2013年06月21日

2-18 The One Where Dr. Ramoray Dies

2-18 ドクター・ラモーレが死んでしまう話

 ☆初めてのケンカ☆

《モニカ達の部屋:「愛の病院日誌」を見ている》

"Amber": Oh, Drake.
 ああ、ドレイク。

"Dr. Ramoray": I'm sorry, Amber. It's just like Brad to have to have the last word.
 残念だよ、アンバー。ブラッドは助からない。

(ロスが来る)
Ross: I'm sorry I'm late, what happened?
 遅れてごめん。どうなった?

Monica: We just wanna see the end.
 もうすぐ終わるわよ。

"Amber": I want you, Drake.
 あなたが欲しいわ、ドレイク。

"Dr. Ramoray": I know you do but you and I can never be together that way.
 わかるよ。でも、君と僕は一緒になれない。

"Amber": What?
 なんですって?

"Dr. Ramoray": There's something I never told you, Amber. I'm actually your half- brother.
 君に言ってないことがあるんだ、アンバー。実は君と僕は異母兄妹なんだ。

(ドラマ終わり)
Rachel: So what happens next?
 それでこの後どうなるの?

Joey: Well, I get the medical award for separating the siamese twins. Then Amber and I go to Venezuela to meet our other half-brother, Ramon. And that's where I find the world's biggest emerald. It's really big but it's cursed.
 シャム双生児を分離させる手術でメディカル・アワードを受賞するだろ、それからアンバーと俺はベネズエラに行って、もう一人の異母兄弟のラモンに会う。そして、世界一のエメラルドを見つける。これがすごいデカくて、そして、のろわれてるんだ。
 
Chandler: God! That is good TV.
 おお! いい番組だ。

《チャンドラー達の部屋》

Chandler: Pheebs, play with me!
 フィーブス、ゲームしようよー!

Phoebe: No. This game is grotesque. Twenty armless guys joined at the waist by a steel bar, forced to play soccer forever. Ahh, hello, human-rights violation.
 いやよ。このゲームはグロテスクだもん。20人の腕のない選手が鉄の棒に腰でつながれて、一生サッカーさせられるのよ。人権はどうなってるの?

Chandler: You know Pheebs, don't feel so bad for them. After they're done playing, I break out the little plastic women and everybody has a pretty good time.
 でもフィーブス、気にしなくていいんだよ。遊んだ後、みんな小さなプラスチックの女の子達と楽しんでいるんだから。

Phoebe: Why don't you play with your roommate?
 ルームメイトと遊んだら?

Chandler: Ah he's. . . he's not a big fan of foosball.
 ああ、やつは・・やつはフーズボールが好きじゃないんだ。

Phoebe: Uh oh, ooh, are we not getting along with the new boy?
 あら? 新しい人とうまくいってないの?

Chandler: No he's, he's alright, just uh, he spends most of his time in his room.
 いや、問題ないけど、ただ、彼は部屋で一人で過ごすことが多いだけだよ。

Phoebe: Maybe that's because you haven't taken the time to get to know him. Let's remedy that, shall we?
 時間をとってわかりあおうとしてないからじゃないの? なんとかしましょうよ。

Chandler: We don't need to remedy that.
 そんなことする必要ないよ。

Phoebe: Oh yeah, it'll be fun.
 するのよ、楽しいわよ。(ボールをドアに当てる)

Eddie: What was that?
 いまの何?

Phoebe: Hi, I just thought that it would be fun if the three of us had some beers and got to know each other.
 ハーイ! 3人でビールでも飲みながら話したらどうかと思って。

Eddie: Yeah, alright, that sounds alright.
 ああ、いいよ。

Phoebe: Oh good, ok. Oh nooo, I have to go because I'm late for my um, Green Eggs and Ham discussion group. Um tonight it's why he would not eat them on a train. Have fun, bye.
 よかった。あ、いけない。私行かなきゃ。グリーン・エッグ&ハムのディスカッションに遅れちゃうわ。今夜は、なぜ彼は電車で食べないか話し合うの。楽しんで。じゃあね。

Chandler: That was so lame.
 ほんとしらじらしいよ。

Phoebe: I know, yeah. Ok, talk to him.
 ほんとね。じゃ、彼と話しなさいね。(出て行く)

Chandler: So, you uh, you think that Speed Racer guy gets a lot of tickets, er?
 それで・・マッハGoGoGoの奴はスピード違反でつかまってると思う?

《チャンドラー達:時間経過》

Eddie: That's good, that's good. So, so, so who broke up with who?
 それはいいね、それはいい。それで、誰と別れたって?

Chandler: What're you kidding? I broke up with her. She actually thought that Sean Penn was the capital of Cambodia.
 冗談だろ? 彼女と別れたさ。彼女、ショーン・ペンがカンボジアの首都だと思ってたんだぞ。

Eddie: That's good man, when everybody knows that the uh, the capital of Cambodia is uh...
 おもしろいね、決まってるよな、カンボジアの首都と言えば・・・

Chandler: Well, it's not Sean Penn.
 ・・ショーン・ペンじゃないよな。

Eddie: Not Sean Penn. Alright, I, I've got a funny one, alright. My last girlfriend Tilly. Ok, we're eating breakfast, right, and I made all these pancakes, there was like 50 pancakes, right. And all of the sudden she turns to me, alright, and she says, 'Eddie.' I say, 'yeah,' she says, 'Eddie, I don't want to see you anymore.' And it was literally like she had reached into my chest, ripped out my heart, and smeared it all over my life, ya know. And now there's like this incredible abyss, ya know, and I'm falling and I keep falling and I don't think I'm ever gonna stop. [finishes laughing] That uh, wasn't such a funny story, was it?
 ショーン・ペンじゃない。俺もおもしろい話があるよ。前のガールフレンドはティリーっていうんだけど、2人で朝食を食べてたんだよ。俺が50個くらいパンケーキを作ってね。突然彼女が俺を見て言った、「エディ」、俺が「ああ」って言って、彼女が「エディ、もう会いたくない」って。まるで胸に手をつっこんで心臓を引っ張りだしてそこらじゅうにぬりたくったみたいな感じで、それで俺はもう底なしの闇に落ちていくようで、いつまでも落ち続けて、終わらないんだ。(笑ってから)そんな面白い話じゃなかったよな。

《セントラルパーク:フィービーが歌っている》

Phoebe: And a crusty old man said I'll do what I can and the rest of the rats played maracas. That's it, thanks, good night.
 (歌)そしてみすぼらしいおじいさんは、できることをやるって言って、ほかのネズミ達はマラカスを振ってたよ。(終わり)以上です、ありがとう。おやすみ。

Richard: Phoebe's got another job, right?
 (モニカに)フィービーって他に仕事あるんだよね?

Rachel: Great set tonight, Pheebs.
 よかったわよ、フィーブス。

Phoebe: I know.
 わかってるわよ。

Ross: Well, we should probably get going.
 さぁ、もう行かないと。

Richard: Um, we should go too, I got patients at 8 in the morning.
 僕らも行かないと。明日の朝8時に患者が来るんだ。

Monica: You know, I was thinking. You know, how we always stay at your apartment? Well, I thought maybe tonight we'd stay at my place.
 ねぇ、考えたんだけど、私達いつもあなたの部屋で過ごすじゃない? 今夜は私の部屋に泊まったら?

Richard: I don't know, I don't have my jammies.
 どうかな。パジャマ持ってないし。

Monica: Well, maybe you don't need them.
 パジャマなんていらないかもよ。

Ross: My baby sister, ladies and gentlemen.
 これが僕の妹だ、みなさん。

Monica: Shut up, I'm happy.
 黙ってて。私は幸せなんだから。

Phoebe: Oh, this is so nice. Alright, I have to make a speech. I just wanna say that of all the guys that Monica has been with, and that is a lot, I like you the best.
 本当にいい感じね。一言言わせて。モニカはこれまで、たっくさんの人とつきあってきたけど、私あなたが一番好きよ。

Richard: Oh, thank you, Pheebs. That's very sweet.
 おお、ありがとう、フィーブス。優しいね。

Phoebe: Ok.
 ええ。

Richard: Hear that? She likes me best, and apparently there've been a lot.
 聞いた? 彼女僕が一番だって。たくさんいたんだって。

Monica: Not a lot, Phoebe's kidding, Phoebe's crazy.
 たくさんじゃないわよ。フィービーはふざけてるのよ。フィービーはおかしいのよ。

Rachel: Phoebe's dead.
 フィービーは終わったわね。

《チャンドラー達の部屋:ノックに応えるチャンドラー》

Tilly: Hi.
 どうも。

Chandler: Hi.
 ハーイ。

Tilly: I'm looking for Eddie Minowick.
 エディ・ミノウィックはこちらですか?

Chandler: Oh, uh, he's not here right now, uh, I'm Chandler, can I take a message, or, or a fish tank?
 ああ、彼は今留守なんだ。僕はチャンドラー。メッセージ預かりましょうか? それと水槽も?

Tilly: Thanks.
 ありがとう。

Chandler: Oh, oh, come on in.
 ああ、入って。

Tilly: I'm Tilly.
 私はティリー。

Chandler: Oh.
 おお。

Tilly: I gather by that "oh" that he told you about me.
 「おお」ってことは、私について聞いたのね?

Chandler: Oh yeah, your uh, name came up in a uh, conversation that terrified me to my very soul.
 ああ、あなたの名前出てきましたけど、その話で僕はもう、魂までビビりましたよ。

Tilly: He's kind of intense, huh?
 彼って強烈って感じでしょ?

Chandler: Yes. Hey, can I ask you, is Eddie a little...
 そう。ねぇ、聞いていいかな、エディってちょっと・・

Eddie: A little what?
 (突然ドアの向こうに現れ)ちょっと何?

Chandler: Bit country? Come on in here you roomie.
 ちょっと素朴? 入って、ルーミー!

Eddie: Hello, Tilly.
 やぁ、ティリー。

Tilly: Eddie, I just came by to drop off your tank.
 エディ、あなたの水槽を持ってきたのよ。

Eddie: That's very thoughtful of you. It's very thoughtful.
 それは親切なことだね。本当に親切だね。

Tilly: Well, ok then. I'm gonna go. Bye.
 それじゃ、もう行くわね。さよなら。

Eddie: Bye-bye.
 バイバイ。

Chandler: Bye.
 バイ。

Chandler: So, we getting a fish?
 俺たち金魚飼うの?

Eddie: You had sex with her didn't you?
 彼女と寝ただろ?

《セントラルパーク:フィービーがいるところにジョーイが走ってくる》

Joey: Pheebs, check it out, check it out, check it out, check it out.
 フィーブス、これ見て! これ見て! これ見て! これ見て!!

Phoebe: Oh, ooh, Soap Opera Digest, oh that's one of my favorite digests.
 おお! ソープオベラ・ダイジェスト! 私のお気に入りのダイジェストだわ!

Joey: Page 42, page 42, page 42.
 42ページ、42ページ、42ページ!

Phoebe: Ok, ok, ok. Ooh, hey 'New doc on the block, Days of Our Lives' Joey Tribbiani.' Ooh, cool picture.
 わかった、わかったわ。おおぉぉ、「新しいドクター『愛の病院日誌』のジョーイ・トリビアーニ」。わぁ、素敵な写真ね。

Joey: Ooh, I look good.
 おお。俺ハンサム。

Phoebe: Hey is this true, that you write a lot of your own lines?
 ねぇ、これ本当? あなたのセリフあなたが書いてるって?

Joey: Well, kind of, yeah. Like, remember last week when Alex was in the accident? Well the line in the script was, 'If we don't get this woman to a hospital, she's going to die.' But I made it, ' If this woman doesn't get to a hospital, she's not gonna live.'
 いやそんな感じかな。先週のアレックスが事故に会った時覚えてる? 台本には「この女性を病院へ運ばないと、彼女は死んでしまう」だったんだけど、俺は「この女性を病院へ運ばないと、彼女は生きられない」にしたんだ。

Phoebe: Oh, ok, I see what you did there. Aren't you afraid though, that the writers are gonna be kinda mad when they read this?
 ああ、なるほどね。でも、台本書いた人がこれを読んだら怒るんじゃないかって思わない?

Joey: Huh? Never really thought about the writers. The scripts just kinda come to my house. But you know what? This makes me look good, which makes the show look good, which makes the writers look good, so how could they be mad about that?
 え? ライターのことは考えなかったよ。台本は家に届くから。でもさ、これで俺がよく見えて、そうすると番組もよく見えて、するとライターもよく見えるだろ。怒ることないんじゃないか?

《ライター》

Writer: Makes up most of his lines. Son-of-a-. Yeah, well, write this, jerk-weed.
 ほとんどのセリフを書いてるだって? このクソ・・よし、書いてやる。この野郎め。

《家で台本を読むジョーイ》

Joey: I fall down an elevator shaft? What the hell does this mean, I fall down an elevator shaft?
 エレベーターシャフトに落ちる? これどういうことだよ? 俺がエレベーターシャフトに落ちる?

Delivery Guy: Uhh, I don't know, I just bring the scripts.
 あー、わからないよ。台本を持ってきただけだから。

Joey: They can't kill me, I'm Francesca's long-lost son.
 殺すなんてありえないよ。フランセスカとやっと会えた息子なのに。

Delivery Guy: Right. Could you sign this?
 そう。サインもらえる?

Joey: No. No way, I'm not signing that.
 とんでもない。こんなのサインしない。

Delivery Guy: I don't think that's gonna affect the plot of the show.
 サインしなくても、シナリオに変化はないと思うよ。

Joey: How can they do this to me?
 なんでこんなことできるんだ?

Delivery Guy: All right, I'm just gonna go. Sorry.
 じゃあ、もう行くよ。残念だったね。

《モニカ達の部屋:2カップルが戻ってくる》

Monica: Well, it wasn't that many guys. I mean, if you consider how many guys there actually are, it's a very small percentage.
 そんな大勢の人じゃないわよ。だって、全男性から比べたら小さなパーセンテージよ。

Richard: Hey, it's not that big a deal, I was just curious.
 別にたいしたことじゃないよ。ただちょっとした好奇心さ。

Ross: Good night.
 おやすみ。

Rachel: Night Richard. Good luck, Mon.
 おやすみ、リチャード、がんばって、モン。

Monica: Alright, before I tell you, uh, why don't you tell me how many women you've been with.
 いいわ。私が言う前に、あなたが何人の女性とつきあったか教えて。

Richard: Two.
 2人。

Monica: Two? Two? How is that possible? I mean, have you seen you?
 2人? 2人? ありえないでしょ? 自分を見たことないの?

Richard: Well, I mean, what can I say? I, I was married to Barbara for 30 years. She was my high school sweetheart, now you, that's two.
 いや、なんと言えばいい? バーバラと30年結婚してただろ、彼女は高校の時の恋人だ。そして今、君。これで2人だ。

Monica: Two it is. Ok, time for bed, I'm gonna go brush my teeth.
 ほんと2人ね。さぁ、寝る時間ね。歯を磨いてくるわ。

Richard: Woah, woah, no wait a minute now. Come on it's your turn. Oh come on. You know, I don't need the actual number, just a ballpark.
 おいおい。ちょっと待って。君の番だよ。ほら。はっきりした数字じゃなくても、だいたいでいいよ。

(ballpark = 概算(野球場のおおまかな入場者数から))

Monica: Ok, it is definitely less than a ballpark.
 野球場に入るほどの人数じゃないことは確かよ。

《レイチェルとロス》

Rachel: Wow, I am so glad I'm not Monica right now.
 ワオ。モニカじゃなくてよかった。

Ross: Tell me about it. So what, what's your magic number?
 ほんとだよ。それで、君のマジックナンバーは?

Rachel: Uhhhooo.
 おおぉ。

Ross: Come on, you know everyone I've been with. All, both of them.
 いいじゃないか。君は僕がつきあった全員知ってるだろ。2人全員。

Rachel: Well, there's you.
 そうね。まず、あなたでしょ。

Ross: Better not be doing these in order.
 順番通りにいかないんだね。

Rachel: Ok, uh, Billy Dreskin, Pete Carney, Barry, and uh, oh, Paolo.
 わかったわ。ビリー・ドレスキンでしょ、ピート・カーニー、バリーでしょ。それから、パウロね。

Ross: Oh yes, the weenie from Turinie.
 ああ、あのイタリア野郎ね。

Rachel: Oh honey, are you jealous of Paolo? Oh, come on, I'm so much happier with you than I ever was with him.
 まぁあなたったら、パウロにヤキモチ? 彼と一緒だった時よりいまはずっと幸せよ。

Ross: Really?
 ほんと?

Rachel: Oh please. That Paolo thing was barely a relationship. All it really was just, you know, meaningless animal sex. Ok, you know, that sounded soooo much better in my head.
 もちろんよ。パウロとは関係というほどのこともなかったわ。ただの意味もない獣のようなセックスだけよ。ちょっと待って。今のはすごくよく聞こえちゃったわよね。

《ジョーイ達の部屋》

Chandler: Eddie, I didn't sleep with your ex-girlfriend.
 エディ、君の元彼女と寝たりなんかしてないよ。

Eddie: That's very interesting, you know, 'cause that's exactly what someone who slept with her would say.
 とても興味深いね。だって、彼女と寝たやつはまさしく、そう言うに違いないよね。

Chandler: This is nuts. This is crazy. She came over for like two minutes, dropped off a fish tank, and left, end of story.
 そんなバカな。おかしいよ。彼女がいた時間は2分ってところだ。水槽を持ってきて、そして帰った、それだけだ。

Eddie: Where's Buddy?
 バディはどこだ?

Chandler: Buddy?
 バディ?

Eddie: My fish, Buddy.
 俺の金魚のバディだよ。

Chandler: There was no fish when she dropped it off.
 彼女が持ってきた水槽に金魚はいなかったぞ。

Eddie: Oh, this is, this is unbelievable. I mean, first you sleep with my ex-girlfriend then you insult my intelligence by lying about it and then you kill my fish? My Buddy?
 ああもう信じられない! 元彼女と寝ておいて、そしてウソをついて俺をバカにして、そして今度は俺の金魚を殺した?! 俺のバディを?

Chandler: Hey I didn't kill your fish. Look Eddie... Would you look at what I'm doing here. That can't be smart. So we're just gonna take this guy right off ya and put him here in Mr. Pocket. Tangelo?
 おい、君の金魚なんて殺してない。聞いて、エディ(肩に手を置いて)これ見た? これはよくないよね。この手は君から離して、そいてポケット君の中に入れておこう。。。タンジェロ?(投げるが無視される)

《モニカのベッドルーム》

Richard: That's it? That's the giant number you were afraid to tell me?
 それだけ? それが言いたくなかった数字?

Monica: Well, yeah.
 ええ、そうよ。

Richard: Well, that's not bad at all. I mean, you had me thinking it was like a fleet.
 それは全然なんともないよ。だって、もう一艦隊ぐらいの数字かと思ったよ。

Monica: You really ok with it?
 本当にオーケー?

Richard: Oh honey, I'm fine.
 ああ、大丈夫だよ。

Monica: Oh, yay. Ok, about that two.
 わーい。・・・それで、「2人」だけど。

Richard: What? Alright, what about my two?
 なに? 2人がどうかした?

Monica: Well, it just seems like a really small number.
 それはとっても小さい数字よね。

Richard: Right, and…?
 うん、それで・・?

Monica: And, well, don't you have a lot of wild oats to sow? Or is that what you're doing with me? Oh my God! Am I an oat?
 派手に遊んだりしないの? それとも、今私と遊んでるってことなの? まぁ! 遊びなの?

(sow one's oats = 思い切ったことをやる
 (結婚前にたくさん)異性と遊ぶ)


Richard: Honey, you are not an oat. I mean I don't know, I guess I'm just not an oat guy. I've only slept with women I've been in love with.
 とんでもないよ。わからないけど、ただ僕はそうやって遊ぶやつじゃないんだよ。愛した女性としか寝てないってことだよ。

Monica: But you've only slept with two people.
 でもあなた2人としか寝てないって。

Richard: Right.
 そうだな。

Monica: Wow. Oh, wow. You know I love you too, right?
 ワオ。ああ、ワオ。私も愛してるって知ってるわよね?

Richard: Now I do.
 今知ったよ。

《レイチェルのベッドルーム》

Rachel: Ross, Ross, please listen to me. Ross, you are so much better for me than Paolo ever was. I mean, you care about me, you're loving, you make me laugh.
 ロス、ロス! 聞いて。ロス、あなたはパウロよりずっといいわ。あなたは私を大切にしてくれるし、愛してくれるし、笑わせてくれるし。

Ross: Oh, hey, if I make you laugh, here's an idea, why don't you invite Paulo over and have a little romp in the sack and I'll just stand in the corner and tell knock-knock jokes.
 ああ、僕はおもしろいんだね。じゃあパウロを呼んでセックスして僕は隅っこでノックのジョークを言ってたらいいんじゃないの。

Rachel: God, Ross, look, what you and I have is special, all Paolo and I ever had was...
 もう、ロスったら。聞いて。あなたと私は特別よ。パウロとの間にあったのはただ・・

Ross: Animal sex, animal sex? So what're you saying, I mean, you're saying that like, there's nothing between us animal at all? I mean, there's not even like, a little animal? Not even, not even like, like chipmunk sex?
 獣のようなセックス? じゃあ、僕らの間には全然獣みたいなセックスはなかった? 小さい動物でさえない? リスほども?

Rachel: Ok, Ross, try to hear me. Ok, I, hey, I'm not gonna lie to you. Ok, it was good with Paolo.
 ロス、聞いて。あなたにウソはつかないわ。パウロとは確かによかった。

Ross: Knock-knock.
 コン・コン。

Rachel: But, what you and I have is so much better. Ok, we have tenderness, we have intimacy, we connect. You know, I swear, this is the best I have ever had.
 でもあなたと私とは、ずっといいわ。私達の間には思いやりがあって、親密になれて、心がつながってるわ。ね、本当に、今までで一番よ。

Ross: Until now.
 今まででね。

《モニカ達の部屋》
Rachel: Oh, hi.
 (バスルームで)ああ、ハーイ。

Monica: Hi. Richard just told me he loves me.
 ね、リチャードが愛してるって言ってくれたわ。

Rachel: Oh my God, honey that's great.
 わぁ! すごいじゃない!

Monica: I know. I just can't find...
 そうなの。それでいま見つからなくて・・

Rachel: Oh they're in the top drawer. Hurry.
 一番上の引き出しよ。急いで。

Monica: You need one too?
 あなたもいる?

Rachel: Ooooh yeah.
 ええもちろん。

Monica: There's only one.
 ひとつしかないわ。

Richard: Monica.
 モニカ!

Monica: Hi. Uh, we'll be right there, we're just trying to decide something.
 ハーイ、すぐ行くわ。私達ちょっと相談してるの。

Ross: Rachel. . . Hey.
 レイチェル! (リチャードに気づき)やぁ。

Richard: Hey. They're just trying to decide something.
 やぁ。彼女たち、なんか相談してるんだって。

Ross: Good, good, good. So, is uh, was your mustache, did, used to be different?
 よかった。よかった。・・・それで、そのヒゲだけど、前と変わった?

Richard: No.
 いいや。

Ross: Oh. How do you uh, you know, keep it so neat?
 ああ。・・・それで、どうやってそんなきれいにしてるの?

Richard: I have a little comb.
 小さいクシがあるんだ。

Ross: Oh. And what do you call that?
 ああ。・・・それなんていうクシ?

Richard: A mustache comb.
 ヒゲ用クシ。

Rachel: Ok, I, I will do your laundry for one month.
 (バスルーム)いいわ、じゃあ私、あなたのお洗濯を一ヶ月やるわ。

Monica: No.
 ダメ。

Rachel: Ok, ok, ok, I will, I will, hey, I will clean the apartment for two months.
 わかったわかった。じゃあ私、部屋の掃除を2ヶ月する。

Monica: Alright, I tell you what, I'll give this to you now if you can tell me where we keep the dustpan.
 そう。じゃあ、ちりとりの場所を言えたらいますぐあげるわよ。

Rachel: Agghhh.
 うー!

Ross: So were you in Nam?
 (リチャードに)ベトナム行った?

Rachel: Rock-paper-scissors?
 (バスルーム)じゃんけん?

Monica: Yeah.
 そうね。

Rachel and Monica: One two three.
 1・2・3。

Rachel: Yeesss.
 (勝つ)よーし!

Monica: Fine, go have sex.
 いいわよ。行ってセックスして。

(バスルームを出るとロスとリチャードが話し中)
Richard: No. You have got it completely wrong. John Savage was The Deer-Hunter, no legs, Jon Voight was Coming Home, couldn't feel his legs.
 違うよ。君は完全に間違えている。ジョン・サヴェージは『ディア・ハンター』で足がない役で、ジョン・ボイトは『帰郷』で足の感覚がない役だ。

(リチャードの話は正しいようです)

Ross: No, no way. You've got it totally the other way around, my friend. Jon Voight was...
 全然違うよ。まったくその逆だよ、ジョン・ボイトは・・

Rachel: Honey.
 あーなたっ♪

Ross: What, what oh....
 え? ああ・・

Richard: Shall we?
 (モニカに)行こうか?

Monica: It's not gonna happen. They're doing it tonight, we can do it tomorrow.
 今日はなし。あの子たちが今日して、私達は明日よ。

Richard: Uh, in the future, if I could see the schedule beforehand...
 ああ・・今度からは前もってスケジュール教えてくれる?

《モニカ達の部屋:チャンドラーが話している》

Chandler: So, when I woke up this morning, he'd stolen all the insoles out of my shoes.
 それで、今朝起きてみたら、やつは俺の靴の中敷きを盗ってってたんだ。

Monica: Why?
 なんで?

Chandler: Because he thinks I slept with his ex-girlfriend and killed his fish.
 元彼女と寝て金魚を殺したと思ってるからだよ。

Phoebe: Why would you kill his fish?
 なんで金魚殺すの?

Chandler: Because sometimes, Phoebe, after you sleep with someone, you have to kill a fish.
 だって、フィービー、誰かと寝たら、金魚殺さないとダメでしょ。

Rachel: Chandler honey, I'm sorry. Ok, can we watch Joey's show now, please?
 チャンドラー、かわいそうに。ジョーイの番組見ましょうよ。

Ross: Yeah.
 そうだね。

Monica: Wait, he's not here yet.
 待って、まだ彼来てないわよ。

Rachel: So, he's on the show, he knows what happens.
 彼は出演してるんだから知ってるわよ。

Ross: Yeah.
 そうだよ。

Monica: Alright.
 そうね。

Chandler: Oh, I'm fine about my problem now, by the way.
 ところで、俺はもう大丈夫だよ。

Rachel: Oh good.
 ああ、よかった。

"Dr. Ramoray": Amber, I want you to know that I'll always be there for you, as a friend and as your brother.
 アンバー、いつでもそばにいるよ。友達として、兄として。

"Amber": Oh, Drake.
 ああ、ドレイク。

"Dr. Horton": Hard day, huh? First the medical award, this.
 大変な日だったな。メディカル・アワードとか。

"Dr. Ramoray": Some guys are just lucky, I guess.
 ラッキーなやつもいるってことさ。

"Intercom": Dr. Ramoray, report to first floor emergency stat.
 ドクター・ラモーレ。直ちに一階へお越し下さい。

"Dr. Ramoray": Well then, uh, I uhh, guess that's me. Anyone else need to go on the elevator? Dr. Horton, Dr. Wong?
 ああ・・それじゃ、行かないとね。他にエレベータに乗る人いない? ドクター・ホートン、ドクター・ワン?

"Dr. Horton": No, no, they only said you.
 いや、呼ばれたのは君だけだよ。

"Dr. Ramoray": Oh, ok. Alright.
 ああ、わかったよ。

"Amber": I love you, Drake.
 愛してるわ、ドレイク。

"Dr. Ramoray": Yeah, whatever. Oh no.
 ああ、そうかい。ああ!

"Amber": Drake, look out.
 ドレイク! 危ない!

"Dr. Ramoray": Ahhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhh.
 わぁあああ!!(エレベーターシャフトに落ちる)

Monica: Did they just kill off Joey?
 ジョーイ殺されちゃったの?

Ross: No. .. Now maybe.
 まさか。そうかも。

《ジョーイの部屋:ノックの音と呼ぶ声》

Ross: Come on.
 ジョーイったら!

Rachel: Joey.
 ジョーイ!

Ross: Open up. We want to talk to you.
 開けろよ。話したいんだ。

Joey: I don't feel like talking.
 話したい気分じゃないよ。

Rachel: Oh come on Joey, we care about you.
 そんなこと言わないでジョーイ。気になるわ。

Chandler: We're worried about you.
 心配なんだよ。

Monica: And some of us really have to pee!
 それにオシッコしたい人もいるのよ!

(ジョーイがドアを開ける)
Monica: Sorry, Joey!
 ごめんね、ジョーイ(トイレに行く)

Joey: Hey.
 やぁ。

Phoebe: Listen, sorry about your death, that really sucks.
 ねぇ、死んじゃって残念だわ。ほんとに最悪だわ。

Chandler: We came over as soon as we saw.
 見てすぐ来たんだよ。

Ross: How could you not tell us?
 なんで言わなかったんだ?

Joey: I don't know, I was kinda hoping no one would ever find out.
 だって・・誰にもわからないといいなと思って・・。

Rachel: Well, maybe they can find a way to bring you back.
 もしかしたら、あなたを復活させるかも。

Joey: Naa, they said that when they found my body, my brain was so smashed in that the only doctor that could have saved me was me. Supposed to be some kind of irony or something.
 いや、俺の死体は脳がつぶれていて、助けられるのは俺だけなんだ。人生の皮肉ってやつかな。

Phoebe: But Joey, you're gonna be fine. You don't need that show, it was just a dumb soap opera.
 でもジョーイ、あなたは大丈夫よ。あなたにあんな番組必要ないわよ。あんなメロドラマなんて。

Joey: Phoebe, this was the greatest thing that ever happened to me.
 フィービー。これは俺にとって最高の仕事だったんだ。

Phoebe: Yes, I was going to incorporate that. Oh, good, here's Monica, she'll have something nice to say.
 その通りね。私はそれを言うところだったのよ。ああ、よかった。モニカが来たわ。何かいいことを言ってくれるわよ。

Monica: Um, I straightened out your shower curtain so you won't get mildew. What? To me that's nice.
 あー・・シャワーカーテン、カビが生えないように引き延ばしておいたわよ・・なによ? 私にとってこれはいいことよ。

Chandler: It's gonna be ok. You know that?
 きっとうまくいくよ。わかってるだろ?

Joey: No, I don't. It's like, you know, you work your whole life for something and you think that when you get, it it's never gonna be as good as you thought it would be. But this so was. Ya know, it changed everything. Like the other day, I got this credit card application, and I was pre-approved. Huh? I've never been pre-approved for anything in my life.
 いいや、わかんないよ。ほら、何かずっと頑張ってきて、達成してみたら大したことじゃなかってことがあるだろう。でもこれはそうじゃなかった。これで全部変わったのに。この前なんか、クレジットカードで、仮承認されたんだ。仮承認なんて、生まれて初めてだったんだ。

Chandler: I'm sorry, man.
 残念だったよ。

Rachel: Yeah, Joey honey, I don't know if this'll mean anything to you but you'll always be pre-approved with us.
 そうね、ジョーイ。こんなこと言っても意味ないかもしれないけど、私達は認めてるわよ。

Joey: No, that means nothing to me.
 ああ、意味ないよ。

《チャンドラー達の部屋:突然エディが現れ驚くチャンドラー》

Chandler: Uhhhaahh.
 あああ!

Eddie: Pecan sandy, just made them.
 (お皿を差し出し)ピーカンサンデー。今作ったんだ。
imag.jpg

Chandler: Yeah, alright. What're these, raisins?
 ああ、そうなんだ。これは何? レーズン?

Eddie: Uh, sure, why not.
 ああ、そういうことにしておこう。

Chandler: Listen, Eddie, um, I've been thinking about our current living situation and uh, why are you smiling?
 (捨てて)聞いてくれ、エディ、今の状況について考えたんだけど・・何を笑ってる?

Eddie: I got a little surprise, look. There's a new fishie. I named him uh, Chandler, you know, after, after you.
 ビックリさせることがあるんだ。新しい金魚だよ。チャンドラーって名前にしたんだ。ほら、君の名前から。

Chandler: Well, that's not an, even a real fish. No, that's a goldfish cracker.
 でもこれ、ホンモノの魚じゃない。これは金魚クラッカーだ。

Eddie: What's your point, man?
 何が言いたいんだ?

Chandler: Ok, good night. ... You big freak of nature.
 いや。おやすみ(自分の部屋へ)イカレた野郎め。

《モニカ達の部屋》
(ロスとリチャードが女性達のバスローブ姿で出くわす)

Ross: Hey.
 ヘイ。

Richard: Hey.
 ヘイ。

Ross: Hey.
 ヘイ・・。

Richard: Oh, brisk tonight.
 今夜はちょっと冷えるね。

Ross: Oh, man.
 ほんとに。

Richard: Let's never speak of this.
 このことは忘れよう。

Ross: You got it.
 了解!
 


にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村


英語 ブログランキングへ
posted by らんち at 00:59| Comment(0) | Season2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月20日

2-17 The One Where Eddie Moves In

2-17 エディーが同居する話

 ☆新しいルームメイト☆

《ジョーイの部屋》

Joey: Huh? So what do you think? Casa de Joey. Huh? I decorated it myself.
 どう? どう思う? カサ・デ・ジョーイだ。自分で飾り付けしたんだ。

(Casa de ** = ** の家、建物、会社等)

Ross: Get out.
 本当?

All: No.
 ウソー。

Monica: Wow Joey, this is, uhh...
 ワオ。ジョーイ、これって・・

Joey: Art.
 アートだよ。

Monica: Art it is.
 アートよね。

Ross: Look, check this out. Is it a coffee table, is it a panther? There's no need to decide.
 見てこれ。コーヒーテーブルか、それともパンサーなのか? 追求しちゃいけないよね。

Rachel: Hey, nice pillow. So now tell me, is this genuine skin?
 ねぇ、素敵なクッションね。これってマペットのホンモノの毛皮?

Phoebe: Hey, excellent, excellent water-table thing.
 これすごいわね。すごいウォーターテーブルって感じ。

Joey: Thanks, yeah. I love this but you know what, it makes me wanna pee.
 ありがと。それ好きなんだけど、オシッコしたくなるんだよね。

Phoebe: Yeah, well, me too, yeah. I think that's the challenge.
 そうね。同感だわ。これって、挑戦よね。

Joey: Hey, how come, uhh, Chandler didn't come?
 なぁ、なんで・・チャンドラーは来ないの?

Ross: Well uh, it's cause he had a thing with, with the thing.
 うーん、それは彼、ちょっとあって。ほら、あれが。

Joey: Right, I go-, I got it.
 ああ、ああ、わかったよ。

Phoebe: So why don't ya show us the rest of your casa?
 それじゃあなたのカサをもっと見せてよ。

Joey: Yeah. Uh, oh, the best part, come on. . . Heh?
 ああ、一番すごいとこ見せるよ、来て。・・・(トイレで)ほら。

Rachel: Hey, nice toilet.
 まぁ、素敵なトイレね。

Joey: No no no, behind it.
 いやいや、その後ろを見て。

Ross: What, you have a phone in here?
 なんだ、ここに電話があるのか?

Joey: That's right, I have a phone in here.
 そうなんだよ。トイレに電話があるんだ。

Monica: Joey, promise me something.
 ジョーイ、約束して。

Joey: Yeah.
 なに。

Monica: Never call me from that phone.
 ここから電話しないでね。

《セントラルパーク》
(レイチェルがアップルパイを運んでいて、男性客のフードの中に落としてしまう)
Rachel: OK, here we go. Honey, I'm sorry, they were all out of apple pie, someone just got the last piece.
 (モニカに)はい、どうぞ、モニカ。ごめんね、アップルパイなくなっちゃったの。最後の一つを取られちゃった。

(フィービーが来る)
Phoebe: Oh my God, oh my God, oh my God, oh my God. You are not gonna believe this. I have just been discovered.
 オーマイゴッド! オーマイゴッド! オーマイゴッド! みんな、これ信じられないわよ。私、発見されたの!

Chandler: Now wait a minute, I claimed you in the name of France four years ago.
 ちょっと待て、俺は4年前に発見してフランスの権利を主張しているぞ。

Phoebe: Anyway, OK, now promise you won't like, freak out and say how great this is until I'm done, OK.
 とにかく。みんな約束して。ビックリすると思うけど、私が話し終わるまで騒がないで聞いてね。

All: OK.
 オーケー。

Phoebe: OK. I just met this producer of this like, teeny record company, who said that I have a very fresh, offbeat sound and she wants to do a demo of Smelly Cat.
 私、小さなレコード会社のプロデューサーに会ったの。それで、新鮮で個性的なサウンドだからって、スメリーキャットのデモテープを作りたいって。

(みんなが大喜びする)
Phoebe: I told you not to do that yet. And, she wants to do a video.
 まだだってば。それで、ビデオ作るんですって!

(みんな大喜びする)
Phoebe: I'm not done yet, OK. God. OK, if that goes well, they may even want to make an album.
 まだだってば。いい? もう。 それがうまくいったら、アルバム作りたいんですって!!

(みんな喜んでいいのかわからない)
Phoebe: I'm done now.
 終わったわよ。
(みんな大喜びする)

(フードにパイを落とされた人が帰ろうとする)
Rachel: Oh God. Ross, OK, if you care about me at all, you will get the pie out of the man's hood.
 きゃぁ、どうしよう。ロス、私のこと思ってくれるなら、あの人のフードからパイを取ってきて。

Ross: Get the what?
 何を取ってくるって?

Rachel: Pie in the hood, pie in the hood. Go.
 フードの中のパイよ。フードの中のパイ。行って。

(ロスが行ってパイをフードから取る)
Guy: What're you doing?
 なにしてるんだ?

Ross: I'm sorry, my pie was, was in your hood. Now I just have to get the coffee out of that guy's pants and I'll be back in the hospital by 7.
 失礼。僕のパイが、君のフードの中に僕のパイがあったんだよ。今度はあの人のパンツの中から僕のコーヒーとってきて、7時までに病院へ戻るんだ。

《モニカ達の部屋》

Monica: Damn it Ross, get your butt out of the bathroom.
 もうロスったら! バスルームをあけてよ!

Ross: Calm down, I'm blow-drying.
 落ち着け。ヘアドライ中だ。

(レイチェルがランドリーから戻る)
Monica: Blow drying what, you have no hair.
 ヘアドライって髪なんかないくせに!

Rachel: What's going on?
 どうしたの?

Monica: Your boyfriend has been in there for over an hour. I can't believe it, it's like I'm living with him again. He's here when I go to sleep, he's here when I wake up, he's here when I want to use the shower, ugh. It's like I'm sixteen all over again .
 あなたのボーイフレンドがここに1時間以上こもってるのよ。信じられないわもう。まるで彼とまた一緒に暮らしてるみたい。寝る時もいるし、起きた時もいるし、シャワーを使いたい時もいる。もう! また16歳になっちゃったみたい!

Rachel: Well, you're not sixteen, you're both adults now.
 でももう16歳じゃないし、2人ともオトナなのよ。

Monica: Get out, you dufus!!
 出てきて! バカ!

Rachel: Or you know, he's rubber and you're glue.
 でも、ほら、バカって言った方がバカなのよ。

(rubber 言葉を跳ね返す側
 glue 言葉を跳ね返されくっつく側)


Ross: All yours.
 (出てきて)どうぞ、ご自由に。

Monica: I hope you cleaned your hair out of the drain.
 排水溝の髪を取ってくれたんでしょうね。

Ross: I hope you cleaned your hair out of the drain.
 (マネて) 排水溝の髪を取ってくれたんでしょうね。

Monica: Shut up.
 黙れ!

Ross: Shut up.
 (マネて)黙れ!

Monica: Cut it out.
 やめて!

Ross: Mi-mi-mii.
 (イントネーションをマネて)にゃーにゃーにゃー

Rachel: I've never wanted you more.
 魅力的だこと。

《チャンドラーの部屋》

Chandler: So, what do you say boys, should I call him? . . . Well, you know what they say. Ask your slippers a question... you're going crazy.
 どう思う? 彼に電話するべきかな? (犬スリッパの耳を押すとワンワンいう)みんな言うよね。スリッパに質問するようになったら、頭おかしくなってるってね。

(チャンドラーからジョーイに電話)
Joey: Hello.
 もしもし。

Chandler: Hey.
 ヘイ。

Joey: Hey!
 ヘイ!

Chandler: Listen, I'm, I'm sorry I didn't make it over there today.
 なぁ、悪かったよ。今日、行けなくて。

Joey: Oh, that's OK. You uh, you had a thing.
 ああ、いいんだよ。都合があったんだろ。

Chandler: Yeah well, I hear the place looks great.
 まぁ、いいところだって聞いたよ。

Joey: Ahh, forget about it, I'm having a ball. How's the apartment doing?
 ああ、そんな。楽しくやってるよ。そっちはどう?

(have a ball = パーティを開く→楽しくやる)

Chandler: Oh hey, it's, it's terrific. I mean it's a regular space... fest.
 ああ、それはもう最高だよ。まぁつまり、普通に・・・お祭り騒ぎかな。

Joey: Oh, well great.
 うん、いいね。

Chandler: Yeah I just... wanted to call and say hey.
 うん。ちょっと、電話してみたんだ。

Joey: Well. OK then. . . Was that the oven timer?
 ああ、わかったよ。(チャンドラーの部屋でタイマーの音)今のオーブンタイマーか?

Chandler: That's right my friend. It's time for...
 そうだよ、おい。つまりそれは・・

Both: Baywatch!!
 ベイウォッチ!(TVをつける)

Joey: Oh, can you believe they gave Stephanie skin cancer?
 ステファニーが皮膚がんなんて信じられるか?

Chandler: I still can't believe they promoted her to lieutenant.
 俺は彼女が警部補になったのが信じられないよ。

Joey: Naa, you're just saying that 'cause you're in love with Yasmine Bleeth.
 いやー、おまえはヤズミン・ブリーズが好きだからそう言ってるんだよ。

Chandler: Well, how could anyone not be in love with Yasmine Bleeth?
 ヤズミン・ブリーズを好きにならない奴がいるか?

Joey: Hey, hey, they're running.
 おい、おい、走ってるぞ。

Chandler: See, this is the brilliance of the show. I say always keep them running. All the time, running. Run. Run Yasmine, run like the wind.
 ほらな、これがこの番組のいいところだよな。いつも走れ。いつでもだ。走るんだ、走れ、ヤズミン、走れ風のように!

《セントラルパーク》

Monica: But I thought you wanted to live by yourself.
 でもあなた一人暮らししたかったんじゃないの?

Joey: I did. I thought it'd be great. I figured I'd have like, time alone with my thoughts but, you know, it turns out I don't have as many thoughts as you'd think.
 そうだよ。すごくいいだろうと思ったんだ。一人で考える時間があるかなーみたいな。でも、一人になってみたら、考えることなんてそんなになかったんだよ。

Phoebe: Joey, why don't you talk to Chandler about moving back?
 ジョーイ、チャンドラーに戻るって話してみたら?

Joey: You really think he'd take me? I mean, we had a pretty good talk last night but, when I moved out, I hurt him bad.
 本当にやつが受け入れてくれると思う? 確かに昨日はすごく楽しく話せたけど、俺が出てく時は傷つけたからな。

Monica: I promise you, he would definitely want you back.
 間違いないわ。彼も絶対戻ってきてほしいと思ってるわよ。

《チャンドラーの部屋》

Ross: I'm telling you, there's no way he's moving back.
 本当だよ。彼が戻ってくるなんて絶対ないよ。

Chandler: But we had one of the greatest talks we ever had last night. I mean it was, it was like when we first started living together.
 でも昨日の夜は、今までにないくらい話が弾んだんだ。それはもう、一緒に暮らし始めたころみたいにさ。

Ross: Look, I know you don't want to hear this right now but, we've seen him in his new place, alright? And he's happy, he's, he's decorated.
 なぁ、こんなこと今聞きたくないのはわかってるけど、僕ら、新しい部屋での彼を見たんだ。幸せそうで、そして、部屋を飾ってたんだ。

Rachel: Look, Chandler, he has moved on, OK? you have to too.
 聞いて、チャンドラー。彼は先へ進んだのよ。ね。あなたもそうしないと。

Chandler: But...
 でも・・。

Ross: No. You're just gonna have to accept the fact that you're just friends now, OK? you're not... roommates anymore.
 いや。もうただの友達なんだってことを受け入れなきゃ。いいかい。もう、ルームメイトじゃないんだ。

《レコーディングスタジオ》

Producer: OK Phoebe, you ready to try one?
 オーケー、フィービー、準備はいい?

Phoebe: OK. . . Smelly cat, smelly cat, what are they feeding you? Smelly cat . . . Oh woah, oh my God. I mean like, who was that?
 オーケー。(歌)スメリーキャット、スメリーキャット、何を食べさせてもらってんの? (バックでコーラスが入る)ワオワオ! 何いまの?

Producer: They're your backup singers... behind you.
 バックコーラスよ。後ろにいるわ。

Phoebe: OH!! Oh I thought they were just watching me. You know, like at, like at an aquarium, you know.
 ああ! ただ見に来てるのかと思ったわ。ほら、水族館みたいに。

Producer: Alrighty. From the top.
 いい? 最初からね。

Phoebe: OK. . . Smelly cat, smelly cat, what are they feeding you? Smelly cat . . . OK, sorry. I'm just, I'm just not getting that everyone um, gets how smelly this cat actually is. I just think that maybe if we could talk about this, 'cause I need to feel that you really care about the cat.
 オーケー。(歌)スメリーキャット、スメリーキャット、何を食べさせてもらってんの? スメリーキャット(バックコーラスが入る)ねぇ悪いんだけど、みんな、この猫がどんなにクサいかわかってないと思うのね。 話した方がいいんじゃないかしら。だって、猫のこと本当に気にかけて歌ってほしいのよ。

Producer: Honey, uh we, we can talk about this. It's just that it's costing about a hundred dollars a minute to be in here.
 ねぇ、話し合うのもいいけど、ここ1分100ドルで借りてるのよ。

Phoebe: Oh OK. So, um, the cat stinks but you love it, let's go.
 あっ、そうなんだ。それじゃ、すごいクサいんだけど、大好きってことで。行くわよ。

《モニカ達の部屋:ロスが電話中》

Ross: No, there is no way he was a velociraptor. No Tony, look at the cranial ridge, OK. If Dino was a velociraptor, he would have eaten the Flintstones. Yeah, yeah. . . Oh, were you taking a nap?
 いや。ヴェロキラプトルなわけがないよ。いや、トニー、頭骨の畝を見てよ、いい? もしあれがヴェロキラプトルだったら、フリントストーンを食べちゃってたよ。ああ、ああ・・(部屋から出てきたモニカに)あ、寝てた?

Monica: I was.
 寝てた。

Ross: Oh I-, Oh wait, Tony can you hang on? That's the other line. . . Hello. Oh yeah she's here but uh, can she call you back? OK thanks. . . Call Joanna. . . Hi.
 ああ。(電話で)あ、待って、トニー、ちょっと待ってて、キャッチが入った(2回線目に)もしもし・・ああ、いますけど、かけ直していいですか? オーケー、ありがとう(2回線目を切ってモニカに)ジョアンナに電話して。(トニーに戻り)どうも。

Monica: Did she leave a number?
 電話番号聞いた?

Ross: Did you see me write one down?
 僕、電話番号メモしてた?

Monica: I don't have her number, butt-munch.
 彼女の番号知らないのよ! もう、バカ!

Ross: Well, she'll call back, don't be such a baby.
 そのうちかけてくるよ。まったく、子供みたいだぞ。

Monica: I'm not a baby, you're the baby.
 子供はそっちよ!

Ross: Look, you wanna get off my back?
 おい、ほっといてくれる?

Monica: You wanna get out of my face?
 消えてくれる?

Ross: Wait hold on Tony, hold on. … Hello. Hi, yeah no, she's right here. Um hold on…. Hi Tony, can I call you back? That's uh, that's my sister's boyfriend.
 待って、トニー、ちょっと待って(キャッチ)もしもし、ハーイ。いや、ここにいるよ。ちょっと待って(トニーに戻って)やぁトニー、かけ直すよ。妹の・・ボーイフレンドから電話が入った。

Monica: Give me that.
 貸して!

Ross: OK.
 はい。

Monica: Hi sweetie, listen, before I forget, did I leave my diaphragm at your place? Hi mom.
 ハーイ、ねぇ、忘れる前に聞きたいんだけど、私そこに避妊具忘れてない?・・ああ、ママ。(怒ってロスにオレンジを投げる)

《チャンドラーの部屋:ジョーイが来る》

Joey: Hey.
 やぁ。

Chandler: So uhh, how's the palace?
 やぁ。パレスはどう?

Joey: You know it's funny you should mention that 'cause I was thinking... what's with the boxes?
 おかしいよね、それをちょうど考えてたんだけど・・その箱なに?

Chandler: Oh, uhh, actually I uh, have some news.
 ああ、それなんだけど、知らせたいことがあるんだ。

Eddie: Hey Chan, is that Joey guy gonna come by and pick up his moose hat or should I just toss it out?
 ヘイ、チャン、ジョーイって人はこのムース(ヘラジカ)の帽子を取りにくるかな。それとも捨てる?

Chandler: Well, uh, why don't you ask him yourself. Joey, this is my new roommate Eddie.
 ああ、本人に聞くといいよ。ジョーイ、新しいルームメイトのエディだ。

Eddie: Nice to meet you.
 ああ、会えてよかった。

Joey: Likewise. I'll take that. It's what I came for. So, this is new. Where'd you two meet?
 こちらこそ。それは持っていくよ。そのために来たんだ。それで、どこで会ったの?

Eddie: At the uh, supermarket, in the uh, ethnic food section. I helped him pick out a chorizo.
 スーパーマーケットのエスニックフード売り場でね。チョリソーを選ぶの手伝ったんだ。

Joey: Wow.
 ワオ。

Chandler: Well you know, we got to talking and uh, he said he needed a place and I had a spare room.
 それでさ、話してみたら、彼は住むとこを探してるってことで、うちには空き部屋があるって話になったんだ。

Joey: Oh, now it's a spare room?
 ああ、空き部屋なんだ。

Chandler: Well yeah, in that it's not being used and I... have it to spare.
 そうだな、使ってない部屋だから、空き部屋ってことになって。

Joey: Well I uh, got what I came for. I'll uh, I'll see you guys.
 じゃ、目的のものはもらったから・・(ムースの帽子をかぶって)じゃあ。

Chandler: Hey Jo. When'd you start using mousse in your hair?
 ヘイ、ジョー、いつからムースつけるようになった?

Eddie: Is this guy great, or what?
 彼って楽しい人だよね?

Joey: Yeah, yeah, he is.
 ああ、本当に。

《モニカ達の部屋》

Monica: I can't believe he has a new roommate. Who is this guy?
 新しいルームメイトだなんて信じられない。何者なの?

Ross: Uh, Eddie something. He just met him.
 エディーとかいう人。さっき会ったよ。

Rachel: It'll never last, he's just a rebound roommate.
 長続きしないわよ。ルームメイトのリバウンドだわ。

(フィービーが来る)
Phoebe: Hey.
 ハーイ。

All: Hey.
 やぁ。

Phoebe: Oh, check it out, oh, check it out. It's "Smelly Cat", the video! … Now OK, I haven't seen it yet so, if you don't like it, well, so what? None of you ever made a video... OK.
 見て。これ見て。スメリーキャットのビデオよ。私もまだ見てないんだけど、もし気に入らなかったら・・それがなに? 誰もビデオ作ってないわよね? (ビデオセット)さあ。

Ross: Oh, smoking!
 (ビデオを見て)おお! ホットだね。

Phoebe: Look at me!
 見て私!

(歌が始まると、フィービーの声ではない)
Phoebe: Oh my God.
 オーマイゴッド。。

Ross: I know.
 だよね。

Phoebe: I sound amazing. . . I've never heard myself sing before. I mean, except in my own head. Oh, this is so cool, now I can hear what you hear.
 私って素晴らしい声ね。私の歌声聞いたことないんだもの。頭の中でしかないもん。これはすごいクールよね。初めてみんなが聞いてる声がわかったわ。

Rachel: Pretty different, huh?
 ずいぶん違うわよね?

Phoebe: Oh, I am sorry but I am incredibly talented.
 ああもう、悪いけど私ったらすごい才能ね。

《チャンドラーの部屋:ジョーイが来る》

Eddie: Hi, Joey, what's going on, man?
 ヘイ、ジョーイ、元気?

Joey: Eddie.
 やぁエディ。

Chandler: Morning.
 おはよ。

Joey: Morning. I just came by to pick up my mail. . . Where's the mail?
 おはよう。郵便物を取りにきたんだ。郵便物は?

Chandler: Oh it's uh, over there on the table.
 ああ、こっちのテーブルの上。

Joey: You don't keep it over here on this table any more?
 こっちのテーブルの上に置くんじゃないのか?

Chandler: No, Eddie likes to keep it over there.
 うん、エディがこっちの方がいいって。

Eddie: Alright, here you go my friend. Eggs a-la Eddie, huh?
 さぁ、どうぞ。エッグ・ア・ラ・エディだよ。

Chandler: Oh, ooh.
 おお、うまい。

Joey: Huh.
 フン。

Chandler: What?
 何?

Joey: No I just uh, thought you liked your eggs with the bread with the hole in the middle, a-la me.
 いや、あだ、おまえは真ん中に穴をあけたパンにエッグっていうのが好きだと思ったよ、ア・ラ・オレ。

Chandler: Well I do, but uh, Eddie makes them this way and, well, they're pretty darn good.
 うん、そうだけど、でもエディはこういうのを作るんだよ。すごいおいしいんだ。

Eddie: Well you guys, I'm out of here. See ya pals.
 それじゃ、もう行くよ。じゃあまたな。

Chandler: See ya.
 またな。

Joey: So how you two getting along?
 2人うまくいってるのか。

Chandler: Oh, I couldn't be happier.
 ああ、これ以上ないくらいだ。

Joey: Great, well, I'm happy for ya. . . Alright that's it. He just comes in here, Mr. Johnny New-eggs, with his, his, his moving the mail and his, his 'see ya pals'. And now there's no juice. There's no juice for the people who need the juice and want the juice. I need the juice.
 よかったな。(オレンジジューズを取るが空なので)もういい、これまでだ。やつが来て、新しい卵料理を作って、郵便物の場所を変えて、「じゃあまたな」とか言って。そして今度はジュースがない。ジュースが必要な人間がいるのに、ジュースがない。俺はジュースがいるんだ!

Chandler: There's another carton right over there.
 そこに新しいジュースあるぞ。

Joey: Hey, this isn't about juice anymore, alright, man.
 おい、もうジュースだけの問題じゃないんだ。いいか。

Chandler: Alright, so what's it about?
 なんだよ。じゃあ何だ?

Joey: Eggs. Who's eggs do you like better, his or mine, huh?
 卵だよ。どっちの卵が好きなんだ。彼のか、俺のか?

Chandler: Well I like both eggs equally.
 どっちも同じくらい好きだよ。

Joey: Oh come on. Nobody likes two different kinds of eggs equally. You like one better than the other and I wanna know which.
 冗談だろ。誰も違う種類の卵を同じように好きになったりしない。どっちかの方が好きなんだ。どっちが好きなんだ?

Chandler: Well what's the difference? Your eggs aren't here anymore, are they? You took your eggs and you left. You really expect me to never find new eggs?
 なんだよ。それがどうなんだ。おまえの卵はもうここにないじゃないか。おまえは卵持って出てってんじゃないか。俺に新しい卵を見つけるなっていうのか?

《モニカ達の部屋》

Monica: I wanna watch Entertainment Tonight.
 エンターテインメント・トゥナイトを見るのよ!

Ross: Tough noogies, we're watching Predators of the Serengeti.
 そうですか。セレンゲティの捕食者を見るよね。

tough noogies = それがどうかしたか的な)

Rachel: Would you guys stop.
 あなた達、やめて。

Monica: It's my TV.
 私のテレビよ。

Ross: Wha-, oh, quit it.
 おい、やめろ。

Monica: Bite me.
 くたばれ。

Rachel: Oh my God.
 オーマイゴッド。

Ross: Well, Monica keeps changing the channel.
 モニカがチャンネルを変えるんだ。

Monica: Oh that's great, why don't you tell mommy on me.
 まぁ素敵だこと。ママに告げ口?

Rachel: Now I'm mommy in this little play? Alright look, I refuse to get sucked into this like, weird little Geller dimension thing OK. So I'm gonna go and take a nice long hot bubble bath because you kids are driving me crazy.
 今度は私がママになるわけ? ちょっと、こんなくだらないゲラー次元のことに巻き込まれるのはお断りよ。いい。私は素敵な熱いバブルバスにゆっくりつかってくるわ。あなた達といるとどうかなりそうだから!

Monica: OK, what're we gonna do about this?
 どうする気?

Ross: Well, I guess we could tape Entertainment Tonight.
 そうだな、エンターテインメント・トゥナイトは録画すれば。

Monica: Not that, this! Us! Oh my God, Ross, you're, you're, it's jus-, you-, ever such a.. you been driving me. . .
 そのことじゃないわよ。私達よ。もう! ロス! あなたって・・あなたって・・もう本当に私・・

Ross: Ow, ow, OK. Alright, alright, Mon, Mon, you've gone ultrasonic again, alright.
 おいおい、ちょっと。モン、モン。また超音波になってるぞ。

Monica: I just can't stand you being here all the time.
 もうあなたがここにいつもいるのに耐えられないのよ。

Ross: Why, why, why can't you stand me being here? I don't, I, we're just, you know, we're just havin' fun.
 なんで? なんで耐えられない? 僕ら楽しくやってるじゃないか。

Monica: Fun? Fun, you think this is fun?
 楽しい? どこが楽しいのよ。

Ross: Yeah, c'mon I mean I thought, you know, I thought we're just fooling around. Like when, uh, when we were kids.
 だって、ほら。僕はちょっとふざけてるつもりだったよ。ほら、子供の頃みたいに。

Monica: Ross, I hated you when we were kids.
 ロス、子供の頃あなたがキライだったわ。

Ross: You hated me when we were kids?
 子供の頃僕をキライだった?

Monica: Yes. I hated you. I mean I loved you in a 'you're my brother so I have to' kind of way, but basically, yeah, I hated your guts.
 そうよ。キライだった。あなたは兄だから好きにならなくっちゃっていう意味で好きだったけど、でも基本的には、キライだったわ。

Ross: Why did you hate me?
 なんでキライ?

Monica: Because, you were mean to me and you, you teased me and you always, always got your way.
 だって、いつも意地悪だったし、からかうし、いつも自分の好きなようにしちゃうじゃない。

Ross: And that wasn't fun for you?
 それが楽しくなかった?

Monica: Duh-huh!
 当然!

Ross: I can't believe you hated me.
 キライだなんて信じられない。

Monica: Now I love you. And not just 'cause I have to.
 今は好きよ。兄だからしかたなくじゃなくね。

Ross: Really?
 ほんと?

Monica: Yeah. You're just gonna have to stop pissing me off.
 ええ。とにかく私を怒らせるのをやめてちょうだい。

Ross: I can do that.
 わかったよ。

Monica: Then I won't have to kill you.
 そしたら殺さなくてすむわ。

Ross: So you wanna watch uh, Entertainment Tonight?
 それじゃ、エンターテインメント・トゥナイトを見る?

Monica: Yeah, thanks. You know what?
 ええ。ありがと。・・・ねぇ?

Ross: What?
 なに?

Monica: If you really want to watch that Serengeti thing, we can.
 本当に見たいなら、セレンゲティのを見てもいいわよ。

Ross: Ohh... OK.
 あ、そう。(チャンネルを変える)

《セントラルパーク》

Phoebe: Hey.
 ハーイ。

All: Hey.
 やぁ。

Phoebe: Listen. You are not going to believe this but, that is not me singing on the video.
 聞いて。信じられないだろうけど、あのビデオの声、私じゃなかったのよ。

All: No.
 ウソ。

Phoebe: Yes.
 ほんと。

Rachel: Well, how did you find out?
 どうしてわかったの?

Phoebe: Well, OK, the record company sent over this piece of paper for me to sign, saying that it's OK for someone else to sing for me. That was my first clue.
 それがね、レコード会社から、私がサインする書類が届いたんだけど、誰かが私の代わりに歌うことを私が承諾するって書いてあったの。それで初めて気づいたわけ。

Monica: So what're you gonna do?
 それで、どうするの?

Phoebe: Well, I can't work with people who would do this.
 そんな人達とは仕事できないわ。

Monica: Sure.
 そうね。

Phoebe: I mean, this poor woman!
 だってこの女の人かわいそうに!

Ross: What woman?
 女の人って?

Phoebe: The voice woman. Ya know, I mean, she has a great voice but she doesn't have a video.
 歌ってる人よ。だって、彼女素晴らしい声なのに、ビデオ作ってもらえないのよ。

Rachel: OK, Pheebs. But what about you?
 そうだけどフィーブス、あなたはどうなの?

Phoebe: Well I have a video, you have to pay attention. No this, this voice woman, she's so talented but, according to the producer people, they said she doesn't have like the right look or something, you know. I mean, it's like, she's like one of those animals at the pound who like nobody wants 'cause they're not pretty enough or you know. Like, like some old dog who's just kind of like stinky and. . . Huuuuh, oh my God, she's smelly cat. Oh, oh that song has so many levels.
 だって私にはビデオがあるもの。ちゃんと気づいてよね。でもこの歌の人は、才能があるのに、このプロデューサーの人達によると、彼女はルックスがどうのって。かわいくないとかいう理由で捨てられた動物みたいじゃない? まるで、年を取った犬がクサいからって・・わっ。なんてことかしら。彼女はスメリーキャットだわ。まぁ。私の歌って奥が深いわね。

《チャンドラー達の部屋》

Chandler: Hey Eddie, you wanna play some foosball?
 エディ、フーズボールで遊ばない?

Eddie: No thanks man, I'm not uh, I'm not really into sports.
 いや、遠慮しとくよ。スポーツは好きじゃないんでね。

Chandler: Yeah. OK, alright. . . Doesn't matter, time for Baywatch.
 ああそう。(オーブンタイマーの音)関係ないね。ベイウォッチの時間だ。

Eddie: What? Y-, you like that show?
 え? あれ好きなんだ?

Chandler: You don't like that show?
 あれ好きじゃないの?

Eddie: Wha-... no. I mean it's just a bunch of pretty people running around on the beach, you know.
 いや。だってきれいな人達がビーチを走るだけだろ。

Chandler: Well that's the brilliance of it. The pretty people... and the running.
 それがいいとこだろ。きれいな人達が・・走る。

Eddie: I tell ya, I-, I'm gonna go read in my room for a little while.
 えっと、俺はしばらく部屋で本を読むよ。

Chandler: Oh o-, OK man.
 ああ、そうか。わかった。


(ジョーイとチャンドラーがそれぞれに孤独に過ごしている様子)

《セントラルパーク》

Phoebe: Smelly cat, smelly cat, what are they feeding you? Everybody.
 (歌)スメリーキャット、スメリーキャット、何を食べさせてもらってんの♪ みんな一緒に!

All: Smelly cat, smelly cat, it's not your fault.
 スメリーキャット、スメリーキャット、あなたのせいじゃないわ。

Phoebe: Monica.
 モニカ!

Monica: They won't take you to the vet.
 (歌)獣医さんに連れてってもらえないのね。

Phoebe: Chandler.
 チャンドラー!

Chandler: You're obviously not their favorite pet.
 (歌)お気に入りのペットじゃないようね。

Monica: Joey.
 ジョーイ!

Joey: You may not be a bed of roses.
 (歌)バラのある暮らしじゃないよね。

(bed of roses = 贅沢な暮らし)

Phoebe: Rachel.
 レイチェル!

Rachel: And you're no friend to those with noses.
 (歌)鼻のある人とは友達になれないよね。

Phoebe: Uh, Ross, those are the only lines we have, sorry. OK! Back to the chorus!
 ロス。あなたの歌うパートは残ってないわ、ごめんね。じゃあコーラスに戻って!



にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村


英語 ブログランキングへ

posted by らんち at 15:13| Comment(0) | Season2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月19日

2-16 The One Where Joey Moves Out

2-16 ジョーイが出ていく話

 ☆ジョーイの家出☆

《チャンドラー達の部屋》

Joey: Man this is weird. You ever realize Captain Crunch's eyebrows are actually on his hat?
 なぁ、おかしいよな。キャプテン・クランチって眉毛が帽子の上にあるって知ってた?

Chandler: That's what's weird? Joey, the man's been captain of a cereal for the last 40 years.
 そこがおかしいとこ? ジョーイ、こいつは40年もシリアルのキャプテンなんだぞ。

capCrunch.jpg

(ジョーイが食べ終わってスプーンをなめて引き出しに入れる)
Chandler: Waaa-aaah.
 うわー!

Joey: What?
 なに?

Chandler: The spoon. You licked and-and you put. You licked and you put.
 スプーン! なめて、そして、戻した。おまえ、なめて戻した。

Joey: Yeah, so?
 ああ。それで?

Chandler: Well don't you see how gross that is? I mean that's like you using my toothbrush. . . You used my toothbrush?
 気持ち悪いと思わないのか? まるで俺の歯ブラシを使ってるみたいな・・・使ったのか?!

Joey: Well, that was only 'cause I used the red one to unclog the drain.
 だって、赤いやつは排水口のつまりを取るのに使ったから。

Chandler: Mine is the red one! Oh God. Can open, worms everywhere.
 赤いのは俺のだ! なんてこった。開けてみたらイモ虫だらけ。

Joey: Hey, why can't we use the same toothbrush, but we can use the same soap?
 おい、同じ歯ブラシ使っちゃ悪いか? 俺たち同じ石けん使ってるじゃないか。

Chandler: Because soap is soap. It's self-cleaning.
 だって石けんは石けんじゃないか。自分できれいになるだろ。

Joey: Alright, well next time you take a shower, think about the last thing I wash and the first thing you wash.
 そうかよ。じゃあ今度シャワーで使う時考えてみろよ。俺が最後にどこを洗って、おまえが最初にどこを洗うかってさ。

《モニカ達の部屋:チャンドラーとジョーイが来る》
Chandler: Hey.
 やぁ。

Monica and Phoebe: Hey.
 ハーイ。

Joey: Hey.
 やぁ。

Phoebe: Ooh, look at you fancy lads. What's the occasion?
 何、おしゃれして。何かあるの?

Joey: Well, you know that guy that's on my show that's in a coma? He's having a brunch.
 俺のドラマに出てる昏睡の男いるだろ? 奴の家でブランチなんだ。

Phoebe: Ahh.
 ああ。

Rachel: OK, ready when you are.
 はい、いつでも出られるわよ。

Phoebe: Okey-doke.
 オッケー。
 
Monica: I can't believe you guys are actually getting tattoos.
 あなた達本当にタトゥーを入れるなんてね。

Chandler: Excuse me, you guys are getting tattoos?
 ちょっと。君達タトゥーを入れるの?

Rachel: Yes, but you can not tell Ross 'cause I want to surprise him.
 そうよ。でもロスに言っちゃダメよ。ビックリさせたいの。

Joey: Wow, this is wild. What're you gonna get?
 ワオ。すごいな。何を入れるの?

Phoebe: I'm getting a lily for my Mom. 'Cause her name's Lily.
 ママのためにリリーの花を入れるの。ママの名前リリーだから。

Chandler: Wow, that's lucky. What if her name was Big Ugly Splotch?
 おお。ラッキーだったな。もし大きなみにくいシミって名前だったらって思うとな。

Joey: So where you getting it?
 それで、どこに入れるの?

Phoebe: I think on my shoulder.
 私は肩に。

(ロスが来る)
Ross: What? What's on your shoulder?
 なにが? 肩に何?

Phoebe: Um, a chip. A tattoo, I'm getting a tattoo.
 あー。チップよ。(変だと自覚して)タトゥーよ。タトゥーを入れるの。

Ross: A tattoo? Why, why would you want to do that? ... Hi.
 タトゥー? なんで? なんでそんなことしたいの?(レイチェルに)ハーイ。

Rachel: Hi. Well hey, you don't - you don't think they're kind of cool?
 ハーイ。ねぇ、タトゥーかっこいいと思わない?

Ross: No, sorry I don't. I mean, why would anyone pay someone to scar their body for life? What if it doesn't come out right Pheebs? Then it's like, I don't know, having a bad hair cut all the time. Why's everyone staring at me?
 いや。悪いけど。だって、なんでお金払って体に一生の傷をつけてもらうんだ? うまくいかなかったらどうするの、フィーブス? ほら、床屋でひどいカットされたなんてしょっちゅうじゃないか。・・なんでみんな僕を見てるの?

Monica: Ross, come sign this birthday card for dad. Rich is gonna be here any minute.
 ロス、ここに来てパパのバースデーカードにサインして。リッチがもうすぐ来るわよ。

Chandler: Oooh, Rich is going to the party too, huh?
 おお、リッチもパーティに行くんだな。

Monica: Well, he's my parents' best friend, he has to be there.
 ええ、だって彼は両親の親友よ。行かなきゃ。

Joey: Oh, is today the day you're gonna tell them about you two?
 おお、それじゃあ今日両親に君ら2人のこと話すのか?

Monica: Yeah. It's my dad's birthday, I decided to give him a stroke.
 ええ、今日はパパの誕生日だもんね、心臓発作起こさせるわけ。

Phoebe: No, I think you should tell them.
 いえ、話すべきだと思うわよ。

Monica: No, I don't even know how serious he is about me. Until I do, I'm not telling them anything.
 ダメよ。彼がどれくらい真剣かもわからないのに。まだ何も話せないわよ。

Ross: I don't know, I don't think mom and dad would mind. Remember when you were 9 and Richard was 30, how dad used to say, 'God, I hope they get together.'
 どうだろう。かあさん達は気にしないんじゃないかな。おまえが9歳でリチャードが30歳の頃、とうさんは言ってたよ。「ああ、あの2人が一緒になってくれれば」って。

《両親の家》

Ross: Alright, shall we?
 よし、入ろう。

Monica: OK, wait, wait, wait, wait. You know what? Ross, let's - let's switch places. You get in the middle. No un-, you know, unless this looks like we're trying to cover something up.
 あ、待って待って待って。ね、ロス、場所を代わって、真ん中に来て。いえ、やっぱり、隠そうとしてる感じがしちゃうわね。

Ross: Monica, Monica, you could come in straddling him, they still wouldn't believe it. . . We're here.
 モニカ、モニカ。おまえが彼にまたがって入ってったって本気にしないよ。(ドアをあける)来たよ!

Mrs. Geller: Oh hi kids. Hi darling.
 ああ、来たわね、子供達。ハーイ。

Monica: Happy birthday dad.
 ハッピーバースデー、パパ。

Mr. Geller: Oh thank you.
 ああ、ありがとう。

Ross: Hi ma.
 やぁ、かあさん。

Richard: Happy birthday.
 ハッピーバースデー。

Mrs. Geller: So, you kids thank Dr. Burke for the ride?
 あなた達、ドクター・バークに乗せてきてもらってお礼したの?

Ross: Uh, actually mom, I think Monica thanked him for the both of us.
 かあさん、モニカが2人分お礼してくれてるよ。

《両親宅キッチン:母とその友人》

FRIEND: Well, you kids take the train in?
 お子さん達、電車で来たの?

Mrs. Geller: No, Richard Burke gave them a ride.
 いえ、リチャード・バークが乗せてきてくれたのよ。

FRIEND: Oh. Speaking of whom, I hear he's got some 20-year-old twinkie in the city.
 ああ、そういえば彼、市内で20歳の若い小娘とつきあってるって聞いたわよ。

(twinkie はスラングでは、若いゲイの恋人とか、
 10代だけど厚化粧をしている女の子とか
 若くて可愛い女の子とか、いろいろありました)


(それを聞いてホイップクリームをあちこちに飛ばすモニカ)
Monica: Finger cramp. Oh God, sorry. Here, let me get that, mom.
 指がつったわ! ああもう、ごめんなさい。拭くわ、ママ。

Mrs. Geller: So, Richard's shopping in the junior section.
 それで、リチャードは若い子に手を出してるっていうのね。

Monica: Are we still on that?
 まだその話?

Mrs. Geller: We just know she's got the IQ of a napkin.
 まぁ、そんな女の子、薄っぺらナプキン程度のIQしかないに違いないわね。

FRIEND: She's probably not even very pretty, just young enough so that everything is still pointing up.
 きっとそんなにかわいくもないわね。ただ何もかも垂れずに上向きって程度に若いだけでしょ。

《ジョーイの共演者の部屋》

Joey: Can you believe this place?
 この部屋、信じられないよな。

Chandler: I know, this is a great apartment.
 ほんと。すごい部屋だな。

Joey: Ah, I was just in the bathroom, and there's mirrors on both sides of you. So when you're in there it's like you're peeing with the Rockettes.
 今バスルームに行ってきたんだけど、両側に鏡があるんだぞ。だから、あそこですると、ロケッツと並んでオシッコしてるみたいになるぞ。

rockettes.jpg

Chandler: Wow, there's my fantasy come true. No, seriously.
 ワオ! 俺の夢が叶うじゃないか。いや、マジで。

Joey's co-star: Hey.
 やぁ!

Joey: Hey! We were just saying, great apartment, man.
 ヘイ! 今2人で話してたんだよ。すごい部屋だな。

Joey's co-star: Thanks. You want it?
 ありがと。ここに住む?

Joey: Huh?
 は?

Joey's co-star: Yeah, I'm moving to a bigger place. You should definitely take this one.
 僕はもっと広いところに引っ越すんだ。ここに住むといいよ。

Joey: Yeah, can you see me in a place like this?
 そうか? こんなすごいとこに俺が?

Joey's co-star: Why not? You hate park views and high ceilings? Come on, I'll show you the kitchen.
 なんで? この公園の眺めと高い天井が気に入らない? ほら来て。キッチンを見せるよ。(2人立ち去る)

Chandler: Oh that's all right fellas, I saw a kitchen this morning - on TV. Stop talking. OK.
 (取り残されて)ああ、いいんだよ、キッチンは今朝見たからさ。テレビでね。もうしゃべるな。ハイ。

《パパのパーティ:パパと友人たち》

Mr. Geller: Come on, tell us.
 ほら、話せよ。

FRIEND: Yeah, is she really 20?
 そうだよ。本当に20歳?

Richard: I am not telling you guys anything.
 君らにそんな話しないよ。

Mr. Geller: Come on Rich, it's my birthday, let me live vicariously.
 なんだよ、リッチ。俺の誕生日なんだぞ。味わわせてくれよ。

Ross: Dad, you really don't want to do that.
 とうさん、それは絶対にやめた方がいいと思うよ。

Mr. Geller: Ahh, what's a little mid-life crisis between friends?
 なんだよ。友達じゃないか。ささやかなミドルライフクライシスだろ?

Richard: Jack, would you let it go?
 ジャック、もうやめようよ。

Mr. Geller: Look, I know what you're going through. When I turned 50 I got the Porsche. You... you got your own little speedster.
 なぁ、どういう心境なのかわかるよ。私も50になった時はポルシェを買ったからね。君も小さなスポーツカーを手に入れたってわけだ。

Richard: Guys. Seriously, it is not like that.
 なぁ、ほんとうに、そんなんじゃないんだって。

Mr. Geller: Tell you what, maybe one of these weekends you can borrow the car and I cou. . .
 こんなのはどうだ? いつか週末にでも、おまえに車を貸すから・・

Ross: Dad, I beg you not to finish that sentence.
 とうさん、頼むからその先を言わないで。

Mr. Geller: What? I'm kidding. You know I'd never let him touch the Porsche.
 なに? 冗談だよ。俺がポルシェを人に触らせるわけないだろ?

《タトゥーパーラー》

Phoebe: OK Rach, which, which lily? This lily or that lily?
 ねぇ、レイチ、どのリリーがいいと思う? こっち、それともあっちのリリー?

Rachel: Well I. . .
 そうね、私は・・

Phoebe: I like this lily. It's more open, you know, and that's like my mom. She had a more open, giving spirit. Ooh, Foghorn Leghorn, ooh.
 私はこっちのリリーがいいと思うな、オープンな感じで。そこがママみたい。彼女はオープンで気前のいい人だったわ。あーっ!フォグホーンだっ!

foghorn.jpg
フォグホーン。ルーニーチューンズのキャラクター)

Tattoo artist: Alright, blonde girl, you're in room two, not so blonde girl, you're with me.
 いいわよ、ブロンドの子2番の部屋。ブロンドじゃない子、あなたはこっちに来て。

Phoebe: Here we go.
 さぁ行くわよ。

Rachel: Uh-huh.
 うーん。

Phoebe: You're not going?
 いかないの?

Rachel: Uh-huh.
 うーん。

Phoebe: What? Is it - is this 'cause of what Ross said?
 え? それって、ロスが言ったから?

Rachel: No. Well, yeah, maybe.
 違うわよ。いや、そうかも。

Phoebe: I don't believe this. Is this how this relationship's gonna work? Ross equals boss. I mean, c'mon what is this, 1922?
 信じられない。そんなことで関係がうまくいくと思うの? ロス=ボスなの? なんなの、いま1922年?

Rachel: What's 1922?
 1922年って?

Phoebe: Just, you know, long time ago. Well, when men used to tell women what to do - a lot. And then there was suffrage, which is a good thing but sounds horrible. Do you want to get this tattoo?
 ただ、ほら、ずっと昔ってことよ。男が女にどうしろってあれこれ命令してた頃よ。それからsuffrage(参政権)ができたのよね。いいことだけど、聞いた感じが恐ろしいわ。タトゥーを入れたいの?

(suffrage は真ん中で分けると、
 suffer = 苦しむ・rage = 激怒・憤怒)


Rachel: Yes I do, it's just that Ross. . .
 うん、入れたいわ。ただロスが

Phoebe: OK, hey, hey! Is your boyfriend the boss of you?
 いい、ちょっと! あなたのボーイフレンドはあなたのボスなの?

Rachel: No.
 いいえ。

Phoebe: OK, who is the boss of you?!!
 じゃあ、誰があなたのボスなの?

Rachel: You?
 あなた?

Phoebe: No. You are the boss of you. Now you march your heinie in there and get that heart tattooed on your hip. GO!!
 違う。あなたがあなたのボスなのよ。重たいお尻をあそこに運んで、ハートのタトゥーを腰に入れてきなさいよ。ほら!

(heinie = 俗語で「お尻」)

《両親宅のバスルーム》

Richard: How you doing?
 どう?

Monica: I'm a twinkie.
 私は「小娘」よ。

Richard: Really? I'm a hero.
 そうなの? 僕はヒーローだよ。

Monica: Oh, this is so hard.
 ああ、もう本当に大変ね。

Richard: Yeah, I know. I hate it too. Look, maybe we should just tell them.
 ああ、そうだね。僕もイヤだよ。いっそ話してしまおうか。

Monica: Maybe we should just tell your parents first.
 あなたのご両親にまず話しましょうか。

Richard: My parents are dead.
 僕の両親はもう死んでるよ。

Monica: God, you are so lucky. I mean, I mean. . . you know what I mean.
 まぁ! あなたってばラッキーね! あ、そういう意味じゃなくて。

Richard: I know, I know. Just hang in there, OK. OK, I'll go out first, alright.
 わかってる、わかってるよ。頑張って。ね。よし、僕が先に出るよ。

Monica: Alright.
 わかったわ。

Richard: Judy, going to the bathroom! Good for you!
 (出てすぐジュディに出会い)ジュディ! バスルームに行くのか! よかったね!

Mrs. Geller: Thank you Richard, I appreciate the support.
 ありがと、リチャード。応援に感謝するわ。

(モニカはシャワールームに隠れ、ママに続いてパパも入ってくる)
Mr. Geller: Honey. Honey, have you seen my Harmon Killebrew bat? Bob doesn't believe I have one.
 ねぇ、おまえ、私のハーモン・キルブルーのバット見なかった? 持ってるっていってもボブが信じてくれないんだ。

Mrs. Geller: I have no idea. Did you know Richard has a twinkie in the city?
 知らないわ。リチャードが市内で小娘とつきあってるって知ってた?

Mr. Geller: I know. He's like a new man. It's like a scene from Cocoon.
 ああ。やつは別人のようだぞ。まるで「コクーン」みたいだ。

コクーン:宇宙人の繭で老人が若返る映画)

Mrs. Geller: I just never would have pictured Richard with a bimbo.
 私はリチャードがまさか、かわいいだけのバカ女とつき合うとは思わなかったわ。

Mr. Geller: Apparently, he told Johnny Shapiro that she's quite a girl. In fact, he told Johnny that he thinks he's falling in love with her.
 彼はジョニー・シャピロに、彼女のことすごくいい子だと言ってたらしいぞ。実際やつはジョニーに、彼女を愛してると言ったらしい。

Mrs. Geller: Really.
 本当に。

Mr. Geller: I tell you, I've never seen him this happy.
 私も思うが、あんなに幸せそうな奴をみたことがないぞ。

Mrs. Geller: So Jack, you ever think about trading me in for a younger model?
 それでジャック、あなたも私を若いモデルと交換したい?

Mr. Geller: Of course not. With you it's like I've got two 25-year-olds.
 もちろんそんなことないよ。君といると、25歳の女の子2人といるみたいだよ。

Mrs. Geller: Oh Jack stop.
 おお、ジャック、だめよ。

Mr. Geller: C'mon, it's my birthday.
 いいじゃないか、私の誕生日だぞ。

《ブランチから帰ってきたチャンドラー達》

Joey: Can we drop this? I am not interested in the guy's apartment.
 もうその話やめないか? あいつの部屋に興味ないって。

Chandler: Oh please, I saw the way you were checking out his moldings. You want it.
 ウソつけ。あの部屋をいろいろチェックしてたのは知ってるんだぞ。欲しいんだろ。

(molding = 鋳造,型込め,面取り,付け面,モールディング,造型,成形,鋳物)

Joey: Why would I want another apartment, huh? I've already got an apartment that I love.
 なんで俺があの部屋を欲しいんだ? 気に入ってる部屋があるのに。

Chandler: Well it wouldn't kill you to say it once in a while.
 たまにはそう言っても害はないはずだよな。

Joey: Alright, you want the truth? I'm thinking about it.
 わかったよ。本当のこと聞きたいか? 確かに考えてるよ。

Chandler: What?
 なに?

Joey: I'm sorry. I'm 28 years old, I've never lived alone, and I'm finally at a place where I've got enough money that I don't need a roommate anymore.
 悪かったな。俺も28だ。一人で住んだことないし、ついにこれだけかせげるようになって、もうルームメイトもいらなくなったんだ。

Chandler: Woah, woah, woah. I don't need a roommate either, OK? I can afford to live here by myself. You know, I may have to bring in somebody once a week to lick the silverware.
 おいおいおい! 俺だってルームメイトは必要ないぞ。いいか? ここで一人暮らしできるだけは稼いでる。週に一回ぐらい、食器をなめるやつを連れてくるかもしれないけどな。

Joey: What're you getting so bent out of shape for, huh? It's not like we agreed to live together forever. We're not Bert and Ernie.
 何をそう怒ってるんだよ。俺たち一生一緒に住む約束をしたわけでもないだろ。バートとアーニーじゃないんだぞ。

(get bent out of shape = 怒る、悪く取る)

sesame.jpg

Chandler: Look, you know what? If this is the way you feel, then maybe you should take it.
 そうか。じゃあ、そういうふうに思ってるんなら、あそこに住めばいいかもな。

Joey: Well that's how I feel.
 ああそう思ってるよ。

Chandler: Well then maybe you should take it.
 じゃあ、あそこに住めばいいかもな。

Joey: Well then maybe I will.
 じゃあそうするかもな。

Chandler: Fine with me.
 けっこうだね。

Joey: Great. Then you'll be able to spend more quality time with your real friends, the spoons.
 いいよ。そうすればおまえも、本当の友達と充実して過ごせるよな、スプーンとな!

《バースデーパーティ:両親が機嫌良くやってくる》

Mr. Geller: Who's drink can I freshen?
 ドリンクのお代わりいる人はいるかな?

Mrs. Geller: Almost time for cake.
 もうケーキの時間よね。

Ross: Mon, Mon, are you OK?
 モン、モン、おまえ大丈夫?

Monica: You remember that video I found of mom and dad?
 ママとパパのビデオ見つけちゃったの覚えてる?

Ross: Yeah.
 ああ。

Monica: Well, I just caught the live show.
 いま、あれのライブを見ちゃった。

Ross: Eww.
 うえ!

《両親宅のキッチン》

Monica: Hey there.
 ハーイ。

Richard: What?
 どうした?

Monica: Nothing, I just heard something nice about you.
 なんでもない。ただ、あなたについていいこと聞いちゃった。

Richard: Humm, really?
 そう?

(ママとロスが来る)
Mrs. Geller: Richard. Richard. Your son isn't seeing anyone, is he?
 リチャード、リチャード。あなたの息子さんつきあってる人いるの?

Richard: Uhh, not that I know of.
 いいや、知る限りでは。

Mrs. Geller: Well, I was thinking, why doesn't he give Monica a call?
 じゃあ、考えたんだけど、モニカに電話くれないかしら?

Richard: That - that's an idea.
 それは・・それも一つのアイデアだね。

Monica: Well, actually, I'm already seeing someone.
 えっとね、実は、もうつきあってる人がいるの。

Mrs. Geller: Oh?
 あ?

Richard: Oh?
 お?

Ross: Ohh.
 おお!

Mrs. Geller: She never tells us anything. Ross, did you know Monica's seeing someone?
 何も言ってくれないんだから。ロス、あなたモニカがつきあってる人いるって知ってたの?

Ross: Mom, there are so many people in my life. Some of them are seeing people and some of them aren't. Is that crystal?
 ママ、僕の人生にはたーくさんの人がいるよ。つきあってる人もいれば、いない人もいる。それクリスタル?(と言ってママのグラスを取る)

Mrs. Geller: So, who's the mystery man?
 その謎の人は誰なの?

Monica: Well, uh, he's a doctor.
 ええ、その・・彼はドクターよ。

Mrs. Geller: A real doctor?
 本当のドクター?

Monica: No, a doctor of meat. Of course he's a real doctor. And he's handsome, and he's sweet, and I know you'd like him.
 いいえ。お肉のドクター。もちろん本当のドクターよ。そして彼はハンサムで、優しくて、それにママも間違いなく好きになるわ。(リチャードと腕を組む)

Mrs. Geller: Well that's wonderful. . . I. . .
 それはすばらしいわね。(振り返って気づく)私・・

Monica: Mom, it's OK.
 ママ、大丈夫なのよ。

Richard: It is, Judy.
 そうだよ、ジュディ。

Mrs. Geller: Jack. Could you come in here for a moment? NOW!
 ジャック! ちょっと来てくれる? すぐ!

Mr. Geller: Found it.
 (バットを持って)みつけたぞ。

Ross: I'll take that, dad.
 それはもらっとくよ、とうさん(バットを持っていく)

Mrs. Geller: It seems your daughter and Richard are something of an item.
 あなたの娘とリチャードが、つきあってるらしいわよ。

Mr. Geller: That's impossible, he's got a twinkie in the city.
 そんなバカな。彼には市内に小娘がいるんだろ。

Monica: Dad, I'm the twinkie.
 パパ、私がその「小娘」よ。

Mr. Geller: You're the twinkie?
 おまえが小娘?

Richard: She's not a twinkie.
 小娘じゃないよ。

Monica: Al-alright, look you guys, this is the best relationship I've been in. . .
 いい? 聞いて。これは今までで一番いい関係で・・

Mrs. Geller: Oh please, a relationship.
 やめて、「関係」だなんて。

Monica: Yes, a relationship. For your information I am crazy about this man.
 いえ、いい関係よ。言っておきますけど、私、この人に夢中なの。

Richard: Really?
 本当に?

Monica: Yes.
 ええ。

Mr. Geller: Am I supposed to stand here and listen to this on my birthday?
 私は自分の誕生日にここに立ってそんな話を聞かなきゃいけないのか?

Monica: Dad, dad, this is a good thing for me. You know, and you even said yourself, you've never seen Richard happier.
 パパ、これは私にとっていいことなの。パパだって、リチャードがこんなに幸せそうなの初めて見たって言ってたじゃない。

Mr. Geller: When did I say that?
 いつそんなことを言った?

Monica: Upstairs in the bathroom, right before you felt up mom.
 2階のバスルームで。ママにタッチする前よ。

(ロスの誘導でみんながハッピーバースデーを歌いながらケーキを持ってくる)

《タトゥーパーラー》

Phoebe: Oh that looks so good, oh, I love it.
 わぁ、それいい感じね、素敵。

Rachel: I know, so do I. Oh Phoebe, I'm so glad you made me do this. OK, let me see yours.
 でしょう。私も気に入ったわ。フィービー、誘ってくれてありがとう。さぁ、あなたの見せて。

Phoebe: Ahh. OK, let's see yours again.
 あー・・よし、あなたのもう一回見よう。

Rachel: Phoebe, we just saw mine, let me see yours.
 フィービー、私のは今見たじゃない。あなたの見せて。

Phoebe: Oh OK. Oh no, oh, it's gone, that's so weird, I don't know how-where it went.
 わかったわ。(肩を出して見てから)うそ、まぁ、消えちゃったわ。変ね。どこいっちゃったのかしら。

Rachel: You didn't get it?
 やってもらわなかったの?

Phoebe: No.
 うん。

Rachel: Why didn't you get it?
 なんでやってもらわないのよ?

Phoebe: I'm sorry, I'm sorry.
 ごめん、ごめん!

Rachel: Phoebe, how would you do this to me? This was all your idea.
 フィービー! なんてことなの? あなたのアイデアなのに。

Phoebe: I know, I know, and I was gonna get it but then he came in with this needle and uh, did you know they do this with needles?
 わかってる、わかってる。私もしてもらおうと思ったんだけど、彼が針を持ってきて・・あなた、針でやるんだって知ってた?

Rachel: Really? You don't say, because mine was licked on by kittens.
 あらそう? 本当なの? 私のは仔猫がなめてできたのよ。

《チャンドラー達の部屋》

Joey: Hey.
 (帰ってきて)やぁ。

Chandler: Hey.
 ヘイ。

Joey: Hey listen, I'm sorry about what happened. . .
 なぁ、聞いて。さっきのこと悪かったよ。

Chandler: Yeah, me too.
 ああ、俺も悪かった。

Joey: I know. Yeah.
 ああ。わかってる。

Chandler: Yeah. So do we need to hug here or. . .
 ああ。それじゃ俺たちハグするかそれとも・・

Joey: No, we're alright.
 いや、大丈夫だよ。

Chandler: So I got you something.
 それでさ、これやるよ(プラスチックスプーンの袋を投げる)

Joey: Plastic spoons. Great.
 プラスチックスプーン! いいね。

Chandler: Lick away, my man.
 なめまくってくれ。

Joey: These'll go great in my new place. You know, 'till I get real ones.
 新しいとこで助かるよ。まぁ、ほんとのスプーンを手に入れるまでだけど。

Chandler: What?
 なに?

Joey: Well, I can't use these forever. I mean, let's face it, they're no friend to the environment.
 だって、こういうのいつまでも使えないだろ。ほら、環境によくないだろ。

Chandler: No-no, I mean what, what's this about your new place?
 いや、いや。そうじゃなくて、新しいとこって?

Joey: I'm moving out like we talked about.
 さっき話したように、出て行くからさ。

Chandler: Well I didn't think that was serious. . . You know I thought that was just a fight.
 あれはそんなマジな話とは思わなかったよ。(スプーンを取り返す)ただのケンカかと思ったよ。

Joey: Well, it was a fight. . . based on serious stuff, remember? About how I never lived alone or anything. I just think it would be good for me, you know, help me to grow or. . . whatever.
 ああ、ケンカだけど、マジなことでのケンカだ。覚えてるだろ、俺が一人で暮らしたことがないとか。俺にとっていいことだと思うんだ。成長するとか何とか。

Chandler: Well, there you go.
 ああそうかい。

Joey: Hey, are you cool with this. I mean, I don't want to leave you high and dry.
 おい、おまえ大丈夫? なんか、ケンカ別れみたいなのはイヤだからさ。

(high and dry = 取り残される)

Chandler: Hey, no, I've never been lower or wetter. I'll be fine. I'll just turn your, uh, bedroom into a game room or something, you know, put the foosball table in there.
 ヘイ! 全然問題ないさ。大丈夫だ。おまえの部屋をゲームルームか何かにするさ。ほら、フーズボールも置いて。

Joey: Woah. Why do you get to keep the table?
 おい。なんでフーズボールがおまえのものなの?

Chandler: I did pay for half of it.
 俺は半分払った。

Joey: Yeah. And uh, I paid for the other half.
 ああ。残りの半分は俺が払ったぞ。

Chandler: Alright I'll tell you what, I'll play you for it.
 わかったよ。じゃあ、賭けて勝負しよう。

Joey: Alright, you're on. I can take two minutes out of my day to kick your ass.
 ああ、いいよ。2分でやっつけてやる。

Chandler: Your little men are gonna get scored on more times than your sister.
 おまえの選手達なんかおまえの妹よりたくさんやられるぞ。

Joey: Woah, woah, woah, woah. Which sister?
 おいおいおい! ・・どの妹?

《モニカ達の部屋》

Monica: So, are you sorry that I told them?
 両親に話していけなかった?

Richard: No, it's been a long time since your dad and I went running.
 いや。君のとうさんとは久しくランニングに行ってないからな。

(レイチェルとフィービーがくる)
Rachel: Oh.
 あら。

Monica: Oh. Well did you get it? Let me see.
 ああ。やってもらってきた? 見せて。

Rachel: Is Ross here?
 ロスはいる?

Monica: No, he went out to get pizza.
 ピザを買いに行ってるわ。

Rachel: Oh, really, OK.
 そうなんだ。それじゃ。

Monica: That's great.
 すごいじゃない!

Richard: Very tasteful.
 いい感じだね。

Phoebe: Wanna see mine, wanna see mine?
 私のも見る? 私の見る?

Monica: Yes.
 ええ。

Rachel: What? You didn't get one.
 なに? やってもらってないじゃん!

Phoebe: OK, well then what is this?
 そう? じゃあこれは何?(肩を出して見せる)

Richard: What're we looking at? That blue freckle?
 何だろう? 青いソバカス?

Phoebe: OK, that's my tattoo.
 ま、それが私のタトゥーよ。

Rachel: That is not a tattoo, that is a nothing. I finally got her back in the chair, he barely touched her with the needle, she jumped up screaming, and that was it.
 そんなものタトゥーじゃないわ、何でもないわよ。ようやくイスに座らせたと思ったら、彼が針で触れるか触れないかってくらいで叫んで逃げ出して。それっきりよ。

Phoebe: OK, hi. For your information this is exactly what I wanted. This is a tattoo of the earth as seen from a great great distance. It's the way my mother sees me from heaven.
 もしもし? 言っておきますけど、これはまさしく私の希望通りなのよ。これは遠い遠いところから見た地球のタトゥーなの。私の母が天国から見た地球だわ。

Rachel: Oh, what a load of crap. That is a dot. Your mother is up in heaven going, 'Where the hell is my lily, you wuss?' OK, Phoebe, that is not a tattoo, this is a tattoo.
 まぁ。よくそんなたわ言を。そんなの点よ。あなたのおかあさんは天国から見て「私のリリーはどこなの? この弱虫」って言ってるわよ。いい? フィービー、そんなのタトゥーじゃないわ。これがタトゥーよ!(腰のタトゥーを見せる。ロスが入ってくる)

Ross: You got a tattoo?
 タトゥー入れたの?

Rachel: Maybe. But just a little one. Phoebe got the whole world.
 かもね。でもちっちゃいのよ。フィービーなんかこの全世界を入れたんだから。

Ross: Let me see.
 見せて。

Rachel: Well?
 どう?

Ross: Well it's really. . . sexy. I wouldn't have thought it would be but. . . wow.
 うん、これはほんとに・・・セクシーだね。そうなるとは思わなかったけど・・ワオ。

Rachel: Really?
 ほんと?

Ross: Yeah, so uh, is it sore or can you do stuff?
 ああ。それで・・ひりひりとかする? できるかな?

Rachel: I guess.
 多分。

Ross: Hey, save us some pizza.
 ヘイ。ピザとっといてね。(2人レイチェルの部屋へ)

《チャンドラー達の部屋》

Joey: Get out of the corner. Pass it, pass it.
 コーナーを出ろ! パス! パス!

Chandler: Stop talkin' to your men.
 選手に話しかけるな!

Joey: Yes! And the table is mine.
 よし! これで俺のものだ。

Chandler: Congratulations.
 おめでと。(出て行く)

《チャンドラー達の部屋・ジョーイの引っ越し準備》

Joey: Hey, you guys are still gonna come visit me, right?
 ヘイ。みんな俺のところに来てくれるよな?

Ross: Oh yeah, you got the big TV. We'll be over there all the time. . . except when we are here.
 ああ、おまえんところには大型TVがあるもんな。いつもそこに行ってるさ。(チャンドラーに見られ)ここにいる時以外はね。

Phoebe: I know you're just moving uptown but I'm really gonna miss you.
 ちょっと離れるだけだけど、寂しくなるわ。

Monica: I know, how can you not be across the hall anymore.
 そうよ。廊下の向こうにいるんじゃなくなるなんて。

Rachel: Yeah, who's gonna eat all our food, and tie up our phone lines, and - is that my bra? What the hell you doing with my bra?
 そうよ。うちの食べ物を食べたり、電話を使ったりする人がいなくなるなんて・・それ私のブラ? 私のブラでいったい何をしてたのよ。

Joey: Oh no-no, it's uh, it's not what you think. We uh, we used it to, you know, fling water balloons off the roof. Remember that, those junior high kids couldn't even get theirs across the street.
 いや違うよ、そんなことじゃないよ。俺たち、ほら、水風船を屋根の向こうへ飛ばすのに使ったんだ。覚えてる? あの中学生達、通りの向こうへ飛ばすこともできなかったよな。

Chandler: Yeah, I remember.
 ああ、覚えてるよ。

Ross: Hey, let's bring the rest of these down to the truck.
 おい、残りの物をトラックへ運ぼう。

(ジョーイとチャンドラー以外出て行く)
Chandler: So, uhh, you want me to uh, give you a hand with the foosball table?
 それじゃ・・・その、フーズボールを運ぶの手伝う?

Joey: Naa, you keep it, you need the practice.
 いや。おまえが持っててくれ。練習がいるだろ。

Chandler: Thanks.
 ありがと。

Joey: So, I guess this is it.
 それじゃ・・これでいいな。

Chandler: Yeah, right, yeah, I guess so.
 ああ、うん、そうだな。

Joey: Listen, uh, I don't know when I'm gonna see you again.
 なぁ、俺たち今度いつ会うかな。

Chandler: Well, I'm guessing uh, tonight at the coffee house.
 そうだな、今夜コーヒーハウスでかな。

Joey: Right, yeah. OK. Um, take care.
 そうだな。ああ。OK。じゃ、気をつけて。

Chandler: Yeah.
 ああ。

(ジョーイは出て行くが、戻ってきてハグし、出て行く)



にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村


英語 ブログランキングへ


posted by らんち at 11:37| Comment(0) | Season2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。