2013年06月30日

3-3 The One With the Jam

3-3 ジャムの話

 ☆ジャムの味は最高!☆

《チャンドラー達の部屋:ジョーイの部屋からベッドの音》
Joey: WHOAA!!
 (部屋から聞こえる)うわーっ!

Chandler: See, Joe, that's why your parents told you not to jump on the bed.
 (ジョーイを見に来て)ほら、ジョー、だからおまえの両親はベッドの上でジャンプするなって言ったんだぞ。

《モニカ達の部屋:ロスとレイチェルが来る》

Monica: Hey, look at me! I'm making jam, I've been at it since 4 o'clock this morning.
 ねぇ、見て! ジャム作ってるの。今朝4時からこれやってるのよ。

Ross: Where'd you get fruit at four in the morning?
 朝の4時にどこでフルーツ仕入れてきたんだ?

Monica: Went down to the docks. Bet you didn't know you could get it wholesale.
 埠頭へ行ったの。埠頭で卸売りやってるって知らなかったでしょ。

Rachel: I didn't know there were docks.
 埠頭があることも知らなかったわ。

(ジョーイとチャンドラーが来る)
Chandler&Joey: Hey.
 やぁ。

Ross: Aww, is it broken?
 ああ、折れてた?

Joey: No, I gotta wear this thing for a couple weeks.
 いや。でもこれを2週間つけてないといけないって。(sling(つり包帯)を指差して)

Rachel: Did you tell the doctor you did it jumping up and down on your bed?
 ベッドでジャンプしててこうなったってドクターに話したの?

Joey: No. I had a whole story all worked out, but then Chandler sold me out.
 いいや。俺はちゃんとした話を作っておいたのに、チャンドラーがバラしちゃったんだ。

Chandler: Well, I'm sorry Joe. I didn't think the doctor was gonna buy that it just fell out of the socket.
 悪いな、ジョー。ドクターが、腕が転げ落ちたって話を信じるとは思えなかったんでね。

(肩の脱臼(dislocation)は、"out of the socket"。
 ・・・out of socket で思いつくのが、
 " eyeball fell out of the socket."
 それでジョーイは fall out of the socket と言ったが、
 実際、腕が fall out するはずがない。という笑い。
 "eye fell out of the socket" は、驚きのあまりって
 ことだと思いますが、ネットで検索すると、英語での、
 ほんとに目が落ちるってあり得る?なんて素朴な疑問が
 いっぱいです。よく聞く言い回しなのでしょう。)


Joey: What is this? Fruit?
 これ何? フルーツ?

Rachel: Monica's making jam.
 モニカがジャム作ってるのよ。

Joey: Whoa, jam! I love jam! Hey, how come we never have jam at our place?
 ワオ! ジャム! ジャム大好きだよ! (チャンドラーに)なぁ、なんでうちにはジャムがないんだ?

Chandler: Because the kids need new shoes.
 だって子供達に新しい靴を買ってあげなきゃいけないからよ。

Monica: I'm going into business, people. I'm sick and tired of being depressed about Richard. I needed a plan, a plan to get over my man. What's the opposite of man? Jam. . . Oh! Joey! Don't! It's way to hot.
 仕事するわよ、みんな。リチャードのことで落ち込んでるのにはもう疲れたわ。私に必要なのはプランよ。男を乗り越えるためのプラン。男の反対はなにか? ジャム!・・あっ、ジョーイ! ダメよ! 熱すぎるわ!

Joey: This will just be my batch.
 (熱くてナベの中に吐いてしまい)これ全部俺のってことで。。

(batch = 1ナベ分。一回分)

《通り:フィービーがストーカーにつけられている》

Phoebe: That's it. No. Hey! You! J. Crew guy. Yeah. Why have you been following me? I mean, all week long everywhere I look there's you.
 ちょっと、これまでよ。おしまい。ちょっと、あなた! J.クルーガイ! どうして私をつけてるの? 今週ずっと、どこにいってもあなたがいるわよね。

J.クルーというブランドとクルーカットと・・)

Guy: You wouldn't return my calls, you sent back my letters....
 だって電話くれないし、手紙は送り返してくるし・・

Phoebe: What?
 なんですって?

Guy: One more chance, Ursula, please?
 もう一回チャンスをくれないか、アースラ、お願いだ。

Phoebe: Oooh. Oh, this is awkward.
 ああぁ。これはやな感じ。

Guy: Wh..
 な・・

Phoebe: Um, yeah, you want Ursula, and I'm Phoebe. Twin sisters! Seriously.
 あなたはアースラに用なのね、私はフィービーよ。双子なの。本当よ。

Guy: Oh, that's great. I'm stalking the wrong woman. I am such a dingus!
 ああもう最高だね。人を間違えてストーカーするなんて。僕は本当に最低男だ。

Phoebe: Oh, you're not a dingus.
 まぁ、最低男なんかじゃないわよ。

Guy: I just, I want you to know I didn't used to be like this. Before I meet your sister I was like this normal guy who sold beepers and cellular phones.
 僕も昔はこんなんじゃなかった。彼女に会うまでは、ポケベルや携帯を売ってる普通の男だったんだ。

Phoebe: Well, I mean, look, it's, it's not your fault, you know. I mean, this is just what, what she does to guys, okay.
 あなたのせいじゃないわよ。これって、ただ・・彼女がそうさせちゃうのね。

Guy: Well, thanks.
 ああ・・ありがと。(立ち去る)

Phoebe: Wait, you know what, I got a little story. When I was in Junior High School I went through this period where I thought I was a witch. And there was this guidance counselor who said something to me, that I think will help you a lot. He said okay, 'you're not a witch you're just an average student.' See, what I'm saying?
 待って。この話聞いて。私が中学の時、自分が魔女だと思ってた時期があったの。その時のカウンセラーの人が言ってくれた言葉が、すごく助けになったの。彼はね、「君は魔女じゃない。君は普通の生徒なんだ」って。わかる? 私の言ってること?

Guy: Not really.
 いや、わからない。

Phoebe: Well, get over it. So, I mean, you just seem to be a really nice guy, you know. Don't be so hard on yourself, okay.
 ただ、乗り越えるのよ。あなたとってもいい人みたいだから・・とにかく自分を責めないで、ね。

Guy: Wait. You're right. I know you're right. And, thanks for being so nice. Here.
 待って。そうだ。君の言う通りだよ。優しくしてくれてありがとう。はい(花束を渡す)

Phoebe: Oh, thanks a lot. Do you want to get a cup of coffee?
 まぁ、ありがとう。・・コーヒーでも飲みに行く?

Guy: Yeah, okay.
 ああ、うん。

Phoebe: Okay. . . Okay, you don't have to walk behind me any more.
 オーケー。(後ろを歩くので)ねぇ、もう後ろをついてこなくていいのよ。

Guy: Sorry.
 ごめん。

《モニカ達の部屋:レイチェルとロスが来る》

Rachel&Ross: Mon?
 モン?

Rachel: 'Gone for more jars. Back later. Monica Geller.'
 (メモを読む)『容器を買いに行ってきます。モニカ・ゲラー』

Ross: Wait a minute, look.
 ちょっと待って、ほら。

Rachel: What?
 なに?

Ross: Look, look, look.
 見て見て見て。

Rachel: What, what, what?
 なになになに?

Ross: It's an empty apartment.
 誰もいないよ。

Rachel: Oooh.
 おお。

Ross: We're all alone in an empty apartment.
 誰もいない部屋に2人きりだ。

Rachel: Honey, come on, I have to be at work in like ten minutes. . . Oh, all right, well, it's not like I'm employee of the year or anything.
 ロスったら・・あと10分で仕事に行かなきゃいけないのよ。(キス)ああ、もういいわ。最優秀従業員ってわけじゃないもんね。
 
(チャンドラーが入ってきて2人あわてて起き上がる)
Ross: There it is.
 ああ、ここにあったよ。

Rachel: Oh, oh, that's what you're talking about. (to Chandler) Hey.
 ああ、あなたの言ってたのはそのことね。(チャンドラーに)ハーイ。

Ross: Hey.
 ヘイ。

Chandler: Do I look fat?
 俺太って見える?

Ross and Rachel: No.
 ううん。

Chandler: Okay, I accept that. When Janice asked me and I said no, she took that to mean that I was calling her a cow.
 そうだな。わかった。ジャニスが同じことを聞いた時、ノーって答えたら、彼女はそれを、まるで彼女にデブって言ったみたいにとるんだよ。

Rachel: Okay, walk us through it, honey, walk us through it.
 ね、順序だてて詳しく話して。

Chandler: Okay, well. Janice said 'Hi, do I look fat today?' And I, I looked at her....
 うん、ジャニスが「ねぇ、私今日太って見える?」って言ったから、彼女を見て・・

Ross: Whoa, whoa, whoa. You looked at her. You never look. You just answer, it's just a reflex. "Do I look fat?" "No! Is she prettier than I am?" "No!" "Does size matter?"
 おいおいおい。見たのか。見ちゃダメだ。ただ答えるんだよ。条件反射みたいなもんだよ。「太って見える」「ノー!」。「彼女私よりかわいい?」「ノー」。「サイズは関係ある?」

Rachel: No!
 「ノー!」

Ross: And it works both ways.
 これは互いに言えることだ。

Chandler: Okay, so you both just know this stuff?
 それじゃ、君たち2人とも、そういうこと知ってるんだ?

Rachel: Well, you know, after about thirty or forty fights, you kinda catch on.
 そうね、ほら、30回とか40回もケンカしたら、わかってくるのよ。

Ross: Okay, for instance. Let's say, Janice is coming back from a trip and she gives you two options. Option number 1: she'll take a cab home from the airport. Option 2: you can meet her at baggage claim. Which do you do?
 例えば、そうだな、ジャニスが旅行から帰ってくるとする。彼女の提案は二つだ。その1、彼女がタクシーで帰ってくる。その2、おまえが荷物受取のところまで迎えに行く。

Chandler: That's easy, baggage claim.
 それは簡単だよ。荷物のところだ。

Ross: Wrong! Now, you're single. It's actually secret option number three, you meet her at the gate. That way she knows you love her.
 ブーっ! 間違いだね。これで君はシングル確定だ。実は隠されていたその3、ゲートまで迎えに行く。それで彼女に愛してると伝わるわけだ。

Chandler: Okay, this is good, this is good. All right, listen, I have one. Janice likes to cuddle, at night, which, you know I'm all for. But, uh, you know when you want to go to sleep, you want some space. So, uh, how do I tell her that without, you know, accidentally calling her fat or something.
 これはいいね。よし、じゃあ一つ聞きたいことがある。夜、ジャニスは寄り添ってるのが好きだ。それはいいんだ。でもさ、寝るときになったら、スペースが欲しいんだよ。それで、どうやってそれを伝えたらいいんだ? ほら、ポロッと彼女を太ってるとかなんとか言わないでさ。

Rachel: Oh, honey, I'm sorry. We can't help you there, 'cause we're cuddly sleepers. . . Okay, I'm late for work.
 あら、ごめんねー。それは助言できないわね。私達は寄り添って寝る人達なのよ。さぁ、仕事に遅れちゃったわ。

Ross: Oh.
 ああ。

Rachel: All right.. Are you guys gonna come down?
 じゃあ、あなたたち来る?

Ross: Uh, yeah, yeah I'll, I'm right behind you.
 ああ、うん、すぐ後で行くよ。

Rachel: Good luck, Chandler.
 頑張ってね、チャンドラー。

Chandler: Thank you, Rachel.
 ありがと、レイチェル。

Ross: Bye, sweetie.
 じゃあね、ロス。

Rachel: Bye, hon.
 バーイ。

Ross: Okay, the sleeping thing. Very tricky business, but there is something you can do.
 よし、寝る時のことだ。難しいことだけど、でもできることはある。

Chandler: Well, I thought you guys were "cuddly sleepers."
 何だよ、「寄り添って寝る人達」じゃないのかよ。

Ross: No! No, not cuddly, not me, just her. I'm like you, I need the room. Okay, come here. . . Okay, you're in bed...
 いや。違う。それは彼女だけ、僕は違うんだ。君と同じで、僕もスペースが欲しいんだ。いいか、こっち来て(カウチに座ってチャンドラーの肩と膝に手を置く)いいか、君はベッドにいて・・

Chandler: Yeah.
 うん・・(2人とも自分たちの位置に気づく)

Ross: I'm gonna use the cushion.
 クッションを使うよ。

Chandler: Yeah.
 ああ。

Ross: Okay, you're in bed. She's over on your side, cuddling. Now, you wait for her to drift off, and then you hug her. . . and roll her over to her side of the bed. And then you roll away. Hug for her! Roll for you.
 いいか、君はベッドにいる。彼女は君の場所にいる、寄り添ってね。君は彼女がウトウトするのを待つだろ、そして、彼女をハグする。(クッションをハグして見せる)そして彼女を向こう側へロール、転がすんだ。そしておまえも転がって離れる。彼女のためのハグ、おまえのためのロールだ。

Chandler: Okay, the old hug and roll.
 なるほどな、ハグ&ロールだな。

Ross: Yep.
 そう!

Chandler: Okay, one question.
 わかった。一つ質問だけど。

Ross: Shoot.
 なに?

Chandler: You're pretending the pillow's a girl, right?
 そのクッションが女の子だっていうんだよな?

《セントラルパーク:ジョーイがジャムをたっぷりつけている》

Joey: Remember when you were a kid, and your Mom would drop you off at the movies with a jar of jam and a little spoon?
 子供の頃のこと覚えてない? ママが映画館まで送ってくれるんだ。ジャムとスプーン持たされてさ。

Rachel: You're so pretty.
 あなたとってもかわいい。

Phoebe: Hi!
 ハーイ!

All: Hey, Phoebe.
 ヘイ、フィービー。

Phoebe: Hey, oh, you know that guy who's been following me? I talked to him today.
 ねぇ、私をつけてた男がいたじゃない? 今日、あの人と話したわ。

Joey: You talked to him. Are you crazy?
 そいつと話したのか? どうかしちゃってないか?(食べてるものをいっぱい飛ばす)

Phoebe: Okay, first I'm not crazy. And second, say it don't spray it. Anyway, his name is Malcolm, and he wasn't following me, I mean he was, but 'cause he thought I was Ursula, ick. And, that's why, that's why he couldn't just come up and talk to me. Because of the restraining order.
 ます第一に、どうかしちゃってないわよ。第二に、しゃべって。吐き散らさないで。とにかく、彼の名前はマルコムっていって、私を追いかけてたんじゃなかったの。私を追いかけてたけど、それは私がアースラだと思ってたからなの。ウェッ。だから来て話しかけることができなかったのよ。接近禁止命令があるからね。

Chandler: Umm, not feeling better about Malcolm.
 うーん。マルコムの印象はよくならないな・・。

Phoebe: Ooh! No, no, no, no, he's not like a kook, no. He's just like this, this very passionate, incredibly romantic guy, that got like a teensy bit carried away, you know. And we just get along really well, and he's so cute.
 あら、違うのよ、違うの。彼はいかれてるとかじゃないのよ。ただ、その・・とっても情熱的で、すごくロマンティックな人なのよ。それで、ほんのちょっぴり行き過ぎちゃうことがあるだけよ。それですごく気が合ったし、彼すごくキュートなの。

Ross: Oh, my God! You've got a crush on your sister's stalker.
 なんだって! 君は姉さんのストーカーを好きになったのか。

Phoebe: No, I'm just gonna help him, you know, get 'de-Ursula-ized', like you know, like I did for Joey after he went out with her.
 違うわよ。ただ助けるだけよ、ほら、「アースラ外し」よ。ほら、ジョーイがつきあった後にしたみたいに。

Joey: Hey, I didn't stalk her. I mean..
 おい、俺はストーカーなんかしてないぞ。

Phoebe: Okay, I asked for the news, not the weather.
 ちょっと、飛ばさないでったら!

(I asked for the news, not the weather -- ツバとか飛ばされた時の
 表現。ニュースならただの話だが、天気だと、降ってくる)


Monica: Hey, guys.
 ヘイ、みんな。

All: Hey, Mon.
 ヘイ、モン。

Monica: Joey, this is for you. (gives him a jar of jam) It's blackberry currant.
 ジョーイ、これあなたに(ジャムの瓶を渡す)ブラックベリーよ。

Joey: Aww. Ohh!
 わぁ・・(なめて)おお!!

Chandler: Hey, Joe, I gotta ask. The girl from the Xerox place, buck naked, or, or a big tub of jam.
 なぁジョー、聞きたいんだけど。コピー屋の女の子がフルヌード(左手)、それか、ジャムの大瓶(右手)。

Joey: Put your hands together.
 手を合わせろ。

Monica: Joey, take your time with that. That's my last batch.
 ジョーイ、ゆっくり味わってね。それが最後よ。

Joey: No more jam?!
 もうジャム作らないの?

Rachel: Well, what happened to your jam plan?
 あら、ジャムのプランはどうなったの?

Monica: I figured out I need to charge seventeen bucks a jar just to break even. So, I've got a new plan now. Babies.
 一瓶17ドルで売れてようやく元が取れるだけってわかったの。それで新しいプランを立てたの。赤ちゃんよ。

Chandler: Well, your gonna need much bigger jars.
 それだと、かなり大きな瓶がいるぞ。

Ross: What are you talking about?
 何を言ってるんだ?

Monica: I'm talking about me having a baby.
 赤ちゃんを持つって言ってるのよ。

Ross: What?
 なんだって?

Rachel: Are you serious?
 本気で言ってるの?

Monica: Yeah. The great thing about the jam plan was, I was taking control of my life. So I asked myself, what is the most important thing to me in the world and that's when I came up with the baby plan.
 ジャムのプランでよかったことは、自分の生活をコントロールできてたことよ。それで自分に聞いてみたの。私にとって、この世で一番大切なことはなにか? それで赤ちゃんを持つってプランができたわけ。

Ross: Well, aren't you forgetting something? What, what, what is uh, what is that guy's name? Dad!
 なにか大事なこと忘れてない? あれ、何ていうんだっけ、あの名前? 父親!

Monica: It took me 28 years to find one man that I wanna spend my life with, if I have to wait another 28 years then, I'll be 56 before I can have a baby, and that's just stupid.
 一生一緒にいたいと思う男と出会うのに28年かかったのよ。また出会うのを28年待ってたら、子供を持つ前に56歳になっちゃうわ。そんなのバカげてる。

Chandler: That, that's what's stupid?
 それがバカげてる?

Monica: I don't need an actual man, just a couple of his best swimmers. And there, there are places you can go to get that stuff.
 実際に男は必要じゃないわ。ただちょっといい泳ぎ手がいればいいのよ。そして、それをゲットする場所があるわ。

Rachel: Down at the docks again?
 また埠頭に行くの?

《チャンドラーのベッドルーム:チャンドラーとジャニス》

Janice: Night-night Bing-a-ling.
 おやすみ、ビングリング。

Chandler: Night-night.....Janice. . . 'Look at all that room on her side! You could fit a giant penguin over there. That would be weird though. Okay, hug and roll time. I'm hugging, I'm hugging, your rolling, and....yes! Freedom! . . . Except for this arm! I'm stuck. Stuck arm! Okay, time for the old table cloth trick, one fluid motion. Quick like a cat, quick like a cat! And 1...2...3!'
 おやすみ・・ジャニス。(心の声)彼女の側のあの空間を見ろ! ジャイアントペンギンだって寝られるぞ。寝てたら変だけど。よし、ハグ&ロールだ。ハグだぞ、ハグ・・そしてロール・・よし! 自由だ! この腕以外は・・腕が抜けない! よし、テーブルクロスを引き抜く要領だ。流れる動きだ。猫のように素早く、猫のように素早く! 1、2、3!(引き抜くとジャニスが転がり落ちる)

《セントラルパーク:フィービーとマルコム》

Malcolm: Here's my binoculars.
 これが双眼鏡。(フィービーに渡す)

Phoebe: Oh, great. Great. You're doing great, you know, real strong. Going strong. Keep going.
 すごいわね。あなたよくやってるわ。本当に強いわ。頑張ってる。その調子よ。

Malcolm: These are my night vision goggles. This is the book I pretend to read when I'm watching her in the park. And these are Mad Lips, they're just for fun.
 これは暗視ゴーグル。これは公園で彼女を見てるときに読んでるふりする本。そしてこれはマッドリップス。これはただ楽しんでるだけ。

madlips.jpgMad Lips 単語穴埋めパズル)

Phoebe: Oh, yeah. What's this?
 そうなのね。これはなに?(本)

Malcolm: Oh, this is log I kept, recording her every movement. Do you wanna hear something from it?
 ああ、それは彼女の行動をすべて記録した本だ。聞きたい?

Phoebe: Um, not even a little bit.
 まったくもって全然。

Malcolm: It's about you.
 君のことだよ。

Phoebe: Oh, okay, then.
 あら、じゃあ聞く。

Malcolm: I met Phoebe today. She was really nice to me even though I'm such a loser. And, then when I was walking home I thought about her a lot, it was weird, but kind of cool.
 今日フィービーに会った。僕はこんな負け犬なのに彼女は本当に優しくしてくれる。それから家に歩いて帰る間、ずっと彼女のことを考えた。変だけど、でも素敵だ。

Phoebe: Good. So what were you thinking?
 いいわね。それで何を考えてるの?

Malcolm: I was thinking what it would be like to kiss you.
 君にキスしたらどんなかなって考えてた。

Phoebe: Really?
 ほんと?

Malcolm: No.
 ううん。

Phoebe: Oh.
 あら。

Malcolm: See, that's just something I said now, so that maybe I could kiss you.
 ほら、今言ったから、今度はキスできるかなって。

Phoebe: Oh, okay.
 あら、オーケー。(キス)

《モニカ達の部屋:ジョーイがジャムをチャンドラーに差し出す》

Chandler: No, that's all right. I just had a jar of mustard.
 いや、いいよ。俺は一瓶マスタードを食べたところだ。

Monica: Okay, sperm donor number 03815, come on, down! Okay, he's 6'2", 170 pounds, and he describes himself as a male Geena Davis.
 (ベッドルームから来て)オーケー! 精子提供者No.03815、来いっての。いい? 彼は6フィート2インチ、170パウンド、そしてジーナ・デイビスの男版ですって。

geena.jpg(ジーナ・デイヴィス)

Chandler: You mean, there's more than one of us.
 俺たち以上に?

Ross: Look, you can't do this Mon. All right, if you do this, I'm, I'm gonna, I'm, I'm gonna.....
 聞けよ、それはダメだぞ、モン。いいか、もしやるっていうなら、僕は・・僕は・・

Monica: You're gonna what?
 どうするっていうの?

Ross: I'm gonna tell Mom.
 ・・かあさんに言う。

Rachel: Honey, I'm sorry, but he's right. I love you, but you're crazy.
 ねぇ、悪いけど、彼の言う通りよ。愛してるけど、そんなのおかしいわ。

Ross: Crazy.
 おかしいよ。

Monica: What?! Why? Why is this crazy? So this isn't the ideal way to do something....
 何が? どうして? どうしておかしいのよ? そりゃこれは理想的ではないけど・・

Ross: Oh, it's not the ideal way...
 ああ、理想的じゃないさ・・

Monica: Lips moving, still talking. I mean, it may not be ideal, but I'm so ready. I see the way Ben looks at you. It makes me ache, you know?
 クチビル動いてるでしょ、まだ話してるの。これは理想的ではないけど、でも、私はもうその準備ができてるのよ。あなたを見るベンを見ると、私、心が痛いのよ。

Joey: Check it out!! Jam crackers!
 見ろよ! ジャムクラッカー!

Monica: Okay, all right, how's this? 27. Italian-American guy. He's an actor, born in Queens. Wow, big family, seven sisters, and he's the only....boy. . . Oh, my God, under personal comments: 'New York Knicks, rule!'
 よし。いい? これはどう? 27歳。イタリアンーアメリカン。俳優。クイーンズ生まれ。ワオ。大家族ね。7姉妹、そして彼は一人息子。(みんなジョーイを見る)オーマイゴッド。コメント欄は「ニューヨークニックス最高!」

Joey: Yeah, the Knicks rule!
 ああ、ニックス最高!

Monica: Joey, this is you!
 ジョーイ。これあなたじゃないの!

Joey: Let me see. . . Oh, right.
 見せて。ほんとだ。

Rachel: When did you go to a sperm bank?
 いつ精子バンクなんかに行ったの?

Joey: Well, right after I did that sex study down at NYU. Hey, Remember that sweater I gave you for your birthday?
 NYUでセックス研究の協力をしたすぐ後だよ。(チャンドラーに)ほら、おまえのバースデーにプレゼントしたセーターあるだろ?

Chandler: And that's how you bought it?
 あれはそれで買ったのか?

Joey: No, that's what I was wearing when I donated. I'm kinda surprised there's any of my boys left.
 違うよ。提供した時にあれを着てたんだ。まだ俺のコ達が残ってたなんで驚くな。

Monica: Well, honey, it is pretty competitive. I mean, I've got an actual rocket scientist here.
 そりゃ、すごい競争相手がいるもの。ほら、事実、ロケットサイエンティストがいるのよ。

Joey: Maybe I should call this place and get them to put my 'Days of Our Lives' gig on here. You know, juice this puppy up a little.
 ここに電話して「愛の病院日誌」に出演ってつけ加えてもらった方がいいかもな。ほら、子犬達を元気づけるんだよ。

(juice up = 活気づける、補給する)

Phoebe: Hello!
 ハロー!

All: Hey.
 ハーイ。

Ross: How's the maniac?
 マニアはどう?

Phoebe: Oh, well he's yummy. We did a little kissing.
 ええ、彼はおいしいわ。ちょっとキスしちゃった。

Rachel: Phoebe, what are you doing?
 フィービー、何してるのよ?

Phoebe: Oh, no, no, no, no. You know what, he's not into that stuff anymore. He quit for me.
 いえいえ、違うのよ。もう彼はあんなことしてないわ。やめたのよ。私のために!

Rachel: Pheebs, this guy has been obsessed with your sister, for God knows how long, okay, you don't just give up something like that.
 フィーブス、その人って、あなたのおねえさんにいつからつきまとってたかわからないのよ。いい? そんな簡単にやめはしないわ。

Phoebe: Look, he gave me his night vision goggles and everything.
 ほら、彼はこの暗視ゴーグルとか全部渡したのよ。

Ross: You're taking the word of a guy who has night vision goggles?
 君は暗視ゴーグルを持ってるようなやつの言う事を信じるの?

Phoebe: What, he's not still following her. Do you think he is still following her?
 なに? 彼はもう彼女をつけてないわよ。・・まだ彼女をつけてるっていうの?

Chandler: Pheebs, wake up and smell the restraining order.
 フィーブス、目を覚まして。接近禁止命令だぞ。

Phoebe: What are you saying I should do?
 私にどうしろっていうの?

Monica: I think, that if you really like this guy, you should just trust him.
 私は、あなたが本当にその人を好きなら、信じるべきだと思うわ。

Phoebe: Thank you, Monica.
 ありがと、モニカ。

Joey: Or, you could follow him and see where he goes.
 または、そいつをつけて、どこへ行くか見る。

Monica: Oh, that's what I would do, forget mine.
 ああ、私ならそうする。さっきの忘れて。

《セントラルパーク:ジャニスが来る》

Rachel: Oh, my God, what happened? (points to the cast on Janice's wrist)
 あらまぁ、なにがあったの?(ジャニスの包帯を見て)

Janice: Oh. God, crazy Chandler. He spun me...off...the...bed!
 ああ、もう。おかしなチャンドラーのせいよ。彼私をベッドから転がり落としたの。

Rachel: Wow! Spinning! That sounds like fun.
 ワオ。転がったの。楽しそうね。

Janice: Oh, I wish. No, you know he was just trying Ross's Hug and Roll thing.
 ああ、そういうことならね。違うの。彼はただロスのハグ&ロールをやってみたのよ。

Rachel: Ross's what?
 ロスの何って?

Janice: You know what, where he hugs you and kinda rolls you away and... Oh... my.... God.
 ほら、彼があなたをハグしてから向こうへ転がすっていう・・オーマイゴッド。

《駅:フィービーがマルコムをつけていて見つかってしまう》

Malcolm: Phoebe?
 フィービー?

Phoebe: Yes? Yes! Oh.
 え? ええ。ああ。

Malcolm: What are you doing?
 何してるの?

Phoebe: Oh, I was just here looking for, um, my um, my part of an old sandwich. Oh, here it is! Oh.
 ええ、ちょっと探してたのよ。私の・・私の・・古いサンドイッチの残り。あら、あったわ! ほら。

Malcolm: Were you following me?
 僕をつけてたの?

Phoebe: Um, perhaps. Yes! Yes, I'm sorry, I'm sorry. I was just afraid that you were still hung up on my sister.
 そうかも。そう、そうよ。ごめんなさい、ごめんなさい。私あなたがまだ姉にひっかかってるんじゃないかと心配だったのよ。

Malcolm: So you spied on me. I can't believe you don't trust me.
 それで僕をスパイしてたのか。信じられない。信じてくれないなんて。(アースラが駅内を通過。慌てて隠れるマルコム)

Phoebe: Oh, well, what do you know, there goes my identical twin sister. Just walking along looking like me. What, is this just like a freakish coincidence, or did you know she takes this train?
 あら。知ってたんじゃないの。あそこを行くのは私そっくりの双子よ。私みたいに歩いていくわ。気味の悪い偶然だっていうの? それとも、彼女がこの電車に乗るって知ってたの?

Malcolm: I'm sorry. I'm sorry. I tried to stop, but I couldn't. I'm so pathetic.
 ごめんよ、ごめん。やめようとしたんだけど、できなかったんだ。僕って本当にミジメ。

Phoebe: No, no, it's not your fault. You know, it's partly my fault, 'cause I made you quit cold turkey. Sorry, no. Okay, well, I mean, I can't date you anymore, 'cause you're, you know. . . Wow! But um, but I will definitely, definitely help you get over my sister. Okay? Stalk me for a while, huh? Yeah, and, and, and, I'll be like an Ursula patch.
 違うわ。違うわよ。あなたのせいじゃないわ。私のせいでもあるのよ。急にやめさせたからだわ。ごめんなさい。えっと、それで、もうデートはできないわ。だって、あなたはほら・・ワオ! でも私、絶対絶対あなたが姉を乗り越えるのを手伝うわ。いい? しばらく私のストーカーしたら、ね? そして私がアースラパッチになるわよ。

(cold turkey = 準備なしに
 麻薬患者を突然禁断状態にすること。その鳥肌から)


Malcolm: Uh-huh, I don't know.
 うーん、どうかな。

Phoebe: Yeah, just, okay, look I'm going. Um, come on. Op, op, behind the pillar, which way am I gonna go?
 それがいいわ。ほら、行くわよ。ついてきて。おっと、柱の陰よ。どっちへ行くかな?

《モニカ達の部屋:ジョーイが来る》

Joey: Hey.
 やぁ。

Monica: Hey.
 ヘイ。

Joey: Where you going?
 どこ行くの?

Monica: To the bank.
 バンクよ。

Joey: Sperm or regular?
 精子の? それとも普通の?

Monica: Sperm.
 精子の。

Joey: So you're really doing it, huh?
 じゃあ本当にやるんだな。

Monica: Oh yeah, picked a guy, 37135.
 ええ、そうよ。選んだわ。37135の人よ。

Joey: Sounds nice.
 いいね。

Monica: It says so. He's got brown hair, green eyes...
 そのようよ。ブラウンの髪で、緑の目・・

Joey: No kidding, hmm.
 ウソだろ。

Monica: What?
 何が?

Joey: No, I figured you would've picked a blond guy.
 いや、俺は、君がブロンドの男を選ぶと思ってた。

Monica: Really? Why?
 ほんとに? なんで?

Joey: I don't know, I always pictured you ending up with one of those tall, smart blond guys, name like.... Hoyt.
 なんでかな。俺はいつも、君はああいう背の高くてかっこいいブロンドの男とくっつくと思ってた。名前は・・ホイト。みたいな。

Monica: Hoyt?
 ホイト?

Joey: It's a name, yeah. I saw you in this great house with a big pool.
 そういう名前、うん。プール付きのすごい家に住むんだ。

Monica: Yeah. . Is he a swimmer?
 そう? 彼は水泳ができるの?

Joey: He's got the body for it.
 彼はそういう体なんだ。

Monica: I like that. . . . What?
 それいいわね。(ジョーイが笑うので)なに?

Joey: You guys have one of those signs that says: 'We don't swim in your toilet, so don't pee in our pool.', you know.
 君らは、あのサインを立ててるんだ。「あなたのトイレで泳がない、うちのプールでオシッコはするな」ってやつ。

Monica: We do not have one of those signs.
 そんなサイン立てないわよ。

Joey: Sure you do, it was a gift from me. Oh! And you have these three great kids.
 立てるんだよ。俺からのプレゼントだからな。あ、それから、君は3人子供がいるんだ。

Monica: Two girls and a boy?
 女の子2人と男の娘1人?

Joey: Yeah!
 ああ。

Monica: And, and, and they wear those little water wings, you know. And they're, they're running around on the deck. Then Hoyt wraps this big towel around all three of them.
 それで、その子たちはあの小さなウォーターウイングをつけるのよね。そして、みんなでプールサイドを走り回って、ホイトがそんな3人を大きなタオルで包むのよ。

waterwings.jpg(ウォーターウイング)

Joey: Sure! . . . But hey, you know, this way sounds good, too.
 そうだよ!(モニカが落ち込む)だけどほら、この方法もよさそうだよ。

Monica: Yeah.
 ええ。

Joey: Oh, Monica. . . .Wow, this guy's an astronaut. That would've been cool. . . for like a day.
 ああ、モニカ。(ハグ)ワオ! こいつ宇宙飛行士じゃん! かっこいいね・・(モニカを見て)その時だけはね。

《モニカ達の部屋:ジャムをなめてるジョーイ》

Joey: I called the sperm bank today, they haven't sold a single unit of Tribbiani. Nobody wants my product. I mean, I don't get it, you know. . . Maybe if they met me in person.
 今日、精子バンクに電話してみたらさ、トリビアーニの分は一つも売れてないんだよ。誰も俺の生産したものを欲しがらないんだ。なんでかわからないよ。(顔がジャムだらけになってくる)直接会えば違うかも。

Rachel: Honey, you got a little thing on your...
 ねぇ、あなた顔にそれ少し・・

Joey: Oh! . . . Get it?
 おお!(慌てて、でも口の横だけそっと取る)取れた?

Rachel: Yeah.
 (アキラメ)ええ。

(ロスが来る)
Ross: Hello.
 ハロー!

Rachel: Hello.
 (冷たく)ハロー。

Ross: Hey. Uh, Chan, can I uh, can I talk to you for a second?
 (ジョーイに)ヘイ。(リビングルームのチャンドラーの隣に座って)チャン、ちょっと話したいんだけどいい?

Chandler: Sure. What's up?
 ああ、なに?

Ross: Just one uh, one additional relationship thought. Something probably you're already familiar with, uh, women talk!
 ただひとつ、交際について追加。きっともう知ってることだと思うけど・・・女性達は、しゃべってしまう!(頭を雑誌で叩く)



にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村


英語 ブログランキングへ

posted by らんち at 01:19| Comment(0) | Season3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月29日

3-2 The One Where No-one's Ready

3-2 誰も準備できてない話

 ☆身支度は大騒ぎ!☆

《モニカ達の部屋:冷蔵庫を物色するジョーイ》

Joey: All right, they got water, orange juice, and what looks like cider.
 よーし、水だろ、オレンジジュースだろ、それからサイダーみたいなもの。

Chandler: Taste it.
 飲んでみろ。

Joey: Yep, it's fat. I drank fat!
 油脂(アブラ)だ。アブラ飲んじゃった。

Chandler: Yeah, I know, I did that two minutes ago.
 ああ、そうだ。俺も2分前に同じことやった。

(ロスがくる)
Ross: Hey!
 やぁ!

Chandler: Hey, mister tux!
 おお、ミスター・タキシード!

Ross: Why aren't you guys dressed?
 なんで着替えてないんだ?

Joey: We have a half hour.
 まだ30分あるよ。

Ross: No, four minutes ago you had a half hour, we have to be out the door at twenty to eight.
 いや。それは4分前の話だ。8時20分前には出てないといけないんだぞ。

Joey: Relax, Ross, we'll be ready. It only takes us two minutes to get dressed.
 落ち着け、ロス。用意できるから。着替えなんて2分で済む。

Ross: Well, you know, I'd feel a whole lot better if you got dressed now.
 いい? すぐ着替えてくれたら、僕はとっても落ち着くんだけどな。

Chandler and Joey: Okay.
 わかったよ(動かない)

Rachel: Hey-hey! Oh, look at you, all sexy.
 あら、あら! 見て、あなたったらセクシーね。

Ross: Really.
 ほんと?

Rachel: Ooooh! Wow!! Oh, hi.
 ワオォ! ハァイ。

Ross: Hi.
 ハーイ。

Rachel: How come you didn't come over earlier?
 どうしてもっと早くこなかったの?

Ross: 'Cause, I'm a stupid, stupid man.
 僕はとってもバカだから。

Joey: Hey, Ross, want some cider?
 なぁ、ロス、サイダー飲む?(アブラのコップを見せて)

Ross: No. So, um, let's see you're pretty close, huh? Make-up's on, hair's done.
 いらない。(レイチェルに)それで、君は・・ほとんど準備できてるね。メイクアップは済んでる、髪のセットも済んでる。

Rachel: Yeah, I just have to get dressed.
 ええ。あとは着替えるだけよ。

Ross: Yay! And that takes what? Just six or seven minutes.
 イエーイ! それはどれくらい? 6分とか7分とかでできるんだよね。

Rachel: Yeah! Once, I figure out what I'm wearing.
 ええ。何を着るか決まればね。

Joey: Glass of fat?
 アブラいらない?

《時間経過:ロスとジョーイが座っている》

Joey: What's the matter, Ross? You're nervous about your speech?
 どうしたんだ、ロス? スピーチが不安なのか?

Ross: Nope. You wanna hear it?
 いや。聞きたい?

Joey: Am I in it?
 俺も出てくる?

Ross: Uh, huh. Yeah, right after I thank everyone for giving money to the museum, I sing a song about the wonder that is Joey.
 うん。博物館にお金を出してくれたことをみんなに感謝したすぐ後に、ジョーイでいるという奇跡について歌うよ。

(フィービーが来る)
Phoebe: Hello.
 ハーイ。

Ross: Hey!
 やぁ!

Joey: Whoa!
 おお!

Ross: Wow, hello! You look great!
 ワオ、すごいね。きれいだよ。

Phoebe: Thank you! I know, though.
 ありがとう! 知ってるけど。

Ross: You see, this, this is a person who is ready to go. Phoebe you, oh, you are my star.
 見た? これが、準備のできている人だよ。フィービー、君は僕のスターだ。

Phoebe: Ohh, well, you're my lucky penny.
 わぁ! あなたは私のラッキー・ペニーよ。

pennies.jpg(lucky penny = 穴を開けて鎖などにつける銅貨)

Chandler: All right, I took the quiz, and it turns out, I do put career before men. . . Get up.
 (コスモを持ってバスルームから来る)これのクイズやってみたら、俺は男よりキャリア優先らしい。(ジョーイに)立て。

Joey: What?
 なに?

Chandler: You're in my seat.
 それ俺の席だ。

Joey: How is this your seat?
 なんでこれがおまえの席だよ。

Chandler: 'Cause I was sitting there.
 俺がそこに座ってた。

Joey: But then you left.
 でも行ったじゃん。

Chandler: Well, it's not like I went to Spain. I went to the bathroom, you knew I was coming back.
 行ったって、スペインへ行ったわけじゃない。バスルームへ行っただけだ。戻ってくるってわかってただろ。

Joey: What's the big deal, sit somewhere else.
 それがどうしたんだよ。ほかのとこに座れよ。

Chandler: The big deal is I was sitting there last, so, that's my seat.
 それがどうって、俺が前に座ってたってことだよ。だから俺の席だ。

Joey: Well, actually the last place you were sitting was in there. So...
 いや、おまえが前に座ってたとこって、あそこだよ(バスルームを指差す)。だから・・

Ross: You guys, you know what, you know what, it doesn't matter, because you both have to go get dressed before the big vain in my head pops. So..
 なぁ、2人とも、いいか? そんなこと関係ないよ。もう2人とも行って着替えてこないといけないんだから。僕の頭のこの血管が切れる前にね。だから。

Chandler: All right, Ross, I just have to do one thing, really quickly, it's not a big deal. GET UP!!
 わかったよ、ロス。ただ一つだけやらなきゃいけないことがあるんだ。すぐ済む。大したことじゃない。(ジョーイに)立て!!

(モニカが帰ってくる)
Monica: Hi.
 ハーイ。

All: Hey.
 ヘイ!

Monica: Ooh, Phoebe, you look great!
 わぁ、フィービー、すごくきれいよ。

Phoebe: All right, already.
 はいはい、わかってるって。

Monica: Ooh, are you gonna do magic?
 (ロスに)ワオ。マジックやるの?

Ross: That's, that's funny. Change!
 おもしろいね。着替えて!

Monica: Hang on a second. I just got in.
 ちょっと待って。帰ってきたばかりよ。

Ross: Look, I don't care it starts at eight, we can't be late.
 8時に始まるってことだけど、遅れるわけにいかないんだから。

Phoebe: "He could not, would not, want to wait."
 彼は待てない、待たない、待ちたくない!

Ross: Look, our table is down in front, okay? My boss is gonna be there, everyone will see if we arrive after it starts.
 いいかい、僕らのテーブルは正面なんだ。僕の上司もそこにいるし、遅れて行ったら目立つんだよ。

Monica: Has somebody been drinking my fat?
 誰か私のアブラ飲んだ?

Rachel: You guys, does this look like something the girlfriend of a paleontologist would wear?
 (服を持って現れ)ねぇ、みんな、これって古生物学者のガールフレンドが着そうな感じ?

Phoebe: I don't know, you might be the first one.
 どうかしら。史上一人目かもよ。

Monica: Rach, did you check the machine?
 レイチ、留守電チェックした?

Rachel: Uh, no. Wait, you know what, this is the outfit that makes my calves look fat. Never mind.
 してない。待って。この服って足が太く見えるんだった。気にしないで。

Chandler: Well, Joey, I wrote a little song today. It's called: Get Up.
 おい、ジョーイ。今日歌を作ったんだ。タイトルは「立て!」

Joey: All right! You can have the chair.
 わかったよ。椅子はおまえのもんだ。

Chandler: Really!
 そうかい。

Joey: Oh my, would you look at that!
 おっと! この指見た?(crossed fingers 交差させた指を見せる)

(crossed fingers = 通常は幸運を祈るジェスチャー。
 この場合は、ウソをつきながら、クロスさせた指を
 背後に隠して、ウソを許してくださいと祈るというもの)


(留守電チェックをしている)
Phoebe: "Hi, it's me, I'm coming over now. Hey, what if I'm already there when you're playing this message?" . . . Is that too spooky?
 (留守電)「ハーイ、私よ。これから行くわ。もしこれを聞いてる時にもう私がいたりしてね」(本人)ちょっと怖いわよね。

Ross: "Hi, Rach, are you there? It's me, pick up. Rachel. Rach!"
 (留守電)「ハーイ、レイチ、そこにいる? 電話取って、レイチェル。レイチ!」

Rachel: What?!
 (部屋から出てきて)なに?

Ross: Never mind.
 気にしないで。

Richard: "Monica, it's Richard. Call me."
 (留守電)「モニカ、リチャードだ。電話くれ」

Monica: Is-is-is that message old or new? Old or new?! Old or new?!
 このメッセージ古いの、新しいの? 古いの、新しいの? 古いの、新しいの?

Ross: It's old, it's definitely old. Didn't you hear the, the double beep?
 古いよ。絶対古い。信号音2回鳴ったの聞いただろ。

Monica: What if it's new? I mean, we agreed not to talk again, unless we had something really important to say. Shouldn't I call him back?
 もし新しいのだったら? とても重要なことがない限り、もう話さないって決めたのよ。私からかけるべきじゃない?

Chandler: Honey, you did call him back. 'Cause, it's, it's really old.
 いや、もう折り返しかけたんだよ。だってそれ本当に古いんだから。

Ross: Yeah, see, Mon, listen, listen. When Carol and I broke up, I went through the same thing. And you know what I did?
 そうだよ。いいかい、聞いて。キャロルと別れた時、僕も同じだったよ。そんな時どうしたか、わかる?

Monica: Huh?
 なに?

Ross: I.....got.....dressed. Really, really quickly. Okay, okay. There we go, there we go.
 僕は・・着替えた。本当に本当に素早くね。いいね、いいね。はい、行って行って。

Chandler: You know what, okay, fine. Don't get up, you just sit right there. I just hope, you don't mind, you know, my hand right here. . . Op, not touching, can't get mad! Not touching can't get mad! Not touching can't get mad!
 わかった。もういい。立たなくていい。そこに座ってろ。ただ気にしないといいんだけどな。俺の手はここにあるからな。(ジョーイの目の前に手を出す)おっと! 触ってないぞ。怒れないぞ。触ってないぞ。怒れないだろ。触ってないぞ。怒れないだろ。(ジョーイが手を振ると、ディップがフィービーのドレスに飛ぶ)

Phoebe: Ah! Oh my God! You rotten boys!
 きゃあ! なんてこと! この腐った子たち!

Chandler and Joey: Sorry, Phoebe. I'm so sorry.
 ごめん、フィービー。ごめんよ。

Phoebe: What am I gonna do?
 どうしたらいいのよ?

Ross: No, no, don't, don't, rub it! Don't! (clapping) What gets out hummus?! What gets out hummus?!
 ダメダメ! こすっちゃダメだよ。ハムスは何で取れる? ハムスは何で取れる?

Phoebe: Monica, Monica, you know what gets out hummus.
 モニカ、モニカ! ハムスが何で落ちるかわかる?

Monica: If it is a new message, what is he calling to say?
 もし新しいメッセージだとしたら、彼、何の用かしら?

Phoebe: Okay, thanks. Yeah, I'll try that.
 わかった、ありがと。それ試してみる。

Chandler: Maybe he's calling to say you're obsessive and crazy.
 もしかしたら、君は取り付かれてておかしいって言いたいのかも。

Monica: So, should I call him back?
 それで、私折り返すべき?

The Guys: No! . . . No!
 ノー! (モニカが自分の部屋にいきかけて立ち止まる)ノー!

Chandler: All right, fine, you know what, we'll both sit in the chair. . . I'm so comfortable.
 よし。わかった。2人ともこの椅子に座ればいいんだ。(ジョーイの膝に座る)すごく快適だ。

Joey: Me too. In fact, I think I might be a little too comfortable.
 俺もだ。実際、もしかして、快適すぎるかもなー。

Chandler: All right!
 もういい! (立ち上がる)

Ross: Okay, look, we have nineteen minutes. Okay, Chandler, I want you to go and change! Okay. And then, when you come back, Joey will go change, and he'll have vacated the chair. Okay? Okay.
 いいかい、あと19分だ。いいか、チャンドラー、もう行って着替えてきてくれ! それで帰ってきたら、ジョーイが着替えに行く。そうすれば椅子は空くだろ。いいかい? いいね?

Chandler: All right! Fine! I'm going. But when I get back, it's Chair City. And I'm the guy who's... sitting in a chair!
 わかったよ! 行くよ! でも戻ってきたら、ここは椅子の町だ。そして俺は・・椅子に座る男だ!

Rachel: Is this a little too... Pheebs, what happened?
 (別の服を持ってきて)これは少し・・(フィービーを見て)フィーブス、どうしたの?

Phoebe: Hummus. I got the hummus.
 ハムス! ハムスがついちゃった!

Rachel: Ooooh! Honey, well, we'll find you something. Do you wanna wear my black jacket?
 まぁぁ! じゃ何か探しましょ。私の黒いジャケット着る?

Phoebe: That won't go with this dress though.
 でもこのドレスには合わないわ。

Rachel: No, you're right. Well, we'll find something. Let's just get you out of that. Come on.
 ああ、そうね。何かあるわよ。とにかくそれを脱ぎましょう。来て・・

Ross: No, no, no, no, no, no, not out of that, not out of clothes.
 ダメダメダメダメ! 脱ぐのはダメ、脱いではダメだよ。

Rachel: Monica, can Phoebe borrow your green dress?
 モニカ、あなたのグリーンのドレス借りられないかしら?

Monica: I called him.
 彼に電話したわ。

All: No.
 ノー!

Monica: Yes. Well, I got his machine and I left a message. But it's okay, it's okay, it's okay, because you know, it was like a casual, breezy message. It was breezy! Oh God, what if it wasn't breezy?
 そうよ。留守電だったから、メッセージ残したわ。でも大丈夫よ。大丈夫。だってさり気ない軽いメッセージだもん。軽いのよ! ああ、どうしよう。もし軽くなかったら?

Phoebe: Well, how could it not be breezy, no, 'cause, you're, you're in such a breezy place.
 軽くないわけがないわよ。ね、だってあなたはとっても軽い気分なんだもんね。

Monica: Here, I got it. I'll will play my message for you guys, and you can tell me if it's breezy enough.
 わかったわ。みんなにメッセージ聞かせるから、もし軽くなかったら教えて。

Joey: Monica, how are you gonna do that?
 モニカ、聞かせるってどうやって?

Monica: I know the code to his answering machine.
 彼の留守電の暗唱コード知ってるから。

Ross: Okay, Mon, I really don't think this is the... Okay, you're dialing, you are dialing.
 モン、そんなことしちゃ本当に・・・ああダイヤルしてる。ダイヤルしちゃってる。

(チャンドラーが着替えて来て、慌てて先に椅子に座るジョーイ)

Richard: "Hi, this is Richard. Please, leave a message at the tone."
 (留守電)「ハーイ、こちらリチャード。信号音の後にメッセージをどうぞ」

Machine: "You have two new messages."
 (留守電の音)「メッセージが2件あります」

Joey: Wow, what a cool job. 'You have two new messages.' 'Please, pass the pie.'
 ワオ。かっこいいな。(声をマネて)『メッセージが2件あります』『パイを取ってください』

Monica: "Hi, it's Monica. I'm just checking in 'cause I got this message from you and I didn't know if it was old or new or what. So, I'm just checking. So let me know, or don't, whatever. I'm breezy."
 (留守電)「ハーイ、モニカよ。留守電にあなたのメッセージがあって古いか新しいかわからなかったから、ちょっと確認したくて。それだけよ。よかったら知らせて。どっちでもいいわ。軽い気持ちよ」

Joey: Hey, you can't say you're breezy, that, that totally negates the breezy.
 おい、軽いって自分で言っちゃダメだろ。それじゃ軽いを完全に否定してるよ。

Woman's Voice: Hola, it's me, yesterday was really fun. Call me about this weekend, okay?
 (留守電)「ハーイ! 私よ。昨日は本当に楽しかった。週末の件で電話ちょうだいね」

Joey: Now, she sounded breezy.
 ほら、これが軽い感じだよ。

《モニカ達の部屋:続き》

Monica: He's seeing someone. I can't believe he's seeing someone.
 彼、誰かとつきあってるんだわ。信じられない。誰かとつきあってる。

Phoebe: Monica, you don't know that.
 モニカ、それはわからないだろ。

Monica: Well, who's voice was that?
 じゃああれは誰の声?

Chandler: Maybe it was his sister's. You know, maybe it was his daughter's.
 もしかしたら姉妹とか、もしかしたら娘とか。

Monica: Michelle! Of course, it was Michelle! Did it sound like Michelle?
 ミシェル! そうよ。もちろんミシェルよ! ミシェルの声じゃなかった?

Ross: Oh, great. It's starting to rain, that will make it easy to get a cab.
 ああ、最高。雨が降ってきたよ。これでタクシーがつかまえやすくなったよ。

Monica: It was Michelle. It was definitely Michelle.
 あれはミシェルよ。絶対ミシェルだわ。

Rachel: Pheebs, you go with Monica and try on her green dress. If that doesn't work, you can wear my gray silk one. Oh, gosh, what am I wearing?!
 フィーブス、モニカと行ってグリーンのドレス試してみて。それがダメだったら、私のグレーのシルクのを着ればいいわ。ああ、私は何を着たらいいの?

Ross: You don't, you don't know what you're wearing?
 君、君はまだ何を着るか決まってないの?

Rachel: Well, honey. I'm just trying to look nice for your big night.
 だってあなた、あなたの大切な夜なんだもの、素敵にしていきたいじゃない。

Ross: Yeah, which, which we have to leave for in exactly twelve minutes. All right, come on, I'll just pick something out for you.
 そうだね、その夜のために、ちょうどあと12分で出かけないといけないんだけどね。よし、行こう、何を着るか選んであげるよ。

Chandler: All right, you will notice that I am fully dressed. I, in turn, have noticed that you are not. So in the words of A. A. Milne, "Get out of my chair, dill-hole!"
 いいか、おまえにもわかるだろう、俺は着替えをすませた。その俺から見て、おまえはまだだな。A. A. ミルンも言うとおり、『椅子を開けろ! このバカ!』

(A. A. ミルンはくまのプーさん等の作者、
 dill-hole = butthole などと同意語)


Joey: Okay.
 わかったよ。(クッションを持って立ち上がる)

Chandler: What are you doing?
 何やってんだ。

Joey: You said I had to give you the chair, you didn't say anything about the cushions.
 椅子を空けろって言っただろ。クッションのことは言ってなかったよな。

Chandler: The cushions are the essence of the chair!
 クッションは椅子の基本的要素じゃないか!

Joey: That's right! I'm taking the essence.
 そうだよ! その基本的要素を持っていくんだ!

Chandler: Oh-ho, it'll be back. Oh-ho, there's nobody in the room.
 ホホー! でも戻ってくるさ。ホホー! 誰も聞いてなかった。

(ロスとレイチェルがベッドルームから出てくる)
Ross: Look, I'm sorry, I thought it looked pretty.
 ごめんよ。でも、かわいいと思ったんだよ。

Rachel: Ross, that was a Halloween costume, unless you would like me to go to this thing as Little Bo Peep.
 ロス、あれはハロウィーンのコスチュームよ。リトル・ボー・ピープで行ってほしいとでもいうの?

little-bo-peep.jpg(こんな感じ?)

Ross: Look, I didn't recognize it without that inflatable sheep.
 だけどあの空気で膨らませた羊がなかったから気づかなかったよ。

Rachel: Yeah, which, by the way Chandler, I would like back one of these days.
 ええ、そういえばチャンドラー、そのうちあの羊、返してね。

Phoebe: Oh Rach, good, listen, isn't this perfect for me!
 ねぇ、レイチ、見て。これ私にピッタリよね!

Rachel: Oh, it's perfect! But not for tonight.
 ほんと、完璧ね! でも今夜はダメだけどね。

Phoebe: Well, of course not for tonight. Yeah, hi!
 ええ、もちろん今夜はこれじゃダメね。ハーイ。

Ross: Not for tonight. Not for tonight! Wh-what, what, what, are you doing?
 今夜はダメ、今夜はダメって、 じゃあ何してるの?

Rachel: No, honey, we're sorry, we didn't mean it. I love you. I love you.
 ああ、ごめんね。ふざけちゃって。愛してる、愛してるわ。

Chandler: We used them as pillows when we went camping.
 キャンプに行ったときに枕にしたんだよ。

Ross: What?
 何が?

Chandler: The sheep.
 羊・・。

Ross: Hey, what you do on your own time...
 おい。おまえが自分の時間に何をしようと・・(好きにしてとジェスチャー)

(ジョーイが戻ってくる)
Joey: Where's my underwear?!
 俺の下着はどこだ?

Ross: Whoa, whoa, whoa. Come on, come on, what. You took his underwear?
 おいおいおい! なに? なんだ、おまえ、やつの下着取ったの?

Chandler: He took my essence!
 やつは俺の基本的要素を取ったんだ!

Ross: Okay, now, hold on. Joey, why, why can't you just wear the underwear you're wearing now?
 ちょっと待て、ジョーイ。今の下着をそのままつけていけないのか?

Joey: Because, I'm not wearing any underwear now.
 今なにも下着はいてない。

Ross: Okay, then why do you have to wear underwear tonight?
 それじゃなんで今夜は下着をつけていかないとけないんだ?

Joey: It's a rented tux. Okay. I'm not gonna go commando in another man's fatigues.
 タキシードはレンタルなんだぞ。他人の服を下着なしで着れるか。

Chandler: Well, then it looks like somebody is gonna have to give somebody back his cushions.
 そうか、じゃあ誰かさんはクッションを返すしかなさそうだな。

Joey: Okay, you hide my clothes. I'm gonna do the exact opposite to you.
 いいさ。おまえは俺の服を隠した。俺はその逆のことをおまえにやってやる。

Chandler: What are you, what are you gonna show me my clothes?
 何をするっていうんだ。俺の服を見せてくれるっていうのか?

Joey: Hey, opposite, is opposite!
 反対は反対だ!

Chandler: He's got nothing!
 何も考えてないくせに!

Phoebe: Okay, I'm ready.
 いいわ。準備できた。(デカいリボンで汚れを隠して)

Ross and Chandler: Oh, aaaah!
 あぁあああ。

Phoebe: Rachel didn't have anything that I liked, so, but she had this Christmas ribbon, and I thought, 'All right, fine, I'll be political.'
 レイチェルのもので好きなのがなかったの。でもクリスマスのリボンがあったから、「いいや、政略的に行こう」って決めたの。

Chandler: What are you supporting?
 政略で何を支持するの?

Phoebe: Duh!! Christmas!
 決まってるでしょ。クリスマスよ。

Ross: Okay, hey, that's okay with me. Two down and I have exactly twelve minutes.... Wha, my watch stopped. My watch. . . Okay, see, the, the dinosaur tail isn't going around any more. . . What time is it? It's 7:33, I have seven minutes. I have seven minutes!!
 いいよ、それでいいよ。2人しか準備できてなくて、残りは12分。・・え・・時計が止まってる。時計が。(チャンドラーに見せて)ほら見て。恐竜のシッポが時計を回ってない。(チャンドラーの時計を見て)今何時? 7時33分。7分しかない。7分しかない!

Rachel: Okay, Pheebs, quick, what shoes should I wear? The black or the purple?
 ねぇフィーブス、すぐ答えて。どっちの靴をはけばいいかしら、黒か紫?

Ross: Just, just, just pick one!
 いいからもうどっちかにして!

Phoebe: Okay, okay, okay, the black. But, oh, do you have black, with the little strappys?
 わかったわかった、黒よ。あ、でもあなたの黒って、ストラップがついてなかったっけ?

Rachel: Yeah, but those really go better with pants. Maybe I should wear pants.
 ええ。あれはパンツに合うのよね。パンツで行くべきかな。

Ross: Yeah, pants, what, what an idea. Or better yet, um, how about you go without any pants. Look, I don't know what you're trying to do to me, but just get your butt in there and pick out any shoes that fit your feet, okay. No, no I don't care if they match. I don't care if they make your ankles or your knees or your earlobes look fat. Okay.
 ああ、パンツね、いいね。それか、パンツなんかなしでどう? いい? 僕のために何をしてくれようとしてるのかしらないけど、とにかくさっさと行って、何でもいいから履ける靴を履いてきて。合ってるかどうかなんて構うもんか。それで君の足首だろうが膝だろうが耳たぶだろうが、太って見えてもどうでもいいよ。

Rachel: But I just...
 だけど私・・

Ross: No, no, no just do it. Go in there, pick something out, so we can go.
 いやいや、とにかくさっさとしてくれ。行って、何か選んできてくれたらもう行けるんだ。

Rachel: All right.
 わかったわよ。

Ross: Thank you!
 ありがと!

Monica: Okay. I gotta call Michelle. I gotta see if that was her voice or not. I'm sorry, I just have to.
 ミシェルに電話するわ。あれが彼女の声かどうか確かめないと。悪いけど、そうするしかない。

Ross: It was, it was her voice.
 彼女の声だったよ。

Chandler: Monica, I think you've gone over to the bad place.
 モニカ、おまえどっか行っちゃってるぞ。

Michelle: Hola! Hello. Hello?
 (電話の声)ハーイ。もしもし。もしもし?

Monica: Okay. That was her, right?
 (電話を切って)よし。彼女だったわね?

Phoebe: Definitely.
 間違いないわ。

Monica: See, there you go. Woo! We're out of the woods. Okay, I'll get dressed now.
 ほらね、よかった! これで解決ね。さぁ、ドレス着るわ。

Ross: Yay!
 イエーイ。

(電話が鳴る)
Phoebe: I'll get it, okay. (answers phone) Hi, Monica and Rachel's. . . Yeah, just a second, can I ask who's calling. . . Oh, ew, it's Michelle! Ew! She, she must have that Caller I.D. thing. You should get that.
 私が出るわ。(電話で)ハーイ、モニカとレイチェルです。・・ええ。ちょっと待ってくださいね。どなたかお聞きしても?・・(モニカに)あぅ! ミシェルよ! 番号表示機能ありなのよ。あなたもそうした方がいいわね。

Monica: Uh, Michelle? Yeah, that was me, I dialed your number by mistake. . . Oh, you're so sweet. Yeah, we were a great couple. I know, I really miss him. Well, you know how it is, it's that....
 (電話に出て)ミシェル? ええ、私だったの。間違ってかけちゃったのよ。・・・まぁ、優しいのね。ええ、私達いいカップルだったわ。ええ、寂しいと思ってる。わかるでしょう、こういうこと・・・

Chandler: You know what's weird. Donald Duck never wore pants. But whenever he's getting out of the shower, he always put a towel around his waist. I mean, what is that about?
 おかしなこと知ってる? ドナルド・ダックはいつもパンツ履かないよな。でも、あいつがシャワーから出てきた時、いつもタオルを腰に巻いてるんだよな。あれは何だっつの。

Monica: Michelle, I only beeped in so I could hear my message. I mean, that's allowed. Yeah-huh! I mean, look, yeah, you know what I would really appreciate it if you didn't tell your Dad about. . What do you mean, you're not comfortable with this? Come on, we're friends!! . . . That bitch always hated me. I'm calling her back.
 ミシェル! 私自分のメッセージを聞いただけよ。それは許されるわ。はぁ?! ねぇ、聞いて。おとうさんにこのこと話さないでくれたら本当にありがたいんだけど・・なにそれ、気分よくないって? なに、私たち友達じゃない! (電話切られる)あのクソ女いつも私を嫌ってたのよね。かけ直すわ。

Ross: No, no, no, no. Tick, tick, tick, tick.
 ダメダメダメ。チクタクチクタク。

Monica: Okay, fine.
 いいわ。わかった。(自分の部屋へ)

Chandler: She's got a phone in there, right?
 あそこに電話あるんだよな?

Phoebe: Okay, we're on it. We're on it.
 わかった。私達に任せて、任せて。(チャンドラーと2人でモニカを追いかける)

(レイチェルが部屋着で現れる)
Ross: Um. I know it says black tie optional, but, um this may be pushing it a little, um.
 あー。盛装でないといけないというわけじゃないけど、でも、それはちょっとどうかな。。

Rachel: I'm not gonna go.
 私行かない。

Ross: You're not going to go.
 君は行かない。

Rachel: No, I think I'm gonna catch up on my correspondence.
 うん。私、お手紙の返事書こうと思うの。

Ross: How, how, um how can you not be going?
 どうして、どうして・・行かないってことになるの?

Rachel: I'm not gonna go, so I think that will accomplish the not going.
 私が、行かないの。そうすると、行かない私のできあがりよ。

Ross: Um, you know, just out of curiosity...
 あー・・ねぇ、ちょっと知りたいんだけど・・

Rachel: Well, ever since I was humiliated and yelled at in front of my friends, I'm just, I don't know, not in a very museum benefit-y kind of mood.
 そうね、友達の前で恥をかかされて怒鳴られたじゃない、だから、何ていうのかしら、博物館のためーみたいな気分じゃないのよね。

Ross: Right. Right, okay, okay. God, I'm sorry. I'm sorry I yelled.
 そうだね。そう。わかった。ああ・・ごめん。ごめんよ、怒鳴ったりして。

Rachel: It's fine.
 いいの。

Ross: No, but you're mad.
 いや、でも君は怒ってるよね。

Rachel: I'm not mad.
 怒ってない。

Ross: No.
 いや。。

Rachel: I'm just not going.
 私はただ行かないだけ。

Ross: You're not going.
 君は行かない。

Rachel: Right.
 そう。

Ross: Okay. You know that I have to go.
 そうか。僕が行かなきゃならないのはわかってるよね。

Rachel: Um, hum.
 そうね。

Ross: Right. So is it gonna be like 'I'm abandoning you while you're upset.'
 そう。それじゃ、「君が怒ってるのに、それを放っておいて行ってしまう」ってことにならないんだ。

Rachel: No.
 ならない。

Ross: No, because you're not upset.
 ならない。だって君は怒ってないから。

Rachel: Right.
 そう。

Ross: About the yelling.
 怒鳴ったことに対して。

Rachel: Right, and the humiliating.
 そう、それと恥をかかせたことに。

Ross: Oh, well, of course, the humiliating. So, so we, we're okay.
 そう、もちろん、恥をかかせたことに。だから・・だから、僕らはオーケーと。

Rachel: Um, hum.
 そうね。

Ross: We're good.
 僕らは大丈夫。

Rachel: Right.
 そう。

Ross: Okay. Honey?
 そうか。ねぇ?

Rachel: Yes, Ross.
 なに、ロス?

Ross: I love you.
 愛してるよ。(キスしようとするが避けられる)

Phoebe: Get away from that! No! . . . She's just getting dressed.
 それから離れなさい!(モニカのベッドルームから出てくる)彼女着替えてるから。

Chandler: Is it wrong that I was totally aroused by that?
 あれで感じちゃったんだけどいけない?

(ジョーイが服を何重にも重ねて着て来る)
Joey: Okay, buddy-boy. Here it is. You hide my clothes, I'm wearing everything you own.
 よぉし。これがそうだ。おまえが俺の服を隠したから、俺はおまえの持ってるもの全部着てやった。

Chandler: Oh my God! That is so not the opposite of taking somebody's underwear!!
 なんてこった! それは全然隠したのと反対じゃない!

Joey: Look at me! I'm Chandler! Could I be wearing any more clothes? Maybe if I wasn't going commando...
 俺を見ろ! チャンドラー! これ以上服着れるかっつぅの! もしノーパンでなかったらな・・

Chandler: Oooo-ooh!
 あああ!

Joey: Yeah. Whew, it's hot with all of this stuff on. I better not do any, I don't know, lunges.
 ヒュー! こんなに着てると暑いな。やらない方がいいかな、ランジなんてな。

pic2-lunge.jpg(ランジ)

Ross: Okay, okay. Enough, enough with the lunging. No! I'm sick of this. Okay. I've had it up to here with you two! Neither you can come to the party!
 もういい、もういい。もうランジはたくさんだ。もういい! うんざりだよ。いいか、君らにはもううんざりだよ! 2人ともパーティに来なくていい!

Chandler: Jeez, what a baby.
 なんだよ。子供みたい。

Joey: Yeah, Ross, way to ruin it. I was just going to get dressed.
 そうだよ、ロス。めちゃめちゃにするなよ。着替えるとこなのに。

Ross: You know what I don't care. The only person I cared about getting dressed, is the one person that says she's not even gonna go. Look Rach, I'm sorry, okay? Look, I-I wa, I was a jerk, okay? I'm sorry I yelled. I want you there, I need you there. Look, what, what can I do that can show you how much, how much I want you to be there.
 もうどうでもいいよ。僕が本当に着替えてほしい人は一人なのに、その人が行かないって言うんだ。聞いて、レイチ、ごめんよ。ねぇ、僕が悪かった。怒鳴ってごめんよ。君に来てほしいんだ。君にいてもらわないとダメなんだ。ね、何をしたら、どんなに来てほしいか、わかってくれる?

Joey: You could drink the fat.
 アブラ飲むとか。

Ross: Hi, welcome to an adult conversation.
 大人の会話にようこそ。

Rachel: No, no, no, now wait, wa, wa, waa-it a minute, wait a minute, wait a minute, wait a minute. That actually, uh, that sounds interesting.
 いえいえいえ、ちょっと待ってちょっと待って。それ、いいんじゃないの。

Ross: What?
 え?

Rachel: I think you should drink the fat.
 アブラ飲むべきだと思うわ。

Joey: Yay!
 イエーイ!

Ross: Okay, okay. If that is what it takes to show you how much you mean to me, and how much I want you there. Then that's what I'll do.
 わかったわかった。もしそれで、どんなに君が大事か、どんなに来てほしいか君がわかってくれるっていうんだったら、それなら、飲むよ。

Phoebe: Oh, wait, let me get you another glass. That's been sitting out.
 やだ、待って、他のグラスを取るわよ。それずっと置きっぱなしだったでしょ。

Ross: I think this will be fine. Okay, vanilla milkshake, just a vanilla milkshake, with chicken bits floating in it. Cheers.
 これで大丈夫。よし。バニラ・ミルクシェイク。ただのバニラ・ミルクシェイク。ちょっとチキンが浮いてるけど。・・乾杯。

Rachel: No, no, no, wait! Okay, okay. Don't! I'll go, I'll go!
 (止める)ダメダメ、待って! いいわ、やめて。行くわ、行くわよ。

Ross: You will?!
 行く?

Rachel: You were really gonna do that, weren't you?
 本当に飲もうとしてたのね?

Ross: Well, yeah.
 ああ。

Rachel: You were gonna drink the fat.
 アブラを飲もうとしたのね。

Joey: Let's see what else he'll do!
 他に何するか見てみようよ!

Ross: How about instead you, go get changed! . . You, give him back his underwear! I'm gonna go get a cab, and I want everyone down stairs in two minutes! Monica!
 その代わりにおまえが着替えたらどうだ! (チャンドラーに)おまえ、彼に下着を返せ! 僕はタクシーをつかまえてくる。2分でみんな下に来てくれ! モニカ!

(ジョーイがランジをしながら部屋へ向かう)
Chandler: Stop it. Stop it!
 やめろ! やめろ!

(モニカが自室から出てきて電話をかける)
Phoebe: Ross went to get a cab so we can all... No, wh-what are you doing! No, Monica, no!
 ロスはタクシーをつかまえに行ったから私達・・ダメよ。何してるの。ダメ! モニカ! ダメよ!

Richard: Hi, this is Richard.
 (留守電応答)ハーイ、リチャードです。

Machine: You have three new messages.
 (留守電の音)メッセージが3件あります。

Monica: Not any more!
 もうないわよ!

Machine: Message erased. To record your message begin speaking at the tone.
 (留守電の音)メッセージ消去しました。あなたのメッセージを録音するには、信号音の後にお話ください。

Monica: Hi, uh, Richard it's Monica, um, listen I did something kind of crazy tonight, um, maybe I'm getting my period or something, I don't know. Um, anyway, I, I, I beeped into your machine and I heard a message that, that freaked me out, and um, you know what, Michelle will tell you the rest. I, I, um, I'm sorry, okay, I, I hope that we can forget the whole thing. Okay, bye.
 ハーイ、リチャード、モニカよ。聞いて、今夜ちょっとおかしなことしちゃったの。もしかしたらもうすぐ生理かも、わかんないけど。えっと、とにかく、そこに電話してメッセージを聞いてパニックになっちゃってね、それで、まぁ、あとはミシェルから聞けると思うわ。その・・ごめんなさい。このことみんな忘れてくれるとありがたいわ。それじゃ、バイ。(切る)

Machine: Your outgoing message has now been changed.
 (留守電の音)応答メッセージが変更されました。

Monica: Outgoing! Did that say outgoing?! Not, outgoing!!!
 (フィービーに)応答メッセージ? 応答メッセージって言った? 応答メッセージじゃダメよ!(またダイヤルする)

Monica: "Hi, uh, Richard it's Monica, um, listen I did something kind of crazy tonight, um, maybe I'm getting my period or something, I don't know." Nooo!!
 (留守電応答)「ハーイ、リチャード、モニカよ。聞いて、今夜ちょっとおかしなことしちゃったの。おしかしたらもうすぐ生理かもわかんないけど・・」(モニカ本人)ノー!

Phoebe: How did you do that?
 どうやったのよ?

Monica: I don't know!
 わかんないわよ!

Machine: Good-bye.
 (留守電の音)グッドバイ。

Monica: Noooo!!!!
 ノー!!!!!

(ロスが戻ってくる)
Ross: Okay, okay, okay, I've got two cabs and no people. Go! Go! Go!
 オーケー、オーケー、タクシー2台つかまえたけど人がいないよ。行って行って行って!

Monica: Maybe we could call the phone company. Maybe they could change the message. Maybe they can change his number.
 電話会社に電話かけたらどうかしら。電話会社で応答メッセージ変えてくれるかも。もしかしたら彼の電話番号変えてくれるかも。

Phoebe: Yeah, after this, I think he'll be doing that himself.
 ええ、こんなことの後だったら、彼が自分でそうすると思うわ。

Ross: Rachel!! . . . Wow! You, uh, you look, wow!
 レイチェル! (来る)・・ワオ・・・君・・君は・・・ワオ!!

Rachel: And I still have about five seconds to spare. . . Okay, that was about seven seconds.
 まだ5秒あるわよ。(キス)いまので7秒たったかしら。

Ross: So we're a little late.
 それじゃちょっと遅れようか。

Rachel: Come on. . . Oh! And, uh, by the way....
 行くわよ。あ、そうそう。ところで・・

Ross: What?
 なに?

Rachel: I'm going commando, too.
 私もノーパンよ。

Ross: Awwww!!!
 ああああ・・。

《パーティ会場》
Sherman Whitfield: Dr. Geller, Sherman Whitfield, London Institute.
 ドクター・ゲラー、ロンドン研究会のシャーマン・ホィットフィールドです。

Ross: Wow! What a pleasure.
 ワオ。お会いできてうれしいです。

Whitfield: Well, I have to tell you, I was quite impressed with your paper on Pre-Cretaceous fossils. Yeah, it confirmed everything that I have written.
 いやぁ、君の白亜紀以前の化石に関する論文には感心したよ。私の書いたことをすべて認めているね。

Chandler: Excuse me. Hi.
 (Whitfieldさんに)ちょっと失礼。どうも。

Whitfield: Yes?
 はい?

Chandler: Well, you're kind of sitting in my seat.
 あなた、僕の席に座ってらっしゃる。

Whitfield: What do you mean, your seat?
 そういう意味だ、君の席とは?

Chandler: I mean, I was sitting there.
 僕が座ってたんです。

Whitfield: But, you got up!
 でも離れただろう?

Chandler: But, I never left the room!
 でも部屋を出たわけじゃない。

Whitfield: But, you left the chair area.
 でもこの椅子付近を離れただろ。

Chandler: All right, that's it, give me your underwear.
 よし、もういい。下着をよこせ。



にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村


英語 ブログランキングへ
posted by らんち at 00:55| Comment(0) | Season3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月28日

3-1 The One With the Princess Leia Fantasy

3-1 レイア姫に妄想ファンタジーって話

 ☆マンハッタンの6人、再び☆

《セントラルパークに全員入ってくる》

Joey: I'm telling you that girl totally winked at me.
 本当だよ。あの子、俺にウインクしてきたってば!

Monica: Did not, she did not wink at you...
 してないわよ。ウインクなんてしてない。

Rachel: You always think somebody's winking at you.
 あなたはいつも誰かウインクしてくるって思ってるんだから。

(いつものカウチに人が座っていてショックな6人)
Chandler: Huh.
 ハン!(全員出ていく)

《モニカ達の部屋》

Ross: I have to say Tupolo Honey by Van Morrison.
 ヴァン・モリソンのテュペロ・ハニーだね。



Rachel: No way! The most romantic song ever is The Way We Were.
 とんでもない! 一番ロマンティックな歌っていったら、「追憶」よ。



Phoebe: See, I think that one that Elton John wrote for that guy on Who's The Boss.
 私はエルトン・ジョンが "Who's the Boss?" のために書いたあの曲だと思うわ。

Who's the Boss?は1984-1992放送のシットコム)

Rachel: What song was that, Pheebs?
 それ何ていう歌?

Phoebe: Hold me close, Young Tony Dan-za.
 (歌う)しっかり抱いて、ヤング・トニー・ダンザー♪

(これは実は "Tiny Dancer" という歌で、"Tiny dancer"
 という歌詞を、"Tony Danza" と聞き間違えている。
 トニー・ダンザは"Who's the Boss?" のキャラクター)




(モニカがベッドルームから出てくる)
Phoebe: Hi, Monica!
 ハーイ、モニカ!

Ross&Rachel: Hey, Mon!
 ハーイ、モン!

(モニカは黙ってバスルームへ)
Phoebe: Oh, my God, has she slept at all?
 まぁ・・全然寝てないの?

Ross: Nope.
 そ。

Rachel: No, it's been three nights in a row.
 そうよ。もう3晩寝てないのよ。

Ross: Yeah, she finally stopped crying yesterday, but then she found one of Richard's cigar butts out on the terrace, so.
 ああ、昨日ようやく泣き止んだんだけど、バルコニーでリチャードの葉巻の吸い殻を見つけちゃってね。

Phoebe: Oh, okay, that explains it. I got a call at two in the morning, but all I could hear was, like, this high squeaky sound, so I thought oh, okay, it's like a mouse or a opossum. Then I realized where would a mouse or a opossum get the money to make the phone call.
 ああ、それでわかったわ。夜中の2時に電話があったけど、キーキーいうだけだったのよね。それで、ああわかった、ネズミかオポッサムがかけてきたんだわと思ったの。それから気づいたわけ。ネズミやオポッサムがどうして電話かけるお金を持ってるのよってね。

《チャンドラー達の部屋》

Chandler: Morning.
 おはよ。

Joey: Morning, hey, you made pancakes?
 おはよ。おい、パンケーキ作ったの?

Chandler: Yeah, like there's any way I could ever do that.
 俺が一度でも作ったことがあるか?

Janice: Monica and Rachel had syrup, now I can get my man to cheer up. . . Good morning Joey.
 (歌う)モニカとレイチェルんとこにシロップあった♪これで私のカレが喜ぶわ・・おはよ、ジョーイ。

Joey: Good morning.
 おはよう。

Chandler: Hey, you know what, here's a thought. Why don't you stay home from work today and just hang out with me.
 ねぇ、考えたんだけど、仕事が終わったらここに来て、一緒にすごさない?

Janice: Oh, I wish. Look, honey, you have that report to finish, and I gotta go see my lawyer.
 そうできたらいいけどね。あなたはあの報告書を仕上げないといけないでしょ、私は弁護士に会いにいかないと行けないのよ。

Chandler: I can not believe I am going out with somebody who is getting divorced. I'm such a grown up.
 この俺が離婚しようとしてる人とデートしてるなんて、信じられないよ。俺って、オトナ!

Janice: I gotta go, I gotta go. Okay, not without a kiss.
 行かなきゃ、行かなきゃ。キスしてくれなきゃ行けなーい。

Chandler: Well, maybe I won't kiss you, and then you'll have to stay.
 そう、じゃあキスしないよ。そうしたら行けないだろ。

Joey: Kiss her! Kiss her!
 キスしろ! キスしろ!

Janice: I'll see you later, sweetie. Bye, Joey.
 じゃあね、あなた。バーイ、ジョーイ。(出ていく)

Joey: Bye-bye, Janice. So when you dumping her.
 バイバイ、ジャニス。(チャンドラーに)それでいつ別れるんだ?

Chandler: Nope, not this time.
 いや。今回はそれはない。

Joey: Come on, quit yanking me.
 なんだよ。おどかすのやめてくれよ。

Chandler: I'm not yanking you.
 おどかしてなんかいない。

Joey: This is Janice.
 ジャニスだぞ。

Chandler: Yeah, I know. She makes me happy.
 わかってるよ。彼女といると幸せだ。

Joey: Okay. All right. You look me in the eye and tell me, without blinking, that you're not breaking up with her. No blinking.
 よーし、わかった。俺の目を見て、瞬きせずに、別れないって言ってみろ。瞬きなしだぞ。

Chandler: I'm not breaking up with her!
 俺は、彼女と、別れない!(しばらく見つめた後、チャンドラーに息をふきかけるジョーイ)

《モニカ達の部屋》

Monica: God, look what I found in the drain.
 ああ! 見て、これ排水口にあったの。

Rachel: What?!
 なに?

Monica: It's some of Richard's hair! What do I do with this?
 リチャードの髪よ! これどうしたらいいの?

Ross: Getting it away from me would be job one.
 僕から離す。それがまず第一。

Monica: It's weird, but you know what, I don't wanna throw this away. I mean, this is like all I have left of him. Gross. . . drain hair. Ooh!
 変よね、だけど、これ捨てたくない。これが私に残されたすべてよ。気持ち悪い・・排水口の髪の毛! やだ!(捨てたのでロスのシリアルに落ちる)

Phoebe: Cool! It looks like a tiny little person drowning in your cereal.
 すごい! ちっちゃな人がシリアルの中で溺れてるみたい。

Monica: God, what is wrong with me.
 ああ。私どうしちゃったの。

Ross: You need to get some sleep.
 睡眠を補給しなきゃいけないよ。

Monica: I need to get some Richard.
 リチャードを補給しなきゃいけないの。

Rachel: Monica, you broke up with him for a reason.
 モニカ、理由があって別れたのよ。

Monica: I know, I know. I'm just so tired of missing him. I'm tired of wondering why hasn't he called. Why hasn't he called!
 わかってるわ。わかってる。ただ、もう彼を恋しく思うことに疲れたの。どうして電話かけてこないのかしらとか・・・どうして電話かけてこないのよ!

Phoebe: Maybe, because you told him not to.
 あなたがかけるなって言ったからじゃない?

Monica: What are you, the Memory Woman?
 あなたなに? 記憶女?

(ジョーイがくる)
Joey: They're not breaking up. Chandler and Janice. They're not breaking up. He didn't blink or anything.
 やつら別れないぞ。チャンドラーとジャニス、別れやしない。やつは瞬きもしない!

Rachel: Well, you know, I'm not surprised. I mean, have you seen them together? They're really cute.
 驚くことじゃないわ。だって、あの2人を見たでしょ? 本当に可愛いカップルだわ。

Joey: "Cute"? This is Janice! You remember Janice?
 「可愛い」? ジャニスだぞ。ジャニス覚えてるだろ?

Rachel: Yes, Joey, I remember, she's annoying, but you know what? She's his girlfriend now. I mean, what can we do?
 ええ、ジョーイ、覚えてるわよ。彼女は確かにうっとおしいけど、でも、今は彼のガールフレンドなんだもの。私達に何ができる?

Joey: There you go! That's the spirit I'm looking for! What can we do? Huh? All right, who's first? Huh? Ross?
 それだよ。それが俺の求めている姿勢だよ。俺たちに何ができるか。え? よし、誰からいく? ロス?

Ross: Well, I'm thinking Chandler's our friend, and Janice makes him happy. So I say we all just be adult about it and accept her.
 チャンドラーは僕たちの友達だ。そしてジャニスは彼を幸せにしてくれてる。だから、僕たちはオトナになって、彼女を受け入れるべきだよ。

Joey: Yeah, we'll call that Plan B. All right?
 あー。それはプランBとしよう。いい?

《ロスのベッドルーム》

Rachel: Honey, I was wondering....
 ねぇ。ちょっと思ったんだけど・・

Ross: Hmm?
 ん?

Rachel: Do you still have that, um, Navy uniform?
 あれまだ持ってる? あの、海軍のユニフォーム?

Ross: No, I had to return it to the costume place. . . I think I have an old band uniform from high school.
 いや。あれはコスチュームショップに返したよ。・・でも高校の時のバンドのユニフォームならあると思うよ。

Rachel: You remember not having sex in high school, right?
 高校ではエッチできなかったってこと覚えてるわよね?

Ross: Yeah.
 ああ。

Rachel: Well, honey, what about you?
 ねぇ、あなたはどうなの?

Ross: What?
 何が?

Rachel: Do you have any fun, you know, fantasy type things?
 あなたはそういうことで、何か妄想しちゃうことないの?

Ross: No.
 ない。

Rachel: Come on, you gotta have one!
 なによ。何かあるでしょ。

Ross: Nope.
 ないよ。

Rachel: Ross, you know what?
 ロス、ねぇ?

Ross: What?
 なに?

Rachel: If you tell me, I might do it.
 言ってくれたら、それしてあげるかもよ。

Ross: Okay. Did you ever see, um, Return Of The Jedi?
 わかったよ。君、「ジェダイの帰還」は見たことある?

Rachel: Yeah.
 ええ。

Ross: Do you remember the scene with, um, Jabba the Hut? Well, Jabba had as his prisoner, Princess Leia.
 ジャバ・ザ・ハットの場面覚えてる? ジャバが捕えていた・・レイア姫のこと。

JabbaPromo.jpg

Rachel: Oh!
 ああ!

Ross: Princess Leia, was wearing this, um, gold bikini thing. It was pretty cool.
 レイア姫が、その、金色のビキニか何か着てて、素敵だったよ・・。

leia.jpg

《セントラルパーク:フィービーとレイチェル》

Phoebe: Yeah, oh, Princess Leia and the gold bikini, every guy our age loved that.
 そうよ、あの金色ビキニのプリンセス・レイラは私達の年代の男達みんな大好きよ。

Rachel: Really!
 そうなの!

Phoebe: Um, um. It's huge. Yeah, that's the moment, when, you know, she stopped being a princess, and became, like, a woman, you know.
 そうよ。すごいのよ。あれはね、彼女が、ほら、プリンセスじゃなくなって、「女」になる瞬間なのよ。

Rachel: Did you ever do the Leia thing?
 あなた、そのレイアやったことある?

Phoebe: Oh, yeah, um-mm. Oh!
 あるある。うん。ぅぅ!

Rachel: Really! That great, huh?
 そうなの? そんなによかった?

Phoebe: No it's just that I got this new pager and I have it on vibrate. See you!
 違うの、今のはポケベルのバイブがなったからよ。じゃあね。

(ロスがモニカを連れてくる)
Ross: Hey!
 やぁ!

Rachel: Hi, you guys!
 あら、あなた達!

Ross: Look who I found standing outside of the Szechwan Dragon staring at a parking meter.
 見て、彼女スーツァン・ドラゴンの前でパーキング・メーター見つめて立ってたんだ。

(Szechwan = 四川風の)

Rachel: Mon. Hi!
 モン、ハーイ!

Monica: Hi.
 ハーイ。

Rachel: Why aren't you at work?
 なんで仕事に行ってないの?

Monica: Oh, they sent me home.
 帰らされたの。

Rachel: Why?
 なんで?

Monica: Because I don't work at the Szechwan Dragon.
 私、スーツァン・ドラゴンでは働いてないって。

Ross: Okay.
 そうだね。

Rachel: You really, really need to get some sleep, honey.
 本当にまじであなた寝ないと。

Monica: I know I do.
 わかってる。

Ross: Hi.
 (レイチェルに)ハーイ。

Rachel: Hi.
 ハーイ。

Ross: Guess what?
 聞いて。

Rachel: What?
 何?

Ross: They published my paper.
 僕の論文が出版されたんだ。

Rachel: Oh, really, let me see, let me see.
 本当? 見せて見せて。(ロスはカバンの中をのぞく)

Phoebe: Rach, look! Oh, hi! Where is my strong Ross Skywalker to come rescue me. . . There he is.
 レイチ、見て!(パンをレイア姫の髪型に見せて耳の横に持ち)私のたくましいロス・スカイウォーカーはどこ? 助けに来て・・(ロスが顔を上げる)あ、いたわ。

《チャンドラー達の部屋》
(ジョーイがホイール・オブ・フォーチュンを見ている。 _oun_  Rush_ore という画面。チャンドラーが来る)

Chandler: Hey!
 やぁ!

Joey: Wheel!
 ホイール!

Chandler: Of!
 オブ!

Joey: Fortune! This guy is so stupid. It's Count Rushmore!!
 フォーチュン! こいつ本当にバカだよ。(テレビに向かって) Count Rushmore(ラシュモア伯爵)だよ!

rushmore.jpg(マウント・ラシュモア)

Chandler: You know, you should really go on this show. All right, listen, I got three tickets to the Rangers tonight. What do you say?
 おまえ・・本当にその番組に出るべきだな。いい、聞いてくれ。レンジャーズの今夜のチケット3枚手に入れたぞ。行くだろ。

Joey: I say, 'I am there!' Cool! Aw! Is Ross going to?
 行くとも! すごいな。ロスも行くだろ?

Chandler: No, Janice.
 いや、ジャニスだ。

Joey: Janice. 'Cause I, just, I feel bad for Ross, you know, we always go together, we're like the three hockey-teers.
 ジャニス?・・いや、だって、ロスに悪いと思ってさ。いつも一緒に行くじゃないか。3人ホッケー仲間じゃん。

Chandler: You know, I may be way out on a limb here, but do you, do you have a problem with Janice?
 なぁ、これ聞いちゃまずいのかな、おまえ、ジャニスに何か引っかかってる?

(go out on a limb = 枝先へ行く→「危険を冒す」)

Joey: No, Yes. God, how do I say this. . . Oh, hi, you know that girl from the Greek restaurant with the hair?
 いいや・・うん。ああ、なんて言ったらいいんだろう・・(歩き回って振り向いたら目の前にチャンドラーがいたので)わっ・・やぁ。・・あのギリシャレストランのあのすごい髪の女の子いるだろ?

Chandler: Ooh, that girl that I hate? Eww, drives me crazy, eww, eww. . . Oh!
 ああう。あの俺の嫌いな? うへっ! 俺どうかなりそうな・・・うへ・・。おお!

Joey: Look, I don't hate Janice, she's just a lot to take, you know.
 聞いてくれ、ジャニスをキライっていうんじゃないんだ。ただ受け入れるのが大変っていうことだよ。

Chandler: Well, there you go.
 ああ、そうかい。

Joey: Oh, hey. Come on, man, don't look at me like that, she used to drive you nuts before, too, remember?
 なぁ、勘弁してくれよ。そんな目で見ないでくれ。おまえだって以前は彼女を嫌がってただろ?

Chandler: Well, I'm crazy about her now. I think this could be the real thing. Capital 'R'! Capital 'T'! Don't worry, those are the right letters.
 でも今は彼女に夢中なんだよ。これは本物(Real Thing)だと思ってるんだ。大文字のRと大文字のTだ!
・・心配するな、スペルは間違ってない。

Joey: Look, what do you want me to say?
 なぁ、なんて言えばいいんだ?

Chandler: I want you to say that you like her!
 彼女を好きだと言ってほしいね!

Joey: I can't. It's like this chemical thing, you know. Every time she starts laughing, I just wanna pull my arm off just so that I can have something to throw at her.
 できないよ。生理的に受けつけないってやつだよ。彼女が笑い始めると、もう・・もう・・腕を引っこ抜いて投げつけたくなるんだよ。

Chandler: Thanks for trying. . . Oh, and by the way, there is no Count Rushmore!
 ありがとさんだね! (チケットを持って出ていく)あ、それから、ラシュモア伯爵なんていないからな!

Joey: Yeah, then who's the guy that painted the faces on the mountain?
 そうかよ。じゃあ誰があの山に顔を書いたってんだよ!

《モニカ達の部屋:ロスとレイチェル》

Ross: How could you have told her?
 なんで彼女に話すんだよ?

Rachel: Ross, I didn't think it would that big of a deal.
 ロス、こんな大ごとだとは思わなかったのよ。

Ross: Oh, she didn't think it would be that big of deal.
 彼女は大ごとだとは思わなかったんだってさ。

Rachel: Okay, who are you talking to when you do that?
 あなたそれやる時、誰に話してるの?

Ross: Look, that was supposed to be like a private, personal thing between us.
 いいかい、これはプライベードなことだ。僕たち2人の間だけの話だよ。

Rachel: Okay, Ross, Phoebe is my girlfriend, okay? We tell each other everything. You know, I mean, come on, guys do the same thing. I mean, what about all that locker room stuff?
 だけどロス、フィービーは私の友達よ。何でも話し合うわ。ほら、あなた達だって同じじゃないの。ロッカールームで話すでしょ。

Ross: That's different, okay? That's like, 'Who dated a stripper?' or 'Who did it on the back of the Staten Island Ferry?'.
 それとは話が違うよ。「ストリッパーとデートしたの誰だ?」とか「スタテン・アイランド行きのフェリーでやっちゃったのは誰か」とか。

Rachel: Both of those Joey?
 どっちもジョーイ?

Ross: Yeah. Look, you don't, you don't talk about like, you know, your girlfriend and the intimate stuff you, you do with her.
 ああ。いいかい、僕らは、ガールフレンドとの親密なことについては、君たちみたいに話さないよ。

Rachel: Not even with your best friend?
 親友とでも?

Ross: No!
 話さない。

Rachel: That is so sad. You're missing out on so much, Ross. I mean, the bonding and the sharing, you know. And knowing that someone else is going through the same thing you are.
 それってすごく悲しいことだわ。すごくもったいないことよ、ロス。仲良くなるってことは分かち合うってことよ。他の人も自分と同じことを経験してるんだなって知ることよ。。

Ross: Hmph. So what, you tell each other everything?
 ふん・・それじゃ、君らは何もかも話し合うの?

Rachel: Pretty much.
 その通りよ。

Ross: Did you talk about the night of five times? Do you tell people about the night of five times?
 じゃあ、一晩に5回って話もした? 一晩に5回って話を、みんなにする?

Rachel: Honey, yeah that was with Carol.
 ねぇ、それ、キャロルとのできごとでしょ。

Ross: I know, but it's still worth mentioning, I think.
 うん。だけど、言う価値はあるよね。

《モニカのベッドルーム》

Phoebe: Relax every muscle in your body. Listen to the plinky-plunky music. Okay, now close your eyes, and think of a happy place. Okay, tell me your happy place.
 体中のあらゆる筋肉をゆるめてー。ポロンポロンいう音楽に耳を傾けてー。さぁ、目を閉じてー。幸せに思える場所を思い描いてー。さぁ、それはどんなとこかしら。

plinky-plunky とは、癒しや瞑想向きのカネの音など)

Monica: Richard's living room, drinking wine.
 リチャードのリビングで、ワインを飲んでるの。

Phoebe: All right. No, no, no, not a Richard thing, just put down the glass. And get out!
 ダメダメ、リチャードじゃなくて。グラスを置いて出てきて!

Monica: I'm sorry, but that's my happy place.
 悪いけど、それが私のハッピープレイスだもん。

Phoebe: Well, okay, fine, use my happy place. Okay, I'm just gonna, I have to ask that you don't move anything.
 わかったわ。じゃあ私のハッピープレイスを使っていいわ。だけど、何も触らないでね。

Monica: All right, I'll try not to.
 わかった。気をつける。

Phoebe: Okay, all right, so, you're in a meadow, millions of stars in the sky....
 いい? 今あなたは草原にいるのよ。空には数えきれない星が・・

Monica: Do you think breaking up with him was a huge mistake?
 彼と別れたのは大きな間違いだったのかしら?

Phoebe: Okay, there are no questions in the happy place. Okay? Just, the warm breeze, and the moonlight flowing through the trees....
 ね、ハッピープレイスには質問はないのよ。いい? 暖かいそよ風ー、そして木々の間から降り注ぐ月の光・・

Monica: I'll bet he's totally over me, I'll bet he's fine.
 彼、私のことなんてもう忘れたのよね、賭けてもいい、彼はもう平気なんだわ。

Phoebe: Betting and wagering of any kind, are, I'm sure, not permitted in the happy place. Okay? Just, you know, the lovely waterfalls, and the trickling fountains and the calming sounds of the babbling brook....
 賭け事はハッピープレイスでは絶対禁止よ。いい? 素敵な滝、静かな水音を立てる泉、さらさら流れる小川の心地よい音・・

Monica: Okay, this isn't working. I'm still awake and now I have to pee.
 もういい、効かないわ。まだ起きてるし、トイレ行きたくなった。

《チャンドラー達の部屋》

Janice: So, I hear, you hate me!
 聞いたんだけど、私をキライなんですってね。

Joey: Ah, I never said hate, I was very careful about that.
 いや、キライとは言ってないよ。そこんとこは気をつけてたんだ。

Janice: A little birdie told me something about you wanting to rip your arm off and throw it at me.
 私の小鳥ちゃんが言うには、腕をちぎって投げつけたいんですってね。

Joey: And you got a 'hate' from that?! You're taking a big leap there...
 それだけで、キライって思う? それは飛躍しすぎだよ。

Janice: All right, fine, fine, fine, fine, fine, we've got to do something about our little situation here, Joey. So, this is my idea: you and me spending some quality time together.
 いいのよ、わかったわかったわかったわかった。私達、これを何とかしなきゃいけないわよ、ジョーイ。それで考えたんだけど、あなたと私とで、充実した時間を一緒に過ごしましょうよ。

Joey: But what does that gonna do...
 だけどそれが何の・・

Janice: For Chandler!
 チャンドラーのためよ!

Joey: Okay. I'm in.
 ああ、わかった。

Janice: Okay. All right. This is what we're gonna call it: 'Joey and Janice's Day of Fun!'
 いいわね。それじゃ名づけて、「ジョーイとジャニスのお楽しみデー!」

Joey: Does it have to be a whole day?
 一日かけるの?

Janice: Yes, because that's how long it takes to love me.
 そうよ。私を愛するのには、時間がかかるのよ。

Joey: Yeah, I know, I sleep in the next room.
 ああ、知ってるよ。隣の部屋で寝てるんだから。

《セントラルパーク》

Monica: So, I went down to the post office, and it turns out it was those videos that I ordered for Richard about the Civil War. He loved the Civil War.
 (泣きながら)それで郵便局まで行ってきたの。そうしたら、届いていたのはリチャードのために注文してた南北戦争のビデオだったのよ。彼、南北戦争ものが好きだったの。

Phoebe: Monica, do you want us to take you home?
 モニカ、部屋までついて行こうか?

Monica: Uh, huh. . . Or maybe to a galaxy far, far away.
 うん・・・それか、銀河の果ての果てまで・・(泣いていてもロスをからかう)

Ross: Women tell each other everything. Did you know that?
 女性達は互いになんでも話すんだ。知ってた?

Chandler: Umm, yeah.
 ああ。

Ross: No, Chandler, everything! Like stuff you like, stuff she likes, technique, stamina, girth....
 いや、チャンドラー、何もかもだよ。例えば、おまえは何が好きか、彼女は何が好きか、テクニックは、スタミナは、サイズは・・

Chandler: Girth? Why, why, why, wh-why, why, why, why would they do this?
 サイズ? なんで? なんでなんでなんでなんでなんで? なんでそんなことするの?

Ross: Rachel says sharing's great and supposedly, you know, we ought to be doing it. Do you wanna?
 レイチェルが言うには、分かち合うことは素晴らしいって、それで、僕たちもそうするべきだってさ。そうしたい?

Chandler: We're not gonna talk about girth, are we?
 サイズの話はしないよな?

Ross: No!
 絶対!

Chandler: Yeah, okay.
 ああ、わかった。

Ross: Yeah?
 いい?

Chandler: Yeah! All right! You go first.
 ああ。いいよ。まずおまえから。

Ross: Okay, okay, I'll go first.
 わかった。僕から言うよ。

Chandler: Okay.
 よし。

Ross: So, the other night Rachel and I are in bed talking about fantasies, and I happened to describe a particular Star Wars thing....
 この前、レイチェルとベッドで、妄想ファンタジーについて話したんだ。それで僕は、たまたま、あのスターウォーズのひとつの・・

Chandler: Princess Leia in the gold bikini.
 金色ビキニのレイア姫?

Ross: Yes!
 そう!

Chandler: I know!
 わかる!

Ross: Yes! Wow! Well, that was easy. Okay, you go.
 そうだよ! ワオ! なんだ、簡単なことだったな。よし、じゃあおまえの番。

Chandler: Okay.
 よし。

Ross: Okay.
 うん。

Chandler: Okay, you know, you know when you're in bed, with a woman.
 いい? 女性とベッドにいるときのことだ。

Ross: Hmph.
 うん。

Chandler: And, ah, you know, your fooling around with her. And you get all these like, mental images in your brain, you know, like Elle MacPherson, or that girl at the Xerox place?
 ほら、彼女とじゃれてるだろ。そんな時に、頭の中で空想がわいてくるじゃないか、ほら、エル・マクファーソンとか、コピー屋の女の子とか。

Unknown.jpg
エル・マクファーソン。シーズン6で登場しますね)

Ross: With the belly-button ring? Oh, muhawa!
 あのへそピアスの子? おお!ああもう!

Chandler: I know. And then all of the sudden your Mom pops into your head. And you're like 'Mom, get out of here!' You know, but of course, like, after that you can't possibly think of anything else, and you can't, you know, stop what your doing. So it's kind of like, you're, you know. You know.... You don't know!
 そうそう。それから突然、母親が頭の中に浮かんできてさ。「出てってくれよ!」みたいなもんだけど、ほら、でもいったん出てきてしまうと他のこと浮かばなくなって、それでもほら、やってることは止められなくてさ、ほら。そうすると、なんていうかほら、わかるだろ・・・わからないのか!

Ross: Your Mom? you're telling me about your Mom? What is the matter with you?
 おまえのおかあさん? おまえが言ってるのって、おまえの言うのって、おかあさん? おまえどうかしてるんじゃないのか?

Chandler: You said...
 だっておまえ・・

Ross: I said 'share' not 'scare'. Go sit over there!
 分かち合うって言ったんだ。怖がらせ合うなんて言ってない。あっちで座ってろ!(うちひしがれて頭を伏せて座るチャンドラー)

《チャンドラー達の部屋》

Janice: We're back!
 帰ったわよ!

Joey: Hey!
 やぁ!

Chandler: Hey, what are you guys doing together?
 ああ、何してんの?

Janice: Joey and Janice's Day of Fun!!!
 ジョーイとジャニスのお楽しみデー!

Chandler: Really?
 ほんとに?

Joey: Yeah, yeah. We went to a Mets game, we got Chinese food, and you know, I love this woman. You have got competition, buddy.
 ああ。メッツを見に行って、中華食べて、それで・・この人大好きだよ。おまえにライバル登場だぞ。

Janice: I just came by to give you a kiss, I have to go pick up the baby, so. I'll see you later sweetheart, you too, Chandler.
 ちょっとあなたにキスするために来たのよ。赤ちゃん迎えに行かなきゃ。それじゃ、またね、愛しい人。あなたもね、チャンドラー。(出て行く)

Chandler: You still can't stand her, can you?
 おまえまだ耐えられないんだろ。

Joey: I'm sorry man, I tried! I really did!
 ごめんよ、頑張ったんだ! 本当だよ!

Chandler: Well, you know, I appreciate you giving it a shot.
 ああ、やってみてくれて、ありがたく思うよ。

Joey: But, hey, look, you know the good thing is is that we spent the whole day together and I survived, and what's even more amazing, so did she. It was Bat Day at Shea Stadium.
 でも、ほら、一日一緒にいてそれでも生きて帰ってこれた。それだけじゃなく、彼女も無事。今日シェイ・スタジアムはミニ・バットがもらえる日だったんだぞ。

(Bat Day at Shea Stadium -- "you get a free mini bat" だそうです。バットがもらえた、つまり腕をちぎるまでもなく投げるものがあったのにも関わらず、ジャニスが無事だったってことかと)

Chandler: Well, I guess that's something.
 まぁ、得るモノはあったってことだろうな。

Joey: No, man, that's huge! Now, I know I can stand to be around her, which means I get to hang out with you, which is kinda the whole point, anyway.
 いや、それどころじゃないよ。もう彼女のそばでも平気でいられる、つまり、おまえとも一緒にいられる。ポイントはそこだろ。

Chandler: Okay.
 そうだな。

Joey: Oh, hey, Chandler, we, ah, we stopped by the coffee shop and ran into Ross.
 あ、それから、コーヒーハウスに寄って、ロスに出くわしたよ。

Chandler: Oh, God!
 ああ、もう!

Joey: Hey, if it makes you feel any better, I do it, too.
 これで気が楽になるか知らないが、俺も同じだぞ。

Chandler: Really?
 ほんと?

Joey: Oh yeah, I always picture your Mom when I'm having sex.
 ああ、ほんとだよ。俺セックスする時はいつもおまえのおふくろさんを思い浮かべてるよ。

《モニカ達の部屋:モニカが南北戦争のビデオ鑑賞中》

Video:April Twelve, Eighteen hundred, Sixty-One, 4:30 A.M. on Tuesday, the United States garrison at Fort Sumter was fired upon. . . It is now under bombardment by....
 1861年4月20日(モニカは葉巻に火をつける)火曜日の午前4時半、サムター要塞の合衆国守備隊は、攻撃を受けた(ノックの音)今や砲撃のさなか・・

(モニカがドアを開ける)
Monica: Hi, Dad, what are you doing here?
 あら、パパ。何してるの?

Mr. Geller: Well, it's your mother's bridge night, so I thought that I would come into the city for a little Monicuddle. Since when did you start smoking cigars?
 今日はかあさんのブリッジの日なんだよ。だからちょっとモニカ抱っこのために町へいこうかななんて思ってね。(ハグ)いつから葉巻を吸うようになったんだ?

Monica: I don't, I just, I just like the smell of them. So, what are you really doing here Dad?
 違うの。ただちょっと匂いが好きなだけ。それで・・本当はどうしたの、パパ?

Mr. Geller: Well, I just wanted to make sure you were okay.
 おまえが大丈夫かなと思ってね。

Monica: What makes you think that I might not be okay?
 どうして私が大丈夫かなと思うの?

Mr. Geller: I saw Richard.
 リチャードに会ったんだ。

Monica: Oh.
 ああ。

Mr. Geller: So, how are you doing?
 それで、どうなんだ?

Monica: I'm fine, just a little tired, I'm okay. How's Richard doing?
 大丈夫よ。ちょっと疲れてるけど、大丈夫。リチャードはどうだった?

Mr. Geller: You don't wanna know.
 聞きたくないだろう。

Monica: No, I really, really do.
 ううん、どうしても聞きたい。

Mr. Geller: Well, he's doing terrible!
 彼はひどいありさまだったよ。

Monica: Really?
 ほんとう?

Mr. Geller: Worse than when he broke up with Barbara.
 バーバラと別れたときよりひどかったよ。

Monica: You're not just saying that, are you?
 そう言ってくれてるだけじゃないの?

Mr. Geller: No, the man is a mess.
 いや、やつはもうボロボロだったよ。

Monica: Was he crying?
 彼泣いてた?

Mr. Geller: No.
 いいや。

Monica: Well, do you think he was waiting till after you left, so he could cry?
 でも、とうさんが行ってしまうのを待って泣いたと思う?

Mr. Geller: Maybe.
 そうかもな。

Monica: I think so.
 きっとそうよ。

Mr. Geller: Honey, relationships are hard. Like with your Mom and me. You know, after we graduated college we broke up for a while. It seems her father, your Grandfather, wanted her to travel around Europe, like he did. Of course, he got to do it on Uncle Sam's nickel, because he was also strafing German troop trains at the time. However. . .
 モニカ、つきあっていくのは難しいことだよ。ママと私もそうだったよ。大学卒業の後、私達は少しの間別れていた。彼女のとうさん、おまえのおじいさんは、彼女にヨーロッパを旅行させたかったんだな。だがもちろん、彼の場合は国のお金で行ったんだよ、ドイツの汽車を機上掃射してたんだからな。だけど・・(振り返るとモニカは熟睡していたのでブランケットをかけ、葉巻を吸いながらビデオを見る父)

(on Uncle Sam's nickel = アメリカのお金で)

《ロスの部屋》

Rachel: Okay, here we go. I'm Jabba's prisoner. And you.. have a really weird look on your face. What? Honey, what is it? Did I get it wrong? Did I get the hair wrong? What? Did you just picture it differently? What? What?
 はい、来たわよ。私はジャバの囚われの身。あなたは・・・なんか変な顔してるわね。なに? 何なの? 私間違ってる? 髪型がおかしい? 何? 違うのを想像してた? なに? なに?

Ross: No, no it's, um, it's not you, um, it's um, it's. . .
 いや、いや、君のせいじゃない、その・・

Mrs. Geller: Well, what is it? Come on, sweetie, kind of like, freaking me out here.
 じゃあ何なの? やめてよ、ねぇ。なんか怖くなってきたじゃない。

Ross: I hate Chandler, the bastard ruined my life.
 チャンドラーを憎むよ。あの野郎のおかげで僕の人生めちゃめちゃ。


*:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:.*:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..
ついにシーズン3に突入です。
シーズン3は先へ進むのがコワイけど・・・
とりあえず、最初からモニカの周りは優しい人いっぱいで、
いいですね。


にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村


英語 ブログランキングへ
posted by らんち at 01:44| Comment(0) | Season3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。