2013年06月24日

2-21 The One With the Two Bullies

2-21 2人のイジメッ子の話

 ☆ソファーはゆずれない!☆

《モニカ達の部屋》

Joey: Hey, Monica, why are we watching the business channel?
 モニカ、なんでビジネスチャンネルなんて見てんの?

Monica: Because I was going by it the other day, and I saw that there was a stock with my initials, MEG, on it and, well, sometimes I have to watch for two or three hours before it comes up again but when it does, it's pretty exciting.
 この前、偶然見たら、私のイニシャルのMEGって株があったの。2, 3時間見てないと出てこなかったりするけど、出てくると嬉しいのよね。

Rachel: Ok, honey, you really need a job.
 ねぇ、本当に仕事見つけた方がいいわよ。

Ross: Mon, speaking of which, dad says he knows someone you can call for an interview.
 モン、そういえば、とうさんが、募集してる人を紹介するって。

Monica: Really.
 ほんと?

Phoebe: Ok, right there. That, that's the third sign today. Right there.
 まただわ。今日これで3回目よ。いまの。

Ross: On behalf of everyone, I'd just like to say, "huh?"
 みんなを代表して聞くけど、「は?」

Phoebe: No, 'cause you just said dad. And everywhere I go today I keep getting signs telling me to go see my father. Like when I was walking over here and I passed a buffet...which is my father's last name.
 あなた今「とうさん」って言ったでしょ。今日はどこを歩いていても、とうさんに会えってサインに出会っちゃうのよ。ここへ来る途中も、ブッフェがあったの。とうさんの名字よ。

Everyone: Ahh.
 ああ。

Phoebe: And they were serving franks which is his first name minus the s at the end. And there was a rotisserie with spinning chicken.
 そこでフランクフルトを出してたわ。とうさんの名前はフランクでしょ。それから、ロテサリー(回転焼き)チキンを出してたの。

Monica: His indian name?
 おとうさんのインディアンネーム?

Phoebe: No, because I chickened out the last time.. when I tried to meet him. So I mean coincidences? I don't think so.
 だって前とうさんに会おうとした時、私ビビってチキンになっちゃったわ。これが偶然と言える? 違うわよね。

Ross: Freakish.
 不思議すぎるよね。

Monica: Wow.
 ワオ。

Joey: Freaky.
 不思議だ。

Monica: Weird, weird.
 変よね、変。

Rachel: Ok, so uh, who wants the last hamburger?
 ねぇ、最後のハンバーガー誰が食べる?

Phoebe: Oh, alright, that's it, now I have to go see him.
 もう、これで決まりよ。もう会いに行かなくちゃ。

Monica: Why?
 なんで?

Phoebe: Hamburger? McDonald's? Old MacDonald had a farm, my dad is a pharmacist.
 ハンバーガーでしょ? マクドナルドよね? マクドナルドはファーム(農場)を持ってたのよね、とうさんは、ファーマシスト(薬剤師)よ。

《セントラルパーク:ロスとチャンドラーが来る》

Chandler: Man, I am so beat.
 ああ、もう疲れたよ。

Ross: Oh, yeah.
 ああ、ほんと。

Chandler: Hey, you just wanna forget about racquetball and hang out here?
 な、ラケットボールなんて忘れてここにいようか?

Ross: Yeah, alright.
 ああ、そうだな。

(カウチに座ると男性2人やってくる)
Big Bully: Hey, you're in our seats.
 おい。俺たちの席だぞ。

Ross: Oh, sorry, we didn't know.
 あ、すみません、知らなかったよ。

Little Bully: Hey, we were sitting there.
 おい。俺たちが座ってたんだ。

Chandler: Ok, there is one more way to say it, who knows it?
 他にも言い方ありますよね。知ってる人?

Little Bully: Is that supposed to be funny?
 それ、おもしろいつもり?

Chandler: No, actually, I was just going for colorful.
 いや、ただ、多彩な方がいいかなと思って。

Big Bully: What's with this guy?
 こいつ何かあるのか?

Little Bully: What's with you?
 おまえ何かあるのか?

Ross: Uh, nothing, nothing's with him. Enjoy your coffee.
 いや、何でもない。何もないよ。コーヒー楽しんで。

(立ち去ろうとすると帽子を取られる)
Chandler: What just happened?
 いま何が起こった?

Little Bully: I just took your hat. See, I can be funny, too. My joke is that I took your hat.
 おまえの帽子を取っただけさ。ほら、俺だっておもしろいんだぜ。俺のジョークは、おまえの帽子を取るっての。

Chandler: That, that is funny. Can I have it back?
 それは・・それはおもしろいね。返してくれる?

Little Bully: No.
 いや。

Chandler: No?
 いや?

Big Bully: No.
 いや。

Ross: Ok, ok, you know what? I think you're very funny. Kudos on that hat joke. But, come on, guy, just give him back the hat.
 ちょっといい? とてもおもしろいと思うよ。帽子ジョークに拍手。でも、もう彼に返してやってよ。

(kudos = 称賛、栄誉)

Big Bully: Why should we?
 なんで?

Ross: Because it's a special hat. See, he bought it because he was feeling really down one day. So he got the hat to cheer himself up, you know. Now Chandler...
 だって特別な帽子なんだ。彼はとっても落ち込んだときに買ったんだよ。この帽子で元気になれたんだ。チャンドラー・・

Chandler: Stop talking, stop talking now. Let me just get this straight. You're actually stealing my hat?
 しゃべるな。もうしゃべるな。要するに、俺の帽子を盗るっていうのか?

Big Bully: You got a problem with that?
 それに何か文句があるのか?

Chandler: No, just wanna make sure we're on the same page.
 いや。ただ、誤解のないようにと思っただけ。

《モニカ達の部屋:モニカが帰ってくる》

Rachel: Hey, how'd the interview go?
 ねぇ、面接どうだった?

Monica: It bit. It was a 50's theme restaurant. I have to cook in a costume and dance on the counter. I mean, I was a sous chef at Cafe des Artistes. I mean, how could I take a job where I have to make something called Laverne and Curly Fries?
 ひどいのよ。50年代をテーマにしたレストランなの。コスチュームで料理して、カウンターの上でダンスしなきゃいけないのよ。私はカフェ・デ・アーティストの副料理長だったのよ。ラバーンとカーリーフライなんて料理を出すようなレストランで働くなんて!

(Laverne and Curly Fries = Laverne で調べてみると、
 Laverne and Shirley が出てきました。この2人の女性が
 ルームメイトという設定のシットコムです。
 シャーリーとカーリーフライというダジャレ?
 また、これはフレンズではよく出てくる"Happy Days"の
 スピンオフなのでこれにかけた名前かなと思います。)


Rachel: So don't do it.
 じゃあやめたら。

Monica: How can I not do it? I have $127 in the bank.
 やめられる? 銀行に127ドルしかないのよ。

Joey: Monica, relax, go get a beer.
 モニカ、落ち着いて、ビールを取ってくるんだ。

Monica: I don't want a beer.
 ビールほしくないわ。

Joey: Who said it was for you?
 誰がモニカのって言った?

Ross and Chandler: Hi.
 (2人で入ってくる)ハーイ・・

Rachel: What's the matter with you?
 どうしたの?

Chandler: The mean guys at the coffee house took my hat.
 コーヒーハウスで根性の悪いやつに帽子取られた。

Rachel: No.
 ウソ。

Joey: You're kidding.
 冗談だろ。

Ross: It was ridiculous. You know, these guys, they were bullies, actual bullies, you know. We're grown ups, this kinda stuff isn't supposed to happen anymore.
 バカげてるよ。こいつら、いじめっ子なんだ。本当のいじめっ子だ。僕らオトナなのに、こんなことが起きるなんて。

Rachel: Oohhh.
 まぁ。

Ross: Hi.
 ハーイ。

Rachel: Hi.
 ハーイ(ハグ)

Chandler: Ohhh.. Oh, no, wait a minute, I have no one.
 ああ・・オーノー! 待てよ、俺には誰もいない。

Joey: Hey, woah, let's go down there and get your hat back.
 おい、行って帽子を取り戻してこよう。

Chandler: Na, forget it, it's probably stripped and sold for parts by now.
 いや、もうダメだよ。今頃は分解してパーツを売ってるさ。

Monica: Hey, I went up.
 (新聞を読んで)ちょっと! 上がってるわ。

Rachel: What?
 何が?

Monica: My stock, MEG, it went up 2 points. Hey guys, do you realize that if I had invested my $127 in myself yesterday that I'd like have...a lot more than that today. You know what? I'm gonna do it.
 私の株、MEGよ。2ポイント上がってる。ねぇ、もし私の127ドルを昨日ここに投資してたら・・・今より増えてるわ。ねぇ、私やってみる。

Joey: Do what?
 何を?

Monica: Put all my money in me.
 ここに私のお金かけてみるのよ。

Rachel: Monica, what are you talking about? You don't know the first thing about the stock market.
 モニカ、何を言ってるのよ。株式投資のことなんてなにも知らないじゃない。

Monica: What's to know? Buy sell, high low, bears bulls... Yes, Manhattan... yeah telephone number of the stock...selling store.
 何を知らなきゃいけないの? 買う売る、高値安値、強気弱気・・(電話をかけて)ええ、マンハッタンの電話番号で、株を・・売ってるお店?

bearbull.jpg
bears bulls は金融用語で強気・弱気)

《フィービーのパパの家》

(急ブレーキのためクッションを使うジョーイとレイチェル)
Joey: See, didn't I tell you these pillows would be a good idea?
 ほら、クッションが役に立つって言っただろ?

Phoebe: Oh, God, here we go. For the first time in my life I'm gonna say 'Hi, birth father'.
 ああ、神様。いよいよね。生まれて初めて、「ハーイ、実の父さん」って言うのね。

Rachel: We love you, we're here for you.
 愛してるわ。私達がついてるわよ。

Joey: Yeah, good luck, good luck!
 ああ、頑張ってこいよ!

Phoebe: Thanks.
 ありがと。

Joey: Hey, Rach, you uh, you want some sandwich?
 なぁ、レイチ、サンドイッチ欲しい?

Rachel: Oh, what is in that?
 まぁ。何が入ってるの?

Joey: Olive loaf and ham spread, no mayo.
 オリーブローフとハム。マヨネーズなし。

olive loaf.jpg

Rachel: No no, 'cause mayo, that would make it gross.
 ダメよね、マヨネーズはひどいことになるわよ。

Phoebe: Hey, hey, no, oh oh.
 (犬に襲われ)ちょっと、ダメ、あぁ、あっ!

Rachel: Run! Phoebe, run!
 逃げて! フィービー、逃げて!

Phoebe: No no no, doggie, please. Oh, I do so wanna love all animals, please, no. Back off!
 ダメよ、わんちゃん、お願い。動物みんな好きでいたいのよ。お願いだからやめて!

Joey: Get him a bone, get a bone. You gotta bone?
 骨をやるんだよ。骨を! (レイチェルに)骨持ってない?

Rachel: Are you kidding me?
 冗談でしょ?

Phoebe: Look kibbles! Bits! Oh, God, alright, get the hell off my leg you yippity piece of crap! [Flings the dog off and jumps in the cab. The dog keeps jumping up to the window.] Ok, alright, we have a problem.
 ちょっと! ワンコ! ああ、足を離して! この悪ガキワンコ! (車に逃げ込むが、犬は車に飛びついている) ああ、問題発声ね。

(kibbles は、粉砕してつくったドッグフードのイメージの
 ようですし、kibbles and bits では、スラングでは
 生殖器からコカインまでありました。
 yippity は日本語訳は見つかりませんでしたが、yipityという
 サイトがありました。ペット関連サービス・販売のようです)


Joey: Well, why don't you just reach out and take his trampoline.
 手を伸ばしてトランポリンを取り上げればいいんじゃないの。

Rachel: Ok, here, I know what we can do.
 わかったわ。どうしたらいいかわかった。(ジョーイのサンドイッチを投げる)

Joey: Hey, hey, hey, no.
 おいおい、ダメだよ!

Rachel: Ok, doggie get the- aahhh. Ok, go get the sandwich, get the sandwich, doggie. Good doggie, get the sandwich, get the...ok, Joey, the dog will lick himself but he will not touch your sandwich, what does that say?
 わんちゃん、ほら、サンドイッチ取って。行ってサンドイッチ食べなさい、わんちゃん、おりこうね、サンドイッチ食べて・・(犬は無視する)ちょっとジョーイ、あの犬、自分のことはなめても、あなたのサンドイッチには見向きもしないわよ。どういうこと?

Joey: Well, if he's not gonna eat it, I will.
 うー、あいつが食べないんなら俺食べる。

Phoebe: Are you crazy?
 どうかしてるわよ。

Joey: Pheebs, he's just a little dog. . . Ahhh.
 フィーブス、ただの小さな犬じゃないか。(振り返ると犬が窓の隙間から乗り出してきていたので)わー!

《セントラルパーク:ロスとチャンドラー》

Chandler: Hey.
 なぁ。

Ross: What?
 なに?

Chandler: Do you have to be a Century 21 real-estate agent to get to wear those really cool jackets?
 センチュリー21のあのカッコいいジャケットって、あそこの社員しか着れないのかな?

Ross: Do you say this stuff to girls?
 おまえ・・・そういうこと女の子にも話すの?

(例の2人が入ってくる)
Big Bully: He-he-he-hey, isn't that the guy who used to wear your hat?
 おいおいおいぃ。こいつおまえの帽子かぶってた奴じゃない?

Little Bully: And look where they're sitting.
 どこに座ってるのか、ちょっとろよ。

Ross: You're joking, right? You guys just walked through the door.
 冗談だろ? 今来たばっかりじゃないか。

Big Bully: Maybe we didn't make it clear enough.
 この前はっきりわからせてなかったみたいだな。

Little Bully: Yeah.
 ああ。

Big Bully: This couch belongs to us.
 このカウチは、俺たちのものだ。

Chandler: Alright, I'll tell you what, you call the couch and then, and then we'll call the couch, and we'll see who it comes to.
 もういい。いいか、このカウチが自分の物だと言うんだな、俺たちもこれは自分の物だと言う。さぁどうなるのかな。

Big Bully: You know what I keep wondering? Why you two are still sitting here.
 さっきから不思議なんだけどな。2人とも、なんでいまだにそこに座ってるんだ?

Ross: Alright, that's it. I've had enough of this, alright? Gunther, these guys are trying to take our seat.
 もういい。そこまでだ。もうたくさんだ。いいか? ガンター、この人達が僕らの席を取ろうとするよ。

Gunther: Fellas, these guys were here first.
 君たち、この人達の方が先に来てるから。

Big Bully: Oh, sorry, I didn't realize.
 ああ、悪かった。気づかなかったよ。

Little Bully: Sorry.
 悪かった。

Gunther: There you go.
 はい、どうも。

Ross: Thank you, Gunther. We didn't want to have to go and do that.
 ありがとう、ガンター。こんなことしたくなったけどね。

Little Bully: He told on us?
 あいつ、いいつけたぞ。

Big Bully: You told on us?
 おまえ、俺たちのこといいつけたな。

Ross: Well, pal, you didn't give me much of a choice.
 いやぁ、君たち、そうするしかなかったんだよ。(男のループタイを指ではじく)

Chandler: Don't play with his things.
 (ロスに)そいつのものに触るな。

Ross: I know.
 そうだよな。

Big Bully: Alright, let's take this outside.
 よぉし、表に出ようじゃないか。

Ross: "Let's, let's take this outside?" Who talks like that?
 「表に出ようじゃないか」って? 誰がそんなことを?

Big Bully: The guy that's about to kick your ass talks like that.
 おまえのケツを蹴り倒そうって奴が言ってるんだよ!

Chandler: You had to ask.
 聞かなきゃいけなかったのか。

Ross: Yeah.
 ああ。

(男達は、2人の座ったカウチを傾ける)
Ross: Ok, ok look, see, the thing is we're, we're not gonna fight you guys.
 ちょっとちょっと、いい? 僕らは・・僕らは君たちとケンカなんかしないからね。

Little Bully: Well, then here's the deal, you won't have to so long as never ever show your faces in this coffee house ever again.
 そうかい。ケンカしたくなかったら、二度とこの店に顔を出さないことだな。

Chandler: I think you played the Gunther card too soon.
 (ロスに)ガンターを呼ぶの早すぎたと思う。

《タクシーの中のフィービー達》

Joey: Hey, Pheebs, I think you're good to go.
 なぁ、フィーブス、もう行ってもいいんじゃないかな。

Phoebe: Yeah, I don't know.
 そう・・どうかしら。

Rachel: What's the matter?
 どういうこと?

Phoebe: I just think that this was a really bad sign, you know. I mean, like the beast at the threshold, you know. It's just, I have no family left, you know. I mean, except for my grandmother, you know, but let's face it, she's not gonna be around forever, despite what she says. And I have a sister who I've barely spoken to since we like shared a womb. I don't know, this is my real father and I just, I want things to be like just right.
 これは悪いサインっていう気がするのよ。獣が門番してるとか。私ほかに家族がいないじゃない。おばあちゃんはいるけど、正直なとこ、いつまでも一緒にいてくれるわけじゃないでしょ。本人はいるつもりみたいだけど。そして子宮で一緒だった姉とはほとんど口もきかないし。なんていうのかしら・・本当のおとうさんなんだから、本当にちゃんとしたいの。

Rachel: Yeah, Phoebe, I completely understand.
 そうね、フィービー。よくわかるわ。

Joey: Yeah, whatever you need. . . Hey, you wanna go home?
 ああ、君のしたいようにしたらいい・・もう帰る?

Phoebe: Ok, thanks. Sorry, again
 そうね、ありがとう。今度もごめんね。

(車をスタートさせると、犬の悲鳴で、すぐ車をとめる)

Phoebe: What was that?
 今のなに?

Joey: Uhh, I'm guessing the threshold's clear now.
 うーん・・入り口はもう空いてる気がするな。

《モニカの部屋》

Monica: I wanna buy 5 shares of SGJ and I wanna buy them now. Come on, time is money, my friend. Thank you! Wooo.
 SGJを5株買いたいの、今買いたいのよ。しっかりね、時は金なりよ! どうもね! フー!

Rachel: "Time is money, my friend"?
 「時は金なりよ」?

Joey: Yeah, you missed, 'Takes money to make money,' and 'Don't make me come down there and kick your wall street butt.'
 ああ、「金を作るために金を取る」とか「ウォールストリートのケツ蹴りに行く」ってのもあったぞ。

Monica: Hey, I made $17 before breakfast, what have you done?
 なによ。私は朝食前に17ドルかせいだわよ。あなたはどう?

Joey: Well uh, I had breakfast here so technically I saved $3.50.
 そうだな。ここで朝食すませたから、3ドル50もうけたな。

Rachel: How did you make $17.
 どうやって17ドルかせいだの?

Monica: Well, my financially challenged friends, I split my money and I bought some shares of CHP and ZXY.
 いいこと、お金に不自由してる友人達。私はね、CHPとZXYの株を買ったのよ。
 
Joey: How come those?
 なんでそれにしたの?

Monica: Well, CHP because I used to have a crush on Eric Estrada. And ZXY because I think it sounds zexy.
 CHPは、CHiPsに出ていたエリック・エストラーダを好きだったことがあるから。ZXYはゼクシーって聞こえるから。

(CHiPsは、日本では白バイ野郎ジョン&パンチ


Rachel: What happened to MEG.?
 MEGはどうなったの?

Monica: MEG was good for me but I dumped her. You know, my motto is "Get out before they go down."
 MEGはよかったけど、でももう捨てた。私のモットーは、「落ちる前に捨てろ」

Joey: That is so not my motto.
 俺のモットーの正反対だな。

(フィービーが来る)
Phoebe: Hey.
 ハーイ。

Rachel: Hey, Pheebs. Oh, hey, how's the dog?
 フィーブス、犬はどうだった?

Phoebe: Ok, I talked to the vet, people are so nice upstate. Anyway, he said that the little fella's gonna be ok, and I can pick him up tomorrow.
 獣医さんと話したわ。北部の人達って優しいのね。とにかく、あのチビちゃん大丈夫だって。明日引き取れるんですって。

Joey: Good.
 よかった。

Rachel: Oh, thank God.
 ああ、よかったわね。

Phoebe: Yeah, but he did have to have a bunch of stitches. And he said that only once in a blue moon does a dog's ear grow back. So...still hoping.
 ええ。でも、何針も縫ったのよ。ブルームーンの間に一回しか犬の耳は生えてこないって彼は言ってたから、それに期待するわ。

Rachel: Ok, so Phoebe, now are you gonna call your dad and let him know that his dog is ok?
 それでフィービー、おとうさんに電話して犬のこと話すの?

Phoebe: I don't wanna meet my father over the phone. What am I gonna say, like 'Hi, I'm Phoebe, the daughter you abandoned. Oh, by the way, I broke your dog.'
 おとうさんと電話で初めて話すのはイヤなの。なんて言えばいいの? 「ハーイ、私フィービー、あなたの捨てた娘よ。あ、そうそう、犬ひいちゃった」って?

Joey: Hey, Pheebs, if you want, I'll do it.
 なぁ、フィーブス、なんなら、俺が電話してやろうか。

Phoebe: Ok. Listen, just don't say anything about me, ok?
 お願い。私のことはなにも言わないでね。いい?(電話を取りに行く)

Monica: Don't...be too long with the phone.
 ダメ!・・・長電話はやめてね。

Rachel: She'll be a much better friend when the market closes.
 株式市場が終わると、もっといい友達に戻るから。

Joey: It's a woman.
 (受話器をふさいで)女の人だ!

Phoebe: So talk to her.
 話して。

Joey: Uhh, hello, Mrs. Buffay. I know where your dog is. I want you to know that he'll be returned to you, almost as good as new, within, within 24 hours. Uh, goodbye.
 (変な低い声で)こんにちは、ブッフェさん。おたくの犬がどこにいるか知ってるよ。ただ、犬はほとんど元気になって帰るって知らせたくてね。24時間以内に戻るよ。さよなら(電話を切る)

Rachel: Why the voice?
 なんでその声?

Joey: Hard to say.
 (変な声のままで)なんでかな。

《チャンドラー達の部屋:ロスとチャンドラー》

Chandler: Your cappuccino, sir.
 カプチーノですよ。

Ross: Thank you.
 ありがと。

(袋入り粉のカプチーノを溶く)
Chandler: You know, I think this is much better than the coffee house.
 なぁ、ここで飲む方がコーヒーハウスよりずっといいよな。

Ross: Absolutely.
 まったくだよ。

Ross: How come it's not mixing with the water?
 (かき混ぜてから覗いて)なんでこれ水とまざらないの?

Chandler:Well, the package says you have to constantly keep it moving. Stir and drink, stir and drink, never let it settle.
 パッケージに書いてある。ずっと混ぜていないといけないんだって。混ぜて飲む、混ぜて飲む。 かき混ぜ続けるんだ。

(かき混ぜて飲んでいるとジョーイが部屋から出てくる)
Joey: Hey, this is ridiculous. I'll tell you what. After I get back from my niece's christening, I'll go down to the coffee house with you and we'll all have a nice cup of coffee, alright. No problem, Joey's there.
 おい、こんなのバカげてるよ。いいか、姪の洗礼が済んだら、一緒にコーヒーハウスへ行っておいしいコーヒーを飲もう。いいな。それで問題ない。ジョーイがついてる。

Chandler: Ok.
 よーし。

Ross: No.
 ダメだ。

Chandler: No?
 ダメ?

Ross: No. Man, I don't wanna have to have Joey with me every time I wanna descent cup of coffee. You know, and I don't wanna spend the rest of my life drinking cappuccino with a 'K'. I say you and I go back down there and stand up to those guys.
 ダメだよ。落ち着いてコーヒー飲むたびにジョーイについてってもらわないといけないなんてイヤだよ。それに、今後一生こんなカプチーノ飲むのもイヤだ。君と僕と2人でいって、やつらに立ち向かうんだよ。

Chandler: Alright, hang on a second there, Custer.
 ちょっと待てよ、カスター。

George Armstrong Custer という1800年代の軍人
 時に向こう見ずなほど勇敢であったと言われる)


Joey: Yeah, really, Ross, have you ever been beaten up before?
 そうだよ、ロス。ボコボコにされたことあるのか?

Ross: Yeah, sure.
 あるさ。

Joey: By someone besides Monica?
 モニカ以外にだぞ?

Ross: No. So what? So what? If we get beaten up, maybe that's just something every man has to go through once in his life. You know, like a, like a right of passage or something.
 ないよ。だから何だよ。ボコボコにされたとしても、それはしかたがないよ。一種の通過儀礼みたいなものじゃないのか?

Chandler: Well, couldn't we just lose our virginities again? You know, because I think actually mine's growing back.
 それって、もう一回童貞を失う感じ? また童貞になりつつあるんだけど。

《モニカ達の部屋:レイチェルが帰ってくる》

Monica: I need to borrow a hundred bucks.
 100ドル貸して。

Rachel: What?
 え?

Monica: Hi, welcome home. . . I need to borrow a hundred bucks.
 おかえり。100ドル借りたいの。

Rachel: For what?
 なんで?

Monica: I've gotta get back in the game.
 このゲームに返り咲かなきゃいけないもん!

Rachel: Why, when did you get out of the game?
 なんで? いつゲーム降りちゃったの?

Monica: I don't know, I lost it all ok. I lost it.
 わかんない。全部なくしちゃたの。失っちゃった。

Rachel: Oh, no.
 まぁ。

Monica: Hey, I've come to terms with it, you have to, too.
 私が負ける時は、あなたも一緒よ。

(come to terms = 屈服する)

Rachel: Ok. Look, Mon I'm, I'm really sorry.
 モン、本当にかわいそうに。

Monica: Yeah, yeah, yeah, where are we on the hundred bucks?
 ええ、ええ。100ドルはどこ?

Rachel: I, I don't have it.
 持ってないわ。

Monica: But I need it. Otherwise, I'm gonna have to take that horrible diner job. You know, with the dancing and the costumes. I don't wanna have to wear flame-retardant boobs.
 でもいるのよ。それがなかったら、あのひどいレストランで働くしかなくなっちゃう。コスチュームで踊らないといけないのよ。燃えない素材のニセおっぱいなんてつけたくない。

Rachel: Nobody does, honey.
 気持ちはわかるわ。

《フィービーのパパの家:犬を連れてきたフィービー》

Phoebe: Hi.
 どうも。

Mrs. Buffay: Noodle. Oh, my God, what the hell happened to my dog?
 (犬を見て)ヌードル! なんてことなの? この子に何があったの?

Phoebe: It was an accident, and, and the woman who did this would never ever hurt a dog on purpose. She's a vegetarian.
 事故だったのよ。ひいちゃった人も、わざとやったんじゃないのよ。彼女ベジタリアンなんだから。。

Mrs. Buffay: What are these, stitches?
 なにこれ、縫ったの?

Phoebe: Yeah, eight of them. That's 56 to him. You know also, if, if it's raining, you can't let him look up too long because that cone'll fill up really really fast.
 ええ、8針よ。彼に取っては56針よね。それと、雨の時、あまり上を向いて歩かせないようにね。そのカラー、あっという間に水がたまるから。

Mrs. Buffay: Yeah well, thanks for bringing back what's left of him.
 まぁとにかく、こんなになっちゃってるけど、連れてきてくれてありがとう。

Phoebe: Sure, oh, is, is Frank home.
 ええ。それから、フランクはいる?

Mrs. Buffay: How do you know Frank?
 どうしてフランクを知ってるの?

Phoebe: Just from a, from a long time ago. Is he here?
 ちょっと・・ちょっとした古い知りあい。います?

Mrs. Buffay: Yeah. Frank!
 ええ。フランク!

Frank: Yeah. What?
 なに?

Phoebe: Oh, ok, um, I mean Frank Senior.
 あ、その・・私が言ったのは、フランク・シニアの方よ。

Mrs. Buffay: He went out for groceries.
 彼は買い物に行ってるわ。

Phoebe: Ok, so will he be back soon?
 そう。すぐ帰ってきます?

Mrs. Buffay: Well, he left four years ago. So we're expecting him back any minute now.
 そうね、4年前に出かけたから、もうすぐ戻るんじゃないかしら。

Phoebe: Alright, I'm gonna go. I'm sorry about the dog, everything. I'm sorry.
 わかったわ。もう行きます。すみません。犬のこととかいろいろ、ごめんなさい。

Frank: Hey, lady. Hey, wait up. How do you know my dad?
 ちょっと、ねぇ、待って。なんでおやじのこと知ってるの?

Phoebe: Well, I don't really. Just genetically. He's kind of my dad, too.
 いえ。知らないの。ちょっと遺伝的に・・彼私のおとうさんでもあるの。

Frank: Heavy.
 これはヘビーだ。

Phoebe: Yeah. So, did he ever talk about me, Phoebe?
 そうね。彼私のこと話したことない? フィービーだけど?

Frank: No, but he didn't really talk about anything.
 いや。彼は本当に何も話さなかったから。

Phoebe: Oh.
 ああ。

Frank: Except stilts.
 竹馬のこと以外は。

Phoebe: Stilts?
 竹馬?

Frank: Yeah, he loved stilts. One time I was upstairs, I was stealing cigarettes out of my mom's purse, and uh, all of a sudden I look over and there's my dad's head bobbing past the window. He just had this big smile on his face and he was waving 'cause he was always happiest when he was on his stilts.
 ああ。竹馬が好きだったんだ。一回、俺が2階でおふくろのタバコを盗っていた時、いきなりおやじの頭が窓の外をぴょこぴょこ通り過ぎてったのを見たよ。すごいご機嫌な笑顔で手を振ってさ。竹馬に乗ってる時が一番幸せだったんだ。

Phoebe: Wow.
 ワオ。

Frank: Yeah.
 ああ。

Phoebe: I don't know what to do with that.
 なんて言ったらいいかわかんないわ。

Frank: Me neither. So you're, like, my big sister.
 俺もだ。それで・・あんたは俺のねえさんなんだな。

Phoebe: Yeah.
 ええ。

Frank: This is huge, you can buy me beer.
 ほんとビックリだよ。ビール買ってくれる?

Phoebe: I'm not gonna. But you know what's cool though? Ok, if you had a friend named Pete, then I could say, 'Oh yeah, I know Pete, he's friends with my brother.'
 ううん。でも素敵よね。もしあなたにピートって友達がいたら、私、「ああ、ピート? 彼は弟の友達よ」とか言えるのよね。

Frank: I gotta friend named Mark.
 マークって友達ならいるよ。

Phoebe: That'll work too.
 それでもいいわね。

Frank: Cool, alright. So maybe, you know, I could give you a call sometime, we could talk or something, you know.
 いいね。じゃあ、電話したりしてもいいのかな。話したりなんかしいて。

Phoebe: Yeah, that'd be ok.
 ええ、いいわね。

Frank: Alright.
 いいね。

Phoebe: Ok, I'm in the book.
 じゃあ。電話帳に載ってるから。

Frank: Ok, yeah.
 わかった。

Phoebe: Alright. So um, stilts, huh?
 それじゃ・・ところで、竹馬?

Frank: Yeah. Hey, you know if you want I can take you around back and show you where he hit his head on the rain gutter.
 ああ。そうだ、もしよかったら、裏に回って、おやじが頭ぶつけた雨樋見せてあげるよ。

Phoebe: Ok.
 いいわね。

《セントラルパーク:ロスとチャンドラー》

Ross: Well, we did it, we're here. We are standing our ground. How long does a cup of coffee take?
 やったよな。ここに来た。自分の場所は守るんだ。コーヒー出すのにどれだけ時間かかるんだ?

Stand-your-ground-law という法律がある。
 自分の敷地内なら正当防衛が通りやすい的な)

Chandler: Would you come on! Come on! . . . Thank you.
 頼むよ、早く!(コーヒーがくる)ありがと。(2人あっという間に飲む)

Chandler: Ah, there we go.
 さぁ、行こうか。

Ross: I think we proved our point.
 主張はしたぞ。

Chandler: You burn your mouth?
 やけどしなかった?

Ross: Cannot feel my tongue.
 舌の感覚がないよ。

(店を出たところで例の2人に出会う)
Chandler: Bullies, big bullies.
 いじめっ子だ。でかいいじめっ子達だ。

Little Bully: Oh, look who's here, it's the weenies.
 おや、誰かと思えば、弱虫達じゃないか。

Big Bully: Did we not make ourselves clear the other day.?
 この前の話わからなかったのか?

Ross: Yes, and that's why we're here.
 だからここにいるんだよね。

Chandler: Yes, we're standing out ground...apparently.
 そうさ。自分の場所は守るんだ。・・・みたいな。

Little Bully: Let's do this, alright.
 よし、やろうじゃないか。

Ross: Woah, ho-ho, what you got there, a weapon?
 うわお! おいおい、何を持ってるんだ。武器か?

Little Bully: It's a nice watch, I don't wanna break it on your ribs.
 これはいい時計なんだ。おまえらのアバラで傷つけたくないからな。

Chandler: Alright, let's do this.
 よし、やろう。

Little Bully: Alright.
 よし。

Chandler: Question. If I don't care about my watch, can I use it as a weapon?
 質問。時計どうでもよかったら、武器として使ってもいい?

Ross: What do you mean?
 どういうこと?

Chandler: Well, it's sharp, it's metal, I think I can do some, you know, serious damage with it.
 だって、これ尖ってるし、金属だし、きついダメージ与えられるんじゃないか?

Big Bully: No, you can't use your watch.
 ダメだ。時計は使うな。

Chandler: Ok.
 わかった。

Big Bully: Or your keys.
 キーもダメだ。

Chandler: Ok.
 わかった。

Little Bully: Look, here's what we'll do. We'll put all keys and watches in the hat over there. Alright. . . . Alright, come on, man! Let's do this.
 そうだ、こうしよう。この帽子にキーや時計を入れてここに置くんだ。いいな。(帽子に入れて、それを歩道のボックスの上に乗せる)よし、こい、おまえら! やってやろうぜ。

Ross: Before I forget, are we hitting faces?
 忘れないうちに聞くけど、顔もなぐるの?

Big Bully: Of course, we're hitting faces, why wouldn't you hit faces?
 当たり前だ。なんで顔なぐっちゃいけないんだ。

Ross: Well, because I have to work on Monday, I have a big presentation.
 いや、月曜日仕事だからさ、重要なプレゼンがあるんだ。

Little Bully: Actually, you know, I gotta show this apartment tomorrow and, you know, this no faces thing might not be a bad idea.
 ああ、俺も実は、明日アパートを見せなきゃいけないから、顔は避けるってのはいい案かも。

Big Bully: Ok, nothing from the neck up. . . Or the waist down. Dana's ovulating.
 わかった。じゃあ首から上はなしだ。・・・あと、腰から下も。(仲間に)ダナが排卵期でな。

Little Bully: Oh really, you guys trying again?
 あ、そうなんだ、また子作りに挑戦してるのか?

Big Bully: Yeah.
 そうなんだ。

Chandler: Ok, so let me just get this straight. So we're strictly talking about the middle?
 よし、じゃあまとめると、真ん中だけってことだな?

Big Bully: Come on!
 来い!

Ross: Hey, hey, woah, you want some of this, huh? You want a piece of this, huh? I'm standing here, huh.
 ヘイヘイ! ウワオ! これをくらいたいか? これを食らってもいいのか? ハ? こい。

Chandler: Hey, hey, those guys are taking our stuff!
 おい、あいつら俺たちの物盗っていくぞ!

Ross: Hey.
 おい!

Big Bully: Hey.
 こら!(みんなで追いかける)

《セントラルパーク:4人、取り戻して戻ってくる》

Ross: God, that was, that was amazing, that was incredible. You guys, you guys kicked butt.
 ああ、あれはもう信じられないよ。素晴らしかったよ。君たち、やつらのケツ蹴っ飛ばしてたよね。

Little Bully: Us, what about you guys? Man you really, bing, gave it to old Mr. Clean back there. He was a big guy.
 お前達だってどうだよ。あのミスター・クリーンをやっつけたじゃないか。大きな男だったぜ。

mr_clean1.gif
(ミスター・クリーン、洗剤のキャラクター)

Ross: Yeah, he was, wasn't he.
 ああ、確かに大きかったね。

Chandler: Yeah, I wouldn't know, having missed everything.
 そう。俺は知らないよ。何も見てない。

Big Bully: Don't do that to yourself. Any one of us could have tripped over that little girls jump-rope.
 気にするなって。誰だって女の子達の縄跳びにはつまづくさ。

Ross: So, listen, guys, are we uh, are we ok here?
 それじゃ、ねぇ、君たち、僕らもういいよね?

Little Bully: We're ok.
 ああ、もう大丈夫だ。

Ross: Alright.
 よーし。

Chandler: Ok so, can I have my hat back?
 そうか。じゃあ、帽子返してくれる?

Little Bully: No.
 ダメだ。

Chandler: Huh.
 フン。。(奪って、走って逃げようとするがカウチ後ろで転ぶ)

《モニカの職場・Moondance》

Rachel: Look at her.
 見て彼女。

Chandler: Hi, Monica.
 やぁ、モニカ!

Joey: He-he-he, how's it going?
 へへへー♪ 調子どう?

Phoebe: Hey, nice boobs.
 ハーイ、素敵なおっぱいね。

Chandler: Guys guys, check this out.
 みんな、みんな! これ見て。

(チャンドラーがコインを入れてYMCAをかけると、スタッフがカウンターに上って踊りだし、モニカもシブシブ加わって踊る。コインをいっぱい机の上に出すチャンドラー)
Joey: Excellent.
 最高だね!

*:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:.*:..。o○☆ *:..。o○☆ *:
今回の「いじめっ子」、オトナなのにこの言葉を
使うのには抵抗がありましたけど、オトナ版の言葉って
ありましたっけ?
ないのは変ですよね。オトナのいじめっ子っているのにね。
何か見つけたら、修正します。

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村


英語 ブログランキングへ

*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*
毎回、フィービーについてきたジョーイの優しさには
驚きますよね。前回はチャンドラー、今回はレイチェルも。
おもしろさだけじゃなくて優しいところ、
ケンカもするけど、
友達だからって道理を超えて味方をしてくれるところ、
それがこのドラマの魅力だなとつくづく思いました。
*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*
posted by らんち at 01:26| Comment(0) | Season2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月23日

2-20 The One Where Old Yeller Dies

2-20 オールドイェラーが死ぬ話

 ☆おとぎ話のウソ☆

《モニカ達の部屋:フィービーが来る》

Phoebe: Hey. Watcha guys doing?
 ハーイ、何を見てるの?

Richard: Monica's making us watch Old Yeller.
 モニカに、オールド・イェラーを見させられてるんだ。

oldYeller.jpg

Phoebe: Why are you guys so upset? It's Old Yeller, it's a happy movie.
 なんで悲しそうなの? オールド・イェラーでしょ、楽しい映画じゃないの。

Rachel: What?
 え?

Ross: What're you talking about?
 何をいってるんだ?

Phoebe: Come on, happy family gets a dog, frontier fun.
 だって、幸せな家族が犬を飼って、開拓時代の楽しい映画よ。

Ross: Yeah, but Pheebs, what about the end?
 そうだけどフィーブス、最後はどう?

Phoebe: When Yeller saves the family from the wolf and everyone's happy?
 イェラーが家族をオオカミから救って、ハッピーエンドじゃん。

Rachel: That's not the end.
 それは終わりじゃないわよ。

Phoebe: Yu-huh. That's when my mother would shut off the TV and say 'The end'.
 そうよ。ママがテレビを切って「おしまい」って言ったもん。

Monica: What about the part where he has rabies?
 彼がレイビー(狂犬病)になるところは?

Phoebe: He doesn't have rabies, he has babies. That's what my mom said.
 レイビーじゃないわよ。ベイビーを持つのよ。ママがそう言ったわ。

Richard: Uh, Phoebe, I don't think your mom would want you to see what's about to happen.
 フィービー、君のママは何が起きるか見せたくなかったんだよ。

Phoebe: What, what's about to happen? . . . I've never seen this part before. Hey, Travis, what you doing with that gun? Oh no. No, no, Travis, put down the gun. No, no, no, no, he's your buddy, he's your Yeller, no, no no, the end, the end! . . . Okay, what kind of a sick doggy snuff film is this?
 なに? 何が起きるの? こんな場面は見たことないわ。ちょっと、トラビス、そんな銃で何をする気? ダメよ、ダメ、トラビス、銃を置いて。ダメダメダメ! 彼は友達なのよ。あなたのイェラーじゃないの! ダメよ、おしまい、おしまい! (銃声)なによ。なんてひどいクンクン映画なのよこれ?

《モニカ達の部屋:リチャードはバルコニー、モニカ電話中》

Monica: Hey, have you guys eaten, because Richard and I just finished and we've got leftovers... Chicken and potatoes... What am I wearing?...Actually, nothing but rubber gloves.
 ねぇ、食事すんだ? リチャードと私は食べたけど、残っちゃったのよ。・・・チキンとポテトよ。・・何を着てるかって? 実は、ゴム手袋だけなのよね。

(チャンドラーとジョーイが駆け込んでくる)

Joey: You know, one of these times you're gonna really be naked and we're not gonna come over.
 今度ほんとに裸になっても来てやらないぞ。

Monica: Alright, I've got a leg, three breasts and a wing.
 はい、モモ1つ、ムネ3つ、テバ1つよ。

Chandler: Well, how do you find clothes that fit?
 それに合う服どうやって探すの?

Joey: Oh, hey, Monica, we've got a question.
 な、モニカ、聞きたいんだけど。

Monica: Alright, for the bazillionth time, yes, I see other women in shower at the gym, and no, I don't look.
 もう何回言えばいいの。そう、ジムでシャワーの時他の女性に合うわよ、でも、いいえ、見ないわ。

Joey: No, not that one. We're trying to figure out who to bring to the Knicks game tonight, we have an extra ticket.
 それじゃないよ。ニックスのゲームに行くんだけど、チケットが一枚余っていて、誰を連れていくか考えてるとこなんだ。

Chandler: Yeah, Ross can't go so it's between my friend Eric Prower, who has breath issues and Dan with the poking. 'Did you see that play? Do you want some more beer? Is that Spike Lee?'
 ロスが行けなくて、俺の友達の口臭に問題ありのエリック・プロワーか、つっつくダンかどっちかで迷ってるんだ。(モニカを突きながら)「今のプレイ見た?」、「もっとビール飲む?」、「あれスパイク・リー?」

Monica: Ok. . . Hey, why don't you ask Richard?
 わかったわよ。ねぇ、リチャードに聞いてみたら?

Joey: Ok, hey, Richard, if you had an extra ticket to the Knicks game and you had to choose between a friend who smells and one who bruises you, who would you pick?
 ああ、リチャード、もしニックスのチケットが余ってて、臭うやつと突っついてくるやつとどっちかだったら、どっちを誘う?

Richard: Wow. Well, being a huge Knicks fan myself, I think you should take someone who's a huge Knicks fan.
 おお。そうだな。ニックスの大ファンとしては、君たち、ニックスの大ファンを誘うべきだと思うな。

Chandler: Ok, that's Eric.
 わかった。それじゃエリックだな。

Richard: Glad to be of help. Matches.
 助けになってよかったよ。(モニカに)マッチもらうよ。

Monica: I meant, why don't you take Richard to the game? . . . What?
 リチャードを誘えばいいって言ったのよ。・・・なによ?

Joey: I don't know.
 どうかな。

Monica: Come on. Keeps his fingers to himself and he's always minty fresh.
 なに? 彼はつつかないし、いつも爽やかミントよ。

Chandler: I don't know, Richard's really nice and everything. It's just that we don't know him really well, you know, and plus he's, you know, old ... -er than some people, but, uh, younger than some buildings.
 でもなぁ。リチャードは本当にいい人だけど。よく知らないし、それにさ、彼は年とってるだろ(モニカに睨まれ)他のやつらよりはな。でもその辺のビルより若いけど。

Monica: So what, he's a little older, big deal. I mean, he's important to me. You know, if you ask him, he might take you on his Jag.
 それがなによ。そりゃ、ちょっと年とってるけど。彼は私にとって大事な人よ。それに、もし誘えば、ジャガーに乗せてくれるかも。

Joey: How do we say yes now, and make it seem like we're not doing it just to ride in the cool car?
 (チャンドラーに)今さら誘えるか? かっこいい車目当てって思われるだろ。

Chandler: Ok, this could be tough.
 ああ、難しいな。

Joey: Ok, ok, ok, ok. Monica, we'll bring him, but only if he takes the Jaguar.
 よし、わかったぞ・・・(モニカに)モニカ、彼を誘うよ。もしジャガーに乗せてくれるならな。

Chandler: Ooh, you almost had it.
 ああ。惜しかったな。

《ロスの部屋:ベンを抱いているロス》

Ross: No no, you're fine, you're fine.
 (ベンのお尻を嗅いで)いやいや、大丈夫、大丈夫だ。

Carol: Hello.
 こんにちは。

Ross: Hi.
 ハーイ。

Susan: Hey.
 ヘイ。

Carol: Hi, honey.
 ハーイ、ベン。

Ross: Oh, you guys are not gonna believe what happened.
 君たち、これ信じられないよ。

Carol&Susan: What?
 なに?

Ross: Ok, we were sitting over there playing on the floor and he grabs the table and he pulls himself up. He pulled himself up. Standing man. I'm sorry you guys missed it but I did tape it, so it you guys want to see it.
 そこで床に座って遊んでいたら、彼、テーブルをつかんで立ち上がったんだ。立ち上がったんだよ。立てるんだ。その時いなくて気の毒だったけど、録画したから、見られるよ。

Carol: Uhh, we know, he already did it last week.
 ああ・・それなら、先週もうできたのよ。

Susan: You can watch our tape if you want.
 もし見たいなら録画したのがあるわよ。

Ross: I don't believe this. I miss, I miss the first time of everything. I missed, what, the first time he rolled over, the first time he crawled. What else did I miss? Has he spoken yet, is he driving, does he have a favorite liqueur?
 信じられないよ。。初めてのこと全部見逃してるじゃないか。初めての寝返りも見逃したし、ハイハイも見逃した。それから何? まだ言葉は言ってないよね。運転はしてないよね。まさか好みのリキュールがあるとか?

Carol: Actually, he is getting closer on the talking thing. He can't quite say mama yet, but once he said yemen.
 実はね、もうちょっとで話しそうなのよ。ママってはっきり言えないんだけど、一度、イエメンって言ったのよ。

Ross: Ooh, I, I'm so sick of missing stuff. You know, I want him for more than a day, I want him for a whole weekend. No listen , I mean, I feel like-
 ああもう。なにもかも見逃すのにはもううんざりだよ。ね、1日だけじゃなくもっと週末ずっと一緒にいたいよ。いや、聞いて、本当に・・

Carol and Susan: Great. That would be fine.
 素敵。いいわよ。

Ross: Really? I mean, I, I had a whole speech prepared.
 本当? 説得するためにスピーチ準備してたのに。

Susan: Oh shoot, that would have been fun.
 あら残念、聞きたかったわ。

Ross: Oh look, did, did you just see that? Did you see? He just waved, he just waved, he's never waved before, you've never waved before. Yes he has. Very good.
 あ、見て、今の見た? 見た? 今手を振ったよ。手を振ったんだよ。初めてだよ。今まで手を振ったことないよね・・・いや、あるよね。それはよかった。

《セントラルパーク:モニカ、レイチェルがいる。フィービーがくる》

Phoebe: Hey.
 ハーイ。

Rachel: Hey Pheebs, what you got there?
 あら、フィーブス、何を持ってるの?

Phoebe: Ok, Love Story, Brian's Song, and Terms of Endearment.
 「ある愛の詩」でしょ、「ブライアンズ・ソング」、それに「愛と追憶の日々」よ。

(3本とも、大切な誰かが死んでしまう話)

Monica: Wow, all you need now is The Killing Fields and some guacamole, and you've got yourself a part-ay.
 ワオ。あとはキリング・フィールドとアボカドサラダさえあれば、パーティね。

Phoebe: Yeah, I talked to my grandma about the Old Yeller incident, and she told me that my mom used to not show us the ends of sad movies to shield us from the pain and sadness. You know, before she killed herself.
 オールド・イェラーのこと、おばあちゃんと話したの。そうしたら、ママは悲しい映画のエンディングは私達に見せなかったんですって。苦しみや悲しみから遠ざけるためにね。ほら、自分が自殺するまでね。

(チャンドラーとジョーイが来る)
Chandler&Joey: Hey.
 やぁ。

Rachel: Hey.
 ヘイ。

Monica: Hey. Where is he, where's Richard? Did you ditch him?
 あら、彼はどこ? リチャードは? 彼を放り出してきたの?

Joey: Yeah, right after we stole his lunch money and gave him a wedgie. What's the matter with you? He's parking the car.
 ああ、ランチ代を盗んでからパンツ引っ張りあげてやったよ。・・っておまえどうかしてるよ。彼はいま車をとめてるんだよ。

(give a wedgie = The definition of give a wedgie is to pull someone's pants or underwear so far up that they become uncomfortably wedged between the cheeks of the person's butt.)

Monica: So, did you guys have fun?
 それで、楽しかった?

Chandler: Your boyfriend is so cool.
 君のボーイフレンドは超クールだね。

Monica: Really?
 ほんと?

Chandler: Yeah, he let us drive his Jaguar. Joey for 12 blocks, me for 15.
 ああ。ジャガーを運転させてもらったよ。ジョーイは12ブロック、俺は15ブロックね。

Rachel: Wow, he must like you the best.
 ワオ。彼、あなたがお気に入りなのね。

Joey: Oh, what about that thing he did when he tipped the guy who showed us to our seats. You never even saw the money, it was like this. . . Hey, Chandler, thanks for showing us to our seats.
 それに、席まで案内してくれた人にチップを渡すときなんかさ。お金が見えないんだよな。こんなふうだよ。(お金を持った手でチャンドラーと握手しながら)ヘイ、チャンドラー、席まで案内ありがとな。

Chandler: You're welcome. Hey, Joey, thanks for parking the car.
 どういたしまして。ヘイ、ジョーイ、駐車してくれてありがと(お金がジョーイに戻る)

Joey: No problem. Hey, Chandler..
 いやいいんだよ。ヘイ、チャンドラー

Chandler: I think they get it.
 もういいよ。

Joey: Ok.
 わかった。

(リチャードが来る)
Chandler: There's the man.
 おでましだよ。

Joey: Hey!
 ヘイ!(お金を持った手で握手)

Richard: Hey, you're getting better. I'm gonna keep this, by the way.
 ヘイ! 上手になってきたな。これはもらっとくよ。

Joey: Ok. He kept my dollar.
 ああ・・(チャンドラーに)1ドル取られた。

《モニカ達の部屋:キャロルとスーザンがベンを預ける》

Monica: So your first whole weekend without Ben, what're you guys gonna do?
 初めてのベンのいない週末ね。どうするの?

Carol: We're going down to Colonial Williamsburg.
 コロニアル・ウィリアムズバーグに行くの。

Susan: Yeah, a woman I went to college with just became the first female blacksmith down there.
 大学で一緒だった子があそこで女性では初めての鍛冶屋になったの。

Ross: Well, you know, they're a little behind the times in Colonial Williamsburg.
 ま、コロニアル・ウィリアムズバーグは時間の流れがちょっと遅れてるからね。

Carol: I better go before mommy starts weeping.
 泣いちゃう前に行くわ。

Ross: Bye, mommy.
 バーイ、マミー。

Carol and Susan: We love you. Bye.
 愛してるわ、バーイ。

Ross: Have a good time. Ok, Ben.
 楽しんできて(キャロル達去る)さぁ、ベン。

Monica: Ross.
 ロス。

Ross: Yeah.
 なに。

Monica: Look. . . Joey, do you know we can see you from here?
 見て。(ジョーイが葉巻をくわえてオタマを覗いている)ジョーイ、ここから見えてるわよ。

Joey: How come Richard looks so much cooler with one of these than me?
 同じようにこいうのを持ってて、どうしてリチャードはもっとカッコいいんだ?

Ross: Well, for starters, you may want to light it and lose the spatula.
 まず、葉巻に火をつけて、おたまを離すことだな。

Monica: You know what, I think it's cute, you trying to be more like Richard.
 かわいいわ。リチャードに似せようとしてるのね。

Joey: Not like him, per-se, just not un-like him.
 似せようとしてるんじゃないよ。違わないようにしてるんだ。

(チャンドラーが来る。ヒゲがうっすら)
Ross: Look, it's the artist formerly known as Chandler.
 見て。以前はチャンドラーとして知られたアーティストだよ。

Chandler: Just trying something here, you know.
 ちょっと試してるんだよ。

Monica: So Joey, why didn't you grow a mustache?
 それでジョーイ、なんであなたはヒゲをはやさないの?

Joey: Oh, we flipped for it. I got the cigar, he got the mustache. Figured if we both grew it, we'd look like dorks.
 ああ、コインで決めたんだ。俺は葉巻、やつはヒゲ。2人そろってヒゲはやしたらバカみたいだろ。

Ross: Yeah, you really sidestepped that land mine.
 ああ、その地雷を見事によけたんだね。

Chandler: Hey listen, we've gotta go, I promised Richard we'd meet him downstairs.
 なぁ、ほら、もう行かなきゃ。リチャードと下で待ち合わせだ。

Monica: You're meeting Richard?
 リチャードに会うの?

Joey: Yeah, we're going to a Ranger game.
 ああ。レンジャーゲームに行くんだ。

Chandler: Yeah, didn't he tell you?
 ああ。聞いてない?

Monica: Well, he told me he was going out with the guys, I just didn't know that you were the guys.
 ええ、男どもと行くって聞いてたけど、あなたたちだとは知らなかったわ。

Chandler: You hear that? We're the guys.
 聞いた? 男どもだって。

Joey: We're the guys.
 俺たち、男どもだ。

Monica: With that mustache doesn't Chandler remind you of Aunt Sylvia?
 チャンドラーのあのヒゲ、シルビアおばさんを思い出すわよね?

Ross: Thank you.
 それだね、ありがと!

《セントラルパーク:レイチェル仕事中》

Ross: Hi, we're visiting. It's Ben and his dada. Dada. Can you say dada? Look, I'm gonna tell your mommies you said it anyway, so you might as well try.
 ハーイ、来ましたよ。ベンとパパだよ。パパ。パパって言える? どっちにしても言えたってママたちには言っちゃうからね、言ってみようよ。

Rachel: No luck, huh?
 ダメみたい?

Ross: Naa. A while ago I got a seh out of him, which I thought, you know, might turn into seh-condary caregiver but... Hey, would you uh, would you hold him for a sec, 'cause I gotta take this off.
 ああ。さっき、「セ」って言ったんだけど。もしかしたら、「セキニンシャ」って言おうとしてたのかも。ねぇ、ちょっと彼抱いててくれる? この荷物おろしたいから。

Rachel: Oh, yeah sure, Ok.
 ああ、いいわよ。はい。

Ross: What're you doing?
 何してる?

Rachel: I'm holding Ben.
 ベンを抱いてる。(手を伸ばしている)

Ross: Yeah, well, he's a baby, not a bomb.
 だけど、彼は赤ちゃんで、爆弾じゃないよ。

Rachel: Ok.
 ええ。

Ross: Well, just hold him like you'd hold a football.
 フットボールを持つみたいにするんだよ。

Rachel: This is how I would hold a football.
 私、フットボールはこう持つわ。

Ross: Ok, here, here. There we go.
 ハイ、ほら。ほらね。

Rachel: Ok, I'm sorry, I'm just not very good with babies. I mean I haven't been around them, I mean, you know, since I was one.
 ええ。ごめんね、赤ちゃんが得意じゃないのよね。周りにいなかったじゃない? ほら、自分が赤ちゃんだった時以来ね。

Ross: It's alright, it's no big deal.
 大丈夫だよ。大したことじゃない。

Rachel: Really?
 ほんと?

Ross: Yeah, definitely, I'm sure you'll feel totally different when it's our baby.
 ああ、そうさ。これが僕らの赤ちゃんとなったら全然違うものさ。

Rachel: What?
 え?

Ross: What?
 なに?

Rachel: You think about stuff like that?
 あなたそういうこと考えてるの?

Ross: Yeah. I mean, actually I kinda think that we'll have, we'll have two babies.
 ああ。そうだね、2人ほしいとか考えてたりするよ。

Rachel: Two, two babies?
 ふた・・2人?

Ross: Yeah. You know, a boy and a girl. Hopefully the girl will come first, so Ben here won't feel too competitive.
 ああ。ほら、男の子と女の子一人ずつ。女の子が先だといいな、ベンが対抗意識持っちゃうからね。

Rachel: Then what's gonna happen?
 それからどうなるの?

Ross: Well, we won't wanna raise kids in the city, so we'll probably move to uh, Scarsdale.
 そうだな。市内で子育てしたくないから、スカースデールに引っ越すんだ。

Rachel: Uh-huh.
 ふ・・ふーん。

Ross: Yeah, that way I figure, you know, we'll be far enough away from our parents that we don't have to see them all the time, but close enough that they can come over and babysit whenever we want. And yes, I know, the taxes are a little higher than, let's say, Nassau county but the school system's supposedly great.
 ああ。それだと、両親といっつも一緒にいなくてもすむし、赤ちゃんを見ててほしいときはすぐ来てもらえる。それに、確かに税金はちょっと、そうだな、ナッソー郡とかよりは高いけど、でも教育設備がいいはずだから。

Rachel: Wow. Wow, that's great. Great. Ok, wow, you know what?
 ワオ。ワオ・・・それは素晴らしいわね。さぁ。それじゃ・・

Ross: Huh?
 なに?

Rachel: I'm off my break now so uh, here, you take this . . . and um, I am gonna go pour these very nice people some coffee. Ok. Oh, look at that, I don't have a pot. I don't have a pot. Well, hey, maybe I've got one at home, or in Scarsdale. Hey, is that a door?
 休憩はもう終わりだから、ほら、これどうぞ(ベンを返す)。それで・・とってもいいヒト達にコーヒーついで歩かなきゃ。そうね。あら、見て、私ポットも持ってないわ。ポットがないわ。えっと。もしかしたら家にあるかもね。それかスカースデールかしら。あ、それドア?(出て行く)

《モニカ達の部屋:フィービーが来る》

Phoebe: Hey.
 ヘイ。

Richard: Hey, Pheebs, what's happening?
 ハーイ、フィーブス。元気?

Phoebe: Oh, ok, murder, cancer, soccer teams eating each other in the Andes.
 ええ元気。殺人、ガン、サッカーチームはアンデスで食べ合ってる。

Monica: So, you watched the movies, huh?
 映画見たのね?

Phoebe: Uh huh, what is happening to the world? I mean, no no no, 'cause ET leaves, and and Rocky loses, Charlotte dies.
 ええ。この世はどうなってるの? もう。ETは行っちゃうし、ロッキーは負ける、シャーロットは死んじゃう。

Richard: Charlotte who?
 シャーロットって?

Phoebe: With the web, the spider, she dies, she does. She has babies and dies. It's like, you know, "hey, welcome home from the hospital," thud!
 クモの巣。クモよ。死んじゃうのよ。赤ちゃんを産んでから死んじゃう。こんな感じ「ヘイ! 退院おめでとう!」バタッ!

シャーロットのおくりもの

Monica: Alright, you wanna feel better?
 いいわ。気分直したい?

Phoebe: Yeah.
 ええ。

Monica: Ok, here, watch this.
 わかった。これ見て。(ビデオを渡す)

Phoebe: It's a Wonderful Life. Yes I've heard of this.
 「素晴らしき哉、人生!」ええ、これは聞いたことあるわ。

Monica: So you can't lose, it's there in the title. Wonderfulness is baked right in.
 これならガッカリしないわよ。タイトル通り、素晴らしさが込められてる。

Phoebe: Please, I almost fell for that with, uh, Pride of the Yankees, I thought I was gonna see a film about Yankee pride and then, boom! The guy gets Lou Gehrig's disease.
 頼むわよ本当に。もう「プライド・オブ・ザ・ヤンキース(打撃王)」でダメになりそうだったの。ヤンキースのプライドを見られるのかと思ったら、バン! ルー・ゲリック病になっちゃったのよ。

Richard: Uh, the guy was Lou Gehrig. Didn't you kinda see it coming?
 うーん、彼がルー・ゲリックなんだから、そうなるってわからなかった?

Monica: Phoebe, just watch that, I promise it will restore all your faith in humanity.
 フィービー、とにかくこれを見て。人ってものに対する信頼を取り戻せるわ。

(チャンドラーが来る)
Chandler: Hey, big guy, game time.
 やぁ、大将! ゲームの時間だよ。

Richard: Hey! Be right there.
 ああ! すぐ行くよ。

Monica: There's a game?
 ゲーム?

Chandler: Uh, yeah, I just got my Pick-Up Sticks back from the shop. Bring your nerves of steel.
 ああ。店の裏の方でピックアップスティックを見つけたんだ。鉄の心臓を持ってこいよ。

Pick-Up Sticks = 棒で将棋崩しをするみたいな)

Richard: It's the basketball playoffs.
 (モニカに)バスケのプレイオフだよ。

Monica: Listen, um honey, I appreciate this but you don't have to keep hanging out with them for me, I mean, they have each other.
 ねぇ、ありがたいけど、私のためにあの人達と遊んでくれなくてもいいのよ。2人で大丈夫なんだから。

Richard: Oh, no, honey, I mean, don't worry, I like hanging out with those guys. It's fun for me. They're different than my other friends, they don't start sentences with, 'You know who just died shoveling snow?'
 いや、違うよ。心配いらないよ。やつらと遊んでるのが好きなんだ。楽しいんだよ。他の僕の友達と違うだろ、「雪かきで死んだの知ってるか?」って話から始まらないからな。

Monica: Alright, that's great, then just go. Go Knicks.
 そうなのね、じゃあいいわ。行って。ニックス頑張れ。

Richard: Uh, it's the college playoffs.
 大学リーグだよ。

Monica: Oh, then go Vassar.
 ああ。行け!バッサー!

Richard: Uh, they're not in it.
 バッサーは入ってないよ。

Monica: Ok, then just go.
 そう。じゃ、とにかく行け。

Richard: Ok.
 じゃあ。

Monica: Oh, why does this bother me so much? I mean I don't wanna be one of those people who tells their boyfriend they wanna spend 24 hours a day with them.
 ああ! なんでこうイヤなのかしら? 24時間一緒にいろって言うような人になりたくないのに。

Phoebe: Sure.
 そうね。

Monica: It's just that he doesn't have that much free time, you know, and I don't know, what do I do?
 彼は自由な時間が少ないのに・・ああ。もうどうしたらいいの?

Phoebe: Does it matter? You're ultimately just gonna die or get divorced or have to blow your pets head off.
 それが何か? どうせ最後には死んだり離婚したりペットの頭吹き飛ばしたりするのよ!

(レイチェルが来る)
Rachel: Aghh!
 ああ!

Phoebe: Me too!
 ほんとよね!

Monica: I've got a question. Richard made plans again with the guys.
 聞きたいことがあるの。リチャードがまた彼等との予定を入れてたのよ。

Rachel: Yeah well, Ross just made plans for the whole century.
 ああ、そうよね。ロスは今世紀いっぱいの計画を立ててるわよ。

Monica: You know what, I think I'm gonna go to my room and read Cosmo, maybe there's something helpful in there. Know what, at least maybe I can learn how to do an at home bikini wax with leftover Christmas candles.
 ああ、もう部屋に行ってコスモでも読むわ。何か参考になるかも。少なくとも、クリスマスキャンドルの残りを使ったビキニラインの脱毛方法がわかるわよね。

(ロスが来る)
Ross: Ok, what the hell happened back there?
 今起きたことはいったい何?

Rachel: I don't know, you tell me. One minute I'm holding Ben like a football, the next thing I know, I've got two kids, I'm living in Scarsdale complaining about the taxes.
 知らないわよ。あなたが教えて。私がベンをフットボールみたいにかかえていたかと思ったら、次の瞬間には、2人の子持ちで、スカースデールに住んで高い税金に文句言ってたのよ。

Ross: Well, I'm sorry, I think about stuff. You know, I mean, you're at work, you're assembling bones, your mind wanders.
 そりゃ悪かったよ。僕はそういうこと考えるんだよ。ほら、仕事で骨を組み立てたりしてると、そういうこと考えてしまうものだよ。

Rachel: Ross, you have planned out the next 20 years of our lives, we've been dating for six weeks.
 ロス、あなた20年も先まで私達の生活のプランを立ててるなんて。私達まだつきあって6週間よ。

Ross: Come on, what, you never think about our future?
 なんだよ、将来について考えたことない?

Rachel: Yes, but I think about who's apartment we're gonna sleep at tomorrow night, and where we're gonna have dinner next Saturday night. I do not think about what our children's names are gonna be. . . You know what our children's names are gonna be.
 あるわよ。明日の夜はどっちの部屋に泊まろうとか、今度の土曜はどこでディナーにしようかとかならね。子供の名前まで考えてないわよ。・・・あなた子供の名前まで決めてるの?

Ross: No, no, I mean, you know, I, I read a book and there was a girl named Emily and I thought, I thought that might be good.
 いや。いや・・ほら、本を読んでたらエミリーって名前の女の子が出てきて、それはいいかもなんて思っただけだよ。

Rachel: What was the book?
 何の本?

Ross: The Big Book of Children's Names.
 「子供の名前大全」。

Rachel: Ok, Ross, Ross, ok, listen. What we have is amazing.
 ちょっと、ロス、ロス、聞いて。私達のことは素晴らしいと思ってるわ。

Ross: Yeah.
 そうだよね。

Rachel: But I do not want to have everything decided for me. I spent my whole life like that. It's what I had with Barry, that was one of the reasons I left. I, I like not knowing right now. And I'm sorry if that scares you but if you want to be with me you are gonna have to deal with that.
 でも、なにもかも決めつけてもらいたくはないのよ。これまでの人生がずっとそうだったの。バリーとのことがそうで、それで逃げ出したのよ。今は、先がわからないってことが気に入ってるの。それがイヤだったら悪いけど、私とつきあうなら、それでやっていくしかないわ。

Ross: Ok, fine.
 わかったよ。

Rachel: Thank you.
 ありがと。

Ross: We're not done.
 まだ話は終わってない。

Rachel: I didn't know that.
 それは知らなかったわ。

Ross: Ok, then you're gonna have to understand that you're with a guy who's not gonna stop planning his future with you. Because he knows that we're gonna end up together. And if that scares you, tough! 'Cause you're gonna have to deal with that.
 それじゃ、僕は君との将来の計画をたてずにはいられないってことをわかってもらうしかないね。だって僕らはずっと一緒だってわかってるんだからね。それがイヤだといっても、結構だね。君はそれでやっていくしかないんだからね。

Rachel: Fine! I will.
 わかったわよ。

Ross: Good, 'cause I love you.
 よかった。愛してるよ。

Rachel: Oh yeah.
 ああそう。

Ross: Yeah.
 そうだよ。

Rachel: Well, I love you, too.
 私も愛してるわ。

Ross: Well, that's the first time we've said that.
 僕ら初めてそう言ったよね。

Rachel: Yes, it is.
 ええ、そうね。

Ross: Well, I'm gonna kiss you.
 キスするよ!

Rachel: Well, you better.
 それがいいわよ!

《モニカ達の部屋:フィービーが来る》

Phoebe: Hey. Oh thanks for the great movie tip.
 ハーイ。映画のオススメありがと。

Monica: Did you like it?
 気に入った?

Phoebe: Oh yeah. You know, I don't know if I was happier when George Bailey destroyed the family business or Donna Reid cried, or when the mean pharmacist made his ear bleed.
 ええ。ジョージ・ベイリーが家業をめちゃめちゃにしたこととか、ドナ・リードが泣いたこととか、意地悪薬剤師が耳から血を出したとか、どれが一番よかったかわかんないわ。

Monica: Alright, I'll give you the ear thing but don't you think the ending was pretty wonderful?
 ええ、まぁ耳から血はおいといて、最後はよかったでしょう?

Phoebe: I didn't watch the ending, I was too depressed. It just kept getting worse and worse, it should have been called, "It's a sucky life and just when you think it can't suck any more it does."
 気がめいっちゃって最後まで見てないわよ。どんどんひどくなるばっかりなんだもの。「最低人生でこれ以上ないと思ったときさらに悪くなる」っていうタイトルにしたらいいのよ。

《チャンドラー達の部屋》

Chandler: Kick save and... denied.
 キックで救って・・よーし!

Richard: But... he gets it back, pass to the middle, lines it up and... BAM! Yes! Could that shot be any prettier?
 しかしお返しだぞ、真ん中を通して・・・並んで・・バン! よし! 最高じゃないか?

Joey: Man, you are incredible.
 ああ、もうすごい腕だ!

Richard: Well, we had a table in college.
 大学にこのゲーム置いてあったんでね。

Chandler: Oh really, I didn't know they had foosball in the 1800's.
 そうなんだ。1800年代にこれがあったとは知らなかった。

Richard: Nice mustache by the way. When puberty hits that thing's really gonna kick in.
 ところでいいヒゲだね。思春期過ぎればちゃんと生えてくるよ。

Monica: Honey. Uh, not to sound too Florence Henderson but, dinner's on the table.
 ねぇ。フローレンス・ヘンダーソンみたいにはなりたくないけど、食事できたわよ。

Wiki によると、フローレンス・ヘンダーソンは
 cooking show のホストをしていたようです)


Richard: Ok, just one more point.
 わかった。あと一点。

Monica: Score! Now can we go?
 (点を入れて)スコア! さぁ、行きましょ?

Chandler: See, that's why we don't let her play.
 ほら。だから彼女とはプレイしないんだよ。

Richard: Is everything all right?
 大丈夫?

Monica: Um-hmm.
 ええ。

Richard: Uh-oh.
 おっと・・。

Chandler: Oh hey listen, don't be mad at him, it's our fault. I'm sorry we've been hogging so much of his time.
 ちょっと、聞いて。彼に怒らないでくれよ。俺たちのせいなんだから。こんなに引っ張ってごめんよ。

Joey: Yeah, he's just really great to hang around with.
 ああ。一緒にいると楽しいからさ。

Richard: Well.
 いやー。

Joey: No no, seriously, Chandler and I were just talking about this. He is so much cooler than our dads. I mean, you know, our dad's are ok, you know, but Richard is just- ow, ow. What are you kicking me for? Huh? I'm trying to talk here.
 ホントほんと。チャンドラー彼は俺たちのおやじよりずっとカッコいいって話してたんだ。おやじ達だっていいんだけど、でもリチャードはとにかく・・痛いな。何で蹴るんだよ。話してるのに。

Richard: Uh, you guys see me as a dad?
 君たち僕をおやじとして見てた?

Joey: Oh yeah.
 ああそうさ。

Chandler: No.
 違う。

Joey: Nooooo.
 ちがーーう。

Chandler: Your just, your just clearly not familiar with our young persons vernacular. See, when we say dad, we mean buddy. We mean pal.
 俺たちの言葉知らないみたいだけど、おやじってのは、友達っていう意味なんだ。連れっていうか。

Richard: Uh-huh, yeah.
 ふーん、なるほど。

Chandler: No no, seriously, Joey's my dad, Monica's my dad. I've even got some dads down at work.
 ほんとほんと、マジで。ジョーイは俺のおやじだし、モニカもおやじ。職場にもおやじいるよ。

Richard: That's fine. Well, your other dad and I are gonna go have a romantic evening and I guess I'll just see you kids around.
 まぁいいさ。君らの他のおやじと僕は、これからロマンティックなディナーをいただくとするよ。またね。

Monica: Nighty-nite.
 おやすみちゃん。(2人出て行く)

Chandler: You're not a dad. You're not a dad.
 おやじじゃないよ。おやじじゃない。

Joey: Not a dad.
 おやじじゃない。

Chandler: I can't believe you got us into trouble.
 (ジョーイに)こんなトラブルに巻き込んでくれて信じられん。 

(部屋に戻ったモニカとリチャード)

Monica: So are you ok?
 だいじょうぶ?

Richard: Yeah, just, I feel like I'm about a hundred. I thought I was just one of the guys.
 ああ。なんか100歳になった気分だけど。仲間入りした気でいたよ。

Monica: Come here. I'll make you feel like one of the guys. You know for a really cool guy, you suck at foosball.
 来て。仲間っていう気にさせてあげるわ。あなたって素敵だけど、フーズボールはヘタね。

Richard: What're you talking about, I was killing them.
 何をいってるんだ。やつらをコテンパンにしたのに。

Monica: Yeah, well they suck, too.
 だってやつらヘタクソだもん。

《ロスの部屋:レイチェルがベンのオムツ交換》

Ross: Ok, and then you take the poopy diaper and you put it in the poopy diaper pail.
 よーし。それでうんちのオムツを、うんちのオムツ用ケースに入れるんだ。

Rachel: Ok Ross, just so you know, calling it a poopy diaper doesn't make this process any cuter.
 ロス、言っとくけど、うんちのオムツって言い方したってオムツ交換がかわいくはならないわよ。

Ross: Hello.
 (ドアブザーに応えて)ハイ。

Carol: It's us.
 私達よ。

Ross: Come on up. I'm gonna get the rest of his stuff together.
 (インターコムで)あがってきて。(レイチェルに)荷物をまとめてくるよ。

Rachel: Ok, we can do this now, can't we Ben? Yes, we can, yes, we can. . . There. I did it. I did it. Look at that. Oh, stays on and everything. Hi.
 (ベンに)さぁ。これでいいわよね。どう、ベン? できたわよね、できたわよ。・・ほら。できたわ。見て。ちゃんととまってる。ハーイ♪

Ben: Hi.
 ハーイ。

Rachel: I'm sorry, what did you just say? Did you just say hi? Oh my God, Ross, Ross, Ben just said 'Hi'.
 あら。今なんていった? 今、ハーイって言った? オーマイゴッド! ロス! ロス! ベンがいまハーイって言ったわ。

Ross: Wha, what?
 え? なんだって?

Rachel: Ben just said hi.
 ベンがハーイって言ったの。

Ross: What, the word hi?
 え? 言葉の「ハーイ」?

Rachel: Ye-, no, my Uncle Hi.
 え・・違うわ、ハーイおじさんよ。

Ross: Great, great, and I miss that too, I miss everything.
 すごいよな。それも聞き逃しちゃったよ。全部のがしちゃう。

Rachel: Oh, I'm sorry, I guess I just bring it out in him.
 悪いわね。私が引き出してあげたのよねー。

Carol and Susan: Hello.
 こんにちは。

Rachel: Guess what. Ben just said his first word.
 聞いて。ベンが最初の言葉を言ったのよ。

Carol: What did he say?
 何て言ったの?

Ross: Something about hi.
 ハーイとか何とか。

Susan: That's so exciting.
 すごいわ!

Carol: Mommy is so proud of you. Hi. Hi.
 ママは本当に誇らしいわ。ハーイ。ハーイ。

Rachel: You know, actually it's more like, hi.
 もっとこう、「ハイ」って感じ。

Carol: Hi.
 ハイ。

Rachel: Hi.
 ハイ。

Carol: Hi.
 ハイ。

Rachel: Hi.
 ハイ。

Carol: Hi.
 ハイ。

Susan: Ok, this could go on for a while.
 ね、キリがないわよ。

Carol: We've got a cab waiting downstairs.
 下でタクシーが待ってるのよね。

Ross: Well, this was fun. We should really do it again sometime, what do you say? Ok. Alright, so I've got him…?
 楽しかったよ。また一緒に遊ぼうね。どう?(ベンは返事をしない)よーし。じゃあ、今度は・・?

Carol: Tuesday.
 火曜日。

Ross: Tuesday, right. Ok, bye, you guys.
 火曜日ね。了解。じゃあバイバイ。

Rachel: Take care.
 気をつけて。

Ross: Bye, Ben.
 バーイ、ベン。

Ben: Bye.
 バーイ。

Ross: Did, did he just, did he, did he just say, he said bye. He said bye. You said, you said bye to me. You said bye to me.
 いま、彼、いま、言ったよね、今、バーイって言った。彼がバーイって言ったよ。言ったよね。僕にバーイって言ってくれたね。君、僕にバーイって言ってくれたね。

Susan: Suddenly I'm seeing him go off to college.
 大学に行く姿が見えるようだわ。

Carol: We've gotta go, we've got that cab waiting.
 行かなきゃ。タクシーが待ってるわ。

Ross: Alright, alright, ok. Bye.
 わかった。じゃあね。バーイ。

Ben: Bye.
 バーイ。

Ross: Bye.
 バーイ。

Ben: Bye.
 バーイ。

Ross: Bye.
 バーイ。

Ben: Bye.
 バーイ。

Ross: Bye.
 バーイ。

《モニカ達の部屋:フィービーがベンと『アーニーとバート』を見ている》
sesame.jpg

"ERNIE": Oh wow, look at this nice deep hole I've been digging. Hey Bert, isn't this a nice hole here. Hey.
 おお、わお。僕が掘ったこの見事な穴を見てよ。ねぇ、バート、素敵な穴でしょ、ほら。

Phoebe: Ok, Ben, this is the part where Ernie buries Bert in the sand and can't find him. Now, I've looked ahead on the tape and he does find him again. But, ok, before that happens, there's some pretty rough going for a while. But I think we can handle it. And, there's just the alphabet but we know that ends well, so. . . Ok, here we go.
 (ポーズ)いい?ベン。アーニーがバートを砂に埋めてしまって、見つけられないところよ。先まで見たから知ってるけど、ちゃんと見つけるわ。それまではキツいわよ。でも、私達大丈夫よね。その後はアルファベットが出てくるけど、それは悪くないわよ。それじゃ、行くわよ。(プレイ)

"ERNIE": Bert, Bert. Bert. Hey, what happened to my friend Bert? He was here just a moment ago. Oh no! My old friend Bert is lost.
 バート、バート、バート? ねぇ、どうしちゃったの、僕のバート? さっきまでここにいたのに。僕の友達のバートがいなくなっちゃった!

Phoebe: Oh, I'm so glad you're here.
 ああ、あなたがここにいてくれてよかったわ。

Ben: Bye-bye, baby.
 バイバイ、ベイビー。


にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村


英語 ブログランキングへ
posted by らんち at 02:01| Comment(0) | Season2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月22日

2-19 The One Where Eddie Won't Go

2-19 エディが出ていかない話

 ☆元のさやに戻ろう!☆

(夜中に目を覚ますとエディがいる)
Chandler: Hey Eddie. Daahh!! What're you doing here?
 ヘイ、エディ・・! わーっ! 何してるんだ?!

Eddie: Nothing roomie, just watching you sleep.
 別に、ルーミー、ただおまえが寝てるとこ見てた。

Chandler: Why?
 なんで?

Eddie: Makes me feel peaceful. Please.
 安らかな気持ちになる。どうぞ寝て。

Chandler: I can't sleep now.
 眠れるか!

Eddie: You want me to sing?
 歌おうか?

Chandler: No, look, that's it, it's over, I want you out, I want you out of the apartment now.
 いや。もうたくさんだ。終わりだ。出ていってくれ。この部屋を出てってくれ。

Eddie: Woah, woah, woah, what're, what're you talking about, man?
 おいおいおい! 何を言ってるんだ?

Chandler: Hannibal Lecter...better roommate than you.
 ハンニバル・レクター。おまえよりマシだ。

Eddie: No. See now I don't think you're being fair. I mean one night you see me and you get scared, I mean, what about all the other nights when you don't see me, huh? What about last night when you went and got a drink of water and I was nice enough to hide behind the door, what's that about, huh?
 そんなのおかしいじゃないか。突然俺を見て怖がって。俺に気づかなかった夜はどうなんだ? 昨日の夜は水を飲みに行っただろ。でも俺は親切にもドアの陰に隠れていたんだぞ。

Chandler: I didn't realize that.
 それは知らなかった。

Eddie: Yeah.
 だろ。

Chandler: Get out now!!
 すぐ出て行け!

Eddie: Ok, you really want me out?
 そうか、本当に出ていって欲しいのか?

Chandler: Yes, please.
 ああ、頼むよ。

Eddie: Ok, then I want to hear you say it, I, I want to hear you say you want me out.
 そうか。じゃあおまえがそういうのを聞きたい。出てってほしいとおまえに言ってもらいたい。

Chandler: I want you out.
 出てってほしい。

Eddie: No no no, I wanna hear it from your lips.
 いやいやいや。おまえの口から聞きたい。

Chandler: Where did you hear it from before?
 今のはどこから聞いたんだ?

Eddie: Oh, right, all right, you know what pal, I understand, consider me gone, you know what, I'll be out by the time you get home from work tomorrow.
 そうか、わかったよ。わかった。もう出てくから。明日おまえが仕事から帰る頃にはいなくなってるよ。(寝室を出て行く)

Chandler: Thank you!
 (声に出さずに)助かるよ!

Eddie: I heard that.
 聞こえたぞ。

《セントラルパーク:モニカとレイチェル》
(ジョーイが古い感じの帽子をかぶって来る)
Joey: Hey.
 ヘイ。

Monica: Hey.
 ヘイ。

Rachel: Hey. Well, look at you, finally got that time machine working, huh?
 まぁ、見て。ついにタイムマシンが動いたのね。

Joey: Seriously, you like it? This guy was selling them on 8th avenue and I looked at them and I thought, you know what I don't have?
 マジで、どう? 8番街で売ってたんだけど、それを見て、俺に何が足りないかわかったんだ。何だと思う?

Monica: A mirror?
 鏡?

Joey: Fine, make fun. I think it's jaunty.
 いいよ。笑えばいいよ。俺は粋だと思うね。

Monica: Wow, for a guy who's recently lost his job, you're in an awfully good mood.
 ワオ。最近仕事がなくなったにしてはすごく元気ね。

Joey: Hey, I'll be alright. I mean it's not like I'm starting from square one. I was Dr. Drake Ramoray on Days of Our Lives. Heh? I mean that's gotta have some kind of cachet.
 ああ、大丈夫さ。一から出発ってわけじゃない。俺は「愛の病院日誌」でドクター・ラモーレだったんだ。名誉なことだろ?

Monica: Cachet? Jaunty?
 名誉? 粋?

Joey: Chandler gave me word of the day toilet paper. I'm gonna get some coffee.
 チャンドラーが一日一単語のトイレットペーパーをくれたんだ。コーヒーとってくる。

(フィービーが来る)
Phoebe: Hey.
 ヘイ。

Monica&Rachel: Hey.
 ハーイ。

Phoebe: Oooh, so so so, did you read the book?
 あ、それでそれで? 読んだ?

Monica: Oh my God, it was incredible.
 ああもう、すごかったわ。

Phoebe: Didn't it like totally speak to you?
 すごく通じるものがあったでしょ?

Rachel: Woah, woah, woah, what book is this?
 なになに? 何の本?

Monica: Rachel, you have to read this book. It's called "Be Your Own Windkeeper". It's about how women need to become more empowered.
 レイチェル、この本読むべきよ。「風の守り手」という本なの。もっと女性が力を得るべきだということなのよ。

Phoebe: Yeah and oh, and but there's, there's wind and the wind can make us Goddesses. But you know who takes out wind? Men, they just take it.
 そうよ。風なのよ。風が私達を女神にするの。でも、その風を奪うものはなにかっていうと、男よ。やつらが奪って行くの。

Rachel: Men just take out wind?
 男が風を奪うの?

Phoebe: Ya-huh, all the time, cause they are the lightning bearers.
 そうよ。いつもね。やつらは、雷の担い手だからね。

Rachel: Wow.
 ワオ。

Phoebe: Yeah.
 そうなの。

Rachel: Well, that sounds kinda cool, kinda like The Hobbit.
 なんかかっこいいわね。『ホビット』みたい。

Monica: It is nothing like the Hobbit. It's like reading about every relationship I've ever had, except for Richard.
 『ホビット』とは全然違うわよ。これはまるで私のこれまでの交際に関して読んでるみたいよ。リチャードは別だけど。

Phoebe: Oh yes, no, Richard would never steal your wind.
 そうよ。違うわ。リチャードはあなたの風を奪ったりしないわ。

Monica: No.
 しない。

Phoebe: No, 'cause he's yummy.
 そうよ。だって彼は素敵だもん。

Monica: Yes. But all the other ones.
 そうよ。でも他の全員はダメだわ。

Phoebe: Oh yes. Oh and, the part about how they're always like drinking from out pool of inner power, but God forbid we should take a sip.
 そうよ。それから、いかに彼等は私達の力の泉を飲み干してしまうかっていう部分ね。でも神は私達が飲むことを禁じているのよ。

Joey: Anybody want a cruller?
 誰かドーナツいる?

Phoebe: Ok, this is a typical lightning-bearer thing. Right there, it's like, um, 'Hello, who wants one of my phallic-shaped man-cakes?'
 あれよ。あれが典型的な雷の担い手のすることよ。ほら、「ハロー、誰か男根のカタチしたケーキ欲しい?」みたいな。

(phallic - 男根の)

《エステルの事務所》

Estelle: Don't worry about it already. Things happen.
 もう心配しないの。こういうことはあるものよ。

Joey: So, you're not mad at me for getting fired and everything?
 それじゃ、クビになったりしたこと怒ってない?

Estelle: Joey, look at me, look at me. Do I have lipstick on my teeth?
 ジョーイ。私を見て。私を見て。歯に口紅ついてる?

Joey: No. Can we get back to me?
 いや。俺の話だけど?

Estelle: Look honey, people get fired left and right in this business. I already got you an audition for Another World.
 聞いて。誰もがクビになったりしてる業界よ。もう『別世界』のオーディション用意したわよ。

Joey: Alright. Cab driver number two?
 よかった。(読んで)タクシードライバー2?

Estelle: You're welcome.
 どういたしまして。

Joey: But I was Dr. Drake Ramoray. How can I go from being a neurosurgeon to driving a cab?
 でも僕はドクター・ドレイク・ラモーレだったのに。どうやって神経外科医がタクシードライバーになるんです?

Estelle: Things change, roll with them.
 ことは変わるものよ。流れについていかなきゃ。

Joey: But this is a two line part, it's like taking a step backwards. I'm not gonna do this.
 だけどこれはセリフ2行の役だ。流れが後ろ向きだよ。これはできないよ。

Estelle: Joey, I'm gonna tell you the same thing I told Al Minza and his pyramid of dogs. Take any job you can get and don't make on the floor.
 ジョーイ。アル・ミンザと彼の犬達に言ったのと同じことをあなたにも言うよ。どんな仕事も受けなさい。そして床をトイレにするな。

Joey: I'm sorry. See you.
 悪いけど。また。

《セントラルパーク》

Rachel: Oh, God, oh, God, I mean it's just so.
 ああ! もう! ああ! これは本当にもう。

Monica: Isn't it?
 でしょ?

Rachel: I mean, this is like reading about my own life. I mean, this book could have been called 'Be Your Own Windkeeper Rachel'.
 これはまるで私の人生を読んでいるみたい。この本「風の守り手・レイチェル」ってタイトルでもいいと思うわ。

Phoebe: I don't think it would have sold a million copies but it would have made a nice gift for you.
 それだとミリオンセラーにはならないだろうけど、でもあなたにはいいプレゼントね。

Ross: Hey, you guys.
 やぁ、みんな。

Monica: Hey.
 ハーイ。

Ross: Uh, sweetie we've gotta go.
 (レイチェルに)ね、もう行かなくちゃ。

Rachel: NO!
 いやよ!

Ross: No?
 いや?

Rachel: No, why do we always have to do everything according to your time table?
 いや。どうして私はいつもあなたのスケジュールに会わせて動かないといけないの?

Ross: Actually it's the movie theatre that has the time schedule. So you don't miss the beginning.
 いや、それは映画館のスケジュールだよ。映画をアタマから見たいだろ。

Rachel: No, see, this isn't about the movie theatre, this is about you stealing my wind.
 いいえ。映画館のことじゃないのよ。あなたが私の風を奪ってるってことよ。

Monica: You go girl! . . . I can't pull that off, can I?
 よく言った! 私この言葉使いこなせてないよね。

Ross: Excuse me, your, your, your wind?
 え? 君の・・君の風?

Rachel: Yes, my wind. How do you expect me to grow if you won't let me blow?
 そうよ。私の風よ。あなたが吹かせてくれないから、大きくなれないんじゃない。

Ross: You, you know I, I don't, have a- have a problem with that.
 それは・・その・・僕は問題ないけど・・

Rachel: Ok, I just, I just really need to be with myself right now. I'm sorry.
 もういい。私とにかく今は一人でいたいの。ごめん。

Phoebe: Um-um, um-um.
 ううん。

Rachel: You're right, I don't have to apologize. Sorry. Damn it!
 そうね。謝ることないわ。ごめん、あ、しまった!

《ジョーイの部屋》

Joey: What is it?
 なにって?

Ross: I, I don't know, it's got all this stuff about wind and trees and there's some kind of sacred pool in it. I mean, I don't really get it but she's, she's pretty upset about it.
 わからないけど、風とか木とか、何か神聖なプールとか。よくわからないけど、彼女はとにかくそれで取り乱してるんだ。

Joey: See, this is why I don't date women who read. Uh-oh.
 ほらな。だから俺は本を読む子とはデートしないんだ。お・・っと。

Ross: What, what's that?
 どうした?

Joey: It's my VISA bill. Envelope one of two. That can't be good.
 ビザの請求だ。封筒2つだって。これはまずいよな。

Ross: Open it, open it.
 開けて、開けてみて。

Joey: Oh, my God.
 わぁ。これは・・。

Ross: Woah.
 ウワォ。。

Joey: Look at this, how did I spend so much money?
 これ見ろよ。俺どうやってこんなに使ったんだ?

Ross: Uh Joey, that's just the minimum amount due, that's your total due.
 ジョーイ、それは小計だぞ。こっちが合計金額だ。

Joey: Ahh.
 うわー。

Ross: What, woah, woah, $3500 at porcelain safari?
 おいおいおい、陶磁器のサファリ3,500ドル?

Joey: My animals. The guy said they suited me, he spoke with an accent, I was all confused. I don't know what I'm gonna do.
 この動物達だよ。俺に合うって言われたんだよ。方言で話されて、わけわかんなくなったんだよ。どうしたらいいんだ。

Ross: Well I guess you can start by driving a cab on Another World.
 そうだな。「別世界」でタクシードライバーから始めるしかないんじゃないか?

Joey: What?
 なに?

Ross: That audition.
 オーディションだよ。

Joey: That's a two line part.
 あれは2行しかセリフがない役だぞ。

Ross: Joey, you owe $1100 at I Love Lucite.
 ジョーイ、おまえは「アイ・ラブ・ルーサイト」ってのに1,100ドル払わなきゃならないんだぞ。

Joey: So what.
 それが何だよ。

Ross: So suck it up man, it's a job, it's money.
 だからもうあれこれ言ってる余裕はないってことだよ。仕事して、稼がないと。

Joey: Hey, look, I don't need you getting all judgemental and condescending and pedantic.
 おい、批判的で恩着せがましく衒学的になることないだろ!

Ross: Toilet paper?
 トイレットペーパーか?

Joey: Yeah.
 ああ。

Ross: Look, I'm not being any of those things, ok, I'm just being realistic.
 いいか、そういうことじゃないんだ。ただ現実的に言ってるだけだ。

Joey: Well knock it off, you're supposed to be my friend.
 やめてくれ。友達じゃないのか。

Ross: I am your friend.
 友達だよ。

Joey: Well then tell me things like, 'Joey you'll be fine,' and, 'Hang in there,' and, and, 'Something big's gonna come along, I know it.'
 だったら、友達らしいことを言ってくれよ。「ジョーイ、大丈夫だよ」とか「頑張れ」とか「きっとでっかいことがやってくる、わかるんだ」とか。

Ross: But I don't know it. What I do know is that you owe $2300 at "Isn't it Chromantic?"
 いや、わからないよ。僕にわかるのは、おまえは「これってクロマンチックじゃない?」に2,300ドル払わなきゃならないってことだよ。

Joey: Hey Ross, I'm aware of what I owe.
 おい、ロス、俺は自分が払わなきゃならないものはわかってる。

Ross: Ok, well then get some sense. I mean it took you what, 10 years to get that job, who knows how long it's gonna be till you get another.
 そうか。じゃあ現実を見ろ。いいか、あの仕事を得るまで10年かかったんだ。今度またチャンスが来るまで何年かかるかわからないんだぞ。

Joey: Look, I don't wanna hear this right now.
 おい、そんなこと今聞きたくない。

Ross: Huh, I'm just saying...
 僕がただ言いたいのは・・

Joey: Well, don't just say.
 いや、ただ言うな。

Ross: You know, maybe, maybe I should just go.
 もう行った方がいいのかな。

Joey: Ok.
 そうだな。

Ross: Ok. I'll see you later. Just think about it, ok.
 そうか。じゃあまたな。考えるんだぞ。

Joey: I don't need to think about it. I was Dr. Drake Ramoray! That was huge! Big things are gonna happen, you'll see. Ross! You still there?
 考える必要ないよ。俺はドクター・ドレイク・ラモーレだったんだ! すごいことだったんだ! また大きいことがやってくるんだ、見てろ! ロス! もういないの?

《チャンドラーの部屋・エディがいないと思って入ってくる》

Eddie: Hey pal.
 やぁ。

Chandler: Ahhhh-gaaaahhh. Eddie, what're you still doing here?
 わーーっ! エディ、おまえまだここで何してるんだ?!

Eddie: Ah, just some basic dehydrating of a few fruits and vegetables. Man alive, this thing's fantastic!
 果物や野菜を乾燥させてるんだけど。もう本当に! 最高だぜ!

Chandler: Look Eddie, aren't you forgetting anything?
 おい、エディ、何か忘れてないか?

Eddie: Oh yeah, that's right, look I got us a new goldfish. He's a lot feistier that the last one.
 ああ、そうそう。ほら、新しい金魚だ。前のよりうんと威勢がいいだろ?

Chandler: Maybe because the last one was made by Pepperidge Farm. Look Eddie, isn't there something else you're supposed to be doing right now?
 そりゃ前のはペッパーリッジ・ファーム製だったからじゃないか? おい、エディ、おまえいま、他にやることがあるはずじゃなかったか?

Eddie: Well, not unless it's got something to do with dehydrating, my man, because right now I'm a dehydrating maniac!
 乾燥すること以外にはないはずだ。だってほら、俺はいま乾燥オタクだからさっ!!

Chandler: Look you have to help me out here. I thought we had a deal. I thought by the time...
 おい、助けてくれ。俺たち話をつけたはずだぞ。いまごろは・・

Eddie: Ah-ah-ah, you know what that is?
 おおお。これが何かわかるか?

Chandler: Your last roommate's kidney?
 おまえの元ルームメイトの肝臓?

Eddie: That's a tomato. This one definitely goes in the display.
 トマトだ。これはディスプレイしないとな!

《セントラルパーク》

Joey: Hey, Gunther, let me get a lemonade to go.
 ヘイ、ガンター、レモネート持ち帰りで。

Gunther: Lemonade? You ok, man?
 レモネード? 大丈夫?

Joey: Ah, it's career stuff. I don't know if you heard but they killed off my character on the show.
 ああ、仕事でね。知ってるかもしれないけど、番組で俺の役が死んでしまったんだ。

Gunther: Oh, that's too bad. How'd they do it?
 ああ、それは残念だったな。どうやって?

Joey: I fell down an elevator shaft.
 エレベーターシャフトに落ちた。

Gunther: That sucks. I was buried in an avalanche.
 最悪だな。僕は雪崩だった。

Joey: What?
 なんだって?

Gunther: I used to be Bryce on All My Children.
 僕は「オール・マイ・チルドレン」でブライス役だったんだ。
(こういう事実はない)

《モニカ達の部屋》
(チャンドラーがカウチで寝ていて、モニカが通りかかって見たときに目覚める)
Chandler: Daaahhhh!
 わーっ!

Monica: Aaahhhhhhh! Aaahhhh!
 きゃーっ!

Chandler: Why must everybody watch me sleep? There'll be no more watching me sleep, no more watching.
 なんで俺の寝てるところを見なきゃならないんだ? 俺が寝てるとこを見るな。もう誰も見るな。

Monica: I wa-
 私は・・

Chandler: Uuuh.
 ダーっ!

《チャンドラー達の部屋》

Eddie: Hey man, check it out, I got some great stuff to dehydrate here. I got some grapes, got some apricots, I thought it would be really cool to see what happens with these water balloons.
 よぉ。これ見ろよ。乾燥させるのにちょうどいいものなんだ。グレープだろ、アプリコットだろ。あとこの水風船が乾燥していくのを見るのは超クールだと思うんだな。

Chandler: Get out. Get out, get out, get out, get out, get out, get out.
 出て行け。出て行け。出て行け。出て行け。出て行け!

Eddie: What?
 なに?

Chandler: You, move out. Take your fruit, your stupid small fruit and GET OUT!
 おまえ、出て行く。果物もって、その小さくなったバカバカしい果物もって出ていけ!

Eddie: You, you want, you want me to move out?
 おまえ、おまえ、俺に出てって欲しいわけ?

Chandler: Uh-huh.
 ああ!

Eddie: I uh, I gotta tell you man, I mean, that's uh, it's kinda out of the blue, I mean, don't you think?
 これは・・言わせてくれ、これは青天の霹靂だよ。そう思わないか?

Chandler: This is not out of the blue, this is smack dab in the middle of the blue.
 これは全然青天の霹靂なんかじゃない! これはもろ、雷雲から霹靂!

(smack-dab = まともに、もろに)

Eddie: Ohhhh. Relax, take it easy buddy. Tell me twice, you want me to go? Alright, alright, guess I'll be back for my stuff. . . But if you think for one second I'm leaving you alone with my fish, you're insane, Jack!
 おい、落ち着いてくれ。落ち着いて。出てってほしいわけだな? わかった。わかったよ。荷物を取りにまた来るよ。・・(出て行ってすぐ戻ってくる)だが俺の金魚をおまえと一緒に置いてくと思ったら大間違いだ! イカれたジャックめ!

Chandler: You want some help.
 なんかいる?

Eddie: No help required, Chico. [reaches into the tank and grabs the fish and puts it in his pocket]
 おまえの助けなどいらない。(手でとって出て行く)

《ジョーイ・タクシードライバーのオーディション》

Joey: All the way to the airport, huh? You know that's over 30 miles, that's gonna cost you about so bucks.
 空港までですね。そうすると30マイル以上だから、SOドルぐらいですよ。

Castubg guy: Excuse me, that's 50 bucks.
 ちょっと。50ドルだよ。

Joey: What?
 え?

Castubg guy: Five-O dollars.
 50ドル。

Joey: Ohh, you know what it is? It's smudgy 'cause they're fax pages. Now, when I was on Days of Our Lives as Dr. Drake Ramoray, they'd send over the whole script on real paper and everything.
 ああ、なんでかっていうと、ファックスで文字がかすんだからですよ。「愛の病院日誌」でドクター・ドレイク・ラモーレをやってた時は、ちゃんとした紙の台本を送ってきたけどね。

Castubg guy: That's great.
 それはよかったね。

Joey: And, and just so you know, if you wanted to expand this scene like, like have the cab crash or something, I could attend to the victims 'cause I have a background in medical acting.
 お伝えしておきたいんですけど、このシーンを広げたいってことになって、タクシーが事故ったりするんだったら、被害者を診ることもできますよ。医者の演技をしてきたんだから。

Castubg guy: Ok, listen, thanks for coming in.
 ああ、じゃ、来てくれてありがとう。

Joey: No no, uh, don't thank me for coming in. Uh, at least let me finish. "Uh, we could take the expressway but uh, this time of day you're better off taking the budge". . . You were going for the word bridge there, weren't you. I'll have a good day.
 いやいや、来ただけってことにしないでください。せめてこれ終わりまでやらせてください。「高速を使うこともできるけど、バッジはやめた方がいい」・・・バッジじゃなくてブリッジってことですよね、失礼しました。気をつけて帰ります。

《モニカ達の部屋》

Phoebe: Ok, question number 28, have you ever allowed a lightning bearer to take your wind? I would have to say no.
 いい? クエスチョンNo.28。雷の担い手に風を奪わせたことがあるか? 私は「ノー」って言わせてもらうわ。

Monica: And I would have to say pah-huh.
 私は「はぁ?!」って言わせてもらうわ。

Phoebe: What?
 なによ?

Monica: Do you not remember the puppet guy?
 パペット男覚えてないの?

Rachel: Yeah, you like totally let him wash his feet in the pool of your inner power.
 そうよ。あなたのうちなるパワーのプールで彼に足を洗わせていたわよね。

Monica: And his puppet too.
 彼のパペットもね。

Phoebe: Yeah ok, well at least I didn't let some guy into the forest of my righteous truth on the first date.
 ああそう。でも少なくとも私は最初のデートで私の正義の真実の森に男を入れたりしてないわよ。

Monica: Who?
 誰のことよ?

Phoebe: Paul.
 ポール。

Monica: Oh.
 ああ。

Rachel: Ok, ok, ok, moving on, moving on, next question. Ok, number 29, have you ever betrayed another goddess for a lightning bearer? Ok, number 30.
 わかったから、先へ行きましょう。ね。次の質問。いい? No.29。あなたは雷の担い手のために他の女神を裏切ったことがあるか? はい、No.30。

Monica: Woah, woah, woah, let's go back to 29.
 ちょっとちょっと。29番へ戻りましょうよ。

Rachel: Not uh, not to my recollection.
 えー。記憶にはございませんわ。

Monica: Huuh, alright, Danny Arshack, ninth grade. Oh, come on, Rach, you know the bottle was totally pointing at me.
 ハハ! いいわよ。ダニー・アーシャック、9年の時。どうなの、レイチ。あの時ボトルは完全に私の方に向いてたのに。

Rachel: Only 'cause you took up half the circle.
 それはあなたが周りの輪の半分をしめてたからでしょう?

spinthebottle.jpg
(ボトルは自分の方に向いていた、circle ってことは
 spin the bottle をしていたってことかと思います。
 ボトルが向いた相手とキスをしたりするゲーム)


Phoebe: Listen to you two. It's so sad. Looks like I'm gonna be going to the goddess meetings alone.
 あなたたち2人のいうこと聞いてごらんなさいよ。哀しいわね。女神の集会に行けるのは私だけみたいね。

Rachel: Well, not when they find out you slept with Jason Hurley an hour after he broke up with Monica.
 あら、モニカと別れた1時間後にジェイソン・ハーレイと寝たってわかったらそうはいかないわよ。

Monica: One hour?
 1時間?

Phoebe: You are such a leaf blower.
 あなたって葉の散らし手ね!

(モニカとレイチェルがドアをバタンと閉めて行ってしまったのでフィービーは箱のフタをバタンとする)

《ジョーイの部屋:買ったものを引き上げていく》

Joey: Oh hey uh, be careful with that 3-D last supper, Judas is a little loose.
 あ、その3D最後の晩餐には気をつけて。ユダがちょっと取れそう。

(ロスが来る)
Ross: Oh my God, what's going on?
 なんだ? なにごと?

Joey: They're taking all my stuff back. I guess you were right.
 俺の買ったもの引き上げてくんだ。おまえの言った通りだよ。

Ross: No, look, I wasn't right, that's what I came here to tell you. I was totally hung up on my own stuff. Listen, I'm someone who needs the whole security thing, you know. To know exactly where my next paycheck is coming from. But you, you don't need that. And that's amazing to me. I could never do what you do, Joey.
 いや。僕は間違ってたよ。それを言いにきたんだ。僕のこだわりで話してた。聞いて。僕は、何もかもきっちりしてないといけないんだ。次の収入がいつか知ってないといけない。でもおまえは違う。それは素晴らしいことだよ。僕にはマネができないことなんだ、ジョーイ。

Joey: Thanks, Ross.
 ありがと、ロス。

Ross: Yeah. And you should hold out for something bigger. I can't tell you how much respect I have for you not going to that stupid cab driver audition.
 おまえは大きなことに賭けるべきだよ。バカげだタクシードライバーのオーディションに行かなかったことでどんなに尊敬するか、言葉にならないよ。

Joey: I went.
 行ったんだ。

Ross: Great, how did it go?
 よかった。どうだった?

Joey: I didn't get it.
 受からなかったよ。

Ross: Good for you.
 よかったじゃないか!

Joey: What?
 なんで?

Ross: You're living the dream.
 おまえは夢に生きるんだ。

Joey: Huh?
 は?

Ross: All right then.
 それでいいんだ。

Joey: Oh, not my parrot.
 ああ、俺のオウムまで。。

Ross: What?
 なに?

Joey: I can't watch this.
 見てられないよ。

Ross: Hey hold on, hold on. How much for the uh, how much to save the bird?
 ちょっと待って、ちょっと。その鳥はいくら出せば置いてってくれる?

Mover: 1200.
 1,200。

Ross: Dollars? You spent $1200 dollars on a plastic bird?
 ドル? おまえプラスチックの鳥に1,200ドル使ったの?

Joey: Uhhh, I was an impulse buy, near the register.
 あー、衝動買いだったんだ。レジのそばにあって。

Ross: Go ahead, go ahead with the bird. Ok, do you have anything for around 200?
 (Mover に)行っていいよ。鳥は持ってっていい。それじゃ、200ドルぐらいのものはない?

Mover: Uh, the dog.
 えーっと、犬だね。

Ross: Huh.
 これね。

Mover: Yeah.
 ああ。

Ross: I'll take it. My gift to you man.
 これもらうよ。(ジョーイに)おまえにプレゼントだ。

Joey: Thanks Ross. I really like that bird though…But the dog!
 ありがとう、ロス。本当はあの鳥が好きなんだけど・・いや、犬もいい!

《セントラルパーク》

Rachel: Here are your cakes.
 ケーキよ。

Monica: We didn't order cake.
 ケーキは頼んでないわ。

Rachel: No, I know, they're from me. Look, you guys this is not good. I mean we have enough trouble with guys stealing our wind without taking it from each other.
 ええ。これは私からよ。ねぇ、こんなのよくないわ。ただでさえ男に風を奪われてるのに、私達の間で取り合うなんて。

Monica: You're right.
 その通りね。

Rachel: You know?
 でしょう?

Phoebe: I love you goddesses. I don't ever want to suck your wind again.
 愛してるわ、女神達。あなた達の風を二度と奪わない。

Rachel: Thank you. So are we good?
 ありがとう。じゃあこれで私達大丈夫ね?

Monica: We're good.
 大丈夫よ。

Rachel: We're good?
 大丈夫?

Phoebe: Yeah.
 ええ。

Rachel: Ok, let me take these cakes back 'cause they're gonna take that out of my paycheck.
 わかった。じゃあケーキは戻してくるわね。お給料からひかれちゃうから。

(チャンドラーが来る)
Chandler: Ding dong, the psycho's gone.
 キンコン♪ サイコ野郎は出てった。

Monica: Are you sure this time?
 今度は間違いない?

Chandler: Yes, yes I actually saw him leave. I mean that guy is standing in the window holding a human head. He is standing in the window holding a human head!!
 ああ。出て行くところを見たんだから。あいつ、窓の外でヒトの頭を持って立ってる。あいつ、窓の外でヒトの頭を持って立ってる!!

Eddie: [enters] Check it out man, I tore it off some mannequin in the alley behind Macy's.
 (入ってきて)これ見ろよ。メイシーズの裏通りのマネキンから取ってきたんだ。

Monica: There is no alley behind Macy's.
 メイシーズに裏通りなんてないわよ。

Eddie: So I got it in the junior miss department, big diff. Anyway check it out man, it's gonna make a hell of a conversation piece at our next cocktail party, huh pal?
 デパートの女性向け売り場から取ってきたんだよ。そう違わないだろ。とにかく見てくれよ。俺たちの今度のカクテルパーティで格好の話題作りになるだろ。な?

Chandler: Our next cocktail party?
 「俺たちの今度のカクテルパーティ」?

Eddie: Yeah, you know, put chips in it, we'll make like a chip chick.
 ああ。チップスを入れて、チップチックなんてね。

Chandler: Eddie, do you remember yesterday?
 エディ、おまえ昨日のこと覚えてる?

Eddie: Yes, I think I vaguely recall it.
 ああ、うっすらとね。

Chandler: Do you remember talking to me yesterday?
 俺と昨日話したこと覚えてる?

Eddie: Yes.
 ああ。

Chandler: So what happened?
 それでどうなった?

Eddie: We took a road trip to Las Vegas, man.
 俺たちラス・べガスへドライブしたんだよな。

Chandler: Oh, sweet Moses.
 おお、愛しいモーゼよ。

Monica: So on this road trip, did you guys win any money?
 それでそのドライブに行って、いくらか勝ったの?

Eddie: Naah, I crapped out, but Mr. 21 over here! He cleans up, 300 bucks! Check it out, he buys me these new shoes, sweet huh?
 いや、俺はダメだったけど、この人は違うよ。彼は300ドルぼろもうけ、この靴を買ってくれたんだ、見てくれ。優しいだろ?

Monica: Nice.
 素敵。

Eddie: Yeah. Well see you upstairs. See you, pals.
 ああ。じゃあ、また部屋でな。

Phoebe: Is anyone else starting to really like him?
 彼のこと本当に好きになり始めたの私だけ?

《チャンドラー達の部屋の前:入ろうとするエディ》
(ドアが開かないのでノックする)
Chandler: May I help you?
 何か?

Eddie: Why doesn't my key work and what's all my stuff doing downstairs?
 なんで俺の鍵で開かないんだ? それに俺の荷物が下にあったのはなんで?

Chandler: Well, I'm, I'm sorry... Ahhh. Have we met?
 いや・・失礼・・(エディがドアの隙間に顔を突っ込んだので)わぁ! 前にお会いしました?

Eddie: It's Eddie you freak, your roommate.
 エディだよ。おかしな奴だな。ルームメイトだ。

Chandler: I, I'm sorry, I. . . I already have a roommate.
 失礼ですが・・(チェーンを外す)ルームメイトはもういますけど。(ジョーイがイスを回転させて姿を見せる)

Joey: Hello.
 やぁ。

Chandler: Yeah, he's lived here for years, I don't.. I don't know what you're talking about, man.
 彼はもう何年もここに住んでます。あなたのおっしゃることがわかりませんが。

Eddie: No he, he moved out and I moved in.
 いや、彼は出てって、それで俺がここに入ったんだ。

Chandler: Well I, I think we'd remember something like that.
 いやー、そんなことがあれば、僕ら覚えてると思うんですよね。

Joey: I know I would.
 俺なら覚えてる。

Eddie: Well that's uh, that's a good point. Ok, well, uh, I guess I got the wrong apartment then. I'm, look, I'm, you know, I'm sorry, I'm terribly sorry.
 いや、それは確かに。いや、じゃあアパートを間違えたのかな。俺・・どうも・・いや、悪かった。申し訳ないね。

Joey: Hey, no problem.
 いや、気にしないで。

Chandler: See you. . . Good bye! You fruit drying psychopath. So you want me to help you unpack your stuff?
 さよなら! (ドアを閉める)グッドバイ! 乾燥フルーツサイコパス! (ジョーイに)それじゃ、荷ほどき手伝おうか?

Joey: Na, na I'm ok. Oh and uh, just so you know, I'm not moving back in 'cause I have to. Well, I mean, I do have to. It's just that that place wasn't really, I mean, this is...
 いや、いいよ。あとそれから、言っておきたいんだけど、戻らなきゃならないから戻ったんじゃないんだ。いや、確かに戻らないといけないんだけど。でも、あそこは本当に、つまりここが・・。

Chandler: Welcome home, man.
 よく帰ってきたな!(ハグして踊る)

Joey: A little foos?
 フーズボールする?

Chandler: Absolutely.
 するとも!

Joey: What happened to the foosball?
 このボールどうなってんの?

Chandler: Ah that's a cantaloupe.
 ああ、それはメロンだ。

《チャンドラー達の部屋;時間経過》

Chandler: Hey look, are we gonna have to bring this out every time Ross comes over?
 なぁ、これロスが来るたびに部屋から出してこないといけないのか?

Joey: He paid a lot of money for it.
 これ高いのにやつが買ってくれたんだ。

Chandler: I'm gonna hold him a different way. Look I don't understand, if you hated it so much, why did you buy it in the first place?
 (犬のお尻を持っていたので)持ち方変えるよ。わからないよ。そんなにキライなら最初になんで買ったんだ?

Joey: Well, I had a whole ceramic zoo thing going over there but now, without the other ones, it just looks tacky.
 セラミックの動物達のセットで買ったんだ。でも、他のがいなくなってこれだけだと、趣味悪いよ。

Chandler: So, is he house-trained or is he gonna leave little bathroom tiles all over the place? Stay. Good, Stay! Good fake dog.
 それで、この犬トイレトレーニングはできてるのか、それともあちこちでしちゃうわけ? (犬に)マテ。よし。マテ! よーし、ニセモノ犬。

(leave little bathroom tiles .. は、house-trained(トイレしつけ済) と "or" で
 つながっていることから、トイレのしつけができてないと
 いうことになります。セラミックでできた犬だから、排泄物は
 セラミックタイルというのがチャンドラーらしいかなと思います。)




にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村


英語 ブログランキングへ
posted by らんち at 00:24| Comment(0) | Season2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。