2013年06月27日

2-24 The One With Barry and Mindy's Wedding

2-24 バリーとミンディの結婚式の話

 ☆元カレの結婚式で・・・☆

《セントラルパーク:ジョーイが来る》

Rachel: Hey Joey, how'd the audition go?
 あら、ジョーイ、オーディションどうだった?

Joey: Incredible! I met the director this time and you'll never believe who it was.
 うまくいったよ! 今回はディレクターに会ったんだけど、みんな、それが誰か聞いたら信じられないぞ。

All: Who?
 誰?

Joey: All right. I'll give you one hint. Warren Beatty.
 よし、ヒントを出すぞ。ウォーレン・ベイティ

All: Wow!
 ワオ!

Joey: Yeah, there's just one thing that might be kind of a problem. See, I, uh, had to kiss this guy.
 それがさ、ひとつ問題があるって感じなんだよ。俺・・男にキスしないといけなんだ。

Chandler: 'Cause he was just so darn cute.
 そいつがめっちゃくちゃ可愛いから?

Joey: No, as part of the audition. See, I'm up for this part of this guy, who the main guy kisses.
 違うよ。オーディションでやらないといけなんだ。

Ross: Well, hey. You're an actor, I say you just suck it up and do it. . . . Or you just do it.
 それはもう、おまえは役者なんだから、ごちゃごちゃ言わずにやることやっちゃえよ(レイチェルに変な目で見られ)・・っていうか普通にやれよ。

(suck it up … 直訳で「吸い上げる」なので、
 勘ぐれば、レイチェルの表情になるわけです)


Joey: I did do it, I'm a professional.
 やったさ。俺はプロだからな。

Monica: Then what's the problem?
 それで何が問題なの?

Joey: See, after the scene, Mr. Beatty comes up to me and says 'good actor, bad kisser'. Can you believe that, me not a good kisser, that's like, like Mother Theresa, not a good mother.
 後でベイティさんが来て、「いい役者だが、キスはヘタだな」って言ったんだ。信じられる? この俺がキスがうまくないなんてさ。まるで、まるで・・マザー・テレサがいい母じゃないみたいな。

Phoebe: Well, come on, who cares what that guy thinks. What does Warren Beatty know about kissing? . . . Ooh.
 なによそんなの。あの人が言うことなんて気にすることないわよ。ウォーレン・ベイティがキスの何を知ってるっていうのよ。(いっぱい知ってるさと目で訴えられ)ああ。

《続き》

Chandler: Hey, what did your agent say?
 エージェントはなんて言ってんの?

Joey: Yep, this kiss thing is defiantly a problem, Mr. Beatty wants to see it again on Monday. Man, I gotta figure out what I'm doing wrong. Oh, okay, one of you girls come over here and kiss me.
 それが、このキスが問題になっててさ。ベイティさんが、月曜日にもう一度見るってさ。だから、なんとしても何がいけないのかつきとめないといけないんだよ。ああもう、君たち誰かキスして。

Monica: What, forget it!
 冗談でしょ。

Rachel: Yeah, right.
 そうよ。

Joey: Come on, I need your help here.
 いいじゃないか。助けてくれよ。

Phoebe: All right. I'll do it, I kissed him before I can do it again.
 わかったわ。私がやる。キスしたことあるし、もう一回できるわ。

Joey: You see, this, this is a friend.
 今の聞いた? これが友達だよ。

Phoebe: Uh-huh, let's go.. Oh, wait I have gum. Okay. . . Good, very good, firm but tender. I'd recommend you to a friend.
 そうね。やりましょ。あ、待って、ガム噛んでた。いいわよ・・(キス)・・うん、大変よろしい。しっかりと、でも優しくて。友達にお勧めできるわ。

Joey: Then I don't know what it is. What's the problem?
 じゃあ何がいけないのかわからないよ。何だろう?

Monica: Joey, you know, maybe your just not used to kissing men, maybe you just tensed up a little, maybe that's what you need to work on.
 ジョーイ、もしかしたら、男にするってことに慣れてないからじゃないの? 緊張しちゃうのかもしれないわ。それを何とかしなきゃいけないんじゃないかしら。

Joey: Yeah, that makes sense.
 そうだな。それはもっともだ・・(ロスを見る)

Ross: Over my dead body!
 死んでもイヤだ!

Chandler: And I'll be using his dead body as a shield.
 (次に狙われ)奴の死体をシールドにする。

《モニカ達の部屋》

(レイチェルの部屋からロスが出てくる)
Ross: Come on out, honey! I'm telling you look good! . . . Tell her she looks good, tell her she looks good.
 出ておいでったら! 言ってるじゃないか、本当にきれいだよ。(振り返ってみんなに)きれいだって言えよ。きれいだって!

(レイチェルが派手なピンクのドレスで出てきてみんなあっけにとられる)
Phoebe: Oh, my God, you look so good!
 (笑いながら)オーマイゴッド! すごくきれい!

Rachel: I can not believe I have to walk down the aisle in front of 200 people looking like something you drink when your nauseous.
 信じられない。こんな、吐き気止めの薬みたいなドレス着て200人もの人の前を歩かなきゃいけないなんて。

peptobismol.jpg
(吐き気止めの薬、こんな感じ?)

Ross: So don't, I don't see why we have to go to this thing anyway, it's your ex-fiancee's wedding.
 じゃあやめなよ。元婚約者の結婚式なんて、なんで行かなきゃいけないかわからないよ。

Rachel: Because I promised Mindy I would.
 ミンディと約束したんだもの。

Monica: Yeah, well, you promised Barry, you'd marry him.
 そうよね。でもバリーと結婚するって約束もしたのよね。(レイチェルににらまれリチャードの足の下に潜り込む)

Rachel: Look, you guys, I have to go, I'm the Maid-of-Honor. And besides you know what? I just need to be in a room again with these people and feel good about myself.
 でもね、私行かなきゃいけないのよ。花嫁の付き添い人なのよ。それにね、そこに行ってみんなに会ったらそんなに引け目に感じなくなると思うのよね。

(チャンドラーが来て、レイチェルを見て笑う)
Phoebe: Ooh-oh! Someone's wearing the same clothes they had on last night. Someone get a little action?
 おや? 誰かさんは昨日と同じ服を着てるわよ。何かいいことあったかな、誰かさん?

Chandler: I may have.
 そうかもね。

Monica: Woo-hoo, stud!
 ヒューヒュー! 絶倫男!

Ross: What's she look like?
 どんな人?

Chandler: Well, we haven't exactly met, we just stayed up all night talking on the internet.
 それがまだ会ったことはないんだ。一晩中起きてネットで話してただけ。

Monica: Woo-hoo, geek!
 ヒューヒュー! オタク!

Chandler: I like this girl, okay, I seriously like this girl, you now how sometimes I tend get a little defended and quippy...
 彼女のこと好きなんだよ。本当に好きなんだ。俺がよく自分を守るために皮肉屋になるっての知ってるだろ。

Ross: Get out!
 冗談だろ。

Rachel: No!
 ウソよ!

Monica: Please!
 勘弁してよ。

Chandler: Well, she totally called me on it, okay. She said, 'cut it out, get real', and I did.
 彼女はそれをズバリ指摘したんだ。そして「やめろ、正直になれ」って言うんだ。だからそうした。

Rachel: Wow! What's that like?
 ワオ。それどんな感じ?

Chandler: It's like this, me, no jokes.
 こんな感じだよ。俺そのまま。ジョークなし。

Phoebe: All right, stop it, you're freaking me out.
 もういい、やめてよ。気味が悪いわ。

Richard: Oh, yeah, I don't like you this way. All right, I'll see you guys later.
 ああ、そうだよ。そんな君好きじゃないな。さて、じゃあまたな。

All: Bye, Richard.
 バーイ、リチャード。

Monica: Bye sweetie, I love you.
 バーイ、リチャード、愛してる。

Richard: I love you, too.
 僕も愛してるよ。(帰っていく)

Phoebe: I think my boyfriend ever so dreamy, I wonder what our wedding's gonna be like.
 私のボーイフレンドって本当に夢のよう・・ウェディングはどんな感じかしら・・

Monica: What are you talking about? What wedding?
 何言ってるのよ。何がウェディングよ。

Phoebe: Come on, like you never talk about that.
 何よ。考えたことないフリしちゃって。

Monica: No! Never! I mean, we're living in the moment. God, it is so nice for once to not have to get all hung up on 'Where is this going?'
 ないわよ。全然! 今を楽しんでるのよ。ああ! 「2人の関係はどうなるの?」なんてとらわれないでいられるって本当に素敵。

Rachel: Afraid to ask him?
 聞くのが怖い?

Monica: Could not be more terrified.
 これ以上ないくらいよ。

Chandler: Well, I think you should seriously consider the marriage thing, give Rachel another chance to dress up like Princess Bubble Yum.
 結婚について真剣に考えるべきだと思うよ。レイチェルにまたプリンセス・バブル・ヤムみたいなドレス着るチャンスあげてよ。

bubbleYum.jpg

《モニカ達の部屋:ベンの子守り中》

Monica: Where's Benny?. . . There he is! . . . Where's Benny, there he is.
 (顔を隠して)ベンちゃんはどこぉ?(顔を見せて)いたー!(繰り返し)ベンちゃんはどこぉ?・・ いたー!

Richard: Awww! You know that's probably why babies learn to talk, so they can tell grown ups to cut it out.
 ああ! 子供がしゃべるようになるのは、オトナにもうやめろって言うためかもね。

Monica: Hey, you know I got a question for you. Just a little thing, no pressure.
 ねぇ、聞きたいことがあるんだけど。ちょっとしたことよ。プレッシャーなし。

Richard: Okay.
 いいよ。

Monica: Did you ever, uh, like, think about the future?
 あなた、その・・将来について考えたことある?

Richard: Sure, I do.
 もちろんあるよ。

Monica: Yeah, am I in it?
 そう? そこに私はいるの?

Richard: Honey, you are in it.
 モニカ、君はそこにいるよ。

Monica: Oh, God, you are about to get so lucky.
 ああ! あなたって本当にラッキーよ。

Richard: Oh, yeah!
 そうだとも!

Monica: Keep talking.
 続けて。

Richard: Well, uh, sometimes I think about selling my practice, we could move to France, make French toast.
 そうだね、時々、医院を売ることを考えるんだよ。そうなったらフランスへ引っ越して、フレンチトーストを作るんだ。

Monica: Okay, so, uh, we're in France, we're making the toast. Do you see a little bassinet in the corner?
 そうなのね。それで、私達はフランスへ行ってトーストを作る。その部屋の片隅にはバシネットがあるのかしら?

bassinet.jpg
(バシネット)

Richard: Like a hound?
 ・・ハウンド?

basset.jpg
(バセットハウンド)

Monica: Not a basset, a bassinet.
 バセットハウンドじゃなくて。バシネット。

Richard: You really need the bassinet?
 君は本当にバシネットが要る?

Monica: Well, I just think the baby would keep falling off the dog. Do you, do you, do you not see kids in our future.
 それは・・赤ちゃんはきっと犬の上に落ちちゃうと思うから・・あなた・・あなたは・・将来子供ほしくないの?

Richard: Oh, hey. I love children, I have children. I just don't want to be 70 when our kids go off to college, and our lives can finally start.
 いや、子供は好きだよ。子供はいる。ただ、子供が大学に行って自分たちのための人生が始まるって時に、70歳になっていたくはないなと思うんだよ。

Monica: Uh-huh.
 そう。

Richard: Look, I want you, now.
 聞いて、今きみがほしいんだ。

Monica: That's Great. You know, we don't need to talk about this now. Really, I mean this is, is so, like, way, way, way, in the future, I'm talking hovercrafts and apes taking over the planet.
 それは素敵。ね、私たちこのこと今相談しなくてもいいわよね。ほんと。こんなこともう、ずっとずっとずっと先の、ホバークラフトが飛んで類人猿が地球を乗っ取るぐらい先の話よね。

《チャンドラー達の部屋》

Joey: Come on, Chandler, I want this part so much. Just one kiss, I won't tell anyone.
 頼むよ、チャンドラー、この役が欲しいんだよ! キス一回だけ。誰にも言わないから。

Chandler: Joey, no means no!
 ジョーイ、イヤったらイヤだ!

(レイチェルとロスが来る。レイチェルはピンクのドレスにピンクの帽子までかぶって、マザーグースに出てくるLittle Bo Peepみたいに見える。)

Rachel: Hey!
 ハーイ。

Chandler: I'm sorry we, we don't have your sheep.
 悪いけど、ここには君の羊いないよ。


(Little Bo Peepは、行方不明の羊を探してる)

Joey: Aww, Rach, I think you look cute. . . And you, uh, you, you I could eat with a spoon.
 レイチ、かわいいよ。それにおまえ(ロスに)おまえも食べてしまいたい・・

Ross: Get away from me, I said no!
 寄るな! ダメって言っただろ!

Monica: Richard buzzed. He's waiting downstairs.
 リチャードが来たわ。下で待ってるわよ。

Joey: Oh, Richard's here. I should run down say bye to him.
 おっ! リチャードが来たんだな。挨拶してこなくっちゃ! (走っていく)

All: Bye.
 バーイ!

Phoebe: Bye, good luck.
 バーイ! 頑張って!

(レイチェルとロスとモニカは出ていく)
Phoebe: So how's your date with your cyber chick going. Ooh, hey, what is all that?
 それで、サイバーデートはどうなってんの? あら、これは何?

Chandler: Oh, it's a website, it's the, uh, the Guggenheim Museum. See, she likes art, and I like funny words.
 それはグッゲンハイム美術館だよ。彼女は芸術関係が好きで、俺はジョークが好きってこと。

Phoebe: What does she mean by H.H.?
 H.H.ってどういう意味?

Chandler: It means we're holding hands.
 「ホールディング・ハンド(手をつなぐ)」っていう意味だよ。

Phoebe: Are you the cutest?
 なんてかわいいの?

Chandler: I'm afraid I might just be.
 そうだよね。

Phoebe: You know, what I think is so great that you are totally into this person and yet for all you know, she could be like 90 years old, or have two heads, or. It could be a guy.
 でもね、あなたはこの人に参っちゃってるけど、でももしかしたら彼女90歳かもしれないし、もしかしたら男かもしれないって、そこがすごいとこよね。

Chandler: Okay, it's not a guy, all right? I know her.
 いいかい? この人は男じゃない。わかるんだ。

Phoebe: It could be like a big giant guy.
 もしかしたら巨大な男かもしれないわ。

(ジョーイが戻ってくる)
Joey: Man, I got this close to him and Monica kneed me in the back. What's going on?
 ああもう。リチャードにここまで近づいたのに、モニカに膝蹴りされたよ。何してんの?

Phoebe: We were just wondering if Chandler's girlfriend is a girl.
 チャンドラーの彼女は本当に女の子かなって話してたの。

Joey: Oh, well. Just ask her how long she's gonna live. Women live longer than men.
 ああ、何歳まで生きるか聞いてみればいいじゃん。女は長生きだからな。

Chandler: How do you not fall down more?
 おまえがちゃんと歩けるのが不思議だよ。

Phoebe: Okay, ask her 'What is her current method of birth control?'
 わかった。「最近の避妊法はなに?」って聞くといいわ。

Chandler: All right. . . "My husband is sleeping with his secretary." She's married?
 わかった・・(タイプし、返事を読む)「夫は秘書と寝てる」・・彼女結婚してるんだ!

Phoebe: Well, at least we know she's a woman.
 少なくとも女だってことははっきりしたわね。

Chandler: I can't believe she's married.
 信じられない。結婚してたなんて。

Joey: Aw, man I'm sorry. This must be very tough for ya, huh?
 残念だったな・・つらいよな・・(キスのチャンスをうかがって)

《バリー達の結婚式場》

Monica: So, I read this article in the paper the other day that says you're not supposed to throw rice at weddings, because when pigeons eat rice it kills them.
 この前、新聞の記事を読んだら、ウェディングでお米を投げるべきじゃないんだってさ。鳩が食べると死んでしまうんだって。

Richard: Oh, that's why you never see pigeons at sushi bars. . . . See, we're having fun.
 ああ。だから鳩はお寿司屋さんにいないのね。ほら、私達楽しんでる。

Monica: Oh, absolutely. Yeah, you know I'm not even thinking about that thing that we're not supposed to think about.
 そうだとも。ああ。考えないようにしてることを全然考えてもいないよ。

Richard: Neither am I.
 私もよ。

(会場内でレイチェルを探すロス)

Ross: Hey, there.
 やぁ、いたね。

Rachel: Hi.
 ハーイ。

Ross: Are you all right?
 大丈夫?

Rachel: Yeah, when I was in the bathroom I saw the window that I crawled out of at my wedding, and God, I just started thinking that I shouldn't be here, you know, I shouldn't, people are going to be looking at me and judging me and, and thinking about the last time.
 ええ。バスルームに行って、自分が逃げ出した窓を見ちゃったのよ。ああ! 来るべきじゃなかったって思えてきたわ。来なきゃよかった。みんな批判的な目で私を見てる。この前のこと思い出して見てるわ。

Ross: Sweetie, it's be gonna okay, all right. It's a wedding, generally people focus on the bride.
 大丈夫だよ。大丈夫。ウェディングなんだから、みんな花嫁に注目してるよ。

Rachel: God, I know, you're right.
 ああ、そうね。その通りだわ。

Wedding planner: All rightie, everybody look at me. Good. All right, it's time. Bridesmaids and ushers, let's see two lines, thank you.
 いいですかー。みなさん、こっち見てー。よろしい。いい? 時間ですよ。花嫁付き添い人と案内の人、2列になって。はい、どうも。

Rachel: Okay, I'll see you after the thing.
 オーケー。じゃ、後でね。

Ross: Okay, good luck.
 オーケー。頑張って。

Rachel: Thank you, Okay, Okay.
 ありがと・・大丈夫・・大丈夫・・(歩いて行くが、お尻が出ている)

《結婚式後:ロスとレイチェル》
Rachel: Why the hell didn't you tell me!
 なんで言ってくれなかったのよ!

Ross: I'm sorry. What was I supposed to do? Stand up and shout 'Hey, Rachel, your butt is showing!'
 悪かったよ。立ち上がって「ヘイ! レイチェル! お尻が見えてるよ!」って叫べばよかった?

Rachel: Oh, my God, this is so humiliating. I think the only thing that tops that was, was, was when I was in the eight grade and I had to sing the "Copacabana" in front of the entire school. I think I got about two lines into it before I ran and freaked out. Oh, my God, my entire life is flashing before my eyes.
 ああ、もう、こんな恥ずかしいことないわ。これまでにこんな恥ずかしいことって、8年の時に全校生徒の前で「コパカバーナ」を歌って以来よ。2フレーズぐらい歌ってパニックになって逃げ出したのよ。ああもう、私の人生がフラッシュバックよ・・・

Ross: Rach, hey look, I remember that, it wasn't so bad.
 レイチ、聞いて、覚えてるけど、そんなひどくなかったよ。

Rachel: Oh, Ross, would you stop, you got me, I'm dating you.
 ロスったら。やめてよ。あなたは私とデートしてるんだものそう言うわよ。

Mr. Wineburg: Rachel!
 レイチェル!

Rachel: Oh hi, Mr. Wineburg, hi Mrs. Wineburg.
 あら、どうも、ワインバーグさん。奥様もどうも。

Mr. Wineburg: It's so wonderful to see you again, my dear. In fact, I hardly expected to see so much.
 君にまた会えてよかったよ。まさかあそこまで見られるとは思わなかったよ。

Mrs. Wineburg: You told me you didn't see anything.
 あなた、何も見てないって言ったじゃないの。

Mr. Wineburg: I tell ya a lot things!
 私はいろんなこと言うよ。

Mrs. Wineburg: Well, it's wonderful to have you up and about, again, dear.
 まぁ、とにかく、元気になってよかったわ。

(up and about = 床を離れて・歩き回って)

Mr. Wineburg: Stay well.
 元気で。

Rachel: Okay, now that is the third time someone has said something like that to me today.
 ちょっと。今日、ああいうこと言われるの、これで3回目よ。

Mindy: Rach! Rach!
 レイチ! レイチ!

Rachel: Oh, hi!
 あら、ハーイ!

Mindy: Oh, my God, I'm married!
 ああ、やったわ。結婚したのよ!

Rachel: I know.
 そうね。

Mindy: I'm Mrs. Dr. Barry Hunter hyphen Farber.
 私はバリー・ハンター=ファーバー夫人よ。

Rachel: Oh, honey, I'm so proud of you, Min.
 ああそうね。よかったわね、ミン。

Barry: Min. Oh Rach, you're still here, at our wedding, they were packing up the chopped liver about now.
 ミン・・あ、レイチ、まだいたんだね、僕らの結婚式ではみんながレバーの持ち帰りをつめてた頃だよ。

Rachel: Yeah, I love that story. Um, I have a question for you guys. Why do people keep is saying that is good to see me up and about?
 そうね、その話大好きよ。・・聞きたいんだけど、どうしてみんな私が元気になってよかったとか言うの?

Mindy: Well, after you ran out on your wedding, Barry's parents told people that you were sort of....insane.
 それは・・あなたが結婚式を逃げ出した時、バリーのご両親は、あなたがちょっと・・おかしくなったってみんなに説明したのよ。

Rachel: Insane?
 おかしくなった?

Mindy: ...from the syphilis.
 梅毒でね。

Rachel: What?!
 何ですって?

Barry: Yeah, what are they gonna say, you didn't love me anymore? Come on.
 ああ。それ以外に言いようがある? もう愛してないって? 勘弁だよ。

《チャンドラー達の部屋》

Joey: Angela? Joey Tribiani. Listen, what are you doing tonight. I know your seeing that guy I was thinking maybe you could bring him.....Hello? Hello?
 アンジェラ? ジョーイ・トリビアーニだけど。今夜あいてない? いや、つきあってる人がいるのはわかってるけど、彼も連れてきたらどうかと思って・・・もしもし? もしもし?(電話を切られてインディアンの人形を持って部屋へ行く)

(パソコン・メッセージが届いた音)
Phoebe: Aren't you gonna answer her, that's like the tenth bing-bong message she sent. She wants to know what's wrong?
 彼女に返事しないの? もう10回くらい送ってきてるわよ。何がいけなかったか知りたがってるわよ。

Chandler: What's wrong? What's wrong? You're married that's what's wrong.
 何がいけないって? 何がって? 君は結婚してる、それがいけないってんだよ。

Phoebe: Oh, my.
 (PCを見て)あら!

Chandler: What?
 どうした?

Phoebe: She wants to meet you in person.
 直接会いたいって。

Chandler: Hey, look, Phoebe I wanted to meet her in person too, okay? But she's married, she has a husband.
 フィービー、俺だって彼女に直接会いたいよ。でも彼女は結婚してるんだ。夫がいるんだ。

Phoebe: What if the husband person is the wrong guy, and you are the right guy. You don't get chances like this all the time, if you don't meet her now, you're gonna be kicking yourself when your 80, which is hard to do, and that's how you break a hip.
 もしその夫が彼女の運命の人じゃなかったら? そしてあなたが運命の人かもしれないわ。こんなチャンスめったにあるもんじゃないわよ。今会わないと、80歳になって後悔して自分を蹴り倒すことになるわよ。その頃には蹴るのも難しいし、お尻を痛めちゃうのよ。

Chandler: Okay, I'll do it!
 よし。会ってみる!

Phoebe: Oh, yeah! Okay! Great! Go, man, go put on your shoes, and, and march out there and meet her! . . . Oh, wait, no, no you have to take a shower, 'cause, eww. . . No, you know what you have to answer her, answer her first. . . No, no, you know what make some coffee 'cause it's too much.
 わっ! 素敵! そうよ、行くのよ! 靴を履いて行って会ってくるのよ! (チャンドラーは靴を取りにいく)あ、待って! シャワー浴びないと。だって「うぇっ!」(チャンドラーはバスルームへ走る。その時またメッセージが届く)待って! まず彼女に返事しないと! (チャンドラーはPCに走る)いえいえ、ダメ、まずコーヒーでも作りましょ。落ち着かないと。

《バリーの披露宴:モニカとリチャード》

Monica: Okay, one more, please. Come on, I'm gonna get it in this time, I will.
 (キャンデーをリチャードの口に投げ入れようとして)お願い、あと一回だけ。今度は絶対に入れてみせるから、ほんと。

Richard: Okay, last chance. . . Again, I'm sorry.
 わかった。最後だよ。(モニカが投げるが、後ろの女性に当たり謝るリチャード)再び、ごめんなさい。

Monica: You know what, maybe I don't need to have children. Maybe I just think I do because that is what society, and by that I mean my mom, has always convinced me that I. . . I do. I have to have children, I'm sorry, I just do.
 ねぇ、私子供いらないかもしれないわ。もしかしたら、社会のせいで・・社会ってうちのママのことだけど、そのせいで欲しいと思っちゃっただけかも・・・(小さい子が踊るのを見て)欲しいわ。やっぱり子供が欲しい。ごめんなさい。欲しいの。

Best man: Yo! Can I have your attention, please, Best Man, making a toast here. Thank you. I remember when Barry got home from his first date with Rachel...
 どうも! みなさん、ちょっとよろしいですか。花婿付き添い人として、挨拶したいと思います。ありがとう。(読み上げる)私はバリーがデートから帰ってきた時のことを思い出します。レイチェルとの初めての・・

All: What?!
 なに?!

Best man: What? You hired the same band I can't use the same speech? . . . Thank you, thank you, very much. Anyway, I wish you both a wonderful life together. And Rachel...
 なに? (バリーに)おまえ同じバンドを雇ったのに俺は同じスピーチじゃダメ? (バンドが盛り上げる)ありがと、ありがと。とにかく、君たち2人の幸せを祈ってるよ。それからレイチェル。

Rachel: What.
 何よ。

Best man: No, no, no now in all seriousness, its not a lot of women would've had the guts to come back here tonight, and even fewer, who would do it with their asses hanging out! (da-doom-chesh)
 いやいやいや、マジで。今夜ここへ来られるなんて、そんな根性のある女性はなかなかいないよね。それだけじゃなくて、お尻まで見せてくれるなんて!(バンドがドラムを鳴らす)

Ross: Uh, I'd like to add something to that...
 えー、僕もちょっとつけ加えたいと思います。

Rachel: What are you adding, what are you adding, what are you adding, what are you adding?
 何をつけ加えるっていうのよ。何言う気、何言う気、何言う気?

Ross: Most of you don't know me, I'm Rachel's boyfriend.
 ほとんどのみなさんは僕を知らないと思います。僕はレイチェルのボーイフレンドの・・

Rachel: Oh, dear God.
 ああ・・

Ross: Ross, uh and uh, I'd just like to say that it did take a lot of courage for Rachel to come here tonight. And, uh, for the record, she did not run out on Barry because she had syphilis. (da-doom-chesh) What are you doing, I'm serious. Uh, the reason she walked out on, on Barry is simply that she didn't love him, which incidentally worked out pretty well for me. . . Cheers.
 ロスです。レイチェルにとって、今夜ここに来るのは大変な勇気がいることでした。言っておきますが、彼女がバリーの結婚式を逃げ出したのは、梅毒のせいではありません。(ドラムが鳴ったので、ドラマーに)何をやってるんだ。僕は真剣なんだ。彼女が逃げ出したのは、ただ単に、彼を愛してなかったからです。まぁそれは僕にとってはよかったんですけどね(ドラムを期待するが慣らしてくれないので)カンパイ!

Rachel: See you in the parking lot.
 (ロスに)駐車場で会いましょ。

Ross: No, Rach!
 ダメだよ、レイチ!

Barry: And once again, she is out of here! Okay, who had 9:45? Um?
 こうして再び、彼女は逃げていきます! 9:45にかけた人?

Rachel: You know what Barr? I'm not gonna leave. I probably should, but I'm not, see 'cause I promised myself that I would make it through at least one of your weddings (da-doom-chesh). See now, tonight, all I really wanted was to make it though this evening with a little bit of grace and dignity. Well, I guess we can all agree that's not gonna happen. There's nothing really left to say except.... "Her name was Lola. She was a showgirl. With yellow feathers (band joins in), feathers in her hair, and a dress cut down to there. She would..."
 ねぇバリー? 私、帰らないわ。帰るべきかもしれないけど、帰らない。だって私、あなたの結婚式の一つぐらいは、最後までいようって決めたから。今夜は、ちょっと優雅に品位を保ってやり通したかったんだけど、まぁそれはもう無理よね。もう他に言うことはないけど、ただ・・(歌いだす)彼女の名前はローラ。ショーガールだったんだ。黄色い羽を(バンド演奏始まる)・・羽を髪に挿して。ドレスは深いスリット、彼女は・・・

Ross: Merengue,
 メレンゲを踊る

Rachel: "...merengue, thank you honey, and do the cha-cha. And while she like to be a star, Tony always tended bar." At the, wait, wait, everybody..
 メレンゲを踊る、ありがとう、ロス。チャチャを踊る。彼女はスターで、トニーはバーテンダー。・・・待って待って、みんなも一緒に。

Ross: Everybody!
 みんな一緒に!

Rachel: At the Copa, Copa Cabana! The hottest spot north of Havana. At the Copa, Coo-pa Ca-ban-a, music and fashion were always the passion, at the Copa....
 コパカバーナ(みんな歌い出す)ハバナでも一番ホットなところ、コパカバーナ。音楽とファンションと情熱のコパ・・



《時間経過:会場で踊るモニカとリチャード》

Richard: Okay, I'll do it.
 よし、やるよ。

Monica: You'll do what?
 何を?

Richard: If kids is what I takes to be with you then kids it is.
 君と一緒にいるために必要なら、子供を持とう。

Monica: Oh, my God!
 まぁ!

Richard: If I have to I'll, I'll do all again , I'll do the 4 o'clock feeding thing, I'll go to the P.T.A. meetings, I'll coach the soccer team.
 もう一度、必要ならやるよ。4時に起きてミルクをあげるし、P.T.A.にも行くし、サッカーチームのコーチもやるよ。

Monica: Really?
 本当?

Richard: Yeah, if I have to. Monica, I don't wanna lose you, so if I have to do it all over again, then I will.
 ああ、それが必要ならね、モニカ。君を失いたくない。だからそれが必要なら、もう一度やるよ。

Monica: You're the most wonderful man. And if you hadn't of said 'if I have to' like seventeen times, then I'd be saying 'okay, let's do it.'
 あなたって、最高に素敵な人ね。あなたが17回くらい「必要なら」って言わなければ、私も「じゃあそうしましょ」って言ったと思うけど。

Richard: But you're not.
 言わないのか。

Monica: Oh, my God, I can't believe what I'm getting ready to say. I wanna have a baby, but I don't wanna have one with someone who doesn't really wanna have one.
 ああ。信じられない、こんなこと私が言うなんて。子供は欲しいわ。でも、どうしても子供が欲しい人とでなきゃ欲しくないわ。

Richard: God. I love you.
 ああ・・愛してるよ。

Monica: I know you do. Me too. . . So what now?
 わかってるわ。私もよ。・・・それでどうする?

Richard: I guess we just keep dancing.
 ただ踊り続けよう。

《セントラルパーク:ネットの相手を待つチャンドラー》

Chandler: Where is she, Where is she? Oh, hey, I have a question, where is she?
 彼女は? 彼女は? (レイチェルに)ねえ、質問だけど、彼女どこ?

Rachel: Chandler, relax, Chandler, she'll be here.
 チャンドラー、落ち着いて。きっとすぐ来るわ。

Chandler: Ooh, oh, oh, that's her.
 (きれいな女性を見て)おお、彼女だ。

Ross: Yeah, 'cause life's just that kind.
 ああ。人生ってそうだもんね。

Phoebe: Chandler, you gotta stop staring at the door. It's like a watched pot, you know, if you keep looking at it then the door is to, never gonna boil. I think what you have to do is try not to...
 チャンドラー、ドア見つめるのやめなさいよ。やかんを見てるのと同じよ。ほら、ドアをじっと見つめていたら、お湯わかないわよ。気にしないでいれば・・

(相手が現れる)
Chandler: Oh, my God!
 オーマイゴッド・・(ジャニスだった)

Janice: Oh.....My…..God!!
 オー・・マイ・・・ゴッド!(チャンドラーとキス)

All: Oh…..My…..God!!
 オー・・マイ・・・ゴッド!

《チャンドラー達の部屋:ジョーイ一人のところにロスが来る》

Ross: All right. I've been feeling incredibly guilty about this, because I wanna be a good friend. And damn it, I am a good friend. So just, just shut up and close your eyes.
 よし。もうすごい罪悪感を感じてたんだ。いい友達でいたいからな。だから、クソっ! 僕はいい友達なんだよ。だから、ただ黙って目を閉じてろ。(ジョーイにキスをする)

Joey: Wow, you are a good friend, 'course the audition was this morning, and I didn't get it. But that was a hell of a kiss. Rachel is a very lucky girl.
 ワオ! 本当にいい友達だな。オーディションは今朝終わって、受からなかった。でも、キスうまいよ。レイチェルはラッキーだな!


にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村


英語 ブログランキングへ
posted by らんち at 01:08| Comment(0) | Season2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月26日

2-23 The One With the Chicken Pox

2-23 水ぼうそうの話

 ☆水ぼうそうでおジャン?☆

《セントラルパーク》

Rachel: Ok, Chandler, Mon, there's only one banana-nut muffin left.
 ね、チャンドラー、モン、バナナ・ナッツ・マフィンはもう一個しかなかったの。

(チャンドラーが素早く取る)
Monica: Oh, I ordered mine first.
 ちょっと、私が先に注文したのよ。

Chandler: Yeah, but I'm, I'm so much faster...
 でも俺の方がうんと速かった。

Monica: Give it to me.
 よこしなさい。

Chandler: No.
 いやだ。

Monica: Give it to me.
 よこしなさいったら。

Chandler: Ok, you can have it.
 ああ、いいよ、どうぞ(なめてから差し出す)

Monica: There you go, enjoy your coffee.
 (目の前にあったコーヒーカップをなめて)はい、どうぞ、コーヒー楽しんで。

Chandler: That was there when I got here.
 それ俺が来る前からあったぞ。

(フィービーが来る)
Phoebe: Hey, you guys, you will never guess who's coming to New York.
 ねぇ、あなた達、ニューヨークに誰が来るか、絶対当てられないわよ。

Monica: Quick, Phoebe, tell us before he can swallow.
 (チャンドラーが何か言いたそうなので)早く、フィービー、チャンドラーがマフィン飲み込む前にしゃべっちゃって。

Phoebe: Oh, ok, Ryan, that guy I went out with, who's in the Navy.
 あ、わかった。ライアンよ。海軍にいる私がつきあってた人。

Rachel: You went out with a guy in the Navy?
 あなた海軍の人とつきあってたの?

Phoebe: Yeah, I met him when I was playing guitar in Washington Square Park. Ryan threw in Salt water taffy 'cause he didn't have any change.
 ええ。ワシントン・スクェア・パークでギターを弾いてた時に出会ったの。ライアンはお金を持ってなくて、ソルト・ウォーター・タフィーを入れてくれたのよ。

Salt water taffy -1883年の洪水で商品が全部塩水に
 つかってしまったので、Salt water taffy しかないと
 冗談で言ったのがきっかけ・・ってすごい古いものなんですね)


Joey: Hey, is that when you wrote 'Salt Water Taffy Man?
 ああ、それって、「ソルト・ウォーター・タフィー・マン」を作ったとき?

Phoebe: No. No, he is my submarine guy. He resurfaces like every couple years and we have the most amazing three days together. Only this time, he's coming for two weeks. Two whole weeks, which means "yay!"
 違うわ。彼は潜水艦の人よ。2年に一回陸にあがるの。その時は夢みたいな3日間を一緒に過ごすのよ。でも今回は、2週間いられるの。まるまる2週間よ。つまり、「いぇーい!」

Rachel: So wait, this guy goes down for like two years at a time?
 ちょっと待って、その人って、一回に2年も潜ってるの?

(チャンドラーが何か言いたくてマフィンのために言えず焦っている)
Monica: That'll teach you to lick my muffin.
 私のマフィンをなめるとそういうことになるのよ。

(ロスが来る)
Ross: Hi.
 ハーイ・・。

Joey: Oh, no, what happened?
 なんだ、どうしたんだ?

Ross: Well, I just spoke to Carol. Ben's got the chicken pox.
 いまキャロルと話したんだけど、ベンが、チキン・ポックス(水ぼうそう)になったって。

All: Oh, no.
 あらら。

Ross: Yeah, so if you haven't already had it, chances are you're gonna get it.
 ああ。だから、君らでまだもしかかったことのない人がいたら、うつってるかも。

Rachel: Well, I've had it.
 かかったわ。

Joey: Yeah, I've had it.
 ああ、俺も。

Monica: Had it.
 私も。

Chandler: Had it.
 俺も。

Phoebe: Well, I've never had it, I feel so left out. . . Oh look!
 私はかかったことないわ。また仲間はずれ・・(腕を見て)あっ! 見て!

《モニカのベッドルーム》

Monica: Honey, you made the bed again. I told you, you don't have to do that. This isn't camp.
 まぁ、またベッドメイキングをしてくれたのね。してくれなくてもいいって言ったのに。キャンプじゃないんだから。

Richard: Ooh, then I guess the panty raid last night was totally uncalled for. Ok, I am going to take a shower and today I will be singing Jim Croche's "Leroy Brown."
 じゃあ昨日のパンティ狩りは予定外だったんだな。さぁ、シャワーを浴びてくるよ。今日歌う歌は、ジム・クローチの「リロイ・ブラウン」だ。

(panty raid = 男子学生が女子寮などからパンティを盗む)

(リチャードが出て行くとモニカはベッドを直し始める)
Richard: Monica... Hey, Mon, I have a question. Is Leroy the baddest man in the whole damn town or the fattest man in the whole damn town?
 (戻ってきて)モニカ・・(直していることを隠すモニカ)・・モン、聞きたいんだけど、リロイは街一番の"the baddest man" か “the fattest man" かどっち?



Monica: The baddest. Otherwise the song would be "Fat Fat Leroy Brown."
 "the baddest man"よ。そうでないと、歌が "Fat Fat Leroy Brown" になっちゃうわ。

Richard: What're you doing?
 何してるんだ?

Monica: Just waiting for you, sweetie.
 あなたを待ってるだけよ。

Richard: Are you remaking the bed?
 ベッドメイキングやり直してる?

Monica: I'm sorry, I'm sorry. You know what, the way you did it was just fine.
 ごめんなさい、ごめんなさい。あなたがやってくれたので全然いいのよ。

Richard: Then, you're redoing it because...
 それじゃ・・なんでやり直してるかっていうと・・?

Monica: If I tell you, you'll think I'm crazy.
 もし言ったら、頭おかしいって思われちゃうわ。

Richard: You're pretty much running that risk either way.
 もう既にかなりそのリスクはおかしてると思うよ。

Monica: Ok, you see, the duvet tag shouldn't be at the top left corner, it should be at the bottom right corner.
 わかった。このふとんのタグなんだけど、左上にあっちゃいけないの。これは右下にないと。

Richard: Oh, well, that's not so crazy.
 そうか。それなら、そうおかしくもないよ。

Monica: I'm just easing you in.
 徐々に慣らしていこうとしてるの。

Richard: Oh, alright.
 ああ、わかった。

Monica: Alright, you see these little flower blossoms? They should be facing up, not down, because, well, the head of the bed is where the sun would be. You don't love me any more, do you?
 いい? ほら、小さな花が咲いてるでしょ? これは、上向きに咲いてないといけないの。下向きじゃなくて。だって、ベッドの頭は太陽のある方でしょ。・・あなたもう私を愛してないわね?

Richard: Actually, if it's possible, I love you more.
 いや、これ以上ないくらい愛してるよ。

Monica: Really? Wow, well then, come on, I wanna show you how to fold the toilet paper into a point.
 ほんと? ワオ! じゃあ、来て。トイレットペーパーの先のたたみ方を教えるわ。

《チャンドラーのオフィス・ジョーイが来ている》

Chandler: Hey, look Joey, I'm just saying if you need something to hold you over, I can get you a job right here as an entry level processor.
 なぁ、ジョーイ。おまえ仕事が何か必要だったら、ここで入力担当の仕事をあげられるぞ。

(hold over = 続ける・持ち越す)

Joey: But don't you need experience for a job like that?
 だけどそんな仕事、経験がいるんじゃないのか?

Chandler: It's not that hard to learn. And as for people realizing you have no idea what you're doing, hey, you're an actor. Act like a processor, people will think you're a processor.
 そう難しいことじゃない。何のことかわかってないってみんなが気づくってことなら、おまえ俳優だろ、わかってるふりをしろ。みんな処理できるって思うから。

Scott: Hey, Chandler, here's this morning's projections.
 チャンドラー、今朝の予定表だ。

Chandler: Hey, thanks. Scott Alexander, Joey Tribbiani. Joey is a fellow processor.
 ああ、ありがと。スコット・アレキサンダー。こちらはジョーイ。ジョーイもプロセッサーなんだ。

Scott: No kidding.
 本当に?

Joey: Oh, yeah, yeah. I process. People want the processing, I'm the one they call.
 ああ。そうだ。処理するよ。処理してほしい時は、俺を呼んでってね。

Scott: Where do you work?
 どこで働いてるの?

Joey: Uhh, well, right now I'm in between things. You know how it is. One day you're processing, the next day you're not so much... processing any more.
 ああ、今は働いてないんだ。わかるだろ。ある日処理しているかと思ったら、翌日はもうしてなかったりする。

Chandler: I was just telling Joey about the opening in Fleischman's group.
 今ちょうどジョーイに、フライシュマンのグループに空きがあるって話をしてたんだ。

Scott: Fleischman's group. Whatever you do, don't touch his sandwiches. Ha-ha-ha...
 フライシュマンのグループね。あそこでは、彼のサンドイッチに触るなよ、ハハハ(出て行く)

Joey: Ha-ha. Are all you processors dorks?
 ハハハ・・・プロセッサーってみんなアホなの?

《モニカ達の部屋》

Rachel: Oh, this lipstick looks just great on you.
 ああ、もうこの口紅、あなたにピッタリよ。

Monica: You look fabulous honey, you really do.
 すごく素敵よ。本当に。

Phoebe: Yeah? Are you sure, really?
 そう。ほんとうに?(鏡を見る)

Rachel: You see, you look beautiful. For god sakes, dim the lights.
 ほら、きれいよ。(モニカに)頼むから明かり落として。

Phoebe: I, I, I'm hideous.
 私・・私・ひどい顔してるわ。

Monica: It's gonna be ok. Ryan's been under water. He's just gonna be so glad that you don't have barnacles on your butt.
 大丈夫よ。ライアンはずっと潜水してたんだもの。お尻にフジツボがついてないだけで嬉しいって。

《モニカ達の部屋をライアンがノックする》

Phoebe: Come in.
 入って。

Ryan: Hey baby, I'm back...
 やぁ、君、帰ってきたよ。

Phoebe: Hey, Ryan, what's up?
 (窓際でベールをかぶって座っている)ライアン、元気?

Ryan: What's going on?
 どうしたんだ?

Phoebe: Well, no no, you have to stay back. I, I have the pox.
 ええ・・ダメダメ、そこにいて。私、ポックスになっちゃったの。

Ryan: Chicken or small?
 チキン? スモール?

(small pox = 天然痘)

Phoebe: Chicken. Which is so ironic considering I'm a vegetarian.
 チキン。私はベジタリアンなのに皮肉だわ。

Ryan: Why aren't you at home in bed?
 なんで家で寝てない?

Phoebe: Because my grandmother's never had chicken pox. Please, please tell me you have, 'cause oh my God, I forgot how cute you are.
 おばあちゃんがかかったことないの。お願いお願い、あなたはかかったことあるって言って。ああもう、あなたってそんなにもキュートだったのよね。

Ryan: I'm sorry, I never had them.
 ごめん、かかったことないよ。

Phoebe: Oh, oh!
 ああ!

Ryan: If I had one wish, it would be to build a time machine, go back to when I was 7, when Jimmy Hauser had the chicken pox. I would grab that kid and rub him all over my face.
 一つ望みが叶うとしたら、タイムマシンを作って、ジミー・ハウザーが水ぼうそうにかかってた7歳の頃に戻って、あいつに顔をこすりつけるのに。

Phoebe: Yeah, or you know, you could just wish that I didn't have them now.
 っていうか、今私が治るように望みをかけてもらった方が速い気が。

Ryan: Can I please see your face?
 頼むよ、顔を見せてくれないか。

Phoebe: Nope. You don't want to see a face covered with pox.
 ダメよ。こんな水ぼうそうだらけの顔を見たくないわよ。

Ryan: Your face could be covered with lox, I wouldn't care.
 君の顔がたとえ lox(鮭薫製)まみれでもかまうもんか。

Phoebe: And you hate fish. Oh. That's so sweet, alright. Ok, alright, you can see. This is me... Oh, I am scary.
 あなた魚嫌いなのに! ああ、なんて優しいの。いいわ、わかった。見せるわ。これが私・・(ベールを取ると同時に雷・稲光、ライアンが悲鳴をあげる)ああ、私恐ろしいのね。

Ryan: Sorry, the lightning. Lightning was an unfortunate coincidence. You look lovely! Lovely!
 ごめん、稲妻だよ。稲妻が不幸な偶然となったのだ。君は美しいよ! 美しい!

Phoebe: I hate this. 'Cause I tell you, I had the most amazing two weeks planned for us, and almost everything I had in mind, we had to be a lot closer than this.
 こんなのイヤだわ。私本当に夢みたいな2週間にしようと思ってプランを立ててきたのよ。そのプランのどれも、みんな私達がもっと寄り添っているはずだったのに。

Ryan: Phoebe, I have spent the last eight months in a steel tube with men, thinking about this moment. I am not gonna let a bunch of itchy spots stand between us.
 フィービー、これまで鉄のチューブの中で男達と過ごしてきた8ヶ月の間、ずっとこの瞬間のことを考えてきたんだ。そんなかゆい点々なんかに邪魔されないぞ(キス)

Phoebe: Ok, this is the most romantic disease I've ever had.
 ああ、最高にロマンチックな病気だわ。

《チャンドラーのオフィス:ジョーイが来る》

Joey: Hey.
 やぁ。

Chandler: Hey, how's the first day going?
 やぁ。初日はどう?

Joey: Pretty good. It's like you said. It's mostly just putting numbers from one column into another column.
 調子いいよ。おまえの言った通りだった。こっちの列からあっちの列へ数字を入れていくだけだ。

Chandler: Well, there you go.
 ほらな。

Joey: Hey, and everybody is so nice. I just had a good talk with that lady with the red hair, Jeannie.
 それにみんないい人たちだよな。あの赤毛の人、ジーニーと話して楽しかったよ。

Chandler: Jeannie? The head of east coast operations, Jeannie?
 ジーニー? 西海岸運営部長のジーニー?

Joey: Yeah, turns out our kids go to the same school. Small world, huh?
 ああ。話してみたら、子供達が同じ学校に行ってるってわかったんだ。世間は狭いよな。

Chandler: Weird world. Your kids?
 おかしな世間だ。おまえの子供?

Joey: I figure my character has kids.
 俺のキャラは子供がいると思うんだ。

Chandler: You know, there isn't a part of that sentence I don't need explained.
 おまえの今の話ひとつもわからないんだけど。

Joey: Well, see when you're acting you need to think about stuff like that. My character, Joseph the processor guy, has two little girls, Ashley and Brittany. Ashley copies everything Brittany does.
 演技する時、そういうこと考えるんだよ。俺のキャラクター、プロセッサー・ジョセフは、2人女の子がいるんだ。アシュレイとブリタニー。アシュレイはブリタニーのすること全部まねるんだよ。

Chandler: Well, invisible kids can be that way sometimes.
 あぁ、見えない子供はそんなふうだよな。

Joey: Yeah. Joseph and his wife, Karen, are thinking of having a third kid... You know what? Just did.
 ああ。ジョセフと妻のカレンは、もう一人子供を持ってもいいと考えてるんだ。あ? ちょっと待て。今できたぞ。

Chandler: Really? Wow. That's some pretty powerful imaginary sperm you must have there.
 本当か? ワオ。おまえの想像上の精子ってパワフルだな。

《モニカ達の部屋:フィービーとライアンがモノポリー》

Ryan: You know what makes the itching even worse?
 かゆみをひどくするものが何かわかる?

Phoebe: That you don't stop talking about it?
 それについて話さないってのは?

Ryan: Fine.
 わかったよ。

Phoebe: Let's just play, ok. Good, ok. . . Here we go, double sixes, here we go... Here we go, come to mama, just getting ready to roll the dice...
 とにかくプレイしましょ。はい、いいわ。(さいころを取る)行くわよー6ふたつー行くわよー・・・(さいころで体をこする)行くわよー。ああもう・・さいころ転がすわよー。

Ryan: What're you doing? Are you scratching?
 何してる? かいてる?

Phoebe: No. This is what I do for luck, ok?
 いいえ。こうしてツキを呼んでるの。わかる?

Ryan: You're scratching. Give me the dice.
 かいてるんだ。さいころをくれ。

Phoebe: No.
 いやよ。

Ryan: Give me the dice.
 さいころをよこすんだ。

Phoebe: No. Here. [Throws them on the table.] There. Ooh, double sixes.
 いや。はい、(テーブルに投げる)ほら。あっ! 6ふたつ!

Ryan: We can't scratch. You know we can't, we'll scar.
 かいちゃダメなんだ。わかってるだろ、傷跡になる。

Phoebe: Uhh, I can't stop thinking about it. It's just so hard. I just wanna grab all these houses and rub them all over my body.
 ああ、それしか考えられない! ほんと無理だわ。その家とか全部つかんで体中にこすりつけたいわ。

Ryan: No.
 ダメだよ。

Phoebe: Give it.
 ちょうだい。

Ryan: No.
 ダメだ。

Phoebe: Yeah, come on. You know you want it, you know you want it too, come on. Let's just be bad, it'll feel so good.
 いいじゃん。自分だってそうしたいくせに。そうしたいでしょ、ほら。悪い子になりましょ。気持ちいいわよ。

Ryan: Oh, God help me.
 ああ、神様、助けて。

Phoebe: Now, do me, do my back. Oh come on, harder.
 ほら、私にもやって、私の背中、ほら、もっと強く!

(2人で背中を合わせてかき始めると、そこへロスとレイチェル)

Rachel: Oh, stop that, stop that right now.
 まぁ! やめなさい。すぐにやめて!

Ross: You know, I might have expected this of you Phoebe, but Ryan, you're a military man.
 フィービーはやっちゃうかもって思ってたけど、ライアン、君は海軍なのに。

《チャンドラーの勤め先》

Joey: You and Milton have to join us on the boat. Karen'll pack a lunch, you'll bring the kids, we'll make a day of it.
 あなたとミルトンとで、僕のヨットに来てくださいよ。カレンがランチを通りますから、お子さんも連れてくるといい。

Jeannie: Oh, that sounds lovely. We're gonna have to set that up. Oh, I better get back. Hope the baby feels better.
 まぁ、それは素敵ね。ぜひそうしましょう。あ、私戻らないと。赤ちゃんの具合よくなるといいわね。

Joey: Oh, thanks, thanks. Bye bye Jeannie.
 ああ、ありがと、ありがとう、どうも、ジーニー。

Jeannie: Bye bye, Joey.
 バイバイ、ジョーイ。

Joey: What a phony.
 (チャンドラーに)ウソ八百。

Chandler: Well, I'm sure you'll teach her a lesson when she steps off the dock onto nothing. Hey, Mr. Douglas.
 彼女も、ドックから見えない船に乗った瞬間に学ぶだろうよ。ああ、ダグラスさん。どうも。

Joey: Sir.
 どうも。

Mr. Douglas: Uh, listen Bing, I received your memo. So, we're not gonna receive the systems report until next Friday?
 なぁ、ビング。君のメモを見たが、今度の金曜日までレポートを出せないって?

Chandler: Well, the people in my group wanna spend the holiday weekend with their families.
 ええ、私のグルームの者達は週末を家族と過ごしたいんですよ。

Mr. Douglas: I have a family, I'm gonna be here.
 私にも家族はいるが、私はここで過ごすぞ。

Joey: Yeah, Bing, what's that about?
 そうだぞ、ビング。なんなんだ?

Chandler: It's about cutting my people a little slack, you know, for morale. Look, if you wanna see some rough numbers, I can get them to you by Wednesday.
 部下達にも少しは余裕がないと、ほら、士気が下がりますから。もしご希望でしたら、水曜日までにだいたいの数字をご報告します。

Mr. Douglas: Rough numbers?
 だいたいの数字?

Joey: This company was not built on rough numbers. Am I right, Mr. Douglas?
 この会社はだいたいの数字でできたわけじゃないよ。そうですよね、ダグラスさん?

Mr. Douglas: Have the final numbers on my desk by Tuesday.
 きちんとした数字を火曜日までに提出したまえ。(立ち去る)

Chandler: If you say so, sir.
 そうおっしゃるなら、かしこまりました。

Joey: Joseph's good, isn't he?
 ジョセフってできる奴だよな。

Chandler: Well, I'm going to kill you.
 殺してやる。

Joey: Hey, hey, I just figured Joseph's the kind of guy that likes to mix it up. You know, get in there, ruffle some feathers.
 おい、俺はただ、ジョセフはこんなふうに引っかき回す奴だと思うんだよ。ほら、入り込んで、羽を逆立てるみたいな。

Chandler: Why?
 なんで?!

Joey: Look, I'm sorry, but that's what Joseph does, ok? If you try to pull something, he'll call you on it. 'What're you trying to pull,' he'll say.
 悪いけど、ジョセフってそういう奴なんだよ。なんか横から引っ張ってほしかったら呼ばれるような奴だ。「何を引っ張ってほしいんだ?」ってな。

《モニカのベッドルーム:ダクトテープを持ってくるモニカ》

Richard: Ooh, duct tape. Was I supposed to bring something too?
 おお、ダクトテープね。僕も何か持ってくるべきだった?

Monica: This is for the scratchy twins out there. I taped oven mitts to their hands.
 これはかゆい2人のためよ。2人の手にナベつかみミトンを止めたの。

Richard: You're strict.
 厳しいね。

Monica: It's for their own good.
 2人のためよ。

Richard: You know, I like the way you have efficiently folded this tab under. See, in a tape emergency you could shave valuable seconds off your time.
 そうやって切った端を効率よくとめておくところがいいよね。急にテープが必要になった時、貴重な時間を節約できる。

Monica: Exactly. Oh, I love that I can be totally neurotic around you now. Tell me the truth. Don't you like it better now that everything on your desk is perpendicular?
 その通りよ! あなたのそばでは細かいままでいられて嬉しいわ。本当のこと言って。机の上のものはみんな直角じゃないとイヤじゃない?

Richard: If it's not a right angle, it is a wrong angle.
 正しい角度でなければ、それは間違った角度ということだ。

Monica: Very good.
 大変よろしい。

Richard: Thank you.
 ありがとう。

Monica: You know what. Tomorrow I'm gonna do your clocks.
 ねぇ、明日あなたの時計を直すわ。

Richard: You're gonna do what to my clocks.
 僕の時計をどうするって?

Monica: I'm gonna set them to my time.
 あなたの時計を私の時間に合わせるのよ。

Richard: Well, I'm confused. I thought we shared time.
 わからないな。僕ら同じ時間を分かち合ってるかと思ってたよ。

Monica: No no. See, in my bedroom I set my clock six minutes fast. You wanna know why?
 違うの。ほら、私のベッドルームの時間は6分進んでるのよ。どうしてか知りたい?

Richard: Because it's in a slightly different time zone than the kitchen.
 それは・・キッチンとは時間がちょっとずれてるから?

Monica: No, forget it, I'm not gonna tell you now.
 違うわ。もういい。もう言わない。

Richard: No, come on. Come on, tell me.
 なんだよ。いいから言って。

Monica: No. See, you don't understand.
 いやよ。あなたにはわからないわ。

Richard: Come on.
 そう言わずに。

Monica: No. You don't have any of these cute little obsessive things.
 いやよ。あなたは何かちっちゃいことにこだわりがないのよね。

Richard: No, that's not true. That is not true.
 いや、そんなことないよ。それは違う。

Monica: Oh, yeah?
 あらそう?

Richard: Yeah.
 ああ。

Monica: Alright, well tell me one of yours.
 いいわ、じゃあ言ってみて。

Richard: Ok. Ahh! One of my things is, I always separate my sweat socks from my dress socks.
 よし。そうだ。僕のこだわりは、いつも普通のソックスをおしゃれソックスと分ける。

Monica: What if they get mixed up?
 もしそれが混ざっちゃったら?

Richard: Boy, I would just uh, I would freak out.
 おお、そりゃもうパニックだよ。

Monica: You would not. I can't believe this. I hate this, you're too normal. I can't believe my boyfriend doesn't have a thing. My boyfriend doesn't have a thing.
 ウソよ。信じられない。イヤだわ。あなたって普通過ぎるわ。私のボーイフレンドには何もない。私のボーイフレンドにはこれってものがない。

Richard: See, if anyone overheard that, I didn't come off well.
 ちょっと。今の誰かに聞かれたら、僕は立ち場が悪いよ。

《チャンドラーのオフィス:居眠りしてるところへジョーイ》

Joey: Hey. Mr. Douglas is looking for you.
 おい、ダグラスさんがおまえを探してるぞ。

Chandler: Why? Wh- wh- why is Mr. Douglas looking for me?
 なんで? なんで? なんでダグラスさんが俺を探す?

Joey: 'Cause he has a strong suspicion that you dropped the ball on the Lender project.
 それは、おまえがレンダープロジェクトで失敗したんじゃないかって、かなり疑ってるからだ。

Chandler: Wha- wh- why, why, why does he suspect that?
 な・な・な・・なんで俺を疑うんだ?

Joey: Because at first, he thought it was Joseph. But after he asked Joseph about it, turns out it was you. Anyway, I just thought you should know.
 それはだな、最初はジョセフだと思ったんだけど、ジョセフに聞いてみた結果、おまえだってことになったんだ。とにかく、知っといた方がいいと思ってさ。

Chandler: Alright, that's it. Look, Joey, I'm sorry, I realize this is the role of a lifetime for ya, and if I could just fire Joseph, I would, but unfortunately that's not possible so I'm gonna have to let both of you go.
 もういい。これまでだ。いいかジョーイ。これはおまえにとって一生の役かもしれないけどな、ジョセフをクビにしたいと思うから、悪いけどおまえももうクビだ。

Joey: What're you talking about, everybody loves Joseph.
 何を言ってるんだよ。みんなジョセフを好きなのに。

Chandler: I don't, I hate Joseph, ok? I think he's a brown-nosing suck up.
 俺は違う。俺はジョセフが嫌いだ。いいか? 俺は奴はいやらしいごますり男だと思うよ。

Joey: Oh, yeah? Well, you can't fire Joseph. You know why? 'Cause he's not in your department.
 ああそうかい。でもジョセフをクビにはできないぞ。俺はおまえの部署の人間じゃないんだ。

Chandler: Alright, ok, alright. So I can't fire Joseph but uh, I can sleep with his wife.
 よし、いいぞ、わかった。ジョセフをクビにはできないが・・奴の妻と寝ることはできるぞ。

Joey: Not Karen.
 まさかカレンと・・。

Chandler: Yeah, Karen. I'm thinking about having an affair with her. Oh, you know what? I just did.
 ああ、カレンとだ。彼女と不倫するんだ。あ、ちょっと待て。今、したぞ。

Joey: Ahh. What the hell are you doing to me, man?
 なんてこと・・。いったい俺に何てことしてくれるんだよ?

Chandler: Oh, well, it's not me, it's my character, Chandie. Yeah, the rogue processor who seduces his co-worker's wives for sport. And then laughs about it the next day at the water cooler. In fact, I have her panties right there in my drawer.
 俺がやったんじゃない、俺のキャラクターだよ。チャンディーだ。ひどいプロセッサーで同僚の妻をくどいて楽しむんだ。そして翌日給水機の前でそれを笑ってるのさ。実は、この引き出しに彼女のパンティを隠し持ってるんだぞ。

Joey: Really?
 ほんとに?!

Chandler: No, freak show, she's fictional!
 ウソだ。アホか。彼女は架空の人物だ!

Joey: Take it easy. If it means that much to you, I'll uh, I'll go find something else.
 落ち着いてくれよ。そんなに大事なことだっていうなら、俺、どっか他探すよ。

Chandler: Thank you.
 ありがと。

Joey: It's just that, I, I'm gonna miss Joseph. I liked him. His wife, she was hot.
 ただ、ジョセフが恋しくなると思うよ・・好きだったんだ。彼の妻も・・本当にセクシーで・・(チャンドラーが無理矢理追い出す)

《モニカ達の部屋:かゆい2人はミトンを固定されている》

Phoebe: Please take these off? I swear I won't scratch.
 これ取ってくれない? かかないって誓うわ。

Rachel: No, sorry, hon, Monica's orders.
 ダメよ。ごめんね。モニカに言われてるの。

Ryan: Well, that wasn't easy.
 (バスルームから出てくる)これは難しかった。。

Ross: Ok, dinner's on.
 さぁ、ディナーの用意できましたよ。

Rachel: And there's a peach cobbler warming in the oven so the plate's gonna be hot but that shouldn't be a problem for you.
 あと、ピーチコブラーがオーブンで暖まってるからね。お皿が熱いから・・っていうのはあなた達には問題じゃないわね。

(cobbler = フルーツパイ)

Ross: Alright, you kids, bye now.
 じゃ、君たち、またね。

Phoebe and Ryan: Bye.
 バーイ。

Ross: Oh, look, a low budget puppet show.
 あっ、見て。低予算のパペットショーだよ。

Phoebe: It's such a shame you can't see what finger I'm holding up.
 残念ね。どの指をあげてるか見えないでしょ。

(ロスとレイチェルは出て行く)
Ryan: Wine?
 ワイン?

Phoebe: Please.
 お願い。

Ryan: Oh, I spilled some.
 あ、こぼしちゃった。

Phoebe: I got it.
 まかせて(ミトンで拭く)

Ryan: I must tell you, you look beautiful tonight.
 (ミトンの手でフィービーの顔をはさんで)まったく今夜の君は美しいよ。

Phoebe: What?
 なに?(聞こえない)

Ryan: Sorry. You look beautiful.
 ごめん。君きれいだよ。

Phoebe: Oh. . . . You know what, that's it, that's it.
 おお。(2人はキスを始める)ね、もういい。もうたくさんよ。

(2人ミトンを外して互いをかき始める。ロスが戻ってきたが、あきらめて黙って出て行く)

《モニカのベッドルーム》

Richard: Monica, wake up. Monica.
 モニカ、起きて。モニカ。

Monica: What's up?
 なに?

Richard: I thought of a thing.
 見つけた、こだわり。

Monica: Yeah?
 ほんと?

Richard: Yeah. I have to sleep, have to, on this side of the bed.
 ほんと。僕は、どうしても、ベッドのこっち側で寝ないといけない。

Monica: No, honey. You have to sleep on this side of the bed because I have to sleep on this side of the bed.
 違うわよ。あなたがそっち側で寝なきゃいけないのは、私がこっち側で寝ないといけないからよ。

Richard: Or so I would have you believe.
 または、僕がそう思わせているか。

Monica: No. Big deal, so you have a side of the bed, everybody has a side of the bed.
 そんな。そっち側で寝なきゃいけなくても、大したことじゃないわ。誰でもどっちかで寝るのよ。

Richard: Hey, come on, you haven't heard my reason yet.
 そうじゃないって。まだ僕の理由聞いてないじゃないか。

Monica: Alright, go on.
 わかったわ。なに?

Richard: Ok, I have to sleep on the west side because I grew up in California and otherwise the ocean would be on the wrong side.
 いいかい、僕は西側で寝ないといけない。なぜなら、僕はカルフォルニアで育ったからね。こっちで寝ないと、海が違う方向になってしまう。

Monica: Oh, my God, you're a freak.
 あらまぁ。あなたもおかしいわね。

Richard: Yeah. How about that?
 ああ、そうだろう?

《セントラルパーク:ライアンが白いユニフォーム姿》

Rachel: So uh, Ryan, were you shipping off to?
 それで、ライアン、この後どこへ向かうの?

Ryan: I really can't say.
 それは言えない。

Ross: So do you have any like nuclear weapons on board?
 船に核兵器を積んでるの?

Ryan: I can't say.
 言えない。

Rachel: Well, do you get to look through one of those like, those periscope thingys?
 それじゃ、あなたたちって、あの潜望鏡ってやつで外を見るの?

Ryan: I'm sorry, but I can't say.
 悪いが、言えない。

Ross: Wow, it's neat learning about submarines.
 ワオ。潜水艦について学ぶってすごいな。

Ryan: I better get out of here, I'm gonna miss my flight.
 もう行かないと、フライトを逃してしまう。
 
Phoebe: Ok, I'll walk you out.
 わかったわ。送ってく。

Ross: Bye, Ryan.
 バイ、ライアン。

Ryan: Pleasure.
 会えてよかった。

Rachel: It was nice to meet you.
 会えてよかったわ。

Ryan: Take care.
 気をつけて。(フィービーと出て行く)

Rachel: So do you think we can get you one of those uniform things?
 ねぇ、ああいうユニフォーム手に入るかしら?

Ross: You like that, do ya?
 好きなんだね?

Rachel: Oh, yeah.
 ええ、それはもう。

Ross: I'll make some calls.
 電話かけてくる(走っていく)

Rachel: Ok.
 オッケー。

(外のライアンとフィービー)

Ryan: Can you believe how we spent our two weeks together?
 2週間もあんなふうに一緒に過ごしたって信じられる?

Phoebe: I know. We didn't do any of the romantic things I had planned, like having a picnic at Central Park and you know, coffee at Central Perk. Oh I just got that.
 本当ね。私が計画したロマンティックなことは何もできなかったわ。セントラルパークでピクニックとか・・セントラルパークでコーヒーとか・・あ、それは今できたわね。

Ryan: Taxi.
 タクシー。

Phoebe: Bye, you.
 バーイ。

《セントラルパーク・閉店。白い制服のロスが来る》

Rachel: Oh I'm sorry, we're clo-... Hey, sailor.
 すみません、もう閉店・・ハーイ、セーラーさん。

Ross: Is this what you had in mind?
 これが欲しかった?

Rachel: I'll say.
 どうかしら。

(ロスがレイチェルを抱き上げる)
Ross: I'm shipping out tomorrow.
 明日出航なんだ。

Rachel: Well then, we better make this night count. . . . Oh wait, I forgot to turn off the cappuccino machine. . . Anchors aweigh. Oh, wait, wait! My purse, my purse, my purse, my purse, my purse, my purse. . . . Oh, you know what. I forgot to turn off the bathroom light.
 ま、それじゃ今夜を大事にしなくちゃ。・・あっ、待って。カプチーノマシンのスイッチを切るの忘れてたわ。(ロスが抱いて戻る)錨は上がった・・あっ、待って待って、バッグバッグ私のバッグ!!(ロスが抱いて戻る)あっ、ねぇ、バスルームの明かり消すの忘れてたわ。

Ross: Alright, you know, why don't I just meet you upstairs.
 そうだ、いい? 上で会おう。(レイチェルをカウチにおろして立ち去る)

Rachel: Honey!
 ロスったらぁ!



にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村


英語 ブログランキングへ
posted by らんち at 01:27| Comment(0) | Season2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月25日

2-22 The One With the Two Parties

2-22 パーティふたつの話

 ☆ダブル・パーティー騒動☆

《Moondance:レイチェル以外の5人》

Monica: So, I'll get candles and my mom's lace tablecloth, and since it's Rachel's birthday, I mean, we want it to be special, I thought I'd poach a salmon.
 それで、私はキャンドルとママのレースのテーブルクロスを用意するわね。レイチェルのバースデーだもん、特別なものにしたいから、ポーチド・サーモンにしようと思って。

poached_salmon_fillet_what_wine.jpg

All: Ohhh.
 ああ・・

Monica: What?
 何よ?

Ross: Question. Why do we always have to have parties where you poach things?
 質問。なんでいつも僕らのパーティ料理って、ゆでた何かなの?

Monica: You wanna be in charge of the food committee?
 料理委員会に加わりたいの?

Ross: Question two. Why do we always have to have parties with committees?
 質問2。なんで僕らのパーティはいつも料理委員会を持たないといけないの?

Joey: Really. Why can't we just get some pizzas and get some beers and have fun?
 そうだよ。ただピザとかビールを用意して楽しむってのじゃダメ?

Ross: Yeah.
 そうだよな。

Phoebe: Yeah, I agree. You know, I think fancy parties are only fun if you're fancy on the inside and I'm just not sure we are.
 賛成よ。おしゃれなパーティは、おしゃれな気分でないと楽しくないと思うんだけど、私たち、そういう気分じゃないような気がするわ。

Monica: Alright. If you guys don't want it to be special, fine. You can throw any kind of party you want. . . . Joey, they're not real. I start miles beneath the surface of these things, ok? They're fake. See? honk honk.
 わかったわよ。特別なパーティにしなくていいんなら、いいわ。好きにしたらいいわよ。(ジョーイが胸を見つめるので)ジョーイ、これは本物じゃないのよ。本物はこれのずーっと下の方にあるの。わかる? これはニセモノ。ほら、(ニセおっぱいをつまむ)パフパフ。

Chandler: Wow, it's, it's like porno for clowns.
 ワオ! ピエロのポルノみたい。

clownNose.jpg
(ピエロの赤い鼻をつまむと鳴る音→ honk honk
 写真はAmazon.com で3ドル99)


《セントラルパーク:レイチェル以外の5人》

Ross: I talked to Rachel's sisters, neither of them can come.
 レイチェルの妹達に聞いたら、どちらも来られないって。

Monica: Ok, um so, I still have to invite Dillon and Emma and Shannon Cooper.
 わかった。それじゃ、ディロンとエマとシャノン・クーパーは呼ぶわね。

Joey: Woah, woah, woah, uh, no Shannon Cooper.
 ダメダメダメ。シャノン・クーパーはダメだよ。

Phoebe: Why not her?
 なんで?

Joey: Cause she uh, she steals stuff.
 あー・・彼女、物を盗むからさ。

Chandler: Or maybe she doesn't steal stuff and Joey just slept with her and never called her back.
 ジョーイが寝て二度と電話かけないってことがなければ、盗まないかもな。

Monica: Joey, that is horrible.
 ジョーイ、ひどいわ。

Joey: Hey, I liked her, alright. Maybe, maybe too much. I don't know, I guess I just got scared.
 いや、彼女好きだったんだよ。もしかしたら、好き過ぎて・・何ていうか、怖くなってしまって・・。

Phoebe: I'm sorry, I didn't know.
 知らなかったわ。ごめんね。

Joey: I didn't think anyone'd buy that, ok.
 まさか本気にするとは思わなかったよ。いいね。

(レイチェルが来る)
Ross: Hi, honey, how did it go?
 やぁ、どうだった?

Rachel: Agh, it was the graduation from hell.
 うーっ。地獄の卒業式だったわ。

Chandler: You know, my cousin went to hell on a football scholarship.
 俺のイトコはフットボールの奨学金で地獄へ行ったよ。

Rachel: You know, I mean, this is supposed to be a joyous occasion. My sister's graduating from college. Nobody thought she would. It's a true testament to what a girl from Long Island would do for a Celica.
 だってね、これって楽しい出来事のはずでしょ。私の妹の大学卒業よ。卒業するとは誰も思わなかったわ。ロングアイランドの女の子でも、セリカのためならここまでできるっていう証になったわね。

Monica: So what happened?
 それで何があったの?

Rachel: My parents happened. All they had to do was sit in the same stadium, smile proudly, and not talk about the divorce. But no! They got into a huge fight in the middle of the commencement address. Bishop Tutu actually had to stop and shush them. But you know what, you know what the good news is? I get to serve coffee for the next 8 hours.
 私の両親よ。同じ場所に座って、誇らしげに微笑んで、離婚の話はしない、ただそれだけでいいのよ。でもダメ。卒業スピーチの最中に大げんかになっちゃって。ビショップ・チュチュが、中断してシーって言ったのよ。でも、うれしいことがあるのよね? これから8時間ここでコーヒーついでるのよ。(仕事に入る)

Phoebe: Ok, so I guess we don't invite her parents.
 それじゃ、両親は呼ばないってことね。

Monica: Well, how about just her mom?
 でもまぁ、おかあさんだけ呼ぶってのはどう?

Chandler: Why her mom?
 なんでおかあさん?

Monica: Cause I already invited her.
 だってもう呼んじゃった。

Phoebe: Ooh, ooh, did you ask Stacy Roth?
 そうそう、ステイシー・ルースは呼んだ?

Joey: Oh no, can't invite her. . . She also steals.
 あ、ダメ、彼女もダメだよ。・・彼女も盗むぞ。

《モニカの部屋:パーティの準備中》

Phoebe: Ok, here are the birthday candles. Where's the birthday cake?
 はい、バースデーキャンドルよ。バースデーケーキはどこ?

Monica: Ok, we're not having birthday cake, we're having birthday flan.
 バースデーケーキはないのよ。今回は、バースデー・フランなの。

Chandler: Excuse me?
 なにって?

Monica: It's a traditional Mexican custard dessert.
 これはメキシコの伝統的なカスタードデザートなの。

Joey: Oh, that's nice. Happy birthday Rachel, here's some goo!
 ああ、これはいいね。ハッピーバースデー、レイチェル! ほら、ネバッ!

(goo = 甘くてねばつくもの)

(ノックの音)
Monica: Dr. Greene! Oh, my God, it's Rachel's dad. What're you doing here?
 (ドアを開けて)ドクター・グリーン! まぁ驚いた、レイチェルのおとうさん。どうなさったの?

Mr. Greene: What? The father can't drop by to see the daughter on her birthday?
 え? 娘の誕生日に父親が寄ってはいけないかね?

Monica: No no, the father can, but um, since I am the roommate I can tell you that she's not here and I'll pass along the message, ok. So bye-bye.
 いえいえ。お父様はできます。ただ、私ルームメイトとして申し上げられるのは、彼女留守なんですよ。メッセージお伝えしますね。それじゃ。

Mr. Greene: Oh, you're having a party!
 おお! パーティを開くんだな。

Monica: No, no, not a party. Just a surprise gathering of some people Rachel knows. This is Phoebe and Chandler and Joey.
 いえいえ。パーティじゃないんですよ。ただ、驚かせるためにレイチェルの知りあいが集まってるだけです。こちらフィービー、チャンドラーに、ジョーイです。

Mr. Greene: I'll never remember all of that. So uh, what's the deal? Rachel comes home, people pop out and yell stuff, is that it?
 どうせ覚えられないから。それで、どういうことになるんだ? レイチェルが帰ってきたら、みんなで飛び出して叫んだりするってやつ?

Chandler: This isn't your first surprise party, is it, sir?
 サプライズパーティは初めてじゃないようですね?

(ノックの音でモニカがドアを開ける)
Mrs. Greene: Hi, Monica.
 ハーイ、モニカ。

(モニカ思わずドアを閉めてしまう)
Monica: Chinese menu guy. Forgot the menus.
 (レイチェルパパに)チャイニーズフードの人です。メニュー忘れて。

Chandler: So, basically, just a Chinese guy.
 そう、ほんと、ただのチャイニーズの人。

Joey: Uh, hey, Dr. Greene, why don't you come with me, we'll put your jacket on Rachel's bed.
 あ、そうだ、ドクター・グリーン、こちらへ来て、一緒にジャケットをレイチェルの部屋に置きましょうよ。

Mr. Greene: Alright, that sounds like a two person job.
 そうだな。確かにそれは2人でする仕事だよな。

Mrs. Greene: Well, my goodness, what was that?
 もう、いったい何だったの?

Monica: Sandra, I am so sorry, I thought you were Rachel and we just weren't ready for you yet.
 サンドラ、ごめんなさい。レイチェルかと思ったもんですから。まだ準備ができてなくて。

Mrs. Greene: You thought I was Rachel?
 私がレイチェルだと思ったの?

Chandler: Yes, because uh, you look so young.
 ええ、とってもお若いから。

Phoebe: And because you're both, you know, white women.
 それに2人とも・・ほら、白人女性だし。

Mrs. Greene: Oh, I missed you kids. Well, should I put my coat in the bedroom?
 ああ、みんな久しぶりね。それで私のコートはベッドルームに置けばいいかしら?

Chandler: NO! No, I'll take that for ya.
 いえ! いえ、僕がやりますよ。

Mrs. Greene: Oh, well, thank you. Such a gentleman. Thank you. Ah, it all looks so nice, so festive, all the balloons... The funniest thing happened to me on the way here. I was...
 あらまぁ、ありがとう。紳士なのね。ありがとう。もう、とっても素敵ね、お祝いぽくて、風船とか・・。ここへ来る途中、すごくおかしなことがあってね。私・・(レイチェル父がベッドルームから出て来ようとする)

Phoebe: Ha-ha, that's great, ha-ha. I can't wait to hear the rest of it, you know, but I really have to go to the bathroom. So... Hey, come with me. Yeah, yeah, it'll be like we're gal pals, you know, like at a restaurant. Oh, it'll be fun, come on.
 ハハハ! 面白いわ。続きを聞きたいんだけど、ほら、トイレにも行きたいのよね。だから・・・そうだ、一緒に行きましょうよ。そうよそうよ。ほら、レストランに来た女友達って感じで。楽しいわ。行きましょう。(バスルームへ連れて行く)

Monica: Oh, my God, oh, my God, oh, my God.
 オーマイゴッド、オーマイゴッド、オーマイゴッド!

Chandler: Ok, think, what would Jack and Chrissy do?
 よし、考えるんだ! こんな時、ドラマのジャックとクリッシーならどうする?

(ジャックとクリっシーはThree's Company というドラマの
 登場人物。いつもこんなドタバタがあったのでしょうね。)


Joey: Ok, now that your coat is safely in the bedr-, Oh, ok we can come back out in the living room.
 さぁ、これでコートは安全にベッドルー・・(覗いて確かめる)ああ、大丈夫、リビングルームへ出られますよ。

Monica: So uh, Joey and Chandler, I, I think it's time that you take Dr. Greene over to your place.
 それじゃ・・ジョーイとチャンドラー、えっと、そろそろ、ドクター・グリーンをあなた達の部屋へお連れした方がいいんじゃない?

Chandler: Yes, absolutely, um. Why again?
 そう、まったくその通りだ。・・なんで?

Monica: Because that's where the party is, you goon. See, this is just the staging area.
 だってあの部屋がパーティ会場でしょう、おばかさんね。ほら、ここは準備室でしょ。

Joey: Right ,this is staging.
 そう、ここは準備する部屋。

Chandler: Yeah, this more than anything else, is the staging area.
 そうそう。他のなにものでもなく、準備室。

Joey: This is clearly in the wrong apartment.
 これは間違いなく部屋間違いですよ。(出て行く)

《部屋の前の廊下》

Chandler: Alright, you guys are off to party number one. . . And you, you are off to party number two. . . Alright, fellas, let's keep it moving, let' keep it moving.
 よし、君たちはパーティ会場1(男性、モニカ達の部屋へ)、そして君たちはパーティ会場2(女性達、チャンドラー達の部屋へ。それに男性が続こうとすると)はいはい、君たち、行って行って(モニカ達の部屋へ)

Monica: Chandler, could you at least send some women to my party? . . . Alright, that's Ross.
 チャンドラー、こっちへも少しは女性を送ってくれない? (ブザーの音)あれはロスよ。

Chandler: Ok, they're coming, shhh.
 よし、来るぞ。シーッ!(モニカ達の部屋から女の子を連れてくる)

(ロスとレイチェル)
Rachel: Ohh, thank you for the wonderful dinner.
 ああ、素敵なディナーをありがとう。

Ross: Thanks for being born.
 生まれてきてくれてありがとう。

Rachel: Ohh, thank you for my beautiful earrings. They're perfect. I love you.
 かわいいイヤリングありがとう。あれは完璧よ。愛してる。

Ross: Oh, now, you can exchange them if you want, ok?
 ああ、もし交換したかったらしてもいいんだよ。いいね?

Rachel: Now, I love you even more.
 今のでもっと好きになったわ。

(2人でモニカ達の部屋に入る)
All: Surprise!
 サブラーイズ!

Rachel: Oh my gosh, wow. Monica. Oh, my God. Mom! This is so great.
 まぁ驚いた! ワオ! モニカ! びっくりしたわ。ママ! すごいわ!

Mrs. Greene: Happy birthday, sweetie.
 ハッピーバースデー、レイチェル。

Rachel: Wow, you, you. I had no idea.
 まぁ! 全然知らなかったわ。

Ross: Really?
 ほんと?

Rachel: No, I knew.
 ううん、わかってた。

Ross: All right.
 おっけー。

Monica: Ok, everybody, there's food and drinks on the table. Go across the hall.
 いい、みんな? 食べ物と飲み物はテーブルの上にあるわよ。(レイチェル達に)向かいの部屋に行って。

Ross&Rachel: What?
 え?

Monica: Right now, Joey and Chandler's, go now.
 すぐよ。ジョーイとチャンドラーの部屋に、すぐ行って。

Rachel: Why?
 なんで?

Monica: Just go.
 いいから行って。

Rachel: Weird.
 変なの。

(チャンドラー達の部屋に入る)
All: Surprise!
 サプラーイズ!

Mr. Greene: Happy birthday, sweet pea.
 ハッピーバースデー、レイチェル。

Rachel: Daddy!
 パパ!

《時間経過》
Rachel: Both of them are here, both of them, both of them are here?
 2人とも来てるの? 2人とも、ここに来ちゃってるの?

Chandler: Well, we could count again.
 なんならもう一回数えてみようか。

Rachel: I can't believe this is happening.
 こんなの信じられない。

Ross: You know what, this is ridiculous, ok. This is your birthday, this is your party. I say we just put them all together. And if they can't deal with it, who cares?
 ねぇ、こんなのバカげてるよ。君の誕生日なんだ。君のためのパーティだよ。一緒にしちゃえばいいんだよ。それであの2人がうまくいかなくても、誰が気にする?

Rachel: I do.
 私よ。

Ross: That's who.
 そうだよね。

Chandler: Look, are you gonna be ok?
 大丈夫か?

Rachel: Well, I have to be, I don't really have a choice, I mean, you know, I could look at the bright side, I get two birthday parties and two birthday cakes.
 ええ、そうしかないでしょう。選択の余地ないわよね。ま、いいように考えれば、二つパーティがあって、二つもバースデー・ケーキがあるのよね。

Chandler: Well, actually just one birthday flan.
 いや、実はひとつバースデー・フランがあるだけ。

Rachel: What?
 なに?

Chandler: It's a traditional Mexican custard dessert...Look, talk to Monica, she's on the food committee.
 伝統的なメキシコのデザートだって・・モニカに聞けよ。彼女が料理委員なんだから。

《時間経過:チャンドラーがバスルームから出てくる》

Chandler: Joey, Joey. Hey, some girl just walked up to me and said, 'I want you, Dennis,' and stuck her tongue down my throat. I love this party.
 ジョーイ、ジョーイ! 女の子がやってきて、「あなたが欲しいわ、デニス」だって。そして舌を入れてきたよ。このパーティ最高だな。

Joey: Quick volleyball question.
 ちょっとバレーボールの質問なんだけど。

Chandler: Volleyball.
 バレーボール?

Joey: Yeah, we set up a court in your room. Uh, you didn't really like that grey lamp, did you?
 ああ。バレーコートをおまえの部屋に作ったんだ。おまえ、あのグレイのランプ、そう好きじゃないよな?

Chandler: Joey, a woman just stuck her tongue down my throat. I'm not even listening to you.
 ジョーイ、女の子が舌を入れてきたんだ。おまえの話聞く気にもなれないよ。

Girl's voice: Dennis.
 デニース!

Chandler: Ok, that's me.
 あれ俺。(バスルームへ)

Rachel: Listen, honey, can you keep Dad occupied? I'm gonna go talk to Mom for a while.
 ねぇ、パパと話しててくれる? 私モニカ達の方へちょっと行ってくるから。

Ross: Ok, do you have any ideas for any openers?
 わかったよ。何を話したらいいかな?

Rachel: Uhh, let's just stay clear of 'I'm the guy that's doing you daughter' and you should be ok.
 そうね・・「あなたの娘とやってる男です」って言わなければ大丈夫よ。

《モニカ達の部屋》

Monica: Ok, people, I want you to take a piece of paper, here you go, and write down your most embarrassing memory. Oh, and I do ask that when you're not using the markers, you put the caps back on them because they will dry out.
 はい、みなさん! 紙を取って。いい? そして一番恥ずかしかった思い出を書いてね。それから、マーカーを使ってない時は、キャップをしてね。乾いちゃうからね。

《チャンドラー達の部屋》

Ross: Hi, Dr. Greene. So, how's everything in the uh.. vascular surgery....game?
 どうも、ドクター・グリーン。どうですか、血管外科・・的・・ゲームの方は?

Mr. Greene: It's not a game Ross, a woman died on my table today.
 ゲームじゃないぞ、ロス。今日の手術で女性が死んだんだ。

Ross: I'm sorry. See, that's the good thing about my job. All the dinosaurs on my table are already dead.
 失礼しました・・ほら、僕の仕事のいいところはそこなんですよ。僕の仕事では恐竜は既に死んでるから。

《モニカ達の部屋》

Monica: Listen you guys, I don't mean to be a pain about this but, um, I've noticed that some of you are just placing them on. You wanna push the caps until you hear them click. . . Gunther, where're you going?
 みんな聞いて。うるさく言いたくないんだけど、マーカーのキャップをきちんとしてない人がいるのよね。キャップは、この音がするまできちっと閉めてね。(カチッとやって見せていて、ガンターが出て行くのに気づく)ガンター! どこ行くの?

Gunther: I was sort of thinking about maybe...
 あっちへ行こうかなーなんて・・

Monica: No. No, you can't go. No, this is fun. Come on, we're just getting started. Here, here's your marker.
 ダメダメ、ダメよ。楽しいじゃん。いいじゃん。始めたばかりよ。ほら、はい、マーカー。

Phoebe: Listen, if you wanna go, just go.
 (ガンターにこっそり)ねぇ、もし行きたかったら、行きなさい。

Gunther: No, she'll yell at me again.
 いいよ。また怒鳴られるよ。

Phoebe: Alright, I can get you out.
 大丈夫。出してあげるから。

Gunther: What?
 え?

Phoebe: Shh. In a minute, I'm gonna create a diversion. When I do, walk quickly to the door and don't look back.
 シーっ。待ってて。気をそらせるから。そしたら、サッサと出てって振り向くな。

《チャンドラー達の部屋》

Mr. Greene: I think I need a drink.
 飲み物が欲しいな。

Ross: Oh, here, I'll get it for ya. What do you want?
 ああ、それなら僕が取ってきますよ。何がいいです?

Mr. Greene: Scotch.
 スコッチ。

Ross: Scotch. Alright, I'll be back in 10 seconds with your scotch on the rocks in a glass.
 スコッチね。わかりました。10秒でスコッチ・オン・ザ・ロックを持ってきますよ。

Mr. Greene: Neat!
 ニート!

Ross: Cool.
 クール!

Mr. Greene: No no no, no no no, neat, as in no rocks.
 違う違う違う違う、ニートだよ。ロックなしってこと。

Ross: I know.
 わかってますって。

《モニカ達の部屋》

Mr. Greene: Oh, hello, Ross, where have you been?
 あら、ロス、どこ行ってたの?

Ross: Hi. Uh, I have been in the bathroom. Stay clear of the salmon mousse.
 どうも。バスルームですよ。サーモン・ムースには手をださないようにね。

Mrs. Greene: Oh, scotch neat. You know, that's Rachel's father's drink.
 あら。スコッチ・ニートね。レイチェルの父親もそれを飲むのよ。

Ross: Oh, mine too. Isn't that neat, scotch neat. Would you excuse me? . . . Hey, hey, where you sneaking off to, mister?
 おや、僕もですよ。スコッチ・ニートなんて小粋ですよね。失礼しますね?(部屋を出ると廊下でレイチェル父に出くわす)おやおや、どこへ行かれるんです?

Mr. Greene: I'm getting my cigarettes out of my jacket.
 ジャケットのタバコを取って来るんだ。

Ross: No. no.
 ダメですよ。

Mr. Greene: What do you mean no?
 ダメとはどういうことだ?

Ross: No, um, see, 'cause that, that is, that is the staging area. If you go in there, it'll ruin the whole illusion of the party. Yeah, I think you take your scotch back in there and I will get your cigarettes for you, sir.
 いや、ほら、こちらは準備室ですからね。入っていったら、このパーティの楽しさが消えてしまいますよ。だから、スコッチを持って部屋へ行っててください。僕がタバコを取ってきますから。

Mr. Greene: Get my glasses, too.
 メガネも頼む。

Ross: All righty-roo. . . What a great moment to say that for the first time.
 かしこまりぃぃ。(独り言で)この言葉初めて使った・・こんな時に。

《モニカ達の部屋》

Monica: Ok, the first person's most embarrassing memory is, 'Monica, your party sucks.' Very funny.
 はい、恥ずかしい思い出、まず一人目は・・「モニカ、おまえのパーティ最悪」。おもしろいわね。

Phoebe: Oh no, ooh, ooh, did somebody forget to use a coaster?
 まぁ、ダメじゃん。コースター使わなかった人がいるわね?

Monica: What? . . . I don't see anything.
 なんですって? (走って見に行く。その間にガンターは出て行く)何もないじゃん。

Phoebe: Great, I'm seeing water rings, again.
 ああ、まただわ。輪っかの幻よ。

Mrs. Greene: Ross, whose glasses are those?
 ロス、そのメガネは誰の?

Ross: Mine.
 僕のですよ。

Mrs. Greene: You wear bifocals?
 あなた遠近両用を使うの?

Ross: Um-hmm. . I have a condition, apparently, that I require two different sets of focals.
 ええ。そうなんですよ。僕の目、二重焦点レンズが必要みたいなんですよ。

Mrs. Greene: Did you know my husband has glasses just like that?
 私の夫もほとんど同じのを持ってたって知ってる?

Rachel: Well, those are very popular frames.
 だってすごい人気のフレームなのよね。

Ross: Neil Sedaka wears them.
 ニール・セダカも使ってるよね。

Guy: I hear you can get people out of here.
 (フィービーに)君がここから出してくれるって聞いたんだが。

Mrs. Greene: Rachel, you didn't tell me your boyfriend smokes.
 レイチェル、ボーイフレンドがタバコ吸うなんて聞いてないわよ。

Rachel: Yeah, like a chimney.
 それが、吸うのよ。もう煙突みたい。

Ross: Oh, big smoker. Big big smoker. In fact, I'm gonna go out into the hallway and fire up this bad boy.
 もう紛れもなくスモーカーですよ。本当に。今から廊下に出てってこいつに火をつけるとこなんですよ。(廊下に出ると、レイチェル父がいる)

Mr. Greene: Are you wearing my glasses?
 私のメガネをかけているのか?

Ross: Yes. I was just warming up the earpieces for you.
 そうですよ。(メガネを渡す)ツルを暖めておきましたよ。

Mr. Greene: Thank you. Is that one of my cigarettes?
 どうも。それは私のタバコかね?

Ross: Yeah, yes, it is. I was just moistening the tip.
 (タバコを渡しながら)ええ、そうです。湿らせておきましたよ。

《モニカ達の部屋》

Phoebe: Ok, ok, she's taking the trash out, so I can get you out of here. But it has to be now, she'll be back any minute.
 いい? 今彼女はゴミを出しにいってるから、今のうちに出ていけるわ。もうすぐ戻ってくるから今しかダメよ。

Girl: What about my friend Victor?
 友達のビクターは?

Phoebe: No, only the three of you, any more than that and she'll get suspicious.
 ダメよ。あなたたち3人だけよ。それ以上だと彼女に怪しまれる。

Girl: Alright, let me just get my coat.
 わかったわ。コート取ってくる。

Phoebe: There isn't time. You must leave everything. They'll take care of you next door.
 時間がないのよ。みんなあきらめて。向こうの部屋でなんとかしてくれるわ。

Girl: Is it true they have beer?
 ビールがあるって本当?

Phoebe: Everything you've heard is true.
 言われていることはみんな本当よ。

《チャンドラー達の部屋》

Monica: Could you guys please try to keep it down? We're trying to start a Boggle tournament.
 あなた達、ちょっと抑えてくれない? パズルのトーナメント始めるとこなのに。
(チャンドラーとジョーイが大笑い)

boggle.jpg
Boggle = 言葉遊びゲーム)

Monica: You, and you! You're supposed to be at my party. And Gunther! What are you doing here?
 あなた! あなたも! あなた達、私のパーティの人達じゃないの。ガンターも! 何してるのよ?

Gunther: Um..
 (踊り続ける)

Phoebe: Ok, welcome to the fo...
 (3人を連れてくる)はい、どうぞ・・

Monica: Phoebe.
 フィービー!

Phoebe: Alright, I'm sorry but these people needed me. They work hard all week, it's Saturday night, they deserve to have a little fun. Go!
 もういい。悪いとは思うけど、この人達、私を必要としてるのよ。一週間一生懸命働いたのよ。土曜日の夜だもの、楽しむ権利があるわよ。(3人に)はい、行って!

Monica: You know, my party is fun. I mean, maybe it's a little quieter, less obvious sort of fun. But, you know, if people would just give it a chance...
 私のパーティだって楽しいわよ! ちょっと静かかもしれないけど、楽しさも違うかもしれないけど。でも、ちょっとみんなやってみれば・・(バレーボールが頭にぶつかる)

《モニカ達の部屋》

Rachel: You want me to see a therapist?
 セラピストに会えっていうの?

Mrs. Greene: Sweetheart, you obviously have a problem. You've chosen a boyfriend exactly like your father.
 そうよ、あなた明らかに問題を抱えてるわ。おとうさんそっくりのボーイフレンドを選んでるんですもの。

Rachel: Ok, Mom, you know what, fine, I'll make an appointment, ok? But you know what, right now, I gotta go, I gotta go do a thing.
 ママ、わかったわ。予約入れるわよ。でも、今はね、ちょっと向こうへいかないといけないのよ。

《チャンドラー達の部屋》

Mr. Greene: Did you know your mother spent $1200 dollars on bonsai trees. I felt like Gulliver around that place.
 おまえ、おかあさんが1200ドルも盆栽に使ったの知ってるか? あれがいっぱいあって、ガリバーになったような気分だぞ。

Rachel: Daddy, daddy, you know what, I really wanna hear more about this, I really do, but I just have, I just have to do a, some stuff.
 パパ、ねぇ、話の続きを聞きたいんだけど、本当にちょっとやらなきゃいけないことがあるのよね。

《モニカ達の部屋》

Mrs. Greene: You work and you work and you work at a marriage but all he cares about is his stupid boat.
 結婚生活をがんばってがんばって耐えてきて、あげくに彼が気にかけてることといったらあのバカなヨットだけなのよ。

《両親・・交互》

Mr. Greene: You work and you work and you work on a boat...
 がんばってがんばってヨットの手入れをして・・

Mrs. Greene: He always ridiculed my pottery classes...
 彼はいつも私の陶芸教室をバカにして・・

Mr. Greene: ...and you sand it and you varnish it...
 それから磨いて、上塗りをして・・

Mrs. Greene: ...but when all is said and done, he still drinks out of the mugs.
 でも言い尽くしてもやり尽くしても、結局彼はマグから飲むのよ。

Mr. Greene: …one night of her yoga and her Bridges of Madison County...
 ヨガをやったり、マディソン郡の橋を見たり・・

Mrs. Greene: ...the scotch and the cigarettes...
 スコッチとタバコが・・

Mr. Greene: ...and the bonsais and the chihuahua...
 盆栽とチワワと・・

Mrs. Greene: ...I may have only been in therapy for three weeks now dear but...
 まだ3週間しかセラピーに行ってないけど・・

Mr. Greene: ...what the hell does she want with half a boat...
 ヨット半分でいったい何をするっていうんだ・・

《廊下:レイチェルが床に座っていると、チャンドラーが女の子を追いかけて出てくる》

Chandler: Ok, ok, you can be shirts and I'll be skins. I'll be skins. . . Hey, how you holding up there, tiger? Oh, sorry, when my parents were getting divorced I got a lot of "tigers." Got a lot of "champs," "chiefs," "sports." I even got a "governor."
 君がシャツチームで僕が裸チームってことで見分けよう。僕が裸チームでいいから・・(女の子は行ってしまう)(レイチェルに)どう、頑張ってる、タイガー? ・・失敬、うちの両親が離婚した時、よくタイガーって言われたんだよ。「チャンプ」とか「チーフ」とかも言われたな。「知事」まで言われたことがあるよ。

(shirts and skins = チームで対戦する種類のゲームで、
 どちらのチームメンバーか簡単に見分けるための方法。
 女の子が加わると当然おかしな話になってくる)


Rachel: This is it, isn't it? I mean, this is what my life is gonna be like. My mom there, my dad there. Thanksgiving, Christmas. She gets the house, he's in some condo my sister's gonna decorate with wicker. Oh, Chandler how did you get through this?
 これなのね? これからはずっと、こんなふうになっちゃうのね? ママがいて、パパがいて。サンクスギビングや、クリスマス。。ママが家をとってパパはどっかのマンションに住んで妹が柳家具で装飾。ああ、チャンドラー、どうやって乗り越えてきたの?

Chandler: Well, I relied on a carefully regimented program of denial and, and wetting the bed.
 そうだな、厳しく管理したプログラムによる拒絶と、それからオネショで。

Rachel: You know, I just, so weird. I mean, I was in there just listening to them bitch about each other. And all I kept thinking about was the fourth of July.
 もう、本当に変な感じ。2人が互いの悪口を言うのをずっと聞いて。私はただ独立記念日のこと考えてた。

Chandler: Because it reminded you of the way our forefathers used to bitch at each other?
 ・・それは当時の人達が互いに悪口を言ってたのを思い出すから?

Rachel: It's just this thing. Every year we would go out on my dad's boat and watch the fireworks. Mom always hated it because the ocean air made her hair all big. My sister Jill would be throwing up over the side and my Dad would be upset because nobody was helping and then when we did help he would scream at us for doing it wrong. But then when the fireworks started, everybody just shut up, you know, and it'd get really cold, and we would all just sort of smoosh under this one blanket. It never occurred to anybody to bring another one. And now it's just...
 ただね・・毎年、パパのヨットに乗って花火を見に行ったの。ママは海風で髪がめちゃめちゃになるから嫌がってたわ。妹のジルは吐きまくるし、パパは誰も手伝わないって怒鳴って、手伝えば今度はやり方が悪いって怒鳴ってた。でも、いったん花火が始まると、みんな黙って、寒いからみんなで一枚の毛布にくるまって・・。誰ももう一枚もってこようとか思わないのよ。それが・・

Chandler: Yeah, I know.
 ああ、わかるよ。(ハグ。ロスが来たので交替する)

《モニカの部屋:パーティ終わり》

Monica: Ok, thanks for coming, I hope you guys had fun.
 来てくれてありがとう。楽しんでもらえたらいいんだけど。

Mrs. Greene: Alright, Monica dear, I'm gonna hit the road. Now I've left my 10 verbs on the table. And you be sure and send me that finished poem.
 ありがとう、モニカ、もう行くわね。机の上に10個動詞が置いてあるから、詩をまとめて送ってね。
 
Monica: Ok, will do. So glad you came.
 わかりました。おいでくださってうれしかったわ。

Mrs. Greene: I think I saw Rachel out in the hall.
 レイチェルは廊下にいるのよね。

Monica: Ok, let me go check. . . Your mom wants to say goodbye.
 私が見てきます。(廊下でレイチェルに)おかあさんがサヨナラ言いたいって。

Rachel: Oh, ok.
 あ、わかった。

Mrs. Greene: Happy birthday, sweetie.
 ハッピーバースデー、レイチェル。

Rachel: Ok.
 ありがと。

(レイチェル父がチャンドラー達の部屋から出てきたのでロスが押し戻してドアノブにつかまる)
Joey: Ahh, you drive safe.
 (レイチェル父に)気をつけていってくださいね。

Mrs. Greene: Ross, what're you doing.
 ロス、何してるの?

Ross: I'm getting ready for the water skiing. . . . How are you?
 水上スキーの練習ですよ。(チャンドラー達の部屋に引っ張られてレイチェル父に)お元気?

Chandler: Well, Dr. Greene, where are you going?
 ドクター・グリーン、どこへ?

Mr. Greene: To get my coat.
 コートを取りに行くんだよ。

Guys: No, no, no.
 ダメダメ。

Mr. Greene:Alright, alright, I can get my own coat.
 もういい、自分でコートを取ってくるから。

(男3人で騒ぎながら隠しながらモニカ達の部屋へ父を入らせる)

Chandler: Sorry, we're on a major flan high.
 失礼。フランでハイになってて。

(モニカの部屋で父を見て慌てるフィービー)
Phoebe: Oh, no, you're not supposed to be here. This is the staging area, you should, it's all wrong, you should leave, you know, get out. [opens the door, the guys are right there] Or perhaps you'd like a creme de menthe.
 あ、ダメですよ。ここに来ちゃだめです。ここは準備室なんだからダメよ。行って、もう行ってください。(ドアを開けてあわてて閉める)それか、もしかしてクレーム・デ・ミントはお好き?

creme de menthe ミント味のアルコール飲料)

Mr. Greene: I have to be heading toward my chateau, thank you.
 もう我が城へ帰らないといけないんでね。ありがとう。

Phoebe: Oh, all right, then I guess we're going back into the hallway, again.
 わかったわ。じゃあまた廊下へ行くのね。

Joey: Thanks for coming Mrs. Greene. . . Well, ok, you take care.
 (それを聞いて)グリーンさん、来てくれてありがとう(キスをして気をそらす)それじゃ、気をつけて。

Mrs. Greene: Oh, you kids. . . Well, this is the best party I've been to in years.
 ああ、もうあなた達ったら。もうこんな楽しいパーティ何年ぶりかしら。

Monica: Thank you!
 ありがとう!

《モニカ達の部屋:バースデー・フランにキャンドル》

Monica: Ok, everybody, it's time for flan.
 はい、みんな。フランの時間よ!

Chandler: Yep! Get ready for the gelatinous fun.
 さあ!ゼラチンを楽しむか。

Joey: Kinda looks like that stuff you get when you get a bad infection.
 なんか悪い病気に感染したときみたいだな。

Monica: Ok, that's enough.
 もういい加減にしてよ。

Phoebe: Ok, Rachel, make a special flan wish.
 はい、レイチェル、フランに願いをかけて。

Rachel: Ok, I've got one. [blows out the candles. Somebody calls out 'heads up' and the volleyball lands in the flan] Wow! Those things almost never come true.
 わかったわ。一個思いついた。(キャンドルを吹き消す。「気をつけろ」という声がしてバレーボールがフランをつぶす)ワオ! やっぱり叶わないのね。


にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村


英語 ブログランキングへ



ブルーレイ版フレンズ。
初めてDVDを見た時は、画像の粗さに驚きました。
BDは少しきれにですね。それ以上に、
ディスク交換回数が少ないって素敵♪
posted by らんち at 00:29| Comment(0) | Season2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。