っていうのじゃないのよ。

Phoebe: I can be a waitress. OK watch this. Um, gimme two number ones, 86 the bacon, one Adam and Eve on a raft and wreck them, la-la-la-la-la, la-la-la-la-la.
 私だってウェイトレスできるわよ。ほら、見てて。1番をふたつ、ベーコン抜きで! トーストのスクランブルエッグ載せちょうだい! ラッラララララ、ラララララ♪

(two number ones = menu の1番をふたつ
 86 = 取り除く
 Adam and Eve on a raft and wreck them
 = スクランブルエッグを載せたトースト)


《ドクター・バークの部屋:モニカとフィービーが来る》

Phoebe: It's James Bond.
 (ドクター・バークを見て)ジェームス・ボンドだ。

トム・セレック、日本では私立探偵マグナムで有名)

Monica: Sorry, we're late.
 遅れてごめんなさい。

Dr. Burke: Ah, that's OK, come on in. I'm sorry, is Monica Geller coming? I was told she was.
 いや、いいんだ。入って。すまないが、モニカ・ゲラーは? 彼女が来るって聞いてたんだけど。

Monica: Dr. Burke, it's me.
 ドクター・バーク、私ですよ。

Dr. Burke: Monica? My God, you used to be so. . . I mean you, you, you, you must have lost like. . . You look great.
 モニカ? 驚いた、君は以前は・・・えっと君は・・相当減って・・・すごくきれいだよ。

Monica: Thank you. This is my friend Phoebe. She's gonna be helping me tonight.
 ありがとう。こちら友達のフィービー、今夜手伝ってもらうの。

Dr. Burke: Hi Phoebe, nice to meet you. . . So, how you been?
 (フィービーに)やぁ、フィービー、初めまして。(モニカに)それで、元気だった?

Monica: I've been great, just great. How have you been?
 元気です、元気。あなたは元気?(頭をかしげる)

Dr. Burke: Oh, well obviously you know Barbara and I split up, otherwise you wouldn't have done the head tilt.
 ああ、君はバーバラと僕が別れたことを知ってるんだね、でなきゃ頭をかしげないからね。

Monica: The head tilt?
 頭をかしげる?

Dr. Burke: Yeah, since the divorce, when anybody asks me how I am, it's always with a sympathetic head tilt. 'How you doing? You OK?'
 ああ、離婚して以来、僕が元気か聞いてくれる人はみんな、同情して頭をかしげるんだよ。(頭をかたむけ)『元気でやってる? 大丈夫』ってね。

Monica: I'm sorry.
 ごめんなさい。

Dr. Burke: No no, it, it's fine, believe me. I do it too. I always answer with the 'I'm OK' head bob. 'I'm OK.' [tilts head] 'You sure?' [bobs head] 'Yeah, I'm fine.'
Hey listen, I've got to set up the music. I got a new CD changer, of course the divorce only left me with 4 CD's to change.
 いやいや、いいんだよ。ほんと、僕もやってるんだ。いつも「大丈夫」って頭をたてに振ってるんだ。(たてに振り)「大丈夫だよ」(かたむけ)「ほんとに?」(たてに振り)「ああ、大丈夫だよ」ってね。
 ところで、音楽を準備しなきゃ。新しいCDチェンジャーを買ったんだよ。でもまぁ離婚でチェンジするCDも4枚しかないんだけどね。

Monica: Oh, that's too bad.
 (頭をかしげ)まぁ、お気の毒。(フィービーもかしげている)

Dr. Burke: I'll survive.
 (頭をたてに振り)なんとかやってくさ。

(日本語の慣用句としては、「頭をかしげる」は、
 疑問に思っていることを表現する「首をかしげる」の誤用。
 この場合は、疑問に思って首をかしげているのではなく、
 同情から覗き込むような雰囲気で首をかしげており、また、
 'head' を 'tilt' するか 'bob' するかがポイントでもあるので、
 「頭をかしげる」にしました)


《チャンドラー達の部屋:チャンドラーがピザ注文の電話中》

Chandler: Uh, two larges, extra cheese on both. But listen, don't ring the buzzer for 19, ring 20, Geller/Green, they'll let you in, OK. If you buzz our door, there's no tip for you. OK, thanks. Pizza's on the way. I told you we wouldn't have to get up.
 ああ、ラージを2つ。両方エキストラチーズね。でも、19号を鳴らすんじゃなくて、20号のゲラー・グリーンのブザーを鳴らしてくれ。入れてくれるから。うちのブザーを鳴らしたらチップはなしだぞ。いい? ありがと。(電話を切り、ジョーイに)ピザが来るぞ。立たなくても済むって言ったろ。

Joey: What if we have to pee?
 オシッコはどうすんの。

Chandler: I'll cancel the sodas.
 ソーダをキャンセルしよう。

《ドクター・バークのキッチン》

Monica: You've got to get back out there, it's your party.
 パーティに出なきゃ。あなたのパーティなのに。

Dr. Burke: But they're so dull, they're all ophthalmologists.
 でもあいつらはつまらないんだ。みんな眼科医なんだよ。

Monica: You're an ophthalmologist.
 あなたも眼科医じゃないの。

Dr. Burke: Only because my parents wanted me to be, I wanted to be a sheriff.
 両親が望んだからだ。保安官になりたかったよ。

Phoebe: That's funny, no. Cadillac, cataract, I get it, no I get it, you stay out there.
 (パーティ客と話している)おもしろいわ、キャディラックとキャタラクト(白内障)のダジャレなのね、わかったわ。ほんとわかったから、そこにいて。(キッチンへ来る)

Dr. Burke: See.
 ほらね。

Monica: Alright, I'll tell you what. I'll come get you in 5 minutes with some sort of um, kebob emergency.
 わかったわ、じゃあ、5分たったらシシカバブがどうとか言って呼び戻してあげるから。

Dr. Burke: OK. You better. Oh God, here we go. Hey wanna see them go nuts? Watch this. . . Who needs glasses?
 わかった。頼んだよ。ああ、行くしかないか。みんなが壊れたとこ見たい? 見てて。(パーティ客に)グラスがいる人?!(メガネの「グラス」とワイングラスのダジャレでパーティ客は盛り上がり、彼はキッチンを出て行く)

Phoebe: You are so smitten.
 あなたったらメロメロね。

Monica: I am not.
 そんなことないわよ。

Phoebe: Oh, you are so much the smitten kitten. You should ask him out.
 もう、めちゃくちゃメロメロちゃんじゃないの。誘えばいいじゃん。

Monica: Dr. Burke? I don't think so. I mean, like, he's a grown up.
 ドクター・バークを? とんでもないわ。だって、彼はオトナなのよ。

Phoebe: So. You two are totally into each other.
 それが? あなた達お互いに気に入っちゃってるじゃないの。

Monica: Phoebe, he's a friend of my parents. He's like 20 years older than me.
 フィービー、彼は両親の友達なのよ。20歳くらい年上なのよ。

Phoebe: OK, so what, you're just never gonna see him again?
 そう、それでなに、もう二度と会わないの?

Monica: Not never. I mean, I'm gonna see him tomorrow at my eye appointment.
 二度となんてことないわ。だって、明日目を診てもらうことになってるから会うわよ。

Phoebe: Didn't you like, just get your eyes checked?
 目の検査してもらったばっかりじゃなかったっけ?

Monica: Well yeah, but, you know, uh, 27 is a dangerous eye age.
 だって、ほら、その・・27歳って危険な目の曲がり角なのよ。

《モニカ達の部屋:ロスとレイチェルが帰ってきたところ》

Rachel: C'mon, I'm not saying it was a bad movie, I'm just saying, you know, it was a little. . . hard to follow.
 だから、映画がよくないっていうんじゃないのよ、ただ、ちょっと・・ついていけないところがあったのよ。

Ross: I told you there was going to be sub-titles.
 字幕映画だって言っただろ。

Rachel: I know, I just didn't want to wear my glasses on my first date. . . Monica!!
 そうだけど、初めてのデートでメガネをかけたくなかったのよ。(キスしながら)モニカ!

Ross: It would really help when I'm kissing you if you didn't shout out my sister's name.
 キスしながら僕の妹の名前を呼ばないでもらえるとすごく助かるんだけど。

Rachel: Honey, I'm just checking.
 だって、ちょっと確かめたかったのよ。

Ross: Oh.
 ああ。

Rachel: Monica.
 モニカ!

Ross: Mon.
 モン!

Rachel: Monica.
 モニカ!

Ross: Mon.
 モン!

(いないので2人キスをし始めるが、レイチェルが笑い出す)
Ross: What, what.
 なに、なに?

Rachel: I'm sorry. Oh God, I'm sorry, it's just that when you moved your hands down to my butt, it was like woah, Ross's hands are on my butt. Sorry.
 ごめんなさい。ああ。ごめんなさい。ただ、あなたが手を私のお尻にやるもんだから、ウワォ! ロスの手がお尻に来た! ・・みたいな。ごめん。

Ross: And that's, that's funny why?
 それで、それがおかしいってなんで?

Rachel: Well it's not, honey I'm sorry, I guess I'm just nervous. I mean, it's you, you know, it's us. I mean, we're crossing that line, sort of a big thing.
 だって、ほら、ごめんね、多分緊張してるのよ。だって、友達のあなたよ。私たちなんだもの。一線を越えるわけよね。大きなことだわ。

Ross: I, I know it's big, I just didn't know it was ha-ha big.
 わかるよ。大きなことだけど・・ただ、ハハハーな大ごととは思わなかったよ。

Rachel: OK.
 OK。(キス・また笑い出す)

Ross: OK, my hands were nowhere near your butt.
 ね、僕の手は君のお尻の近くにはいってないよ。

Rachel: I know, I know, I know, I know. I was just thinking about when they were there the last time, I'm sorry. I'm sorry, I'm sorry. OK, OK, look, woah, I promise, I'm good, I'm not gonna laugh anymore. OK put your hands back there.
 わかってるわかってるわかってる! たださっきのこと思い出しちゃって。ごめんなさい、ごめんなさい。いいわ、ワーォ、もう。約束するから、もう大丈夫。もう笑わないから。手をお尻に置いて。

Ross: No see now, now I can't because uh, I'm feeling too self conscious.
 いや、もう・・もうできないよ。だって、もう意識しちゃってダメだ。

Rachel: Just one cheek.
 片っぽのお尻だけ。

Ross: Nuh, uh, the moment's gone.
 いや。もうタイミングがずれたよ。

Rachel: Alright, just put your hands out and I'll back up into them.
 いいわ、じゃあ手を出して、私がお尻を出すから。

Ross: That's romantic.
 そりゃロマンチックだね。

Rachel: Come on, touch it.
 ほら、触って!

Ross: No.
 いやだよ。

Rachel: Oh, come on, squeeze it.
 もう、ほら、ギュッてして。

Ross: No.
 いやだ。

Rachel: Rub it.
 さすって。

Ross: No.
 いや。

Rachel: Oh, come on, would you just grab my ass.
 ほら、いいから。私のお尻つかみなさいって!

《チャンドラー達の部屋:ミラクル・ワックスのCMを見ている》

Joey: Wow, look at that. The car is on fire, yet somehow it's expensive paint job is protected by the Miracle Wax.
 ワオ! 見ろよ。車が燃えてるのに、あの高いペイントがミラクル・ワックスで守られてるぞ。

wax.gif

Chandler: You got a Cheeto on your face, man.
 おまえほっぺたにおかしがついてるぞ。(ジョーイは取って食べる)

cheetos.jpg

(ロスが来る)
Ross: Hi.
 やぁ。

Chandler and Joey: Hey.
 ヘイ。

Joey: What're you doing here? Aren't you supposed to be out with Rachel?
 ここで何やってんだ? レイチェルとデートじゃないの?

Ross: That was 14 hours ago.
 それ14時間前の話だぞ。

Chandler: So how did it go?
 どうだった?

Ross: Oh. Listen, have you ever been uh, you know, fooling around with a girl and . . she started laughing?
 ああ、聞いて。これまでに、女の子といちゃついていて、笑い出したことある?

Chandler: Yeah, but uh, it was 1982 and my flock of seagulls haircut was tickling her chin.
 ああ、でもあれは1982年のことで、Flock of Seagulls のヘアスタイルが彼女の顎をくすぐったからだ。

matt_f_blog.jpg
A Flock of Seagullsはイギリスのバンド)
afos.jpg

Joey: She laughed at you?
 彼女がおまえを笑ったのか?

Ross: Yeah. I don't know, I've been wanting this since like ninth grade typing, you know. And I just want it to be perfect and right and. . . why isn't that laser beam cutting through the paint?
 ああ、なんかさ、こうなることを、もう9年の時から待ってたんだから、こう・・完全に完璧にしたかったんだよ・・・なんであのレーザービームがペイントを通過しないんだ?

Chandler: It's the Miracle Wax.
 それがミラクル・ワックスだよ!

Joey: It certainly is a miracle.
 ほんとミラクルだ。。

(レイチェルが来る)
Rachel: Hi, you guys.
 ハーイ、みんな。

Chandler and Joey: Hey.
 ヘイ。

Ross: Hey.
 やぁ。

Rachel: Hi. Listen, I was thinking about. . .
 ねぇ聞いて。考えたんだけど・・。

Chandler: Listen, can you guys uh, speak up, it's harder for us to hear you when you lower your voice.
 ねぇ、君達、大きな声でしゃべってくれる? 声をひそめると聞き取れないだろ?

(ロスとレイチェルは廊下へ出る)
Rachel: OK, listen, I'm sorry about last night and I really want to make it up to you.
 聞いて。昨日は本当にごめんなさい。埋め合わせをしたいの。

Ross: No, you know, there's no need to make it u. . . how?
 いや、そんなこといいんだよ・・どうやって?

Rachel: Well, I was thinking maybe a romantic dinner with candles and wine and then uh, maybe going back to my place for um, dessert.
 考えたんだけど、ロマンティックなディナーでしょ、キャンドルにワイン。それからうちへ戻って、そしてデザートってことでどうかしら。

Ross: Humm, that sounds,,, perfect.
 うーん、それは完璧だね。

(ドアに当たる大きな音がしたので)
Ross: What's this.
 なんだこれ?

Chandler: Could you get us a couple of beers?
 ビール2本買ってきてくれる?

《ドクター・バークのオフィス》

Dr. Burke: I'm going to look into your eyes now.
 じゃ、目を見るよ。

Monica: Really?
 ほんと?

Dr. Burke: Yeah, that's my job. Alright, look up. . . look down, now open your eyes, now look down. That's right, look into the light. Now look at me. . . OK. Your eyes look good. Those are good eyes.
 ああ。それが仕事だからね。よーし、上を見て。下を見て・・目を開けて、下を見て。よし。光を見て。僕を見て・・(見つめ合ってしまう)よし、目はいいようだ。いい目だ。

Monica: Good, they feel good, in my head.
 よかった。目も気分がいいわ・・頭の中で。

Dr. Burke: So, it's great to see you.
 それじゃ・・会えてよかったよ。

Monica: You too.
 よかったわ。

Dr. Burke: You too.
 よかったよ。

Monica: OK, um. Goodbye.
 それじゃ・・さよなら。

Dr. Burke: Drops!
 薬!

Monica: What?
 え?

Dr. Burke: Drops. Here, they're free.
 目薬! 無料だよ。

Monica: Thanks. So, I guess I better be going.
 ありがと。それじゃ、私行かなきゃね。

Dr. Burke: Oh, OK, yeah. I'll see you later.
 ああ、そうだね。じゃあまた。

Monica: Thanks again.
 ありがとう。(結局キス)

《チャンドラー達の部屋》

Phoebe: We have got to get you lazy boys out of these chairs.
 もう堕落したあなた達をイスから出さなきゃ!(TVの前に立つ)

Chandler and Joey: Hey, woah, hey, woah.
 ヘイ! ウワォ! ヘイ! ウワォ!

Phoebe: You know you should go outside and be with the three-dimensional people.
 外へ出て3次元の人々と関わらなきゃダメよ。

Joey: No, inside good, outside bad.
 ダメ。中、いい。外、悪い。

Phoebe: You guys are so pathetic, I, oh, Oh, Xanadu! Oh!
 あなた達もうホント哀れね・・あっ! あっ! ザナドゥ!

Chandler: She's one of us now.
 彼女も仲間入りだ。

(レイチェルとロスが来る)
Rachel: Hi, you guys.
 ハーイ、みんな。

Ross: Hey.
 やぁ。

Chandler, Joey, and Phoebe: Hey.
 ヘイ。

Ross: Well, we just wanted to stop by and uh, say goodnight.
 ちょっと寄っておやすみをいいにきたんだよ。

Chandler, Joey, and Phoebe: Goodnight.
 おやすみー。

Ross: Look at that, they won't even turn their heads.
 見てよ、みんな振り向きもしない。

Rachel: Alright, you guys, I'm taking off my shirt.
 いいわ、シャツを脱ぐわよ。

Joey: Naa, she's lying.
 いやー、ウソだね。

(モニカがデリバリーフードを持ってくる)
Monica: Stop sending food to our apartment.
 もうこっちに食べ物持ってこさせるのやめてよ!

Ross: Well, why're you all dressed up?
 おまえなんでドレスアップ?

Phoebe: You're not the only one who has a date tonight.
 今夜デートなのはあなただけじゃないってことよ。

Ross: What? You have a date? Who with?
 え? デートなの? 誰と?

Monica: No one.
 誰でもない。

Ross: Come on, what's his name?
 なんだよ。名前は?

Monica: Nothing.
 何でもない。

Ross: Come on, tell me.
 なに? 言えよ。

Monica: Alright, but I'm very excited about this, OK? So you gotta promise you won't get all big-brothery and judgmental.
 わかったわよ。でも私このことでとっても喜んでるの。だから、兄ぶって批判しないって約束して。

Ross: Oh, I promise, what.
 わかった、約束するよ。名前は。

Monica: It's Richard Burke.
 リチャード・バーク。

Ross: Who's Richard Burke? Doc, Doctor Burke? You have a date with Doctor Burke? Why, why, why should that bother me? I, I love that man, he's like a uh, brother to Dad.
 リチャード・バークって? ドクター・バーク? ドクター・バークとデートなの? なんで? なんで、なんでそれで僕が嫌がるんだ? あの人大好きだよ。彼は兄弟みたいなもんだよ・・とうさんの。

Monica: Well for your information, he happens to be one of the brightest, most sophisticated, sexiest men I've ever been with.
 あら、言っておきますけど、彼はこれまでにつきあった中で一番頭がよくて、洗練されてて、セクシーな人よ。

Ross: Doctor Burke is sexy?
 ドクター・バークがセクシー?

RACHEL and Phoebe: Oh God, absolutely.
 おお、ほんと、まさに。

Ross: It's the museum again, can I, oh.
 (ポケベルが鳴る)また博物館からだ。もう。

Rachel: You know, Dr. Burke kissed me once.
 ねぇ、ドクター・バークが一度キスしてくれたのよ。

Monica: When?
 いつ?

Rachel: When I was 7, I crashed my bike right out in front of his house and to stop me from crying he kissed me, right here.
 7歳の時よ。自転車で彼の家の真ん前で自転車で転んでしまって、泣いてたら、ここ(鼻)にキスしてくれたの。

Phoebe: Oh you are so lucky.
 まぁ、めっちゃラッキーね!

Rachel: I know.
 そうなの。

Ross: Woah, woah, woah Australopithecus isn't supposed to be in that display. No. No. No, Homo habilis was erect, Australopithecus was never fully erect.
 (電話で)おいおいおい、アウストラロピテクスはそこに展示しちゃダメだよ。違う違う違う。ホモ・ハビリスは直立していたけど、アウストラロピテクスはまっすぐ立ったことがないんだ。

Chandler: Well maybe he was nervous.
 それは多分緊張してたんだよ。

《自然史博物館:ロスは仕事中、レイチェルは待っている》

Ross: Oh look, I can't believe this. Look, homo-habilis hasn't even learned how to use tools yet and they've got him here with clay pots. Why don't they just give him a microwave? I'm sorry, I'm sorry this is taking so long, you know, I, I… it's just it's longer than I expected, we will have dinner, OK?
 ああ、もう見てよ、信じられない。ホモ・ハビリスは道具を使えなかったのに、ここに土器を置いてる。いっそ電子レンジでも置いたらどうなんだ? ごめんよ、レイチェル。こんなに時間がかかってごめん。思ったより時間がかかって・・必ずディナーに行こうね、いい?

Rachel: It's OK, it's fine.
 いいわよ、大丈夫。

Ross: Karl!
 カール!(立ち去る)


《モニカ達の部屋:モニカとリチャード》

Monica: Wow, is that Michelle?
 ワオ。これミシェル?

Dr. Burke: Yep.
 ああ。

Monica: I've not seen her since high school graduation. Oh my God, that night she got so dru. . . emotional.
 高校の卒業式以来会ってないわ。もうあの夜彼女ったらすっごい酔っぱ・・気持ちがね。

Dr. Burke: You know, she's having another baby.
 彼女はもう一人赤ちゃんが生まれるんだよ。

Monica: I thought she just had one.
 一人だけだと思ったわ。

Dr. Burke: No no. Henry's almost two and he's talking and everyting. Here. You know, the other day he told me he liked me better than his other grandpa. Now in all fairness his other grandpa's a drunk but still. . .
 いやいや。ヘンリーはもうすぐ2歳だ。もう話したりもするし。ほら。この前、彼はあっちのおじいちゃんよりも僕の方が好きだって言ったんだよ。向こうのおじいさんは酔っぱらいだから比較にならんかもしれないけどそれでもね。

Monica: Oh, you're a grandpa.
 ああ。あなたおじいちゃんなのね。

Dr. Burke: Yeah. Are we nuts here?
 ああ。・・・僕らおかしいのかな?

Monica: I don't know, maybe. I mean I'm dating a man who's pool I once peed in.
 どうかしら。そうかもね。だって、一度オシッコしたプールの持ち主とデートなんて。

Dr. Burke: I didn't need to know that. I guess 21 years is a lot. I mean, hell, I'm a whole person who can drink older than you.
 それは知らなくてもよかったような。21歳ってのは大きいな。ほら、酒を飲める年齢分の差だ。

Monica: Yeah.
 そうね。

Dr. Burke: So.
 それじゃ・・。

Monica: So maybe we should just. . .
 それじゃこのまま・・

Dr. Burke: Yeah, yeah, maybe.
 ああ、かもね。

Monica: Wow, this really sucks.
 ああ、こんなの最低ね。

Dr. Burke: Yeah, it sure does.
 ああ、本当に。(キス)

Monica: Well, we don't really have to decide anything right now, do we?
 そんな急いで決めることないわよね?

Dr. Burke: No, no, there's no rush or anything.
 そうだよ、何も急ぐことはない。

(ノックの音)
Delivery guy: Pizza delivery.
 ピザでーす!

Monica: Oh, I'm gonna kill those guys.
 もうあいつら殺してやる!

《自然史博物館》
Ross: Rach.
 レイチ。

Rachel: Oh.
 あら。

Ross: I'm done.
 終わったよ。

Rachel: Yeah well, you know what, so is uh, Sorentino's.
 ええ、でも、ソレンティーノも終わったわ。

Ross: Wha, OK, I'm sorry, let's ... why don't we find someplace else.
 あぁ。いやホントごめん。どこかほかを探そう。

Rachel: No, you know what, it's late, everything's gonna be closed. Why don't we just do it another night?
 いえ、もう遅いわ。みんな閉まっちゃうわよ。また今度にしましょうよ。

Ross: No, no, we won't.
 いや、そうはいかない。

Rachel: We won't?
 そう?

Ross: Come on.
 おいで。(毛皮を手に取る)

Rachel: OK, that's dead, right?
 ちょっと、それ死んでるのよね?

《博物館プラネタリウム》

Rachel: What is this? What are we doing?
 ここは何? 何をするの?

Ross: Shh. Do you want cran-apple or cran-grape?
 シー。アップル? グレープ?

cranapple.jpg
(ボックスジュースの画像が見つかりませんでした)

Rachel: Grape.
 グレープ。

Ross: OK, now, sit. OK.
 よぉし。(毛皮を敷いて)はい、座って。よし。(音楽をセット)

Rachel: Oh, God.
 ああ、すごい。

(ナレーションが始まったので慌てて音楽に変えるロス)
Ross: Sorry.
 失礼。

Rachel: Ah, so what are we looking at?
 それで、今見えてるのは何?

Ross: Well uh, you see that, that little cluster of stars next to the big one? That is Ursa Major.
 そうだな。大きな星のとなりに小さな星の塊があるだろう? あれがおおくま座。

Rachel: Really?
 ほんと?

Ross: I've no idea, could be. Listen, I'm sorry I had to work tonight.
 知らない。そうかも。ね、今夜は仕事になっちゃって本当にごめんね。

Rachel: Oh it's OK. You were worth the wait, and I don't just mean tonight.
 ああ、いいのよ。あなたは、待つ甲斐のある人よ。今夜だけじゃなくて(キス)

Ross: You're not laughing.
 笑わないんだね。

Rachel: This time it's not so funny.
 今夜はおかしくはないわ。

(キスをしながら横になる)
Rachel: Ah, oh God. Oh, honey, oh that's OK.
 あら! まぁ、いいのよ、気にしないで。

Ross: What? Oh no, you just rolled over the juice box.
 え? いや、違うよ、君、ボックスジュースの上に乗っちゃったんだよ。
 
Rachel: Oh, thank God.
 ああ、よかった。



《自然史博物館の別の場所・朝》

Ross: Hi.
 ハーイ。

Rachel: Hey, you. I can't believe I'm waking up next to you.
 ああ、ロス。あなたの横で目覚めるなんて、ウソみたい。

Ross: I know it is pretty unbelievaaaaah.
 本当、信じられなーー・・(大勢の人が見ている)

Rachel: What?
 なに?

Ross: We're not alone.
 人がいる。

《チャンドラー達の部屋》
(2人でビーバス&バットヘッドを見ていて、一緒に笑っていると、火災報知器の音)

Joey: Is that the fire alarm?
 あれ火災報知器?

Chandler: Yeah. . . Oh it's not warm yet, we still have time.
 ああ。(床に触ってみて)まだあったかくないから、時間はある。

Joey: Cool.
 クール。

TV: Yeah, yeah. Cool.
 ほんとほんと、クール。


にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村


英語 ブログランキングへ

。:*━♪━*:。━♪━。:*━♪━*:。━♪━。:*━♪━*:。
今回登場するグリーン・エーカーズも
ディック・バン・ダイク・ショーも
シットコムですけど、本当にシットコムって
たくさんあるんですね・・というか、
本当によくテレビ見てる6人ですね。
モノクロの古いものを見ていたりしますね
。:*━♪━*:。━♪━。:*━♪━*:。━♪━。:*━♪━*:。
posted by らんち at 17:51| Comment(0) | Season2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月17日

2-14 The One With the Prom Video

2-14 プロムのビデオの話

 ☆極秘ビデオ公開!☆

《チャンドラー達の部屋:ジョーイが帰ってくる》

Joey: Hey.
 やぁ。

Chandler: Hey. Hold on a second. . . Huh?
 おお、ちょっと待って(フーズボールをする)ほら。

Joey: Nice, nice. Hey I got something for you.
 いいねいいね。さぁ、これ、おまえに。(封筒を渡す)

Chandler: What's this?
 何これ?

Joey: Eight hundred and twelve bucks.
 820ドル。

Chandler: Well, I don't know what Big Leon told you but it's an even thousand if you want me for the whole night. What is this for?
 ビッグ・レオンがなんて言ったかしらないけど、俺と一晩過ごしたいなら、1000ドルはかかるぞ。これなに?

Joey: Well, I'm making money now and this is paying you back for head shots, electric bills, and so many slices of pizza I can't even count. I love you man.
 いや、俺も稼げるようになったからさ、返そうと思って。顔写真代とか、電気代とか、それにピザなんてどれだけあったかわからないだよな、愛してるよ。

Chandler: Well, thanks man. Now I can get my pony.
 おお、ありがとう。これでポニーが買えるな。

Joey: Hey, this is a little extra something for uh, you know, always being there for me.
 それから、これはまた別に。いつも支えてくれたからさ。

Chandler: Wow, I don't know what to say. . . Wow, I, I don't know what to say.
 ワオ。なんて言ったらいいかわかんないよ。(開けて派手な金色のブレスレットを見て)ワオ。なんて言ったらいいかわからないよ。

Joey: Heh, what do you say?
 なぁ、どう思う?

Chandler: I don't know. It's a bracelet.
 わかんない。ブレスレットだ。

Joey: Isn't it? And it's engraved too, check it out.
 だろ? 彫ってあるんだぞ、見て。

Chandler: "To my best bud". . . Thanks best bud.
 「俺の親友へ」(箱に戻す)ありがと、親友。

Joey: Put it on.
 つけてみろよ。

Chandler: Oh, now? No, no, I think something this nice should be saved for a special occasion.
 え、いま? いやいや、こんないい物は何か特別な機会につけるよ。(片付けてしまう)

Joey: Oh, no no, that's the beauty part, it goes with everything. . . You put this on, you're good to go. . . Ohhh man, you are so wearing that bracelet.
 いやいや、これはどんな時にも合うんだよ、それがこれのすごいところなんだ。・・これをつければ準備完了!(つけさせて)おお、ぴったり似合ってるぞ。

Chandler: I so am.
 ほんとうだなぁ。

Joey: You have any idea what this'll do for your sex life?
 これでおまえのセックスライフがどんなに変わるかわかるか?

Chandler: Well, it'll probably slow it down at first but, once I get used to the extra weight, I'll be back on track.
 そうだな、最初はちょっと大変だろうが、この重さに慣れさえしたら取り戻せるさ。

《モニカの面接》

Man: Well, this all looks good.
 うん、これはいいね(経歴書を見て)

Monica: Great.
 よかった。

Man: And if I want to call for a reference on your last job?
 前の職場に問い合わせたいときは?

Monica: Oh, that's there on the bottom, see the manager, Chandler Bing.
 ああ、それなら一番下に載ってます、その、マネージャー、チャンドラー・ビングです。

Man: Alright, let's see if you're as good in person as you are on paper. Make me a salad.
 よろしい。では、この経歴の通りによい腕かどうか、見せてもらいましょうか。サラダを作ってください。

Monica: A salad? Really I, I could do something a little more complicated if you like.
 サラダですか? もっと手のこんだ物もできますよ。

Man: No, just a salad will be fine.
 いや、サラダだけでいいよ。

Monica: You got it.
 わかりました。

Man: Now, I want you to tell me what you're doing while you're doing it.
 じゃあ、作っている間、何をしているのかを説明してもらいたい。

Monica: Alright, well, I'm tearing the lettuce.
 わかりました。レタスをちぎってます。

Man: Uh-huh. Is it dirty?
 ほほう。それは汚れてないかね?

Monica: Oh-oh, no no don't worry, I'm gonna wash it.
 いえいえ、大丈夫です。洗いますから。

Man: Don't, I like it dirty.
 いや。汚れたままでいいんだ。

Monica: That's your call.
 おっしゃる通りに。

Man: So, uh, what are you going to do next?
 それで、次はどうするのかね?

Monica: Well, I thought that I would cut up the tomatoes.
 そうですね、トマトをカットしようと思います。

Man: Are they, uh, firm?
 それは固いかね?

Monica: They'r alright.
 大丈夫ですよ。

Man: You sure they haven't gone bad? You're sure they're not very, very bad?
 それは悪くなってないかね? とってもとっても悪くなってないかね?

Monica: No, really, they're OK.
 いえ、本当に大丈夫ですよ。

Man: You gonna slice them up real nice?
 君はそれをうまくスライスするのかね?

Monica: Actually, I was gonna do them julienne.
 いえ、千切りにするつもりです。

Man: Aaaahhhhhhh.
 おおおぉぉ!

Monica: I'm out of here.
 帰ります。(出ていく)

《モニカ達の部屋:ロスが電話に出ている》

Ross: Hello. No, Rachel's not here right now, can I take a message? Alright, and how do we spell Casey, is it like "at the bat" or and the Sunshine Band? OK, bye-bye. Hey, who's this uh, this Casey?
 もしもし、いえ、レイチェルは今でかけています。メッセージ伝えます? わかりました。ケイシーはどう綴ります? 「Casey 打席に立つ」のCasey、それとも「Sunshine Band」のKC? わかりましたよ、バイバイ。(電話を切ってフィービー達に聞く)このケイシーって誰?

(「Casey 打席に立つ」という野球の詩。
 KC and the Sunshine Bandというバンド。)


Phoebe: Oh, some guy she met at the movies.
 ああ、彼女が映画を見に行って出会った男よ。

Ross: Oh really? What uh, what does he want with her?
 ああそうなんだ。そいつは彼女に何の用なんだ?

Chandler: Well, I'm guessing he wants to do a little dance. . . you know, make a little love. . . well pretty much get down tonight.
 そうだな。想像するに、ちょっとダンスしたり・・ほら、ちょっと愛し合ったり・・まぁ、今夜ばっちりキメたいってとこだろ。

Ross: I don't know, I don't get, I don't get it, I mean, , two months ago Rachel and I were like, this close. Right now, what, I'm taking messages from guys she, she meets at the movies? I mean this, this Casey should be taking down my messages, you know, or, or, Rachel and I should be together and, and we should get some kind of message service.
 (書いたメモを棚にしまい込む)なんだよ。どうしてこうなるんだ。2ヶ月前にはレイチェルと僕はすごく接近したのに。今はなんだよ。映画で出会った男からのメッセージを伝えるなんて。このケイシーってやつが僕のメッセージを伝えればいいんだ。それか、レイチェルと僕がつきあって、そして2人でメッセージサービスでも頼むとか。

Phoebe: Hang in there, it's gonna happen.
 がんばるのよ。2人は結ばれるわよ。

Ross: OK, now, how do you know that?
 そう。なんでわかる?

Phoebe: Because she's your lobster.
 だって彼女はあなたのロブスターだもん。

Chandler: Oh, she's going somewhere.
 (怪訝なロスに)おお、この話もどこかにたどり着くさ。

Phoebe: C'mon you guys. It's a known fact that lobsters fall in love and mate for life. You know what, you can actually see old lobster couples walking around their tank, you know, holding claws like. . .
 なに、あなたたち。だってロブスターは恋をして一生添い遂げるって誰でも知ってるでしょ。実際、年を取ったロブスターのカップルがタンクの周りを歩く姿を見られるわよ。ほら、あのハサミをこうしてつないで(手ぶり)

(モニカがシャワーを終えて出てくる)

Chandler: Hey, you feeling better?
 おお、気分よくなった?

Monica: Yeah, I think that fifth shower actually got the interview off me.
 ええ。シャワー5回目でようやくあの面接を洗い流せたわ。

Phoebe: So, do you have any other possibilities?
 それで、なんかほかの見込みは?

Monica: Oh yeah, well, there's the possibility that I won't make rent.
 そうね、家賃が払えない見込みがあるわ。

Ross: Monica, if you want, I can lend you some money.
 モニカ、なんならお金を貸すよ。

Monica: No no no, if I couldn't pay you back right away then I'd feel guilty and tense every time I saw you.
 いえいえ。すぐ返せないと、会うたびに悪いと思ってテンパっちゃうから。

Ross: Oh OK. Well then why don't you, uhh, why don't you borrow it from mom and dad? You feel guilty and tense around them already. You might as well make some money off of them.
 ああ、そうか。じゃあ、そうだな、かあさん達から借りたら? どうせいつも悪いと思ってテンパってるんだから、お金借りたっていいんじゃない?

Chandler: You know, the man's got a point.
 そうだな。的を得てるよ(腕からブレスレットが落ちる)

Phoebe: What is that sparkly thing?
 そのキラキラしたもの何?

Chandler: That thing, it's a uhh. . . yeah it's, it's a little flashy.
 これは・・これは・・そうだな、ちょっとケバケバしいよな。

Ross: No no. No no, it's not flashy, not for a Good fella.
 いやいや、いやいや。ケバケバしくなんかないさ。グッドフェローズにはな。

グッドフェローズはマフィアを描いた映画)

Monica: Man, man, that is sharp. It must have cost you quite a few doubloons.
 まぁこれはギラギラしてるわね。金貨をいっぱい払って買ったんでしょうね。

Doubloonは昔スペインなどで使われていた金貨)

《モニカ達の部屋:両親の訪問》

Monica: Hi.
 ハーイ。

Mr. Geller: Hi.
 やぁ! (段ボールを持ってくる)

Mrs. Geller: Hi, darling.
 ハーイ、モニカ。

Monica: So, what's this.
 それで、これは何?

Mr. Geller: Some of your old stuff.
 おまえの物だよ。

Mrs. Geller: Well, sweetie, we have a surprise for you. We're turning your room into a gym.
 それがね、ビックリさせる話があるのよ。あなたの部屋をジムにすることにしたの。

Monica: Wow, that is a surprise. Just one little question, uh, why not Ross's room?
 ワオ。それはビックリ。ちょっと質問だけど、どうしてロスの部屋じゃないの?

Mr. Geller: Gosh, we talked about that but your brother has so many science trophies and plaques and merit badges, well, we didn't want to disturb them.
 おお。それも話したんだが、にいさんの部屋は、科学のトロフィーとか盾とか表彰バッジがいっぱいでね。いじりたくなかったんだよ。

Monica: Oh, God forbid.
 そうよね、神も禁止よね。

(レイチェルがランドリーから戻る)

Mrs. Geller: Oh, hi, Rachel.
 あら、レイチェル。

Rachel: Hi.
 ハーイ。

Mrs. Geller: Oh, we were so sorry to hear about your parents splitting up, dear.
 ご両親がお別れになって、残念だったわね。

Rachel: Oh, well, you know, they're just separated so, you know, never know, we'll see.
 ああ。いえ、ただ別居してるだけですもの。まだわかりませんよ。

Mr. Geller: Well, I can't say any of us were surprised. Your parents have been unhappy ever since we've known them. Especially after that incident in Hawaii.
 いやぁ、私達にとっては驚くことではなかったよ。君のご両親は私らの知る限り幸せそうじゃなかったからな。特に、ハワイの事件の後ではね。

Rachel: What, what incident?
 事件って何ですか?

Mr. Geller: Uhh, nah, no no no, I, I must be thinking of someone else, uh, maybe me. Don't you have some folding to do? Go fold dear. Fold. You fold.
 ああ、いや、違ったな。あれは別の人の話だったな。私のことだったかも。君、たたむんじゃないの? 行ってたたみなさい。(レイチェルの寝室へ押しやる)

《セントラルパーク:フィービーとチャンドラー》

Phoebe: Do you want a refill?
 お代わりする?

Chandler: No, I'm alright, thanks.
 いや、いいよ、ありがと。

Phoebe: OK. Ooh, OK, you gotta give me a second, I wanna get this just right. . . Dude, 11 o'clock, totally hot babe checkin' you out. That was really good, I think I'm ready for my penis, now.
 わかった。(行きかけて、チャンドラーを見つめる女性を発見)あら、ちょっと、ちょっと待って。きっちりやりたいから。(咳払いをしたり鼻をすすったりした後低い声で)おいおまえ、11時の方向でイケてる女がおまえを見てるぜ。(演技終わり)すごい上手。もうペニスもつけられるわ。

Chandler: I know what you're thinking, Dave Thomas, founder of Wendy's.
 (その女性のところへ行って)何を考えてるかわかるよ。ウェンディーズの創始者、デイブ・トーマスです。

Gail: I'm Gail.
 私はゲイルよ。

Chandler: Chandler.
 チャンドラー(手をあげたのでブレスレットが見えた)

Gail: I, I really have to be somewhere but it was nice meeting you.
 あ、私、行かなきゃいけないところがあるんだった。会えてよかったわ。(出て行く)

Chandler: What? . . . Oh this is excellent. You know he could have gotten me a VCR, he could have gotten me a set of golf clubs, but no, he has to get me the woman repeller, the eyesore from the Liberace house of crap.
 何?(ブレスレットのせいだと気づき)ああ、これはすごいよな。あいつ、ビデオデッキをくれてもよかった、ゴルフクラブをくれてもよかったのにさ。そうじゃない、やつがくれたのは、女性をはねつける道具だ。リベラーチェのゴミ箱から持ってきたような見苦しさだよ。

Liberace = 派手な衣装で有名だったピアニスト)

リベラーチェ.jpg

Phoebe: It's not that bad.
 そんなにひどくないわよ。

Chandler: Oh, yeah, easy for you to say, you don't have to walk around sporting some reject from the Mr. T collection.
 そうか、言うのは簡単だよ。君は Mr. T のコレクションにも入れてもらえなかったものを見せびらかして歩かなくてもいいんだもんな。

(sport = 見せびらかす)
Mr. T はTの形になったヘアスタイルやゴールドの
 アクセサリーで知られた、ロッキー3に出た俳優。
 I pity the Fool というTV番組に出ていた)


Mr-T.jpg

Phoebe: Chandler, Chandler.
 (ジョーイが入ってきたので)チャンドラー、チャンドラー。

Chandler: I pity the fool who puts on my jewelry, I do, I do. I pity the fool that. . . Hi. Hey man, we were just doing some uhh, impressions over here. Do your Marcel Marceau. . . That's actually good.
 (Mr.Tのマネ)俺の宝石を身に着けたやつを哀れに思うよ。本当にさ、哀れに思う・・・(ジョーイに気づく)やぁ、俺たちいま、モノマネしてたんだ。マルセル・マルソーやってくれよ。(ジョーイは黙って出て行く)本当に上手なのに。



《セントラルパーク:レイチェル仕事中・ロスとフィービー》

Ross: Would you look at that guy, I mean how long has he been talking to her. It's like, back off buddy she's a waitress not a geisha.
 あいつを見てよ。いったいいつまで彼女に話しかけてるんだ。もうやめろって言いたいよ。彼女はウェイトレスで、ゲイシャじゃない。

Phoebe: I think she's OK.
 彼女大丈夫そうよ。

Ross: Look at that, look at that, see how she's pushing him away and he won't budge. Alright, I'm gonna do something. . . .Excuse me, are you Rachel?
 見て。彼女が彼を押しやってるよ。なのにあいつは下がらない。よし、なんとかしてやる。(レイチェルのところへ行き)ちょっと失礼、君はレイチェル?

Rachel: What?
 え?

Ross: I'm Ross Geller. Wha,, God, in your add you said you were pretty but, wow.
 僕はロス・ゲラー。おお! 恋人募集広告でかわいいって書いてあったけど、ワオ。

Rachel: What are you, what are you doing?
 あなた何をしてるの?

Ross: Oh, oh my God, is this the wrong day? I don't believe it, uh, well, hey, I guess if it works out we'll, we'll have something to tell the grandkids.
 あ、まずかったかな、都合悪かった? 信じられないな。そうだ、もしこれがうまくいったら、僕ら孫に話すネタができたよね。

MAN: Sure will. I've uh, gotta go. Take care.
 本当だね。僕はもう行くよ。じゃあ。(出て行く)

Ross: OK, see you later, nice meeting you. You're welcome.
 (男性に)ああ、じゃあまた、会えてよかったよ。(レイチェルに)礼はいいよ。

Rachel: What?
 何?

Ross: I was saving you.
 君を助けたんだよ。

Rachel: Saving, saving, saving me from the pleasant conversation with the interesting man, saving me?
 助けた。助けたって。興味深い男性との楽しい会話から助け出してくれたわけ?

Ross: Oh, see from where I was sitting I uh. . .
 え。僕から見たらあれは・・

Rachel: OK, Ross, listen to me, I am not yours to save.
 ロス、聞いて。私はあなたが助け出さなきゃいけない彼女じゃないのよ。

Ross: But, you are.
 でも、そうなんだよ。

Rachel: What?
 なんですって?

Ross: Uh, uh, well you're, umm, you're my lobster.
 いや、君は・・君は僕のロブスターだから。

Rachel: OK, you know what, are, are you being like, the blind date guy again?
 ちょっと、あなたまたブラインドデートの男を演じてるわけ?

Ross: No no, you're uh, you're my lobster. See um, lobsters, uhh, in the tank when, when they're old, uhh, they get with, uhh, they walk around holding the claws. In the tank, you know, with, with the holding and. . . Uhh, Pheebs you wanna help me out with the, the whole lobster thing?
 いやいや、君は僕のロブスターなんだよ。ほら、ロブスターは、タンクで。えっと・・年をとったら・・一緒に・・一緒に歩くんだよ。ハサミをつないでね。タンクで・・ほら。つないで・・フィーブス、助けてくれる? あのロブスターの話してくれない?

Phoebe: Do the claws again.
 もう一回あのハサミやって。

Ross: Rach. OK, forget, forget the lobsters OK. We're, let's talk, what about us?
 レイチ、もうロブスターの話はいいよ。話をしよう。僕ら2人について。

Rachel: Ross, there is no us, Okay?
 ロス、2人なんてないのよ、いい?

Ross: No, but. . .
 でも・・

Rachel: No, listen to me. I fell for you and I get clobbered. You then fall for me and I again, somehow, get clobbered. I'm tired of being clobbered, you know, it's, it's just not worth it.
 いえ、聞いて。あなたを好きだったけど、打ちのめされたわ。それからあなたが好きになってくれたけど、また私が打ちのめされた。もう疲れたのよ。もう無理だわ。

Ross: Well, but, but. . .
 でも、でも・・

Rachel: No but Ross. We are never gonna happen, OK. Accept that.
 「でも」はナシよ、ロス。私達はつきあわない。いい? それを受け入れて。

Ross: Except, except that what?
 それ・・それ以外は?

Rachel: No, no, ACcept that.
 違うわ。それを受け入れて。

Ross: Oh.
 ああ。

《チャンドラー達の部屋》

Chandler: Hey man, look it's my best bud. How you doing? . . . Wow, you are really getting good at that Marcel Marceau thing. Hey, listen, what do you say uh, we play some ball, you and me, huh, what do you say? . . . OK, that's my bad.
 (帰ってきたジョーイに)よぉ、俺の親友じゃないか! 元気? (返事をしないジョーイ)ワオ。マルセル・マルソーのマネが本当にうまくなってきたな。なぁ、ボールで遊ばないか、おまえと俺とで。え? どうだ?(ボールを投げたが、ランプに当たって壊れた)あ、それは俺のせいだな。

Joey: If you hated the bracelet so much, Chandler, you should have just said so.
 チャンドラー、ブレスレットがそんなにキライだったら、そう言えばいいじゃないか!

Chandler: Well, doesn't the fact that I wore the bracelet even though I hated it say something about our friendship and how much it means to me?
 キライだったのに身につけてたってことで、俺達の友情がわかるだろう? その友情が俺にどんなに大事かってことがわかるだろう?

Joey: Well, what about the fact that you insulted the bracelet and you made fun of me?
 じゃあ、ブレスレットを侮辱して俺をバカにしたことはどうなんだよ!

Chandler: OK, well that's the part where I'm a wank. But I was hoping we wouldn't focus on that. . . . Hey, come on, man, I said I was sorry like a hundred times, I promise I will never take it off my. . . wrist. But if, if you want to stay in there and be mad, you know, you just uh, you stay in there.
 ああ、それは俺がイヤな奴っていう部分だよ。それにフォーカスしたくなかったんだけど(ジョーイは自室へいってしまう) おい! もう何回も謝ってるじゃないか。もう二度と外さないよ、この・・・(ブレスレットが腕にないことに気づく)腕から・・。でも、もし怒って部屋から出てこないっていうなら、あー、そこにいてくれ。(部屋の中を探す)

Joey: You know what, the. . .
 いいか、おまえ・・(出てくるとチャンドラーがクッションを手にひざまずいていた)

Chandler: I am here, on my knees, holding up these couch cushions as a symbol of my sorrow and regret, much like they did in biblical times. Though you may haveth anger now. . .
 俺はこうしてひざまずいて、このクッションを俺の悲哀と後悔の印に捧げ持つよ。聖書の時代みたいにね。汝はいま怒りを抱いて・・(ジョーイは黙って部屋に戻る)

《モニカ達の部屋:時間経過》

Mr. Geller: You know, that Steffi Graf has quite a tush. I'm just saying, it's right there.
 な、あのシュテフィ・グラフは大したお尻の持ち主だな。本当じゃないか、ほら見ろ。

(ロスがくる)
Ross: Hey, guys.
 やぁ、みんな。

Mrs. Geller: Hi, darling. Where's my grandson, you didn't bring him?
 あら、あなた、私の孫息子は? 一緒じゃないの?

Ross: No, he's at Carol's and Susan's today.
 いや、彼は今日はキャロルとスーザンのところだよ。

Mr. Geller: A woman in my office is a lesibian. I'm just saying.
 うちのオフィスの女性がレズビアンだよ。ちょっと言ってみただけだよ。

Mrs. Geller: Oh, Jack look, there's that house paint commercial that cracks you up.
 あら、ジャック、見て。ペンキのコマーシャルよ。あなたこれ見ていつも笑っちゃうのよね。

(モニカとロスin キッチン)
Monica: Where have you been?
 どこ行ってたの?

Ross: Emotional hell. So, did they lend you the money yet?
 心の地獄。それで、お金借りられた?

Monica: No, but that's probably 'cause I haven't asked them yet.
 いいえ。まだ何も言ってないからかしら。

Ross: Come on, Monica, do it. Hey, you guys, um, Monica has some news.
 何だよ、モニカ。言ってみろって。(両親に)ねぇ、モニカが話があるんだって。

Monica: Um, yeah, so uh, uhh, listen, I'm sorry I didn't tell you this before but umm, I, I'm no longer at my job, I, I had to leave it.
 えっと、その・・聞いて。もっと早く言わなくて悪かったわ。その、私、もう仕事についてないの。辞めたのよ。

Mrs. Geller: Why?
 どうして?

Monica: Because they made me.
 そうさせられたから。

Mrs. Geller: You were fired? What're you gonna do?
 クビになったの? どうする気?

Mr. Geller: Judy, Judy, relax, this is our little Harmonica we're talking about. We taught her well. Ten percent of your paycheck, where does it go?
 ジュディ、ジュディ、落ち着いて。うちのかわいいハーモニカのことだぞ、私達ちゃんと教えたじゃないか。(モニカ達に)収入の10パーセントはどこへ行く?

Monica and Ross: In the bank.
 銀行。

Mr. Geller: There you go. So she dips into her savings, that's what it's there for. She's gonna be fine, and if you need a little extra, you know where to find it.
 ほらな! それを使うことができるだろ、そのためにあるんだからな。大丈夫だよ。それでももし余分に必要になったら、どこにあるかわかるだろう?(モニカの耳の後ろからコインを出して見せる)

Monica: Anything larger back there?
 そこにもっと大きいお金なかった?

《セントラルパーク:チャンドラーとフィービー》

Chandler: I can't believe it.
 信じられない。

Phoebe: Would you stop already? Get out of the bitter barn and play in the hay.
 もうやめてくれる? 暗い納屋から出てきてヘイ(干し草)で遊ぶのよ。

Chandler: Oh, you're right I, I should play in the hay. Forget about the fact that I just dropped 400 dollars to replace a bracelet that I hated to begin with. Bring on the hay.
 ああそう。干し草で遊べばいいんだな。そもそもキライだっていうのに、なくしたからって400ドルも払って買い直さなきゃならなかったなんて忘れた方がいいよな。持ってきて、ヘイ。(カウンターに寄りかかる)

Rachel: Hey. I've got something that's gonna make you happy. Guess what Gunther found?
 ヘイ!(カウンターの下から突然)喜ぶもの持ってるわよ。ガンターが見つけたもの何だ?(ブレスレット)

Phoebe: Hey now you have two. . . Oh, now you have two.
 ヘイ! これで二つになったじゃん!(チャンドラーにイヤな顔をされ)ああ、二つになっちゃったじゃん。

Chandler: What am I gonna do, huh?
 どうしたらいいんだ?

Joey: Hey.
 ヘイ!

Chandler: Hey.
 ヘイ。

Joey: How come you have two?
 なんで二つ持ってんの?

Chandler: Well this one's for you.
 これは君にだよ。

Joey: Get out.
 ウソだろ。

Chandler: No, I can't. No no, listen, I, I know how much this means to you and I also know that this is about more than just jewelry, it's about you and me and the fact that we're best buds.
 いや。ウソつけない。いやいや、これがおまえにとってどんな大事かわかってるし、ただのアクセサリーではないってわかってるんだ。(ジョーイにつけさせ)俺とおまえの友情を表してるんだし、ほら親友だってことさ。

Joey: Wow, is this friendship? I think so. Check it out, we're bracelet buddies.
 ワオ! これこそ友情じゃないか? そうだよな。これ見ろよ。俺たちブレスレット友達だな。

Chandler: That's what they'll call us.
 そう呼ばれるんだな。

《モニカ達の部屋:ロスがモニカに小切手を切っている》

Ross: Here you go, you can pay me back whenever you like.
 はい、どうぞ。返せるときでいいからな。

Monica: You have dinosaur checks?
 恐竜小切手なんて持ってるの?

Ross: Yeah, yeah I mean, you get your money and you learn a little something, what's wrong with that?
 そうだよ。お金も手に入って、学ぶこともできるんだ。何か悪い?

Monica: Nothing, nothing, hey you're a cheap-a-saurus. I'm kidding, I'm kidding, thank you, I'm very grateful.
 いえ、別に。あら、あなたってば、ケチザウルスね! 冗談、冗談よ。ありがとう。本当にうれしいわ。

Phoebe: Hey, Mon, what is this?
 ねぇ、モン、これ何?(モニカの水着)

Monica: Oh, um, that was my bathing suit from high school. I was uh, a little bigger then.
 ああ、それは私の高校の時の水着よ。私その頃太ってたのよ。

Chandler: Oh, I thought that's what they used to cover Connecticut when it rained.
 ああ、俺はまた雨が降ったときにコネチカットにかぶせるのかと思ったよ。

Joey: Hey Monica, what's on this video tape?
 ねー、モニカ、このビデオは何?

Monica: Hey, you got me, put it in.
 さぁね、セットしてみて。

Ross: Oh.
 (レイチェルが来たのできまずく)ああ。

Rachel: Hi.
 ハーイ。

Ross: Hi.
 ハーイ。

(ビデオを見始める)
Mrs. Geller: Over here Jack. OK. I see, Rachel's coming up the path. Oh doesn't she look pretty. Jack, get this.
 《ビデオ》ジャック、こっちよ。ほら。レイチェルが来るわよ。まぁ、かわいいじゃない。

Rachel: Oh my God.
 あらやだ。

Joey: What is with your nose?
 あの鼻なに?

Rachel: They had to reduce it because of, of my deviated septum.
 鼻の隔壁がそれて小さくしなきゃらなかったのよ。 

(deviated = (軌道などを)それる)
(septum = 通常鼻などの隔壁)

鼻腔の壁がそれたために手術をする場合がある。
 一般には外傷などが原因。レイチェルのはウソかな)

Chandler: OK, I was wrong, that's what they used to cover Connecticut.
 さっきは間違ってたよ。これがコネチカットを覆うものだな。

Monica: You know what this is, this is us getting ready for the prom.
 これ何かわかる? 私達がプロムに行く準備してるところよ。

Rachel: Oh.
 ああ。

Ross: You know what, you guys, we don't have to watch this.
 ねぇ、君達、こんなの見ることないよ。

All: Oh yeah, we do. Come on.
 いいえ、見たい見たい。

Mrs. Geller: Get a shot of Monica. Where's Monica.
 《ビデオ》モニカを撮って。モニカはどこ?

Monica: Over here dad.
 《ビデオ》ここよ。(おなかしか映らない)

MR, GELLER: Wait, how do you zoom out? . . . There she is.
《ビデオ》待て、ズームアウトはどうするんだ?. . .(顔も映る)はい、いたぞぉ!

Joey: Some girl ate Monica.
 誰かモニカを食べた!

Monica: Shut up, the camera adds ten pounds.
 うるさい。カメラでは10パウンド太って見えるのよ。

Chandler: Ahh, so how many cameras are actually on you?
 ああ、それで、何台のカメラで撮ってんの?

Monica: Oh, you look so great.
 《ビデオ》わぁ。あなた素敵よ。

Rachel: Ahh, so do you, beautiful.
 《ビデオ》ああ、あなたもきれいよ。

Monica: Oops.
 《ビデオ》おっと。

Rachel: What?
 《ビデオ》なに?

Monica: Shoot, I think I got mayonnaise on you.
 《ビデオ》大変! あなたにマヨネーズをつけちゃったわ。

Rachel: Oh, that's OK, it's just the shoulder, it's not my dress.
 《ビデオ》ああ、いいのよ。肩についただけよ。ドレスは大丈夫。

Mr. Geller: Everybody, smile.
 《ビデオ》みんな笑って。

Monica: Oh, dad, turn it off.
 《ビデオ》もう、パパ、それ切ってよ。

Mr. Geller: It is off.
 《ビデオ》切ってあるよ。

Monica: Dad, it is not. What's with the red light?
 《ビデオ》パパ、切ってないわよ。赤いライトがついてるわよ。

Mr. Geller: It's the off light. Right, Ross?
 《ビデオ》それはオフのライトだよ。な、ロス?(アフロでヒゲのロスが映る)

Joey: Looking good, Mr. Cotter.
 ハンサムじゃん、ミスター・コッター。

gabe.jpg

Ross: You look pretty tonight.
 《ビデオ》今夜はきれいだね。

Rachel: Oh, thanks. So, uh, what are you gonna do this summer?
 《ビデオ》まぁ、ありがと。それで、この夏はどうするの?

Ross: Oh, you know, I'm just gonna, I'm gonna hang out, work on my music.
 《ビデオ》ああ、そうだな、ここにいて、音楽をやるよ。

Rachel: Is my hook unhooked? These things keep falling down, I can't. . .
 《ビデオ》ボタンが外れてる? 肩が落ちてきてしようがないわ。

Ross: Uh, hold, let me see, I don't know. So what're you gonna do. . .
 《ビデオ》見てみようか、わからないけど。それで、君はどうするの・・(ドアベルが鳴る)

Rachel: Oh, the guys are here.
 《ビデオ》あ! 男の子達が来たわ!

Ross: this summer?
 《ビデオ》この夏?(もうレイチェルはいない)

Chandler: Work on your music?
 「音楽やる」だって?

Rachel: Oh my God, look there's Roy Gublik.
 わぁ! 見て、ロイ、ギブリックよ。

Monica: You know, Roy saw Star Wars 317 times. His name was in the paper.
 ねぇ、ロイって、スターウォーズを317回も見たのよ。新聞にそれで載ったの。

Rachel: Where's Chip, why isn't he here yet?
 《ビデオ》チップは? どうしてチップがまだ来ないの?

Roy: He'll be here OK, take a chill pill. There.
 《ビデオ》すぐ来るよ、落ち着けよ。ほら。(モニカにコサージュをつけてあげて立ち去り、モニカがレイチェルに内緒話をする)

Monica: I just told Rachel that Roy touched my boob.
 私レイチェルに、ロイが私のおっぱいに触ったって言ったのよ。

Rachel: I can't go to my own prom without a date, I can't, it's too late.
 《ビデオ》相手もいなくてプロムには行けないわ。もうダメよ、もう遅いわ。

Monica: If you're not going then I don't want to go either.
 《ビデオ》あなたが行かないなら私も行きたくないわ。

Roy: Oh, I'm gonna kick Chip's ass.
 《ビデオ》くそ、チップのやつケツを蹴飛ばしてやる。

Mrs. Geller: I have a wonderful idea. You should take Rachel to the prom.
 《ビデオ》(ロスに)いい考えがあるわ。レイチェルをプロムへ連れて行くのよ!

Ross: Doubtful.
 《ビデオ》それはどうかな。

Mrs. Geller: Jack, give me that. Talk to your son.
 《ビデオ》ジャック、カメラ貸して。ロスに話してよ。

Mr. Geller: Okay, okay. Your mother's right. Take her, you can wear my tux.
 《ビデオ》わかったわかった。

Ross: Dad, she won't want to go with me.
 《ビデオ》とうさん、彼女は僕となんて一緒に行かないよ。

Mr. Geller: Of course she would, you're a college man.
 《ビデオ》もちろん行くよ。おまえは大学生じゃないか。

Ross: I don't know.
 《ビデオ》どうかな。

Mr. Geller: Well, come on. Don't you want to find out?
 《ビデオ》ほら、行くんだ。やってみなくちゃ。

Rachel: I can't believe I don't get to go to my own prom, this is so harsh.
 《ビデオ》プロムに行けないなんて信じられないわ。ひどすぎる。(泣いている)

Ross: OK. Hold my board.
 《ビデオ》よし、キーボード持ってて。

Mr. Geller: Thataboy! Thataboy!
 《ビデオ》それでこそだぞ、さすがロスだ!

Ross: OK, you guys, you know, I think we've seen enough, let's turn it off.
 いいだろもう、みんな、ここまで見たらもういいじゃないか。切ろうよ。

All: No, no, no.
 ダメダメダメ。

Ross: OK, fine, well I'm not gonna watch, alright.
 いいよ。わかった。僕は見ないからね。

Mr. Geller: Come on kid, let's go.
 《ビデオ》(タキシードのロスに)さぁ、行くぞ。

Mrs. Geller: Ahh, are you handsome.
 《ビデオ》まぁ、あなた素敵よ。

Mr. Geller: Let's show them.
 《ビデオ》彼女達に見せてやろう。

Ross: Uh, just a sec dad. [to himself] OK, be cool, just be cool. . . . Okay, dad.
 《ビデオ》ちょっと待って(自分自身に)よし、クールに。クールに。(出てきて階段の花瓶から花束を取る)いいよ。とうさん。

Mr. Geller: Rachel, ready or not, here comes your knight in shining. . . oh no.
 《ビデオ》レイチェル、準備いいかどうかわからんが、君の輝くナイトがここに・・え、そんな。(チップが来て、4人で出かけていくところ)

Rachel, Monica, Roy, and Chip: Bye.
 《ビデオ》バーイ!

Mrs. Geller: Oh, dear. Jack, how do I turn this off?
 《ビデオ》まぁなんてこと・・ジャック、カメラどうやって切るの?

Mr. Geller: Press the button.
 《ビデオ》ボタンを押すんだよ。

Mrs. Geller: Which one? Which button, Jack.
 《ビデオ》どれ? どのボタンなの、ジャック。

Mr. Geller: The button, the button.
 《ビデオ》ボタンだよ、ボタン。

Monica: I can't believe you did that.
 あんなことがあったなんて・・・。

Ross: Yeah, well.
 いや、まぁ。

《レイチェルはロスのところへ歩いていって、キス》

Phoebe: See, he's her lobster.
 ほら、彼は彼女のロブスターなのよ。

《モニカ達の部屋:モニカ一人》

Mrs. Geller: Dance with him.
 《ビデオ》おとうさんと踊って。

Monica: Mom, I'm hungry.
 《ビデオ》ママ、私おなかすいたもん。

Mrs. Geller: Dance with your father.
 《ビデオ》おとうさんと踊りなさいって。

Mr. Geller: I may not know any of your flash dances but I'm no slouch on the dance floor.
 《ビデオ》フラッシュダンスは知らないかもしれんが、ダンスはできるんだぞ。

(slouch = 能なし、不器用)

Monica: All right.
 《ビデオ》わかったわ。

(踊っている場面からビデオが切り替わり)
Mrs. Geller: Oh, Jack.
 《ビデオ》おお、ジャック!

Mr. Geller: Oh, Judy. Oh, Judy.
 《ビデオ》おお、ジュディ、ジュディ!

Both: Oh, ohhhhh.
 《ビデオ》おお、おおぉぉ!


にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村


英語 ブログランキングへ
posted by らんち at 18:29| Comment(0) | Season2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月16日

2-13 The One With the Superbowl, Part 2

2-13 スーパーボールの時の話 Part 2

《撮影セット》

Security guard: Uh, excuse me folks this is a uhh...
すみませんが、ここは・・

Joey: Closed set. We know but we're friends with the monkey.
入れない、わかってるよ。でも俺たちモンキーの友達なんだ。

Ross: Good morning. Hey pal, look who I brought. It's your old friend Harry Elefante.
おはよう、マルセル。ほら、見てごらん、友達のハリー・エレファンテだよ。(マルセルが投げ捨てる)

Joey: Woah, dude, burn.
ワオ。これは痛いな。

Ross: I don't get it, he seemed so happy to see me yesterday.
なんで? 昨日は僕を見て喜んでたのに。

Trainer: Hey don't take it personal, he's under a lot of pressure, you know, starring in a movie and all.
気にしないで。プレッシャーで大変なんだから。映画スターだからね。

Rachel: Now just how big of a star is Marcel?
マルセルってスターとしてどれくらいなの?

Trainer: In human terms, I'd say Cybill Shepard.
人間でいうと、シビル・シェパードかな。

All: Woah.
ワオ!

Chandler: So, you guys in the movie, or are you just really paranoid.
(隔離スーツを着た人々に)君たちも映画に出てるんだよね。それとも被害妄想?

Director's assistant: Hey Sal, Jerry wants to know if the monkey's ready for the subway set?
サル、ジェリーが、モンキーは地下鉄セットに行く準備できてるかって。

Joey: Uh, excuse me. Jerry is the director, which one's he?
あ、すみません、ジェリーってディレクターだよね、どの人?

Director's assistant: The one in the director's chair.
ディレクターって書いた椅子に座ってる人よ。

Joey: Gotcha. Pheebs, walk with me.
わかった。フィーブス、並んで歩いて。

Phoebe: OK. Um, how come I'm walking with you?
わかった。でもなんで並んで歩くの?

Joey: Well, we're, we're just going over here so that we can get away from the horrible flesh eating virus, for the love of God, woman, listen to me. Is he looking? Is he looking?
そりゃ、俺たちここに来て、そして、(突然演技開始)肉を食う恐ろしいウィルスからのがれるんだよ! いいか、聞くんだ! (演技終了)彼こっち見てる? こっち見てる?

《少し離れたところで》

Susie: We've got a problem.
問題発生よ。

Director's assistant: Tell me.
なに?

Susie: I can't do Chris's makeup. She refuses to acknowledge that she has a mustasche.
クリスのメイクができないわ。ヒゲがはえてるのを認めようとしないのよ。

Director's assistant: Is it bad?
そんなにひどい?

Susie: It looks like one of her eyebrows fell down. Now unless someone convinces her to let me bleach it, Jean-Claude Van Damme is gonna be making out with Gabe Kaplan.
まるで眉毛が落ちてきたみたい。脱色させてくれなかったら、ジャン=クロード・バン・ダムはゲイブ・カプランとキスすることになるわね。

gabe.jpg(Gabe Kaplan)

Director's assistant: I'll talk to her.
話してくるわ。

Susie: I hate actors.
俳優ってキライ。

Chandler: Nice camouflauge man, for a minute there I almost didn't see you.
(迷彩服を着た人に)カモフラージュうまいね。一瞬見えなかったよ。

Susie: Excuse me.
ちょっと失礼。

Chandler: Ahhhh.
(驚いて)ああ!

Susie: Is your name Chandler?
あなたの名前、チャンドラー?

Chandler: Uh, yes, yes it is.
え、そうだけど。

Susie: Chandler Bing?
チャンドラー・ビング?

Chandler: Do you know me or are you just really good at this game?
僕のこと知ってる? それともめちゃくちゃカンがいい?

Susie: I'm Susie Moss. Fourth grade, glasses, I used to carry around a box of animal crackers like a purse.
私、スージー・モスよ。4年の時一緒だった、メガネかけてて。アニマルクラッカーのケースをバッグみたいにいつも持ち歩いてた。

Chandler: Susie Moss, right, yeah, wow, you look. . . great job growing up.
スージー・モス、ああ、わかったよ。ワオ! これはまた、上手に育ったね!

Susie: It's nice to see you're not still wearing that denim cap with all the little mirrors on it.
カガミだらけのデニムの帽子かぶってないのね、よかったわ。

Chandler: Oh, right, well yeah, I graduated fourth grade and realized I wasn't a pimp.
ああ、そうだね。4年が終わった頃には、俺ポン引きじゃないと悟ったんだよ。

Susie: Remember the class play? You pulled up my skirt and the entire auditorium saw my underpants.
学芸会覚えてる? 私あなたに、全生徒の前でスカートめくりをされて、みんなに見られてしまったわ。

Chandler: Yes, back then I used humor as a defense mechanism. Thank God, I don't do that anymore.
ああ、あの頃はユーモアを防衛手段にしてたんだよね。幸い、今はもうそんなことしてないよ。

《モニカとレイチェル》

Monica: Oh my God, oh my God, oh my God.
オーマイゴッド、オーマイゴッド!

Rachel: What what what what?
なになになに?

Monica: Jean-Claude Van Damme. I didn't know he was in this movie, he is so hot.
ジャン=クロード・バン・ダムよ! この映画に出てたなんてしらなかった! セクシーね!

Rachel: You think?
そう?

Monica: The muscles from Brussels, wham bam Van Damme, did you see Time Cop?
ブリュッセルからきたマッスルよ。タイム・コップ見てないの?

Rachel: No, was he any good in it?
ううん。そんなによかった?

Monica: Rachel, he like, totally changed time.
レイチェル、彼はもう、完全に時間を超えたって感じ。

Rachel: Wow, so why don't you go talk to him?
わお。 じゃ、声かけてきたら?

Monica: Yeah.
あらそう。

Rachel: What, so you go over there, you tell him you think he's cute, what's the worst that could happen?
なんなの。行って、キュートねっていうだけよ。何がいけないの?

Monica: He could hear me.
聞かれちゃうわ。

Rachel: OK, I'm doing it for you.
じゃあ私、行ってきてあげる。

Monica: Oh Rachel don't, don't you dare, don't, don't! Tell him I cook.
やだ、レイチェル、ダメよ、そんな! ダメダメ! 料理できるって言って!

Rachel: Excuse me. Hi.
ちょっとすみません、こんにちは。

Van Damme: Hi.
やぁ。

Rachel: Um, this is gonna sound kinda goofy but um, my friend over there, who cooks by the way, she thinks you're cute.
こんなこというの変なんですけど、あそこにいる私の友達、料理できるんですけど、彼女があなたのこと、キュートだって。

Van Damme: You don't think I'm cute?
君はそう思わないの?

Rachel: I don't know, um, do you think you're cute? OK, we're kinda getting off the track here. Um, I was supposed to come here and tell you my friend thinks you're cute. So what should I tell her?
どうかしら。ご自分でキュートだと? いけない、話がそれてるわ。友達が、あなたのことキュートだと思ってるって言いにきたのよ。彼女になんて言えばいいかしら?

Van Damme: You can tell her I think her friend is cute.
彼女には、僕は彼女の友達がキュートだと思うって伝えればいいよ。

《チャンドラーとスージー》

Susie: Oh that's me, I gotta go.
あ、呼んでるわ、行かなきゃ。

Chandler: Oh uh, OK.
ああ、そうか、わかった。

Susie: Um, so listen, how many times am I gonna have to touch you on the arm before you ask me on a date?
ねぇ? 何回その腕にタッチしたらデートに誘ってくれるの?

Chandler: Well, uh, let's try one more. . . there you go, say Ernie's, 8 o'clock.
え、あー・・もう一回試してみて。ハイ、8時にアーニーズで。

Susie: I'll be there, and who knows, if things go well, maybe this time I'll get to see your underwear.
行くわ。もしかしてうまくいけば、今度は私があなたの下着を見る番かもね。(立ち去る)

Chandler: No one was around to hear that?
誰もそばで聞いてるやつがいない!

《モニカとレイチェル》

Monica: So what did he say?
それで彼、なんて?

Rachel: Agh, what a jerk. I kept talking about you and he kept asking me out. I mean, naturally, you know, I said no.
もう、最低よ。私はあなたのことを言ってるのに、あいつは私を誘ってくるの。もちろんことわったわよ。

Monica: Well, thanks anyway.
そう、とりあえずありがと。

Rachel: He just kept asking, and asking, asking, asking, asking, asking.
とにかくしつこく誘ってくるのよ。何時も何時も何時も・・

Monica: Rachel if you, if you want to go out with him, you can. Sound like a big jerk to me but if that's what you want to do...
レイチェル、もし行きたいなら、行ってもいいのよ。最低なヤツみたいだけど、デートしたいんなら・・。

Rachel: Jean-Claude she said yes, I'll see you tonight. Thank you.
ジャン=クロード! 彼女いいって! 今夜会いましょ! (モニカに)ありがと。

《セントラルパーク》

Rachel: And then Jean-Claude took me to that place Crossroads and that's where we hung out with Drew Barrymore.
それからジャン=クロードがクロスロードってところに連れてってくれて、そこでドリュー・バリモアに会ったの!

Joey: Oh man, she's so smoking. She has got the greatest set of. . . no guys around, huh?
もう彼女ほんと色っぽいよな。あのすっごい・・・(冷たい目で見られ)男としゃべってんじゃなかったな。

Rachel: Does anybody need anything?
何か欲しいものある?

Monica: Oh, I'll have an espresso. Oh acutually, I'll get it. If I ask you to, you'll probably end up drinking it yourself.
あ、エスプレッソもらうわ。いえ、自分で取ってくる。あなたに頼むと取られちゃいそうだから。

Rachel: That is so unfair.
そんなのないわ。

Phoebe: I know. Oh, like you would drink her coffee after what you did to her with Van Damme.
そうよね。バン・ダム取ってその上コーヒーも飲んじゃうなんてね。

(ロスが来る)
Ross: Hey Joey I have to cancel racquetball for tonight, that was Marcel's trainer. He's gonna let me have him for a couple of hours.
ジョーイ、今夜のラケットボールやめにしたいんだ。マルセルのトレーナーから連絡があって、今夜マルセルと一緒にいられることになったんだ。

Joey: You're blowing me off for a monkey?
モンキーのために俺をすっぽかす気?

Ross: Hey, we can reschedule for Saturday.
おい。土曜日に変更すればいいじゃないか。

Joey: Yeah, unless you hook up with a bunch of pigeons.
ああ、その日におまえがハト達とデートしないんならな。

(チャンドラーが来る)
Chandler: Hey, stick a fork in me, I am done.
なぁ、フォーク刺してみて。俺は食べ頃♪

Phoebe: Stick a fork what?
なんでフォーク刺すの?

Chandler: Like, when you're cooking a steak.
ステーキ焼けたか刺してみるだろ?

Phoebe: Oh, OK, I don't eat meat.
私、お肉食べないもん。

Chandler: Well then, how do you know when vegetables are done?
じゃあ、野菜が食べられるかみる時はどうする?

Phoebe: Well you don't, you just, you eat them and you can tell.
そうね、ただ食べてみればわかるじゃん。

Chandler: OK, then, eat me, I'm done! . . I've met the perfect woman. OK, we're sitting on her couch, we're fooling around, and then suddenly she turns to me and says, 'Do you ever want to do it in an elevator?'
よし、じゃ、食べて。食べ頃だから。完璧な女性に会ったんだ。いいか、二人でカウチに座ってジャレてたら、突然彼女が俺を見て言うんだ、『エレベーターでしたいと思ったことない?』

Monica: What did you say?
何て答えたの?

Chandler: Ahh, I believe my exact words were, 'Flaign,en - sten'. I mean I didn't know what to say, how do you know if you wanna do it on an elevator?
俺はこう答えたよ、『ふぁ・えん・すてん・・』 何て答えたらいいんだ? エレベーターでしたいかわかるか?

Phoebe: Oh, you just know.
わかるじゃん。

《チャンドラー達の部屋》

Susie: Oh, shoot, we gotta go, got a reservation in 30 minutes.
あ、ダメよ、私達もう行かなきゃ。予約は30分後よ。

Chandler: Oh no no no no, no no no no no no, you see, what I had planned shouldn't take more than 2, 3 minutes, tops.
ダメダメダメ! 俺の予定してることは2-3分で終わるはずだから。

Susie: Oh, 200 seconds of passion. We gotta go. . . But um, here's an idea, have you ever worn women's underwear?
まぁ。200秒の情熱ね。行かなきゃ。・・・でも、いい考えがあるの。あなた、女性の下着をつけたことある?

Chandler: Well, yes, actually, but they were my Aunt Edna's, and there were three of us in there.
ああ、実をいうとあるよ。エドナおばさんのに3人入ったよ。

Susie: Well I was thinking it would be kind of sexy if you wore mine tonight, at dinner.
今夜の食事中、あなたが私の下着をつけてたらセクシーだろうなと思って。

Chandler: You want me to wear your panties?
君のパンティーをつけるの?

Susie: Could you?
できる?

Chandler: Well, if I was wearing your underwear then, uh, what would you be wearing?. . . You're swell!!
俺が君の下着をつけたら、君はどうするんだ? . . .君は最高だ!!

《ロスの部屋:ロスとジョーイ》

Ross: Oh and check it out, I made Marcel's favorite dish, bananacake.
そうだ、これ見てよ、マルセルの好きなバナナケーキだ!

Joey: Oooh.
おおお!

Ross: With mealworms.
ミルワーム入りだよ。

(ミルワームはイモ虫)

Joey: Ahhh, candles. What do you thinks gonna happen here tonight?
あああ。…キャンドルか。今夜ここで何が起きるんだ?

(電話が鳴る)
Ross: Hello. Oh hi, are you on your way ove-. Oh. No, no, I understand, I mean, a monkey's gotta work. No it, it's no big deal, it' not like I had anything special planned. Yeah OK, OK. OK, bye.
もしもし、あぁ! ここに向かってるところですか……いやいや、わかりますよ。彼には仕事がありますからね。…いえ、大したことじゃないですよ。特別なプランを立てていたわけじゃありませんから。…ええ、わかりました、それじゃ。(電話を切る)

《モニカ達の部屋》

Phoebe: OK, Rachel, why don't you start talking first.
はい、レイチェル、あなたから話して。

Rachel: Alright, I feel that this is totally unjustified. . . She gave me the green light, I did nothing but-. . . Do you think I can't see you in the TV set?
いいわ。 こんなの、全然間違ってるわよ。いいって言ったくせに。私は何も……(テレビ画面に映っているモニカがレイチェルのマネをしているのを見て) 見えないと思ってるの? テレビに映ってるわよ!

Phoebe: Alright Monica, if there is something that you would like to share...
じゃあモニカ、何か言いたいことがあるなら…

Monica: You know, you had no right to go out with him.
あなたには、彼とデートする権利ないわよ。

Rachel: That is the most ridiculous.
バカバカしい。

Monica: You sold me out.
あなた私を裏切ったのよ。

Rachel: I did not sell you out.
裏切ってなんかないわよ。

Monica: Yes you did. Absolutely sold...
いいえ、裏切ったわ、間違いなく…

Rachel: Would you let me talk.
私が話してるのよ! (おでこパチン)

Monica: Did you just flick me?
今私にデコピンした?

Rachel: OK, well, you wouldn't let me finish and I was jus- …Ow. That hurt…
最後まで聞かないからよ、私は…(やり返され) イタ!痛いじゃない!

Monica: Quit flicking.
やめなさいよ!

Rachel: Ow, you stop flicking.
あなたこそやめてよ!

Monica: You flicked me first.
あなたが先にやったのよ!

Phoebe: Let's not do this! Happy thoughts, Happy thoughts…OK, now I'm gonna kick some ass.
やめましょうよ! ハッピーなこと考えて、ハッピーなこと…いいわよ、こうしてやる。(2人の耳をつかむ)

Monica & Rachel: Ow. Ow. Ow.
イタ! イタ! イタ!

Phoebe: Alright, now I will let go if you both stop.
いい? 2人ともやめたら離してあげるわよ。

Rachel: Oh, what do you, you want me to stop seeing him, is that what you want?
(モニカに) ああ、もう彼と会わなきゃいいわけ? それでいいの?

Monica: Uh-huh.
そうよ。

Rachel: You want me to just call him up and tell him that you're seeing him instead? That's what you want?
私が会うのはやめて、代わりにあなたと会うように彼に話せばいいのね? それでいいわけ?

Monica: OK.
いいわよ。

Rachel: Oh that's what you want.
ああ、それで気が済むのね。

Monica: Yes.
そうよ!

Rachel: Fine.
いいわよ!

Monica: Fine,
いいわよ。

Phoebe: There we go.You know what, if we were in prison, you guys would be, like, my bitches.
はい、よろしい。ねぇ、これが刑務所なら、2人とも私の手下よ。

《レストラン:ロス達男性3人とスージー、アシスタント》

Ross: Thanks for letting me tag along tonight you guys.
僕も呼んでくれてありがとう。

Joey: Forget about it.
気にするなって。

Susie: How you doing there squirmy?
(チャンドラーに)あれどうしてる?

Chandler: I'm hanging in. . . and a little out.
(スージーに)収まってる…ちょっと出てる。

Joey: So, assistant to the director. That's a really exciting job, I mean, you must have a ton of cool responsibilities.
(ADに)アシスタントディレクターなんて、楽しい仕事だろうね。すごく責任のある仕事もたくさん…

Director's assistant: I have nothing to do with casting.
私はキャスティングには関わってないから。

Joey: So what're you guys gonna eat?
君たち、何食べる?

(チャンドラーとスージー)
Susie: How come all I can think about is putting that ice in my mouth and licking you all over?
どうしてかしら、その氷を口に入れてあなたをなめ回すことしか考えられないわ。

Chandler: Because I went to an all boys high school and God is making up for it.
高校が男子校だったから、神様が埋め合わせしてくれるとか?

Susie: I want you right here, right now.
ここで今すぐあなたが欲しいわ。

Chandler: Right now, right here. Don't you think we're in kind of a public plaaaa. . . They do have the shrimp.
今すぐ、ここで。ここは公共の場だとは思わなひーーー(スージーがテーブルの下に手を出した。変な声をあげたのでみんなに注目されて) ここエビあるね。

Susie: Meet me in the bathroom.
トイレで待ってるわ。

Chandler: I'm going to the bathroom now.
(みんなに)いまからトイレに行くぞ。

《トイレ:チャンドラーとスージー》

Susie: come on.
来て。(個室に入る)

Susie: Alright mister, let's see those panties.
さぁ、パンティー見てみましょうか。

Chandler: Alrighty.
よぉし。

Susie: Ooh. Ooh. But you know what would be even sexier?
おお! でも、どうしたらもっとセクシーかわかる?

Chandler: What?
え?

Susie: If you didn't have your shirt tucked into them.
シャツを入れない方が。

Chandler: Oh.
ああ。

Susie: Alright. Now I would like to see you wearing nothing but them. Take your clothes off.
さぁ、今度は、それだけになったところを見たいわ。服を脱いで。

Chandler: OK, but I hope you realize this means we're gonna miss hearing about the specials.
でも今日のスペシャルについて聞きそこなうよ。

Susie: Come on hurry, hurry.
いいから早く。

Chandler: Hey, do you want this done quick, or do you want this done right?
早くしたいの、きっちりしたくない?

Susie: Alright, turn around. Time to see you from behind.
いいわ、向こう向いて。後ろから見たいわ。

Chandler: OK.
Ok。

Susie: Oh, somebody's been doing his buns of steel video.
あら、誰かさんはお尻を鍛えてるようね。(個室からこっそり出てきてチャンドラーの服を手にする)

Chandler: Well, you want me to uh, clench anything, or-... Susie? Susie.
ああ、引き締めたりなんかしてほしい? ……スージー? スージー?

Susie: This is for the fourth grade.
4年の時のお返しよ。

Chandler: Huh? Where, what do you mean?
え? なに? どういうこと?

Susie: Whaddo I mean. what do you mean, what do I mean? I mean underpants, mister, that's what I mean.
どういうことってどういうことよ? 下着のことよ! それが言いたいのよ!

Chandler: What, what's what you mean?
どういうこと?

Susie: My skirt, you lifted, kids laughing. I was Susie Underpants 'till I was 18.
私のスカート、あなたがめくって、みんなに笑われて、私は18になるまで、スージーパンツだったのよ!

Chandler: That was in the fourth grade. How could you still be upset about that?
4年の時の話だろ。そのことで今も怒ってるのか?

Susie: Well um, why don't you call me in 20 years and tell me if you're still upset about this.
じゃあ、20年位たって、このことでまだ怒ってたら電話ちょうだい。(服を持って立ち去る)

Chandler: Alright, I hope you realize you're not getting these underpants back.
わかったよ。この下着取り返せないって気づいてる?

《モニカとバン・ダム》

Monica: I can't believe this, just like 2 weeks ago I was watching Sudden Death, now I'm on a date with Jean-Claude Van Damme. Can you beat up that guy? …Can you beat up that guy?
信じられないわ。2週間前にはあなたを『サドンデス』で見てたのに、今こうしてジャン=クロード・バン・ダムとデートしてるなんて。あの人殴り飛ばせる? (彼がうなづく)…あの人殴り飛ばせる?

Van Damme: Sure.
ああ。

Monica: This is so wild. You know, I gotta admit, I was kinda surprised that you agreed to go on a blind date.
すごいわね。あなたがブラインド・デートに来てくれるなんて、正直いって驚いたわ。

Van Damme: Normally, I would not do it.
普段はしないけどね。

Monica: Well, what made you make the exception for me?
そう、どうして私のために特別に?

Van Damme: 'Cause Rachel told me you were dying to have a threesome with me and Drew Barrymore. By the way, Drew has some ground rules and...
君が、俺とドリュー・バリモアとで、どうしても3Pをしたいって言ってるって、レイチェルから聞いたからさ。ところで、ドリューにはルールがあって……(モニカは立ち止まる)

《モニカ達の部屋》

Monica: Say you're sorry.
ごめんなさいって言いなさい!

Rachel: No.
いやよ!

Monica: Say it.
言え!

Rachel: No.
いや!

Monica: Rachel, you say you're sorry or your sweater gets it.
(レイチェルのセーターを持って)レイチェル、ごめんなさいって言わないなら、このセーターにあやまってもらうわ。

Rachel: OK, OK, that is my favorite sweater, that is my third date sweater.
ちょっと、それお気に入りなのよ。それは3回目のデートに着るセーターよ。

Monica: Say you're sorry.
ごめんなさいって言いなさい。

Rachel: OK, you wanna play? OK, let's play, let's play.
そういうことをしたいっていうのね? いいわよ、しましょうよ。(トマトソースと、モニカのバッグを手にする)

Monica: What're you gonna do?
どうする気?

Rachel: You give me back my sweater or it's handbag marinara.
セーター返さないと、マリナラソースバッグになるわよ。

Monica: You don't have the guts.
そんなことする度胸ないくせに。

Rachel: Oh yeah. Well, at least I wasn't too chicken to tell some guy I thought he was cute.
あらそう? 少なくとも私は男にキュートだって言えるわよ。

(モニカはセーターから糸を引っ張り出し、レイチェルはソースをバッグに注ぐ)

Phoebe: Oh alright, stop, STOP THE MADNESS!! This is crazy. Who can even remember why this even started in the first place?
もういい、やめて! 狂気ストップ!! どうかしちゃってるわ。なんでケンカになったかさえ、もうわからないんじゃないの?

(モニカとレイチェルが一斉に原因をまくしたてる)

Phoebe: Yes that's right. But still, I. . . look at your purse, look at your sweater, look at yourselves.
あら、言えるのね。それにしても、そのバッグを見てよ。セーターを見て。自分たちを見てよ。

Monica: I'll help you fix your sweater.
セーター直すの手伝う。

Rachel: I'll help you throw out your purse.
私も手伝うわ…バッグ捨てるの…。

Monica: I'm sorry that I made you stop seeing him.
彼に会うのやめさせてごめん。

Rachel: Well, I'm sorry I went out with him when I knew you liked him.
あなたが好きだったのにデートしてごめん。

Monica: I'm sorry that I borrowed your gloves.
手袋借りててごめん。(ソース漬けになった手袋をバッグから取り出して見せる)

《レストランのトイレ》
(ジョーイが入ってきて口笛を吹く。それに応えてチャンドラーが口笛を吹き、またジョーイが続ける)

Chandler: Joey?
ジョーイ?

Joey: Ma?
おふくろ?

Chandler: Joey!
ジョーイ!

Joey: Chandler? What're you still doing here, I thought you guys took off.
チャンドラー? おまえここで何やってんの? おまえたちもう帰ったと思ってたよ。

Chandler: Oh, no no no, she took off with my clothes.
いや、違うんだ。彼女だけ帰ったんだよ、俺の服を持って!

Joey: Are you naked in there?
そこで裸なのか?

Chandler: Not exactly. . . I'm wearing panties.
全くの裸でもない。…女物のパンツ履いてるんだ。

Joey: Huh, you uh, you always wear panties?
はぁ、おまえいつも女物履いてるのか?

Chandler: No, no, this is the first time.
違うよ、初めてだよ。

Joey: Wow, talk about your bad luck, I mean, the first time you try panties and someone walks off with your clothes.
ワオ! 運の悪い奴だな。初めて履いてみた日に服を取られるなんてな。

Chandler: I was not trying them out, Susie asked me to wear them.
試してみたわけじゃない。スージーにつけろって言われたんだ。

Joey: Well, let me see.
よし、見せて。

Chandler: No. I'm not letting you or anybody else see, ever.
イヤだ。おまえにも誰にも見せないぞ。

Joey: Alright, alright. Woah, someone's flossing.
わかった、わかった。(隣の個室から覗く)ワオ! 磨いてるね。

(ロスが来て、覗いているジョーイに気づく)
Ross: Joey, some people don't like that.
ジョーイ。それ嫌がる人もいるよ。

Joey: Chandler's wearing panties.
チャンドラーが女物のパンツ履いてる。

Ross: What? Let me see.
何だって? 見せて。

Chandler: No, no, you don't have to see.
いやいや、見ることない。

Ross: Hi Tushy!
やぁ、お尻!

Chandler: Alright, one of you give me your underpants.
よし、どっちか、パンツくれ。

Joey: Can't help you, I'm not wearing any.
無理だね。履いてないもん。

Chandler: How can you not be wearing any underwear?
なんで履かずにいられるんだ?

Joey: Oh, I'm getting heat from the guy in the hot pink thong.
色っぽいピンクのTバックの男がいるから暑いんだよ。

Chandler: Alright look Ross I'll give you 50 dollars for your underpants.
よし、ロス、50ドル払うからパンツくれ。

(男性がトイレに入ってくる)
All: Hi.
 どうも。

(ロスとジョーイは席に戻り、チャンドラーは個室のドアで体を隠して帰る)

《セントラルパーク》

Chandler: Hey Pheebs, can I have the milk after you?
ねぇ、フィーブス、次ミルクくれる?

Phoebe: I'm almost done with it, keep your panties on.
すぐ済むから、パンツ脱がないでね。

(ジョーイが来る)
Joey: Hey, hey, and I'm in the movie.
おいおい! 映画に出るぞ!

Ross: What happened?
どうしたんだ?!

Joey: One of the virus victims called in sick, so Cathy recommended me and boom, I'm dying on the gurney. Oh Ross, Marcel just finished his last scene if you want to go down there and say goodbye.
犠牲者の一人が病気でこられなくなって、キャシーが俺を推薦してくれたんだ。死にそうで担架で運ばれていくんだ。あ、ロス、マルセルは今日シーンを撮り終わるから、行ってあいさつしてきたら。

Ross: Ah, oh that's OK, I mean, he's probably got, you know, parties to go to and stuff. But, you know, he's moved on. Hey, that, that's the way it goes, right?
ああ、いや、いいよ。パーティとかあるかもしれないし。やつは先へ進んでるんだ。そういうもんだろ、ね?

Phoebe: Oh my God.
(窓の外にマルセルがいるので)オーマイゴッド…。

Ross: What?
なに?


(マルセルと過ごすロス。みんなで、リムジンで去るマルセルを見送る。)

《みんなで通りを歩いている》

Phoebe: You know, I think I want to write a song about all this.
今回のことを歌にしたいと思ってるの。

Rachel: Oh yeah?
そうなの?

Phoebe: Yeah. Oh, except one of the strings on my guitar is broken. Hey, Chandler, can I borrow your G-string?
ええ。でも、ギターの弦が一本切れてるの。ねぇ、チャンドラー、Tバックのヒモ貸してくれない?

Chandler: How long you been waiting to say that?
それいつから考えてたネタ?

Phoebe: About 20 minutes.
20分くらい前かな。

《ジョーイの映画シーン》

Van Damme: Can't you see what's going on here, this man is dying.
わからないのか? この男は死にかけてるんだぞ!

Joey: Aaaaagggghhhhh.
あああぁぁぁ!

Director: Cut.
カット!

Van Damme: Can't you see what's going on here, this man is dying.
わからないのか? この男は死にかけてるんだぞ!

Joey: Aaaaagggghhhhh.
あああぁぁぁ!

Director: Cut.
カット!

Van Damme: Can't you see what's going on here, this man is dying.
わからないのか? この男は死にかけてるんだぞ!

Joey: Aaaaagggghhhhh. Mommy
あああぁぁぁ! ママ!

Van Damme: Can't you see what's going on here, this man is dead.
わからないのか? この男は死んだんだぞ!


にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村


英語 ブログランキングへ
posted by らんち at 00:51| Comment(0) | Season2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。